5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「したい……けっこん」

1 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:09
気になるあの娘との結婚生活を心ゆくまで語るがいい。

2 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:10
前スレの過去ログ
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Knight/3940/log.lzh

3 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:10
なぜ同じ名前にするんだ、まるでアラーシみたいじゃないか。

4 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:11
復活依頼出すから、もうちょっと待って。

5 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:11
これじゃない!

皆の魂の叫びの入ったスレだ!


いい加減にしろ!!
削除依頼馬鹿!!

結婚スレを返せ!!




6 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:11
1の関係者(以下略)

7 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:12
はるかたん燃え?

8 :沢渡真琴:2001/02/28(水) 00:14
真琴のスレだ♪

9 :沢渡真琴:2001/02/28(水) 00:14
でも私の作ったスレほしいよぅ…

10 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:15
つーか、結婚スレになったのは後からだろ。
削除依頼はその前に出ていた。
そのくらいも分からんのかヴァカドモが。
うだうだ言うなら、削除依頼撤回とか
書き込めば良かったんだ。

11 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:16
いい加減にしろ!!
削除依頼馬鹿!!

結婚スレを返せ!!

12 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:17
>>8
なりきりうざい。よそ逝ってくれ。

13 :来栖川萌え:2001/02/28(水) 00:17
えーっと真琴オンリーのスレですか?
昼みたいに他のキャラでもいいのかな?

14 :METH:2001/02/28(水) 00:17
即建てですかい。
>>2のログは長い間置いて置くおつもりなかったんだけど・・・

15 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:17
>>11
どうでもいいがアゲ荒らしすんなよ。
迷惑だ。

16 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:18
つーか削除肯定してるやつは瑞希スレの1の自演か?
あのスレがある限り枕を高くして眠れないとみた(藁

17 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:18
つーか、>>8のよーな
なりきりバカがいたから削除依頼出されたんだろ。

18 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:19
復活依頼出した方がいいよ。

19 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:19
雅史のスレがないんですけど・・・

20 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:20
>>14
どうせこれも確信犯的なもんだよ。
>>2は貴方が善意で置いただけなんだから、
(最初に出した)ゴルァスレで消す時刻だけ逝って
消せばOKだと思うよ。

21 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:20
>>16
元々こんなに荒れたのはやつが原因だからな。

22 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:20
でも今日の昼の料理ネタや新婚ネタはほんとお昼なのに
盛り上がったんだよなぁ、もったいないね。

23 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:21
なりきりさえなきゃかなり和気あいあいと進んでたと思う。
瑞希スレの1のことは責めないよ。

24 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:22
ああ、もう悔しい。
自分の気に入らないスレを削除依頼する奴、氏ね


25 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:23
瑞希スレの1が戦犯なのか?
よっぽどコテハン叩きにあいたいようだな。


26 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:24
ほれ
http://www.zwei.com/zwei/menuf.html

27 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:25
つーか、夕方焦げ臭くなったのは
瑞希スレの1が最後まで暴れたからだろ?

28 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:26
>>19
ありゃ、ホントだ。
マジに消されたの?

29 :沢渡真琴:2001/02/28(水) 00:28
>>17
けっこんしたいスレ立てたの真琴だもん

30 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:29
AAはでかいからなあ……つかマンネリだったし。

31 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:29
>>28
削除依頼出されたらしい

32 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:29
>>29
スレ立てた沢渡真琴はそのレス番指定つかわねぇぞ。

33 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:30
>>29
真琴だモンじゃねえだろ、このネカマが!!
貴様が瑞希スレの1か!?

34 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:30
>>30
ゲー業板のくたたんスレはあんなに元気なのに…。

35 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:30
>>29
帰れ。自分のスレがあるだろ。そこで好きなだけ暴れろ。

36 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:31
>>31
あれって削除対象なん?
何で?

37 :沢渡真琴:2001/02/28(水) 00:31
>32
あぅ、「したい…けっこん」これで文句ない?

38 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:31
珍しくコピペがないな。

39 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:32
>>29
つーか、お前はマコピースレにも来るな!
貴様はマコピコを装った荒らしだな!?
鶴来屋へ去れ!!くりおねとなりきりしてろ!

40 :沢渡真琴:2001/02/28(水) 00:32
>33
真琴は真琴だよぅ…
みずき?なんてしらないわよぅ…

41 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:32
削除対象になったあとで盛り上がっただけだろ。

42 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:32
ああ、ほんともったいないぞ。
夜組で今日の料理ネタと新婚ネタを見られなかった人は
想像つかないかもしれないけど、結構盛り上がってたのよ、マジ。

43 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:33
つーか、オメーら、ケンカするだけならあげんな。

44 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:33
死体…血痕

45 :沢渡真琴:2001/02/28(水) 00:33
>39
あぅっ、だからけっこんしたいスレ立てたのにーっ…

46 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:33
>>36
荒し目的のスレッドですと依頼されていたらしい

47 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:33
>>ALL
沢渡真琴は脳内あぼーんのこと。

48 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:34
荒れてるなあ…。

49 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:34
41=43=瑞希スレの1

50 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:34
>>42
かなりいい感じだったよな。
あー、返す返すも惜しまれる。

51 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:34
>>45
マコピースレからも拒絶されたか……

52 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:35
前スレ立てた沢渡真琴は純情恋愛にも同じスレ立てた
荒しみたいなもんなんだったんだよ。

53 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:35
>>46
そりゃ酷い話だな。
別に荒れてなかったやん、雅史スレ。

54 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:35
俺が血痕スレ?の削除依頼を出した
以下にその経緯を書く

スレが立った時点で「まこぴー6」と重複していると判断し削除依頼した
kanon総合スレを見て貰えば分かると思うが

375 名前:沢渡真琴投稿日:2001/02/24(土) 13:34
あぅーっ
けっこん…したい

これが例のスレが立つ約1時間半前のレス
これを指摘した際の1の反応も
「自分の部屋が欲しかった」だの、勝手なものだった
今でも削除依頼は妥当と考えている

後半の軌道修正後に関しても何もない
既に削除依頼したことは伝えてあるし
それを後から指摘されても困る
残念だとは思う、でも頭は下げない
以上

55 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:35
41=43はあってるよ。

56 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:36
瑞希スレの1が暗躍してるに1ペリカ
詳細の過去ログを葉鍵名士スレにコピペして永久保存
しておこう。


57 :新妻真琴転載:2001/02/28(水) 00:37
「あーっ!!」
「なんだよ」
「それ真琴の下着!!」
「たたんでるんだよ」
「祐一のえっち!自分でたたむわよぅ!」
「うわっ横から手を出すな!!」
どたばたどたばた
「あ……」
いつのまにか真琴を組み敷いてる祐一。
「真琴……」
「なによぅ……」
ふっと目をそらす新妻真琴。
祐一はそのまま、顔を近づけて――――

58 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:37
>>54
あんたは悪くない。あの状況じゃしかたなかっただろ。

59 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:38
>>52
純情恋愛板の真琴はすごい人気だぞ。
見てみろ。

60 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:39
死体……血痕
>>60
がいしゅつ

61 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:39
505 名前:名無しさんだよもん投稿日:2001/02/27(火) 20:22
>>363に対する>>364>>375に対する>>378
>>390によって瑞希スレの1の妨害と判明。
>>383で言い訳してるけど、実際は
萌えシチュ壊したいだけだったんだろうね(w

62 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:39
>>57
ヘッドバット?
昼間はこんな雰囲気だったけど?

63 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:39
494 名前:名無しさんだよもん投稿日:2001/02/27(火) 19:57
保存版:今回の顛末
料理ネタで盛り上がっていた所に
>>303で瑞希スレの1が瑞希ネタで書き込み。内容はちょっとハイすぎて
浮き気味だがネタ自体には愛があってよかった。
>>305-309しかし、その後真琴ネタが好調に繋がっていく。
そんな状況を快く思わなかったのか瑞希スレの1、
>>310にて真琴ネタに不快感を露わにする。
一方、真琴ネタは>>323で萌えニトロに着火したと思われる。
以降、真琴ネタが続々と続く。
>>339いじける瑞希スレの1
>>390ネタを降るもどうも食いつきがよくない。
>>404笑いを取ろうと伝説のコテハンを出すもあっさりあしらわれる。
>>418ネタ降りの材料はイイ!だがキツイか?とふった繭にネタが流れる…
>>440発端の書き込み。どうにもよろしくない。以下叩かれまくる。
のち沈静化、マターリとなりつつあり。


64 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:40
自作自演ウザイ
54=58

結果が全てなんだよ。
お前は公務員か?
無責任野郎。

65 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:40
>>62
瑞希スレの1がここにいるぞ!!!!
吊るせ!

66 :52:2001/02/28(水) 00:40
見て来た。前に学歴板にいた長森瑞佳と同一人物っぽいな。

67 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:41
学歴や純情恋愛はあーゆーなりきりに騙されやすそうだ。

68 :62:2001/02/28(水) 00:42
>>65
ちがうけどさ。
なんか昼頃見た時ずっとこんな調子だったよ

69 :52=58:2001/02/28(水) 00:42
>>64
ハズレだ。

70 :三告平:2001/02/28(水) 00:42
とりあえず過去ログ。どぞ。
http://odin.prohosting.com/nagamori/view.cgi?key=982994883

71 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:42
>66
叩く気?(ワクワク

72 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:43
何が何だか訳解らなくなって来たな…。

73 :52=58:2001/02/28(水) 00:43
>>71
いや、放置だ。

74 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:43
>>54=58

削除、及び削除依頼は、本当に慎重に行うべき事なんだ
皆の言論を闇に封じ込めるという意味合いが理解できないのか?

責任の重大性は削除人も削除依頼人も同等だろう

駄スレと判断したから?
何いってんだ
自分の判断ミスを棚に上げて何を抜かす。
開き直りやがって

75 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:44
>>68
あーいるよね。こーゆー一人だけ冷静なやつ。
みんなで盛り上がってる時も、「何が面白いの?」って顔のやつ。
少数派は去れ!!結婚スレの重要性のわからんヤツは瑞1と同類だ!!

76 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:45
とりあえず、移動キボン
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=980185427 葉鍵板削除依頼検討スレッド#3

77 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:46
真琴=瑞1じゃねえのか?

78 :52=58:2001/02/28(水) 00:46
>>74
アホか(ワラ
じゃぁな。

79 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:47
これが…ニンゲンのサガか…

80 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:47
>>54

>削除、及び削除依頼は、本当に慎重に行うべき事なんだ
>皆の言論を闇に封じ込めるという意味合いが理解できないのか?

責任を持った削除依頼を行うべきだろう。
せめて2,3日待つとか。

この状況じゃあ、脊髄反射で削除依頼出したと思われてもしょうがない。
スレが立ったときに「駄スレ」「終了」と書き込む厨房と変わりない事に気づけ。


81 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:48
>>78
つかさ、じゃあな程度で、スレに興味のないやつが
ほいほいと削除依頼出すんじゃねえよ。

82 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:48
キチガイ削除人と削除依頼したヴァカと
瑞希スレの1となりきり沢渡真琴の糾弾だ!



83 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:48
信者の仕業だ!

84 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:49
青紫の仕業だ!

85 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:50
>>79
前のしたいスレにも居たよね、神様!!
神様なら僕らのけっこんスレを復活させてくれるよね!!

86 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:51
>>73
学歴板の長森と純情板の真琴はファンが多いから?

87 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:51
ここでやっても○=○ってなるんで削除議論でやりたいんですけどね
IDは騙りには非常に有効です。

88 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:53
てゆーか、今更スレッド復活させても無理だし
このスレで元通りにするには一日二日はかかる。
結婚話やりたいヤツは諦めて寝ろ。
地獄車になりたい(煽りたい)ヤツや荒らしたいヤツは
いい機会なので思う存分ガス抜きしておけ。

89 :ガス抜きさせてもらいます:2001/02/28(水) 00:55
百円玉がチリチリ音を立てる。手が震えるから。

90 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:57
カーニバルだ!!地獄車大先生!!
スレッド破壊魔神コロ様!!
降臨を!!

91 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:57
>>84
ワラタよ(w

92 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 00:59
おいおいおい、これが22歳以上のやることか(藁藁
情けねえ。
一生出来ない結婚話でもしてればぁ(プ

93 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:00
今でも削除依頼は妥当と考えている

後半の軌道修正後に関しても何もない
既に削除依頼したことは伝えてあるし
それを後から指摘されても困る
残念だとは思う、でも頭は下げない
以上


この脊髄反射削除依頼野郎を何とかしないとまた同じ事が起きる

94 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:00
それにしてもみんな本当にこのスレがすきだったんだね(涙がキラリ)
これだけ愛されているのならこの後は」vol10位まではいくんじゃないかな?

95 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:01
92=自己弁護欲に満ちた削除依頼した張本人

つか、実際のところ、ここは20前後が一番多いぞ。ヴォケ!!!

96 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:01
暇人が煽ってるだけだろ。俺もだけど。

97 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:02
カーニバルだ!!煽れ!!荒らせ!!!

98 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:03
俺、満年齢22だけど何か?

99 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:03
ネタが切れるとこうなるのは毎度のパターンだしな(w

100 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:04
>>98
この板はテメーが中心かあ!?ヒャハア!

101 :囚人番号603:2001/02/28(水) 01:04
立てた時の1の意図は別として途中から方向転換して逝くスレも
少なくねェじゃん!?一定の様子見期間は必要だと思うぜ!?
最近ついたレスを見る限り削除されたのはオレ様もどうかと思うけどなヒャハハ!!


102 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:05
いい加減飽きてきたな。
他の板いこっと。

103 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:05
>>99がファイナルアンサー

104 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:05
「けっこん」スレ=脊髄反射厨房の巣窟

105 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:06
>>102
逃げるな!キチガイ脊髄反射野郎!

106 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:06
結婚スレなくなってしまったのか…。

107 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:08
つか、キチガイ削除人よりも
勝手に使命感に燃えてる
キチガイ削除依頼野郎をなんとかしてくれ。

108 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:08
□□□□■□□□□□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□■■□□□□□■□□□□□□□■■■■■■■■■■■■□□
□□■■□□□□□■■■■■■□□□□□□□□□□□□□■■□□
□■■□□■□□□■□□□□■□□□□□□□□□□□□■■□□□
□□■□■■□□■■■□□■■□□□□□□□□□□□■■□□□□
□□□■■□□■■□■■■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□
□□■■□□□□□□□■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□□
□□■□□□■□□□■■■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■■■■■■□□■■□□■■□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□■■□□□□■■□□□□□□□□■□□□□□□□
□□■□■□■□□□□■■□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□■□■□■□□□□□■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■■□■□■□□□□□□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■□□■□□□□■■■□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□□□□■■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□□□□□□■■□□□□□□■■■■□□□□□□□

109 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:09
しょうもないスレ消して何が悪いのよ?
むしろ感謝して欲しいくらいだ。

110 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:10
百円玉がチリチリ音を立てる。手が震えるから。


111 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:10
ひっそりと消えていったぎゃるゲリオンの事も思い出してやれ(w

112 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:11
>>109
なんだ?開き直りか?

113 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:12
>>111
サパーリ忘れてたよ(w

114 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:12
今でも削除依頼は妥当と考えている

後半の軌道修正後に関しても何もない
既に削除依頼したことは伝えてあるし
それを後から指摘されても困る
残念だとは思う、でも頭は下げない
以上



115 :誘導するよ:2001/02/28(水) 01:13
葉鍵板削除依頼検討スレッド#3
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=980185427&ls=100

116 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:13
いちいち自己弁護する根性が
いかにも『自称』正義って感じぃ(藁

117 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:15
ここは一気に叩きが発生するな。
それは兎も角、囚人番号、2番煎じうざい。中途半端が1番断ち割る射よ。

118 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:17
百円玉がチリチリ音を立てる。手が震えるから。

なんかこれを流行らせようとしてる一派がいるみたいだな。
この元ネタ自体は切な系萌えシチュなのだが、どうして改変されて
伝染してるんだろう?

119 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:21
>>118
俺は単独犯だと思うぞ(w

120 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:22
しるか!!

121 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:36
建ったとたん下がってるのがなんともはや・・・

122 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:38
テンションが下がるとどうしてもネタが出てこないのよ…
なんか悔しい
今日の昼に戻りたい


123 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:38
瑞希スレの1が我を張るから……

124 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:42
新婚真琴ネタは大方コピペされたようだけど、
料理ネタや新婚繭ネタが…もったいないよう。
今日の昼は良かったなぁ。今思うとなんであんな昼下がりに
あれだけ盛り上がったんだろう?

125 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:43
春の陽気に誘われて〜

126 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:43
詩子さんとの結婚生活は楽しそうだな。
二人っきりになるとすっかり女の子らしくなる
詩子さん萌え〜♪

127 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:43
429 名前:くりおね@ちょっと長いかな…投稿日:2001/02/27(火) 15:07
浩平「これか?」
繭「うん」
浩平「本当に、こんなので良いのか?」
繭「これがいいの〜」
浩平「…わかった」
浩平(せっかく、給料3ヶ月分貯めておいたのになぁ…)
浩平「すみません、このフェレットのぬいぐるみ一つ」
浩平「プレゼント用に、思いっきり綺麗に包んでください」

浩平「じゃあ…ほら」
浩平「一度しか言わないから、よく聞けよ」
繭「うん」
浩平「……」
浩平「結婚しよう、繭」
繭「うんっ♪」
浩平「しかし…」
浩平「ムード無いな」
繭「ほぇ?」
浩平「ほんとに、指輪じゃなくて良かったのか?」
繭「これでいいの〜っ」
繭「繭とこーへーと、このみゅーと、三人ずっと一しょだもぅん」
浩平「ん、そうだな、みゅーも一緒だよな」
繭「うん」
浩平「よし、飯でも食いにいくか」
浩平「今日は金持ってるからな、好きな物いくらでも食べていいぞ」
繭「みゅ〜♪」


128 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:45
料理ネタは盛り上がったなあ…(遠い眼)

129 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:45
自分の薄い胸に少なからずコンプレックスを抱えつつも
そんな素振りを一切見せずに夜の生活に励む詩子さん萌え〜♪

130 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:46
くりおね、お前はしゅたいなぁレヴェルだ!氏ね!

131 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:46
303 名前:瑞希スレの1投稿日:2001/02/27(火) 12:44
天知る! 地知る! 俺ぞ知る!
葉鍵系随一の料理上手、瑞希以外に誰がいる!
瑞希の炊いた栗飯は、巨乳短髪次女に優り!
瑞希の焼いた若鶏は、赤毛の幼馴染に優り!
瑞希の蒸した清蒸は、ハイキック女に優り!
瑞希の拵えた煮魚は、他称処女の母に優り!
瑞希の作った弁当は、爆睡陸上部員に優り!
慎吾ママも金子信夫も敵じゃない、クイーン・オブ・料理、高瀬瑞希!
そこにしびれる!あこがれるゥ!
俺たちの誇り瑞希!俺たちの憧れ瑞希!
フォ・ル・ツァ フォルツァ瑞希!
フォ・ル・ツァ フォルツァ瑞希!
青姦上等! 同棲最高! 料理抜群! ヒィヤホーイ!


132 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:47
>>130アンタが氏ね

133 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:48
425 名前:くりおね投稿日:2001/02/27(火) 14:48
浩平「朝だぞ、繭〜」
繭「…みゅ?」
浩平「もう起きないと、学校遅刻するぞ」
繭「うん」
浩平「ほら、制服出しといてやったから、早く着替えて」
繭「……」
繭「こーへー、見ちゃだめ」
浩平「言われなくても、わかってるよ」
浩平「俺は下で弁当の準備してるから、着替えたらおりてこいよ」
繭「うん」
浩平(これから先、毎日こんなに忙しくなるのかな…)
浩平(それはそれで、楽しいけど)

繭とだと、最初の内は夫婦というよりやっぱり親子っぽい感じがするなぁ。
まぁ、繭の年のせいもあるだろうけど…


134 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:48
コピペしなくても、アップしてるよ。
http://members.tripod.co.jp/misuzu_fight/982994883.html

135 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:51
>>131
それは移植しなくても…


136 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:51
>>134
ヴァーカ、移植してるんだよ。
アホかお前は!?

137 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:54
もーめちゃくちゃ……

138 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 01:58
こんちくしょう!どうやったってあの昼時のテンションなんて
移植できるわけないんだよ!!

瑞希スレの1出てこい!!吊してやる、吊してやるぞ!!

139 :いしょく:2001/02/28(水) 02:01
自分の子供と自家製おやつの取り合いをする真琴。

「ちょっと、はんぶんこっていったでしょ!!」
「やれやれ。俺のやるからさ」
「え……いいの?」
ふっと真顔でこちらを見ている真琴をぐっと引き寄せ――――
ドゴッ!!
「あうーっ!なにするのーっ!?」
「……ノ、ノーザンライトスープレックスだ」
「ど、どうしてそういうことするのよぅ」
「真琴が大人げないからだっ!!」
「あ、あうぅ〜〜」



140 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:12
なりきり荒らし真琴はくりおねだった!!!!!

29 名前: くりおね 投稿日: 2001/02/28(水) 01:14

>>23
えっと、白状すると…
ログを見てもらえればわかりますけど、
結婚スレの58から95まで「真琴」の名前でsageで書いてたのは自分です。
なんだかなりきりはまずそうだったので、途中でやめました。
あ、水瀬秋子のコピペも自分でした(汗

141 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:13
なりきりうぜーーーーーーーーーーーーーー!!!
てめー自分のなりきりが受けてるとか勘違いしてんじゃねーぞクソが!

142 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:17
>>140
いや、確かにスレの削除依頼がちらついてた時点でのなりきりは
ちょっと時期尚早な気もするが、今日の昼時にはマターリと萌え
ネタを出してたのでけっこんスレにおいてはそれほどの罪には
問われないと思うな。むしろ繭ネタを積極的に出した功績も考慮して
陪審員のみなさんの萌え心に訴えたいと思います。

以上です、裁判官。

143 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:17
漏れはなりきり(読むの)好きだけど?
あんまり長くやられると迷惑だが、
2、3やり取りをする分には面白い。

144 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:18
有罪!

145 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:19
いきなりかい(藁
もうちょっと情状酌量の余地とかないんか(藁

146 :くりおね:2001/02/28(水) 02:20
別に僕のなりきりが受けてると確信してやってるわけではないですけど…
なりきりだけに限らず、全てのネタは書いてみなければ
受けるかどうかなんてわからないですし、
雰囲気と合わなそうならすぐに止めるんですから
少しのネタ振りぐらい楽しくやらせてくださいな…

147 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:21
確かに繭ネタは萌えシチュとしては逸品だった!!

148 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:21
>>146
そのとおり!!
要は瑞希スレの1みたいに
いつまでもうじうじしてるのが良くない!
しかも逆恨み!最悪だ!

149 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:22
くりおねは情状酌量の余地あり
償いとしてまこぴースレでの萌えSS、シチュの大量生産を命ずる

150 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:23
くりおねちんガンバ!!

151 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:24
雰囲気に合わなそうならやめるって?はっ!笑わせんなよ!
何処でもなりきりおっぱじめる我侭君がよお!!!氏ね!

152 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:24
>>146
あのスレでも書いたけど「らしくないんだよ」ああいう明る過ぎる真琴って。
人見知りが激しいって性格設定忘れてない?

153 :くりおね:2001/02/28(水) 02:25
喜んでくれた方もいるみたいで、ありがとうございます。

>>149-150
た、大変なことになった…
一応、サンクリ本には真琴ネタも出してます。

154 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:25
>>149
ラッキー(w

155 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:25
くりおね、最高裁にて無罪確定。

156 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:26
くりおねは「自分の」イメージ、雰囲気を先行させるので助言は無意味です。

157 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:26
>>152
悪いが、葉鍵板の住人=祐一なのさ

158 :くりおね:2001/02/28(水) 02:27
>>156
ううっ、耳にいたいです…

159 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:29
おら!コテが名無しで叩いてんじゃネーゾ!!
なんとか言え!!!ゴルァ!!!!

160 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:30
荒らし隔離スレ?

161 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:30
>>157
何かしっくり来ねえなあ…。
そう捉えたとしても、それはそれで妙な感じするけどな。

162 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:32
(・∀・)マジデゴメンヨ!

163 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:34
>>157

>ふふ〜、こう見えても、真琴はお仕事中なんだよっ。
>秋子さんに言われて、アルバイトなの〜。
>こうやって2チャンネルの人とお話ししながら、お留守番。
>一人でも寂しくないようにって、秋子さんが教えてくれたんだ。
>お給料に、肉まん買ってもらうんだよ〜。

これも祐一宛なの?

164 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:35
でもちょっと厨房入ってる真琴だと思うといい感じだぞ。
キャラ名でいうなら煽り真琴ってところか。
もっと突き詰めていけば別ペルソナとしてサイコ名雪やみしおたん
クラスまで逝けるかどうかはくりおねたんの腕次第だけどね(W

165 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:40
>>163
祐一と同格ってことで手を打たないか?
いくらリアルでも真琴から知らないおじさん扱いは悲しいものがある。
それに真琴シナリオやった奴は、多かれ少なかれ祐一に感情移入したことも
あるんだしさ。

166 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:40
>>164
オレはそう言う風に思えないんだよな。
そりゃ何聞かれても「あ…あぅ…」って返されるのも
そら困るとは思うけどさ。

まあ、オレの中のマコピー像が固まっちゃってるってのも
あるだろうけど。

167 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:40
図に野良砂。
奴が調子いいのは明白だ。

168 :くりおね:2001/02/28(水) 02:41
自分がなりきりをやるときは、少なからず自分のイメージに包まれた
キャラを演じてしまうところはあると思います。
例に挙がった真琴の場合なら、真琴シナリオ中盤以降の
少し精神的に子供っぽくなった感じでしょうか。
精神的に子供で、秋子さんを本当の母のように慕う真琴、
っていうのが個人的にツボなので…
自分が書くなりきり以外の真琴ネタも、この設定がほとんどです(汗

169 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:43
で?

170 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:43
>>168
そんなわけでどんなスレにも出張って
なりきりは自粛しろ!!!

171 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:44
>>165
まあ、しょうがないか…。
二次創作の真琴が人見知りしてるのってあんま見かけないし。

でも、あんまりやり過ぎるのは勘弁な。
バランスは程々に。

172 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:44
くりーおねはなりきりになると廻りが見えなくなるからな。
自分も自重して頂きたい限りである。

173 :くりおね:2001/02/28(水) 02:46
>>170-172
了解。
一応なりきりは、今も昔もほとんどなりきりシチュスレか鶴来屋でしかやってません。
長森スレの瑞佳とかも、やったことはないですし…
でも、今後も気をつけますね。

174 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:47
>>168
オレの真琴のイメージとやっぱ違うよな。
オレの中では気が強そうに見えるけど内面は結構小心者って
事になってるから。

175 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:51
でも、けっこんスレの繭ネタはよかったよ。これはお世辞抜き。
ちょっと幼すぎるかなとは思ったけど、あそこまで徹底すれば萌えるよ。
つーか、くりおねたんは幼い系キャラの方が受けがいいんじゃないのか?
いやさ、なんとなくそう思ったんだが。
本人は、受けたとかワラタとかイイ!とかレスもらったキャラとか統計してないの?


176 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:53
だが、それがいい

177 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:53
そんな統計してたら凄く嫌。

178 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:54
>>176
マターリと反対。
なりきりは、ヤってるやつの妄想を他人に押しつける行為でもある。
それを自覚しないで、ところかまわず垂れ流すのは反対だ。
地下でやるべし。

179 :くりおね:2001/02/28(水) 02:56
>>174
そこら辺が、なかなか難しいですよね。
あまりキャラを改変しちゃうと、逆におかしくなりそうだし……

>>175
ありがとうございます。
幼い系キャラが受けてるのは、自分も好きだからかもしれませんね。
ネタの統計は取ってないです。
でも、結局はネタを出せるキャラはほぼ決まっていますからね。

こうやってみなさんの意見を聞ける機会があるのは、いいですね…

180 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:57
>>178
まぁまぁ。
なんつうか、なりきりは時と場所を選べってことで。
くりおねさんも>>173でちゃんと了解してるじゃないですか。

181 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:57
>>178
何となく本末転倒になってるのが問題なんじゃないのかな?
本来は普通の会話してる時のスパイスとして使うべきものだったと
思うんだけど。


182 :くりおね:2001/02/28(水) 02:58
>>178
同意ですね、やっぱりなりきりをやっていて
一番楽しいのはなりきっている本人だと思いますし。
地下でやって、面白いと思ってくれた人はたまに覗いてくれればいいと思います。
もちろん、上げてもみんな楽しんでくれるようななりきりをしたいんですけどね。

183 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:59
こいつは「分かりました」といっても同じ事繰り返すだろ。
「私的には」とか言って。

184 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 02:59
だがそれがいい

185 :くりおね:2001/02/28(水) 03:00
あ、>>182のなりきりは「仄めく」に代表されるなりきりシチュスレでのことです。

186 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 03:02
>>179
ついでに言っちゃうとやっぱ悪戯繰り返してた時の真琴が
オレの中では一番フィットするんだわ。
大人しくなった時は何となくガッカリしたし。

例をあげるとストライク平助の描く真琴が一番イメージ近いかな?

187 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 03:03
なりきり騙るなら別のスレにしてちょ。

188 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 03:03
なりきり討論スレになってる…。
まあ、面白いからいいか。

189 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 03:03
>>180-181
漏れはなぁ、マターリ萌え話を楽しんでるときに、
なりきりで割り込まれるのが一番イヤなんだよ。
・・・漏れ個人の意見だ。聞き流せや。

190 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 03:04
なんだ!!このプレッシャーは!?




191 :くりおね:2001/02/28(水) 03:05
>>187
そうですね。
今日はみなさんの意見が聞けて良かったです。

192 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 03:11
では、今すぐ愚民どもに英知を授けてみせろ!!

193 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 03:12
>>189
静かに同意。普通に話してるときにいきなりなりきりが乱入すると萎える。
目立つだけに話も剃れやすいし。

194 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 03:13
なりきりやってる時にコテハンで乱入するほうがよっぽども失礼では?
Mなんとかみたいに。

195 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 03:13
この辺でお開きって事で良いんじゃないか?
数少ないなりきりやってる人間の話も聞けて、結構面白かったし。
くりおねちんは、また結婚シチュネタを考えついたらここに書いてくれよな。

196 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 03:15
では、今すぐ愚民どもに英知を授けてみせろ!!

197 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 03:18
>>195
んじゃ、また結婚シチュ再開する?
オレは昼参加してなかったんで良く知らんが。

198 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 03:18
>196
判った判った、ほら
お前をやってからそうさせてもらう!!
どうだ、満足したろ。同士の手を煩わせるな(藁

199 :くりおね:2001/02/28(水) 03:19
えっと、最後に…
>>189
自分は、なりきりしても良いスレ(なりきりシチュ・鶴来屋)だけでしか
なりきりはやらないようにしています。
それは、今後も心に留めていきますから。
今回の結婚スレは、少し遊び心が出てしまって…
なりきりキャラで名無しさんと雑談するのって、ちょっと面白そうだなって思って。

200 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 03:21
>今回の結婚スレは、少し遊び心が出てしまって…
似たような事何度も言ってる気がするが?まーこれ以上はいいか。


201 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 03:21
>>195
漏れは、なりきりをやる場所さえ限定して、そこ以外では
やらないんだったら文句はないよ。
一人で反対してもしかたないしな。
>>199
・・・あんたも一々出てきて自分語りするのはやめてくれ。
コテハンがここまでウザイと思ったのは初めてだ。

202 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 03:24
>>201
最後っつってるんだから、見逃してやれよ。
なんつうか、心配性な感じはするな、くりおねは。

203 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 03:25
結局、くりーおねは自己弁護しかしてませんです。。。

204 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 03:27
>>201
>ここまでウザイと思ったのは初めてだ。
オマエモナー。

205 :>>196:2001/02/28(水) 03:27
はいはい、逆シャアはわかったから、あちこちで書きこむのはやめれ。

ネタ会話はもっと、エレガントに。エレガントに、レディ。


206 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 03:28
では、今すぐ愚民どもに英知を授けてみせろ!!

207 :ネタにはネタで:2001/02/28(水) 03:30
>>206
貴様さえいなければ‥‥‥

208 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 03:30
お前を倒し(略)

209 :来栖川萌え@梓もね:2001/02/28(水) 03:31
「かわいいでしょう、浩之に似ていると思わない?」
「そうか?綾香に似ていると思うぞ」
義姉さんとセリオが子供を見ている。
と思ったらこっちに擦り寄ってきた。
二人ともぴったりと密着している。
「浩之、二人とも貴方の子供が欲しいみたいよ」
「義姉さんはともかくセリオは難しいな」
「こらっ、姉さんも駄目よ」
結婚してから義姉さんがよく遊びにくる。
だから4人でいる事が多い。
今は5人だけど。
今度みんなで旅行に行こう。
ずっとこうしている事を願って。

210 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 03:36
セリオとは子供が出来ないのが痛い……

211 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 03:37
>>210
お茶の水博士に作ってもらおう。

212 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 03:38
つーか、セリオは1000人友達が出来ると
人間になれるのです!!

213 :来栖川萌え@梓もね:2001/02/28(水) 03:39
>>210
確かにそうですね。
もらいっ子か今話題のクローンか。
自分のクローンが自分の好きになったセリオに育てられるのは複雑に萌えます。

214 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 03:40
セリオに友達は出来ません。発作が起きるから。

215 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 03:41
観鈴も3万人友達が出来れば翼人の呪いを解くことができます!!


216 :がおがお言ってる精神薄弱児:2001/02/28(水) 03:43
3万人も友達できません。手が震えるから。

217 :来栖川萌え@梓もね:2001/02/28(水) 03:43
将来メイドロボを妻にする人が必ず出ると思うんですよね。
法律やあっちの機能の有無にかかわらず。
もちろん子供が出来る出来ないなんて問題にしない豪の人が。
そんな人がマスターだったセリオは幸せだと思う。

218 :来栖川萌え@梓もね:2001/02/28(水) 04:23
「やっほー、セリオ。遊びに来たわよ」
最近毎日綾香お嬢様が遊びに来る。
「ね、セリオ。浩之とはうまくいってる?」
綾香お嬢様は私と浩之さんの夫婦生活に事のほか興味があるらしい。
「で、あっちの方はどうなの?」
・・・綾香お嬢様は赤くなってうつむく私をからかう。
「じゃあ、今日はこの辺で帰るわ」
でも綾香お嬢様だけが私と浩之さんの事を応援してくれた。
「最近のあなたの表情、ますますかわいくなった。浩之はうらやましいわね」
そして本当に私の事をよく見ている。
「じゃーね、セリオ」
綾香お嬢様ありがとうございます。
でも早く相手を見つけられた方が良いと思います。

219 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 06:27
>>216
俺が3万人分友達になったる。

220 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 08:19
藁田

221 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 10:13
セリオか……

SSとかだと感情剥き出しにするかどうかで
雰囲気が変わるね。

222 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 11:15
>>221 クロスオーバーのさせ方次第やね。

そういえば誰とでも(人間じゃなくてもhihi)結婚出来る国ってどっかにないのかな?
あったらハネムーンはそこに決定だな。


223 :来栖川萌え@梓もね:2001/02/28(水) 11:32
「へー、大分セリオも料理がうまくなったな」
「ありがとうございます、浩之さん」
「こら、さん付けしなくていいって言ってるだろ」
「すみません、あなた」
じーん。
「あの、どうかしましたか?」
「セリオのあなたは効くなと思って」
「あ、あの・・・複雑です」

セリオは結婚(と勝手に決めた)後サテライトを一切使わなくなった。
自分の力で何でもしたいからと言っていた。
初めはマルチより物覚えが悪くて笑ってしまったけど何事にも一生懸命な
おかげで最近はなんとか不自由なく過ごせる。
不器用に料理を作るセリオがたまらなく愛おしい。
今度どこかへ連れていってやろうと思った。



224 :来栖川萌え@梓もね:2001/02/28(水) 13:03
>>222
ハネムーンじゃなくて移住したいです。
電気のある国だと良いけど。

225 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 13:19
いまいち人が居ないな。まあ荒れるよりはいいか。

でもやっぱり新居は都会が便利だなあ。
まあきつねが出るような所でもいいけど^^;
家賃安そうだし。

そういえば秋子さんと祐一って普通には結婚出来ないんだっけ?


226 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 13:24
できませんが、ヤるだけなら個人の自由です…法的には、ですが。
だからセクースも誤爆を避けるための細心の注意が必要と思われ。

227 :来栖川萌え@梓もね:2001/02/28(水) 13:26
前に内縁の妻秋子さんというのが出てましたね。
ちょっと萌えました。

228 :来栖川萌え@梓もね:2001/02/28(水) 13:29
真琴の場合都会暮らしだと田舎が懐かしくなるでしょうね。
定期的にもののみの丘に里帰り。
何もしないで座って風の流れを見つめる真琴なんていい感じ。

229 :大阪:2001/02/28(水) 13:32
秋子さん側の血縁というのは確定してるんでしたっけ?
もし名雪とは父親繋がりの従兄妹なのだったら、
一人身になってる秋子さんとは血縁はないと思うけど…

230 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 13:33
まあ最近は色々検査手段も有る事だし
誤爆でも故意でもありなんじゃないのかなあ?

セリオに誤爆して出来ちゃった結婚。
#絶対無理。hihi


231 :来栖川萌え@梓もね:2001/02/28(水) 13:33
>>229
秋子さんは祐一母の妹ですね。


232 :大阪:2001/02/28(水) 13:36
ああ、記述みっけた。
>リビングの扉を開けて、秋子さんが顔を覗かせていた。
>俺の母親の妹。
>つまりは、俺の叔母で名雪の母親でここの家主だ。

233 :大阪:2001/02/28(水) 13:38
マジャーンの役に、「主(ぬし)」も入れよう…

234 :来栖川萌え@梓もね:2001/02/28(水) 13:44
>>230
セリオに誤爆したい。
誤爆したいぞ!!ゴルァ(゚д゚)


235 :瑞希スレの1@執行猶予:2001/02/28(水) 13:49
ソロソロ モドッテキテモ ダイジョウブカナ
マコピーヲ ブジョクスルヨウナネタヲカイタノハ アヤマルケド
オレ コピペアラシナンテ シテナイヨ

アラタメテ スレッドノヘイオンヲミダシテ モウシワケアリマセンデシタ

236 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 13:50
でも実際誤爆したら不安だろうねえ。
おろすのは簡単だけど、本音いえば子供欲しいって気持ちも有るだろうし。
日本だと遺伝子検査とかって出来るんだっけ?

そいえば結婚して子供作った後で親類や親の友達の話きいたら、
実は生き別れた兄妹だと判明したなんて事もあるらしいねえ。
そういうのは知らなきゃ何の問題もないんだろうけど^^;

往人、観鈴 兄妹説なんてのをでっち上げてみたり。



237 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 13:59
>>235
「まあ瑞希は気にしすぎるのが悪い癖だな。」
「そんな事だからイキおくれるんだよ。」

「それはあんたの甲斐性が無いからでしょ。」




238 :旦那さん、名無しです:2001/02/28(水) 14:03
「玲子ちゃん…じゃ、行こうか。」
「うん…えへへ、今あたし、一番お金かけたコスプレしてるんだよねぇ…」
「なに言ってんだよ、結婚式はプレイじゃねーだろ?」
「にゃははっ☆そだね〜、披露宴ならまぁともかくね。」
「しかし…自分でドレスのデザインするなんて、まさに芸は身を助けるってヤツだよな。」
「なんかさ、結婚式より自分でデザインしたドレス着てるってことの方が幸せだったり〜!」
「あっそ。別にいいけど?オレはそんな玲子ちゃんが好きになったわけだし?今さら気に
することもねーけどな?」
「ああん、じょおだんだってば〜!だから…かずくんのためだけにコスプレできてるって事が、
今一番幸せかな…。きっと式が終わってから、別の幸せが拡がってくるんだろうけど…」
「だからプレイじゃねーってのに…ほら、腕組もうぜ?さっそく別の幸せを覚えさせちゃるっ…」
「あっ…にゃ、にゃはは…照れるってゆうか、なんかすっごいドキドキしてきた…」
「それが幸せのリズムってヤツだよ。さ、一世一代の晴れ舞台、決めてこよーぜ!!」

…新婚生活じゃないとダメですか?sage

239 :来栖川萌え@梓もね:2001/02/28(水) 14:05
>>235
半角読みにくいです(藁

とにかくガンガン萌えシチュ書いてください。
有無を言わさないくらい量産しましょう。
瑞希萌えを増やすつもりでがんばれ。


240 :来栖川萌え@梓もね:2001/02/28(水) 14:09
>>238
結婚式って大抵女の人の方が肝が座ってるよ。
男は結構緊張するみたい。
あれは本当に花嫁が主役の舞台だね。

241 :萌@はうす:2001/02/28(水) 14:13
取り敢えずsage進行だし私も固定化しよっと。
実は222以降のだよもんは>>226以外私。

>>240
ふむ招待されたことないからわからなかったり。
実際想像するとそうだろうなあ。


242 :来栖川萌え@梓もね:2001/02/28(水) 14:16
>>241
そうなんですか?
そうすると実質3、4人か・・・
昨日に比べると寂しいけど昨日が異常だったのかもしれませんね。


243 :萌@はうす:2001/02/28(水) 14:23
水さしちゃったったかな?
まあ今sage進行だし、昨日の事もあるしね。
暫くはマターリで行きましょう。

火がつくと勝手に上がっていくでしょう。

ということで 公海上での結婚式もいいなあ
くれぐれも沈まないでね^^;


244 :来栖川萌え@梓もね:2001/02/28(水) 14:32
>>243
芹香先輩と結婚するとあり得そうですね。
お金をいくらでも掛けそう。


245 :萌@はうす:2001/02/28(水) 15:15
そう言えばレミィってどっちの国籍なんだろうなあ。
国籍って複数持てるんだっけ?

関係ないが、調べてたらこんなの見つけた。
ttp://www.dearmorocco.com/culture/women/06marri.htm
モロッコ行くか^^;


246 :来栖川萌え@梓もね:2001/02/28(水) 15:29
>>245
日本人とアメリカ人の両親を持っていますから複数持っているはず。

モロッコって昔の日本のようですね。
私はちょっと嫌かも。

247 :萌@はうす:2001/02/28(水) 15:55
確か成人するまでは両方持てるんだったかな?

昔の日本
ttp://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/8188/kenkyu/98geppa-1.html

結構古いしきたりが残ってたりするんだねえ。

そういえば柳也と裏葉って結婚したんだっけ?


248 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 16:05
いい感じに発展してますな。

>>247
正式な式を挙げたのかはわからんが、
一緒にはなった。

249 :萌@はうす:2001/02/28(水) 16:27
ttp://www.suntory.co.jp/sma/japanese/collections/18.html 「鼠草子絵巻」
鼠が姫と結婚するお伽話。やっぱりうまくいかないのかな?。
おのれ高野山。


250 :来栖川萌え@梓もね:2001/02/28(水) 16:32
>>247
ためになりました。
サンクス。
今の結婚式になったのは本当に最近なんだね。

婚約指輪のエピソードもおもしろそう。


251 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 16:37
御伽噺は悲恋系エンドが多いよね。

252 :来栖川萌え@梓もね:2001/02/28(水) 16:43
>>249
こんな所に高野山が!!
悲恋の裏にはいつも高野山?

253 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 17:17
ここが全然荒らされてない時点で
瑞希スレやまこぴースレを荒らしてるのは
便乗荒らし(しかもかなり程度低く恐らく単独)だな。



254 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 17:18
>>253
だからってあげんでも・・・・

255 :禁忌@はうす:2001/02/28(水) 17:26
>>251 そういえばどっかのサイトで誰かそんな考察をしてたっけ
色々探してるんだけどなかなか末永く幸せにって大団円の話がないねえ。

#というかだれか結婚SSよろしく^^; ageないと駄目かな?

>>252 ttp://www.aichi-gakuin.ac.jp/~kamiyama/ki2.htm#kinse3
女人禁制って事で色々話はあるらしいねえ。

そろそろ萌ねたに戻したほうがいいかな?


256 :来栖川萌え@梓もね:2001/02/28(水) 18:20
「セリオは何年経っても綺麗だな」
「・・・・」
「どうしたセリオ、俺の顔に何かついているのか?」
「私たちが一緒になって50年経つのになぜ浩之さんは少しも変わらないのですか?」
「んー、あえて言えば寝る前の腕立てと腹筋かな。あれで若さが保てる」
「・・・・」
「冗談だよ」
「来栖川のデータベースを検索しても浩之さんのような前例はないそうです」
「自分でもわからないんだ。だから旅を続けている」
「もっと早くに相談してくれたら・・・」
「俺、セリオと一緒になって良かったよ。ずっと一人は寂しすぎるからな」
「浩之さん・・・私で良ければずっとついていきます」
「よーっし、じゃあ今度はあの高校に転校しようか」
「52年生ですね、浩之さん」

いかん、全然結婚ネタじゃない。
浩之ってただものじゃないからこのくらいありかと思って。


257 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 18:26
浩之=ヴェドゴニア惣太

258 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 18:32
>>256
なんか「人魚の森」を思い出してしまった…。
鬱になった…。氏のう。

セリオに会うまで500年…えぐえぐ

259 :来栖川萌え@梓もね:2001/02/28(水) 18:40
>>258
人魚の森は同士に会えますがBeFreeはずっと一人なので更に悲惨度が増します。
とりあえず飽きるほど生きてみましょう。


260 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 18:53
>>259
うむ、やはり普通の人間にエイエソの世界なんぞ必要ない!
茜と名雪と千鶴さんとマルチと彩がいてくれればたとえ六畳一間でも・・・


261 :#@はうす:2001/02/28(水) 18:53
>>256
実は浩之は某魔法使い界のプリンスだったとかね。
まあ年取らないってのも不幸なのかも?
ちょっと思ったが、芹香ちゃんが先々代の女王で年取らないとすると、
結婚して直ぐに夫が事故死して、最後は老いて往く息子の最後を看取る。
....っておもいっきり悲恋やなあ

そんな話やんぴ^^;

とりあえす二人とも幸せそうでいいねえ。



262 :来栖川萌え@梓もね:2001/02/28(水) 19:01
>>260
うる星やつら?


263 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 19:05
>>262
そうなんですか?俺はこのフレーズをファン○ードで知ったもので…。

264 :ぴかちゅう@はうす:2001/02/28(水) 19:09
>>263
もえもえやね。


265 :来栖川萌え@梓もね:2001/02/28(水) 19:11
>>263
元ネタはうる星ですがFRでさんざんネタにされてましたね。
浮気者にはぴったりのフレーズでした(藁

266 :来栖川萌え@梓もね:2001/02/28(水) 23:19
「いつもすまないねー、秋子」
「くすっ、それは言わない約束ですよ。祐一さん」
ちょっとした病気で俺はしばらく入院することになった。
おおっぴらには言えないけど妻の秋子さんが仕事の合間に見舞いに来てくれている。
「名雪はまだ結婚しないのかな?」
「・・・あの娘はまだ祐一さんの事が吹っ切れてないみたいです」
「そうか」
「私、悪い母親ですよね。それ以前に姉さんの子供とこんなことになるなんて」
「いや、俺が悪いんです。秋子さん、自分を責めないで」
「祐一さん・・」
「でもね、全てを捨てても秋子さんと一緒になりたかった。後悔はしていませんよ」
「祐一さん、私より先に死なないでくださいね」
「なにを縁起でもない事を・・・あっ」
秋子さんが泣いていた。
おじさんの事を思い出したのかもしれない。
「ごめんなさい祐一さん。今りんごを剥きますね」
周りには相変わらず水瀬家にお世話になっていることにしている。
早く結婚しろといわれてるけど作り笑いでごまかしている。
名雪も一緒に暮らしている。
ちょっと気まずいけど今までと同じように接してくれているのがうれしかった。
そして秋子さん。
子供の頃は非の打ち所のない完璧な人だと思っていたけど一緒になってから
それは間違いだったことに気づいた。
秋子さんは思っていたよりずっと弱い人だった。
支えてあげたい。
幸せにしてあげたい。
そればかり考えている。
「それじゃあ、仕事に戻りますね」
「いってらっしゃい」
「はい、いってきます」
窓から暖かな風が流れてくる。
遅い春がそこまできていた。

駄目だ。
この設定は難しすぎる。


267 :ぴろ@はうす:2001/02/28(水) 23:54
>>266

考えてみれば祐一×秋子って初めてみたかもしれない^^;

しかし冷静に考えると凄い設定...なんせ結婚できないもんなあ....
外国行って他人に成りすますとか (それは犯罪じゃ?
なんか方法無いものか^^;


268 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/01(木) 00:24
>>267
結婚できないだけならマルチやセリオもいるんですが何しろ近親婚ですからね。
更に秋子さんは人格者なのでとても難しいのです。
こう言ってはなんですが晴子さんみたいな人なら多分ノリだけで押し切れると思います。
しかし秋子さんは・・・寂しければありかな?


269 :名無しさんだよもん:2001/03/01(木) 00:45
(一同にむかってマイクの前で一礼する美汐)

真琴、祐一さん、本日はほんとうにおめでとうございます。
この場にいらっしゃるみなさまとともにこうしてふたりの門出を祝福できることは、
わたしにとっても望外のしあわせです。
ただ、ご列席のみなさまは、きっととまどって、
ふしぎに思っていらっしゃることと思います。
ご覧のとおり、新婦側の参列者はわたしをふくめて3人だけです。
しかもあとのふたりが水瀬さんと娘さんの名雪さんなのですから、
このおふたりは実質上祐一さん側のお席に座られるべき方々です。
しかしおふたりはすすんで真琴さんを祝うための席についてくださいました。
新婦になりかわりまして、この場をかりておふたりに、
心よりお礼を申し上げたいと思います。
新婦の真琴さんは複雑な出自をもっております。
そのために真琴さんのご両親、ご親戚などはこの場にいらっしゃいません。
友人の資格で参列する者が3名いるのみです。
真琴さんの出自、それについてこの場で詳細に申し上げるつもりはございません。
それは何かの機会に、本人の口からみなさまに語られるべきことでしょう。
ただわたしは、この場にいるみなさまに、ひとつだけわかっていただきたいのです。
真琴さんの出自は真琴さん個人の人間性とはまったく関係がないことをです。
むしろその出自がかえって真琴さんを健やかに、伸びやかにしたことをです。

270 :名無しさんだよもん:2001/03/01(木) 00:46
本当のことを申しますと、真琴さんは祐一さんからのプロポーズを受けてから、
ずいぶん悩んでいました。
自分のような出自の者が、祐一さんをほんとうに幸せにしてあげられるのか。
かえって祐一さんを苦しめてしまうことにならないか。
この結婚がふたりにとって、いえ祐一さんにとって不幸をもたらすのではないか。
それを真琴さんは恐れていました。
今のこの瞬間でも、祐一さんとの結婚を決めてからもずっと、
心のどこかに不安を抱えているかもしれません。
今日の控え室での真琴さんの蒼い表情が、わたしの心を離れません。
だからわたしは、ぜひみなさまにお願いを申し上げたくて、
今この場でお話をさせていただいています。
何をあつかましいことを、と思われるかもしれません。
それでも。どうか。
どうかこの結婚を、心から祝福してくださいますよう。
どうか祐一さんだけではなく、真琴さんにもみなさまの愛情をわけてくださいますよう。
真琴さんの友人として、みなさまに、つつしんで、心よりお願いいたします。

(マイクの前で深く頭を下げる美汐。熱心な拍手)
(拍手のなか、美汐、頭をあげて真琴を見つめる。その表情は確信に満ちている)

わかったでしょう、真琴。
あなたたち、幸せになれるのよ?

(顔をくしゃくしゃにしてぽろぽろ涙を流しながらうなずく真琴)
(真琴の髪をなでてやる祐一)
(美汐、一礼して席に戻る。終わらない拍手)

271 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/01(木) 01:20
>>269
すごいよ。
ちょっと感動した。
前から真琴と美汐スレの住人は萌えシチュがうまいなと思ってたけどこれもいいです。
そうなんですよね。
真琴は天涯孤独の身。
でもちゃんとフォローしてあげる美汐。
式場内のシーンが目に浮かぶようです。
よかったらまた書いてください。



272 :名無しさんだよもん:2001/03/01(木) 02:07
すばらしい。

273 :272:2001/03/01(木) 02:09
…っとsage入れちゃったけどまぁいいか。このままで。
ありがとう269-270。


274 :名無しさんだよもん:2001/03/01(木) 02:57
スタッフ系コテもなりきりに入るのか?

275 :名無しさんだよもん:2001/03/01(木) 02:58
半分半分?

276 :名無しさんだよもん:2001/03/01(木) 03:20
最近はいたるとか青村とかいるけどなりきりじゃないでしょ。

277 :名無しさんだよもん:2001/03/01(木) 03:37
さあ叩いてって感じ

278 :名無しさんだよもん:2001/03/01(木) 03:51
>>269-270
これは、ちょっと凄いな。

279 :名無しさんだよもん:2001/03/01(木) 04:03
>>277
叩くも何も、あいつらあんま自分のスレから出てこないしなー。
ネタ的に弱いね。ていうか269-270凄いな・・・。

280 :名無しさんだよもん:2001/03/01(木) 04:04
>>279
椎原は?

281 :名無しさんだよもん:2001/03/01(木) 04:08
ぽかっ

282 :名無しさんだよもん:2001/03/01(木) 04:09
にょわっ

283 :大阪:2001/03/01(木) 10:42
>>269-270
いいね。美汐のひたむきさが感じられる。
ただ、祐一側も親戚が少ないみたいだから、大きな式はできないかも。

284 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/01(木) 11:52
269-270のSSはもちろん話もいいけど技術的にも見るべきところがありますね。
書いた人は少なくともセミプロ以上の実力があるように思えます。
突っ込むところが非常に少ないのです。
一体誰なんだろう?
こんなSSが出るならこのスレもまだまだ捨てたものじゃありませんね。


285 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/01(木) 12:37
「それでは新婦様、お色直しをお願いします」
「よし、真琴。綺麗になってこい」
「うん」
真琴が控え室に消える。
「それではお色直しの間、スライド上映会をしたいと思います」
ネズミ花火で驚く真琴、こんにゃくを泣く泣く食べる真琴、殺虫剤で真っ白な真琴・・・
会場は笑いに包まれる。
やがて戻ってくる真琴。
「あれ、なにかやってたの?」
「くくく、真琴の美しい姿を見ていたんだ」
「でもみんな笑ってるけど?」
「笑うほど真琴が美しいということだ」
「・・・そうなの?」
名雪が自分の席からVサインを出していた。

実際のスライド上映会はあまりおもしろくないですよね(苦笑

286 :名無しさんだよもん:2001/03/01(木) 14:30
なんでさげ?

287 :名無しさんだよもん:2001/03/01(木) 14:35
>>269-270
なんつーかアイデアがいいね。
たいしたもんだ。

288 :名無しさんだよもん:2001/03/01(木) 14:38
>>284は絶賛しすぎだけどな。

289 :ウィークヘッド・シュトラッファ:2001/03/01(木) 14:41
>>269-270
よか!

290 :ほかほか兄さん:2001/03/01(木) 14:43
>>287
確かにこのアイデアは思い浮かびませんでしたね。
一本取られたって感じです。

291 :名無しさんだよもん:2001/03/01(木) 14:44
だがそれがいい

292 :名無しさんだよもん:2001/03/01(木) 14:55
結局、主人公は真琴ではなく美汐。
恐らく筆者もみしおたん萌えだろうけども(w

293 :名無しさんだよもん:2001/03/01(木) 16:50
>>1
けっこんじゃなくて、セクースしたい時はどうしたらいいんですか?

294 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/02(金) 00:13
「やっぱり恥ずかしいよ、浩平君」
「だーめ、結婚したら絶対するって決めてたんだから」
「私、同意してないけど」
「嫌か、先輩・・」
「うーん、いいよ。それとみさきって呼んで」
「結婚してもなかなか呼び方が変えられないもんだな」
「ふー・・あったかいよ、浩平君」
「それじゃあ俺もと・・・はー、いいお湯だね」
「ずいぶんお湯が出ちゃったんじゃない?」
「・・・・いや、そんなことはないと思うぞ」
「浩平くん立って見て。ほらっ、お湯が胸まで下がっちゃう」
「だから二人で入ればいいんだよ」
「あっ・・」
「みさき・・」
「浩平くんの心臓の音が聞こえる」
「ドキドキしてるのがばれちゃうな」
「浩平くん、ありがとう」
「え、なんで?」
「今までの感謝の気持ちだよ」

あう、無意味に長い。
もっと精進せねば。
あと多分みさき先輩が見えないのをいい事に浩平の視線は中年おじさんモードです(藁


295 :名無しさんだよもん:2001/03/02(金) 03:10
ありがあとォ〜いわなあいよォ〜ずッと、だァまァあておーくー、っと。
よし、も少しでにんじん終わるな。これであとは……
ん、なに、どした真琴? まってろよ、すぐできるから。
な、なにィィィィィィィィィッッ!!
言ったのかッ。いまこう言ったのか真琴ッ。「ごはん作るの手伝う」と!
どうしたどっかおかしいのかなんか悪いもんでも食ったのか!
え、ウソだよウソ。拗ねるなよ。冗談だってば。ごめんごめん。ごめんて。
でもホントにどうしたんだ?
結婚以来3ヶ月、おまえが台所に立ったことなんて……
え? 天野に? 料理をすこし教わってきた? おれのため?
そうか、アリガトウな。そうか、うん。そうか。ちょっと感動したぞ。
じゃ、ちょっと手伝ってもらおうかな。なに教わったんだ?
野菜の切り方? うん、それは料理の大事な基礎だ。なかなか本格的だな。
よし、じゃそうだな。大根とにんじんの酢の物を作ろうと思ってたんだ。
にんじんはもう済むから、大根をせんろふにしといてくれ。
よし、じゃ、あとはキャベツと肉をさっと炒めて、と。
……ん、どうした真琴。え? せんろふってなにかって?
千六本のことだよ、千六本。頼むな。
ええとキャベツは買い物袋のなか……もしもし真琴さん?
なに拗ねてるんですか?
え、なにィ? おれがいつイジワル言ったよ! おれがッ……はあ。ちがうよ。
千六本ていうのは大根の千切りのこと!
市内の大根ぜんぶ集めても千六本もありゃしないよ。
大根の千切り。できるな? ん。じゃ頼んだぞ。
そうそう、まずそうやって大根を薄く切っといて……なかなかうまいじゃないか。
よしおれもやるか。キャベツキャベツっと。

296 :名無しさんだよもん:2001/03/02(金) 03:11
お、ほどよく虫食ってまあ、立派な無農薬野菜だ。
え、天野から貰った? さすが天野、目利きだな……ってオイ!
真琴! やめろ、まて! はあはあ、なにスットンキョーな顔してるんだよ。
指伸ばしたままでそんな乱暴に包丁うごかすやつがあるか!
指は曲げるの! こうやって! 指切っちゃうだろ、それじゃ!
まったく、天野からホントに教わってきたのか? ……ちがう!
断じてちがう! それは横で見てただけって言うの!
教わったとは言わないの! ……ああ、わかってるよ。拗ねるなって。
ありがとうって。うん。じゃ、キャベツ切ってくれるか?
食べやすい大きさにざくざく切っとけば十分だから。うん、頼んだ。
さ、じゃあおれはかわりにコイツを……ってどうした真琴! え、虫?
ゴキブリでもいたのか……うッ。こりゃあ、ちょっと……ひどいな。
でもね真琴さん?
洗いもせず表面もむかず、いきなり切りはじめたりしたらそりゃあ、
イモ虫いっしょに切ってもふしぎじゃないと思うんですけど?
これ無農薬野菜ですよ?
はあ、わかったよ……。じゃ、みそ汁に入れるトーフ……いや、
トーフは危険だ。きっとてのひら血だらけとかいうオチがつくにちがいない。
じゃがいもだ。じゃがいもにしよう。じゃがいもの皮をピーラーでむいてくれ。
ピーラー、わかるな? そう、皮むき器。
おまえがテレビの通販で買った包丁セットのおまけ。……おこるなよ。頼むな。
よし、ナイスムーブだおれ!
これならけがする心配もなく真琴に手伝いをさせてやれる……って。
言ってるそばからおい! なんでピーラーで指を切れるんだよ!
はあ。もういいよ。ありがとう。うん、いいよ。
ほら、『クレヨンしんちゃん』はじまったから。それ見て待っててくれ。
ああ、わかった。こんどはきちんと教わってくるんだぞ。
うん。ありがとうな。バンソコ、巻いとけよ。
……子供のお守りだ……

297 :名無しさんだよもん:2001/03/02(金) 07:55
>>295 296
良い感じです。あなたの祐一はずいぶんコメディー系ですな(笑
『クレヨンしんちゃん』を観る真琴も萌え!

298 :名無しさんだよもん:2001/03/02(金) 08:01
>>295-296
おお、朝から笑わせてもらったよ。
つか地方色豊かな祐一ですな。

299 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/02(金) 08:11
>>295-296
描写がほとんどないけど天野と結婚した方が良かったと思われ(藁
でもこんな生活も楽しいかも。
待っている人がいると生活に張りが出るもんね。

300 :名無しさんだよもん:2001/03/02(金) 09:00
真琴萌え職人達は本家マコピースレにも書いて欲しい……

301 :名無しさんだよもん:2001/03/02(金) 09:41
どちらにしろあげ

302 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/02(金) 11:55
「ごめんね祐一、買い物付き合ってもらって」
「なに、かわいい娘の頼みだからな」
「・・・本当にお母さんのことが好きだったんだね」
「ごめんな、おまえの気持ちも分かってたんだけど」
「ううん、でもこうしてると恋人同士に見えるかな?」
「同じ歳だからな、普通親子には見えんだろ」
「ふふふ、じゃあ次は服を買いに行くよ」
「おまえ、まだ買うのかよ?これ以上持てないぞ」
「泣き言言わない祐一、私のお父さんでしょ」

やっぱり違和感が。
同じ歳の娘ってすごいな。


303 :名無しさんだよもん:2001/03/02(金) 18:44
したい…けっこん… ハァハァ(;´Д`)

304 :名無しさんだよもん:2001/03/02(金) 18:52
             , -―- 、
        , l[》《]|      ヽ
        / i/ i ノノノ ))))〉
.      / i i |(リ ( | | | !    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      〈ヘ|_|l| l ゝ~ lフ/|   < したい……けっこん
       / | | |( ヽwliヽ |       \_____
      / /! | l ヘ《~ヘii~▲▲
     /  /ノノ! ノ|リ〉 \/( ゚ω゚)
   / ,  ./-‐- 、/V\ハ_ヲUU
   !/ ./    / / |   ゝ つつ
   ヽ_/   ./    !    jj  \
       /               i
      〈   /        |      |'
       ゝ /    l    |   !/
        `〜‐-L__」〜'^

305 :名無しさんだよもん:2001/03/02(金) 19:21
mouiikara


306 :名無しさんだよもん:2001/03/02(金) 19:45
>>304
するんじゃないの?

307 :名無しさんだよもん:2001/03/02(金) 19:53
早く結婚しろ!!
待たせるな!!

308 :名無しさんだよもん:2001/03/02(金) 19:57
死体…血痕… ハァハァ(;´Д`)

309 :太田香奈子:2001/03/02(金) 20:02
したい。せっくす。

310 :秋子:2001/03/02(金) 22:40
      /~\‐/´ヽ‐-、_
     / /ミヽ 〃ヽヽへ  `ヽ
    / / , ,     、、ヽヽ |    |
  / / / / | | | | | | |   |    |
  |  | |_⊥」 | | |_|⊥|._   |    |
  |  |V ,⊥|/V|/|,⊥|._|` ト   |
  |  | } | j)   ´| .j |   |ノ  |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |  | .|  ̄ `._ _  ゙̄_|   |   .! < したい......再婚
  |  | |\    | | | | |  |  /   \_______
  | |  |´,` ┬| ! ! ! l)  / /
   | | | |,'´ノ /    // ヽ
   V|/レ'/ノ   |    /   /´\
   ( `,´ ノ   |   |  /  / ^\


311 :名無しさんだよもん:2001/03/02(金) 22:48
warata

312 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/03(土) 00:23
「浩平くん、学校の屋上行ってみたい」
「わっ、びっくりした。学校って高校?」
「うん、久しぶりにあそこで夕日が見たい」
「・・・・・」
「冗談だよ。でも行きたいな」
「駄目、卒業生とはいえもう関係ないところなんだから」
「う〜〜〜〜」
「俺たちが入ったら怪しまれるだろ」
「浩平くん、策はあるのだよ。じゃーん」
「そ、それは!!高校の制服?」
「これでばっちりだよ」
「・・・最近着てないでしょう?」
「え、ちゃんと着れるよ。太ってないもん」
「本当?じゃあ着て見せてよ」
「むっ、待ってなさい。お姉さんの実力を見せてあげる」
「どう?、似合う?」
「みさき先輩!!」
「あっ、浩平くん。何するの?」
「そんな姿を見せられて理性を保てるだろうか?、いや保てない」
「う〜〜、言ってる事に脈絡がないよ」
「もちろん似合ってるよ、当時のまんま」
「学校は?」
「ちゃんと頼んで入ろう。明日聞いてくるよ」
「ありがとう、うれしいよ」

全然結婚と関係ないやん(溜息
お約束ですが制服の胸は、ぱっつんぱっつんです(藁


313 :名無しさんだよもん:2001/03/03(土) 03:21
真琴が来た。最近よくわたしのアパートに来る。しかもごはんどきに。
べつに相沢さんが料理を面倒がってごはんをつくってくれないとか、
真琴の能なしっぷりに愛想をつかしてごはんを食べさせてくれないとか、
真琴のお守りがいやになって名雪さんと浮気に走って家事をしないとか、
ましてや相手が名雪さんでなくて実は秋子さんだとか、
どうもそういうことではないらしい。
わたしがいっしょに食事をしていくことを勧めても、
「ううん。祐一がね、ごはんつくって待っててくれるんだよー」
と笑ってこたえる。
いい気にしあわせそうな新婚さんオーラが癪にさわらないこともないが、
もちろんわたしはオトナだからそんなことはおくびにもださない。
「そう」
わたしはひとりぶんの料理をてばやく準備する。
真琴はわたしの手元をずっと見つめている。
ときどき、なにか言いたそうにちらちらとわたしを上目づかいで見る。
なにが言いたいのか、実はわたしはわかっている。
でも黙殺。わたしは誓ったのだ。
あの日、真琴が結婚する前、わたしが以前住んでいたアパートの台所を
前衛芸術家(具体的には岡本太郎)的な手段で壊滅させられたあの日以来、
真琴には二度と、頭を下げられても料理は教えるまいと。ごめん、真琴。
(どうも相沢さんはこのことを知らないらしい。真琴は恐くて言ってないようだ。
友情に免じて、わたしもいちいち報告したりはしていない)

314 :名無しさんだよもん:2001/03/03(土) 03:22
さすがの真琴ももう自分から「また料理教えて」とは言いにくいらしく、
けっきょくわたしの料理を横で見るだけで去ってゆく。
わたしはいつも帰りぎわに、すこし野菜をもたせてやる。新鮮な無農薬野菜だ。
真琴はいつも無邪気に喜んでくれるので、わたしもうれしい。
どうも相沢さんも真琴も、わたしが知り合いの農家から譲ってもらっているのだと
思っているらしい。しかしちがう。
これはわたしがいまのアパートの大家さんから郊外の遊んでいる土地を安く借りて、
そこでつくったささやかな畑でわたし自ら丹精して育てたものだ。
でもこのことはヒミツ。
もしわたしが野菜を作っているなんてことが相沢さんに知れようものなら、
「やれやれ天野はおばさんくさいな」というあの目つきが、
「ますます天野はおばさんくさいな」という目つきに変わることが
容易に予想できるからだ。わたしはこれでもまだ23歳なのに。ちょっと鬱。
野菜をもった真琴をおくりだしたあと、
よっこらしょと声をかけてわたしはひとり食卓につく。
ごはんとおかずを目の前に合掌しながらわたしは思う。
相沢さんも真琴のお守りでたいへんだろうが、
世の中の新婚さんなんてすべて、すこし苦労するくらいでちょうどいいのだ。

315 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/03(土) 03:36
>>313-314
くー、うまい。
美汐たん萌えが全開だ。
23歳の美汐たん、かなり鬱屈してて素敵です。
新婚さんでこれならクリスマスには破壊活動していそう。

316 :びにーる@はうす:2001/03/03(土) 04:39
>>294 >>312 卒業してからも浩平くん、みさき先輩と呼びあってるところが
いいですね。次はこの中間の屋上でのプロポーズかな?えっゲーム中にある?
実は私は折原って誰ですか?って人なのであまりよく分からなかったりします。
お呼びでない?、こりゃまた^^;

>>295 >>296 真琴の落語なんて初めて見ました^^;実際に聞いたら笑い
転げてそうです。それにしてもこういうのも意外と萌えますね。聞きたい。

>>302 さすがに名雪を娘とみるのは苦しいかもしれませんね。祐一的には
秋子さんと名雪を年の離れた姉妹のように扱う方が妥当かも?同じ事ですけど。

>>313 >>314 オチが絶妙ですねえ。話も続編になっていますし、
それがうまく伏線になってるのがいいですね。
何故かふとこれを志保で書いてみたらどうなるんだろうと思う^^;


317 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/03(土) 13:54
>>316
ONEは是非やって見てください。
名作とまでは言いませんがかなり良い作品です。
楽しくて萌えがあります。
主人公が結構愉快な奴なのもいいです。
こんな友人がいたら絶対退屈しませんね。

志保で書くと「料理がうまい&畑を耕す」で想像力が尽きてしまいます(藁

318 :沢渡真琴:2001/03/03(土) 17:29
わっ!
真琴が立てたスレが大人気になってるよぅ♪
真琴オリジナルがなくなったのは残念だけどね…

319 :名無しさんだよもん:2001/03/03(土) 17:31
なりきりはうぜえんだよ。

320 :名無しさんだよもん:2001/03/03(土) 17:48
確かにネ。

321 :名無しさんだよもん:2001/03/03(土) 18:04
なりきりするならネタをくれ。

322 :名無しさんだよもん:2001/03/03(土) 18:14
そういうくらいならネタをくれ

323 :名無しさんだよもん:2001/03/03(土) 18:37
>>318
純情恋愛板のヤツは消えたけどな

324 :びにーる@はうす:2001/03/03(土) 19:13
ネタが支持されなきゃ消えちゃうよね。

>>317
志保で書くと「料理がうまい&畑を耕す」で想像力が尽きてしまいます(藁
確かに何に置き換えるか考えてなかったな^^;
とりあえず書き出しは志保だとこんな感じに変わるかな?。
もうちょっと志保ニュース全開にしたい気がする^^;。

ヒロが来た。最近よくあたしのマンションに来る。しかもごはんどきに。
べつにあかりがいつも新作料理の実験台にするとか、
ヒロの能なしっぷりに愛想をつかしてごはんを食べさせてくれないとか、
メイドロボットに焼き餅を焼いて二人の板ばさみで家に居づらいとか、
ましてや名家の令嬢との不倫に走ってバレたとか、
どうもそういうことではないらしい。


325 :沢渡真琴:2001/03/03(土) 19:46
>323
人気あったのに…だれよぅ、真琴の純情スレ消したの……

326 :名無しさんだよもん:2001/03/03(土) 19:55
真琴シナリオが一番最高というオレはおかしいかね?
いっつもバカにされんだよなぁ。

327 :名無しさんだよもん:2001/03/03(土) 20:09
>>325
つーか、漏れが削除依頼だしたからな。

328 :祐一@はうす:2001/03/03(土) 20:10
>>325
ほら、また名字間違ってるじゃないか。
嘘書いちゃだめだろ。
それから少しは行動も自覚しろよな
もうおまえは沢渡じゃないんだからな。
俺の家族なんだ。

そういえば本物の沢渡真琴さんって誰だったんだろう。
全然思い出せないや。


329 :名無しさんだよもん:2001/03/03(土) 20:30

       _ -、 -―- .._
      /    ヽ     ヽ、
     /          ヾ、 \
     |,,       Y      ヽ i
    |   , .ヘ//ヾM ヘヽヽ  | |
    |   / |ヘ|__| || |___|ノ| | | |
    |   | |/vV  || l/VV.| | | |
    |  ,-| | T:T  '  T:T.| |  | .|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |  ! .| |  ̄ :':':':':':':': ̄ .l |  | || < うちもえーかげん結婚したいでー!
    |  |`| ト、(  ̄ヽ ̄) /| | | |||   \_____________
   |  | || | `┬-┬ ´  // | |||
   |  | |ヽゝ _|   |_   |/ W| | ||    i⌒i
   | | ,- i! ̄_   _ ̄ ` ヽ | ||    |  |
   | | /  ll_  ` ´      ヽ | |||.    |  |
  |  i  /    ̄`´  ̄~~`ヽ==ヽ| |||  iヽ |iニニ }
  |  |  |     ,     ノ、 ヽ|||  | | iニニ }



330 :名無しさんだよもん:2001/03/03(土) 20:35
323の結婚話を聞いて荒れてるのか?(w

331 :名無しさんだよもん:2001/03/03(土) 20:48

       _ -、 -―- .._
      /    ヽ     ヽ、
     /          ヾ、 \
     |,,       Y      ヽ i
    |   , .ヘ//ヾM ヘヽヽ  | |
    |   / |ヘ|__| || |___|ノ| | | |
    |   | |/vV  || l/VV.| | | |
    |  ,-| | T:T  '  T:T.| |  | .|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |  ! .| |  ̄ :':':':':':':': ̄ .l |  | || < 28で独身で悪いかー!
    |  |`| ト、(  ̄ヽ ̄) /| | | |||   \_____________
   |  | || | `┬-┬ ´  // | |||
   |  | |ヽゝ _|   |_   |/ W| | ||    i⌒i
   | | ,- i! ̄_   _ ̄ ` ヽ | ||    |  |
   | | /  ll_  ` ´      ヽ | |||.    |  |
  |  i  /    ̄`´  ̄~~`ヽ==ヽ| |||  iヽ |iニニ }
  |  |  |     ,     ノ、 ヽ|||  | | iニニ }



332 :せんせい@はうす:2001/03/03(土) 20:51
>>329
某所から抜粋^^;

「はっくしょん」
「あなた、風邪なの?、気をつけてくださいね、せっかく彩香が治った所なのに。」
妻が心配して熱を見ようとおでこを近づけます。
すると、さっきの男の子
「あー、キスだ、キスだ」
一同爆笑する。
「まだアツアツなんやな、こっちまでぽかぽかしてきよった」
「嫌だなあ、からかうのはよしてくださいよ^^;」
「先生こそ...まだ20代独身ですし、いい人居るんでしょう? 娘から聞いたんですよ。」
妻が言います(ぉぃぉぃ)
「弱ったなあ、そんなんやないんやけど、昔から知っとるから、甲斐性無しで」
「ただ、最近断りきれんようになってな」
「まあ、おめでとうございます。」
狭い町のこと、なんでもつつぬけです。
聞いたところによると、彼女は毎週末、愛車を飛ばして彼に逢いにいっているそうです。
私も彼とは面識があります。もっとも15年以上も前なので、もうわからないかもしれませんが。
まあ過去のいろいろな話は私も知っていますが、それは祝いの席で語る話ではないでしょう。

「まあ積もる話もありますが....とにかく、一杯どうですか。」
「そや、待ってましたっ」
「では、」

子供達がはしゃぎまわる中、大人達は乾杯をする。
それぞれに幸せの記憶を刻みながら。


333 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/04(日) 05:40
>>324
なるほど、こういう書き出しになるのか。
志保バージョンも読みたくなってきたかも。

>>332
晴子さんも確かにずっとあのままではかわいそうですからね。
こういう未来があってもいいかもしれません。
それにしても散々悪口を言った相手を受け入れるとき晴子さんはどんな表情をしていたのだろう?


334 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/04(日) 23:31
北川のつてで車を手に入れた。
安いけど結構綺麗で満足している。
この辺は車がないとすごく不便なところで今まで水瀬家になかったのが不思議なくらい。
早速家族でドライブすることにした。
「へー、祐一結構うまいね」
「そりゃあ練習したからな。秋子さん酔ったりしませんか?」
[祐一さんの運転なら大丈夫です」
何が大丈夫なのかよくわからないけど助手席の秋子さんはうれしそうに景色を見ている。
こんな顔が見れるならもっと早く買えばよかった。
買い物もまとめて出来るから秋子さんの苦労も少しは減らせるはずだ。
「あ、祐一。あれ見て」
名雪が指を指した方向には教会があって結婚式をしているところだった。
「祐一は結婚式が出来なくて残念だね」
「うーん、それより秋子さんの花嫁姿が見れなくて残念だな」
「祐一さん、ウエディングドレスはおばさんに似合いませんよ」
秋子さんは照れながらもそんな事を言う。
「いいえ、そんなことないです」
当然キッパリ否定する。
「そうだよ、おかあさんすごく若いよ」
名雪も同意見のようだ。
事実、そこら辺の女優が束になっても秋子さんの美しさにはかなわないし名雪と並んでも姉妹にしか見えない。
「でも本当は祐一さんにはちゃんとした式をして欲しかったんです。姉さんにも申し訳なくて」
「俺にとって秋子さんはもう叔母じゃありません。そんな悲しい事言わないでください」
「祐一さん・・・」
それからみんな黙ってしまった。
秋子さんは静かに目をつぶっている。
名雪は寂しそうに外の景色を眺めている。
空には星が出始めていた。

335 :名無しさんだよもん:2001/03/05(月) 00:18
323結婚記念あげっ!

336 :名無しさんだよもん:2001/03/05(月) 00:21
なぬー!

337 :名無しさんだよもん:2001/03/05(月) 00:22



       _ -、 -―- .._
      /    ヽ     ヽ、
     /          ヾ、 \
     |,,       Y      ヽ i
    |   , .ヘ//ヾM ヘヽヽ  | |
    |   / |ヘ|__| || |___|ノ| | | |
    |   | |/vV  || l/VV.| | | |
    |  ,-| | T:T  '  T:T.| |  | .|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |  ! .| |  ̄ :':':':':':':': ̄ .l |  | || < 早くイきなさいよーーー!!
    |  |`| ト、(  ̄ヽ ̄) /| | | |||   \_____________
   |  | || | `┬-┬ ´  // | |||     _ _
   |  | |ヽゝ _|   |_   |/ W| | ||    i_|_i
   | | ,- i! ̄_   _ ̄ ` ヽ | ||    |  |
   | | /  ll   ` ´      ヽ | |||.    |  | シコシコ
  |  i  /    `´    `ヽ==ヽ| |||  iヽ |iニニ }
  |  |  |  。  ,   。  ノ、 ヽ|||  | | iニニ }

338 :名無しさんだよもん:2001/03/05(月) 00:23
オイオイ、それじゃ詩…

339 :名無しさんだよもん:2001/03/05(月) 00:23
>>335
ソースはどこだー

340 :名無しさんだよもん:2001/03/05(月) 00:25
>>335
つーか、婚約じゃなかったっけ?

341 :名無しさんだよもん:2001/03/05(月) 00:26
おーい、ソースだとよ!

342 :名無しさんだよもん:2001/03/05(月) 00:27
詩子さんは貧乳!

343 :名無しさんだよもん:2001/03/05(月) 00:29
sage

344 :名無しさんだよもん:2001/03/05(月) 00:33
うそ〜ん

345 :名無しさんだよもん:2001/03/05(月) 00:36
ほれ、ソースだ。

http://ww2.enjoy.ne.jp/~fujikin/gallery01/bass.jpg

346 :名無しさんだよもん:2001/03/05(月) 00:37
>>345
URLで分かってたのに見に行ってしまった俺は阪神ファンですか。

347 :名無しさんだよもん:2001/03/05(月) 00:41
挙式は6月。俗に言うジューンブライドとか言う奴ですな。

348 :名無しさんだよもん:2001/03/05(月) 00:47
>>334
いいなー…でも、身内だけの式で是非ドレスを着て欲しいと切に(以下略)

349 :名無しさんだよもん:2001/03/05(月) 00:55
>>346
単にノリのいいやつです。

350 :名無しさんだよもん:2001/03/05(月) 01:32
ですね

351 :しでんかい(出張):2001/03/05(月) 03:53
「ん、そろそろ時間かな・・・」
俺はそう言うと、食卓に湯飲みを置いて立ち上がった。
「そのようですね。」
美汐はそういうと、俺の椅子に掛かったネクタイをすっと取った。
「じゃあ頼む。」
「はい。祐一さん。」
そして美汐は、俺のネクタイを締め始めた。
別に自分で出来ないわけでも、亭主関白を気取ってるわけでもない。
これは美汐から提案してきたことだ。
朝、俺のネクタイを締めることと、夜にそれをほどくこと。
それを自分の手で行うことが、彼女のこだわりなのらしい。
考えれば、これほど有効な浮気防止策は無いようにも思えるが、
本質はもちろんそんな所には無い・・・と思う。
玄関、というには気が引ける狭い場所で靴を履く。
美汐のお母さんが嫁入り道具にと送ってくれた衣装箪笥がなかなか通らなくて
引越し屋さんと俺とで大騒ぎした、そんな玄関だ。
いつの日か、大きな一軒家を買うことができたなら、
だだっ広い玄関で、美汐に三つ指を付かせて
「いってらっしゃいませ」と言わせるのが密かな俺の夢だ。
とはいえ、実現までにあと何年かかるか判ったものではないのだけれど。
その時まで、きっと俺はこの場所から何百回、何千回と言うのだろう。
「行って来る。」、という言葉を。
そして「行ってらっしゃいませ。」の言葉を何千回と聞くのだろう。
それでいいと思う。
その為に俺は生きているんだと、胸を張って言える。
だから今日も、いつもと同じだ。
「行って来る。」
「行ってらっしゃいませ。」
妻の変わらぬ笑顔に見送られて、俺は歩き出した。

352 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/05(月) 11:06
>>351
大和撫子な美汐たん・・・
いいですねえ。
こんな妻がいたらローンに苦しんでもマイホームを買うことでしょう。


353 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/05(月) 16:31
海だ。
青い空、白い雲、どこまでも続く砂浜。
しかし去年と一つだけ違うことがある。
それは我が妻「折原みさき」がいっしょな事だ。
みさき先輩がいれば風景さえ違って見える。
おっともう先輩じゃないんだ。
みさき・・・
言っててめちゃくちゃ恥ずかしい。
これが新婚の味という物だろうか?
「浩平君・・・」
お、着替えが終わったみたいだ。
「なんだかお腹がスースーするよ」
「そりゃビキニだからな」
「恥ずかしいよ」
「いや、結構地味なのを選んだから全然平気だぞ」
「本当?それなら良いけど」
もちろん嘘だ。
100%俺の趣味で選んだ。
ちなみに何を選んだのかはご想像にお任せする。
「うーん、まぶしいね。サングラス持ってくれば良かったよ」
「・・・・」
「冗談だよ」
相変わらずみさきギャグも健在だ。
「浩平君、浜茶屋で何か食べようよ」
「軽くだぞ、これから泳ぐんだから」
「わかってるよ、軽くね」
     ・
     ・
「具が少ないラーメンだね」とか「粉っぽいカレーだ」とか聞こえたような気がするが
そんなことはどうでもいい。
あまりの量に見ているだけで胸焼けしそうで目をそらしていたからだ。
「なにも食べなくて良かったの?」
「あんまりお腹空いてないんだ」
「そう?、じゃあ泳ごうか」
平気な顔でそう言うみさきのプロポーションに全く変化がなかった。
あれだけの食べ物はどこへ行ったんだ?
その疑問はすぐに解けた。
「う〜〜、浩平くーん」
「どうした?、クラゲにでも刺されたのか?」
「なんだか体が浮かないの、泳ぐのは得意なのに」
良かった。
この人にもちゃんと物理法則が働いていた。
安心したら急に遊びたくなってきた。
「みさき先輩ってかなづちだったんですね。この浮き輪を使ってください」
「浩平くん、意地悪だよ。本当はちゃんと泳げるのに!!」
まだまだ今日は時間がある。
何をしようかな。

たしかうる星のさくらにこんなネタがあったような・・・
あれは楽しい作品だった。


354 :名無しさんだよもん:2001/03/05(月) 17:59
>>353
あったあった。全部食べたらタダってやつで。
さいごにゃ牛一頭まるまる平らげてね。


355 :名無しさんだよもん:2001/03/05(月) 19:27
「死体……血痕」

356 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/05(月) 23:13
>>354
わかってくれる人がいてうれしいです。
あの話は相当古いですからね。


357 :名無しさんだよもん:2001/03/06(火) 08:29
真琴が来た。でもいつもとちがう。
わたしが仕事から帰って来ると、真琴がわたしの部屋の前に立っていた。
真琴はなにも言わなかった。だからわたしもなにも言わなかった。
わたしは黙って部屋の鍵を開けて、真琴を先に部屋に入らせる。
真琴が靴をゆっくりぬぐ。でもいつもみたいに、元気にぬぎちらかさない。
わたしは靴を脱ぎながら、奥にあがってゆく真琴の背中を見ていた。
真琴は明りをつけようともしない。自分の足許をみつめている。
わたしは真琴のあとにつき、部屋の明りを点けた。
真琴は上着も脱がずにぺたんとすわり、こたつにもぐりこむ。
わたしはコートを脱いで、それをハンガーにかけながら、はじめて口を開いた。
「ずっと待ってたの? 寒くなかった?」
「ううん」
あたりさわりのない会話。それはさぐりあいだ。
「ちょっとまっててね。ごはん、いっしょに食べていく?」
「ううん。いい。祐一が待ってるから」
いつもの会話だ。でもちがう。真琴はなにか言いたいことがある。
そして、わたしはきっと、それがなんなのか知っている。
いまの真琴はなにかを恐れている。
あの真琴が、内弁慶ではあるけれど、
根本的なところで決定的に天真爛漫なこの子が恐れるもの。
わたしにはきっとわかっている。
だからわたしはいつものようにすぐに台所には行かなかった。
わざと衣装だんすのなかの服を整えたりして、その時を待つ。

358 :名無しさんだよもん:2001/03/06(火) 08:30
そして、長い沈黙のあとに真琴は口を開いた。
「お金をね、貸してほしいの」
「おこづかいが足りないの?」
わたしはわざとそう言った。中心をわざとはずす。真琴は首をふる。
真琴が恐れているのと同じくらいに、わたしもそれを恐れている。
わたしは真琴に背を向けて、衣装だんすを探りつづける。
「あのね、……さいきん、ずっとなかったの」
「そう」
「それでね、きょう、病院に行ってみたの」
「そう」
「……3か月だって、言われたの」
わたしは目をつむった。ああ。ああ。神さま。
それは結婚生活の、健康な男女がひとつ屋根の下で、
合意のもとに暮らすことの当然の帰結。そして。
「そう。おめでとう」
わたしはやっと振り返って真琴を見下ろした。真琴はうつむいたままだけど。
「それでね、おろそうと思うの」
わたしはいま崖っぷちにいる。
「祐一にはないしょなの」
一歩も引くことはできない。
「だから、みしおにお金を貸して欲しいの」
ずっと考えていた。
「祐一はきっと反対するから。だからみしおに」
真琴が相沢さんと結婚をすることになったあの日から。
「この子供は、おろさなきゃいけないの」
この日が来ることを。たとえ妄想じみていても。
「生まれてきちゃ、いけない子なの」
ひとりでくりかえしてきたリハーサル。このときのためだ。
「だから、おねがい、みしお」
真琴はてのひらに顔をうずめた。
「わたしをたすけて……」
わたしはゆっくりと、自分を落ち着かせるために心のなかでみっつ数えた。
うまくいくかわからないけど。みんながしあわせになるために。


つづく、かも。

359 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/06(火) 11:36
>>357-358
おっ、今までと違うシリアスな展開。
どうなるんだろう?
続き楽しみにしてます。

360 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/06(火) 13:25
「祐一さん」
「はい、何でしょう?」
「これを見てもらえますか」
秋子さんの手には白い柔らかそうな布と綺麗なベールがあった。
「ウェディングドレスですね。どうしたんですか?」
「さっき出来上がりました」
「秋子さんの手作りなんですか!」
驚愕の出来だった。
市販品に全然引けを取らない。
いや、ひょっとすると勝っているかも・・・
もっともこんなドレスを間近で見るのは初めてなのだが。
「この間祐一さんが私の花嫁衣装を見たいと言っていたでしょう。あれから少しずつ作っていたんです」
なんって出来た人なんだ、わかっていたけど。
とにかく嬉しくてたまらない。
「それじゃあ着てもらえるんですか?」
「・・・家の中で1回だけですよ」
秋子さんの頬がちょっと赤くなった気がした。
照れた表情もかわいい。
とても一回り以上歳の離れた人には思えない。
だからちょっと調子に乗って
「1回だけなんてもったいないですよ。せめて写真を撮りに行きませんか?」
と聞いてしまった。
「それは出来ません」
秋子さんは悲しそうにうつむいてそう言った。
その表情の意味するところを悟る。
だから素直に引き下がった。
馬鹿な俺・・・
「わかりました。明日ここで結婚式をしましょう」
「じゃあ、明日はごちそうにしますね」
「期待してますよ、秋子さん」
秋子さんは親戚関係で一番綺麗で人気がある。
もちろん近所でも。
だからお見合いの話は嫌になるほど来ていたらしいしいざ再婚となれば
大勢の祝福と笑顔の中の式になったはずだ。
それなのに家の中でドレスを来て食事をするだけの式。
その夜はいろんな事を考えてなかなか寝付けなかった。



361 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/06(火) 16:37
次の日俺は仕事をそうそうに切り上げ買い物に走った。
実はまだ秋子さんに指輪を渡していなかったのだ。
というよりも彼女が受け取りを拒否していた。
世間体を考えれば当然かもしれない。
だからうまく渡せても指輪はきっとしまっておくことだろう。
しかしそれでも今日はどうしても渡したかった。
何か形のある物を贈って自分と秋子さんの関係をはっきりとさせたかったのだ。
もちろんまだ社会に出て日の浅い俺の貯金なんてたかがしれている。
だけど・・・こんな時に使わなくて何の為の貯金だ。
指のサイズは名雪に聞いていたのでわかっていた。
後はデザインだけ。
しかし沢山の指輪の中から選ぶのは思っていたよりずっと大変だった。
ショーケースを見ているうちに理性が飛んだのかもしれない。
(これいいな・・・でも高い)
(これは安いな・・・でもデザインが)
そんなことを繰り返しているうちにあっという間に時間が過ぎてしまった。
選んだ指輪はちょっと秋子さんにはかわいいデザインだったかもしれない。
でも自分では似合うと思って選んだし自分のお金で買ったものなので悔いはない。
受け取って貰えるかな・・・
いや、弱気になっちゃ駄目だ。
残りの用事を済まして早く戻らなくちゃ。
予約していた貸衣装を借りに行って秋子さんに頼まれていた買い物をして。
まずい、時間が足りないかも。
汗だくで走り回って店の閉まる寸前に何とか全部買えた。貸し衣装屋で燕尾服を

362 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/06(火) 16:41
あう、末尾が消し忘れ・・・
鬱だ。

363 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/07(水) 17:31
水瀬に戻ると秋子さんが迎えてくれた。
「ただいま、秋子さん」
「おかえりなさい、祐一さん。お風呂に入れますよ」
じーん・・・
これだよな。
このセリフが秋子さんほど似合う人、俺は知らないよ。
「あ、これ頼まれてたものです」
「ありがとうございます」
今日は汗をかいてしまったので早速風呂に入ることにした。
「うん、いい湯加減」
熱すぎだったりちょっとぬるくて風邪をひきそうになる時は決まって名雪だ。
その点秋子さんはいつでも絶妙な温度のお湯を張る。
「名雪は今日帰って来るんだよな・・・」
名雪は香里達とスキーに出かけていた。
今日の夜中に帰ってくるらしい。
その前に式を終えてしまうつもりだった。
本当は名雪にも祝って欲しかったけどまだあいつは・・・

風呂から上がるとリビングが綺麗に片付けられていた。
テーブルにはごちそうとキャンドルが並んでいる。
「祐一さん上がりましたか?」
「はい、いいお湯でした」
「それでは着替えをしましょう。10分経ったら降りてきてください」
「わかりました」
二人だけの結婚式。
他には誰もいない。
だけどなんだか緊張してきた。
着替えを終えて鏡を見る。
・・・情けないじゃないか。
秋子さんは2度目なんだぞ。
無様なところは見せられない。
バシッ
平手で顔を叩く。
指輪をポケットに突っ込む。
「行ってみよう」


364 :三告平:2001/03/07(水) 19:31
>>357-358
先が気になるねえ。
ちと苦言を言わせてもらえば冒頭の真琴・わたしの繰り返しはくどくないか?
技巧に走らずに書ける技量はあると見えるが。
「そして」などの接続詞の多用や「きっと」などで強調するのも気をつけれ。
一つの言葉に意味を込めすぎずに文章全体で語れるように。
・・・偉そうにすまそ。

365 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/08(木) 13:14
ん、・・・もうこんな時間か。
今日は木曜日。
起きたくないけど起きなくちゃ。
「みさき、朝だよ!」
無反応。
静かな寝息だけが聞こえてくる。
「・・・かわいい」
思わずつぶやいて1分ほど眺めてしまう。
眠っているときのみさきは起きているときとは印象が180度違う。
あんなに元気者な彼女がまるで魔法で眠らされたお姫様に見える。
漆黒の闇をたたえた瞳はまぶたに、驚異の食欲を発揮する口はかわいい唇に隠れているからだろうか。
頬にキスしてみる。
柔らかな感触がつたわってきて思わず抱きしめたい衝動に駆られる。
「ううん・・」
お、ちょっと反応があった。
「みさきさーん、起きてよ」
「・・もう食べられないよ」
「・・・・」
お約束な寝言に力が抜けた。

みさきはかなり朝に弱かった。
結婚してみてわかったことだ。
本人がいうには「安心できるといくらで眠れるんだよ」ということらしい。
ということはここはちゃんと安心できる場所なのかな?
「おっと、いけね」
朝は時間にシビアである。
我が家も例外ではなかった。
トースターにパンをセットする、やかんに火を掛ける、顔を洗う。
てきぱきと朝の日課をこなしていく毎日。
なんだか結婚しても朝は何も変わらないな。
苦笑しながらみさきを見るとむっくり起きたところだった。
「・・・浩平君、おはよう」
「おはよう」
「まだ真っ暗なのにもう起きたんだ」
「・・・・」
「冗談だよ」
ぼーっとしつつもみさきは絶好調に思えた。
「パンが焼けてるよ。顔を洗っておいで」
「うん、ありがとう」
その間に卵を焼く。
ん、なかなか出来。
洗面所から戻ったみさきが席につく。
「いただきまーす」
満面の笑みでパンを食べるみさき。
幸せそうだな。
その笑顔をずっと守ってあげたいよ。
コーヒーを飲みながらそんなことを考えてみる。
しかし時間が許さない。
「俺、そろそろ・・」
「うん」
二人で玄関に移動する。
「行ってらっしゃい、浩平君」
「行ってくるよ、みさき」
チュッ
よしっ、元気が出た。
今日も頑張るぞ!!


366 :藤村D:2001/03/09(金) 08:00
大泉くーん、たまにはageなさいよー。

367 :名無しさんだよもん:2001/03/09(金) 19:03
あーまだあったんだこれ。
えがったえがった。

368 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/11(日) 01:44
1階に下りると明かりは蝋燭だけになっていた。
ほのかな光がテーブルの周りを照らしている。
「お待たせしました、祐一さん」
暗闇の向こうからウェディングドレスを着た秋子さんが現れた。
窓際に向かって歩いてくる秋子さん。
それは本当に美しい姿だった。
別段ドレスに装飾品があるわけではない。
秋子さんも普段とほとんど変らない。
でも窓から入る月明かりに照らされた秋子さんは別人のように思えた。
普段まとめている髪をほどいているからだろうか?
いや、うまくは言えないけどとにかく雰囲気が違っている。
「祐一さん・・?」
「あ、はい」
見とれてる場合じゃなかった。
「秋子さんが前に式をした時はキリスト教式だったんですか?」
「いいえ、結婚式はしませんでした」
そんな事・・はじめて聞いた。
元々秋子さんは自分の事は何も語らない人だけどやっぱり色々あったんだろうな。
「私、ウェディングドレスを着るのは初めてなんでちょっとうれしいです」
その場でくるりと回って微笑む秋子さんはいつもより子供っぽく見えた。
「それじゃあ始めましょうか、秋子さん」
「はい」

369 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/11(日) 01:48
無論、今まで結婚式なんてやったことがない。
一応どんな事をやるのかは調べてメモっておいたが二人だけで出来ることは少なそうだった。
「まずは新婦入場・・・しちゃってますね」
「ふふふ、そうですね」
「次は新婦引渡し。えっと、手を取っていいですか?」
「はい」
「賛美歌合唱・・は出来ない。聖書の朗読は・・牧師さんがいないから出来ない」
やっぱり二人だけだとかなりの部分をはしょる事になる。
秋子さんはじっと俺を見つめている。
「誓約の言葉は出来ますね。本当はこれも牧師さんが問い掛けるんですが」
「それでは私が代わりに聞きますね」
「はい、お願いします」
「汝、相沢祐一は水瀬秋子を妻とする事を誓いますか?」
「はい、誓います」
ちょっと声が震えていたかもしれない。
でも素直に本当の気持ちだった。
今度は俺が問い掛ける。
「汝、水瀬秋子は相沢祐一を夫とする事を誓いますか?」
「はい、誓います」
秋子さんはやさしく答える。
表情も柔らかで自然体でいることがわかる。
俺のほうばかり固くなっているようで歯がゆかった。
「次は指輪の交換なんですけど・・・実は昨日指輪を買っておいたんです」
「指輪は・・・受け取れません」
「名前は入っていません。これからずっとしまっておいてもいいんです」
「・・・・」
「ただ今だけはして欲しい・・・。お願いします、秋子さん」
「・・強引ですね、祐一さん。わかりました」

370 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/11(日) 02:21
よかった。
何とかOKしてもらえた。
用意しておいた指輪をほっそりとした秋子さんの薬指にはめる。
こうして近くで見ると秋子さんは小さいんだなと思う。
子供の頃は秋子さんの方が背が高くて悔しかったものだ。
好きな人より小さい自分が嫌だったのだ。
我ながら子供っぽい考えだったと思う。
「指輪の交換なら私も用意しなければいけませんね」
「いえ、俺のはいいんです」
「・・・あの、祐一さん。聞いてもらえますか?」
秋子さんが両手で俺の手を握り締める。
「はい」
「祐一さんは今焦っていませんか?、緊張していませんか?」
確かにその通りだ。
秋子さんの前ではいつでもいいところを見せたかった。
でもなかなかうまくいかなくて・・
「おじいさんになった祐一さん、おばあさんになった私・・・そうなるまで私は祐一さんと一緒にいたいと思ってます」
「俺だってもちろんそのつもりです」
「長い目で見れば多少の経験や年の差なんて関係ないんです。私たちはこれからずっと同じ時を旅するのですから」
「・・・・」
やっぱりこの人は大人の人なんだと思う。
それに比べて些細な事にこだわっていた自分が嫌になる。
秋子さんの両手が俺の背中に回る。
「私の望むことはずっとあなたと一緒にいたい。それだけなんです」
「秋子さん・・・」
俺も秋子さんを抱きしめた。

371 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/11(日) 03:32
「式、続けましょうか・・」
「はい」
二人はちょっと照れながら離れた。
「次は成立宣言ですね」
「宣言・・・ですか?」
「こうして手を合わせて・・・、牧師さんが二人の結婚を宣言します。これで二人は夫婦になったんだよって」
「私たちは夫婦になれたんですね」
「ええ、誰がなんと言おうともです」
ただそれは決して公表できない関係なのがつらかった。
家を一歩出れば秋子さんは叔母になってしまう。
それは悲しいことだった。
「賛美歌の全員合唱は出来ない・・、牧師さんのお祈りを黙祷で聞くも出来ない・・・」
「後、残っているのはなんですか?」
「腕を組んで退場です」
「くすっ、じゃあ腕だけでも組みましょう」
俺たちは腕を組んでテーブルの周りを1周した。
「これで終わりですか?」
「ええ、終わりです。すごく短かくなっちゃいましたね」
「私は楽しかったですよ」
「そういってもらえるとありがたいです」
「あの・・祐一さん」
「はい」
二人の唇が重なる。
「今日は本当にありがとうございました。とってもうれしかったです」
「秋子さん・・・」
「着替えてきますね。祐一さん、お腹すいたでしょう」
秋子さんはそう言って自室に消えていった。
こちらも着替えるのに自室に向かうと階段の前にまだ帰っていないはずの名雪が立っていた。
「祐一、お母さん綺麗だったね・・・」

372 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/11(日) 03:36
これで一応区切りです。
みさき先輩シナリオのクリスマスみたいにしたかったのですがうまくいきませんでした。
長文連続カキコすみません。



373 :名無しさんだお〜:2001/03/11(日) 19:18
はわわ〜(呆然)
なんつーか、ため息しか出ませんでした…。
ウエディングドレスの秋子さん…いいなあ…。
あまりの感動に陳腐なセリフしか出ませんが、すごく…良かったです。
来栖川萌え@梓もね様、これからも期待してます!




374 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/11(日) 23:56
>>373
読んで頂いてありがとうございます。
この後サイコ名雪モードを考えていたのですがやめました(藁



375 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/12(月) 13:09
「浩平くーん、顔が冷たくて気持ちいいよー」
みさきが雪の中ではしゃいでいる。
まるで子犬のようだ。
べちゃ
「えへへ、転けちゃった」
「ほら、しょーがないな」
手を引いて起こす。
「そろそろ冷えてきたから帰ろう」
「ん、もうちょっとだけここにいたいんだけど・・・だめ?」
うっ、かわいい。
俺はみさきのおねだりの表情にすごく弱かった。
こんな顔をされて断れる奴がいるのだろうか?
いや、いない(反語)
「しかたないな、もう少しだけだぞ」
「うん、ありがとう」

「くしゅん」
思えばあれがいけなかった。
翌日みさきは風邪をひいてしまった。
幸い日曜だったのでずっと付いていたがなかなか熱が引かない。
「こうへいくん、いきができなくてくるしいよ・・」
「ほい、ティッシュ」
「ありがと。ちーーん」
「俺、もう寝るからね。枕元にポカリ置いとくからのどが渇いたから飲んでくれ」
「うん、おやすみなさい」

376 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/12(月) 13:10
翌日・・・やられた。
俺も風邪をひいたらしい。
とりあえず枕元の電話から会社へ休むと連絡を入れる。
しかしそれ以上体が動かない。
熱もかなりありそうだった。
みさきはまだ寝ていた。
「ふたりとも風邪をひくなんて・・」
ちょっと情けないしお互い看病できないのもつらかった。
「早く風邪を治さなくちゃな」
みさきが心配だったけどどうしようもなかったので再び眠りについた。

再び起きたのは夜中だった。
我ながらよく寝たものだ。
汗をたくさんかいたのがよかったのか熱はひいたようだ。
よかった、これでみさきの看病が出来る。
そう思って隣を見ると
ん・・・この人誰だ?
「あ、起きたんだ。お腹空いたよー」
この声、間違いなくみさきだ。
「みさきだよね?」
「そうだよ。顔を忘れるなんてひどいよ、浩平君」
「いや・・・忘れた覚えはないんですけど」
とりあえず俺もお腹が空いていたのでお粥を作って二人で食べた。
病み上がりなので茶碗1杯で十分だった。
みさきは風邪なんか関係ないといわんばかりにどんどん食べている。
「ふー、おいしかった」
いつの間にかみさきは元の顔に戻っていた。
・・・ひょっとしてあの食欲は顔とプロポーションを維持するため?
「お粥もたまには良いねぇ」
そう言って微笑むみさき。
もっと食費を稼ごう。
そう誓う俺だった。


377 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/12(月) 21:12
「あ、秋子さんこっちです」
「すみません、遅れちゃって」
今日はホワイトデー。
先月のバレンタインデーのお礼に食事に誘った。
本当は夜にムードのあるところへ行きたかったんだけど二人とも年度末ですごく忙しい。
仕方ないので昼休みに喫茶店で落ち合うことにしたのだ。
「ここのケーキの新作結構いけますよ」
「本当においしいですね。今度作ってみましょう」
秋子さんは何でも作れる。
先月もらったチョコケーキも絶品だった。
ケーキもさることながらそれを渡す仕草もかわいくてたまらない。
頬を微妙に赤くして照れる秋子さんを俺は一生忘れないだろう。
今日の秋子さんも嬉しそうに沢山話してコロコロとよく笑っていた。
神様、こんな昼下がり幸せをありがとう。

378 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/12(月) 21:18
会社に戻ると同僚が寄ってきた。
「相沢、昼に一緒にいた人は誰だよ?」
見られてたのか。
「すごく綺麗な人だな。おまえの彼女?」
「そう見えるか?」
「んにゃ、全然釣り合ってない」
ちっ、余計なお世話だ。
「俺の叔母さんで下宿の家主様だ」
「なにぃ!!」
驚きの声がフロア全体に響いた。
「信じられん。同い年かちょっと上くらいにしか見えないぞ」
「なんだ、どうした?」
「いや、実はな・・・」
それからしばらく「おまえのおばさんを紹介してくれ」という問い合わせが相次いだ。
うちの会社は独身者ばかりだから当分収まらないだろう。
あの人は俺の妻だと言いたいけどそれは出来ない。
「はーーー」
午後は鬱な気分で過ごした。


379 :しでんかい:2001/03/13(火) 02:14
「祐一さん、実は・・・」
「どうした美汐?急にあらたまって・・・」
「近くのスーパーの、レジのパートに出てもよろしいでしょうか?」
「な・・なんだって?」
「もちろん、家事に差し障るようなことは致しません。
 祐一さんが帰宅する前までに、必ず戻ってまいります。」
「い、いやそういう事では・・・」
「・・・やはり、レジのパートなんて、おばさんくさいとお思いですか?」
「そうじゃない、そうじゃないんだ・・・」

祐一は妙に潔癖な所がありそうです。

380 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/13(火) 02:41
>>379
私の脳内祐一はかなりその辺はいいかげんっぽいですよ(藁
でも実際問題結婚してしばらくは共働きしないと食って行けないと思われ。

381 :しでんかい:2001/03/13(火) 02:47
とはいえ、まともに就職できそうな女性キャラも余りいないようですが・・(笑)


382 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/13(火) 11:09
こんな感じかな?

・バリバリに仕事が出来そう
 秋子、香里、佐祐理
・普通に仕事が出来そう
 名雪、美汐
・条件付きで仕事が出来そう
 舞、栞、あゆ
・全く仕事ができない
 真琴


383 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/13(火) 13:42
やっと自分の車が買えた。
あこがれのGTRだ。
中古だけどずっと好きだったR32。
当分ローンだけどね(苦笑
これでみさきとデートするんだ。
というわけで早速次の休みに郊外の山へ行くことにした。
「ハイキング、ハイキング・・」
みさきは嬉しそうに準備をしている。
今までは電車だったから色々苦労したんだよね。
ピンポーン
「ん、誰だろう?」
「きっと雪ちゃんだよ。昨日電話したら一緒に行くって言ってた」
深山先輩・・・嫌な予感がする。
「こんにちは、折原君。こんにちは、みさき」
「雪ちゃん、いらっしゃい」
「・・・こんにちは」
「そう警戒しないでよ。ところで車買ったんだって?」
「ええ、おばさんに借りてたマーチでは先輩の400にかないませんでしたけど今度は負けませんよ」
「じゃあ今日もみさきのエスコート権利を賭けて走らない?」
「あの・・みさきはもう俺の奥さんなんですけど」
「あら、結婚しても私たちの友情には関係ないわよ。ね、みさき」
「うん、雪ちゃん。私たちは友情は永遠」
友情?
嘘だ、絶対嘘だ。
「じゃあ先に1つ目のSAに行ってるからそこで待ち合わせましょう」
「いいですよ」

384 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/13(火) 13:44
SAでみた深山先輩のバイクは初めて見る型だった。
「言わなかったっけ?、この間買い換えたのよ。やっと馴らしが終わったからうれしくて」
「やっぱり罠だったのか」
「人聞き悪いこと言わないでもらえる。こっちは折原君の車の半分の排気量しかないしターボも付いてないのよ」
「なんだか格好悪いバイクですね」
「ふっ、この曲面を多用したデザインがわからないなんてやっぱり子供ね」
深山先輩って結構人格者だと思っていたけど学校を出ると何か違う。
おまけに言葉の端々に棘がある。
「・・・勝負はいつもの通りインター出口へ先に着いた方でいいですね」
「ええ、いつでもどうぞ。なんなら先に行ってもかまわないわ」
「くっ。みさき、シートベルトした?」
「うーん、なんだかよく分からないよ。前のと違うよね?」
「この車のシートベルトはみんなこうなんだ(実は4点)」
「それになんだかこの椅子、座り心地よくないよ」
「この車のシートはみんなこうなんだ(実はバケット)」
「折原君、みさきの目が見えないからってずいぶん好き勝手やってるわね」
「何か言った?、雪ちゃん」
「あー、あー、なんでもない、なんでもない。出発するよ」
どうも深山先輩と話していると調子が狂う。
でも今日は負けませんよ。
なにしろこっちはリミッターをはずしてありますからね。
しかし勝負はあっけなかった。
次のSAを過ぎる前にあっさりと抜かれてしまいそのまま追いつくことはなかった。
後で聞いた話によるとあのバイクは300km出せるらしい。
やっぱり罠だったじゃないか。
「こうやって腕を組んで歩いていると高校生の頃を思い出すね」
「そうね、みさきはあの頃のままでかわいいわ」
「ひっどーい、雪ちゃん。私だって成長してるんだからね」
今日のハイキングはひどく疎外感を感じる。
俺の視線に気が付いた深山先輩は振り向いて小さくあっかんべーをした。
やっぱりこの人苦手。

385 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/13(火) 13:48
かなり趣味に走ってわからない人はおいてきぼり。
おまけに深山先輩の性格がぶっ飛んでる。
はー、鬱だ。

386 :東工不健児@一周年:2001/03/13(火) 22:56
>>383-384
イイです!なぜなら私はクルマキチ(w
隼を駆る深山先輩萌えー
それはともかくとして相変わらずみさき先輩にラヴラヴな深山先輩にさらに萌えー。
四輪で大排気量二輪に直線で勝てると思ってる浩平萎えー。


387 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/13(火) 23:52
>>386
うわっ、ばればれ!!
バイクの車種名まで当てられるとは思いませんでした。
さすがです。

雪見Xみさきはかなりいけそうな感触を確認(藁



388 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/14(水) 00:49
「浩平、そっちはどう?」
「あぁ、もうちょっとだ」
長森と結婚することになった。
一時期生理が遅れて妊娠騒ぎになったのがきっかけだ。
「浩平がちゃんとしないからだよ」
しまった声に出てたか・・
「ちゃんとってなんだ?」
「あの・・その・・ゴニョゴニョ」
「はっきりいえよ」
ぼふっ
「浩平の意地悪」
クッションをぶつけられてしまった。
付き合い始めてから長いけど相変わらずだな。
さて、次は人数の確認か。
「・・・・」
俺はしばらく名簿の紙を眺めていた。

389 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/14(水) 00:55
「ん、浩平どうしたの?」
「なぁ、長森・・」
「なに?」
「おまえの親戚とか結構多いな」
「うん、みんな楽しみにしてたんだって。多かったかな?」
「いや、かまわないけど」
「浩平・・泣いてるの?」
「・・・・」
長森に比べて俺の血縁関係は由起子さんだけだった。
父親も母親も妹もいない。
長森のお陰で永遠の世界から帰還することが出来た。
でも現実は何も変らない。
こんな紙1枚からも相変わらず自分は一人なんだと思い知らされる。
それがひどく悲しくて泣けてきたのだ。
長森が後ろから俺を抱きしめる。
「浩平・・・泣いちゃ駄目だよ。私まで悲しくなるもん」
暖かい感触が背中から伝わってくる。
考えてみれば俺なんかに長森は本当にもったいない奴だ。
でもずっと一緒にいてくれている。
それは幸せな事なのかもしれない。
「そうだよな。もう一人じゃないんだよな。おまえがいる」
「うん、そうだよ。元気出して」
「もう大丈夫だ」
「それじゃあ、コーヒー入れるね」
本当にありがとう。
照れくさいから言えないけど。

390 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/15(木) 01:03
脳内設定−みさき編

・折原みさき
盲目のかわいい美人妻(藁
浩平がいればそれで幸せ。
やや甘え気味。
父親の薦めでパソコンをさわり始めたが今では相当はまっていてかなり詳しい。
インターネットは目の見えないみさきにとっての光となりつつある。
小説などを書くのが好きで前に応募した時は入選を果たしている。
相変わらずの大食漢。
でも家計簿を付けている関係上少しは押さえたいと考えている。
浩平と外に出て体を動かすのが楽しみ。
とりあえず泳げる。
週1ペースで目の治療をしている。
非常に朝に弱い。
自虐的な「みさきギャグ」を繰り出す。
雪ちゃんは大親友

・折原浩平
かなり出来る男。
表には出さないがみさきに溺愛状態。
みさきの世話をするのが生きがいになっている。
みさきの食事代が出せるようになるまで結婚を待っていた。
家事全般は結婚するまでの数年間で長森に教わり何でも出来る。
点字も勉強して読めるようになっている。
就職は地元の企業。
深山先輩は苦手だけど嫌いではない。
車は3年ローンで買ったGTR。
ハンドル、バケット、4点、CPは買ったときから入っていた。
でもまだ買ったばかりなのでうまく乗りこなせない。
趣味はドライブとみさきの着せ替え。
みさきの服を買うときには深山先輩に協力して貰っている。
みさきもGTRも大飯喰らいなのでもっと働かなければと考えている。
義父と義母とは仲が良い。

391 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/15(木) 01:04
脳内設定−秋子編

・水瀬秋子
30代後半なのに20代前半にしか見えない脅威の若さ。
トップ女優クラスの美しさ。
家事はパーフェクトにこなす。
仕事も出来る人でかなりの高収入。
洞察力、決断力、行動力それぞれ高水準。
でもずっと一人で水瀬家を支えてきたせいか寂しかったようだ。
祐一と関係を持ってから相当悩んだらしい。
今では心から祐一を信頼し、彼女本来の明るさが戻っている。
親戚筋、町内会などから圧倒的支持を集めている人気者。
お見合いを頼まれた回数は3桁に達する。
名雪は自分よりも大切に思っている。

・相沢祐一
自分の叔母を本気で愛してしまった悲劇の人。
長い間悩んでいたがついに秋子さんにうちあけて結ばれる。
秋子さんがパーフェクトな人だけに平均的な自分の能力に負い目を感じている。
秋子さんが叔母である事に負い目を感じている。
名雪の気持ちを知っていて秋子さんを選んだことに負い目を感じている。
とにかく秋子さんが好きなのだがその思いは空回りすることが多い。
仕事はまだまだ新人で収入も少ない。
車は北川のつてで手に入れた初期型ワゴンR。
車の方面にはほとんど興味がない。
というより趣味自体があまりない人。
ゲームもやるしCDも聞くしTVも見るけど何事にものめりこまない。
最近は秋子さんが子供の頃に流行ったものを調べて年の差を埋めようとしている。
秋子さんは表向きは叔母のためあまり外で会うことが出来ない。
部屋も今まで通り2Fと1Fに分かれている。
二人の秘密を知っているのは名雪だけ。

392 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/15(木) 01:10
すみません。
1度人物設定というものをしてみたかったんです。
こういうのを考えてみるのも面白いですね。
オフィシャルとかけ離れてますけど。


393 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/17(土) 23:44
「深山先輩、悪いですね。せっかくの休日に」
「みさきのことなら断れないわよ。で、今日は何を買うの?」
「そろそろ春物を揃えてようかと思ってます」
「秋の着せ替えは楽しかったわね」(うっとり)
「冬物はかわいいのが多かったから・・」(うっとり)
「みさきもかわいかったな」(ほわーん)
「でもみさきは俺の奥さんです」(きっぱり)
「それは置いておくとしてみさきはどうしたの?」
「置いておかれても困るけど今日は二日目で動けません」
「そう・・あの子、ちょっと重い方だから・・」
「確かに重いけど短いんですよ。周期とかも安定してるし」
「・・・あなたどこまでみさきの面倒見てるのよ?」(じろり)
「それは秘密です」(にっこり)
「ふーーん」
「でも最近は体温を耳で測れるようになって便利になりましたね。しかもメモリ機能付き」
「そんなに便利ならみさきにやらせればいいのに」
「始めは任せようと思ったんですけどあいつ朝に弱くて・・・」
「そういえば高校のときも家があんなに近いのに寝坊してたっけ」
「まあそのお陰で毎日かわいい寝顔が見れるんですけど」(にっこり)
「・・・折原くん、今度泊まりに行くわね」(どきどき)
「何もしないでしょうね?」(じろり)
「ば、馬鹿ね。女同士で何をするのよ」(あせっ)
「気のせいか動揺しているみたいですが?」
「お姉さんをからかわないの。さっ、いくわよ」

394 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/17(土) 23:49
「ずいぶん買ったわね」
「あいつの着せ替えは趣味ですから」(にっこり)
「着せ替えには私も参加させてもらうけどね。みさきってかわいいんだもん」
「でもいつも感謝してますよ。さすがにあんなところに一人で買いに行けませんからね」
「いいのよ、私も自分のが買えたし」
「背格好も大体似てるから本当に助かります。あ、でもみさきの方が胸が大きいかな?」
「むっ、身長は私の方が高いわ」
「先輩って本当に負けず嫌いなんですね」
「馬鹿。でも私達って店員にどう見られてたんだろうね」
「そりゃ、やっぱり恋人じゃないですか。結構お似合いに見えますよ」
「・・・・・・」(微妙に赤くなる)
「冗談ですよ、俺じゃ先輩に釣り合いません」
「・・・折原君変わったね。あの頃は、まさかこんなにみさきに尽くすなんて思わなかった」
「あんまり尽くしているとは思ってませんけどね」
「大変なんじゃない・・色々と・・」
「全然。みさきといると毎日が楽しくて」
「・・・・・・」
「先輩?」
「あーあ、みさきはいい買い物したなあ」
「えっ?」
「よーし、今日はこれから折原邸を襲撃よ。新婚家庭を粉砕だ」
「わー、今日はあがっていかないって言ってたのに」
「問答無用!!」
「わっ、待ってください。せめて掃除する時間をください」
「こういうのは不意打ちがおもしろいの」
くっ、やっぱり深山先輩って苦手だ。

395 :名無しさんだよもん:2001/03/20(火) 11:54
恐るべし…

396 :名無しさんだよもん:2001/03/21(水) 00:17
死体…血痕

397 :名無しさんだよもん:2001/03/21(水) 00:49
オイそこ死んでるぞ!

398 :名無しさんだよもん:2001/03/23(金) 15:48
良い夢みさせてもらいました。
みんな、ありがとう。


399 :名無しさんだよもん:2001/03/25(日) 17:18
そろそろ浮上。

400 :名無しちん:2001/03/25(日) 18:56
けっこんは2ch的に言うとケコーンですか?

401 :名無しさんだよもん:2001/03/26(月) 00:26
日記スレのひかりさんネタ、こっちで書いてくれないかな?
続きどこかにある?。




402 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/26(月) 01:10
ひかりさんは単発ネタなんであれで終わりなんです。
第一、秋子さんとかぶるので考えるのが大変(藁


403 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/26(月) 02:59
この街にも遅い春がやってきた。
今日はお花見だ。
休日で天気も良いからきっと公園は大賑わいだろう。
秋子さんは一足早く場所取りに行ってしまった。
はー、せっかくの休日くらい二人でいたいんだけどな・・・
とりあえず俺はお弁当とお酒を運ぶ事になっている。
こんなに重いものを秋子さんに持たせるわけにはいかない。
後は名雪を起こして公園へ連れて行く役目もおおせつかっている。
多分こっちの方が重労働だろう。
最近のあいつは以前にもまして寝起きが悪い。
仕事で疲れているのかもしれない。

「名雪起きろ。花見に行くぞ」
やっぱり起きない。
こうなったらボディプレスだな。
いや、枕落しがいいかな。
ベッドに近づくといきなり名雪に抱きしめられた。
「おまえ起きてたのか、こら、離せって」
名雪はなかなか腕をほどこうとしなかった。
「祐一、もうちょっとだけこのままでいさせて」
「名雪・・泣いてるのか?」
名雪は何も答えなかった。

404 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/26(月) 03:01
公園まで歩く。
名雪は何も言わずについてくる。
ちょっと気まずい雰囲気。
でもお酒でも飲みつつ盛り上がれば名雪も元気を出すだろう。
第一秋子さんに心配を掛ける訳にはいかない。
公園は思った通り賑わっていた。
秋子さんを探すと一番盛り上がっている席の中心にいた。
「秋子さんはいつ見ても若いねえ」
「恐れ入ります。どうぞ」
「こりゃどうも」
「秋子さん、うちの息子と結婚してくれよ」
「馬鹿言うな。おまえの所はもう40だろ」
「秋子さんは歳なんて気にしないよ」
「こいつらなんて相手にしないで俺と飲みましょう」
「どうもすみません。頂きます」
うーむ、すっかり場の主役になっている。
そういえば「お母さんは町内会のアイドルなんだよ」とか名雪が言ってたっけ。
秋子さんはお酒で頬を赤くしつつも頬に手を当てるいつものポーズをしている。
うーん、色っぽい。
しかし・・・これだけの量を飲んだのか?
見ているだけで酔いそうなほど酒瓶が散らかっている。
もう止めた方がいいと思ったので割り込んだ。
「秋子さん、お待たせしました」
「あら、祐一さん」
「おっと、名雪ちゃんと祐一君が来ちゃったよ。ここらで解散するか」
わらわらとおじさん連中が散っていく。


405 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/26(月) 03:01
「秋子さん、大丈夫ですか?」
「ふふふ、心配してくれるんですね」
「もちろんです。それにしても今日は飲みすぎですよ」
「そうですね、少し飲みすぎたかもしれませんね。ちょっと酔いを覚ましてきます」
後ろを振り返って名雪を見る。
「お母さん泥酔してるよ。顔色変らないからわからないと思うけど」
「あれでか!!」
「祐一、ついて行って。私ここにいるから」
「わかった」
秋子さんはふらふらと桜並木を歩いていく。
道の左右は宴会だらけだ。
いつもの静かな場所とはとても思えない。
「秋子さん、まっすぐ歩いてませんよ」
「大丈夫ですよ。祐一さんは心配性ですね」
「はー、本当に酔っていたのか。酔いが覚めるまでお供します」
「むっ、わらしをこどもあつかいしてますね」
「そ、そういうわけじゃ・・」
「祐一さん、私はあなたが赤ちゃんだった頃から知っているんですよ。いわば私はお姉さんです」
「・・・・」
秋子さんって絡み酒?
人目がなくなったとたん、一気に酔いが回ったような気がする。
「困ったことがあったらお姉さんに相談してくださいね」
えっへんと胸を張る秋子さん。
「それじゃ、あのベンチにでも座ってもらえますか?」
「はいっ」
にっこりしながら秋子さんはベンチに席をおろす。
そして座った途端に眠ってしまう。
とりあえずしばらく休んでいてもらおう。
それにしても酔っている秋子さんも綺麗だな。
目を閉じている秋子さんに思わず引き寄せられる

406 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/26(月) 03:02
ぱちっ
「わっ!!」
突然目を開けたのでびっくりしてのけぞった。
「今・・何をしようとしてたんですか?」
しどろもどろになって答えられない俺。
「祐一さん、かわいい」
抱きっ。
「わっ、秋子さんこんなところで恥ずかしいですよ」
「ひどい・・私のこと嫌いになったんですね」
「そんな訳ないじゃないですか、怒りますよ」
「祐一さんが怒った・・ひくっ・・ひくっ」
「わー、泣かないで!!」
なんだか注目を浴びている気がする。
すごく恥ずかしいので秋子さんを背負って名雪のところへ戻る事にする。

げっ!!
持ってきたお酒がみんな空になっている。
空にした本人はレジャーシートの上でめそめそ泣いていた。
「おい・・名雪」
「祐一、なんで私じゃ駄目なの?」
「はい?」
「私ずっと待っていたのに・・それなのにお母さんと・・」
「わーーー!!、待て。とにかく帰ろう、なっ」
「祐一の馬鹿!!」
「やめろ名雪。く、苦しいって」
名雪が泣きながら俺の首を締める。
背中では秋子さんが泣いているしみっともない事この上なかった。
実際かなり笑われている(汗
もうここで花見は出来ないな。
二人に酒を勧めるもよそう。

407 :名無しさんだよもん:2001/03/30(金) 01:42
アゲ

408 :名無しさんだよもん:2001/03/30(金) 11:03
なんだ?この気持ちの悪いスレ名は・・・
死体・・・血痕?
ハァ?

409 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/30(金) 20:09
「浩平くん、どこ?」
みさきが病院から帰ってきた。
病院といってもおめでたと言うわけではない(笑)
目の治療の通院だ。
結婚前から週に1度のペースでずっと通っている。
「みさきちゃんレーダー♪」
これを聞いた人間は何らかの反応をしなければいけない鉄の掟がある。
もっとも聞く人間は俺だけなのだが。
「キッチンにいるよ」
「今日も感度良好だよ♪」
「そろそろご飯が出来るから手を洗って席について」
「うん、わかったよ♪」
食事はあっと言う間に終わる。
作る過程がむなしくなるほどの速さだ。
でも食べているときの幸せそうな表情はそんな苦労を吹き飛ばすほどの威力がある。
結婚して良かったなと思う瞬間でもある。
食事が終わるとお茶を飲みながら今日あった出来事をお互い話す。
毎日代わり映えのしない生活だけどこうして話していると意外に変化があることに気がつく。
同じ日は1日だってないから大切にしなくちゃいけない。
こうしてみさきと話をするために。

410 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/30(金) 20:11
「私、明るいのか暗いのかがわかるようになったよ」
「えっ、本当に?」
「不思議な感じだね、目の前が明るくなるのは。小学生の時以来かな」
「よかった・・本当によかった」
「浩平くん、そんなに強く抱きしめたら・・・苦しいよ」
「あ、ごめん」
「ふふふ、でもよろこんでいられるのかな?」
「え、どういうこと?」
「私って結構面食いなんだよ。浩平くんがどんな顔をしているのか楽しみだよ♪」
「そんな事言われても・・」
みさきのからかい口調にちょっといたずら心がおきる。
「実は俺ってすごくひどい顔をしてるんだ。みさきの目が見えていたら絶対結婚しなかっただろうね」
「え、何を言ってるの?」
「目が治ったときの覚悟は出来てるよ。いつでも離婚には応じるから」
「嫌だよ・・」
「俺たちはまだまだ若いんだからいくらでもやり直せるよね」
「う〜、ひどいよ浩平くん。私そんなこと絶対に言わないよ」
「でも実際に俺の顔を見たら失望するよ」
「浩平くん嘘言ってる。私、雪ちゃんに色々聞いているんだからね」
「ありゃ?、ばれてたのか」

411 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/30(金) 20:12
「でもね・・たとえ浩平くんがどんな人でも私はずっと一緒にいたいよ」
「極悪人でもか?」
「うん、だって私にはすごく優しいからね。私に浩平くん以外の人なんて考えられないよ」
「みさき・・・」
「目が治ったら真っ先に浩平くんを見るよ。すごく楽しみなんだ」
「さっきはごめん、ちょっと冗談が過ぎた」
「私もごめんね」
「俺はみさきが自分の姿を見れたらなって思ってるよ」
「なんだか恥ずかしいよ」
「すごく綺麗になってる。自信を持っていいよ」
「ありがとう。でも視力が戻るのはきっとまだまだ先のことだよ」
「通院は大変だけどがんばれ。俺もみさきの目が治るならなんでもするからさ」
「うん、それなら早速お願いするよ」
「なに?」
「お茶おかわり」
「・・・おい」(怒)
「冗談だよ〜♪」

みさき、早く見えるようになるといいな。
二人で同じ景色が見えるようになるまで俺はずっと祈ってるよ。

412 :名無しさんだよもん:2001/04/05(木) 21:49
スレが500超えたぞ!優良スレの過去ログ逝きをふせげ!
というわけでカキコ〜。

413 :名無しさんだよもん:2001/04/07(土) 01:53
kakiko-


414 :名無しさんだよもん:2001/04/08(日) 06:01
過去ログ逝き防ぎネタあげ

……晴子さんと結婚。元編集で今は保母。
彼女が疲れて帰ってきたところ、定時で戻ったオレとだらだら夕食。
家事は完全当番制。エビフライが旨いのみそ汁が辛いのとだべりつつ、
今日の園児の微笑ましい話に花を咲かせる。

テレビは野球中継が延長戦。ドラマも見たいけど試合も気になる、
かなりマジで応援してしまう晴子さん。乗せられる俺。
サヨナラ勝ちなんかした日には勢いづいて飲み屋に行ってしまいそうだ。

しこたま酔って帰ってきて、風呂上がりの彼女がひとこと。
「なぁ…うち、そろそろ、子供がおるようになっても、ええよ…」
濡れ髪です先生。アンニュイです。誘われてます。
そのまま突入です。当然生。以下略。

娘を亡くすつらい過去を乗り越えさせてあげられる、そんな男にオレはなりたい。
観鈴ちんが居る状況で大団欒でもいいんだけど。それがいちばんしあわせなんだけど。

415 :来栖川萌え@梓もね:2001/04/08(日) 19:31
>>414
晴子さんへの萌えがよく伝わってきます。
そんな生活もいいね。
楽しそう。

416 :名無しさんだよもん:2001/04/09(月) 21:40
〜こんなふうにして終わるもの〜

一人でいることは、私にとってはさほど苦痛ではない。
仕事を終え、定刻の電車に揺られること。
スーパーで一人分の献立(作り過ぎないようにするのがなかなか難しい)を
考えて、買い物をすること。
部屋の明かりをつけて、食事の準備をすること。
それら全ては、平穏な日常における儀式のようなもので、どれが欠けても
私はなんだか落ちつかなくなる。

「天野はいつも一人でいるんだな」

私にそんな事を言ったあの人のことを不意に思い出す。
奇跡と呼ぶには余りにも過酷だった、あの日々が遠い昔のように思える。
突如、静寂を破る電話のベル。

「はい、天野です」「お久しぶりです」「そうですか…おめでとうございます」
「ええ、よろこんで出席させていただきます」「…お幸せに」

久しぶりに聞いた彼の声は、少しだけ照れくさそうにしながら、愛する女性と
の結婚を告げて来た。…あの子は元気だ、とも。

「お幸せに…」

切れた電話にもう一度そっと呟いて、そして私は本当に一人になった。


417 :名無しさんだよもん:2001/04/09(月) 23:10
ひぇ〜ん・・・・(涙)

418 :来栖川萌え@梓もね:2001/04/10(火) 00:20
終わっちゃ駄目だ!!
天野ーーーーー(血涙)

419 :416だよもん:2001/04/10(火) 00:32
ああっ、すんません! …続きは考えてなかった(w

420 :名無しさんだよもん:2001/04/10(火) 02:01
復活を祈ってあげ。

421 :名無しさんだよもん:2001/04/10(火) 02:43
 この板の最近の傾向では、お狐さんより美汐たんに
ハアハアしてる人間が増えたような・・・・・

422 :名無しさんだよもん:2001/04/10(火) 10:08
死体…血痕…


423 :名無しさんだよもん:2001/04/12(木) 04:54
沢渡ほのかは我が命ぐはぁっ!! 〓■●_バタッ


424 :名無しさんだよもん:2001/04/13(金) 04:35

 俺が会社から帰ったらあゆが玄関までエプロン姿で走ってきた。
「今、料理作ってたんだ! ちょっと食べてみてよ」
 そういってあゆはすぐにキッチンまで軽くスキップをしながら戻っていった。
 俺が服を着替えてキッチンへ行き、食卓に座ると、あゆがうれしそうに料理を運んでくる。その料理、というかグロテスクな物体がどんどん机の上に並んでいく。それを見るごとに俺の食欲はどんどんなくなっていった。
「なぁ、ちゃんと本見て作ったんだよな?」
「勿論、完璧だよ」
 腹をくくってその見た目がグロテスクな物体を少しだけ、クチに運ぶ。
「どう? どう?」
 あゆは目を輝かせてこちらの反応を待っていた。そのコチラといったらそれどころの状態ではない。ティッシュ、ティッシュはどこだ! といった状態である。これはちょっとヤバイ。これからの生活に関わる。そう思いながら俺はクチから出した物体をティッシュに包んだ。
「こんなもんくえるかぁぁぁぁぁ〜!」
 俺は机をひっくり返しそうな勢いでそう叫んだ。
「う、うぐぅ〜。そんなぁ〜」
「そんなぁ〜じゃないっ、ともかく、これは料理とはいえんぞ……」
「うぐぅ……」
 はぁ。これだけが気になっていたのだが、やっぱコイツは料理が下手だ。まぁ料理など、レンジでチンや、コンビニやお惣菜でなんとかできる時代だし、結婚の障害にはならないと考えていたのだが、あゆは料理を作るのは好きみたいだった。だから、作って料理を俺に出してくる。それだけが問題だった。
 ともかく、明日からあゆを秋子さんに預けて料理の特訓をさせることにした。いつか、きっと美味しい料理を子供と一緒に食べる日がくることを俺は密かに期待している。これが現実になる日は近い……のか?


425 :良スレ認定委員:2001/04/13(金) 05:01
>>424
復帰age&新作カキコお疲れ様〜

結婚良スレ

426 :来栖川萌え@梓もね:2001/04/13(金) 11:12
>>424
あゆはきっと料理がうまくなるはずだと信じてるぞ。
多分ね・・・(汗

427 :名無しさんだよもん:2001/04/13(金) 13:05

「秋子さんから教わってきたよ〜〜っ」あゆの明るい声。
ようやく、これでまともな食事にありつける。考えてみれば
結婚する前に考えておくべきだった。あゆの料理が、どれほどの
ものか、俺は知っていたのだから。気楽に考えていたのが
間違いだった。しかし、それも、もう気に病む必要はない。

 翌朝、トーストとコーヒーの香りで目が覚める。一瞬、
自分が水瀬家に戻ったような錯覚を覚えた。
「これだよな、、これ」俺は手早く顔を洗うと、食卓についた。
が・・・しかし。

 「おい・・・、これって・・・・」思わず絶句していた。
何色と表現すれば良いのだろうか。オレンジに緑が混ざった
ような・・・異様な色の物体がビンの中に収まっている。
しかも、既にパンに塗られていた。

 「ジャムだよ。秋子さんに教わったんだ」満面の笑みを
浮かべてあゆは歌うように答える。もちろん、食べないわけには
いかない。秋子さんに教われと言ったのは俺なのだから。

 そして、一口。食べた後、、、地獄の亡者のようなうめいた。
「うぐぅ・・・」




428 :来栖川萌え@梓もね:2001/04/13(金) 14:41
ぐはっ!!
真っ先に謎ジャムを覚えてくるあゆっていったい?
あゆも被害者だったはずなのに(藁


429 :名無しさんだよもん:2001/04/13(金) 17:12
>>428
やはり『水瀬家に戻ったような錯覚』を覚えさせるにはアレがないと駄目ってことだろ…


430 :名無しさんだよもん:2001/04/14(土) 00:29
このスレの元立てたの俺だが、
ここまで育っているとは思わなかった。
当初は真琴類似スレってことで叩かれたもんだが(苦笑
全く同じスレ名で誰かが立ててくれたみたいだね。
でもネタ供給元としてはうれしい(w

431 :名無しさんだよもん:2001/04/14(土) 00:32
おもろけりゃそれで良し

432 :名無しさんだよもん:2001/04/14(土) 03:30
なんだ、このスレは?
つまらんSSばっかでウザすぎる。

433 :名無しさんだよもん:2001/04/14(土) 05:06
>>432
いいかげんにしろよ〜瑞1〜(藁
復活早々このスレ潰す気かよ〜(大藁

434 :名無しさんだお〜:2001/04/17(火) 18:33
「ただいまー」
俺はドアを空けると同時に帰宅の挨拶をする。
「おかえりなさい、祐一っ」
「おかえりなさい、祐一さん」
名雪と秋子さんが一緒に俺を出迎えてくれる。
いつものことながら、妻が二人になったような妙な気分だ。
「お風呂も入れますけど、どうしますか?」
「あっ、じゃあ先に入らせてもらいます」
「はい、祐一。ネクタイを解いてあげるよ」
「おっ、すまない」

以前、北川にこの事を話したら
「なんでお前だけがそんなイイ目にあうんだっ。世の中不公平だーっ!」
「いや、まあ…。お前だって香里とつきあってるんだろ。どうなんだ、香里とは?」
「『仕事が忙しいから…』とか言われて最近会ってない…」
「そ、そうか…。まあアイツにもいろいろあるんだろ…」
「愛する俺を放っておくなんて、ひどいと思わないか?なあ?」
「ま、まあな…」
「まあ、ってなんだ!あいざわーーっ」

てなことになって結局一晩飲みに付き合わされたんだよな。
あの時は、二日酔いになるわ、名雪は怒るわ、朝飯に例のジャムを出されるわ、ひどいことになったっけ…。
「祐一、ここに着替え置いとくよ?」
「おう、ありがと」
(ざばーっ)
そういうこともあって、俺はどうしても避けられない時以外は真っ直ぐ家に帰るようにしている。
その方が名雪の機嫌も良くなるしな。
「ゆういちーっ、御飯の用意もうできてるよ」
「うん、いま行く」
ま、これはこれで確かに幸せな生活だとは思うしな。



435 :名無しさんだお〜:2001/04/17(火) 18:34
大学を卒業してすぐに俺は名雪と結婚した。
とは言うものの籍を入れただけで披露宴も内輪だけの簡単なものだった。
俺も名雪も知っている人に祝ってもらえば良いと思っていたからだ。
そして俺は地元の企業に就職し、名雪は家庭に入ることになったわけだ。

「その煮物はわたしが作ったんだよ」
「どれ。お、なかなかいけるじゃないか」
「祐一さん、おかわりはいかがですか?」
「すいません、いただきます」
名雪は秋子さんの娘だけあって家事がなかなか得意だった。
もちろん何をやらせてもプロ級の腕を持つ秋子さんと比べるのはかわいそうだが…。
(そのうちお母さんみたいになんでも出来るようになって見せるから、期待しててね、祐一)
と、名雪は言っているが、まあ、この件については長い目で見ることにしている。
もしかしたら本当に秋子さん並の腕まで成長するかもしれないしな。

「それでは、祐一さん、名雪、おやすみなさい」
「うん、お母さんもおやすみなさい」
「おやすみなさい、秋子さん」
結婚してから俺と名雪は一緒の部屋に住むことになった。
学生時代から俺と名雪はまあそういう仲ではあったが。やはりけじめをつけるということで別の部屋に住んでいた。
「ん…、じゃ寝るか」
「うん…、おやすみ、祐一…」
……
………
「なあ、名雪。もう寝たか…」
「うにゅ…、起きてるよ…」
「なあ…、名雪、いま幸せか…?」
「…? どうしたの、祐一?」
「お前が望んだとはいえ、家で一人俺と秋子さんのことを待ってるのは寂しいんじゃないかと思ってさ…」
「そんなことないよ。わたし、幸せだよ」
「でも、寂しいんじゃないか?」


436 :名無しさんだお〜:2001/04/17(火) 18:35
「わたし、お父さんのことよく知らないから…」
「…?」
「他の家の子を見て、お父さんが家に帰ってくるのを待つのってどういうのかなぁ、って思ってたんだ…」
「お父さんが帰ってきた時はうれしいのかな…、わたしにもお父さんがいたら一生懸命お世話するのにな…、とか」
「名雪…」
「祐一が来るまでは、ずっとお母さんとふたりっきりだったから…」
「お母さんに朝いってきます、を言って学校へ行って…」
「帰ってくると誰もいない家にただいま、を言って帰る…」
「わたし、お母さんとこの家でふたりだけだったんだ…」
「でもね」
名雪が暗闇の中で俺の方を向いた
「今はちがうの」
「わたしが家で待ってるとお母さんと祐一が帰ってくる」
「お母さんは夕飯の用意ありがとうね、って言ってくれるし…」
「祐一は『名雪、ただいま』って言ってくれる…」
「祐一やお母さんが帰ってきてくれると思うから、わたし、おそうじとかせんたくとか頑張れるんだよ…」
「だから、わたし今とっても幸せだと思うよ」
「大好きな祐一とお母さんを見送って、待っていることが出来るから…」
ぎゅっ
「祐一…?」
「約束したろ?俺はずっとお前のそばにいてやるって」
「うん…」
「そして、この家に名雪が待っている限り俺はちゃんと帰ってくる。これも約束する…」
「ありがとう…、うれしいよ、祐一…」
「名雪…」

ちゅんちゅん
「あらあら、祐一さん。そろそろ起きないと遅刻しちゃいますよ?」
「なにぃっ。げ、もうこんな時間。名雪っ、なんで今日はちゃんと起きなかったんだ」
「う〜、わたしのせいじゃないよ。祐一が昨日わたしにあんなこと……」
「わーっ、秋子さんの前でなに言い出すんだ!」
「祐一さん、遅刻しちゃいますよ〜」
どたばた
「はい、今行きます。じゃ、行ってくるぞ名雪」
「うん、はやく帰ってきてね、祐一っ」
「ん、行ってきまーす」
「いってらっしゃーい、愛してるよ、ゆういちーっ」
「バ、バカ。大声でそんなこというなーっ」
「あらあら、朝からあついですねぇ。ふたりとも」

「さ、今日もおそうじ、せんたく、がんばろーっ」


437 :名無しさんだお〜:2001/04/17(火) 19:46
おかしいな…
サイコなSSを書くつもりだったのにほのぼの&バカップルSSになってしまった。

しょうがないからこっちにアプしますね〜。んじゃ失礼。

438 :来栖川萌え@梓もね:2001/04/17(火) 19:50
さすがだお〜さん。
名雪で来ましたか(藁

感想ですか?
MAXコーヒー風味ですね。
ちょっと顔が熱くなりました(ぱたぱた

私も何かこっちに書こうかな。


439 :名無しさんだよもん:2001/04/20(金) 22:30
sage

440 :来栖川萌え@梓もね:2001/04/21(土) 23:37
「舞踏会か、もうそんな時期なんだな」
秋子さんと俺は買い物の帰りにちょっと足を伸ばして学校の前を通った。
体育館に生徒が頻繁に出入りしている。
きっと飾り付けの真っ最中なのだろう。
「祐一さんは参加したのですか?」
「そんな柄じゃないですよ。でも今考えるとやってみてもよかったかなと思います」
「そうですね、祐一さんのタキシード姿が見たかったです」
「俺は秋子さんのドレス姿が見たかったな」
「ふふふ、そんな事を言っても何も出ませんよ」
「本当は秋子さんと同級生だったらって時々思うんです。そして二人で踊れたら・・・」
素直な気持ちだった。
好きな人と同じ学校に通い、一緒に授業を受け、お弁当を突付きあい、そして一緒に道草して帰る。
でもそれは理想というより妄想かもしれない。
だから俺は言葉にしてしまった後、ちょっと後悔した。
秋子さんは頬に手を当てるいつものポーズで何か考えているようだった。
「それじゃあ、ここで踊りましょう」
「えっ、ここでですか?」
秋子さんの急な申し出に驚く。
「時を戻すことは出来ないけれどこれから思い出を作っていくことは出来ますよ」
「でも俺、踊ったことなんてないです」
「大丈夫、祐一さんならきっとうまく踊れます」
不思議な人だ。
息が掛かるほど近くにいてもずっと同じところで暮らしていてもまるで雲を掴むように掴み切れない存在なのに
二人でいることがとても自然でそして安らぐ。
秋子さんの言葉は素直に信じることが出来る。
「私と踊っていただけませんか?、お姫様」
「はい、喜んで」
俺たちは雪も人目も気にせずステップを踏みつづけた。

441 :名無しさんだお〜:2001/04/23(月) 00:04
う〜む、ほんわか〜としたSSですねぇ。
べたべたなラヴラヴSSかギャグしか書けない自分からすると、来栖川萌えさんのSSはとても勉強になります。
俺も自然なほのラブが書いてみたいなぁ。


442 :来栖川萌え@梓もね:2001/04/23(月) 13:56
>>441
どうもありがとうございます。
脳内妄想を文にしているだけなのでかなり支離滅裂です。
多分文はうまくならないので妄想を成長させようと思ってます(藁

443 :名無しさんだよもん:2001/04/28(土) 11:46
age

444 :名無しさんだよもん:2001/04/30(月) 06:51
良スレあげ

445 :名無しさんだよもん:2001/04/30(月) 14:50
寄生虫「トリヒナ」がキツネにまん延? 北大研究員が小樽で発見

446 :ナマエ:2001/04/30(月) 18:18
SSに期待age

447 :名無しさんだよもん:2001/04/30(月) 21:02
age

448 :名無しさんだよもん:2001/04/30(月) 21:20
「おじさん、たいやき下さいっ!」
そう言って元気良く飛び込んで来たのは、この店一番のお得意さん。
栗色の長い髪が夕日に良く映えるその別嬪さんは、少女の頃と少しも
変わらない笑顔で、嬉しげに鉄板を覗き込む。
「はいよっお待ちどうさん」
「ありがとっ。えーと、それでね、おじさん。ちょっと話したいことが
 あるんだけど…」
もじもじと少しだけ口篭もる。
「…久しぶりに、お金忘れちゃったのかい?」
「違うよっ、もう…。そうじゃなくて、あのね、えへへ、実はね、
 …ボク、結婚するんだ」
顔が真っ赤に見えるのは、夕日のせいだけでもなさそうだ。
たいやきの袋を抱きしめながら、えへへ、えへへ、と照れ笑いする
姿がなんとも微笑ましくて。
「…そうか、そうかい! おめでとう!良かったね、ほんとに」
「おじさんありがとっ。あ、結婚してもたいやきは買いにくるからね」
「よし、ご祝儀にそのたいやきは俺のおごりだ。…幸せになりなよ」
「うん…ホントにありがとう」
たいやきを抱えて遠ざかる後ろ姿。嬉しいような、寂しいような。
…自分に娘がいたらこんな気持ちになるのだろうか?

「ただいまー」
「お帰り。夕飯の買い物にしちゃ遅かったな、寄り道か?」
「結婚の報告もして来たからね」
「誰に?」
「祐一くんより、もっと付き合いの長いボーイフレンドに」
「…ナニ? おい、あゆ、ちょっと待っ…」
「ふふーん♪」

449 :来栖川萌え@梓もね:2001/04/30(月) 23:18
こんな話もいいですね。
胸があったかくなりました。
20代のあゆはきっと美人になっていることでしょう。

タイヤキ屋のおじさんにも絵があればもっと世界が広がったのにと残念に思ってます。


450 :448だよもん:2001/04/30(月) 23:54
>>449
レスどうもです。
いや、サブキャラに心情を吐露させるネタは反則だとは思ってるんですが。
保護者チックなオヤジっていいな、と。
…日本一のたいやき屋だと思ってます(w

451 :名無しさんだよもん:2001/05/01(火) 16:24
>>357-358の続き期待age


452 :名無しさんだお〜:2001/05/04(金) 01:56
>>448
いいですねぇ。
あゆのことだから自分の娘と一緒にたいやきを買いに来たりするかもしれませんね。


453 :来栖川萌え@梓もね:2001/05/07(月) 02:34
「まさか、逃げたりしないよな?」
ちっ、こうなったらあっけなく玉砕出来る相手を選ぶか。
辺りを見渡す。
お、あのおさげは里村か。
あいつなら絶対に断るだろう。
よし決まった。
「里村っ、ずっと前から好きだったんだ。俺と付き合ってくれ」
(ほら、断れ。いつものように一言で)
里村は驚いたような顔をしていたがやがてこう答えた。
「・・・わかりました」
「・・・え?」
里村は返事をするとさっさと帰ってしまった。
周りの男子が騒いでいるけが俺の耳には入らない。
まずい、里村はまずいぞ。
里村と付き合った男子は一人残らず消えていくらしい。
しかも全く証拠を残さずに・・・
今でもその事を覚えているのは俺だけだ。
こうなったら消えるまでの間、里村といちゃつきまくってやる!!


「というような事があったんだよ、茜」
「そうだったんですか、浩平」
あれから60年、ずっといちゃついていたが結局今に至っても俺は消えていない。
「で、本当のところ消えた連中と茜は何か関係があったのか?」
「・・・知りません」
「ふーん。まあいいか、俺たち幸せだしな」
「はい」
あー、縁側で飲むお茶がうまい。
遠くでうぐいすが鳴いていた。

454 :名無しさん:2001/05/10(木) 17:58
安芸

455 :名無しさんだよもん:2001/05/10(木) 20:36
良スレあげ

456 :ゴンベエさんだよもん:2001/05/10(木) 23:51
「こらっ! 危ないよ」

 木の枝にしがみついていたら、突然後ろから注意された。
振り返ると優しそうなお姉さんが微笑んでいた。お母さんと
同じくらいの歳の人みたい。でもなんでこんな森の中で独り
でいるんだろう? ……僕みたいな子供でもあんまり来ない
ところなのに。そんな僕の質問にお姉さんは答えてくれた。

「ボク……うぐ、じゃなくて私はね、ここに思い出があるん
だよ。ちっちゃい頃の……といっても今のキミよりは大きかっ
たけど、そんな頃の初恋の思い出がね。」

 へー、なんかカッコイイなぁ。でも似たような話を聞いた
ことがある気がする……。うーん、お父さんかお母さんが似
たお話をしてくれたと思ったけど……よく思い出せないや。
そんな僕の台詞にお姉さんはちょっとだけビクッとしたよう
な……けどそのまま話しつづける。

「でもそれも昔の思い出で、今の私にはもういらないんだ。
結局失恋しちゃったし、今度いい人を見つけたから、えへへ、
それで今度結婚するんだよ。だから古い思い出にはお別れし
にきたんだよ。」

 今度結婚するって言ってるけど、お姉さんはちょっとだけ
寂しそう。お別れするのが寂しいのかな。そんなに大事な思
い出ならお別れしなければいいのに。

「あ、思い出にお別れって言っても別に忘れちゃうわけじゃ
ないよ。新しく好きな人ができたのに、前に好きだった人の
ことばかり考えてたら嫌われちゃうから。だから思い出はあ
くまで思い出、昔のことなんだって、そういう風に踏ん切り
をつけないといけないからね。」

457 :ゴンベエさんだよもん:2001/05/10(木) 23:53
 好きな人が沢山いるのはとても楽しいことだと思うのに、
お姉さんはその人のことを忘れようとしているから寂しそう
なのに、それでも好きだった人を忘れなくちゃいけないのか
な。そんなのってちょっと悲しい。

「うぐぅ、そんな顔しないで。キミはまだそんなこと考えな
くても大丈夫だから、沢山好きな人を作ったらいいと思うよ。」

 良かった。僕は、よくお母さんや僕をからかったりするけ
どそんなお父さんが大好きだし、優しいお母さんも同じぐら
い好きだし、家族でお付き合いがある北川君だって大好きな
んだもん。

「うん、それでいいと思うよっ。さて、ボク……じゃない、
私はそろそろ帰ろうかな、日も傾いてきたし。暗くならない
うちに君も帰らないとね。暗くなると道に迷いやすいから。」

 なんかお姉さん、自分が迷ったことがあるみたいな言い方
してるなぁ。

「うぐぅ! ……あはは、そんなことないよ、全然ないない。
こーら、そんな疑いの目で見ないで。くすっ、それじゃあ気を
つけて。バイバイ……相沢君、ゆう…お父さんとお母さんに
よろしくねっ。」

 ばいばい、お姉さん……って、え? 僕、お姉さんに名前を
言ったっけ? でもお姉さんは早足で駆けていっちゃって、
ちょっと遠くから優しく手を振っていて、だから僕の声は聞こ
えなかったみたい。バイバイ、お姉さん。

……また会えるといいな。

458 :ゴンベエさんだよもん:2001/05/10(木) 23:55
……また会えるといいな。


↑ 最後の一行だけ欠けた…ド鬱

459 :名無しさんだよもん:2001/05/11(金) 00:12
>>456-458
しみじみ萌え。

460 :来栖川萌え@梓もね:2001/05/11(金) 00:53
>>456-458
いいですね。
あゆのSSってここでは貴重だから余計に萌えました。
色々謎な部分があるけどそこがまたいいです。

461 :ゴンベエさんだよもん:2001/05/11(金) 01:18
>>459,460

感想ありがとう。

自分的には直したいところがいくらかあります。
掲示板だと長さの制限もあるから駆け足になっちゃったけど
もうちょっと長くした方がゆったり感が出てよかったかも。
あと、言葉で直したいのもいくつかありますねぇ。
ま、日々精進あるのみ。

462 :来栖川萌え@梓もね:2001/05/11(金) 01:45
>>461
そうですね、ここは微妙な縛りがあるので難しいです。
4、5レスくらいで書けば細かな設定が出せていいかもしれません。
次回作、期待してます。

463 :まことちゃん@グワシ:2001/05/11(金) 02:40
「したい……セクース。セクース。」


464 :名無しさんだよもん:2001/05/12(土) 05:58
あげ

465 :疑問だが:2001/05/12(土) 07:00
柏木家の娘と結婚して子供が出来て男の場合
力を制御できん時はどうすんだろ?

466 :名無しさんだよもん:2001/05/12(土) 07:56
動物園で飼育されます。>465

467 :名無しさんだよもん:2001/05/12(土) 08:08
>>466
「キャット・ピープル」じゃないんだから(w

468 :名無しさんだよもん:2001/05/12(土) 08:26
>>465
ないちちおばちゃんの出番です。
彼女以外との子供であれば私怨も混じりますし。


469 :名無しさんだよもん:2001/05/12(土) 10:03
>>463
ワラタ

470 :来栖川萌え@梓もね:2001/05/14(月) 16:11
>>465
既に色々SSが出ているようですね。
一般的には子殺しをするか放置でしょう。
何百年も解決できなかった問題がいきなり耕一に打破出来るとは思えません。
辛い話ですけどね。

471 :名無しさん:2001/05/17(木) 18:21
あげ

472 :名無しさんだよもん:2001/05/17(木) 21:03
岩切ネタきぼん

473 :465:2001/05/17(木) 22:58
>>470
SSってショートストーリー?だよね?そこを書くと重くなりそうだ。
でも続編でその辺つくってほしいなー。今のリーフじゃ無理かな。

474 :名無しさんだよもん:2001/05/17(木) 23:06
サイドストーリーってのは?


 柏木家へ高野山に呪をかけてもらう。男の子が生まれたら、災厄を
もたらすので、空に(以下略)


475 :名無しさんだよもん:2001/05/18(金) 00:06
その一族にはある呪いがかけられているという。
それは、「生まれてくる女の子供が全て貧乳に育つ」という恐るべきものだった。

476 :来栖川萌え@梓もね:2001/05/18(金) 00:17
>>473
難しいですよね。
委託で続編を作って欲しいです。
本当に。

>>474
聞いたことのある話ですね(藁

>>475
梓は呪いを逃れたのか。
道理でいい娘な訳だ(藁

477 :名無しさんだよもん:2001/05/18(金) 07:25
>>456-458
あゆシナリオ以外をプレイしたときの
「捜し物みつかったんだよ」ってところで
いつも気分めいってたけど、このSS読んで安心したよ。



478 :名無しさんだよもん:2001/05/22(火) 11:52
シターイ ケコーンage

479 :名無しさんだよもん:2001/05/22(火) 12:22
>>476
というか実は3人姉妹だったと。
橋の下で拾われた梓マンセー……

480 :名無しさんだよもん:2001/05/22(火) 12:31
だから梓はドキュソなんだな

481 :名無しさんだよもん:2001/05/22(火) 13:00
>>480
ドキュソ発見!(藁

482 :ナマエ:2001/05/23(水) 13:08
「これより婚礼の儀を執り行います」
ちらりと隣を見ると、いつも通りの服装をした柳也殿と目が合う
婚礼の儀といってもわらわと柳也殿、それに裏葉だけしかいない
わらわは白い単を上に羽織っているだけじゃし、場所も廃れた神社の一角じゃ
華やかさはないが旅先なので仕方ないじゃろう
「・・・・・・」
「なんだ?緊張してるのか?」
「そ、そんな事あるわけなかろう!わらわは柳也殿がどうしてもというから付き合ってやっているんじゃ!」
「ふふふ・・・」
「な、何がおかしいのじゃ、裏葉」
「こうやって神奈様と柳也様のお幸せな姿を見ることが出来ただけで裏葉は幸せでございます」
「裏葉・・・あんまり神奈をからかわないでやってくれ」
「柳也殿、これから大変ですね」
「・・・・・・」
「柳也殿、なぜ黙るのじゃ?」
「さあ、婚礼の儀の続きをいたしましょう。神奈様、柳也様、ご神前に婚礼をお誓い立て下さい。」


483 :来栖川萌え@梓もね:2001/05/23(水) 13:20
>>482
とってもいいっす。
本編でこんなシーンが見たかった。
ああ、神奈たん・・・(涙

484 :ナマエ:2001/05/23(水) 14:02
・・・・・・・・・・・・・
「・・・!・・・奈!神奈、起きろ!」
「・・・おはよう・・・」
「神奈起きろ!!」
急に頭をゆすられた
「何をす・・・・・・!!」
「声をたてるな。」
柳也殿の胸に顔を押し付けられるように抱きしめられる
・・・何でわらわは何も着ていないのじゃ・・・・・・そうじゃった、昨夜は・・・
「・・・どうしたのじゃ柳也殿?」
「囲まれている。俺は裏葉を呼んでくるからお前は服を着ていろ」
「わたくしならここに」
戸の裏から声が聞こえてくる
・・・まさかずっとそこにおったのか?裏葉・・・
   ヒュン・・・カッ
「くっ・・・火矢か!!神奈、裏葉、早く逃げろ!!本堂の裏は崖だ、そこをつたって行け!」
「嫌じゃ!!柳也殿、いっしょに逃げるのじゃ!!」
「早くしろ!・・・大丈夫だ、少し足止めしたらすぐに行く・・・」
「神奈様、早く!」
「・・・柳也殿・・・わらわとの約束・・・絶対に死なないで欲しい・・・」
「ああ、わかっている。裏葉、神奈のこと頼んだぞ。」

「・・・ハアハア・・・ハアハア・・・」
「神奈様、そこの岩陰で休みましょう」
柳也殿・・・柳也殿!柳也殿!!早く・・・早く戻ってきてくれ
     ざっ・・・ざっ・・・
柳也殿か?
「!!」
「いたぞぉ!!ここだ!!」

485 :ナマエ:2001/05/23(水) 14:36
「神奈さま早く!・・・あうっ」
「裏葉!!矢が・・・」
「くそっ・・・外したか。・・・今度こ・・・ぐわっ!」
   どさっ
柳也殿?・・・柳也殿!!
「柳也殿!!無事じゃったか!!」
「・・・神奈・・・早く・・・逃げろ・・・」
柳也殿・・・傷だらけではないか・・・わらわはどうしたら・・・
「こっちだ!!急げ!!神奈の首を取ったものには褒美が出るぞ!!」
「くそっ・・・またか・・・神奈、早く!!」
「神奈様、私のことは気にせずお逃げください!!」
「し、しかし・・・」
「!!神奈様、危ない!!」
   ヒュン・・・ドッ・・・
え?裏葉?
「神奈様・・・どうか・・・柳也様と・・・お幸せ・・・に・・・」
「裏葉ー!!神奈、早く逃げろ!」
・・・裏葉・・・裏葉・・・裏葉
「うわああああああああああああああああああああん!!」


う・・・?いったいどうなったんじゃ?裏葉?裏葉は?柳也殿!!柳也殿はどこに!!
「!!そ・・・んな・・・そんな・・・柳也殿!!柳也殿!!
 約束・・・したではないか・・・柳也殿・・・柳也殿ぉ・・・
 目を・・・目を開けてくれ・・・これは・・・わらわの命令じゃ・・・目を・・・目を
 りゅう・・・や・・・どのぉ・・・」

486 :ナマエ:2001/05/23(水) 14:40
ギャ嗚呼!!結婚話書くつもりが大脱線!!
スマーン>>483
でも神奈は絶対に幸せになれないからこれでいいのだ!!

487 :ナマエ:2001/05/23(水) 15:07
うあ・・・自分で見ても後二つはヘタレだ・・・鬱だ
だから>>482だけ見て!!お願いします!!

488 :名無しさんだよもん:2001/05/23(水) 15:48
高野山の呪いに囚われた神奈は、ずっとこんな悪夢を見続けているのかも
しれないなあ、とか考えてしまったよ。

489 :来栖川萌え@梓もね:2001/05/23(水) 16:15
なまじ前半が幸せだけに後半がきついね。
どこまでいっても神奈は柳也&裏葉と一緒にはなれないのか・・・
おのれ、高野山(藁

490 :まことちゃん:2001/05/23(水) 23:53
サバラ!!!

491 :(・∀・)ダメ!:2001/05/24(木) 06:25
ゲバラッ!!

492 :名無しさんだよもん:2001/05/28(月) 23:20
まこぴーマジかわいい

493 :ナマエ:2001/05/30(水) 22:28
「これから全身麻酔をかけますので・・・」
もうこれで3回目の手術だ。
郁美はこれまでよく頑張ってきたが、今回ばかりはかなり覚悟の要る手術のようだ。
この麻酔の後にもう目を覚まさないかもしれない・・・
「・・・お兄ちゃん、私、千堂先生とお話がしたいの・・・」
「・・・わかった・・・すみません、先生方。少し席を外していただけませんか?
 ・・・・・・千堂君・・・妹を・・・頼んだ・・・」
あの男らしくない弱々しい口調で言われる。病室に俺と郁美だけが取り残される。

「私ね・・・何度ももうだめだって思ったけど先生がいたから頑張って来れたんだよ・・・
 ・・・でもね・・・もう・・・」
「何言ってるんだ!約束しただろ!夏になったら一緒に海で泳ぐって!!」
「・・・先生・・・私のお願い・・・叶えてくれる?」
「お願い?任せろ!どんなお願いでも必ず叶えてやる。」
「私ね・・・先生が高校生の時からずっと見ていた・・・でも私・・・中学生だし・・・
 こんな体だからずっと言えなかった・・・
 私・・・千堂さんのこと・・・愛してる・・・
 だからね・・・結婚しよ・・・
 あは、無理だよね・・・私、中学生だから・・・」
「郁美・・・俺も愛してるよ・・・中学生だから結婚は無理、か・・・でも婚約ならできるよ・・・
 よし、わかった。後3年したら必ず迎えに行くよ。」
「ありがとう・・・千堂さん・・・。誓いの・・・キス、して・・・」
「ん・・・」
・・・唇が重なる
「必ず生きて帰ってこいよ・・・新婚早々妻に先立たれるなんて嫌だからな・・・」
「うん。私、頑張る」

494 :ナマエ:2001/05/30(水) 22:33
ちょっとばっかし前回の教訓を生かして暴走しないようにしてみました
どうでしょう?本編と同じように尻切れトンボですが・・・

495 :名無しさんだよもん:2001/05/30(水) 22:35
ruinチンカス

496 :名無しさんだよもん:2001/05/31(木) 01:57
前にも出たが、耕一に息子ができたらどうなるか。

以前どっかで見たが、耕一が力を制御できたのは、ガキの頃
死にかけて強制的に覚醒されたのが予防接種になっていたと
いう考えがあった。

よって十歳になったら川に落とす。
鬼に目覚めたら死なない程度に叩きのめす。

これで解決…するんなら苦労はねーやなぁ。

497 :名無しさんだよもん:2001/06/05(火) 00:46
 

498 :名無しさんだよもん:2001/06/09(土) 22:52
メンテ"死体…血痕"

499 :名無しさんだよもん:2001/06/10(日) 01:48
>>461
長いのもいいけど、短くて細かいところまで書きこまれていないと言うのは必ずしも欠点ではないと思います。
そういうところを想像する余地があるのが(・∀・)イイ!場合もあるし。
制限なしに書けるとついダラダラしてしまうこともあるし。

500 :名無しさんだよもん:2001/06/10(日) 10:55
>>496
耕一の息子なので、節操がないのは鉄板でしょう。下ネタスマソ。

501 :名無さんだよもん:2001/06/10(日) 11:35
>>496
今思ったが、ソレではまるでバキ幼年編のラストだ。

千鶴「耕いちィィィッ! あたしが相手だっ!!」
耕一瞬殺。水門の隅でガタガタ震えて命乞いする耕一Jr.
千鶴「…てへっ」
楓の操縦するヨークに乗ってその場を去る千鶴。
耕一の亡骸を背負って号泣しつつ疾走するJr.

スレ違いも甚だしい。ゴメ。


502 :名無しさんだよもん:2001/06/13(水) 09:30
まこぴー復活希望age

503 :名無しさんだよもん:2001/06/13(水) 10:08
>>501
ヨークを操縦するのは初音の方が相応しいように思われ。

504 :名無しさんだよもん:2001/06/14(木) 21:10

 真琴は、結婚した後も、漫画読んで肉マン食っていそうだ・・・

505 :名無しさんだよもん:2001/06/14(木) 23:14
>>504
でも、子供ができれば結構良いお母さんになると思いまふ。
やっぱりワガママだけど、優しくて情の深い子ダーヨ。

506 :名無しさんだよもん:2001/06/17(日) 00:35
でもワガママ

507 :名無しさんだよもん:2001/06/17(日) 13:27
まさにMy mother

508 :ナマエ:2001/06/17(日) 13:31
わがままなところは美汐か祐一がフォローってのはどうよ

509 :名無しさんだよもん:2001/06/19(火) 20:54
個人的には、澪が良い奥さんになるんじゃないかなって思ってます。
洗濯物をたたみながら、
子供に手話を教えてたりする場面とか、結構浮かんでくるんですよね。

510 :名無しさんだよもん:2001/06/19(火) 21:04
>>508
「私を巻き込まないでください」といって苦笑する美汐。
しかしその笑顔は明るかった。

511 :名無しさんだよもん:2001/06/19(火) 21:25
>>510
静かな長森って感じで(w

512 :名無しさんだよもん:2001/06/23(土) 23:45
メンテsage。

513 :名無しさんだよもん:2001/06/26(火) 22:58
そろそろage

514 :名無しさんだよもん:2001/06/26(火) 23:29
ageんなヴォケ

515 :まこぴ@はうす:2001/07/01(日) 21:38
>>505
同意ですね。
一緒になって遊んでるだろうけど^^;

516 :名無しさんだよもん:2001/07/03(火) 12:04
sage

517 :名無しさんだよもん:2001/07/05(木) 14:39
死体…血痕…

518 :黒い人:2001/07/05(木) 14:55
なんかBSで洋楽バンドのサークル名が書いた色紙にそのネタあったな・・・
本人だったりして(w

519 :名無しさんだよもん:2001/07/11(水) 06:21
あげ

520 :名無しさんだよもん:2001/07/11(水) 06:45
では続編はダークノベル風鬼(息子)育成+恋愛シミュレーションってことでお願いします。
しかし俺の頭では糞ゲーの構想しか練られんな、、

521 :名無しさんだよもん:2001/07/11(水) 12:00
あげ

522 :名無しさんだよもん:2001/07/11(水) 12:28
2月から続いているのか…。
ひょっとして女性キャラでは一番人気無い?

523 :名無しさんだよもん:2001/07/11(水) 23:45
♪台湾板から参りました。相互リンクしましょう。

したい…同盟
http://ton.2ch.net/test/read.cgi?bbs=taiwan&key=990421182

先生!同盟したいです! Vol.2
http://ton.2ch.net/test/read.cgi?bbs=taiwan&key=991535436

【したい…解放台灣省】
http://ton.2ch.net/test/read.cgi?bbs=taiwan&key=993763015

524 :名無しさんだよもん:2001/07/16(月) 09:26
あげ

525 :名無しさんだよもん:2001/07/23(月) 06:59
誰の真似もすんな、君は君でいい

526 :名無しさんだよもん:2001/07/24(火) 20:31
死体…血痕死体age

527 :名無しさんだよもん:2001/07/24(火) 20:44
ほら・・・真琴・・・
チンチンってするんだ・・・・
ほら・・・真琴・・・チンチンって・・・

528 :名無しさんだよもん:2001/07/28(土) 19:33
あげ

529 :名無しさんだよもん:2001/07/30(月) 13:49
あげ

530 :名無しさんだよもん:2001/07/31(火) 23:12
あるじゃーのん

531 :名無しさんだよもん:2001/08/01(水) 09:51
あげ

532 :名無しさんだよもん:2001/08/02(木) 02:55
あげ

533 :名無しさんだよもん:2001/08/03(金) 12:26
あげ

534 :名無しさんだよもん:2001/08/04(土) 02:15
あげ

535 :名無しさんだよもん:2001/08/04(土) 12:16
結婚シチュ募集。

536 :名無しさんだよもん:2001/08/04(土) 18:25
http://www20.tok2.com/home/kouki710/vote/tvote.cgi?event=vote1&show=20
ここへいって真琴を一番にしよう。

537 :名無しさんだよもん:2001/08/05(日) 00:41
samisii....

538 :名無しさんだよもん:2001/08/05(日) 16:11
あげ

539 :名無しさんだよもん:2001/08/06(月) 12:40
あげ

540 :名無しさんだよもん:2001/08/07(火) 00:59
あげ

541 :名無しさんだよもん:2001/08/07(火) 19:20
あげ

542 :名無しさんだよもん:2001/08/07(火) 23:14
あげ

543 :名無しさんだよもん:2001/08/07(火) 23:15
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Domino/2983/

544 :名無しさんだよもん:2001/08/08(水) 21:47
コソーリと結婚するなら理奈たん。意外性があって(・∀・)イイ!

545 :名無しさんだよもん:2001/08/09(木) 00:31
あげ

546 :名無しさんだよもん:2001/08/09(木) 01:37
はにぁ〜ん

547 :名無しさんだよもん:2001/08/09(木) 14:11
あげ

548 :名無しさんだよもん:2001/08/10(金) 02:33
ONE…瑞佳・七瀬
KANON…美汐
AIR…観鈴
雫…さおりん
痕…千鶴さん
TH…あかり
WA…弥生さん

549 :名無しさんだよもん:2001/08/10(金) 06:02
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=997380459 ダメだAIRのキャラに萌えん

出来ちゃった話っていいよなあ。
誰か話を膨らませてくれないかな?

550 :名無しさんだよもん:2001/08/11(土) 00:18
ドーカナ

551 :名無しさんだよもん:2001/08/11(土) 03:28
メンテ

552 : ◆MAKOp3nc:2001/08/12(日) 01:34
まこぴー推参!

553 :からあげ:2001/08/13(月) 17:39
  

554 :名無しさんだよもん:2001/08/14(火) 20:15
あぶらあげ

555 :◆MISiOtCY:2001/08/14(火) 21:01
美汐参上!

556 :名無しさんだよもん:2001/08/14(火) 22:37
真琴と結婚したい

557 :名無しさんだよもん:2001/08/14(火) 22:44
真琴の血痕…死体(;´Д`)ハァハァ

558 :名無しさんだよもん:2001/08/16(木) 02:44
メンテ

559 :電波とびまくり:2001/08/17(金) 00:13
あー、けっこんしたい。まこぴー。

真琴はきっと、ぶきっちょだろうな…。
朝ごはんは卵かけご飯とか日常茶飯事だ。
でも、真琴が傍にいてくれるから、気にならない。
いってらっしゃいのキスをせがむと、「あぅーっ」って困るだろうな。
でも、真琴はきっとしてくれるな。

で、弁当も日の丸ご飯だろうな。同僚のおかずに手だすな。
すまん、真琴。さすがにおかずなしはきつい。

帰ったら、とてとてーっと玄関まで出てきてくれるよな。
「おかえり♪」
音符つきは確実だな。
で、もう俺は我慢できねぇな。

560 :名無しさんだよもん:2001/08/17(金) 13:48
>>559
萌える・・・

561 :名無しさんだよもん:2001/08/17(金) 21:06
ウチのまこぴは仕事から家に帰ってくると
ごろ寝しながら漫画読んで肉まん食ってる。
そして「あうーおなか空いたよ〜ご飯まだ〜」って言う。
ムカーとか思いつつも、しょうがないな〜飯作ってやるか〜と世話する。
そんなダメっぷりまこぴ萌え。

もちラブラブモードも好きなんですけどねぇ。

562 :動物のお嫁さん−前:2001/08/17(金) 23:35
「ただいまー」
「あうー、祐一おかえり」
「おじゃましまーす」
「この人、誰?」
「俺の同僚。名前はまだない」
「ふーん、真琴が付けて上げようか?」
「それなら北川と付けてやってくれ。喜ぶぞ」
「うん。おまえの名前は北川だよ」
「・・・・・・」
「あがって、北川」

「・・・おい」
「なんだ?」
「犯罪だろ、あれは」
「そうかな」
「どう見ても10代前半じゃないか」
「ふっふっふ、でも俺と同い年だぞ」
「嘘だろ?」

消えてしまった真琴は数年後に別れた時の姿のままで現れた。
色々あったが結局水瀬家の養子という形で戸籍を取得。
申請した年齢はもちろん出鱈目だ。
おかげで日本一若い嫁をもらうことに成功。
しかし色々問題もある。

563 :動物のお嫁さん−後:2001/08/17(金) 23:36
がちゃーん
「わーっ、祐一」
「ありゃ、お気に入りのカップが・・」
「ごめんね、ごめんね・・」
「また買えばいいって。ほらっ、泣かない」
チュッ
「あっ・・・祐一、北川が見てる」
「おっと、そうだったな」
「今度こそお茶入れるね」
「おかまいなく(棒読み)」

「あいつは家事が苦手なんだよな」
「ならなんで結婚したんだ」
「かわいいから」
「ふん、あっちも全然駄目なんじゃないのか?」
「・・・・・・」
「なんで急に黙るんだよ」
「・・・・・・」
「何赤くなってるんだよ」
「あっちは・・・すごいぞ」
「ぐっ・・・」
(う、うらやましくなんか・・・ないもん)

564 :来栖川萌え@梓もね:2001/08/17(金) 23:38
>>559さんの電波を少し頂きました。
でも内容は北川いじめです(藁
若い嫁さん萌え!!

565 :名無しさんだよもん:2001/08/18(土) 00:14
(う、うらやましくなんか・・・ないもん)な北川に萌えまくり

566 :名無しさんだよもん:2001/08/19(日) 01:23
うらやましい・・・・・・。
うらやましいぞ祐一ッッ!!

567 :名無しさんだよもん:2001/08/19(日) 21:14
うらやましいメンテ

568 :名無しさんだよもん:2001/08/20(月) 02:27
くはぁー、けっこんしたい。美汐。

美汐たんは、絶対良妻だな。これは満場一致だな。
朝ご飯はもち和食。寝ぼけ眼でキッチンに行くと、待っているのは
ご飯に味噌汁、焼き魚におしんこ、納豆。卵に海苔。サラダその他。
朝からこんなに食えないよ、と残しそうになると目で訴えてくるタイプだな…。
(そんな酷な事はないでしょう)
…萌えつきるな。

で、弁当も豪華だな。横から取られるな。
「俺の嫁さん、料理ダメだからよー」←真琴!?
テメェ…俺のみしおたん弁当に手出すな、ボケっ!!
嫁の件も含めて、半殺しだな。
つーか、真琴も渡すか!俺と結婚しないなら独身を貫くの、真琴は。←バカ。

疲れて帰ったら、そそくさと玄関に迎えに来てくれるな。
「おかえりなさい…お疲れ様です。ご飯とお風呂、どっちが先ですか?」
エプロンの裾で、濡れた手を拭きながら、優しく聞いてくれるな。
ま、選択肢はそれ以外だけどな…(ふふっ

569 :名無しさんだよもん:2001/08/20(月) 19:14
メンテ。

570 :名無しさんだよもん:2001/08/21(火) 03:10
再びメンテ。

571 :名無しさんだよもん:2001/08/21(火) 21:23
プロジェクトエックスメンテ

572 :名無しさんだよもん:2001/08/21(火) 21:33
あげめんて

573 :名無しさんだよもん:2001/08/22(水) 02:15
志保ちゃんじゃ〜んぷ。

574 :名無しさんだよもん:2001/08/22(水) 04:23
自問自答メソテ

575 :名無しさんだよもん:2001/08/22(水) 07:47
さらにメンテ。

576 :名無しさんだよもん:2001/08/22(水) 12:21
みんなは誰と結婚したいんよ?

577 :  :2001/08/22(水) 17:05
基本的に誰とでも。

578 :         :2001/08/22(水) 17:06
基本的に誰とでも。           

579 :         :2001/08/22(水) 17:08
ぐああ、2重スマソ

580 :名無しさんだよもん:2001/08/22(水) 18:50
萌えシチュは良いよなあ…

581 :アグリッパ・メンテナー:2001/08/22(水) 20:58
萌えてしまった…
したい……けっこん……

あびゃ

582 :名無しさんだよもん:2001/08/23(木) 04:48
>>576
真琴に決まってるじゃないか。

583 :名無しさんだよもん:2001/08/23(木) 06:22
やっぱり

584 :名無しさんだよもん:2001/08/23(木) 20:08
真琴萌えあげめんて

585 :名無しさんだよもん:2001/08/24(金) 01:46
再び下げメンテ。

586 :名無しさんだよもん:2001/08/25(土) 01:45
さらにメンテです。

587 :名無しさんだよもん:2001/08/25(土) 05:11
メンテ・アゲイン。

179 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)