5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■SS投稿スレcheese3

1 :名無しさんだよもん:2001/02/16(金) 08:57
SS書きたい人、読みたい人はこちらでどうぞ。
読んだら一言感想書き込むと作者の筆も滑らかになるよ。
もちろん無言も感想のうちだけど(;´Д`)

前スレ
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=975511698
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=971692127

mio_2ch氏による回収サイト(thx!)
http://members.tripod.co.jp/mio_2ch/

【投稿のしかた】
1.テキストエディタ等でSSを書く。
2.書いたSSを30行程度で何分割かしてひとつずつsageで書き込む。
 名前の欄にタイトルを入れておくとスマート。
3.全部書き込んだら9つ短い書き込みをsageでして回す。
4.回ったら名前の欄に作者名を書きタイトルを記入して自分が
 アップしたところをリダイレクトする。>>1-2みたいな感じ。

2 :Alfo:2001/02/19(月) 07:00
新スレ移行記念、一挙二話行きます。
しばし書き込みはご遠慮ください。

…一週休む布石か?

3 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/19(月) 07:01
第十三話 彼方から、此方へ

「ナユキのやつ、遅ぇ…」
「そうですね。一体どこまでお買い物にいったんでしょうね」
 アキコさんはそう言うと、湯飲みに入ったお茶を一口啜った。
「…アキコさん、ナユキのこと信頼してるようですね」
「どうしてですか?」
「見た感じですが…あまり心配していないようにも」
「これでも、結構心配なのですよ」
 アキコさんは人形焼をつまんでそう言った。
「私の娘ですから、信頼はしてるんですけどね。それでも、少し心配です」
「そういうもんですか」
 俺も人形焼を頬張った。
「そういうものです」
 アキコさんは湯飲みをテーブルに置いた。
 結局、あの後買い物にいったナユキを商店街において、俺とカオリはミナセ家作戦本部に帰ってきたわけだが。
 ナユキは、一時間経っても帰ってこなかった。
「こりゃあ、かわいそうだがあいつは戦場(ここ)に置いていくしかないな…カオリ、ヘリを出せ」
 場を和ませるために下手な冗談を言う。
「ハインドDでいい?」
「……」
 素で返された。
 俺の心、カオリ知らず。

4 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/19(月) 07:01
「なんだったら、私なりのルートでF16とかも用意してきていいけど」
 カオリは少し笑ってそう言い返してきた。
「そのルートを教えろ」
「秘密、よ」
「けち」
「まあまあ、ユーイチさん」
 アキコさんが中に入った。
「攻撃用ヘリならうちの物置の中にいくつかありますから、自由に使っていいですよ」
 アキコさんはしれっとそう告げた。
「ま、使うときがありましたらね…」
 と言いつつ、こっそりヘリを使うシミュレーションを立ててみる俺なのだった。
 シミュレーションが遂に敵地潜入! というところまで進んだ所で、カオリが茶々を入れる。
「でも、シェルターの壁についた組織のレーダーが隙間無く監視しているはずだから、空中からの攻撃はおそらく不可能よ。撃墜されて鉄屑になるのがオチ」
「それは初耳だ」
「もともとはGHOSTを探す為のセンサーだけだったらしいんだけど、改良してレーダーも一緒になってるわ。シェルターの壁には、都合14万4千個のレーダーがついてるから、潜入するなら陸路ね。―あ、でも、ヘリを囮にするならいいかもしれない」
「やけに詳しいんだな」
「まあね。こういうことは情報が大事だから」
「その情報源を教えてくれと言っても、多分教えてくれないんだろうな」
 俺はソファーに深く体を静めながら、誰に聞かせるでもなく呟いた。
「謎の多い女だ…」
「お互い様よ」
 カオリは、どうやら笑っているらしかった。

5 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/19(月) 07:02
「そういえば」
「はい?」
「アキコさんとナユキって、親子なのに一緒にいるところをみたことないような気がするんですよね」
 そう、俺の記憶が確かならば、二人が一緒にいるところを見たことはこれまでに一度もない。
「そんなことありませんよ。ユーイチさんが覚えていないだけです」
「いえ、でも俺には…」
「ユーイチさんは覚えています」
 アキコさんは俺の目の前に手をかざす。
 すると急に視界が水の向こうに見える風景のように歪み始めた。
「おぼえていーる、おぼえていーる…」
「あ…、う…」
「そうですよね、ユーイチさん?」
 ……。
 ……。
 なんだか、急にそんな気がしてきた。
「今朝だって、一緒に朝ご飯食べていたじゃないですか」
「…えーと」
「ほら、思い出しました?」
「…あ」
 確かに、今朝はナユキとアキコさんと一緒に朝食を囲んだ…気がする。
「おかしいな、そんなに俺の記憶って不確かだったっけ…」
「少し疲れているんじゃないですか? ここの所ずっと何かを警戒しているようでしたし」
「うーん、そうかもしれませんね…」
 なぜか強引に理由をつけられた気がしないでもないが、とりあえず俺は納得した。

6 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/19(月) 07:03
「ナユキ、とんでもなく遅いですね」
「これは何かあったと考えるべきなのかしら? 普通の商店なら、もう店じまいの時間よ」
 カオリはちらりと時計を見る。
「この国は、店じまいが早いんだな」
「多分、ここの夜は何処よりも早く訪れるからよ。そして、ここの夜は何処よりも暗い」
「妙に格好つけるな」
「事実を言ったまでよ。アイザワ君」
「……」
「……」
「言われてみればアユも遅い…」
「私は何も言ってないわよ?」
「いや、今のは確かにお前の声だ。お前の心の声が俺に届いた」
「…私はテレパシストじゃないわ」
 カオリはジト目でこちらを睨んだ。
「聞こえたものはしょうがない。ということで、これからは俺に言いたいことがあればなんだって心の中で呟いていいぞ」
「あきれた…」
 カオリの見せた表情は言葉どおりのものだった。

7 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/19(月) 07:03
「あ、そのことでしたら大佐さんからお話は伺っています」
「大佐はなんと?」
「アユちゃんはこれから私たちと別行動になるそうですよ。なんでも、守護役と攻撃役が一緒にいるのはまずいだろうって」
「…そうですか」
 言われてみれば確かにそうだ。
 ただ、そうならそうと、あのときに言ってくれればアユに妙な気を遣わずにすんだものを。
「…それは少し失礼だと思うわ」
「なにっ? まさか、お前やっぱりテレパシストなのか?」
「自分で独り言を言っておいて何を言うのよ」
「え?」
「さっきから聞いてると、下手な冗談だとか、シミュレーションがどうだとか、アユに妙な気を遣わずにすんだとか」
「…そうなのか?」
「その、自分が考えることをいちいち口に出す癖、直した方がいいわよ」
「アキコさんは知ってたんですか?」
「便利でしたから今までずっとほっときました」
 マジらしい。

8 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/19(月) 07:03
ただいま〜」
 玄関の方から力無い声がする。
「あら、ナユキが帰ってきたようですね」
 俺はその声に反応して玄関のナユキを出迎えた。
「おかえり。ずいぶん遅かったんだな。何してたんだ?」
 言ってみてその台詞が何処となくその辺の頑固な父親臭いなーと考えて、少し恥ずかしくなった。
「なんだか、すごく疲れたよ…」
「まあ、この時間まで出歩いてるんだからな」
「くー」
「玄関で両手に荷物を下げたまま立ち寝するなっ」
「じゃあ、荷物降ろす…」
「玄関で立ち寝するなっ」
 ばたん。
「くー」
「玄関で寝るなっ!」
 だめだ。
 ナユキお得意の半レム睡眠モードになっている。
 こうなったが最後、ナユキにまともな社会生活をさせることはできまい。
「ユーイチ、なんかすごく失礼なこと言ってる…」
 よく見るとナユキに見えないでもない青い放射状の物体は、それでも、自分のことに対する感覚はしっかりしていた。

9 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/19(月) 07:04
「ユーイチさん、すいませんがナユキを部屋まで連れて行って寝かせてあげてくれませんか」
「え、でもこれから話があるんじゃ」
「ナユキには明日私のほうから話しておきますから、お願いします」
「わかりました」
 腰をおろし、ナユキの肩を自分の肩に乗せる。
 ナユキの長い髪が、ばさっと頬にかかった。
「ほら、ナユキ。自分でも動け」
「ん〜…」
「結構お前重いんだからな」
「わたし、そんなに重くない…」
「だったらはよ動け」
 ゆっくり、ゆっくりとナユキの足が交互に動く。
 そのおぼつかない足取りで、ミナセ家の階段を上っていく。
 どうやら、本当に疲れているらしかった。

10 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/19(月) 07:04
「ナユキ…」
「…なに…」
「今まで一体何してたんだ?」
 ナユキの眠ろうとする意識を阻害しないように、小さな声で囁く。
「閉店直前謝恩特別大売出しセール・ファイナルリミックス…」
「それでこんなに遅くなったのか」
「……」
「……」
「…ファイナルリミックス?」
「……」
「…ナユキ?」
「…すー」
 返事は無かった。
 かわりに、穏やかで規則正しい寝息が耳をくすぐる。
 もう眠ってしまったようだ。
 俺はナユキの足が段差にぶつからないように、少し抱え挙げた。
 さっきはああ言ったけど、実はナユキの身体はかなり軽い。
 別にナユキが動かなくても、俺だけの力で十分に上ることができる。
「今度は、そうしてやるか…」
 起こさないように、聞こえないように、俺はそう密かに宣言した。

11 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/19(月) 07:05
 ナユキの部屋のドアをゆっくりと開ける。
 目覚し時計に囲まれた、いつもどおりのナユキの部屋。
 そこに、主であるナユキが帰ってくる。
 それまでざわめいていた時計たちが、それに気づいて静かに部屋の中に落ちついた…ように見えた。
 部屋の真ん中にあるベッドに、眠り姫のナユキを横たえる。
 その穏やかな寝顔に、戦いの使命がある少女の面影は無い。
 今はただ、眠りの世界に。
 開いたままのドアから外に出ようとすると、ナユキの寝言が夜風に乗って聞こえてきた。
「窓、開きっぱなしだったかな」
 確認のため、もう一度部屋の中に入る。
 窓枠を見ると、そこにはかすかに隙間が開いていた。その隙間から風が吹いてきたらしい。
「う…ん」
 窓の鍵を閉める俺の横で、ナユキが寝返りを打った。
 ナユキの身体はちょうど俺のほうを向く。
 悲しい夢でも見ているのだろうか、ナユキは顔をしかめていた。
 とは言っても、よく見ないとわからないほどの小さな歪みなのだが。

12 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/19(月) 07:05
「……」
 黙ってナユキの毛布をかけなおす。
「…おかあ、さん…」
 どうやら、ナユキはその怖い夢の中でもお母さんと一緒のようだ。
 それなら、きっと大丈夫だな。
 俺は安心してもう一度部屋を出ようとした。
「お母さん…どこ…?」
「え…」
「どこ…どこにいるの…」
「…ナユキ…」
 少し、心配になった。
 けど、俺にはこうやって傍観することしかできない。
 どんなに頑張っても、ナユキの夢の中に入ることはできないのだから。
「おかあさん…」

 ―その時、ナユキの目からこぼれた涙の意味を、俺は知らなかった…。

13 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/19(月) 07:06
第十四話 探索・前編

 ナユキを部屋に寝かしつけ、俺は一階の居間に戻ってきた。
「ご苦労様でした」
 それをアキコさんが出迎える。
「では、そろそろお話しましょうか。これからの予定を」
 おそらく少し物騒な話が始まろうというのに、アキコさんの表情は今までのものとあまり変わっていない。
 こういう事には慣れているのだろうか。

 アキコさんに案内されて奥のソファーに腰掛ける。
 隣にはカオリ、正面にアキコさんといった格好になった。
「それでは、これからの作戦の概要をお話します」
 アキコさんは模造紙大の地図をガラステーブルの上に広げた。
「これは…」
「この町の地図ね。それも、かなり正確な」
「なぜ正確だって事が?」
「…私の記憶と矛盾しないから」
「へぇ」
「ほら、ここの通りなんてきっちり15.75メートルよ。道幅にも全くの誤差が無い」
「んなこと言われてもわかんねえよ」
 他にも感心すべき所はあるのか、カオリは何度も頷く仕草をしていた。

14 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/19(月) 07:07
「――現時点でこちらが手に入れている情報ですが」
「はい」
 アキコさんの指がある地点を示す。
「まずこの地点。ここが本拠地といわないまでも重要なポイントであると思われます。ですから、ここの壊滅は余裕があれば、ということになりますね」
「余裕、無いんですか」
「ありません」
「…笑顔で言われても困ります」
 アキコさんの指が地図上を滑っていく。
「結論から言うと、この施設を壊滅に追い込んでくれれば、それですむことですね」
「え!」
 この建物は、もしや…。
「そのとおりよ、アイザワ君」
「カオリ…」
「私たちは今まで、ずっとその極めて近い所で日常生活を送っていたことになるわ」
「…なんてことだ…」
 アキコさんが示した箇所には、俺達の学校が存在していた。

15 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/19(月) 07:07
「頭を潰せば大抵の生物は死に至ります。組織というものに生物の論理が通用するかどうかはわかりませんが、少なくとも大打撃を与えることができるでしょう」
「でも、ここは一般市民がそれこそ数限りなく出入りする場所ですよ」
「そうですね。組織がこの場所を選んだのは、だからこそ、なのかも知れません」
「衆人環視という状況で、いわば不在証明(アリバイ)を手に入れ、目を外部にそらす…か」
 それにしてはリスクが高すぎる。
 おそらく、それ以上の理由が隠されているのだろう。
「…組織はその殆どが夜に動くわ。その理由は今まで知らなかったけど、こんな所にあったんじゃあ当然ね…」
「カオリ、それも例のソースからの情報か?」
「いえ、実体験よ」
「……」
 カオリの言う実体験が、どれほどの物であるのかは知りようが無い。
 ただ、それが『極めて信頼に値する情報である』事は間違いないようだ。
 その理由は、これまでにもうすうす感じていたものだが。
 今ここで言っても、意味の無いことだろう。
 そしておそらく、アキコさんもそのことはわかっているはずだ。
 承知の上なのだ。全て。
「そして、まずあなた方にしてもらう行動は―もうおわかりだと思いますが―この地点における施設の入り口の発見です」
「なるほど…」
 そこまではアキコさんの情報網を持ってしても掴めなかったわけか。
「明日より作戦行動を開始してもらいます。向こう三日以内に入り口を発見すること」
「急ぎますね」
「三日もあれば十分よ」
 カオリは自身ありげにそう言った。

16 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/19(月) 07:08
「なお、お決まりの台詞ですが、君、もしくは君の仲間が組織に発見、拘束されて不当な扱いを受けたとしても、私たちは一切感知しませんので。悪しからず」
「…殆どスパイ映画の世界だな」
「こういっちゃ不謹慎だけど、ちょっとワクワクするわね」
 全くもう、これから命をかけた潜入なのになんて緊張感が無いんだこいつは。
「確かにな。スニーク・ミッション(潜入作戦)は久しぶりだから腕が鳴るぜ」
 …俺もな。
「では、今夜はゆっくり休んで、明日からの活動に支障が出ないようにしてくださいね」
「わかりました」
「ミサカさんは、二階にある空き部屋を使ってください」
「私は、別にソファーでも構わないんですが…」
「いいんですよ。部屋は使ってもらうためにあるのですから」
「では、お言葉に甘えます」
「それでは、今夜は解散します。ゆっくり休んでくださいね」

17 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/19(月) 07:08
 カオリが二階に消えたのを見計らって、アキコさんに話し掛ける。
「はい、なんでしょう?」
 どうしても、作戦に入る前に、一つ聞いておかなければならないことがある。
「いつだったか、夜の校舎の中にいたマイ・カワスミという戦士…ご存知ですね」
「ええ」
 予想に反して、アキコさんはすんなり答えた。
「アキコさんは知っていたんですか?」
「何を、でしょう」
「学校が敵の本拠地であることを」
「おそらくは、とは思っていました」
「では、彼女が夜間に校舎の中にいることは」
「調査のためです。もっとも、入り口を探してもらっていたわけではありませんが」
 アキコさんは頬に手を当てると、ふう、とため息をついた。
「なんだか尋問されているみたいですね」
「そんなことありませんよ、ただ、作戦の遂行に必要だと思われる情報を訊ねているだけです」
「ご質問は他にもありますか?」
「彼女、マイは今夜も…?」
「はい。中止命令が出るまでは」
「そうですか…」
 俺は椅子から立ち上がり、部屋を後にする。
「質問はもうおしまいですか?」
「はい。後は明日、本人に直接会って訊きます」
 そう。
 あの夜、彼女はあの学校の制服を着ていた。
 リボンの色から判断すると、おそらく上級生に当たる人だろう。
「そうですか」

18 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/19(月) 07:09
「一つ言い忘れていましたが」
「なんですか?」
「彼女は攻撃担当になりました。それが、おそらく中止命令となるでしょう」
「……」
「明日、正式に通達が伝わるはずです」
「……」
 俺はもう階段を上り始めていた。
 少し、軋んだ。

19 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/19(月) 07:09
 俺は暗い部屋のベッドに横になり、今までの事を整理することにした。
 駅前でのナユキとの邂逅。
 この町の秘密。
 いびつな学校生活の始まり。
 カオリの不可解な力。
 謎の多い二人の戦士。
 とある密輸組織の壊滅。
 アユ。
 『核となる幽霊』作戦。
 明瞭でない記憶。
 倉庫。
 学校の正体。
 そして…今この闇の中に至る。
 順番に思い返してみると、そこに何か大きな力が働いて、自分はそれに流されているような気がしてくる。
 こんな感覚は初めてじゃない。
 いや、よくあるものだと言ってしまえばそうなのかもしれない。
 誰かに命令されて、その通りに任務をこなしていく生活。
 自分の意志とは全く無関係に何かが裏で進行している。
 それは俺にとってけして珍しいことではない。
 ただ、今回は…。

20 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/19(月) 07:09
「あまりに大きすぎるものが、そこにいるような気がしてならない…」
 俺が漠然と感じている不安はそういうものだろうか。
 それとも、ただの考えすぎなのだろうか。
「どちらにしろ…」
 暗闇の中に手を突き出す。
 照明も、月や星の光も無い部屋の中では、目の前にあるはずの腕すら輪郭がはっきりしない。
 …果たして、そこに指はあるのだろうか。
 俺は何度も手を握ったり、顔に触れたりしてその感触を確かめた。
「確かなものはこの体が感じ取るものだけ、か…」
 わかりきったことを呟くと、いくぶん気が楽になったようだ。
 目を瞑り、息を止め、眠る。
 眠りが体の輪郭を曖昧にする。
 体が夢の世界の中に融けていき、安息の世界に包まれていく…。

 そこで、俺は誰かの夢を見た。
 一体誰なのだろう。
 確かめようとすると、それは光のようなものとなり、幽霊のように消えていった。
 その最後の瞬間に、幽霊は何かを呟いたようだ。
 俺には、聞き取ることができなかった。

21 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/19(月) 07:10
 翌日。
 厚い雲の隙間から僅かな太陽光が射す教室の中。
 俺とカオリ、おまけにキタガワが一人。
 今はただ、何をするでもなく…。
「これで、チェックメイト」
 一体のナイトが敵のクイーンを射程圏内に入れる。
 唯一の味方であるポーンは戦域外で弱弱しく立ち尽くす。
 既にクイーンに生き残る道はなかった。
「ぐおおっ! お、俺のシシリアン・ディフェンスがここまでにも完膚なく!」
「キタガワ、カオリ相手にそれは無謀だ。大技だろうがそれは」
「強力な戦法も、軍師の腕によってはまるで逆効果になるのよ。覚えておくのね」
 カオリはそうクールに言い放つと、席を立った。
 …交代の時間か。
「カオリ、チェス強いんだね。盤面からでもわかるよ」
 入れ替わりのようにナユキが入ってくる。
 時間どおりだ。
「というか、キタガワが弱いんだな」
「うるせえ」
 キタガワは、恨めしそうに俺を睨みつける。
「これで、キタガワは五戦連敗、だな」
「くそー…、どうせ今日は暇だからってチェスを持ってきたのが裏目に出ちまった」
 なぜかは知らないが、今日は大抵の授業が休講になっているのだ。
 アキコさんが裏に手を回した…のかどうかは定かではないが。
 ともかく、絶好のチャンス。
「俺は二日、カオリは三日分の昼食代が浮いたって訳だ」
「じゃ、私もやろうかなー」
「せめてナユキには勝って、おれの負担を少しでも軽くしてやる」
「程々にしてやれよ、ナユキ」
 そう言って、俺もこの場から離れる用意をする。
 あくまで自然に、見咎められないように…。

『ユーイチが自由になれる時間を稼いで欲しいの?』
『ああ。例の事とは別件だが、どうしても確かめておかなきゃならないことがあるんだ』
『わかったよ。じゃ、10分だけ。それ以上は、多分クラスのみんなにも怪しまれると思う』
『10分か…。それだけあれば十分だと思う』
『無理はしないでね、ユーイチ』

22 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/19(月) 07:11
 ナユキのポーンが一歩前に進む。
 それに応対するようにキタガワが駒を掴む…と、その時。
「あ、ごめん。電話だ」
 着信に気づいたナユキは、ポケットから例の携帯電話を取り出すと、窓際に移動し、口元を抑えて通話をはじめた。
 たぶん、アキコさんからだろう。
「む〜〜〜〜…」
 キタガワは真剣にボードとにらめっこをしていた。
「キタガワ、こういうときにイカサマはだめだぞ」
「まだ駒が3つしか動いてないのにそんなことできるかい」
 返事も適当にキタガワはにらめっこを再開した。
(笑うと負けよ、あっぷっぷ…)
 笑えなかった。
 俺が自分のギャグの寒さ加減に一人震えていると、ナユキが戻ってきた。
「よかった。俺は一人で凍死してしまうところだったぞ」
「何のことかわからないけど…、とりあえず、待たせてごめんね、キタガワ君」
「こっちとしてもなかなか有意義な時間だった…と、ミナセさん、その携帯は?」
「これ?」
「見たことない機種だな〜。ちょっと見せてもらってもいい?」
「いいよ」
 ナユキは、キタガワに携帯電話を手渡す。
「お母さんの特注品なの。だから、世界にたった一つ」
「へぇ…」
 キタガワはしげしげとそれを見つめる。
「っと、こんなことをしてる場合じゃなかった。俺の次の一手は…こうだっ、と」
 そう言えば、俺もこんなことをしている場合じゃなかった。
 あまり人の目に付かないように教室を抜け出す。
 彼女…マイに会うために。

23 :現在回転中:2001/02/19(月) 07:12
では、回します。

24 :現在回転中:2001/02/19(月) 07:12
くるくるー。

25 :現在回転中:2001/02/19(月) 07:13
…コピペミスを一箇所発見しました。

26 :現在回転中:2001/02/19(月) 07:13
どうか、”「”を

27 :現在回転中:2001/02/19(月) 07:14
脳内補完してやってください。

28 :現在回転中:2001/02/19(月) 07:14
他のミスは

29 :現在回転中:2001/02/19(月) 07:15
すべて

30 :現在回転中:2001/02/19(月) 07:15
俺の失態にてございます。

31 :現在回転中:2001/02/19(月) 07:16
最後の一回し。

32 :Alfo:2001/02/19(月) 07:18
Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜
>>3-12
第十三話 彼方から、此方へ
>>13-22
第十四話 探索・前編

マイペースにやっております。

33 :くりおね:2001/02/20(火) 00:33
こちらでも…
3月のサンクリに2chの有志で出す同人誌の中の、
鍵本にSSを転載させてくださる方はいらっしゃらないでしょうか?
載せてもOKです、という方は clione@post.tok2.com まで
・SSを書き込んだスレッド及びレス番を書いてメール
・SSのテキスト全文をテキストファイルにしてメールに添付(できればこちらで)
のどちらかで僕にお知らせください。
ページがある限り、出来るだけ載せさせてもらうつもりですので
よろしくお願いしますね。

34 :名無しさんだよもん:2001/02/20(火) 09:43
>>33
むほっ!? そんなの出すんだ。
取り敢えずサークル名を教えてよ。

35 :好き!好き!まこ好き!:2001/02/20(火) 11:04
「…あなただけは許さないんだから」

確かに彼女はそう言った。
夕日に燃え、赤く染まった商店街で。

『あなただけは許さないんだから』
反芻する。
わずかな言葉に秘められた思いを胸に潜めながら。
彼女の思いは………

ベランダの柵に肘をかけ、身が吸い込まれそうな空に、
凛として輝く星を見つめる。

数年前………
彼女も、きっとこの空を見つめていたはずだ。
身が引きちぎられそうな程に痛く、冷たい風と、
地に足をつけているのかさえわからなくなるような闇に耐えながら。
「あなただけは許さないんだから」
決して昇華されることの無い想いを、小さな胸に抱きながら。

36 :好き!好き!まこ好き!:2001/02/20(火) 11:05
「さむいよぅ………」
突然の声に肩を震わせる。
振り向くと、声の主は真琴だった。
「わりぃ、窓開けっ放しだったな」
ベランダに出るとき、ついつい、窓を閉めるのを忘れていたのだ。
「うん………」
目を指で擦らせながら真琴が応える。
そそくさと窓を閉め、部屋に入る。
そして、やわらかな空気に包まれた部屋に、
鋭利な刃物の様に冷たくなった身体を馴染ませる。
「あったかいな……」
身体の外側からゆっくりと伝わる空気は、羊水の様に心地よかった。

「あぅ………」
身体が冷えたせいか、真琴が立ったまま俺に体を預けてきた。
「おっと」
包み込むように優しく支える。
真琴の髪のやわらかい、春の草原のような香りを感じる。
「寝るか」
「うん………」
無意識か、蚊のように細く答える。

37 :好き!好き!まこ好き!:2001/02/20(火) 11:06
時々、真琴の存在が消えいるような感覚に襲われる。
真琴が近くに居れば居るほど、その感覚は強くなっていく。

「真琴?」
肩越しに、呟くように言う。
真琴は規則的に寝息をたてていた。
身を返し、真琴の指を自分の指と絡める。
真琴の指は細く、長かった。
真琴の寝顔を見つめる。
真琴は幸せそうな表情で口から涎を垂らしていた。
「汚い奴だな………、まさか肉まん食ってる夢見てんじゃないか?」
真琴の涎を裾で拭きながら、呆れたように言う。
「あうーっ、もうお腹いっぱいなのにまだこんなに肉まん残ってる。
どうしよう………」
「ははは………お前って奴は」
苦笑する。

肉まんは逃げないし、誰も盗らない。
余ったらラップに包んで保存すればいい、食べたくなったら蒸し器にかければいい。
蒸し器のかけ方がわからなかったら俺に聴けばいい、お前がわかるまで俺は教える。
「………………」
(何処にも行かないで、ずっと俺の側にいてくれ)
そう心の中で言った後、真琴の手を強く握りしめる。

38 :好き!好き!まこ好き!:2001/02/20(火) 11:08
「祐一! ゆういちぃ〜〜〜〜〜!」
階段を蹴りながら俺の名を呼ぶ奴がいる、真琴だ。
「はぁっ………」
ため息をつく。
どんな良いことがあったか知らないが、こいつの傍若無人ぶりには、ほとほと呆れる。
落ち着いて本を読むことすらできない。
「おい真琴! 少しは静かにしろ!」
ドアの隙間から首だけ出して言う。

ゴロゴロゴロゴロゴロコロゴロゴロ〜〜〜!!!
「あう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!」
真琴が足を踏み外した。
「はぁっ………」
頭を掻きながらため息をつく、二度目だ。

「急いで階段のぼるからだぞ」
咎めるように言う。
真琴は踝の辺りをさすりながら、頬に涙を伝わせていた。
「あうーっ、うっ、ひっ、えぐっ」
近くに寄ると鼻まで垂らしているのがわかる。
「まってろ、今湿布持ってくるから」
「うん…」

39 :好き!好き!まこ好き!:2001/02/20(火) 11:11
「むーん………」
腕を組み、唸る。
キバっている訳ではない、湿布が見つからないのだ。救急箱すら見あたらない。
腕を組んだまま、顔だけ振り返る。
まるで空き巣に入られたかのように居間は散らかっていた。
「むーん………」
眉間に指を立て、唸る。
何度も言うが、決してキバっている訳ではない、湿布が見つからないのだ。
「はぁ〜〜〜っ」
深いため息をつく、深さの度合いを入れないと、今日三度目だ。
こんな時に限って、秋子さんと名雪は外出していた
「祐一〜〜〜」
仕方がないのでボオルに氷と水を入れ、代用する事にする。

「あうっ!」
ボオルに足を浸した真琴が、眉をひそめながら叫ぶ。
「うるさい!」
俺は真琴にデコピンを喰らわす。
「いたっ! だって、冷たいんだもん………仕方ないよぅ」
「自業自得だ、それくらい我慢しろ」
「あうーっ」

真琴が足を冷やしている間、本の続きを読むことにする。
本来なら自室でコーヒーでも飲みながら、のんびり読んでいたのだが、
真琴のおかげで、居間で読むことになってしまった。
でもまぁ、真琴はその後はおとなしく足を冷やしていたし、外も、たまに子供が
はしゃいでいる声と、郵便配達のバイクのエンジン音くらいだったので、
本を読む環境には悪くはなかった。
それに子供達が駆ける音は、自分が今、平和の中に居ることが認識できて、
尚更悪くないと思えた。

しばらくは、俺がページをめくる音だけが部屋に響いた。

40 :好き!好き!まこ好き!:2001/02/20(火) 11:12
「祐一、もういいでしょ?」
真琴が俺の肩に手を掛け、耳元で囁いた。
「うん?」
反射的に真琴の方を向いて言う。
しかし真琴の方を向いたのはまずかった。
たとえ、本を読むのに熱中していたとしても。
なぜなら真琴の顔が俺の目の前にあったからだ。
「いいの?わるいの?」
真琴の息が鼻にかかる、甘い匂いに思わず唾を飲む。
「ねぇ?どっち?祐一」
「え?あぁ、うん」
真琴の髪の香り、息づかい、そして鼓動。
「ねぇ?」
俺の高まる動悸とは裏腹に、室内は静まりかえっていた。
外では子供達の甲高い声。
「………」
「………」
テーブルの上には氷だけのグラス、今まで保っていた微妙なバランスが
熱によって崩れ、音を立てた。
「真琴」
俺はしおりを挟まずに本を投げ捨てた。

41 :コウチマン.com:2001/02/20(火) 11:40
>>35-40
真琴SS前編。
あと前回、スレ違いでご迷惑をおかけしました。すんまんせん。

42 :名無しさんだよもん:2001/02/20(火) 15:37
エロか?エロか?エロなのか?

43 :好き!好き!まこ好き!:2001/02/21(水) 21:48
「わっ」
俺は左腕を真琴の細い腰に回し、引き寄せた。
そして、真琴の乾いた唇に俺の唇を勢いよく重ねる。
「ん〜〜! ん〜〜!」
乾いた唇に舌をなぞらせ、その後下唇を甘かみする。
唇に舌を挿入し、歯茎、歯の裏側を詰るように伝わせる。
舌を入れた途端真琴はおとなしくなり、俺の空いた右手を、自分の左手と
絡ませる。真琴の手は僅かに震えていた。

真琴と唇を交わすのはこれでかなりの回数になるのだが、
他人の中というのは不思議で、飽きることはなかった。

鼻息を荒め、唾液を垂らし、鰻のように互いの舌を模索し、確かめ合った。

グラスとボオルの氷はすでに溶け、細やかな波を立てていた。

44 :好き!好き!まこ好き!:2001/02/21(水) 21:49
セーターの上に曲線を描く、僅かな膨らみを、なめるように左手で回す。
「あぅ」
右手を内股に滑らせながら、真琴の秘所を探る。真琴のブァギナは
ほんのりと熱を持ち、濡れていた。
左手をセーターの中に侵入させ、小指と薬指で白のブラウスをたくし上げ、親指で
尖りの部分を弾く。
「ん…」
真琴が両膝で俺の脇を締め付ける。
「真琴、いいか?」
「うん…」
言葉をくぐもらせ、頭を垂れる。

真琴の上着を脱がせ、胸を外気に晒す。
真琴のショーツに指を掛け、ぎこちなく脱がす。
スカートはそのままだ。
真琴を抱き上げ、怒張したペニスを真琴のブァギナにあてがう。
真琴の小さな膣内に挿入するのは困難で、時間が掛かった。

45 :好き!好き!まこ好き!:2001/02/21(水) 21:50
「んっ! ん!」
真琴が、俺の首に掛ける腕の力を強める。
まず馴染ませるようにゆっくりと腰を振る。
俺と真琴の息づかい、結合部分から漏れる卑猥な音だけが、
静まりかえった部屋に伝わる。
「ふっ、うっ」
「あ、んっ」
なぜだか、腰を振るたびに真琴と離れていくような気がする。
こんなにも近くにいるのに。

長いこと繋がっていられるように腰の動きを緩慢にしていたが
限界に近づいていた。
「真琴!」
腰の動きをキツツキのように早め、突き上げるように振る。
「あうーっ!」
「ま、真琴!」

46 :すきまこ:2001/02/21(水) 21:50
果てた後も俺達は繋がったままだった。
俺は真琴を求め、抱きしめる。
真琴も応え、俺を抱きしめる。
離れることの無いように強く、強く。
「ゆういち… いたい」
「………」
それでも俺は抱きしめた。
俺の心中を察したのか、真琴も何も言わず、俺に身体を預ける。

暖かい陽光がカーテンの隙間を縫って差し込んでくる、
眠気を誘うには充分だった。

47 :すきまこおまけ:2001/02/21(水) 21:51
「ただいまー、晩ご飯、祐一の好きなカレーだよ」
「名雪、これ冷蔵庫にお願いね。」
「うん」
娘は軽い足取りで床を叩き、居間へと向かう。
母も後を追う。こちらの足音は落ち着いている。
「わ、凄いことになってるよ」
「あらあら、仲いいわね」
居間の惨状に対して、親子の反応は違っていた。
娘は居間の散らかりように。
母はソファーの上で重なるように眠っている子達に。

「するめの臭いがする、イカ焼いて食べたのかな?」
鼻をくんくんいわせ娘が母に尋ねる。
「………」
「お母さん?」

48 :名無しさんだよもん:2001/02/21(水) 21:52
l

49 :名無しさんだよもん:2001/02/21(水) 21:52
k

50 :名無しさんだよもん:2001/02/21(水) 21:53
l

51 :名無しさんだよもん:2001/02/21(水) 21:53
;

52 :名無しさんだよもん:2001/02/21(水) 21:53
u

53 :名無しさんだよもん:2001/02/21(水) 21:53
f

54 :名無しさんだよもん:2001/02/21(水) 21:54
k

55 :名無しさんだよもん:2001/02/21(水) 21:54
n

56 :名無しさんだよもん:2001/02/21(水) 21:54
k

57 :名無しさんだよもん:2001/02/22(木) 00:14
いや、良かったっすよ。
とりあえずageときますね。

58 :名無しさんだよもん:2001/02/22(木) 02:15
>>43-47
真琴SS後編
前編は
>>35-40


59 :名無しさんだよもん:2001/02/23(金) 13:19
秋子さんが沈黙しているのは、後に訪れる修羅場への複線かな?

60 :超ど急:2001/02/23(金) 13:26
あゆ 「おらおらおらおらおらおらおらおら」
いたる「あんあんあんあんあんあんあんあん」
あゆ 「よくも変な顔にしたな! おらおらおらおら」
いたる「あん、もっと激しく・・・」
あゆ 「うぐぅ!」
いたる「・・・・・・ちっ、早漏が」

61 :Alfo:2001/02/25(日) 06:54
今週も行きまーす。
…なんか最近俺ばっかの気が。

62 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/25(日) 06:54
第十五話 探索・中編

「まいったな…」
 俺は迷っていた。
 しかも、これで都合二度目だ。
「ぐお…、バカバカバカ俺のバカ…」
 おのれの愚かさ加減に、ちょっと腹が立ってしまう。
「はあ…」
 ため息をつく。
 そんなことをしても、廊下の距離が縮むわけではない。
 現実は冷酷だった。
「今度こそは白骨化してしまうかも知れん…」
 延々と伸びる廊下。
 真っ白な壁。
 反響する足音。
「それは、ちょっとした絶望感を煽るには絶好のロケーションだった」
「……」
「あまりに長い廊下、あまりに広い校舎。そして、その最深部から迫る謎の美少女!」
「……」
「果たして、ユーイチ・アイザワの運命やいかに? 次回! オペレーション・ゴースト第十…」
「…反応して」
「のわっ!」
 目の前に美少女がいた。
「なんだ、マイか…」
「人を呼び出しておいて、なんだ、はご挨拶」
「これは俺の故郷の伝統的挨拶なんだ」
「……」
「……」
 ひゅおおおおおお〜ん。
 風が吹いた。
 隙間風だった。
(寒い…)
 俺は心が寒さに震えているのを感じた。

63 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/25(日) 06:55
「それで」
「?」
「…何の用」
「あ、ああ。そうだったな…」
 そして俺は、ある一つの重要な質問をぶつけた。
「お前はあの夜一体何をしていたんだ?」
「言えない」
 マイはそっけなく返した。
 俺の重要な質問は、そのたった二言で終了してしまった。
 …ある程度までは予測できたことでもあるんだが。
「それ以上追求しても、おそらく何も言わないんだろうな、お前は」
「…私からも話がある」
 予想外の言葉。
「一体、何だ」
「あの夜…」
「……」
 マイはそこで言葉を区切ると、俺の目を見つめながら質問した。
 まるで俺の真意を量るかのように。
 その冷たい瞳に少し気後れしてしまった。
「あの夜、私のところにきたのは偶然?」
「あ、ああ。仲間がこの学校に忘れ物をしたというから、俺が取りに来たんだ」
「その仲間は」
「ナユキだ。直接あったことは無いだろうが」
「そう…」
 マイはふっ、と視線をそらすと、そのまま背を向けた。
 冷たい視線からの開放感を感じるのもつかの間、マイはこの場から立ち去ろうとする。

64 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/25(日) 06:55
 そのまま逃がさないように、俺は追加の質問を浴びせた。
「おまえも、確か攻撃班のメンバーだったな?」
「……」
「また、会う機会はあるか?」
「……」
「いや、お前、かなり頼りになるからな。あの時だってそうだったし」
 なぜか言い訳のようなものをする自分がそこにいる。
 …引き止めたかったのだろうか。
「…運が悪ければ、会うことになると思う」
「マイ…」
「じゃ」
 彼女は片手を挙げて挨拶した。
 それっきり、こちらの言葉には反応しない。

 それは他者を締め出すために自らが閉じこもった檻のようなものだったのだろうか。
 このときに感じた妙な疎外感は。
 近寄りがたい禁忌は。
 あるいは、運命の流れと言うべきものだったのだろうか。
 彼女はそれに流されるように俺から離れていった。
 俺は背中を追うことができず、ただ去り行く姿に背を向けて、元の場所に向かうことしかできなかった。

 どうやらそれ以後の俺は運が良かったらしい。
 二度と会うことは無かった。

65 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/25(日) 06:56
「おかえり、ユーイチ」
 教室に戻った俺を迎えたのは、笑顔のナユキだった。
「おお、ただいま」
 俺も、最近すっかり上手くなった作り笑いで返す。
 意外とばれないから便利だ。
「で、どうだったんだ、首尾は」
 にっこりVサインを示す。
「私の快勝だよ!」
 盤面を見ると、その言葉にどうやら嘘は無かったようだ。
 その向こうに、燃え尽きて真っ白になったキタガワが椅子に座ったまま呆けたように中空を見つめている。
「あ、ははは、爆ぜる緑の小人さん…」
 かなり参っているらしい。
「これで、キタガワは六戦全敗って訳か」
 自分の席に座りながらナユキに話し掛ける。
「違うよ、ユーイチ」
 前後不覚のキタガワの代わりにナユキが答えた。
「七戦全敗だよ、キタガワ君」
 …奴は一週間分の食費を失ってしまったらしい。
「かわいそうに…安らかに眠れよ」
 俺はキタガワの冥福を祈った。
「……」
 反論すらできないようだ。

66 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/25(日) 06:56
 昼休み。
「それで、これからのことなんだけど」
 俺たちは裏庭に集まって会議を行っていた。
「なんだってこんな所で立ち話しなきゃならないんだ」
「人気はここが一番少ないわ。寒いから」
「寒いのが問題なんだよ」
「ちょっとぐらい平気だよ、ユーイチ」
 ちょっとじゃないんだってば。
「?」
 言っても理解してはくれないだろう。
「…聞いてくれるかしら」
「おお、とことんまで聞いてやるぞ」
「私も地獄の果てまで聞くよ〜」
「…はぁ」
「どうしたのカオリ、ため息なんてついて」
「心配してくれてありがとうね…」
「ナユキ、どうやらこのため息はお前に原因があるようだぞ」
「え? え? 私?」
「そうだ。お前のだらしないのがカオリに伝染ったんだ」
「違うわよ…」
 カオリは気だるく否定した。
「どちらかと言うと影響されてるのはアイザワ君よ…。ともかく、これからの予定を立てないと」
 真顔に戻ったカオリが気丈な視線を向けた。
 冗談はご遠慮願いたいモードらしい。
 俺もそれなりの心構えで会議に参加することにした。

67 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/25(日) 06:57
「基本はサーチ・アンド・デストロイでいいと思うんだけど、何か異論は?」
「ちょっと待て、校舎内でサーチはいいがデストロイってのはなんだ? 物騒だぞ」
「つまり、敵は発見次第無力化する、そういうことよ」
「この校舎の中に敵がいるって事?」
「そう。いくらなんでも入り口の前に見張り役の一人や二人いると思うわ」
「もっともな話だな」
 うんうんと頷く。
「で、これまでの調査で各々わかったことを話してくれ」
 この辺りで情報を整理しておくのもいいだろう。
「まず俺からだが…」

「なるほど、結局、廊下や普通教室、職員室にはそれらしいものは無かったって事か」
「その他は全く何もわかっていないに等しいけどね」
「いや、大きな収穫だぞ。これからの調査対象を絞ることができた」
「でも、見落としとかは…」
「俺とカオリに限ってはそれはない。本職みたいなものだからな」
「そうなの、カオリ?」
「…間違ってないわ」
 カオリは淡々と返答した。
「ま、見落としがあるとすればそれはナユキのほうだな」
「う〜」
「でも、信頼してるぞナユキ。お前は見落としなんかしない一流の捜索員だってな」
「そういわれるとちょっと心配になってくるよ…」
 言葉どおり、本当に心配そうにナユキは俯いた。

68 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/25(日) 06:57
「残る場所は、後…」
「音楽室や図書室などの特殊教室。後は部室や生徒会室ね」
「こういう時は裏で悪の生徒会が一枚噛んでたりするんだけどな」
「それは作り話の場合でしょ。実際には何の関係も無いと思うわ」
「でも、気になるぞ。悪の生徒会と謎の組織。まさに絵になるじゃないか」

『ククク…、矮小な一般生徒どもめ! 貴様ら豚は支配者に飼育されてこそ幸せになれるのだ!』
『ハイル・会長! ハイル・会長! ハイル・会長!』
『まずは手始めに、我々に逆らった或る愚かな生徒の公開処刑を行うとしよう』
『くそう! 放せ! このッ!』
『…君は少しやりすぎたんだよ。それは天に唾吐くと等しい愚かな行為だ』
『お前は、一体…』
『これは冥土の土産と言うものなのかな? 死に逝く君のために、少しだけ私の正体を見せてやろう』
『ッ! そのネックレスは! まさか、貴様!?』
『その通りだよ…。さて、後は諸君に任せる。私にはまだ仕事が残っているのでね』
『そうか、お前の後ろにいるは…! …ちくしょう、畜生ッ!』
『…君ごとき野犬に畜生呼ばわりされるとは―』
 ドンッ!
『―紳士たる私には大変な屈辱だよ。覚えておきたまえ』

「変な想像しないの」
 ナユキの呼びかけに、俺は危なく空想の世界に飛んでしまうところから帰還することができた。
「いやあ、あまりに絵になるから、ついな」

69 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/02/25(日) 06:58
「それじゃ、二手に分かれて捜索をはじめましょう。あなたたち二人で組んでくれる?」
「いいけど、分かれるんなら三人ばらばらにしたほうが…」
「ナユキは本職じゃないし、これ以降の見落としは大きいからよ」
「なるほど」
 万全には万全を、か。
「それじゃ、私達は東館のほうを探すから、カオリは西館のほうを片付けて」
「了解」
「では、また1530時に、ここへ集合だ」
 三人の時計を合わせる。
「…幸運を祈るわ」
「そっちこそな」
 そういうと、お互い背を向けて、別々の方向に歩き出す。
 東館に向かう途中で、ナユキが不安そうに呟いた。
「…なんだか嫌な予感がするよ」
「どうした?」
「よくわからないけど、ここにはもう戻れなさそうだ、って、私の中の誰かが言っているようで」
「……」
「……」
 そんなことはない、と言い切れないのが無償に悔しかった。
 その気持ちを、ただ、力強く歩いていくことでしか、表現できなかった。

70 :現在回転中:2001/02/25(日) 06:59
回転1

71 :現在回転中:2001/02/25(日) 06:59
回転2

72 :現在回転中:2001/02/25(日) 06:59
回転3

73 :現在回転中:2001/02/25(日) 06:59
回転4

74 :現在回転中:2001/02/25(日) 07:00
回転5

75 :現在回転中:2001/02/25(日) 07:00
 回転6

76 :現在回転中:2001/02/25(日) 07:00
  回転7

77 :現在回転中:2001/02/25(日) 07:01
   回転8

78 :現在回転中:2001/02/25(日) 07:01
    回転9

79 :Alfo:2001/02/25(日) 07:03
>>62-69
Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜
第十五話 探索・中編

80 :名無しさんだよもん:2001/02/25(日) 15:16
こんなにみんなにみまもられながら
おまへはまだここでくるしまなければならないか
ああ巨きな信のちからことさらにはなれ
また純粋やちひさな徳性のかずをうしなひ
わたくしが青ぐらい修羅をあるいてゐるとき
おまへはじぶんにさだめられたみちを
ひとりさびしく往かうとするか
信仰を一つにするたつたひとりのみちづれのわたくしが
あかるくつめたい精進のみちからかなしくつかれてゐて
毒草や蛍光菌のくらい野原をただよふとき
おまへはひとりどこへ行かうとするのだ

(おら おかないふうしてらべ)

何といふあきらめたやうな悲痛なわらひやうをしながら
またわたくしのどんなちひさな悲痛なひやうをしながら
けつして見遁さないやうにしながら
おまへはけなげに母に訊くのだ

(うんにゃ ずゐぶん立派だぢゃい
 けふはほんとに立派だぢゃい)

ほんたうにさうだ
髪だっていつそうくろいし
まるでこどもの苹果の頬だ
どうかきれいな頬をして
あたらしく天にうまれてくれ

(それでもからだくさえがべ?)

(うんにゃ いつかう)

ほんたうにそんなことはない
かへつてここはなつののはらの
ちひさな白い花の匂でいつぱいだから
ただわたくしはそれをいま言へないのだ

(わたくしは修羅をあるいてゐるのだから)

わたくしのふたつのこころをみつめてゐるためだ
ああそんなに
かなしく眼をそらしてはいけない




81 :名無しさんだよもん:2001/02/25(日) 16:17
































































































































































































82 :名無しさんだよもん:2001/02/25(日) 16:18
































































































































































































83 :滅殺☆秋子さん:2001/02/25(日) 23:50
  それは、あゆちゃんが水瀬家の一員になって、丁度三ヶ月が過ぎた頃の出来事でした。

 「あゆちゃん、ただいま」

  仕事から帰ってきて、リビングのソファーに座っていたあゆちゃんに声を掛けると、彼女はわたしのほうに振り返って返事をしてくれました。

 「・・・あ・・・秋子さん、おかえりなさい・・・」


  ・・・七年間の眠りから、目覚めたあゆちゃんには、ちゃんと世話をしてくれていた親戚の方達がいたんですが・・・。
  あゆちゃんの親戚の方達が、急にお仕事で海外に転勤する事になったんです。

  ・・・ですが、あゆちゃんは祐一さんと離れ離れになるのを嫌がって、色々とごたごたがあったんです。
  一時は『離れ離れになるくらいなら、あゆをさらって駆け落ちする!!』と祐一さんが宣言する事もありました。

  ・・・それでわたしが、あゆちゃんの親戚の方達・・・月宮さんと相談した結果・・・。
  電話と手紙で、定期的に近況報告をあゆちゃんにさせる事と・・・。
  ふたりに学生らしい、健全な付き合いをさせるという条件で、あゆちゃんを我が家で預かる事になったんです。


84 :滅殺☆秋子さん:2001/02/25(日) 23:51
 「はあ・・・どうすれば、いいんだろ・・・」

  あゆちゃんはわたしに返事をした後、うつむいて溜息をつきました。

 「?」
 「・・・どうしたの、あゆちゃん?」

 「昼間何かあったの? なんだか元気がないみたいだけど・・・」

  あゆちゃんは今朝、あんなに元気だったのに、今はひどく落ち込んでいるようでした。

 「・・・・・・・・・」

 「あゆちゃん、もしも何か困った事や悩みがあるのなら、わたしに何でも話して」

  わたしはあゆちゃんを元気付けようと、微笑みながら語り掛けます。

 「・・・えっ?」
 「で、でも・・・」

  あゆちゃんは少し戸惑った表情で答えようとしましたが、わたしはそれを遮って言いました。

 「あゆちゃんは、この家の家族でしょ?」

 「困った時に助け合うのが、家族ですからね・・・」

 「秋子さん・・・」

  わたしの言葉にあゆちゃんは表情を和らげると、静かに語りだしました・・・。

 「・・・あのね」

 「・・・ボク」

 「生理が・・・こないの・・・」

85 :滅殺☆秋子さん:2001/02/25(日) 23:52
「・・・え?」
 「ただいま〜」

  やがて、祐一さんが学校から帰ってきました・・・。

 「祐一さん、ちょっとお話があります」

 「なんですか、秋子さん?」

  わたしは玄関で祐一さんにそう告げるとリビングへ向いました。

 「あっ、祐一君お帰り」

 「ああ、ただいま、あゆ」

 「祐一さん、そこに座ってください」

 「えっ、は、はい」

 「・・・祐一さん、これはどういうことですか?」

  わたしはリビングでソファーに座った祐一さんに話し掛けます。

 「は?」

 「あゆちゃんは7年間もの眠りから目覚めたばかりなんですよ・・・」
 「それなのに避妊もせずに・・・」

  人様から預かった、大事な娘さんを傷物にした祐一さんに、怒りが込み上げてきたわたしはふだんよりもキツイ口調で話し掛けます。

  ・・・ですが。

 「な、何の事ですか?」

  祐一さんはとぼけたふりをしました・・・。

 「とぼけないでください。 全部判っているんですよ・・・」

 「だから、何の事だか判らないんですけど・・・」


86 :滅殺☆秋子さん:2001/02/25(日) 23:53
  ・・・ぷちん。

  あゆちゃんを手篭めにしておいて、口答えするなんて・・・。

  わたしは、怒りましたよ・・・。

 「あくまでしらを切るんですね・・・」
 「その腐った性根を叩き直してあげます!!」

  わたしはソファーから立ち上がると、目の前に座っている祐一さんを睨みつけて言いました。

 「あ、秋子さん、落ち着いて・・・」

 「問答無用!」

 「ギャラクティカマグナム!!」

  バキイィィッ!!

 「ぎゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

  ガッシャアァァァァァン!!

  ドシャッ・・・。

  わたしの鉄拳を食らって、祐一さんがリビングの窓を突き破り、中庭に転げ落ちていきました。


87 :滅殺☆秋子さん:2001/02/25(日) 23:53
 「ひ、ひいぃぃ、お、俺が一体何をしたって言うんですか!!」

 「まだ、しらを切るんですか・・・」
 「あなたには・・・失望しました・・・」
 「祐一さん、あなたを殺します・・・」

  わたしは「力」を解放して、中庭にへたり込んだままの祐一さんに近づいていきます・・・。

 「ひ、ひいぃぃぃぃっ!! た、助けて・・・」

 「さようなら・・・祐一さん・・・」

  わたしは懐から小さな瓶を取り出し蓋を開けると、一瞬にして祐一さんに近づいて祐一さんの口の中に瓶の中身を注ぎ込みました。

 「必殺!! 謎ぢゃむ!!」

 「ぎゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

 「滅殺・・・です・・・」

  わたしはそう言うと、瓶に再び蓋をして懐にしまいました。

 「あ、あが・・・」

 「・・・まだ、生きてたんですか」

  必殺の謎ぢゃむを食らって、まだ生きてるなんて・・・。

  腐っても主人公、という訳ですか・・・。

  ・・・ですが、これで本当に終わりです。

  わたしは、口からオレンヂ色の泡を吹いて倒れている祐一さんを、片手で空中に放り投げました。

 「奥義・・・滅○包丁・・・」

  わたしが懐から包丁を取り出して、落下してくる祐一さんをミンチにしようとしたその時!!

 「やめてぇぇぇぇぇぇぇっ!!」

  突然、あゆちゃんがわたしの目の前に飛び出してきました。

88 :滅殺☆秋子さん:2001/02/25(日) 23:54
「!?」

  慌てて包丁を振りかざした手を止めると、あゆちゃんは泣きそうな顔でわたしに言いました。

 「うぐぅ・・・秋子さん、違うんだよ・・・」

 「・・・違うって、何が?」

  ひゅ〜、ごとっ・・・。

  わたしがあゆちゃんに問い掛けると、さっき放り投げた祐一さんが落ちてきて、そのまま動かなくなりました。
  わたしはそんな祐一さんには構わず、あゆちゃんの顔をじっと見つめて答えを待ちます・・・。

 「・・・ボク、10才の時からずっと入院してて・・・」
 「点滴とかで、栄養取ってたでしょ・・・」
 「だからかな・・・」

 「まだ、初潮が来ないの・・・」

 「・・・・・・・・・」

 「・・・・・・・・・」

  ・・・あ。

  そういう事・・・だったんですね・・・。

 「・・・大丈夫よ。あゆちゃんはこれから少しずつ大人になっていくんだから・・・」

  わたしは開放していた『力』を抑えると、あゆちゃんに優しく微笑んで語り掛けました。

 「・・・うん」

  わたしの微笑みを見て、落ち着いたのかあゆちゃんは恥ずかしそうに頷きました。


89 :滅殺☆秋子さん:2001/02/25(日) 23:55
 「ところで、祐一さんの事、どうしましょうか・・・」

  わたしは意識を失った祐一さんの様子を見ながら呟きました。
  あゆちゃんはわたしの隣から、心配そうに祐一さんを見つめています・・・が。

 「・・・あゆちゃん、どうしたの?」

  急にもじもじしだしたあゆちゃんに問い掛けると・・・。 

 「ボ、ボク、ちょっとお手洗い!」

  そう言って、あゆちゃんは家の中に走って行ってしまいました。

 「・・・・・・・・・・・・」

  わたしはそんなあゆちゃんを見送ってから、祐一さんの怪我の処置をする為、祐一さんを担いで家の中に戻りました。

  リビングで祐一さんを治療していると、あゆちゃんがふらふらと放心したように戻ってきました。

 「あら、どうしたの?」

  わたしがあゆちゃんに尋ねると、あゆちゃんは呟くように答えました。

 「うぐぅ・・・秋子さん、血が・・・」

 「あらあら、今日はお赤飯ね」

 「うぐぅ・・・そんなの恥ずかしいよ〜」

  わたしの言葉に真っ赤になってあゆちゃんは言いました。

  わたしはそんなあゆちゃんに微笑みながら、優しく語り掛けました。

 「冗談ですよ。今日はあゆちゃんの好きな物いっぱい作ってあげますからね」

 「・・・たい焼きも?」

 「ええ、もちろん作ってあげますよ」

 「わ〜い」

 「あらあら・・・」

  わたしはそんなあゆちゃんを見て、こんな風に何でもない毎日が、ずっと続いたらいい・・・と、心からそう思いました。


                                                                        おしまひ☆

  〜おまけ〜

 「・・・俺って・・・不幸・・・」


90 :OVA:2001/02/25(日) 23:56
以前

91 :OVA:2001/02/25(日) 23:57
葉鍵キャラの初潮及び生理スレに

92 :OVA:2001/02/25(日) 23:58
投稿した

93 :OVA:2001/02/25(日) 23:58
あゆあゆ妊娠!?

94 :OVA:2001/02/25(日) 23:59
を現在のスタイルで

95 :OVA:2001/02/26(月) 00:00
リメイク

96 :OVA:2001/02/26(月) 00:00
してみました。

97 :OVA:2001/02/26(月) 00:01
リテイク版なんて

98 :OVA:2001/02/26(月) 00:01
誰もみたくない

99 :OVA:2001/02/26(月) 00:02
かも知れないけど

100 :OVA:2001/02/26(月) 00:02
SS書きの端くれとしては

101 :OVA:2001/02/26(月) 00:03
不満の多い作品を

102 :OVA:2001/02/26(月) 00:04
手直ししたかったんです。

103 :OVA:2001/02/26(月) 00:04
某所でも

104 :OVA:2001/02/26(月) 00:05
別のHNで書いてるので

105 :OVA:2001/02/26(月) 00:06
良かったら探して見てね。

106 :OVA:2001/02/26(月) 00:08
ヒントは、罪と罰最終章とふたなり☆秋子さんと滅殺☆秋子さんだおー。

107 :OVA:2001/02/26(月) 00:09
>>83-89
が本編ですー。


108 :OVA:2001/02/26(月) 00:11
それでは皆さん、次回は鬼畜スレで会いましょう。

109 :OVA:2001/02/26(月) 00:18
ヒント補足
良く似た設定や場面があるんだよ。
わかった人は内緒にしてね。

110 :名無しさんだよもん:2001/02/28(水) 14:45
OVAさんだ。久しぶりだにゃあ。

111 :名無しさんだよもん:2001/03/01(木) 07:38
>>OVA
あは、おもしろいです。

112 :名無しさんだよもん:2001/03/02(金) 14:05
おもろい。age

113 :Alfo:2001/03/04(日) 01:51
第十六話、行きます。

114 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・し:2001/03/04(日) 01:52
第十六話 探索・後編

「ここが東館か…」
 目の前には、巨大な建物が圧迫するように聳え立っていた。
 その無表情な無機物の塊は、その圧倒的な質量で俺に重圧をかけてくるようだ。
 この中のどこかに、敵の潜む秘密基地が存在する。
 それはまるで謎掛けのような…。
「いつも使ってる校舎だよね」
「……」
「ん?」
「…えい」
 ばち。
 ナユキに無言でデコピンをかます。
「人の感慨を台無しにするような発言をするな」
「だからといっていきなり叩かないでよ…」
「気にするな、峰打ちだ」
「デコピンに峰打ちも何もない…」
 ばち。
 ナユキに無言で二本指デコピンをかます。
「行くぞ、ナユキ」
「ぅ〜」
 ナユキは涙目になりながら俺の後をついてきた。

 当たり前のことだが、校舎の中には生徒がいる。
 その目を避けつつ、なおかつ調査を成功させるのは至難の業だ。
 まずは、手ごろな教室を探し出すことからはじめる。
「第一目標を肉眼で捕捉。これより調査活動に入る」
「了解」
 がらっ。
「目標内に進入。各自状況に応じて調査活動を行うこと」
「了解だよ」
 手始めに近くにあった教壇の下から調べる。
「えーと、秘密の入り口、秘密の入り口…」
「だめだよユーイチ、『秘密の』なんて言っちゃ」
「確かにな。秘密であることがばれてしまう」
「だから、静かに探さないと」
「そうだな。んじゃあ…入り口入り口、と」

115 :Капоп:2001/03/04(日) 01:53
 きょろきょろ。
 きょろきょろ。
「…あの」
 きょろきょろきょろきょろきょろ。
「すいません…」
 きょろきょろきょろきょろきょろきょろきょろきょろ…。
「…何か御用ですか?」
 気が付くと、目の前には女生徒が一人立っていた。
「状況説明はいいですから、何の御用なのか教えて…」
「悪いな。極秘任務なんだ」
 そう言いながら、手近な机をひっくり返す。
 ばさばさばさ。
 当然、上においてあったものが床に落ちるが、そんなことに構っていられない。
 これは極秘任務なのだ。遂行が何にも優先される。
「ないな…」
 次は椅子だ。
 どさっ。
 当然、上に座っている生徒が床にひっくり返るが、そんなことに構ってられない。
 これは極秘任務なのだ。遂行が何にも優先される。
「やっぱりないな…」
 よく考えると、机や椅子の裏に入り口が引っ付いている道理はない。
「邪魔したな」
 なぜかそのままひっくり返った生徒にむけてしゅたっと手を上げた。
 他に探すものと言えば…。
「例えばこの掃除ロッカーだな」
 ロッカーを開くと、当然のごとく中には掃除用具が詰まっている。
「邪魔だ」
 そう言いながら、中にあるものを外に放り出す。
 どかどかどか。
 当然、俺の後ろには箒やら塵取りやらの山が出来上がっていくが、そんなことに構ってられない。
 これは極秘任務なのだ。遂行が何にも優先される。
「…ない」
 全部を出し切ったところで、掃除ロッカーの中には何もないことが確認された。
「次は普通のロッカーか…」
 と左側のロッカーを見るが、そこは既にナユキによって調査済みだったらしい。
 中にあったものがすべて床に散らばってる。
 俺の視線に気づいたナユキが状況を報告した。
「ユーイチ、ここにはなかったみたい」
「そうか。結局この教室にはそれらしきものはなかった、と」
「そういうことだね。じゃ、次の教室行こう」
「ということで、邪魔したな一般生徒諸君」
 しゅたっ、と手を上げた。
 たったった…ばたん。
「極秘任務も大変だな」

116 :Капоп:2001/03/04(日) 01:54
 それから、いくつかの教室を回る。
 しかし、どう探しても入り口らしきものは見つからなかった。
「あと、残っている場所と言えば生徒会室だよね」
「やっぱりな。あそこが怪しいと常々思っていたんだ」
「じゃ、そこも探しに行ってみようか」
「おお」
 そう決めて、二人で目的地に向けて歩き出そうとしたその時。
「あ、ちょっと待って」
「どうした?」
「ごめん、着信が入っちゃった」
 ナユキが後ろポケットを押さえている。
 いつも携帯が入っている場所だ。
「たぶん、アキコさんだろ」
「それが…、違うんだよ」
「え?」
「番号通知がないんだよ…」
 ナユキが液晶ディスプレイの方ををおれに向ける。
 確かに、そのディスプレイには番号未通知の表示が浮かび上がっていた。
「ナユキ、俺が出る。携帯を貸してくれ」
「いいけど…、大丈夫?」
「だから俺が出るんだろ?」
 言いながら、通話ボタンを押し、携帯を耳に押し当てる。
「もしもし…」
『その声は…ユーイチ・アイザワか?』
 耳に当てたスピーカーからは変声機を通したようなしゃがれた声が聞こえてきた。
『確かこの番号はナユキ・ミナセのものだと思っていたが…』
「こちらが名乗る前に、まずはそちらから名乗れ。そうでないならばすぐに回線を切断する」
『…それはいけない。その行為はそちらにも悪影響を及ぼす』
 言葉遣いの中に無理して片言にしているような節が見受けられる。
 俺を知っている人間だろうか…、それとも。
 俺が知っている人間だろうか。
 窓越しの風景に風が吹いた。
『私のことは、トロイとでも呼んでくれ』
「トロイ…、木馬のことか?」
『……』
 トロイの木馬。
 一般的に無害な外見をして敵に害を与える存在のことを言う。

117 :Капоп:2001/03/04(日) 01:54
「その木馬さんが俺に何の用だ」
『正確には君たちに、だが』
「……」
 無言で周囲を見渡す。
 通話の相手らしき人物、及び防犯カメラの類は見当たらなかった。
 用心のために、壁に背中を預けた。
 ナユキもそれに倣う。
『君たちの今から向かう先は生徒会室、間違いないか?』
「……」
『その沈黙は肯定と解釈する。ならば、この情報は君たちの役に立つはずだ』
「……」
『気をつけろ。そこにはトラップが掛けられている』
「なんの?」
『神経性ガスだ』
「ガス?」
 繰り返した俺の言葉に、ナユキが不安そうな表情を向ける。
 心配ない、と手を振って合図する。
『ある一定の手続きを踏まなかった侵入者は、睡眠ガスの餌食という寸法だ』
「…お前を信頼する理由は何処にある?」
『その身で確かめるがいい』
「……」
『手続きは訊かないのか?』
「それだけ知ればいくらだって解決方法はある」
『……』
「目的は何だ?」
 俺のほうから質問を浴びせる。
『そうしてもらった方が私にとって好都合、それだけだ』
 自分の利のためだけに動く人間。
 戦場ではそういう奴が一番信頼できる。
「わかった…。お前の言葉を信頼しよう」
『……』
「信頼するのは情報だけだがな」
『…せいぜい頑張ってトラップをクリアしてくれ。罠はそれだけではない』
「あることがわかればどんな罠だって除去できるさ。それだけの訓練は受けている」
 視界の隅でナユキが「そんなことない〜」と言う表情をしているが、気にしないことにする。

118 :Капоп:2001/03/04(日) 01:55
『あるいは、これからも連絡を送ることになるかもしれない…。幸運を祈る』
「ちょっと待て。回線を切る前に少し試してもらいたいことがある」
『私がか?』
「そうだ。まず右手の甲を外に向けて、指を上にしてくれ」
 俺の言葉を聞いていたナユキが、同じような仕草をする。
「次いで、親指、小指、薬指、人差し指の順に曲げる」
『…こうか?』
 回線越しなので確認はできないが…。
「…ふぁっく、ゆー」
 ひゅぅぅぅぅぅ、と風が吹いた。
『な…な…な…』
 電話越しの声が震えていた。
『なにさせんのようっ!』
 ぶちっ!
 耳障りな音を立てて、回線が強制的に切断された。
「…切られた」
 用のなくなった携帯をナユキに返そうとする。
「…おーい?」
 ナユキは例のポーズのまま固まっていた。

119 :Капоп:2001/03/04(日) 01:55
 生徒会室の前に到着する。
「さあナユキ、ここが生徒会室だ。いつもどおりその素晴らしい罠除去の腕前を見せてくれ」
「ユーイチ…、わたしのことからかってる?」
「そんなことないぞ。仮に、お前がそう言った類がことを全然できないと知っていたとしても、だ」
「やっぱりからかわれてるよ…」
「誰に言ってるんだ、誰に」
「こういうときはやっぱりK−Ro−Pの出番だね」
 どさっ。
「ナユキ、お前そんなもの持ってたっけ?」
「そんなものはひどいよ。それに、ずっとこのリュックの中に入れてたよ」
「そうだっけ…」
 そんな気がなぜかしないのは気のせいだろうか。
 というより、このリュックに今しがた気付いたばかりだというのは、どういうことだろうか。
「K−Ro−P、この扉に罠が仕掛けられてるんだって。解除して」
 その蛙型決戦兵器は呼応するように目を明滅させた。
 すぐさま扉の罠解除に取り掛かる。
 見た目にはあまりよろしくない…というか、人間の子供大の蛙人形が動いているだけで、ちょっと鬼気迫るものがある。
 はっきり言っちゃうと、怖い。
「ナユキ、それ怖いぞ」
「そんなことないよ。かわいいよ、ほら」
 その蛙は口からドリルを出して錠前を破壊しようとしていた。
「だから怖いって」
「怖くないよー」
 その蛙は目から光線兵器を出して扉に穴をあけようとしていた。
「何度も言うが、怖いぞ」
「全然怖くないってー」
 その蛙は鋭利な刃物を握り締めてガンガン扉を叩いていた。
「昔見た映画にこんなシーンがあった気がするぞ」
 悪夢以外のなんでもないその光景に、俺は率直な感想を述べた。

120 :Капоп:2001/03/04(日) 01:55
「同感よ」
「お、カオリ、おまえもここに来たのか」
「ええ。あちらでは何の収穫もなかったから」
「でも、やけに息が上がってるな」
「…気のせいよ。それより」
 カオリは扉を見ている。
 K−Ro−Pの努力も空しく、扉の罠はいまだ解除されている雰囲気がない。
「どうしたの?」
「んとね、この扉には罠があるっていうから、K−Ro−Pに開けてもらってるの」
「そのせいでここは局地的な悪夢が展開してるぞ」
「罠? …確かにね」
 そういうと、カオリはなにやら集中し始めた。
 辺りにいつか感じたことがある異様な緊張感が走る。
 次の瞬間。

 キンッ!

 甲高い音を立てて何かが壊れる音がした。
 間髪いれず、カオリが扉を開ける。
「おいっ、罠が…」
「罠なら解除したわ。そこからガスか何かが吹き出してくる仕組みになっていたようね」
 カオリが指摘する通り、そこには噴出口があった。
 その下で、やる事をなくした悪夢の蛙人形が所在無くうろうろしていた。
「ナユキ、さっさとその蛙しまえ。次の標的になりそうで怖い」
「大丈夫だよ。この子、私の命令以外で攻撃したりすることはあまりないんだから」
「だから心配なんだよっ」
「K−Ro−P、おいでー」
 悪夢の蛙人形は主人のリュックの中にしまわれた。
 思わず安堵のため息が出る。
「でもすごいな。手も足も触れず罠を解除するなんてね」
「このくらいなら…、ね。なんたってこの力は」

「私のゴーストなんですから」

121 :現在回転中:2001/03/04(日) 01:56
回します。

122 :現在回転中:2001/03/04(日) 01:57
かちゅ〜しゃ、何度か失敗しました…。

123 :現在回転中:2001/03/04(日) 01:57
かちゅ〜しゃ、何度か失敗しました…。

124 :現在回転中:2001/03/04(日) 01:57
特に、途中で上げてしまったのは…致命的…。

125 :現在回転中:2001/03/04(日) 01:58
↑…またミスってるし。

126 :現在回転中:2001/03/04(日) 01:58
急げ! 急げ!

127 :現在回転中:2001/03/04(日) 01:58
使い方さえ間違えなければ

128 :現在回転中:2001/03/04(日) 01:59
いいツールなんですけど…。

129 :現在回転中:2001/03/04(日) 01:59
…鬱だけど、強く生きよう。

130 :現在回転中:2001/03/04(日) 02:00
いつもより余計に回します。ご迷惑をおかけしました。

131 :Alfo:2001/03/04(日) 02:02
>114-120
Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜
第十六話 探索・後編

132 :Alfo:2001/03/04(日) 02:34
リンクミスってる…。
>>114-120

133 :名無しさんだよもん:2001/03/04(日) 14:01
最近寂しいね。Alfoさんしか書いてないし。
へたれな俺だけど今度ここに書いてもいいかな?


134 :名無しさんだよもん:2001/03/04(日) 17:00
自由意志だと思うし、書いたこと無い奴のSSとかも見てみたいと俺は思うが。
へたれかどうかは見てみないとわからないし…な

135 :名無しさんだよもん:2001/03/05(月) 03:14
>>133
ぜひ書いてくれたまえ。
ここって以外とみんな優しいから傷つくような批評は無いと思うよ。
ただ、始めからヘタレって自分でいうと見るほうもそう見ちゃうよ。
自分に自信をもってGO!

136 :名無しさんだよもん:2001/03/05(月) 12:39
初めは誰でもへたれ
よろしく
>>133

137 :名無しさんだよもん:2001/03/05(月) 21:04
Alfo、SSスレを席巻!

138 :名無しさんだよもん:2001/03/05(月) 22:41
>137
他に書く人がいないくらいでそこまで言わないの。

139 :名無しさんだよもん:2001/03/06(火) 01:21
こういう初代シチュスレのような雰囲気って好きさ

140 :名無しさんだよもん:2001/03/06(火) 12:41
誰もAlfo氏のSSの感想を語らないところが素晴らしい。
(まあ、オレも読んでないけど)

141 :名無しさんだよもん:2001/03/06(火) 19:04
あんたそれキッツイわ

142 :名無しさんだよもん:2001/03/08(木) 23:20
だって、よくわかんねえし、長えし。
あんまり面白くねえし、よく書くねって感じ>Alfoの

143 :名無しさんだよもん:2001/03/09(金) 22:03
ヲイヲイ…
それは暗黙の了解だろ…
>>142

144 :名無しさんだよもん:2001/03/09(金) 22:29
>>142
おい!失礼な事書くな!!
確かに感想見かけないけど読んでる人いるかもしれんだろうが!!!
俺も読んでないから断言はせんが・・・
もしかして、読んでる人の方が少なゲホゲホ

145 :三告平:2001/03/09(金) 23:05
にゃあ〜、SSスレの雰囲気を悪くするのは止めてほしいですよ、お兄さん

書くならもっと建設的に内容に触れた批評をすべきではないですかい?
それが出来ないなら黙して語らずが礼儀ってものだよ。
創作をするものには何であれ一定の敬意を払いたいと思うね。

146 :名無しさんだよもん:2001/03/10(土) 00:02
いや、分かりやすく短く面白いものを書けというアドバイスにはなってるかも。

まあ、俺もあんまり見ないで読み飛ばしてたが…
読んでみるかな、最初から。

147 :三告平:2001/03/10(土) 00:20
にゃあ〜、本人の前で陰口みたいなアドバイスの仕方はいやですよ、お兄さん

まあ、悪評もらうよりも(それはそれでへこんだりするが)何よりも
読まれないのが一番辛いね。

かつておれもここにへたれなSS書いた。
みんなも悪評を恐れずに書いてみてくれー。

148 :名無しさんだよもん:2001/03/10(土) 00:25
戦記ものは、それだけで評価が厳しくなるからな…
読んでないから、本当に戦記ものなのかは知らないけどさ。

鬼畜エロなエピソードでも挟めば、それだけで評価が急上昇するよ。

149 :名無しさんだよもん:2001/03/10(土) 00:39
>>148
どうかなあ…。
俺もAlfo氏の今やってるヤツ読んだ事あるけど
まんま一人よがりで3分ともたんかった記憶が…。

その手のエピソード入れるにしても、そこまで
辿り付けるかどうか…。

150 :三告平:2001/03/10(土) 00:41
読者サービスを忘れずにねということか。
萌えとかエロとか読者受けがいいのが得意な人はいいけれど、
そうでない人は大変やね。
シリアスでも読ませるくらいの技量になれ、とは言うは易し行うは難し。

151 :名無しさんだよもん:2001/03/10(土) 04:40
う〜ん。
一気にレスがつきまくったわりには寂しくなってしまった。

152 :名無しさんだよもん:2001/03/10(土) 11:38
Alfo氏はいいよ、これだけ話題になったんだから。
俺なんか昔書いたとき何一つコメントもらえなかったぜ。
ちなみに俺はAlfo氏はしゅたいなあ(知ってるか?)よりは
はるかに面白いと思ってるぜ。
Alfo氏めげるな! 負けるなAlfo!

153 :名無しさんだよもん:2001/03/10(土) 11:46
今のこの雰囲気だと次に投稿するやつは投稿し辛いだろうなぁ。

154 :名無しさんだよもん:2001/03/10(土) 12:37
だいじょうぶ。あっち使うから(w

155 :名無しさんだよもん:2001/03/10(土) 12:47
あっちて何よ

156 :名無しさんだよもん:2001/03/10(土) 12:54
>>152
こんな話題のされ方やだよ…。

157 :名無しさんだよもん:2001/03/10(土) 15:59
そこはかとなく哀愁が漂ってるな・・・

158 :>155:2001/03/10(土) 16:07
( ● ´ ー ` ● )

159 :名無しさんだよもん:2001/03/10(土) 16:09
>158
それはなっちや

160 :三告平:2001/03/10(土) 17:53
>>152
あーでも全部に感想書いてくれた人がいなかったか?
彼は褒め上手な人だった。

161 :Alfo:2001/03/11(日) 06:56
…えーと。
こういう時どんなレスを入れればいいのかわかりませんが、
「ありがとう」と言っておきます。
皆様のご意見が私にとって大なり小なりありがたかったことは本当ですので。

今週、発表の方は都合により休みます。
では。

162 :名無しさんだよもん:2001/03/11(日) 10:25
ありゃりゃ…しかしこうやってSS書きは成長するんやねぇ (  ̄ー ̄)遠い目

163 :142:2001/03/12(月) 02:48
つまりさあ、ダラダラと書いてる割には今ひとつ山谷がないっつう感じ>Alfoの
文章も会話の補足みたいな書き方でさ、どうも情景がよくわからねえんだな。
文と文とのつながりもあんまりよくねえし、DNMLとかで絵がつきゃそれなり
に楽しめるだろうけどなってところじゃねえか?
それにしても、みんな俺よりもひどいこと言ってねえか?
誰も読んでねえだの、しゅたいなあよりは面白いだの、な。
って、俺は読んだ上で感じたことを言っただけなのによ。それが感想ってもん
だと思ったんだけどさ?
まあ、建設的な批評とやらを書かないとダメみたいなんで、一応書いてみたけ
どさあ、「よかったです」って言う感想しか受け付けないってんなら、もう言
わないから安心しろ。
めげずに頑張って書いてくれよ、読んでるからさ>Alfo

164 :名無しさんだよもん:2001/03/12(月) 23:14
>>163
142さんに感動age

165 :大食いへの道:2001/03/14(水) 00:58
 オレは『ある事』を真剣に考えていた。
 それはつい先程の出来事。みさき先輩の食べっぷりを見てオレの中で何かが変わったの
だ。
 それはまるで蝉の幼虫がさなぎになり大空に舞い上がる成虫に生まれ変わる如く、オレ
の脳内にある指令を下す。
 曰くみさき先輩に負けない大食いになれと。
 大体大食いというのは本来男のテリトリーなのだ。なのに先輩はあんなほっそりとした
ボディに関わらず人知を超えた量を一瞬でたいらげる。
 何よりも、あの美しい身体が何らかの間違いによって子錦のようになってしまうのがオ
レには耐えられなかった。
 ころころした玉のような姿で校内をピンボールのように跳ね回るみさき先輩。
 地響きを立てながら屋上への階段を「ブふーブふー」言いながら登って行くみさき先輩。
 ひえええええええ。
 そんな姿、絶対に見たくない。
 だからオレはここに決意する。
 みさき先輩に大食い勝負を仕掛け、オレが勝利するのだ。
 そうすればみさき先輩も多少なりともあの悪癖を改めてくれるだろう。
 うん、そうに違いない。いや、絶対にそうだ。
 と、なるともう猶予がない。
 オレは手下共を掻き集め、すかさず計画を実行した。


166 :大食いへの道:2001/03/14(水) 00:58
「…と、言う訳だ手下2号。早速精の尽く物をじゃんじゃん作ってくれ」
 バキィッ!
 オレの鳩尾に2号の強烈なミドルキックが叩き込まれる。
「まあまあ、七瀬さん。浩平も悪気はないんだろうし…」
「なお、悪いわ!」
 1号のなだめを無視するかのように2号が鬼のような形相を浮かべながらオレを睨み付
ける。
 曜日は土曜日。時刻は午後二時過ぎ。学校が終わる間際にオレが二人を自宅に誘ったの
だ。タイミングの良い事にこの二人、今日は遊ぶ約束をしていたらしい。
「何を息巻いてるんだ2号。オレはお前をそんな風に育てた覚えはないぞ?」
「あんたに育てられた覚えそのものがないわよッ!」
「…全く聞き分けのないヤツだ…。親御さんが泣くぞ?」
「あんたねえ…」
 オレのいたわりの心に逆らうように2号は捲くし立てる。困った。これでは計画を速や
かに進行出来ないではないか。
「大体何であたし達があんたの家で料理作ってやらなきゃいけないのよ! 今日は瑞佳と
商店街を見て回る約束してたのに」
「ゴメンね七瀬さん…。ただ浩平がどうしても家に来てくれって言うから…」
「…まあ、瑞佳がいいのならあたしも構わないけど」
「うむ。オレも全然構わないぞ」
「あんたは諸悪の根源でしょーが!」
「まあ、落ち着け2号。料理だぞ料理。しかも男の為に作ってやるんだぞ。乙女になるの
にこれ以上の近道はあるか?」
「…う」
 オレのその言葉と共に黙り込む2号。よしよし、計算通りだ。オレはこの計画の成功に
自信を持つ。
 オレはこの勢いを持続させる為にすかさずおっとり型の1号に話し掛ける。


167 :大食いへの道:2001/03/14(水) 00:59
「…よし。んじゃあ、1号。何でもいいから食い物をじゃんじゃん持って来てくれ」
「…それはいいんだけど。とりあえずさ浩平。その1号や2号ってのはやめた方がいいん
じゃない?」
「ん? 何でだ? こっちの方が短くていいじゃないか?」
「はあッ…。長森も四文字なら1号も四文字でしょ。全然短くなってないよ」
「そうよ、2号だって七瀬と同じ字数でしょ。…全く小学校からやり直した方がいいんじ
ゃないの、あんた?」
 1号と2号が呆れ顔でオレにそう問い掛けて来る。致し方ない。いつもの呼び方でいく
か。二人とも短い方がいいっていってるしな。
「んじゃあ留美。お茶」
 バキィッ!
 七瀬の裏拳がオレの顔面に直撃する。
「…何故だ? 短い方がいいって言ってたじゃないか?」
「そのまま死んでろ!」
 2号の怒声を耳に残しながら、オレは徐々に意識を失った。


168 :大食いへの道:2001/03/14(水) 00:59
「…とりあえずだ」
 復活したオレは自宅の台所にあるテーブルに二人を座らせてこれからの作戦を語る。
「オレの計画は先程語った通りだ。さあ、オペレーションスタート!」
 オレはハリウッド映画の俳優のような華麗な英語で二人を促す。だが、二人が動く気配
が一向に感じられない。
「…どうしたんだ? オレの発音がそんなに不服か?」
「そうじゃなくて、大体あんた何であたし達に料理を作って欲しいのよ? その辺りから
教えなさいよ。昼飯ならさっき食べてたじゃないの」
 七瀬が不満そうにオレにそう話し掛けて来る。全く勘の悪いヤツだ。オレは七瀬にも解
るように簡単に説明する。
「…つまりはそう言う事だ。はい、七瀬。作った、作った」
「だから、何がそう言う事なのよ!」
「…それくらい気配で感じろよ。剣道部員だったんだろ?」
「剣道部はエスパー養成施設じゃない!」
「まあまあ、二人とも」
 長森がそんなオレ達の間に割って入る。
「要は川名先輩に勝てるくらいの大食いになりたいんだよね、浩平。それでわたし達に料
理を作って欲しいと…」
「まあ、要約するとそう言う事だな」
「要約も何も、そのまんまじゃないの。…に、しても瑞佳。良く解ったわね」
「まあ、何となく…」
「どうだ七瀬。これが長森の特殊能力だ。まいったか」
「…何いばってんのよ、あんたは」
 七瀬が冷めたツッコミを返して来る。
「ちなみにこのジョブを得ようと思ったら、四六時中猫と戯れなくてはならない。お前に
それだけの根性はあるか?」
「そもそもそんなジョブいらないっつの…」
「ハア…。また馬鹿な事言って。で、浩平。材料は何処にあるの?」
 長森がいつもの溜息と共にそうオレに話し掛けて来る。さすがは長年の幼馴染。オレの
ノリを完全に掌握している。『折原浩平研究家』としてデビューしたらあっというまに一
世風靡する事間違いないだろう。
「任せてくれティーチャー。材料は既に揃っているよ」
「…あんたはどこぞのエセ外人か…」
 七瀬の呆れ声を無視してオレはこの日の為に取っておいた材料をテーブルに取り出す。
 それを見て言葉を止める長森と七瀬。ただひたすらに神妙な表情でこちらを見据えてい
る。


169 :大食いへの道:2001/03/14(水) 01:00
「どうしたんだ二人とも? ポカンとした顔をして」
「…あんたどういうつもりよ?」
「どういう事って…。このらっきょに何か不審な点でも?」
「だから、何でらっきょなのよ?」
「よくぞ聞いてくれた。実はみさき先輩が唯一苦手とするのがこの食べ物なんだ」
「…で?」
「つまりこいつで先輩に大食い勝負を仕掛ければ、間違いなく勝てると踏んだ訳さあ」
「…………」
 オレは七瀬にそう語りながら、己の立てた計画に身震いする。
 正に完璧な作戦。隙一つない勝利の方程式。
 人はオレを平成の諸葛亮公明と呼ぶだろう。
「…まあ、そう言う訳だ。さあ二人とも料理に掛かってくれ。オレはその間、テレビでも
…」
 ドバシィッ!
 そう返しながらクールに去り行くオレに七瀬のウエスタンラリアットが決まる。
「…何だ七瀬。もう出来たのか? 早いな」
「んな事いってんじゃない! 一体こんな物でどんな料理が作れるってのよ!」
「ふ…。怖気ついたか七瀬…。まさかお前がこの程度の人間だったとは…」
「あんたねえ…」
「…と、とりあえず水洗いしようか?」
 長森がオレの持って来た大量のらっきょを手に掴みながら水洗いを始める。
「見ろ、長森のこの迅速な行動を。お前も見習え」
「見習いたくないわよ。そんな事…」
「…でもどうやって料理しようか? 七瀬さん、何かいいアイデアない?」
「アイデアって…。瑞佳、ホントに料理する気なの!?」
「うん。やりようによっては何とかなると思うんだよ」
「やりようって…。らっきょはらっきょと思うんだけど…」
 そう言いながら七瀬も水洗いを始める。オレはその光景を見て計画が順調に推移して居
る事に満足する。


170 :大食いへの道:2001/03/14(水) 01:00
「うむ、順調、順調」
「ボケーと突っ立ってないであんたも何か手伝いなさいよ!」
「何を言う。古来より料理とは女のテリトリーなのだ。男のオレが手伝ったら天罰が下る」
「…あんた世界中の料理人にボコしばきにされるわよ」
「そん時はそん時だ」
「はあ…」
 七瀬が長森ばりの溜息をオレにつく。そして黙々と何かをやり始める二人。
「もう、どうなっても知らないわよ!」
 七瀬の怒声が耳をうつ。まあ、なるようになるだろう。オレの心は打倒先輩を目指して
燃え上がっていた。
 確かにらっきょと言えど先輩に勝つのは難しいかも知れない。
 だが、ここで引く訳にはいかない。
 先輩のナイスバデーを守れるのは自分だけなのだ。
 オレは新たな思いを胸にして、二人の料理を待ち続ける。
 そして待つ事数十分。


171 :大食いへの道:2001/03/14(水) 01:01
「はい、浩平出来たよ〜」
 長森が相変わらずの能天気な声で何か料理らしきものを持って来る。
「お、出来たのか? よーし、何の料理なのか当ててやろう」
 オレはそう言いながら、鼻を犬のように効かせる。そして頭を貫く閃光のようなひらめ
き。
「解った! らっきょだ!」
「ピンポーン♪」
「…って、当たり前でしょ」
 七瀬がそんなオレ達に無粋なツッコミを掛けて来る。
「まあ、そう言うな。料理法によってはらっきょが特大ステーキに変わる可能性だってあ
るんだから」
「あるか!」
 そんな七瀬の言葉をまろやかにパスして、オレは長森の持って来た料理に目を移す。
 正直な話オレとてらっきょをどう料理する事に関しては全く解らない。
 それはオレだけでなく七瀬とて同じ思いだろう。案の定七瀬も長森の料理が気になるの
か、横目でチラチラと覗いている。
 だが、そんなオレ達の杞憂を一瞬で消し飛ばす光景が目の前に広がっていた。
「こ…。これは…」
 そしてオレは感嘆の声をあげる。確かにこれはらっきょだ。だが、らっきょには見えな
い。敢えて言うならば…ピラフ? あの大量のらっきょを細かくみじん切りにしてケチャ
ップやソースで見事に味付けしてある。そのかぐわしい香りがオレの食欲をそそる。
 それを見て口をあんぐりと開けている七瀬。
「さすがは長森だな。よし、早速頂くか」
「うん、どうぞ」
 オレはとりあえずスプーンに軽くさらい一口目を食して見る。
 その瞬間、オレの中を駆け巡る強烈な。それは一瞬にして大きな波となり、オレの脳内
を覆い尽くす。


172 :大食いへの道:2001/03/14(水) 01:02
「うまい!」
「わあ、良かった」
 何て事だ。まさからっきょがこのようなシロモノになるとは…。オレは満面の笑みを浮
かべる幼馴染に大いなる賛辞の言葉を送る。
「さすがは長森だな。お前料理学校の先生にでもなった方がいいんじゃないか?」
「もう、浩平ったら褒め過ぎだよ〜」
 ガチャッ! ガチャガチャガガチャ! ドスン! バタン!
 そんなやり取りをする中。七瀬が台所の引き出しを開けたり閉めたりしている。
 何をやってるんだ、あいつは?
 長森のらっきょ料理は一瞬の内に胃の中に溶けていった。
「いや〜満足満足。んじゃ、次は七瀬の方だな」
 オレのその声と共に動きをピタッと止める七瀬。そして訪れる沈黙。
「お〜い、七瀬?」
「…な? 何よ! 何か用!?」    
「いや、だから料理…」
「う…うるさいわね! ちょっと待ってなさいよ!」
 そう怒鳴りながらまたもや台所を行ったり来たりする七瀬。
 …まあ、いいや。大人しく待っていよう。
 オレはそう判断し。隣の部屋でテレビ鑑賞にいそしむ。
 それにしても先程のらっきょ料理は素晴らしかった。
 あんな料理を食べ続けたらオレもたちまち大食いになり、みさき先輩に勝てる確率も少
しは上がるってもんだ。
 全く良い幼馴染を持ったもんだ。オレはこの幸運を神様に感謝する。


173 :大食いへの道:2001/03/14(水) 01:02
 時刻は既に3時半過ぎ。
 だが、さっきから待てども待てども、七瀬からのお呼びの声がかからない。
 痺れを切らしたオレは台所の方に顔を出す。
「お〜い、七瀬まだか〜」
 だが、七瀬はそんなオレの声を無視して、ひたすら調理機材をテーブルの上に置いて行
く。
「おいおい、何やってるんだ、七瀬?」
「うッ! うるさいわね! さっさとあっちで待ってなさいよ!」
「…つーてもなあ、もうあれから1時間は経ってるぞ」
 オレは台所に掛かってる時計を見ながらそう呟く。
「あ、あたしは料理に時間が掛かるタイプなのよ!」
「つーか、さっきから料理機材を出したり入れたりしてるようにしか見えないんだが…」
 オレはテーブルに隙なく埋められた数々の料理機材を見つめながら七瀬に答える。
「き、気のせいよ! 気のせい! 後、もうちょっとで出来るんだから邪魔しないでよね! 料理は女の仕事なんでしょ!」
「へいへい」
 オレはそう呟きながら再び応接間の方に移動する。
 ったく、ちょっとした冗談にそんなにこだわらんでも…。
 まあ、あれがあいつの『乙女』に対する考え方なのかも知れないが。
 オレは七瀬の言いつけ通り、ソファーに座って野球中継を鑑賞する。
 窓から差し込むオレンジ色の光がモニターに反射して眩しかった。


174 :大食いへの道:2001/03/14(水) 01:02
「出来たわよ〜。折原」
 そしてそれから数十分後。やっとこさ七瀬の呼ぶ声が部屋に響く。
「おう、出来たか」
 オレは多少なりともウキウキしながら台所へ向かう。七瀬とて乙女を目指す(見た目は)
普通の女の子だ。
 きっとオレの度肝を抜く料理を作っているに違いない。
 しかもあれだけ時間が掛かっているのだ。恐らくこの料理は七瀬最大の自信作となって
いる事、疑い様がない。
 オレはそう確信し、テーブルの椅子に座る。
 そんなオレの姿を見た七瀬が満面の笑みを浮かべながらトレーに置いた料理を持って来
る。
「はい♪ らっきょスープ七瀬風味よ」
 ドンッ!
 そんな弾けた声とテーブルに置いた音と共に丼に入った怪しげな液体がオレの前に置か
れる。
「…………」
「ほら、折原食べなさいよ」
「食べるも何も…。これは飲む物だろう?」
「だったら、飲みなさいよ。苦労して作ったんだからね」
「…らっきょの匂いがするぞ」
「そりゃ、らっきょで作ったんだもん。当たり前でしょ」
「ってお前、これらっきょをただ単にミキサーに掛けただけだろ…。何でこんなモノ作る
のにあれだけ時間が…」
「何よう。瑞佳のは食えて、あたしのは食えないっての?」
「…………」
 オレはこの突然訪れた未曾有の事態にどう対処すべきか頭をフル回転させる。
 確かに度肝を抜く料理だ。それは間違いない。ただ、そのベクトルが著しく間違ってい
るだけだ。
 落ち着け、落ち着くんだ、折原浩平。
 お前はあの七瀬の攻撃を幾度も交わし続けた男ではないか。
 何か打開策があるはずだ。何か…。
 そうだ。
 こんな時の長森だ。
 長森にちょっと味見をしてもらって「七瀬さん、ちょっとコレは…」と言ってもらおう。
 そうすればさすがの七瀬も諦めてくれる事だろう。
 よし、コレだ。コレしかない。
 そう判断したオレはすかさず長森に話を振る。


175 :大食いへの道:2001/03/14(水) 01:05
「長森、お前はこの料理の味見はしたのか?」
「うん、したよ。凄い独創的な料理だと思った。わたしにはとても真似出来ないよ」
 をい。
 こいつはわざと言ってるのか?
 それとも普段オレにからかわれている腹いせをしているとか…。
 ひええ、やめてくれ。もしホントにそうだったとしたら命がいくつあっても足りないぞ。
 いや、既に一つ落とし掛けてると言っても過言ではない。
 オレはこのような事態を招いた神様を必死に恨む。
「折原、何してるのよ! さっさと食べなさいよ!」
 オレは七瀬のその言葉を聞いて覚悟を決める。長森も味見したそうだが、いたって平気
そうだ。
 もしかしたら物凄く美味しいのかも知れない。
 そうだ。
 そうに違いない。
 それにこれくらいの難関をクリアしなければみさき先輩に勝つのは不可能だ。
 オレはそう判断し、丼を手に持つ。
 つーんと匂ってくるらっきょの香り。


176 :大食いへの道:2001/03/14(水) 01:06
 大丈夫。
 大丈夫だ。
 きっとこれはフェイク。ひとたび口に付ければ極上の味が待っているに違いないのだ。
 オレは意を決してらっきょスープを一気に流し込む。
 ずずずずずずず…。
「…………」
「どう? 折原」
「……………………」
「美味しい?」
「………………………………」
「ちょっと、折原…!」
 バターーーーーーーーーーーーーーンッ!
「あ、あれ? 折原?」
「きゃーーーーーーー!? 浩平―――――ッ!」
 七瀬と長森の声が聞こえる。だがそんな二人の声も徐々に遠くなっていくのをオレは薄
れて行く意識の中で感じ取る。
 さすがは七瀬だ。
 只者じゃない。
 これほどのダメージは生まれて初めてだと言ってもいいだろう。
 ただ、一言言わせてくれ。
 まず、自分でちゃんと味見をしてから出すか出さないか判断してくれ。
 それが乙女への近道だ。
 解ったか、七瀬?
 おーーーーーーーーーーーい…。
 消え行く意識の中で、オレはただひたすらにそんな事を考えていた…。


177 :大食いへの道:2001/03/14(水) 01:06
 後日。
 学食で先輩と一緒になったオレは先輩の食いっぷりを呆然と見つめていた。
「おいしいね」
「え? う、うん、そうだな」
「…どしたの浩平君? 何か元気なさげだけど…?」
「そ、そうでもないさ。オレはいつも通りだよ」
「そう?」
「そう」
「良かった♪」
 先輩の眩しい笑顔を見つめながら、オレはあの日の悪夢の事を思い返す。
 結局あの後救急車に運ばれたオレは三日間の入院を余儀なくされた。
 何でも胃腸が激しくやられてしまったらしい。
 と言う訳で例の計画も見事に頓挫。
 正直悔しいが致し方ない。
 そしてそんなオレの前で楽しげに食事を続けるみさき先輩。


178 :大食いへの道:2001/03/14(水) 01:07
「ごめん、浩平君。またおかわり頼めるかな?」
 オレはそんな先輩が太ったりしないようにただ神様に祈り続ける事しか出来なかった。
「…ああいいぜ、で、今度は何頼むんだ先輩」
「今度はね。カレーライス大盛りをお願いするよ」
「…らっきょも大盛りにしてやろうか?」
 オレは微笑を浮かべながらそう問い掛ける。
「うん、いいよ。じゃあ、らっきょ大盛りで」
 だが、先輩から返って来る意外な言葉。オレは慌てふためきながらすかさず先輩に問い
掛ける。
「え? …先輩、らっきょ苦手だったはずじゃ…?」
「前はそうだったんだけど、やっぱ好き嫌いがあるのは良くないからね。この間頑張って
克服したんだよ」
 そして先輩から帰って来る意外な答え。
 何てこったい。
 んじゃ、オレがやったあの日の行動は全くの徒労…。
 あああああ…。
 オレはへなへなとその場に座り込む。
「浩平君は? らっきょ嫌い?」
「…前は結構好きだったけど。つい最近嫌いになった」
「そうなんだ? 何で?」
「いや、まあ、ちょっとした事件が…」
「ふーん…」
 先輩が不思議そうな顔でこちらを見つめている。
 オレは余りの自分の馬鹿さ加減にその身を萎え切りながら何とかトレーを持って受け渡
し口に向かう。


179 :大食いへの道:2001/03/14(水) 01:08
 そしてその後、オレは更にある事に気付く。
 よくよく考えたら先輩は目が見えないのだ。
 そんな先輩に仮に大食いで勝ったとして誰が証明してくれるのだろうか?
 そもそもそんならっきょ大食い勝負など先輩が喜んでOKする訳がない。
 オレは机にうっ潰しながらそんな事をひたすら考える。
「どうしたの折原? 元気ないわね」
「…お前に言われたくねーよ」
「まだ、あの日の事、根に持ってるの? あんたも案外しつこいわねー」
「うるへー」
 結局、オレに残されたのはらっきょが嫌いになったという事実のみ。
(呼ばなきゃ良かった…)
 オレは2号の後ろ姿を見ながら、そう心の中で呟くだけだった。


180 :ほかほか兄さん:2001/03/14(水) 01:08
回します。

181 :ほかほか兄さん:2001/03/14(水) 01:09
回してます。

182 :ほかほか兄さん:2001/03/14(水) 01:10
回しています。

183 :ほかほか兄さん:2001/03/14(水) 01:10
回します。

184 :ほかほか兄さん:2001/03/14(水) 01:10
回してます。

185 :ほかほか兄さん:2001/03/14(水) 01:11
回しています。

186 :ほかほか兄さん:2001/03/14(水) 01:11
回します。

187 :ほかほか兄さん:2001/03/14(水) 01:12
回してます。

188 :ほかほか兄さん:2001/03/14(水) 01:13
回しています。

189 :ほかほか兄さん:2001/03/14(水) 01:18
え〜と、とりあえず新作です。
>>165-179

今回はギャグに挑戦してみました!
…と、言いながらも自分でも何が何だか良く解らない
シロモノになってしまったのが正直なところです。
(ギャグって難しい…)

まあ、お暇な時にでも読んでやって下さい。
では〜。

190 :名無しさんだよもん:2001/03/14(水) 01:23
相変わらず何でもこなすっすねえ>ほかほか兄さん
ざっと読ませていただきましたが、感服いたしました。
はあ…馬鹿SSっていいなあ…

191 :来栖川萌え@梓もね:2001/03/14(水) 01:23
>>189
おもしろかったです。
個人的には「留美、お茶」で爆笑でした。

192 :名無しさんだよもん:2001/03/14(水) 01:31
イイ! ですな。浩平、まんまです。
七瀬にしろ長森にしろみさき先輩にしろ、
めっちゃキャラ掴んでますね>ほかほか兄さん

193 :名無しさんだよもん:2001/03/14(水) 01:36
ほっこりしててよかったですよ。
個人的にはこういう感じの話は、KANONより
ONEだと思ってますので。

194 :名無しさんだよもん:2001/03/14(水) 11:48
>193
kanonはキャラや組み合わせが限られますしな...
やっぱりoneでしょone
しかし、流石ほかほか兄さん...

195 :142:2001/03/14(水) 23:55
>>189
オチが今ひとつと言う感じ。そこまでの流れはテンポもよくて面白いだけに、
残念だな。
と言うのも、ラストでの七瀬とのやり取りが余計な感じがして、ちょっとオチ
としては切れがないように思えた。

って、みんな「いいね」としか言わないから、ちょっと言いたくなった。それだけだ。スマソ。

196 :名無しさんだよもん:2001/03/15(木) 04:11
これマジですか?
最高っす。>ほかほか兄さん
久しぶりにこの板来たんすけど、未だにこれほどのSSを書かれていたとは…
感激っす。

197 :『川澄舞はおやつに紅茶を忘れない』:2001/03/16(金) 00:42
この日――3月14日!
「さて……」
俺は机の上に置いた紙袋を見て、ウム! と強くうなずいた。
今日は俗にいうホワイトデー。そう、バレンタインのお返しに、男が女にプレゼントをするという、
なんというか実にアレな日である。
この紙袋の中にも、ご多分にもれずたくさんのプレゼントのたぐいが詰まっている――
といっても、ほとんどが食べ物であるのだが。
「ま、渡す相手が相手だからなァ……」
あいつほど、『色気より食い気』を体現している女を俺は他に知らない。
チラと時計を見ると、ちょうど2時半を指している。
「今から行けば、おやつどきに間に合うな」
俺は紙袋を手に取って、部屋をあとにした。
この後に起こるやっかいごとを、知る由もなく……

廊下に出ると、ちょうど隣室のドアが開き、部屋の住人が滑り出てきた。
「よう、ぴろ。あいかわらずもこもこだな」
「うなぁ〜〜」
「……って、なんでぴろにだけ挨拶するのよぅーっ!」
と俺にむかって唇を尖らせたのは、隣室の主である猫のぴろの飼い主であり、この家の
居候である沢渡真琴にほかならない。
ちなみに記憶喪失だったり俺を怨んでいたりするのだが、さしあたってそれはどうでもいい。
「おおっ。真琴もいたのか。ぜんぜん視界に入らなかったぞ」
「なんですってぇーっ!」
「心配するな。それだけ影が薄いってことだ」
「これっぽっちもフォローになってないわよぅっ――!」
「ま、そゆことで。俺急いでるから、またなっ」
「どこ行くの?」
「う、それは――」
真琴の目が俺の手にした紙袋に向けられる。
「なにそれ――?」
「い、いやなんでもないぞ。真琴には金輪際、縁のないシロモノだ」
「そんな言い方されると、すごく気になるわよぅ――」
「……しょーがないな。じゃあ、この肉まん味のキャンデーをやるからおとなしく山にお帰り」
「真琴は野犬じゃないわよぅッ……でも、ありがとーっ(ト駆け去る)」
「ちゃんとぴろにも分けてやれよ……」

198 :『川澄舞はおやつに紅茶を忘れない』:2001/03/16(金) 00:46
玄関まで来たところで、俺はふと思いなおす。
(待てよ……)
真琴は、まあどうでも良かったが、家主であり、叔母さんである秋子さんに
何も渡さないのもどうかと思えた。
それに、先月のバレンタインデーには、特製チョコケーキをご馳走になっているのだ。
「ちょっとくらいお裾分けしても、問題ないよな……」
そう思って、食堂にむかった。
「秋子さん――」
と食堂に足を踏み入れて2秒後、俺はぐるりときびすを返した。
「――何でもないっす」
そのままてくてくと出ていこうとする。
「……って、祐一君っ、露骨にもほどがあるよっ」
「アハハ! 冗談だヨ、あァゆゥウウ……」
「その独特のアクセントはなんなの……」
「気にするな。気にしすぎるとやつれて痩せて、ただでさえ切ないプロポーションがひときわ哀愁を漂わせるぞ」
「うぐゥ……ほっといて……」
「仲が良いわね」
「秋子さんの独創的な解釈に感服」
……いつのまにか水瀬家にあがりこんでいた近所の知り合い、月宮あゆと
当家の家主・秋子さんにむかって、俺はかるく息をついた。
「ところで、なにか?」
「あ――、えーとですね。今日はいちおうホワイトデーってことで……」
「わぁ、お菓子、お菓子〜〜」
「……『秋子さんに』、『バレンタインのお礼を』しよーと思いまして」
「うぐぅ……なんだか独自のアクセントを駆使してボクに何かを伝えようとしてるよ……」
「あゆらしくもなく明察だな。ま、いいや。とりあえず、これ……」
「ありがとうございます、祐一さん」
俺が手渡したクッキーを手に、秋子さんは顔をほころばせた。
「祐一君」
「ホワイトデーのお返しなんて、ひさしぶり」
「いやー、喜んでいただけると俺も嬉しいですよ」
「ねえ、祐一君」
「じゃ、俺これからちょっと出かけてきますんで。ジャッ!」
「うわーんっ! ユウウウイチイィくぅゥ〜〜んッ!!」
「って、半泣きで袖ひっつかんで訴えんじゃないっ。
 俺があたかも未来からきたネコ型ロボットであるかのごとくっ」
「ボクに、お返しは?」
「あゆよ――」
俺はすこしだけ優しい気持ちになって、彼女の頭を撫でた。
「こういうことわざがあるのを、知っているか?

199 :『川澄舞はおやつに紅茶を忘れない』:2001/03/16(金) 00:48
『借金には貸し手があり、復讐には仇がいる』」

「うぐ……知らない……」
「そうか。じゃ、この機会に憶えておくのがキチだ。
 俺はお前にバレンタインのチョコか何かを貰ったか?」
「ううん、あげてないよ」
「だったら、俺がお前にホワイトデーのお返しをする必要はあるのか?」
「ないよ」
「だったら問題ないだろーがっ」
「だって……」
「だって?」
「すごく、お菓子が欲しかったんだよ……」
「泣かすぞこのうぐぅ小僧がやってきた現在進行形っ」
「よくわからないけどひどいこと言われてるよッ・……」
「祐一さん、意地悪しないであげて?」
「つか秋子さん俺がいつどこで意地悪っ。意地悪を……」
「はい、あゆちゃん。わたしのクッキーあげるから……ね?
 ごめんなさいね、祐一さん」
「いえ――」
「あの……秋子さん、いいよ、ボク――」
「いいのよ。わたしは、祐一さんの気持ちだけで、十分だから」
「でも、ボク……」
「……」
俺は、はア、とため息をついて、紙袋の中からたいやき味のマシュマロを取り出した。
「ほら」
「あ……、でも……いいの?」
「いいさ……そのかわり、来年はきっちりチョコよこせよな」
「……あ、うんっ!!」
あゆはマシュマロを受け取ると、弾けるような笑みをうかべて、椅子から飛びあがった。
「そ、それじゃ……ボク、そろそろ帰るねっ。お邪魔しましたっ」
「おい、そんなに――」
「またね、あゆちゃん」
「はいっ……祐一君―ー」
「ん?」
「ありがとうっ……!!」
ばたばたと騒がしく廊下を駆けながら、あゆは行ってしまった。
「何なんだ? いったい――」
「……祐一さんから、お菓子を受け取りたかったんですよ」
「え……?」
俺の問いかけの視線には答えず、秋子さんはかるくほほ笑むと、家事に戻っていった。
(……? ま、いいか)
小首をかしげつつ、俺は水瀬家をあとにした。
時刻は――2時45分。
(ちょっと、急ぐかな……)

200 :『川澄舞はおやつに紅茶を忘れない』:2001/03/17(土) 03:35
ずったった、と小走りに角を曲がりかけたとき――
ふいに、人影が飛び出してきた。
「……っと!」
「きゃ……あっ!」
ドサッ……!
あやうく衝突は免れたが、お互い手にしていた荷物を落としてしまった。
「あ、ああっ!!」
相手は、あわてて地面にしゃがみこみ、落ちた品々を集めはじめる。
「す、すみませ……んっ?」
「いえっ……あ、あれ? 祐一さん――」
こちらを見上げたその顔は、クラスメイト美坂香里の妹、栞だった。
「ごめん、ちょっと急いでたもんでな……大丈夫か?」
「あ、いえっ、はいっ、平気ですっ」
なぜかむやみやたらと焦りつつ、栞は手にした紙袋の中に、散乱した中身を放りこんでいる。
「あ、俺も手伝うよ」
「あっ、その――すみませんっ……」
そそくさと荷物をまとめた栞は、色白の肌に朱をさして、
「そ、それじゃ祐一さん、わたしちょっと用事があるので――」
「あ、ああ、ごめんな、ほんと」
「いえっ……それじゃっ!!」
ぴゅーんっ、と擬態語をつけたくなるような勢いで、栞はずったばったと駆け去ってしまった。
「あいつ、身体弱いくせに……大丈夫かぁ?」
俺はそう案じつつ、紙袋の中身に目をやった。
「泥とかついてねーだろーな……んん?」
中にひとつ、見覚えのない箱が入っている。
何やら、医薬品のようだが……
「栞のやつ、間違えたのかな……ん、んっ……!?」
その箱を手にとって、俺は、絶句した。
そこに描いてある売り文句は――

『ズンズン大きく! パンパン膨らむ! 夢の豊胸薬・CHA―RA!
 すべての微乳女性に捧げます――』

201 :『川澄舞はおやつに紅茶を忘れない』:2001/03/17(土) 03:37
「……見たんデスね」
「ひっ……いっ!?」
いつのまにか舞い戻ってきていた栞の声に、俺はあやうく箱を落としかける。
「なっ……何をだ、栞!? 俺、俺は、何も見てないなぁ――」
「そう……それならいいデス……」
心なしか激しく冷厳な栞の口調に、俺はダラダラと脂汗を流す。
「そのお薬……いったいどうするんデス?」
「こ……これか? そうだなあ〜〜……」
俺はふだん使わぬ頭をフル回転させ、この場を切り抜ける策を練るッ……
(そうだッ……)
「わ、悪いんだけどさ、栞。これ、香里に渡してくれないか?
 その、なんだ、ホワイトデーってことで」
「……なるほど。了解デスー」
薬を受け取った栞は、雪解け後の野山のようにたおやかにほほ笑んだ。
「そ、それとこれ、つまらんものだけどさ。バニラアイス味のチーズケーキ。
 良かったら食ってくれよ」
「わー、嬉しいですー。ほんと、ありがとうございます、祐一さん」
栞はぺこんとお辞儀をすると、すたすたと立ち去っていった。
「・……」
(まさかマジで渡さないよな? な? 着服するンだよな? な?)
俺は無言で、彼女の背中にそう呼びかけた――――

202 :『川澄舞はおやつに紅茶を忘れない』:2001/03/17(土) 03:39
(けっこう遅くなっちまったなあ……)
もう、おやつの時間には間に合わないかもしれない……
(ま、無理に急ぐこともないのか……)
また誰かとぶつかったりしたらシャレにならない。
すこし速度をゆるめて歩いていると、ケーキ屋の前に通りがかった。
日が日だけに、ホワイトデー関係の看板やらがたくさん置いてある。
「あんまり大した品揃えじゃないな……」
と、近くでビラを配っていた着ぐるみが、こちらをクワッと振り向いた。
「……!」
そして、そのまま一目散に俺に突進してくる。
「うおっ!? す、すみませんっ、つい手より先に口から本音が暴言とっ!?」
俺の釈明も聞かばこそ、その高野山平安村のマスコットキャラである『がおまげ』のマゲを
ポニーテールに変えたような奇怪な着ぐるみに、ぐいと肩をつかまれる。
「ヒイィーッ!? ♪がおまげにがおまげに飛びつこうっ、がおがおっ!?」
『祐一〜〜』
「ヒイッ!? そのうえボクの名前をご存じのあなたはいったいどこのがおまげ様ッ!?」
「……わたしだよ〜」
と着ぐるみをカッポと脱ぎ捨てて顔をあらわにしたのは、俺のいとこで同居人であるところの
水瀬名雪その人だった。
「なぁんだ、名雪か……って、なんでおまえそんなカッコしてんだよ。一人高野山平安村ごっこか?」
「そんなことしないよ〜……」
いや、お前はしかねない。
「ちょっとしてみたい気はするけど……」
ほらな。
「ここ、お友達の家なんだ。ちょっと人手が足りないからって、お手伝いしてるわけ」
「なるほどな。てっきり俺はお前が春の陽気に浮かれてさわぎ、自発的にがおまげを演じているのかと思ったよ」
「それじゃただの危ない人だよ……」
「まあな……」
「でね、祐一。ちょっとお願いがあるんだけど……」
「ん……?」
「わたし、ちょっとお買い物してこないといけないんだよ。
 だから、そのあいだ、かわりにこれ着てチラシ配っててくれない?」
「……お前、ムチャなお願いをサラッと言うな」
「いやだったら、べつにいいよ?」
「……そういうわけじゃ、ないけどな」
どうせ、このまま行ってもおやつどきには間に合わない。
それなら、名雪の用をすませてから行っても、同じことだろう。

203 :『川澄舞はおやつに紅茶を忘れない』:2001/03/17(土) 03:40
「じゃ、よろしくね〜」
『ガオ……ガオッ!』
「……べつに、キャラ作りまでしなくてもいいよ」
それはそうだが、思わずこだわってしまうのが、俺の悲しい気性なのだ。
『ガオ、ガオー』と連呼しつつ、道行く人にビラを配ってゆく。
(うーん、しかしこれ、けっこう熱いもんだな)
(……)
(なんだ? リンスの香り……)
(……名雪の、残り香……)

(…………)

(・……)

「……おまたせ〜、祐一〜。もう脱いでいいよ?」
「いや……その、ちょっと待てガオ」
「ん? どうしたの?」
「……気に入ったんで、もうちょっと着てていいかガオ?」
「う〜ん? べつにいいけど……」
「すまんな……その、おさまるまで……」
「え?」
「……こっちの話だガオ……」

204 :『川澄舞はおやつに紅茶を忘れない』:2001/03/17(土) 03:41
「……やれやれ」
日はすでに傾き、夕暮れも間近だ。
思わぬ足止めを食ってしまったせいで、かなり時間をくってしまった。
「まー、しょうがないか……」
ぼやきながら、俺は疲れた足取りで歩きつづける。

クン、クン……

「ん……?」
鳴き声のほうに目をやると、一匹の犬が、俺のほうを物欲しげに見ている。
腹をすかしているらしい。
「……ダメダメ」
俺は紙袋を抱えるようにして、犬の視線から隠した。
ただでさえ減ってしまったのに、これ以上戦力を損耗するわけにはいかない。

クゥ……ン……

「…………」
俺は、空を仰いだ。
「……しょーがねーなあ」
俺はため息ひとつ、紙袋からごそごそと牛丼味のライスチョコを取り出し、
封を切った。
「ほら……これ食ったら、もう行けよ」

はぐはぐ……

犬は、たちどころにライスチョコをたいらげてしまった。
なお、尻尾を振りながら、俺をじっと見つめている。

「あのな……」

「…………」

「…………」

「ごめんな、舞・……」

205 :『川澄舞はおやつに紅茶を忘れない』:2001/03/17(土) 03:43
「……というわけでっ」
灯りに照らされた玄関先で、俺は手を合わせて頭を下げた。
「手ぶらで来ちまったんだ。ごめんっ!」
「…………」
舞はじっと俺を見ている。
怒っているようでもあり、呆れているようでもある。
ムリもない。俺だって、いったい何しに来たのかわけがわからない。
「この、埋め合わせは――」
「大盛り」
「……え?」
「牛丼、大盛り」
言いながら、舞は玄関を閉め、俺の手をとった。
「……行かないの」
「あ、いや……い、行くよ。行くって」
(助かった……やっぱり、色気より食い気だなコイツは)
「祐一に、食べさせてもらうから」
「……はい?」
「あ〜ん」
「……マジですか川澄さん」
「マジ」
「……やっぱり、怒ってるんですね川澄先輩」
「……怒ってない」
「でしたらこの手にこめられた万力のよーな力はいったいどう説明を川澄姐さんっ――!」


結局――
「牛丼あ〜んの刑」は2、3口で堪忍してもらったが……
(やっぱり、怒らせると怖いヨ……)
そう痛感した春の一日ではあった――


(余録)
「はい佐祐理さん、ホワイトデーのお返し」
「ありがとうございますーっ、祐一さん」
「はい……佐祐理」
「……って、なぜお前も?!」
「あははっ♪ ありがとう、舞っ」
「しかもナチュラルに受け取ってるし!?」

(余録2)
「おい相沢」
「なんだい北川」
「美坂が呼んでるぜ。校舎裏に来いってさ」
「北川よ」
「なんだ」
「短い付き合いだったな」
「ああ、そうだな」

206 :名無しさんだよもん:2001/03/17(土) 03:46
回しますか?

207 :名無しさんだよもん:2001/03/17(土) 03:47
ほんとうに回すのですね?

208 :名無しさんだよもん:2001/03/17(土) 03:47
回すことに後悔はないのですね?

209 :名無しさんだよもん:2001/03/17(土) 03:48
回されるより回すことを選ぶのですね?

210 :名無しさんだよもん:2001/03/17(土) 03:49
「回しているッ!」と思われてもいいのですね?

211 :名無しさんだよもん:2001/03/17(土) 03:51
「回す」と「川澄舞」は似ていますか?

212 :名無しさんだよもん:2001/03/17(土) 03:52
回す回 と書いて「ガリベン」とか言いたくなりますか?

213 :名無しさんだよもん:2001/03/17(土) 03:53
回ししてもいいですか?

214 :名無しさんだよもん:2001/03/17(土) 03:54
回すより大事なことがあるのではないですか?

215 :名無しさんだよもん:2001/03/17(土) 03:59
『川澄舞はおやつに紅茶を忘れない』
>>197-205

いちおホワイトデエネタですが、2、3日過ぎてしまってるあたりはご勘弁を。
なおタイトルと内容は一致しない場合があります。ご了承ください。

216 :名無しさんだよもん:2001/03/17(土) 04:06
ここってSS以外でも書いていいのですか?

217 :名無しさんだよもん:2001/03/17(土) 04:17
>>216
こういうスレッドもあるよ。
・萌える!葉鍵シチュエーション#4
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=980239420

SS以外ってのがどういうものか分からないけど
実際に↑のスレ見てみて、好きな方に書きこむといいんじゃないかな?

218 :名無しさんだよもん:2001/03/17(土) 04:29
>>217
ありがとうございます。
あちらのスレを利用させていただきます。



219 :Alfo:2001/03/18(日) 07:36
飽きずに懲りずに十七話。
ってことでしばらくの間書き込みはご遠慮くださいー。

220 :Капоп:2001/03/18(日) 07:37
第十七話 カイコ

「カオリ…、今なんて?」
 俺は自分の耳を疑った。
「言葉のとおりよ。これがわたしのゴーストだ、って」
「ゴースト…?」
 俺は言葉を失った。
 ナユキも同様らしい。
「でも、ゴーストなんて…そんな」
「実際に見るのははじめてよね、ナユキは」
 カオリは俺のほうを向く。
「でも、アイザワ君には以前試したかしら」
「ああ…」
 今でも俺ははっきりと覚えている。
 脳髄の奥底をキリキリと刺激する戦慄を。
 あの時廊下で感じた、心臓を冷たい手で握られるような感触を。
 思い出そうとすれば指の長さ、柔らかさまでしっかりと感じられるほどに。
 あれが…あれがもし。
 本当に心臓を握られていた感触だとすれば。
「私のゴーストは、腕という形で顕現するの」
 カオリは両腕を組んだ。
 その仕草は――あえて言葉で表すとしたら――切なかった。
 その腕は、これまでに誰も見たことがないほど優しく、柔らかく虚空を抱きしめていたからだ。
 そこに誰か大切な人が、今この瞬間にもいるかのように。
「…以前に守れなかったものがあるからかもしれないわね。なぜ、自分はそれをこの腕に抱きとめることが出来なかったんだろうって、今でも後悔してる」
 ぎゅっと、組まれる腕に力がこもる。

221 :Капоп:2001/03/18(日) 07:37
「だから、もし次があるならば、それを二度と逃さないようにしたい。そう願ったら、自然とゴーストは腕の形になったわ」
「で、でもカオリ…」
 ナユキがなにか言いたそうな顔をしている。
 しかし、その顔には躊躇が見える。
 そんなナユキの代わりに、俺が口を開いた。
「…どこでその力を手に入れたんだ?」
「……」
 カオリはしばらく応えない。
「……」
「……」
「……」
 沈黙が流れた。
 重苦しくも、安らかでもない沈黙―――。
 真空の沈黙だった。
 しかし、真空は痛みを感じさせずに人を傷つける。
 今この瞬間にも、誰かの心は真空に傷つけられ、血を流しているのだろう。
 そしてその心は、おそらく…カオリなのだ。
「私は…」
 カオリが口を開く。
 心の痛みに気づいたのか。
 それとも、流れ出した血が心から溢れだしてきたからだろうか。
 それは、俺にはわからない。
「私は、裏切り者だから」
 カオリは、泣いていた。

――――――

222 :Капоп:2001/03/18(日) 07:37
 …私は泣いているのだろうか。
 いや、違う。
 光が目を乾かすからだ。
 だから目が涙を流している。
 …そういう意味で言えば、人は常に涙を流していることになるな……。
 もしその人が、光をその目に映しているとすれば。
「太陽がまぶしいですね」
「そうだな…」
 少女も窓から外を見ている。
 この子は、窓の外の全てが偽物という事を知っていない。
 知らなければ、それは本物だ。
 だから、それでいいと思った。
 私はベッドの縁に座り込みながら、少女の声を背中越しに聴いていた。
 私は、この瞬間が何よりも好きだった。
 背中を震わせる声が、静かに気持ちよい。
 この部屋で揺らいでいるものは、その声だけだった。

223 :Капоп:2001/03/18(日) 07:38
「…一つ、疑問があるんです」
「なんだ?」
「どうして、あの人はここからいなくなったのでしょうね」
「あの人?」
「はい」
 少女は膝を抱えなおす。
「以前よく、ここに来ていた人」
「ああ…」
 太陽がまぶしい。
 もう耐え切れない。
 視線を床に落とした。
「もういないよ」
 簡潔に応えておく。
「理由はよくは知らない」
「そうですか…」
 少女は残念そうにため息をつく。
 …今、何を考えているのだろうか。
 いなくなった彼女のことだろうか。
 それならば、都合がいい。
 自分の中で結果ができて、もしそれを口にするようなことがあれば、私はそれを肯定してあげよう。
 そうだと信じるならば全ての事象はそうでありうる。
 彼女に必要なのは、安定なのだ。
 苦しみも、喜びも、何もない―――。

――――――

224 :Alfo:2001/03/18(日) 07:57
投稿中断してすみません。
どうやら、連続投稿の制限が厳しくなった模様です。
原因は、多分、春の人達だと思うんですが…。

ということで、サンクリから帰ってきたらまた書いてみます。
では。

225 :Капоп:2001/03/18(日) 07:58
「―――見苦しい所を見せてしまったわね」
「気にしないでよ、カオリ」
 ナユキは笑顔で言う。
「そういうナユキの明るさに、私は何回助けられたでしょうね」
「そんな…」
 ナユキはいっちょまえに照れている。
「カオリ、これから俺たちは前に進んでいこうと思うのだが、用意と覚悟はいいか?」
 俺は問い掛ける。
 答えなど、わかってはいたが。
「用意はできたわ」
 そしてカオリは予想通りの答えを返す。
「覚悟なら、もうとっくの昔にしてる」
「その意気や好(よし)!」
 俺は手を出した。
「?」
 二人とも俺がしていることに意味をわかっていない。
「あ…そうか」
 ナユキが俺の意図に気づき、俺の手にその手を重ねた。
 カオリもそれに倣う。
 これから俺が行おうとしているのは、儀式なのだ。
 士気を高め、絆を深め…お互いの生存確率を上げるための。

226 :Капоп:2001/03/18(日) 07:59
「俺たちは、愛と勇気と友情の元に、一致団結して作戦を遂行することをここに誓うッ!」
「ここに誓うっ!」
「誓うわ」
「とにかく、一生懸命頑張ろう! ふぁいとっ、だよ」
「そうだ、ファイトだ! お前の行く道をふさぐものは例え上官でも敵だと思え!」
「もう、後悔なんてしたくはないものね。…また、こうやって一緒に楽しくやれる日がくるといいわね」
「そのためには、生きて帰ってくることだ。無理することはないんだぞ、ナユキ」
「…なんでそこで私のほうを向くかなぁ」
「心配だからさ」
 俺は大真面目にそう言った。
「みんな、心配なんだ。俺に関係している人たちのことが。それに…」
「それに?」
「俺にはまだ思い出していないことがあるからな」
「え?」
「お前のこととか、アユのこととか、とにかく昔のことだ」
「ユーイチ…」
「ずっと俺は今に生きてきたからな。昔を振り返ったりはしなかった」
「……」

<!--書ける所まで書いてみます-->

227 :Капоп:2001/03/18(日) 07:59
「だから忘れてしまったんだろうな。大事なことだったはずなのに」
「…大事なことはいつも心の中にしまっておかないとだめよ」
「ああ。そのためにも、俺は忘れてしまったことを取り返さないといけない」
「まだ思い出してもらわないといけないこと、たくさんあるんだよ。ユーイチは」
「だから、俺は生きて帰ってこないといけないんだ。そのためには、ここにいるみんなに頼らないといけなくなるかもしれない」
「私も同じだから、そのことは心配してもらわなくて結構よ」
「カオリ…」
「ユーイチはだらしないからね。わたしがしっかりサポートするよ」
「ナユキ…」
 先ほど開いた扉の中には、俺達の知らないものが広がっている。
 緑色の、気体ののような物質が。
 俺たちには直感的にそれがなんなのかわかっている。
 言葉にするならば…それは、門。
「それじゃあ、行こうか」
「何があるかはわからないけどね」
「わからなくても――門はくぐることに意味があるんだ」
 そして、俺たちは門をくぐった。

――――――

228 :Капоп:2001/03/18(日) 08:00
 私は。
 私は、ここにいるように命じられている。
 ここにいて、来た人を案内するように命じられている。
 来た人を案内するように機関の人に命じられている。
 だから私はここにいる。
 これが私がここにいる意味。
 それで十分らしい。
 私はそう言われている。
 だから、それで十分。

 言われたとおりに。
 言われたとおりに動く。
 それでいい。
 それが、いい。
 そう言われている。
 だから、私はそれでいい。

 でも。
 ある日、心の底で泉が湧くように疑問が生まれた。
 その泉の水は瞬く間に心を満たした。
 …この水は心から溢れ出してはいけない。
 でも、私は心を広げることはできない。
 だから、その水を押さえている。
 それはとても強力なもので、私の力だけでは足りない。
 だから、周りのみんながそれを手伝ってくれていた。
 だからこそ、疑問は今まで表に直接出ては来なかった。

229 :ごめんなさい:2001/03/19(月) 00:25
 Kanon、SS、
〜ごめんなさい〜、水瀬名雪編、

主に、水瀬名雪の見た場面での物語です。
おもな登場人物のプロフィール
(原作と設定が異なる物が有りますお許しを)

相沢祐一、
両親の転勤が原因で、昔過ごしていた北の町に、両親とはなれて
暮らすことになる。いとこので、幼なじみの少女の家に居候することになった。
性格は、少し自己中心的な所がある少年、しかし、心の奥底には優しさを
秘めている。

水瀬名雪
相沢祐一のいとこに当たる。7年振りに祐一に再会する。
本心は嬉しいのだが、昔と変わらない自己中心的な祐一にとまどいを隠せないでいる。
名雪の性格は、おっとりとしており、親切で面倒見のいい性格、しかし、かなりの
ねぼすけさんである。


230 :ごめんなさい:2001/03/19(月) 00:28
水瀬秋子
水瀬名雪の母親、名雪の幼少の頃から二人での生活だった。昔いたはずである主人とはどのような理由で別れた。もしくは主人の死去だったかは、謎であるが、秋子、一人で小さな家族を支えている。
性格はお淑やかで、親切で気の利く女性だ。
しかし長い間、男性のいない孤独感から、とんでもないことになる。

月宮あゆ
祐一が偶然、商店街で出会った少女、祐一が、たい焼きを食い逃げするあゆに出会ってから、ちよくちょく出会うようになる。
なにか大切な物を探している。しかし、それは未だに見つからない。
性格は、明るくて、おっちょこちょい。体当たりが得意技、

231 :ごめんなさい:2001/03/19(月) 00:31
美坂栞
祐一が、学校で外を眺めていたとき雪が降る中、ただ固まったように佇んでいる少女
が気になって、話しかけてから、友好関係を築くこととなる。
幼い頃から病弱で、学校に通うことすら叶わない少女そのためか、
学校を訪れるようになった。
主人公と親密な関係になり、愛をはぐくんだ。しかし、起きなかった奇跡は・・・。
限られた時間の幸せなダンスタイムだった。

美坂香里
美坂栞の姉、栞の存在を否定していたが、祐一と栞とが親密な関係になり、
ふとしたことから。妹という存在を直視する。
性格、冷静で、しっかり者、優等生タイプ、名雪と全く逆の性格だ。

北川潤
祐一の友達とも言える存在、名雪と香里とも仲がよく、名雪と行動をともにする祐一と
仲がよくなるのは自然な流れだった。
性格、ギヤグをとばしたりする明るい、ムードメーカー。

232 :ごめんなさい:2001/03/19(月) 00:33
プロローグ、
北国の厳しい容赦ない寒さがまだまだ続く頃の話である。
少年、相沢祐一は自分の部屋で食事をしていた。一人ではない二人だった。
もう一人は女の子だ、ショートカットをした。おかっぱ頭のかわいらしい少女だ。
少女が昨夜徹夜して作った愛のこもった弁当を祐一は食べていた。
たくさん食べていたのか苦しい表情を幾度か見せながらも平らげた。
少女は嬉しいかったのか、幸せそうな顔をしていた。
幸せいっぱいな少女は美坂栞という。
しかし、彼女は病弱で最後の命の炎を燃やしていた。
約束の時間、少女の命は限られていた。
栞の主治医の予告通りだと、彼女の命は誕生日までもてば良い方だと告げられていた。
だから栞は、必死に最後の炎が消えるまで生きることにした。期限付きで、
誕生日になったら、栞は恋人である祐一と離れることを約束していた。
お互いの同意で・・・。
祐一と出会う以前は、なんども自殺を考えたほど、つらい日々だった。けれども祐一と出会ってから変化が訪れた。
前向きに生きる決心が、しかし、残酷にも命の炎は限られていて、
今にも消えそうなほど危険な状態だった。だから、限られた時間を、病人ではなく、
ふつうの女の子として扱う祐一。


233 :ごめんなさい:2001/03/19(月) 00:36
二人は一分一秒をかみしめながら過ごしていた。
そうして、ふたりは思いをぶつけた。祐一は小さなかわいらしい少女を抱きしめ、
深いキスをした。
今にも壊れそうな少女、栞、それを見ているとその切なさが一気に炸裂したのだろう。
祐一は栞を抱いた。栞は少し恥じた様子だったが、しだいに落ち着き、
ふたりは生まれたままの格好で、結ばれていた。
祐一は、快感をかみしめながら、そして、初めてのなれない行為で痛がっている
栞をいたわりながら。愛を深め合っていた。心だけではなく体も、
祐一のとがった部分と、栞の暖かな隠れた場所を合せ合っていた。
栞の柔らかい体を、愛撫して少しでも気持ちよくしようと祐一は一生懸命だった。
幼さがのこるあどけない体の栞、ちいさくて抱きしめたら壊れそうな栞、
祐一は大切で大切でたまらなかった。
だからやさしく、抱いていた。そうして時間が過ぎ、
祐一は栞の中に自分の思いをぶつけた。
軽率すぎたけれども、祐一はそれだけの覚悟があったのだった。
栞は最後に祐一の思いを表す物を感じていると、幸せな表情になった。
祐一は素直に謝った
「ご、ごめん栞、好きだから思いあまって、な、なかに・・・」
祐一は自分の暴走に焦っていた
しかし、栞は優しくこういった。
「い、いいんです。祐一さんが好きだから」
お互いに後悔はなかった。迷いはなかった。


234 :ごめんなさい:2001/03/19(月) 00:39
残酷にも時間は過ぎていく、二人は出来る限り寄り添い、
思い出を刻んでいった。
約束の時は残酷にも迫っていた。
今は、真夜中の12時が迫っていた。小さなシンデレラにお迎えが来ていた。
甘い夢の終わりを告げるお迎えが・・・。
栞に身体の変化が訪れた。熱が出始めて体が重くなっていく栞、
誕生日を目前にすでに死期の予兆とも言える不吉な兆しだった。
祐一はただ現実を受け止めるしかなかった。
栞はまだやり残したことを言った。ふつう健康な女の子なら他愛のない事柄、
祐一と商店街で買い物をしたり、アイスをたべたり、ゲームセンターで遊び合う事だった
なんでもないその言葉が、祐一には痛かった。
その不憫な小さな少女をどうすることも出来ない無力な自分。
いくらお互いの不幸な関係でも神様は奇跡を起こす気配はなかった。
さらに栞の様態は悪化した。体が火照ってあつく苦しいので、
雪が敷き詰められた地面に寝そべることを望んだ。


235 :ごめんなさい:2001/03/19(月) 00:42
今にも消えそうな炎、しかし、美しかった。栞はほほえんでいた。
短い間の幸せが一生分にも値するほど幸せで嬉しかったと告げた。
祐一はいつのまにか涙を流していた。情けない自分、
悲しい運命の少女栞に対して・・・
幼いころも祐一はなにも出来ないでいた自分を思いだしていた。
そして、今も同じだと、雪が降る勢いが増してきた。栞の体に雪が積もっていく、
祐一は12時にプレゼントを渡すと告げた。
栞はうなづいた。
真夜中の12時の鐘が響いた。大公園の噴水にある大きな時計から、
鐘の音が響く中、祐一はプレゼントを渡した。しかし、しかし、
受取人は相づちを打ったり笑ったりすることはなかった。
ふかく瞼を閉じ美しい人形になっていた。
祐一は夢を見ていた。妹の栞、姉の香里と仲良く学校で食事をしている夢、
すこし意地悪な顔で栞をからからう香里、
ふたりは楽しく冗談をしながらほほえんでいた。
この姉妹を思い描く祐一は幸せそうに栞の隣に横になった。
祐一はどうでもよかった。現実が、
それよりも寝そべって栞の顔を見ながら眠りにつくのを選んだ。
それは、大変に気持ちよかった・・・。


236 :ごめんなさい:2001/03/19(月) 00:42
その後、凍死寸前の祐一は保護された。
この事件、かなりの問題になったが、栞の家族の温情から内密に事はすんだ。
祐一は深く傷ついていた。しばらく学校を休学していた。自暴自棄になって祐一は栞の
ように自殺を何度か企てた。
しかし、名雪や秋子さんの懸命な看護で幾分立ち直った。
そして、なんとか立ち直れた祐一は学校に舞い戻った。
しかし、まだ大切なものを失った衝撃は残っていたのだった。


237 :ごめんなさい:2001/03/19(月) 00:46
そうして、場面は変わる。水瀬家の廊下に・・・。

最近、祐一がこわい。
だって、身に覚えのないことを言うから。
今日の夜中にあった出来事はこわかった。
私がお風呂上がりの後、パジャマ姿で二階に上がり、
部屋に戻ろうとしたとき、突然、祐一に呼び止められた。
「なぁ、名雪、せーくすしないか」
私は祐一が、なにを言っているのか分からず、きょとんしていたら。
突然、胸を触られた。
私は、驚いてしまい悲鳴を上げた。
「きゃあーーーっ」
その後、私は、驚きを隠せない表情でこういった。
「祐一、ひどいよ、冗談にも限度があるよ」
すると、祐一は破廉恥なことを言った。
「なに言ってるんだ名雪、この前も胸さわられて、感じていたのに」
「アレも具合が良くなって、パンパンのしがいがあったぜ」
「もう、かれこれ2回目だから違う体位も大丈夫だよな」
ニヤニヤしながら、祐一がそんな台詞を得意げに言うのだった。
私は、どうしたらいいのか分からなかった。
けれどこのまま、この家にいたら祐一に襲われると本能で感じた私は、
お母さんが入院している病院まで走って逃げ出した。
「ぐすっ、どうしたの祐一、栞ちゃんとなにか有ってから変わちゃったのかな」
「元の生活に戻れると思っていたのに」
私は夜のとばりの中を、パジャマ姿で走りながら涙目でそう思うのだった。

238 :ごめんなさい:2001/03/19(月) 00:49
私は、自分の部屋に戻っていた。昨日の出来事があまりに衝撃的だったので
まだ動揺を隠せないでいる。
私は祐一が怖かったので自分の部屋に鍵をかけてある、初めてかけた部屋の鍵
、それくらい怖い、祐一が・・・・。
それは、昨夜、祐一に襲われそうだったから、祐一のこと、好きだったのに、
信じていたのに・・・・。
祐一が壊れた発言をした理由が分かった。
それは、栞ちゃんが原因ではなかった。なんと、お母さんだった。そう、私の
大切な育て親である秋子さん。
このことは、昨夜、祐一を振りきるように逃げ出してお母さんのいる
病院で知らされた事実だった。
私は、夜の暗闇に覆われている病院の一室、水瀬秋子と表札に書かれている部屋に逃げ込んだ。
逃げ込んだ私をあやすように、お母さんは優しくこういった。

239 :ごめんなさい:2001/03/19(月) 00:51
「名雪がここにきた理由はだいたいだけど分かるわ・・・、ごめんなさい。
私が祐一さんを誑かしたばかりに・・・・」
「た、たぶらかすって、どういう事なのお母さん」
「祐一さんと栞ちゃんが結ばれたのを覗いてしまっていたの、あんな、
熱い関係を見ていて、ねたみの心が沸いていしまった。恥ずべき心なのに・・・」
「栞ちゃんとの事件から、精神的に不安定で、引きこもっていた祐一さんのを看護をしていた。
けれど不安定な祐一さんは、私を名雪だと言うようになった。いつからか、
祐一さんは私に抱きつくようになり、泣いていた」
「わたしは、そんな祐一さんに胸が締め付けられた。どうしたらいいのか悩んでいた」
「私を抱きしめていうちに、祐一さんは私を求めてきた。私は弱すぎたの、
かわいそうな祐一さんの心を埋められるならと思い抱かれてしまった、
お互い寂しかったという同じ境遇だと錯覚したせいで」
「ごめんなさい、名雪、だから祐一さんが、私が演じていた名雪と勘違いして、
性交渉をせがんでいたと思うの・・・」


240 :ごめんなさい:2001/03/19(月) 00:53
「名雪と祐一さんの関係に亀裂をいれてしまった私は、自殺を考えて
自動車事故に遭った。けれども死ぬのは叶わなかった」
「実は、私のおなかの中に祐一さんの子供がいるの、ど、どうしたらいいのか・・・」
お母さんは、衝撃的な事実を告げると嗚咽していた。
私は、お母さんのそばで寄り添いながら泣きやむのを待つように抱きしめていた。
小一時間して、泣きやんで落ち着いたお母さんに私はこういった。
「私が、祐一に事実を告げる、そうしないと、まずいと思うから」
「おねがいします」
と、お母さんは涙目で自分を恥じるように言うのだった。
「あ、謝らないで、お母さん、お願い、私は全然、気にならないから、えっとぉ、
問題が解決したらそれでOKなんだから、泣かないでお母さん」
私は、必死にお母さんを庇っていた、そして、落ち着いた頃に私は帰った水瀬家の家に
、そう、祐一のいる家に、水瀬家の家に・・・・。


241 :ごめんなさい:2001/03/19(月) 00:54
私は部屋に引きこもっていた。隣の部屋の人物が狼に思えて・・・。
高校生になって、初めて休んだ学校だった。
理由はとてもいえない、いとこの祐一が私のお母さんと肉体関係を
持っていた。
持っていただけならまだしも、さらにもう一つ、私の振りをした
お母さんが祐一と結ばれて、しかも、子供を身籠もってしまったのだから。
そうして、追いつめられたお母さんは、交通事故に見せかけて
自殺をしようとした。
けれど失敗に終わってしまった。いくら失敗したとはいえ、重傷
を負い、病院に入院している。半年は病院で治療の生活になってしまった。
私は、この事実を祐一に告げるとお母さんに約束をした。
けれど、言えずじまいだった。
一日がこんなに早いのに正直驚いている、朝、祐一が私の部屋をノックして
いたので、私はこう答えた。
「うーっ、気分悪いから、今日は休ませて、お願い祐一」
「俺にお願いされても仕方ないだろ、とにかく分かった
学校には、名雪が休むって伝えておくからな」
その後、祐一が、病院まで一緒に行ってあげる、とか言っていたけれども
私は、なんとなしに断った。たぶん祐一が怖かったからだろう。

242 :ごめんなさい:2001/03/19(月) 00:55
その後、私は眠りについていた。精神的に疲れていたから。
幼い頃、祐一と離ればなれになってから、今ある生活を夢見ていたのに、
夢は水泡に帰した感じがした。
私は、この事件がまるで運命のいたずらのような気がした。
なにも食べないでかまわず寝ていた。私は楽しい夢を見ていた。
ついこの間の出来事、昔と変わらない性格の祐一、けれどそれがよかった。
他の人がみたら、他愛のないことばかりだけれども、楽しかった。
一緒に登校したり、下校したりして、商店街とかに寄り道をして、
イチゴサンデーを食べたり、CDを買ったりした。
毎朝、私が寝坊するので、祐一が必死になって遅刻しないように
登校させていた。
遅刻しないように秒単位の戦いだった。祐一がいなかったら遅刻の
回数は学年のトップだったかもしれない・・・。
あと、食事のひとときも楽しかった。学食を食べたりした。
祐一が親切に、Aランチを買ってくれたときもあった。
本来は列に並ばないと手に入らないのに、祐一がお前はとろいとか
言って、買ってきてくれた。
その後、祐一は学食につき合わなくなった。はじめは気づかなかった
けれども、栞ちゃんと食事をするようになっていた。
そのころから、私と祐一の関係が変わったのだろうか・・・。


243 :ごめんなさい:2001/03/19(月) 00:55
私は、夢想にふけっていた、けれども祐一の帰ってきた知らせである
家の扉が開いて、バタンと閉じる音がして目が覚めた。
自分では信じられないくらい、敏感に反応して目が覚めてしまった。
けれど、家に帰ってきたのは、祐一だけではなかった。
複数のしゃべり声が聞こえるからだ。
私は、とまどった。このままここにいて良いのか、顔を合わせた方が
いいのか、
しかし、私が悩む間もなく、階段を上っていく複数の音がした。
「おーぃ。名雪、起きてるか」
祐一の声だった。
「名雪、どうしたの心配したわよ」
「俺もだぜ、気分の方はよくなったか!?」
その後に香里と北川君の声が聞こえた。
ドアをノックする音が聞こえる、私は開けたくはなかったが
扉を開けることにした。
「名雪心配したぞ、飯食ったのか」
「名雪のことだからずっと寝ていたんじゃないの」
「ま、まさか、ずっと寝ていたんじゃ・・・」
みんな思い思いのことを言っていた。
「だ、大丈夫、寝ていたら気分が良くなったよーっ、心配かけてごめんね」
私の言葉に安心したのか、みんなは、下に降りようと言い。
私はそれに従い、一階に下りた。
その後は、香里が夕飯を作ってくれた。祐一と北川君は無理矢理夕飯の
手伝いをされたようだ。
香里が現場監督の如く叱咤していた。
「そこ、包丁の切り方が違う、もう、調理バサミのほうがよかったかしら」
「ダシの用意をして、レシピの通りに分量を間違わないでね。」
台所は修羅場みたいだ・・・。

244 :ごめんなさい:2001/03/19(月) 00:56
私は、病み上がりという理由で、手伝いには参加できなかった。
本当は手伝いたかったのだけれども、香里の意見を尊重するため
リビングでくつろいでいた。
私はリビング越しからみんなの様子を眺めていた。
和気藹々としていた。私が仮病にも関われず一生懸命料理を作ってくれている
私は、罪悪感を感じた、しかし、言い訳はしたくないけれども、それほどの
精神的な重み(悩み)から学校を休んだ。
この重みを取り除くために私は戦わないといけない、祐一と・・・。
私がそんな考え事をしているうちに料理が完成した。
「名雪、テーブルまで来て、料理が出来たわ」
「か、香里、今行くからぁーっ」
香里の声が聞こえた、私は、気怠い動きになっている
体を動かしながらテーブルに向かった。
そうとう、応えているようだった。
「名雪、元気ないわね。まだ気分悪いの、医者には診てもらったの」
香里は心配してくれている、私はそんな言葉を聞くと、
思わず泣き出したかった。ここで、お母さんの現状、祐一の隠された事実
すべてを告白したかった。
けれど、出来なかった。


245 :ごめんなさい:2001/03/19(月) 00:58
私は複雑な顔をしていたことだろう。泣き出しそうな顔と、それを隠そうと
ほほえんでいる顔などがミックスされた表情、
けれど、このことは後になって気づくのだが、香里に見透かされていたのだった。
「そ、そんなことないよぉ香里、まだちょっと眠いだけ、もう少し眠ったら
よくなると思う」
「名雪はまるで、動物のナマケモノみたいによく眠るからな」
「相沢君、言い過ぎよ、名雪のことをなんだと思っているの!!」
祐一の毒舌に香里が激怒した。


246 :ネロ:2001/03/19(月) 01:09
>>229から
>>245までの書き込みをした者です。
続きは後日投稿するつもりです。
ご意見感想を待っております。
ではでは

247 :Капоп:2001/03/19(月) 03:00
…でも。
 でも、今は違う。
 私は今一人だ。
 支えてくれる人はいない。
 支えつづけるのは酷く骨の折れる作業だ。
 私は支えることに疲れている。
 このまま行けば、泉の水は溢れ出してくるだろう。
 それは、多分一人では押さえられない。
 一人では。

 遠くの空間が揺らぐ。
 その波動が届く。
 …だれか、来た。
 私はその人を案内する。
 そのための役割。
 私は心をそれに集中させる。

 …ふと。
 ふと、部屋で飼っていた蚕のことが気になった。
 一番最後に見たときは、確か体の周りに糸を吐いて、蛹になっていたはずだ。
 だとすれば、今はもう成虫になっているだろうか。
 生まれ変わっているだろうか。
 …生まれ変わっているのだろうか。
 そうだったらいいな、と願う。
 願うなら、ここではそれは叶うはずだ。

 揺らぎがこちらに近づく。
 出番は近い。
 私は随分前から用意しておいた言葉を脳裏によみがえらせた。
 お待ちしておりました…と。

248 :名雪の闘病記:2001/03/19(月) 03:02
【名雪】
風邪をひいたみたい。授業中に背中を悪寒がはしる。熱もあるなきっと・・・。
「おい、名雪。どうした?」
「あ、祐一・・・ちょっと気分がわるくなっちゃって」

「先生」祐一は手を上げ、先生にさされると言った。
「水瀬が具合が悪いそうなので、保健室に連れていっていいですか?」
「だいじょうぶだよ、祐一・・・」と言ったものの、わたしはすごくうれしかった。

「おまえはにぶいから、自分の病気さえもきずかないんだよな。」
「ひどいよー、祐一。でも、祐一が気づいてくれるからいいんだよ」
祐一、わたしのことを心配してくれるんだね・・・。

保健室で、横たわりながらわたしは考えた。「わたしが病気だと、祐一はわたしだけ
を見てくれる・・・。わたしは祐一と同じ家に住んでいて、同じ学校に通っていて、
同じクラスなのに、いつでも他の女の子ばっかり相手にして、わたしと遊んでくれない。」
そうだ、病気になろう。あの病弱な下級生の子のように。

その日は、祐一といっしょに家に帰り、祐一におかゆを食べさせてもらった。
おかゆもおいしかったけど・・・
祐一と2人だけで遊んだ、小学生のころを思い出して、シアワセだった。

249 :名雪の闘病記:2001/03/19(月) 03:03
【名雪】
翌日。
ウソのように気分爽快。おかあさんの治療は効き過ぎ、今はそれが恨めしい。
でも、「今日は病気。熱はまだあるし、気分も悪い」という作戦をとろう。

祐一が7時ころ部屋に来てくれた。「おはよう、名雪。具合はどうだ?」
「うん、まだ気分が悪いよー。でも学校に行くよ・・・ごほっごほっ」
「いや、お前は休め」
「でも、一人じゃつまんない。祐一も休んでくれる?」
「ばか、できるかってそんなこと。でも早く帰ってきてやるよ」
やった、やったー。作戦成功。
「うん、良い子にしてまってるね」

おかあさんが朝ご飯と体温計をもってきてくれた。
わーい、イチゴジャムとほかほかのパンだー、はぐはぐ・・・。
あ、しまった。食べるのに夢中で体温計に工夫をするのを忘れてた。
急いで布団に体温計をこすりつける。シュッシュッシュッ。目指せ体温38℃。
ガチャッ、急にドアが開く。体温計をとっさに布団の中に隠す。

「名雪。どう、具合は?」
「う、うん。まだ気分が良くないの。熱もあるみたい。」
「体温計をかしてみて(・・・まあ、43℃、ウフフ)。ちょっとおでこを触って
みましょう。・・・そうね、熱もありそう。今日は学校を休むのね、名雪?」
「う、うん。そうするよ、おかあさん(わ、焦った・・・)」

250 :Alfo:2001/03/19(月) 03:03
Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜
第十七話 カイコ
>>220-223
>>225-228
>>247

連続投稿制限、治ったんでしょうか。

251 :名雪の闘病記:2001/03/19(月) 03:05
【階下にて】
秋子「祐一さん、名雪は今日は学校を休むそうです」
祐一「ええ、まだ具合が悪いみたいですね、でも寂しいみたいだったから、名雪に
『早く帰ってくる』って約束しましたよ、あははっ」
秋子「そうですか、あの子うれしそうでしたよ。」

祐一「じゃ、行ってきます」
秋子「あ、そうそう。祐一さん、あの子仮病みたいですから、今日はやさしくして
あげてくださいね。でも、ちょっといじわるしてもいいですよ、クスッ」
祐一「・・・仮病って・・・秋子さん?」
秋子「体温が43℃ですって」「お願いしますね。祐一さん」
祐一「・・・はぁ、行ってきます」

【学校にて】
秋子さんがいうんだから、名雪は仮病だな。しかしなぜ?
・・・やっぱり、「やさしくしてあげてくださいね」って秋子さんがいうんだから、
俺と秋子さんがやさしくしたことがうれしかったのかな。
じゃあ、ちょっと意地悪く、やさしくしてやるか(にやり)

252 :名雪の闘病記:2001/03/19(月) 03:06
【祐一】
高校生は帰りが早い。商店街でプレイに必要なものを調達する。
「ただいまーっ」
家のドアを開けるまえに、大声でどなっておく。
ドアを開けると、どこからかバタバタと音がした・・・気がした。

「名雪は寝ているはずだ。重病人だからな。」とってつけたセリフだ・・・。
名雪の部屋をノックする。「名雪?」
「あ、祐一〜。お帰りー・・・ごほっ」

「まだ、苦しいか?せきもでるのか?」
「う、うん。せきがでるんだよ」
「ううっ、つらそうだな・・・薬を買ってきてよかったよ。『塗る風邪薬VICCSヴェ
ッポ*ップ』だぞ!これは効くんだぞ(効くかどうかなんぞしらん)。塗ってあげるな」
「ありがと・・・うれしいよ、ごほっごほっ」

「じゃあ、胸を出して。自分で塗る?だめだめ。お前、今朝、熱何度あったと思って
んだよ、43℃だぞ。今は落ち着いてても、重病人なんだぞお前は!!!」

253 :名雪の闘病記:2001/03/19(月) 03:07
【名雪】
しまった、43℃まで体温計をあげちゃってたんだ、重病人だよね・・・。
祐一のわたしを思う気持ちに抗えないよー。わたしがパジャマの胸をはだけようとすると・・・

「俺が脱がせてやる。体だけ起こせば良い。」「で、でもー・・・」
「デモも機動隊もない!(キッパリ)」・・・つっこむこともできない厳しさで言
われちゃった。わたしは、しかたなく体を起こす。

「今日は良い子にしてたか、名雪?」そんなことを言いながら、祐一の手がパジャ
マのボタンをはずしていく。
「うん、わたし・・・良い子・・・だったよ(どきどき)」
「じゃあ、今も良い子にしてたら、おみやげをあげるからな」ブラを祐一の手によ
ってはずされる。
おもむろに薬を取り出し、両手の指に、手のひらに塗る祐一。(「わ、わ、わーっ、
どうしよどうしよ」)
説明書を読む顔は真剣そのものだ。「冷たいけど、名雪は良い子だからガマンするんだ」
「うん、わたし・・・いいこ」
祐一は背中に回り、わたしの胸に触れ始める。
「この薬は、塗った後に10分近く良くマッサージをするといいんだって。」
胸全体に薬を塗られる。「ひゃう、冷たいよ・・・」
揉まれながら、2本の指で乳首を挟むようなかたちでマッサージがつづく。(ハァハァ・・・)
「揉まれたところが、少し熱くなってきたら効いている証拠だって。」
「う、うん・・・ちょっと熱くなってきたよ、ハァハァ」
「息が荒くなってから、しばらく揉んでくださいだって。」(あっ、あっ・・・)
「ときどき、乳首も刺激してくださいだって」(・・・なに?なにか言った?はふぅ、ゆういちー)

ようやく、マッサージが終わった。
「これで、呼吸が楽になるからな。よく、頑張ったぞ。良い子だ。」
ブラとパジャマを祐一が着せてくれる。
「う、うん・・・わたし、いいこだお・・・ハァハァ」

254 :名雪の闘病記:2001/03/19(月) 03:11
【祐一】
さて、次は
「名雪、お前やっぱりまだ熱あるよ。顔真っ赤だし、目も赤いし。」
・・・「おでこをくっつけても、熱いじゃないか」
「解熱剤を買ってきて良かったよ。これも効くって、薬屋が言ってたんだぞー」
「これだ、パブ*ン坐薬がいいって言ってたんだ・・・(まあ、ほんとはこども用
だし、健康体に使っても問題ないだろう)」
「ざ、座薬ってもしかしてー?!」
「お前、熱が40℃を超えたままだと人間死ぬんだぞ。タンパク質の変性が始まっ
ちゃって、取り返しのつかないことになっちゃうんだよ!!頼む名雪。俺と秋子さ
んを悲しませないでくれ(ウソ泣き)」
「うん・・・ごめんなさい祐一、ごめんなさい・・・」

「恥ずかしいけど、名雪は良い子だからガマンするんだ」
「うん、わたし・・・良い子・・・」

255 :名雪の闘病記:2001/03/19(月) 03:12
【名雪】
「お前は横になっていればいいから」祐一はわたしのパジャマのズボンを下ろす。
あ、パンティに少し染みができてるかも・・・
「下着も交換したほうがいいかもな、汗をかいてるな。祐一はそう言い、替えのパ
ンティを準備する。パンティに手をかけられたとき、わたしは目をつぶりながら、
腰を浮かした。

「汗を拭こう」タオルで大事なところを拭かれる・・・あっ、自分以外の人の手に
刺激されるとこんなに気持ちがいいなんて・・・ダメっ、わたしは歯をくいしばっ
てこらえようとした。祐一は拭きつづける・・・(ああーっ、ダメだよ。もう許し
てお願いお願いお願いお願いお願いお願い・・・はぁぁぁぁ・・・)

「汗が止まらないみたいだな、やっぱり解熱剤を使わないと」
祐一は薬の袋を切った。「高熱は、体力の消耗などをまねくおそれがあるので、早
目に熱を下げることが大切なんだ(説明書の受け売り)」
わたしは、心配してくれる祐一にうれしくてしかたがない。「ありがとう・・・祐一」
恥ずかしいなんて思っていたわたしが、恥ずかしい・・・。

256 :名雪の闘病記:2001/03/19(月) 03:12
【祐一】
「恥ずかしいかもしれないから、目をつぶっていろよ。名雪」
さすがに俺の喜びの表情は、目をつぶっていてもらわないと隠しきれない。仰向け
の名雪のハダカを前に冷静な振りすらできないっていうか無理。

「良い子だから、我慢できるよな。名雪」
「うん」
「息を吐いている時に入れるからな、痛くないように。息を吸ってー、吐いてー」
吐いたときにあわせ、座薬をいれ、さらに人差し指の第二間接までずぶり・・・。
「あうっ・・・」
「中途半端に入ってると逆戻りするから、2〜3分間押さえているからな。」
って、指を入れたままにして、ちょっと振動を与えてみたり。
声をだす名雪・・・「つらいだろうが頑張れっ。」
「うん、わたし大丈夫だよ」
あえぐ名雪・・・(「おおっ、こんなところもあえいでいるぞ(謎)」)

指は入れたまま、前のほうの汗も拭いてあげよう。病人にたいする思いやりだ。
「また汗を拭くけど、ガマンするんだぞ名雪」「うん」

あ、途中でタオルが落ちたりなんかして・・・いいや指で拭いてあげれば。
「良い子だもんな、名雪は」「うん、うん」
「もうダメか、名雪」「うん、うん」
「・・・・・・・・」「うん、うん」話を聞いてないな。
かわいそうだから、行くところまで行っとこう。
「ハァハァハァハァ・・・うん、だいじょうぶだよ。うん、ダメかも。うん、
ゆういちゆういちゆういち〜・・・ハァ」

257 :名雪の闘病記:2001/03/19(月) 03:16
パジャマを着せた後、名雪に礼を言われる。
頬を染めながら「祐一、ありがとう。きっと明日は元気になるよ」
俺は、一瞬言葉に詰まる・・・「そうそう、イチゴサンデーをお持ち帰りで買って
きたんだ。食べられるよな、名雪?」
「わ、うれしいよー。祐一大好き〜」
名雪に感謝されて、俺は気分良く部屋を出た。

晩の料理は、秋子さんの対名雪特別メニューだった。名雪はベッドでうれしそうに
食べていたそうだ。

【翌日】
朝の居間。
名雪「おはよう、おかあさん。」「やっぱり、健康がいちばんだよね」
微笑みながら、秋子は尋ねる。「昨日は仮病?」
名雪「お、おかあさん。どうしてそれを・・・」
秋子「あらあら(クスッ)。名雪、人間43℃の熱が出たら生死にかかわる状態だって知ってた?」
名雪「・・・・・・」 
秋子「祐一さんも知ってたのよ。でも・・・」
名雪「!?」

・・・階段を降りる祐一の足音が聞こえてくる。
(終わり)

258 :名無しさんだよもん:2001/03/19(月) 03:18
まわします1>alfo氏と書く時間がかさなったね、すまん

259 :名無しさんだよもん:2001/03/19(月) 03:19
まわします2>おいおい多重カキコ?

260 :名無しさんだよもん:2001/03/19(月) 03:20
まわします3>今月に入ってから、こんなものを書き出したよ

261 :名無しさんだよもん:2001/03/19(月) 03:22
まわします4>書き出すと確かになんか感想はほしいかも

262 :名無しさんだよもん:2001/03/19(月) 03:23
まわします5>ねこーねこー名雪スレじゃ長すぎるかなと思って

263 :名無しさんだよもん:2001/03/19(月) 03:24
まわします6>こっちにかいたんだお

264 :名無しさんだよもん:2001/03/19(月) 03:25
まわします7>もっと短くならんかなー

265 :名無しさんだよもん:2001/03/19(月) 03:26
まわします8>だんだん、長くなっちゃってねえ・・・

266 :名無しさんだよもん:2001/03/19(月) 03:27
まわします9>なゆたん・・・

267 :とっとこナユ太郎:2001/03/19(月) 03:31
>>248-249
>>251-257
どうですかねー、はわわー

268 :Alfo:2001/03/19(月) 04:36
>>とっとこナユ太郎氏
いえ、確認もせずに書いちゃった自分が悪いんで、あまり気にしないで下さい。

ところで、まわしたからには上げてもいいのでは?

269 :名無しさんだよもん:2001/03/19(月) 13:09
あげ

270 :名無しさんだよもん:2001/03/19(月) 14:15
dao-

271 :名無しさんだよもん:2001/03/19(月) 19:40
えろマンセー!
あぁ、Keyも思い切ってこういうショートストーリー入れてくれてもよかったのに。
でないとあのゲームはエロがたりん!

272 :togaki:2001/03/19(月) 20:41
>ネロさん
こりゃホントにHP立ち上げた方がえーよー。
まぁそっちがそれでいいならいいんだけれど。

273 :ほかほか兄さん:2001/03/19(月) 21:35
皆さん、様々なご意見ありがとうございます。
正直今回は自信がなかったんですが、非常に
励みになりました。

>>195
鋭いご指摘ありがとうございます。
確かに最後のパートは蛇足っぽいかも知れません。
と、言うのも書き始めの時はみさき先輩は目が見えないので
勝負しても無駄って言うオチで終わらそうと思ってたのですが
終盤に来ていつもまにからっきょを克服したという展開に勝手に
なってしまいまして…。
で、一つ前のパートで終わらそうとも思ったのですが、最初に
浮かんでいたオチをどうしても使いたくなってしまい、あのような
ラストになってしまいました。
その辺りの割り切りが出来れば良かったんですが、妙にこだわって
しまったのがミスの原因だと思ってます。
次回はその辺りのミスがないように精進致します。

では〜。

274 :名無しさんだよもん:2001/03/19(月) 22:13
>ネロさん
引越しの経緯説明と>>1の作業はした方がいいよ。
キツイ意見もちらほら見かけるし・・・
なにはともあれ続きまってるよ〜

275 :名雪・口は災いのもと:2001/03/19(月) 23:29
土曜の朝、祐一が尋ねる「秋子さん、今日同じクラスの北川を泊めてもいいですか?」
「了承。男どうしの友情を深め合ってください。ふふっ」
「いや、そんなんじゃないんですけど。そいつが誰も家にいなくてつまらんとか言ってい
て、なんとなく話が決まっちゃったんです」
「わたしも、出張で今晩は帰ってこられませんから、男手が多いのは頼りになって安心です。」
「留守をお願いしますね。祐一さん」

事情を聞いた名雪は、学校で香里を誘った。香里も名雪の部屋に泊まることになった。

その夜
*校生らしくつつましい宴会が、食卓で開かれた。
「ビールくらい少し飲むか、相沢」「いいねー、男だけ飲酒可ってことで・・・」
「ねえ、名雪。ワインくらいちょっとだけ飲みましょう」「・・・うん、ちょっとなら」
・・・11時ころ、「宴もたけなわでございますが・・・俺、まだ風呂に入ってないんだ。
風呂入ってくるよ。」と祐一、席をはずす。
他の者はすでに風呂は済んでいた。

みんなできあがってベロンベロン・・・。

北川が突然言い出す。
「水瀬は、やっぱり朝、相沢をチューして起こしたりしてるのか?」
(おいおい、セクハラだぞ。北川)
「わ・・・、え、ちがうよちがうよ。・・・おフェラで起こすだけだよ」
「ぐはっ、フェラチオ。で、飲まされたりするのか、無理やり?」
「祐一はそんなひどいことしないよ〜。がんしゃだよ」
「・・・が、顔面発射。」(顔を赤くする香里)

276 :名雪・口は災いのもと:2001/03/19(月) 23:30
ドキドキの北川、「うわー・・・毎朝、相沢は抜いてるんだ?」
「うー・・・、朝だけじゃないよ。家にいるときはやりっぱなしだよ。2人が寝るまで」
「寝るまでやりっぱなし・・・」(うつむく香里)

興奮してきた北川、「じゃ、じゃあ、風呂とかいっしょに入って体をあらいっこしてるのか?」
「そんなこと恥ずかしくてできないおー・・・。わたしがボディ洗いをするだけだよ。
 マットとローションを使って。スポンジは使っちゃダメだからわたしの・・・」
「名雪、それ以上はもう言っちゃだめ」(照れる香里)

悔しそうな北川、「で、どっちが積極的なの?相沢がしたがるんだろ、やっぱり」
「え、ちがうよ。祐一はマグロだもん。わたしがいつも上なんだよ〜」
「・・・マグロですかあ、はわわー」(ちょっと取り乱してきた香里)

オヤジな北川、「じゃあ、水瀬は、もう処女じゃないんだ?」
「うー・・・ちがうよちがうよ、処女だもん。してるのは、お口とおしりと素股だけだよ」
「あうーっ、お口とおしりと素股だけなんだにょ・・・」(意外にヲタだったらしい香里)

もう、投げやりな北川、「ということは、水瀬と相沢は恋人、いや夫婦と同じなんだ?」
「うー・・・、ちがうよー。2人はご主人様と肉奴隷なんだよ。祐一はわたしのご主人様。
 わたしはひたすらご奉仕するだけだもん」
「うぅ・・・肉奴隷なんだにゅ」(「にゅ」ですかって、感じの香里)

277 :名雪・口は災いのもと:2001/03/19(月) 23:30
「名ー雪ーちゃーん!」そのとき、固い表情の祐一が食堂に入ってくる。
「ギクっ、ゆ、祐一〜・・・。お、お風呂は?」
「席をはずしてすぐに俺の話題が出たから、扉のむこうで聞いてましたっ。
 ずいぶん面白いことをお話していましたねー。いやあ、明日から天国、もっ最高ー。」

焦る名雪。「最近、Hな知識が増えたから、ついあんなことを言っちゃったんだよ・・・。
 わたしウソをついてましたでちゅわー。わたし、清らかな乙女なのだ。あれは全部ウソなのだ。
 へけっ。くしくし」かわいいポーズもとってみる。
「・・・ダ、ダメかな、祐一?」

「ダメだっ。まず、一緒にお風呂に入ってボディ洗いだ、肉奴隷ちゃん」
「あーれー、御無体な。ご主人様ー。」風呂場に引きずられていく名雪。

名雪の叫び声が風呂場から響く。「わ、わ、わー・・・いやあああー・・・だめ、まだ心の準備
がああああ!!!」
やがて・・・「こ、この感触は、た、種芋・・・うにゅ〜〜〜」

香里「はあ、ずいぶん下品な言葉を勉強したわね、あの子」

香里「・・・自業自得よね」
北川「・・・自業自得だな」

278 :名無しさんだよもん:2001/03/19(月) 23:31
まわすのだ1>ああ、またつまらぬものを書いてしまいました

279 :名無しさんだよもん:2001/03/19(月) 23:32
まわすのだ2>すこしエロにしか話が行きません(汗)

280 :名無しさんだよもん:2001/03/19(月) 23:34
まわすのだ3>ねこーねこー名雪スレにもややエロ話を書きました

281 :名無しさんだよもん:2001/03/19(月) 23:36
まわすのだ4>あゆが一番すきだったはずなんですが

282 :ネロ:2001/03/19(月) 23:36
>>274さん、ご指摘ありがとうございます。
ご迷惑をかけてしまいました。
遅れながらのですが、作品の経緯を書いておきます。
Kanon、SS、
〜ごめんなさい〜、水瀬名雪編、 ですが
>>229から
>>245までの書き込みをになります。
これは、 過去、★ なげやりな 葉鍵キャラの1日 ★というスレッドで
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=982757010&ls=50
書き込みをした物でした。
なげやりな 葉鍵キャラの1日で書き込みをした番号は
222、264から265 308から310 の書き込みです。
日記風にしているのですが、作風の都合で
長文になっていて、日記風ではないと思い、スレッドの傾向
を考え、当スレッドである
SS投稿スレッドcheese3で、この作品の続きを
発表することにしました。
あと、前回の書き込みで、全部書き込んだら9つ短い書き込みをsageでして回す。
をしていないでした。
当、スレッドのルールを完全に理解せずに書き込んだことを
多謝いたします。
すみません。
これからはミスをすることの無いように気をつけます。
すみませんでした。

283 :名無しさんだよもん:2001/03/19(月) 23:37
まわすのだ5>どうも、名雪のほうが好きらしいです

284 :名無しさんだよもん:2001/03/19(月) 23:38
まわすのだ6>ネロさんこんばんわ

285 :名無しさんだよもん:2001/03/19(月) 23:39
まわすのだ7>輪姦すとうれしいハム太郎ー

286 :名無しさんだよもん:2001/03/19(月) 23:40
まわすのだ8>書くこときれた・・・

287 :名無しさんだよもん:2001/03/19(月) 23:41
まわすのだ9>やっぱり、名雪は「ねこにハムスターをえさとしてあげても可?」

288 :とっとこナユ太郎:2001/03/19(月) 23:43
>>275-277
なのでちゅわー。以上

289 :名無しさんだよもん:2001/03/19(月) 23:44


290 :ネロ:2001/03/19(月) 23:48
sage書き込みの邪魔をいたしました。
すいません。
以後、ブラウザの更新ボタン押してから書き込む
ようにします。
悩みながら書いていたものでして・・・。(泣き
ごめんなさい。


291 :とっとこナユ太郎:2001/03/19(月) 23:58
いやあ、カキコのタイミングって重なっちゃいますよねー。
昨日もわたし、重なっちゃったし(汗)>ネロさん

292 :ネロ:2001/03/20(火) 00:09
>とっとこナユ太郎さん
ごめんなさいです。
マルチみたいにそそかしくて、
申し訳ないです。
あと、ここをご覧になっている皆様にも
ごめんなさい


293 :名無しさんだよもん:2001/03/20(火) 00:41
何かぐっちゃぐちゃになってるな。

294 :名無しさんだよもん:2001/03/20(火) 12:45
マターリマターリ…。
SS書きがあまり低姿勢だと続き書いてくれるのか不安になっちゃいます。

295 :名雪の悩み:2001/03/20(火) 14:08
「わたしのアソコ、変だよね?」どうしても、その気持ちが晴れない。
中学生のとき、鏡でみてみたんだよ、確かめるために。・・・わたし、泣いちゃった。
その後も、わたし、一生懸命で調べたんだよ。
でも・・・、家庭の医学をみても、女の子の赤ちゃんのアソコを見ても、わたしと違ったんだよ。

今、好きな人が近くにいるようになったから、ますます不安がつのる。

「どうしたらいい、けろぴ〜?」
わたしは考えてみる。やっぱり他の人のを見なくちゃ。
そうだ!銭湯に行けば、みんな裸だもん。これでもう大丈夫だよ〜。
「えへへっ、お母さん、今日部活の子と銭湯行ってくるよ」

(銭湯にて)うー・・・よく見えないよ、どうしてどうして?
・・・そうか。下から見ないとだめ、なんだ。・・・振り出しに戻っちゃった。

次の日、授業中に考えてみる。授業なんか聞く余裕ない。
「友達にお願いする」・・・ううん、お願いを他の子にばらされたら「水瀬さんって、エッ
チなんだ」って噂が広まっちゃう。
「香里にお願いする」・・・だめ、絶対だめ。香里に軽蔑されちゃう。きっと、親友に嫌わ
れちゃうよ。
「部活の子に」・・・わたし部長さんなのに、そんなエッチなこと頼めない。
「お母さんにお願いする」香里によりも、こんなこと言えない。

わたしの言うことを聞いてくれそうな、親しい年下の子はいないかなあ・・・?

あゆちゃん!
今はわりと親しいし、うちにも泊まりにくるし、素直だし。そうだ、あゆちゃんに見せてもらおう。
もう、わたしには「あゆちゃん」しかいない。わたしを救ってくれる天使は。

296 :名雪の悩み:2001/03/20(火) 14:09
「商店街に毎日出没するぞ、あゆは」って祐一は言ってたよね、確か。
放課後、わたしは商店街を歩きつづける。「なかなか見つからないもんだよ〜・・・」
気落ちして道端に座りこんだそのとき、「あ、あの羽!」

わたしは大きな声で叫ぶ。「あゆちゃ〜ん、あゆちゃ〜ん」
「あ、名雪さーん」パタパタとあゆちゃんが羽を揺らして走ってきた。
「こんにちは、名雪さん。今日は一人なの?」
「うん、あゆちゃんと会いたくてきたんだよ。・・・(もじもじ)」
「あ、あの、あゆちゃん・・・(アソコを見せて〜っていきなり言ったら逃げられるよね)」
「イチゴサンデー、食べに行かない。わたしのおごりだよ」
「えっ、いいの?名雪さん・・・。うん、うれしい。ボク行くよ」

百花屋で、あゆちゃんにイチゴサンデーを食べさせる。わたしも形だけはイチゴサンデーに
スプーンをつける。(お店の中じゃ言えないよね・・・)
「ショートケーキも食べよ?あゆちゃん。ううん、いいんだよ、お金は気にしないで」
「え、いいの?うん、食べる食べる」
「ケーキおいしい?あゆちゃん」「ん、ふぉいひぃょ」

店を出て、人通りの少ない場所に差し掛かったところで、わたしは決意する。
(うん、言わなくちゃ)
「あのね、あゆちゃん。お願いがあるの」
「なに、ボクにできることなら任せてよ、大船に乗ったつもりでいいからね」
「うん、あゆちゃんにできることだよ」
「あのね」「うん」
「あのね」「うん」
「あのね・・・」「うん?」
「あのね・・・あゆちゃんのアソコを見せて欲しいの」
「うぐ?」
「あゆちゃんのアソコを見せて欲しいの!」

「うぐぅ・・・名雪さん、本気?」
「本気、だよ・・・」
「ほんとに ほんとに?」
「ほんとに ほんとに」
「ほんとに ほんとに ほんとに?」
「ほんとに ほんとに ほんとーに」

297 :名雪の悩み:2001/03/20(火) 14:09
「え、え〜と・・・ごめんなさい。ボク、大船じゃなくて泥舟でしたっ」
ダッシュ。あゆちゃんが走り出す。逃げる気だっ。
早い。
ここで逃げられては、今までの苦労もわたしの未来もズタズタだ。
わたしもスタートを切る。
あゆちゃんには短距離ランナーの素養がありそうだけど、わたしは中長距離ランナーだ。
彼女を見失わければ、わたしの勝ち。

・・・「あゆちゃん捕まえたっ」
「ハーッハーッ、な、名雪さん。こんなに足が速かったの?」
「わたし、陸上部の部長さんだから」
「うぐぅ、詐欺だよ・・・」

あらためてあゆちゃんに頼み込む。
「あゆちゃん。わたしのお願いを聞いて・・・、アソコを見せて」
「だめだよぅ・・・お母さんに叱られるよー」あゆちゃんは、涙ぐんでいる。
あゆちゃんをいじめてるみたいだよ、わたし・・・。
でも、ここでひるんじゃいけないんだ。ふぁいとっ、だよ。

「そうだ、名雪さんが、あゆちゃんの好きなもの買ってあげるよ。だから、わたしの言う
ことを聞いてちょうーだい。」「あゆちゃんは何が好きだったかなー?」

「うぐ、・・・タイヤキ」
「そうだよねー。タイヤキ好きだよねー。タイヤキ買ってあげる、いっぱい買ってあげる」
「それならいいよねっ?」
「・・・(コクリ)」

なんとか、あゆちゃんを説得できたようだ。あゆちゃんに、タイヤキを12個買ってあげる。
あとは早く、済ませてしまおう。

298 :名雪の悩み:2001/03/20(火) 14:10
「わたしの家に行こ、あゆちゃん」
あゆちゃんの手をひき、わたしは歩く。わたしもあゆちゃんも無口。
わたしは心の中でつぶやく。「ごめんね、ごめんね、ごめんね」

「ただいまー」誰も居ないようだ。
とにかく、早く済ませよう。居間を覗く。きょろきょろ・・・誰もいない。

「あゆちゃん、ここに横になって」
「う、うん。」あゆちゃんをソファーに横たえさせる。
「あゆちゃんは、タイヤキを食べていていいんだよ」
「うん・・・モグモグ」
「ちょっと腰をあげてね」わたしは、あゆちゃんのキュロットを脱がす。・・・かわいいパンティ。
「怖くないよ、みるだけだからね」パンティに手をかける。
「また腰をあげて、あゆちゃん」あゆちゃんのパンティを引きずり下ろす。

「うっ、ぐすん。ひっく・・・」見ると、あゆちゃんが泣いている
あゆちゃんは不安でおびえているんだ。
でも、わたしの言った言葉は「足を広げようね、あゆちゃん」だった。
あゆちゃんの片足をソファーの背に乗せる。大事なところが丸見えだ。
わたしは、あゆちゃんの脚の間に顔をうずめる。

あゆちゃんのアソコ・・・。わ、かわいくて、なんてきれいなんだろう。
・・・もっとよく見たい。
わたしは両手の指を舐め、その指でおもむろにあゆちゃんを開いていく。

299 :名雪の悩み:2001/03/20(火) 14:11
そのとき、居間にお母さんが入ってきた。買い物から帰ったらしかった。
・・・「名雪!あゆちゃんに何をしているの!」
「わ、わ、わっ?!」

「あ、あの・・・その・・・わ、わたし・・・・・・。」
「グスン、グスン・・・ヒック・・・うわーーーーん」わたしは、声をあげて泣き出してしまった。

「わ、わたし・・・、あゆちゃんをいじめる気なんて全然無くて、ただ、ただ・・・。
 自分が変なんじゃないかって思っていて、それでそれで、こんなことしか思いつかなくて・・・
 だから、だから、ごめんね・・・あゆちゃんを。あゆちゃん、お母さんごめんなさい。エーンエーン・・・」

お母さんはあゆちゃんのところへ急いで歩みよる。
「あゆちゃん、名雪がすまないことをして、ごめんなさい・・・」
あゆちゃんの涙を拭き、服を整える。そして、あゆちゃんを抱きしめ、背中をさする。
わたしは、これから起きることを考えて、泣きながらうつむいている。

・・・しばらくして、「もう、ボク、大丈夫だよ。秋子さん」とあゆちゃん。
そして、お母さんが、わたしのところへ近づいてくる。わたしは、覚悟して目をつぶる。

お母さんは、わたしのところへきて・・・わたしを抱きしめた。
「お、おかあさん・・・?」
「名雪。悩んでいることがあったのね・・・」

「あゆちゃん、お母さん。ごめんなさい。ごめんなさい」
抱きしめられながら、わたしは泣きじゃくった。
お母さんは、いつものように良い匂いがして、柔らかかった。
お母さんはわたしを抱きしめて、背中をさすりつづけてくれた・・・。

300 :名雪の悩み:2001/03/20(火) 14:13
その後、わたしはおかあさんに、悩みを打ち明けた。
そして、悩みが晴れたんだよ〜(全部は言えないんだけど、一緒にお風呂にはいったんだ)
学校でも、香里は笑わないでわたしの悩みを聞いてくれた。
なんだ。わたし、もっと早くお話しすれば良かったんだよ〜・・・。

ある夜。パジャマ姿でベッドに座り、わたしはけろぴーに話しかける。
「わたしは思うんだよ、けろぴー。この家に生まれてきて良かった。」
「お母さんがいっしょにいてくれて、わたしは幸せだって」

(終わり)

PS.・・・わたしのとった行動は「小さい女の子をかどわかす、ヘンタイのおじさん」と
  まるっきり同じだったって、香里が教えてくれたんだ。
  ・・・ちょっと悲しいよ〜(グスン)

301 :名無しさんだよもん:2001/03/20(火) 14:14


302 :名無しさんだよもん:2001/03/20(火) 14:16



303 :名無しさんだよもん:2001/03/20(火) 14:16


304 :神岸ひかり:2001/03/20(火) 14:18
4

305 :名無しさんだよもん:2001/03/20(火) 14:26
5


306 :名無しさんだよもん:2001/03/20(火) 14:26
6

307 :名無しさんだよもん:2001/03/20(火) 14:27
7

308 :名無しさんだよもん:2001/03/20(火) 14:28
7

309 :名無しさんだよもん:2001/03/20(火) 14:28
9


310 :名無しさんだよ、いししし:2001/03/20(火) 14:37
>>295-300
でし。よろしくでし

311 :名無しさんだよもん:2001/03/20(火) 20:29
あげ

312 :名無しさんだよもん:2001/03/20(火) 23:38
・・・。
何故KANONキャラで・・・?
別にイイけどね(漠)

313 :310:2001/03/21(水) 00:19
やさしいお母さんと、トロい娘が好きなんですー。>今のところ水瀬家萌え・・・

314 :名無しさんだよもん:2001/03/22(木) 23:41
新作SSきぼーん。
ここらでいっちょ、誰彼に挑む勇者求む(w

315 :名無しさんだよもん:2001/03/23(金) 00:06
>>314
そういやまだ一つもあがってなかったんだったっけ?(w

316 :名無しさんだよもん:2001/03/23(金) 00:18
>>314-315
花枝たんスレにはいくつかあったよーな。

317 :もう一つの結末:2001/03/23(金) 05:03

栞の誕生日まであと一週間。
栞はもう、学校には来ていなかった。
かなり危険な状態であるとは、誰に言われなくても解かっていた…

「香里、今日も部活なのか?」
この時、香里に声をかけず帰っていたなら、運命は変わっていただろうか…
「相沢君、一緒に来る気、ある?」
信じられなかった。香里の口からそんな言葉が出るなんて。
「あぁ…でもいいのか?俺なんかが勝手に顔を出して」
「構わないわ。だって、部員はあたし一人なんだもの」

無言でドアを開ける香里に続いて、その部屋に入った。
薄暗い部屋の中央には、魔方陣のような模様が描かれている。
黒い空間に浮かぶ神棚のような物。
壁には不思議な絵や飾り、机には見慣れない怪しげな道具や分厚い本が散乱している。
そして、部屋の隅には蝋燭や、不気味な人形達…

部屋の中央まで歩くと、香里はゆっくりと腰をおろした。
そして静かに目を瞑り……祈る。
ただ、それだけ。
「いろいろ試したわ。……でも、どれも駄目だった」
香里が続ける。
「もうあたしに出来る事はこれ位しか残されていないのよ。
起きないとわかっている奇跡を、それでも信じて祈り続ける事ぐらい…
お祈りだなんて、子供じみてて馬鹿みたいだと思うでしょ?自分でも笑ちゃうけどね」

言葉が無かった。香里はどれだけの時間を此処で過ごして来たのだろう。
もしかしたら、入学以来ずっと…
香里を、死を目の前にした妹を拒みつづける薄情な女だと思っていた自分を恨んだ。
俺は……


318 :もう一つの結末:2001/03/23(金) 05:04
「俺も手伝う。祈る事だけなら、俺にも出来るだろ?」
「時間の無駄よ。こんな事したって何の意味も無いって事、知ってるでしょ?
徒労に終わって虚しさを背負うだけ」
「じゃあ、なんでお前はこんな所でこんな事をやっているんだ?」
「…………」
「まだ、栞が生きているからだろ?まだ諦めて無いからだろ?」
「…そうかも…しれないわね…」
「だったら俺も祈る。神にだって仏にだって悪魔にだって祈ってやる。
俺も…栞の事が好きだからな……栞を助けたいんだよ」
「……そう。なら、好きにすればいいわ」
もう俺達には祈る事しかできないのか。来るべき別れの日まで…

それから毎日、放課後になると2人で部活に出掛けた。
2人だけの…あまりに滑稽な倶楽部活動。
俺と香里は、暗い部屋の中心に座り、ただ…静かに祈った。
奇跡が起こりますように、と。
栞が助かりますように、と。

妹の為に、自分を犠牲にしてまで、今も尚祈り続けるこの少女が幸せになれますように、と。

319 :もう一つの結末:2001/03/23(金) 05:05
三月某日、晴れ。
俺達は学校の裏庭に立っていた。
まるで何事も無かったように…
「相沢君」
考え事をしていたせいで、呼ばれた事に気付くまでに時間がかかった。
「なんだ、香里」
「……やっぱり奇跡、起こらなかったわね」
「ああ……」

起きなかった奇跡。香里が今までして来た事は何だったのか。
栞の死は、香里が悪い訳じゃない。なのに香里は深い傷を負っている。
この少女だけでも救えないのだろうか……俺にそれが…出来るだろうか……

「ねぇ…雪だるま、つくらない?」
思考が遮られる。
「大きな大きな雪だるま。そうね…10メートル位の雪だるま」
「…………香里」
「それじゃ始めましょ」
そう言って小さく丸めた雪を転がし出す。それは段段と雪を絡めて大きくなっていく。
彼女は知っている筈なのに。それが叶わないと言う事を……

「もういいだろ、香里。お前は頑張った…もう……終わりにしよう」
一つの巨大な雪塊をそれでも押し続けようとする少女。
それは動いてはくれない。まだこんなに雪はあると言うのに。
風が一瞬、止まった。
「ふふふ……あははっ、馬鹿みたいね……あたし、何やってるの…よ……っ」
落ちる雫が、一つ、また一つと雪を溶かしてゆく。
震える肩を抱きしめたかった。一言声を掛けられれば良かったのかもしれない。
……出来なかった。 俺には、まだ…出来なかった………


320 :もう一つの結末:2001/03/23(金) 05:06
「……君……相沢君っ!」
呼ばれて、ふと我に返る。
「行きましょう。早くしないと遅れるわよ」
既にいつもの香里がそこに居た。
そうだ…今日は終業式だった。
一つの終わり。そして始まり。
何度も繰返されてきた現実。
一つだけ違う事。
本当に好きだった人が、この世界から消えた事。
一つだけ確かな事。
奇跡が起こらなかったと言う事。
また日常が始まる。今までと同じように。
何事も無かったように。

栞、雪だるま、やっぱりつくれなかったよ。ごめんな。
俺は今、多分…好きな奴がいる。お前と同じ位、馬鹿な奴だよ。
そいつ、一人ぼっちなんだ。どうしようもない位、一人でね。
おまえの事、忘れようなんて思わないよ。
でも、いいよな?あいつの事、好きになっても…
なぁ栞、最後にあの台詞、本気で言ってくれないか?
俺はダメな奴だから…甘えてしまうんだよ、お前の思い出に。
だから一度だけ、一度でいい。俺に本当の嘘を吐いてくれ。

『そんなこと言う人、嫌いです』

春が近い。
雪ももうすぐ溶け始める……


321 :もう一つの結末:2001/03/23(金) 05:07
「……夢……か…」
時計に目をやる。6時15分。少し早く起き過ぎてしまったようだ。
香里は暫く放心したまま、天井の模様から目を離せないでいた。

「助かる可能性は…やはり正直言って殆どありません。残念ですが…」
栞の誕生日まであと一週間をきっていた。
改めて聞くと、不思議と何も感じないものだと香里は思った。
(今のあたし、なんて冷静なんだろう。妹が助からないと聞いても何も感じない…冷たい女)
心の中でそう呟きながら医者の話を聞いていた。
「きせき」
その言葉が、こんなにも陳腐に聞こえた事などあっただろうか。
(奇跡なんて、起きないから奇跡っていうのよ)
…この時の香里はまだ知らない。
もう雪は少しずつ、それでも確実に溶け始めていると言う事を…


322 :もう一つの結末:2001/03/23(金) 05:17

「信じられん!奇跡が起こったとしか言い様がない…」
何故だろう。不思議と涙は出てこなかった。
目の前で母親と父親に抱きしめられている妹。
それを遠くからただ眺めている自分。
黙って病室を出、自動販売機でホットコーヒーを買って、一口、二口と飲む。
一日振りに喉が潤される感覚。
…刹那、静寂の廊下に乾いた音が響いた。
手を擦り抜けた缶が床を転がる。
…泣いていた。溢れる涙を止められなかった。
全身が震える……子供のように声を上げて泣き出したかった。

ドアを開ける。
「お姉ちゃんっ!」
声が響く。大好きな妹の声。
「……………っ」
少しでも気を抜くと、大声で泣き出してしまいそうだった。
「お姉ちゃんっ……お姉ちゃんっっ!うわあああぁぁーーっん!」
「……………栞っ……」

それからどれぐらい泣いていたのかはよく覚えていない。
ただ、その時頭の中に聞こえた声は、今でも鮮明に覚えている…

『良かった。奇跡、起きたんだね』
『祐一君も、栞ちゃんも、香里さんも頑張ったから、奇跡が起きたんだよ』
『これはキミ達が起こした奇跡』
『神様が、最後まで諦めずに頑張ったみんなにくれたご褒美だよ』
『だから神様、ボクにもご褒美をくれるんだって』
『今まで諦めずに頑張ってきたご褒美に、一つだけ願いを叶えてくれるんだって』
『本当にいいのかな…』
『それなら、ボクの願いは……』

323 :もう一つの結末:2001/03/23(金) 05:18
聞いた事のない声。でも確かに、はっきりと聞こえた。
あれは……

コンコン

ドアをノックする音で、意識を引き戻される。
「お姉ちゃん、起きてる?」
「起きてるわ。誰かさんじゃないんだから」
「……そんなこと言うお姉ちゃん、嫌いですっ」
これは夢?冗談混じりに頬を抓ってみる。
……痛い。
当たり前だった。これは現実なのだから……

「お姉ちゃん、ちょっと待って…今靴履くからっ…」
「待たない。先に行くわよ、栞」
「お姉ちゃん…嫌いですっ!わっ…うわわっ……」
ガシャーン!
傘立てが倒れる音。新品同然の制服で玄関から飛び出してくる少女。
「…何やってるのよ、まったく」
「あははっ、私にとって、今日は入学式みたいな物だからちょっと緊張しちゃって…」
「それはよかったわね。でも、早く行かないと遅刻するからあたしは先に行くわ。それじゃ」
「わっ、待って待って!今行くからっ……」

どこまでも澄んだ春空の下を、いつもより少し遅いスピードで歩く。
こんなに幸せでいいの?今、世界で一番幸せなのはきっと……
「……お姉ちゃんっ!待ってって言ったのに…いじわるー」
「そうかしら?あなたが勝手に置いて行かれただけだと思うけど」
「もうー!そんな事言う人っ……あっ…」
「どうしたの、栞?」
「雪だるま、もう溶け始めちゃってる…」
「……またいつでもつくれるじゃない。冬になれば嫌と言うほどね」
「うんっ。今度どっちが大きい雪だるまつくれるか、勝負です、お姉ちゃんっ」
「…そうね。それもいいわね……妹だからって手加減しないわよ」
「望むところですっ!」

そう、ゆっくり歩いていけばいい。
時間はたっぷりあるのだから……

324 :もう一つの結末:2001/03/23(金) 05:19

「よっ、お二人さん!元気だったか?」
「久しぶりだねっ。香里、栞ちゃん」
「そんな久しぶりでも無いと思うけど…あなた達はいつも元気そうでいいわね」
「祐一さん、名雪さん、お久しぶりです!これから一年、宜しくお願いしますっ」
「おいっ、この北川様を忘れてないか?…そうか…忘れてるか…へっ、どうせ俺はサブキャラだよ…」
「うぐぅ、みんな、おはようっ!」
「……ん?今なんかうぐぅっとか言う音しなかったか?」
「そう言えば聞こえたわね。うぐぅ、とかうぐぐとか…」
「うぐぅ…みんな酷いよぉ…」
「お、お前はっ!!……誰だっけ?」
「うぐぅっ、祐一君のいじわるっ!ボクはあゆ、月宮あゆだよっ!!」
「わっ。あゆちゃん久しぶりだよ〜」
「あゆさん、お久しぶりですっ。栞です。憶えてますか…?」
「うんっ!名雪さんも栞ちゃんも久しぶりだよっ。ボクならずっと元気だったよ」
「…ちょっと、みんなこの娘と知り合いなの?」
「あ…そっか、香里は知らないんだよね、あゆちゃんの事」
「…ところであゆ、どうしてお前がうちの制服を着てるんだ?」
「うん。実はね……今日からボク、この学校の生徒になるんだよっ」
「何っ!?お前この学校に転向して来たのか?」
「わっ、そうなんだ。おめでと、だよっ、あゆちゃん!」
「そうなんですか?それはおめでとうございます」
「おめでとうって、あなた達ね……それより、今が何時か分かってる?」
「………げっ!やばいっ!もう時間ギリギリじゃないか!走るぞっ」
「あっ……待ってよ祐一〜」
「わっ、初日から遅刻するわけにはいきませんっ!待ってくださーいっ」


325 :もう一つの結末:2001/03/23(金) 05:20
「ハァ…これじゃ先が思いやられるわ」
溜息混じりに、それでも少し嬉しそうに走り出そうとした時…

「美坂香里さんっ」
「えっ…」
「奇跡って、起こらない事が起きるから奇跡って言うんだよ」

微笑みながら少女が言う。
この声……どこかで聞いた事のある声……
あれは、確か――

「………あ…あなた……」
「初めましてっ!ボクは月宮あゆ。これからよろしくね、香里さんっ」

天使の羽が揺れる。

「…そう…あなただったの……ありがとう」

長い長い夢の終わり。 そして、始まり。


326 :もう一つの結末:2001/03/23(金) 05:26
『本当に…本当にいいの?』
『それなら、ボクの願いは………』


『この世界に生きるものすべてが幸せになれますように』



327 :名無しさんだよもん:2001/03/23(金) 05:28
まわし1>疲れたです

328 :名無しさんだよもん:2001/03/23(金) 05:29
まわし2>連続投稿って…(汗

329 :名無しさんだよもん:2001/03/23(金) 05:29
まわし3>こう言うの書くの、初めてです……難しい……

330 :名無しさんだよもん:2001/03/23(金) 05:30
まわし4>文章滅茶苦茶です…

331 :名無しさんだよもん:2001/03/23(金) 05:37
まわし5>現在形だったり過去形だったり…

332 :名無しさんだよもん:2001/03/23(金) 05:43
まわし6>憶えると覚えるの違いがわかりません…

333 :名無しさんだよもん:2001/03/23(金) 05:45
まわし7>作ると創ると造るの違いもわかりません…

334 :名無しさんだよもん:2001/03/23(金) 05:46
まわし8>分かると解ると判るの使い分けができません…

335 :名無しさんだよもん:2001/03/23(金) 05:49
まわし9>わからない時は全部平仮名です(爆)

336 :姫職人@SS初挑戦:2001/03/23(金) 05:54
>>317-326
香里ストーリーがもしあったなら…と思って書いてみたのですが
あまりに救われない話になったので、無理矢理ハッピーに持って行ってみました。
一応これでみんなハッピーになれると思ってます。
暇だったら読んでやって下さい。

あと、少しだけ質問していいですか?
これも一応SS(サイドストーリーの略?)って言えるんでしょうか?
シチュとの違いが今一よく分からないです。
(私的には大体が会話のみで構成された物を「シチュ」、小説っぽいものを「SS」だと思ってます)
教えて頂けると嬉しいです。
では。

337 :名無しさんだよもん:2001/03/23(金) 09:18
ややぎこちないよーな気はしましたが、良かったっす。
とりとめもなく、思ったことなどひとつ。
文尾の「…」はここぞという時に限定した方が効果的かも。
あと、冒頭部の「解かっていた」はやはり変かも。
ちなみに私は、
・感覚的な意味での「わかった」… 分かった
・合理的な理由により納得した … 解かった
・既に存在していた事情を知った… 判った
って感じに使い分けてます。辞書的意味は知りませんが。
あと、「分る・解る」と「分かる・解かる」の使い分けも悩むところですな。
偉そうなこと言ってスマソ。次回作に期待しておりますです。

338 :名無しさんだよもん:2001/03/23(金) 12:51
>ssとシチュ
すげー単純な分類だと、長いか長くないかかな?
何分割もするようなのは滅多にない>シチュ

339 :名無しさんだよもん:2001/03/23(金) 12:58
あと、話として完結してなくて、一場面をかいてみたっての多い

340 :名無しさんだよもん:2001/03/24(土) 08:24
本人も言っている「無理矢理ハッピー」というの強く感じた。
いっそバッドとグッドは分けた方がすっきりしたかも。
>>320の辺りのノリで行けばそれほど暗くなりすぎない気もするし。

>>324の「うぐぅ、みんな、おはようっ!」 の「うぐぅ」はちょっとキャラ区別の記号に感じる。
その手前の北川の台詞などもギャグ色が濃いので前半との差が大きいように思う。

一つ一つのシーンの描写は良いと思うので整合性があれば一本としてみても良いかも。
次回作に期待。

341 :名無しさんだよもん:2001/03/25(日) 17:05
定期age

342 :名無しさんだよもん:2001/03/25(日) 17:18
姫職人さんって最初の凌辱スレで受け役買って出てた人?

343 :Капоп:2001/03/26(月) 05:59
第十八話 アラタナル邂逅、そして

「ここは…」
「私たちの学校、だよね」
「見た目はそうだけどな」
 門をくぐった俺たちを待っていたのは、俺たちが元からいた場所によく似ている所だった。
 今いるのは生徒会室か。
 ちょうど、入った方向の逆に向いている。
「場所を間違えたのかな」
 ナユキが壁を調べながら呟く。
 俺も、近くにあったガラス戸に手を触れる。
 それはもといた場所の感触によく似ている。
「けどな…」
 だが、俺はこの感触に確信する。
 この場所は…。
「よく似ているってことは、それは偽物だからだ。ここは前の場所の類似品らしい」
「偽物か…」
 ガラスを二枚通した向こうには空が見える。
 前にいた場所の空は偽物だったから、あれは偽物の偽物ということになるのだろうか。
 …それは、偽物でもなんでもない。
 独立した、別の何かだ。
 不意に、ガラスが一枚になる。
 カオリがガラス戸をあけたからだ。
 視線だけを外に出して辺りを確認する。
「…誰もいないわね」
 安全を確認したカオリは、部屋から廊下に飛び出した。
 カオリが合図する。
 それに合わせて。俺とナユキも廊下に出た。

344 :Капоп:2001/03/26(月) 06:00
 まず感じたことは、やはりここが偽物だということ。
 空気に流れがない。そのくせ、全くよどんでいない。
 穏やかでも、苦しくもない。
「ここは…何もない所ね」
 カオリが言う。
「自分達以外の存在は皆一つ…世界を構成しているものがまるで一枚岩のようにつながりあっているわ」
「根拠は?」
「ただの感想よ」
 しれっと言い放された。
「とにかく、ここから進まないとな」
「それもそうだ」
 とは言うものの、一体どちらにいけばいいのか見当がつかない。
 道は左右両方に広がっているのだ。
「たぶん…、こっちだよ」
 ナユキが左の方向を指す。
 そこには上に向かう階段があった。
「なんでかわからないけど、そういう気がするの。直感的に」
「…ですって。どうする? アイザワ君」
「特に否定する理由はないな。肯定する理由もないけど」
「そうね」
「というわけで、お前の言う通り左に進むぞ。このせいで何かあってもそれはお前の責任だな」
「変なこといってプレッシャーかけないでよ…」

345 :Капоп:2001/03/26(月) 06:00
―――――

  来る。

 階段を登る。
 何もない踊り場に足音が満ちていく。

  その波動が私には聞こえる。

 そして。
 俺たちははじめて他の誰かに出会った。

―――――

346 :Капоп:2001/03/26(月) 06:01
「お待ちしておりました」
 一つ上の階。
 そこには何もなかった。
 見渡す限りの床、壁、天井。それだけ。
 人一人がいるにはあまりに広すぎる空間。
 そんなところにに人が一人いた。
 その人影は恭しく一礼すると、自己紹介をはじめた。
 声が深い底に反響するからか、言葉を聞くのと理解するのには僅かな時間差があった。
「はじめまして。私は機関のTAC、ミシオ・アマノと言います。以後よろしく」
「TAC?」
「Tactical Armed Citizens…組織の計画によって作られた者たちよ」
「…それが、ゴーストの力を持っているというのか?」
「簡単に言ってしまえばね」
 俺達の会話を聞いてか聞かずか、ナユキが律儀に自己紹介をする。
「あ…、えっと、はじめまして。わたしは」
「ナユキ・ミナセ様ですね。そちらはユーイチ・アイザワ様」
「……」
「それと、カオリ・ミサカ様で、よろしいですね」
「…お気遣い感謝するわ」
「いえ」
 人影…アマノは緩やかに首を振った。
「…それはいいが、さっきのお待ちしておりましたっていうのはなんなんだ?」
「言葉のとおりです。機関の人がこの先にてあなた方の到着を待っておられるのです」
 先ほどから言葉に上る機関というものは、俺達の言うところの組織なのだろうか。
 …まあ、それをなんと呼ぼうとあまり関係のないことだが。
「私は、そこまであなた方を案内する役目を承っております。それから先は…私の出番ではありませんから」

347 :Капоп:2001/03/26(月) 06:01
「ユーイチ…、どう思う?」
「何が?」
「罠かもしれないよ、これ」
「ああ、罠だろうな」
 俺は何気なく答える。
「でしょ…」
「状況は俺たちにとって不利だってことだ。本拠地に潜入しているんだから、有利なんてことはありえないがな」
「要するに、進むしかないってことなんだね」
「そういうことだ。虎穴に入らずんば虎子を得ず。前任地の諺だ」
「今は彼女についていって、それからどうするかを決めましょう」
「そうだな」
 俺たちが結論を出したところで、アマノは目の動きで俺たちを促した。
「…こちらです」
 アマノはまるで浮遊しているかのように滑らかに床を歩いていった。
 その影が暗い闇に融けて消えてしまわないように、俺たちはその後についていった。

348 :Капоп:2001/03/26(月) 06:13
「けして私の姿を見失わないようにしてくださいね」
 道中、アマノが呟いた。
「道標が無くなると最後、もう進むことも戻ることも出来なくなります」
「一応方向感覚ぐらいはあるんだけど」
「いえ…、そうではないのです」
「というと」
「この場所は、迷っているという意識がこの…願いの世界を作り変えるからです」
「え?」
「それだけでなく…およそ全ての意識がこの世界を毎瞬作り変えています。そういう場所なのです。ここは」
「じゃあ、ためしにこの場所は夏のように暑いと思えば…」
「…暑くなってきたでしょう?」
「…そうだな」
 言葉の通り、体がじっとりと汗ばんでくる。
 皮膚が感じる暑さはあまりにリアルだった。
「同じように、寒いと思えば寒くなりますし、嵐のように風が吹いていると思えば、そうなります」
 アマノが言葉を変えるごとに、世界はその様相を変化させていった。
「元に戻しますよ」
 そういうが早いか、世界は元の空気を取りもどした。
 元の、何もない世界に…。
「理解していただけたでしょうか」
「まあな」
 俺は首肯した。
 というか、もう肯定せざるを得ない。
 実感として体が理解していたからだ。

349 :Капоп:2001/03/26(月) 06:13
「ここが、目的の場所です」
 俺たちは目的の場所についたらしい。
 思ってたよりも早かった。
「…あれ?」
「ここは…」
「校庭、だよな」
「そのとおりですが」
「なんで四階にいたはずなのにいつの間にか外にいるんだ?」
「簡単なことですよ」
 アマノは少し笑った。
「私が世界をそういう風に作り変えたからです」
「なるほど」
 つまり、アマノは来る途中で世界を少し捻じ曲げ、道をショートカットしてきたというわけだ。
「それでは、あちらに見えます建物までお進み下さい」
「え? アマノさんは?」
「私の役目はここまでです」
 アマノは即答する。
「ここから先は、私ではどうにもなりませんから」
「……」
 ほんの一瞬だけ、アマノは表情を変えた。
 それは、笑顔…だったのだろうか。
「最善を尽くしてくださいね。これからも」
「…それは、意外な言葉だね」
「どうしてですか?」
「一応俺たちは敵同士なのに、励ましの言葉をくれるなんてな」
「敵同士…という言葉が適当なのかどうかはわかりませんが、少なくとも私はそうではないと思います」
「どうして?」
「私はあなた達に危害を加えるつもりはありませんし、あなた方もそれは同様のようだからです」
「…思い込みかもしれないぞ」
「思い込みだからこそ信じる気になれたのです。そういう場所ですから」
 アマノはそこで少し微笑んだ。

350 :Капоп:2001/03/26(月) 06:14
「だから、私が激励の言葉を与えたとしても、それは不自然なことではないと思います」
「そういうことか」
 俺は、アマノの頭にぽんと手を置いた。
 その年下らしい少女の体躯は、見た目よりもずっと華奢で、弱々しかった。
「あの…」
「ありがとうな」
「え…」
 少女は途惑いを見せる。
「俺は全力を尽くすから。だからお前は…」
「それ以上は言わなくてもわかります」
 少女は伏せ目がちに言った。
「多分、そういうことなんだろうってことは、最初からわかっていました」
「……」
「…繭は、生まれ変わるために用意されるのですからね」
 俺は、この少女の状況を理解していた。
 ナユキの言葉を借りるなら、直感的としか言い様のない感覚で。
 それは、後ろの二人も同様らしい。

351 :Капоп:2001/03/26(月) 06:14
「でも、生まれ変わっても、罪はきっと私の羽に重くのしかかってくると思います」
「そんなことは…」
「いいんです。それが罰なんでしょうから」
「でも、お前は…」
 無実じゃないか、と言おうとして、少女の手がそれを止めた。
「言わないで下さい。そうなってしまうから」
「……」
 暖かい手が俺の口を塞ぐ。
「この世界では、言葉は非常に重要な意味を持ちます。本来なら、意識だけでは世界は殆ど変わらないのですが、先ほどのアイザワさんの言葉のように、世界に刻み込まれた言葉が局地的にそれを作り変えてしまうのです」
「……」
「これが、私から送ることが出来る最後のヒントです」
 アマノは俺の口から手を離した。
「私のことはもう大丈夫ですから、あなた達は、それぞれの目的を遂行してください」
「わかった」
「それでは、私はここで失礼します」
 その言葉が世界を揺らがせるとともに、アマノの姿が消えていく。
「――さようなら」
 俺たちは止めることも出来ずに、ただそれを見つめることしか出来なかった。
 アマノは、最後の光を残して、完全に見えなくなってしまった。
「…そうか」
 俺は天を見上げた。

「繭に、還ったんだな」

352 :現在回転中:2001/03/26(月) 06:15


353 :現在回転中:2001/03/26(月) 06:23


354 :現在回転中:2001/03/26(月) 06:23


355 :現在回転中:2001/03/26(月) 06:23


356 :現在回転中:2001/03/26(月) 06:24


357 :現在回転中:2001/03/26(月) 06:25


358 :現在回転中:2001/03/26(月) 06:35


359 :現在回転中:2001/03/26(月) 06:35


360 :現在回転中:2001/03/26(月) 06:35


361 :Alfo:2001/03/26(月) 06:39
>>343-351
Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜
第十八話 アラタナル邂逅、そして

二度もsageミスして…、何やってんだ俺は。

362 :名無しさんだよもん:2001/03/26(月) 12:00
気にするな。

363 :mio_2ch:2001/03/27(火) 00:04
折原@地獄車さん にダメ人間認定を受けた、mio_2chです。
感謝の意をこめてダメ人間認定記念
『もし浩平の幼なじみが瑞佳じゃなかったら:椎名繭の場合』
今更思いついたので折原@地獄車さんに捧げます(w
(小ネタでスマソ)

 カシャアッ!
 いつものようにカーテンの引かれる音。
「おい」(ゆさゆさ)
 …ぐー
「朝だぞ、起きろ」
 ぐー…
「たく、もう…ほらっ」
 ばさあっ!(蒲団をはぐ音)

「みゅ〜…あと3尺だけ…」
「単位がおかしいだろっ!」
「ぐー…」
「ほら、もう3尺経ったぞっ」
「経つわけないもぅん…」
「ほら、制服! さっさと着替えろよ」
「みゅ…(ごそごそ)」
「わーーっ! いきなり脱ぐなっ!」(くるり、と背を向ける)
「みゅ…見たの? えっち」(ぽっ)
「おまえが見せるからだろーがっ!」(赤面)


364 :mio_2ch:2001/03/27(火) 00:05
 ごそごそごそごそ…
「…着替えおわった」
「ほらっ、カバン」
 ぱすっ
「早く行こう、こうへい」
「ちょっと待て、天気がいいから蒲団干さないか?」
「うー……おしっこ」
「だーっ! 干しとくからさっさとトイレ行けっ!」
「うんっ」ぱたぱたぱた…

 …じゃー、ごぼごぼごぼ…かちゃ
「ちゃんと手洗ったか?」
「洗ったもぅん」(ごしごし)
「ばかっ、制服で拭くなっ! ほら、ハンカチ」

「よし、行くぞ、椎名」
「まだごはん食べてない」(ぱたぱたぱた)
「そんな暇あるかっ! 置いてくぞ、こらっ」
「みゅ〜♪」(パンを口にくわえてくる)

(♪♪走る!少女たち)

「もぐもぐもぐ…」
「はあっ…まったく、オレはおまえの将来が心配だよ」
「みゅ♪」
「みゅ、じゃないっ!」


365 :To Heart あかりSS:2001/03/30(金) 06:02
日常。そうだあれは、特別なんて、全然当てはまらない日だった。
俺は、眠い目をこすって目覚ましを止めた。予感もへったくれもない、普通の日だとおもっていたんだ。
その時までは…

ぴんぽーん。
玄関の呼び鈴が鳴った。一瞬慌てたが、横の目覚ましを見るとまだいつもより30分も早い。
なんだよ、あかりのやつ今日は変に早くきたな…。俺は制服を着込むと、玄関のドアを開けた。
「あ、浩之ちゃん」
開口一発あかりは俺の名前をいつも通りちゃん付けで呼んだ。
「ったく。なんだよ、こんな早くに」
「浩之ちゃん約束…忘れちゃったの?」
少し寂しげに笑んで、あかりは言った。<BR>約束?何か約束なんてしてたか?俺。
思っていたことがそのまま顔に出たらしい。あかりはしょうがないなぁ、という顔で笑った。
「今日、何の日だか覚えてる?」
「今日?」
別に祝日でもなんでもない。普通の通学日だ。その証拠にあかりも制服を着ている。だとしたら?
なんだっただろうか?
「本当に忘れちゃったんだね」
また、あかりが笑う。寂しそうに。
「わ。わりい。なんだったっけか?」
「いいよ、いいよ。覚えてないなら。じゃあ、朝支度ちゃんと済むまで私待ってるね」
罪悪感を感じてたので、俺は少しばつの悪い顔をしていただろう。
あかりはそれを感じとったように寂しさを消した笑顔を見せた。
「おう、わりぃな。ソファにでも座っててくれ」
俺はあかりを家に招き入れて、その足で洗面所に向かった。
約束?特別な日?そんな覚えは、あかりには悪いが全くない。
いつの話だろう?どういうことだろう?
いくら頭の中の記憶の引き出しをごったがえして探してもその答えは出てこなかった。
「あ、浩之ちゃん、トースト焼いて置いたよ」
俺が洗面所から出てくると、あかりはにこにこしながら、俺ん家に置きっぱなしにしている熊のアップリケのついた
エプロンをつけて朝食を作ってくれていた。


366 :To Heart あかりSS:2001/03/30(金) 06:03
「おう、さんきゅ」
俺は短く礼を言うと、食卓についた。テーブルには、トーストと目玉焼き、
サラダが朝食として丁度いいだけの量盛りつけられていた。
「まだ全然時間あるからゆっくり食べてね」
あかりはまた笑う。
でも違和感が、俺の頭にへばりついて離れない。何故なんだ?
「なぁ、あかり…」
俺は朝食に手を付けながら、あかりに声をかけた。あかりは俺の正面に
座ってにこにことしている。
「ん?なぁに?」
「お前さ…」
言いにくかった。あかりはすぐ我慢する。何に関しても、だ。
例え今俺があかりと別れたいといったとしても。きっと。
…そんな気はさらさらないが。
多分あかりは俺がちゃんと自力で想い出すまで我慢するに違いない。
それはイコール聞いても無駄ってことだ。
「どうしたの?浩之ちゃん。何か変だよ?」
変なのはお前はじゃないか。なんでそんなにさびそうなんだよ。
口から零れそうになって、俺はトーストを口に詰め込んだ。
「まだ寝ぼけてるの?」
くす、と笑ってあかりは席を立った。
「何処行くんだよ?」
凄く、不安に駆られた。何故だかは解らない。
「お手洗い、借りるね」
困ったように笑って、トイレへ向かうあかり。
何で?こんなにも不安になった?
釈然としない。
何か忘れちゃいけないことを俺は忘れてる?
何なんだ。


367 :To Heart あかりSS:2001/03/30(金) 06:04


そのまま、何も聞けず、俺とあかりは学校へ着いてしまった。
別段普段とは変わらぬ、二人。
でも違う。に何かが、違う。微妙な違和感。
もう二時間目が終わっている。教室が酷くざわついている気がした。
「ヒロ!なーにシケタ面してんのよ〜」
「でたな…」
人が悩んでるっちゅーのに、この女は…。
「人をオバケみたいに呼ばないでほしいわね!…で、ちゃんとやったの?」
時々コイツは何の脈略もないところから、しかも主語やらを抜かして会話をしようとする。
「は?宿題なら見せねーぞ」
3年になって俺達は奇跡とも言える4人組同クラスとなった。
だから、志保のお陰でこいつが教室にいる間は始終やかましい。
「違うわよー。あかりとの、ア・レ!」
少し声を潜めでニヤリと笑いながら志保が言う。
「アレって…なんだよ」
「何言ってんのよ。約束してたんでしょ?あかりと」
何でコイツがわかってて俺がわかんねーんだ。
妙ないらだちを覚えた。
「何なんだ、その約束っつーのはよ」
「なっあんた、覚えてないのー?……さいってーね!」
志保は吐き捨てるように言うと、呼び止める間も置かずに背を向けて教室から出ていってしまった。
「何なんだよ…。一体。」
今日はあかりの誕生日でも、俺の誕生日でもましてや、志保や雅史の誕生日でもないし、
他にビックイベントのある日でもない。
それなのになんだっつーんだ。あかりのヤツも志保のヤツも…。
どうして俺だけ何も覚えてないんだ?


368 :To Heart あかりSS:2001/03/30(金) 06:05
「どうしたの?浩之」
背後から声をかけてきたのは雅史だった。
今の一悶着を見てちょっとばかり心配してるらしい。
「いや、何でもねぇ」
俺は曖昧な顔で雅史に答えた。
「なぁ」
雅史がそれに対して返事をする間を与えずに俺は、声をかけた。
多分この時の俺は酷く真剣な顔をしていただろう。
「何?」
心配そうに、雅史は眉をひそめた。
「俺、あかりとなんか約束してたみてーだけど…覚えてねーんだ。お前何か知ってるか?」
「約束?さぁ?僕にはちょっとわからないな。ごめん」
申し訳なさそうに、雅史は頭をかいた。
「いや、いいんだ。こっちこそわるかったな」
そこで、丁度、チャイムがなった。


369 :名無しさんだよもん:2001/03/30(金) 06:06
ssネタに困った時、ちょっとは役に立つかも知れない。。。
↓に書き込んで、このスレにリンク貼るってのでもいいと思う
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=985894884

>>363-364
イイ!

370 :To Heart あかりSS:2001/03/30(金) 06:18
途中あげ勘弁……(;´Д`)
一気に書き込んでまわしますね〜…

371 :To Heart あかりSS:2001/03/30(金) 06:19


三時間目・四時間目と考え込んだし、多分一年分くらい頭を使っただろう。
でも俺は何も思い出せずにいた。
これほどまでに自分の頭の中身の不出来さを呪ったことはない。
あかりとつきあい始めて、こんなにもあかりのことで悩むなんてなかった。
そりゃ、付き合うときはいろいろ考えたけど。
走って購買まで行く気にはなれなかった。そうとう考え込んでいたのだろう。
雅史も隣で何も言わない。
「そんなに大切な約束だったの?」
食堂の席に着いた時に初めて雅史が口を開いた。
「わからん」
俺にはそれしか答えられなかった。
食堂で自分への苛つきを誤魔化すように、昼食を掻き込む。
こんなブルーな気分になるのはいつぶりだっただろうか?
あかりとつきあうか悩んでた頃以来だろう。
その時、俺は自分の馬鹿さ加減に気が付いた。
約束は俺から願ったモノだったんじゃないか!!
俺は、思わず席を勢いよく立った。
「雅史、わりぃ、俺!」
「わかってるよ」
慌てた俺を見て、雅史はにっこり笑って了解した。俺のトレイ下げてくれると。
こういう時、親友とは有り難いものだ。意志の疎通によどみがない。


372 :To Heart あかりSS:2001/03/30(金) 06:20
食堂から出た俺は全力で走った。
階段を駆け上がり、屋上の扉の前に立った時はもう、うっすらと汗をかき、
呼吸もかなり乱れていた。少し吐き気もする。
当然だ、食べて直ぐに全速力で走ったのだから。
でも俺には、それをしなきゃいけない義務がある。
意を決して、その扉をあける。
決して狭くはない、屋上をあかりを探してまた走る。足元が少しぐらつく。
「藤田君やないの」
その時、聞き慣れた大阪弁が耳に入った。
「委員長…」
「どないしたん?そないあわてて」
「あかりっ…っあかり見なかったか?」
俺のあまりの剣幕に驚いたのだろう、委員長は吃驚した顔で向こうのベンチにいたと教えてくれた。
俺は短く礼を言って、委員長が教えてくれたベンチまでまた走った。
鼓動と呼吸が痛いくらいだった。
「あかりっ」
「ど、どうしたの?浩之ちゃん…」
あかりも俺の剣幕に驚いて目を丸くする。
「俺…ごめん」
整わない声で謝る。俺が言い出した、約束。それなのに、俺は……
「想い出してくれたんだね?」
あかりが、ちゃんと笑った。
俺はそれを見て安心して、その場に座り込んでしまった。


373 :To Heart あかりSS:2001/03/30(金) 06:21
帰り道は、一緒に、通学路から離れた所まで来たところで手をつないで帰った。
「きっと想い出してくれるって思ってたよ」
夕焼けに、あかりの笑顔が映える。
何でもない日だなんてとんでもない。俺はなんてバカなヤツなんだ。
幸せにおぼれるっていうのはこう言うことだ。身をもって痛感した思いだった。
あかりに、俺は甘えていたんだ、だからこんな大切な約束も忘れた。
「いっつもこうだな…俺」
いつもあかりに我慢させたり、泣かせたり。そんなんばっかりだ。
「もういいよー。そんな顔しないでよー」
あかりが困り笑顔で、でも朝とは違って幸せそうに言った。
「浩之ちゃんついたよ」
あかりが立ち止まった。
あの公園。
俺達の大切な思い出の公園。
かくれんぼの時も、告白の時も。いつもここであかりをこまらせて、泣かせて、
笑わせた、この場所。


374 :To Heart あかりSS:2001/03/30(金) 06:25
「あかり」
向き直ると、あかりが幸せそうに笑う。
いつも夕暮れを過ぎた頃。今もそう。さっきまでの夕焼けはもう沈み書けている。
「好きだ。付き合ってくれ…俺と」
あの時を想い出す。不覚にも目が潤んだ。
「うん」
あかりが、俺の胸に柔らかく飛び込んでくる。その体の酷く柔らかな感触。
俺から、唇に触れる。
約束。
俺からも、ちゃんと告白したいと言った。
あかりにだけ、そうさせたくなかった。俺も、あかりが好きだとわかりきってるから。
だから、今日にしたんだ。
俺が。
去年、あかりが告白してくれた、この場所で、夜ではなく朝の光の中で。
そうしたいと。
なのに俺はそれを忘れた。
「浩之ちゃん…そんな顔しちゃ、いやだよ」
あかりは笑う。辛いときも幸せなときも。どんなときでも。
「あかり」
俺は、胸が締め付けられる思いだった。きつく、抱きしめた。
あかりの柔らかな、その体を。
「い、いたいよ…浩之ちゃん」
俺の胸の中で、あかりはまた困ったように幸せそうに笑った。


「じゃあ、来年はまた、私が告白するね」<BR>あかりが冗談めかしてくすっと笑う。
俺は冗談にするつもりはない。
来年は、忘れだりしない。
「じゃあ、来年朝迎えに来てくれよ」
俺が照れながらそういうと、あかりは
「うん」
と頷いて、また俺に笑いかけた。
全ての思いを込めた笑顔に、俺には見えた。

375 :To Heart あかりSS:2001/03/30(金) 06:27
まわし(;´Д`)

376 :To Heart あかりSS:2001/03/30(金) 06:28
まわし(;’□’)!!

377 :名無しさんだよもん:2001/03/30(金) 06:32
手伝いますよ

378 :To Heart あかりSS:2001/03/30(金) 06:32
まわしヽ('Д'*)ノ

379 :名無しさんだよもん:2001/03/30(金) 06:32
そーれ

380 :To Heart あかりSS:2001/03/30(金) 06:33
>>377
すんまそん(;´Д`)

381 :名無しさんだよもん:2001/03/30(金) 06:33
まわし(・∀・)

382 :To Heart あかりSS:2001/03/30(金) 06:35
まわーし〜〜愛)´<`)ノ

383 :名無しさんだよもん:2001/03/30(金) 06:37
ボンジュールまわし

384 :To Heart あかりSS:2001/03/30(金) 06:37
らすとっ(;´Д`)y─┛~~

385 :七連装ビックマグナム:2001/03/30(金) 06:42
>>365-368
>>371-374
To Heart あかりSSでつ。
痕長編すっぽり忘れてた罪滅ぼしらしきもの…(;´Д`)

まわしお手伝いありがとやんすーヽ('Д'*)ノ

386 :369:2001/03/30(金) 06:51
あれ・・書き込んだはずなのに・・・
>>385
ごめん!ごめんなさい!
悪気はなかったんだよホント
お詫びにちゃんとSS読むから勘弁して!
(普段読まないけど)

387 :七連装ビックマグナム:2001/03/30(金) 06:53
>>386
別のスレに書き込んでるよおにーさん(笑
そんなに動揺しないでおくれー気にしてないよー。
連続投稿エラーで焦ってたのだ、スマン(;´Д`)

388 :名無しさんだよもん:2001/03/30(金) 07:56
>>385
(・∀・)イイ!!
壮大な長編よりこういう小さな話が読みたい気分

389 :七連装ビックマグナム:2001/03/30(金) 08:09
>>388
ありがとうだよもんヾ(@^▽^@)ノ
長編はプロット組んでるうちにあんなドローリドローリながくなっちまったですえ。
きながーに書いていこうかと。
WAモノも書きたい。。。

390 :名無しさんだよもん:2001/03/30(金) 15:20
>>385
討論スレにあった「報われないジャンル」ですな。
俺は応援してるぜ!

391 :七連装ビックマグナム:2001/03/30(金) 21:08
>>390
討論スレちょっと読んできた。なんかタイミング合致しててアレだが(笑
討論とか議論って最終的には自己の感情がでっぱっちゃうので個人的には正直あんま好きじゃないっす。
結局はイイもワルイも十人十色だから。
「報われないジャンル」だと他人に言われても書きたいなら書くだけ。
そんなんよりも「応援してるぜ」の1レスの方が討論よりも俺にとっては意味があるものでつ。
有り難う、頑張る。

392 :名無しさんだよもん:2001/03/31(土) 08:56
>>385
うん。良かったです。以外にSSっておもしろいんだーね。。。
志保の「…で、ちゃんとやったの?」がリアルで可笑しかった。
B型の女の子って本当に時々主語抜けるんだよね(w
上から読んでて、369があんまり間抜けで大笑いしちまったけど(;´д`)
チャイムが鳴った。一旦コマーシャル〜…マジスマソ。
これで仮は返した!(お

>>1-1000
みんな応援してるよ〜
これからも頑張ってね〜♪

393 :七連装ビッグマグナム:2001/03/31(土) 13:23
>>392
昔かいたものをちょっとだけ手直ししてあぷしてみました。
葉鍵系SSの一番最初にかいたものだけに、このSS結構矛盾点いっぱいあるんだけど(笑
何かめっちゃ嬉しい感想…。これだからのもの書くのは止められないっす。
志保の台詞は考えなくていいから楽でよいです(w
一番困るのは委員長。関西弁わからん。
借りは返された!有り難う!頑張りまつ。


394 :アナウンスAlfo:2001/04/02(月) 06:05
今から書き込みを始めるので、しばらくお待ちください。
連続投稿制限、つらいよ…。

395 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/02(月) 06:06
「さて」
 アマノの名残が目の前から消えてなくなった頃、唐突にカオリが口を開いた。
「いきなりなお願いで驚くかもしれないけど…」
「なんだ」
「私を一人にしてくれないかしら?」
「え?」
 唐突な言葉。
 目の前のカオリは少し笑っている。
 意味不明の微笑み。
「違うのよ…貴方が思っているような意味じゃなく」
 カオリは腕を抱く。
 前髪が揺れた。
 スカートの裾が僅かにはためいた。
 吹くはずのない風が少しずつ届き始めてきた。
 誰かの心が…ざわめいているからか。
「私がここにやってきた理由、まだ話していなかったわね」
「そう言えばな…」
「本来なら、私がここにいる意味と言うのは――」
 ごくっ、と、誰かの喉を鳴らす音が聞こえる。
 或いは、俺の喉の音。
「――元から、あなた達とは別の物だったのよ」
 ざわめきが、強まった。
 さあさあ、ざあざあと風の音が耳にこだまする。
 鏡のように平らだった世界に、揺らめきが現われる。
 石を投げ込まれた水面のように、その波紋は閉じることなく…広がる。
 その最中にカオリはいる。
 ざわめきに揺らされること無く。強固に立ち続ける。
 ――最後の言葉が告げられた。

396 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/02(月) 06:07
「妹を、奪い返しに行かないといけないから」

 ナユキの髪を、頬を、首を、腕を、指を、腰を、足を、爪先を、吹きすさぶ風が渦を巻いて通り過ぎる。
 奪われそうになっているのはその心か。

「奪い返しにって…何を?」
 その疑問に答える義理はカオリには無い。
 もともと、彼女はアキコさんの下で働いてはいるが、直属というわけではない。
 だから。
「答えられないわ。今は、ね」

 その言葉を置き土産に、彼女は背を向けた。
 ナユキは、
 自らの生む風に
 阻まれていた。

第十九話 シンセイ・甲

397 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/02(月) 06:07
 風の向こう。
 歩くことが出来る方向へ。
 ナユキは進んでいく。

 誰も自分を阻まない。
 自分も自分を阻まない。

 心の風の辿り着く場所へ。

「ユーイチ…」
「ん」
「どうして」
「……」
「一緒にいてくれると思った人が、私からいなくなっちゃうんだろうね」
「……」
「……」
「…俺は」
 離れないから。
 言おうとして、言えない事。
 約束も出来ないのに、言えないこと。
 ぎゅっと、喉の奥に呑み込んだ。
 返答の代わりに、俺はあるものを手渡す。
「これは?」
 一粒の小石。
「お守りだ」
「何の?」
「二度と離れないと誓ってくれた友人の置き土産だ」

398 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/02(月) 06:07
 ナユキは、足を止めることなく前に進む。
 俺の渡したお守りを握り締め。
 偽物の、気休めのお守りを握り締め。
 加護なんか…きっと無いから。
 だから。
(誓うのは…俺だ)

 示された場所は体育館。
 中庭を突き抜け、水の無いプールを横目に見ながら、その道は続く。
 お互いに、無言。
 風が冷たかった。
「寒いな…」
「あ」
 ナユキが声を上げる。
「だめだよ」
「?」
「そんなこと、口にしちゃ」
「そうだっけな」
「そうだよ。余計寒くなるんだから」
「……」
「……」
「…おまえも言ってるじゃないか」
「…そうでした」
「全く、自分から言っておいてすぐだめにするんだからな、ナユキは」
「ぜったい、そんなことないよー」
 ぜったい、の部分に過剰な強調をこめながら、ナユキは言った。
「お前がそう言うんなら、そういうことなんだろ」
「そういうことなんだよ」
 その顔は、少し笑ってくれていた。

399 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/02(月) 06:23
 俺たちは旅をする。
 どこともしれない偽物の世界の中を。
 当ても無く。
 目の前に示されるがまま。
 最後に渡された道標を頼りにして。
 そして。
 道標は最終地点を示す。

「ここは…」
 一面の野原。
 そうとしか言い様の無い場所に俺たちは立っていた。
「見たことあるよ、わたし」
 ナユキは遠くの地面を指し示す。
「ほら、あれがわたし達の学校」
「そうらしいなぁ…」
 俺も目を凝らしてその方向を見る。
 いつの間にか見慣れた建物が、ミニチュアのように在った。
「ここは、学校の裏山みたい」
「来る途中で、空間が捻じ曲がっていたのか…」
 気がついたら、俺たちはここにいた。
 アマノよりもずっと長い距離を飛び越えて。
 ふと、――殺気。
「!」
「ユーイチ、どうし…きゃっ!」
 俺はナユキを抱えて横っ飛びに飛んだ。
 そのまま丘の斜面を転がり降りる。
 コンマ数秒の差で、スナイパーライフルの弾丸は丘の土を抉り取った。
 弾痕の仰角は23度…上か!

400 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/02(月) 06:26
 懐に入れたクナイで牽制する。
 影が一つ飛び上がる。
 牽制を避けたそれは、俺たちを飛び越えて、眼前4メートルの所に着地した。
「誰だ?」
「誰か、だと?」
 挨拶の代わりに銃弾が数発叩き込まれる。
 俺に向けられたそれを、つけてきた手甲で叩き落す。
 ナユキを庇いながら、俺は前に出た。
「敵?」
 俺の背後でナユキが言う。
「その通りだ」
 それは空になった弾装に弾丸を入れながら、余裕の表情で答えた。
「悪者だよ」
 二三度瞬きをする間にリロードを終えた相手は、即座に銃口を俺たちに向ける。
 躊躇い無く引鉄が引かれた。
 俺は踏み込んでそれを受ける。
 キキキンッ!
 乾いた音が鳴った。
 俺はさらに踏み込む。
 周囲の光景が加速して、流れ線のようになる。
 集中線の向かう先は、敵。
「おあああああッ!」
 渾身の力をこめた拳を振り上げる。
「ふん…」
 奴は身を屈めてそれに応対する。
 俺の拳が届くよりも早く、やつはライフルを逆手に持ち替え、薙いだ。
 危うく俺の胴を掠める。
 回転の勢いを殺さず、身体を半回転させてライフルの向きを変える。
 俺は全速で射線上から退いた。
 体勢の崩れかけた相手へクナイを投げつける。
 奴は完全に体勢を崩すことでそれを避けた。

401 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/02(月) 06:27
「ッ!」
 慌てて手を放し、その場を離れる。
 三秒遅れて。
 爆発が、20メートル離れた地点で起こった。
 俺が逃げ出すのを確認して、遠くに投げ捨てたらしい。
「戦い慣れてるな…」
「まあな」
 声は後ろから聞こえた。
 頭を薙ぎ払うブラックジャックの一撃を、前転してかわす。
 ほんのわずかな間だけ身体が相手のほうを向く、その一瞬を狙う。
 俺は懐から布を広げ、相手の視界を奪うように投げ広げる。
 それは、相手の顔を狙いどおりに包み込んだ。
 風の流れを計算しての行為だ。
 布が顔から離れる間に、俺は奴からある一定の距離を開いた。
 奴の弾丸は当たらず、俺が踏み込めばコンマ数秒でたどり着く距離。
 俺の必殺の間合い。
 奴もそのことはわかっているらしく、銃口をポイントしたまま、じっと動かない。
「これで、形勢逆転だな」
「そう思うか?」
 言いながら、奴は別の拳銃を抜き打ちで撃った。
 弾丸の直線的な動きは俺の目なら見極めることが出来る。
 複数の射線が生み出す空間の中に、俺は体を畳み込む。

 びしっ。
 視界の向こうに、斜に血飛沫が舞った。

 どうっ。

402 :現在回転中:2001/04/02(月) 06:28
現在回転中

403 :現在回転中:2001/04/02(月) 06:28
回転中

404 :回転中:2001/04/02(月) 06:46
まわしてます

405 :回転中:2001/04/02(月) 06:46
回転回転

406 :回転中:2001/04/02(月) 06:46
ぐるぐる

407 :回転中:2001/04/02(月) 06:47
だいたい5レスくらいで

408 :回転中:2001/04/02(月) 06:47
投稿制限がでるようです

409 :現在回転中:2001/04/02(月) 07:02
あと2つ

410 :現在回転中:2001/04/02(月) 07:03
最後

411 :Alfo:2001/04/02(月) 07:04
>>395-401
Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜
第十九話 シンセイ・甲

なんとかならんもんかね…。

412 :名無しさんだよもん:2001/04/02(月) 07:12
今度機会があったら一から読ませて貰うよ。>>411
元ネタがあるようだけどFSSやったらわかんないかもな…(ショボン

413 :駄スレ認定委員:2001/04/02(月) 07:25
回転駄スレ

414 :Alfo:2001/04/02(月) 07:29
>>412
ありがとうございます。
FSS…、もしかしてFive Star Storiesですか?
あー、俺もそれは読んだ事ないです。
ですから関係ないかと。

元ネタ…、なんだったっけ(笑

415 :名無しさん だよもん:2001/04/03(火) 18:31
えっと… 過去に投稿した、「悪戯から始まる出会いと別れ」の続き的な作品です。
要するに、「舞と真琴が友達になった」と。
では… 久しぶりに書き込ませて頂きます。


416 :悪戯から始まる楽しさと悲しみ:2001/04/03(火) 18:33
「ねえ、祐一」
 ぽつり、と真琴が口を開いた。
「お願いが…あるんだけど」
「一応言っておくが、漫画を買ってくれ、とか言うのはダメだからな」
「あぅ…、そういうのじゃなくて」
 ぷぅっ、と軽く頬を膨らませ、続ける。
「祐一ってさ、友達とか作るの結構上手いでしょ?」
「…上手いかどうかはわからんが、まあ、苦手じゃないと思うな」
「それって…、どうやってるの?」
 唐突にそんなことを聞いてくる。
「…どうやって、って… 普通に話したり、遊んだりしたらいいんじゃないのか?」
「…それだけ?」
 きょとん、とした顔で俺の顔を見る真琴。
「なんだ? 友達がもっと欲しいって言うなら、紹介してやるけど」
「へ?」
 一瞬、何を言われたのかわからないと言った顔。
「あ、あはは。やっぱり、いいわよぅっ」
「…はぁ?」
 よく分からない反応をした後、真琴は慌てたように手を振って。
「なんでもないのっ! じゃあ、真琴そろそろ寝るからっ」
 それだけ言って、俺の部屋から出ていった。

「…なんなんだ…?」

417 :悪戯から始まる楽しさと悲しみ:2001/04/03(火) 18:34
 次の日の、二時間目の休み時間。
「あぅ…」
 きょろきょろと不安そうに周りを見ながら、真琴は三年生の廊下を歩いていた。
 周りの生徒たちの視線を感じ、来なければ良かったかな、と少し思う。
「…真琴?」
 俯いた所に、声。
「あ…」
 見上げると、そこには舞が居た。
「やっと見つけた…っ」
 ぎゅぅっ、と舞に抱きつく。
「……」
 優しく、頭を撫でられる。
「あぅ… 恥ずかしかったわよぅ」
「…どうしたの?」
「えっと… ちょっとだけ…時間いい?」
 微かに涙を目に溜めて、上目遣いで舞を見る。
 返事を期待して、ぎゅぅっ、と舞を抱く手に力がこもる。
「……」
 ちら、と時計を確認する。
 …休み時間は、残り4分と少しだった。
「…ちょっとなら、いい」

418 :悪戯から始まる楽しさと悲しみ:2001/04/03(火) 18:34
「…………」
 舞は、さっき真琴に貸して貰った漫画の表紙をじっと眺めていた。
『これ、すっごく面白いのっ! 舞に貸してあげるから、読んでみてねっ』
 楽しそうにそう言って、真琴は小走りで家に帰ったらしい。
 …そう言っても、いつも通り昼休みにはお昼を一緒に食べに来るんだろうけど。
「…………」
 どうしよう。
 できれば、早めに感想を言った方が喜ぶと思う。
 たぶん、真琴は今日の昼休みに、聞いてくる。
『あの漫画、面白かったっ?』って。
 そこで、まだ読んでない、と言えば、真琴はがっかりするだろう。
 …真琴のそんな顔は、見たくはなかった。
「…………」
 ちら、と時計を見る。
 昼休みまでに残った時間は、3、4時間目の授業とその間の休み時間だけ。
 と、いうことは…
「…………」
 ちら、と黒板の前で数学の問題の解説をしている教師を見る。
 …授業中に読んでおかないと、昼休みには間に合わないだろう。
 ただ、もしそれが先生にばれたら…
「…………」
 舞は、決意を固めた。
 そして… できるだけ音をたてないように慎重にページをめくりはじめた。

「…………」
 ぴら…
 ページをめくる音が、読み始めた頃と比べ、かなり大きくなっていた。
 …面白い。
 真琴を悲しませないためにという当時の目的は消え、今はただ純粋に漫画を面白いと思っていた。
「…………」
「…じゃあ、ここを…川澄」
「…………」
「…川澄?」
 びくっ!
「ぁ…」
 ぱたんっ、と慌てて漫画を閉じて、前を向く。
 周りから微かに笑い声が聞こえ、舞は俯きがちに黒板に書かれている問題を見た。
「…………」
「…どうした、川澄?」
「…わかりません」
 ぽつり、と答える。
 授業を聞いていない状態で即答できる問題でも無かったし、今はっきりと問題に集中できる状態でもなかった。
「そうか。じゃあ、その後ろの席の…」
 幸い、教師は何も言わずに授業を進めた。
「…………」
 …危なかった。
 大丈夫、あとちょっとで読み終わる。
 続きは、次の休み時間に読もう。
 そう決心しなおして、舞は授業に集中するため、前を向いた。


419 :悪戯から始まる楽しさと悲しみ:2001/04/03(火) 18:34
「…………」
 指が、ゆっくりと机の中に押し込んだ漫画へと伸びる。
 …1ページだけ…。
 そう思って。
 唐突に声をかけられたため、本当に中途半端な所で閉じてしまったのだ。
 これでは、授業に集中できない。
 そして、漫画を机から出し、慎重に読み始める。
「…………」
 …ぴら…
 1ページが、過ぎる。
 けど、ここで止めたらきりが悪い。
 きりのいいところで、読み終わろう。
 ぴら…
 …ぴら…ぴら……

「…川澄」
「…っ」
 慌てて本を閉じて、前を向く。
 教師が、目の前にいた。
「普通はな、一度注意されたら同じ時間中は止めておくんだ」
 そう言って、ひょいっ、と漫画を掴む。
「ぁっ…」
「没収しておくぞ」
 それだけ言って、教師は黒板の方へと戻っていった。
「…………」
 どうしよう。
 …読み終わらないと、真琴に感想が言えない。
 その前に、あの漫画は借り物だから、真琴に返さないといけない。
 …返せない。
 …どうしよう…
「…〜〜っ」
 思考がぐちゃぐちゃになり、舞は泣きそうな顔で、じっと教師の持っていった漫画を見ていた。

420 :回し中〜:2001/04/03(火) 18:47
連続投稿制限…辛いです…

421 :回し中〜:2001/04/03(火) 18:48
とりあえず… 前編、ということで

422 :回し中〜:2001/04/03(火) 18:49
後編は明日、もしくはあさってあたりに投稿します。

423 :回し中〜:2001/04/03(火) 18:54
よっつめ…

424 :回し中〜:2001/04/03(火) 18:56
5つめです。

425 :回し中〜:2001/04/03(火) 19:03
6つ目…

426 :回し中〜:2001/04/03(火) 19:04
7…

427 :回し中〜:2001/04/03(火) 19:04
8…

428 :回し中〜:2001/04/03(火) 19:04
9…

429 :名無しさん だよもん:2001/04/03(火) 19:07
>>416-419
というわけで、前編です。
では。


430 :名無しさんだよもん:2001/04/03(火) 19:37
新作?

431 :名無しさんだよもん:2001/04/04(水) 03:45
age

432 :名無しさんだよもん:2001/04/04(水) 07:43
いい感じ。
SSは舞が一番面白い展開になるね。

433 :名無しさんだよもん:2001/04/04(水) 09:56
あぶらあげ


434 :名無しさんだよもん:2001/04/04(水) 20:19
晒してageよう(w

435 :>:2001/04/06(金) 01:21
後編が楽しみだよ。

436 :花(全4回:第1回):2001/04/06(金) 20:30
天野に誘われて花見にゆく道すがら、おれは後悔しどおしだった。
市内のどこかであるはずだが、いま自分がどこにいるのか見当がつかない。
おれたちがゆく、人ひとりとおれるだけの山道の両脇は木々が壁となって、
自由な視界をさえぎっている。これがなければいつもの街が眼下に見えるはずだ。
鶯の声や木々の葉ずれは山から生じる天然の音楽となって流れだし、
天野はそれにあわせて機嫌よくふるい流行歌をハミングしていたが、
荒い山道におれははずむ息と暴れる心臓をもてあまして、
とても自然のなかの散歩を楽しむことはできなかった。
「天野、ここは、どこだ」
それでもおれは天野の背中に尋ねずにはいられなかった。
天野は立ち止まって、すまし顔でおれのほうをふりむいた。
「北山です」
そう、ここは通称「北山」だ。市の北側にそびえるいかつい山並みが
市民に親しまれている。しかし実際に山中に親しむような物好きは少ないはずだ。
標高は高くないが、はげしい起伏が人をよせつけない。ここはそんな山だ。
ひじまで袖を折り上げた淡い黄色のシャツに、細いジーパン。
足にはふつうのスニーカー。
ちいさいデイパックのストラップを2本とも片方の肩にかけた天野は、
街を歩くようにかろやかで、低山といえど、とても山歩きをするような格好ではない。
「公園の、桜、並木じゃ、だめ、なのか」
「人ごみはきらいです」
天野はまた歩き出して、その健脚を見せつける。
コンパスの違いにもかかわらず、おれには天野の背中を追うのがやっとだった。
天野の足どりは軽く、あやまたず、時計がつねに同じリズムをきざむように確かだった。
慣れない山歩きで息はあがりどおしだが、それでもおれは話す努力をやめなかった。
天野にみっともないところを見せるのがいやだったからだが、
息もたえだえな話し方はかえってみっともなかったことだろう。

437 :花(全5回:第2回):2001/04/06(金) 20:33
「狸か、狐でも、出て、きそう、だな」
必死で天野との会話を続けていたが、無意識にそんな言葉がころがり出たとき、
おれは考えなしに言葉を垂れ流していたことを後悔した。
真琴のことははやく忘れたかった。桜の季節になってもまだ心がほつれたままのおれは
足にからみつく過去から脱けだそうと必死でもがいていた。
次に進むために、悲しい記憶を振りきろうと、むなしい努力を続けていた。
天野も同じはずだ。かつて手ひどい痛手を心にうけ、心を閉ざし、
その彼女をおれはふたたび巻き込んで、また同じ苦しみを与えてしまった。
それは天野にたいするおれの負債であり、もう悲しませまいとする気遣いから、
おれは天野のまえでは真琴たちを思い出させるようなことは口にするまいとしていた。
「いますよ。狸も狐も」
しかし、そうこたえる天野の声は歌うようで、なんの屈託もなかった。
おれは、まだ真琴のことを引きずっているのはおれだけであることを知った。
天野はもうすでに心の整理をつけている。
ちいさな背中の女の子は、暗くて寒い冬に、おれより強い心で立ち向かっていたのだ。
冬が深まり、去って、春が来てもなお真琴のことを忘れられないでいるおれは、
ただ過去を恐れ、天野を気遣うふりをして実は自分を痛みから守っていただけだ。
でも天野は違っていた。
思えば、天野は真琴とかかわったときから覚悟を決めていたのだろう。
すでにいちど離別の苦さを味わい、さらにまた同じ思いを繰り返そうと決意するには、
どれだけの内省と煩悶が必要だったか、逃げていたおれには想像もつかない。
恐ろしくておれが正面から向きあえなかったものを天野は見据え、打ち勝ったのだ。
深くて果てなどどこにもなさそうに思える葛藤をそのちいさな身体に隠して、
大木がやがて来る春に花を咲かせるため厳冬の風と雪を静かに堪え忍ぶように、
天野は冬を過ごし、この春を迎えていたのだ。

438 :花(全5回:第3回):2001/04/06(金) 20:35
ちくしょう!
おれは山道に震える膝を強く平手で叩いた。その音の激しさに天野が驚いて振り向く。
ふしぎそうにおれの行動を見つめる天野の無邪気さがおれには痛かった。
それはなにも知らぬ子供の無邪気さではない。
すべての悲しみを知って静かに老いた人がむしろ子供の表情を見せるのと同じような、
たくましい心からこそ生まれるやわらかな光だ。
おれはせめて天野においていかれまいと、心ではまだ追いつけなくとも
すくなくともその存在だけは見失うまいと、そうしてさえいればいつかおれも
天野と同じところにたどり着けるような気がして、それからは黙々と細い道を歩いた。
どこにたどりつくかはわからないけれど。

439 :花がすごした冬と春(全5回:第4回):2001/04/06(金) 20:35
木々に深く閉ざされた道はとつぜん覆いをとりさった。
道は林から崖ぞいに這いだす、対面する山の斜面が陽を浴びて姿をさらしていた。
まだすべての緑が萌えだすには早いが、木々には確実に春の気配がみてとれる。
斜面に生えている木の一本は控えめに白い花を楚々と開かせていた。
天野は肩からデイパックをおろして、斜面を見晴らすのによい岩のうえに腰をおろした。
おれはどうにか息を整えた。
「休憩か」
「いえ、目的地です」
「桜なんてどこにもないぞ」
「ありますよ」
そう言って天野が指したのは、斜面に一本だけ花をつけているあの木だった。
「……あれが?」
花といっしょに葉をつけているそれは、どう考えてもおれには桜とは思えない。
「山桜というのは、そういうものです」
おれの疑問にたいして、天野の回答は明快だった。
山桜の名前を聞いたことはあっても、見るのははじめてだった。
公園に集まって狂ったように花を咲かせているみだらな染井吉野とはちがって、
たくさんの木々のなかに埋もれ、それでも自分が自分であることを忘れずに、
すっくりとただ静かに空に顔を向けてささやかに花を咲かせている山桜は、
その細くてたよりない幹のなかに強靭さを隠していて、
いままでに見たどんな花よりもおれの心をとらえた。
「このあたりで山桜が見られるなんて、ほんとうにめずらしいんですよ」
「もっと近寄らなくてもいいのか」
「ここからでもじゅうぶんに見えますから」
そのとおりだった。わざわざ木の足許にいくことなど野暮だ。
悲鳴を上げる足腰の不平にしたがって、おれは落下するように腰をおろす。
人はなく、鳥と木と風が低い自然の和音を鳴らす以外には音がなかった。
「わたしだけの穴場です」天野は誇らしげにちいさな胸をそらせた。
「でも、相沢さんにも、この桜をお見せしたいと思ったんです」
すなおにおれは感謝した。ここまで来るための労力をおぎなって余りある。

440 :花(全5回:第5回):2001/04/06(金) 20:35
「よく来るのか、ここに」
「いえ、前に来たのは……4、5年まえでしょうか」
「お気に入りの場所なのにずいぶんだな」
「覚えていれば、だいじょうぶですよ」
天野はゆっくり確実に言葉をきざんだ。
「心のなかにあるものには、時間も場所も関係ありませんから」
乾いた土のうえに、草が芽をだすために撒かれた水がゆっくりと黒く染み込んでゆく。
「忘れなければ、だいじょうぶです」
できるだろうか、おれに。
天野が苦しみの水底から力強く賢さとうつくしさを漲らせたように、
おれもいつか、おおらかに茎をしならせて花を結ぶことができるだろうか。
天野はデイパックから水筒を取り出してお茶をすすりはじめた。
おれは喉の渇きに、このときはじめて気づいた。
「お花見にくるのに、どうしてなにももってこないんですか」
「屋台で買えばいいと思ってたんだよ」
不平がましくて物欲しそうなおれの目に肩をすくめて、
天野は自分のコップにお茶をいれておれに渡した。
「いいのか」
「なにがですか」
質問の意図をつかめずにいぶかる天野にこたえるよりさきに、
おれはコップのなかのほうじ茶をひといきに飲み干した。
そしてすっかり空になったコップを天野にさしだす。
「間接キスだ」
「…………っ!」
スイッチでもはいったように一気に顔を真っ赤にして、
颶風の勢いでおれの手からコップをひったくる天野はどこにでもいるただの女の子だ。
でもその女の子は、おれの手の届かないはるかな前にいて、
はやくこちらに来いと手を振っておれを導いている。
だからおれは天野のもとへ歩いてゆく。
天野と、真琴と、そして天野の「あの子」が笑って待っているいるにちがいない。
おれはゆく。そしてそこできっと彼女たちとの再開を果たすだろう。

441 :名無しさんだよもん:2001/04/06(金) 20:47
回転1

442 :名無しさんだよもん:2001/04/06(金) 20:47
回転2

443 :名無しさんだよもん:2001/04/06(金) 20:53
回転3

444 :名無しさんだよもん:2001/04/06(金) 20:53
回転4

445 :名無しさんだよもん:2001/04/06(金) 20:54
回転5

446 :名無しさんだよもん:2001/04/06(金) 20:59
回転6

447 :名無しさんだよもん:2001/04/06(金) 20:59
回転7

448 :名無しさんだよもん:2001/04/06(金) 21:05
回転8

449 :名無しさんだよもん:2001/04/06(金) 21:05
回転9

450 :名無しさんだよもん:2001/04/06(金) 21:09
>>436-440
美汐スレより出張。長くなりすぎたのでこちらに投稿させていただきました。
第4回目のタイトルが旧案のままに投稿されてしまいました。ご容赦を。
タイトルは「花」です。
……いったいどれだけのみしおたんスレから見に来てくれるんだろう。

451 :名無しさんだよもん:2001/04/06(金) 23:26
漏れはこっちもみてるよ
でも、みしおたんスレにもurlのせとかないといかんのでは?

452 :悪戯から始まる楽しさと悲しみ:2001/04/07(土) 19:30
 舞が呆然としている間に、授業は終わった。
 授業後に返してくれるかもしれない、という微かな期待を裏切り、教師は真琴の漫画を持って教室を出ていく。
「…………」
 その姿を目で追いながら、考える。
 …どうしよう。
 目に微かに涙が溜まっているのにも構わず、じっと考える。
「…………」
 …今から教師を追いかけて謝れば、返して貰えるかもしれない。
 そう考えて、席を立とうとしたとき…
「舞っ、どうしたの?」
 声とともに、足音が近づいてくる。
 ゆっくりとそちらを向くと…
「…佐祐理」
「舞…、目、赤いよ? どうしたの?」
「…なんでもない」
 ごしごしと服の袖で目をこすり、席を立つ。
「なんでもないって… 舞、泣いてたんだよね? どうして…」
「…なんでもないから」
 言って、教師の後を追おうと廊下を見る。
「…………」
 もう教師の姿は見えない。
 少し、走らないといけなくなった。
「…ふぇ…」
 そのまま、廊下に出ようと一歩踏み出した所で佐祐理の声が聞こえた。
「佐祐理…?」
 立ち止まり、振り返って…
「…ぁ…」
 ぴくっ、と体が震えた。
 佐祐理が、悲しそうな顔で舞を見ている。
「さ、さゆり…?」
 そのまま、舞は固まって。
 おろおろと佐祐理と話をしているうちに、気が付けば休み時間は終わろうとしていた。

453 :悪戯から始まる楽しさと悲しみ:2001/04/07(土) 19:30
「あぅーっ♪」
 正午より、少し前。
 真琴は、学校へと向かって歩いていた。
 真っ直ぐに学校へと歩くなら少し早く着いてしまう時間だが、今日は少し違った。
「あははっ…♪」
 ポケットの中にある財布の感触を楽しみながら、商店街へと歩く。
 今日は商店街で肉まんを買ってから学校にいこうと思っているのだ。
 お金は… 秋子さんに貰った物。
 軽い足取りで商店街へ着き、小走りで目標のお店へ。
「えっと… 肉まん3つくださーいっ!」
「あいよっ!」
 既に顔なじみになっている店員に向けてにこにこと笑いかけながら、肉まんを待つ。
「はい、お待ち遠様」
「あぅっ♪」
 暖かな感触を楽しみながら、店員にお金を払って外へ出る。
 そのまま、次の目的地へと歩く。
 貰ったお金が少し多かったため、余裕ができたのだ。
「確か、新刊出てたよね…」
 本屋の中に入り、きょろきょろと辺りを見回す。
「……あぅ?」
 ふと、違和感。
 普段ならここにいるはずのない誰かが、店の中にいた。
「…あれ…?」
 まだ、授業中のはずだよね…?
 そう思いながら、近づく。
 一生懸命、本棚を見て…何かを探してるようだった。
「舞、どうしたの?」
「っ……!?」
 びくっ!
 大きく震えて、舞は…こちらを振り向いた。
「…ぁ…」
「どうしたの? まだ、授業中…だよね?」
 泣きそうな顔で真琴を見ている舞。
 真琴はその瞳を不思議そうな顔で覗き込みながら、舞の答えを待った。


454 :悪戯から始まる楽しさと悲しみ:2001/04/07(土) 23:51
「ちょっと…買い物」
「ふーん…」
 ひょいっ、と、真琴が舞の見ていた本棚を見る。
「マンガ?」
「…え?」
「あはは、マンガ探してるんだよね? 言ってくれれば一緒に探してあげるわよぅっ」
「…ぁ…」
 答えに、詰まる。
 マンガばかり置いている本棚をじっと見ていたのだから、違うとは言えない。
「…探したけど、無かったから」
 咄嗟に、そう答える。
「ホントに? こういうのって、人に探して貰ったらあっさり見つかったりするんだよ?」
 にこっ、と笑って、真琴が舞の顔を覗き見る。
「タイトル、なんて言うの? 真琴も一緒に…」
「…そろそろ、時間だから」
 咄嗟にそう言って、真琴を見る。
「あ… そうなんだ」
 こくり、と頷いて、一歩出口へと歩く。
「そろそろ、学校に戻らないと…」
「あぅーっ♪ じゃあ、真琴も一緒に行くーっ」
 ぎゅっ、と舞の制服の裾を掴んで、嬉しそうに言う真琴。
「…………」
 そんな中、舞は俯きながら、考えていた。
 …どうしよう…

455 :悪戯から始まる楽しさと悲しみ:2001/04/08(日) 00:38
「そういえば、舞…」
 二人で話しながら学校へと歩いていると、ふと思いだしたように真琴が口を開いた。
「あの漫画、面白かったっ?」
 びくっ!
「ぁ…、う、うん…」
 微かに震えながら、こくり、と頷く。
「ホントっ!?」
 ぱぁっ、と真琴の表情が明るくなる。
 嬉しそうに舞を見て、言葉を続けた。
「よかったぁっ…、じゃあ、もっともっと漫画、貸してあげるわよぅっ♪」
「…………」
 本当に嬉しそうににこにことこちらを見る真琴。
 …辛かった。
 もし… 借りた漫画がもう無い、と言えば、真琴はどんな顔をするだろうか。
 …怒る?
 ……悲しむ?
「…あぅ…?」
 今ここで、言うべきなのかもしれない。
 そして、謝って、同じ本をもう一冊買って、真琴に返す。
 それが、一番良い…と思う。
「…舞…?」
 …けど…
 …もし、それが原因で嫌われたら……
「…………」
「あぅ…、舞、どうしたの?」
「…ぇ?」
 はっ、と気が付く。
 いつの間にか、俯いて考え込んでいた。
 慌てて真琴を見ると、寂しそうにこちらを見上げていた。
「な…、なんでもないから」
「…本当?」
 じーっ、と見上げてくる。
「……」
 こく…り。
 ぎこちなく、頷いて。
「…急がないと…」
「あ…、う、うんっ!」
 無理矢理、話を中断させる。

 …どうしよう、と思いながら。

456 :悪戯から始まる楽しさと悲しみ:2001/04/08(日) 02:16
「…真琴」
「あぅ?」
 屋上へと続く階段を上りながら、ぽつりと呟く。
「あの漫画…もう一日だけ、貸して欲しい」
「あ…、そんなに面白かったっ?」
 こくっ。
 嬉しそうに聞き返してくる真琴に頷く。
「あははっ、じゃあ、貸してあげる。けど、よごさないでね?」
「…わかった」
 頷きながら、心の中で安堵のため息を吐く。
 一日あれば、大丈夫。
 謝れば先生もきっと漫画を返してくれる。
 そう思いながら、階段を上って…
「あ、舞ーっ!」
 たったった、と、足音。
「………?」
 振り返ると、後ろから…佐祐理。
「ほら、これっ」
 ぽんっ、と舞の手に、渡された物は…
「…ぁっ…」
「苦労したんだよー? あのね、佐祐理から先生に…」
 舞が没収された漫画を、佐祐理が持っている。
 全く予想していなかった事態に戸惑いながら、口を開く。
「…ぁ… ありが…とう、さゆり…」
 横にいる真琴をちら、と見ながら、受け取る。
「あぅ…? 舞、又貸ししてたの?」
「……うん」
「…ふぇ?」
 不思議そうな顔を二人に、挟まれて。
 舞は、次の言い訳を考えていた。

 …どうしよう…

457 :悪戯から始まる楽しさと悲しみ:2001/04/08(日) 02:26
後日談。

「…………」
「あーっ、舞、またお昼ご飯食べながら漫画読んでるーっ」
「…面白いから」
「…真琴の影響か?」
「あぅーっ、舞、まだまだいっぱい面白いの、あるからねっ」
「ふぇー、佐祐理も見せてもらっていいんですか?」
「あぅ、いいわよぅ♪」
「…だんだんこの場が真琴色に染まっていってる気がする…」
「あぅーーっ♪」



458 :回し中〜:2001/04/08(日) 02:28
このSSを書いている最中、2度ほど画面が蒼くなってしまいました。

459 :回し中〜:2001/04/08(日) 02:29
というわけで、書くのは三回目です。

460 :回し中〜:2001/04/08(日) 02:30
そのせいで、後半が少しいい加減になっているところもあるかもしれません…

461 :回し中〜:2001/04/08(日) 02:31
とりあえずは、少しでも楽しんで貰えたなら幸いです。

462 :回し中〜:2001/04/08(日) 02:32
明日かあさってに〜、と書いたのに5日後になってしまっていて

463 :回し中〜:2001/04/08(日) 02:34
どうも、すみませんでした。

464 :回し中〜:2001/04/08(日) 02:34
7…

465 :回し中〜:2001/04/08(日) 02:34
8…

466 :回し中〜:2001/04/08(日) 02:35
9…

467 :名無しさん だよもん.:2001/04/08(日) 02:39
というわけで、やっと完成です。

>>416-419
前半。
>>452-457
後半。

…では、また。



468 :名無しさんだよもん:2001/04/08(日) 05:52


469 :名無しさんだよもん:2001/04/09(月) 02:06
イイ!(・∀・)

470 :名無しさんだよもん:2001/04/09(月) 03:17
  

471 ::2001/04/09(月) 13:06
 真琴がこの世から居なくなって数ヶ月…。
 オレはその時出会った天野美汐と現在、付き合っていた。
 もしかしたら傷を舐め合っているだけなのかも知れない。
 辛い現実から逃げようとしているだけなのかも知れない。
 でも、オレ達はそれでも構わない。
 自分と同じ瞳を持った人間をどうして見捨てる事が出来ようか?
 どうしてお互い意識しないでいられようか?
 いつかは自分の力で歩き出せればそれでいい。
 それが何時になるかは解らないけど…。
 オレ達はオレ達のやり方で未来へ向かって歩き始める事しか出来ないのだ。


472 ::2001/04/09(月) 13:07
「…相沢さん?」
 そんな事をふと考えていたら、横から天野が不安そうな面持ちでオレに話し掛けて来て
いた。
 オレは極力冷静に無難な返事をする。
「ん? いやすまんすまん、ちょっと考え事していてな、いや、今日はいい天気だなーっ
て思って」
「そうですか…」
 そうして、再び沈黙に包まれるオレ達。
 そう。
 オレ達は付き合っていると言っても殆ど会話をしない。
 するのはベッドの上で行なわれる喘ぎ声による会話。
 お互いの傷を舐め合うように、オレ達は週に一回必ずホテルへ行って性行為を行なう事
にしていた。
 定められたスケジュールを守るように。ただ黙々とこなす仕事のように。
 本当はもっと会話を重ねて見たい。
 もっと普通のカップルのように笑い合いたい。
 けど、今のオレ達にとってそんな砕けた行為は禁じられた世界。
 天に向かって消えて行った『あいつ』に対して失礼に当たる行為。
 だけど…。
 だけどオレは…。
「お? 天野、あそこにゲームセンターがあるぞ。ちょっと入って見ないか?」
 だけどオレは抗う。
 真琴たちの残して行った『鎖』から解き放たれる為に必死に抗う。
 だってこのままでは駄目になってしまうから。
 こんなやり方では近い将来おかしくなってしまうのが目に見えているから。
「………」
 天野が軽蔑するような視線でオレを見つめる。
 だけどオレは構わない。オレは頑なに拒む天野を無視して強引にゲーセンへ引っ張り込
む。久しぶりに入ったゲーセンは相変わらず下世話な雰囲気を醸し出していた。


473 ::2001/04/09(月) 13:07
「…見損ないました」
 そして紡ぎ出される天野の軽蔑した声。
 疑念と裏切り、そして怒りと悲しみに包まれた声がオレの心に響いて来る。
「お? あの格ゲー、新しいのが出てたんだ。ちょっとやって行こうかな、天野はそこで
見ていてくれ」
 だが、オレはそんな天野の声を無視するように店内を物色する。
(…あ)
そしてオレは発見する。真琴との最後の思い出を残してくれたあの機械を。あの天邪鬼が
憧れてやまなかった光景を映し出してくれたあの機械を。 
「…よし。なあ天野、あのプリント機でちょっと記念写真でも撮っていかないか? せっ
かくここまで来たんだし…」
 そう言いながら天野の手を掴もうとした瞬間。
 バシッ!
 突如響き渡る肉を叩く音。それは拒絶の意志。オレの手を払いのけた天野による否定の
調べ。
 ダッ!
 そして駆けるように店内から出て行く天野。
 オレは周りの嘲笑する声を無視して、天野を追い掛ける。
 やはり無駄だったのか?
 オレのやろうとした事は間違った行為なのか?
 頭の中で巻き起こる様々な疑念が浮かんでは消えて行く。
 それはまるで不協和音のように、オレの心を不快な感情で埋め尽くして行く。
 一体オレ達はどうなってしまうのか? 何故こんな事になってしまったのか?
 夕日の光がオレの心情を描き出す様に長く真っ黒な影を照らし出していた。


474 ::2001/04/09(月) 13:08
 既に陽が暮れ、綺麗な満月がオレを照らしていた。
 あれから散々天野を探したのだが結局見付ける事は出来なかった。
 オレは公園のベンチに座り、とりあえず一息つく。
「ふう…」
 そして吐き出される溜息。今日一日の疲れを象徴する小さな声。
 ふと空を見上げれば様々な事がオレの頭の中に現れては消えて行く。
 真琴との出会い。まだ元気だった頃のあいつと戯れた日々。そしてその悲しい最後。
 天野がその事を知った時の表情をオレは忘れる事が出来ない。
 まるで魂の抜けたがらんどうの人形のような顔でオレの話に耳を傾けていた天野。
 結末が解っていたはずの天野。
 だがオレの語った内容は天野の古傷を再び浮かび上がらせるのに十分な威力を秘めていた。
 そしてその日から始まった天野との爛れた日々。
「天野…」
 そしてオレはあいつの名を呟いて見る。
 だが、その響きに感情の揺らめきはない。
 ただ、耳に聞こえるだけ。空しい呟き。心の篭らない言葉。
 こんな事になるのならあいつの最後を天野に語るべきじゃなかった。上手くぼやかした言い方をして、あいつの古傷を浮かび上がらせるべきではなかった。
 でも、今となっては後の祭り。
 噂によると天野はクラス内で更に孤立し、あろう事かオレとの関係を噂され、日々荒んだ心で学校生活を続けているという。
 あいつは一体どうなってしまうんだ?
 友達もなく、ただ過去の傷を背負いながら黙々と生き続ける天野。
 オレとの肉体関係を結ぶ事でその壊れそうな心を何とか維持している天野。
 そりゃ、オレだってきつい。真琴を失った悲しみが完全に癒えた訳ではない。
 だが、あいつのやり方は結果的に自分の心を追い詰めていると言う事に何故、気付かないのか?
 何故、気付こうとしないのか?
 あいつが、いや、オレ達が笑い合える日は本当に来るのか?
 オレにはまるで見当も付かなかった。


475 ::2001/04/09(月) 13:09
「相沢さん…」
 その時。オレの耳にあいつの声が響く。
 それは空虚な響き。機械のように感情の篭っていない声。
 ふと、見上げれば。
 目の前には天野がオレを見定めるような視線で突っ立っていた。
 とりあえずオレは天野に話し掛ける。
「天野…。探したんだぞオレ…。でも無事で良かったな」
 そして紡ぎ出される欺瞞の声。その場で塗り固めた嘘の言葉。
 本当は天野の事など大して心配していない。
 かりそめの関係。心の通い合ってない恋人同士。
 オレはその偽りの言葉に心の中で反吐を吐き出しながら天野を見据える。
「…今日は」
 そんなオレの心情を知ってか知らずか、天野がボソボソとオレに向かって話し掛けて来る。
「今日はいつものホテルへ行く日です。さっきはとんだハプニングではぐれてしまいましたが、まだ時間も有ります。さあ、行きましょう」
 そう口にしながらオレの手を掴み強引に立ち上がらそうとする天野。
 その様はまるでヤク中の患者をオレの中に連想させる。
 爛れ切った精神。歪んだ心。オレはそんな天野の心情を想像して吐き気をもよおす。
 駄目だ。これ以上こいつに関わってしまっては駄目だ。
 これ以上はオレ自身もおかしくなってしまいそうだった。後ろ向きな思考。前を見つめない荒み切った瞳。
 オレはそう即座に理解し、天野の手を振り解く。
 突然の行動に虚をつかれ、唖然とする天野。
 その瞳は漆黒の闇を彷彿させる程に暗く濁り切っていた。


476 ::2001/04/09(月) 13:16
「…どうしたんですか相沢さん? さあ、早く行かなくては…。明日の学校に差し支えて
しまいます」
 そんなオレの心を汲む事なくいけしゃあしゃと語る天野。オレはそんな天野を無視して
一人歩き出す。
 これ以上コイツに関わる訳にはいかない。
 このままではオレの方の精神がもたない。オレとて真琴を失ったショックからまだ立ち
直ったとは言えないのだ。
 だから…。だから笑いたかった。
 例えかりそめだとしても笑みを浮かべて見たかった。
 そうすればアイツの事を忘れる事が出来るから。アイツを失った悲しさを癒す事が出来
るから。
 だが、天野はそんな事を理解しようともしない。
 こいつのやっている事はただ酔っ払ってるだけ。悲劇と言う名の水辺で一人たそがれて
るだけ。
 そんな事には付き合ってはいられない。
 だからオレは天野の元から去る。本当にやらなければいけない事が他にあるからだ。
「相沢さん!」
 そんなオレの行動を見てヒステリックに声を荒げる天野。
 あの無愛想で無口な天野が見せる意外な行動。恐らく両親以外に見せたのはオレが初め
てだろう。
 オレはそんな天野に答えるべく一応振り向いて見る。そこには。涙を浮かべながらまる
で迷子の子犬のような表情を見せる天野の姿があった。


477 ::2001/04/09(月) 13:17
「どしたんだよ、天野…? 何、泣いてるんだ」
 オレは意地悪く天野にそう問い掛けて見る。
 その言葉を受け、天野はささやかな怒りの顔を浮かべる。それはまるで追い詰められた
人間が見せるヒステリックな表情。初めてオレに見せる剥き出しの敵意。
「相沢さん…今日はどうしてしまったのですか? 私をあんな所へ連れ込んで…。そして
今度は私を無視するような行動を…。私が一体何をしたって言うんですか? 教えて下さ
い、相沢さん…」
 そう言葉を押さえながらも身体が震えているのが解る。
 恐らく自分の感情を押さえるのに必死なんだろう。
(…に、してもだ)
 オレはそんな天野の心の動きを何となく感心しながら見つめていた。荒みきり、既にが
らんどうになったと思われた天野がこれほどまでの怒りの表情を見せるとは…。
 別に天野の心は失われた訳ではなかったと言う事か?
 人間らしい心が残っていたと言う事か?
(…そうだ)
 そしてオレの頭に浮かぶ更なるアイデア。この爛れた状況を一気に吹き飛ばす禁断の賭
け。
 上手く行くかどうかは判らない。だが、やってみる価値はあった。
 オレはそう判断し、思い付くままに天野に語り掛ける。


478 ::2001/04/09(月) 13:18
「…どうしたって? 天野、そんな事を聞きたいのか?」
 オレがそう言うと天野が静かに頷く。目に溜まった涙を溢しながら。唇をわなわなと振
るわせながら。
「そんな事決まってるだろ。飽きたんだよ、お前の身体に。その貧相な身体に。大体身体
を売ろうなんて十年早いんだよな。どうせ男にもてないからって適当な口実をつけてオレ
に近付いて来たって言うのが真相じゃないのか? 狐がどうこう言う話も嘘八百。適当に
悲劇ぶってたらモテるとでも思ったんだろう? まあ、お前暗いもんな。それくらいの演
技をしなけりゃ男も寄って来ないって訳か? ハハ、オレもまんまと騙されたよ。ただの
淫乱症だったんだな天野は…」
 そこまで言い終えた瞬間。
 バシッ!!
 オレの頬に強烈な痛みが走る。
 そんな呆けた表情を浮かべるオレの前に。天野が鬼のような形相を浮かべながらオレを
睨み付けていた。
 そして瞳から零れ落ちる涙。悔しみと怒りを織り交ぜた血の涙。
 ザッ!
 次の瞬間。大地を踏み付ける激しい音と共に天野が無言のまま、オレなの前から立ち去
って行く。
 恐らく天野がオレの前に現れる事は二度とないだろう。
(…これで良かったんだ…。これで…)
 そしてオレは心の中でそう呟く。
 あれだけの怒りの表情を見せた天野。きっとこれからはオレ無しでも立派に生きていけ
るだろう。
 オレは天野の後ろ姿を見ながら、そう願う事しか出来なかった…。


479 ::2001/04/09(月) 13:18
 翌日。
 オレは息を切らせながら学校の廊下を疾走していた。
 血の気の引いた表情を浮かべながら。混濁した意識に蝕まれながら。
 今日の朝、突然行なわれた全校集会。その場でオレは信じられない事を耳にする。
 天野が…。あの天野が…。
 『自殺』した…!?
 ガラッ!
 次の瞬間、オレは天野の在籍していたクラスのドアを思い切り開く。
 だが、そこには色取りどりの花が。あいつの死を象徴する花瓶が机の上に置かれていた。
 そしてそんな天野の死を悲しむ事なく、笑い合うクラスメート達。
 まるで最初から居なかったように。まるで死んだ事を楽しむようにいつもと変わらない
であろう喧騒に包まれた教室。
 オレはその光景を見て急速に心が失われて行くのを感じる。
 心臓を鷲掴みにされて見知らぬ何処かへ引っ張られて行く感触。目も眩むばかりの宙空
から投げ落とされる感触。
「…くッ!」
 そしてオレはまた走り出す。
 現実から逃避するように。自分という存在を包み込むこの世界から脱出する為に。
 だが、それは叶わぬ夢。
 ふと気付くと。
 オレは屋上で大の字になりながら空に漂う雲を見つめていた。授業開始のチャイムが鳴
ったが今のオレにはどうでもいい事だった。


480 ::2001/04/09(月) 13:20
 オレは間違っていたのか?
 凍て付くような風を感じながらオレはそう一人呟く。
 悲劇という海の中でただ酔っ払っていたように見えた天野。
 だがそれはオレのとんだ勘違いだった。
 あいつは本当に追い詰められていたのだ。その心が潰されない様に。その繊細な感情が
傷付かないように必死に抗っていた天野。
 だが、オレはその悲痛な心情を理解する事なく、あいつに止めを刺してしまった。
 自分の負った傷を理解してくれるはずのオレから吐き出された昨日の暴言。
 それはあいつにどんな感情を巻き起こしたのだろうか? どんな地獄を見せ付けてしま
ったのだろうか?
 それはもう今となっては解らない。
 だってあいつはいないのだから。天野は…真琴達と同じ世界に旅立ってしまったのだか
ら。
 己の心から巨大な念が浮かび上がって来る。それは後悔の念。二度と取り戻せない失意
の感情。
 その感情は嵐を巻き起こしオレを、いやオレの心を砕くように荒く激しく暴れ狂う。
 だが、今のオレに抗う術はない。
 オレの心はその嵐に飲み込まれ見た事のない世界へオレを誘う。
 一体オレはどうなってしまうのか? そしてどんな結末へ導くのか?
 今のオレにはまるで解らない事だった。


481 ::2001/04/09(月) 13:23
 あれから数週間が過ぎた。
 名雪や秋子さんもオレの心情を察する様に優しい言葉をオレに投げ掛けてくれる。
 だが、オレの心が癒される事はない。
 いや、それどころかオレの身体は自分でも予想もつかなかった危険な領域にオレを誘う。
 それは徐々に頭の中を蝕んで行く爛れた欲求。
 天野を失った事によって訪れた狂気の世界。
「うう…」
「祐一、どうしたの? 顔色が悪いよ」
 休み時間。
 オレが脂汗を浮かべながら、そんな『ある事』をこらえていると、背後から名雪がオレ
の肩に手を置きながらそう心配げに語り掛けてくれる。
 だが、そんな名雪の思惑を無視するように、オレの興味は別の事に集中する。
 名雪の触れる手の平の柔らかく温かい感触。
 綺麗に整えられたロングの髪の毛から漂うシャンプーの香り。


482 ::2001/04/09(月) 13:24
「い…。いや、何でもない。ちょっと寝不足なだけだ」
「そう…? ならいいんだけど…」
 そう言いながらオレの肩から手を離す名雪。
 オレはそんな名雪に内心ホッとしながらも、とてつもない憤りを同時に感じ取る。
 それはオレの中に吹き荒れる暴発する性欲。
 本当は違う。本当は肩に触れた名雪の手を掴み取り自分の思うがままに玩びたい。
 獣のように名雪を貪り尽くし、その身体の隅々までを征服し尽くしたい。
 だが、そんな事をする訳にはいかない。
 そう、今のオレは狂っていた。
 思い出されるは天野の小さくも慎ましやかな胸。まだ完全に毛が生え揃ってはいない恥
丘。激しい獣欲を高ぶらせる艶やかな表情。
 そしてオレは気付く。
 天野の存在を。あいつが同じ傷を舐め合う事が出来る唯一の人間だったいう事実を。
 そう。オレも何時の間にか癒されていたのだ。あいつとの交わりがオレにとってここま
で重要なウェイトを占めていた事にオレは今更気付かされる。
 あいつは間違っていなかったのだ。
 おかしくなっていたのはオレ。自分の心に過信したオレ。
 本当に笑い合える日が来るまでオレはあいつと共に過ごすべきだったのだ。
 そんな簡単な事に気付かずにそんな関係を自らの手で破壊してしまったオレ。あろう事
かこの世から引導を渡してしまったオレ。
「ぐ…。うう…」
 そしてオレは涙を流す。
 激しい後悔の念。とてつもない寂しさに追い詰められたオレの心が救いの手を求める為
に流す血の雫。
 だがオレを救える人間などもういないのだ。もう誰も。


483 ::2001/04/09(月) 13:24
 数日後の夕刻、オレはあの丘へ来ていた。
 真琴と最後の別れを交わした丘。
 今日と言う日の終わりを告げるオレンジ色の光がオレの姿を包み込む。あの時もそうだ
った。あの時もオレ達はあの巨大な夕焼けに身を焦がしながら最後の戯れを楽しんでいた。
 そして力尽きこの世から霧散する真琴。
 オレはその光景を頭に浮かべながら激しい胸の痛みに翻弄される。
 けど構わない。
 その程度の罰は受けて然るべき存在なのだから。オレはもうこの世にはいられないのだ
から。
 例の狂った欲望は日を増す事に悪化し、オレの心を確実に蝕んでいく。
 最近では特に家の中が一番危険だった。
 名雪と秋子さんの姿を見るたびに暴発しそうになる禍禍しい性欲。
 二人に襲い掛かりその猛々しい肉棒を取りだし犯し尽くしたいという欲求。
 昨日はその一歩手前まで暴発してしまい、オレは激しい失意とそれを上回る後悔の念に
押し潰された。
 そう。オレはもうあの家には居られない。それがオレの下した結論だった。
 いや、既に『人間』を維持出来ない程にオレの心は淀み、荒み切っていた。
 ならここで終わりにしよう。
 オレはそう心に誓いながらポケットからナイフを取り出す。
 これであの二人のところに行ける。もう一度笑い合える。


484 ::2001/04/09(月) 13:25
「フフ…」
 そしてオレの口から零れ出す笑み。オレはそんな自分の笑みに新鮮な喜びと驚きを感じ
ながら己の手首に刃先を向け一気に振り下ろす。
 ブシュウッ!!
 そんな音と共にオレの手首から溢れ出る鮮血。オレを幸せな世界へ誘ってくれる真紅の
道標。
 これでもう苦しむ事はない。これでもう悩む事はない。
 意識が急速に朦朧とし、糸の切れた人形のように崩れ落ちるオレの身体。
 そしてそんなオレの前に現れる天野の幻。オレを迎えに来てくれる救いの天使。
 オレは喜びいさみながらあいつの元へ駆け寄る。
 だが。
 そんなオレの意志を嘲笑うように天野が意外な行動をオレに差し向ける。
 オレを押し戻す様に。オレを現世へ叩き落す様に天野が必死の抵抗を見せる。
「天野…お前!?」
 そう心の底から戦慄し、気を抜いた瞬間。天野が一気にオレを現世の階段へ転がり落と
す。
 唇の端を歪めながら。この世のものとも思えない邪悪な笑みを浮かべながら。
 そしてオレは理解する。
 天野はオレの事を許してなどいないと言う事を。
 オレの苦しみのたうつ様をもっと見ていたいのだと言う事を。
 そう、これは復讐。引導を渡してしまったオレに対する永遠の呪い。
 オレはそう理解しながらそのまま意識を失う。天野に抗う術はもう残されていなかった。


485 ::2001/04/09(月) 13:25
 ふと気がついた時。目の前には見知らぬ天井が広がっていた。
 白に覆われた世界。鼻を突く薬物の匂い。
 だが、今のオレにとってそんな事はどうでも良い事だった。
 身体が疼く。蓄積された欲求が爆発する。
 そしてオレは己の肉棒を取りだし、ただひたすらに擦り続ける。痺れるような快感。現
実から遊離する至福の空間。
 そんな中、廊下の向こう側から足音が聞こえて来る。
「…祐一、大丈夫かなあ? お母さん」
「安心して名雪。祐一さんならきっと大丈夫よ」
 何事か声が聞こえるが今のオレにはさしたる興味はなかった。
 今のオレはただこの悦楽の世界に身を委ねるしか出来ないのだから。天野の幻影を追い
掛ける事しか出来ないのだから。
「うッ!」
 ビュッ! ビュッビュッビューーーッ!
 そして解き放たれる大量の白濁液。その瞬間開かれるドア。
 オレはその身を唸らせる激しい快感に打ち震えながらその光景を見守る。『鎖』から解
き放たれ会心の笑みを浮かべる己の姿に酔いしれる。
「キャ…。キャーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!」
 そして部屋の中に響く誰かの叫び声。
 だが、今のオレにとってそんな事象はどうでもいい事だった。
 だって笑顔を取り戻せたのだから。オレ自身を縛り付ける『鎖』から解放されたのだか
ら。
 窓の向こうに映える巨大な夕焼け雲がそんなオレを祝福するように漂っていた。


486 :ほかほか兄さん:2001/04/09(月) 13:28
回します。

487 :ほかほか兄さん:2001/04/09(月) 13:29
回してます。

488 :ほかほか兄さん:2001/04/09(月) 13:29
回しています。

489 :ほかほか兄さん:2001/04/09(月) 13:30
回します。

490 :ほかほか兄さん:2001/04/09(月) 13:30
回してます。

491 :ほかほか兄さん:2001/04/09(月) 13:32
回しています。

492 :ほかほか兄さん:2001/04/09(月) 13:32
回します。

493 :ほかほか兄さん:2001/04/09(月) 13:33
回してます。

494 :ほかほか兄さん:2001/04/09(月) 13:33
回しています。

495 :ほかほか兄さん:2001/04/09(月) 13:39
お久しぶりです。
えーと、新作の方を発表します。

>>471-485
こちらが新作の方になっております。

今回は美汐ネタなんですが…。
書いてる最中に思わぬ展開になってしまい、実質祐一が主役に
なってしまいました。
少々強引な展開と設定かと思いますが、お許しを…。

まあ、良かったらお暇な時にでもお読み下さい。
では。

496 :名無しさんだよもん:2001/04/09(月) 15:42
遮嫉悉
質漆遮柴篠射雫捨雫叱疾雫借蕊謝軸謝雫煮蛇失写蕊謝射蛇。。軸七尺勺屡社軸七射蕊杓七執尺舎軸借実勺杓柴杓。。軸射謝雫軸謝煮雫竺。。
篠室雫舎者。。斜車失者。」嫉篠芝軸蕊紗煮
。」失縞
邪紗軸捨竺。。軸。。実遮屡遮斜失湿。」。。杓湿。。軸尺雫射漆雫斜縞竺執煮
灼質質灼失蕊執執悉質邪蛇軸叱写漆執蛇邪芝煮。。七柴者煮者者湿嫉捨射湿執射尺勺雫。。紗捨紗蛇雫柴室軸杓爵爵芝疾実蕊射雫写。。杓紗柴篠篠軸軸勺赦執漆蕊斜煮軸者。。叱捨尺雫篠
煮柴。「蛇蛇竺邪捨叱芝執煮舎蛇赦偲偲蛇。。竺。」。「室蕊射七勺灼質嫉疾雫縞執射質質。。車柴蕊煮柴屡室室失漆。。者竺失
灼謝蔀者執雫叱赦赦漆尺柴漆柴斜軸蔀軸紗射
嫉借灼謝煮赦室尺者七嫉煮漆湿邪叱灼屡屡遮爵捨捨蕊紗借爵借七遮嫉宍雫叱蛇灼宍執勺室社者写叱悉捨。。質借篠舎疾灼叱偲紗尺舎射軸失竺斜邪。「七蛇悉車車。「謝疾七縞雫杓煮芝竺紗杓宍蔀爵遮紗尺七捨蔀竺室借失七悉
紗者軸尺竺偲舎軸篠借斜煮遮杓。。蔀実雫車写実質軸蔀射篠煮疾紗七篠失
杓偲執社煮紗赦疾漆車軸蛇射。。捨執宍。。偲遮篠尺社雫。」軸舎 。「宍借借

。」車邪謝七七竺社。。謝尺質者漆偲捨漆蕊射嫉赦邪爵。」屡縞屡捨漆軸者謝邪縞捨宍捨写芝邪疾勺勺室質執捨湿
蔀縞実遮室謝灼竺謝雫竺漆室尺。。遮屡煮邪叱
実車射。。者蕊屡軸。」爵叱射宍。。雫社捨尺宍芝勺質宍。「宍執。」柴灼柴射斜蔀邪舎竺紗実舎竺灼柴屡屡漆蕊。」嫉縞芝疾借射杓漆射漆社者偲縞灼尺縞軸紗蛇質漆斜湿灼。。紗篠蛇嫉赦質蛇。。叱漆漆
杓勺軸軸借者遮捨爵斜偲蔀邪。」疾失紗。。湿軸煮篠射嫉車執雫質捨捨屡室杓湿射謝室爵叱舎赦社杓蛇勺紗勺七蔀嫉舎嫉悉軸。。謝車叱捨実質捨質雫軸疾雫七湿失屡杓舎湿質悉柴宍竺雫宍竺蛇叱写車煮質竺漆芝斜。」社七七軸嫉質尺縞七借篠尺嫉邪捨叱捨漆失邪尺宍。。写蕊質邪赦。。謝疾篠竺偲
宍煮蕊悉蕊篠蛇蛇柴射漆漆車実嫉社。」赦宍遮質。」失七尺竺嫉疾軸杓灼宍杓斜偲軸雫偲宍嫉篠借偲赦尺蕊雫杓者篠実嫉。。実赦質杓車舎軸蛇悉雫射車捨。。杓。「社車謝舎。。社質実。。室舎実爵七者社湿嫉社執煮。。雫篠宍蔀屡偲柴灼。。借篠。「煮叱実疾爵杓雫竺室。」疾舎室縞捨。。蕊蛇蛇軸漆捨湿疾七室蔀紗雫爵勺射屡雫煮蔀斜蔀謝。」灼偲爵蔀写者爵嫉偲篠紗軸。」嫉射写。」宍雫屡借。。嫉室蛇雫。。紗七捨蕊悉煮写軸疾灼蕊爵質軸。」雫者叱叱煮湿雫蔀謝質実遮柴失蕊。」。。蛇。。偲車。」射雫
軸柴雫竺執偲芝実竺柴湿雫。。執。。社宍柴。「蕊勺篠質赦叱悉軸。。竺竺質漆杓社勺者雫蔀雫竺雫疾舎芝

497 :名無しさんだよもん:2001/04/09(月) 15:43
遮柴篠射雫捨雫叱疾雫借蕊謝軸謝雫煮蛇失写蕊謝射蛇。。軸七尺勺屡社軸七射蕊杓七執尺舎軸借実勺杓柴杓。。軸射謝雫軸謝煮雫竺。。
篠室雫舎者。。斜車失者。」嫉篠芝軸蕊紗煮
。」失縞
邪紗軸捨竺。。軸。。実遮屡遮斜失湿。」。。杓湿。。軸尺雫射漆雫斜縞竺執煮
灼質質灼失蕊執執悉質邪蛇軸叱写漆執蛇邪芝煮。。七柴者煮者者湿嫉捨射湿執射尺勺雫。。紗捨紗蛇雫柴室軸杓爵爵芝疾実蕊射雫写。。杓紗柴篠篠軸軸勺赦執漆蕊斜煮軸者。。叱捨尺雫篠
煮柴。「蛇蛇竺邪捨叱芝執煮舎蛇赦偲偲蛇。。竺。」。「室蕊射七勺灼質嫉疾雫縞執射質質。。車柴蕊煮柴屡室室失漆。。者竺失
灼謝蔀者執雫叱赦赦漆尺柴漆柴斜軸蔀軸紗射
嫉借灼謝煮赦室尺者七嫉煮漆湿邪叱灼屡屡遮爵捨捨蕊紗借爵借七遮嫉宍雫叱蛇灼宍執勺室社者写叱悉捨。。質借篠舎疾灼叱偲紗尺舎射軸失竺斜邪。「七蛇悉車車。「謝疾七縞雫杓煮芝竺紗杓宍蔀爵遮紗尺七捨蔀竺室借失七悉
紗者軸尺竺偲舎軸篠借斜煮遮杓。。蔀実雫車写実質軸蔀射篠煮疾紗七篠失
杓偲執社煮紗赦疾漆車軸蛇射。。捨執宍。。偲遮篠尺社雫。」軸舎。「宍借借

。」車邪謝七七竺社。。謝尺質者漆偲捨漆蕊射嫉赦邪爵。」屡縞屡捨漆軸者謝邪縞捨宍捨写芝邪疾勺勺室質執捨湿
蔀縞実遮室謝灼竺謝雫竺漆室尺。。遮屡煮邪叱
実車射。。者蕊屡軸。」爵叱射宍。。雫社捨尺宍芝勺質宍。「宍執。」柴灼柴射斜蔀邪舎竺紗実舎竺灼柴屡屡漆蕊。」嫉縞芝疾借射杓漆射漆社者偲縞灼尺縞軸紗蛇質漆斜湿灼。。紗篠蛇嫉赦質蛇。。叱漆漆
杓勺軸軸借者遮捨爵斜偲蔀邪。」疾失紗。。湿軸煮篠射嫉車執雫質捨捨屡室杓湿射謝室爵叱舎赦社杓蛇勺紗勺七蔀嫉舎嫉悉軸。。謝車叱捨実質捨質雫軸疾雫七湿失屡杓舎湿質悉柴宍竺雫宍竺蛇叱写車煮質竺漆芝斜。」社七七軸嫉質尺縞七借篠尺嫉邪捨叱捨漆失邪尺宍。。写蕊質邪赦。。謝疾篠竺偲
宍煮蕊悉蕊篠蛇蛇柴射漆漆車実嫉社。」赦宍遮質。」失七尺竺嫉疾軸杓灼宍杓斜偲軸雫偲宍嫉篠借偲赦尺蕊雫杓者篠実嫉。。実赦質杓車舎軸蛇悉雫射車捨。。杓。「社車謝舎。。社質実。。室舎実爵七者社湿嫉社執煮。。雫篠宍蔀屡偲柴灼。。借篠。「煮叱実疾爵杓雫竺室。」疾舎室縞捨。。蕊蛇蛇軸漆捨湿疾七室蔀紗雫爵勺射屡雫煮蔀斜蔀謝。」灼偲爵蔀写者爵嫉偲篠紗軸。」嫉射写。」宍雫屡借。。嫉室蛇雫。。紗七捨蕊悉煮写軸疾灼蕊爵質軸。」雫者叱叱煮湿雫蔀謝質実遮柴失蕊。」。。蛇。。偲車。」射雫
軸柴雫竺執偲芝実竺柴湿雫。。執。。社宍柴。「蕊勺篠質赦叱悉軸。。竺竺質漆杓社勺者雫蔀雫竺雫疾舎芝屡宍篠邪質捨射失。。社斜七勺謝射者嫉煮尺

498 :名無しさんだよもん:2001/04/09(月) 19:58
何か荒らされてるし…。

>>495
相変わらず面白かったですけど
ちょい、ダーク過ぎますな。

ひく人はひくかも…。


499 :名無しさんだよもん:2001/04/09(月) 20:24
>>498
俺はひいた。
天野が好きだからこの展開はつらい。
なにより祐一に違和感が・・・
同じ展開なら2/3程度の長さにしたほうがインパクトが出ると思う。



500 :名無しさんだよもん:2001/04/09(月) 20:35
>>495
ラストはいらないな
あのままで終わった方がよかっただろう?

501 :たとえば、こんな二人。:2001/04/09(月) 22:34
カタカタ、カタカタッ…
「ふう…今日はさすがにお金使い過ぎちゃったなぁ…。まぁいっか、楽しい時間を
過ごせたんだし、たまにはこーゆーのもありってことで。」
 エクセルで家計簿を付け終えると、バスタオル一枚きりの少女はそのまま手早く
ウインドウズを終了させ、パソコンチェアーからすぐ横にあるセミダブルのベッドへと
腰掛けなおした。ベッドのスプリングがきしむのに合わせ、先に布団の中で
寝そべっていた男は、眺めていた週刊誌をベッドラックに置く。
「へへへ、さすがにウチの大蔵大臣様は寛大でいらっしゃるっ!」
「…あんたもマンガばかり書いてないで、少しは新聞とかニュースも見なさいよっ。
今は大蔵大臣じゃなくって、財務大臣っ!」
「うっ、うるせえなっ!それくらい知ってるよっ!今のはクセだ、クセッ!」
「どうだか?」
 たわいもないおしゃべりを交わしつつ、男は少女のために布団をはぐり、彼女を
ベッドへと誘う。男もまたバスタオル一枚の姿であり、たくましい上体は晒したままだ。
 少女は左手を首の後ろにやると、その手で美しい髪を集めてから彼の側に潜り込んだ。
そっと寄り添い、枕を共にしてから…男はあらためて布団をかける。包み込まれた
ぬくもりが心地良いらしく、少女はうっとりと目を細めて自分の髪を指先でクルクル
もてあそんだりしている。シャワーで濡れた髪は寄り集まり、ひんやりとしていて
指に優しい。

502 :たとえば、こんな二人。:2001/04/09(月) 22:35
 少女は高瀬瑞希。普段はその長い髪をサイドポニーテールに結わえているのだが、
さすがに就寝前ということもあって、そのチャームポイントは下ろしてしまっている。
一見すると別人のようではあるが、健康美に満ちた笑顔に翳りが生ずるということはない。
 男は千堂和樹。大手と称されるほどのサークルを主催している同人作家だ。
精悍な顔つきと端正な体つきは、彼の可愛らしい絵柄と作風からは想像が困難であろう。
 実際、恋人である瑞希に売り子を手伝ってもらうと、たいていの参加者は彼女が
男性名で同人活動をしているのだと思い込むことが多い。正体を知った男性は
一様にたじろぎ、女性は一様に目を輝かせるのだから面白いものだ。
 それでも、今日の二人は同人活動を離れ…普通の恋人としての時間を心ゆくまで
堪能してきた。
 午前中は瑞希の大好きなテニスで気持ちのいい汗を流し、ファーストフードで
簡単に昼食を済ませてからウインドウショッピングをしばし。その後で映画を
観て、ワインなんかを楽しみながらゆったりと夕食。
 先程も瑞希は嘆いてみせたが、今日のデートで家計は予想以上の出費を強いられた。
同人活動であればさほど気にすることなく画材を買ったり、コスプレの材料を買ったり
しているのだが…いざそんな嘆きが出てくるということは、よほど二人が恋人らしい
コミュニケーションを怠っていることのいい証拠だろう。

503 :たとえば、こんな二人。:2001/04/09(月) 22:36
「いっぱいお金使っちゃったけど、今日は楽しかった。誘ってくれてありがと、和樹…」
「なに言ってんだよ。こっちこそ急に誘ったのに、OKしてくれてサンキューな。」
 スタンドの薄明かりの下、二人は軽く鼻先を触れ合わせたままでそう謝辞を交わす。
 ふとしたきっかけと衝動で、何の予定も立てぬままのデートであったが…二人とも
十二分に満足していた。恋人と二人きりで遊びにでかけることの歓びを再認識し、
胸はもうお互いへの愛しさでいっぱいだ。
「…今日のテニスも疲れたけど、はしゃいだ瑞希が見られてよかったよ。たまには
外に出るのも悪くねえな。」
「えへへ、よかった…。だったらお昼にも言ったけど、最低でも月に一回はテニスに
付き合ってよね?約束守ってよ?」
「わかってるって…お前ってすぐ泣くヤツだからなぁ…」
「ま、またその話ぃ…」
 目を細めての和樹の揶揄に、瑞希は頬を染めながら少しだけ口許をとがらせた。
やはりからかわれては面白くないようで、やや伏し目がちとなって和樹の視線から
逃れてしまう。
 これというのも、夕食前に観てきた映画のせいであった。
 その映画は、ある青年医師が主人公の物語であるのだが…内容は省略する。
「だってお前、泣いてばっかりだったじゃん。好きな男でっちあげられるお祭りの
シーンで泣くわ、無人島の館のシーンでも泣くわ…特にアイツが屋上で泣くトコ
なんかぐずぐず言いながら泣いてたくせにっ!」
「べっ、別にいいじゃないっ!泣くのがそんなに悪いっ!?」

504 :たとえば、こんな二人。:2001/04/09(月) 22:36
「…ううん。ああゆうシーンで素直に泣ける瑞希って、オレは大好きだぜ?」
「あっ…すぐ、そんな風に言って…」
「大好きだから…映画観てるあいだ、ずうっと手ぇつないでたんだけどな…?」
すっ…
 そう言うなり、和樹は布団の中で右手を這わせ…瑞希の左手を見つけ出して、
指を絡めるようにしてつながった。俗にいうエッチつなぎであるが、瑞希も驚いた
のは一瞬だけであり、しおらしく指を絡めてひとつになってくる。お互い、手の平が
孕んでいる熱に胸の高揚を抑えきれない。
「か、和樹…」
「瑞希…久々の二人きり、もっともっと楽しもうぜ?」
「あ、やっ…」
するっ…
 瑞希のささやかな抵抗を聞き流し、和樹は左手の人差し指で彼女の裸身を覆って
いるバスタオルの合わせ目を解いた。エッチつなぎしていた右手も一旦離し、恋人の
身体を撫でるようにして彼女の背後へとバスタオルを追いやってしまう。
 これで瑞希は布団の中で、一糸纏わぬ全裸体となった。ふくよかな乳房も、程良く
くびれたウエストも、充実したまろみを帯びているヒップも…なにもかも和樹が
すぐ触れられるようにされてしまう。
「う…か、かずき…」
「固くなるなよ…エッチはデートより慣れてるはずだろ…?」

505 :旦那さん、名無しです:2001/04/09(月) 22:37
「そうだけど…今日はずうっと、あんたと一緒にいたから…なんだかドキドキして…
ちょっと、照れくさい感じ…」
 無防備を極めた格好の瑞希は、愛しい和樹の前でありながらも物怖じするかの
ようにその身を強張らせた。ついさっきまで固くつながっていた左手も、今は
恥じらいで股間を覆い隠している。
 和樹の言うように、確かにここ最近はデートよりもセックスの回数の方が多い。
二人の同棲生活に降りかかった奇妙な事情もあり、ついつい毎晩のように身体を
重ねてきたことは紛れもない事実だ。
 しかしそれは戯れ半分でのセックスであり…実際にここまで愛しさを募らせた
うえで身体を求め合うのは久しぶりであった。そのぶん、初々しいほどの恥じらいが
瑞希の内に湧き出てくるのである。
 裸を見られているわけでもないのに、ただ同じ布団の中にいることだけでも
照れくさくてならない。すぐ側に和樹の息遣いを感じるだけで、なんだかのぼせて
しまいそうなくらいに頭がぼおっとしてきた。そのため呼吸も少しずつ高ぶり、
はふ、はふ、と小刻みに忙しなくなってゆく。
「…瑞希っ、もっとこっち来いよ。」
「あっ…ちょ、恥ずかしいよ…」
「もっと胸、くっつけろって…そうそう、すがりついて…ほら、ぴったり。」

506 :たとえば、こんな二人。:2001/04/09(月) 22:43
「あん…かずき…」
 突然背中を抱き寄せられ、瑞希は思わずかぶりを振ってむずがったのだが…
強引な力で抱き寄せられてしまうと、観念したかのようにうつむいてしまった。
そのまま二人の前髪が重なり、額がくっつく頃には…裸の胸どうしはぴったりと
密着してしまう。迫力すらある瑞希の乳房は二人の零距離で柔軟にたわみ、絶妙な
女性らしさを存分に醸し出して和樹の男心を挑発する。
ドキ、ドキ、ドキ、ドキ…
 慣れ親しんだ瑞希の柔らかみではあるものの、和樹もやはり久々のデートを
済ませたために、胸は思春期のように高鳴ってくる。
 愛しい恋人を抱きたい衝動は、彼を少しだけわがままにさせた。
「瑞希っ…」
「あっ…んんっ…」
ちゅっ…
 背中を抱いていた右手でうつむいた顔を起こすと、和樹は自然な動作で瑞希の
唇を奪った。そのまま軽く小首を傾げるようにして、密着に角度を付けてゆく。
 瑞々しい二人の唇がたわむと、その過敏な薄膜を介して愛しさが光の奔流で
あるかのように激しく行き交った。その思いがけない心地よさに、和樹も瑞希も
じっと目を伏せ、呼吸も止めて…無我夢中で悦に入る。
「んふぅ…んっ、んんんっ…」
 感極まった瑞希がかわいい鼻息を漏らしたのは、二人の舌先が優しいスキンシップを
計ったときであった。

507 :旦那さん、名無しです:2001/04/09(月) 22:46
一回目。

508 :旦那さん、名無しです:2001/04/09(月) 22:46
二回目。

509 :旦那さん、名無しです:2001/04/09(月) 22:47
三回目。

510 :旦那さん、名無しです:2001/04/09(月) 22:47
四回目。

511 :旦那さん、名無しです:2001/04/09(月) 22:52
五回目。

512 :旦那さん、名無しです:2001/04/09(月) 22:52
六回目。

513 :旦那さん、名無しです:2001/04/09(月) 22:53
七回目。

514 :旦那さん、名無しです:2001/04/09(月) 22:53
八回目。

515 :旦那さん、名無しです:2001/04/09(月) 22:53
九回目。

516 :旦那さん、名無しです:2001/04/09(月) 22:58
こちらでは初めまして。事情により、こちらで書かせていただきました。

ちなみに>>501-506です。内容は、こみパの瑞希です。

鍵のSSが圧倒的多数なので、今まで書くのを躊躇っておりました。
葉のSSではありますが、どうか混ぜてくださいませ。

517 :名無しさんだよもん:2001/04/10(火) 00:14
>>495
前回とのギャップが激しすぎてコメントが難しいですな。
オリジナルとしては面白いとは思いますが、二次創作としてはどうか?
ってところでしょうか?

518 :名無しさんだよもん:2001/04/10(火) 09:10
う〜ん・・・最近のほかほか兄さんが書かれたのは途中まではすごく良いけど
最後がちょっとイマイチかも。でも読んでる途中で誰が書いてるのか分かるように
なるほど個性的な文章は大した物だと思います。

519 :名無しさんだよもん:2001/04/10(火) 10:40
久々の2ちゃんでほかほか兄さんの新作が見られるとはうれしいですよ。
葉っぱネタが少ないからこそ葉っぱネタサンキューです

520 :旦那さん、名無しです:2001/04/10(火) 12:44
>>519
そう言って頂けると気力が湧きます。ありがとうございます。

近いうちに続きを書きます。エロもOKのようなので…。

521 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/10(火) 16:37
第二十話 シンセイ・乙

 左腕が焼ける。
 焼けるように痛い。
 何だ?
 何が起こった?
 この痛みは何だ?
 俺の体はどさっと転げ落ちた。
 理解できない。
 わかるのは、左腕が弾丸を叩き込まれたように痛むということだけ…。
 弾丸? まさか。
 俺は完璧に避けたはずだ。
「ぐううっ…」
 痛みに口が勝手に呻き声を洩らす。
 視界が明滅した。
 瞼の裏が赤い光に染まっていく。
「君は一つの可能性を見失っているのだよ…」
 奴は、わざとゆっくりとリロードしながら言う。
「まず一つは、君達をここに連れてきたのは私だという事」
 君達?
 そうだ、ナユキはどこだ?
「そしてもう一つは、手榴弾の爆発の後に、私が君の背後に現れたということ」
 ナユキ…。
「以上を組み合わせて考えると、ある一つの可能性が浮かび上がる」
 がしゃん。
 奴がリロードを終えた。
(ナユキは…)
 ……。
 そういうことか。

522 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/10(火) 16:38
「……」
「私なら、高速移動している物体ですら空間湾曲によるワープをさせることができるのだ」
「ふ…ふふ…」
「何を笑っている?」
「お前こそ…、忘れているぜ…。一つの可能性を…ッ!」
「戯言を」
 銃口が俺の脳天に向けられる。
「君には最後の大逆転などを狙う余裕など、無い」
「…そうかな」
「強がるな」
 ごりっ、と、冷たい鉄が頭に突きつけられる。
「こういうのを冥土の土産と言うのか…自分を殺す者の名前ぐらい知りたいだろう?」
「……」
「君を黄泉に送り返す者の名は、久…」
 ずんっ!
 音にならない波動が、奴を薙ぎ払った。
 そのまま、風の中の紙切れのように吹き飛ぶ。
 そして、柔らかくない丘の土の上に叩き落とされた。

「な…、なぜだ…」
 奴は必死に起き上がろうとする。
 だが、ずたずたにされた体には十分に力が入らないらしく、半身を上げきった所で力尽きた。
 奴の荒い息が聞こえる。
「貴様も…まさか、ゴーストを?」
「生憎だが、違う」
 俺は傷ついた左腕を庇いながら立ち上がった。
 ふらふらになりながらも、何とか左腕に応急措置を施す。
 今は、出血が止まればいい。
 きつく包帯を縛った。

523 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/10(火) 16:38
「どちらにしろ、バケモノみたいな力だがな」
 俺は振り返る。
「そうだろ、ナユキ」
「バケモノだなんていわないでよ〜」
「いや、あそこまで加速できる人間を普通はバケモノと言うぞ」
「特殊陸上部の部員の子だったら、あのくらいは誰だってできるよ」
 ナユキは戦慄の一言を吐いた。
「つまりだな」
 俺は奴の方を振り返る。
 そう言えば、さっき自分の名前を言いかけたが…なんだっけ。
「ナユキの姿がさっきから見えなくなっていたのは逃げたからじゃないんだ」
 俺は説明モードに入る。
「一旦戦域を離脱して、それから高速で奇襲をかけるためだったんだ」
「本当に音速になったらユーイチごと吹き飛んじゃうからね。ぎりぎり真空波が出ない速度で」
「…そういうことだったのか」
 奴は仰向けに姿勢を変えると、呟くように言った。
「理解できていなかったのは、私のほうだったか…」
「もともと、2対1で俺たちに挑もうってのが、何もわかってない証拠だがな」
「勝算はあったんだよ…信じろ」
「そうかい」
 俺は適当にあしらった。

524 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/10(火) 16:38
「もう指一本動かせはしない…」
「……」
「体中が痛くて苦しいな…」
「…それはつまり」
「殺せ、って言ってるんだ」
 奴は告げる。
「君だって銃の一つや二つ、持っているんだろう?」
 俺は懐のデリンジャーを握った。
 弾丸は…二つ、入っている。
「早くしろ。私は…目を閉じているから」
 言わなくても、男の目は既に閉じられている。
 俺は

 撃たなかった。

「ナユキ、医療用のロボット、持っていたっけ」
「あるよ。たしかおーりんじがここに」
 ナユキはorangeの発音が変だった。
「じゃあおーりんじ、死なない程度に治してあげて」
「うぃ、まだーむ」
 おーりんじは自分の発音も変だった。
「今のはユーイチの声だよ」
「そうだったか。確かにロボットの声にしては親近感が沸きすぎると思った」
 そんな会話を聞いているのか、おーりんじは僅かに俺のほうを向いた。
 でも、すぐに自分の作業に向かう。

525 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/10(火) 16:39
「く…はははは…」
 男は嘲笑う。
「どういう意図だ…アイザワ」
「何だ、俺の名前を知っていたのか」
「…私に、情けでもかけたつもりか?」
「否」
 俺はきっぱりと答える。
「あくまで自分のためだ」
「ふ…その答えこそ矛盾している…」
「矛盾なんかしてないさ。むしろ自己完結している」
 俺は近くにあった岩に腰をおろした。
「人は殺さない。それだけのことだ」
「は…」
 男は、一つ息を吐いた。
「それこそ、矛盾している」
 そう言って、何も言わなくなった。
 眠ったのだろう。

 矛盾、か。
 でもな。
 矛盾しているぐらいが、俺はちょうどいいんだよ。

526 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/10(火) 16:47
「この人の手当て、終わったよー」
「お、そうか。次は俺の番だな」
「どこ怪我したの?」
「左腕だ」
「ちょっと見せてくれる?」
 俺は左腕を突き出す。
「うーん…、思ったより深くないね」
「でも痛いぞ」
「このくらいなら自生している薬草で消毒すれば、大丈夫」
「でも痛いぞ」
「とりあえず、この草を何回か噛んでから、傷口につけてくれる? ちょっと、しみるけど」
「でも痛いぞ」
「なにか不満でもあるの?」
「いいからさっきのロボットを使え」
「ごめん、ユーイチ…」
 ナユキが顔の前で両手をくっつける仕草をする。
「おーりんじ、使えるの一回だけなんだ」
「畜生」
 俺は天を仰ぎ、自分の不運を呪った。
「…しゃあねぇ。これは緊急事態なんだ…緊急事態…」
 俺は自分に言い聞かせながら、ナユキから受け取った薬草を咀嚼する。
 ひたすらに苦い。
 それを傷口に当て、ぎゅっと押さえつける。
 ひたすらに痛い。
「緊急事態が…こんなにも辛いものだとは…思わなかったぞ…くぅっ」
「そういうときこそ、ふぁいとっ、だよ。ユーイチ」
「そうか、ファイトか」
「そうそう」
 意識を明滅させるほどの痛みにつられて、ナユキと同じポーズをとってしまう。
 痛い上に気恥ずかしさが上乗せされる。
 泣きっ面に蜂たぁこのことだ。
「……」
 俺は無言で両手を下ろした。
 傷口から染み出した血が、ぽたり、と紅い染みを作った。

527 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/10(火) 16:48
「さて、まあ…」
 風が強くなってきた。
 隣に座るナユキが無意識に髪を押さえた。
「これから、どうすればいいんだろうね」
「皆目見当がつかないな」
 先刻の刺客も今は昏睡状態にある。
 もっとも、彼から何かを聞こうとしても、無駄なことだろうが。
 あの動きは、彼がそのような訓練を受けた人間であることを示唆していた。
 ある意味で、生物としての限界を超えた能力。
 …なぜ、ヒトはそこまでの
「ゴーストって、なんなんだろうね、ユーイチ」
「…それも、わからないな」
 わからない事だらけだ。
「わたし、特に根拠も無いけど、こう思うんだよ」
 ナユキが吶々と語りだした。
「ゴーストって、誰もが持っている願いの力じゃないかなって」
「…願いの力」
 確か、前にアマノが似たようなこと言ってたっけ。
 ここは、願いの世界だ、とか。
「カオリの力だって、もともとは誰かを二度と離したくないと思ったから、ゴーストが腕の形になったって言ってたよね」
「ああ」
「それが、願いの力なんだと思うよ」
「よく…わかんないな」
 腕を組んで、丘に寝転がる。
 …いつの間にか、心地よい風が吹いていた。
 丘を吹き降ろす風が、優しく頬を、前髪を吹きぬける。
「ゴーストか…」
 風に誘われるように、少しずつ瞼が重くなる…。
「…っと」
 寝てる場合じゃなかった。
 今は任務中だ。
 一刻も早く、次の指令を受けないと――。
「――そうだ!」
 俺は一つ、極めて重要な、それでいてあたりまえのことに気が付いた。

528 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/10(火) 16:48
「ナユキ、携帯は今も持ってるか?」
「え?」
 不意に質問に、ナユキがおろおろする。
「え、っと…あ、持ってるよ」
「それで、アキコさんに連絡してみろ」
「でも、ここは…」
「いいから。何もしないでここでボケっとしてるよりはましだろ」
「あ、言われてみれば」
 ナユキが素っ頓狂な声を上げる。
「たく、俺もナユキもなんでこんなこと忘れていたのか…」
 そう愚痴る俺の横で、ナユキが短縮ダイアルのボタンを押した。
 しばしの沈黙の後、
 ぴ…ぴ…ぴっぴっぴ…。
「つながったか?」
「うん。大丈夫みたい」
 電子音が心強いリズムを弾き出す。
 ぴっぴっぴっぴ…ぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴ。
「あれ?」
「うん?」
「音が、止まらないよ」
「え?」
 ぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴーーーーーー…。
「おかしいな、全然止まらない」
 脳裏を嫌な予感がよぎる。
 爆発物。
「! ナユキ! 早くそれを離」
「…うわ」

 ドオオオオォォォンッ!

529 :ageにそなえて回転中:2001/04/10(火) 16:50
回転中

530 :回転駄スレと呼ばれても回転中:2001/04/10(火) 16:50
回転中

531 :リロードしながら回転中:2001/04/10(火) 16:57
回転中

532 :投稿制限に怯えながら回転中:2001/04/10(火) 16:58
回転中

533 :5レスで投稿制限回転中:2001/04/10(火) 16:58
回転中

534 :本文書き忘れながらも回転中:2001/04/10(火) 16:59
回転中

535 :……回転中:2001/04/10(火) 16:59
回転中

536 :あと二回と言う所で制限発動回転中:2001/04/10(火) 17:05
回転中

537 :九回目の回転中:2001/04/10(火) 17:06
回転中

538 :Alfo:2001/04/10(火) 17:07
>>521-528
Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜
第二十話 シンセイ・乙

残り、二話。

539 :名無しさんだよもん:2001/04/10(火) 23:15
>>516
久しぶりに王道なSSで顔がニヤニヤしてしまいました。
彩が好きだけど瑞希もなかなか。
(遠回しなお願い(笑))

気がつかなかったけどここってほとんど鍵のSSなんだね。

540 : :2001/04/10(火) 23:40


541 :ほかほか兄さん:2001/04/14(土) 01:56
皆さん、いろんなご意見ありがとうございます。
確かに皆さんの仰る通り最後のパートは要りませんね、
読み返してみて愕然としてしまいました。
どうも最近気負い過ぎてこの手のミスが増えているようです。
今度はもうちょっと推敲をしてから書き込む事にします。

後、性格云々についてはかなり好き勝手やった反動だと思ってます。
確かに祐一っぽくないっちゃないですよね。
この辺りも今後は気を付けます。

とりあえずそんな感じです。では!

542 :たとえば、こんな二人。(中編):2001/04/14(土) 23:19
ぬみゅ、ぷちゅっ…ちゅ、くちゅ、ちゅっ…
 にわかに発情期を迎えた二人の唇の中で、柔らかな舌どうしが先を欲張って
交尾にふける。ざらざらとした表側を擦り寄せながら絡まり、もつれ合うだけでも
お互いあごが震えるほどに心地良い。
 それに合わせて、生ぬるい唾液もゆっくりと攪拌されてゆくのだが…男と女の
フェロモンが作用しあうこともあって、少しずつとろみがかってきた。夢中で
くねり、のたうつ舌もまるでシロップ漬けにされてしまったかのようだ。
「んっ、んんっ…ん…」
「んぅ、んんぅ…んむ、んっ…んくっ…」
 枕に頭をもたげ、ゆったりと横臥したまま…和樹も瑞希も時間を忘れて甘露の
ごときディープキスを満喫する。ぴっちりと重なった唇は、時折モジモジ動いて
重ね具合を整えるのみで睦言のひとつも出て来ない。湿っぽくなりつつある寝室に
響くのは、変声期を迎える前のように初々しい二人の鼻声、それと口内に溜まって
きた甘ったるい唾液を嚥下する音だけだ。
ちゅ、むちゅ…ちゅぱ…れる、るっ…
「はぁ、はぁ、はぁ…」
「ふぅ、ふぅ、ふぅ…」
 いかに恥じらって呼吸を止めていたとしても、興奮で鼓動を高鳴らす身体は
自ずと酸素を要求してくる。密やかな鼻息だけでは呼吸が持たなくなると、二人は
暗黙のタイミングで唇を離し、舌先でじゃれ合いつつ深呼吸を繰り返した。ほわ
ほわと互いの吐息が降りかかってはくるものの、目くるめくほどに舌を絡めた
口内では新鮮な外気がすこぶる涼やかに感じられる。
「瑞希…ほら、ばんざいして…オレの首に…そうそう…」
「んんぅ…あんまり変なことしないでよ…?」
「まだ変なことできるトコまで手が届かねえよっ…」
「ああん…バカ…んっ、んふっ…」

543 :たとえば、こんな二人。(中編):2001/04/14(土) 23:20
ちゅっ…ちゅっ、ちゅっ…さわさわ…こしょこしょっ…
 過敏な薄膜を触れ合わせたままで和樹が促すと、瑞希は素直に両手を伸ばして
彼の首にすがりついた。そうする間にも瑞希の唇は焦れるらしく、ついばむように
して和樹にキスをねだってゆく。
 そんな瑞希にますます愛おしさを募らせた和樹は、無防備となった姿勢に怯える
彼女をからかいつつ…うなじを押さえ込んでいた右手を翻し、すべらかな首筋を
指先でなぞった。瞬間、瑞希はかわいいさえずりを和樹に口移ししてしまう。
 和樹の右手はひとしきり恋人の首筋にいたずらすると、やがてその攻撃範囲を
拡大すべく下降を始めた。
 まずテニスで培われた筋肉を纏う肩に触れ、じっとりと汗ばむわきをなぞり…
そっと自分達の隙間に右手を忍ばせる。それはまさに一瞬の早業であり、瑞希の
乳房はすっぽりと掌に包み込まれることとなった。
もみゅっ…もみゅっ、もみゅっ、もみゅっ…
「んんっ…ぷぁ、あんっ…!あ、ふぁ…う…ううっ…」
「ふふっ…いいなぁ、瑞希の胸って…揉むたんびに感動しちまうっ…」
「そ、そんなに好き…?あたしのむね…」
「ああ、もう最高だよ…こんなに大っきいくせして、固すぎず、柔らかすぎず…
もう一晩中でも揉んでいたいくらいだ…」
 見事な発育ぶりを示す女性の象徴に触れられて、瑞希はキスを中断してまで
声を震わせた。乳房も唇に負けないだけ、性感帯として過敏であるのだ。大きく
広げられた手の平で愛撫されては、キス以上に高ぶってしまうのは仕方のない
ことである。

544 :たとえば、こんな二人。(中編):2001/04/14(土) 23:21
 恥じらいの中、怪訝そうに問いかける瑞希に和樹が答えたとおり…彼女の乳房は
絶妙なまでの揉み心地を秘めている。強くわしづかめば、まるで指の隙間から
溢れて逃げ出してしまいそうなほどに柔らかく…しかしアンダーバストから円を
描くように押しこねると、たちまちみっしりとした弾力が生まれてくるのだ。
おかげで揉んでも揉んでも…否、揉めば揉むほど右手は魅惑されたかのように
引き剥がせなくなってしまう。艶やかな柔肌が有する手触りの良さもあり、指先
から吸い付いてゆくようだ。
 そして…和樹を魅惑してやまない理由はもうひとつ存在している。
もんみゅ、もんみゅ、もんみゅっ…きゅっ、きゅっ…
「あん、あん、あんっ…あ、やっ…!挟んじゃだめっ…!」
「瑞希って、ホントに感じやすいのな…乳首、ツンツンにしちゃって…」
「いっ、いちいち言わなくていいっ!そんなことっ…」
 和樹は中指と薬指の間に導き入れていた乳首の変化を悟ると、指先を揃えるように
してその屹立を挟み込んだ。瑞希は穏やかに繰り返していたよがり声を鋭く弾ませ、
かぶりを振ってまでむずがる。
 乳房の感度を如実に示す萌梅色の乳首も、和樹がすこぶるつきで気に入っている
ポイントだ。少しいじわるしただけで威嚇するようにしこるのだが、それに合わせて
慎ましやかな乳輪もふんわりと隆起する辺りは実に微笑ましい。
 とはいえ瑞希本人にしてみれば、愛しい和樹に触れられたためとはいえ、過敏に
反応してしまう身体がたまらなく恥ずかしいのだ。同じ枕の上で報告などされては
羞恥もまたひとしおである。たちまちいてもたってもいられなくなり、瑞希は
真っ赤に火照った顔を枕にうずめてしまう。

545 :たとえば、こんな二人。(中編):2001/04/14(土) 23:25
「ありゃ?もうキスさせてくんないのかよ?」
「キスなんてできないわよぉ…こんな、恥ずかしいのに…」
「ふうん。じゃあ…他のトコにキスしてやるよっ。」
「あ、ちょっ…ううんっ…!!あ、やっ…だめ…跡、残さないで…」
ちゅっ…ちゅっ、ちゅっ…ちゅうっ…
 あれだけ欲張りになっていた唇を隠されてしまい、やや拍子抜けの感も否めない
和樹であったが…ふと悪ガキ然とした笑みを浮かべるなり、瑞希の腕の中から
するりと頭を引き抜いてしまった。その意図に気付いた瑞希はすぐさま枕から
顔を上げたのだが、時すでに遅く…和樹は早速首筋から胸元へとキスの雨霰を
降らせてゆく。キスマークが残るのを怖れる瑞希はくすぐったさも相俟って、
たちまち抗う声を半ベソのものにしてしまう。
 そんな哀願を聞き流しながら、和樹は瑞希の身体を仰向けにして…鎖骨から胸元に
かけてまんべんなくキスを乱射する。火照った肌にもわかるほど、ちらほらと赤い
花が咲いてしまうのは和樹の瑞希に対する愛欲の強さ故だ。
 右へ行き、左へ行き…やがて乳房の谷間へと唇を進めていったところで、突然
瑞希は和樹の髪に指をうずめるようにして彼の抱擁を制止させた。
「だ、だめぇ…そこ、きっと汗くさい…!和樹、お願い…そこはイヤ…」
「…ホントだ、汗でびっちょり…。あせもになる前に舐め取ってやるよ。」
「ば、バカッ…!あっ、そんな…うっ、うふうんっ…!!」

546 :たとえば、こんな二人。(中編):2001/04/14(土) 23:25
ぺちゃ、ぺちょ、ぺちょ…ふみゅ、ふみゅっ…
 瑞希の女心をあえて思いやることなく、和樹は彼女の乳房の谷間に顔をうずめて
谷底に舌を這わせる。大きく広げられた舌で谷底をなぞられるたびに、瑞希は
激しくかぶりを振ってよがった。こみ上げる情欲で熱く火照る身体は、もう背中が
シーツから浮き上がりかけている。
 横から瑞希に寄りかかっている和樹は、露となって溜まっている汗を舐め取り、
谷底にぴっちりと唇を押し当ててから…そのどさくさに紛れて彼女の乳房を寄せ
上げた。両手にわしづかんだ乳房で繰り返し顔を挟み込ませては、そのぬくもりと
柔らかみを堪能する。ふんわりとした外圧は思わず笑みがこぼれるほどに素晴らしい。
「あああっ…すっげえ気持ちいいっ!さすがは96…余裕たっぷりだな…」
「そっ、そんなに無いっ!やめっ…もうやめなさいよっ!スケベッ!ヘンタイッ!」
「いてっ!こらっ、かっ、髪を引っ張るな!」
 乳房の中ですっかりご満悦の和樹は、何気ないつもりでそんな戯れ言を口にした。
その途端に瑞希は憤慨したようになり、グイグイと和樹の髪を引っ張ってまで
彼にいたずらを中断させる。
 和樹もこれにはたまらず、慌てて乳房の谷間から顔を上げたのだが…その視線の
先では、瑞希がすねたようにして瞳を潤ませていた。とはいえその潤みは恍惚が
もたらしたものではないようで、いじめられたことによる悔し涙のような危なっ
かしさが漂ってきている。

547 :たとえば、こんな二人。(中編):2001/04/14(土) 23:26
「もうっ…それされるの、恥ずかしいんだからねっ?あたし、自分の胸にコンプ
レックス持ってるんだから…知ってるくせに…」
 そうつぶやくと、瑞希は両手で乳房を覆い隠し…唇を噛み締めて視線をそらした。
その深刻な雰囲気に和樹は言葉を失ってしまう。
 確かに、瑞希は発育の良すぎる自身の乳房に劣等感を抱いている。スポーツを
するには邪魔だし、意味もなく肩がこるし、冬場は冷えるし…なにより夏場には
異性からの好奇の視線が集中してきて、それがたまらなく嫌だった。同性が聞いたら
嫉妬するかもしれないが、これはこれで胸の大きい女性には切実な悩みなのである。
 和樹もその事情は瑞希自身から聞かされて、知っているはずだった。ただ今は
成り行き上、つい夢中になってしまったのだ。思春期のように欲張ってしまった
ことが、今さらながら悔やまれる。
「…悪い。知ってたはずなのに、調子に乗っちまって…。ちゃんと断ってから
するんだったよ。」
「そう言って、いつも忘れちゃうくせに…」
「わかったって、今度からはホントに気を付けるから…」
「あ、すぐまたそうやって誤魔化そうとする…ん…」
ちゅっ…
 和樹は四つん這いで顔を近づけると、唇に精一杯の思いやりを込めながら瑞希に
口づけた。その想いは薄膜ごしに伝わったようで、非難の声をあげた瑞希も、
優しく唇をたわませてもらった後にはもうそれ以上責め立てようとはしなかった。
 お互い長い付き合いなのだから、キスでならどれくらいでも意志の疎通が可能だ。
ゴメンの一言と、ささやかなキスで…どんなケンカも仲直りができる。

548 :たとえば、こんな二人。(中編):2001/04/14(土) 23:27
「…でも、触るくらいならいつでもオッケエってことにしといてくれよな?」
「いつでもってわけにはいかないわよ…こんなときだけ…」
「ああ、こんなときだけでいい…こんなときだけでいいから…瑞希…」
「あ…う、うん…」
 小声でおしゃべりを交わしつつ、和樹はさりげなく瑞希の脚の間に腰を進み入れた。
驚いたように両手で股間を覆った瑞希であったが、すぐさま観念して立て膝の両脚を
大きく開き、彼のための場所を用意する。髪を引っ張ってまでわがままを通したのだ
から、今度は彼の望みを受け入れなければならないと思うのである。
 それでも、和樹にはまだ瑞希とつながるつもりがなかった。ひとまず瑞希の脚の
間から腹ばいでのしかかると、シーツに両膝をついて背中を抱き…
ちゅっ…
「ああんっ!」
 舌を差し入れながら、彼女のへそにそっと口づける。それだけで瑞希は腹筋を
引き締め、身震いしながら甲高く鳴いた。両手はきつくシーツをつかみ、もどか
しいような快感の責め苦に耐えようとする。
ちゅっ…ちゅぴ、ちゅっ、ちゅっ…ぺろっ、ぺろっ…ちゅぴ、ちゅぴ…
「ふぁあ…あんっ!あんっ!や、ふぁ…くふっ!うふんっ!」
 和樹の舌先はへその穴をまさぐり、丁寧に掃除してくれるようであった。
 とはいえその小刻みな刺激は愛撫以外のなにものでもない。瑞希はもはや為す術
なく背中を浮かし、かわいい声で何度も何度も悶え鳴いてしまう。のけぞるように
身じろぎすれば、丸まると実ったドーム型の乳房もたぽんたぽん弾んで回る。
「瑞希…そろそろ、こっちも…」
「はあ、はあ、はあ…うん…でも、濡れてきてるから恥ずかしい…」
「あれ?普段そんなこと言わないのに…どうしたんだよ?今日の瑞希、なんだか
はにかみ屋さんだねえ?」
「…はにかみ屋でもなんでもいいから、できるだけ見ないようにして…お願い…」

549 :たとえば、こんな二人。(中編):2001/04/14(土) 23:28
 そう言いながらも、瑞希は和樹の求めに応じてゆっくりと両脚を…次いで腰を
浮かせ、M字開脚の体勢をとった。主人に媚びて腹を見せる子犬さながらに、
瑞希もあるがままを愛しい和樹にさらけ出してしまう。
 菱形できれいに生え揃った濃いめの性毛も…
 なだらかに隆起している、柔らかみでいっぱいの恥丘も…
 発情の血潮で肥大し、少しだけはみ出て来ている濃桃肉も…
 その合わせ目で小さく突出している女芯も、なにもかも…。
 和樹は腹ばいのままで後ずさり、開脚を強いるよう太ももに両手をかけながら
瑞希の恥部を眺め回した。M字開脚に合わせて丸見えとなった瑞希の真央からは、
汗の匂いに混じって独特の女臭さがぷんぷんと立ちこめてくる。思春期の少年には
絶対に嗅がせられない危険に満ちた匂いだ。
 そのすえたような雌臭さに思わず和樹もそそのかされ、シーツとへその隙間で
ペニスを固く固くいきり立たせてしまった。ちらりと視線を上げれば、そこには
火照る頬を両手で包み込んだ瑞希が気恥ずかしそうに様子を伺っている。。
…かわいい…コイツ、こんなにかわいかったっけ…?
 今まで覚えていられないくらい身体を重ねてきているが、それでも和樹は初々しい
瑞希の姿にあてられ、沸々と愛欲をたぎらせてしまう。ひいき目ももちろんあろうが、
今夜のセックスは特別なものになるような気がしてならない。

550 :たとえば、こんな二人。(中編):2001/04/14(土) 23:31
ぷちゅっ…ちゅっ、ちゅっ…
「はぁんっ…!!あっ、いやっ…そんな、そんなぁ…は、恥ずかしいっ…!」
 和樹は両手の親指で瑞希の秘裂を開き、奥の奥まで丸見えにしてから恥丘に
鼻先を押しつけ…女芯に口づけた。春の日差しのように身体中すみずみまで拡がる
暖かな快感と、今にも泣きだしてしまいそうなほどの羞恥に灼かれ、瑞希はつま先を
ピクピク奮わせて悶える。
ちゅっ、ちゅうっ…ちゅっ、ちゅっ…れる、れるっ…
「あんっ、あ、はぁあ…んっ、ひぅ…!そ、そこ…そこ好き…好きぃ…」
「すげえな…瑞希お前、今日はホントにどうしたんだよ。びちょびちょになってきて
るぜ…?もうなんか…白っぽくなってきてるし…」
 普段以上の高ぶりを示している瑞希に気遣うことなく、和樹は唇と舌による
ねちっこい愛撫を重ねてゆく。否、愛欲のままに重ねてしまう、というのが正しい
だろう。ツン…と突出している女芯に口づけたまま、乳飲み子のようにむしゃ
ぶり付いては…何度も何度も口づけて、舌先で慰める。
 そうこうしている間にも、瑞希がしとどに溢れさせる愛液はサラサラの無味無色
から、ぬめりけと酸味を増した淡い白濁へと変わってきた。これは瑞希の身体が
和樹との結合を切望してきた証である。見ようによっては、分泌過剰となった
フェロモンが愛液の中で濃縮されてきたふうに見えなくもない。
 和樹もこの愛液を味わい、飲み込んでしまうと…まるで催淫効果でもあるかの
ように情欲が燃え上がってくる。勃起しきりのペニスはシーツに押しつけられた
まま、次第に熱い逸り水を先端から滲ませてきた。身じろぎするたびにヌルヌルと
ぬめるため、せつないほどの射精欲がペニスの根本奥深くで渦巻いてくる。

551 :たとえば、こんな二人。(中編):2001/04/14(土) 23:32
 そんな和樹よりも、やはり愛撫を施されている瑞希の方が痴態は激しい。
 日頃からスポーツを嗜んでいるため、活性化されている瑞希の身体は比較的
感度が高い。それは性感においても同様であり、とりわけクリトリスは一番刺激を
受けやすく、ある意味デリケートな性感帯である。
 それでいながら、こうして薄皮をめくってもらって愛撫してもらうのがお気に
入りであるのだからなんとも欲張りなものだ。和樹に口づけられ、舌先で押し
転がされるだけでも絶頂に達してしまいそうである。まぶたの端からは、早くも
感涙が一粒こめかみへと伝い落ちていたりする。
ちゅぷ、ちゅっ…れるっ、れるっ…ぬちゅ、ぷちゅっ…
 その舌の動きはさらにエスカレートし、微かに処女膜の名残を見せる膣口へと
進行していった。和樹は儚げな粘膜の縁取りを優しく舌先で愛でながら、ぷっちゅりと
キスして愛液をすすり…そのままディープキスよろしく舌を挿入してゆく。
「だ、だめっ!舌入れちゃだめぇ…!!そんな、広げられてるのに…だ、だめって
言ってるっ…そんな、やっ、あ、浅いとこぉ…!!」
 ぐり、ぐり、ぐり、と尖らせた舌先で入り口付近の襞に挨拶すると、瑞希は
オタオタとつま先で虚空を掻きながらよがり鳴いた。無我夢中のさえずりにあわせ、
ぬめる華筒は柔軟にくねって和樹の舌を締め付ける。身体が舌を来るべきものと
錯覚しているのだ。
 待ち焦がれている快感の訪れに、性に関しては慎ましやかな瑞希も声を上擦らせ、
ポロポロ感涙をこぼして身悶えするが…それでもまだ和樹は彼女を解放しようと
しない。真っ直ぐに舌を往復させて、瑞希が本当に堪えきれなくなる瞬間を待ち
続ける。

552 :たとえば、こんな二人。(中編):2001/04/14(土) 23:33
ぬちゅっ…ぬちゅっ…ぬちゅっ…ぬみっ、ぬみっ…
「みずき…ぷぁ、みずきっ…んんっ…」
「か、かずき、待って!待ってぇ…!ちゃんと欲しい、ちゃんとぉ…!」
「ん…?ちゃんとほしい?したくなってきた…?」
「…うん…したい…かずきと、エッチしたい…!」
 そして…ついにその瞬間は訪れた。瑞希の美徳は愛欲にねじ伏せられてしまった
のだ。瑞希は和樹のわざとらしい問いかけにも、きゅっと目をつむったまま確かな
口調でそう願う。羞恥に満ちた表情はすっかり泣きベソだ。
「よぉし、じゃあ…しようぜ?」
「うん…」
「いっぱい…いっぱいしような…朝までだって…」
「うん、うんっ…ん…」
 和樹はあらためて身を起こすと、仰向けの瑞希の上で四つん這いとなり、小さく
キスして愛撫の余韻をなだめた。瑞希も素直に応じ、そのまま和樹の背中に両手を
回して強く抱き寄せる。
 それに逆らうことなく、和樹がシーツに両肘を突き、瑞希に寄りかかるように
腹ばいになると…愛欲に満ちて怒張したペニスが、ふみゅっと彼女の恥丘を押圧した。
固い性毛どうしがチクチクと触れ合ってくすぐったい。
「…ヤケに積極的だねぇ…ゴム着けるまで待てないのかよ?」
「だったら、早く着けなさいよぉ…ねえ、早くぅ…」
「そうせかすなって…えっと…あれ?も、もしかして…切らしてるってか…?」
 和樹はベッドラックに右手を伸ばし、手探りでスキンの小箱を取ろうとしたのだが…
いつもの場所からも、どこからもその手応えは感じられない。慌てて顔を上げて
そこらじゅうを見回したものの、どうやら先日で使い切ってしまったらしく…
無情にもお目当ての小箱は見当たらなかった。

553 :たとえば、こんな二人。(中編):2001/04/14(土) 23:34
はふぅ…
 和樹はたちまち愕然となり、深々と溜息を吐いた。やり場を失った愛欲が、
突然重い荷物のように感じられ…瑞希にまるまるのしかかってしまう。
「…どうしたの?ちょっと、重い…」
「…なんでこんな時にゴムが無くなってるかねぇ…」
「無くなってる?じゃあ、こないだで使い切っちゃったんだ…」
「たぶんな…くそ…あーもう、ついてねえなぁ…!」
 そう毒づきながら、和樹は苛立ち任せで瑞希に頬摺りした。乱暴なだけの抱擁は
無神経な八つ当たりそのものであるが、高ぶりきった今ではもう大人げなさを
抑えきることができそうにない。
 このまま我を通してしまいたい欲望もあるが、そこまで瑞希をないがしろして
いいはずもない。できるわけもない。
 まさにないづくしであった。和樹の胸はもどかしさでひどくさざめき立つ。
言いようもない悔しさで、思わず唇を噛み締めてしまうほどだ。

554 :たとえば、こんな二人。(中編):2001/04/14(土) 23:35
ぎゅっ…ぬちゅ、ぬちゅ…
「わっ…み、瑞希…?」
 そんな和樹のわだかまりをなだめてくれたのは瑞希の右手であった。そっと
自分達の隙間に右手を滑り込ませ、たくましく勃起したままのペニスをしごいて
再び和樹を奮い立たせようとする。
「ホントはゴム着けてほしいけど…そろそろ生理、始まる頃だから…いいよ、その
ままでも…たぶん、大丈夫…。それに、あたしだってもう…」
「瑞希、お前…」
「そっ、その代わり…もしそうなっちゃったら、あたしのこと…」
「そりゃあもちろん…じゃあ、ホントにいいんだな?その…色んな意味で…」
「う、うん…いい…いいよ…あんたがいいんなら…」
 そこまで言ってから、二人は照れながらももう一度キスして…暗黙の約束を
交わした。これでもう戸惑いや躊躇いは無い。本気で愛し合うのみだ。それこそ
恋人としてだけでなく、結ばれた夫婦のように…。
「入るぞ…?」
「うんっ…」
 ささやくような確認に続けて、和樹は右手にしたペニスの切っ先をクリトリスに
あてがった。そのままバターに熱いナイフを差し入れるように、ゆっくりと裂け目を
割り開いて…小さなくぼみへと下降させてゆく。
ぬち…ぬみっ…ぬぷ、ぬっ、ぬぬっ…ぬぶぷぷっ…
「くっ、ふぅうっ…あっ、はああんっ!!」
 ツヤツヤのパンパンに膨張した亀頭が膣口を押し広げ、奥深く没入してきた
瞬間…瑞希は切望が叶えられた悦びに感涙を散らしてよがり鳴いた。

555 :旦那さん、名無しです:2001/04/14(土) 23:40
まわし、1

556 :旦那さん、名無しです:2001/04/14(土) 23:40
まわし、2

557 :旦那さん、名無しです:2001/04/14(土) 23:41
まわし、3

558 :旦那さん、名無しです:2001/04/14(土) 23:41
まわし、4

559 :旦那さん、名無しです:2001/04/14(土) 23:42
まわし、5

560 :旦那さん、名無しです:2001/04/14(土) 23:46
まわし、6

561 :旦那さん、名無しです:2001/04/14(土) 23:46
まわし、7

562 :旦那さん、名無しです:2001/04/14(土) 23:46
まわし、8

563 :旦那さん、名無しです:2001/04/14(土) 23:47
まわし、9

564 :旦那さん、名無しです:2001/04/14(土) 23:51
>>542-554
こみパ、和樹×瑞希のラブラブ…今回は以上です。
続きはまた後日。今度こそ終わらせます。

>>539
どうもありがとうございます。
今回も内容は単調ですが、楽しんで頂けたら幸いです。

565 :名無しさんだよもん:2001/04/15(日) 00:49


566 :名無しさんだよもん:2001/04/15(日) 21:11
>旦那さん、名無しです
ラブラブでエロはいいけど引っ張りすぎな感があります。
でもラストは萌え。
ゴム無しオケーは言われてみたい…。

567 :名無しさんだよもん:2001/04/16(月) 02:44


568 :アナウンスAlfo:2001/04/16(月) 06:00
31時間39分で98%…、早く終わらねぇかな…(スレ違い)。
っつーわけで投稿開始。
しばらくお待ちくださいな。

569 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/16(月) 06:01
第二十一話 イノリ

 ナユキのいた所を中心として、爆発が起こった。
 爆風に吹き飛ばされ、俺は幾度となく背を土に打ちつけながら、ナユキのいた場所から離されていった。
 破片が幾筋も紅い跡を肌に刻みつける。
 鋭い痛みが体中を走った。
 不意に、それが鈍痛に変わる。
 吐き出せない息が喉を締め付けた。
 どうやら、剥き出しの岩に背中を打ちつけたようだ。
 背骨からの恐ろしい圧迫感が肺を潰す。
「か…はっ…」
 満足に呼吸もできない。
 一瞬の爆風から解放されても、指一本動かせなかった。
 腕がひとりでに下ろされる。
 背中を岩に預けたまま、意識が遠のいていくのがわかる。
 このまま目を瞑り、息を止めれば、きっと楽に…

 違う。
 俺は誓ったんじゃないのか?
 もう二度と、ナユキから離れないと。

 それが、誓いだと。
 矛盾している俺に残された、最後の秩序…。

570 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/16(月) 06:01
 その思いは、僅かに残った俺の生命力を増幅した。
 四肢に力が行き渡る。
 意識が彼岸から戻ってくる。
 視界が、紅いヴェールに包まれながらも、だんだん像を結ぶ。
 …今なら、動けるか?
 ためしに足に力を込めてみる。
 心地よい筋肉の緊張。
 大丈夫だ。俺は動ける。
 下肢に力をこめて、俺は立ち上がる。
 他の箇所は大丈夫か…?
 右手を振るう。
 …痛みは無い。
 次は、左手。
 …無痛。
 腕どころか、体全体に痛みは無い。
 強く打ちつけたはずの背中にも、痛みの残滓しかない。
「脳内麻薬でも…でてるのか?」
 その割に意識は安定している。
 前にもこういう経験はしたことがある。
 まだ戦場に慣れていない頃、コンバット・ハイに精神を冒されたことが。
 だが、その時は今のような落ち着きは無くただ高揚感だけが体を支配していたはずだ。
「だとしたら…」
 なかば、奇跡だ。
 時速50km以上で岩に打ち付けられて、無傷だなんて。
「…ナユキ……」
 ナユキ。
 その言葉が脳裏に閃いた瞬間、俺は駆け出していた。
 吹き飛ばされた方を、逆に。
 ナユキがいたはずの場所へ。

―――

571 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/16(月) 06:02
 思い出があったはずの場所に。
 木の根元に。
 その木の根元に。
 今はもう無い、その木の根元に。
 少女は立っていた。

「…泣いているのか?」

 声が少女に問い掛ける。

「ゴーストの中のゴースト、GHOSTたるお前が」

 少女は答えない。
 ただ、弱々しく頭を振るだけ。
 その軌跡から涙の雫がこぼれた。

「今からここに、彼がくることになる」

「それは誰も止めようのないことだ」

「待つなら、そこで待っているがいいさ」

「誰も、決められた大きな流れは変えられない」

「俺も…、奴も…、GHOSTのお前ですらも」

「違うよ」

 初めて少女が口を開いた。

「流れは変えられなくても、それが辿り着く所は変えることができる」

「それが、大きな力であるほど、そらすのは簡単だから」

「だから…ボクは信じる」

「運命は、変えられるよ」

「きっと」

―――

572 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/16(月) 06:03
 きっと、ナユキは生きている。
 きっと、あの瞬間に逃げ出したに違いない。
 調子に乗って、思いっきりスピード出すもんだから、とてつもなく離れた場所に行ってしまっただけだ。
 とてつもなく離れた場所…。
 俺は激しく頭をふってその単語を追い出した。
 ナユキは見つかるから。
 絶対にナユキは見つかるから。
 そう祈るのなら、きっと…!
 俺は草原を探しつづける。
 どこかに隠れているだろう彼女を探しつづける。
 でも、手掛かりすらそこには無かった。
「ナユキーーーーッ!」
 ありったけの大きな声でナユキを呼ぶ。
 木霊が斜面を払っても、それでも、何の返事も無い。
「聞こえてるなら返事しろーーーーッ!」
 乱暴に薙ぎ倒された草の根元を。
 抉り取られて表出した土の表面を。
 削られて形の変わった岩の裏側を。
 いくら探っても、ナユキはそこにはいない。
 止まない風が、俺しかいない斜面を吹き降りていく。
 被害を逃れてまっすぐにたつ草が、風にさらわれてさあっと音を立てた。
 ふと。
 ふと、その音の中にナユキの髪が揺れるような音がして。
 俺は駆け寄った。
「ナユキいっ!」
 そこにあるものを全力で揺らす。
 青い髪が揺れる。
 …起きろ。
 …いつまでも寝てるんじゃない。
 起きろ、起きろ、起きろ、起きろ、起きろ起きろ起きろ起きろ起きろ起きろ起きろ起きろ起きろ…。
「目を、覚ませえええええッ!」

573 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/16(月) 06:21
 さらっ。
 風が、凪いだ。
 頭上を木陰がよぎる。
 見上げると、
        そこは、森の中だった。
「……」
 無言であたりを見渡す。
 さっきまでいた丘とは全く違い、かつよく似た空気。
 …そうだ。
 ナユキは、どうしたんだ。
 手元を見ると、そこにナユキはいなかった。
 かわりに、誰かの足が見える。
「誰だ…」
 それにそって、視線を上に上げていく。
 そこにいたのは、見慣れた顔の女性だった。
「…アキコさん」
「お疲れ様です。ユーイチさん」
 女性はにっこりと笑うと俺の目の高さにまでしゃがみこんだ。
「まだ、貴方にはやるべきことが残っていますけどね」
「……」
 その視線が、俄かには理解できず、次いで混乱が俺を覆った。
「え…、あの…ナユキは」
「ああ、ナユキなら」
 アキコさんは自分の胸に手を当てる。
「ここに、います」
「……」

「わたしは、ナユキのゴーストなのですよ」

574 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/16(月) 06:21
「順を追って説明しますね」
 アキコさんは言う。
 俺はといえば、何も出来ず、ただアキコさんがしゃべることだけに集中していた。

「…本物の、本来のアキコ・ミナセは今も病院のベッドで昏睡状態となっています」
「それは不幸な事故の結末でした」
「その事実に耐え切れるほどの成熟を見せていなかったナユキは、大変悲しみました」
「心の奥底の、ゴーストに語りかけることが出来るようになるほどに」
「…その結果、ゴーストである私が生まれました」
「それはとても巧妙にナユキを騙していました」
「例えば、携帯電話」
「私は、少しならナユキの行動を制限することが出来ました」
「それを利用して、ナユキには私の元に掛けさせている気にさせていたのです」
「自分の中の私の声を、電話からの声だと錯覚させながら」
「…前に、ユーイチさんが私とナユキがいっしょのところを見たことがない、とおっしゃいましたね」
「正にそのとおりなんです」
「私は…ナユキと正面から向き合ったことはありません」
「いつも、声だけの存在でしたから」

575 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/16(月) 06:22
「…それで」
 俺は一言、アキコさんの独白を止めた。
「あの爆風の中、なぜ生き残れて…」
 話を変えないと、知ってはいけないはずのことまで辿り着きそうだったからだ。
「この子のおかげですよ」
 アキコさんは、傍らの鉄屑を取り上げた。
「例の蛙人形…」
「K−Ro−Pといってあげてください」
 アキコさんはやんわりと注意した。
「この子が、爆発の瞬間に庇ってくれたんですよ」
「そうだったんですか…」
 俺は相槌を打つ。
 それをきっかけとして、俺も少しずつ話せるようになった。
「でも、なぜ今俺の前に姿を?」
「…気づかれてしまったからです」
 アキコさんは答える。
「ナユキに…私の存在を」
「だからといって、どうして?」
「これ以上、嘘はつけませんから」
「……」
「それに、ぜひ私の口から言っておきたいことがありまして」
「なんですか?」
「…気づかれた以上、私ももう長くはありません。ですから――」

576 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/16(月) 06:22
「……俺なら、できるでしょうか」
「ええ、きっと」
 言われなくてもわかる。
 俺が託されたのは、幽霊の祈り。
 ナユキを、守ってやれ、と。
「ユーイチさん」
「はい」
「例の作戦、遂行するつもりはあるんですか?」
「例の…?」
「作戦名『核となる幽霊』。その内容は、ゴーストの力の元となるGHOST、彼女の捕獲、もしくは…」
「……処分」
「今、答えてください。それだけは、最後に知っておきたいですから」
「できることなら、助けてあげたい。でも、俺にはまだ彼女の目的は…」
「おいおい、わかると思いますよ。いえ、」

「思い出す、が適当かもしれませんね」

 それが、ゴーストであったアキコさんの、最期の言葉だった。

577 :回転中:2001/04/16(月) 06:23
ひとつ

578 :回転中:2001/04/16(月) 06:33
ふたつ

579 :回転中:2001/04/16(月) 06:33
みっつ

580 :回転中:2001/04/16(月) 06:33
よっつ

581 :回転中:2001/04/16(月) 06:33
いつつ

582 :回転中:2001/04/16(月) 06:34
むっつ

583 :回転中:2001/04/16(月) 06:48
ななつ

584 :回転中:2001/04/16(月) 06:48
やっつ

585 :回転中:2001/04/16(月) 06:48
ここのつ

586 :Alfo:2001/04/16(月) 06:50
>>569-576
Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜
第二十一話 イノリ

来週でおしまい。長いです。

587 :Kanon〜永遠の笑顔・1:2001/04/16(月) 09:07
「お姉ちゃん、私ね、お願いがあるんだ」

栞は生まれた時から難病を患っており、今まで入退院を繰り返していた。
そのため、学校にもあまり行く事はない。
楽しいことなんて何もなかった。――なんのために私は生きているんだろう。
窓から見える庭で子供たちが楽しそうに遊んでいる。それを見るたびそうつぶやいた。

そんなある日、姉の香里が一台のノートパソコンを持ってきた。
栞のその足で外の世界を見てくることはもうできない。でもインターネットなら――
香里はそう考えた。そして香里は栞にあるBBSを教えた。
そう、2CHである。
「でね?ここをおして・・・・そうよ。出来るじゃない!」
香里の懇切丁寧な教えもあって栞は2CHの隅々まで食い入るように読んでいった。
「お姉ちゃん!ありがとう!こんな良い物をプレゼントしてくれて!」
栞は今までで見せたことのないようなとびきりの笑顔で香里に笑いかけた。
それからめったに笑わなくなっていた栞はよく笑顔を見せるようになった。

588 :Kanon〜永遠の笑顔・1:2001/04/16(月) 09:07
しかし彼女の誕生日も間近に迫ったある日、栞の容体は急変した。
好きなパソコンを取り上げられICUに運び込まれた。
それから栞は生死の境をさまよった。家族全員で連日病院に泊り込んだ。
ようやく栞が目を覚ましたその日、喜びにあふれる家族を担当医が呼び出した。
そして栞はもう長くないこと、なにかあの子に思い出を残してあげるようにと告げた。
「お姉ちゃん、私ね、お願いがあるんだ」泣きむせぶ香里に栞はそういったのだ。

「なぁに?栞。何でも言ってごらん。」「私、2CHがみたいな」
香里は素直に栞の要望を聞き入れた。そんなことでこの子が喜ぶなら――と。
手の筋肉がすっかり衰えてしまった栞はおぼつかない手つきでパソコンを起動させた。

そしてブラウザを起動させ2CHに入った。闘病生活で大分衰弱した栞の体は
マウスを動かすだけでも重労働だ。胸のあたりが痛い。苦しい。目が霞んできた。
そう、この時栞は最後の力を振り絞っていた。これで死んでも良い。2CHが見れるなら。
目が霞んで今何処の板にいるかわからない。でたらめにマウスをクリックした。
そして最後の力を振り絞って画面に目の焦点を合わせた。

「!?・・・こんな・・こんなのが最後・・!?こんなのってないよ・・・!!!」

ガクッ  ピーーーーーー  彼女の最期を告げる心電図の非情な音。

「・・・・・栞!?」「栞っ!しっかりするんだ!」栞は目を閉じたまま返事をしない。
画面には「庭で栞がアイスを食ってます!助けてください!!!!」の文字。
「うわあぁぁ!!!栞ーーっっ!!」
その時窓の外に雪が降っていた―――

589 :名無しさんだよもん:2001/04/18(水) 19:21
さがりすぎだからage

590 :名無しさんだよもん:2001/04/18(水) 21:20
落ちが意味不明

591 :名無しさんだよもん:2001/04/19(木) 03:09
>>588はネタスレからのコピペ。

592 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/21(土) 00:06
最終話 ネガイ ノ セカイ

 崩れ去った幽霊のいた所に、ナユキが眠っている。
 ゴーストを使うことで体力を蝕まれたのか、深く深く眠っている。
 俺は木の葉と布で作った即席の枕をナユキの頭の下に潜らせる。
 その時に頭を少し上げても、ナユキは目覚める様子を見せなかった。
「夢でも…見てるのかね」
 楽しい夢なのか、悲しい夢なのか。
 無表情な寝顔からは何もわからない。
 そっと、目にかかる前髪に触れる。
 柔らかい手触り。
「……」
 もし。
 もし彼女が眠り姫だったのなら、俺はこのままこの寝顔を見つづけていることだろう。
 飽きもせず、間断なく、永久に…。
 でも、ナユキは目覚めるから、いつか目覚めるから。
 俺は心に決める。
 そして、その願いを言葉にして、世界に刻み付ける。
「その時には決着をつけておかないとな」
 一人の目覚めは、いつも寂しいものだから。


593 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/21(土) 00:07
 場所はわかっていた。
 こことは違う場所の、木の根元。
 意識しなくても、体が勝手に連れて行ってくれる。
 こういうのを「体が覚えている」とでも言うのだろうか――。

「お前が、黒幕だったのか」
「まあな」
 到着した場所で、俺は意外な人物に会った。
「考えてみれば…、そうだな。ナユキの携帯に爆弾を仕込むことが出来たのは、お前だけだった」
「なかなかの趣向だっただろう?」
「まさか…時限式スイッチとはな。防ぎようが無い」
「それだけ信頼されていたということだろうな」
「あいつが…、ナユキは、お前を信頼していた。なのになぜお前は裏切った?」

 キタガワ。

「お喋りはこのくらいにしようか」
「……」
 無言でクナイを構える。
 キタガワは、何も持っていない。
「ユーイチ君は丸腰相手に武器を使うのか?」
「丸腰って事は無いだろう」
「は…、これは流石にばれていたか」
 キタガワはゆっくりと両手を広げる。
 すると、何も無い空間に人の頭程度の大きさの眼球が生まれた。

594 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/21(土) 00:07
「説明はおそらく不要だろうが…、これが俺のゴーストだ」
 眼球が、一つ、二つ、…増えていく。
 その虚ろな光彩は俺の姿を取り込んで放さない。
「対人指向性独立自走式爆弾。いわば命の無い自爆兵だよ」
「…その程度」
「わかってないね」
 キタガワは、生み出している最中もそのポーカーフェイスを崩さない。
 眼球の数がおよそ50を越えた頃、それは不意に始まった。
「行け」
 キタガワの命令とともに、眼球が一斉に襲い掛かってきた。
 先頭の一団をしゃがんでかわす。
 そのバネを利用して、自分の限界の高さまで飛び上がる。
 急激な移動に、眼球は追いつくことが出来ない。
 最頂点で懐に手を入れ、そして

 50個からなる眼球爆弾全てにクナイが刺さっていた。

595 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/21(土) 00:09
 爆風に影響されながらも、俺はキタガワの死角に着地する。
 そのことは察知しているはずだが、キタガワは振り向かない。
「へえ…、お前、そんなにクナイ持ってたんだ…」
「そうじゃない。用意してきたんじゃなく、俺のクナイの残量は減ることが無いんだ」
「成る程な…。アマノに教わったか」
「彼女のアドバイスは、役に立ってるぜ」
「…そうか」
 ―――ぞくり。
 後頭部に走る悪寒に触発され、俺は前に飛び込んだ。
 一瞬遅れて、爆発音。
 爆風が体のバランスを奪う。
 俺は死に体になりながらも、つんのめるようにキタガワへ走りよる。
 その俺の眼前に、目くらましのナパームが弾ける。
 俺は両目を庇いながら、ナパームの有効範囲内から離脱した。
 その間にキタガワを見失った。
 必死にあたりの殺気を探る。
 …左か。
 その方向に矢鱈滅法クナイを投げつける。
 クナイの一つがキタガワの手を掠めた。
「そこかァッ!」
 掠めた音が聞こえた方向へ向け、吶喊攻撃を敢行する。
 案の定空中に爆弾が仕掛けられているが、それらの指向範囲を計算した上で、回避行動を取っていく。
 一つ、二つ、背後で爆弾が弾ける音がする。
 目標まで、あと七つは仕掛けられている。
 それら一つ一つを丁寧に回避しながら、俺はキタガワに迫った。
「く…」
 キタガワが苦し紛れに爆弾をセットする。
 一瞬、キタガワの視線は俺とは別な方向を向く。
 その瞬間を狙って、俺は奴の死角に回るべく旋回しながら…。

「かかったな」

596 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/21(土) 00:09
 その言葉が聞こえるのと、俺の足が地面の違和感を伝えるとでは、言葉の方が若干早かった。
(…地雷ッ!)
 が、神経が反応行動を伝達するより早く、機械仕掛けの爆弾は爆発していた。
 ドンッ!
 短い破裂音を立てて、足元の地面が炸裂する。
 俺の右足がそれに巻き込まれ、激痛が走った。
 完全にバランスを失い、俺の体は地に倒れた。
「爆薬の量は抑えてある。アイザワには説得してもらいたい人物がいるから、死んでしまっては不都合なんだ」
 動けない俺の元にキタガワがゆっくりと迫ってきた。
 ここまでか…?
「どちらにしろ、ここまでだな」
「違うね」
 俺は全身の力を腕のバネに溜め込むと、一気に地を押した。
 その反動で体が足を支点に起き上がる。
 ろくに力の入らない右足は諦め、左足でバランスを支える。
 そして、全身に力を貯める。
「この距離からなら、外さないぜ」
 言うが早いか。
 左足で大地を蹴り飛ばし、そのままキタガワに突っ込む。
 捨て身の突撃だ。
「ぐわっ!」
 完全に不意を突かれたキタガワは、まともに俺の体当たりを食らった。
 錐揉みながら吹き飛んでいく。

597 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/21(土) 00:10
 ざすっ、と、音を立てながらキタガワは地面に叩きつけられた。
 そのまま、動かなくなる。
 技を繰り出した俺も、力尽きて大地に倒れこんだ。
 もう、今ので余力はほぼ使い切ってしまった。
 時折目の前が霞むが、そのたびに気力を振り絞って意識を継続させる。
 疲れきって、もう自由には動けない。
 頼むから、もう立ち上がるなよ…!
「はあ、はあ、はあ…」
 荒い息が聞こえる。
 誰のかと思ったら、自分の息だった。
「くそ…」
 キタガワが状態だけをそらし、こちらに近寄ってくる。
 見た目かなり疲弊しているが、俺ほどではない。
(まいったな…)
 俺は心の中で呟く。
 こっちは動けない。
 あっちは動ける。
 絶対的な差だ。
「…今の攻撃には驚かされたが、それでおまえも力を使い果たしたようだな」
「く…」
「俺は…お前の所に行くぐらいの力なら残っている」
 何とか足掻こうとするが、指先ですら自由に動きはしない。
 俺とキタガワの間の距離は、10メートルは離れているだろうか。
 それでも、いつかは届く距離には違いない。
 絶体絶命。

598 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/21(土) 00:13
「動かないで!」

 あたりに聞き覚えのある凛とした声が響いた。
 その声に気圧され、キタガワの動きが止まる。
 声の主は…ナユキだった。
 ナユキは、いつから持っていたのか、銃をその手に構えている。
 その銃口は、しっかりとキタガワを狙っていた。
「ナユキ…」
 俺は呟く。
 喉の奥で、疲れに押しつぶされそうになりながらも、必死に声にした。
「もう、終わりにしよう…ね?」
 少し優しく微笑みながら、銃口を向けたまま、仰向けになったキタガワに、ナユキがにじり寄っていく。
 対するキタガワも、動きを止め、その様子を見つめていた。
「…その銃で、俺を撃つつもりか」
「撃たないよ」
 ナユキはキタガワのあたりまえの問いに答えた。
「撃ったら、終わっちゃうもん」
「終わらないさ」
「え?」
 ナユキの不意をついて、キタガワが銃を掴んだ。
 銃を奪い取るのかと思ったが、そうではない。
 グリップとトリガーを掴んで、それを自らの頭に当てた。
「俺がこの願いの世界からいなくなろうとも、結末は変わらない…」
「何を…言ってるの! その手を放してっ!」
「世界は…その主の願いの通りに…滅ぼうとしている」
 キタガワの手に、ぐっと力が入る。
 その力は、自らを滅ぼすために、トリガーを押す方向に働いている。
「俺の願いは…他の大きな願いに潰され…負ける。だから」

 俺はその相手にずっと消えない傷を残してやりたいんだよ。

599 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/21(土) 00:14
 さらに、手に力が込められた。
 二重トリガーの遊びも限界まで絞られている。
 キタガワの力は、疲労しているとはいえ、ナユキよりは強い。
「嘘…嘘だよ、こんなの」
 ナユキの指先がみるみる白くなっている。
 圧迫のせいもある。だがそれ以上に、精神的な苦痛のせいでもある。
「だってわたし…そんなつもりで、誰かを邪魔するつもりで願ったんじゃ――」
「神様が叶えてくれる願いはいつだって一つなんだ。その一つにお前の『回帰』の願いが選ばれた。誇りに思ってもらわないとこっちが困る」
 トリガーの位置は限界を超えた。
 これ以上、例え羽毛ほどの力でも、そこに加えられたのなら。
 銃弾はキタガワの頭を吹き飛ばす。
 その記憶は永遠に被害者を責めるだろう。
「ただ悔しくてこうやってるだけだ。悪く思うなよ、ミナセ」
 最後の一押し。

 パンッ!

 一つの銃声が響いた。
 いや、一つではない。二つだ。
 片方はナユキの銃から。
 そしてもう片方は。

600 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/21(土) 00:14
「間に合ったかな…?」

 ユーイチ・アイザワのデリンジャーだった。

「え…?」
 ナユキの銃の引鉄は引かれている。
 だのに、銃口の先のキタガワの頭に、弾痕はついていない。
 僅かに火傷があるだけだ。
「…どういうことだ?」
 先に呟いたのはキタガワだった。
 自らが死んでいないことに気が付き、ナユキの銃から弾丸か発射されていることを確かめ、そのうえでの疑問の言葉。
 当のナユキも、何が起こったのかは理解していない。
「わたし、今、引鉄…引いちゃったよね」
「その事実は、リセットした」
 ユーイチが答えた。
「お前も、キタガワも、この世界の犠牲になって苦しむことはない」
「……」
「だから、俺がリセットしたんだ」

「あの時、俺は弾丸が発射される直前を狙って、デリンジャーを撃ったんだ」
「その弾丸が、うまいことナユキの方の弾丸を吹き飛ばしてくれた、そういうことだ」

601 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/21(土) 00:16
「そういうことか…」
 キタガワは、ゆっくりとナユキの銃から手を放した。
 その手が力なく大地に落ちる。
「願いは…お前の物だったか」
 キタガワは、首から上だけを俺のほうに向け、そう答えた。
「…多分、俺のものだけってことはないさ」
 俺は応える。
「もともと、誰のものでもない、漠然とした意識そのものだったんだからな」
 俺は思い出していた。
 …それは、守りたくても守ることの出来なかった俺を、慰める言葉。
『悪いのはユーイチ君じゃなくて…ボク』
『こんなものになってしまった、中途半端な…ボクが悪いんだから』
 そして、彼女は罪を贖う為に自らの安息の地であったこの世界を逆構築する。
 それが…、彼女の望みであった。
 だとすれば、俺にできることは…それを手伝うことでしかない。
 いくら俺が違うと言ったって、それは俺のエゴでしかないから。
 彼女がそう望んでいるのなら、そうでいいじゃないか。
 だから…俺は。
「ナユキ」
「うん?」
「帰るぞ」
 ナユキをつれて、ここから帰る。
 そうすることで、俺は、彼女への贖罪を完了する。
 彼女に…別れを告げて。
「でも…いいの?」
「何が」
「このまま、この世界がなくなっても」
「それがあるべき姿なんだ」
 俺は断言した。
「彼女が…アユが、そう願っているんだからな」

602 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/21(土) 00:20
 世界が、遠くの風景から薄くぼんやりとした陽炎のようなものになっている。
 不可視になっていくこと。
 それが、破滅だった。
 俺たちは丘の上に立っていた。
 他に行く所もなく。
 ただ、予感のようなものに支配されて、ここで立ちつづけている。
「ユーイチ、ちょっといい?」
「何だ?」
「さっきの、デリンジャーの一発。すごかったね」
「まあな」
 俺は少し得意げに胸をそらす。
「でも、半分はラッキーだったんだぜ」
「え?」
 どういうこと? という表情でナユキが俺を見る。
 俺は種明かしをすることにした。
「よく、最後から二番目の物には幸運がある、とかいうだろ?」
「うん、ブービー賞とか、そういうのだね」
「それを踏まえて、俺のデリンジャーを見てくれ」
 俺は、懐からそれを出して、ナユキに握らせた。
「…あ」
 ナユキも、気が付いたようだ。
「これ、二連装…」
「ま、そういうことだ」
 最初に撃つ一発がいつも幸運の弾丸だなんて、都合のよすぎる話だけどな。

603 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/21(土) 00:38
 ナユキからデリンジャーを受け取り、懐に入れながら遠くの景色を見つめる。
 それが、少しずつ…だが、確実に消えていくのがわかった。
 ある少女の願いから生まれた不完全な世界が、結局殻を破ることなく死に絶えていく。
 その様を、美しいと言ってはいけないのだろう。
 不意に、俺の近くの空間に亀裂が生じた。
 一瞬だけ、この世界が元の世界に流れ込む感触がする。
「あ…」
「あなたは…」
 そして、ありえないことが起こった。
「お母さん?」
「アキコさん?」
 俺とナユキは、同時に声を上げた。
「あら?」
 眼前のアキコさんは、見たことがある微笑み方で俺たち二人を迎えた。
「私がここにいるのが、そんなに不思議かしら」
「不思議ですよっ!」
「不思議だよっ!」
「まあ、種明かしはまたの機会にするとして、今はここからでることを考えましょうか」
「…そうですが、どうやって?」
「迷路には、いつだって二つの出口が用意されているものですよ」
「一つじゃないの?」
「そうね、一つは、元から用意されている出口、もう一つは…」
「その迷路に入ってくるときに使った入り口ですよね」
「そういうことです」
 アキコさんは自分の後ろの亀裂を指差した。
「私が使った入り口がここにありますから、そこから出てはどうでしょうか?」
「…異存ありませんよ」
 俺は笑って答えた。
「では、行きましょうか」
 アキコさんも、微笑みながら振り向く。
「この先に待っている、本当の世界に」

――――――

604 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/21(土) 00:41
 そして、いくつかの時間がすぎて…。

――――――

 生徒達の喧騒。
 柔らかい朝の日差し。
 俺とナユキの座る位置が入れ替わったならば、絶対にナユキは眠りこけてしまうだろう。
 それほどに、ここは優しい。
「ナユキ」
「ん?」
「俺ぁ、何か大事なことを二つほど忘れてる気がするんだ」
「一つは、わたしにも見当がつくよ」
「…なんだ」
「向こうに、銃の人とキタガワ君、置きっぱなしじゃない」
「ああ…そうだったっけ」
 と、俺とナユキが会話しているその時。
「ちわーっす!」
 威勢良くドアが開く音とともに、キタガワが姿をあらわした。
「お! どうしたアイザワ、今日は朝から気だるそうじゃないか?」
「ほっとけよ、爆弾魔」
「…一体この俺のどこが爆弾魔だ。物騒なこと言うな」
 そんなことを言いながら、キタガワは俺の後ろの席に陣取る。
「ここは元から俺の席だ」
「そうだったっけ」
 俺は適当に相槌を打った。
「まったく、朝から賑やかね、ここは」
「あ、カオリ…」
「おはよう、ナユキ」
「お、おはよう…」
「よっす、ミマサカ!」
「…よう」
 俺は片手を上げて適当に朝の挨拶をした。

605 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/21(土) 00:43
「ところでナユキ、五限の英語の宿題、ちゃんとやってある?」
「あ…」
 ナユキは鳩が豆マシンガンをくらったような顔をした。
「ちゃんとやっときなさいよ…。まだ余裕はあるんだから」
「そうするよ…」
 ナユキは鞄から英語の教科書とノートを出すと、なにやら英訳を始めたようだ。
「えっと…、交通事故で…三年前…ユウコ…わたしの姉の、は…」
「物騒な文だな、おい」
 キタガワが突っ込みを入れた。
「ところで、カオリ」
「何よ」
「妹さんは、元気か?」
「え?」
 カオリは鳩が豆ミサイルをくらったような顔をした。
「私、前に妹のこと話したっけ?」
「…俺は聞いた覚えがあるぞ」
「もしかして、あの女の子の事か?」
 キタガワが教室の入り口を指差す。
 そこには、見たことはないが、どことなく面影がカオリに似ている少女が立っていた。
 上履きの色から、一つ下の学年とわかる。
 その腕には、地味な色の布で包まれた弁当箱らしいものが…。
「ぅ…」
 カオリは、真っ赤になりながらその少女の所へ包みを受け取りに行った。

606 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/21(土) 00:44
 昼休み。
 少々騒がしい教室を逃れて、俺は中庭にいた。
 ベンチに座って、自販機で買ってきたコーヒーパックにストローを挿す。
 それを口につけていると、不意に影が現れた。
「…影じゃない」
「ということは、その正体は?」
 言わなくても、わかるのだが。
「…マイ。マイ・カワスミ」
「実は、結構前からお前だってことはわかってたがな」
 パックを握りつぶし、7メートルほど離れたくずかごを狙う。
「……」
「……」
 命中。
「いえいっ!」
「…すごい」
「そうでもないさ。こうやって、巧くスナップを効かせればな」
「スナップ…」
 くいくいと、マイは何度も手首をしならせるまねをした。
「そう、そんな感じだ」
「こう…?」
「そうそう」
 くいくい。
 くいくい。
 くいくい。
 くいくいくいくいくいくいくいくいくいくい…。
「…立ってるのもなんだから、座らないか?」
 自分の隣を手で示す。
「くい」
「どういう返答だ、それは」

607 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/21(土) 00:46
「…で」
「……」
「話があるんだろ?」
「…ある」
 マイは、俺の隣から少し離れた位置に座った。
 左手には、今まで気がつかなかったが、ジュースのパックが握られていた。
「だいぶ…忘れている人間がいるな」
 俺から話を始める。
「俺のことを覚えているってことは、マイはあの事件を忘れていないのか?」
「忘れない」
 マイは力強く答えた。
 …それは何の為に?
 …何のためでもない。
 そんなことはいちいち言葉にしないでも伝わってくる。
 だから、その後に会話は続かなかった。
 時折、マイがジュースを飲む音が聞こえてくる。
 二人して、無言の日向ぼっこ。
 少し、滑稽な光景だったかもしれない。
 ふと、ジュースの音が止む。
 マイが飲み終わったようだ。
 空になったパックを丁寧に潰して、俺より遠い位置からくずかごを狙っている。
 しゅ。
「……」
「……」
「ナイスショット」
「…やった」

608 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/21(土) 00:47
 学校から家に帰る途中には、孤児院がある。
 恵まれない子供達が集められた場所だ。
 だが、その中の子供達は、そんなことを微塵も感じさせない力強さをその目にたたえていた。
 ふと、その子供たちの中に、見知ったような顔を見つけた。
(どこで見たんだろう…)
 向こうも、こちらに気がついたようだ。
 だが、すぐに子供達の方に向き直る。
 力一杯の笑顔を向けながら。
「……」
 俺も、考えるのをやめた。

609 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/21(土) 00:51
 夕食の後、俺が自分の部屋で横になっていると、控えめなノックが聞こえた。
「ユーイチ、わたし」
「ナユキか? 鍵、開いてるぞ」
「ちょっと、お邪魔するよ」
 言いながら、ナユキは扉を開けた。
「…思い出した?」
「何を」
「朝に言ってた、二つの大事なこと」
「ああ、そのことか…」
 俺は体を起こしながら答える。
「一つは、お前の言っていたことで間違いないぞ」
「じゃあ、もう一つは…?」
「それも、思い出したところだ」
「ほんと?」
「ああ」
「…教えてくれる?」
「ん? …ああ、別にたいしたことじゃないんだがな」
「…気になるよ」
「そこまで言うんなら、教えてやろう」
 俺は大げさにこほんと咳払いをする。

610 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/21(土) 00:52
「前に、大佐のいる南の島にバカンスにいくって、そういう口約束をしたことを思い出した」
「ああ、そう言えばそんなこともあったっけ」
「だろ? 今の今まで忘れてたんだから、たいしたことでもないんだろうがな…」
「それで、どうするの?」
「どうするって、何を?」
「その大佐の所に、ユーイチは行っちゃうんだね」
「…そんなことないさ」
「……」
「しばらく、ここに落ち着いてみるのも悪くないとも考えていた所なんだ。たった今、お前がノックするまで」
「ほんと?」
「だから、こんな嘘ついてどうするんだってば」
「よかった〜。それ聞いて、ちょっとほっとしたよ」
「そうか」
「そうだよ」
 ナユキは、微妙な笑顔で微笑んでいた。
「それじゃあ、わたし、今日はもう遅いから、寝るね」
「…まだ9時にもなってないぞ」
「私にとってはもう深夜なの」
「そんなもんかい」

611 :Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜:2001/04/21(土) 00:54
「じゃ、また明日ね。おやすみ」
「ああ、おやすみだ」
 ナユキは、俺の返答を待ってから、ゆっくりと扉を閉めた。
「俺も、今日は寝るかな…」
 煌々と部屋を照らす電灯をのスイッチを切りながら、俺は呟いた。
 今日は、三つも思い出すことが合って、頭が疲れているからな。
 ベッドに横になって、目を瞑った。
 優しい眠気が、途端に瞼を閉じていく。
 そして、
 夢の辿り着く所へ、
 願いの叶う場所へ、
 思いの届く場所へ、
 すこしずつ、
 ゆっくりと、
 意識が歩いていった…。

『もう、孤独な幽霊は、いないから―――』

612 :回転中:2001/04/21(土) 00:55
重くなったり

613 :回転中:2001/04/21(土) 00:55
軽くなったり

614 :回転中:2001/04/21(土) 00:56
なんだか

615 :回転中:2001/04/21(土) 00:56
妙な状態が

616 :回転中:2001/04/21(土) 00:57
続いてましたが

617 :回転中:2001/04/21(土) 00:58
無事に

618 :回転中:2001/04/21(土) 00:59
最後まで

619 :回転中:2001/04/21(土) 01:00
アップできて

620 :回転中:2001/04/21(土) 01:00
なにより…と。

621 :あるみふぉいる(=Alfo):2001/04/21(土) 01:10
>>592-611
Капоп 〜あ・ごーすと・いん・ざ・しぇるたー〜
最終話 ネガイ ノ セカイ

確か昨年の10月頃から始めたこのSS、何とか終わらせることができました。
未完の作品となることもなく、とりあえずはホッとしています。

で。
Dnml、つくっちゃいました。
共有鯖の使い方がわからないので、とりあえずはここに。
ttp://www.hoops.livedoor.com/~s_sekine/aGitS.lzh
圧縮時で215kbです。
ウィルスチェックに少し自信がないので、そちらでもチェックをお願いします。

また、新しいSSができたら、その時はよろしくお願いします。

622 :名無しさんだよもん:2001/04/21(土) 01:14
ご苦労様です。
初めはネタだと思ってたんですけどねえ(w

623 :名無しさんだよもん:2001/04/21(土) 01:15
>>621
お疲れさま〜
これから三益ニャー

624 :名無しさんだよもん:2001/04/25(水) 10:13
おもしろかったあげ

625 :名無しさんだよもん:2001/04/27(金) 17:33
>>564
ラブラブでエロエロなのは非常にグッドなんですが、
肝心なところで「次回に続く」は生殺しですわw
やたらとくどい描写やコンドーさんがないあたりの描写は
おいらが前に読んだオリジナル小説によく似ています…
過去にオリジナルって書いたことありますか?

626 :旦那さん、名無しです:2001/04/27(金) 17:51
>>625
色々と恐れ多い限りです(w
後編は今日か明日中に完成予定です。

私はそれなりに成年向けSSを書いていますが…参考までにそのタイトルのヒント
を教えていただけませんか?

627 :名無しさんだよもん:2001/04/27(金) 19:09
>>626
なんかの小説大賞の参加作…と記憶していますが、
タイトルは忘れてしまいました…雨柘駄。
あ、みさきという名前が出てきたのは覚えています。

628 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/04/30(月) 00:38
 瑞希の身震いを間近で感じながら、和樹は引力に身を委ねてゆっくりとペニスを
挿入してゆく。痛々しいほどに漲った先端は発情の潤滑油にぬめりつつ、襞の群を
容赦なく掻き分けていった。
ぬるっ、ぬっ、ぷぢゅっ…ぬぷ、ぷっ、ぬんっ…
「きゃうっ…!」
「…っと、痛かったか?」
 男の先端と女の深奥が、無粋なゴムの薄膜を隔てることなく触れ合ったとき…
瑞希は汗ばんだ尻を微震させて悲鳴をあげた。恋人の鋭い反応に、和樹は一も二も
なくそう問いかける。
 しかし瑞希は苦痛を訴えることなく、それどころかしかめっ面から緊張を解き、
にっこりと微笑みかけてきた。小さく息を吐いて余裕を取り戻し、潤んだ瞳のままで
真っ直ぐ見つめ返してくる。
「…ううん、そうじゃない…そうじゃないよ…いま…今ね、その…」
「ははっ、わかった…お前ってここ、大好きだもんな。」
「だ、大好きってことないけど…あん…あ、ずるい…ん、んぅ…」
 はにかんで言葉を濁す瑞希に微笑みかけながら、和樹はそっと腰をグラインドさせた。
緩やかな振動によって、亀頭が彼女の子宮口をぐりぐり押圧する。
 和樹のペニスはそれなりにたくましく、全長は瑞希の手で二握りと少しの余裕がある。
小舟がそよ風に揺らぐほどの動きでも、興奮で怒張する亀頭は容易く彼女の性感帯を
刺激できるのだ。
 過敏な深奥を攻められた瑞希はたちまち平静を失い、思わず不平を漏らしてしまうが…
その声はすっかりご満悦といった様子だ。華筒もペニスをもてなすように、ネットリと
すがりついてゆく。

629 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/04/30(月) 00:39
「瑞希、ほら、枕…もうちょっと腰…そうそう、この辺でいいか?」
「…うん、ありがと。ね、和樹…キスして…」
「ああ…」
 和樹は愛用のでか枕を引き寄せると、浮かせたままとなっている瑞希の腰にあてがった。
これだけでもずいぶんと楽になったようで、瑞希は安堵の息を吐きながら小声で
おねだりしてくる。もちろん和樹はそれを拒まない。
ちゅっ…ちゅ、ちゅっ…ちゅむっ…ちゅちゅっ、ちゅうっ…
 和樹は左手で上体を支えると、右手で瑞希のうなじを撫でながら愛おしむように
唇をついばんだ。甘噛みして、吸い付いて、何度もたわませるごとに鼓動は高鳴り、
興奮の血潮を身体中へと巡らせる。
 瑞希も重ね合う薄膜からささやかな水音を立て、和樹の抱擁に夢中で応えてゆく。
 瑞希は和樹よりもずっとキス好きだ。浮かせていた腰を枕に預け、リラックス
できたこともあり…和樹さえ何も言わなければ、このまま朝まででもキスを楽しんで
いることだろう。
 そもそも、唇は男女の別無く性感帯だ。だからこうして裸で、繋がったままキスを
交わしていると…その暖かな幸福感は性感帯どうしをリンクさせ、さらなる愛欲を
喚起してゆく。
 現に瑞希は両手で和樹の頭を抱き込み、キスを中断させまいとしている。甘えんぼ
そのものの鼻声も、先程から途絶えることがない。
 こうして瑞希は恋人とのランデブーを堪能しているのだが…一方で男性である
和樹には、そこまでの余裕は持ち合わせがなかった。
 ねちっこいキスを重ねているだけあって、勃起しきりのペニスは瑞希の華筒を
キツキツに押し広げていきり立っている。せつなく胸を苛む愛欲は、もはや劣情と
蔑まれるほどに高ぶっているのだ。
 なりふりかまわず、最愛の恋人を…目の前の瑞希を犯したい…。
 そんな薄暗い欲望すら抱いてしまうほど、和樹の男心は焦れているのである。

630 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/04/30(月) 00:40
ちゅ、ちゅむっ…ちゅぱっ…
「あんっ…や、もっとぉ…」
「…瑞希、そろそろいいだろ?キスはもうお預け…」
「やだぁ…だったら、キスしたまま…キスしたまま、して…」
「ったく、しょおがねえヤツだな、もう…」
「ん…ごめん…ごめんね、和樹…んんっ…」
 愛欲を堰き止められなくなった和樹は、顔を背けるようにしてキスを中断すると、
苦し紛れのような声でそう願い出た。息遣いには思春期のような焦燥すら感じ取る
ことができる。
 そんな和樹をさらに焦らすつもりか、それとも己の欲求のためにか、瑞希はキスの
維持を条件として和樹の願いを了承した。頭を抱いていた右手ですりすり首筋を
撫でるのは、慎ましい瑞希が彼女なりに媚び、急かしている証拠だ。詫びの言葉も
おざなりであり、条件を呑んでくれる和樹の唇をすぐにまた求めてゆく。
 しかし、そんな瑞希に非は存在しない。非があるとすれば、二人きりの時間を
積極的に工面しなかった和樹のほうにこそであろう。それだけ瑞希は寂しがり屋に
なっていたのだし、そのぶん甘えんぼになってしまうのだ。
ぬるっ…ぬんっ、ぬんっ、ぬんっ…
「んっ、んっ、んっ…ん、あっ、あんっ…あ、ふぅ…」
 やがて和樹は唇を重ねたまま、身じろぎ程度の動きでグラインド開始した。二人の
結合部からは、精製したての愛液が滲み出て瑞希の会陰へと伝い落ちてゆく。腰の下に
据えた枕がベトベトになるのも時間の問題であろう。
 とはいえその動きは緩慢であり、とうていピストン運動とは呼べないものである。
それでも繰り返し子宮口を小突かれる瑞希には、必要にして十分な動きであるようだ。
比較的感度が鈍い膣内にありながら、特別過敏になっている深奥から快感の波紋が
拡がると…瑞希はたまらずにキスをやめ、上擦り声の乗った吐息を漏らし始める。

631 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/04/30(月) 00:40
 そのよがり様に偽りはないようで、瑞希の膣壁は和樹が突き込むごとに艶めかしく
くねり、ペニスの剣呑な形に添ってすがりついてくるのだ。その無言の要求は、まるで
ペニスを挑発するかのようであり…和樹は湧き上がる情欲に背筋を震わせながら、
少しずつ呼吸を熱くしてゆく。
ぬぷっ、ぬっぶ、ぬぷっ、ぬぷんっ…ずぶっ、ぢゅぷ、ずぷっ…
「ふぁ、あっ!あんっ!そ、そこ…その辺っ…!」
「この辺、だよな…?お前って、奥も…浅いとこも好きだもんな…」
「好き、好きぃ…あ、浅いとこ、ん、そ、そぉ…もっと、もっとほしい…」
 和樹が乾いた唇を舌なめずりで潤し、少しずつピストン運動の振幅を大きくして
ゆくと…やおら瑞希はつま先を震わせてよがり鳴いた。高ぶりも相当なものがある
ようで、本能の命ずるまま両手で和樹を抱き締めてしまう。その情熱的な力は和樹の
背中に爪を立てんばかりだ。
 実際に瑞希がよがるとおりで、彼女は膣の入り口付近にも過敏な部分を有している。
 彼女の膣内に指を差し入れればわかるはずだが、入って少しのところのへそ側に…
微かに隆起したしこりのような部分がある。一般にGスポットと呼ばれる部分だ。
人によってその存在はまちまちであるらしいが、瑞希は紛れもなくここから性感を
見出すことができるのである。
 これは余談になるが、二人が付き合い始めて間もない頃…瑞希は好奇心旺盛な
和樹にすぐさまこの部分を発見され、哀願も聞きいれてもらえず執拗に攻められ
たことがある。
 どこか浮揚感すら伴う大きな快感に当時の瑞希は怯えきって、泣きベソになって
嫌がったのだが…そのうち意識が閃光に飲み込まれてしまい、男の子のように激しく
達してしまった。そのときに初めて…俗にいう「潮噴き」を経験したのだが、それを
知ったのは、意識を取り戻した後で和樹に教えてもらってのことだ。

632 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/04/30(月) 00:41
 初めて目の当たりにした潮噴きに興奮して、大人げなくはしゃいでいた和樹も…
今では瑞希の身体をすみからすみまで熟知している。吐息、声、しぐさ…それらから
セックスのリズムを的確に把握し、二人で高みに登り詰める術をわきまえている。
ぬるっ、ぬるっ、ぬるっ…ぬぶぶぷっ、ぬん、ぬんっ…ぐり、ぐり…
「あっ!はぁ、あんっ!あ、ふぅ…う、ううっ…!あっ、はぁあっ…!!」
 腰を引いて入り口付近を攻めては、深く突き込んで深奥をえぐる…そんな変化に
富んだ和樹の動きで、瑞希は確実に高揚をきたしていた。汗の浮いた頬は真っ赤に
火照り、細まった瞳は感涙に潤んで…まるで悦びを持て余しているようにも見える。
なによりこの切羽詰まった鳴き声は、演技では表現できない本物のあえぎ声だ。
「ご機嫌だねえ…どうだ、気持ちよくなれそうか…?」
「うん、うんっ…かずきも、どう…?気持ちいい…?」
「ああ…ははは、なんか…いますぐにでも終わっちまいそう…」
 瑞希のささやかな問いかけに、和樹は苦笑半分で弱音を吐く。セックスでこその
快感に身を酔わせているのは、なにも瑞希だけではないのだ。
 瑞希のよがりに呼応して、和樹は少しずつグラインドのピッチを早めてきている。
それは瑞希をさらなる高みに導くためでもあり、身体が本能の命ずるままに快感を
欲張ってしまうためでもあるのだ。射精する心地よさはマスターベーションで再現
できたとしても、異性と交わる悦びまでは決して代償できないのである。
 なにより、ペンを握るよりもずっと長い付き合いの右手であっても…瑞希の
瑞々しさに満ちた身体には遠く及ばない。後者の方がはるかに気持ちいい。
 粘度の少ない愛液でヌルンヌルンに濡れそぼるペニスは、和樹のサイズより少し
狭めの華筒にすっぽりしゃぶりつかれているのだ。そのしゃぶりつきに逆らうごとく
ピストン運動を繰り出すと、背の高い襞の群はネットリとくびれに絡まりついてくる。
突き込むと素直に受け入れ、引き戻そうとすると一斉にすがりついてくる貪欲さは、
瑞希の貞淑な性格と相反していて実にいやらしい。

633 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/04/30(月) 00:42
 なまじっかコンドームを着けていないだけあって、その感触は普段とはまるきり
別の物だ。瑞希のぬくもり、ぬめり、襞のひとつひとつが直接中枢に作用してくる
ようであり…和樹は為す術もなく瑞希の膣内に逸り水を滲ませてゆく。
 そんなピストン運動だけでも達するには十分であるというのに、目から耳から
興奮の材料は間断なく飛び込んでくる。
ぶっちゅ、ぶっちゅ、ぶっちゅ…たぽん、たぽん、たぽん…
「あんっ!あっ、あひ、あひっ…ひぁ、ひっ、いっ!いいっ!いいよぉ…!」
「はあっ、はあっ…瑞希…瑞希っ…!」
「んっ!あ、お、奥も…あんっ!だめ、だめえっ!あひ、あっ、あふぅっ!!」
 和樹が深くペニスを突き入れるたび、瑞希の火照った柔肌は滑らかに波打ち…
豊満の二文字を堂々と冠する美しい乳房も左右対称に円を描く。その動きを眺めて
いるだけでも、和樹の男心はひどく煽られ…さらに彼女を攻め立てたくなるのだ。
 美しい女を思うがままに抱きたいという衝動は、一般の男であれば誰でも持ち
合わせがあって不思議ではない。今の和樹を責める権利など誰にもないだろう。
その権利を有する者がいるとするならば、それは瑞希の両親ぐらいであろうか。
 その両親が聞いたら卒倒するような熱っぽい嬌声も、しとどに濡れてぬかるむ
音も、肌が打ち合う音も、絶え絶えな息遣いも…瑞希の恋人である和樹にとっては、
すべて愛欲の活力源となる。本能も無意識下に和樹を欲張らせ、子孫を残すための
プログラムを着々と進めていった。ペニスもぬかるむ膣内で剛直を極め、堪えようも
ないほどの射精欲を募らせてくる。

634 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/04/30(月) 00:43
「あ、か、かずき…かずきぃ…!だ、だめっ、もうだめ…激しすぎるよぉ…」
「はあっ、はあっ、はあっ…くっ…ん…ふぅ…ふぅ…」
「え…か、和樹…?」
「へへへ…ちょ、ちょっと休憩っ…。まだ終わりたくないからなっ。」
 しかし和樹は理性を振り絞って本能に逆らい、あれだけ激しかったピストン運動を
ぴたりと中断させた。きょとんとなって見上げてくる瑞希にも、どこかせつなそうに
しながらおどけてみせる。
 和樹は絶頂を目の前にしながら、自らの本能におあずけをくわせたのだ。射精寸前の
過敏さを保ったままで、危険極まりないペニスは…瑞希の子宮口に先端を押し当てたた
まま、射精させてもらえなかった悔し涙のように逸り水を漏らしている。
…このまま終わってしまうのは、あまりに早すぎる…。
 和樹はそう感じていた。久しぶりの水入らずなのだから、まだまだ瑞希とイチャ
イチャしていたい。まだまだ瑞希とのセックスを楽しんでいたい。何度も挑むよりは、
一度に思いの丈のすべてを込めたい…。
 和樹は瑞希の額から汗で貼り付いている前髪を退けてやり、ゆっくりと膝立ちの
姿勢に戻る。気付けばお互い屈曲位になるほど燃えていた。瑞希がしたたかに
よがっていたのも納得がいく。
 膝立ちの脚を開いて微妙に高さを合わせてから、和樹はそっと瑞希の両膝に手を
添えた。M字開脚状態の瑞希は荒ぶった呼吸で乳房を揺らしているが、別段恥じらう
ことはない。真上から突き込まれていた余韻で意識が朦朧としているのだ。
「しっかし、生ってこんなによかったんだなぁ…」
「そっか、ゴム付けてないんだっけ…でも、これが本当のセックスなのよ?」
「ははは、そうだよな…ホントに子供つくるようなセックスなんだよな…」
「う、うん…そうだよね…」
 一糸纏わぬ姿で繋がっている二人は、見つめ合ったまま何気ないつもりで戯れ言を
交わした。しかしその言葉の意味を認識した途端、思わぬ照れくささと愛おしさが胸いっぱいに
こみ上げてきて…二人とも思わず押し黙ってしまう。

635 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/04/30(月) 00:44
 和樹も、瑞希も、ただじっと…スタンドの暖かな明かりに照らし出された互いの
顔を見つめていた。深く繋がっている部分で、それぞれのぬくもりを感じている
だけでも歓喜で表情が和む。
「子供、できちまったら…産んでくれるよな?」
「そろそろ生理、始まる頃だから…多分できないと思うけど、産んでもいいの?
赤ちゃんできちゃったら、あたし…産んでもいいの?」
「…そんときゃ一緒に育てるんだからなっ。オレに押しつけて雲隠れすんなよ?」
「バカッ…そんなことするわけないじゃない…。あんたにはちゃあんと養ってもらう
んだからねっ。二人ぶん…三人ぶん…ううん、四人ぶん…?」
「おいおい、何人子供作ろうってんだよっ?」
「ふふふっ…!」
 そんな甘やかな妄想をささやき合い、二人は声を出して笑った。幸せの手触りを
確かめることができたような気がして、たまらなく胸が熱い。吐息はもう、その
ひとつひとつが熱っぽい嘆息になってゆく。
「和樹、好きだよ…大好き…。あたし、ずうっとあんたのことが好きだから…」
「オレも同じだよ。ずうっと瑞希と一緒にいたいし…一緒にいてほしい。」
「…なんかそれ、ずるくない?」
「よっ、と…なにがずるいってんだよ?」
 瑞希は高ぶる想いに駆られるまま、真っ直ぐに和樹の瞳を見つめて告白した。
和樹もそれに倣うように、真摯な眼差しを送りながら答える。
 しかし瑞希は彼の言葉に口許をとがらせ、すねたような口調で不平を漏らしてきた。
和樹は彼女の腰から枕を抜き取りつつ、膝立ちとなっていた両脚を右、左の順に
投げ出して問い返す。ずるい、と言われても思い当たるふしが無いのだ。

636 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/04/30(月) 00:45
「だって、ずるいじゃない…あたしあんたに対する気持ち、ちゃんと言ったよ?
だから、あんただって…あたしのこと、どう思ってるのか…」
「さっき言ったじゃんかよ、ずうっと一緒にいてほしいって…」
「そうじゃなくって…もっとちゃんと言ってほしいのっ…」
「ちゃんとって…そっか、わかったわかった!だったら瑞希、こっち来いよ!」
「え?あ…よいしょ、っと…んぅ…」
 らしくもない歯切れの悪さでモジモジと視線を逸らす瑞希に、和樹は一瞬当惑
したものの…すぐに彼女の望んでいる一言に気付くことができた。黒板の問題を
解くことができた小学生のようにニカッと微笑み、恥じらう瑞希に両手を差し伸べる。
 瑞希もその両手の意味を問うような無粋な真似はしない。しおらしくつかまって
引き起こしてもらい、微妙に腰の位置を整えて体育座りとなる。
 互いにベストポジションを決定すると、これで二人は対面座位の体勢だ。この体位は
動きこそ少ないものの、楽な姿勢で甘えられるから瑞希はけっこう気に入っている。
あぐらをかいた和樹に抱っこされている感じがたまらなく嬉しいのだ。
「…今さら言わなくてもいいだろ?お前だってわかってるくせに…」
「だめっ、ちゃんと言ってほしいのっ…。そりゃああんたの気持ち、わかってる
つもりだけど…それでも、ちゃんと言葉にしてほしいときだってあるんだから…」
「わかったよ…瑞希、好きだぜ?」
「うん…んっ…」
ちゅっ…
 わざと一回焦らしてから、和樹はぴっちりと唇を塞ぎ…瑞希に告白を口移しした。
その返事を待つこともなく、小首を傾げて密着に角度を付ける。瑞希も待ち焦がれて
いた抱擁に鼻息を漏らし、和樹の首に両腕を絡めてすがりついた。

637 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/04/30(月) 00:47
ちゅっ、ちゅっ…くちゅ、ぬみゅっ…ぷちゅ、くちゅ…
 しばしお気に入りの重なり具合で吸い付きあい、やがて阿吽のタイミングで舌先を
滑り込ませてゆく。和樹も瑞希も、お互い美食家を自認するほど舌が肥えているが…
その舌はディープキスも大の好物だ。じっくり味わうように絡め合わせてから、
ザラつく舌の腹どうしを摺り合わせて唾液を攪拌する。
「んっ、んんっ…ん…すふ、すふ、すふ…」
「すぅ、すぅ、すぅ…んっ…んんぅ…んっ…」
 二人は目を伏せたまま抱き締め合い、時折熱い鼻息を漏らして接吻欲の充足に浸る。
特に瑞希はご機嫌で、先程から鼻にかかった猫撫で声が止まらない。
 それもそのはずであり…和樹はディープキスするだけでなく、背中に回した右手で
瑞希の髪に手ぐしを入れているのである。
 普段この長い髪はサイドポニーに結わえられているのだが、当然今は就寝前である
から下ろされている。湯上がりということもあって、その艶やかさは格別であり…
彼女が手入れを怠っていないことは瞭然だ。
 その髪は恋人である和樹に触れられることで、立派な性感帯へと変化するので
ある。うなじの辺りに触れられ、そこから指を沈めつつ毛先まで撫でられると…
くすぐったいほどに胸が踊る。ディープキスがねちっこくなるのも仕方のないことだ。
もみゅっ…もみっ、もみっ…さわっ…なでなで、なでなで…
「う、ふぅん…んっ…んふっ…」
 そのうち和樹は髪への愛撫を終えると…アンダーバストから持ち上げるようにして、
瑞希の左の乳房を右手に包み込んだ。大きく広げた手の平いっぱいに柔らかみを
揉み込みつつ、背中を抱き寄せていた左手で尻を撫でる。瑞希はたちまち腕の中で
ゾクゾクッと身震いし、愛くるしい鼻声を弾ませてきた。

638 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/04/30(月) 00:49
ちゅ、くちゅ…ちゅ、ぷぁ…ひゅじゅっ、んくっ…
「はぁ、はぁ…瑞希、好きだぜ…」
「うん…ん、嬉しい…あたしも好き…好きぃ…」
 舌を絡めたまま、強引にディープキスを終えた二人は…混ざり合った唾液をこぼさぬ
よう音立ててすすり、小さく喉を鳴らす。火照った吐息で告白を交わすが、その鼻先に
ふりかかってくる歯磨き粉の匂いすら、今はなんとなく嬉しい。
もんみゅ、もんみゅ、もんみゅ、もんみゅ…
「ふふっ…好きだぜ…ホントに好きだ…好きだから、やめらんねぇ…」
「ふぅ、ふぁ…な、なにそれ…あたしと、む、胸と…どっちが好きなのよ…」
「お前の胸だから好きなんだよっ…」
「んぅ…すぐそんな言い方するんだから…」
 みっしりとした質量を秘める瑞希の乳房を揉みこねながら、和樹は逸るような
口調で告白を続けた。余裕たっぷりの揉み応えに右手も感動してか、五本の指は
先を争うように動いて休むことがない。少しでも気を抜けば、手荒に揉みしだいて
しまいそうなくらい誘惑的だ。
 そんな和樹の言葉と態度に、瑞希はふてくされて唇を噛み締めるが…それでも
心地よさそうな鼻声は止まらない。むしろ口を閉ざしてよがれなくなったぶん
焦れったさが募るようで、瑞希は両手両脚で和樹に抱きついてゆく。
きゅんっ…きゅんっ…きゅんっ…
「んっ…ふ、くふっ…!んっ、く…んっ!んんんっ…!!」
「どぉしたんだよ…気持ちいいんなら、声出せばいいじゃん…」
「い、いや、出さないっ…今、声出したら…欲張りになっちゃう…!」
 和樹の労りも突っぱねて、瑞希は頑なに声を出すまいと努める。
 太々としたペニスが食い込んだままの華筒は、和樹に乳房を揉みこねられるごとに
せつなくうずき、いやらしく締め付けて求めるのだ。ここで声を漏らしてしまえば、
よがり鳴く爽快感に抗えなくなるのは目に見えている。自ら腰を振りかねない。
そんなはしたない姿だけは和樹に見せたくなかった。

639 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/04/30(月) 00:50
 しかし…そんな努力も燃え盛る愛欲の前にはただの徒労でしかない。
…ぬちっ…きゅ、きゅっ…くりくり、くにゅ、くにゅっ…
 こみ上げてくる情欲に屈服した瑞希は、精一杯の力ですがりついていた右手を
股間に忍ばせ…過敏を極めたクリトリスを慰めにかかった。ツン、としこっている
女芯を指先でつまみ、強く押圧して手っ取り早く快感を求める。
「ん…ん、んぅ…あっ、あん…うっ…はぁ、はぁ、はぁあっ…」
 乳房への愛撫とマスターベーションによる相乗効果は大きく、うつむいたままの
瑞希は吐息を上擦らせて身震いした。心中、声を上げてしまったことにほぞを噛むが
もう遅い。よがればよがるだけ胸の内圧は高まり、左手も、両脚も、華筒も…和樹への
すがりつきを強くしてゆく。ここでまたキスされたりしたら、愛しさのままにもう一度
告白を繰り返してしまうだろう。
 そんな瑞希の別人のように悩ましいさえずりは、当然和樹の耳に届いている。先程の
強がりを聞いているだけに失笑を禁じ得ないが、それでもその官能的な響きの前に、
ペニスは萎縮することを知らない。もっとも、きつく抱き締め合って、ディープキスを
交わして、乳房をもみくちゃにして…そのうえで恍惚たるさえずりを聞かされている
わけだから、これで反応できなければただの腑抜けであろう。
ぎゅっ…
 和樹は乳房への愛撫を終えると、瑞希の身体を強く押し抱いた。うつむいている
横顔に頬摺りしつつ、彼女の耳元に唇を寄せる。
「結局、欲張りになってるじゃんかよっ…。どーする?そろそろ続き…始める?」
「うん…して…」
「へへへ…なんだよ、かわいいじゃねーかよ、瑞希っ…」
「あ、んぅ…」
 照れくさそうにささやいてから、和樹はあぐらをかいていた両脚を投げ出し、瑞希を
腕の中から解放した。密着の解かれた胸元からは興奮の汗がほわりと揮発し、二人の
過剰な火照りを冷ましてゆく。

640 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/04/30(月) 00:52
 瑞希は背後に両手を突き、ゆっくりと仰向けになるが…その間ずっと、上目遣いで
和樹を見つめていたりする。これは言葉に出して求めたことと、かわいいと言われた
ことが単純に照れくさいためだ。横たわった弾みで、迫力ある乳房がたぽんと揺れ
ると…なんとなく両手で覆い隠したりもする。
 恋人のささやかな恥じらいに目を細めつつ、和樹は瑞希の左脚を高く上げさせると…
そのままストレッチよろしく反時計方向に倒した。自身も同時に膝を曲げ、シーツに
へたりこんだあひる座りとなる。
「瑞希…オレ、最後まで抜かないからな。そのままゆっくりよつんばいになってくれ。」
「う、うん…」
 和樹がそう宣言して促すと、瑞希は二つ返事でうなづく。しかし、その表情は
どこか気乗りしない様子の薄曇りだ。
 和樹は深い結合を維持したまま、瑞希に後背位の体勢を取らせようとしているのだが…
実は瑞希は、あまり後背位が好きではない。男性側に一方的な主導権のある後背位
では、女性の側からは抱きつくこともキスすることもできないからだ。
 それになにより、肛門が丸見えになってしまうことが瑞希の中で最も大きな躊躇い
になっている。陰部を見られることにも抵抗があるというのに、不浄の部分まで
見られてしまうとあっては、羞恥のあまりに失神しそうなくらいだ。
「今まで何度も言ってるけど…あたし、バックってあんまり好きじゃないのよ…?」
「じゃあ、ダメか…?」
「だ、ダメとは言わないけど…できるだけ、してほしくないな…なんて…」
「でも…ほら、そう言いながらもよつんばいになってくれるじゃん。オレ、そんな
健気な瑞希が大好きだぜ?いつもわがまま聞いてくれてサンキューなっ。」

641 :旦那さん、名無しです:2001/04/30(月) 00:53


642 :旦那さん、名無しです:2001/04/30(月) 00:53


643 :旦那さん、名無しです:2001/04/30(月) 00:53


644 :旦那さん、名無しです:2001/04/30(月) 00:54


645 :旦那さん、名無しです:2001/04/30(月) 00:56


646 :旦那さん、名無しです:2001/04/30(月) 00:56


647 :旦那さん、名無しです:2001/04/30(月) 00:56


648 :旦那さん、名無しです:2001/04/30(月) 00:57


649 :旦那さん、名無しです:2001/04/30(月) 00:57


650 :旦那さん、名無しです:2001/04/30(月) 01:02
「たとえば、こんな二人」の後編です。>>628-640です。

まだ終わってないのでsage。明日の晩に続きを書きます。

>>627
小説大賞の参加作、ですか…。
それもやっぱりテキストがくどくて、ひたすら読みにくいもの
だったのでしょうか?

651 :名無しさんだよもん:2001/04/30(月) 02:45
>旦那氏

んー、あいかわらず堅い文章ですな(w
特に会話文と地の文の温度差は、相当なモノです。
ところで・・・このSSのメインはエロですか?それとも語りですか?
現状ではどっちつかずで、それぞれの文の特徴が相殺しあってるように
思われます。
分かり易く言うと、会話文で勃っても地の文で萎えますわ(w

以上、感想でした。


652 :名無しさんだよもん:2001/04/30(月) 03:38
345は下がり過ぎ。あげ!

653 :名無しさんだよもん:2001/04/30(月) 05:06


654 :旦那さん、名無しです:2001/04/30(月) 17:02
>>651
地の文は、これでもくだけてるつもりなんですが(w
これ以上ラフに書くと、ただでさえも稚拙な文章がより稚拙に見えてしまう
ような気がして怖いんです。

このSSには内容が無い(他のところで事の経緯は書きました)ので、見せたい
部分はエロ描写のみです。会話はあくまでその要素のひとつです。
ただ、その中でお互いに相殺し合っている…つまり会話萌え、地の文萎えという
ご感想は大変参考になりました。実に分かり易いです(w
てことは私…地の文に凝りすぎてるのかな?

この続きはもう完成しているからご容赦いただくとして…今後はさらに工夫します。
今回はご感想、どうもありがとうございました。

655 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/05/01(火) 00:19
「ば、バカッ…!バックはもう、今日限りなんだからっ…もう絶対しないんだからっ!」
 瑞希は真っ赤になってそう言うものの…すでに二人は結合を維持したまま、正常位
から後背位の変更を終えている。
 瑞希と違って、和樹は後背位がお気に入りの体位だ。もちろん正常位も好きなのだが、
後背位ならではの、恋人を支配したかのような錯覚が理屈抜きに嬉しいのである。
特に尻を突き出すようなポーズが、普段勝ち気な瑞希がしおらしく屈服したように
見えて…それだけでも和樹の独占欲は深く満たされる。
 しかも正常位とは膣のカーブ方向も違っているため、感触自体も別物だ。背中を
反らしてもらえばそれなりに締め付けも増すし、楽な姿勢で深く突き込むことが
できるのも魅力のひとつであろう。繋がったまま体位を変える際の、ぬかるむ膣内で
ペニスが百八十度ねじられる感触もなかなかに悪くはない。
「そりゃあ残念だ。でも今日限りってんなら、目一杯楽しんどかないともったいない
よな…みず、きっ…!」
「ひんっ…!!」
 揶揄するような口調でそう言うと、和樹は瑞希の深奥に不意打ち同然の突きを
見舞った。ずんっ…と重い一撃で子宮を揺さぶられた瑞希は鋭い悲鳴をあげ、おとがい
をそらして強くのけぞる。
びくくくっ、びくくくっ…きゅ、きゅきゅっ…ぷぢ…
「うわっ…ちょ、瑞希…?」
「う、くっ…んっ…んんっ…ふぁ、はぁ…はぁ…はぁ…」
 次の瞬間、和樹は突き上げたままの子宮口が小躍りするのを亀頭に感じた。驚き半分
の呼びかけに答えることなく、瑞希はのけぞらせた裸身をゾクゾクさざめかせてくる。

656 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/05/01(火) 00:20
 そのうち華筒の終点部分が亀頭をすっぽりくるんできて、やがてペニス全体を
ぴったりと締め付けてきた。弾みで結合部の隙間から愛液が染み出てくるが…これは
それだけ二人の相性が抜群であるという証拠だ。先端といわず、くびれといわず、
幹といわず…愛おしむようにネットリと絡まり付いてくる心地は、ただこうして
じっとしているだけでも射精を迎えてしまいそうである。
「おい瑞希…お前まさか、イッてる…?」
「ん…うん…さっきクリトリスいじってて、もうギリギリだったし…」
 和樹が経験に基づいて推察したとおり…瑞希は先程の一撃で登り詰めていた。その
余波で意識もぼやけているらしく、瑞希はてらうことなく和樹の問いかけに答えてしまう。
 登り詰めたとはいえ、失神するほどの法悦に飲み込まれたわけではない。あくまで
絶頂感は軽く、子宮口とクリトリスから身体のすみずみへと…暖かな快感が波紋の
ように拡がっているのみである。
それでも、いま瑞希の中枢を酔わせている絶頂感は、男性にしてみれば射精数回分の
快感を凝縮したような感覚だ。もし和樹が瑞希の感覚を分けてもらったとしたら、
きっとたちどころに感涙を散らして気絶することだろう。
「…続けられそうか?」
「いま来たの、ちっちゃいやつだから…まだ大丈夫…いいよ…」
「よぉし…じゃあ覚悟しろよぉ…?」
「あんっ…や、くすぐったいよぉ…」
さわっ…さわっ、さわっ…なでなで、なでなで…
 上擦り声を震わせながらも、瑞希はしっかりとよつんばいを維持しているので…
和樹は小さく舌なめずりひとつ、まず彼女の尻を両手で撫で回した。たちまち瑞希は
くすぐったそうに身をよじり、恥じらった表情で何度も振り返ってくる。

657 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/05/01(火) 00:21
 スポーツを嗜んでいるため、瑞希の尻は程良く引き締まってまるまるとしている。
真上から見下ろせば、ちょうど逆さハート形をしているかわいらしいヒップだ。
それでいてザラつきのひとつもなく、どこまでもスベスベとしていて手触りも格別である。
無骨に筋肉質であるということもなく、適度に脂肪を帯びていて柔らかみも素晴らしい。
 美しくくびれたウエストから、幾分ぽってりしている太ももにかけてをひとしきり
撫で回して…ようやく和樹は瑞希の尻に両手をかけた。真上から指を立ててわしづかみ、
大人の色っぽさを湛えた後ろ姿と相対する。
ぬ、るるっ…ずぷっ、ずぷん、ずぷん…
「ふぁ…あんっ!あ、ふぅう…んくっ、あっ!あんっ!あんっ…!」
「くっ…なんか奥の方、エッチなカタチして…あ、すげぇ…いいっ…」
「な、なによ、変な声出して…かっこわるぅ…」
「うっ、うるせえっ…」
 後背位のフィット感をペニスに馴染ませようと、和樹は短いストロークで子宮口を
ノックしてみた。突き上げるというより押圧する程度の動きであったが、それだけ
でも瑞希はかぶりをふってよがり鳴く。いまだに遠のかない絶頂感が増幅されるのか、
子宮口はその鳴き声に同調し…くくくっ、くくくっ、と亀頭を包み込んだまま小刻みに
震えた。
 この奥まった空間こそ、達した女性が無意識に形成する精液のプールなのだが…
その部分から強引に亀頭を引き抜き、また押し込むときのささやかな抵抗感は和樹に
だらしない鼻声を出させてしまう。振り返って小馬鹿にしてくる瑞希の微笑にも
上手い反撃を寄こすことができない。
 なまじっか亀頭が漲ってくるぶん、くびれをくじられる感触は次第に大きくなって
きた。否、亀頭はすでにパンパンになるまで漲っているのだが、そのぶん感度が
増してきているのだ。狂おしいほどに募る射精欲は押し留めるのも一苦労であり、
和樹はせつない嘆息を止められなくなってしまう。

658 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/05/01(火) 00:22
ずぶっ…ずぷっ、ずぷっ、ずぷっ…ぺた、ぺた、ぺた…
「はあっ、はあっ、はあっ…みずき…みずきっ、みずきっ…!」
「ううんっ!あ、ふっ…!ふぁ、あんっ!あうんっ!あうんっ…!!」
 セックスの悦びに魅入られた和樹は恋人の名を連呼しつつ、ピストン運動のテンポと
ストロークを少しずつ早く、大きくしていった。それに合わせて、ぬかるむ音や肌が
打ち合う音もボリュームを増してゆく。二人のよがる声もまた然りだ。
 和樹は瑞希以外の女性と交わった経験がないのだが、それでも十分と断言できる
ほど彼女の内側は素晴らしかった。夢中で腰をグラインドするたびに、勃起しきりの
ペニスは焦れったい快感を生み出して…ただでさえも愛液でいっぱいの膣内に、
たっぷりと逸り水を漏出してゆく。ジクン、ジクン…と染み出る心地だけでも
上擦り声を抑えられない。
 にもかかわらず、プリュプリュとした弾力を有する襞の群は搾乳するようにくねり、
和樹を高ぶらせようとするのだ。引き抜くときにはネットリとすがりつき、押し込む
ときにはぬめりながらも締め付けて…ペニス全体にくまなく射精を要求する。
 その艶めかしい反応に、男としての本能は逆らえるはずもなかった。和樹は瑞希の尻を
わしづかんだまま、華筒の奥深くへ何度も何度も亀頭を送り込む。
ふよん、ふよん、ふよん…ゆさっ、ゆさっ、ゆさっ…
 大胆なピストン運動に合わせて、瑞希の柔肌は尻から背中にかけていやらしく波打つ
のだが…その光景を真上から眺めているだけでも、和樹は愛欲の高まりを覚えてしまう。
萌えるという言葉は、まさに今の和樹のような心情こそ適切なのかもしれない。

659 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/05/01(火) 00:22
「…瑞希、お前ってホントにスケベな身体してるよな…。胸の揺れる反動、先っちょに
伝わってくるぜ?」
「やだっ…もう、ヘンなこと言わないで…」
 和樹が感心しながらつぶやくとおり、よつんばいになっている瑞希の乳房はピストン
運動の弾みで激しく前後に揺さぶられ、その質量による反動を彼に伝えている。
瑞希は文字通りの美乳かつ巨乳の持ち主であるから、後背位で大胆に交わるとこういう
現象すら生ずるのだ。
「ほら、こうやって奥まで入れたまま動いたらもっとわかる…」
「や、やめっ…奥ばっかりダメッ…あっ!ひゃうっ…!!」
「わ、ととっ…おい瑞希、大丈夫かっ?」
「へ、平気…でも、ちょっとごめん…力、抜けちゃって…もうよつんばいになって
られないみたい…」
 調子に乗った和樹が悪ふざけした途端、瑞希はよつんばいの上体を支えきれなくなり、
肩からシーツへと突っ伏してしまった。柔らかなベッドの上であるから怪我こそしないが、
それでも和樹は真摯な声で安否を気遣う。
 それでも瑞希は視線だけで和樹を見上げ、過剰に心配させまいとおどけた様子で
微笑みかけてきた。殊勝な性格はベッドの上でも変わらない。
「バック、もうやめとくか?」
「ううん、このままでいいよ…ここでまた体位変えたら、その間に雰囲気変わっちゃう
と思うし…」
「そっか…だったら瑞希、ほら、枕抱いてろよ。少しでも楽だろ?」
「あ、うん…いしょ、っと…へへへ、ありがと。ごめんね?」
「そりゃあこっちのセリフだよっ。」

660 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/05/01(火) 00:23
 わがままを許してもらっている和樹は色々と気を回し、先程重宝したでか枕を瑞希に
差し出した。大人三人が余裕で頭を並べられる愛用の枕は、さすがに抱き枕とまでは
いかないものの、それでも瑞希の上体を支えるには十分な大きさがある。
 瑞希はその枕にのしかかると、豊満な乳房をたわませて体勢を整えた。よつんばい
より尻を高く突き出す格好ではあるが、それでものけぞり気味の背中が窮屈と
いうことはない。互いを思いやって笑みを交わせば、これでもう愛欲は元通りだ。
ぬるるっ…ぬるっ、ぬるっ、ぬるっ…ぬぢゅぷっ…
「ずうっと奥ばっかりしてたからな、浅いところもしてやるよ。」
「あん…あん…あん…あ、いいよぉ…だ、だめっ…やだ、抜いちゃ…」
「抜かないって…ホントのギリギリ、入り口の辺りも…」
「ふぁあ…その辺でされたら、クリトリスにも…んっ、んぁ…ん…」
 和樹は愛液で濡れそぼる幹を膣内から引き抜き、膣の入り口付近の襞を亀頭のくびれで
引っ掻いてみた。Gスポットの辺りを擦っては、くびれが露出しそうな辺りで膣の内径を
広げるように動く。膣口付近には括約筋があるため、締め付けに関しては奥よりも強い。
 浅い結合での、くすぐるような緩慢な動きは和樹だけでなく瑞希にも余裕を与える
ようで…彼女は少し饒舌になってささやかによがる。時折枕に頬摺りしては、心地
よさそうに溜息を吐く姿はなんとも微笑ましい。
ぬっ、ぬぶぶぷぷっ…
「んあっ…あっ、んっ、んんんっ…!」
 そんな愛くるしい横顔も、深く挿入された途端…せつなげにしかめられてしまう。
声も切羽詰まった鼻声となり、枕を抱く手にもギュッと力がこもる。
 そのギャップが和樹の胸をワクワクと逸らせた。薄暗い嗜虐心が鎌首を持ち上げて
くると、和樹は瑞希の尻からさりげなく右手を滑らせる。

661 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/05/01(火) 00:24
ぴとっ…
「ひゃっ…ちょ、和樹っ!どこ触ってんのよっ!?」
「え?自分でわかんねーのか?」
「そ、そうじゃなくって…おっ、怒るわよっ!?あっ、お、怒るって言ってるのにっ…!」
「そんなかわいい声で怒られても…もっと意地悪したくなるだけだぜ?」
「だっ、ダメッ!ダメよ、指入れちゃダメ…やだ、そんなとこ触らないで…!」
 丸見えにしている肛門を和樹の中指に触れられ、瑞希は湯気が出そうなほど顔面を
紅潮させて叫んだ。羞恥と憤慨がない交ぜになった面で、瞳いっぱいに潤みを湛えながら
不躾な恋人を睨み付ける。
 それでも和樹は怯むことなく、色素の濃いすぼまりを愛液のぬめりにまかせてクルクル
撫で回した。きゅっと指先に力を込めると、瑞希はたちまち威勢を失い…怒声を鳴き声に
して哀願してくる。
ぬるっ…ぬっ、ぬぐっ…ぐりぐり…ぐりぐり…
「ああっ!や、いや、入れないで!入れちゃ…だ、だめ…おしりの中、触らないで…!」
「じっとしてて、瑞希…このまま動きたいっ…」
「そ、そんな…も、もうやだぁ…恥ずかしくて、死んじゃいそう…!」
 しかし和樹は聞く耳を待たず、中指の第一関節をすぼまりの中に埋めてしまった。
しかもそのまま左右にひねり、きゅんきゅんと元気の良い締め付けを入念に触診する。
ほじくるように指先で引っ掻くと、膣口も連動して締まり上がり…ペニスをキツキツに
甘噛みしてきた。
 淫らな愛撫に瑞希はひどく恥じらい、枕に顔を埋めてイヤイヤするが…それでも
和樹の求めを断固として拒もうとはしない。
 瑞希は愛しい和樹に、あるがまますべてを捧げているのだ。獣のようなポーズを強い
られても、肛門の内側を確かめられても…それが信頼を寄せている和樹の望みなら
すべてに応えたくなるのである。

662 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/05/01(火) 00:25
 この瑞希が抱いている感情は、決してにわかに芽生えたものではない。いくつもの
おしゃべりを交わし、デートを重ね、ケンカを重ね、唇を重ね、身体を重ね…心から
惚れ抜いた果てに生まれた女としての慈愛なのだ。愛しい男に尽くしたいと願う
気持ちは、決して自暴自棄でも、その場しのぎの安易な媚びでもないのである。
「大丈夫、もうこれ以上入れないから…な?」
こくん…
 瑞希は返事を寄こすことなく、唇を噛み締めたまま小さくうなづく。和樹はしお
らしい様子に目を細めると、よしよしとばかり左手で瑞希の尻を撫でた。じっとり
汗ばんでいる尾てい骨の辺りも、そっと手の甲で拭ってやる。
ぬっ、ぬるるるっ…ぬぶぷぷっ…ぬる、ぬるるるっ…ぬぶぷぷぢゅっ…
「あふぅんっ…!あっ、あっ…ふうんっ!はぁ、はぁ…あっ、ん、んんんっ…!」
 和樹は大きく腰を引いてから、真っ直ぐ奥まで突き入れ…ゆっくりではあるが、
目一杯のストロークのピストン運動を繰り出した。深い挿入感が子宮口から重く
響いてくるたびに、瑞希は火照った溜息を枕に吐きかける。陶酔に濡れる声は
甘ったるいことこの上なく、吐息のかかった部分は今にも桃色に染まりそうだ。
 実際、瑞希はもう頭の中にボンヤリと霞がかかってきている。乳白色に染まり
つつある意識では、もう和樹に対する愛しさだけが延々とループを繰り返していた。
肛門をぐりぐりほじられていても、その恥辱すら悦びに昇華されてゆく。押し寄せて
きている法悦の大波に震えるあごは、もう少しも嫌悪の情を声するつもりがなかった。
 そんな瑞希に負けないだけ、和樹もまた大きな快感を得ている。何度も何度も挿入を
やり直しているような、そんな贅沢なグラインドは当然しゃぶりつかれている時間も
長く…射精欲の高まりも強い。
 それでいながら視線を落とせば、そこには自分達の結合部が赤裸々となっているのだ。
 美しい白桃の中央部では、太々とした幹が儚げな膣口をいっぱいに押し広げ…
指でさえも窮屈な膣内を蹂躙している。処女膜の名残も、腰を突き出せば内側に引き
込まれ、逆に腰を引けばめくり出されて精製したての愛液を染み出してきた。もう
二人の太ももはもちろん、シーツに至るまでが白っぽい粘液でベトベトだ。

663 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/05/01(火) 00:27
ずぶっ、ずぶっ、ずぶっ、ずぶっ…ぺち、ぺち、ぺち、ぺち…
「瑞希…みずきっ、みずきっ!!」
「あっ、あんっ!あんっ!ああん…っ!!や、来ちゃう!すごいの来ちゃうっ…!」
 猥褻な光景を目の当たりにし、和樹は思いも寄らないほどの愛欲で胸を焦がして
しまう。肛門を苛めていた中指を引き抜くと、両手で瑞希の腰を押さえ…怒濤の
勢いでピストン運動を始めた。リズミカルではあるものの、瑞希の大切な部分を
だめにしそうな猛々しさで、何度も何度も深奥を突き上げる。
 絶頂が近いのか、瑞希の華筒は今まで以上のフィット感でしゃぶりついてきた。
もはや本能に駆られたグラインドすら困難である。そのぶん下肢に力がこもると、
肌の打ち合う音もどんどん明瞭になってゆく。
 瑞希は髪を振り乱してイヤイヤしながら、背後から増幅されてゆく圧倒的な快感に
怯えていた。募る愛しさをなだめるため、よがり鳴きながら抱き締めている枕に
顔を埋める。唇がキスを恋しがってならないのだ。
…せつない…せつないよ、こんなの…身体が…はじけちゃいそう…
 瑞希はもう、身体中くまなく性感帯になったような心地であった。肌という肌は
もちろん、つま先からまつげに至るまで…どこに触れられても登り詰めてしまいそう
であるというのに、過敏な深奥を攻め立てられて意識が遠のく。もうひたすらに
気持ちいい。つらいほどに…もう死んでしまいたいくらいに気持ちいい。
 そして…その快感は理想的な形で瑞希を飲み込むこととなった。
「あっ!あっあっ…イクッ!イクイクッ…!!あっ…あぁ、すごいっ…あ、あっ、
死んじゃうっ…死んじゃう…ふ、ふぅ…ふぅう…うっ…」
きゅっ、きゅきゅきゅっ…きゅきゅきゅっ…ぷぢぢゅっ…
 にわかに下肢を緊張させ、突き出している腰をブルブル震わせた瞬間…瑞希は
感涙を散らして鳴いた。彼女は深奥への刺激でエクスタシーを迎えたのだ。
 殺到した法悦の波濤から精神を保護するため、意識が強制的に切断されると…
失神した身体は絶頂感のすべてを享受しつつ、その機能を始めた。子宮へと続く
小道が微かに拡がり、膣は精を求めてぴったりとペニスに吸い付いてゆく。

664 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/05/01(火) 00:28
 その機能に誘発され…和樹も数瞬だけ遅れて限界を迎えた。
「あっ、ああっ…みずきっ!みずきっ…!!」
びゅるるっ!!
「くっ…!!」
びゅうっ!びゅうっ、びゅっ…
「うっ、う、くううっ…!」
 和樹は愛しい女の名を叫ぶと、彼女の奥深くに挿入したまま…まるで爆竹が爆ぜる
かのように激しく射精した。濃厚な一撃を見舞った瞬間、きつく閉ざしたまぶたに
思わず感涙が滲む。
ドクン、ドクン、ドクン、ドクン…
「はあっ、はあっ、はあっ…あ…ん、んぅ…」
 勃起を極めたペニスは力強く脈動して、瑞希の子宮口にとめどなく精を浴びせた。
それこそ本気で彼女を身ごもらせるよう、なんの理性の干渉もなく…。
 忘我のひとときが嵐のように過ぎ去ってから、和樹は惚けた表情でゆっくりと
現実に引き戻された。満ち足りた深呼吸を繰り返して、うっとりと射精の余韻に浸る。
 我慢に我慢を強いていたぶん、その盛大さは和樹自身も驚くほどであった。勢いよく、
大量に噴出された生命液が深奥で溢れ返るため、亀頭の辺りがおもらしでもしたかの
ように熱い。久しぶりに味わった膣内射精の心地よさに、和樹はあごの震えを
抑えきれなくなってしまう。
…気持ちいい…こんな長い間イッてるみたいなの…初めてじゃねえか…?
 骨までとろけそうな夢心地に恍惚となり、和樹は瑞希の腰を押さえつけたまま、
いつまでもいつまでも甘ったるい溜息を重ねた。だらしないとなじられるかもしれ
ないが、今は男として生まれたことがひたすらに嬉しい。
 和樹も膣内射精自体は何度か経験があったが、それでもここまでの充足感や達成感を
得たのは初めてであった。熔け合ったかのような一体感があまりに心地良く、もうこの
ままずっと挿入していたいような身勝手すら湧いてくる。心ゆくまで射精して本懐を
遂げたはずのペニスも、ヌルンヌルンの膣内で萎縮することを知らない。余韻が染み
ついてしまったかのようだ。

665 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/05/01(火) 00:29
 そんな和樹に思いきり精を注ぎ込まれた瑞希も…ぐったりと枕を抱き締め、女と
しての悦びにその身を酔わせていた。
 エクスタシーを迎えた瞬間の法悦はいまだに意識を朦朧とさせており、瑞希の
涙目はうつろなまま焦点が定まっていない。胸の中をいっぱいに満たしているのは、
和樹に対する愛しさと、気持ちいいという感覚だけである。他に何も考えられないし、
何もできない。身体は不規則な深呼吸を繰り返し、勃起したままの和樹を逃さぬよう
キツキツに締め上げるのみだ。
 瑞希が達した法悦の境地には、まさに桃源郷の享楽があった。キスやクリトリスで
登り詰めた高みとはまるきり比較にならない。男であれば精神崩壊を免れない快感の
大渦に中枢を灼かれ、身体中から心地の良い汗が出てくる。フワフワとした高揚感は、
スポーツを終えた後の爽快感にも酷似していた。
「みずき…」
「あっ…ん…んんっ…」
 とはいえ、いつまでも繋がったまま余韻に浸っているわけにはいかない。
 和樹は小声で呼びかけてから、両手で瑞希の尻を突き放すようにして…窮屈な
膣内からゆっくりとペニスを引き抜いていった。無意識下ではあるはずだが、力任せ
に締め付けているため抜き去るのも一苦労だ。
ぬるっ…ぬ、ぬぬぬっ…ぬるんっ…ぶっ、ぷぶっ…
 長大な幹が露出し、ツヤツヤの先端が抜け出た途端…瑞希の膣口からささやかな
空気音が漏れる。それと同時に、混ざり合った二人の雫が少しだけ飛沫いたのだが…
これは瑞希の締め付け具合が抜群であるためだ。情熱を心ゆくまで燃やしたピストンの
内部は、ほとんど密封状態になっていたのである。

666 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/05/01(火) 00:30
…こんなちっちゃい穴に、全部入ってたんだよな…
 露わとなった瑞希の恥部を見て、和樹は生唾を飲み込みながらそう感心する。
 膣内から抜き去ったペニスは命の匂いをぷんぷんさせながら、まだ物足りないと
ばかりに伸び上がっているので…和樹はなんとなく右手でしごき、セックスの名残を
惜しんでみた。ふやけてしまいそうなくらいにヌルヌルであるため、普通のマスター
ベーションよりもずっと華筒をイメージすることができる。
「…っと、なにやってんだオレ…ほら瑞希、横になれよ…」
「うん…」
 ほかほかと湯気が出そうな瑞希の卑裂に心を奪われ、和樹は思わず右手の動きを
速くしていた。慌ててかぶりを振って我を取り戻し、ペチペチ尻を叩いて瑞希を促す。
少しずつ意識が回復してきた瑞希も言葉少なにうなづくと、そのままころんと
寝転がった。目を伏せてシーツに頬摺りひとつ、はふ…と安堵の溜息を吐く。
 そんな瑞希に枕をあてがってから、和樹はベッドラックに手を伸ばし、ティッシュ
ペーパーを数枚無造作にむしり取った。疲れ切った恋人へのアフターケアのためである。
さわっ、さわっ、さわっ…ひちょっ…
「…瑞希?」
 愛液でべちょべちょの太ももを拭い、愛し合った証が漏れ出てくる真央に辿り
着いたところで…瑞希は右手でそれを制してきた。和樹が何気なく見下ろすと、瑞希は
愛くるしい美少女の笑みでふるふるとかぶりを振る。
「もう、このままでいいから…ね、和樹…ぎゅってして…」
「…わかった。」
 そうねだられて断ることにはなんの意味も無い。和樹はティッシュの束をゴミ箱に
放ると、瑞希と向かい合うように並んで横たわった。枕の下端に右腕を忍ばせて腕枕を
用意すると、早速瑞希はすりすりと頬摺りしてお気に入りのポジションをまさぐる。

667 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/05/01(火) 00:33
 瑞希が落ち着いたところで、和樹は右手で彼女の頭を…左手で腰を抱き寄せた。
瑞希は足元に追いやっていた毛布をつま先で引き寄せ、丁寧に覆いかけてから和樹に
すがりついてゆく。
 ぴったりと胸を寄り添わせ、前髪が触れ合ったところで…二人は幸せでいっぱいの
溜息を吐いた。愛し合った余韻と抱き合うぬくもりが融和し、疲れた身体に心地良い。
「…こんな感じ、なんだか素敵過ぎて…ちょっとごめん、泣けてきちゃった…」
「ふふ、それって嬉し泣き…だよな?言っとくけど、オレはこんな感じ嫌いじゃないぜ?」
「そ、そりゃああたしだって嫌いじゃない…てゆうかこんな感じ、すごく好きだけど…
ああん、なんか照れくさいよ…。照れくさいけど…でも、ずうっとこのままでいたい…」
「そうだな…。思いっきりエッチして、そのまま抱き合って寝るなんて…きっと恋人
どうしなら誰もが望むことなんだろうけど、それってつまり、最高だからだろうしな…」
 汗ばむ肌を寄せ合いながら、二人は幸福感に浮かされつつおしゃべりを楽しむ。
こうして素肌を重ねているだけでも、胸に満ちてくる愛しさで気持ちが和んだ。
 恥もなにもなく愛し合った後だけに、開放感も清々しいほどである。普段は照れ
くさくてできないことも、今だからこそ躊躇わずせがむことができる。瑞希は先程
から和樹の腕枕に頬摺りしきりだ。
「ねぇ和樹…眠くなるまで、もっと甘えていい…?」
「ああ、好きなだけ甘えればいい…。ずっとこうしててやるからさ。」
「えへへ…だったらもっと強く抱いて…それで、キスして…」
「おう…」
ちゅっ…ちゅっ、ちゅっ…
 思いのままにおねだりを続けるしおらしい瑞希に、和樹はますます惚れ込んでゆく。
無防備に差し出される唇を塞ぎ、ついばみ、たわませて…愛しさに比例する接吻欲を
互いになだめ合った。キスしたままつま先でもじゃれあって、二人自然なままに
長い脚を絡める。

668 :たとえば、こんな二人。(後編):2001/05/01(火) 00:36
「和樹…明日起きたら、一緒にシャワー浴びよう?それからご飯食べて…シーツとかの
洗濯も手伝ってほしいな…ね、いいでしょ?少しでも二人っきりでいたいし…」
「だったら…シャワーの前にもう一回って…ダメか?」
「…」
「瑞希…?もしかして、怒った?」
「…そんなこと、今から約束できないわよ…朝になってみなきゃ…」
ちゅっ…ちゅむ、ちゅむっ…ちゅっ…
 和樹の欲張りな申し出に即答することなく、瑞希は慎ましやかに言葉を選んだ。
 とはいえ少なからず惹かれるものがあるのか、瑞希はおしゃべりしながら積極的に
唇を押し当ててくる。今から約束できないと言いながら、今から和樹をその気にさせる
つもりであるかのようだ。寝付く前に第二ラウンドを挑んでいるようにもみえる。
 しかし和樹は、ようやく萎縮してきたペニスに再び愛欲を充填するようなことは
しなかった。腕枕している右手で瑞希の頭をかいぐりして、恥じらって舞い上がる
彼女を鎮める。
 朝までに体力気力を回復させておけば、もしそうなったとしてもあらためて全力で
挑むことができる。同棲しているわけだから、慌てる必要はどこにもない。愛し合う
きっかけはそこかしこで見つけることができるだろう。
「だったら…早く朝になるように、もう寝ようぜ?」
「う、うん…おやすみ、和樹…」
「おやすみ、瑞希…」
 夜の挨拶を交わしてしまえば、それで二人はすぐに夢うつつとなる。愛し合った
疲労感は実に心地良く、朝までぐっすりと眠れそうだ。
 惹かれ合っている恋人の胸に抱かれていればなおのことである。至上の安らぎに
包まれたまま、夢の中でもイチャイチャできるだろう。
 そんな期待を抱きながら、まどろみに落ちていった二人はやがて、静かに寝息を
立て始める。
 静まり返った室内では、消し忘れられたスタンドだけがほんわりと灯り…仲睦まじく
寄り添う二人を暖かく見守るのであった。

669 :旦那さん、名無しです:2001/05/01(火) 00:37


670 :旦那さん、名無しです:2001/05/01(火) 00:37


671 :旦那さん、名無しです:2001/05/01(火) 00:37


672 :旦那さん、名無しです:2001/05/01(火) 00:37


673 :旦那さん、名無しです:2001/05/01(火) 00:38


674 :旦那さん、名無しです:2001/05/01(火) 00:38


675 :旦那さん、名無しです:2001/05/01(火) 00:38


676 :旦那さん、名無しです:2001/05/01(火) 00:39


677 :旦那さん、名無しです:2001/05/01(火) 00:43


678 :旦那さん、名無しです:2001/05/01(火) 00:52
「たとえば、こんな二人。」
こみパの和樹×瑞希です。ようやく完成しました。

レス番をまとめておきます。
前編は、>>501-506
中編は、>>542-554
後編は、>>628-640と、>>655-668です。

679 :名無しさんだよもん:2001/05/01(火) 05:58
>>678 旦那さん
全部通して読んだので感想。

確かに地の文章は硬いなーと思いました。
説明的なのはねちっこくていいけど、要らない部分もあるんじゃないかと。
細かな描写はエロエロしくていいんですけど。見下ろし視点だからかな?

でも個人的には充分ハァハァ(;´Д`)の範囲内です。
時折はいる擬音がいやらしくてそれもよしかと。
あと、女性への気遣いがかなり描かれてるエロSSは珍しいですね。
こみぱ一連のスレから読んでますが、かなり責め手側の男が優しい。
女の子は弱いですよ、強引ながらもここぞで優しい男には。

以前何本か書かれてたユりものもウマー(゚д゚)させていただきました。
気持ちよさそうでよいですな。

個人的には由宇×詠美のお初をきぼーん(w

680 :名無しでスッキリ:2001/05/01(火) 20:40
旦那さん、力作御苦労さまでした。
なんと言うか、あまりにハァハァな内容で一気に読み切ることが出来ません。(藁
文体が硬いと言う方もおられる様ですが、元々官能小説なるものは
マンネリになりがちな女性の部位や挙動をいかに多様な語彙で表現できるかが主要で、
どうしても文語調になってしまうものです。
平仮名の多用や、倒置などの技工をできるだけ使わずに平易な表現に努めた
旦那さんの苦労は察して余りあるものと思われます。
私から言わせれば商業作品でもなかなかお目にかかれない秀作だとおもいます。
あと679氏の述べるように、女性への優しい視点は特筆ものです。これは筆者の女性観なのでしょう。

正直みずきちファンで良かったですわ、ほんとに。

681 :名無しさんだよもん:2001/05/01(火) 22:22
>>679-680
同意です。
いいものをありがとうございました>旦那さん

俺にもその男気少し分けてくれ(藁>和樹

682 :旦那さん、名無しです:2001/05/02(水) 00:06
>>679
地の文は、今までずっとこの書き方で過ごしてきたもので…どうやら視野狭窄
に陥っていたようです。より読みやすい文章づくりを心がけたいですね。
三人称文体だと、あまりフランクに書くと安っぽくなってしまうので怖いです。
擬音は邪道かなぁと思いつつ、どうしても使ってしまいます。
これでも今回、息遣い以外は「 」内に擬音を入れていないはずですが…。

それでも、以前のユリものを含めたお褒めの言葉、嬉しい限りです。

>>680
身に余るお褒めの言葉の数々、恐縮至極です。
これに浮かれることの無いよう、今後も精一杯頑張ります。

平易な表現になっているのは、ボキャブラリーの貧弱さを補うために、少しでも
わかりやすい文章にしようとしているからです。それでもゴテゴテしているのは
悪あがきの証でしょうね(w
女性への優しい視点は…ラブラブだと書いていても楽しいですからね。
セックスは二人で楽しむもの。一方的だと、面白みは半分以下になっちゃいます。
つか、その時点でセックスはセックスで無くなってしまうという…。

>>正直みずきちファンで良かったですわ、ほんとに。
このお言葉、本当に嬉しいです。

>>681
男気は奮い立たせて…それから、奮い立たせてもらうものです。
私も瑞希に奮い立たせてもらいたいものです(w

>>679-681の皆様、今回はご感想、どうもありがとうございました。

683 :名無しさんだよもん:2001/05/02(水) 00:42
ここは旦那シンパのサロン状態かよっ!(w



684 :名無しさんだよもん:2001/05/02(水) 02:06
>>683
まぁまぁ。
ほかの人があぷしたらそっちに流れは移るでしょうよ。


685 :名無しさんだよもん:2001/05/02(水) 08:31
>>684
ホントに作家のこと思ってるなら、ちゃんと不満点も口にすべきだと思うけどね。
それがほとんどないから>>638の言の如く、当たり障りのない誉め言葉しか
掛け合わないサロン状態となっていると思われ。

・・・作家は、誉め殺すと腐るのも速いよ?(w

686 :とあるSS書き:2001/05/02(水) 10:16
>サロン状態
どーでもいーです。つかこのスレに限らず、感想も書かずにつまらん
愚痴や叩きのカキコしかしない奴ら、うざい。十代じゃねえんだから
スレの流れに水をかけるような大人気ないマネはヤメレ。

個人的には彼のはあまり好きではないが、ちゃんとネタ振ってるという
点でもそいつらに比べたらはるかにマシってもんだ。てかたった3つの
誉めカキコ如きで「サロン状態」って認識もどーかと思うが…

687 :名無しさんだよもん:2001/05/02(水) 11:23
>>686
嫉妬は醜いぞ(w

688 :名無しさんだよもん:2001/05/02(水) 12:40
>>687
嫉妬というか、一行レスでけなすような奴らを諭しているのでは?
気に入らなかったら読まないから、あまりキツイ意見自体出にくいんじゃないかな。
たとえば漏れはAlfo氏のは肌に合わないんで(あと、長いし)読まないよ。だから感想も書いたこと無い。
それに、感想には「次も読みたいので書いてクレー」って意味も込められてるから、誉めるのが多いのもふつーだと思うが


689 :とあるSS書き:2001/05/02(水) 14:04
>>687
うむ。よくわかってるじゃないか(w

>>688
何も付け足すことはない程に同意。
てか俺も何かしらの反応が貰えるようになりたい。

って人に愚痴るなと言っておいて自分で愚痴るなよ、俺…

690 :「その後のKanon(5年後)」その1:2001/05/02(水) 18:25
「その後のKanon(5年後)」*overflowリスペクト

*おでん屋の屋台。祐一が酒を飲んでいる・・・。そこに天野美汐が登場。

ふぅ・・・。
お待たせしました。祐一さん。
・・・。
昨日はどうしました。
・・・。
昨日の新歓コンパは相沢さんが幹事だったじゃないですか。
・・・名雪は、何か言ってた?
相沢さんが来ないのを気にしてるみたいでしたよ。
そう・・・。
何かありましたか。
別に・・・。
何かあるなら、私に言ってください。
天野・・・。
何ですか?
・・・俺たち、親友だよな。
えっ。
・・・違うのか。
そうじゃないですけど。祐一さんには彼女がいるじゃないですか。
・・・。
でも、私はもちろん、相沢さんと親友だと思ってます。
ありがとう・・・。
だから、何か悩んでるなら話して下さい。
・・・誰にも言わないでくれるか?
もちろんです。

691 :「その後のKanon(5年後)」その2:2001/05/02(水) 18:26
名雪が俺と付き合ってるのは、知ってるよな。
はい、知っています。
名雪・・・陸上の素質を見出されて、マラソンで大学に入ったからなあ・・・。
今度は、世界なんとか・・・って大会がありましたよね。
ああ、10年に1人の逸材だってさ・・・。

実は・・・俺、あゆともつきあってるんだ
あゆって・・・?
真琴が俺たちの前に現れた頃、名雪の家によくいただろ。羽付きのバッグ背負って、
カチューシャつけてた・・・。
ああ、いましたね。確か、植物人間で意識がなかった状態から奇跡の治癒をした・・・。
うん、意識が戻ってからは、あゆの身よりもあんまりなくて、家族みたいにしてきたんだ。
そうなんですか。付き合ってることは知りませんでした。
当たり前さ・・・バレたら名雪に殺されるからね。
なるほど・・・それが相沢さんの悩みの種なんですか?

でも、あゆだけじゃないんだ
えっ!?まだ他にも付き合ってる子がいるんですか!
天野が高校1年のとき、川澄舞って先輩がいたの覚えてるか?
いましたか?
・・・刀振り回して窓ガラス割って、問題になった3年の先輩がいただろ。
あ、長髪のかっこいい女の先輩ですね!
そう。
も、もしかして、その舞先輩とも・・・?
ああ・・・。

692 :「その後のKanon(5年後)」その3:2001/05/02(水) 18:27
でも、舞だけじゃないんだ。
まだ更にいるんですか!?
うん、美坂栞って覚えてないか、同じ高校の病気で留年した子。
えーと、私と同じ学年の栞さん・・・でしたか。
ああ。
確か、看護婦になるため短大に進んだんですよね。
うん・・・。
彼女と・・・?
ああ・・・会ったときから俺のこと好きでしたって、告白されて・・・。
も、もてもてですね。

・・・でも、それだけじゃないんだ。
美坂香里って知ってるか、工学科4年の?
確か、名雪さんの親友で、え!?栞さんのお姉さん・・・。
ああ・・・
その子とも・・・付き合ってるんですか?
名雪が家にいなくなってからも、よく家に遊びに来ていて・・・つい・・・。
ついって、相沢さんには彼女がいるのに!
だから・・・まずいとは思ってるんだよ・・・。

・・・でも
ま、まだ他にもいるんですね・・・付き合ってる子が・・・。
そうなんだよ。
だれなんですか?
秋子さんとも・・・なんだ。
秋子さん!?
ああ。
だ、だ、だって、秋子さんは!

693 :「その後のKanon(5年後)」その4:2001/05/02(水) 18:28
俺の叔母さんで・・・、名雪のお母さんだよ。
叔母さんとは、どんなに仲が良くても、付き合ってるって言い方はしませんよ・・・。
・・・名雪が陸上で、金メダルが有望な選手っていうのは知ってるだろ。
ええ、美人マラソンランナーってスポーツ新聞にも。
名雪が陸上部の寮に入ってから、家には秋子さんと2人きりで。
・・・相沢さん?
断れなかったんだ・・・。
な、何が?
秋子さんは、昔から俺と名雪を見てきたから・・・俺のことを知り尽くしてるから・・・。
だから、何を?
秋子さんが悪いんだ・・・秋子さんが、あんな風に誘惑するなんて・・・。
誘惑って・・・まさか。
秋子さんと寝ちゃったんだ・・・。
ええーっ!?
それも・・・毎晩。
だ、だ、だって・・・秋子さんは叔母さんなのに・・・。
秋子さんは、俺のオヤジの弟の嫁さんだったんだ・・・・。
そうですか・・・じゃ、いいんですね。・・・って、いや、それでもよくありません!
だって、しょうがないじゃないか・・・俺の全てを吸い尽くすような秋子さんの・・・
秋子さんのアレは・・・他の女の子じゃ絶対味わえないんだ。
す、すごいんですね・・・。
ああ・・・この世のものとは思えないほどにね・・・。
・・・ごくり。

・・・でも、それだけじゃないんだ。
えっ、豊満な魅力だけじゃないですか?
そうじゃなくて・・・・他にもいるんだ。
え!?

694 :「その後のKanon(5年後)」その5:2001/05/02(水) 18:29
軽蔑するだろ?
むしろ・・・尊敬します。・・・誰なんですか?
・・・
・・・
真琴・・・覚えてるよな。当然・・・。
・・・忘れるわけがありません。
あれ以来、姿を消して・・・もう戻ってこない・・・。
あの子、相沢さんになついてましたよね・・・。
うん・・・本当にかわいかった。病気になってからは、2人で子犬みたいにじゃれて・・・。
とても仲が良い兄妹みたいだったんですね。
いや、・・・仲良くセックスしてた。
え!!?
あのとき、俺は真琴にいたずらして・・・いや、真琴と愛を確かめ合っていたんだ。
そ、そうだったんですか・・・。
で、真琴がどうかしたんですか。
ああ。
ま、真琴が?
突然、家に来たんだ。
え!?
家の扉を開けたら、真琴があのときの姿で抱きついて来たんだよ。
あのときの姿って・・・そうでしたか、妖狐だから年をとらないんですね。
ずっと・・・俺との再開を暗いところで祈ってたそうなんだ。
へえ・・・。
でも、諦めないで奇跡を祈りつづけたんだって。
一途です・・・。
だから、しょうがなかったんだよ・・・。
それは、わたしじゃなくて本命の彼女に言うべきです。
そうなんだけど・・・。

695 :「その後のKanon(5年後)」その6:2001/05/02(水) 18:40
問題なのは・・・。
いや、今聞いた話全部問題です。
そうじゃなくて・・・混ぜ返すなよ。
すいません・・・。
昨日、秋子さんが産婦人科に行って。
産婦人科・・・まさか。
ああ・・・。
秋子さんが妊娠したんですか?・・・それって問題ですよ!!
それが・・・。
それが?
・・・全員なんだよ。
全員!!??
昨日、全員秋子さんが行った病院で検査したらしくて・・・全員妊娠してて・・・。
あ・・・あ・・・。
全員で話しをしたら、全員が「父親が俺だ」って言ったそうなんだ。
はう・・・あ・・・。
全員産むって言ってるらしいし・・・。
まずいです・・・それは、絶対マズいです・・・。
秋子さんからも言われたよ・・・”鬼畜”って・・・。
それ、kanonじゃない・・・絶対kanonじゃない・・・違うゲームですよ・・・。
うん・・・。
相沢さんは・・・どうするつもりですか?
わからない・・・どうしていいか、わからないんだ・・・。
・・・。
今頃、みんな家に押しかけてるころだろうし・・・怖くて家に戻れないんだよ!
自業自得です・・・。
ああ・・・どうしよう・・・。

696 :名無しさんだよもん:2001/05/02(水) 18:42
1(注)オーバーフローぷれじゃーぼっくす、のぱくりです
おこらないでください

697 :名無しさんだよもん:2001/05/02(水) 18:42


698 :名無しさんだよもん:2001/05/02(水) 18:43


699 :名無しさんだよもん:2001/05/02(水) 18:43


700 :名無しさんだよもん:2001/05/02(水) 19:12


701 :名無しさんだよもん:2001/05/02(水) 19:12


702 :名無しさんだよもん:2001/05/02(水) 19:13


703 :名無しさんだよもん:2001/05/02(水) 19:14


704 :名無しさんだよもん:2001/05/02(水) 19:14


705 :名無しさんだよもん:2001/05/02(水) 19:25
>>690-695
「その後のKanon」
nayukifan

706 :名無しさんだよもん:2001/05/02(水) 20:00
>>705
え、と。これで終わりですか?
悪くはないんですけど、
オチが欲しかったような。
例えば、


実は、私も妊娠してるんですが……
ぎゃふん


とか。…ちゃうな、これは。

707 :名無しさんだよもん:2001/05/02(水) 21:47
みしおたんとのえちーはないのかゴルァ(゚д゚)

708 :名無しさんだよもん:2001/05/03(木) 02:11
受けが悪かったとおもわれ、もうひとつ、だしてみるんだよもん

709 :幸せな日々(その1):2001/05/03(木) 02:14
専業主婦になって早3年、赤ちゃんはまだできないけど、お母さんと祐一とわたしの3人の暮らしは
幸せでいっぱい・・・。

今日お母さんは旅行でいない、だから祐一とわたし二人だけの晩御飯だ。
最近、祐一がかまってくれない・・・、ちがうちがう、祐一が元気無いから元気づけてあげなくちゃ。
お仕事が忙しいから疲れてるんだね。平日は残業、今日だって土曜なのに出勤してるし、日曜日は接待
ゴルフ・・・。
だから、うんとおいしいものを作らなきゃ。

「ただいま」あ、祐一が帰ってきた。
まず、あのセリフを言って祐一を和ませよう。小走りに玄関まで走る。
「お帰り、祐一。ご飯にする?お風呂にする?それとも・・・わ、た、し?」
「・・・熱でもあるのか、名雪?」
うぅっ・・・、冷静に返されたよ。
「う、ないよ・・・」
「ご飯にしよう、ご飯。・・・でも、あんまりお腹空いてないんだ」

今日は、特製の牛丼なんだ、その名も名雪スペシャル。隠し味には高級ワインが入ってるんだ、えへん。
「今日は、牛丼だよっ、祐一」
「あ、お土産に牛丼買ってきたのに・・・。それに、俺、昼間食べたんだよ」
「あ、しまった。今日は牛丼の日だったよ・・・」
「何だ、それ?」
「えへへ、祐一のお土産にはローテーションがあるんだよ。「土曜・牛丼、日曜・タイヤキ」、でその
翌週が「土曜・肉まん、日曜・アイスクリーム」
「うっ・・・」
「うん、わたし発見したんだよ、うふふ」
「そ、そうだっけか・・・あははは・・・」

710 :幸せな日々(その1):2001/05/03(木) 02:15
「じゃあ、食べられるだけ食べてね」
「う、うん・・・」
・・・あまり、祐一は食べてくれなかった。心配だよ、お仕事タイヘンなのに。

「はい、お茶」祐一ったら、疲れているみたい。
あ、祐一の携帯が・・・。
「だれから、祐一?」
「わあっ、し、仕事関係の人からメールだよ・・・」
わたしが、覗き込むと隠す祐一。
「み、見るなって」
「ケチっ〜・・・見ないですよ〜だっ」
見ちゃったもん、「はちみつくまさん」だって。祐一、子供みたいなかわいいメール、くすっ。

「そろそろ、お風呂に入るよ。俺」
「ね、わたしもいっしょに入りたい・・・」
「悪い、今日は疲れててさ・・・」
ううん、祐一を困らせる気はないよ。
「うん、そうだね。止めておくね・・・」
「わるい、名雪」
いいんだよ、祐一・・・ちょっと寂しいけど。
祐一の着替えを手伝いながら、そんな話しをしていたら・・・。
「わ、祐一。口紅がYシャツについてるよ・・・」
「ぐはぁ・・・。あ、今日は満員電車に乗ったからなあ・・・」
「会社までバスだよ〜、祐一は」
「・・・うう・・・他社へ届け物があったんだ。そ、そのときだ、きっと」
「わあー、首筋にあざもあるよ。痛くない?」
「ええ・・・っと、そう、どこかにぶつかったんだ。ちょっと痛いけど大丈夫」

711 :幸せな日々(その3):2001/05/03(木) 02:17
タイヘンだったんだね、祐一。今日もお仕事ご苦労様でした・・・。

あ、電話だ。
「はい、相沢です」
「・・・うぐぅ」チンッ・・・切れちゃった。
なんだろう、間違い電話かな?今、あゆちゃんみたいな口癖が流行ってるのかな。
そういえば、昨日は「あうーっ・・・」って間違い電話もあったっけ。
「名雪〜、石鹸とって〜っ」
あ、はいはい。セッケン、セッケンっと・・・。
「ねえねえ、祐一。今間違い電話があったの」
「ふ〜ん」
「『うぐぅ』だって、おもしろい間違い電話だよねー」
「・・・うぐぅ」
わ、祐一まで真似してる、おもしろ〜い。

祐一がお風呂から上がってきた。
「あ、名雪。俺、明日、接待ゴルフだから」
「ええー、またなの・・・。たまには休んでよ、祐一。過労死しちゃうよっ!」
「だって、仕事なんだから、仕方がないじゃないか・・・」
そうだよね・・・わたしのために働いてるんだよね。
「ごめんなさい・・・」
「いや・・・いいよ。俺の言い方が悪かった」
「お土産は、タイヤキ?」
「あ、ああ・・・タイヤキかな・・・」

712 :幸せな日々(その4):2001/05/03(木) 02:17
あ、そうだ。
「そういえば、祐一。先週の日曜日、隣町の駅の近く行った?」
「い、いや行かないけど・・・どうして?」
「今日、香里の家に遊びに行ったんだけど・・・、先週ホテル街で祐一に似た人を見たんだって」
「・・・そ、それは・・・世界には、それぞれ3人そっくりな人がいるっていうから、その人だと思うぞ」
「わ、そうなの・・・。祐一のそっくりさんがあと2人もいるんだ。会ってみたいよ、くすっ」
「あは、はは、はは・・・」
「でね、栞ちゃんにも会ったんだけど。栞ちゃんたら、わたしのことを睨んで『名雪さん、嫌いです』って
言うんだよ。わたし、栞ちゃんに悪いことしたのかなあ・・・?」
「わ、わからないな・・・、俺には」
「そうだよね、祐一のせいじゃないもんね。嫌な話してごめんね」
「・・・・・・」
「そろそろ寝よ、祐一。明日もお仕事だもんね・・・」

布団を2つ敷いた部屋で、祐一に話しかけた。
「祐一、そっちの布団に行って良い?」
・・・寝ちゃったんだ。一緒の布団に入れてね、もぞもぞ・・・。
祐一の寝顔に、わたしは話しかけた。
「ね、祐一、わたし幸せだよ。でも、もう少しひまになるといいね」
「・・・でも、浮気だけはしちゃいや・・・だよ・・・くー」

713 :幸せな日々(その4):2001/05/03(木) 02:18


714 :名無しさんだよもん:2001/05/03(木) 02:18


715 :名無しさんだよもん:2001/05/03(木) 02:18


716 :名無しさんだよもん:2001/05/03(木) 02:19


717 :名無しさんだよもん:2001/05/03(木) 02:19


718 :名無しさんだよもん:2001/05/03(木) 02:21


719 :名無しさんだよもん:2001/05/03(木) 02:21


720 :名無しさんだよもん:2001/05/03(木) 02:22


721 :名無しさんだよもん:2001/05/03(木) 02:23


722 :名無しさんだよもん:2001/05/03(木) 02:24
>>709-712
「幸せな日々」
nayukifan



723 :707:2001/05/03(木) 02:54
(汗
幸せ、ねぇ…

>>707
の発言ですが、作品自体は面白かったんだけど、みしおたんマンセー故に脊髄反射的にカキコしたものです。
更にいえば、只1人蚊帳の外にいたがために、出番が多かったという点で評価できます(w


724 :名無しさんだよもん:2001/05/03(木) 13:47
最初の奴、むしろ尊敬します、とか今聞いた話全部問題です、とか良いな(w
後のほう、お土産のローテーションとか(・∀・)イイ!
でもどっちもそれぞれみしおと名雪にもきっちり手を出しそうな鬼畜に見えるんだが(w


725 :名無しさんだよもん:2001/05/04(金) 00:00
鬼畜祐一萌え。盛り上げ方、巧いと思いました。

726 :名無しさんだよもん:2001/05/05(土) 06:57


727 :名雪**エンド その1:2001/05/05(土) 14:14
お母さんが交通事故に遭った。
わたしと祐一が病院に駆けつけたときには、お母さんは手術中だった。
・・・ようやく手術が終わったとき、外は真っ暗になっていた。

手術後にお医者さんの説明を受けたが、わたしには最初の言葉だけで十分だった。
「水瀬さん・・・。お母さんは非常に危険な状態です。覚悟はしておいて下さい」
「では、今回の交通事故による人体の損傷の程度についてご説明・・・」
その後、お医者さんが続けた言葉は、わたしの耳には入らない・・・。

お医者さんが言う。「・・・今、お母さんはですね、手術後そのままICUに入っています。危険な状態
が続いていますから、今はご家族でも面会できません。・・・お母さんの頑張りを今は信じましょう」
・・・そんな話しで、説明は終わった。

看護婦さんにはこう言われた。
「当病院は完全看護の体制を敷いていますから、看護は不要です。・・・ご家族の宿泊する場所もない
んですよ」
ずっとお母さんの側につきそっていたいのに、そんな言葉だけで病院を追い返された。

2人で家に帰ってきた。でも、家にいても、何もすることなんてできない。
何も考えたくない、でも、ただ一つのことだけを祈る。「お母さん、死なないで・・・」
夜、祐一が心配してドアを叩いても、わたしはドアを開けたくなかった。

翌日、学校を休んだ。病院にも行きたくないから、行かない・・・。
学校を休んだおかげで、いつまでもつづくように思われる時間と向き合うこととなった。
そして、その中でわたしは一つの結論に達した、「お母さんは死んじゃうんだ」って・・・。

その夜、祐一がドアを叩いた。「名雪、ドアを開けてくれ・・・」
・・・ドアを開ける。

728 :名雪**エンド その2:2001/05/05(土) 14:15
「名雪、きっと秋子さんは大丈夫だよ・・・元気になるよ・・・」
こんなとき、とりあえずみんなそう言うんだよね・・・お決まりの、意味の無い励まし。
そんなことを言うんだね、祐一・・・別にいいけど。
「一人にしておいて・・・」
「だめだっ、今の名雪をほっとくなんてできない。今日は一緒にいるからなっ!」
好きにすればいいよ・・・。

祐一が一生懸命つくった晩御飯・・・。ちょっと、悪いかなと思って口にしてみたけど・・・もどした。
「ご、ごめんな。まずくて・・・」そんなことはない、ただ気持ちがわるいだけ。
「ちょっと、横になるね」と言って、わたしはソファーに横になった。

・・・・・・。
「名雪、起きろよ」いつのまにか寝ていたみたい。
「うん」
「名雪、良かったら、今日は一階で布団を並べて寝ないか?子供の時みたいに」
「・・・いいよ」そうしたいなら、してあげる・・・。

「明かりは付けておこうか、悪い夢をみないように。眠れないなら消すから、言ってくれよな」
布団に入って、祐一と並んで寝る。特に感慨はない。
思うことは、「この家にお母さんがいないこと、お母さんは死んじゃうってこと、お母さんがいなくな
ったら、わたしはどうしようもないこと、・・・でも、わたしには何もできないってこと」

「名雪、起きてるか」祐一も、まだ起きていたようだ。
「・・・」
「そっちの布団に行っていいか?」
「・・・」
祐一がこっちの布団に来た。

729 :名雪**エンド その3:2001/05/05(土) 14:15
「名雪、俺がいるから・・・何があってもお前を守るから」
そう言って、祐一がキスをしてきた。
「ん、・・・んんっ・・・」ぬめっとした感触、嫌・・・。
「!」祐一の手がわたしの胸に・・・触れた?

「祐一、止めてっ!」
何を考えてるんだろう・・・。わたしのお母さんが死につつあるというのに。
「こんなときでも、セックスしたいわけ・・・ふざけないで」
「・・・ち、ちがうって」
わたしは、自分の中にある鬱屈した怒りを祐一に向ける。
「わたしを抱くことしか考えてないんだっ・・・」
「名雪っ・・・」
「・・・抱きたいなら、抱かせてあげるよ?」
「・・・名雪、そんなつもりじゃないって。悪かった」
「お母さんが死にそうなのに、祐一には関係無いんだねっ。ううん、祐一はお母さんが死んだって悲し
くないんだよ」
「いいかげんにしろよ、ものには限度があるぞ」
怒りをこらえた祐一の物言い。それがまた癪にさわる、あなたが悪いのに・・・。
「今、わたしのお母さんが死にそうなのに、わたしとセックスがしたいの、祐一?」

祐一は起き上がり、わたしのパジャマを引っ張って、わたしをも起きあがらせた。
そして・・・パンッ、祐一の平手打ち。
祐一が・・・わたしをぶった。許せない。
「殴ればいいってもんじゃないよっ」
パンッ。また平手打ち・・・暴力をふるうなんて、ひどいっ。
「お母さんのことなんて、どうでもいいって思ってるくせにっ」

祐一が、わたしの体の上に馬のりになった・・・。

730 :名雪**エンド その4:2001/05/05(土) 14:16
ゴンッ・・・。
こぶしで顔を殴られる。口の中は、鉄錆びの味が広がる。
「一回したからって、いい気になってっ・・・」
ゴンッ・・・。今度は、鼻血が出たみたい。
わたしは逃げようとしてもがく。でも、祐一の下で、もがいてももがいても、逃げられない。
「祐一なんか・・・嫌・・・いっ」
痛い・・・、怖い・・・、意地をはって、精一杯言い返した。だって、わたしが言えば、祐一はやめて
くれるはず・・・。

しかし、祐一はわたしを殴りつづける。
ゴン。パンッ。ゴキッ。パシッ・・・。
頬が熱い、血の味がする口の中、目を開けていると飛んでくる祐一の手が恐ろしい・・・。
「痛い、いたい、いたい・・・、怖い、怖い、殺されちゃうよぅ・・・。」
わたしの心の中は恐れと苦痛でいっぱいになった。

あ、祐一が立ちあがった、終わったんだ・・・。
わたしはやっとのこと、口を開く「ゆういち、ひどい・・・」
「まだわかってないのか」いつもの祐一ではない、別人のような口調。
ドスッ・・・祐一が、わたしの胸を蹴る、手加減なしで。
ボクッ・・・腹部を蹴る、手加減なしで。
「ぐぅ・・・うぅっ・・・うっ、うっ・・・ぐすん」
その痛みにたまらず、わたしはうめき、嗚咽する。

ここでようやく、わたしは理解した。
「祐一に逆らうと、痛い目に会う。祐一はわたしを許す気なんてないんだ・・・」

「ハァッ、ハァッ」荒い祐一の息遣い。
・・・ブチブチッ。パジャマの上が乱暴に開かれボタンが弾ける、ブラジャーが剥ぎ取られる。

731 :名雪**エンド その5:2001/05/05(土) 14:17
ズボンとパンティが一緒に下ろされる。
わたしはもう動く気力は無い。ただ、天井を見て・・・痛さと悲しさに浸って涙を流す。

祐一がわたしの胸を舐め始めた。
丹念に胸、お腹を・・・祐一の舌が舐めまわしていく。
わたしはこんなことになって悲しいのに、とても痛くて、とても怖いのに・・・だけど、気持ち良い。
「あ・・・ああっ・・・くっ・・・」
涙を流しているわたしに、気持ち良いことだけが伝わってくる・・・。
わたしの脚を大きく左右に広げる祐一。
にちゃっ、にちゃっ・・・。
暴力とは打って変わって、丁寧な舌使いをわたしに与える祐一。
まわりを舐められ、大事な粒を舌は幾度となく往復する・・・。
「ふぅん・・・クスン・・・いっ・・・ひっ」
わたしの悲しみの涙は、気持ち良さへのすすり泣きに代わってしまっていた・・・。

にゅるっ・・・突然舌が、わたしのあそこに入ってきて、わたしをかきまわす。
「あうぅ・・・う・・・うぅ・・・んんっ」
き、気持ちがいいよぅ・・・。

「さてと」祐一がわたしから離れた。
「・・・まったくすけべだよ、お前は。もう準備万端だよ、膨らんで、大きく口を開けて・・・あははっ」
わたしは、くやしくて、せつなくて唇をかむ。

あ、入れられちゃう・・・。
「い、嫌・・・」・・・好きな人に「無理やりされる」なんて嫌だよ。
でも、そんなことにお構いなく、わたしのアソコはぐっしょり濡れていた。
なにかの本に、バターにバターナイフを入れるって、表現があった・・・。

732 :名雪**エンド その6:2001/05/05(土) 14:21
そんなことをぼんやりとした頭で、思いついてしまう。
「んっ」・・・まるで待っていたかのように、わたしは祐一をスムーズに受け入れていた。

うぅ・・・わたしの中で固い祐一がはねまわる。
「あっ・・・」
「感じてるのか、嫌だとか言っといて・・・ハァハァ、勝手だよオマエは・・・ハァハァ」
「ち、ちが・・・う・・・いい・・・アッ・・・ど、どうして」
「いけよ・・・ほら、嫌なヤツに犯されて」
祐一の動きが激しくなる・・・。
「・・・んっ・・・んーっ」わたしの体が、小刻みにブルブルと震える。
いやらしいわたしの体は、のぼりつめてしまった。

でも、祐一はまだ達していない。
「よし、今度は後ろからだ」
「・・・」
「返事はどうした?え?」
ゴッ。こぶしで頬を殴られる・・・
わたしは、仕方なく・・・コクリとうなずいた。
「うっ、うっ・・・」怯えるわたしは、また涙を流し始めていた。

「手をついて、尻を上げろ」
しくしく泣きながら・・・わたしは布団にひじをつき、膝をつく。
「もっと高くしろよ」パシーン。
お尻を思いきりぶたれる。
・・・わたしはできるだけ、大事ところがあらわになるように努力する。
「うっ・・・うっ・・・しくしく」
・・・泣くことに夢中になってしまっているわたしがいるような気がする。
泣くって・・・気持ちがいいのかな・・・。ううん、そんなわけ・・・ない。

733 :名雪**エンド その7:2001/05/05(土) 14:22

「ひゃうっ・・・」
不意に、祐一が後ろから入ってくる。
後ろを向いているから、自分がどうされるかわからない。まるで自分が無力な者になったような気がし
て、後ろからって・・・とても心地がいい・・・。
「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・」
出し入れされるたびに、わたしはこらえきれず声を出してしまう。
「ほら、もっと声を出せよ。もっと抵抗しろよ、こんなセックス嫌だって」
祐一がわたしの胸を揉みしだく、乳首を指でなんどもなんども弾いたり、挟んだり。
「んっ・・・やめて・・・だめぇ・・・」
入れられたままのわたしのアソコをもてあそぶ。
くちゅっくちゅ・・・。
「うぅー・・・」
敏感な粒を刺激されて、わたしははしたなくよだれまで垂らしてしまう。

そこから手を離して、わたしの両腹をもつと、祐一は思いきり身勝手に動きだした・・・。
「ほら、またいけよ。自分だけ・・・ハァハァ」
「ひぃっ・・・ぐ・・・う・・・」
わたしは声も出せない・・・身勝手な動きなのに、その動きさえとてもいい・・・。
「ハァハァ・・・ほらいきたいんだろっ」
「ち・・・ちがう・・・んっ・・・いやぁ・・・いっ・・・」
・・・また、わたしだけ、いかされてしまう。

「ハァハァ・・・ハァハァ・・・」わたしは力なく突っ伏していた。
もう、自分がわからない・・・悲しいの、わたし?
もしかして・・・うれしいんじゃないの、名雪?

ぐったりとしているわたしの枕元に、祐一がちゃぶ台を持ってきて、腰をかけた・・・。
そして、わたしの髪を引っ張りあげて言った。

734 :名雪**エンド その8:2001/05/05(土) 14:22
「舐めろよ」
「・・・」
バシッ。平手打ちされた頬がまた熱くなった。
「返事は?」
「・・・」
バシッ。い、いたい、涙が出てくる・・・。でも、この気持ち・・・。

バシイッ、もう一度叩かれたとき・・・わたしは「はい」と返事をした。

だって・・・わたし、気づいたから。
暴力に従うって幸せだよ、無力なわたし、怯えるわたしになれるから。他に、何も考えなくていいんだ、って。
泣くって気持ち良いから、何も考えなくてすむ、って。
セックスしていると気持ち良いから、不安に苛まれる(さいなまれる)ことはないよ、って。
・・・・・・。

わたしの愛液でグチャグチャの祐一。わたしはそれを、子猫がミルクを舐めるように丹念に舐めまわす。
「液を全部舐め取るつもりでしろよ」
「はい」ぴちゃぴちゃ・・・ぴちゃ・・・。
「袋も口に入れながら舐めろよ」
「はい」もぐもぐ・・・ぷはぁ・・・もぐもぐ。
こんなことをするのは生まれて初めて。昨日までのわたしなら、とてもできない行為・・・でも、平気だよ。

「今度は、先のほうを念入りにしゃぶれ」
「はい」チュパチュパ・・・ぴちゃぴちゃ。
汚いなんて全然思わない。この人の言うことに従えばいい、尽くしたい。
「うまいよ、お前は。どこかでしたことあるんじゃないか?」

735 :名雪**エンド その9:2001/05/05(土) 14:23
「・・・・・・」
侮辱の言葉さえ、どきどきする・・・。

「んっ・・・、そろそろ出すから咥えろ」
わたしは言われたとおりに咥える。そして、雑誌でよんだ知識をもとに、頭を前後に動かす。
くちゅ、くちゅ、くちゅ・・・。
「うっ・・・げぇ・・・」
ときどき、のどの奥に当たってむせる。でも、これはきっと、いけないわたしへの罰・・・。
「出るぞ、全部飲めよ」
当然、わたしは全部を飲み干すつもり・・・。
「ううっ・・・」祐一がうめく。
頭を止めて・・・、ごくっ、ごくっ、ごくんっ。これは、わたしが初めて知る服従の味、そんな気がした。
「最後まで舐めとってきれいにするんだぞ」
「はい」ぺちゃぺちゃっ・・・。
行為に没頭しながら、わたしは思っていた。
(もう、悲しくない・・・、わたしもう大丈夫だよ・・・)
出が悪くなってからは、吸い出すように舐め取ることもしてみたよ。
チュウ・・・チュウ・・・ぺちゃぺちゃっ・・・。
「くっ・・・」声を出す祐一・・・。あっ、わたし、うれしい。
そして、祐一から出てくるものがなくなるまで、わたしは舐めつづけた。

736 :名雪**エンド その10:2001/05/05(土) 14:24

全てが終わった後、わたしたちは布団に横たわって、ただじっとして荒い息をはいていた。
長い沈黙のあと、祐一が先に口を開いた。
「なゆき・・・」
「・・・ゆういち」
「ごめん・・・」
「あやまらなくていいんだよ、祐一は・・・」
「・・・・・・」

「ね、祐一」
「ん・・・?」
「お母さんが、いなくなっちゃったら」
「・・・・・・」
「わたしを、もっといじめてくれる?ね、もっと気持ち良くしてくれる?」
「なゆき・・・」
「そして、わたしを・・・支配してくれる?」

「・・・名雪はそれで良いのか?」
「うん、今日わかったの・・・。そうすればお母さんのこと忘れていられるんだよ。
・・・そうしてくれないとわたし、もうダメなんだよ」
「・・・・・・」
「・・・約束、だよ」
「・・・・・・」

「なあ、名雪・・・奇跡でも起きればいいのにな」
「祐一、起きないんだよ。奇跡なんて・・・」

737 :名無しさんだよもん:2001/05/05(土) 14:28
1「**」は伏字で、主人の対義語です

738 :名無しさんだよもん:2001/05/05(土) 14:29
2やや、ネタばれなので伏せました

739 :名無しさんだよもん:2001/05/05(土) 14:30
3このあとに、そのように進むのではという意味合いです

740 :名無しさんだよもん:2001/05/05(土) 14:30


741 :名無しさんだよもん:2001/05/05(土) 14:30


742 :名無しさんだよもん:2001/05/05(土) 14:33


743 :名無しさんだよもん:2001/05/05(土) 14:33


744 :名無しさんだよもん:2001/05/05(土) 14:33


745 :名無しさんだよもん:2001/05/05(土) 14:34


746 :名無しさんだよもん:2001/05/05(土) 14:35
>>727-736
「名雪**エンド」
nayukifan

747 :名無しさんだよもん:2001/05/05(土) 19:17
これわ……表面的には陵辱スレ逝きなんだが。
内容的には陵辱っつーより自辱だな。

とりあえずびびった。

748 :名無しさん だよもん:2001/05/05(土) 22:34
「…はぁ」
 理由も無く、何をする気も起きない日というものはたまにある。
 俺はぐったりとベッドに寝転がり、ぼーっと天井を眺めていた。
 ゴールデンウイークという長めの休日のせいだろうか。
 このまま一日寝ているのもいいかな…、と思い、目を閉じる。
 ゆっくりと、眠気が膨らんできて…

 こん、こんっ。
 ノックの、音。
「ゆういちー、起きてるー?」
 唐突に、そんな声が聞こえてきた。
「真琴…?」
 寝る寸前だった頭を振りながら、体を起こす。
 軽い頭痛…、ああ、もしかしたらただ寝不足だっただけかもしれない。
 ただ、こういう状態で起こされていい気持ちがするわけはない。
「真琴、どうかしたのか?」
「えっと…、電話」
「電話?」
 天野…は、こんな朝早くから電話をしてはこないだろうな。
 …じゃあ、誰だ…?
「誰からだ…?」
 がちゃ、とドアを開けて、真琴を見る。
「あぅ…、わからないわよぅっ。祐一に代わって、って言ってただけだし」
「んー…」
 ぽりぽりと頭を掻いているうちに、だんだんと目が覚めてくる。
「わかった。とりあえず、声を聞けば誰かわかるだろうし」
 言いながら部屋から出て、早足で一階に向かう。
 途中、名雪や秋子さんに軽く挨拶をしながら、受話器を取った。
「もしもし…」
『………』
「…もしもし?」
『…祐一?』
 …驚いた。
「なんだ、電話って…舞からだったのか?」
『………』
 少し、間が空いた。
 あいつのことだからたぶん受話器の向こうで頷いているんだろうな、とか思うと、自然に笑いがこみ上げてくる。
『…祐一』
「なんだ? 急ぎの用事でもあるのか?」
『………』
 たぶん、また受話器の向こうで頷いてる。
『…今日は、佐祐理の誕生日』
「………は?」
 予想もしてなかった言葉に、思わず間抜けな返事を返してしまう。
『…祐一も、来てくれる?』
「…どこにだ?」
 一瞬真っ白になった頭を整理しながら、問う。
『…佐祐理のお誕生日会』

749 :ょぅι゛ょハァハァ・その1:2001/05/08(火) 00:38
小さいスフィーとしたい、ハァハァ・・・。できれば、小学校3年くらいにして。
ああ、俺はロリだ。悪いかっ。

んー・・・どうしたらアイツに魔法を使わせることができるかな。
体が小さくなるとスフィーいやがるんだよな。するの・・・。
ってことは、している最中に魔法を使わせるか・・・、店の品を理由をつけて直させるってのはいいかも。

「ハァハァ・・・んっ・・・いいよぅ」
まだ外は明るい11時、つい燃えてしまって・・・まあ自営業だから。
店の鍵を閉めて店内で、高校生くらいのスフィーと真っ最中。
畳の上で、正常位・・・いいところで、動きを止め俺は言う。
「スフィー、そう言えば、あの鏡・・・魔法で直してくれないか」
「・・・なんで、今言うのよ。けんたろ」
「いいからっ・・・じゃないと止めちゃう」
「?・・・わかったわよぅ・・・」
呪文を詠唱し、両手を上げ・・・鏡が直った。
やった、中学生のスフィーだ・・・にやり。

よし、次っ。
「ハァハァ・・・あんっ・・・もっとぅ」
畳の上で、座位・・・いいところで、動きを止め俺は言う。
「あ、あとさっ。あの大皿、明日引渡しでまずいんだよ。割れてると」
「・・・だから、・・・はぁん・・・なんで、今言うのよぅ・・・」
「いいから、じゃないと止めちゃう」
「ん・・・わかったよぅ」
呪文を詠唱し、両手を上げ・・・鏡が直った。
やった、小学生のスフィーだ・・・にやり。

うう・・・犯罪みたいで・・・燃えるなあ・・・。

750 :ょぅι゛ょハァハァ・その2:2001/05/08(火) 00:39
俺はバックからスフィーを突き続ける。
「き、きついよ・・・けんたろ・・・ハァハァ」
「最高だよ、・・・スフィー・・・」

ああ、・・・お前の後ろ姿にも興奮するぜっ・・・なんて思ってたとき突然、
「・・・?きゃあっ、ト、ト、トカゲ〜〜っ!!」スフィーの絶叫・・・。
「えっ?なにっ、スフィー落ち着けっ!」
「マジカルサンダーっ!マジカルサンダーっ!マジカルサンダーっ!マジカルサンダーっ!・・・」
攻撃魔法を連発するスフィー・・・。
(ああ・・・マズイ、それ・・・)
そう思いながら俺は、小さくなっていくスフィーのものすごい締め付けを受けながら、果てていた・・・。

商品がこなごなになった店の中・・・
いや、問題はそうではなく・・・、幼女のスフィーに締めつけられて、離れることができなくなった俺。

「イタタタタ・・・」
「あ〜ん、とれなくなっちゃったじゃないっ。・・・けんたろーのバカ、バカ〜っ!」


「イタタタタ・・・。な、なあ魔法でなんとかならないか?」
「この体じゃ無理よぅ・・・」
「病院に行くか・・・いや、絶対ダメだ・・・」病院から警察に連絡されて、逮捕されちまう。

「リアンに助けてもらうしか・・・ないよな、スフィー」
「嫌よ・・・恥ずかしい」
「だって、他にどうしようも・・・」

ハニービーに電話をしよう・・・。スフィーを抱きかかえ、なんとか電話まで移動する。


751 :ょぅι゛ょハァハァ・その3:2001/05/08(火) 00:40
「はい、毎度ありがとうございますっ。ハニービーです」
「あぅ・・・結花か、リアンいる・・・かっ?」イタタ・・・。
「何の用っ。アンタねえ、今何時だと思ってるの。12時よ12時、うちのかきいれどきなのっ」
「い、急いでリアンに来て欲しいんだよっ・・・頼む」
「却下っ。人の命にかかわるわけじゃないでしょっ。」
「かかわるんだよぅ・・・」
「・・・2時ならいいわよっ。それまではダ・メ。うちだってオマンマ食っていかなきゃいけないのっ」
ガチャッ・・・くそっ、切られた・・・。
「おい、スフィー・・・に、2時まで我慢しろって・・・」
おれは胸元をみて、スフィーに話しかけた・・・あどけない顔のスフィーに。
幼女のいとけない顔を見ていると自分がヘンタイになった気がする・・・。うぅっ・・情けなー。

真っ裸だとまずい気がして、シーツをかぶって座って待つこととした。
「いたたたた・・・」
「いたいっ・・・動かないで、けんたろっ」
「はぁー・・・」
「はぁ〜・・・」
「痛いっ、けんたろっ!な、なに大きくしてるのよっ、こんなときに」
「お、俺だってなんとかしたいよっ・・・イタタタタ・・・」
「けんたろーのバカ、バカっ・・・くぅっ・・・」
「・・・ごめん、スフィー・・・いたっ」
出るのは、痛みをこらえる声とため息だけ・・・。
「2時まで持つかなあ、俺たち・・・」

「んっ?」
トントン、入り口のガラスを叩く音。
トントン。「・・・健太郎さん?」うわ、みどりさんだ・・・。

752 :ょぅι゛ょハァハァ・その4:2001/05/08(火) 00:40

死角に隠れている俺たちは、小声で会話をする。
「・・・開けちゃだめだよっ」
「あ、ああ・・・」ごめん、みどりさん。
トントントントン!「健太郎さん、いますかー?」
「・・・・・・」
「あのー、午後三時からの茶会でつかう茶碗をいただいていくお約束でしたあ」少し声を大きくするみどりさん。
ああ、そうだった・・・。
「ふっかけたんだよ・・・あれ、二百万って。・・・金のためだ、仕方ない」
「えっ?ダメだよっ。けんたろ・・・」

「あ、みどりさん、すいません。いますよーっ、いま開けまーす」
スフィーに閉じておくようにと言ってシーツを持たせ、俺はスフィーを抱きかかえる。
「ドアを開けるからな・・・」
「しらないっ・・・けんたろのバカっ」
「金のためだ、我慢しろ」
「この格好で、どうするのよっ?」
「隠しとおせ」
「む、無理な気がするよう・・・しくしく・・・」
泣くな、スフィー・・・こっちが泣きたいくらいなんだ。

鍵を開け、入り口を開けた。
「こんにちは。いないと思って心配しちゃいまし?・・・まあっ、お店の中がタイヘン!」
「ええ、ちょっといざこざがあって・・・で、今日は休業にしようかと」
「健太郎さんも、不思議な格好していますし・・・、あら、このピンクの髪の毛と小さなお手手は?」
俺の胸元をみて、声をあげるみどりさん。

「いや、ご注文の茶碗を今持ってきますから・・・」

753 :ょぅι゛ょハァハァ・その5:2001/05/08(火) 00:41
「あら、男の子?女の子?・・・ちょっとお顔を見せてくれるかな、お姉さんに?」
そう言って、みどりさんがシーツを開く。

「こ、こんにちはっ」天使のような笑みをしたスフィーが顔を出す。
「年はおいくつ?4歳くらいかな?」
「うんっ、わたし4つになったんだよ」幼女になりきってるな、OK、OK。
・・・なんとかしのげ、スフィー。
「そうなのー、お姉ちゃんにも抱っこさせてね」
「う、ううん・・・恥ずかしいし、お兄ちゃんもだめだって・・・」
「照れちゃって、かわいいわね。ウフフ」

あ・・・、みどりさんが、シーツに手を入れ、スフィーの両脇に手を入れた。
「みどりさん、だめだっ」
「だめぇ〜・・・」
みどりさんが、ぐいっとスフィーを引っ張った・・・。
「うううううっ」
「いやああああっ」
痛みに同時に叫ぶ俺とスフィー。そしてスフィーの手から離れたシーツが、はらりと落ちた。

そのとき、俺には・・・みどりさんの表情の変化がスローモーションで克明に見えた気がした。
スフィーの顔見て微笑み・・・、
ハダカの体を見て驚き・・・、
俺とつながってるスフィーの痛々しい股間を見て・・・
みどりさんの顔が、えも言われぬ表情に変わる。まるで死体でもをみたかのような、忌むべきものをみた顔に。
「・・・ぐぇっ」全てを理解したみどりさんが、うめき声をあげる。

「だめって言ったのに・・・わたし、嫌っていったのに、けんたろが、けんたろが・・・」
可愛い顔を苦痛にゆがめたスフィーが、小鳥のような声で俺の非道を訴える。

754 :ょぅι゛ょハァハァ・その6:2001/05/08(火) 00:41
「いたいよ、いたいよぅ・・・ぐすんぐすん」
ヲイヲイ・・・。そんなことを言ったら、みどりさんが俺のことを「アブナイお兄さん」って。

(ううん。もう遅いみたい、健太郎・・・)心の中で、自分にツッコむ俺。
みどりさんの体はわなわなと震え続け、うつむいた顔からは涙がぽろぽろとこぼれ落ち続ける・・・。
あうあう・・・、俺、終わったな。
すすり泣くスフィーとみどりさん・・・でも、誰も言葉を発しない。

やがて、みどりさんが俺を睨み、吐き捨てるように言った。「ロリペドっ・・・、死んじゃえっ・・・!」

・・・こうして、ニ百万円の取引が終わった。

静けさを取り返した店内で、力なく座る俺たち2人。
「なあ、スフィー・・・」
「・・・ん、なにけんたろ?」
「五月雨堂、大丈夫かなあ・・・?」
「んとね、・・・ダメかも」
「うん・・・」

755 :名無しさんだよもん:2001/05/08(火) 00:43
1発表したもの+アルファです

756 :名無しさんだよもん:2001/05/08(火) 00:43


757 :名無しさんだよもん:2001/05/08(火) 00:43


758 :名無しさんだよもん:2001/05/08(火) 00:44


759 :名無しさんだよもん:2001/05/08(火) 00:44


760 :名無しさんだよもん:2001/05/08(火) 00:45


761 :名無しさんだよもん:2001/05/08(火) 00:45


762 :名無しさんだよもん:2001/05/08(火) 00:46


763 :名無しさんだよもん:2001/05/08(火) 00:46


764 :名無しさんだよもん:2001/05/08(火) 00:48
>>749-754
「ょぅι゛ょハァハァ」
nayukifan

765 :読後感:2001/05/09(水) 06:13
「自分〜らしくぅ生きることなんてぇ(T_T)」
「うわ、セルフで歌ってるよ!」

ええ。バッドエンドですから(ニヤリ


766 :名無しさんだよもん:2001/05/10(木) 05:26
続ききぼん〜>>764
リアン登場して欲しかった。

767 :764:2001/05/11(金) 19:21
ちょっとレスがついた ○7点
サンクス

768 :人形の遣い方:2001/05/12(土) 05:16
 みーんみーんみーん…。
 しゃわしゃわしゃわ…。
 かなかなかな…。
 みーんみーんみーん…。
 しゃわしゃわぴこぴこ…。
 かなかなかな…。
 みーんみーんみーんしゃわしゃわしゃわぴこぴこかなかな…。

 …そろそろ間違いに気づいただろうか。

 寝転がって、海を見ていた。
 ずっと遠くまで広がる青と白。
 海の青と、空の青。
 水平線から沸き立つ白い雲。
 その白い雲の下あたりにがおがお言ってる大きな恐竜の幻が見えてきたあたりで、俺は自発的に生命の危機を悟った。
「うーみーはーひろいーなー…おーき…ぃ…なー…」
 せめて意識だけでも続かせようと歌っている歌も、さながら受信状態の悪いラヂオのように途切れ途切れになって、むなしく響いた。

769 :人形の遣い方:2001/05/12(土) 05:17
 俺にとって非常に不都合なことだが、空腹はいつも意識していない時にやってくる。
 ―――毎日のことなので、慣れたといえば慣れたのだが。
 今日も今日とて海を眺めている時に、俺は空腹のあまり倒れた。
 こういう時にどうしなければならないかは、この町にいるよりも長い放浪期間の経験上、身に染みてわかっている。
 動いてはいけない。
 じっと、アスファルトの上に横たわって、死んだ目で通りを見つめていれば、何とか一食分の食い扶持ぐらいは稼げるものだ。
 この際、人としてとか、人形使いとしてとかのプライドは捨てる。

 だがしかし、現在の状況は、最早経験則では対応できない事態にまで進展してしまったようだ。

〜思い出フラッシュバック開始〜

「ぴこ?」
(……ああ、ポテトか…)
 ぶっ倒れて動けない俺にポテトがにじり寄る。
「ぴこぴこ☆」
(うわ…よせ……やめろ毛玉駄犬っ)
 そしてそれは俺の頭によじ登ろうとする。
「ぴこっ」
(毛が…肉球が……ああついで腹部が)
「ぴっこり」
 そしてポテトは器用にも側頭部上に座ったのであった。

〜思い出フラッシュバック終了〜

770 :人形の遣い方:2001/05/12(土) 05:17
 俺は空腹時に頭上で得体の知れない生物がいる時にどうすればいいのかは知らない。
 知っている奴がいたら是非教えてくれ。
「うーみー、に…おふねーを…うかばーせ…て…、イーっ、て、みたい、な…黄泉の…く、に……」
「ぴこぴこぴ〜こ〜♪」
 俺が必死で歌う物騒な歌にも、毛玉生物は上機嫌でリズムを合わせている。
 それにあわせて側頭部で微妙に揺れているのがうざったくてしょうがない。
 さりとて今は、振り払うだけの体力すらも消耗するのは惜しい。
 運命を甘受すべきか、敢然と立ち向かい死を迎えるか…。
 俺がそんな安っぽいヂレンマの海で(精神的に)のた打ち回っている間も、毛玉はやはりゴキゲンだった。

 ところで、冒頭の擬音からもわかってもらえるとは思うが、今は夏で昼間でセミが鳴いていて暑い。
 だからと言ってはなんだが、俺の意識は必死の抵抗にもかかわらず、少しづつ薄れていった…。

〜走馬灯開始〜

 あれは、俺が子供の頃、まだ寺に預けられていたときだったっけ…。

「往人さん?」

 観鈴の声がだいたい後ろのほうからした。

〜走馬灯中止〜

771 :人形の遣い方:2001/05/12(土) 05:18
「往人さん、お昼寝してるの?」
 観鈴がのんきに訊ねる。
 俺は答えない。
 つーか、答えられない。
 腹が減っている時に声を出すと、その振動が腹に響いて辛いからだ。
「往人さん…?」
 そんな俺の様子に、ようやくながら観鈴は少し心配になってきたようだ。
 俺の周りをうろうろしたり、じーっと屈みこんでいたりする気配が伝わってくる。
「だいじょうぶ?」
「……」
 ―――いままで居候として迷惑をかけてきたんだ。腹が減ったくらいで観鈴に心配をかけるわけにはいかないな…。
 ということで、俺は必死の意思伝達を試みることにした。
 栄光ある意思伝達部位に選ばれたのは、何とか観鈴からも目視できる位置にある左手の小指だ。
 残った体力のほぼ全てをかけて、小指を動かした。
 …ぴこ。
「あれ? 往人さんのところで何か動いてる」
 ぴこぴこ。
「なにかな…」
「ぴこ?」
「あ、毛玉犬」
「ぴこぴこ」
「毛玉犬、かわいい」
「ぴこ〜☆」

〜走馬灯再開〜

772 :人形の遣い方:2001/05/12(土) 05:18
 してしまう前に、俺は伝達手段を変えることにした。
 やはりここは声か。
 …いや、腹に響くあのいやな感じはそうそう経験したいもんじゃない。
 あの駄犬には影響されず、なおかつ観鈴に伝えることができる手段と言うと…。
 一つだけあった。
 俺は右手にありったけの「念」を送り込むと、尻ポケットに入っているはずの人形にそれを送り込んだ。
 運良く駄犬の攻撃を免れた人形は、ふわ…、と動き始めた。
 ひょこっ…、ひょこ…ひょこ…。
「あれ? 往人さんの人形が動いてる」
 ひょこひょこ。
「うん、往人さんの人形、かわいい」
 観鈴も気づいてくれたようだ。
 早速、何とか意思を伝達しようと念を送り込む…。
「ここで駄目押しにジャンプ」
 ぴょんっ。
「にははっ、よくできました」
 つくづく自分の芸人根性が恨めしい。
「え…それはおいといて…、ふんふん、お腹が痛いから…じゃなくて、お腹が空いたから…って、往人さんお腹空いてるの?」
 人形の首を縦に振らせる。
 どうやらちゃんと言いたいことは伝わっているようだ。
 人形のジェスチャーだけなのにちゃんと理解してくれる観鈴が、この瞬間だけはちょっと頼もしかった。

773 :人形の遣い方:2001/05/12(土) 05:30
「えっと…、ごめん、今食べるもの何も持ってない」
 いいからなんとかしろ。
「往人さん、ちょっと言葉乱暴」
 ごめんなさいどうかなんとかしてくださいおねがいします。
「土下座されてもわたしが困るよ…。とりあえずお家に帰る?」
 つれていってください。
「わかった、それじゃ往人さん、わたしの肩につかまって」
 うごけません。
「動けないの? …え、お腹が空いたから?」
 し に そ う
「わっ、往人さんの人形が今にも飢えて死にそうな動きに!」
 も う だ  め
 がくっ。
「うわわっ…、往人さんの人形が芝居っ気たっぷりに倒れちゃった…。みすずちん、実は結構ぴんち」
「……」
「と、とりあえず、往人さんをお家につれて帰らないと。…よいしょ」
 ずる…ずる…ずる……。
「ううっ、往人さん結構重い」
 どさっ。
「……」
「はあ…」

774 :人形の遣い方:2001/05/12(土) 05:30
 観鈴は俺の横にすっと座って、さっきまでの俺と同じように海を見つめていた。
 潮風が観鈴の長い髪をさらさらと揺らしている。
 そんな、誰しもがすこし嬉しくなるような自然の中で、観鈴はすこしだけ悲しそうだった。
「どうしよう…。誰かに手伝ってもらいたいけど、周りに誰もいないし…」
「……」
 ぽんっ、と、右頬に観鈴の手の感触。
「それに、そういうこと頼める人、わたし、往人さんとお母さん以外に知らないし……」
「……」
「お母さん今仕事だし…。どうしよう」
「……」
 夏の太陽は燦々と普く人々を照らす。
 その熱のせいか、或いは別の理由からか、観鈴の額には汗が浮かんでいた。
「あ、そうだ。裏の三軒となりの吉田さんちなら、確か大八車が置いてあったはず」
「……」
「往人さん、ちょっと待っててね。すぐに大八車と、あと何か食べ物持ってくるから」
 俺は、立ち上がる観鈴に、見えなかったかもしれなかったが、気力の全てをかけた笑顔を向けた。
 ―――それが、精一杯の礼だった。

775 :人形の遣い方:2001/05/12(土) 05:31
「あーるー晴れたー、ひーるー下がりー」
「ぴーこーぴーこぴこーぴーこー」
「……」
「にーばーしゃーがー、ごーとーごーとー、ゆーきとさんを乗せーていくー」
「ぴこぴこぴーこーぴーこー」
「観鈴」
「うん?」
「その歌は止めてくれ。なんか切なくなる」
「…実をいうと、わたしもちょっとだけそう思う」
「ぴこぴこ」
 観鈴がどこからかもってきた例のサイズのおにぎりを平らげた後、俺は観鈴が引っ張る大八車にお世話になっていた。
 ごとごとという大八車の振動が、背中の裏から直に伝わってくる。
 この状態のまま、まっすぐ前を見ると、車体の枠で四角く区切られた空が見えた。
「うーん、絶景かな」
「ぴこ」
 と、ついさっきまで俺の命を奪いかねなかった駄犬が、生意気にも視界を遮る形で立ち上がった。
 俺はそれをむんずと掴む。
「ぴこ?」
 次の瞬間、俺の腕は駄犬を仰角45度でほおり投げていた。
「ぴ〜〜〜〜〜〜こ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜……」
「さらば駄犬。お前のことは明日になったらきっぱり忘れるよ」
 嗚呼、身体に力がみなぎっていることの素晴らしさよ。
 俺は無意味に上腕二頭筋を誇張し、一人ほくそえんだ。

776 :人形の遣い方:2001/05/12(土) 05:31
「往人さん…、ちょっと怖い」
「何を言うか。腕力は男の二番目の武器だ」
「一番目は?」
「この美貌」
 俺は、にかっと爽やかスマイルで観鈴を悩殺した。
 ……がらがらがらがらがら。
「無視するな」
「往人さん、暑いから変になっちゃった」
「俺はいつもの俺だぞ」
「それはそれで、もっと怖いよ」
「ぬう…」
 大八車は転がる。
 ここから見える空の様子からだと…、多分、神尾家の方向へ。
「往人さん?」
「ん」
「結局、稼げなかったんでしょ」
「そんなことはないぞ。せかせか忙しい現代人には経験できない時間を堤防で過ごさせてもらった」
「…お腹が空いてて倒れてたくせに」
 ぽかっ。
「イタイ…」
 ちょっと涙目の観鈴。
「そういうことする往人さんには、晩御飯食べさせてあげない」
「ごめんなさいもうしません…て、はっ?」
 気がつくと俺は土下座をしていた。
 反射的に謝ってしまう自分が悲しい。
 …それとも、ヒモ生活が板に慣れてきてしまったのか?

777 :人形の遣い方:2001/05/12(土) 05:32
「嫌だ。それだけは嫌だ」
「往人さん、何が嫌なの?」
「ヒモ」
「うーん…、お家の中には嫌になるような紐は無かったと思うけど…」
 嗚呼、働けど働けど、なお我が暮らし楽にならざり、じっと手を見る…、か。
 今ならあのときのサラリーマン男性(41)の言葉もわかるってものだ。
 …でも、俺のしていることって、なんだろう?
 今までも、そして多分これからも、俺は人形を使って生きていくんだと思う。
 誰かに笑顔を与えて、そうやって生きていくこと。それが人形使いとしての俺の生き方だと思う。
 ただ、今までと、これからの違いは、………。
「往人さん」
「なんだ」
「晩御飯、なににしよっか」
「そうだな…。俺は腹にたまれば何でもいいが」
 ここでこっそりポケットから人形を取り出す。
「スーパー往人に訊いてみないとな」
「す…すーぱー往人さん?」
 しゅばっ! と人形をセッティングする。
 人形は俺の手を離れて、観鈴の肩に登る。その動きに合わせ、俺は深夜の秘密訓練で会得した腹話術で喋った。

778 :人形の遣い方:2001/05/12(土) 05:43
『寿司だ! 寿司! スシ!』
「え…、お寿司?」
『そうだ寿司! いいから寿司だ! 観鈴』
 …完璧だ。完璧すぎて自分でも感動を禁じえない。
 俺の目に喜びの涙が光る。
「と言うことで今夜の飯は寿司だ」
 駄目押しの一言。
 これで観鈴も今夜は寿司を取る気になっただろう。
 ……そう言えば、前に寿司食ったのって何年前だ?
「にはは…」
「ん?」
「このCM、わたし前にテレビで見た」
 がーーーん!
 そうだ…そうだったこいつは根っからのテレビッ子だった。
 そのテレビで仕入れたネタが、テレビマスター・神尾観鈴に通用するわけがなかった。
 今度から気をつけるか…。
 と、俺が決意を新たにしながら観鈴を見ると、


 観鈴は笑ってくれていた。

779 :人形の遣い方:2001/05/12(土) 05:43
「でも、お寿司はちょっとたかいかな」
「あー、別に寿司じゃなくてもいいんだが」
「それだと、すーぱー往人さんが…」
「奴は俺が説得しておく」
 といいつつ、観鈴の肩から人形を戻す。
「じゃあ晩御飯何にしようか…」
「ん〜…」
 まだ日も高いうちから晩御飯の相談をする二人。
「今日ぐらいは観鈴が作るってのはどうだ」
「いつも私が作ってる…」
「そうだったか」
「それに、いつも作ってないのは往人さんのほう」
「む…」
 話がまずい流れに傾きつつある。
「だから、今日の晩御飯は、往人さんの当番」
「当番なんて物は最初からないぞ」
「往人さんのお料理、楽しみ。にはは」
「くそ…」
 俺は、大八車の上にどかっと横になる。
「おっと」
 そういえば、さっきからずっと俺は観鈴に引っ張られていたわけだ。
 それに気がついた俺は、大八車から降りた。

780 :人形の遣い方:2001/05/12(土) 05:44
「ん?」
 荷物が急に軽くなる感触に、観鈴が振り向く。
「往人さん、降りたの」
「ああ」
「往人さん、具合悪いようだったから、ずっと乗ってても良かったのに」
「いつまでも、観鈴に頼りっぱなしって訳にもいかんだろ」
「往人さん…」
「ほれ。大八車、貸せ」

 見上げると、空はいつもそこにある。
 目を閉じても、それは、風となって、その存在を知らせてくる。
 だから、空を無視しようとは思わない。ただ、もうそれに縛られるのはやめようと思ったまでのこと。
 そうすることは、別に後ろ向きのことではなく、むしろ前向きなことだと俺は思っている。

 ―――歩きつかれて、後ろで座っている観鈴を引きながら、そう思った。

 みーんみーんみーん…。
 しゃわしゃわしゃわ…。
 かなかなかな…。
 みーんみーんみーん…。
 しゃわしゃわしゃわ…。
 かなかなかな…。
 みーんみーんみーんしゃわしゃわかなかなかな…。

 …また熱射病になる所だった。

781 :現在回転中:2001/05/12(土) 05:44


782 :現在回転中:2001/05/12(土) 05:45


783 :現在回転中:2001/05/12(土) 05:56


784 :現在回転中:2001/05/12(土) 05:56


785 :現在回転中:2001/05/12(土) 05:56


786 :現在回転中:2001/05/12(土) 05:57


787 :現在回転中:2001/05/12(土) 05:57


788 :現在回転中:2001/05/12(土) 06:08


789 :現在回転中:2001/05/12(土) 06:08


790 :Alfo:2001/05/12(土) 06:10
新作です。
>>768-780
『人形の遣い方』

Air、観鈴END補完物…というか…なんというか…。

791 :名無しさんだよもん:2001/05/13(日) 17:34
>>790
イイですねぇ、自分のようなパクリ野郎には届けない境地っす

792 :名無しさんだよもん:2001/05/13(日) 20:26
リスペクト>790

793 :名無しさんだよもん:2001/05/16(水) 14:09
>>764
つながったままで幼女化させていくとは・・・
いや,実に良かったです。当方ロリペドではありませんが(w
>>790
ほのぼのですな。いささかあっさり気味ではありますが,これはこれで。

794 :名無しさんだよもん:2001/05/16(水) 14:24
つーわけで、長文系スレなので800でお引越しです。
以後はこちらでよろしくね。

http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=989990459

795 :アルファ:2001/05/16(水) 18:01
>>705,>>722
(・∀・)イイ!!
>>705の祐一の鬼畜ぶりとか>>722の名雪の証拠はすべてつかんでいて
無意識に無視してるっぽい振る舞いとか。

796 :名無しさん:2001/05/22(火) 13:48
あげ

797 :名無しさんだよもん:2001/06/02(土) 23:38


798 :名無しさんだよもん:2001/06/05(火) 05:15
駄スレ乱立に対抗あげ

799 :最強SS作家:2001/06/05(火) 18:32
http://karen.iris.ne.jp/~zeke/sunbbs/index.html

800 :名無しさんだよもん:2001/06/05(火) 23:13
もう、次のスレに行ったんだから、あげんなや・・・
■SS投稿スレcheese 第4巻■
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=989990459

439 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)