5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

邪悪な葉鍵キャラの日記

1 :水瀬名雪:2000/11/07(火) 23:27
○月▲日 ゆき

家に帰ってきたら、母親に祐一を迎えに行けとか言われた。
そういえば今日来るとか言ってたっけ。たく、迷惑な奴だよ。
雪降ってて寒いから、とりあえず無視してコタツでだらだらする。
そしたら母親がグチグチとうるさいので、しょうがなく迎えに行く。
駅に着いたら祐一の奴、ベンチで凍死寸前で震えてやんの。
喫茶店とかで待ってればいいのに、まったく馬鹿正直な奴。
しゃあないからカイロ代わりにしてた缶コーヒーをやる。ぬるくなってたし。
ついでに得意の天然っぽい演技してやったら、見事に丸め込まれてやんの。
本当、男ってのは単純でやりやすいわ。
ま、新しい目覚ましも手に入ったことだし、明日からは思う存分朝寝すっか。


2 :名無しさんだよもん:2000/11/07(火) 23:29
電波スレか?

3 :名無しさんだよもん:2000/11/07(火) 23:30
さくら板に似たようなのがあったような……

4 :名無しさんだよもん:2000/11/07(火) 23:31
こんな○○は嫌だ! スレ?

5 :名無しさんだよもん:2000/11/07(火) 23:32
>>3
このスレをちょいアレンジしてみました。
やっぱり分かりにくいっすね。反省。
http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=sakura&key=972170510

6 :名無しさんだよもん:2000/11/07(火) 23:35
>1
こういう時は、1でスレの主旨を説明して、
2でレスの例を挙げた方がいいぞ。

7 :みさき:2000/11/07(火) 23:39
∴∵:・‥・..∵..…∵‥
.‥∵.:∴・…‥..∴
‥∴:∵…∴・∵…‥∵::
∴∵…‥:・∵∴.‥∴∵

8 :名無しさんだよもん:2000/11/07(火) 23:41
      /  ̄/    \
    /    /      \
   /    人       \
   |   /   \      |
    | /_ 。 __\   |
    || ( ○|  ( ○″ \ |
     |  ̄    ̄   ||6)/
    /|  ヤ       |  ⌒ヽ
   /  \  ー           )
   /    \__` /  /      )
  人_     |    人___ノ
        / |       \
      /  ̄  ̄       \
    /\__ ______/\
        ̄ ̄V/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         < >
          ∨


9 :名無しさんだよもん:2000/11/07(火) 23:43
>7
わらた

10 :祐一:2000/11/07(火) 23:44
○月▲日 晴れ

ヤッた



11 :七瀬留美:2000/11/07(火) 23:45
◆月☆日 天気:あめ

どうも、やたらと突っかかってくる馬鹿がいる。
真面目に相手するのもタルいから、お友達ごっこでもしてごまかすことにする。
家の戸棚を漁ってみたら、お中元の残りのクッキーがあったので、
これを包み直して、手作りということにして呉れてやることにする。
ま、どうせ違いなんて分かりっこないしな。
学校行って呉れてやったら、あいつら不味いって言って捨てやがった。
マジ切れた。ぶっ殺す。
とか思ったら、折原の奴が拾って食いやがった。
前から妙に付きまとってくるとは思ってたが、そこまでして気を惹きたいかねえ…
ちょい萎えたので、今日のところはあいつらは許してやることにする。
改めて身の程ってやつを教えてやるけどな。

12 :祐一:2000/11/07(火) 23:47
○月▲日 晴れ

逮捕

13 :名無しさんだよもん:2000/11/07(火) 23:48
だれか>>7を解読してくれ。

14 :松原葵:2000/11/07(火) 23:52
▽月◎日 天気:はれ

今日も練習だ。正直ダルくてやってらんない。
つーか、せっかく男できたってのに、こんな汗臭いことやってらんないっての。
でも先輩の奴が妙に張り切っちゃってるならな…
「打倒、綾香!」とか言って。
人事だと思って気楽なこと言いやがって。
あんな人外に勝てる訳ないっつーの。てめえが自分でやれよって感じ。
あーあ、いっそ新しい男でも作って、面白おかしく過ごそうかね。


15 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 00:01
13に同意

16 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 00:06
━━━━━柏木梓の二次成長は笑えた!
バスト1センチ増えるごとにカウントしてたのってあたしだけ?
(よっしゃー2センチ突破!よーし次は4センチ突破しろーって)
でも結局は12センチしか育ってねえんだよね。全然、騒ぐほどじゃないし。
柏木梓の二次成長は笑えた。まじで
身体測定で知って、手を叩いてわらったなぁ。
千鶴姉が仕事行ってる間も、毎日牛乳飲んでた。
育たねえなーこいつって思いながら
わざわざ鶴来屋まで行って記念撮影しようかと思ったよ。
でも、そのおかげで年齢サバ読んでも解らない人だっている訳だし
結果的には良かったんじゃないかな。
そういえば、このへんって鬼が多いから丸腰じゃ歩けないんだよね。
今でも洞窟に住んでるやつがいるらしいけど、
せこいんだよ!あたしらの同族なんだろ?むかつく。
ところで楓や初音ってあいつらってブラジャーどうしてるの?
もしかしてノーブラ?幼ねぇなぁー。
どちらにしろ自分の胸の谷間から見下ろす降山はまさに温泉町だった!
恨めしげな姉の視線が涼しく感じる降山の夏でした

17 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 00:27
>>16
誰の日記だ?

18 :月宮あゆ:2000/11/08(水) 01:00
■月△日 くもり
それにつけても金が無い。くさくさする。
パクッった鯛焼き頬張りながら商店街ブラブラしてたら、昔懐かしい顔を見かけた。
折れが木の上から落っこちたというのに、介抱もせず救急車も呼ばずにケツまくって逃げたチキン野郎だ。
あ〜あ、相変わらずパシらされてるよ。情けない。

……面白い暇つぶしが思い浮かんだ。大掛かりな釣り作戦だ。さっそく、明日から仕込みに入ることにしよう。
最後に、「全部ウソだボケ」って言ってやったら、ヤツはどんな顔をするだろうか? それを想像するだけでも今から笑いが止まらない。げらげら。


19 :美坂栞:2000/11/08(水) 01:15
なんだかヒッキー生活にも飽きたんで、朝からパチンコに行く。
モーニングに並んだ甲斐あって、そこそこ勝利。
帰りにバカップルに巻き込まれて、雪をかぶる。ムカついた。
明日から、男の方に付きまとってやることにする。
どうせすることなんか何もないし、ヒマつぶしにちょうどいいや。
せっかくだから病弱ってことにでもしとくか。
あー、明日からが楽しみだ。

20 :裏葉:2000/11/08(水) 01:19
神奈備命はやんごとなき方なれど、心暗く、いはけなし。
斯様な貴人に偽りを吹き込むのは、いとをかし。

21 :マルチ:2000/11/08(水) 01:24
☆月★日 どうでもヨシ
なんか試験期間とかで工房の巣に送られる毎日。たるいっつーの。
使えるトコアピールしないと没られるとかだから、敢えて今日はパシられてやった。
にしてもさすが工房。プレステってなんだよ。まあ放課後に舎弟のセリオにボコらせたからいいけど。
そうそう。あの浩之とかいうドキュソ、なんとかなんねーの?
点数稼ぐためにちんたら廊下掃除してやってたら、なんか妙にからんでくんの。
あかりとかいうストーカーとヤってろっての。
あー、タルい。2ch荒らして寝よ。


22 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 01:25
マルチの場合は、何故か、虐められた怨念を
日記でしか晴らせない虐められッ子のような感じになるな(藁

23 :だまーえ派:2000/11/08(水) 01:26
>>20
真名使っちゃダメ!

24 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 01:29
>>19
パチンコ帰りだったからあんなにお菓子を持ってたのか(w
納得。

25 :久弥:2000/11/08(水) 01:30
麻枝死ね、麻枝死ね、麻枝死ね、麻枝死ね、麻枝死ね、麻枝死ね・・・

26 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 01:34
わたしをパクッたポケモンがいるらしい。
ムカつく。どうしてくれよう。

27 :美坂栞 :2000/11/08(水) 01:35
○月×日

掛かり付けの医者が逮捕された。
無免許だったらしい。

……学校いくか。


28 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 01:38
ユリゲラーかい(藁

29 :下川:2000/11/08(水) 01:44
高橋、水無月……。
お前達も俺を裏切るのか?
折戸とは違って、お前達だけは信頼していたというのに、
恩を仇で返そうというのか!
……ならば逝くがいい。
そして、この俺を裏切った事を悔やめ!

30 :椎原:2000/11/08(水) 01:46
○月×日

パンパンパンパンパンパンパンパンパンあパンパンパンパンパンパン!

31 :浩之:2000/11/08(水) 02:02
今日、雅史と一緒にカラオケにいった。(余計なおまけもついてきたが。)志保がなんか大声で歌っていたみたいだが、俺は雅史を押し倒してやりたい欲望とズボンの下のふくらみを押さえるのに必死でそんな歌など上の空だった。

32 :観鈴:2000/11/08(水) 02:06
今日、往人さんとトランプした。とっても楽しかった。

33 :佐藤雅史:2000/11/08(水) 02:08
部活がなかったので、ひろゆきと長岡さんとでカラオケの店に
一緒に行きました。暗かったので、ズボンの中に手を入れても
ばれなかったので、いっぱいコスってしまいました。

34 :水瀬秋子:2000/11/08(水) 02:11
△月▼日 晴れ。

ジャム失敗。
鬱だ氏のう。

35 :霧島聖:2000/11/08(水) 02:16
◎月×日 曇り。

本日は胃潰瘍のオペ。
丸々半分摘出したところで、
実は患者を間違えていたことに気付く。
仕方ないので、煮込んで居候に食わす。
次からはちゃんとしよう。

36 :青紫:2000/11/08(水) 02:21
×月〇日 晴れ

今日は久しぶりに本屋へ行く。
新しい盗作ネタを探すためだ。
呈良く、星新一の新しいショートを発見。
早速購入する。
電車の中でどのネタを使うか必死に研究。
うーん、今日は久しぶりに創作活動に
打ち込んだな。
満足して寝る。

37 :宮内レミィ:2000/11/08(水) 02:23



(こ ほλ二~の
(こ っきを
力丶 きはし~め乙
もぅ
Tょ λ (こ ちめ
力丶 Tょ
ゃっは°Ч
むず 力丶 ι しヽ


38 :YET:2000/11/08(水) 02:25
△月▼日 鬱。

そろそろタクティクスも引き際か・・・

39 ::2000/11/08(水) 02:27
T月T日

水瀬秋子にはねられた。
和田アキコにもはねられた

40 :神尾観鈴:2000/11/08(水) 02:40
今日も往人さんとがおがおいっぱいした。
明日はぴっこりした往人さんをかぽかぽするの。にははっ、うん、悪くない。

41 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 02:42
>40
不覚にも萌えてしまった…。
鬱だ、寝よう…

42 :40:2000/11/08(水) 02:49
すんません、ここ邪悪スレでしたね。いま酔っ払ってます。ごめんなさい〜

43 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 02:56
>40 かぽかぽ萌え〜

44 :遠野みちる:2000/11/08(水) 05:29
きょうも、ゆきとに「ちるちるキック」をおみまいした。
あと、「ちるちるチョップ」もおみまいした。
さいごに「へんたいゆーかいま」とステゼリフきめこみ
「みちるダッシュ」でにげた。
とってもたのしかった。

45 :</B>名無しさんだよもん </B>:2000/11/08(水) 05:36
</b> bタグうざい・・・
</b>

46 :椎原:2000/11/08(水) 05:59
11月8日

俺の実力を認めない連中に、パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン!
してやった。
これで、青紫も俺にひれ伏すことだろう。マンセー、俺!!!!

47 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 06:12
たまには日記帳で擦ってみるか・・・む・・・この微妙な山形が
貧乳を思わせて・・・
くりゅくりゅくりゅくりゅくりゅくりゅくりゅくりゅ
ぬりゅぬりゅぬりゅぬりゅぬりゅぬりゅぬりゅぬりゅ
つるつるつるつるつるつるつるつるつるつるつるつる
・・・どぴゅどぴゅどぴゅ!

48 :マコピー:2000/11/08(水) 16:52
○月×日

とりあえずねぐらは確保した。
ちょっと強引だったが馬鹿っぽい家族だったから楽勝だった
特に秋子って奴、ちょっと黙ってれば楽勝でひっかかってやんの
ヤローがむかつくから夜忍び込んで財布から金をチョロまかそうと思ったが
三千円しか入ってねぇんでやンの。むかつくからコンニャク顔面に押しつけてやった

ちょっと危険だが明日は秋子の部屋を探ってみることにする


49 :倉田佐祐理:2000/11/08(水) 17:39
△月●日 曇り

今日も学校行くのだるい。
いつもの仕出し屋に届けさせた弁当持って、学校行く。
しかしあいつらいつまでたかる気だよ。ちっ、貧乏人め。
昼休み、また例の色ボケ餓鬼が、メシ喰いに来る。
心の底からウザい。舞狙いなのが見え見えだっつーの。
適当に「はえー」とか言っといたら、いつの間にかいい雰囲気になってて
腹立ったので、居もしない弟の話でっち上げて引かせてやった。
あの野郎、深刻な顔して帰って行きやんの。馬鹿だねー。
まあ、これで舞にちょっかい出す気力もねえだろ。
家帰って馬鹿オヤジ蹴っ飛ばしてから寝る。けっ、婿養子が。


50 :霧島佳乃:2000/11/08(水) 21:33
∀月∈日 はれ

今日もまた「健康診断だ」って言われて、診察室のベッドに素っ裸で寝かされちゃったよぉ
うぬぬ…お姉ちゃん、最近健康診断の回数増やしてる気がするぅ
なんか、わたしがヘンな声出すの楽しんでるみたいだよぉ
あたし、シーツ握って、お口ぎゅっとつむって、一生懸命ガマンしたんだけど、
やっぱりどうしても声出ちゃうんだぁ
お姉ちゃんもどこ触ったらあたしがこらえられないか
だんだんわかってきたみたいで、あたしとっても恥ずかしいよぉ
「佳乃くらいの年頃なら、性的に活発でも何もおかしくはないぞ」
なんて言われても、お姉ちゃんが活発なへンタイさんなだけのような気がするぞぉ
「明日は一緒にお風呂に入ろう」
って笑ってたけど、あたし明日はどんなことされるのかなぁ…
…はぁ、なんかゆううつだよぉ

51 :来栖川芹香:2000/11/09(木) 00:06
○月×日 満月

浩之が自販機のところで落とした金を探していた
ったくダサ坊が邪魔なんだよ
うざ過ぎなんで手を貸してやろう声をかけてやったら、
(もちろん好意とかじゃねーぞ、勘違いすんなよ)
うちのポンコツ三等兵と天秤にかけやがった
乙女の純情(藁)を踏みにじられたので復讐
セバスにHMX−12廃棄を指示
呪詛

52 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 00:53
あげ

53 :神尾観鈴:2000/11/09(木) 03:42
∀月箔 はれ

今日ホームレスを拾った。
しばらくコイツで遊ぼうと思う。
夜、あの女が帰ってきた。相変わらず酒臭い。けっ、アル中が。
どうしたものかと思ったが、なんか気に入ったみたいだ。
あーあー、男日照りの嫁き遅れはやだねえ。
若い男だったら何でもいいのかよ、しかし。
さてマスでもかいて寝るか。明日からが楽しみだ。

54 :千堂和樹:2000/11/09(木) 05:56
○月◇日 くもり

なんで、俺の周りには馬鹿ばっかりが集まるんだ?
大志といい、瑞希といい、彩といい、郁美といい……。
どいつもこいつも救いようのない馬鹿ばっかりでいいかげんうんざりする。
まあ、もっとも昨日はケッサクだったが。
彩は一晩中俺の家の前で待ち続けてたあげくに警察に職質されてしょっぴかれたな。
あんなストーカー女と付き合うのはほどほどにしないとな。
大志は大志で世界征服だーっなんて相変わらず能天気にほざいてやがるし。
ひどかったら、精神病院にでもブチ込んでやるか。
瑞希もダメだな。
散々オタクが嫌だといっていたくせに、コスにはまるとはね……。
サークルの友人らがそれ聞いたらどんな顔するか楽しみだな。
あと、郁美は勘弁してやるか。勝手にくたばっちまったし。
本当、こいつらだけでもたくさんなのに、今日こみパにいったら、何だ。
俺のファンと称する馬鹿な女が一人やってきやがった。そいつはモモなんて名乗っ
てやがったが、どー見たかって桜井あさひだってことがバレバレだっつーの。
本人はこれでもバレていないと思っているのかねぇ。ご苦労さん。
せいぜいダシにして遊んでやるか。
もっとも、用済みになったら即マスコミに売りつけるがな。一発やった証言で
結構な値で買い取ってくれるらしいからな。金のない俺としたら大助かりだぜ。
そんな事も気付かないで、本当におめでたいね。ケケケ。


55 :川澄舞:2000/11/09(木) 18:55
※親愛なるわが倉田女王へ※

今宵もお言いつけどおり、夜の校舎を徘徊いたしました。
もちろん、いつものように、下着はつけておりません。
とてもスウスウいたしましたが、あなた様のお言いつけを破ったりはいたしません。
途中、ノートを持った男と廊下で出くわしました。
マニュアル通り、「私はマゾッ娘の好きモノだから」と告げましたが、
その男は何もせずに立ち去ってしまいました。
とても、ああ、残念でしたので、お預かりしている剣で自ら慰めてしまいました。
こんな、恥知らずのメス犬である私を、どうか、お許しください。

56 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 19:04
倉田女王は舞の持ち物だったのか?(藁

57 :スーパーあかりん:2000/11/09(木) 21:51
●月○日
 今日、根性無しの浩之ちゃんが遂にわたしとやろうとした。
まるでサルの様に欲望に燃えてたのにいざやろうとすると、萎えていた。
あの童貞やろう、これじゃわたしが楽しめない。
たぶんわたしが処女だと思ってるだろうけど、雅史で修行積んであるのさ。
まあ、次の機会には初めての振りするけどね。

58 :まこと:2000/11/09(木) 21:58
明治11年5月14日

大久保利通の暗殺に成功。

59 :水瀬秋子:2000/11/09(木) 21:59
◎月☆日 曇り

最近、バカ甥がうっとおしくて仕方ない。
居候の分際で女を連れこんではヤリまくりやがって。
こちとら男出入りが途絶えて久しいってのに。
しかも、ずうずうしくも居座る奴はいるは、
いちいちメシ喰いに来る奴はいるわで、全く大損害だよ。
まあ、水増ししたうえで姉貴のところに請求してるから、
別にいいって言えばいいんだけどな。
しかしストレス溜まるわ。
例のジャムでも煮込んで憂さ晴らしでもすっか。


60 :香里:2000/11/09(木) 23:03
2月1日 なんか雨降ってやがる

ああ、やっと栞が遠大なドッキリ終えやがった。
にしてもオイシイ暇つぶし考えるもんだ。あたしも一枚噛んでやったし、
あのアホ、疑ってる様子すらねー。ププ。

……にしても二作連続出演は肩が凝る。前は栞とどっかの宗教団体に潜入したが、
あん時はあたしが妹以下の扱いだったし、最悪だった。もうやりたくねぇ。
あーあ、北川でもからかって遊ぶか。


61 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 09:51
あげ

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 10:30
>>7>>37ワラタ

63 :神尾観鈴:2000/11/10(金) 21:42
小月柳日 ゆき

今日、往人さんにかぽかぽした。
でも往人さん、すぐゴールした。にははっ、ぶい☆
してる最中、往人さんずっとおっぱいさわってた。
往人さん、明日はぱふぱふしたげるね。ぱふぱふ〜♪

64 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 22:36
>63
すまん、それ邪悪じゃないよ。
俺は萌えてしまった(藁

65 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 23:29
ナンカナガイナ逝ってよし!

66 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 02:21
わたしの名前は琴音・・・好きな人も殺せる女
空に浮かぶあの人を見て、
「このまま落ちていくのもいいかな」
っておもったら、力抜けちゃってね。
下に落ちてっちゃった。
超能力なんてさ、人に知られたらもったいないじゃん。
これで、心置きなく悪いことができる

67 :来栖川綾香:2000/11/11(土) 18:37
○月×日 快晴
なんか練習たるいので、サボって姉貴の学校へ遊びに行く。
そしたらあいつ、電波の分際で生意気に男とメシ食ってやがった。
なんかムカツクので、あの男を奪ってやることに決定。
ま、姉貴もあたしにおもちゃを取り上げられるのには昔っから慣れっこだろうし、
どのみち悲しそうな顔するだけで何も出来ないんだけどな。
ジムに帰ったらコーチがクドクドうるさいので、とりあえずボコっとく。
あたしは天才の上に美人で金持ちなんだから、あくせく練習なんかしなくてもいいんだよ。
帰ってメイドロボに奉仕させてから寝る。こいつも飽きたし、そろそろスクラップかな。



68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/11(土) 20:19
>どのみち悲しそうな顔するだけで何も出来ないんだけどな。
何となく想像して萌えてしまった。

69 :霧島聖:2000/11/11(土) 23:49
†月ヾ日 曇り

佳乃が一人で風呂に入ろうとしている。どうやら私の意図に感づいたらしい。
しかし強引に一緒に入る。ここまで来て逃がすわけにはいかない。
しかし実に佳乃は美味しそうに育った。どこの馬の骨とも知れない男に渡してなるものか。
とりあえず適当なことを言って、佳乃の秘所に愛撫を加える。
我慢していても、感じているのはありありだぞ、佳乃。
ふふっ、可愛い声を出してるな。私も感じてしまったぞ。
これは明日からが楽しみだ。
佳乃、いつまでもお姉ちゃんと二人で暮らそうな…

70 :来栖川芹香:2000/11/11(土) 23:56
○月×日 快晴
今日、綾香が邪魔しにきました。
なんだか獲物を狙うような目で藤田さんを見ていました。
発情したネコのようです。
明日黒服衆を呼んで始末してもらおうと思います。
セバスチャンに奉仕させて寝ます。


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/11(土) 23:57
>>63
>小月柳日 ゆき
さりげなくオモシロイ。センスいいね。

72 :長瀬祐介:2000/11/11(土) 23:57
チリ月チリ日 電波度 98%

今日まで僕がコロシタ人数 100,356,602人
今日もコロシタ。
僕は永遠に銃弾がツキナイガトリングガンで、愚民達を撃ち抜きまくる。
僕がコロシタ人間は腐り、その腐乱死体が発する腐臭が辺りの人間もクサラセル。
チガトビチル。ヒトガクサル。ミンナアカク、ミンナクサル。
(ここから先は吐いたエビチリソースで汚れて読めない)

73 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 00:05
>>72
邪悪じゃないね。
面白いけど。

74 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 00:21
>71さん
さんきゅ

>>69さん
ノリのいいひとだいすき。
一瞬、自分のやつかと勘違いして、
「うっわあ、名前『聖』にしてるわ〜。どんくさー」
で、その後で自分のと違うことに気づいて大爆笑しました。ありがとう。

75 :69だよもん:2000/11/12(日) 00:27
>>74
ぜひ萌えシチュで続き書いてね。
聖サイドから追っかけるから(w

76 :74だよだよ:2000/11/12(日) 00:43
>>75
ええ、気が乗られたらで結構ですので、是非おねがいします。
おもろすぎ。

77 ::2000/11/12(日) 01:02
せっきをうめたのがばれた。
うくー

78 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 01:38
>77
ワラタ

79 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 15:02
>>77
たった二行の日記…(笑)。うけたよ。



80 :健太郎:2000/11/12(日) 16:48
7月1日土曜日 晴れ

夜、ませたチビガキの女にぶつかって死んでしまった。
ちょっとカッコ悪かった。

81 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 17:48
…Lv4(ボソ

82 :秋子:2000/11/12(日) 17:51
今日は仕事休みで一日暇。
やること無かったんで祐一の部屋をガサ入れしていた。
何も出てこなくてつまらなかったが、部屋の男臭さに久しぶりにムラムラ。
生ハメしたくてたまらない。
奴が帰ってきたらパイプカットして犯してやろう・・・。


83 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 18:22
>82
どうかボキを犯してください(*´Д`*)ハァハァ

84 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 18:26
>82
手術だとできるのが当分先になるので、ここはティムポシバーリで逝くべきでしょう。

85 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 18:39
>>83
カットされるよ、パイプを。

86 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 19:35
秋子さんならノープロブレムでしょう。

87 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 20:19
秋子さんと寝れるなら喜んで切るよ!!

88 :霧島聖:2000/11/12(日) 22:01
Ж月Й日 雨

佳乃の顔色が悪い。診てみるとやはり風邪だ。思わず青ざめる。
こじらせては大変なので、私にできる限りの処置をほどこす。
そのかいあってか、お昼にはすっかり良くなっていた。ほっと胸をなでおろす。
そこで、午後からは計画の続きにとりかかる事にする。
佳乃の部屋を訪れ、呼吸を楽にする薬と称して例の薬を塗ることにする。
この薬は適当な容器がなかったのでヴィックスの空き容器に入れてあるが、
実は私が医大にいた頃に調合した、遅効性かつ持続性の媚薬だ。
薬を塗るついでに佳乃の胸を愛撫し、性感の発展具合を調べる。順調だ。
必死に感じているのを隠そうとする佳乃のあまりの可愛らしさに、
思わず襲ってしまいそうになるが、必死で我慢する。まだ時期尚早だ。
おかげで佳乃はすっかり荒い息だ。恐らく今晩は眠れないだろうな。
その後、私もすっかり濡れてしまったため、診察室で思う存分自慰に耽る。
ふふっ、計画は順調だ。明日は佳乃から診察を希望してくることだろう。
国崎君、残念だが佳乃は君には渡さないよ。
佳乃は私だけのものだからな。そう、未来永劫に…

89 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 22:31
>>88
並行日記ナイス。
応援してます。
おまけもがんばってね。

90 :「佳乃」担当:2000/11/12(日) 23:35
>88
ナイスフォローに感謝!

>まだ時期尚早だ。
ラジャー!!

>89
さんきゅ

91 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 23:40
>>87
パイプカット
http://www.sakai-keisei.gr.jp/medical/houkei_pipecut/pipecut.html

…うぐぅ。


92 :87:2000/11/12(日) 23:58
それでも秋子さんとできるのなら躊躇いはない!

93 :82です:2000/11/13(月) 00:10
パイプカットって結構難儀なんすね(笑)
続き書いてみたいけどどーしよ。
84さんの言うとおり、ティムポシバーリで逝くべきかな…

94 :名無しさんだよもん:2000/11/13(月) 00:10
パイプの出口を他に作っちまえ!!

95 :「聖」担当:2000/11/13(月) 00:16
>90
基本的に好き放題やって下さい。
適当にあわせますので。

96 :名無しさんだよもん:2000/11/13(月) 10:17
age

97 :「佳乃」担当:2000/11/13(月) 14:56
>>82
続き超希望。

>>95
は〜い。
でも、即興でネタ作れるって、マジで凄いですね。
実は、偉大な職人さんだったりして…

98 :相沢 祐一:2000/11/13(月) 17:24
かったりーけどあと1週間だっていうから日記つけるか。
栞のやつ、寒いのに毎日アイスなんか食わせやがって。
「私はへーきですよー」なんて言ってるけどよ・・・・
こっちのことも考えてほしいよな。
おれは知ってるんだぞ!!
風でまくれたストールの内側にホカロン50個は付けてる
のがチラッと見えたんだよ!
風邪で熱っぽいのかとまんまと騙されてたけど、
ほんとは一人だけヌクヌクしてたんだよナ。
香里のやつはつまんない嘘はつくし、明日でも
家にいるところを襲ってやろうかな。



99 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

100 :名無しさんだよもん:2000/11/13(月) 17:48
平行SS……なんと無く内輪チック。

101 :キティガッィ:2000/11/13(月) 18:10
11がつ13にち きんようび はれ

きょう、ぼくはおかあさんにいわれてお使いにいきました。
だいこんをかいました。
おかあさんは「一本かうな。はんぶんだ」といいました。
ぼくはあたまにきて「やだ」といいました。
おかあさんはぼくのあたまを打ちました。
ぼくはないてドラエモンにおねがいしました。
ドラエモンはぼくの人形をくれました。
人形はぼくのかわりにおかあさんにぶたれます。
ぼくはドラエモンに「ありがとう」といいました。

102 :秋子:2000/11/13(月) 18:36
祐一が帰ってくるのを、ムラムラムラムラしながら待っていたら、
珍しく名雪が先に帰ってきた。
何か嫌に憂鬱そうな顔をしてるんで、義理で「どうした?」と聞いてみたら、
「祐一に中出しされてから生理が来ない」とか抜かしやがった。
あのボンクラめ。体に思い知らせてやらねば…
帰ってきたら麻酔無しでパイプカット決定。
それにしても、どうして名雪はあんなろくでなしに体を許したんだろう。
なんでこの私からあんな甘っちょろいのが生まれたのか。
まあどちらにせよ、今夜は良い暇つぶしが出来そうだ。

103 :名無しさんだよもん:2000/11/13(月) 19:01
平和だな…。
ところで、どの辺が葉鍵?>>101

104 :名雪:2000/11/13(月) 19:04
△月○日 曇り
やべえ、生理が来ねえ。
やはりボーナスに釣られて、中出しで援交しまくったのがヤバかったか。
帰ったら欲求不満ババアが悶々とした顔してやがる。
祐一喰おうとしてるのがミエミエなんだよ。色ボケババア。
でも俺が先にヤっちまったけどな。ケケケ。
丁度良かったんで、生理が来ないことについてしおらしげに報告しとく。
まあ、堕ろすにしても先立つものは必要だからな。
ついでに祐一に中出しされたと涙ながらに訴えとく。一応、事実ではあるしな。
こーゆー時の保険の為にヤらせてやってんだから、せいぜい役立ってもらわねえと。
夜、オナニーぶっこいて寝ようとしたら、階下から祐一の絶叫が聞こえた。
おーおー、激しいこって。一体どんなプレイやってんだかな。


105 :「佳乃」担当:2000/11/13(月) 19:36
>>100
別スレにも書きましたが、自分の力不足を補っていただきたいと
いうのもありまして、その御意見をいただく以前に、すでに
皆さんに参加していただくようにお願い申しあげております。

多くの方にいじっていただくほうがおもしろいですもんねぇ、やっぱり。

106 :相沢 祐一:2000/11/13(月) 19:52
今日は1月24日だな。
まったく昨日は参ったぜ。
秋子さん、オレだけで足らねえからって、風邪を理由に
小学生を連れこんで一晩中奉仕させてんだからなあ・・・
レズはいやだってガキが泣いてうるさかったぜ。
時々「うぐぅーーーっ!!!」って絶叫が聞こえてたけど
やっぱ処女喪失したんだろうなあ・・・女あいてに・・・

昨日香里のやつは学校へ呼び出すから何のことかと
思えば・・・もともと判ってんだからつまんねえなあ。
あいつ、泣くと顔が崩れて誰だかわかんねえよ。
名雪が髪の毛をこげ茶にすりゃあ、まんま香里じゃんか。
秋子さんと名雪が交互にしゃべると顔が伸び縮みするしよー・・・
妖怪かよ、まったく。
まともな街じゃねえなあ・・・ここは。

107 :名無しさんだよもん:2000/11/13(月) 20:38
栞は公衆便所


108 :秋子:2000/11/13(月) 23:04
昨日は少々疲れた。
帰ってきた祐一を無理矢理地下室に引きずり込んでパイプカットしてやったのだが、
ずいぶんと良い声で泣き叫んでくれた。
お陰で声だけで5回も達してしまった。
続いて、不本意ながら祐一のアレにゴムを付けて3時間ばかり攻めまくった。
ずいぶんと腫れ上がっていたが、知ったこっちゃ無い。
私が気持ちよくなれればいいんだ。
それでも物足りなかったので、ちょっと外に出て活きの良さそうな小娘を調達。
連れてくるときにうぐぅうぐぅうるさかったが、腹に一発入れたら大人しくなった。

今度は自室で楽しむことにした。
無理矢理指を突っ込んで処女を散らしてやったのだが、
そのときの「うぐぅーーーっ!!!」って甲高い悲鳴が耳に心地よかった。
流れる血も私の加虐心を一層煽った。
一通り満足して、時計を見たら既に朝の5時。
道理でくたびれるわけだ。
ふと小娘を見ると、虚ろな目をして何かつぶやいている。
逃げないように首輪を付けて、地下室に閉じこめてから寝た。
久しぶりによい夢が見られそうだ。

109 :真琴:2000/11/13(月) 23:36
”……ごんぎつね?”って言われた。
あぅー。ごんは余計なの。

110 :神尾観鈴:2000/11/13(月) 23:46
往人さんが家のお金持ち逃げした。
が、がぉ……。

111 :名無しさんだよもん:2000/11/13(月) 23:56
>>102
なんかちんこ痛くなってきた…

112 :名無しさんだよもん:2000/11/13(月) 23:57
>>110
モエテシマッタ

113 :神尾観鈴:2000/11/14(火) 00:46
警察の人が往人さんを連れてきてくれた。
よかった。にはは。

114 :真琴:2000/11/14(火) 00:50
”……手袋を買いに?”って言われた。
あぅー。手袋なんか買ってないようっ!

115 :相沢祐一:2000/11/14(火) 00:50
△月×日 雹
ようやく、局部の痛みが治まった。
あのババア、おかしなことしてくれやがって。おかげで、今まで丹精込めて作った
「便器」の試用ができなくなっちまったじゃねぇか。
仕方が無い。それは北川にやってもらうことにしようと思い、電話を掛けたら即、了承。
単純な奴だな、相変わらず。まあ、「便器」の姉に弄ばれているからその鬱憤晴らしって
意味もあると思うが、それは俺の知ったことじゃない。
ただ、かってに斎藤の野郎と久世の阿呆に話してしまったのが気に入らねぇ。
口が軽いあの馬鹿に話してしまった俺の失敗でもあるが、まあいい。
実験がさらに面白くなりそうだ。
特に、久瀬の阿呆は「大便器に進化させたらどうだ?」なんてほざいてやがった。
勝手にして置けっていいたい所だが、それも面白そうだ。
鬱憤がたまってるのかね。あんなつまらない痴呆女に振られた事によ。

116 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 00:53
>>114
??

117 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 01:00
・手袋を買いに
ごんぎつねと同じく、新美南吉氏によって書かれた童話。
全文は www.aozora.gr.jp/cards/nankichi/htmlfiles/tebukuro.html にて。
ウザイ解説が付いてるが、気にするな。

邪悪スレにそぐわぬほのぼのとした書き込みでスマソ。

118 :北川 潤:2000/11/14(火) 01:01
△月×日
祐一の奴から電話があった。
何でも栞を仕込んだらしいが、ある事情によって実験が出来なくなった
ので、俺が代わりに実験をしてくれやという。
そーいや、最近ひんぱんにこっそり栞を病院から連れ出していたが、それ
と関係があるのだろうか。
とにかく面白そうな上に、香里の奴にくれてやるネタ作りにもなりそうだ。
もちろん、即乗ってやった。
ただそれだけじゃあ芸が無いから、斎藤と久瀬にその事を話したら簡単に
飛びついてきやがった。相当たまっているみたいだな、奴らは。
そーいや、久瀬の奴は異様に乗り気だったな。
奴はアブノーマルだからな。当日なにをやってくれることやら。
まあ、実験の火を楽しみにしておくとするか。

119 :まい:2000/11/14(火) 01:13
……おなかすいた

120 :森川由綺:2000/11/14(火) 01:17
♂月♀日 天気不明

冬弥君のPCをこっそり見てみる。
「葉鍵っ子のみなさん、クリスマスはお嫌いですか?」
というブックマークを発見。
自分の立場をわかっているようなので放置した。

121 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 01:30
このスレはsageて欲しいと思う、
萌え系好きのガキンチョなのでした。

122 :水瀬秋子:2000/11/14(火) 02:01
△月×日 雹の血雨
祐一の部屋を覗いてみたら、悪い予感が的中。
友達を3人ぐらい連れ込んで、部屋で用を足そうとしていた。
お前ら、いったいいくつなんだコラ!!
とにかく、家を汚されてはたまらないと、便器を没収する。
祐一を始め、皆ぎゃあぎゃあいってたが、当然聞く耳は持っていない。
便器は速効しかるべき所に廃棄してやりましたよ。しかるべき所にね(↓)。
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=961941304
奴らはこのまま放置していてもいいのだが、それでは面白くねぇ。
とりあえず、おもちゃをあげる。
殺村凶子のことを聞きに来たらしく、捕まえてみたものの、
何となく楽しめそうにない。
中年臭かったのでその通りに言ってやったら、そのガキは
「おばさんくさいとは何ですか!!」などと、ぎゃあぎゃあ
ほざきやがったので、祐一のおもちゃにすることにする。
あげてやったら奴らは案の定喜んでややがった。本当に単純すぎる。
しかし、祐一の友達はしみったればかりだと思う、今日この頃。

123 :久瀬:2000/11/14(火) 02:02
△月×日
北川から連絡あり。
新しい玩具を手に入れたので、実験をしないかとのこと。
その玩具は美坂の妹らしい。もちろん即承諾。
あの女のせいで私ともあろうものが万年学年2位だ。この屈辱を晴らすいい機会だろう。
さしあたって調教器具一式のチェックを行う。鞭、首輪、拘束具、浣腸器…
うむ、長年にわたって使い込まれた道具が、しっくりと手になじむ。
くっくっくっ…積年の恨み、ようやく晴らす時がきたようだな。


124 :斎藤:2000/11/14(火) 02:27
△月×日
北川から栞ちゃんで遊ばないかと誘いの電話が入る。
ここん所、退屈だったのでOKした。
んで、相沢の家でやるとのことなので行ってみた。
ここまではよかったのだが、栞ちゃんと遊ぼうと思った直前に、
水瀬の母様にあえなく没収される。あとで、水瀬に聞いたら、
なんと母様が廃棄したとのこと……無念。
久瀬の奴なんかは積年の恨みを晴らせると準備していただけに、
悔しさも大きい模様。
だが、母様はアフターケアをして下さった。
学園で1・2を争う無口女の美汐たんを差し入れてくれた。
当然、皆大喜び。俺も最高の気分。
久瀬の奴もすっかり栞ちゃんのことはけろっと忘れていたりする……。
本当、現金な奴……。まっ、いいか。

125 :天野美汐:2000/11/14(火) 05:51
△月×日
そろそろ覚醒しそうなあの妖狐の様子が気になったので、奴の贄である相沢祐一の家へ行ってみた。
本来なら私の関知するところではないが、相沢が喰われて奴の力が上がるのは一寸厄介だ。
前回はたかが妖狐ということで侮っていた為、かなり苦戦したからな…
いくら私の法術の力が増したとはいえ、楽なことに越したことはない。
念のため法杖と独鈷を持っていく。「覚醒後に殺滅」という決まりは鬱陶しいが、それも決まりだ。
奴の住処水瀬宅へ到着し様子を聞くが、どうやら奴は外出しているらしい。手を掛けさせやがる…
仕方ないので水瀬宅を出ようとした時、突然家主が私を捕まえた。
退屈だったので状況に流されてみると、そのまま相沢が居る部屋に押し込められた。
しかも更に二人。よく見ると用途不明の器具も大量に置いてあった。
そして突然3人が襲いかかってくる。愚かな…丁度いいので溜まっていた鬱憤を晴らすことにした。
体術で対処しようとしたが、思い直して法術を使ってみることにする。普通の人間に法術を用いるとどうなるのだろう、興味深い。
一人に軽く法力を当ててみると、壁まで吹っ飛んでいった。力の加減が難しい。
それでも怯まず掛かってきた二人には、朏の陣をくれてやった。かなり力を押さえたので、2、3日もすれば解けるだろう。そのまま帰る。
結局人相手には本気で掛けられなかったので、欲求は更に溜まってしまった。 ああ、奴の覚醒が待ち遠しい。
久しぶりに思い切り力を解放することが出来る。そんなことを考えていたら、異常な興奮を味わった。体も疼いているし…もう寝よう。

126 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 15:58
△月×日はいろいろあって大変だったみたいだな…

127 :琴音:2000/11/14(火) 16:54
今日も能力を制御できない振りをしてガラスを割った。
次は藤田の頭でも割ろうかな。



128 :レミィ:2000/11/14(火) 16:58
ヒロユキを階段から突き落とそうとしてシッパイ。
奴めだんだん受身が上手くなってきタな。
これじゃあパンツ見せ損ダ。

129 :マルチ:2000/11/14(火) 16:59
ロボットのふりも楽じゃない…。

130 :秋子:2000/11/15(水) 00:25
昔の遊び仲間から久しぶりに連絡があった。
また一緒に暴れないかと誘われたのだが、どうしよう。
今家を空けていったら、あのガキどもは間違いなく何かしでかす。
うぐぅな小娘の調教も始めたばかりだし。
仕方ないので誰かに監視と調教の続きをさせよう。
さて、誰を連れてこようか…。

131 :\\子:2000/11/15(水) 00:35
△月◎日


132 :ぴろ@水瀬家ウオッチャー:2000/11/15(水) 00:36
△月×日
 この一家は見ていて飽きることが無い。今日なんかは尚更その感がある。
 名雪は他の男と援助交際した事を俺様の目の前でしゃあしゃあと言ってみせた
上で、堂々とオナニーにふけっていやがった。生理がこないなんてぼやいてやが
ったが、1日に3人のオヤヂとやってちゃあ、そりゃあ自業自得というもんじゃ
ねぇの?
 秋子は秋子で今日はいっそう変態度が増していたな。
 祐一の肉棒をパイプカットしたあげく、5回もセックスしやがった。しかも、
それだけじゃあ満たされなかったらしく、町で誘拐してきた娘を散々レイプして、
苦しんでいるのを見て悦に入ってたな。まあ、変態プレイに興じるのは本人の自由
 だが、手段は仮にも犯罪行為だぞ? 悲鳴が近所に響き渡りそうになってたぞ?
もう少し防音設備に金を掛けるよ?
 まあ、その祐一は祐一で病院から栞とかいう小娘を調教して「公衆便所」に改造
していたな。もっとも、パイプカットされたせいで開発した自分が本番行為をする
ことができなくなって、友人に電話を掛けていた時のあの恨めしそうな顔は見物だ
ったが。
 でも、ちったぁ考えろよ。今は栞を公衆便所として使用するのはしかるべき場所(↓)
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=961941304
以外の使用は禁止されつつある風潮にあるんだぜ?
 もっとも、それにはさすがにあの淫乱女も敏感だったが。
 しかも、その後あのおばさんくさいガキをオカズとして提供したのは秋子にとっても
祐一にとっても大失策だったな。あの女は異常犯罪者として有名で、警察から目をつけ
られているぐらいなんだぜ。本当、人を見る目が無いな、この一家の連中は。
 しかし、真琴の奴は本当に命拾いをしたな。家にいたら確実に殺されていたぜ?
 もっとも朝早くの飛行機で関西方面へ逝ったのことだが、一体何をしてるのやら。
 また、闇のアルバイトの商品の仕入れか?
 まったく、この家の連中の事を警察にばらしたら結構面白そうだ。
 でも、やめておこう。
 せっかくの観察対象をブタ箱送りにするのは勿体無いし、何よりんなことしたら
俺様のおまんまがなくなっちまうからな……くくく。

133 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 00:39
>>129
邪悪だ……

134 :水瀬秋子:2000/11/15(水) 00:41
1月25日
明日から交通事故に遭ったふりをして温泉にいってきます。
娘たちがお見舞いにこないよう医者には面会謝絶ということに
しておいてもらいます、ニヤリ。

135 :水瀬秋子:2000/11/15(水) 00:49
始めの方はイベントの裏側的な日記だったのに
今ではキャラが一人歩きをしてる…。

136 :134・135:2000/11/15(水) 00:52
いけねHN戻すの忘れた。

137 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 01:09
>>135
激しく同意。確かに最新の方のレスを見ているとそんな傾向になってる。
イベントの裏側の邪悪日記も楽しめる。
でも、同時にキャラの一人歩きのネタもまた楽しめてしまう…。
宇津田、詩嚢。

138 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 02:24
殺す

139 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 21:09
>>138
シャレも通じんのか?
これだから鍵っ子は…。

140 :沢渡真琴:2000/11/16(木) 00:49
△月д日
 寝台特急でのんびり寝ていた所、携帯電話が鳴って起こされる。
 くそー、7時にもなってねぇじゃねぇか…。
 仕方なく、眠気が残るままデッキまで出て、電話に出てやる。
 掛けてきたのは、秋子だった。
 なんでも、家に帰ったら馬鹿甥と地蔵娘にプラス1人のの監視と調教をしてほしい
という。一体何様だ貴様、といいそうになったが、昨日天敵が来たことを聞かされて
口をあわててつぐんだ。
 あの女…遂に住処を嗅ぎ付けやがったか…。まあ、予想はしていたことだが、対策
を早い内に手をうっておかねばな。
 もっとも、そのためにわざわざ大阪くんだりまで行って道具を仕入れたわけだが…。
 思えば昨日は朝早くの飛行機で行って、心斎橋で麻薬に合法ドラッグに密売用の偽
ブランド品を安く買いたたいたっけ。その足で難波でみやげにと蓬○の肉まんを大量に
購入して…自分で思うのも何だがここまでよくやったものだ。
 一応、念の為に帰りはこうして寝台特急で帰ってるわけだが。
 とにかく、麻薬はあの女を嵌めるために買ったわけだが、ちょうどいい。
 効果が今一つ分からないから、実験台として調教に使ってやるか。
 礼も兼ねて、当然秋子の頼みは引き受けたやった。
 そっちの方は楽しみだが、まず帰ったら偽ブランドをまた高値でバカな
メスガキに売りつけて資金を調達しておかねばな…。
 さてと、戻って朝飯の肉まんでもかじるとすっか…。

141 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 02:43
age

142 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 02:57
>>141
ここって上げ無しが原則じゃないの?
定期上げ?

143 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 03:06
>>142
そんな原則いつ決まったんだ。仕切るな。

144 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 03:10
>>142
このスレは鬼畜系SSの流れを汲んでるから、sageの方が
やりやすいってのはあるが、特に、原則って訳でもないだろ。

145 :推原:2000/11/16(木) 04:00
( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ | ⊂⊃
  ̄ ̄( ̄ ̄//// ̄\ ∧ ∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ̄(//// ̄\\( ゜Д゜) < 乃絵美に尿道カテーテル!
   ".;":  (/(/// ̄(つ つ   \___この訴えはお兄ちゃんだよもん公認です!

146 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 12:37
別に煽るわけじゃないけど、やっぱり元祖のほうが面白いな・・・

147 :相沢 祐一:2000/11/16(木) 13:52
●月▼日
夜中に腹が減って下におりていくと、地下から
「うぐぅぅぅぅぅ」という泣き声がするんで驚いた。
あの少女、秋子さんに監禁されて放置されていたのか!!
オレは早速助け出してやった。
少女がお礼に食べるものを作ってくれるというので任せた。
うーん・・・・
いつまでたっても出てこない!
見るとニンジンを見て泣いている。
「どうしたんだ」って聞くと、
「うぐぅ・・・これをボクに・・・(/_;)」
と言うので、「まさか、昨日入れられたのか?」と訊くと、
「そんなこと、ボクの口からは言えないよ・・・」
と泣くばかりだった。
秋子さん、ひどいことしてるなー・・・
オレは逃がしてやることにした。
少女はお礼を言ってドアにぶつかって「うぐぅ!!」と
言いながら出ていった。
オレはいいことをして気持ちがよかった。
あっ!
忘れてた!
・・・・あいつ食べ物に釣られるんじゃないだろうな・・・
秋子さんはよく飯を食べさせるといっては獲物を捕獲するらしい。
・・・オレもその口だけど(苦笑)。
オレはあの少女に忠告しなかったことを激しく後悔した。


148 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 19:47
氏ね氏ね一号。

149 :秋子:2000/11/17(金) 00:10
旅支度のため買い物に出ていたのだが、戻ってみると家の様子が何か変だ。
調べてみると祐一と、地下室に閉じこめていたはずの小娘がいなかった。
多分祐一が逃がしたんだろう・・・
まあいい。どこへ行こうと私の情報網からは逃げられないのだから。
殺村凶子は呼び損になってしまったが、せっかく来てもらうので、
ものみの丘の妖狐たちとの同盟を結ぶための仲介役になってもらうことにした。
奴らの妖力には大いに利用価値がある。
手みやげに上質の油揚げを用意して置かねば・・・

150 :名無しさんだよもん:2000/11/17(金) 01:00
なんか面白いので続ききぼーん

151 :沢渡真琴:2000/11/17(金) 01:34
昼前に乗り継ぎ駅にやっと到着したものの、くつろぐ暇も無く次の列車に
乗り換える。肉まんが買う暇がねぇじゃねーか、こん畜生。
買いだめていた肉まんもとっくの昔に底をついてしまったので、
とにかくむかつく。すぐにも誰かを歯が折れるまで殴り飛ばしたい気分。
景色を見ても詰まらないので、大阪で買い込んだカストリ雑誌を読み込む。
駅に着いたらまず魔女っ娘の所へ行って、ブツの換金を済ませてから家に
帰ることにする。おっと、秋子との商談用も残しておかねばな。
そーいや、先程秋子から「妖狐への献上品は油揚げか?」と訊いてきたが、
とんでもない。肉まんに決まってるだろうが、馬鹿野郎!!
今まで何を学んできやがったんだ、あの淫乱熟女は…。進歩ねぇなぁ。
そうそう。あと、さっき魔女っ娘に電話した時に聞いたのだが、どうやら
かの能無し生徒会長があの天敵に手を出そうとしたらしい。結果はお約束
通り、ICU送りになったらしいが…。
この間も魔女っ娘に手を出そうとして死にそうになったのに、ほんと進歩
ないねぇ…(藁)。

152 :天野美汐:2000/11/17(金) 02:21
♯月♪日
最近街が獣臭くなってきている。紛れもない妖狐の匂いだ。奴め…賢しい真似を。
大方仲間を呼んでいるのだろう、獣にしては多少知恵が働くようだ。
しかしこうなると一寸不利だ。安全策として助っ人を連れてくるとしよう。
「川澄舞」…幼少の頃父親が使徒になる為、贄として母と共に捧げられた少女。
辛くも異次元より脱出するも、そこで見た母の無惨な最期がトラウマとなり
化け物に対して強烈な憎悪を抱くようになってしまった。
凄惨な闘いの日々で身に付いた、類い希なる剣技は当然のこと
真の凄さはその左腕に仕込んだ「サイコカノン」に尽きる…
彼女に妖狐のことを話せば、無言で襲いかかっていくだろうよ。
ふふっ、もちろん未だ話す時期ではないさ。もっと集まってから…
もうすぐ、もうすぐだ…
狩りの…悦楽の時が来る…

153 :北川潤:2000/11/19(日) 00:15
♯月♪日
一昨日は酷い目にあった。
栞ちゃんを好き放題にできると聞いて相沢の家まで行ったのはいいが、
栞ちゃんは秋子さんに没収されるわ、代わりの天野さんには半殺しにされるわで、
もう踏んだリ蹴ったりだ。まあ病院送りになった久瀬や斉藤よりはマシか。
気晴らしに街に出ると、可愛い女の子4人組に声をかけられた。ラッキー。
話を聞いてみると、なんと秋子さんの家を探しているらしい。
なんでも、なんとかの力が必要になったということで呼び出されたとのこと。
黒髪の美人の人は秋子さんの古い友人ということなので、興味を覚えて聞いてみた。
「秋子さんの友人ってことは、この娘たちのお母さんでいらっしゃいますか?」
…その後のことはよく覚えていない。
気が付くと久瀬と斉藤の間のベッドで眠っていた。生きてるっていいなあ。



154 :椎原:2000/11/19(日) 00:33
KanonRPGじゃあるまいに、なぜ柏木四姉妹がっ……!?
どーせなら、魔女っ娘つながりでスフィー&リアンでも出すべきだろうっ……!

155 :名無しさんだよもん:2000/11/19(日) 00:37
漏れは初期より、後期の氏ね氏ね団的展開が好きだぞ。

156 :あるおやぢ(鯛焼き屋屋台経営):2000/11/19(日) 00:41
今日も気楽に店を開ける。売れ行きは上々。
ただ、営業妨害っていっていいのかヘンな奴が来るってのがいただけねぇ。
今日も、けったくそに醜いぶ男がやってきて、偉そうに妙なことをきいて
いきやがった。何でも、施設から逃げ出した4人の女を捜しているという。
ただ、あまりに偉そうだったので、「何様だゴルァ(゚д゚)」と叫んでぶん殴
ろうと思ったほどだ。まあ、たい焼きを30個も買って下さった大口なので
文句は言えるものではないが。
結局、そんな女達の事は知らなかったので、その事をそいつに言うと、
いかにも不機嫌そうに立ち去っていった。まったく妙な奴だ。犯罪者かありゃ。
そーいや、ここんところ毎日の様に食い逃げをやってた妙なリュックを背負
った小娘を最近見かけなくなっていたと思った矢先、これだからなぁ。
サービス業は辛いぜ、まったく。


157 :倉田佐祐理:2000/11/19(日) 01:26
♯月♪日
あのはぐれ妖孤が頼んでおいた薬を持ってきました。
相変わらず馬鹿ですねーっ。これで妖孤の妖力を抑える秘薬を作るというのに(ニヤリ
舞から天野さんに協力するように頼まれました。もちろんOKしましたーっ。
水瀬家の連中は、祐一さんを手に入れるのに邪魔ですからね(ニヤリ
念のために、魔女っ娘仲間のあの姉妹にも連絡しときましょうかーっ。
この地を支配するのに、古めかしい妖だの鬼だのは邪魔ですからね(ニヤリ
うん、今日も私は頑張りました。悪魔でも召還して、奉仕させてから寝ましょう。


158 :名無しさんだよもん:2000/11/19(日) 01:56
ここはひとつageよう

159 :椎原:2000/11/19(日) 02:08
>>157
サンクスだゴルァ(゚д゚)
パンなり、ズンなり、好きに使ってくれや!

160 :沢渡真琴:2000/11/19(日) 02:49
♯月♪日 晴れ
やれやれ。魔女っ娘との商談終了。
偽ブランド品はおろか麻薬も結構高い値で買い取りやがった。羽振りがいいねぇ。
もっとも、祐一を自分のものにしたいが為に、天敵と結託していることを見越した
うえでの商談だったが。んで、これで妖狐の力を萎えさせる秘薬を作るんだね。
ご苦労さん。対策はきっちり考えてるからな…けけけ。
ホント、魔女っ娘ほど簡単に引っかかってくれるカモは他にはいないでしょ。
しかし、グエンディーナのダチに連絡しているのを盗聴してびっくりしたが、
よくよく考えてみればたいした事が無い奴等である。特にこちらへの支障はない。
しかし、あんな詰まらない男に惚れ込む奴は多いのかね?
そんな事を思いながら、商店街をぶらついていると鯛焼き屋にからんでいる奴がいた。
高槻のオヤヂじゃねぇか。FARGOの主任さんがこんなど田舎までご苦労なこった。
面白そうなので、こっそり後を付けてやると今度は携帯電話で誰かに電話を掛けていた。
相手は主宰らしい。びびって冷や汗をかきまくって縮こまっていたのが結構見物だった。
話を盗み聞きすると、どうもA−12ら4人が施設から逃亡したとの事。
A−12って確か天沢って女で確か超能力を使えたっけ。
こりゃ、面白そうだ。天敵が見つける前にこちらで確保しておくことにする。
家へ帰って早速秋子に相談を持ち掛けるとするか。
その前に、こっそりオヤヂの情けない姿を写真に収めた上で、失踪した面子に
含まれている名倉姉妹の潜伏先の美坂家の住所を書いた紙をそっと足元に落と
しておく。さすがにリストラ盛りの御時世に手ぶらじゃあ気の毒だしな。
さぁて、帰り道に肉まんでも買い込むとすっか。

161 :名無しさんだよもん:2000/11/19(日) 12:07
uzzeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee

162 :国崎往人:2000/11/19(日) 21:54
♯月∇日 嫌味なほどの快晴
クソ田舎で自堕落な生活を満喫してたら、久しぶりに天野の奴から連絡が入った。
なんでも妖孤に鬼、そしてあの“水瀬秋子”と一戦を交えるらしい。
国崎流法術の伝承者として、こんな面白そうな話を放っておく訳にはいかねえ。即承諾する。
まあ、このしけた町の目ぼしい女は殆ど喰っちまったし、そろそろ潮時だよな。
天野もちょいキツいがいい女だし、他にもいろいろ助っ人を呼んでるらしいからな。
今の女たちにも飽きてきたところだし、これからが楽しみになってきたぜ。
そうと決まればこんな場所に用はねえ。とっととおさらばするか。
くくっ、俺が本気で法術を使うのなんて、何年ぶりのことだろうな… 

163 :美坂香里:2000/11/19(日) 23:41
♯月♪日 雪
ようやく名倉姉妹を保護することに成功する。
こいつらは単なるクズだが、天沢郁未は貴重なA級能力者だ。
彼女を確保するためには、こいつらの身柄は重要な武器になるだろう。
夜、一団の男達が我が家を襲ってきた。どうやら教団の追っ手らしい。
まあ、この程度の能力者であれば、退魔部部長、美坂香里の敵ではない。
久しぶりに思う存分虐殺してやった。特にリーダー格の男の無様さには興奮させられた。
しかし私の力だけでは、この町で勃発しつつある闘争に生き残ることが出来ないのも事実である。
せめて栞が健在なら…。いずれにせよ、早急に身の振り方を決めねばなるまい。

164 :名無しさんだよもん:2000/11/20(月) 05:16
邪悪っつーより伝奇SFになってねーかい?
面白れーのであげ

165 :名無しさんだよもん:2000/11/20(月) 06:07
>>160
手、手、手ぶらじゃあハァハァ(;´д`)
ノーブラでモミモミハァハァ(;´д`)

166 :美坂 栞:2000/11/20(月) 06:38
★月☆日
そろそろイジメられっ子も飽きてきました
自殺しようかと思って手首斬ったら、
血が夜店で売ってた覇王の卵?とかいうのに反応して
ゴッドハンドとか言うのにされました、
生け贄は、おねぇちゃんに、なってもらいました
仮病も辞めて本気をだすことにします
とりあえず、秋子とか言う年増を殺しました
何だか最初凄い強気で攻撃してきたけど
全然痛くないので、反撃すると態度一変
命乞いしてましたよ・・・・
とりあえずそのシーンを軍事衛星つかって記録した上に
全国中継で流したからもう立場なしですね・・・・
これからはゴッドハンドとして生きていこうと思います。
それにしても素晴らしい力です、まるで・・・人間が・・・・ゴミのようだ・・・
ハーッハッハッハ!

167 :水瀬 名雪:2000/11/20(月) 06:43
★月▲日
おふくろが殺られた・・・
調子に乗りすぎたなアホゥが・・・・
お茶の間で痴態さらしやがって・・
とりあえず二度と復活できないように
封印した・・・・・
仮にこの封印が解けたら
この星は壊滅する・・・
まぁ無いだろうがな
これで世界は私のモノだ・・・
手始めに狐を皆殺しにするか・・・・・

168 :あ・・・き・・こ:2000/11/20(月) 07:38
★月▲日
再生できない・・・
★月▽日
からだがかゆい
はらがすいた
じぶんのにくがおいしそうだ
★月□日
かゆ・・・うま・・・・

169 :川澄舞:2000/11/20(月) 07:42
?月#日
 この町に邪悪な気が満ちている…。代々この町を守護してきた私の一族も
戦えるものは今や私一人…。これではいくら私でも勝てそうに無い。
力が欲しい…。全てを超える力が。それには祐一と佐祐理の力が必要だ。
二人に死んで私の一部になってもらおう。きっと喜んで死んでくれるに違いない。

170 :天野美汐:2000/11/20(月) 19:26
♯月∇日
国崎往人との連絡が付いた。流派は違えど近しい法術使いだ。それなりに役に立つだろう。
そう言えばかつては共に修行をしたっけ。人形を動かしているところしか思い浮かばないけど。
川澄舞経由で倉田佐祐理の協力も得られたし、彼女の交友関係からも助っ人が期待できる。
しかし、まだ不安だ。
…その、何よりの驚異は他でもない、不可視の力だ。
妖弧程度ならばわたし一人でも勝てなくはなかろう。だが今この町には彼奴がいる。
天沢郁未…
一度だけ相見えたことがあった。完敗だった…
無論その当時からすると、わたしも格段に強くなったと自負している。
…当然彼奴も…な。
もし妖弧共と同時に出てこられたら、非常にまずい自体に陥る事請け合いだ。
彼奴には全力を持って当たらなければならない。が、下手をすると既に妖弧共との
共同戦線を張られているかもしれぬ。妖弧共が更なる助っ人を連れている可能性もあるしな。
まあその為の助っ人だが、果たして足りるだろうか。
敵の数が解らない以上、此方の戦力も多い方がいい。もう少し探してみるか。

くっ…折角の狐狩り。彼奴に邪魔はされたくないのだが…

171 :柏木千鶴:2000/11/20(月) 21:51
★月▲日
転生前からの付き合いの秋子さんに呼び出されて来てみたら、
秋子さんったら、あっさりと殺されてしまいました。
しかもその一部始終を全国生中継。ふふっ、久しぶりに笑わせて頂きました。
ま、いくら地上最強の邪術師とはいえ、相手が邪術の源たるゴッドハンドでは対抗の仕様がありませんからね。
そのあと娘さんが、秋子さんを一生懸命封印しようとしていました。馬鹿としか言いようありませんね。
あの1000年以上生きてる化け物が、あなた如きの力で封印できる訳ありませんのに。
でも、いい機会なので、妖狐達と協力して地脈・気脈を組み合わせた重層結界で封じておいてあげました。
これで少なくともあと1000年は復活できませんね。いい気味です。
ま、お馬鹿さんな娘さんは自分の力だと思っているようですが。
しかしゴッドハンドですか…。我々の「鬼」の力をもってしても、果たして対抗できるかどうか…
「天使」か「翼人」の力ならば、容易に討ち滅ぼせるのですが…

172 :相沢祐一:2000/11/20(月) 22:16
★月□日 大雪
最近、秋子さんの姿を見かけねえ。
また若い男でも漁りに遠出してるのかねえ。
名雪は部屋に篭りっ放しで変なことやってるし、真琴も全然帰ってきやしねえ。
まったくどうなってるんだよ、この家は。
退屈しのぎに肉便器の栞でも呼ぼうかと思ったが、連絡がとれやしねえ。
むかついたので、街で女でも引っ掛けるかと思って外に出ようとしたら、
いつぞや秋子さんが監禁していた小学生がいた。
「うぐぅ、行くところがないよう」とか言って泣いてるので、
つい仏心が出て、家に入れてやる。
そしたらすっかりなつかれちまって、今も俺にべったりくっついてる。
ま、こういうのもたまには悪くないかもな…


173 :月宮 あゆ:2000/11/20(月) 22:43
この日記を見られるとき
その時すでにボクはボクじゃないかもしれない
事の発端は栞ちゃんだった・・・・
栞ちゃんに街であったときボクはそれに気付いたんだ・・・・・・
彼女は秋子さんを殺していた・・・・
彼女はボクにこういった・・・・・翼となったストールを羽ばたかせて・・・・
「あゆさんも力が欲しくありませんか?」
と・・・・
「私は全てを統制する物、因果率を統べる者・・・アナタにもその資格があります。」
「ただし・・・・アナタの大切な者を差し出して頂きますが・・・?」
ボクは食い逃げの最中で逃げるためなら力が欲しかった・・・・
ボクは迷わずこういった・・・・
「捧げる・・・と」
・・・・・・意識が遠くなる・・・・
どうやら・・・・ボクが人でいられるのもここまでのようだ・・・・・
う・・・・ぐぅ・・・・
UGuuuuuuuuu!
我が名は最強のゴッドハンド栞様に使える
栞様が使徒!破壊の翼UGu!
素晴らしいぞ!素晴らしいぞ!素晴らしいぞ!
UGWaaaaaaaauuuuuuu!
全ては栞様のためにィィィィィィィ!

174 :相沢祐一:2000/11/20(月) 22:52
?月?日赤い
なんだ・・・ここは?
学校帰り・・・・俺は変な空間に閉じこめられた
近くに見覚えのある姿を見かけて駆け寄った
「香里!どうしたんだ・・・ここは何処なんだ!」
だが彼女は答えない・・・・すでに死んでいたのだから
その時、聞き覚えのある声がした・・・・
「祐一さん・・・お久しぶりです。アナタは贄となったんですよ?
 あゆさんの為に苦しんで、悶えて、泣き叫んで、死んであげてくださいね?」
どういうことだ・・・・
何が起きた・・・・・・俺はどうなるんだ・・・・
?月?日
どれぐらい時間がたったんだろう?
1年?1日?1時間か?
俺にはこの時が永遠に感じれれた
日記を付けようにも・・・いつのまにか右腕が無い・・・・
よく見ると足もないようだ・・・・・
アハハハハ・・・・
?月?日
もう殺してくれ・・・・
?月?日
俺はもうだ

175 :来栖川芹香:2000/11/20(月) 22:54
セバスチャンが青ざめた顔をして、私の部屋にやってきました。
地下牢に監禁していた綾香が脱走し、藤田さんを拉致して逃走したとのことです。
どうやら、HMX-13の手引きがあった模様。研究班には厳罰を与えました。
そうこうしているうちに、魔道師仲間の倉田さんから連絡が入りました。
なんでも、鬼だか狐だかと戦うのに力を貸して欲しいそうです。
占いによると、綾香たちもそこに向かっているようですので、承諾しました。
しかし、彼の地の異常なまでの気の高まりが気になります。
念のために、姫川さんと松原さんを連れていくことにします。
二人とも、綾香と藤田さんが駆け落ちしたと伝えると、即座に同行を承諾してくれました。
彼の地で高位魔族を召還するまでの、弾除けくらいにはなるでしょう。


176 :美坂 栞 :2000/11/20(月) 23:00
★月▽日
今日鬼を一匹狩った・・・・
遊びにもなりません・・・
男勝りで少々楽しめると思ったんですが・・・・
所詮この程度ですか・・・・
ハァ・・・・・どうやらこの世界に
私と戦える者はいないみたいです。
この世界は部下のUGuにまかせましょう
私は神なんですから下々の争いに巻き込まれるのも
バカらしいですよね


177 :名無しさんだよもん:2000/11/20(月) 23:10
なんなんだこの電波ぶりは。

178 :名無しさんだよもん:2000/11/20(月) 23:12
なんかやんなってきた。

179 :長瀬源之助:2000/11/20(月) 23:12
神無月 弐拾日 記すの事
ふむ……邪悪な意志が集まるこの地に足を運んで見ましたが、大変な事になっているようですな。
息子の源三郎も事件に巻き込まれ入院中だとか。恐ろしい。
出来る事ならこの老体にムチ打って事態の収拾を目指したい所ですが、それは叶わぬようです。
仕方ありません。スフィーさん達も見あたりませんし、一族の者に手を借りる事にしましょう。
祐介くん。彼がいいですね。ついでに月島さん兄妹も呼んできてもらいましょう。
さて、この老いぼれ魔法使いがどこまでやれることやら……

180 :名無しさんだよもん:2000/11/20(月) 23:14
>176
もう神でいいから下界に介入するなよ。
つーか、いい加減にしてくれ。

181 :水瀬名雪:2000/11/20(月) 23:24
ユウイチ、ユウイチ、ユウイチ、ユウイチ、ユウチチ、ユイチチチチィィィィィィ…
ケツゴウシタイ、ケツゴウシタイ、ケツゴウシタイ、ケツゴウシタイ…

182 :名無しさんだよもん:2000/11/20(月) 23:42
をを、しばらく見ないうちに急展開(汗)
秋子さんやられちゃったのね、寂しい。


183 :名無しさんだよもん:2000/11/20(月) 23:47
バランスを考えずに最強キャラを出して周囲を萎えさせる、
空気の読めない奴が出るのはこの手の企画のお約束だね。

184 :名無しさんだもんよ:2000/11/20(月) 23:55
うん、俺もこのスレ創設時から見てるし、何度かカキコしてるけど
栞とあゆはやりすぎ。もっと展開とか考えるべきだと思うよ。
じゃなきゃ他の人が参加できない……と思う。
マジレスsorry。

185 :天沢郁未:2000/11/21(火) 00:50
久々に依頼が舞い込んできた。
クライアントは美坂香里とかいう女だ。
まだ接触は出来ていないが、私の情報網によれば香里が潰す予定だった水瀬秋子はすでに封印されたらしい。
地上最強の邪術師と謡われた水瀬秋子を封印するとは、なかなかえげつない奴が居るものだな。
やっと指定の街まで辿り着いたが、どうも空気がおかしい。
なかなか凄惨な状況になっているようだ。
由依達も居るようだし、とりあえず香里と連絡を取っておくとしよう。
私のELPODとまともにやりあえる相手が居ると良いのだが。

186 :名無しさんもだよん:2000/11/21(火) 00:57
暗黒KANONみたいだ・・・・

187 :名無しさんだよもん:2000/11/21(火) 01:10
ここつまんなくなったね。

188 :名無しさんだよもん:2000/11/21(火) 01:14
<184
意見同意だなあ。オレも書いてた一員でしたです。
115以前の感じで書いていくと面白いんだけど。
これじゃ、皆死んで終わっちゃうし。
邪悪なこと自体はいいんだけど、ちょっち行きすぎか?


189 :名無しさんだよもん:2000/11/21(火) 02:08
>>188
一部に同意。ただ115以降みたいなキャラが一人歩きをするといったネタを
楽しむ人もいると思うので、一概に115以前の感じが面白いとはいいきれな
いのだが。
ただし、伝奇ネタや死亡ネタにばっかり走りすぎる今の流れはいただけない。
特に死亡ネタなんかは以降にその死んだとされたキャラを使う選択肢が無く
なってしまうわけだし。(蘇生ネタなんかを適用しても一時的にその対象の
キャラは使えないということになるし)
皆死んで終わるんじゃないのかという点では激しく同意。
とにかく、少なくとも死亡ネタの流れは止めた方がいいのでは?

190 :上月澪:2000/11/21(火) 02:08
『みんな怖いの・・・』

191 :名無しさんだよもん:2000/11/21(火) 02:42
166からダメっぽい?

192 :189:2000/11/21(火) 02:55
ちょい訂正。
「一概に115以前の感じが面白いとはいいきれないのだが」というのは
「115以前の感じのみが面白いとはいいきれないのだが」の間違い。
スマソ。

>>199
死亡ネタはそこから始まっているからね……。


193 :189:2000/11/21(火) 02:57
また訂正。
>>199>>191の間違い。本当にスマソ。

194 :名無しさんだよもん:2000/11/21(火) 03:28
とにかく秋子さんの復活きぼーん。

195 :沢渡 真琴:2000/11/21(火) 03:45
○月◇日
あうー、ね、眠いー。
こんな時間に起きていたずらしても、今日も不発。
もうやめ! 復讐は昼にしよう。
夜は毎日おねんねでいいや。


196 :名無しさんだよもん:2000/11/21(火) 03:47
>>194
まあ、一応復活の兆しはあるようだが…

一人で書いているわけではないので、明確な決まりがない以上
話がずれるのもやむを得ないと思う。
でも確かに、当初の内容とはかけ離れてしまったな…
ここで強引に初期の形態に戻すか、或いはこのまま突っ走って全滅するか。
やはり前者を取るべきなのだろうか?または共存を目指してみるのか。
さてどうなるのかねぇ。

197 :ぴろ@水瀬家ウオッチャー:2000/11/21(火) 03:57
♯月○日 晴れ
久々に静かな一日。我輩がこの家に世話になってから初の事だと思われる。
昼頃になって、この家の主人の秋子が目を覚ましてくる。
やっぱり案の定二日酔いらしく、そのままトイレに直行する。
昨日の晩は酷かったな。
お茶の間でウイスキーをストレートで何杯もあおってたから……。
しかもその後、真夜中まで暴れまくるんだから止めて欲しいよ。
我輩も首根っこを捕まれてたまらんかったぞ。
結局、名雪が「封印するお」と言って、寝室に閉じ込めた上で寝か
しつけたから事無きを得たが。
もっとも、名雪も相当酔ってて、変なことをほざきながらだが。
いかんぞ……未成年がウイスキーをあおっちゃ。

198 :相沢祐一:2000/11/21(火) 04:21
♯月○日
目を覚ますと、気分が悪い。ていうか頭が痛い。
二日酔いになってしまったらしい。今にも吐きそうだ。
思えば、昨日から何となく気分が悪い。
町の中で大騒ぎしていた連中が警察にしょっぴかれたのだが、その際に俺も関係者
ということで事情聴取された。担当した刑事がキツかったせいか、すこぶる腹が立つ。
何とか晩には帰されたが、帰ったら帰ったらで秋子さんが酒盛りするとなんて言い出
してきた。いつ帰って来たんだと思いながら渋々付き合う。後で名雪も加わって盛り
上がったものの、秋子さんと名雪の奴が完全に酔ってしまって、修羅場と化してしま
った。秋子さんは暴れて手がつけられなくなるわ、名雪は名雪で「世界は私のものだ」
だの「狐を皆殺しにする」などと支離滅裂なことを叫び出したのでたまらない。
なんとか、秋子さんと名雪を寝かしつけることはできたので、事無きを得たが。
その後、ベッドに入ったが、何か俺が栞の犠牲になるといった変な夢を見る。
さっぱり分からない。そして起きたら、吐き気に頭痛なのだから。
やっぱ、ウイスキー5杯を無理にやるものではないな。
そういえば、真琴の奴が今朝早くに帰って来たようだが、珍しくいたずらはして
いない様だ。まったく、真琴が酒盛りの席にいなかっただけでも救いだったな。
いかん、吐きたくなってきた。

199 :柳川祐也:2000/11/21(火) 04:58
♯月○日
14時にやっと職務から解放される。
一昨日の朝から52時間もよく働けたものだ。超過手当がヘボいにもかかわらず、だ。
こんな経験は過去にはあったものの、やっぱり疲れることこの上ない。
天沢郁未、天野美汐、柏木梓、柏木楓、柏木千鶴、柏木初音、川澄舞、国崎往人、
倉田佐祐理、来栖川綾香、来栖川芹香、スフィー、姫川琴音、松原葵、美坂香里、
美坂栞、リアンの以上17人の取調べ&説教を昨日の朝からやった。
さらに、関係者数人との事情聴取もやったために延々と時間が掛かってしまった。
本心を言うと、仕事が嫌になってきた。何せ、ひっぱってきた連中は「妖孤」だの
「邪悪な気」だの「ゴッドハンド」だの意味不明な事を遠慮無くほざいてくれる。
聞いているこちらがうんざりしてきた。仕事柄仕方ないが、こんな電波系の相手を
丸一日以上するのは精神衛生上、非常に悪いと思う。
最終的に取調べが終わったのは今日の13時。本当に耐えたものだと思う。
やっと家に帰れる。さっさと風呂に入って寝よう。
しかし、貴之との貴重な時間が大量にそがれた。それを思っても腹が立つ。
とにかく、やつらは数日拘留して、たっぷりお灸を据えてやろう。

200 :名無しさんだよもん:2000/11/21(火) 05:04
別に、前の人の書き込みに繋げる必要も無いと思うが。
繋げようが、バラバラだろうが、好きにやれば良いんじゃないの?

201 :1:2000/11/21(火) 06:00
今続いてる伝奇ネタも、本来の日記ネタも、
平行してどんどんやっていけばいいじゃん。
とりあえず強引に終わらそうとするのは止めとくれ。

202 :名無しさんだよもん:2000/11/21(火) 09:21
>>199
ダークシードを思い出した…。

203 :天沢郁未書いた人:2000/11/21(火) 11:25
『あのね』
『電波と言われても伝奇ネタ続けてみたいの』
『書く人のための簡易ルール(流れが180度ひっくりかえるようなのはナシとか、死亡ネタはナシとか)作れば少しは良くなると思うの』
『余所逝ってやってくれ、なんていう人が居るなら別スレにしても良いと思うの』
『成功すればかなり面白くなるネタだと確信してるから、やってみたいの』
『お願いなの(うるうる)』

204 :柏木耕一:2000/11/21(火) 13:06
×月△日 雪
千鶴さんが重傷を負ったという知らせを受け、慌ててこのクソ寒い地まで飛んできた。
正直なところ、あんな偽善者どうなったっていいんだが、
鶴来屋が俺のものになるまでは生きていてもらわなきゃ困るしな。
街に着いてみると、なんだこの気配は。化け物がうようよしてやがるぜ。
途中の公園で見知った顔を見かけた。逃走したまま行方不明になっていた柳川の野郎だ。
この街で何が起きてるのか問い詰めてみたが、うつろな目で
「妄想が…」だの「取調べが…」だの意味不明のことをぶつぶつと呟くばかりだ。
どうやら完全に精神を破壊されてやがる。これは…毒電波の仕業か…
しかし電波使いまで来てるとなると、最強の鬼である俺といえども油断はならねえな。
とりあえず四姉妹に合流するか。全てはそれからだ。


205 :川名みさき:2000/11/21(火) 14:20
力あるモノどもの宴が始まっているみたいだね。
でも、あいつらは自分達が世界を見ているようで、実は見られていることに
気付いてないところが浅はかだよ。
この見えない目には全てが観えるんだよ・・・これから運命がどう動いていくかもね。
まあ、せいぜいわたしを楽しませてよ。


206 :名無しさんだよもん:2000/11/21(火) 14:50
195より邪悪度正常化?
現状っぽく進行きぼーん。
<203
多分みんな理解したんでないか。うまく進行きぼーん。

207 :名無しさんだよもん:2000/11/21(火) 14:57
>203
伝奇ネタ楽しみにしてるよん♪
個人的にはあーいうノリすごく好きだから、上手いことやって頑張ってね。
草葉の陰から見守っております。

208 :相沢祐一:2000/11/21(火) 15:08
♯月○日 夜更け
…また夢か…。なんか最近、夢をよく見る。
おかげで何が現実で何が夢なんだか、よく判らなくなってきた。
相変わらず秋子さんは帰ってこないし、名雪は部屋にいるのかどうかもよく判らない。
真琴はたまに顔を見せるが、忙しいらしくすぐにどこかに行ってしまう。
栞と連絡が取れないと思ったら、ニュースによると美坂家は一家皆殺しに遭ったらしい。
いったいこの街でなにが起こってるのだろうか。俺にとってはどうでもいいことだが。
ふと横を見ると、あゆが寝顔に苦悶の表情を浮かべている。俺と同じ悪夢にうなされてるんだろうか。
頭を抱きかかえるようにして髪を撫でてやると、憑き物が落ちたかのように安らかな寝顔を浮かべる。
今や、何が現実で何が夢かなんてどうでもいいことだ。この少女さえそばにいてくれれば。
そして俺は再び眠りに落ちる。腕の中に暖かな温もりを感じながら…

209 :名無しさんだよもん:2000/11/21(火) 16:35
>>201
そうだね。

210 :203:2000/11/21(火) 17:54
>206&207&了承してくれた皆様
ありがとうございます。
今から思えばなりきりで訴えたのは卑怯だったかも知れないけど、マターリいきたいので。
2ch暦はまだ短いので非礼はお許しをば。
ただ、進行は一人で出来るものではないので書いて頂いてる方々に期待。

読み返して俺が理解した現状は以下の通り。
俺の主観で書いてあるんですが、書き手になってくれる人は参考にどうぞ。

天野美汐 → 打倒沢渡真琴。国崎往人、川澄舞、倉田佐祐理の3人を味方に付けたようだ。
沢渡真琴 → 影で暗躍中のため最近表に出てきていない。水瀬秋子名雪母娘が場外、相沢祐一と月宮あゆに行動の兆しが見えない今、単独行動か?
       水瀬秋子が連絡を取った柏木一族の協力を得られるかがポイントだろう。
美坂香里 → FARGOの4人を味方に付けようとし、名倉姉妹を保護済みだったが場外行きのようだ。
       するとFARGOの4人は何処へ・・・
倉田佐祐理→ 相沢祐一を手に入れようとしている。ついでにこの地を支配するつもりらしい。
       来栖川芹香及びスフィー&リアンと連絡を取るが、スフィー&リアンからはいまだ応答無し。
川澄舞  → 町の守護のため天野美汐に協力する。相沢祐一と倉田佐祐理の力を取り込もうと狙っている。
長瀬源之助→ 邪悪な気を嗅ぎ付け来訪。事態の収集のため毒電波使いの3人を呼び出す。
来栖川芹香→ 逃亡した来栖川綾香、藤田浩之、HMX-13(セリオ)を追いかけ、倉田佐祐理の依頼もあり姫川琴音&松原葵を連れて登場予定。
       ついでに何かしでかしそうな気配だが・・・
柳川祐也 → 毒電波に犯され精神崩壊。場外行きだろう・・・
椎名繭  → せっきをうめたのがばれた。うくー。
上月澪  → 『みんな怖いの・・・』
川名みさき→ 全てが見える盲目の目で高見の見物を決め込む。

その他
水瀬秋子、水瀬名雪、美坂栞 → 今のところ場外。
名倉姉妹、鹿沼葉子、スフィー、リアン、姫川琴音、松原葵、
藤田浩之、来栖川綾香、HMX-13(セリオ)、長瀬祐介、月島兄妹 → 話には出てきたが登場していない。
美坂栞が最後に登場した時に殺った鬼は柏木千鶴らしい。

ルールを厳密に決めるつもりはないけど、過去ログ読めば○X分かると思うので。


211 :現状に補足してみました:2000/11/21(火) 18:39
水瀬秋子 → 地上最強の邪術師。1000年以上生きているといわれる。
       ゴッドハンドと化した栞に敗れ、現在は封印中。
水瀬名雪 → 栞に敗れた秋子を封印。それが鬼と妖孤の力を借りたものであることには気付いてない。
       現在は自室に篭って、怪しげな儀式に没頭しているらしい。
美坂栞  → 元・祐一の肉便器。香里を贄としてゴッドハンドと化す。
       秋子を軽く倒し、千鶴も一蹴して重傷を負わせた。
       その強さゆえに現世への関心を失い、闘いの圏外に去る。
柏木千鶴 → 「鬼」の一族の長。旧友である秋子の招きによりこの街を訪れる。
       栞との闘いに敗れ、重傷を負ったらしい。
柏木耕一 → 最強の「鬼」。千鶴が重傷を負ったのの報を聞き、この街を訪れる。
       柳川を壊したのが、電波使いの仕業であることを見抜く。
国崎往人 → 国崎流法術の伝承者。美汐の誘いを受けて、この街を訪れる。
       昔、美汐と共に修行をしていたこともあるらしいが、その実力は未知数。
天沢郁未 → 「FARGO」を脱走した、「不可視の力」の使い手。
       現在では殺し屋のようなことをやっているらしい?
       過去に天野美汐と闘い、完勝したことがあるようだ。
相沢祐一 → どうやら普通人らしい。栞を肉便器にしたり、秋子にパイプカットされたりしていたが、
       現在はあゆと共に夢と現実の狭間を彷徨っているようだ。
月宮あゆ → 秋子に拉致され、処女を散らされた薄幸の少女。
       その後、監禁されているところを祐一に助けられ、現在では祐一に懐いている。
       その存在、特に栞との関係については謎が多い。

北川・久瀬・斉藤 → 三馬鹿トリオ。特筆すべき点はないと思われる。
           現在は仲良く入院中。


212 :柏木楓:2000/11/21(火) 22:04
#月●日 本日も鬱
まったく千鶴姉もだらしがありませんね。
いくら相手がゴッドハンドだからってあそこまでボコボコにされなくても良いのに。
せっかく耕一さんと合流出来たのに、耕一さんの見立てじゃ全治3週間だって言う話ですし。
柏木四姉妹の長女があれじゃ、鶴来屋もお終いですね。
とりあえず水瀬秋子の封印を手伝ってくれた妖狐どもには恩義も無いこともなし、少しは手伝ってあげましょうか。


213 :秋子:2000/11/21(火) 22:29
嫌な気分で目を覚ました。
自室で目覚めたはずなのに、どうも居心地が悪い。
玄関から外に出てみると、そこは何もない空間だった。
が、辺りが何かで覆われているのがはっきりと感じられる。
どうやら強力な呪力で封印されているようだ。
結界をやぶろうと力を使ってみたが、力を放つ度に霧散してしまう・・・
悔しいが、この結界を張った奴はかなりの手練れだ。
どうにもならないのでしばらくふて寝を決め込むことにした。
戻ってみると、なぜか居間に大量のウィスキーがあったので思い切り流し込んだ。
もうろうとする意識の中、妖狐達と交わした同盟のことをふと思い出した。
同盟の印にもらったのは小さな鈴。
これを鳴らせば、奴らからの力が送られてくるって寸法だ。
奴らが裏切ってなければの話だが・・・
まあいい。めんどくさいことは後にしてとりあえず寝るとしよう。
ちょっと肌寒かったので、そばでこっちを見ていたぴろをひっつかんで一緒にベットに潜り込んだ。
さて、これからどうなることやら。

214 :北川潤:2000/11/21(火) 22:59
○月△日晴れ
今日も出番がなかった。
ますます影が薄くなっている。
このままではまずい・・・
とりあえず、マスターアジアにでも弟子入りして、
流派東方不敗でも身につけることにしよう。

215 :リアン:2000/11/21(火) 23:34
○月△日 はれ
先日、かつての同士のさゆりんから電話があった。
妖狐を退治するものに協力したいので、俺達も協力して欲しいという。
だが、いっておこう。
やなこった――これが俺の返事だ。
何せ、妖狐退治の先陣を切っているのはかの天野美汐だ。いくら、盟友の依頼と
あっても、あんな札付きの人物と仕事をする気にもなれない。
何せ、かつて殺人罪で起訴されて、公安にマークされている奴とだぜ?
ただでさえ、こちとら海外の美術品の盗難と密輸で危ない橋を渡っているのに、
これ以上奴の犯罪行為に巻き込まめれてブタ箱にブチこまれちゃあ、こっちと
しては迷惑はなはだしいものだ。
しかも妖狐を殺る理由って、所詮奴の私怨だろ?
絶対に御免だね。ていうか関わりたくねぇ。
ちなみに姉貴は砧青磁をごっそり頂くために中国へ渡っている。あと、数ヶ月は
帰る見込みが無いとのこと。姉貴に電話で聞いたのだが、奴の狐退治の話をした
途端、とっとと断れとのこと。
もちろんさゆりんには丁重に断った。
しかし鬼や毒電波や不可視使いや妖狐や法術士どもが妙な動きを見せている。
今の内にこの国から離れた方が良さそうだ。
てなわけでその日の内に荷物をまとめて、無事欧州に高飛びする。


216 :名無しさんだよもん:2000/11/21(火) 23:44
>>203
登場人物リストの整理の方、多謝。
是非、思い切り盛り上げてやって下さい。

217 :スフィー・リム・アトワリア・クリエール:2000/11/22(水) 00:09
○月◇日 雨@北京
昨日、リアンから電話があった。
何でも倉田の奴が妖狐退治の協力をして欲しいと依頼をしてきたという。
話を聞いている内にきになったので、その依頼の大元は誰かと問いただした所、案の定
天野だった。やっぱりな。
奴の話に乗るのは危険だ。過去に天野に関わってロクな事が起こったためしが無い。
あと、倉田の奴自体も「世界支配」だの言い出しているので危なくなってきつつある。
先月から砧青磁をかっぱらう為に中国に乗り込んだものの、今の所たいした収穫が無い。
しかも、この中国でも天野は指名手配になっているので、奴と行動を共にするのは愚の
骨頂といえるし、今後の商売の妨げになることは間違い無い。
とにかく、リアンには断りの電話を入れろと指示をしておく。
その際にリアンがこの騒動で瘴気が固まっていてヤバいので、東欧あたりに潜伏した
いと云ってきた。
その事は一昨日に川名から話を聞いて不安になっていた所だ。もちろん即効で許可。
川名の奴も中国に潜伏しているがどーやって知ったのだろうか? 恐ろしい奴だ。
とにかく、当面は商品を収集しつつ川名と同様に様子を静観している方が無難だろう。
おっと、その川名に会いに行く時間だ。
現状ルポの礼をして、軍用銃の密輸の事で打ち合わせをしておかなくてはな。

218 :沢渡真琴:2000/11/22(水) 01:58
×月☆日 晴れのち胸騒ぎ
いやー、ここしばらく忙しくて忙しくて大変だったぜ。
どうも宿敵の奴が手練の法術士やら魔道士を集めてやがるみたいなんで、
こっちもそれに対抗すべく人集めに奔走してたら、秋子の奴はあっさり死にやがるし。
何が地上最強の邪術師だよ、役立たずが。まあ生中継には笑わせてもらったからいいか。
めったにないチャンスなので、奴が呼んだ鬼と手を組んで封印。ざまあみろ。ケケケ。
ま、鬼の協力も取り付けたし、何より天沢郁未を味方に付けるのに成功したのがでかい。
奴の不可視の力は強力だ。天野とも因縁があるらしいし、大いに役立ってくれるだろう。
今や私の力もかなり戻ってきた。どうやら覚醒の日は近いな。
しかし名雪の動向も気になるが、読めないのは毒電波使いの動きか…。
一応手は打っておいたが、何とか仲間に引き込めないものか…

219 :名無しさんだよもん:2000/11/22(水) 02:11
>>211
俺は栞にやられた鬼、男勝りって言うから梓かと思ってましたよ。
でも千鶴で話し進んでるようですな。

みさきさん、「FOOL ON THE HILL」の愚か者にちょっと似てる…

220 :神岸あかり:2000/11/22(水) 02:31
○月△日 晴れ
どうやら浩之の野郎はこの街に逃げ込んだらしい。
いつもはデマばかりの志保だが、こういう時はちゃんと役に立つ。
当分はまだ飼っておいてやるか。
それにしても浩之め。
この私を差し置いて綾香ごときと逃亡するとは何事だ。
見つけたらただじゃ済ませねぇな。
それにしても何だこの街は。
禍禍しい妖気が満ち満ちてやがる。
これはいざとなったらスーパーあかりんの出番だな。
戦力にならねぇ雅史は連れてこなくて正解だったようだ。
さて、浩之の野郎をとっ捕まえに行くか。

221 :名無しさんだよもん:2000/11/22(水) 02:39
>220
あかり姉さんまで参戦ですか(w
ひとつ、控えめによろしく。


222 :203:2000/11/22(水) 02:46
>216
どうもです。
補足してくださった211にも感謝してあげて下さい。
俺も211に感謝。
ついでに書き手側にも参加してくれると嬉しいのですが(w

>219
栞に殺られた鬼を千鶴と断定したのは俺です。
204の柏木耕一の日記の1行目
>千鶴さんが重傷を負ったという知らせを受け
は栞のところを受けての話ではないかと思ったので。

223 :211:2000/11/22(水) 02:55
すまん。ちょくちょく書いてる。サブキャラばっかだけど。
つーか、実はスレ立て人だったりする。
盛り上がってるのはなんか嬉しい。

224 :97:2000/11/22(水) 03:07
今はROMで楽しませてもらってます。

225 :>97:2000/11/22(水) 03:12
聖×佳乃モノ、自分的に激しくピンポイントツボだったので
萌えシチュかSSスレででもまたいちゃついて下さい…
今となってはアレですが、コソーリファンコール。

226 :224:2000/11/22(水) 03:48
ありがとうございます。面白いネタがみつかればまたお応えしたいと思います。
そしてまた、別ネタの邪悪日記などもコソーリカキコしようと思います。

227 :川澄舞:2000/11/22(水) 04:17
α月β日
 今日も例の夢を見た。あの男がお母さんと私を贄に捧げた日。あの男は私達の
家系のことを知ってお母さんに近づき、そして私達を…。異次元から脱出した時の
お母さんの姿を私は一生忘れられないだろう。そして目の前が真っ暗になるほどの怒りを覚えた私は、
そいつに向かい力を解放して気を失った。余りの激痛に意識が戻ったとき、あの男は既に只の肉隗と成っていた。
しかし左腕を失いこのままでは危ないと判断した私は、やむを得ずあの男の腕を継いだ。
私の身体に流れるあの男の血のせいか、その腕は私になじみ、あの技も使えるようになった。
そして私はあの日から鍛えてきた剣技と忌まわしい左腕の力で魔物を狩り続けてきた。
最近感じる邪悪な気からして、今度の相手はかなり手強い。それでも私は戦うつもりだ。
全てを掛けて。私は魔物を討つものなのだから。


228 :天野美汐:2000/11/22(水) 05:43
∀月X日
今日は悲しい。
倉田佐祐理伝で頼んだ助っ人にあっさり断られたと聞いたとき、わたしは修行を決心する。
天竺に渡り、須彌山山頂の庵にこもって座禅を組んだ。
その結果我が宗派最高の神人、神奈を降ろすことに成功した。
極短時間ではあるが、通常の256倍の力を発動できる。止めの一撃に最適だろう。
2日間の修行にしてはかなりの成果といえるな。
だが今回の一番の収穫は体術だ。
5日をかけて、鬼牙洞穴に住まう鬼と拳を交わし、そして地に伏せるに至った。
最早体術では何人にも負けぬ。
そして今日帰宅途中で、古き友人、里村茜に出会った。
何年ぶりだろう…話は弾む。
だが茜には見られたくなかった。今のわたしを…
共に崇高な理想を掲げ、修行に励んでいた二人。今となっては痛すぎる…
気付いた茜は激しく叱責してくれたけど…もう遅いんだよ…もう戻れないよ…
走って逃げ帰り、過去を吹っ切ることにした。涙を支払って。
突き進むしかない。どこまでもな。わたしは力の行使に至福を見出してしまったから。
明日その証としてあれを取りに行こう。でも今日はもう眠る…

229 :名無しさんだよもん:2000/11/22(水) 07:45
初めの方の奴みたいのも読みたいんだが、平行はこの展開じゃ無理だろうなぁ。


230 :天沢郁未:2000/11/22(水) 13:21
○月Ж日
まったくなんて街なんだ。
香里と連絡が取れなくなっておかしいと思ってはいたが、私がここに着いた時にはもう香里は殺られていたらしい。
仕方が無いので美坂家近くに潜伏していた部下の名倉姉妹ととりあえず合流した。
名倉姉妹にも聞いてみたんだが、鹿沼葉子の行方は依然分からない。
あのアマ、何処をほっつき歩いてんだか。
これからの身の振り方を決めようと思った矢先、妖狐どもがコンタクトを取ってきた。
この街ではどいつも保身に必死らしい。
私としては仕事で金さえ払ってくれれば雇い主は誰だって良い。
それに、聞けば敵さんは"あの"天野美汐というじゃないか。
以前にやりあった時は私の圧勝だった。
またも私の前に出てくるとは懲りない奴だな。
今も法術使いを公言してるってことは当時よりはマシになったんだろうが、どんなもんだか怪しいね。
しかしこの街には他にも不穏な動きをする輩が多い。
私の情報網によると、沢渡真琴と天野美汐以外にも長瀬源之助、来栖川芹香、神岸あかりといった面々が集まってきている。
今のところ直接敵対しているわけではないようだが、そうなる可能性は否定出来ないな。
あいつらが動き始めると混戦模様の様相を呈することになりそうだ。
ふふっ、戦乱の時が来るな・・・しばらくこの街で楽しんでいくとしよう。


231 :国崎往人:2000/11/22(水) 15:02
∀月X日 晴れてるのに雪
ようやく例の街に辿り着いた。
しかし、なんて街だよ。化物みたいな気の持ち主がウヨウヨしてやがる。
指定された店に行くと、既に天野は来ていた。相変わらず妙なところで律儀な女だ。
なんつうか、実にいい女になったな。それに一見しただけで、えらく力が強まっているのが判る。
しかも、何やら妙な気を感じる…。これは…伝説の翼人の力か…。
素でやりあって負けるとは思わねえが、この力を使われたら俺といえども瞬殺だろう。
しかし、判っているのか天野。
翼人の力を行使するということは、翼人の呪いをその身に受けるということだぞ…
ま、今の天野がこの力を使わないと勝てねえような相手が、そうそういるとは思えねえがな。
それはそうと、天野は何やら疲れているようだ。物憂げな表情がなんとも悩ましいぜ…
やべえ、この国崎往人様ともあろう者が、どうやら本気で惚れちまったかもしれねえな…
しかし、この翼人の力、どこかで感じたことがあるような気がする…。

232 :川名みさき:2000/11/22(水) 15:11
先日、小さき魔女との会談に赴いた。
正直、観測者としては無闇やたらにゲームに干渉するのは控えたいところだけど、
あの子達は古式ゆかしい導士の直系だけあって、侵すべからざる理というものを
弁えている。(そこを理解せずに育った来栖川のような破戒術者は、観ていて
気持ちのいいものじゃない。どの道、彼女は自身の業ゆえに滅ぶことになるけど)

まあ、小魔女の当面は本業にこそ心ありといった様子だし、
災禍はむしろ彼の地にこそ集まりつつある…少々のルール違反は構わないだろう。
取りあえず仕事の手助けとともに、運命を少しだけ繰り上げさせる目的も兼ねて、
『大なる結界は血と裏切りの果て、遠からずほころぶ』という未来だけ忠告してあげた。
彼女がこの事をどう受けとめるか。この情報が利用されるならそれでよし、
そうでなくても事態は一方的に悪化してゆくだけだ。
それが遅いか早いかは獣達みずからの意思に任せることにしよう。
ただ、封印から新生する獣はかつての力を凌駕する驚異となるだろう。

まあそれはさておき、本場のラーメンはやっぱりおいしい。
中華人民共和国万歳。


233 :名無しさんだよもん:2000/11/22(水) 15:40
>232
>>7みたいじゃなくてちゃんと読めるからよかったよ。
あと、最後の二行が好き。

234 :長瀬源三郎:2000/11/22(水) 15:52
♯月σ日正午 雪
 美坂家の殺人事件を捜査していた時にちょっとしたヘマをやってしまった。
 家から飛び出してきた犯人らしき人物に、あっという間に投げ飛ばされて
しまい逃してしまったのだ。おかげで3ヶ月の重傷で、病院でじっとしてい
る羽目になった。まったく情けない。
 そういえば、親父と柏木耕一君が見舞いに来てくれたが二人とも妙なこと
を云っていた。
 親父の話では、何でも美坂家を含む街全域が瘴気に包まれているという。
 その為に妖狐や法術士や鬼どもが妙な動きをしてきていて、事態の収拾の
ために甥の祐介や月島姉妹をこの街に呼んだという。その事は耕一君や柏木
一家が総出で来ていることからもうかがえる。
 妙なことになったものだ。ここまでトンデモなくなったら、もはや警察と
しては何にも出来ない。
 ただ、法術士や妖狐の面子が気に掛かった。
 中国の宗教団体で猟奇殺人をやった天野美汐。
 3年前に中近東でテロ事件を起こして国際指名手配になっている国崎往人。
 麻薬密売の大物売人で警視庁に目を付けられている沢渡真琴。
 さらに、武器密売を行っている線が濃厚な倉田佐祐理……。
 こいつらが集結するとはただ事ではない。しかも、親父が云うには妖孤対
法術士の大戦争が勃発するらしいというのだから……。
 民間人に被害が及ばなければいいが……。
 今にも動きたい所だが、こんな体では無理だ。それに奴らも妙な力を付け
てきているというから、今警察が動き出したら、警察側に甚大な被害が及ぶ
と思われる。とにかく、奴等が何かしら違法行為をやった時点で逮捕状を取
って、疲弊した時点で逮捕するしか方法が思い付かない。
 警察としては即逮捕といきたいのだが、下手には行動できない。
 とりあえず、本庁や公安当局に連絡を入れておく事にする。
 今はじっくり静観して、チャンスを見計らうのが吉か……。

235 :長瀬源三郎:2000/11/22(水) 15:54
♯月σ日夕方 (追記)
 そういえば、耕一君が「柳川が毒電波に犯された」といっていたが、
それは違うと断言していい。
 まず、耕一君が柳川君を見かけた時には、祐介や月島兄妹は現地には
到着していない。到着は今日の夕方当りになると親父が云っていたから
だ。それに柳川君は沢渡の動向を追っていたのだが、何せ150時間以上
寝ずに沢渡の尾行をしていたためにノイローゼになったというのが正し
いだろう。柳川君のあまりの真面目が招いた災難だったが、今どうこう
言っても仕方が無い。
 昨日、柳川君もこの病院に収容されたわけだが、不眠と過労によるノ
イローゼというのが医師の見方だ。
 あと、先程耕一君から電話があったのだが、何でも先程、柏木千鶴さ
んが3週間の重傷を負って入院したという。まったく困ったものだ。
 本当にこれ以上被害が大きくならなければいいが。
 親父も耕一君もこれから事態の収拾のためにものみの丘に行くという。
 無茶だけはするなと釘はさしておいたが……不安だ……。

236 :長瀬祐介:2000/11/22(水) 17:18
?月!日 深夜
 ようやく、ここ数日間のドタバタが一段落した。が、事件はますます混迷の様相を
 呈していく……ここまでの事を記録しておこうと思う。
 まず数日前、一族きっての変わり者・源之助さんから連絡があった。
 世界を揺るがしかねない大惨事を未然に食い止めるため、至急助けに来て欲しいとの事。
 源之助さんは変わり者だが、こういった冗談は言わない。僕はすぐに承諾し、月島さんに連絡を取った。
 ……が、月島さんは何やら妙な事件を片付ける際手間取ったらしく、すぐには動けないらしい。
 瑠璃子さんもその看病だ。結局僕は源之助さんに到着は遅れると伝え、単身そこへ向かう事にした。
 ここで、問題が一つ起きた。駅へ向かう途中、沙織ちゃんとあってしまったのだ。
 上手い事誤魔化そうとしたが、彼女は相変わらず妙に勘が鋭く、結局連れてくる形になってしまった……
 しかし、本当に驚いたのは当地についてからだった。ものすごい障気が、空を包むように漂っている。
 実際、そこは邪悪の住人の住処だった。翼を生やした黒い悪魔――ラルヴァとかいう生物が僕らに襲いかかってきたのだ。
 そいつ自体は低級の悪魔だったらしく、沙織ちゃんがバッグで撲殺してくれたが、
 死に際に、「セリカ様ァァァ」と呻いていた。そう、その後調べてわかったのだが、
 せりかとはあの来栖川芹香の事だ。確か、あの大企業の長女。
 どういう事だったんだ……?

237 :長瀬祐介:2000/11/22(水) 17:33
(続き)
 その後の調査で、あの黒い怪物はまだそれほどの数が動き回っているわけでは
 無い事が判明した。倒した数だけ数えても、せいぜい十を数えるかどうかという処だ。
 遭遇する度に訊きだした話では、奴らはとてつもない化け物を呼び出すために力あるものの
 肉体を欲しているらしい。それで電波を扱える僕が狙われたわけだ。
 そして数日経過し……今日を迎え、ようやく月島さん達がきてくれた。
 とりあえず月島さん兄妹と協力者の香奈子さんと瑞穂ちゃん、そして沙織ちゃんに
 怪物退治を頼み、僕は来栖川芹香の調査を始めた。
 結果わかったが、彼女は数日前からこちらへ来ていたらしい。
 彼女は噂によれば黒魔術に精通しているらしい。という事は、これは彼女の仕業であると
 考えるのが妥当だろう。何とかしなければ。
 ……しかし、この件は源之助さんが話してくれた事とずいぶん食い違う。
 他の事件も起きているという事だろう。何て事だ。
 とりあえず、明日には皆を連れて源之助さん達の所へ行ってみよう。
 電話してみると、ものみの丘とかいう場所に行くと行っていた。一体そこに、何があるのか……
 今回の事件は、月島さんの時は比較にならない程のものの様だ。皆を護りきれるだろうか……
 そして、来栖川芹香の狙いは何なのだろうか……
 正に、混迷の一語に尽きる状態だ。

238 :森川由綺:2000/11/22(水) 17:56
11月5日
しかし大変なもんだな、売れっ子アイドルってのも。一日中休む暇もねぇ。
それにしてもだ、まったく冬弥の愚図が。俺のアクセサリ取ってくるのに何時間掛けてんだ。
何年俺のパシリやってんだよ。
取り敢えず舞台裏でボコってみたら、何とあの理奈と会っていたと抜かす。
ムカついているところに、更に気にくわねぇ名前を聞いちまった。
あんまり腹が立ったので、もうワンパン喰らわせてやる。
ちっ、あのアマ。兄の威光で売れてるくせに図にのりやがって。
お前の歌唱力なんて、ジャイアンと同程度だっての。
そんなことを考えていたら、冬弥が俺の名を呼び捨てにして言い訳をし始めた。
こらこら、冬弥君や。プライベートでは「森川さん」だろうが。
忘れないよう、そう言い聞かせながら地面に沈めてやった。
心配したのか、ジャーマネが側へ来て
「由綺さん…あまりやりすぎると…」と話しかけてくる。
おいおい。俺様ちゃんは売れっ子アイドル様だぜ。それにこれはパシリが悪いんだよ。
でも仕事も詰まったので、これくらいで勘弁してやった。
ふう。今日も疲れたなぁ。また(自作)理奈人形の股でも裂いてから寝るとしよう。

239 :森川由紀:2000/11/22(水) 19:18
11月23日
今日はツイてねぇ。
府中の最終に全部ぶっこんだら、落馬だと。何が鉄板だよ。ふざけやがって。
取り敢えず馬券買いに行かせた冬弥をボコっとく。
しかしマジでやべぇな。まぁジャーマネに金を借りれるが。
そうだ、パシリ冬弥とネクラ彰を絡ませて、そのビデオを売って稼ぐか。
っと待てよ。彰の持ち主は美咲先輩だっけ。
あの人の許可無くしてやるのはまずいな…美咲先輩には流石に俺も適わないし…
でも金儲けが目当てだ。あの人も了承してくれるだろう。
そんなこと考えてたら、英二がやってきた。馴れ馴れしく呼びかけやがる。
あのクソ女に頭が上がらない、へたれプロデューサーのくせに生意気なんだよ。
けどこいつこれでも有能らしいからなぁ。ま、せいぜい使ってやるか。
ところで最近冬弥が調子こき始めている。学校でなんかあったのか?
ダチ公のはるかに良く教育するように言っておこうか…
でも彼奴は飄々としているからなぁ。我関せずといった雰囲気があるし。
まあその都度ボコっとけば問題ねぇか。
そんなこんなでジャーマネから金を借りた。すると
「由綺さん…私にも生活がありますので…」とほざいた。
おいおい。俺様ちゃんは売れっ子アイドル様だぜ。何れは芸能界をシメるんだよ。出世払いだ。
でも相手が女なので、ボコりはしなかった。渋いねぇ、俺様ちゃん。
ふう。今日はムシャクシャしてるからいつもの倍、理奈人形でも裂いて、寝るか。

240 :238:2000/11/22(水) 19:19
競馬知らないんで適当です>239
ごめんなさい。

241 :柏木耕一:2000/11/22(水) 21:40
♯月σ日 雪
これからどうしようか考えてたら、県警の長瀬のおっさんから連絡があった。
なんでも、ものみの丘とかいう所を調査してくれとのこと。つーことは、相手は妖孤ってことか。
まあ、俺たち柏木一族にとって、警察に貸しを作っとくのは悪くねえ話だ。
つーわけで、長瀬のおっさんの親父とかいうじいさんと、ものみの丘とやらに向かう。
どうやらこのじいさんも魔道士らしいな。ま、さほどの力の持ち主ではなさそうだが。
丘に向かう途中で、楓ちゃんからテレパシーが入った。
どうやら、「鬼」の一族と「妖孤」の一族は、ひとまず手を組むことになったらしい。
相手は法術師たちとのこと。奴らは、俺たちにとっても長年の宿敵だ。面白くなってきた。
さて、そうと決まればこんなことしてる場合じゃねえな。ずらかるとするか。
さて、後はこのじいさんをどうするかだが…


242 :七瀬彰:2000/11/22(水) 22:02
♯月σ日 雪
 この地に、長瀬源之助……遠縁の祖父がいる。
 例の祐介君も事件がどうとかでここへ来ているらしい。だが、そんな事は大した問題ではない。
 僕が必要なのは、源之助さんの力……死者をも蘇らせる魔法の力だ。
 僕は、何が起きようともあの女性(ひと)を――美咲先輩を蘇らせてみせる。
 そのためには、何をしたって構うものか……!
 にしても冬弥……あいつも何らかの行動を起こしているだろう。
 僕が殺してやったあの女――由綺を蘇らせるために。
 だが、奴にそんな事はさせない。奴には、自殺して果てた美咲先輩の万倍の地獄を味あわせてやるんだ。
 そして、僕にはわかる……源之助さんがどこにいるか。奴には、そんな真似はできないはずだ。
 あの日……全てに絶望した時身につけた能力。目的のモノを探知する能力。これで、悲願を達成してみせる。
 美咲先輩、もう少しで貴女に逢えるんですね……

243 :立川:2000/11/22(水) 23:28
6月28日
 携帯を手にとってメールを送ってみる。
 アドレスは普段送っている奴なのですぐに分かった。
 とりあえず「あなたの事が大好きです」と打ち込んでおく。
 返事が来たら、住所を聞き出してこっちから訪問してあげよう。
 相手は漫画家らしい・・・楽しみだ。

 待ってろよ、かずきくん。

 妹の代わりに十二分に楽しませてやるからな。

244 :マルチ:2000/11/22(水) 23:40
#月ρ日
とぉぉぉぉぉぉりゃぁぁぁぁぁぁぁっっっ
ボグッ…バキッ…グシャッ
もう何人目になるのだろうか、遭遇したパンピーを撲殺し終え一息つく。
少しモーターが熱くなっちゃいましたね。ひとまず休憩です。

芹香様より「決戦の際には一般人は邪魔でしかないので適当に片付けてきて」
との命を受けました。
で、こうしてお掃除してまわっているんです。
強力な敵に遭遇した時の為の追加装備もあるんですよ、すごいです〜
目からレーザーとか、超超小型レールガンとか…etc
でもやっぱりお気に入りなのはこの愛用のモップですね〜
研究所の方にちょっと手を加えてもらってますけど。
え〜と、ヒット時に先端部から重力震が発生して対象物を圧壊させ……
あう〜っ、難しいことはよく分からないです〜

む?誰かこちらに来ますね
モーターの熱も下がってきたしそろそろお掃除再開です
でりゃりゃぁぁぁぁっっっ

245 :太田香奈子:2000/11/22(水) 23:55
♯月σ日 雪
 やれやれ。いくら月島さんのためとはいえ、来るんじゃなかった。
 着いた初日から羽つきの化け物と命の取りあい。そして今度は、
 この地を騒がす元凶に肩入れする振りをして、双方を疲弊させ、大惨事を食い止めねば
 いけないらしい。私が脳に直接命令を下し潜在力を全て引き出せるようになるまで
 修行したのはこんな事のためでは無い。やれやれ。
 差し当たって急がなければいけないのは双方の代表格、柏木耕一と天野美汐を弱らせる事。
 この二者が動きを取れなくなれば、残った協力者達は迷走し利己に走り潰し合う事だろう。
 長瀬のじいさんもなかなかの策士で、鬼一族の主力・柏木千鶴とかいう女を治療して恩を売り、
 そしてはっきりとは抗争に荷担せず、双方のパワーバランスを上手く調整していくつもりらしい。
 最も、じいさんの身も危険だ。私や瑞穂、月島さん達が護衛しなければいけないだろう。
 そして新たな問題・魔族騒ぎは長瀬くんと新城さんが二人で捜査を続けるらしい。ご苦労な事だ。
 さて、もう寝るとしよう。


246 :天野美汐:2000/11/23(木) 00:17
皐月桃日
あれを入手するため彼処に行こうとしたところ、当の目的地から連絡があった。
至急来いと言う。奇遇だな。わたしも用があるんだよ…
総本山に着く。着いた早々、大僧都のお出迎えだ。隣には茜の姿も。
大僧都が云うことには、わたしの無差別殺戮行為、そして何より禁忌である
大禍神人、神奈を降魔したことが、最早破門どころでは済まないことになっている…
それはそうだ…呪いと禍を振りまく神人。その力がどういうモノか、考えずとも理解る。
茜が云う。一刻も早いお前の改心、そして神奈の帰還を望む。さすれば封印50年で済ませられると。
そこで私はこう言った… わたしの、鍵を返して貰う…
 法術士になる前、大僧正深雪こと雪見が、わたしの心を覗いて或る物を見つけた。
 常人とは比べ物にならない、巨大な「負」を。
 通常であれば人間の「情」に依り、外に現れるのは僅かな量であるという。
 けれど法術を会得するに当たり、念のため危険なそれを施錠しておいたらしい。
 このことは神奈を降ろした際に、知ることとなった。
 だが施錠も無駄だった。わたしの心の奥底では、負が徐々にしかし確実に大きくなっている。
 ならば最早封ずる必要もあるまい。一気に解放すべきだ。そうすれば…もう辛くない…
わたしの真意を知った大僧都は、大勢の僧兵にわたしを囲ませた。茜も中にいる。にじり寄る僧兵達。
瞬間、わたしは周りに無数の結界を放つ。死にはしない。わたしの…最後の情だ。
哀しそうな友人の視線を振り切って、地下にある鍵を取りに行った。大僧正が居ないようだが…まぁいい。
それに時間もあまり無い。神奈の力は負そのもの。今のままでは、わたしの心が耐えられないだろう。

さて…鍵を…開けようか…

247 :詠美ちゃんさま:2000/11/23(木) 00:22
ちょっと! ちょっとっ! ちょっとおっ!!
くいーんであるこのあたしのために働いてくれているお魚さんによると、
お魚さんたちのかみさまがふっかつするために、
くもつになるにんげんが集まりだしてるんだって。
せいしんがどーだとか、英語の話はあたしにはわかんなかったけど。

さっそく、ポチやしたぼくを連れて、詠美ちゃんさまのご登場!
こみパであたしの本を読んだぱんぴーも、たこの神様のえいきょーを受けてるから、
ここにいるおばかな連中をくもつにして、
こみパのおたくたちのせーしんえねるぎーをぞーふくするんだもん。

でも、おとなしくくもつにはなってくれないみたい。
なんか、ろーかるなぱわーが邪魔してるのよ。
ちょおーっ、むかつくーっ!
ふんぐるい・むぐるうなふー・くとぅるー・るるいえ・うが=なぶる・ぶたぐん!
たこの神さまがふっかつすれば、このあたしが世界のくいーんだもんね!
詠美ちゃんさまマンセー!
……マンセーって、どういう意味だったっけ? 

248 :名無しさんだよもん:2000/11/23(木) 00:53
あまりタコの神様の世界には踏み入って欲しくない・・・違う方向にいきそう
だから。詠美ちゃんさま参戦は嬉しいけど。

249 :247:2000/11/23(木) 01:04
>>248
ゴッドハンドの例があるんで、起動は踏み外しませんよー。
オーガスト・ダーレス説なんで、たいして強くないですし(w

250 :七瀬彰:2000/11/23(木) 01:05
#月ρ日
 一体どうなっているんだ……
 緑髪のメイドロボ……あれは叔父が開発した「マルチ」とかいう奴だ。
 それが、なぜ僕を襲ってくる?
 剣を持った変な女の子が乱入してきて「早く逃げた方がいい」と言って、
 逃がしてくれたからよかったが、あの剣呑な武装をしたマシーンが相手では、
 戦闘力の無い僕では数秒で肉塊にされるのがオチだ。あの女の子に感謝しなければ。
 しかし、こんな事で挫けてはいられない。そうだ。僕は美咲先輩を……
 負けるモノか。

251 :しかもメガテンで…:2000/11/23(木) 01:06
うがっ。クトゥルーはほとんどしらん…神の名前だけだ…
アザートス、ヨグソトス、ニャルラトホテプとかいたっけ…

252 :柳川祐也:2000/11/23(木) 01:07
♯月◇日 吹雪
 やっと、理性がかろうじて戻ってきたようだが、まだどことなく気分が悪い。
 いくら、エルクゥの末裔とは云え無理をするものではないと痛感する。
 寝ずに156時間ぶっ通しで勤務をやっている内に、現実が認識できないほど精神
がやられていたらしい。人間だったら絶対にこれだけじゃあすまないだろうな。
 ただでさえ、入院してから2日で精神が回復するなんて異常だと医師に云われた
ぐらいだからな。

 しかし、沢渡が麻薬の仕入れを行い、倉田と取引を行ったのはほぼ確実だ。
今回は武器の密輸はないものの、今後も注意が必要だと本部に伝えておく(ついで、
取引の現場を押さえた写真を本部に送付した)。
 本来なら逮捕状を即申請して逮捕、と踏み切りたい所だが、今回はいささかやり
にくい状況になっているようだ。

 先程、長瀬警部と話をしていたのだが、どうもものみの丘を中心とした区域に
妖孤を狩らんと法術師や魔術師が集結している様子なのだ。あの沢渡も妖孤なので
今回の争いに関わる公算は大だと思われる。魔術が関わってくると、俺だけならま
だしも、一般の警官の手に負えるものではない。
 あの近辺にはとてつもない瘴気が漂っていたからな。
 しかも、俺も精神がまだ回復しきっていないのでエルクゥの能力を出すのは非常
に危険だ。静観しておくことにする。
 しかし、今回の騒動に殺人で指名手配中の七瀬やFARGO内ゲバ事件の中心人物
の天沢、さらには、中国や中近東での宗教テロ事件の黒幕の来栖川までも関わってい
るというではないか。まったく豪華な面子だ。
 しかし、こいつら極悪人どもを警察はのさばらせるつもりかと思えば、既に桜田門
から5000人ほどが現地に送り込まれたという。しかも、公安やICPOまでも乗り込
んできているという。奴等をどうにかして小菅送りにしようと必死のようだが、当面
は行動には移さない様子だ。
 とにかく、とんでもない大騒ぎだ。

 気に掛かるのは柏木一家までもこの騒動に乗り込んだということだ。まったく命知
らずな奴らだと思ったら、早速この病院で長女の千鶴とばったり出会う。
 彼女曰く、今回の大騒動でゴッドハンドに手負いにされたとの事。現に何とか動け
るようにはなったらしいが、あと1週間は車椅子でいなければいけないという。
 本当にとんでもない事になった。
 この騒動にはあまり首を突っ込まない方がいいと云う気がしてきやがった。

 とりあえず、後で貴之に後数週間は帰れないことを伝えて置こう。寂しがるだろう
が、精神が不完全な内に戻って彼を不幸にしてしまうよりかは遥かにましだと思う。
 そういえば、その際俺の携帯に一通のメールが入っていた。
 発信元はアドレスからみて中国かららしい。
 何だといぶかしんで開いてみると、

 『大なる結界は血と裏切りの果て、遠からずほころぶ』
 というメッセージが。一体誰がどんな意図で送ったのか? 意味は何なのか?
 まったく分からない。
 まあいい。時間はたっぷりあるんだ。じっくり考えてやろう。

253 :244:2000/11/23(木) 01:11
楽しそうなんで書いてみたけど文章力が皆無( ̄▽ ̄;
とりあえず伏線はってみたので誰か使ってやってください(他力本願

254 :247:2000/11/23(木) 01:13
>>251
それで十分ですよ、あとは雰囲気さえあってればいいんです。
だいたい、設定・ネーミング・解釈が作家ごとに違うくらいなんですから。
エロゲーにちょくちょくでてる設定だよな〜程度でOK!

255 :名無しさんだもんよ:2000/11/23(木) 01:14
>>253
別に悪くないよ。
俺、早速使わせてもらったし(藁

256 :名無しさんだよもん:2000/11/23(木) 01:18
>>256
心配無用。わかりやすく伝わっております。
漏れも使わせてもらうので、今後もネタ振りよろしく。
楽しみにしてるよ。

257 :椎名繭:2000/11/23(木) 01:20
>>256
じばくしてる。うくー

258 :256:2000/11/23(木) 01:20
自レスしてしまった…。
本当は>>253のつもりだったのに…。
宇津田。逝ってきます…。

259 :上月澪@256:2000/11/23(木) 01:22
『あのね』
『繭ちゃんに笑われちゃったの』
『宇綱の』
『逝ってくるの…』

260 :238:2000/11/23(木) 01:25
臆病でゴメン。こんな感じの日記でも良いかな?(森川由綺のやつ)
ついでに239名前間違えた。
ネタがある限り書いてみたいけど、いい?

261 :長谷部彩:2000/11/23(木) 01:51
♯月◇日 吹雪

………詠美さんに連れられてやってきましたが……予想以上です……
………こんなにも禍禍しい街は始めてです……
………リチャード・アプトン・ピックマンを師とする私には……最適……
………雪の降る街に繰り広げられる地獄絵図………楽しみです……
………純白の雪が朱にまみれて……綺麗だと思います……
………国家権力も動いているようですが……
………警官のなかにも大いなるCをあがめる人間がわからないんですね………
………可哀相に………
………さて………詠美さんの指示通りに……
………この街により一層の混乱をもたらすべく……動きます……
………フングルイ・ムグルウナフ・クトゥグァ・フォマルハウス………

262 :名無しさんだよもん:2000/11/23(木) 01:58
>260
面白かったので続き希望。
理奈人形とは・・・羽美ちゃんですかい(笑)


263 :長瀬源之助:2000/11/23(木) 02:14
♯月◇日 吹雪
 ふう……まあ多少不備な点はありましたが、大体の仕込みは終わりました。
 後は戦力不足な妖狐軍団をバックアップし、双方の戦力を限界まで削ればOKです。
 最も、あの柏木くんのところの三女――楓さんは私をクサいとみているようですから、
 気をつけませんと。まぁ、見え見えの恩着せとはいえ千鶴さんを治癒して差し上げたのですから、
 そうすぐに殺しにかかってくる事は無いでしょう。彼女らにとっても私の魔法は必要なはず。
 しかし……やはり年寄りの冷や水でしたかね。治癒のような大がかりな魔法を使うと反動が激しいです。
 しばらくは月島くん達に任せて、私は頭脳労働に徹しましょう。
 全てが良い方向へ行く事を願って、床につく事にします。


264 :ルミラ・ディ・デュラル:2000/11/23(木) 02:24
血が凍る月の鮮血の日 吹雪
 何年ぶりかしら、この世界は。
 喚びだしてくれたあのセリカとかいう小娘に感謝ね。後で血を吸ってあげなきゃ、フフ。
 役立たずの下僕どもまで一緒にきたのはまぁ辟易だけど、今更こいつらと別れる事も
 できないだろうし、まあ我慢するしかないわね。
 それにしても驚いたわ。人間が支配するこの世界が、ここまで人外の気で満たされているとは。
 エビルなんて珍しく舌なめずりなんてしてたわね。これは、数千やそこいらの人死にじゃあ
 すまないって事でしょうね。フフ。
 とりあえず、襲ってくるカス魔族を片付けて遊んだ。はっきり言って暇つぶしにもならない
 相手だ。肩慣らしほどの役にも立たないわね。
 ふぅ、これから面白い遊びを見つけたい……所だけど、契約者のセリカの言う事も
 聞いてやらなくてはね。やれやれ、何をやらされるのかしらねぇ。

265 :238:2000/11/23(木) 03:04
>>262
感想ありがとー。これ自分の中ではかなり自信なかったんですよ。
最初の方の日記を目指してみました。羽美ネタはやっぱりインパクトですかね(w
書き手の愚痴なんぞうざいだけでしょうから、もうこういったものは書きませんが
ネタ思いついたら、日記は又書くと思います。形式変わるかもしれませんけど。
でも期待しないでいて下され。

266 :沢渡真琴:2000/11/23(木) 03:51
♯月◇日 吹雪
真の覚醒の日が、刻一刻と近づいているのが判る。
最強の妖孤「九尾」たる私の力は、完全復活の暁には鬼すら一蹴するであろう。
しかし、宿敵・天野も急激に力を増しているようだ。
先ほど高野の方角からとてつもない気を感じた。今しばし、時間稼ぎをせねば…
幸い、状況は混迷の度を極めている。来栖川の奴は天野=倉田とは独自に何やら目論んでいるみたいだし、
電波使いへの工作は不調に終わったものの、どうやら敵に回ることはなさそうだ。
気になるのは邪神召喚を目論む連中だが…まあ、あいつら程度の魔力では大した存在は召喚できまい。
警察も大々的に動いているようだが、事ここに至ってはもはや関係ないな。
まあ、いざとなったら俺には切り札があるからな。そう、あの化物を復活させるという…

267 :月島瑠璃子:2000/11/23(木) 04:20
♯月σ日 雪
くすくすくす…ここは面白いね…
長瀬ちゃん達は、事態を収拾しようと一生懸命。でも、そんなのつまらないよ。
もっともっと、憎みあって、殺しあってもらわないと…
だから私、飛ばしてるんだ。負の感情を煽る電波を。この街のみんなに届くように。
お兄ちゃんが狂気に犯されつつあるのがわかるよ。私に一番近しい存在だからかな。
くすくすくす…長瀬ちゃんもいつまで理性を保てるかな…
みんな壊れちゃうと面白いのにね…


268 :名無しさんだよもん:2000/11/23(木) 04:23
>今回の騒動に殺人で指名手配中の七瀬や
ONEの七瀬かと思ってワラタよ。間違いだと気づいたけどね。

269 :一書き手:2000/11/23(木) 04:27
なんというか、もう日記じゃねえよな(w
どう言うんだ、こういう形は?

270 :名無しさんだよもん:2000/11/23(木) 04:30
>269 電波スレ

271 :名無しさんだよもん:2000/11/23(木) 04:36
邪悪なる独白

272 :佐藤雅史:2000/11/23(木) 04:36
畝月我日 晴
「ファンタシースターオンライン」発売決定。
気が狂うほど驚喜。
今から電話代破産が心配だ。
まあ、いざとなったら志保でも売り飛ばすかカニバサミ女に貢がせれば良いか。
にしてもカニバサミってどういう意味だろうな。本命の浩之がそう言ってたから僕も使ってるけど。
ああ…、浩之。今宵もまた君の事を思い出してしまったよ。そういえば昼間の君は……

最近電話がつながりにくい。どういうことだろう? 発売までに修復されてくれればいいが。

273 :>269:2000/11/23(木) 04:36
んー、おもしろいからいいすよ。はみだしメモリアル。

274 :漏れも書き手だけど:2000/11/23(木) 04:38
ほら、オカルト・ホラー小説では日記とかの形式の文章ってよくあるじゃない。
「…あれはなんだ! 手が、手が…!」みたいな、
そんなの書いてる間に逃げろってやつ。


275 :名無しさんだよもん:2000/11/23(木) 04:42
>>274
最後の一文にウケタ。

276 :名無しさんだよもん:2000/11/23(木) 04:46
とりあえず提案だけど、
現在進行中の伝奇風のやつ → 日付を「♯月σ日」みたいにする。
本来の裏側日記風のやつ  → 日付を「11月23日」みたいにする。
>>238-239>>272みたいなの)
という風に使い分けるのはどうでしょう?

277 :名無しさんだよもん:2000/11/23(木) 04:51
まあ、なるようにしかならんでしょ。
無理してルール決めなくてもいいんじゃないかい。

278 :名無しさんだよもん:2000/11/23(木) 05:00
裏側日記は、ゲーム本編の裏側なので
日付があるとネタが分かりやすくなるのでしょうよ。
伝奇だが、俺のはほとんどネタだからなぁ。黙殺されてるみたいだけど(泣

279 :名無しさんだよもん:2000/11/23(木) 05:05
>278
別に黙殺されてないと思うけど…

280 :川澄舞:2000/11/23(木) 05:06
γ月δ日
 今日狐共を狩っている途中、今まで会ったことの無い奴に遭遇した。そいつは大きな2枚の
羽根を持ち、お話に良くある悪魔の姿をしていた。少しは出来るかと思ったが、全く
手応えが無く大いに落胆した。駄目だ…こんな雑魚共をいくら狩ったところで限が無い。
 でも今の私の力では白面の者と化した佐渡に対抗するすべは無い。この剣の為にも祐一には
犠牲になってもらわねば…。佐祐理の魔力を取りこむのはその後で良い。どうやって
祐一を誘い出すか…危険だが天沢郁未にコンタクトを取ってみるか。

281 :名無しさんだよもん:2000/11/23(木) 05:07
>>279
いや…日付のことなんだが…

282 :長岡志保:2000/11/23(木) 05:16
♯月σ日 雪
ちょ、ちょっと、一体ど〜なってるのよ、ここは?
あかり姉さんの後を追いかけて、雅史と一緒に来てみたのはいいけど、
肝心の姉さんは見つからないわ、いきなり雪は降ってるでサイアク。
しかたないんで宿を捜してたら、翼を生やした黒いバケモノを発見したのよ!
もう、スクープって感じで写真とったんだけど、ストロボに気づかれて追いかけられたワケ。
さすがのあたしも、必死に逃げたわね〜。もう、死ぬかと思ったわ〜。
でも、そのバケモノ、アタシにしか気がまわってなかったらしく、
後ろから来る半漁人に襲いかかられたの!
そのありさまといったら、むちゃくちゃグロかったわよね〜。
バケモノと半漁人が食いあってる間になんとか逃げられたんだけどさ、
いくらトクダネ連発とはいえ、こんな体験ばっかりじゃ身が持たないわ〜。

あ、あれ? 雅史を置いてきちゃったみたい!? ヤバ……

283 :名無しさんだよもん:2000/11/23(木) 05:22
>282
半魚人ですな……
それだと、半農半漁の半漁だよもん。

284 :霧島聖:2000/11/23(木) 05:40
♯月◇日 吹雪

やれやれ、面倒なことだ。
警察と公安の合同特別対策室きっての依頼で深夜この街に潜入したはいいものの、
駅前からしてすでに低級魔族やできそこないの怨霊どもが飛び交っている。
まるでお話にならないレベルの相手だったが、どうも数が多い。
これは複数の人間が儀式を行っているな。ち、邪教徒共め。

この騒動の中心にはあの悪名高い天野美汐、妖狐沢渡がいると聞いた。
その上電波使いに柏木一族、通り魔殺人の容疑をかけられながらも
迫真の演技で無実を勝ち取った(とんだタヌキだ)神岸あかり…
その他にも倉田佐祐理、来栖川芹香、大庭詠美、七瀬彰など
リストアップされた奴らの豪華さに思わず苦笑が漏れる。
事前の情報収集だけでも相当な時間を費やしてしまった。

それになんだ、先程のあの──物騒なモップを持った手負いの自動人形は。
何者かに刃物でやられたらしく、漏電しながらも全力攻撃してきたので
メスを投げて動力部を完全に停止させてやった。
誰かが見つけてメンテに出さない限りしばらくは動けないだろうな。
いくら人外と言えど、あの手の突撃タイプは一撃目をかわせば勝機は充分にある。
しかし、教会での祝福儀礼を施し済みの銀のメスを見て怯えるとは……
どうやらあの自動人形の小娘も下賤な魔物共のお仲間か。
来栖川め、科学と魔力の融合とは面倒なことをしてくれる。
ふふっ、もっとも私の身体もすでに対化物用技術の結晶。
回復法術と細胞の自己再生能力を改造で身につけているのだから
他人のことはあまり言えないがね……

また、今回の仕事での同僚にあたる柳川君からのメールによると
天野はあの憎き翼人神奈を降臨させるだけの実力者だとか。
彼には悪いが、この情報を私に漏らしたのが運の尽きだったな。
おとなしく騒ぎの鎮圧などやっていられるか。
私は神奈をこの世から消すチャンスを逃すわけには行かない。
とはいえ、表向きは任務を遂行しなければ。
まずは柳川君と落ち合い、その後使えそうな奴とコンタクトを取るとするか。

待っていろ、佳乃。
お前を救うためならあの頃の身体なぞ惜しくない。
お前を羽根の呪いで苦しめている神奈は、欠片ひとつ残さず消滅させてやるからな。
望まれぬ翼人よ、チリはチリに還るべきだと思い知らせてやる…!

285 :倉田佐祐理:2000/11/23(木) 06:41
γ月δ日
ふえー、なんだか大変ですよーっ。
どうやら、グエンティーナの魔法姉妹はバッくれちゃったみたいですねーっ。
まったくのお馬鹿さんですねーっ。あの娘たちも「力あるもの」である以上、
この街から逃げきれるわけがありませんのにーっ(ニヤリ
しかし困りました…。天野さんは修行に行ったまま帰ってこないし、
来栖川さんは何を考えてるのかよく判らないし。ふぇー、どうしましょう。
舞の動向も気になります。どうやら密かに祐一さんを狙ってるみたいですねーっ。
身の程知らずも甚だしいですねーっ。祐一さんの「力」は私のものですよーっ(ニヤリ
天沢さんに接触しようとしてるみたいですが、そうはいきませんよーっ。
もし私を裏切る気なら、死を以って償ってもらいますからねーっ(ニヤリ
ま、いざとなったら、密かに抱き込んでおいた鹿沼葉子さんの出番ですか。
天沢さんよりは落ちるとはいえ、「不可視の力」の持ち主。役に立ってくれるでしょう。
さて、それでは異界の勇者の召喚の続きに取り掛かりますか…

286 :名無しさんだよもん:2000/11/23(木) 06:41
>>276
なるほど。分類は確かにしておいた方がいいっすね。漏れは同意。

287 :名無しさんだよもん:2000/11/23(木) 06:47
状況整理がおっつかなくなってきました。
ぎゃふん。

ナイト雀鬼未プレイでルミラ様とやらの活躍が分からなくて寂しい…

288 :名無しさんだよもん:2000/11/23(木) 07:09
>287
多分、殆どの住人が「ナイト雀鬼」は未プレイだと思う。
ただ、ルミラ様御一行は「Leaf FIGHT 97」(「さおりんといっしょ!」収録)
で大活躍なので、できればプレイしておいたほうがいいかも。安いし。
この企画の雛型でもあるわけだし。

289 :288:2000/11/23(木) 07:12
当然、「さおりんといっしょ!」は「初音のないしょ!」の間違いです。
シャーペンにこだわらなければ安価で手に入るでしょう。

290 :名無しさんだよもん:2000/11/23(木) 07:24
>>388
恥ずかしながら葉初心者なもので、
初音のないしょは店頭で見かけたことないんだが…
ありがとう、人生初の中古屋巡りをしてみるよ。
やはりアキバか…

291 :天沢郁未:2000/11/23(木) 08:06
#月η日 空が見えない
強い力が更に強大な力を呼び寄せている。
いまや日本各地から全勢力がここに終結してきているな。
誰と相対してしていても選択肢を一つ間違えると追い落とされそうだ。
いくら低級な化け物どもが私の相手にならないとはいえ、一時の油断も許されない。
それにしても食えないのは沢渡真琴だ。
一緒に動いてみて分かったが、あいつは次から次へと奥の手を用意してきやがる。
敵に回さなくて良かったとはまさにこのことだな。

そういえば、敵側であるはずの川澄舞から連絡が入った。
何の目的かは知らないが相沢祐一と話がしたいから連れてきてくれとか。
「いくら積んでくれる」と聞いたら「天使のブタさんのオルゴールじゃ駄目か」ときたもんだ。
結局私が納得できるだけは出すと言ってきたのでOKしてやった。
これはやはり沢渡真琴はもちろん、柏木一族にもバレないようにやらねばなるまいな。
相沢祐一なら・・・力を使って月宮あゆを操作するか・・・


292 :霧島佳乃:2000/11/23(木) 09:38
#月η日 すんごいくもり

朝起きたら、お空が黒っぽい灰色になってたよぉ。
この町にもあの「ちから」の余波がきてるのかなぁ…
お姉ちゃんが居る、あの雪の街からの波動、あたしもびりびり感じるんだぁ。
緊急の往診だ、って出ていったけど、そんな嘘あたしにはお見通しだもんねぇ。
うふふふ、お姉ちゃんが家中に仕掛けた小型ビデオカメラと盗聴器が
こぉんな時に役立つなんて思わなかったよぉ。
ひとりでえっちするときに恥ずかし気持ちいい、だけじゃなかったんだねぇ。
さぁて、あたしもそろそろでっぱつしようかなっ。
羽根のちからですんごい魔法を使えるようになったんだもん、
もう誰にもあたしを要らないシナリオキャラだなんて言わせなぁい。
それにしてもお姉ちゃん、「翼人、調伏してやる…」なぁんてギリギリしてたけど、
呪いなんてそんなんフカシに決まってるのに、こっどもぉ。
はぁ、ほんとにマジヤブなんじゃないのかなぁ?
これだから副業でしか稼げないんだよぉ…
いい加減、受け受けで頭の足りない妹ぶるのも疲れちゃうよぉ。
それでもお仕事助けてあげるんだから、あたしってやさしいよねぇ。
そのぶん、しっかり夜も満足させてもらうけどっ。
面倒なタチばっかやってもらっちゃって、ご苦労なこったってやつぅ?

……ふぅ、日記書いてないでとりあえず行かなくちゃぁ。
スタンド白穂つき犬神使いの佳乃りん、いっきまぁぁぁす〜!

293 :相沢祐一:2000/11/23(木) 15:50
日付なんてどうでもいい

久しぶりに目が醒めると、隣で寝ていたはずのあゆの姿が無い。
慌てて家中探すが、どこにも見当たらない。外に探しに行くことにする。
一体、何日ぶりの外出なのだろうか。記憶に靄に包まれているようで、よくわからない。
いつの間にか街の雰囲気が一変しているが、そんなことはどうでもいい。
俺は何かに導かれるかのように、森へと分け入っていった。
そして森の奥深く、大きな切り株のところにうつろな目のあゆがいた。
駆け寄って抱きしめると、表情に生気が蘇り、俺に抱きついてきた。
あゆも、何故ここにいるのか全く記憶がないようだ。何者かに操られていたのかもしれない。
と、木々の間から、雪を踏み分ける音が聞こえてきた。
振り向くと、そこには抜き身の剣を携えた舞の姿があった…

…その後のことはよく覚えていない。
気が付くとそこは俺の部屋のベッドの中で、隣ではあゆが静かな寝息をたてていた。
何か、白く光り輝く翼のようなものを見たような気がするが、そんなことはどうでもいい。
俺は、いつまでもあゆと一緒に居れさえすればいいんだから…

294 :相沢祐一:2000/11/23(木) 16:25
さっき名雪のパンティでオナニーした。
裏返して、少し黄色くなってるところをゆっくりと顔にかぶせる。
なまぐさい匂いでチンポはビンビン。
もう1枚のパンティをチンポにかぶせ、汁を染みこませながら
センズリ。
イク寸前に思いきってパンティを舐めまわす。しょっぱい味に興奮、放出。
チンポを包んでいたパンティにたっぷりザーメンをしごきだす。

出したザーメンを洗濯済みのパンティに塗りたくる。
自分のやってることに頭がクラクラするほど興奮。

もちろん名雪は何も気づいていない。

295 :桜井あさひ:2000/11/23(木) 17:01
Ω月♪日 乱れ雪月花

ハートフルカフェの公録とは言え、こんな僻地に
飛ばされなんて…思いませんでした。

やっぱり、あれは、その、ディレクターさんとそういう事を
しなきゃ駄目だって…求められていたっていうことだったん
でしょうか。
でも…あたしの中のたくさんのあたしがそれを拒めって、
そ、で  い■          ■・殺g〜は りg
ee■■  ■い・   f4#■$
姦36hh

──というか、あさP【あさひT】も誘いを体よく煙に巻くだけの
処世術くらい心得てほしいものだ。
それにしてもあの三流ディレクターめ、声優アイドルという
だけで人をなめまわすような目で見つめ、いやらしい事この上ない。
お前がかつて弄んできた尻軽の下等アイドルどもと違って、私の
一言は秒単位ですらお前らの年収以上の金を捻り出す価値があるんだ。
今や死ねと命じれば喜んで命を捧げる輩は世界中にいることだろうよ。
(でも、あの粘着質の視線はそれはそれで興奮する。
今夜はたっぷりとひとり愉悦に耽ることにしよう)

でも、ここはここで、こみパなどよりずっと面白そうなイベントが
起こってるようだ。
先ほども、この人格の時にヤンチャな『子猫』が絡んできたので
軽く魔界に還してやった。
ルミラ様とか鮎塩とか勝手なことをほざいていたが、
愚か者め、あさひやモモならいざしらず、貴様が魔である以上
は敵にもならない。
この封印の御子・ピーチ【あさひ[】の前には魔王でさえ抗えぬわ。

296 :鹿沼葉子:2000/11/23(木) 17:46
#月η日 曇天
新しい依頼主、倉田佐祐理から連絡があった。川澄舞と相沢祐一の接触を阻止せよとのこと。
とりあえず水瀬家まで出向くと、月宮あゆの姿が。操っているのは…げげっ、郁未か!
今、裏切りを知られるのは極めて不味いので、とりあえず静観する。
事態は郁未の目論見通りに進展し、川澄舞まで現れやがった。
いくら私でも郁未と川澄舞の二人を相手にできるわけがない。運が悪かったな、相沢祐一。
ところが、川澄舞が相沢祐一に襲い掛かろうとした刹那、爆発的な力によって川澄舞は弾き飛ばされた。
相沢祐一の前に立ちふさがる月宮あゆの背中に、巨大な光り輝く翼が見える。これは…「天使」の力か!!
同時に郁未も、最大出力の「不可視の力」を飛ばすが、それも月宮あゆにたどり着く前に霧散させられる。
そして見えない力によって、巨木に叩きつけられる郁未。おいおい…マジかよ…
そして辺りに閃光が走り…気が付くと月宮あゆと相沢祐一は消えていた。
とりあえず止めを刺す絶好のチャンスと思い、郁未の姿を探すが、流石は郁未。いち早く逃げ出したらしい。
川澄舞もいつのまにか姿を消している。この判断の速さは「魔を討つもの」の名に恥じないというべきか。
しかし驚いた。あの二人の戦闘能力は、この街に集いし「力あるもの」の中でもトップクラスのはずだ。
その二人をこうも容易く退けるとは…
倉田佐祐理、川澄舞、沢渡真琴、水瀬名雪、そして封印されし水瀬秋子…
この街の「力あるもの」たちが揃って、普通人に過ぎない相沢祐一に執着する理由は、
どうやらこの辺にありそうだな。しかし面白くなってきた。
月宮あゆも「力」を制御できているわけではなさそうだし、
この力を手に入れるのが、私であっても何ら問題はあるまい…

297 :天野美汐:2000/11/23(木) 18:59
日付…そういえば、どのくらい寝ていたか聞くのを忘れた…

頭痛がひどい…
目を覚ますと布団の上に居た。自宅ではない。総本山の一室だ。
確か私は負を開放したはずだが…それにしては、変わったように思えない。
部屋に茜が入ってきた。相変わらず無愛想の見本のような顔をしながら、枕元に坐る。
そして静かに語りだした。
鍵を使う直前大僧正、つまり雪見が阻止した事…(頭痛はその時のものらしい)
取り敢えずわたしへの罰を、無期限延期する事…
雪見が現在、神奈によるわたしの心の侵食を防ぐ為、堂でずっと念を送り続けていること…
わたしは聞く。どうしてそのままわたしを封印しなかったのか。何故神奈を帰還させないのか。
初めてこちらを見て、茜は言った。「九尾」の覚醒が迫っている…と。
 沢渡真琴は、只の妖狐ではなかった。その力、悪魔にも匹敵するといわれる、古の物の怪
 九尾であった。わたしが遊びで殺滅してきた物の怪とは、桁違いの存在だ。
 九尾の覚醒が近まったので、神奈も降ろしやすくなったそうだ。
 そういえば善神人だった神奈が、大禍となった原因が九尾だったっけ…そうでなくてはたった一人で
 しかも二日間だけで降ろせるような代物ではない。その事に気付かなかった程、わたしは浮かれていたのだ。
 神奈の全ての負の矛先は九尾に向いている。九尾の匂いに引き寄せられていたのだろう。
神奈を降ろしてしまった今、わたしは対九尾戦での重要な武器になってしまった。
そう、もう選択肢はない。鍵を開けられない以上、このままではわたしが消滅する。
一人では帰還させられないし…大体九尾の匂いを嗅いだ神奈が、大人しく帰還してくれるとも思えない。
九尾の殺滅…か。それにわたしも闘いを欲していたところだ。頼まれなくとも闘っているだろう。
茜が付け加える。九尾覚醒の暁には、数多の高位法術僧、法術士が闘いに参加する。
けれども未だ準備がままならない。わたしが先に混乱している現地に戻り
情報収集や、増えつつある低級妖の掃討、そしていざというときは先陣を切って欲しい…

再び眠りに落ちようとするわたしを気遣い、部屋を出ていく茜。襖を閉める前にぽつりと言った。
久しぶりです…美汐と一緒に闘うのも…
意識が消える間際、わたしは微笑みで答えた。

298 :名無しさんだよもん:2000/11/23(木) 19:47
<294
いいぞぉー、その調子で次は栞ネタきぼーん。

299 :柳川祐也:2000/11/23(木) 19:54
♯月γ日朝 吹雪
 今日も相変わらずの吹雪だ。
 今し方、昨晩から始めていたものみの丘を中心とする半径10キロの区域の
封鎖が完了した。以後、この区域には誰も立ち入れないことになる。
 該当地域の住民も大多数避難した模様だが、ほんのごくわずかだが逃げ遅
れた者がいるらしく、本部は今後も奴等に勘付かれない様に捜索活動を行う
との事。

 さらに困ったことには、興味本位で自らの危険を顧みずに閉鎖区域に侵入
する輩がいることだ。昨日早速、区域内で数人の男女を確保したという知ら
せが入る。何でも大庭詠美とかいう自称漫画家とその読者どもらしい。
『こみパのおたくの精神エネルギーを増幅する』などと、訳の分からないこ
とをほざいていたという。当然ながら、本庁の面子は烈火の如くに彼女らを
叱り飛ばして、隣県の警察署の留置所にブチ込んだという(もっとも、腹い
せも兼ねてガキ相手に15時間も怒鳴り散らす本庁も本庁だが)。
 あと、長岡志保とかいう高校生も確保したとも聞いている。
 一つ騒動が起こると、変な奴等が集うのだから困る。
 しかも、大庭に同行していた長谷部彩という女や、長岡に同行していた佐
藤雅史という男が行方不明というのだからタチが悪い。区域内の監視を行う
だけでも大変なので、こんな阿呆どもの相手をしている暇はないというのに。

 兎に角、区域内での行方不明者は6人になる。
 来栖川綾香、藤田浩之、月宮あゆ、相沢祐一、そして佐藤雅史に長谷部彩。
 しかし、気になることが一つ。
 先程、同じ病院で入院している久瀬という男や、知り合いの見舞いに来た
というたいやき屋の男が、相沢と月宮がどうやら水瀬家に監禁されていると
いう事を聞いた。事の真意はまだ不明だが、本当なら余計に厄介なことにな
る。水瀬家の当主、水瀬秋子といえば最重要危険人物として公安庁に目を付
けられている筈だ。もっとも、ただそれだけしか分からないが(というのも、
詳細なデーターは機密扱いになっており、本庁の人間でも見ることが出来な
かったのだ)。だから余計不安なのだ。
 そういえば、霧島の妹が俺の所にやって来た。話を聞くと、姉の手伝いを
したいらしく区域内に入りたいという。
 ここで警察官としては、無理にでも家に帰す所だが、彼女はどうやら本気
のようだ。(大庭みたいな迷惑な連中とは少なくとも違う)。
 とにかく、俺には許可をやるか否かの判断は出来ない。運のいいことに、
霧島が夕方にここにやって来るので、彼女の妹にはこの病院で待っておく様
に云っておいた。一応は承諾したようだが……。


300 :清水なつき@カンボジア:2000/11/23(木) 19:57
♯月β日 晴
 人間は理性的動物だ。それ故、常に合理的行動をとる筈だ。
 だが、感情というものがある限り、この命題は常に成立するとは限らない。

 倉田佐祐理という女はどこまでも莫迦な女だ。奴は自分は理性的で有能な魔
女だとうぬぼれている。故に、相沢祐一とかいう男の存在ゆえに感情を暴走さ
せてしまっている本当の自分に気付かずに、自ら死という永遠の世界への扉の
ノブに手を掛けようとしている。自分の実力と、将来自分に降りかかるであろ
う危険の度合いを見極めようとしていない。正に非合理であること極まりない。
 そして合理的行動を取ったスフィーとリアンを「彼の地から逃れられない」
などと嘲笑っている…。最早救いようが無い。
 んなわけないだろうがと突っ込んでやりたいぐらいだ。
 姉妹はすでに彼の地にいることが非合理と判断した故に、彼の地を見限って
いる。非合理である以上、例え彼女らが「力ある者」であっても、彼の地に戻
る理由も利益も無い。分かりきったことである筈なのに、やつは理解できてい
ない。

 先日、全世界の観測者の川名みさきから電話でその事を聞いた。
 もっとも、天野美汐や川澄舞や来栖川芹香は正に非合理の塊と云っていいが、
それらの輩に奴が与していたとは正直云って驚きを隠せなかったものだ。

 だが、それだけだ。
 奴に与するのはおろか、彼の地に出向こうという気もさらさらない。
 例え、かつて奴の面倒を見てやった仲であってもだ。
 非合理な奴に興味はないからだ。
 むしろ、彼の地での愚考をここクメールの地から観察しようと思う。

 非合理な人間には興味が無いし、それは醜いとしか言いようが無い。
 ただ、観客として観察するには十二分の価値がある。
 そんな非合理を反面教師として、合理的行動を行うために。

 そういえば、先日露店を漁っていたら、「ものみの丘の因果律」という本が
出てきた。結構古い本で、見た限り江戸の前期に日本で記された書物だ。
 主曰く、江戸の時勢にやってきた日本人によって持ち込まれたというが、そ
んな事はどうでもよい。適当に中を見ると、どうやらものみの丘の狐にまつわ
る災厄に関して記されていた。気を惹かれたのは、その災厄が今、正に彼の地
で行われようとしている愚行とよく似た事例が記されていたことだ。
 まだ詳しく読んでいないので、事の顛末は不明だが、一読の価値は十分にあ
ると思う。今夜ここにやってくるスフィーや、さらには中国に滞在中の川名み
さきに見せてやろうと思う(って、川名みさきは読めないか……?)。
 クメールの地にたどり着いてはや2年――大きな発見だ。

301 :沢渡真琴:2000/11/23(木) 20:30
#月η日 曇天
高野山に忍び込ませていた我が眷属、七瀬留美より知らせが入った。
どうやら高野は本腰を上げて私の滅殺に乗り出すらしい。
しかし相変わらず動きが遅いんだよ。準備が整うころには私は完全復活している。
そうなれば法術師など、束になって掛かってこられても物の数ではない。
しかし、天野が神奈を降ろすのに成功していたとはな……
神奈か…。1000年前の闘いを思い出す。神奈の前に為す術もなく封印された屈辱を。
ま、こちらも最後の力でありったけの呪詛を浴びせて、神人たる神奈を大禍と変えてやったがな。
お陰で高野は、神奈を更なる呪詛で封印せざるを得なくなったわけだし、
後でそのことを知った時にはいささか憂さも晴れたものだ。
しかし、やはり恐るべきは天野只一人か…。「翼人」の力を行使されては、再び抵抗できない公算が強い。
ようやく復活できるというのに、又1000年も力無き畜生として過ごすのはまっぴら御免だからな。
幸い、憑代である天野が人間の器しか持たない以上、神奈の力を解放できるのは間違いなく一回限りだろう。
ということは、私と直接対決する前に、天野を神奈の力を使わざるを得ない状況に追い込めばいい訳か…
さて、誰をぶつけるかな…。天沢か、鬼か、それとも来栖川の計画に乗ってやるか…
いざとなれば奴の封印を解くという手もあるが、ま、これは最後の手段だな…

302 :森川由綺:2000/11/23(木) 20:58
11月30日
今日は俺の学校、悠凪大学で愕怨祭があった。
めんどくせーので行くつもりはなかったが、美咲先輩が来いと言うので
仕方なく行く。俺が行けば俺目当ての客が見込めるとよ。
ムカついたので、取り敢えず伝令の冬弥をボコる。
でもまあ、これも売れっ子アイドルの宿命だしな。分け前も見込めるし。
ファンとの交流もあった方がいいだろうし。庶民的なのも受ける要素だ。
会場には全国から集まった豪の者達の熱気で、霧がかかっていた。(ちょっと嘘)
少し見回した。あそこに居るのは漢の中の乙女、七瀬留美じゃねぇーか。
向こうには人鬼と謳われている、柏木梓の姿が。
他にもブラインド・ベイビーミサキ、眠れる獅子牧村南、狗法使い、あかり姉さん…等々。
さすが美咲先輩だぜ…これだけの強者共を引き寄せるとは…恐ろしいお人だ。
イベントが始まった。美咲先輩が企画した愕怨祭のメインイベント、「きずだらけ」
観客参加型アクション劇。早い話が賭けストリートファイトだ。
最初は賭けに興じていたけど、闘いの血が騒いできた。やっぱり我慢できねぇ。
んで舞台に乱入。そして後はもうホントに祭だったな。観客も大盛り上がりだ。
血塗れで雄叫びを上げている俺の側に、ジャーマネが来て
「由綺さん…アイドルのすることでは…」と言ってくる。
おいおい、おねーさん。俺様ちゃんは売れっ子アイドル様々だぜ。歌だけじゃ売れっ子になれねーの。
それにちょっと変わっている娘のほうが受けんだって。不思議少女って奴?
その後ファンサービスの一環として、並ぶファン一人ずつに正拳をプレゼント。これも仕事だ。
ふうー。さすがに今日は疲れた。理奈人形に五寸釘刺すだけにして、寝るか…

303 :名無しさんだよもん:2000/11/23(木) 21:28
>>299
別に仕切るつもりはありませんが、
もうちょっと他人の設定を尊重してもよいのではないかと思います。
いきなり集団妄想扱いにして逮捕するのは、いささか乱暴すぎるのでは?

304 :書き手さんだよもん:2000/11/23(木) 21:29
書き込み量が多くって出遅れそう(w

305 :名無しさんだよもん:2000/11/23(木) 21:36
誰か弥生さんの純粋日記も公開してくれ。

306 :神岸あかり:2000/11/23(木) 21:51
くそっ・・・!
綾香と浩之、まだ見付からねぇ・・・
この街自体瘴気の溜まり場になってっからこんなとこには長居は無用なのによ。
街の中をあいつら探してうろつき回ってたら、変な事に気が付いた。
あちこちサツに封鎖されてやがる。
街中に居る人数が少なくなるのはありがてぇが、サツに動かれるとやっかいなのも事実だ。
一度芹香の部隊と接触してみるか。
サツが手を出せねぇように芹香に動いてもらわなきゃいけないし、もしかしたら浩之の場所を突き止めてるかもしれねぇ。
街中をうろついている時に拾った、壊れたマルチでも手土産にしてやるか。
ちっ、あかり姉さんともあろうこの私が、浩之一人捕まえられないとはな・・・

307 :水瀬名雪:2000/11/23(木) 22:04
…あれから何日経ったんだろう

何故だろう。いつまで経っても身体の震えが止まらないよ…。
確かにお母さんは死んだし、絶対解けない封印も施したのに…。
でも、私には判っちゃうんだよ…。
封印されているはずのお母さんの力が、異常に膨れ上がりつつあるのが。
まるでこの街の瘴気が流れ込んでいるかのように…。
ううん、だとしても封印は健在だし、何も恐がることなんてないはずだよ。
でも、どうしても震えが止まらないんだよっ!
恐いよ、祐一…。私に力をちょうだいよ…。助けてよ…。
恐いよ恐いよ恐いよ恐いよこわいよこわいよコワイヨコワイヨコワイヨ…

308 :名無しさん@age連合:2000/11/23(木) 22:47
age

309 :ある書き手:2000/11/23(木) 23:13
>>303
299じゃないですけど、これは日記形式で進むものですから、
あくまでもあれは柳川の主観です。
だから、設定を押し付けたり、改変してるわけではないと解釈すればいいんですよ。


310 :名無しさんだよもん:2000/11/23(木) 23:17
作中の登場人物には、ずべてが見通せているわけではないからねぇ。
って、書き手の俺らにもわからんが(w
それに、あのメンバーなら脱獄なり、看守を洗脳なり、すぐに戦線復帰可能だし。

311 :長瀬源之助:2000/11/23(木) 23:26
既に、日付に意味は無くなってきたようです
 私のこめかみを、絶え間なく冷たい汗が伝います。
 事態は、最悪の方向へ向かいました。遠隔視でみた映像によれば、天野美汐を
 抑える方向に動くはずだった高野山の僧正連が、何と彼女に同調する動きを見せています。
 そして、封印されたはずの水瀬秋子。彼女もまた、この地の障気を受けて力を蓄えだしています。
 祐介君達。彼らも障気を影響を受けだしています。瑠璃子さんなどは、すでに深刻な段階です。
 主立った驚異は高位魔族であるルミラ、力を得た月宮あゆ、そして藤田浩之を追ってきた、恐怖の代名詞
 あかり姉さん、不可視の力を操る者達、鬼の一族、沢渡真琴を筆頭とする妖狐たち。
 黒魔術のエキスパート・来栖川芹香……
 私が自由に動かせるのは祐介君達だけです。彼らの暴走は魔法による連続沈静で凌ぐとして、
 手駒が少なすぎます。グエンディーナの女王に連絡して、スフィーさん達の協力を仰ぐしかありませんね。
 まずは天野美汐率いる高野山の連中を対処しなければ。これに対抗する勢力は、鬼一族と
 沢渡真琴の部下達、妖狐連……
 ここに祐介君達を加えるにしても、彼我の戦力差は明らか。
 しかし、やるしかありません……


312 :名無しさんだよもん:2000/11/23(木) 23:36
誰か人物相関説明を付けてくれ…
本当に混乱しているよ(w

313 :名無しさんだよもん:2000/11/23(木) 23:53
また100スレもすれば新キャラもでたりして設定変わるから、待ってたほうがいいよ〜

314 :名無しさんだよもん:2000/11/23(木) 23:55
>>303
要は『書きよう』だと思うんですけど。納得のいかない扱われ方(特に殺されたり)
をした場合の救済措置として少年マンガ程度の蘇生や復活、パワーアップを容認して、
あとは書き手のセンス(これ以上やったらつまんなくなるな、ということを見切れること)
に委ねる、とか。

315 :長瀬源三郎:2000/11/23(木) 23:55
♯月α日 吹雪
 もはやこの一件はわれわれ警察がやる仕事ではないのかもしれない。
 閉鎖区域の中は日常とは遥かにかけ離れた世界になってしまっている。
 警視庁サイドも最早見守るしかないといった態度だ。
 そんな中、隣県の県警本部は拘留していた大庭詠美およびその取り巻きの釈放
を決定したらしい。
 何でも、事態を収拾する自信があるというかららしい。県警本部長は彼らに
折れる形となり、異例中の異例の超法規的措置で彼らを釈放した。事態の収拾を
彼らに任せるとの警察庁からの通達があったが、実際はあの区域に関わった連中
を一刻も早く隔離しておきたいのが本音だと思われる。
 彼らは釈放されるや否や、例の区域に飛び込んでいった。
 警察としてはただ今後の動きを見守って、せいぜい区域内への進入者を防ぐし
かない。
 私自身も療養中の身であるので、何もすることが出来ない。今出来るのはせい
ぜい、区域に入り込んでいる親父や祐介らが無事に戻ってくることを祈るしかない。
 長年の刑事生活の中で、これほど自分の無力さを恨んだ事はなかった。
 とにかく、親父達よ。無事でいてくれ…。


316 :秋子:2000/11/24(金) 00:11
外界の騒動の影響だろうか。
結界が変質してきている。
お陰で、結界の力を通して千里眼を使い、外界の様子を見渡すことが出来た。
しかし、ずいぶん派手にやっている物だ。
力有る者たちが集まりすぎている。
・・・まさか、ここで起こすつもりなのか。

結界の力を逆に利用して我が物にし、脱出して事を運ぶのはたやすい。
しかし、ここで私が力を放てば・・・他の者たちの力と反応し合い、最悪この世界の因果律が崩壊することであろう。
ゴッドハンドが闘いを挑んで来たときには、自分を押さえるのが精一杯だった。
あの時、恥を忍んでわざと殺されてやるのがベストな選択肢だったのだ。
お陰で封印され、一時的とはいえ私は呪力を行使できない状態に置かれたのだから。

私がこの世界にいるのも、そろそろ潮時かも知れない。
どこか別の次元に移ってみようか・・・

317 :ガディム:2000/11/24(金) 00:13
 gururururururururu……
 感じる……法術使いの波動……異能者の気……
 奴らの絶望は、如何な味わいであろうか……
 オレの能力は、あの忌々しい小娘に遅れをとったときとは比べものに
 ならない程進化した……
 今こそ、世界に”現出”してくれよう……!
 法術使いどもよ、まずは貴様らを喰らってやる……!

318 :名無しさんだよもん:2000/11/24(金) 00:15
後付設定が多すぎて、もはや葉鍵キャラの名を借りた
オリジナルキャラになってしまってる…

319 :名無しさんだよもん:2000/11/24(金) 00:16
このスレ見てて思ったんだけど、どうも大半の人が
邪悪=殺し合いみたいな感じと受け取ってるんだな。
俺個人としては>>129みたいなのが小技の効いた邪悪さが好きなんだけどね。
つかこれ既にリレー小説だよ・・・。

320 :名無しさんだよもん:2000/11/24(金) 00:22
済まん。実はもう日記形式のリレー小説なんだ。
小技の効いたのも自由に書き込んでくれい。

321 :名無しさんだよもん:2000/11/24(金) 00:26
>319
同意。
読むのも書くのも疲れた・・・。


322 :一書き手:2000/11/24(金) 00:28
>>319
分かっちゃいるけど、とめられない〜ってね。
でもね、スレの本来の趣旨日記も書いてるよ、一応。

323 :名無しさんだよもん:2000/11/24(金) 00:29
リレー小説書いてるの、一人だけだったりしてな(w

324 :名無しさんだよもん:2000/11/24(金) 01:10
せめて一目見てリレーの続きか一発ネタかわかるようにして欲しい。
一発ものと思って読んだら続きモノでそれに気がつかず混乱することも
しばしば…。

325 :324:2000/11/24(金) 01:17
>>324
ごめんなさい。
過去レスみたらもう提案してた人いました。
でもどのように差別化を図ることにしたのか
わかりません。
っていうか差別化してませんね…。

326 :長谷部彩:2000/11/24(金) 02:08
&#3626;月&#3624;日 雹

バイト先に嫌な奴が来た。
思わず素に戻り饒舌になった。
やばかった。
めっちゃ鬱。

327 :長谷部彩:2000/11/24(金) 02:09
&#1588;月&#1603;日 &#9678;

夏こみ落ちた。
腹いせに仕切りメガネ女に無言電話攻撃。
…の、つもりが思わず素に戻り饒舌になった。
やばかった。
めっちゃ鬱。

328 :長谷部彩:2000/11/24(金) 02:10
&#9786;月&#9787;日 &#9679;

千堂とヤッた。
ウザいバカ女と仲違いさせるのが目的。
…の、つもりがマジ惚れ入った。
洒落ならん。
めっちゃ切ない。

329 :326-328:2000/11/24(金) 02:12
<(_ _)>連カキスマソ

330 :長谷部彩:2000/11/24(金) 02:21
●年2月24日 雨
 くそ長いこみパがやっと終了した。正直言ってウザい。
 昨日は国公立の入試が終わってやっと一息って所なのに、詠美の馬鹿がキャンキャン
うるさい。金を稼ぐ目的と割り切って、仕方なくこみパに出向いてやった。
 あの馬鹿と一緒だったのはだるかったが、売り上げはそこそこのものだった。
 ただ、詠美の奴が売り上げの8割なんて言い出してきやがったのは気にくわねぇ。
 原稿(といっても、昔にどこぞのピコ手の話をパクって、3時間で仕上げた粗悪品
だが)を渡した時には、利益は折半だと言ってたのにね。
 理由を問いただすと、「あたしのしたぼくなんだからこれが当たり前」なんて言い
出しやがった。
 てめぇの配下になった覚えなんてねぇよ。このクソ厨房が。
 くら替えしたのは、春休みの旅費をため込むための資金稼ぎだからつーの。誰がて
めぇみたいなクソガキの配下になってやるか。この高偏差値の俺様を配下にするのは
100万年早いっつーの。
 さすがにキレたので詠美の胸ぐらを掴んで壁に叩き付けたところ、情けない声で泣
きながら金を差し出しやがった。最初から素直にそうしていればいいんだよ。
 まあ、てめぇはせいぜい踏み台としてる狩ってやるから安心しな。

 それはそうと、帰りの電車でデブヲタが数人抱き着いてきやがった。おかげで臭い
体臭が体に染み付いちまったみたいじゃねぇか。
 腹が立ったので、途中の駅で強制的に降ろしてボコって、財布を巻き上げる。
 だが、この体臭はどうしようもない。
 家に帰ってシャワーを浴びるにも、家が汚れるから嫌だ。近くに、和樹の家がある
から、そこでシャワーを借りるとすっか。
 和樹のボンクラとはくら替えの際に喧嘩をしてしまって以来、顔を合わせていない
が、ちょっと涙を流したら家に簡単に入れてくれるだろう。
 丁度いい所に雨が降ってきやがった。ズブ濡れになったら、絶対家を入れざるを得
なくなるだろうし、傘を買うのももったいねぇし、なによりヲタの体臭が流れるだろ
うから、そのまま濡れていくか。 

331 :330:2000/11/24(金) 02:35
長くなってスマソ。
このスレの本来の趣旨に合ったネタを一発あげてみました。
>>324
今回のネタは識別の一例としてあげてみました。
一応、過去レスであがっていた日付による識別を行いました。さらには年を付けてみました。
日付や年、さらには(今回はしていませんでしたが)天気による識別というのはいかがでしょう?
>>326-328
いえいえ、とんでもない。久々の邪悪ネタを楽しませて頂きました。
短く纏まっている上に、心の裏側がありありと描かれていると思います。
是非よければ以後もよろしくお願いいたします。

332 :書き手さんだよもん:2000/11/24(金) 03:28
いっそのこと、伝奇ネタは日付無しにしちゃっても良いんじゃ?
日付無くても別に困らないし(w



333 :川澄舞:2000/11/24(金) 04:04
ε月ζ日
 …参った。まさか祐一にあの月宮あゆが協力していたとは。奴が「光の翼」を繰り出した時
あれ以上あの場所に留まっていたら、私はもうこの日記を書くことは出来なかっただろう。
 しかし、もうこれで祐一の肉体を鍛えて剣にすることはもう無理だ。佐祐理も最近何か私に隠れて
行動を起こしているらしく当てにならない。これではもう二人の力を取りこむ事は諦めるべきだろう。
 …ついに私も覚悟を決めなければならないようだ。今まで封印していた川澄家に伝わる奥義…
全てを空間ごと切り裂く技「次元斬」。私に会得できるのだろうか…?
 修行に行く前に美汐に一言断りを入れようとしたが、携帯にかけても繋がらない。あの
美汐にいったい何が起こったのだろうか?心配ではあるが、私にもしなければならないことがある。
無事を祈るだけだ。
p.s 天沢郁未が私のオルゴールを馬鹿にした。許せない。修行から帰ってきたら真っ先に
   切り刻んでくれる。その時が楽しみだ…。


334 :名無しさんだよもん:2000/11/24(金) 05:52
とりあえずage

335 :天沢郁未:2000/11/24(金) 06:05
昼と夜が無くなってから、時間の感覚がおかしい

ミスった。完全に予想外の事態だ。
まさか月宮あゆがあそこまで覚醒に近い状態だとは気付いていなかった。
しかも"天使"になった月宮あゆはその全ての力を注いででも相沢祐一と一緒にいることを望むだろう。
つまり、相沢祐一を狙うということは月宮あゆを敵に回すということだ。
その先に待つのは、絶望か死か・・・
まぁいい。
相沢祐一には私は魅力を感じないしな。
それに川澄舞もあそこから逃げたようだし・・・こっちは報酬は無くても仕方あるまい。
そういえば、月宮あゆを操っていた時に鹿沼葉子の気配を感じたが。
近くに来ているのか?
今更何をしに来たんだ、あいつは。

もう一つ記しておかねばならない。
街中の様子が更に変わった。
一般人はさっぱり居なくなったが、瘴気にひかれて大型の魔物が闊歩し始めている。
力の無い奴らはこれだけで淘汰されていくだろうが、そんなことは関係無い。
瘴気が濃くなってきているということは、倉田佐祐理や来栖川芹香にとっては都合が良いだろう。
彼女等が動き出すとすればそろそろか・・・
沢渡真琴が何か掴んでいるかもしれない。
少し出向いてみるとしよう。
・・・それに、あれでは相沢祐一の事がバレていても仕方ないしな。

336 :来栖川芹香:2000/11/24(金) 15:09
ようやく藤田さんと綾香の居場所を突き止めました。あ、そういえばHMX-13も居ましたね。
しかし、綾香の力も爆発的に増大しているようです。
もはや並みの魔族程度では、手も足も出ないようです。やはり来栖川の血でしょうか。
どうしようか思案しているところに、神岸さんが訪れてきました。
藤田さんと綾香の居場所を教えろとのことです。これは好都合です。
私の見立てでは、ラピードと化した綾香と、全力モードの神岸さんの力はほぼ互角。
互いにつぶしあってもらい、生き残った方をルミラさん達に始末してもらうことにしましょう。
念のために、修理ついでに改造したHMX-12もつけてあげましょう。
私の護衛は、姫川さんと松原さんがいれば十分でしょうから。
私自身が出向ければ話は早いのですが、今はガディムの召喚に専念すべき時です。
はやくいらして下さいね、私の大好きな藤田さん。
ガディムの力を真に私のものとするには、自らの最愛の存在を捧げなくてはならないのですから…

337 :来栖川綾香:2000/11/24(金) 15:29
&#3675;月&#3673;日 霙

フグ料理を食った。
うまかった。
………。
格闘家として冥福を祈りたい。

338 :七瀬留美:2000/11/24(金) 15:35
高野に潜入してから何年経ったろうか。ようやく真琴様から帰還指令が出た。
しかし猫を被るのは私の得意技とはいえ、いつ私の正体がばれるか、ヒヤヒヤものだった。
逃げ出す途中で退魔師・法術師たちの追撃を受ける。流石に奴らも私の正体に気付いたらしい。
しかし相変わらず高野の連中は判断が甘い。
私は妖孤一族の中でも「九尾の妖孤」真琴様に次ぐ力の持ち主にして、
「七尾の妖孤」こと七瀬留美。そして、力ある妖孤の証たるツインテールの持ち主でもある。
こんな木っ端連中、何人がかりで掛かってこようが蹴散らすのは造作も無いこと。
しつこい追撃を振り切り、ようやく懐かしのものみの丘に辿り着いた。
街のあちこちに感じられる巨大な「気」の中でも、ひときわ大きな「気」を感じる。
真琴様、今や真の覚醒の日は間近のようですね…

339 :岸辺なつみ:2000/11/24(金) 16:31
到着初日
 あの街からでも十分すぎる程だったが、実際肌で触れてみるとまぁなんという邪悪な気だ。
 これを生み出す力の持ち主達を相手にしようというのだから、長瀬のじいさんが音をあげるのも
 無理はない。念のため、高浜みどり率いる特殊部隊と結花を借りておいて正解だった。
 国外逃亡したスフィー達も、あのじいさんのたっての頼みと聞いてしぶしぶ再来を約束し、
 こちらに向かっているらしい。貴重な戦力なので、急いでくれればいいが。
 さて、”ココロ”に探らせたところ、目下の最強の存在と見られる美汐にトラブルがあったようだ。
 何でも、貪欲なる魔王の異次元からの一撃を受け、下級僧兵の大半が重軽傷を負ったらしい。
 奴らの戦力の九割は下級僧兵で構成されるはずだから、これは痛手だろう。
 私は、とりあえず電波使いと協力し、綾香とあかり姉さんのうちいずれか生き残った方を
 潰すのを第一目標とする。これにより、厄介な勢力が二つ消える事になるはずだ。
 さて、奴らの血戦の地へ向かうか……
 願わくば、明日もこの日記が書けるよう。

340 :来栖川綾香:2000/11/24(金) 18:59
小官にとって最後の戦闘が、名だたる水瀬秋子殿あいてのものであったことを名誉に思う。

軍事革命万歳

341 :森喜朗:2000/11/24(金) 19:22
たりぃ〜、ねみぃ〜、うんこしてぇ〜。

342 :名無しさんだよもん:2000/11/24(金) 19:23
>340
葉鍵英雄伝説とスレ違いか?


343 :月宮あゆ:2000/11/24(金) 20:42
日付も天気もよくわかんない
今日も一日中、祐一君と過ごす…つもりだったんだけど、
気が付いたら森の中、大きな切り株のところにいた。
うぐぅ、何が起こったんだかよく判らないよ…
でも、すぐに祐一君が駆けつけてくれた。とっても嬉しかった。
でも、剣を持ったお姉さんが現れて、いきなり祐一君に襲い掛かったんだ。
ボク、夢中で祐一君の前に飛び出して…
その後のことはよく判らないけど、気が付いたらいつものベッドの中だったよ。
ボク、祐一君を守ることができたのかな? そうだったらちょっと嬉しいな。
うん、ボクと祐一君は何時までも一緒。誰にも邪魔させないよ。
たとえそれが秋子さんであったとしても…ボクは祐一君を守ってみせるよ…


344 :上月澪:2000/11/24(金) 22:20
11月24日 禁
あのね
自分から精神病院に行ったら牢屋に入れなくてすむ」っい入ってるの
○○入院した時、独房よりすごいところに入院してたの
トイレが同じ場所にあって、カメラで監視してるの
●●くん平気だったの
「そこに入れるぞ」なの
もしかして、今日精神病院の医者つれてくるかもしれないの
そこの病院ね、仕事に手をぬいて、自分だけ3階の豪邸に住んでるんの
○○どれだけ辛いか解る?なの
なんでもないのに、この間パジャマで病院につれていこうとしたの
○○のこと過食症だと思ってるの
○○に見せつけなががらおいしそうににおいのあるものばったり食べて
 ほんの少しだけ残してテーブルに置きっぱなしにしてたの
○○をつれに来るとき、その医者楽しそうだったの
●●くんね、○○睡眠薬飲まないと寝られないのに睡眠薬かくしたの
○○おかしくなって入院するの待ってるみたいなの
信じられないかもしれないけどもう睡眠薬ないの

345 :名無しさんだよもん:2000/11/24(金) 22:29
>337
ワラタ。
邪悪だ・・・・

346 :雛山理緒:2000/11/24(金) 23:33
 ☆月○日 晴れ♪
 なんだか、変な手帳を拾った。藤田くんのクラスメイトの宮内さんの名前が書いてあった。

(手記の最後の日付のものより)
 あかり……カノジョはやはり化け物だったネ……
 アタシのスタンド、「レミィACT2」ですら手も足もでなかったネ……
 アタシに致命的な一撃加えたあと、カノジョ言ったヨ。

「これはまだあたしの実力じゃねえ。冥途のみやげに教えてやるよ。
 あたしは、三回変身する事ができる。そしてその度飛躍的にパワーアップするんだ。
 はっ。もともとテメエなんざに勝ち目はねえんだよ!」

 お、恐ろしい……カノジョはゴッドでも勝てないヨ……
 目が、目が霞むヨ……アタシ……死ぬの

 ここで、文章は途切れている。このページだけ、赤茶に染まっている……
 この文章、冗談だとは思うけど、まさか……
 そういえば、この町の住人が次々と姿を消す事件が近頃起きている。
 藤田くんも怪しげな声で旅行に行くとか電話をかけてきてから、音信不通だ。
 藤田くんの周りにいた娘達も、ほとんど姿を消している。この手記の持ち主の宮内さんもだ。
 気になるな……
 あ、でも、明日から謎の事故で行方不明になった人達を捜索するバイトのため、
 なんとかって町に滞在するんだよね。今は、この事は忘れよう。

347 :名無しさんだもんよ:2000/11/25(土) 00:18
とりあえず、現在の各勢力をまとめてみたいと思います。
かなりミスがあると思いますので、ご本人による修正お願い致します。

高野山僧兵連合 代表格:天野美汐 戦力:法術、神奈降臨など
        主な敵:妖狐軍団
        同盟:無し
        目的:妖狐狩り
  
   妖狐軍団 代表格:沢渡真琴 戦力:妖術?
        主な敵:高野山僧兵連合
        同盟:鬼一族、元FARGO連、長瀬一派
        目的:九尾(真琴完全体)の復活  
   
    鬼一族 代表格:柏木耕一 戦力:エルクゥの力
        主な敵:高野山僧兵連合
        同盟:妖狐軍団、長瀬一派、元FARGO連
        目的:不明。

   長瀬一派 代表格:長瀬源之助 戦力:魔法、電波など
        主な敵:無し(しかしあちこちから睨まれてる?)
        同盟:妖狐軍団、鬼一族
        目的:事態の収拾。つまり、各戦力を上手く消耗させる事。

姉さんファミリー 代表格:あかり姉さん 戦力:あかりワンマン?
         主な敵:逃亡者綾香
         同盟:無し
         目的:綾香の抹殺と浩之の保護。

ソーサラー芹香 代表格:芹香 戦力:黒魔術、ロボ、魔族召喚
        主な敵:逃亡者綾香、長瀬一派
        同盟:倉田佐祐理?
        目的:ガディムの召喚、綾香の抹殺

  倉田佐祐理 代表格:倉田佐祐理 戦力:いまいち不明。はっきりしているは舞。
        主な敵:妖狐軍団
        同盟:ソーサラー芹香
        目的:妖狐狩りなど

  逃亡者綾香 代表格:綾香 戦力:ラピードモード
        主な敵:ソーサラー芹香、姉さんファミリー
        同盟:無し
        目的:多分駆け落ち。

348 :名無しさんだよもん:2000/11/25(土) 00:22


349 :沢渡真琴:2000/11/25(土) 00:25
覚醒の日まであと数日

来栖川芹香から連絡があった。
藤田浩之及び来栖川綾香の潜伏先を教えた時に交わした約定に従い、
奴の召喚しつつある破壊神の力を、高野山に対して行使したとのこと。
これで高野の退魔師どもも、しばらく動きが取れまい。時間稼ぎとしては十分だ。
これで現在、天野と共にいる戦力は、里村茜と国崎往人くらいか…
川澄舞は一時的に戦線を離脱したようだし、
倉田佐祐理は異界の勇者とやらの召喚で手一杯のようだからな。
というわけでこの機に、「鬼」の一族に天野たちを襲ってもらう手筈を整えた。
奴らも退魔師・法術師との長年に渡る因縁のせいか、やる気満々の様子だった。
くくっ、「鬼」たちは強いぞ、天野。
果たして「翼人」の力を使わずに対抗することができるかな…


350 :名無しさんだもんよ:2000/11/25(土) 00:27
続き

  あゆ&祐一 代表格:月宮あゆ 戦力:光の翼
        主な敵:水瀬秋子
        同盟:無し
        目的:平和に暮らす事?

元FARGO連 代表格:天沢郁未 戦力:不可視の力
        主な敵:高野山僧兵連合
        同盟:妖狐軍団、鬼一族
        目的:クライアントの依頼を果たす事

水瀬秋子:封印されている形だが、すでに力を取り戻している。
 七瀬彰:美咲先輩を蘇らせるため、源之助に接近を試みる。
ゴッド栞:下界の争いを悠々と見物している。
 北川潤:マスターアジアに弟子入りしたらしい。



351 :名無しさんだよもん:2000/11/25(土) 00:33
     

352 :長森瑞佳:2000/11/25(土) 00:35
&#1115;月&#8491;日 &#9788;

鰤女と昼メシ食った。
うざ。
お前も一回輪姦されろゴルァ。
呪いが高野に通じたのか、住井がのこのこやって来て、
その場を瞬間冷凍させるギャグをかましてくれた。
ナイスだよもん。
思わず吹き出したフリして、
口の中に溜めていた牛乳を
ぶばぁーーーーっと顔射してやった。
うひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ
『ケッサクなの』

353 :348、350に補足:2000/11/25(土) 01:04
邪神崇拝者 代表格:大庭詠美、長谷部彩 戦力:?
        主な敵:無し
        同盟:無し
        目的:たこのかみさまの召喚。

警察関係者 代表格:長瀬源三郎、柳川祐也 戦力:国家権力
        主な敵:ほぼ全て
        同盟:長瀬一派、霧島姉妹
        目的:関係者全員の逮捕。

霧島姉妹  代表格:霧島聖、霧島佳乃 戦力:改造身体、翼人の羽の魔力
        主な敵:天野一派
        同盟:警察関係者
        目的:「翼人」神奈の抹殺。

川名みさき 事態の傍観者にして全てを視る者。
桜井あさひ ?
水瀬名雪  秋子復活に脅えるだけの毎日。

354 :スフィー:2000/11/25(土) 01:37
バンコクを発ってから3時間――
 成田に到着するまでまだまだ時間がある。今の内にゆっくり体を休めておかなくては。

 長瀬のクソジジイに根負けするなんて俺らしくない。
 一昨日にプノンペンに潜伏している清水なつきの所で厄介になっていた所、突如電話が。
 出てみると、ジジイが今にも泣き出しそうな声で援助を求めてきた。
 もちろん最初こそ協力する気はなかったが、秘蔵の300年物の景徳鎮と、激レア物のボヘ
ミアン・カットグラスを譲るというので、仕方なく彼の地の戻ることにした。
 一応、俺が天野や倉田や来栖川みたいな下衆には協力しないという条件で呑んでやる。
 何せ、この連中は自分のエゴの為には人を平気で裏切る奴等だからな(俺も人の事は
言えないが)。こいつらが傍にいると邪魔になるだけだ。

 しかし、これ以外にも俺の興味を惹くものがあった。
 沢渡の正体が「九尾」であることと、翼人「神奈」の存在である。
 こいつらがぶつかればものみの丘に止まらなくなってしまう。最悪の場合、世界にまで
被害が及び、そうなると俺の本業にも著しい悪影響が出ることは免れない。
少なくとも、この御二方を衝突させないために手を打っておかねばいけないと思う。

 今現在、先日、清水なつきが仕入れたという「ものみの丘の因果律」という書物のコピ
ーに目を通しているが、なかなか面白いことが書かれている。
 現在、彼の地で行われている騒動は約1000年周期で発生したという。
 たとえば1000年前は山城国で同様の騒ぎがあったという。その時も貴族や法術師どもが
自らの欲望を実現させんと、騒ぎを煽りたてていったという。最終的に騒ぎに関わった者
は血の川に溺れ、都は地獄と化したという。
 さらに2000年前は遠く死海の地で発生した。その時も神と獣の争いがあり、騒ぎに賛同
した都の者は悲惨な末路をたどったという(決着は記されていなかったが)。
 ただ、面白いのは「ものみの丘」という名称はある条件を満たした土地が自然に呼ば
れるのだと記されている。そこに住むものが気付かない内にそのように呼んでしまう
――そんな因果律が存在しているらしい。
 1000年前の京の都、2000年前のソドムの都――いずれも欲望と悦楽と退廃で満ちた地
 現在のものみの丘に集まっている面々も面白い様に、この言葉がよく似合う。
 果たして、どうなるのか。それは俺にも分からない。
 あと、川名みさきから聞かされた予言も気になる。それにこの書物もまだ読みきって
いない。
 時間はたっぷりある。
 体を休めながら調べ事をして考えるとするか――。

 P.S.バンコクの空港に着いた際に、リアンも潜伏先のブカレストを発ったという。
   そして何か、現地で妙な予言書を見つけたという。どうやら、今回の騒ぎと
   関係があるらしい。そっちも楽しみだ。

355 :348@`350@`353に更に補足:2000/11/25(土) 02:00
グエンディーナの魔法使い 代表格:スフィー・リム・アトワリア・クリエール
             戦力:魔法 主な敵:(今の所)無し
             同盟:長瀬一派
             目的:長瀬源之助への協力と密輸市場の死守

清水なつき 事態の傍観者。現在カンボジアに潜伏中。

356 :天野美汐:2000/11/25(土) 03:14
帰投後第1日…
戻ったところは元の街でも何でもなかった!…冗談はやめよう。
ひどい変わり様だ…本当に人間が生活していた街だったのか。
冷たく、唸るような大気。人外の者の息遣い、足音、叫び。人こそが異質だ。
そんな中、人為らず者達の気配を感じる、感じたくないのに…だ。
元は異星人であるとか云う鬼、超常能力者、魔術師達、こうとしか表せないが超人。
人に転生した天使、悪名高き伝説の邪術師、何故か見るとホッとする警察官…
他に異教信者や、神奈と似た気を持つ少女、女医(?)、機械人形(?)、「復讐」と呟く一般人も見かけた。
まあほんの数日でよく集まったものだ。…でもわたしの目標はひとつだけ…奴だ。
一際人を不快にさせる巨大な気配。覚醒も間もなくといったところか。
奴を封じ込める為には、神奈の力を使わざるを得ない。が、それも簡単にはいかないそうだ。
心への侵食を防ぐ為の念。其れが故に神奈の発動も非常に制限されてしまった。
これまでは一瞬ではあるものの、ほぼ無尽蔵に使えたが、今や発動はたった一度だけ。
三流映画並の展開になってしまったわけだ。その代わり威力は今までを上回るらしいが…
 …簡単なことだ。九尾覚醒前に神奈を発動すれば、ほとんど苦労せず殺滅出来るだろう…
もちろん本気で思っていたわけではない。ただ少ない可能性に賭けてみただけだ。
わたしのいけない癖だな…あまりに相手を見くびりすぎる。
奴の元へ向かう最中、五つの人影が前を塞いだとき、それを嫌というほど思い知った。…鬼が居た。
一方此方は一人。ふ…、胸が躍るシチュエーションではないか!
…差しの勝負ならいざ知らず、いくら何でも、五体の鬼に神奈を使わないで勝てるとは思えない。
考えたのは僅かの間だった。そしてわたしは身構え、一気に間合いを…詰める。身構えようとする鬼達。…遅い!
まず中央の男に仕掛けた。極近い間合いでの接近戦だ。法力を手足に纏い、反撃の隙を与えない乱舞攻撃。
やはり…目論んだ通り他の四人に一瞬の躊躇いが生じている。…同士討ちを恐れることこそ、多人数の弱み。
無論その時を見逃さない。既に詠み終えていた呪縛結界を放つ。街に戻る前、法術の強化をした成果だ。
流石の鬼もすぐには動けない。わたしは取り敢えずその場を去った。依然として状況は不利だからな…
仲間が必要だ。以前頼んでおいた助っ人、彼らを探さねば。
当面の住居に辿り着く迄、何体もの雑魚を消しながら、わたしはそう考えていた。

357 :リアン:2000/11/25(土) 04:04
只今、トルコ上空を通過中。
飛行機は今は特に遅れる事無く、順調に日本へ近づきつつある。
ただ、時折ジェットエンジンの唸りがひどくなる時がある。乗務員に訊いてみると、
気流が入り乱れているらしい。この近辺では普段はこんなに気流が乱れる事はないと
云うが、俺には分かる。
ものみの丘の邪気が恐ろしい勢いで、遥か離れたこの地にまで流れ着いているのを。
日本に着くまでまだまだ時間が掛かる。
その間に、ブカレストの古書店で見つけた予言書を開ける事にした。

この書物は西暦1500年代に記されたものだが、内容は様々な天使や悪魔や獣などの
遥かな過去からの争いの記録を記し、かつ未来の聖魔の戦争を予言したものらしい。
ただ、現地の言語で記されたものなので、訳するだけでも一苦労だ。しかも、訳せた
としても、記されている記録や予言は詩で示されており、いっそう混乱する。
 だが、ものみの丘の騒動に関する事で、それと似た過去の事例を記した記録があっ
た。だが、やはり内容があまりに難解すぎて、事の顛末は今の所分からない。
(辛うじて「魔術師」と「狐」、「魔人」、「天使」という言葉が拾えただけである)
 予言の方も訳は何とかできたものの、意味がさっぱり分からないと来たものだ。
 全部で2編ある予言詩をここに示しておく。

『魔を呼び出せし者、愛する者に業火で焼かれる
 魔を狩りし者を操りし者、ケルベロスに陵辱される
 大いなる戯画を盲信せし者、己を信ずるもの者どもに己が身を食い荒らされる』

『白鳥とケルベロスがぶつかり合う時、両者は互いに墜ちて交わる。
 神の怒りにより吹雪が吹き荒れ、雪の山になる』

 さっぱり意味が分からない。
 そして、この予言詩が真実を見抜いているかも分からない。

 日本に着いた際に姉貴に見せようと思うが、果たして解読できるだろうか?
 いや、俺を呼び寄せた長瀬の親父に解読してもらうのが妥当かもしれない。
 親父なら古文書や西洋史や魔術に詳しい筈だから、少しはあてになるだろう。
 かといって、俺も分からないづくしで甘えていてはいけない。
 一刻も早く、ものみの丘の騒動の対処法を考えるために、情報を集めねばな。

358 :高倉みどり:2000/11/25(土) 04:23
現在、眼下で人外のバトル展開中
 とうとう始まった。綾香とあかりの激突。
 圧倒的な機動力と馬力で以て容赦のない猛打を浴びせる綾香に対し、
 あかりは苦しそうな表情で何とかそれをさばいているといった構図だ。
 しかし、綾香の攻撃は何発かヒットしており、あかりの動きはだんだんと散漫な
 ものへなってゆく。これは、綾香の勝利か――そう思った時だった。
「うわっはっはっはっはっ!!」
 あかりが、いきなり大声で笑い出した。
「面白え。やるじゃねーか、綾香。褒美に見せてやるよ」
 綾香は、余裕の表情でフンと鼻で笑ってみせる。
「あら、私はあなたの無様な敗北姿以外に興味は無いわ……!?」
 綾香の表情が、だんだんと強張っていく。
「アタシはな、変身する度にパワーを増す! 圧倒的にな!
 はっああああああああああああ!」
 あかりの身体が、光に包まれる。
「な……そんなの聞いてない!」
「ご愁傷サマッ!」
 光に包まれたままのあかりが、ヒュッと動き――綾香の目の前に転移した。
 綾香をもその光の中へ巻き込み、より一層輝きを増す。
「ガッ」
 綾香の、くぐもった悲鳴。
 光が収まった、そこには――
「ヒイイイッ!?」
 横手で見ていた結花ちゃんが、悲鳴をあげる。
 無理もない。そこには――
 胴体の部分だけが無くなった綾香の身体が、転がっていた……
「フン」
 わずかに身体が膨れ上がったあかりの足が、綾香の頭部を踏みつぶす。
「みんな……逃げるわよ!」
 私は、待機させていた私兵に命令を出し、結花ちゃんと共に急いでその場を離れた。
 何なのだ――あの怪物は!

359 :里村茜@手記:2000/11/25(土) 07:09
このところ、我が宗派始まって以来の大争乱が続く。
美汐が出立したからすぐ、法術僧内に九尾眷属のスパイが潜んでいたことが発覚。
追撃を出したものの逃げられ、捕縛することは出来なかった。
追い打ちを掛けるように、嘗て無いレベルの攻撃が二度、総本山を直撃。
九尾戦の為集まった法術僧、法術士多数が重軽傷。本堂も全壊に陥る。
最高位の法術僧である大僧正が、まったく動ける状況になかったことが災いした。
それでも私を含め、動けるものに当地への出動が命ぜられる。
そしてついに、最高幹部会議によって三つの決定が下された。
禁忌武器「ピナーカ」の封印解除。同じく禁忌法術「ブラフマーストラ」の詠術許可。
並びに、戦自研と独逸軍兵器開発局、高法連、三者共同”開発”の
UAMW(対妖最終兵器)-TYPE1「みすず」の使用承認要請。
もはや事態は急迫している。全力を持って九尾を封じなければならない…
けれど私にはある密命を課せられた。即ち天野美汐の監視、及び状況による抹殺。
今や重要な武器である美汐、しかし罰の延期はその為だけでない。それは最後のチャンス…
いくら大罪を犯しても、法術士抹殺は二の足を踏む。今回は彼女特有の強大な「負」による
事故である、として減刑を施そう…会議でこの様な大僧正の提案、いや結局強引に決定となった。
私の隠された任務は、九尾戦後に於ける美汐の改心の確認。またそれに至らず
未だ負に囚われている時は、彼女の抹殺…

私は容赦するつもりはない。例え幼少より共に学びし友だとしても
力の行使に快楽を求め続ける行為など、決して許してはおけない。体術では後れをとるけれど
法術に関しては私の方が上。勝てる見込みはある。いざとなれば、刺し違えてでも…
しかし…私は美汐の改心を期待したい。鍵を奪うときのあの眼差し。あの様な表情が出せるなら…
きっと…

360 :柏木耕一:2000/11/25(土) 09:53
千鶴さんから連絡があった。
妖孤からの要請で、天野美汐を襲うことになったとのこと。
久々の手応えのありそうな相手だ。最近、雑魚ばかり相手で退屈していたところだからな。
全員で掛かるのも大掛かりだとは思ったが、千鶴さんの主張により五人総出で出向く。
沢渡真琴からの情報通り、とある路上にて天野美汐を捕捉。どうやら一人のようだ。
可哀想に、1対1ならいざ知らず、5対1では全く勝ち目はあるまい…
…それが油断だった。
一瞬生じた慢心に乗じるかのように、忽然と俺の真ん前に現れた天野。
その異常なまでの速さに、俺は我が身を「鬼」と化す間もなく、天野の攻撃を一方的に浴びる。
そして天野は、四姉妹が事態を把握する前に呪縛結界を放つと、
次の瞬間には、俺たちを嘲笑うかのように夜の闇の中へと消えていた。
いち早く呪縛結界を破った千鶴さんが天野を追うが、無駄だな。あの速さに追いつける訳が無い。
案の定すぐに戻ってきた。その表情は憤怒に満ち、全身から凄まじい冷気を発している。
しかし天野美汐か…。くっくっくっ、この俺様をここまで虚仮にするとはな…
込み上げる怒りと喜びを抑えることができない。そう、奴には礼を言わねばなるまい。
馴れ合いの中で忘れていた「狩猟者の本能」を思い出させてくれたのだからな…
なにか喚いている千鶴を無視して、俺は我が身を「鬼」と化す。
幸い、天野の攻撃は手数重視のせいもあってか、俺の真の肉体には殆どダメージを与えていない。
俺は四姉妹をその場に残し、闇の中に跳躍した。そして内なる衝動の命ずるままに疾走する。
…もう「鬼」も「妖孤」も「高野」もなにも知ったこっちゃねえ。
ククッ…待ってろ、天野美汐。今度はお互い全力で勝負だ…そして、死ぬのはお前だ…

361 :神尾晴子:2000/11/25(土) 11:10
今日、敬介の奴が、御山の決定を伝えるために家に来よった。
最高幹部会議は、対妖孤戦の切り札として「みすず」の使用承認要請を決めたらしい。
うちにも、いつでも対応できるように準備をしておけとのことや。
…あかん、そんなことはできへん。いや、うちがさせへん。
確かに観鈴は「翼人」の力を引き出すために開発された「兵器」や。
そしてその管理がうちの任務やった。本来は、ただそれだけの話や。
…でも、今やうちにとって観鈴は大切な娘や。決して「兵器」なんかやあらへんのや…

…やっぱり御山の連中に観鈴は渡せへん。観鈴はうちの命に代えても守り抜いてみせる。
あどけなく眠る観鈴を連れて家を出る。二人の思い出が染み付いたこの家ももう見納めやろな。
…そういえば居候がおったこともあったな。あいつ、今頃どうしとるやろか。
あいつは高野とは折り合い悪そうやったし、ひょっとしたら頼りになるかもしれへん。
ま、うちかて高野に神尾晴子ありと言われた法術師。絶対逃げ切ってみせるわ。
観鈴、お母さんはあんたを守ってみせるからな…

362 :鬼ちゃんねる@あなどれない。:2000/11/25(土) 11:42
あんじゃこりゃーっ!!
字字字字字字字字!!
ごめんね…今の俺にはとても4面
みんな、すごいよ…

363 :名無しさんだよもん:2000/11/25(土) 13:28
>>362
うわっ、ほんとだ。
これで、QOHの再インストの手順がまた増えるそうだね。
99→SE→ラピード→坂下→コリン
って、すげーめんどくさいような…。
再インストしなければ、いいんだけど…。

> ところで15150Hitはキリ番でよろしいでしょうか?
ぜんぜん、オッケーです。
気にしていませんので、じゃんじゃん報告を…。

364 :来栖川芹香:2000/11/25(土) 17:42
とうとう綾香が死にましたか。泥棒猫にふさわしい無様な死に様だったようです。
ルミラさんの報告によると、綾香は神岸さん相手に手も足も出なかったとのこと。
綾香と神岸さんを共倒れにさせる計画は失敗に終わりましたが、
我が戦力を損なずに綾香を葬るという所期の目的は達成しました。これでよしとしましょう。
しかし神岸さんの力の増大には、少々驚きました。完全に見込み違いです。
ルミラさん達が手出しを控えて戻ってきたのは賢明でした。
魔界の貴族たるルミラさんであっても、今の神岸さんには対抗できないでしょう。
やはり、最終的に私の前に立ち塞がるのは、沢渡さんでも天野さんでも、
ましてや倉田さんでもなく、神岸さん只一人のようです。
これは、神岸さんがこの街に現れた時から予期されていたことですが。
私と神岸さん…結局、この戦いの帰趨は、藤田さん次第ということになりそうですね。
その藤田さんですが、戦いのさなかに忽然と姿を消したようです。
どうやらHMX-13が連れて逃げた模様です。HMX-12を破壊したのも彼女でしょう。
しかし、所詮は手負いの機械人形、サポートもなしに逃げ切れるものではありません。
すでに居場所も突き止めてありますし、姫川さんと松原さんを回収に向かわせています。
はやく私の元にいらして下さいね、藤田さん。
破壊神ガディムの降臨の時は、もう、すぐそこまで来ているのですから…

それはそうとHMX-12ですが、一応、再修理&更なる改造を研究班に指示しておきました。
どうも、この子が役に立つことは、永遠に無いような気もしなくもないですが。

365 :ティリア:2000/11/26(日) 00:28
うーん、また変な世界に召喚されちゃったみたい。
でも、この世界はひどい事になってるね。
ガディム以外にも、それに匹敵するような邪悪な力がうようよしてるよ。
私たちを呼び出したのは、倉田佐祐理さんっていう魔法使いさん。
なんでも、悪い奴に恋人の祐一さんって人を誘拐されたんで、取り戻したいんだって。
ううっ、わたしって身に覚えがあるだけに、こーゆー話に弱いんだよ…
佐祐理さん!私たちも協力するから、必ず祐一さんって人を取り戻そうねっ!!
とりあえず、街の様子でも偵察に行きますか。行くよっ!サラ、エリア!!

366 :七瀬留美:2000/11/26(日) 00:39
真琴様の覚醒まであと僅か――

 妖狐を倒さんと集ってきている者、妖狐に協力している者が皆、己の欲に忠実に
なってきている。そしてお互いのつぶしあい――。
 所詮、人間とはこんなものなのだ。
 妖狐を退治する大義名分という化けの皮を剥したら、そこにあるのは己の欲のみ。
 その為なら、仮令、同士であっても平気で傷つけ、殺し合う――。
 私がかつて潜伏していた高野に地に集っていた者も、化けの皮を被った者ばかり。
 彼らがお互いに破滅の道をたどるまで、そんなに時間はかかるまい――。
 美汐は神奈をおろしたのはいいが、それ以前に最大の失敗を犯した。
 協力する者どもの本心を見抜けなかった事だ――。

 すべては計画通りに物事が運んできている。

 ただ、ここで困った事が一つ――。
 里村茜が参戦するというのだ。そのために、妖狐の妖力をさらに増強する必要が
出てきたのだ。
 茜は僧兵の中でも相当の手練だ。奴が本気を出した時、法力は天野のそれを遥か
に凌ぐ。恐らく、奴を相手にしては私は敵わないと思う。それどころか、真琴様の
覚醒を阻止されてしまう危険すらある。
 早めに手を打っておくべきだろう。
 というわけで、今から天野に与している倉田佐祐理を襲撃しようと思う。
 奴は魔界の者を召喚している最中とある。奴とその召喚された者の魔力をごっそ
りと頂いてしまえば、我々の妖力は茜の法力をも越えてしまうだろう。
 しかも、主な戦力の川澄舞も修行に出かけたというから、襲うのなら今だろう。
 真琴様にこの話を持ち掛けた所、興味を持って下さったらしく、自分も参戦する
との事。
 無数の妖狐を引き連れて、今すぐにも赴こうと思う。


367 :七瀬彰:2000/11/26(日) 00:41
ここに辿り着いてから五日
 ついに逢えた。源之助さんに。
 が……一つ問題がある。源之助さんの魔力は、すでに枯渇しかけているらしい。
 身体の衰弱も激しいらしく、実際彼は自らの腕に点滴を差して活動していた。
 彼いわく、自分はもう残り少ない魔力を予定外の事に費やせない、と。
 もちろん、僕は地に頭をこすりつけて頼んだ。すると彼は弱々しく微笑み、
 それならば、申し訳ないがスフィーさんに頼んで下さい。と言った。
 スフィーさんというのは、ポテンシャルと魔力容量に関して言えば彼以上の魔女らしい。
 だが、その魔女は非常にリアリストらしく、自分の得にならない事はしないので
 何か機嫌をとれ、とも彼は言った。
 そして、彼は出来れば用事が済み次第この地を離れなさい、と忠告してくれた。
 僕はそれに調子の良さそうな笑いで応えたが、内心彼の厄介事も何とかしてあげよう
 と考えていた。戦闘力のない僕が超常的な力を持つ怪物と闘う事はできないが、何か役に立てるはずだ。
 僕との話が終わると、彼は何か電話をしていた。相手は彼の弟子で、魔法にはそれほど才能が無いが
 策略家としての腕、そして炎を操っての格闘術に長けた女性らしい。できれば巻き込みたくなかったが、
 自分が命を落とした時、後を継げるのは彼女しかいないらしい。
 全ての話が終わったあと、彼は鼻から葉巻の煙を吐いて冗談っぽく言った。
「自分の命日がわかってしまうなんて、嫌な魔法を身につけてしまったものです」と。
 まさか、冗談だとは思うが……

 今日は、綺麗な流星が見られた。美咲先輩の笑顔を再び見る日が来る事を願いながら、
 僕は、床につく事にする。

368 :保科智子:2000/11/26(日) 01:04
夜行バスの中で
 ……お師さまが逝かれた。あの町の方角の空に、ひときわ大きい将星が落ちるのを見た。
 もちろん覚悟していた事や。私は、あの人の遺志をつがなあかん。それが最大の供養や。
 私は彼が私に残していった……いや、遺していった道具や兵器、そしてあのいけすかない魔女
 への献上品を持ち、夜行バスに飛び乗り、今こうして日記をつけているわけだ。
 ……ま、本当に「飛び乗った」のはやりすぎだったかも知れへんな。おかげで
 大騒ぎする一部の乗客を叩き伏せなくてはいけなかった。可哀相な事してしもうた。
 ……その時、運転手も叩き伏せてしまったんで、今は藤井たら言うナヨナヨした兄ちゃんに運ちゃんを
 やらせている。まだ大学生たら言うとったが、うまいもんやないか。私高校生やから、運転したら捕まってまうからね。
 あと、雛山さんが同じバスに乗っとるのも驚いたなあ。今は通路で気ィ失ってるようやけど。
 さて、鋭気を養うためにも寝とこうか。
 お師さま、あなたも安らか眠ってぇな…… 
  

369 :藤井冬弥:2000/11/26(日) 01:39
ようやく彰の居場所を突き止めた。
あれから一年近くが経過した。この一年は本当に長かった。
そう、彰が由綺を殺して逃げたあの日から、僕の時計は止まったままだ。
美咲さんには本当に悪いことをしたと思う。
彼女を自殺せざるを得ない状態にまで追い込んだのは、僕のせいに違いない。
ただ、僕には由綺を選ぶ以外の選択肢は無かったんだ。
…もうそんなことはどうでもいい。僕の望みは、由綺を蘇らせることだけのはずだった。
ただ、今となっては、それすらも僕の望みであるかどうかわからない。
今の僕を動かしているのは、彰に対する憎しみ、もはやそれだけなのかもしれない。
もし、由綺の蘇生と彰への復讐、どちらかしか果たしえないとしたら、僕はどちらを選ぶだろうか。
…正直、今の僕には由綺の蘇生を選択するという自信は無い。この一年は余りにも過酷過ぎた…
夜行バスの中で物思いに耽っていると、妙な関西弁の女に叩き起こされた。
運転手が気を失ったので、代わりに運転してくれとのことだ。
何故僕が…とも思ったが、気が付くと運転席でハンドルを握っている自分がいた。
保科さんといったか。この女性には何故か憎めないものを感じる。
一見、由綺とは全く違うタイプのように見える。しかし、
繊細さと芯の強さという矛盾したものを併せ持つところに、由綺と共通したものを感じる。
ふと、自分の中の由綺の残像がまた薄れていくのに気付き、思わず罪悪感に囚われる。
このバスの行く先で、彰と出会う日が来る。それだけは確信できる。
だが僕は、そのときどういった選択をするのだろうか…

370 :神尾観鈴:2000/11/26(日) 01:49
深夜

頭がかきまわされるみたいに痛くて、すごくだるい。
本当はもう起きたくなんかなかったけど……
なんだか耳の中がぶんぶんして気持ち悪かったから、自然に目が覚めてしまった。
だけどここは、いつもの部屋じゃない。どこだろう。
「目、覚めたんやな」
不安になって辺りを見回すと、おかあさんが体を起こして支えてくれた。
私はベンチに寝ていることにようやく気づいて、ああ、ここはあの駅なんだとわかった。
強い結界が幾重にも張り巡らされていて、床には転移の儀式の陣がしかれていた。
でも、どうして───
「観鈴。うちらの家にはな……もう戻れへんのや」
哀しそうに微笑みながらお母さんはそう言った。
指差された先の空間には、くっきりと、燃え落ちていくわたしたちの家が見えた。
わたしと、お母さんと、往人さんと、そらがくらした、あの場所が。
「みすず……絶対に、絶対に、守ったるからな……殺させへんからな……」
ぎゅっときつく抱きしめられながらその言葉を聞いたとき、わたしには全部のことがわかった。
ああ、とうとうこの日が来たんだなと。
わたしの肩がじわっと濡れていくから、お母さんが泣いているのがわかる。
だけどわたしはまだ泣かないよ。わたし、強い子だもん。
強い子だから、わたしも───お母さんをまもるためなら、この力を使うよ。
あったかくていい匂いのするこのひとにだけは、生きていて欲しいから。
「お母さん……大好きだよ」

371 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 02:10
なんかいい話になってるのでage

372 :川名みさき:2000/11/26(日) 02:16
&#169;月&#174;日 霰

もし奴がデヴヲタだったらどうしよう。
………。
哀しみの涙で前が見えない。

373 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 02:19
>372
俺的に会心のヒット。
あんた最高。


374 :月島拓也:2000/11/26(日) 02:39
日付など覚えていない
 長瀬さんが居なくなった。
 昨日まで生活していたはずの個室は、小ぎれいに掃除され、人がそこにいた気配すら消えていた。
 が、そのあまりの非現実さに僕は思いだしたのだ。今朝見た奇妙な夢を。
 僕はたゆたう闇の中を漂っていて、そこに長瀬さんが現れ言うのだ。
「私はどうやらここまでです。最後まで尽力できない事があまりに残念ですが、
 自分の寿命には逆らえません。はは、無責任な爺と笑って下さい。
 さて、幾つか無責任な爺から言い遺したい事があります。とても大切な事ですよ。
 まず一つ。私の後継者である保科君が間もなくこの地を訪れるでしょう。
 彼女は女性ながら聡明で強い娘です。彼女ならやってくれると信じていますから、
 どうかあなた方をも助けてあげて下さい。
 二つ。高野山僧兵が、健気な一つの一家を狙っています。
 神尾観鈴……彼女はこの世を破滅に導きかねない破壊爆弾の一つです。
 高野山の連中とまともに構える事になりますが、これからはこの親子を護る事に専念して下さい。
 三つ。これからはますます戦況も激しくなり、不幸にも命を散らす人達も出てくるでしょう。
 とても悲しい事です。しかし、どうか強い信念を持って結末に辿り着いてください。
 さて……では、爺は去りますかな。どうか、生き残って下さい……」
 そこで、唐突に僕は目覚めた。……そうか……!
 長瀬さんは、逝ったのだ……最期に、ささいな置きみやげを遺して。
 死体すら明らかにせず、こっそりと黄泉へ旅立つとは……あの人らしい。
 ひとまず、その保科さんとやらが来るまでは僕がしっかりと指揮を執らねば……
 悲しむ暇は無い。狂気に侵されている暇も無い。
 まだ、血に濡れた戦いは終わる気配すら見せないのだから……
 ただ、瑠璃子、お前だけは僕が護ってみせるよ……
 

375 :雛山理緒:2000/11/26(日) 02:53
*月*日
日記せっかく書こうと思ったらもうえんぴつが書けるほど残ってなヽ

376 :名無しさんだもんよ:2000/11/26(日) 03:07
>>375
理緒萌えだが笑った。

377 ::2000/11/26(日) 03:36
。月、日
お茶が煎餅臭い。玄米茶か。梓め。

378 :佐藤雅史:2000/11/26(日) 04:27
日付…、そうか、僕は日付を必要とするところに戻ってきたのか。いまさらながら実感が湧く。

本題から入ろう。僕は多分狂ってる。
でも記憶のみを経験の拠り所とするならあれは確かにあった出来事で…。
(手に残る生々しい感触)
今この時点で自分が信じられない。世界が信じられない。
今日はもう眠ろう…目覚めたらまたここに戻ってこれるかな?
(手に残りつづける生々しい感触)

忘れないように記しておく。
僕はずっと、ゲームの中にいた。
(手から消えない生々しい感触)

379 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 05:29
>>372
邪悪というより、悲劇だ(w

380 :川澄舞:2000/11/26(日) 06:07
η月θ日
 あれから数日が過ぎた。街を覆う瘴気は日毎に濃くなるばかりだ。昨日から妙に左腕が疼く。
いよいよ奴の復活の時が近づいたようだ。それに伴い左腕に力が湧いてくるのが感じられる。
…忌々しい。しかしこの力、戦いの中では充分に役立つだろう。妖孤共だけでなくエルクゥ、
毒電波使い、あかり一行など錚々たる面々を相手にするのだから。あの男の力がその仲間を
滅ぼす。これ以上の復讐があるだろうか?その時が楽しみだ。
 …どうやらここも奴らに嗅ぎ付けられたらしい。結界の外に大勢の妖孤やラルヴァ達の気配が
感じられる。…修行の仕上げとしては丁度いい。奴らは一人残らず在るべき場所に返してやる。
私は魔物を討つ者なのだから。

381 :姫川琴音:2000/11/26(日) 07:40
血の色にも似た夕刻
遠隔視によって神岸あかりと来栖川綾香の壮絶な対決を観たことは、
私にとって今後の身の振り方を大いに考える苦い転機となりました。
最終形態となった奴の実力を思い出すたびに寒気が走ります。
このまま野放しにしておけば、近いうちに彼女は理性を無くした怪物に成り下がると観て間違いないでしょう。
街中の「力あるもの」が目先のことに捕らわれている間に、いずれ奴は全てを飲み込もうとするはずです。
そうなれば芹香が呼び出そうとしているガディムとてどれほどの抑止力になることか。
おそらく、彼女の力の源はプラス因子を持って生まれてきた藤田浩之の存在そのものです。
私に彼の居場所が手に取るように分かるのも、その身から無意識に発されるプラスのオーラのため。
それゆえに神岸あかりは奴を側に置こうとしているのでしょうね。
しかし、そう思い通りにはさせません。
可哀想ですが藤田浩之にはあかりを止めるため死んでもらいます。
芹香への反逆は死と同義だとしても、このまま捨て駒にされるよりかはいくらもまし。覚悟はとうに決めています。
綾香の無惨な最期を共に観た松原さんを芹香の術から正気に戻すのは容易でした。
慕い続けた女性が死ぬ様をただ傍観しているしかなかった彼女の芹香への憎悪は並大抵ではありませんでしたから。
このまま二人で浩之を抹殺し、その後は知己の電波使いたちと合流するとしましょう。
先程受信した長瀬祐介からの電波によると、そちらの陣営にも魔女がいるらしいですね。
これでかなり対来栖川への戦力が整います。
さあ、藤田浩之のオーラが鮮やかに見えてきました───
芹香さん、私がおとなしく操られているだけの人形でないと思い知らせて差し上げます……!

382 :天野美汐:2000/11/26(日) 10:26
帰投第二日目
川澄舞が居ない…電話で連絡を取ると、修行中とのこと。おのれ、この大事なときに。
…人のことは言えないけど…でも修行はもうすぐ終わるらしいので、ひとまず安心か…な?
そこで今日、もう一人の助っ人国崎往人を探していたわけだが、途中でとんでも無い物を見た。
昨日か一昨日辺り見かけた赤い髪の超人が、おかしな防具を着た女と闘っていたのだが
形勢不利と思われていた超人が、突如変異した。その結果相手の女は即死。…何だあれは?
以前聞いたことがあった、人が人でありながら物の怪の力を手に入れる業に似ているが…
しかしわたしには関係なさそうなので、とっととその場を去った。
…茜に出会う。かなりの重装備の上、槍らしき物を持っている。
そしてわたしが発った後の総本山の様子、現在までの状況などを聞いた。
ピナーカ…最高位の破壊神の持つ槍の名を冠した量産武器…普通の法術武器とはまるで違う。
確実に対象を殺滅するために造られた、明確なる兵器。最高の法力増幅能力を持ち、しかもそれだけで無い。
今やその封は解かれ、槍術の心得ある者全てに装備させられるとか…恐らく初の実戦投入だろう。
尤も、わたしは槍術が得意ではないが。それでも何かの足しになりそうなので受け取っておいた。
ふと気付くと、茜が微笑んでいる。訳を尋ねた。…ブラフマーストラの詠唱許可が下りたんです…
…こんなキャラだったか?まぁ破壊衝動でなく、苦行の成果を発揮できるから、ということにしておこう…
ともかく、奴に近づく前にあの厄介な鬼共をどうにかしなければいけない。
面白いことを考えついた。鬼達は狩猟者と自称していたな。ならば逆に狩られる気持ちを味合わせてやろう。
差しの勝負に持ち込めば勝機はある。一体ずつ、殺滅してあげようではないか。
その間、茜には彼奴の相手を頼もう。茜の法術ならば、不可視の力には劣るまい。しかもあれを使えるし。
そう茜に伝えると、わたしは走り出す。体の奥底から溢れる喜びを、久々に感じ始めていた。

…微かに臭う気配を頼りに移動する。居た。五体の中の一匹、一番髪の長い女だ。
既に感づいていたかのように、ゆっくりと振り返る鬼。もう人間の肉体ではないな。刃物の様な爪が見える。
そして鬼の姿が消える。すれ違いざまの一撃。槍で防ぎつつ、体勢を整える。流石…迅い。
挨拶は終わりのようだ。続けざまに来る連撃。一発一発がまるで、真剣の斬撃に等しい。
だが見切りで交わせる。攻撃の隙をついての反撃。交わされたが、攻撃を止めることが出来た。
また鬼が消えた。上空、上からの攻撃だ。死角を付くとはえげつない。しかし愚かだ。
軌道変更できない以上わたしの法力は交わせまい。鬼の爪が届く寸前、法力をもろに喰わす。
無防備なところを槍で一振り。禁ぜられるだけあって物凄い威力だ。鬼は吹き飛び、壁に叩き付けられた。
鬼か…能力は物凄いが実戦経験は乏しいようだ…もう動かない鬼を一瞥して、わたしはその場を去った。


383 :橘敬介@手記:2000/11/26(日) 10:27
政府から「みすず」の使用許可が下りたので、再び保管場所に行った。が、既に居ない…
晴子め。あの様子だとあの女が連れて逃げたに違いない。何を考えているんだ。
みすずは意志を持った単なる兵器にすぎない。そんな物に情が移ったとでも言うのか。
くだらん…これだから女は困る。母性本能か?あれは本能などでは無い。一愛情表現にすぎん。
まあいい。あれは意志を持った兵器だ。恐らく気付いていないだろうが、この保管所自体
安全装置になっている。ここを出たということは、みすずを作動させた事になるのだ。
何れ動き出すだろう。意志を持っている以上、九尾への破壊衝動から逃れることは出来ない。
それに万が一の時は、あれを使えるしな。もっとも、出来れば使いたくないが…

384 :松原葵:2000/11/26(日) 11:06
赤い月が浮かぶ夜
姫川さんとセリオさんの戦いは、まさに死闘としか言いようのないものでした。
強大な超能力で容赦の無い攻撃を加える姫川さんに、
魔道と科学の粋を凝らした技術を駆使して立ち向かうセリオさん。
しかし、マスターである綾香さん亡き今、彼女は何のためにあそこまで戦うのでしょうか。
その鋼鉄の身体は、明らかに耐用限界を超えているのに。
強大な力と力ののぶつかり合いに、私にできることはただ傍観するのみでした。
…何時終わるとも知れない闘いは、からくも姫川さんの勝利に終わりました。
でも、セリオさんが活動を停止して、姫川さんを巻き込みながら爆散する寸前に
藤田先輩を見て浮かべた微笑みを、私は忘れることができないでしょう。
…かなりのダメージを負った姫川さんの声が聞こえます。
「松原さん、早く藤田浩之に止めを刺してください」と。
私はうつろな目でしゃがみこむ先輩の傍らに歩み寄ると…
苦しげに立ち尽くす姫川さんの身体に、背中から渾身の力を込めた一撃を叩き込みました。
ぶしゃっ
私の拳は姫川さんの薄い胸板を貫きました。心臓の潰れる感触を感じます。
驚愕の表情を浮かべて振り返った姫川さんの目から、見る見る力が失われていきます。
完全に姫川さんがこと切れたのを確認してから、私はゆっくりと拳を引き抜きました。
大量の鮮血が溢れ出し、姫川さんの亡骸を真紅に染めていきます。
ごめんなさい、姫川さん。やっぱり私には藤田先輩を殺すことはできません。
藤田先輩を想い続けた、綾香さんの遺志に応えるためにも…
…恐らく私の命も長くはないでしょう。私の力はこの街で生き抜くにはちっぽけ過ぎます。
でも、いいんです。その時までは、藤田先輩は私一人だけのものなのですから…

385 :柏木楓:2000/11/26(日) 12:37
どうしよう。
耕一さんが鬼になって天野美汐の後を追ってから姿が見えない。
たしかに耕一さんは鬼としてはとても強いけど、今の状況で単体行動は危険なのに・・・
誰かが一緒についていてくれれば良いんだけど、私の力じゃ耕一さんがどこに潜伏してるか分からないし。
それに千鶴姉さんも・・・
梓姉さんが見付けた時にはもう瀕死の重傷だったみたい。
私と初音で必死に治療しているけど、悔しいかな、力が及ばない。
運良く一命とりとめても、鬼としての戦闘能力は回復出来そうに無いし、
最悪命を保つことも出来ないかもしれない・・・
そういえば、千鶴姉さんを運んできた後から梓姉さんの姿が見えない。
もしかして、梓姉さんまで一人で・・・!
何とか、何とかしなくちゃ・・・
千鶴姉さんと初音だけでも、何としてでも私が守るわ。
妖狐の力・・・私の中に取り込めたら・・・"鬼"でありながら"妖狐"になれたら・・・もしかしたら・・・

386 :来栖川芹香:2000/11/26(日) 13:15
恐らく私にとっての最後の夜
私としたことが、致命的なミスを犯してしまいました。
まさか姫川さんに施した洗脳が解けていたとは…
あわててルミラさんたちに後を追ってもらいましたが、結果は最悪のものでした。
既に死亡及び機能停止を確認していた姫川さんとHMX-13に加え、
藤田さんと松原さんまでが何者かによって殺害されていたとのことです。
なんと言うことでしょう…。
これで、既に我が身に宿りし破壊神「ガディム」を制御することは不可能になりました。
遠からず我が身は、内なる破壊の衝動に飲み込まれ、虚無の果てに消え去ることでしょう。
そして、既にその兆候は生じています。しかし、それは神岸さんとて同じこと。
今や彼女は、荒れ狂う邪悪な力を制御しきれなくなっているはずです。
藤田さんの存在こそが、神岸さんの力の鍵となっていたのですから。
……どうやら、もはや我々の滅びは避け得ないようですね。
私は館を離れ、一人神岸さんのもとに向かうことにしました。
そう、未だ意識のあるうちに、同じ男を愛したものとしての決着をつけるために…

387 :沢渡真琴:2000/11/26(日) 13:54
例の任務に派遣していた我が眷属、緒方理奈より報告が入った。
来栖川と神岸の間隙を縫い、首尾よく藤田浩之の抹殺に成功したとのこと。
流石は七瀬留美と並び、ツインテールの持ち主である我が妹。見事な働きだ。
今まではその心を操る能力を生かし、権力機構・マスコミの操作に従事してもらっていたが、
事態がここに至っては、もはや小細工の必要はあるまい。これからは我が手元で働いてもらおう。
これで来栖川も神岸も、共に滅びは避け得まい。しかし上手くいったものだ。
ククッ、私を脅かす可能性のある存在はきちんと排除しておかなくてはな。
それはそうと、例の神奈の模造品がこの街に入ったようだ。
何故か高野の連中を避けているようなのが気になるが、とりあえずはどうでも良い。
なにせ、高野の連中は単なる人形としか思ってないようだが、あの「みすず」には、
我に復活の力を与えし術者であり、そして既に我に喰われし者「狗法使い」の念が込められている。
とすれば、高野の自由に動く公算は限りなく低いはずだ。まあ、私の自由に動くわけでもないがな。
上手く利用すれば、天野美汐から神奈の力を奪うことも可能かもしれぬな…
さて、その天野たちは鬼に掛かりきりよようだし、この隙に倉田佐祐理でも滅ぼすとするか。
留美からの報告によると、倉田の周りには川澄舞も、異界の勇者たちも不在の様子。
よほど妖孤の力を抑える秘薬とやらの力に自信があるらしいな。我らには通用しないとも知らずに…
私が出ることもあるまいが、どの程度力が戻っているかも確認するいい機会だ。自ら動くとするか。
クククッ、倉田佐祐理、そろそろ脇役は退場の時間だよ…

388 :川名みさき:2000/11/26(日) 14:15
〃月∀日 95点の夕焼け

…この世の果ての…狂喜や慟哭が観える。
そろそろ、選定に与れなかった星辰にとってはさぞ辛い戦いと
なっていることだろう。

既にいくつかの業担う星が衝突し、流れていったようだけど…
それが何を意味するのか彼女達はわかっているのだろうか。

狂躁は収束することなく、ただ形を変えて受け継がれる。

彼女達が力や欲望を拠り所とする事も、先人の穿った運命の歪みに
知らず取り込まれ、その慣性の赴くままに動かされているゆえ
…それは、運命の傀儡も同然だ。
獣達が破局を呼ぶのではなく、破局こそが獣達を呼んでいるのだ。

たとえばあれも、そう。
強き伝承を準えた武器は、運命背負いし者の手の中でいずれ伝承の
ままの大破壊を導くことだろう。もはや、それは模造品から生まれる
程度の因果の範疇には留まらないことを、使い手は──狐を狩る者は
理解しているのか。
そして、妖狐を求める鬼。悲願果たせしその時、自分が成るのは第二の
妖狐でしかなく…あるいは、もはや妖狐よりなお禍禍しきその姿は
──『妖猫』と呼ぶべきか。

それは凄艶で心惹かれる宴であると同時に…何処か切なく悲しい事でもある。
多分、そう思うようになったのは、久しぶりに邂逅を果たした旧知の存在が
あったせいなのかもしれない…清水なつき。

グエンディーナの魔女たち、そして前時代の遺産から因果律を見出した
なつき自身すら、既に彼の地の重力に囚われつつある。
…未知を追う事には、危険が伴うのだ。

あるいは、私が観ているこの破局も、私自身が動けば変わることも
あるのだろうか。
でも、そうだとしてもまだ早い。もう少し、もう少しだけこの座に
留まることにしよう。

…どのみち、この店でもう少し働いていかないと食べた分の
ラーメン代金が払えないんだよ…。

389 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 14:35
>>388
オチが上手すぎ(w

390 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 14:50
>388
ごめん。その姿を想像して萌えちった…

391 :現在の被害者の皆様:2000/11/26(日) 16:07
順不同。よろしく。

 美坂香里:物語開始早々に栞に消される。
 水瀬秋子:パワーを抑えてゴッド栞と戦い、封印される(いつでも再起可能)。
来栖川綾香:あかり姉さんの実力の一端を垣間見るが、あっさり殺される。
長瀬源之助:過労のため、寿命を迎える。
  セリオ:浩之を護る使命に従い最期まで戦うが、琴音に討ち取られる。
 姫川琴音:セリオを討ち消耗している処を葵に止めを刺される。
  松原葵:琴音を殺した後、浩之共々何者かに殺される。
 藤田浩之:葵と一緒に誰かに殺される。
 柏木千鶴:美汐と単騎で戦い、再起不能にまで追い込まれる。
宮内レミィ:物語が始まる前にすでにあかりに殺されていた。


392 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 16:10
>>391に補足
たま:桜井あさひにやられた(?)らしい。

393 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 16:22
>>391に更に補足
森川由綺:物語が始まるかなり前に七瀬彰により殺害される。
澤倉美咲:物語が始まるかなり前に自殺。

394 :長瀬祐介:2000/11/26(日) 16:39
これが最期の書き物になるかも知れない
 明日、人智を越えた両者の戦いに介入しようと思う。
 神岸あかり、来栖川芹香。いずれも直接相まみえた事は無いが、その恐ろしさは実感できる。
 源之助さんが亡き今、皆は後継者が来るまでの間を稼がねばならない。僕がやらなければいけない。
 もちろん、あの二人の戦いにいきなり飛び入り参加しようとは思わない。
 生き残ったいずれかに、この狂気の力……破壊爆弾を精神に浴びせてやるのだ。
 これで倒せない確率は0%だ。これを喰らえば、例え妖狐とて自我が消し飛ぶはずだ。
 これに成功すれば、二つの勢力が同時に完全消滅する……
 僕がやるんだ。
 沙織ちゃん、瑞穂ちゃん、瑠璃子さん、月島さん、太田さん、岸辺さん、高倉さん、江藤さん……
 そして護って下さい、源之助さん……冥途から。
 明日の夜空に月が輝く時――それがあいつらの命の灯が消える時だ!

395 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 16:51
>>391に更に更に補足
高槻:美坂家を襲撃した際に、香里によって虐殺される。
    ちなみに初の犠牲者(w

396 :江藤結花:2000/11/26(日) 16:54
日付なんて忘れちゃったわ
 源之助さんが死ぬなんて……
 ただでさえ動揺していた私なのに、これには参った。
 さらに凶報は続く。祐介君が勇ましい置き手紙を残して消え、それを探しに出た
 新城さん、藍原さん、太田さんまで姿を消したのだ。この三人については明日になっても戻らなければ
 捜索隊を出すと、月島さんが言っていた。この町に一日放置しておくなど見殺しに等しいのだが、
 他にどうしようもないし、彼女達とて決して非力ではない。生き残ってくれる事を祈ろう。
 祐介君は、もはや誰にも止められまい。岸辺さんがいれば魔法で留めて置く事もできたろうが、
 彼女は今、スフィーちゃん達を迎えに行っている。くそ、何て事なの……!
 かつてエクストリームの女王・綾香と互角とまで言われたこの私だが、
 あの神岸あかりには間違っても勝てる気はしないし、恐らく足がすくんで戦う事すらできないだろう。
 くっ……みんな、頼むから生きて帰ってきてよ!
 そして保科さん、早く来て!

397 :神岸あかり:2000/11/26(日) 16:57
私はその場に立ち尽くしていた。
私の足元には、浩之と松原葵の死体。
なんなんだ、これは・・・?
かろうじて顔の判別は出来るものの、身体はほとんど原型を留めていない。
おそらく一瞬の出来事だったのだろう、浩之の顔には動揺の色がいまだに伺える。
死んでいるのが誰だか分かるようにわざと顔を残して殺したとしか思えない。
誰だ・・・!
こんなことするやつは誰だッ・・・!!
私が直々になぶり殺してやるッ!

犯人の痕跡を見つけた。
獣の匂いだ。
この街をうろつく妖狐の奴らの中の誰かだ。
見つけて、必ず、コロシテヤル。
簡単には殺しはしない。
耳をちぎって鼻を削いで、指を1本1本、意識がなくなるまで切り落としてやる。
だが、その前に・・・
私はゆっくりと振り返る。
やっと決着、付けるときが来たみたいだな・・・芹香!!


398 :藤田浩之:2000/11/26(日) 16:59
&#1039;月&#1033;日 霧

下校途中、頭からストッキングを被り、銀行に駆け込む二人組を見た。
一方のストッキングから突き出た触覚に思わず目頭が熱くなる。
………。
ムショならメシに困らないと思い、そっとしておいた。

399 :398:2000/11/26(日) 17:00
>>388
エプロン姿で頑張る先輩を思い浮かべ、爆笑させていただきました。

>331@`>345@`>373@`>379
<(_ _)>ご意見ありがとうございます。

400 :コリン:2000/11/26(日) 17:25
なんかとんでもない事態が起きてるからなんとかしろって、
ユンナが言うから来てみたけど…なんなのよこの街は〜(泣
こんなの見習い天使の私なんかに何とかなるわけないよ〜
とりあえず帰って、芳晴に相談してみよっと…
あれっ、でもこの街、もう天使がいるじゃない。
それも、途方もなく強力な人が。でも、おかしいわねえ。
ユンナはこの街には天使はいないって言ってたのに…

401 :上月 澪:2000/11/26(日) 17:29
あのね
今日剣を持った女の子に追われたの
でもね
みんな知らないの
何故私が喋れないか
それはね
引き替えにしたの
言葉を引き替えに私は超越したの
私のね
仲間にはね
栞ちゃんを入れて5人いるの
みんな凄く強いんだよ
私はまだ弱い方だけど
人間じゃ勝てないって事をね
この女の人に死をもって教えてあげたよ
これで良いよね?栞ちゃん?


402 :リアン:2000/11/26(日) 17:30
日本に降り立った最初の日の事――。

 飛行機は定刻通りに関西空港に到着。これからすぐさま彼の地に向かう事にする。
 ただ、邪気の濃さから飛行機で行くのは危険と判断し、列車で移動することにする。
 とすれば、発車時刻まではまだ間があるために、どこかの図書館で例の予言書の解読
と資料の収集でもしようと思っていた所、思いがけない事が二つ起こった。

 俺の携帯に電話してきたのは保科智子だった。関西弁で人を見下した奴だが、知能は
すば抜けている。それはどうでもいいとして、話を聞いてみると長瀬の親父が亡くなっ
たとの事。さすがの俺も茫然自失になってしまった。
 こうなると、。
 親父をこんな目に遭わせた妖狐や高野の僧兵どもやそれを煽る愚者どもにに天罰を与
えなければな。とりあえず、保科には明日の内に現地入りすると伝えておいた。

 そして、一刻も早く状況を更に把握しようと、都心に向かっていた所、乗換駅にて、
一組の親子連れと出会い頭にぶつかった。相手は20代後半の女性と10代のポニーテール
の少女だった。俺を突き飛ばすとはいい根性だと、脅そうと思った所、逆に20代の女が
すごんできやがった。
『あんた、高野の手の者やろ!! みすずには手をふれさせへんでぇ!!』
 その台詞にどこかひっかかったので、とりあえず俺が高野の者ではないということを
伝えると、相手の女は疑りながらも振り上げた拳を収めた。
 すぐさま、知人の月島拓也に連絡を取るった所、この親子の素性が判明。
 親の方は高野の法術師で神尾晴子、少女の方は高野の切り札の兵器の神尾観鈴という。

 その時、俺はこの兵器に関する『ある事』を思い出した。
 その為にもこの親子はいち早く、国外へ脱出させた方がいいだろう。
 すぐさま、俺は近くの銀行の貸金庫に預けていたブツを取り出す。
 この騒動が終わった後に商売道具として使う筈だった――偽造パスポートとビザ。
 四の五も言ってられず、パスポートに彼女らの写真を付けた(もちろん名義は偽名だ)。
 その後に、すぐさま空港へとんぼ帰り。

 順調に彼女らの出国手続きも終わり、彼女たちが飛行機に乗り込む。そしてその飛行機
が大空へ飛び去っていくのを見送った。
 行き先はプノンペン。向こうに潜伏している清水なつきにはすでにこの事を伝えてある。
 清水は彼女らを引き取る事を、即了承してくれた。まずは一安心だ。

 その夜、夜行列車の中で下調べをしていると清水から連絡が入った。
 今し方、無事に彼女らを自分の家へ連れていったという……。

403 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 17:37
>401
頼む、ゴッドハンドの地上への介入は勘弁してくれ…

404 :月宮 あゆ:2000/11/26(日) 17:38
α月▽日
祐一君にはせめて死んでも楽しめるよう
夢地獄に送ってあげた・・・・
ゴメンね。
ボクは破壊の翼を持つ天使
ゴッドハンドとして栞ちゃん達と一緒にこの世界を
見守らなきゃいけないんだ・・・・
時に破壊し・・・・時に再生する
それがボク達の使命
頂点に立つ次元を操る者栞ちゃん
破壊の翼を持つボク
転生する声を持つ澪ちゃん
そして・・・・・
そして・・・・

405 :天野美汐:2000/11/26(日) 17:43
▽月▲日
舞がやられた!?
信じられん・・・・・・
奴が死ぬ前に残した
「覇王の卵」
そして
「因果の輪」
が関係あるのだろうか?
舞はそれを見つけたと言っていたが・・・・・・
何にしてもこの状況・・・・好ましくないな・・・・
ヤツを呼ぶしかないのか・・・

406 :倉田佐祐理:2000/11/26(日) 17:48
あははーっ
どうやら澪はうまくやってくれたみたいですねー
どうしても贄として生きている舞が邪魔だったんでよねー
しかしこの力・・・・制御が難しいですねー
一弥を生け贄に超越した力を得たのは良かったんですが
この世界じゃ制御が難しいですねー
あはははははー

407 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 17:52
もうちょっとそれまでの流れってやつを尊重して頂けると有難いのですが…
なぜ強引にベルセリクにもっていこうとするんでしょうか?

408 :来栖川 芹香:2000/11/26(日) 17:53
○月▲日
信じれません
ガディムが消滅しています・・・・
この力はゴッドハンド!?
ゴッドハンドに対抗する為に作っておいた
あれを・・・・マルチとセリオに搭載するしかないというのでしょうか?
しかし奴らは不死の存在永遠の存在・・・・・
何が目的なのでしょうか・・・・・

409 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 17:54
でも澪って確かにゴッドハンドっぽいけどね

410 :澤倉美咲:2000/11/26(日) 18:01
藤井冬弥奪還計画日誌 #391

11月27日 晴

文化祭で冬弥君に抱きついて、唇を奪った。
っしゃーーーーーーーーーーーーーーーーッッ!!!

暗闇という本能を引き出す状況、舞台裏という半閉鎖空間。
全てはわたしのシナリオ通りに事は運ばれた。
冬弥君の反応が恐かったけれど、満更でもないようだった。
この状況を更に有利なものに展開するため、あの舞台裏では捻挫したということにしておこう。
大学も数日の間は休む事にする。
恐らく慣れない罪悪感に苛まれながら、気が気でない彼は連絡をよこすことだろう。
次の行動を起こすのはそれからでいい。

冬弥君とあの憎々しげな小娘の二人は、
逢瀬の時間もなく、会えない日々を悶々と過ごしているらしい。
付け込むなら音楽祭前の、小娘の時間が取れない今だけがチャンスだ。

焦るな、澤倉美咲。じっくり、じっくりと、真綿で首を締めるように、冬弥君をモノにするんだ。
他の面子に真意を悟られないためにも、「いい先輩」という仮面はまだ外せない。
わたしの書いた綿密なシナリオ通りに行けば、クリスマスイブには、
手作りの催淫剤入りのケーキを食べた冬弥君とベッドイン。ふふ…。

あんな、あんな貧乏臭い小娘に、冬弥君を渡すものですか。
だって、冬弥君は、わたしのものなんだから…。

411 :長森瑞佳(地球名):2000/11/26(日) 18:02
「チキュウ」に到着初日
 ふふふ、なかなか面白い惑星だよもん。
 ゴッドハンド、呪術士、妖狐、翼人、エルクゥ、魔法使い、魔族、電波使い、
 変身型宇宙人、異世界の勇者、限界を超えた肉体の持ち主……正に色とりどりだよもん。
 これは遊び甲斐があるだよもん。くっくっく。
 この惑星でのパワーバランスは……うわ、私と比肩する奴らがいるだよもん!
 まずは、生意気なゴッドハンドと遊んでやるだよもん。昔、私を圧倒したムカつく連中だよもん。
 とはいえ、私ですらまともにいけば殺られかねない連中だよもん……
 ん? ゴッドハンドでも、まだ覚醒してない奴もいるみたいだよもん。
 触角……触角のイメージ……まずはこいつを探すだよもん。
 とりあえず、まずは成り行きを見守りつつゴ触角の謎を解いてやるだよもん。
 ふふふ……胸が躍るだよもん♪

412 :名無しさんだもんよ:2000/11/26(日) 18:08
やりすぎなければ、そろそろゴッドハンドもOKかも。
ただ、舞殺しはやりすぎかな……おかげで「次元斬」だとかの伏線も消えちゃったじゃん……
伏線を、もっと上手に活かそうよ。

413 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 18:10
一気にパワーバランスが崩れたな…
ゴッドハンドはやめれっちうねん。
あーあ、あかりVS芹香まではなんとか保ってたのに…

追記:セリオはもう琴音にやられてるよ。

414 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 18:12
文体的にゴッドハンド絡みで自作自演がいるとみた

415 :水瀬秋子:2000/11/26(日) 18:18
奇妙な感覚を感じる。どうやら次元が分岐し始めているらしい。
やはり「力あるもの」が集まりすぎた影響なのだろうか。

恐らく分岐の一方は、現在繰り広げられている闘いとはかけはなれた、
ゴッドハンドと呼ばれる超越者の君臨する世界として終結するだろう。

そして分岐のもう一方では、現在繰り広げられている闘いに近いかたち、
すなわち、ある程度の力の均衡が保たれた上での、凄惨で流血に満ちた闘いが続けられることだろう。

さて、私はどちらの世界に復活すべきなのか…
しかし我が力は強くなりすぎた。強引な復活は更なる因果律の混乱をもたらすことだろう。
いずれかの世界に必要とされるまでは、しばらくはこの空間で事態を見守ることにするか…

416 :415=1:2000/11/26(日) 18:22
できればゴッドハンド関係は、平行世界の話ということでどうでしょう?
仕切ってしまい申し訳ないが、今の展開にも愛着があるので…
気に障ったらスマソ>ゴッドハンドの書き手さん

417 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 18:22
つぅかさぁ、いいかげんリレーSSは他でやって
本来の「ゲーム本編の裏側、あのキャラは実は!?」ってのに戻して欲しいんだけど。
くそつまんねー上にわけのわかんねーリレー小説なんて見るのも嫌なんだが。
せめてTOP20に持ってくるな。
ながくてうぜぇ

418 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 18:28
>>417
たしかになー…オモロイ書き込みが流れるのは哀しい。
かといって続いてるリレーを中断させるのもなあ。
ゲーム本編の裏側スレ、たてようか?

419 :清水なつき:2000/11/26(日) 18:32
昨日の正午だった。

知人のリアンが話していた神尾親子がハノイの空港の到着した。先方はどこか
疑っていたが、とりあえず車に乗せて家に向かう。
しかし、先日のスフィーといい、ここの所珍客が訪問してくる。
家は宿でも合宿所でもねぇぞ、といいたいところだが、私自身も彼女らに用が
あるので引き受けてやった。(その時、とある同人に関するスレッドのタイト
ルを思い出してしまった。関係ないのでsageだが。)

さて、家に向けて車を運転している中で思う。
やっぱり、彼の地に居るものは皆、物事の本質が見えていない。表層ばかりに
騙されて、本来取るべき合理的行動を取れないでいる。

この神尾観鈴、もとい、UAMW(対妖最終兵器)-TYPE1「みすず」だってそうだ。
高法連の奴らは多分知るまい。彼らと共に開発していた独逸軍兵器開発局に来
栖川グループの独逸法人の資本が流れ込み、役員が大量に紛れ込んでいた事を。
そして、来栖川の内通者らは、高法連に気付かれない様に対妖怪兵器といった
主要な部分を持ち去って、厳重な偽装を施していた事を。
さらに、内通者らは独自に開発していた対妖兵器にくすねた主要機関をまるご
と移し替えていた事を。
ついで、「みすず」が抜け殻にされた事を知らずに、高法連はおろか、妖狐ま
でもが完全に騙されている事を。
これだから、奴等の観察はやめられない。
物事の本質を見抜けずに表層ばかりに騙されている――人間の縮図としての奴
等の観察を。

先程、ハノイの空港でこっそり微弱な波動を放出してみた所、「みすず」は体
をくすぐられたかのような反応は示した。これが、本当に対妖兵器なら即座に
攻撃に移り、反応も示さない筈だが。この時点で、「みすず」はやはり抜け殻
になってしまっているといってもいい。もっとも、家に帰った時に厳密に調べ
るつもりだが。とにかく、そのために私は神尾親子を引き受ける事にした。

とすれば、先日真琴が感じた『「みすず」の気配』とはいかなるものなのか?
私が思うに、恐らく来栖川が愛娘の援助にと送り込んだ、「独自の対妖兵器」
だと思われる。
ただ、「マルチ」に「セリオ」は破壊された――とすれば、「対妖兵器」だと
考えられるのはただ一つ――
――HMX-12の後継機、HMX-14「ミライ」――

一体それはいかなるものなのか、全容は今の所分からない。
ただ、来栖川は「対妖兵器」にとどまらず、「対ゴッドハンド兵器」を秘密裏
に開発しているという。
とにかく、不気味な事には間違い無い。

さて、私は今、親の神尾晴子に空港での事でさんざん説教されている。
ただ、関西弁で話されるものだから、キツさもそれなりにある……鬱だ……。


420 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 18:32
>>418
同意。申し訳ないがそれで勘弁していただきたいなあ…

421 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 18:39
>>420
んじゃ、たててくるわー

422 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 18:49
両方書いてる者としては、分けるのに賛成です。
421さん、気の利いたやつをひとつよろしく。

423 :たてました:2000/11/26(日) 19:15
お待たせしました。

http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=975233588

「葉鍵キャラの舞台裏日記」イベント裏のネタはこちらで。
「日記」の単語を入れ落としてスマソ。

424 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 19:16
>423
お疲れ。それじゃネタでも考えるか…

425 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 19:20
で、ゴッドハンド系はどうするよ。
イベント帰りの夜組の意見を聞くまで書き込み保留するか。
自分としては415=1に同意。

426 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 20:25
>>425
私も同意。
新・舞台裏スレも立ったし、もう書き込んでもいいんじゃない?
とりあえず栞以外のゴッドハンドは、
別次元の話なのでこっちの世界には存在しないという方向で。
つーわけでこっちの世界の舞は生きてるということでひとつ。
あと、100落ち寸前までは原則sageで行こう。確かに長いのはアレなので。

427 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 21:55
ていうかベルセルク知らない葉鍵ファンはどうすればいいの?
ゴッドハンドネタが広がり出してからわけがわからなくなってきた

428 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 21:58
>427
ゴッドハンドは存在しなかったことになりました。
あれは別の次元のお話です。>>415参照。



429 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 21:59
ひとつだけ回し。

430 :美坂 栞:2000/11/26(日) 22:03
私の目的はただひとつです
この邪悪の意味をはき違えた世界を
消滅させ
元の状態に戻すことですよ

431 ::2000/11/26(日) 22:19
今日ゴッドハンドと呼ばれる存在を見つけた
まだ覚醒しきってないようなので
斬ることにする
しかし・・・・・強すぎた
とりあえず次元を斬ってその空間に逃げ込む事で辛うじて生をえた・・
しかし・・・・・やっかいなことになった

432 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 22:25
新手の荒らしか…<ゴッドハンド

433 :雛山:2000/11/26(日) 22:28
鼻血月鯖曜日
今日はコンビニでバイト。
レジ打ちの際、商品を放りやるむかつく客がいたので
いつものように袋に入れるときにパンをつぶして入れてやった。
ukeke

434 :川澄舞:2000/11/26(日) 23:23
……くッ…しまった…只の子供だと油断した…身体が動かない…
所詮人の身では奴らには…及ばない…のか…い、意識が…
ん…だ、誰?そこに…いるのは…あ、あなたは…?王 大…
???「死亡確認!」
みたいに行こうかと思ってたんだけど…

435 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 23:25
現在の状況及び主な陣営リストを作成中です。

436 :名無しさんだもんよ:2000/11/26(日) 23:26
いっぺん、状況整理カキコしていいかな?

437 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 23:30
>436
了承。せっかくなんでちょっと整理しよう。

438 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 23:39
>>435-436
とりあえず>>415-416の方向でよろしく。

439 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 23:48
431で話つなげれるんじゃ無いのか?

440 :ある書き手:2000/11/26(日) 23:51
ほいほい。それまでカキコ待つよん。
それにしても、ちょっと目を離すと状況が激変するなぁ(w
某キャラを出そうとしたら、先に出されてるしね。
うぐぅ、先に出しとくべきだったよ……

441 :名無しさんだもんよ:2000/11/26(日) 23:51
少し長くなるかもしれんがどちら様もご了承の程。
一応、ゴッドハンドも書くだけ書いておく。

・秋子、祐一をパイプカットの刑に処す。
・あゆ、秋子さんに拉致られる。
・祐一、自ら開発した栞を3バカトリオに具合を確かめさせようとする。
・秋子、介入してそれをやめさせる。替わりに美汐が与えられるが……
・美汐、法術で3バカをあっさり片付ける。三名は病院へ。
・真琴、動き出す。自分を狩ろうとしている美汐に感づき、あちこちに手を回す。
・祐一、あゆを逃がす。
・北川、千鶴に半殺しにされる。
・たい焼き屋のおやじ、高槻に郁未達の所在を訊かれる。
・佐祐理、始動。舞を美汐の協力のため貸し出す。スフィーらにも手を回す。
・真琴、高槻に間接的に情報提供する。
・往人、対秋子戦のため美汐に招かれる。
・香里、始動。名倉姉妹を捜しに家に来た高槻を虐殺する。
・栞、ゴッドハンドの力を得る。秋子を片付ける。
・名雪、秋子を封印する(したつもりになる)。
・美汐、郁未対策のため戦力集めに奔走する。
・祐一、行くあてのないあゆを保護する。
・あゆ、ゴッドハンドの一人として覚醒する。
・芹香、始動。駆け落ちした綾香と浩之、セリオを追い、葵と琴音を従えて動き出す。



442 :水瀬秋子:2000/11/26(日) 23:53
何!
バカな!この力・・・・・
ゴッドハンド!?
いや違う・・・・・・なんだ
貴様はッ来栖川の・・・・・・・・・・・

443 :名無しさんだよもん:2000/11/26(日) 23:57
澪 ゴッドハンド覚醒
舞 死亡に見せかけて生き延びる
さゆりん 実はゴッドハンド(未覚醒)

444 :名無しさんだもんよ:2000/11/27(月) 00:00
続き
・栞、千鶴を再起不能寸前まで追い込む。
・源之助、始動。事態の収拾のため電波使いを呼び寄せる。
・郁未、始動。香里の依頼を受ける。
・柳川、始動。連日の調査の疲労でイカレ出す。
・耕一、始動。柏木姉妹と合流。
・みさき、傍観者として状況を見守る。
・楓、妖狐らと手を結ぶ事を決断する。
・秋子、目覚めるが封印を破れずふて寝。
・北川、マスターアジアに弟子入りする。



445 :書き手さんだよもん:2000/11/27(月) 00:01
どこぞに別ページ作ってそっちでまとめてみるってのも面白いかもね。
ついでにログ・・・っても取るほど無いか(w


446 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 00:07
ゴッドハンド氏がそんなに不愉快なら、いっそのこと新スレ作って移転するか?
今までの経緯もまとめられそうだし。ただ、たぶんこのスレは廃墟と化すぞ。
流石に俺も、その後このスレに日記ネタ書き込む気にはなれんし。

447 :柳川:2000/11/27(月) 00:10
魔物どもが・・・・・
ゴッドハンドの手を汚すまでもない
我ら四魔貴族が始末してくれる・・・・・
四魔貴族
それは
電波公月川
影薄候北川
蹴球長雅史
鬼神公たる私達
四人が・・・・・な

448 :ある書き手:2000/11/27(月) 00:10
移転に1票♪

449 :ゴッドハンド:2000/11/27(月) 00:11
446>待て!
俺は何もここにはカキコしてないぞ
とんだ良い迷惑だ!

450 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 00:14
一番の被害者は実在する超越者(オナニーマスター)
ゴッドハンドか・・・・・?

451 :名無しさんだもんよ:2000/11/27(月) 00:14
スマン、何か間違って早く書き込んでしまった。

・リアン&スフィー、佐祐理の依頼を蹴る。
・あかり、始動。浩之を保護するため参戦。
・美汐、神奈を自らの身体に下ろす。
・(スマソ、かなり前に栞が香里を殺してるな)。
・往人、到着。
・みさき、スフィー達と会談する。恐らく、この時にラーメンを食い過ぎる。
・源三郎、柳川=電波感染説を否定する。
・祐介、始動していた事が判明。一緒にきてしまった沙織共々ラルヴァに襲われるが、撃退する。
・彰、始動。美咲を生き返らせるため、この町を訪れる。
・マルチ、パンピー狩りに精を出す。彰を襲う。
・美汐、高野山の僧正連を敵に回し何かの封印を解こうとする。
・詠美、始動。おたくたちのせーしんえねるぎーをぞーふくさせるため、たこのかみさまを呼び出そうとする。
・舞、彰を救いマルチを手負いにする。
・柳川、回復。謎のメールを受け取る。
・彩、魔族を喚びだしてる(?)。
・源之助、千鶴の負傷を癒す。恩を売る。
・ルミラ、始動。
・瑠璃子、狂気に侵され毒電波をまき散らす。


452 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 00:15
>>449
スマソ。ここで話題になってるのは別のゴッドハンドだ。
同じ超越者として、意見してやってくれ。

453 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 00:24
でもこの後四魔貴族がどう出るか気になったり・・・・

454 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 00:25
今夜は書き込みを見送った方がいいと思う。
結局、伝奇ネタが気にくわない奴が最強キャラ出しまくってんだろ…

455 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 00:29
>>454
同意。せっかくなんで約束事とか決めてみよう。
展開は400&402までで凍結ということでどうでしょう?

456 :名無しさんだもんよ:2000/11/27(月) 00:32
・志保、あかりを追いこの地へ。ラルヴァに襲われるが、助かる。
・聖、始動。マルチを仕留め、神奈抹殺に向け動き出す。
・佐祐理、葉子を舞と祐一のコンタクト阻止のため動かす。
・郁未、舞とコンタクトをとる。祐一をおびき出す。
・佳乃、始動。
・祐一、行方不明のあゆ(郁未の仕業)を探しに大木の元へ。舞に襲われる。
・あさひ、たまを倒し魔界へ返す。
・葉子、舞と祐一を発見するが郁未の存在のため動けず。あゆの覚醒を目の当たりにする。
・美汐、いよいよ高野山僧兵を抱き込む。
・柳川、ものみの丘周囲十キロを封鎖する。詠美らを留置する。
・なつき、因果律について考察する。傍観者。
・真琴、美汐の牽制のため手を考える。
・あかり、芹香と接触する。マルチを回収。
・名雪、脅える毎日。
・いいかげん調べるのも疲れてきた自分。
・源三郎、詠美らを釈放する。
・ガディム、高野山に異次元からの一撃を放つ。
・舞、次元斬の修得のため一時降板。
・芹香、あかりに綾香の隠れ家をチクる。


457 :書き手だったりする:2000/11/27(月) 00:37
せっかくだし、キャラについてもまとめようか?
既にやってくれてる人がいればやんないけど。


458 :名無しさんだってばよ:2000/11/27(月) 00:40
>>457
ごめん、やってる。雫・まじアン同盟、鬼一族、警察関係者と霧島姉妹が現在終了。
今は高野山他妖狐狩り陣営を書いてます。このへん複雑過ぎで鬱駄氏脳。

459 :ゴッドハンド:2000/11/27(月) 00:43
よく分かたないけど
過去ログ読んだ限り所属組織でまとめれば良いんじゃないですか?

460 :書き手さんだよもん:2000/11/27(月) 00:43
スレ移転でもして気持ち良く再開したいところだね。
あと、100落ち寸前まではsage推奨でよろしく。

>>454
展開としては415@`419も追加しておいて大丈夫だと思う。

>・いいかげん調べるのも疲れてきた自分。
お疲れ様&ありがとう。
状況整理にはかなり役に立つよ。

>>457@`458
陣営リストとキャラリストは別々にしても良いんでないかい?

461 :457:2000/11/27(月) 00:44
>>458
それじゃ申し訳ないけど、おまかせということで。

462 :書き手さんだよもん:2000/11/27(月) 00:46
くはっ、454でなくて455だった・・・宇津山車納

463 :455:2000/11/27(月) 00:49
ごめんなさい。419を忘れてました。
415は必要なければ飛ばしたほうが好もしいかと思います。私の書き込みだし。

464 :名無しさんだもんよ:2000/11/27(月) 00:53
>>454
了解。だが、中途半端だからこれだけ書いておく。

・なつみ、結花やみどりを連れ参上。
・理緒、あかりの究極変身の手がかりを得る。
・スフィー&リアン、しぶしぶ来日。リアン、謎の予言書を見つける。
・美汐、鬼一族に行く手を阻まれるが辛くも脱出。
・綾香、変身したあかりに惨殺される。
・茜、いざという時は美汐を殺さねばならない立場だが逡巡する。
・耕一、美汐に恥をかかされた怒りから暴走。
・晴子、観鈴を連れて逃げ出す。
・芹香、逃亡していたセリオ&浩之の追っ手に琴音と葵を向かわせる。
・ティリア、登場(佐祐理の勢力)。
・留美、真琴に上奏し真琴と共に佐祐理潰しに向かう。
・彰、ついに源之助と出逢う。が、願いは未だ果たせず。
・源之助、後のために手を施し逝去する。
・智子、いよいよ始動。なぜか同じバスに理緒や冬弥がいる。
・冬弥、彰への復讐や智子への迷いに精神をかき乱される。
・美汐、新たな武器を手に入れ千鶴を再起不能に。
・琴音、死闘の果てにセリオを仕留めるが、葵に殺される。
・葵、浩之と心中覚悟で逃げるが浩之共々理奈に抹殺される。
・楓、鬼でありながら妖狐の力を手中にいれるため動き出す。
・芹香、浩之の死に自らの最後を悟り、あかりとの血戦を決める。
・みさき、参加したいがラーメン屋の払いのため労働中。
・祐介、あかりと芹香のうち生存者を決死の覚悟で仕留める事を誓い、飛び出す。
・コリン、ユンナにはめられ登場。
・澪、舞を仕留める(が、これは半殺しだった事が判明)
・リアン、神尾親子をなつきの元で保護させる。

 とりあえずここまでで凍結という事で。

465 :名無しさんだってばよ:2000/11/27(月) 00:58
>>書き手さんだよもんさん

陣営リストは >>347 >>350 >>353 を参考でなんとかなると思う。
時間かかっててスマソ。

466 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 00:58
>>464
お疲れ様でした。

467 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 00:59
なんか、通俗三国志演義とか、水滸伝の目次みたいだ(w

468 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 01:00
>>460
激しく同意。
といいながら、すでに手元ではネタ書いてる。

469 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 01:02
>>467
確かに(w


470 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 01:04
新スレに移転したら、でてないキャラで参戦しますねーーーっ

471 :書き手さんだよもん:2000/11/27(月) 01:09
>>463
今メール欄読んだです(w
栞がゴッドハンドとして大筋に顔出してる以上、残りを全部無視するわけにはいかないと思うんだが・・・
あゆが覚醒したのは破壊の翼になった影響もあるんじゃないか?とか疑り深いことやってたし。
何とか上手く取り込めないかと思ってるんだけどね。

>名無しさんだってばよさん
いえいえ、今夜は進展無い(ハズ)ですからゆっくりやってください(w

>467
ゴメソ、sageにしてくれると嬉しい・・・

>468
実は俺も既に次のネタを色々考えてたり(w

>470
了承(1秒)
どんどん参加してくださいねーーっ

というわけで、俺は今夜はここまで。
また明日の朝に状況確認しますんで(w

472 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 01:12
>名無しさんだもんよ さん
過去ログの要約、お疲れ様です。一書き手として助かります。
>>454 >>460
激しく同意。

多レス、スマソ。

473 :名無しさんだもんよ:2000/11/27(月) 01:23
そういえば、美汐達が観鈴捕獲に乗り出したのを書き忘れてた……
スマソ、今日は寝る。

474 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 01:30
正直、ゴッドハンドは栞以外なかったことにしてほしい。
あれでどれほど鬱になったことか…

475 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 01:36
俺はむしろ栞ゴッドハンドは良いと思う
だって栞この板でまともな扱い受けてないから・・・・
せめてここだけでも・・・・・

476 :名無しさん@だってばよ:2000/11/27(月) 01:48
俺も474に同意。マジ勘弁して欲しい。

477 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 01:48
いや、栞はあれでいいのよ。うまく話に収まったし。
ただ、無造作に最強キャラを出すのは勘弁して欲しいんだよね…
やっぱり強い設定を出すときには弱点も添えとかないと。
以上、単なる私見でしうた。

478 :名無しさん@だってばよ:2000/11/27(月) 01:52
愚痴ったところで(スマソ)出来ている分までのリストを公開します。
残りは妖狐本陣、その他のキャラ、被害者ズになります。

主な陣営及び現在の状況

●電波使い・グエンディーナ連合

長瀬祐介 → 最強の電波使い。あかりVS芹香の勝者を破壊爆弾で倒すことを決意。単独行動中?
月島拓也 → 智子が到着するまでのリーダーを務める。瑠璃子、結花と共に総合病院で待機。
月島瑠璃子 → 障気に犯され、負の電波を増幅する電波を発していたが、源之助の魔法により正気に戻る。
太田加奈子 → 脳に命令を下し、潜在力を全て引き出すことができる。沙織、瑞穂と共に祐介捜索中。
新城沙織 → 瑞穂、加奈子と共に祐介を捜索中。
藍原瑞穂 → 沙織、加奈子と共に祐介を捜索中。
七瀬彰 → 美咲復活のため源之助を頼る。由綺を殺し、冬弥と対立。
     現在スフィー待ち。戦闘力ナシで生き残っているところから、かなりの強運か?
保科智子 → 知略に長けた源之助の後継。炎の格闘術に秀でる。理緒、冬弥と共にバスで現地に向かう。
スフィー・リム・アトワリア・クリエール → 凄まじいポテンシャルと魔力容量を持った魔女。
                     みさき、なつき、佐祐理とも面識有。日本に到着?
リアン → 神尾親子を国外脱出させる。夜行列車で現地に向かっている。
高倉みどり → 特殊武装部隊のリーダー。私兵を多く連れている。
岸辺なつみ → 「ココロ」使い。スフィー、リアンを迎えに行っている。
江藤結花 → 綾香と互角に戦ったエクストリームの女王。月島兄妹と共にスフィー待ち。

追記事項 以前源之助が千鶴を治療したことにより、鬼一族に貸しがある。楓には信用されていない?
     また、長瀬つながりで警察とも関連有。
最終目的 各戦力を消耗させ、事態の収拾を図る。

479 :名無しさんだもんよ:2000/11/27(月) 01:53
俺もゴッドハンドは栞のみでOKだな。ラスボスみたいな扱いで。
途中であんなのがぽこぽこ出てくると、バランス崩れまくるもんな……
上手く出すのは相当難しいみたいだし。

480 :名無しさん@だってばよ:2000/11/27(月) 01:56
●鬼一族

柏木耕一 → 最強の鬼。勢力争いより美汐と決着をつけることに執着しているようだ。
柏木千鶴 → 鬼一族四姉妹の長女。最終兵器を装備した美汐に敗れ、瀕死の重傷を負う。
柏木梓 → 四姉妹次女。千鶴を発見後、姿を消す。
柏木楓 → 四姉妹三女。初音と共に千鶴の回復にあたる。狐の力を取り込んで妖猫になろうとしている?
柏木初音 → 四姉妹四女。楓と共に千鶴の回復にあたっている。

追記事項 以前源之助に千鶴を治療して貰ったため、長瀬陣営には借りがある。
     ただし、楓は源之助を信用していない? 妖狐陣営・元FARGO連とは同盟関係。
最終目的 耕一は美汐との決着。楓は一族を守ること。

●警察関係者

柳川祐也 → まだ本調子ではないが、鬼の力の保持者。佳乃、志保の身柄を確保。
長瀬源三郎 → 香里に重傷を負わされ、療養中。源之助の死を知っているかは不明。

追記事項 霧島聖とは同僚関係。長瀬つながりで電波使いたちとも関連有か。
     みさきから『大なる結界は血と裏切りの果て、遠からずほころぶ』のメッセージを受け取る。
最終目的 事件関係者の逮捕。

481 :名無しさん@だってばよ:2000/11/27(月) 01:58

●霧島姉妹

霧島聖 → 特別対策室の切札で、対化物用技術の結晶。邪教を憎む。柳川との合流のため総合病院へ。
霧島佳乃 → 翼人の羽根の魔力により、白穂の力を得る。犬神ポテト使い? 現在は総合病院で待機。

追記事項 聖は佳乃が羽根の呪いにかけられていると思いこみ、神奈の抹殺を狙っている。
     よって美汐・高野山連合が最大の敵。柳川とは姉妹共に面識があるようだ。
最終目的 現時点では聖が神奈の抹殺を狙っている。街に巣喰う魔物退治も放棄するつもりはないようだ。
     佳乃は姉の魔物退治の手伝い。神奈についての感情は不明。

●高野山連合

天野美汐 → 打倒真琴を目指す法術師。翼人神奈を降ろすことに成功。最終兵器ピナーカを得る。
      現在は千鶴を倒し、国崎往人を探している。
里村茜 → 美汐の古い修行仲間で親友。法術の威力は美汐以上。
     彼女を監視し、抹殺も辞さない覚悟だが、改心を期待している。
橘敬介 → 高野山の術師? 観鈴を兵器として使用しようとするが、逃げられる。
国崎往人 → 美汐と共に修行をした国崎流法術の使い手。美汐に惚れそう?

追記事項 対妖狐用人間兵器「みすず」は来栖川に差し替えられ、
     狗法使いの念も込められているため思惑通りに動かない。
     また、七瀬が妖狐の眷属だったことが判明。舞、佐祐理、葉子とは共闘関係?
     葉子以外の元FARGOと鬼一族も敵となる。
最終目的 九尾の妖狐およびその眷属の抹殺。

482 :名無しさん@だってばよ:2000/11/27(月) 01:59
●その他の対妖狐陣営

川澄舞 → 母を生贄にされて以来魔を憎むようになった。左腕に「サイコカノン」を身につけ、
     ついには奥義「次元斬」を修得。現在は次元の隙間に身を潜めているらしい。
倉田佐祐理 → 真琴とも過去につながりがあった魔導師。異界からティリア、サラ、エリアを召還。
       現在七瀬留美・沢渡真琴に狙われておりさりげにぴんち。
鹿沼葉子 → 不可視の力の持ち主。真琴側の郁未たちを裏切り、佐祐理の陣営につく。祐一、あゆの力を狙う?
ティリア → 佐祐理に召還された光の勇者。祐一を取り戻そうと、現在は三人で街をパトロール中?
サラ → 異界からティリア、エリアと共に召還される。
エリア → 異界からティリア、サラと共に召還される。

追記事項 佐祐理作の対妖狐用の秘薬は真琴には効き目が薄いらしい。
     美汐と手を組んでいるため、高野山連合とも同盟関係にある。
     佐祐理つながりで芹香とも手を組んだが、今となっては助けは期待できない(かも)
     それにともない、元FARGOの郁未、名倉姉妹、鬼一族とも敵対。
最終目的 舞が魔物を討つこと。佐祐理は世界支配? 葉子はクライアントの依頼の達成。
     ティリアたち三人は祐一の奪還及び魔の消滅。

●姉さんファミリー

神岸あかり → 力の源である浩之を妖狐に消され、制御不能状態に。芹香と決着を付けようと対決中。
長岡志保 → あかり姉さんの部下。現在は警察に保護されている。
佐藤雅史 → 志保とはぐれた後、何やら恐ろしい目にあったらしい。詳しくは不明。

追記事項 ほぼあかりワンマンチームに近い。目下の敵は芹香だが、浩之を殺した妖狐にも復讐を誓う。
最終目的 あかりは芹香・妖狐一派の抹殺。志保はスクープ。雅史は不明。

483 :名無しさん@だってばよ:2000/11/27(月) 02:06
●ソーサラー来栖川芹香

来栖川芹香 → 浩之の死により、宿らせたガディムが制御不可能に。
       あかりと決着を付けるため死地へと向かう。
HMX-12 マルチ → 魔導と科学を融合させたアンドロイド。修理および改造終了?
HMX-14 ミライ → 来栖川最新鋭のアンドロイド。高野の技術を搭載されている。
ルミラ・ディ・デュラル → 高位魔族。芹香に召還されるが、宿主の命がなくなりかけた今その動向は不明。

追記事項 エビル、イビル、フランシーヌ、メイフィアが未登場。たまとアレイは場外。
     倉田佐祐理と同盟を結んでいるようだが、あちらにティリアたちが居るため
     魔族たちの身柄引き渡しは難しそうだ。また、制御不能のガディムの行く先も未定。
最終目的 芹香はあかりの抹殺。マルチ、ミライは不明。ルミラは宿主の血を吸うこと?

●光の翼保持者月宮あゆ

月宮あゆ → 光の翼を解放、襲撃から祐一を守る。現在は水瀬家で祐一と共に夢を見る日々。
相沢祐一 → なんらかの力を秘めているらしい。が、本人は何も知らずあゆと眠り続けている。

追記事項 警察はあゆと祐一の居場所を突き止めている。
最終目的 二人で幸せな日々を送ること?

●邪神崇拝者

大庭詠美 → こみぱのおたくを供え物にしてたこのかみさまの復活を狙う。
長谷部彩 → 街に到着後、詠美の指示通りに動くため単独行動中。

最終目的 たこのかみさまの復活。

484 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 02:10
>478
俺的には瑠璃子さんは狂気を秘めたままでいて欲しいのだが…
正気に返られると使い出がなくなるので…

485 :名無しさん@だってばよ:2000/11/27(月) 02:15
読みにくくてすんまそん。現時点で出来てるのはここまでです。
残りはFARGO連、妖狐本陣、観鈴親子に傍観者、その他のキャラ、被害者です。

>>347-353 参考にさせていただきました。感謝。
>>484  そのへんはどうぞご自由にアレンジして下さいー。
     源之助は星になってしまいましたし。

486 :名無しさんだもんよ@347とか:2000/11/27(月) 02:17
>>485
いえいえ、そっちの方が正確だから鬱だよ……
頑張って書いてくれ。


487 :名無しさんだもんよ@347とか:2000/11/27(月) 02:18
すみません、ageちゃった……
俺バカだ氏のう。

488 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 02:19
とりあえず寝ます…
続きは朝に見ます…

489 :名無しさんだもんよ:2000/11/27(月) 02:35
>>485
一応書いておくけど、妖狐軍団には理奈がいるぞ。
いや、なんか忘れてそうだったんで。

490 :川澄舞:2000/11/27(月) 03:17
ι月κ日
 …今の私は手負いだ。今日の出来事はきちんと日記に記して、今後の戒めとしておこう。
 今から考えれば、今の魑魅魍魎の蠢くこの街に只の少女がいるはずが無かったのだ。
その少女は小柄で、青いチェックのリボンでショートカットの髪をし、何故かスケッチブックを
持ち歩いていた。私が話し掛けると、その少女は何故かスケッチブックに文字を書き始めた。
 その『上月澪』と名乗った喋れない少女は、私についてくると言い出したのだ。私も澪には
好意を抱いたので、つい気を許してしまった。やがて妖孤達に襲われた私は、そいつらを
皆殺しにした後、澪に背後から襲われた。そして冷静さを欠いたまま逃げる澪を追いかけた
私は遊ばれていたことに気がつかなかった。…それに気がついたときは澪は本性を現していた。
 奴はゴッドハンドだったのだ。この世界の監視者。人間の私がかなうはずも無い。
奴は私に向かいその『声』を放った。それは恐ろしいまでの力を持って、私に襲いかかった。
私はとっさに空間を切り裂き、その裂け目をくぐりどうにか逃げ延びた。奴は何故かそれ以上
私を探そうともせずにその場を立ち去り、私はどうにか生き延びた。
 危なかった…今日ほど死を覚悟した事など無かった。しかし私はとにかく生きている。
今は傷を癒すことだけを考えよう。全てはそれからだ…。

491 :名無しさんだもんよ:2000/11/27(月) 03:26
>>490
おいおい。ログ読んでたか?

492 :490:2000/11/27(月) 04:02
>>491
…あらまあ。どうしよう。

493 :佐藤雅史:2000/11/27(月) 04:14
志保とはぐれた後準備のために一旦帰った家に届けられていた送り主の表記されていない一通の小包を開けるとそこには知らないゲームディスクが一枚入っていたそれを起動させた瞬間信じられない話だが僕はその中に吸い込まれた今思い出しでもそれは全く滑稽な話だがそれは僕にとって真実でありだから僕はそれを確かに体験したわけであってその中で僕は一人ぼっち周りはみんな敵殺さないと殺される食わなければ飢えて死ぬそんな状況で一人ぼっち体感時間で三ヶ月ぐらいだっただろうかその間僕はずっと殺して殺して殺して殺して

よかった、ここは現実だ。あまりのばかばかしさに自分でも笑い出した。
笑いが止まらない。

494 :名無しさん@だってばよ:2000/11/27(月) 05:04
この一連の書き込みで全て終了です。
キャラ抜けや落ちがあったら追記してやって下さい。
理奈は覚えてましたが(笑)>>488 でも有難う。

●妖狐本陣

沢渡真琴 → 九尾の妖狐。自らの完全復活を狙い動く。
       現在は七瀬、妖狐と共に佐祐理の襲撃へ向かっている。
七瀬留美 → 真琴に次ぐ力を持つ七尾の妖狐。高野に潜入していた。真琴に同行中。
緒方理奈 → 真琴の眷属にして、力あるツインテールの持ち主。心を操る能力に長けている。
       葵、浩之を抹殺し、真琴の元へ戻る。

追記事項 現在封印中だが、水瀬秋子とも手を結んでいた。
      が、実質的に秋子を封印したのは真琴であるため、目覚めれば報復される可能性も。
いざとなれば何かを復活させるという切り札があるようだ。
      また、美汐のおろす神奈に対抗するため観鈴を利用しようとしているふしがある。
      現在は鬼一族、元FARGO連の郁未、名倉姉妹と同盟関係にある。
      最大の敵は美汐率いる高野山連合。
最終目的 真琴の完全覚醒。全ての勢力の抹殺?


●元FARGO連

天沢郁未 → メンバー中随一の不可視の力の使い手。真琴に雇われている。
       敵である舞とコンタクトを取ったが、オルゴールを馬鹿にしたせいで逆に狙われることに。
名倉由里 → 郁未の部下。不可視の力の使い手?(Moon未プレイにより情報不足。ゴメン)
名倉由依 → 由里の妹。郁未の部下。不可視の力の使い手?(上に同じく。申し訳ない)

追記事項 郁未は舞に命を狙われている。また、舞とコンタクトを取ったことを感づかれている恐れもあり。
      やってないのに指摘するのもおこがましいが超個人的に晴香が足りないのが気になる。
      妖狐軍団、鬼一族と同盟関係。水瀬秋子の封印には関わっていない。
      郁未はあゆの力の発動を見ていたため、相沢祐一に関わるのを避けようとしている。
最終目的 依頼を達成し報酬を受け取ること。

495 :名無しさん@だってばよ:2000/11/27(月) 05:11
●神尾親子

神尾観鈴 → 戦自研と独逸軍兵器開発局、高法連、三者共同”開発”の UAMW(対妖最終兵器)-TYPE1「みすず」。
       意志ははっきりしており、晴子を守るために力を使うことを決意。神奈の力を模しているらしい。
       現在は晴子と共にプノンペンの清水なつきの元に身を寄せる。
神尾晴子 → 高野に神尾晴子ありとうたわれた法術師。「みすず」の管理が任務だったが、母としての心からか
       観鈴を兵器とされることを拒否し二人で逃亡。リアンの手引きにより国外脱出。

追記事項 観鈴の対妖兵器用主要機関は来栖川に奪われ、HMX-14に搭載されているらしい。
      が、どうやら観鈴もただの抜け殻ではないようだ。
      家を出たことにより「みすず」の作動は既に開始しているらしい。(注・敬介談>>383)
      国崎往人とは一時同居していたこともある。(例外的同盟関係?)
      主立った敵は観鈴を狙う高野山連合。清水なつきとは一応協力関係?
      逃亡の手助けをしてくれたリアンに恩義を感じている。はず。
最終目的 親子仲良くらぶらぶに暮らすこと。


●傍観者たち

川名みさき → 盲目の目で全てを観る観測者。その瞳は未来や運命さえも見通す。
        自ら動くという選択肢に気づくも、未だ中国にとどまる。ラーメン屋でバイト中。
清水なつき → みさきと旧知の仲。神尾親子の身柄を引き取っている。観鈴の身体を調べるつもりのようだ。

追記事項 みさきの観た未来の欠片は『大なる結界は血と裏切りの果て、遠からずほころぶ』。
      スフィー、柳川にその情報を気紛れで伝えている。また、なつきも街の重力に捕らわれ始めているとか。
      スフィー、リアンとはみさき、なつきともに協力関係。みさきはスフィーを認めている?
      主立った敵は現在特になし。が、なつきは佐祐理を軽蔑しているようだ。
最終目的 不明もいいとこ。

496 :名無しさん@だってばよ:2000/11/27(月) 05:13
●その他の関係者

水瀬秋子 → 1000年生きていると言われる地上最強の邪術師。力を抑えて栞と戦い、真琴、鬼一族に封印された。
       現在は力を回復し、封印の中から外界の推移を見計らっている。
水瀬名雪 → 封印した秋子に怯え、部屋に閉じこもって眠る祐一にすがる日々。
       妖狐と鬼の力を借りた封印だとは気づいていない。何らかの儀式を行っていたようだが?
美坂栞 → 香里を生贄にし、ゴッドハンドと化す。秋子、千鶴と戦った後、世界への興味を失い天へ。
桜井あさひ → 声優桜井あさひ以外にも数多くの人格を持つ。七人目「ピーチ」は封印の御子の力を持つ。たまを魔界送りに。
藤井冬弥 → 過去、美咲を自殺に追い込んだらしい。結果由綺を殺した彰を追い、街への夜行バスを運転中。
      由綺の蘇生と彰への憎しみの間で揺れている。智子にやや惹かれている?
雛山理緒 → 行方不明者捜索のバイトのため、智子、冬弥と同じバスに乗っている。現在はのびてる。
コリン → 見習い天使。ユンナにだまくらかされ街に来る羽目に。天使(あゆ?)の存在に気がついている。
ユンナ、芳晴 → (ナイトライター未プレイにつき名前のみ。メンゴ)
北川潤 → マスターアジアを探して修行の旅に。
久瀬、斉藤 → 入院中。場外に等しい。
ぴろ → 水瀬家にいる…のか?

●現在の被害者(時系列順)

澤倉美咲 → 約一年前、冬弥に自殺に追い込まれる。
森川由綺 → 同じく約一年前、彰に殺される。
宮内レミィ → スタンド「レミィACT2」を操るも、物語開始前にあかりに消される。遺品の手帳は理緒が見つけた。
高槻 → FARGOを追って美坂家に乗り込むも、香里に返り討ちに。
美坂香里 → 名倉姉妹を保護するが、栞に生贄にされ退場。退魔部部長だった。
たま → 封印の御子・ピーチに遭遇し、魔界に返される。
来栖川綾香 → 浩之と駆け落ち。ラピードモードであかりと戦うが、最終形態に敗れる。
長瀬源之助 → 過労による魔力の枯渇により寿命を迎える。お疲れ様と言ってやりたい。
アレイ → パトロール中のティリアに消される。
HMX-13 セリオ → 綾香の遺志に従い浩之を護り続けるが、琴音との壮絶な戦いの末自爆。
姫川琴音 → 芹香の術から脱し、あかりを止めるため浩之抹殺を狙うが最後に葵に裏切られ退場。
松原葵 → 浩之にとどめを刺せず逆に琴音を殺す。が、潜んでいた理奈の手により生涯を終える。
藤田浩之 → プラス因子を持って生まれてきた為、あかりの力の源になっていた。茫然自失のまま、葵と共に理奈に殺される。

冥福をお祈りします。南無。
また、上月澪・長森瑞佳は展開凍結のためキャンセルしてあります。
申し訳ありませんが、ご了承下さい。

497 :名無しさん@だってばよ:2000/11/27(月) 05:15
最後に。
見落としがありました。重要事項っぽいことを追記。
あと、不明だった雅史の状況が判明したため、それについてのみ現時点の情報を補足。
他に何か見つけたら書き足してやって下さい。お手間かけます。


国崎往人 → 高野山とは折り合いが良くないようだ。美汐個人についている?
ティリア → パワーアップ変化の技を使うらしい。アレイを倒した(美汐が目撃している)
佐藤雅史 → ゲームの中に吸い込まれ、バトルロワイアル状態になっていたらしい。ようやく現実世界に帰還。

リアンがブカレストで見つけた古文書の内容↓

西暦1500年代に記されたものだが、内容は様々な天使や悪魔や獣などの
遥かな過去からの争いの記録を記し、かつ未来の聖魔の戦争を予言したものらしい。
ただ、現地の言語で記されたものなので、訳するだけでも一苦労だ。しかも、訳せた
としても、記されている記録や予言は詩で示されており、いっそう混乱する。
だが、ものみの丘の騒動に関する事で、それと似た過去の事例を記した記録があっ
た。だが、やはり内容があまりに難解すぎて、事の顛末は今の所分からない。
(辛うじて「魔術師」と「狐」、「魔人」、「天使」という言葉が拾えただけである)
予言の方も訳は何とかできたものの、意味がさっぱり分からないと来たものだ。

『魔を呼び出せし者、愛する者に業火で焼かれる
  魔を狩りし者を操りし者、ケルベロスに陵辱される
  大いなる戯画を盲信せし者、己を信ずるもの者どもに己が身を食い荒らされる』

『白鳥とケルベロスがぶつかり合う時、両者は互いに墜ちて交わる。
  神の怒りにより吹雪が吹き荒れ、雪の山になる』

以上です。や、やっと寝れる…

498 :名無しさん@だってばよ:2000/11/27(月) 05:23
>>478-497 の間に資料があります。参考用にリンクを。

499 :名無しさん@だってばよ:2000/11/27(月) 05:42
494のリンクは >>489 のミスでした。「だもんよ」さん、ごめん。

500 :美汐たん書いとります:2000/11/27(月) 05:54
すげぇ>名無しさん@だってばよ氏。
勝手に浮かんだ妄想をまとめ上げていただき、有り難うございます。
多少自分の思惑と違う点がありますが、その辺は適当に直してもよござんすよね?

…それにしても、まさか伝奇ネタがここまで膨らむとは思ってもみなかった。
本当にネタのつもりで書いたのに…調子に乗って妄想を膨らましといてなんですが。
それに伴い、このスレ本来の日記を楽しみにしていた人に多大な迷惑を掛けてしまいましたね。
結果的にスレを占拠してしまうとは…ホントごめんなさい。
せめてものお詫びとして、本来の日記もネタ考え中です。

501 :名無しさんだもんよ:2000/11/27(月) 06:58
マジお疲れさん。>名無しさん@だってばよ

502 :長瀬祐介:2000/11/27(月) 07:25
みんな、僕はここまでかもしれない……
 二人の対決は、熾烈を極めた。
 ガディムの力を取り込み同化した芹香と、最終形態となったあかりの激突。
 芹香が轟火であかりを焼き払えば、あかりは奇妙なエネルギー波で芹香の獣皮を剥ぐ。
 何度も場所を移しながら見届けていた僕も、何度も巻き込まれ身体がズタボロになっていた。
 が、戦況に変化が訪れた。あかりが、急に苦しみだした。
 限界を超えた力を行使したせいで、肉体が軋み始めたのだ。
 芹香はその好機を逃さず、あかりの身体を掴み、自らの両手を炭と変えながら焼き殺した。
 全て終わったと、芹香が肩で息をつき始めた瞬間、僕は飛び出した。
 すでに電波は圧縮されきっていた。紫電を纏う濃密な電波爆弾を、僕は巨獣と化した芹香に浴びせた。
 一瞬、全ての時が止まったかのように芹香が停止し――次の瞬間、頭を抑えもがきだした。
 そうだ。壊れろ。壊れろ――! それだけを念じ、僕は電波を浴びせ続けた。
 が――芹香が壊れる寸前で僕の力は尽きた。芹香は白目をむいて立ちすくんでいるが、まだ自我が残っている。
 終わりか――そう思った時。
 浩之――そう、浩之の死体が、急に空中に現れたのだ。
 すでに死体となり果てたその身体に意識はなく、明らかに他者の意志――そう、電波で操られていた。
 浩之の死体は芹香に近づき、いきなり発火し、巨獣の身体を焼き尽くしてしまった。
 僕は、動かない身体でその様を観ていたが、誰の仕業かはすぐにわかった。
 ……瑠璃子さんだ。彼女の電波特有の独特の波長だからすぐにわかる。
 彼女が、救ってくれた――のか? 彼女らしくない残酷なやりようだが――
 が、もうどうでも良かった。僕は限界まで電波を放出したせいで、急速に死に近づいている。
 ああ、遠くにメガネの変な女の子が見える……どうやら幻覚まで見えだしたらしい。
 さよなら……
 

503 :沢渡真琴:2000/11/27(月) 11:49
これで終わりか…案外あっけないものだな…
私はあどけない笑みを張り付かせたままの、倉田佐祐理の身体に目を向けた。
既にその魂は私が喰らい尽くし、ここに存在するのはもはや単なる肉塊に過ぎない。
思えば、こいつとは長い付き合いだったな。
私がまだ力を取り戻せず、水瀬家でいいように頤使されていた屈辱の日々。
資金稼ぎのために麻薬密売なんかのチンケな犯罪をやってた頃には、ずいぶん世話になったものだよ。
ただ、今の私はあの頃と比べ、比較するのも馬鹿らしい程の力を取り戻している。
そのことを理解していなかったのがお前の敗因だよ、さゆりん。
冷静に私の力を分析したならば、遥か昔に作った頼りない秘薬なんかの効力を信じ、
護衛もなく一人で居ることが自殺行為であることは判りきったことだったのに…
まあ、お前の力は私が引き継いでやったから、安心してあの世からこの街の帰趨を見守ってな。

…例の「みすず」の調査に向かわせてあった我が眷属、緒方英二から連絡が入った。
どうやら「みすず」は高野の手を離れ、何者かの手引きで国外へと脱出したようだ。
まあ、あの人形それ自体は、何の力も持たない「器」に過ぎない。放置しておいて問題ないだろう。
このまま単なる人形としてその生を終えるなら、それは私にとって悪い話ではないしな。
もっとも、あの人形が「力あるもの」であるとすれば、いずれこの街に現れるだろうがな…
いずれにせよこれは不確定要因だ。今考える必要はあるまい。
しかし、それでは先日感じた「みすず」の気配は一体…。引き続き、英二に調査させてみるか。

しばし物思いに耽っていると、緊張した面持ちの留美が私の前に現れた。
聞くと、行方不明になっていた川澄舞が、こちらに向かっているとのこと。
気を探ってみると、以前より遥かに強くなっている上、何やら妙な力を身につけたようだ。
ふむ…
確かに強くなっているとはいえ今の私に対抗できる程ではないが、どうも妙な力の正体が気になる。
ここは天沢郁未に当たってもらい、様子を見てみることにするか。
来るべき高野との決戦のことを考えると、直属の戦力は温存しておきたいしな。
どうやらこの二人の間には何らかの因縁があるようだ。これは面白い見ものが楽しめそうだな…

504 :503:2000/11/27(月) 11:51
もう始まってるみたいなんで続きを書き込んじゃったけど、よかったのかな?

505 :上月 澪:2000/11/27(月) 13:20
栞ちゃん様がね
いってたの
あんまり現世に関わりを持っちゃダメだって
だから私も他の仲間を見つけてさっさと
行くの
栞ちゃんの所へ
バイバイお姉ちゃん達

506 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 13:23
なんか話続いてるぞ


507 :椎名 繭 :2000/11/27(月) 13:27
みゅー
使徒だから
あなた達をやっつける
みゅー
いつも遊んでくれてた
七瀬ちゃん・・・・
さよなら・・・・・

508 :HG名無しさん:2000/11/27(月) 13:39
何だか話が続きだしたぞ・・・・・
超越者達
栞 ゴッドハンドの長 次元を超越した力を持ち最強の存在
澪 ゴッドハンドの一人無邪気ながら舞を軽くあしらう力を持つ
あゆ 破壊の翼を持つゴッドハンドUGu謎が多い
繭 使徒?よく分からない
さゆりん 死亡?使徒
後二人ゴッドハンドがいるらしい
ゴッドハンド関係はこれでいいだろ?

509 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 13:43
そろそろ終りそうだな。。。

510 :ガディム:2000/11/27(月) 13:55
う・・・・・・ぐぅおぁぁぁぁぁぁぁ!
我!目覚めたり

511 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 14:05
傍観者としては先が気になるんで続けて欲しいんですが・・・・・・
特にゴッドハンドの謎とか洋子とか
・・・

512 :藤田浩之:2000/11/27(月) 14:31
「主役には、主役の意地ってモンがある!!」

空中で散った浩之の死体があった場所に急速にエネルギーが集まり始める。
綾香の想い、セリオの執念が届き遂に浩之の自我が覚醒したのだ。
今浩之の肉体は急速に再生されつつある。
「待ってろ…!綾香にセリオ、みんな俺が助けてやる」

●藤田浩之=player●
パワーソース:持って生まれた主役の才能
能力:次元矯正力。全ての事象を完全にコントロールできる。これはゲームの
支配者という立場からできる物である。しかしその力にも限界があり、
一回眠るまで全ての生命三体分しか操れない。単体での戦闘力は人間並み。

513 :512:2000/11/27(月) 14:40
次元矯正力=主役の意地
ちなみに東鳩で毎日好きな女と偶然を装って会ったり、
他にも雨を降らせたり短期間で格闘能力が驚異的に上昇したり
したのもこれのおかげである。

514 :保科智子:2000/11/27(月) 15:24
あー疲れた
 なんや、到着初日からエライ事だらけやった。とりあえ時間別に書いておく。
 午後二時、この地に到着。藤井と雛山さんをひとまず病院まで連れていって保護してやろうと思い、動く。
 30分後、いきなり変な額縁女に襲われる。確かメイフィアとかいう奴だ。
 びびる二人を後目に私は奴を燃やしてやり、速攻で追い払った。まあここは良かったわ。
 さらに30分後、必死の形相で逃げる女の子を発見。新城さんだ。
 見れば、焦点が合っていない二人の女の子が追ってきている。……太田さんと藍原さんや。
 電波で操られているようだったので、何とかハリセンでしばき倒して、藤井に背負わせた。
 病院についてからがまたひと騒動。江藤さんが床に大の字で伸びていたのだ。
 二、三発張って意識を取り戻させて事情を訊くと、七瀬とかいう兄ちゃんにいきなり後ろから消火器で殴られたらしい。
 さらに、七瀬という名前に異常な反応を示した藤井が、いきなり飛び出していってしもうた。
 おまけに、月島さん兄妹がいない。そういえばあの二人は電波にやられとったが、まさか……
 止めは長瀬くんや。一人先走って、神岸さん対芹香さんの血戦の地に赴いてしまったらしい。
 けが人の治療を雛山さんに任せ、私はすぐに病院を飛び出した。
 ……すぐ見つかった。無茶や。何やら物の怪と姿を変えた芹香さんに、ズタボロのままで電波を送り続けている。
 案の定、長瀬くんは芹香さんの自我を破壊する前にぶっ倒れてしまった。
 しゃーない、覚悟決めて私が倒すか……そう思った矢先や。
 藤田くんのものらしい死体が、いきなり飛んできて芹香さんともども燃え尽きてしもうた。
 わけがわからんかったが、これ以上長居は無用と感じて虫の息の長瀬くんを抱え私は逃げ……
 ……今、ここに至るわけや。はー、初日からごっつすぎや。そりゃお師さまも身体やられるで。
 まあ、月島兄妹の行方は不明やけど、例の魔女どもも到着したし、長瀬くんも三日もすれば
 意識を回復するやろ。それまでは、このメンツで頑張よりしゃあないな。
 さて、風呂もらって寝よ。 

515 :北川潤:2000/11/27(月) 15:28
修行10日目
今日の修行もつらかった。
このままでは、俺の体がもつか心配だ。
しかし、兄弟子のド○ンさんや風○再起さんのように強くなるため、
ここで弱音を吐くわけにはいかないな。
がんばろう、俺。

516 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 15:39
兄弟子と声が同じな北川

517 :北川潤:2000/11/27(月) 17:28
マスターアジア……師匠の修行を完遂した。
時間が無いので早くしてくれ、と言って見た所、
ボコボコにされた後精神と時の部屋に入れられたのが功を奏したのだろう。
久しぶりに我が故郷に戻る。これでやっと俺も日の当たる場所に立てる。嬉しい。
………なんじゃこりゃ?
街に入ったとたん変な魔物のようなものに襲われた。
が、しかし、師匠の修行を完遂した俺には、この程度の奴らは敵ではない。
神の指で吹き飛ばしてやった。指だぞ、指。
魔物の死骸を見ながら、俺は今後どうするかを考える。
街がこんなになっちまった今、学校なんてやっていないだろう。
美坂や相沢たちも心配だ。
思案している最中でも気が抜けない。
それ程にこの街が危険な場所になっているのが分かった。
ふいに後ろに気配を感じる。
相手を確認している暇があったら死ぬ。
そう確信した俺は、ふりむきざまに一撃を放つ。
相手はそれをガードし、俺との距離を離す。
「ふむ……良い力を持っているな。」
相手がふと呟いた。
白衣を着た、女だった。
「どうだ?君はこの騒ぎの元凶を知りたくはないかね?」
正直、あまり関与したくはないのだが、
いかんせん自分の故郷の話だけに、一刻も早く解決させて元の暮らしに戻りたい。
なので俺は、躊躇わず「知りたい」と答えた。
「いいだろう。なら、着いて来るがいい」
そう言って彼女は背中を向ける。
その姿には一分の隙も無い。相当の実力者だろう。

……連れられた先は警察だった。
「まあ待て、別に逮捕しようと言うわけではない」
そう言うと彼女……霧島聖は一枚の写真を差し出す。
「こいつが我々のターゲットだ。こいつを野放しにしておくことは、
世界の破滅にも繋がるやもしれん。君にこいつを倒すのに協力して貰いたい」
俺はその写真を睨み付ける。
何故なら、俺はこの写真の女に見覚えがあったから。
「勿論、報酬は弾むが…」
その言葉を途中で遮り、俺は受ける、と答えた。
どうせ俺もこの聖と言う女に言うように利用されているだけなんだろうなぁ。
だが、そんなことはどうでもいい。
俺をボコボコにしてくれた奴…天野美汐に復讐する。
この神の指(ゴッドフィンガー)で。
……それだけが今の俺の目的だ。


518 :天沢郁未:2000/11/27(月) 18:03
やっとというよりはついにだな。
沢渡真琴から連絡が入った。
正確には、沢渡真琴の手下の妖狐がパシリに来たんだが。
川澄舞と相対しこれを抹殺せよ、とのご指令だ。
川澄舞か・・・以前ならば軽くひねる程度だったろうが、今ではかなり強大な力を身に付けたようだ。
だが、私の勝機が失われたわけではない。
確かに私の不可視の力はFARGOの中でも抜群だった。
巳間晴香や名倉姉妹はもとより、同じClassAで修行をしていた鹿沼葉子にすら負けたと思ったことはない。
しかし、私がFARGOで得たものはそれだけではない。
私がFARGO内で常に一番たりえたもの・・・
私のスタンドELPODは、私と同等の不可視の力を持ったもう一人の私になることが出来る。
これこそ、FARGOで私が身に付けた私が最強たる所以。
今まではひた隠しにしてきたが、今の川澄舞が相手では使わざるをえまい。
川澄舞・・・
私と私の中のもう一人の私、二人同時に相手にして果たして生き残れるかな・・・?


519 :書き手さんだよもん:2000/11/27(月) 18:12
まず最初に名無しさん@だってばよさん、お疲れ様。
そしてありがとうございます。

昨夜は別スレ移転しようかって話も出てたが・・・どうしよう?
伝奇ネタを書きたいってわがまま言ったのは俺だし、
500さんみたく話を大きくしてしまった責任は感じてます。

それから、100寸前まではsageでお願いします。
この訴えはそのうちやめるかもしれないつもりです。
・・・が、とりあえずageで書き込まれてる507と510は無視した方が話としては面白いと思う・・・
ななぴ居なくなるのヤだし(w


520 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 18:17
>>496-497
細かいことですが、>>382で美汐が目撃したのは、
前後から判断するに「ティリアVSアレイ」ではなく「あかりVS綾香」ではないでしょうか?
いや、ティリアにパワーアップ技の設定なんかあったかな?と思って…
(フィルスノーンは途中までしかやってない)

521 :名無しさん@だってばよ:2000/11/27(月) 18:23
あ、そうか>>520
ずっと赤い髪=ティリアで考えてました。
じゃあアレイはまだ生き残りですね。
訂正有り難う。

522 :ななぴー:2000/11/27(月) 19:13
甘いわね!椎名!
私はそう簡単に死なないわ!
頭の弱さは使徒になっても変わってないみたいね!
私は漢女(おとめ)なんだから!
それにしても危なかったわ・・・・・・
椎名ですらあの力なんて・・・・・
ゴッドハンドには近づかない方がよさそう・・・

523 :倉田佐祐理:2000/11/27(月) 19:14
ふえー、完全に予想外でしたーっ。
まさかあの秘薬がほぼ効かなくなっているなんて…
相当に頭が切れますねー、あの妖狐共。
だけれど、まだまだ甘いです。
確かにあの薬は表立って沢渡真琴に効果を及ぼしませんでした。
とはいうものの、僅かなりとも身体にそれを浴びせたのは事実。
今後少しずつ少しずつ、力を取り戻すたびにあなたの身体は蝕まれていくんですよーっ?
その見えないダメージが、美汐さんとの決戦の際には致命的な差となるはずです。
どうやら妖狐共はこれにはまったく気がついていないようですけれど、
このままいい気になっていると痛い目に合いますよ、あははーっ。
それに圧倒的な物量の前に一旦退散したとは言え、ティリアさんたちが狐部隊の数を減らしていますしね。

……さて、悔しいながら私の力は真琴に奪われてしまいました。
間接的にダメージを与えたとは言え、この幽体のままでは大したことは出来ません。
となると……仕方がないですね、彼女に貸しは作りたくなかったんですが。
「声」で我が妹、遠野美凪を呼ぶとしましょう。
私と舞の遺伝子を受け継いだ意志を持つ人工術師。
彼女の夢は、幽体である式神を現実化させる力を持ってるんですよーっ。
翼人の力の欠片を宿すことに成功した格闘型式神みちるが、その最高作でしょうねー。
さらにお米券に偽装した大量の法術札には、以前敗北を喫したことすらあります。
あまりの威力に封じていましたが、今こそ彼女を覚醒させるときです。
きっと憎き妖狐共に一矢報いてくれるでしょう。

く…そろそろ現世にとどまる力が薄れてきたようですねーっ。
今の私にできる手は全て打ちました。
ここからは幽界から、川名みさきのようにこの街を観測するとしますか…
舞が私なしでどこまでやれるか楽しみです。せいぜい頑張って下さいね、あははーっ。

524 :ルミラ・ディ・デュラル:2000/11/27(月) 19:21
我が契約者、来栖川芹香が死んだ。
これでわたしの行動を束縛するものはなくなった。久しぶりの解放感を満喫する。
しかし、セリカの血を吸ってやれなかったのは惜しかった。
あれほどの魔導師の血、さぞかし美味であったろうに…

それはさておき、メイフェアがかなりのダメージを受けて戻ってきた。
なんでもメガネを掛けた魔法使いにやられたとのこと。
妙だな。今までそのような存在は確認されてなかったが…
しかし、この街には力ある存在が多すぎる。
ま、他人に使われるのにはもううんざりだ。しばらくは様子見を決め込むとするか。

……ようやく、神岸あかりとセリカの決戦の地に辿り着いた。
人知を超えた力の衝突を物語るかのように、周囲は完全に瓦礫と化し、
いまなお巨大な瘴気の残滓が渦巻いている。魔族たる私には心地よい場所だ。
と、邪気の中心に微かな異質の力を感じる。いったい何だ?
その力はやがて一点に収縮し、みるみる人の身体を形どっていく。
次元を矯正するこの力は……藤田浩之か!!
私の見守る中、完全に復元を果たした藤田浩之は、いずこかへと立ち去っていった。

次元矯正力か……噂には聞いていたが、この目で見るのは初めてだ。
なんせ、私の本来存在していた次元には、そのような存在はいないに等しかったからな。
恐らくは相沢祐一の秘めし力とやらも、これに似たものなのだろう。
しかし、この街での闘いの帰趨そのものを決定するほどの力ではなさそうだな。
その本来の次元であれば、まさしく絶対の力であるはずの次元矯正力だが、
幾多の次元が複雑に交錯しているこの街では、因果律を捻じ曲げるほどの力は持ち得まい。
しかし、奴に惹かれし者の多くは非業の死を遂げたが、未だ生き残りし者も数人いるようだ。
さて、生き還った王子様を手中に収める者は、果たして誰になるのかね…

525 :HMX-?? マルチ:2000/11/27(月) 20:08
「はわわ〜っ、セリオさーん、止めて下さ〜いっ!!」

……あれっ、ここはどこですか?
気が付くと私は、薄暗い研究所のような場所に居ました。
そうでした、私は浩之さんを取り返しに行った時に、セリオさんに壊されちゃったんでしたっけ。
でも、一体どうしちゃったんでしょう。とりあえず研究所じゅうを探してみましたが、
どなたもいらっしゃいませんし、マスターである芹香さんに呼びかけても応答がありません…
ふえ〜ん、私はどうすればいいんでしょうか〜

……ぐすっ、そういえば身体に違和感を感じます。いったい何なんでしょうか…
そうだ、機体識別コードを調べてみましょう……HMX-14?
はわわ〜っ、これは私の妹さんになるはずの方の身体ですぅ〜!!
ううっ、ごめんなさい……私の妹さんになるはずだった方…
それはそうと、この身体って見たこともないような機能が一杯付いてますね。
ううっ、凄いってことは判るんですけど、使い方が全然判りません…
とりあえずここは寂しいんで、街に行ってみます…
どこにいるんですか〜!! 芹香さ〜ん、浩之さ〜ん!!

それはそうと、ちょっとだけ期待してぱんつをめくってみました。どきどき。
……やっぱり生えてないですぅ〜(泣

526 :桜井あさひ:2000/11/27(月) 20:09
また、『奴ら』と戦った…頭が割れるように痛む。
ここにいると、日に日に主人格たるあさP【あさひT】が出にくくなって
来ているようだ。
あれはすべての人格を制御するいわば人柱(アンテナ)ではあるが、
外部からの影響に対しては、あまりに不安定が過ぎる。
特に、この体の芯から凍てつくような瘴気の気流…早く言えば
人間社会の動乱に乗じて蛆虫のようにたかり蠢く『魔族どもの波動』は
ひたすら神経に障る。

今頃、胸中を告げられないままでいた憧れのあのひとはどうしている
だろうか──らしくない想いがふと脳裏をよぎる。あさPでもあるまいし、
あたし・モモ【あさひV】はそんなロマンチストではなかったはずだ。
優れた能力を伊達メガネとさえないファッションで隠し、
相手の心理的死角から勝機を見切る天性の忍び、それがあたしだ。

早くうすら汚らわしい魔族どもをブチのめし、二度と還れぬ魔界の果てに
放逐してやりたい。そういえば、最初に仕留めた魔族の猫が残した断末魔、
魔の主の名は確かルミラと云ったか。
今はその魔力は感じないが、連なる魔族を封じていけば、いずれあたしの
前にも現われるに違いない。

あたしはマネージャーに手紙を残し、その穢れた名を地上から消し去る為、
(それは文字通り『あたしがあたしでいられるために』)ひとり、ホテルを
発った。

527 :川名みさき:2000/11/27(月) 20:17
太陽の光を何日も浴びてないような真性ひきこもりエロゲオタはONEでもやって
私のシナリオで萌え萌え言いながら脂と目脂の溜まった汚ねぇツラをさらに感動の
涙と鼻水でグショグショにしてバイキンを目に入れてメクラになってキャラクター
に感情移入できたと言って歓喜のうちに車にはねられて死ねばぁ?

528 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 20:57
>>527
それが多分>>7の翻訳なのねん。

529 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 21:18
527が一番オモロイな。

530 :名無しさんだよもん:2000/11/27(月) 22:09
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=975233588

キャラの本音は527へ。

531 :美坂 栞:2000/11/28(火) 00:36
ふむ・・・・予想外でしたね
まさか倉田さんが亡くなられるとは・・・・
彼女にはまだやる事があります・・・・
だから私が使徒として転生させてあげましょう


532 :名無しさんだよもん:2000/11/28(火) 00:50
>>531
新手の荒らしだ

533 :名無しさんだよもん:2000/11/28(火) 01:12
>>532
それでもなんとか軌道修正して続けるのが職人の腕の見せ所だ。

534 :名無しさんだよもん:2000/11/28(火) 01:28
ゴッドハンド(世界に興味を失った栞含む)が
地上に介入してくる書き込みは別次元ってことで落ち着いたのでは?>>532@`533

535 :名無しさんだよもん:2000/11/28(火) 02:33
>>533
今の所、>>474>>479のようにゴッドハンド系統のネタは栞以外はご遠慮して頂く
ということになっているみたいだけど……。
風紀みたいな書き込みになってしまってスマソ。

536 :名無しさんだよもん:2000/11/28(火) 03:38
じゃあ今回のさゆりん復活はナシでいいの?
書き手さん本人が「幽界で観測者になるとする」つってるしさー、
使徒云々はゴッドハンド系だからこれもキャンセルっしょ?

537 :名無しさんだよもん:2000/11/28(火) 03:59
>>536
漏れは同意っす。
書き手さんの意向には従った方がいいからね。
それに、使徒もゴッドハンド系のものとして扱うみたいだから、これも却下して
いいでしょうな。

538 :スフィー・リム・アトワリア・クリエール:2000/11/28(火) 04:04
 大宮で寝台特急に乗ってはや3時間。只今、福島県内を通過中――。

 現地への交通手段は、15キロ手前で遮断されてしまっているが、なんとか明日の内には
到着できる筈だ。
 成田に到着するや否や、そのまま国会図書館に直行し、できうる限りの調べ物を片づけた。
例の書物の事を更に調べるために、歴史書や民俗学の書物に絵巻物、さらには物語や和歌の
類に至るまで国内外を問わず、幅広く調べてみた。
 そして、過去1年間の新聞記事を漁った。

 リアンとはメールで、岸辺なつみとは電話で先程連絡を取りあったばっかりだ。
 まず、リアンからは例の予言書の解読を手伝って欲しいとの事。
 歴史に関する記述は膨大すぎて不能だが、予言に関する記述はメールでもなんとか送信でき
るというので、訳が出来たものだけ送信してもらった(といっても、それだけで4KBはあった
ぞ……。恐らく、現地に着いても大半は解釈しきれない可能性は大だな)。
 最初にざっと目を通した限り、俺にも意味がさっぱりわからなかった……が。

 岸辺から聞いた現地の実情と照合してみて、一部だけだが意味が分かった。
 まず、『魔を呼び出せし者、愛する者に業火で焼かれる』とは、『魔を呼び出せし者』来栖
川芹香が、彼女が『愛する者』藤田浩之に業火で焼かれたと見ていい。
 更に『魔を狩りし者を操りし者、ケルベロスに陵辱される』とは、『魔を狩りし者』川澄舞
を『操りし者』倉田佐祐理が『ケルベロス』沢渡真琴に陵辱される……

 ここまで符合しているとは、正直云って驚いた。
 ただ、ノストラダムスの予言みたいに解釈者の主観が先走って、予言の伝えている事を捻じ
曲げられる可能性もあるので、当たったとすぐにいいきれるものでもないが。
 ただし、後者の予言に関しては、都内のインターネットカフェで見つけた妙なホームページ
がその光景をまざまざと示していた――。
 ――『獣による魔女狩り』と題されたそのホームページには、当の倉田佐祐理が
沢渡真琴を筆頭に雄の妖狐どもに陵辱されて殺されていく様が、動画で生中継されていた。
 奴等も手の込んだ芸をしやがる。
 とにかく、この生中継が少なくとも後者の予言を裏付けている可能性が極めて大だといえる。

 さて、気になるのは最後の『大いなる戯画を盲信せし者、己を信ずるもの者どもに己が身を
食い荒らされる』だが……頭に浮かんだのは恐らく、『あの人物』だとみて間違い無い……。
 一体、どんな目に遭わされるのやら……(藁)。


539 :ぴろ@ものみの丘&水瀬家ウヲッチャー:2000/11/28(火) 04:06
 この家に結界が張られてから幾日が経つ。
 我輩は秋子の暇つぶしに付き合わされながらも、このものみの丘にまつわる一連の騒ぎを見守ってきた。

 昨日、妖怪を駆除するために僧侶どもによりて造られし人形がこの街に入ってきた。
 だが、当の僧侶どもは、それに見向きもせずに、懸命に違った相手を探しているが――。

 此処で考えてみる。
 僧侶どもが探しているのは一体何か?
 答えは、「みすず」とかいう名のついた人形か?
 では、「みすず」はこの街に来ているか?
 答えはノーだ。「みすず」は既にこの島にはいない。
 では、この街に入り込んできた人形はいかなるものか?
 其れは、亡き来栖川とかいう魔術師が持ち込んだ人形と同種もののように思える。
 では、僧侶どもそれに気付いているのか?
 否、答えはノーだ。僧侶どもが血眼になってみすずを探しているのが何よりの証だ。

 さて、ここの所、秋子はパソコンなるものを用いて「インターネット」なるものを見ている。
 その中で、『獣による魔女狩り』という図画を、笑みを浮かべながら眺めて居た。
 真琴率いる妖狐どもが、羽交い締めにしながら、絶望に突き落とされて泣き叫ぶ佐祐理を
 男根なるもので陵辱した挙げ句、魔力を吸い上げて、最後には肉体を引き裂いた。
 ――そして、佐祐理は冥土へ旅立った――。
 だが、そんな佐祐理を栞というゴッドハンドなる者が、現世に戻そうとしているが――。

 此処で考えてみる。
 栞は果たして佐祐理をこの世に戻す事は出来るのか?
 否、答えはノーだ。死んだものをこの世に呼び戻すためには、我輩の知る限り15年の月日が
 経つ事を要する。
 其れは何故か?
 幽体となったものを現世に呼び戻すには、其の幽体自体が安定しなければ不可能だからだ。
 それに逆らいて、無理矢理呼び戻そうとすると、この世を支配している因果律に依りて、
 呼び戻そうとした者は大いなる怪我を負う事になる。
 更に云うのであれば、栞には到底不可能だ。
 其れは何故か?
 ゴッドハンドの能力に、亡者を復活させるというのはないからだ。
 更に云うのであれば、栞はその事を知ってはいない。
 折角、強大な力を得たとしても所詮、基は人間だ。ゴッドハンドと呼べるのは相応ではない。
 更に云うのであれば、栞がこの混沌とした世を支配するのも到底不可能のように思える。
 其れは何故か?
 栞はゴッドハンドを知り尽くせていなく、其れ故、能力を使いこなせないからだ。
 そして、何よりこの世に潜む危険性を全く分かっていない。
 まさに猫に小判といっても可笑しくない。

 さて、話は蘇生の話に戻るが、栞と同じく彰という者も、美咲という者を蘇らせる事を欲する。
 では、其れの実現は不可能かというと、そうではない。
 其れは何故か?
 彰には美咲を愛するという行為に因りて、鎖でつなぎとめているためだ。
 後は、彰次第だ。いかに力を発揮するかにより、ひょっとしたら其の蘇生は実現するかも知れぬ。
 ついでにいうなら、栞にはこの事は出来ない。
 其れは何故か?
 栞の佐祐理に対する念は負の念だからだ。負の念では、相手の者を地獄に突き落とすだけだ。
 愛するという正の念がある事が、蘇生を可能にする第一条件なのだ。
 この事からも、栞はまったくの無知で莫迦で阿呆といえよう。

 ここまで思考を連ねてみたが、思うのは人間は本当に莫迦なものだ。
 本当に何も知ってはいない。
 もっとも、それだから、事態を眺めている我輩としては面白くてたまらないのだが。

 こんな無意味とも思える事を続けてはや5000年――
 思うのは、本当に「歴史は繰り返す」ということだ――。

 P.S.ちなみに水瀬家の他の面子の現在の行動は下記の通り。
    名雪は相変わらず怯えているものの、いちごが切れると禁断症状を起こすので困る。
    祐一は部屋であゆと相変わらず一緒にいる模様。
    ただ、奴らも困った事が一つ――
    いちごはこの家で家庭菜園で栽培できても、たい焼きは栽培できない事だ。
    秋子が家事を放棄している以上、これには気の毒というしかない。

540 :スフィー・リム・アトワリア・クリエール:2000/11/28(火) 04:09
考えている内に、列車は宮城県境を通過したようだ。
しかし、日記を1日の間に続けて書く事になるとは妙なものだ。

 最後の予言の関連でかなり気になるのが一つある。
 『あの人物』に付き従っている長谷部彩の存在だ。
 その事を岸辺から聞いた時、まさかと思った。
 あの悪魔的とも言える天才犯罪者が、阿呆の権化ともいえる『あの人物』の傍に居る事自体が
意外なのだ。
 表向きは「jamming book store」という売れない売れない個人創作サークルを営む戯作家――。
 ただ、裏社会の間では「jamming book store」という名は畏怖を抱かれている対象だ。
 そう――有名な銀行荒らしとして、武器商人として――そして、破壊屋として。
 奴が行った犯罪を挙げると枚挙に暇が無い。
 強いて挙げるなら、3年前のE公国空軍核ミサイル盗難事件、2年前の戦自研爆破事件といった
ところか。銀行荒らしの方も、民間国営問わず、金庫からすべてのものを奪い去った。今までに奴
の仕事により潰された銀行や軍事施設は数多く、さらにはその影響で国をも潰した事がある。
 もちろん、戦争や経済危機の内、一部は奴によって引き起こされたといっていい。
 しかも、過去の犯罪履歴がまったくないという。
 高法連や来栖川グループなども、奴がその気になれば法力を使わずとも、赤子の手を捻るように
いとも簡単に壊滅状態に追い込めると思われる。

 そんな、とんでもない奴の素性を『あの人物』は知っているのだろうか?
 何より、単なる一創作家で邪心崇拝者に過ぎない『あの人物』のいうままに、奴は邪神のを召喚
を手伝うのだろうか……いや、そんな事は絶対にない筈だ。
 奴は魔術や法術の類は一切使えない……いや、その存在はまったく信じていない。
 清水なつきやリアンと同様、徹底した合理主義者の筈だ。

 とすれば……なぜ奴はそんな『あの人物』の手伝いをしようとするのか……?
 何か目的があるのだろう……いや、それ以外には思えない。
 不気味だ……。奴が関わっているとすると、このものみの丘の戦争は当事者らの思惑とは全く違
った方向に進むかもしれない。
 奴の狙いは何か……そして奴の関与で未来はどうなるのか……残念ながら今の時点では不明だ。
 だから不気味なのだ。

 とにかく、この事を岸辺および、ジジイの後継者の保科智子に伝えておくとする。
 奴には絶対気を付けろ、と。
 保科はジジイと同様……いや、ひょっとしたらジジイを越えているであろう知略家だ。奴と対等
に勝負ができるのは保科以外にはいないといってもいい(さすがの俺も奴と勝負できる自身はない)。

 最後にジジイが亡くなったのは残念だ。
 俺やリアンが昔から煙たがっていた存在とは云え、昔からいろいろ世話になった。
 せめて、この騒ぎが集結した暁には、ジジイの好きだった古代の陶器とともに墓に葬ってやろう
と思う。
 さてと、さらに調べごとをしなくてはな。今夜は寝られないかもしれない。

 何せ、時差ボケが直ってねぇからなぁ……。
 安易に海外を飛び回るものではないわな。

541 :一書き手:2000/11/28(火) 04:14
>名無しさん@だってばよ殿
 今までの登場人物の状況整理をして下さって誠に有り難うございます。
 一晩中、本当にお疲れ様でした。
 是非、活用させて頂きますのでよろしくお願いいたします。

>>500の美汐たんを書いて下さった方
 いやいや、僕もまた調子に乗って、伝奇ネタを肥大化させてしまい、本来
の(キャラ裏面の本心を描く)意図で設けられたこのスレの主旨を大きく
ズレさせてしまった事を責任を感じております。
(申し遅れましたが、直後の真琴ネタの一部をを書かせて頂いた者です)
 ただ、ネタ自体は楽しめるものであったということはいっておきます。
 今後もこちらでもさらなる面白いネタをあげられることを楽しみにしてお
ります。

 また、本来の日記を期待して下さった方、とんでもない事をしてしまい、
気分を害させることになり申し訳ありませんでした。

>>536
それが妥当だと思いますよ。これ以上、最強キャラを増やされたら。書き手としても
たまりませんし。それに、そういったフレーズにカキコが過去ログにもありましたし。

542 :一書き手:2000/11/28(火) 04:16
長レススマソ。
この言葉を書き込むのを忘れていた。宇津山車野羽…。

543 :川澄舞:2000/11/28(火) 04:36
ι月κ日追記
…おかしい。ここにはゴッドハンドの気配が無い。空間をくぐった時、少し違う平行世界に
来てしまったのだろうか?誰かがほんの少しだけ違う選択をした世界。それでいて元とは
確実に違う世界。まあいい。ここがどこであろうと、沢渡真琴が復活しようとしているのは
間違い無い。それなら私はそれを狩るだけだ。

μ月ν日
 私が新たな獲物を求めうろついていると、なんと天沢郁未に出会った。私がぶたさんの
オルゴールのお礼をしようと挨拶をしながら近寄ると、郁未はいきなり不可視の力を私に向け
放った。私がとっさに飛び退き、郁未をなじると、
「あなた…そんな事言うけど、何をするつもりだったの?」
と言い私を睨んだ。…全てお見通しと言うわけか。私は一言
「お礼は…させてもらう。」
と言い、郁未に斬りかかった。いくら郁未には不可視の力があるとはいえ、体術においては
私に分があるはずだ。私の剣技の前には、郁未もかわすだけで精一杯のはず。
その予想は正しく、私はたやすく郁未を追い詰めた。止めをさそうと剣を振り上げたとき
私は背中に衝撃を受け、ふっ飛ばされた。痛みに耐えながら顔を上げると郁未が二人いる。
 まずい…何故二人いるのかなんて別に興味は無い。ただ私が非常にまずい状況に
陥ったことは確かだ。一人が攻撃をしかけ、もう一人が障壁でこちらの攻撃を防ぐ。二人の連携の
前に、今度は私が追い詰められてしまう。目の前に立った二人は私に向かい薄く笑みを
浮かべると、止めとばかりに巨大な力の塊を作り出した。私が剣を構えても障壁に自信が
あるのか、気にも止めずにその力を私に向け放った。私が空間ごとその塊を断ち切ると
それは爆発を起こし、辺りには噴煙で何も見えなくなった。…ここはひとまず撤退すべきだ。
二人の郁未のうち障壁を張っていた方は、力の塊を斬ったときに障壁ごと切り裂かれたはずだ。
これで奴もしばらくは行動を起こせないだろう。私も疲れた…寝るとしよう…。

544 :名無しさん@だってばよ:2000/11/28(火) 04:50
>>500 >>501 >>519 >>541 さん、こちらこそ有り難う。報われます。

ちなみに今夜佐祐理ん書いたのは自分なんですが、
前の真琴レスに
「あどけない笑みを張り付かせたままの、倉田佐祐理の身体に目を向けた」ってあったので
攻撃効かず→あっさり返り討ち 系だと思って書いてました。
微妙に食い違いができちまいましたね。
もっとギリギリ悔しがらせるべきだったでしょうか。
なんか色々されてたみたいっすけど(笑)

>>500 美汐担さん >>541 一書き手さん

自分も何度も調子づいて数キャラで書き込みしてますんで、同じく申し訳ない。
しかしこういう試みに継続して参加するのは初めてで、実に新鮮な気持ちを味わってます。
データを随時保存して常に動向チェックしている勢いです。

それにしても舞台裏を楽しみにしていた皆さんにはすまないことをしました。
本当にすみません。向こうのスレにも書き込んでいきたいと思っています…

では、長レス失礼しました。

545 :名無しさん@だってばよ:2000/11/28(火) 04:56
それと、速さ任せであまりハイペースに書き込んでいくと
何人か確認できた新規参加の方が入りづらい気がしなくもないのですよ。
今でさえ異様な進み&長さのスレなのでよけい。
今夜くらいが丁度いいかも知れないですね。まだ速いかな。

あと、かなりデータも重いので引っ越しは950じゃやばそうだなーと思ったり。

なんかお節介な風紀ですいません。
エイエソまで逝ってきます。

546 :名無しさんだよもん:2000/11/28(火) 04:58
気になったんだけど、このスレって持ちキャラ制なの?

複数キャラ書き込んでる人もいると思うけど。
や、今さらメインの美汐たんやまこぴーや舞を
動かそうとは思わないけど、その他のキャラはどうなんだろうと思って。

547 :雛山理緒:2000/11/28(火) 05:55
二日目
 何か、とんでもない所へきちゃったみたい……乗ってきたバスも、すでに帰っちゃったみたいだし。
 バイトどころじゃないよと落ち込んでたら、高倉さんとかいう人が雑用をやってくれと言ってきた。
 日当は十万。考えるまでもなくOKした。ああ、お金に弱いよ私……
 それにしても、保科さんがあんなに強いなんてびっくり。ハリセンから炎を出して変な女の人をやっつけちゃうんだもん。
 何か、周りが変に強い人ばっかりだから私浮いちゃうよー。
 そうそう、一つ嬉しいニュースがありました。藤田くんがこの町にいるそうです。
 岸辺さんって人は、「ま、今は生きてる事には変わりないみたいけど……」なんてひっかかる言い方をしていたけどしていたけど、何だろう?
 こんな状態だけど、ちょっとでもいいから逢いたいな……
 えっと、明日からお料理作らなきゃいけないから人数確認しとこう。
 私、保科さん、岸辺さん、高倉さん、江藤さん、スフィーちゃん、リアンちゃん、長瀬くん、新城さん……
 あ、長瀬くんはまだ昏睡状態だっけ。早く良くなるといいな。点滴だけじゃ味気ないもんね。
 良太やお母さん、元気かな……ごめんね、心配かけてるよねきっと。

 それにしても、この病院はごきぶり一匹でません。
 妙な罪の意識にかられながらごきぶり退治する必要がないので、嬉しいです。
 

548 :名無しさんだもんよ@書いてる一人:2000/11/28(火) 05:57
>>546
伏線を無視しなければ、OKだと思うよ。


549 :某一書き手:2000/11/28(火) 06:21
>>544 >>545 の名無しさん@だってばよ殿
>>541の一書き手っす。今回はこの名称では紛らわしい事が考えられるので、
勝手ながらも改名しました(ぉ)。
さて、本日はぴろ、およびスフィーを書かせて頂きましたが、長々しいですね。
今こう読み返してみたら(藁)。
折角、「ハイペースのカキコは新規参加の方が入りづらい気がしなくもない」とご忠告して下さっ
たにも拘わらず、自分はこんなな長い文章を3つも作っているといった状態に、痛々しく感じてお
り、又、非常に反省しております。少なくとも、長い文を出来るだけ控えて、仮に長くなる事があ
れば1個ぐらいに止めておき、他の方のネタ出しの度合いによっては見合わせるということも考え
て置くべきですね。ご忠告、有り難うございます。

さて、佐祐理に関しては、真琴との格闘中の文章が無く、>>523にて彼女が既に昇天した後の記述
だった事から、「予言書」の文体に沿った格闘中の風景をぴろの記述で描いたわけです。もう少し、
僕がしっかり読み込んでおけばよかったみたいですね。

それはさておき、今日のネタは楽しませて頂きました。
今後も面白いネタをお待ちしております。
いいわけがましいレスになって申し訳ありません。

>>546
いえいえ。そんな事はないと思いますよ。
ここでも記していますが、僕自身が既に複数キャラを扱っていますので。
しかも、ここに登場している多数のキャラをいじらせて頂いておりますので、スレのローカルール
に従った記述をしている限り、いろいろなキャラをいじっても問題はないと思いますよ。

長レスになってしまい申し訳ありませんでした。

550 :名無しさんだよもん:2000/11/28(火) 06:37
ここは本当に2ちゃんなのか?(笑)

551 :名無しさんだよもん:2000/11/28(火) 07:50
舞ってメインキャラだったの?僕が書いてていいのかな…?あと、他のキャラ
何か殺したりしちゃいけない様な気がして…今回もね…なんか逃げてるかな?

552 :天野美汐:2000/11/28(火) 08:12
帰投3日目、前半
実はまだ国崎往人を探していた。何というか、もう意地だな。どこいったんだあいつ?
死んでいるならいるで、せめて骨でも拾ってやろう。そんなわけでこの”地獄”を彷徨き回っていた。
そして出会うことになる。二体目の鬼と。
突如凄まじい闘気を感じた。此程の気を発っせられる者。人間では一人しか知らない。
誘いに乗って行ってみる。髪の短い、大柄な女が居た。近づくと更にその闘気のものすごさが分かる。
仲間を倒された怒りだけではない。ただ相手を倒す…殺意ともまた異なった、例えるなら試合前の
格闘家だろうか。強者を目前にし、純粋に相手を地に伏せることだけを考えている。
わたしは嬉しくなった。格闘バカ。こういう相手も滅多にいない。素手と素手の闘い…これもまた面白い。
それにこいつはある程度場数を踏んでいる。身のこなし、そして目から分かった。相手に不足はない。
わたしは、槍を地面に置くと構えた。鬼も軽く構える。両者少しの間、隙を窺って…

先に仕掛けてきたのは鬼だった。五メートルほど離れた場所から、まっすぐ此方に向かってくる。
下段回し蹴りを合わせようとして、嫌な感覚を覚えた。微かに左腕を引いている。
蹴りを出さずに、一歩後ろに跳ねる。これが不味かった。相手は鬼。人ではない。
瞬間、左腕が変化した。予想以上にリーチが長くなり、着地時に頭を掴まれる。
そのまま持ち上げられ、頭から地面に叩き付けられた。咄嗟に体勢を変え、足から着地。…やばかった。
間髪を入れず拳が飛んでくる。防御も弾かれ、更に吹き飛ばされた。何て力だ。防いだ筈なのに大ダメージだ。
埒が明かないので、攻撃を仕掛けた。一気に間を詰め、至近距離から渾身の力を込めた掌打を鳩尾に当てる。
返す左肘で顎をかち上げる。体を捻って右の裏拳。仰け反っているところに左後ろ回し蹴り。これならどうだ。
が、その蹴り足を掴まれた。一気に持ち上げられ、叩き付けられる。…防御法術を唱えるしかなかった。
いくら何でも、連発されたら持たない…そう思ったとき、不意にヤツの手が緩んだ。さっきのダメージが効いてきたようだ。
素早く間合いを取り、体勢を立て直す。その間にもヤツが見る見る回復しているのが分かる。
流石に体術だけでは勝ち目がないか。ならばわたし独自の拳を見せてやる。
法術を詠み、限界まで法力を集めて両腕両足に纏わせた。あいつも両手足が変化している。考えることは同じか。
双方同時に突進。後は拳と拳の応酬。連打に継ぐ連打。もう残像しか見えない。二人の間に拳の弾幕が形成されていた…

…既に二人とも何発か喰らっているが、それでも勢いが止むことはない。足の地面への食い込みも凄い。
ふ…と、わたしは自分の打ち込みが弱まっていることに気付く。まずい、スタミナはあいつの方が上だ。
わたしは一気に勝負に出た。すっと間合いを離し、右腕に全ての法力を集中させる。
つくづく小憎らしいヤツだ。負けじと右腕を更に異形な物へと変化させている。もう互いにどういう攻撃か分かっていた。
雄叫びを上げながら、ふたり同時に全身全霊を込めた一撃を放つ。拳と拳がぶつかり、すれ違い、そして…
ようやくわたしは起きあがる。右肩に激痛が走った。治療しないとまともに動かせない…
あいつの側へ寄った。不貞不貞しい表情だ。名前は?と聞くと、…梓…とだけ答え、後は喋らなくなった。
槍を支えにして、わたしはゆっくりと歩き出す。早いとこ回復しとかなくては。まだ…奴が居る。

553 :552:2000/11/28(火) 08:15
この連撃は無理だろう、というツッコミは無しにしてね(汗

554 :名無しさんだよもん:2000/11/28(火) 10:37
おもろないぞ。ゴルア。

555 :名無しさんだよもん:2000/11/28(火) 11:14
>554
無視すれば?ポムァ(゚◇゚)


556 :氷上シュン:2000/11/28(火) 12:56
やあ、初めまして。え? 誰に向かっていってるのかって?
ふふっ、それは君だよ、この日記に関しては力≠るものしか読めないからね。
人であって人でないもの。力のあるもの。
方術、妖狐、魔道士、鬼、翼人、天使……数を上げれば切りがみたいだね。
でも、ゴッドハンド・栞君については致命的なミスを犯してしまったね。

美坂香里は生きている……。

彼女の間違いは愛してもいない姉を煮に捧げたことだよ。
いずれ彼女は黒い翼をもがれて地に落ちる……。
そうなったら他のゴッドハンドも著しく力が落ちるだろうね。

さて、今、永遠に一番近いのは美汐君か真琴君のどちらかか、それとも……。
ふふっ、もうすぐ逢えるね、浩平君……。
君は僕を裏切ったんだ……その償いはしてもらうよ、彼女達を利用してでもね。

557 :名無しさんだよもん:2000/11/28(火) 13:01
このスレでは初の書き込みです。
少しだけ…少しじゃないかもしれませんが…ゴッドハンドの設定レベルを下げてみました。
ゴッドハンドの設定された人、すみません。

なんとなく見ていて書き込みたくなったんですが、こんな感じでよろしかったのでしょうか?

558 :名無しさんだよもん:2000/11/28(火) 13:54
う〜んゴッドハンドはもう少し最強の方がいいかな?
っていうかさすがに贄は復活させれないでしょう(藁

559 :名無しさんだよもん:2000/11/28(火) 14:33
>>558
そうかも知れませんね……(スマソ)。
ゴッドハンドが強すぎる……というのが見受けられたものでこうしたのですけど。
バランス崩しちゃったかな?
香里に関しては、あゆに贄にされた祐一君が生きてるから、とか思ったんです。

>彼女の間違いは愛してもいない姉を煮に捧げたことだよ。
自分なりの理由付けですね、これは↑。

つーか自分、556での文章で贄を煮って間違ってる。
鬱だ…逝ってきます……。

560 :天沢郁未:2000/11/28(火) 15:06
 何故私はここに居るんだ・・・?
状況がよく飲み込めていない。
とりあえず周囲に脅威は無いようだから、ゆっくり考えをめぐらせた。
あの瞬間・・・川澄舞にとどめを差せると確信したあの瞬間。
私の放った不可視の力を切った舞の攻撃はおそらく「次元斬」。
事前に沢渡真琴の手下から聞き出していたから間違いないだろう。
舞の次元斬は不可視の力を切るとともに私を狙っていた。
ELPODに攻撃させて本体の私がELPODをサポートする戦法を見抜いていたか?
いや、そんなことは今はどうでも良い。
確かに私は切られた瞬間に死を覚悟した。
だが、私はまだ生きている。
ここからはあの街の上空に淀む歪んだ暗黒の雲がよく見える。
何故私はまだ生きているのか。
舞の次元斬と私の放った不可視の力が何か干渉を起こした可能性・・・なくはないか。
なにしろ次元を切る能力なんてのも初めて見たからな。
その結果、空間破壊を起こしたか空間に歪が生じたか・・・
私がここに飛ばされたのもそのせいだろう。
川澄舞・・・か。
次に会うことがあれば今度こそ仕留めてやる。

 とにかく、これで私は死にはしなかったが戦線離脱というわけだ。
しかし現クライアントである沢渡真琴との契約がまだ切れていない以上、帰らなければなるまい。
報酬だって貰ってないしな。

 そういえばここは、瑞佳の家の近くだったな。
幼い頃からの知り合いでこの中崎街でも良く遊んだものだ。
死地へ舞い戻る前に少し寄っていこうかな・・・


561 :書き手さんだよもん:2000/11/28(火) 15:39
>>544
>しかしこういう試みに継続して参加するのは初めてで、実に新鮮な気持ちを味わってます。
俺も初めての経験なので激しく同意です。

>>550
たまには2ちゃんにこういうところがあっても良いかと(笑)

>>551
展開に無理が無ければ殺っちゃってもOKだと思いますが。
今回はそちらのおかげで郁未が逃げ延びましたけど(w

>>559
>香里に関しては、あゆに贄にされた祐一君が生きてるから、とか思ったんです。
祐一は浩之のような次元矯正力を持っているからOK、香里は持っていないのでNGという感じでしょうか。
というか、本心言えばゴッドハンド要らないっす..

あぅ〜、多レススマソ

562 :国崎往人:2000/11/28(火) 15:53
しかし弱ったな…
天野に会えたはいいが、いきなり修行に行くとか言い残して消えてしまった。
人を呼びつけておいて、相変わらずマイペースな奴だ。
やっとこの街に戻ってきたと思ったら、今度は高野の手の者が四六時中張り付いてやがる。
はぐれ法術師の俺としては、奴らに近づくのには問題があるんだがな…
俺たち(つーか一子相伝なので今は俺だけだが)国崎流と高野は千年来の因縁の仲だからな。
しょうがない、しばらくは陰ながら見守るとするか。これも惚れた男の弱みって奴だろう。
おっと、どうやら敵と遭遇したようだな。この気配は…鬼か…
ん、天野の奴、武器を捨てやがった。力は上がってもムキになるところは変らないな…
ま、素手でやりあっても天野の勝ちは動くまい。苦戦はするかもしれないがな。
つーわけで俺は傍観を決め込むことにする。手出ししたらきっと怒るだろうしな。

腕を組んで眼下の闘いを見守る。思ったより白熱した戦いになっている。
どうやら天野の勝ちが決まったかに見えた刹那、俺は強大な力の接近を感じた。
なんだ…この圧倒的な気は…これは、妖孤か…それとも鬼か…
やばい、流石に今の天野じゃ勝ち目はあるまい。ここはようやく俺の出番か…
俺は接近してきた気の持ち主のもとに跳躍し、不意打ちに気を叩き込む。
まともに俺の気を食らった相手は吹き飛ぶが、すぐに何事もなかったかのように起き上がってくる。
おいおい、俺は手加減してないぞ…
近づいてきたのは、黒髪の少女だった。奇妙なことに、その頭からは獣の耳が生えている。
なんだ、こいつは…鬼と妖孤の力を併せ持ってやがる…
距離を取って対峙したまま、緊迫した空気が流れる。何故か相手は仕掛けてこないが、
こちらも向こうの能力の見当がつかない以上、うかつに仕掛けるわけにはいかねえ。
もう天野は安全な場所に移動しただろうし、無駄な戦いはしたくないんだが…
ここは「人形」を使うしかないのか…あれは力の消耗が激しいから、できれば使いたくないんだが…

覚悟を決めた瞬間、目の前の少女から闘気が消えた。表情も穏やかなものになっている。
そして、何も言わずに倒れている鬼に近づき、その身体を軽々と抱え上げた。
「今回は、お互い目的は達成できたようですし、引き分けということにしておきましょう」
少女の声が夜の闇を伝わってくる。俺は苦笑すると構えを解き、ついでに質問してみた。
「本気で戦ってたら、どっちが勝ったと思う?」
「単純な力だけなら私の方が上でしょう。あとは貴方の戦闘経験次第ですね」
「…違いないな」
そのまま少女の姿は闇の中に消えていった。俺もその場を後にする。
やれやれ、まったくこの街にはいい女が多すぎるな…

563 :月島瑠璃子:2000/11/28(火) 16:17
ふふふ……みんな可愛いね。私の可愛いお友達。
瑞穂ちゃんも香奈子ちゃんも、みんなお友達だよ。ふふふ……
お兄ちゃんも素直になってくれたし、彰さんっていうお友達もいるし、
今日、観月マナちゃんっていう娘をお友達にした。色々面白いお話もしてくれたよ。
彼女は妖狐一族のツインテールっていう種族で、すごく強いんだって。
今日からは、私のために頑張ってくれるって。嬉しいな。
明日は、他の狐さんを捕まえて遊ぼう。楽しみだね、みんな……
彰さんが、能力を使って別な狐さんの居場所を教えてくれた。お名前は理奈ちゃんって言うんだって。
お兄ちゃん達も頑張ってくれるから、きっと上手くいくよね。
ふふふ……怖くないよ……

564 :緒方理奈:2000/11/28(火) 17:23
ツインテールの所持者である、観月マナが消息を絶ったらしいわ。
なんでも真琴様の話によると、電波使いに操られている公算が大とのこと。
所詮、あの子のツインテールは中途半端な代物。電波に抵抗できずとも仕方ないでしょう。
それはそうと、七瀬留美の奴は「我こそが真琴様に次ぐ力の持ち主」
などと吹聴しているらしいが、とんでもない間違いね。
確かにあいつのツインテールは見事よ。容姿も真琴様にそっくりだわ。それは認めましょう。
でも、真に重要なのは色なのよ!!見なさい、私の黄金に輝く美しきツインテールを!!
真琴様と同じこの色こそが、真琴様に次ぐ力の持ち主であることの証なのよ!!
……いけないいけない。この問題を考えるとつい興奮しすぎてしまうわ。気をつけなくちゃ。

それはそうと、相手は電波使い…恐らくは月島兄妹ね。
これは面白くなってきたわ。私の得意技も、心を魅了する「歌」。
高野の秘密兵器とやらを調査していた兄さんも、この街に戻ってきてるし、
ここはどちらの精神支配力が上か試してみるのも一興ね。
でも、「銀狼」である兄さんに増幅された、私の「歌」に対抗できるとは思えないけどね。
こうなると、「最強の電波使い」長瀬祐介が重傷を負って動けないらしいのが、ちょっと残念ね。
一応、念のために、篠塚弥生も呼んでおきましょう。雑魚の相手をさせるのにうってつけです。
さて、月島兄妹と緒方兄妹、どちらの力が上なのかしらね…

565 :美坂 栞:2000/11/28(火) 18:21
ついに力を制御出来るようになりましたよ〜
先代ゴッドハンドのあるお方が
私にこう言い残して命と引き替えに・・・・
「これは禁断の箱・・・・パンドラ・・・・
 何が起こるか私にも分からぬ、因果を超越した物
 それがこれだ・・・・これをあけたとき、現世の理は音も無く崩れるだろう
 そして後に残る物・・・・それが希望だ・・」
そういって先代ゴッドハンドは私に箱と力を託して消えちゃいました
難しい事言う人嫌いです。

566 :ポテト:2000/11/28(火) 21:34
ぴこ、ぴこぴこ、ぴっこぴこ、ぴこぴこーー
(訳:この街には不思議な力を持ったやつが多いいな。
2,3体、我が母星に連れ帰って研究してみたいものだな。)

567 :水瀬:2000/11/28(火) 22:47
今私は・・・・・・・

568 :塚本千紗:2000/11/29(水) 00:03
にゃぁ〜。高野の連中が騒ぎ出してから、1ヶ月が経過しようとしてますです。

真琴お姉様にまつわる騒ぎは面白い方向に発展してくれたです。
高野の僧侶の美汐さんが先走ってくれたおかげで、今や高野の皆様はおろか、柏木一族や月島一族や
グエンディーナの魔女までも出てくるバトルロイヤルになっていますです〜。
(もっとも、魔女の方は今の所動いてはいないようです)。
おかげでご主人様の郁美お姉様もたいそう満足してますです〜。
本当に、美汐さんには感謝してますです〜。
今では京の伏見に潜みながら、じっくりと見物させてもらってますです。

郁美お姉様は妖狐一族を統べる者でありながら、この争いには参戦しないようです。
ツインテールの一族の中でも最強かつ最凶で「四十九尾の狐」と恐れられている桃色の毛の種族なの
にですぅ。その気になれば、それこそ神奈さんや秋子さんや栞さんまでも潰す事ができますのに〜。

お姉様が言うには、今は真琴お姉様に任せて、千紗たちはじっくりと見守ってあげろとの事ですぅ〜。
今の時期に飛び出しては、神奈さんや栞さんが介入してきて、最悪の場合、世界のバランスが崩壊して
しまう可能性があるからですぅ。それに、郁美お姉様が殴り込んでは、懸命に戦っている真琴お姉様
に失礼だと、そして、なにより郁美お姉様が楽しむことができないと怒られましたですぅ〜(反省)。
でも最後には、笑顔で許してくれましたですぅ。千紗、安心ですぅ。

それはそうと、さっき弥生お姉様が来ましたです。
何でも、マナお姉様の件で理奈お姉様がカタをつけに行くみたいです。
ただ、郁美お姉様がその話を聞いた時、カンカンに怒ってしまいましたです。
理奈お姉様への電話でも、思い切り怒鳴り散らしていたです。
千紗、恐かったです…。

569 :霧島佳乃:2000/11/29(水) 00:14
もぉぉ〜っ!! お姉ちゃんのばかばかばかばかぁ!
あたし、妹として情けなくなってきたよぉ…
とりあえず、やっと暇が出来たから覚え書きでも書こうかなぁ。

12時過ぎようやく街に着いてから、柳川さんに言われたとおり病院でテレビ見ながら待ってたのに。
お姉ちゃんったら夕方過ぎて夜の8時になっても来ないんだよぉ!
もぉ、ほんっとに信じらんないよぉ。それが妹に対する仕打ちぃ?!
そのうち看護婦さんや患者さんの視線が痛くなってきたから、しょうがなく外に出てみたんだぁ。
そしたら外は星も見えないくらい真っ暗で、街灯がなんか赤く光ってたのぉ!
はぁぁ〜、本当にどうしちゃってるんだろ、ここの街…
しかもねぇ、人間大の狐が何匹も寄ってきて、もう面倒だったらありゃしなかったんだぁ。
そのうちのひとりは背が高い黒髪でキツ目の女のひとだったけど、
「見込み違いですね…小娘でしたか…」って言って(…失礼だよねぇ)
すぐにつまらなさそうにどこかに行っちゃった。誰かを捜してたのかな? あれはきっと男よね、男。
まっ、その後残りの狐はポテトがぜぇんぶ食べてくれたからいいけどね。えらいえらい、いいこいいこ。
ご褒美に持ってきたドッグフードをあげたら、ポテトったら大喜びでまた食べてたよぉ。ふふふ。

とりあえずその後警察に行って、お姉ちゃんの名前を出したらすんなり奥の部屋を貸してもらったんだぁ。
随分売れてるんだねぇ。って、本業はどうしたんだろお姉ちゃん…
起きたら、側の建物がボロボロだし。ギリギリセーフだよぉ。怪獣大決戦でもあったのかなぁ?
その日は一日中街の気配を探ってお姉ちゃんらしき人を探したけど、成果ナシ。
あ、遠野さんらしきオーラがあったけど、なんでこんなとこに来てるのかなぁ?
それで、今日やっとお姉ちゃんが警察に来たかと思ったら、思ったら…
「佳乃、身体は大丈夫なのか? こんな障気まみれの場所にいては症状が悪化するぞ」
「だがもう心配することはない。元凶の神奈は私や北川君が消滅させてやるからな」
もぉ…冗談じゃないってばぁ…神奈が消えたらきっとあたしの力もなくなっちゃうのにぃ!!
だから「あの苦しさは魔法をもらうための選別だったんだぁ」「あたし、お姉ちゃんが心配だったんだよぉ」
っていうことにしたんだぁ。ドッキリ終了は残念だけど、背に腹は代えられないよねぇ。
そしたらお姉ちゃん真っ青になっちゃって、携帯で誰かに電話をしたのぉ。
「…ついさっきの依頼は取り消しだ。彼女を追いたいなら好きにしろ、だが「神奈」本体は消すな。以上だ」って…
…ううう、留守電だったみたいだねぇ…ああもぉ、本当にかのりん泣きたい気分だよぉ…
「あ、あ、安心して良いぞ。これからは私が一緒だからな。お前を襲った妖狐も必ず倒そう、な」
「この街には幸い魔物退治の出来る人材が多い。なな、何とか手を組めそうじゃないか」
声、震えてるぅ…全然、全然、全っ然安心じゃないよぉぉ! ゆ、ゆううつだよぉ…(泣)

570 :アークデーモン:2000/11/29(水) 00:26
我が娘を生け贄に
ついに取り戻したこの力・・・・・・
ゴッドハンドにはまだ及ばずとも
この街にはびこる勢力ぐらいは・・・・・フフフフフフ

571 :立川郁美:2000/11/29(水) 00:46
真琴といい、理奈といい、留美といい、マナといい……
どいつもこいつもやる事が中途半端ですね〜。
ツメが甘いというか、なんというか……見ているこちらとしても、堪忍袋の尾が切れてしまいましたよ〜。

それはともかく……
理奈が弥生に掛けた電話にあたしがでてやったら、かなりビビってたやがりましたね。
折角の美声が台無しでしたね。
結局、その理奈と、ついでに留美を3時間近くも説教してやりましたよ〜。
ただ、千紗が相当怖がっていました。思わず本気を出してしまったようですね。あたしも大人げない。
まあ、今回はこの程度で勘弁してやりましたが、もし、この場に雄蔵お兄さんがいたら……
きっと彼女らは即刻拷問に掛けられたでしょうね〜。まあ、運がよかったと言っておきましょうね〜。

とにかく、この間の佐祐理の公開陵辱はあまりにも杜撰すぎて、あたしも目を覆いたくなる代物でした〜。
何せ、それに関わった真琴や留美や他の下級妖狐どもは、自分達の欲望をただぶちまけていたのですから。
自分達が楽しんでいるだけのシーンを見せ付けても、見ている側はちっとも楽しめませんでしたよ〜。
(公開陵辱の言い出しっぺの留美には、散々そのことをなじっておきましたよ〜)
せめて、高野サイドの人間も見る事が考えられるのですから〜、その連中を怖がらせる映像を提供しても
らいたいですね〜。最低限でも、このあたしが楽しめる映像を送って欲しいですね〜。
ちなみに、楽しめる基準とは、あたしが抜けるか否かといった単純な基準ですから……彼女たちはそれを
十分に知っている筈ですのにねぇ。ちょっと呆れてきます〜。

とにかく、今度のマナの件の落とし前として、あたしはある注文をつけておきました〜。
それは、月島の妹さんか、大田さんか、藍原さんの3人をを徹底的に陵辱して、その光景を前みたく、
インターネットで生中継しろというものです〜。
理奈と留美、ついで真琴も即承知してくれました〜。さすが聞き分けのいい子たちですね〜。
じゃあ、あたしは楽しみにして待っておきますよ〜。
それから、京の伏見に今まで潜伏していましたが、今の内にこっそり大雪山あたりに移動します〜。
さすがに街中だと、妖狐たちは目立ってしまう恐れがあるので、念に念をといったところですよ〜。

でも、あたしもほんのちょっぴり、乗り込みたいという気がしましけど〜、それは止めておきます〜。
だって、そんなことしたらあたしが目を付けられてしまうし、またお兄さんに怒られてしまうんだもの。
それに、いきなり桃色のツインテールが出てきたら、折角のお馬鹿さん達の争いが台無しになってしま
います〜。下手したら、世界が崩壊してあたしの命も危ないです〜。それでは詰まらないです〜。
だから、マターリと観戦しましょ。
千紗も応援にやってもいいのですけど〜、それもやめときましょ。
彼女は金色のツインテールだけど、まだ幼すぎます〜。でも、成長したら真琴を越えるのは間違いない
でしょ〜。それなので、この争いに彼女を投入するのは危なすぎるので、遠慮しておきますね〜。

あたしは一応ね〜、高野の人達や鬼の人達が弱った時に、場合によっては乗り込もうかと思います〜。
ただ今回の争いで気になるのは、氷上シュン、川名みさき、清水なつき、そして水瀬秋子の4人です〜。
この人達は今の所は、あたしと同じようにマターリと観察してますけど、ど〜動くかは分からないです〜。
動かないかもしれませんし、動くかもしれませんね〜。
とにかく、今は動くべきではないと思いますよ〜。

雄蔵お兄さんはチベットに人との交わりを絶って修行にはげんでいます〜。いつ帰ってくるか、あたし
にもまったくわかりませ〜ん。お兄さんはあと十年は帰らないと言ってました。
結局〜、あたしがしっかりしなくちゃダメだよね〜。


572 :名無しさんだよもん:2000/11/29(水) 01:24
またバランス崩れてませんかー
大丈夫ですかー(涙

573 :清水なつき:2000/11/29(水) 03:57
観鈴の部分解体を始めて7時間――
観察および設計図との照合を終えて、元に戻した時には日付が変わっていた。
(設計図は来栖川の研究所から漏洩した情報を基に再現した)
日本では今は冬の時期だろうが、ここクメールの地は相変わらず蒸し暑い事極まりない。
最終的にチェックをした限り、やはり対妖怪兵器および法力発生タービンが取り外され
ていた。やっぱり、「みすず」は外殻だけが完成されて、肝心な機能がないものだった。
一見使えそうに見えて、実は全然使えないブツだといってもいい。
高野の連中がこの事を知ったら愕然とするだろう。そして使えない以上、廃棄する事は
目に見えている。
 とにかく、このまま廃棄されるにはあまりに勿体無い。
 いや、晴子にとっては唯一の娘だ。廃棄する合理的理由なぞない。
 とりあえずは、このまま様子を見ておくとして置こう。

 さて、今気になるのは、妖狐軍団の副首領の立川郁美の存在だ。
 奴の実力は沢渡はおろか、天野でさえも遥かに凌駕するといわれている。
 実際の所は未知数なのでよく分からない。
 ただ、はっきりしている事は、奴は当面この戦争には関わらず、私と同じ傍観者とし
ての態度を決め込んでいるという点である。また、自分が出れば、世界の崩壊も起こし
かねないと言う事も弁えているので、介入する可能性は今の所皆無だが、注意が必要だ。
 首領で郁美の兄の雄蔵に関しては、まったく心配はないといっていい。
 チベットの山奥にて、俗世と交流を絶っているからだ。
 奴の事だ。恐らくこの騒ぎはほんのちっぽけな事として相手にもしていないだろう。
(もっとも、相手にする事があれば、それは既に壊滅的な被害を社会に及ぼす騒ぎが
起こった時だが)
 ただ、万が一ではあるが、この騒ぎは「栞VS秋子VS神奈VS郁美」の大戦争に
発展するかもしれない。とすれば、壊滅的な被害はまずまぬがれない。
 ともかく、気がかりなので永遠の世界の管理人の氷上に電報を打っておく。
「シオリニゼッタイキヲツケタシ」
 ただ、あの男は今、永遠の世界を脱走した浩平に心をとらわれているからな。
 大いに心配だ。

 あと、ついでにもう一つ。
 観鈴ちゃんの「がお」とかいう口癖が近所の人に大受けしちゃってる。
 しかもちゃっかりお金をもらっているし…。新手の商売を考えたね。
 ただ、貸本屋と新聞屋で稼ぐのに数年掛かった私としてはちょっとすさみ…。


574 :名無しさんだよもん:2000/11/29(水) 04:07
なんかインフレ進行でやんなってきた。傍観者に回ります。

575 :名無しさんだよもん:2000/11/29(水) 04:17
俺もやってられん。郁美と千紗、やりすぎ。
あ、これが狙いですか嵐さん(疑心暗鬼<スマソ)

576 :名無しさんだよもん:2000/11/29(水) 04:21
個人的には緒方理奈と霧島佳乃までで凍結してほしい。カンベンしてくれ。

577 :名無しさんだよもん:2000/11/29(水) 04:41
別に誰が何を書こうが自由なのは理解しているが、
真琴VS美汐の枠組は崩して欲しくなかったなあと思う軟弱な私。
いきなり郁美が最強って言われてもなあ…単なる愚痴ですね。

578 :名無しさんだもんよ:2000/11/29(水) 05:11
574〜577に同意……
それまでの流れをぶち壊されるとなあ……単なる愚痴だけどさ。

579 :里村茜:2000/11/29(水) 06:39
監視2日目、午前
今日みすず開発担当者の橘から、驚くべき情報がもたらされた。
脱走はもとより、みすずの体内に有るべき筈の重要装置、人工法力発生機関が
既に取り外されていた。独逸にいる我が方の技術者が、来栖川に盗み取られた事を
伝えてきたという。橘も非常に頭に来ているようで語調が荒い。
しかし腑に落ちないところも。開発中、法術指南としてみすずに法術を教えていたが
私の記憶ではかなり出来る子だった。その当時はまだ取られていなかったのだろうか。
結局、みすずの捜索は打ち切りとなる。開発部も別の作業で忙しいようだ。尤も私は最初から捜す気はない。
そんなわけで、美汐に頼まれた天沢郁未の相手をするために、街を徘徊する。
しばらく捜していると目標を発見。が、どうやら戦闘中。相手は剣を持った少女。
あれが美汐の言う川澄舞なのだろうか。…自分の分身を造りだした天沢。けれど川澄の
一撃で敢え無く消えてしまう。…変わった剣術を使うな。敵じゃなくて良かった。
その時同じように戦いを見物していた人物に気付く。長髪オールバックの女性だ。
確か鹿沼洋子と言ったかな。…でも何故か相手の雰囲気が気に入らない。向こうも同じ様で
戦いの決着が付くとそのまま何も言わず去っていった。何だろう、この感情は…

用もないので、途中にいる低級妖を滅しながら隠れ家に戻った。
家に辿り着くと美汐が居る。それも怪我を負った状態で。すぐに治癒に入った。
…鬼と戦ったのでしょう…美汐にここまで傷を与えられる人も居ないだろうから、そう聞いた。
どうして鬼と、うちの宗派が敵対しているの?返ってきた答えはこれだった。
昔、異星人が地球に降りてきた。乱暴狼藉の限りを尽くす異星人達。何時しか鬼と呼ばれるようになった。
打ち負かそうにも、人では到底適う相手ではない。時の領主は我が宗派に助けを求めてきた。
当時、古の神人神奈を封じたことで、我が宗派の名は日本中に広まっていたという。
流石の法術士達も苦闘を極めた。しかし、結局は絶対数の違い、地の利から鬼達は敗北する。
余談だが、この戦いの際生み出された高威力攻撃法術に「雨月砕破」(うげつさいは)があり、今も残っている。
それでも鬼を全滅させることは出来ず、生き残った鬼は子孫を造り今でも遺伝子レベルで
我が宗派に対する恨みが残っているらしい。
ちょっと違うよ…美汐が否定した。鬼達は狩りを好む。が、それ以上に闘いを欲する。強者を望む。
あいつらは昔から忘れられないんだよ、骨のあるヤツらを…

治癒を終えると、美汐は出かけようとする。…今のうちに邪魔な障害を取り除いておきたい…それは同感。
でも心配だ。あの顔…喜びを隠し切れていない。強者と出会うのが楽しくて仕方ない様子…
闘いを望んでいるのは美汐も同じ。あなたも既に鬼みたいなもの…
そして本当の鬼に為るつもりなら、為ってしまったら…
覚悟を付けて欲しい。誰が許しても、私は絶対に許さない。もう二度と、あの悲劇を起こさせない。
たとえ、その絶望から私を救い出してくれたのが美汐だとしても。そして、美汐だからこそ…
出かける美汐を見送りつつ、私はそう心に呟いた。

580 :川澄舞:2000/11/29(水) 07:58
ο月π日
 今日、佐祐理からのメッセンジャー遠野美凪と接触し、信じられない事を聞く。
あの佐祐理が死んだというのだ。それも妖孤共に陵辱されて力を奪われ魂まで
食らい尽されたらしい。…佐祐理。私は悲しい。いくら違う道を歩もうとも、佐祐理は
私の親友なのだ。とりあえず今日はここまでにしよう。(涙で濡れている)

何かな…もう少し流れというものを…個人的にはさゆりんこのまま退場させたくないけど…。


581 :名無しさんだよもん:2000/11/29(水) 09:13
>>574−578

郁美の話を書いた者だけど、
文句があるんだったら私が書いた話や設定をどんどん弱い方向に
路線変更するように続きを書いていけば良いでしょ。

何にも話を書かないでただ読んでいるだけの人に
愚痴とかこぼされたって困るよ。

特に>>575、私は荒らしでも何でもないよ。
私なりに真剣に書いたのに荒らし呼ばわりされて凄く不愉快。

582 :佐藤雅史:2000/11/29(水) 10:45
さて、今わかっていることをまとめてみよう。
僕は神様に選ばれた真の勇者たる存在で、それに足るだけの力は既に件の体験によって
手に入れている。
そして神様の仰るには北に邪悪なる者どもが集結して世界を滅ぼそうとしているとのこと。
真の勇者たる僕はそれを滅ぼして世界に平和を取り戻さなければならないということだ。
善は急げ。早速荷物と得物をまとめて出発しよう。

ぼくおむしばむのはだれ

583 :美坂 栞:2000/11/29(水) 11:48
雅史さんって人に軽くお告げを与えました
さてどうなるでしょう

584 :名無しさんだよもん:2000/11/29(水) 11:50
http://wwwdab.hi-ho.ne.jp/~hpps/C3B/cos01.jpg

585 :名無しさんだよもん:2000/11/29(水) 12:34
やっぱ栞に転生させられたってことにすれば?
さゆりん

586 :氷上シュン:2000/11/29(水) 12:54
なつき君から電報が届く。
この永遠の世界に連絡が取れるとは……さすが≠ニしか言いようがないね。
栞君に気を付けろか……空間・次元を行使できる者なら、確かにこの永遠に辿り着けるかもしれない。
でも、僕には、僕のやるべきことがある。
なつき君の忠告は有難く受け取るが、僕はどんな危険を冒したとしても、彼を許すつもりはないよ。

妖狐と高野……他の選ばれし者達……舞台は整ったようだね。
今は忘れた心の絆≠彼女達に思い出してもらうよ。
誰もが求めて…誰もが得られなかった…本当の永遠≠降臨させる。
いや、ただ、一人を除いてか……。

本当の永遠に辿り着いたもの。
浩平君……君は今、そこにいるんだね?

587 :書き手さんだよもん:2000/11/29(水) 13:09
ゴッドハンド栞が出てきてから時々調子がおかしくなるなぁ・・・
横槍のうえに超長文しかもただの感想レスですまそ。
自分のことは全部棚にあげて言いたいことを言わせてもらう。
仕切り屋みたくなっているのは分かっているが、放っておくとスレが荒れそうなので。

>>581
ここは別に書き手のためだけのスレじゃないだろう。
書き手が楽しめて読み手も楽しめて、それで初めて「このスレは良いスレだ」になるんじゃないか?
だいたい、どこからも愚痴が出ない小説書くのはプロだって無理だしな。
不愉快になるのは分かるが、もう少しマターリしていこう。

>>574-578
たぶん574と575はそうだと思うが、今まで書き手としてやってきてくれた人は今後もよろしくお願いしたい。
581の言うように今後の展開次第では郁美も千紗も場外に出来るだろうし、真琴vs美汐の構図が崩れたわけじゃないからな。
俺だって581の設定に不満が無いわけじゃないが、"観察者"でいてくれるうちは良いんじゃないか?
現状整理以外で展開凍結すると雑談スレになっちまうからな。
それともスレ移転本気で考えるなら、その準備で凍結はアリだと思うが。
・・・まこぴ萌えの俺としては妖狐最強はまこぴが良かった・・・

>>567@`570
秋子さん復活の兆しなのか?
もともと最強クラスなんだから、これ以上強いキャラで出すのは勘弁な。

>>580
さゆりん殺ったのはまこぴだったか。
ななぴとまこぴがさゆりん襲撃するって話があった時に、さゆりん側が動かなかったからな。
行動が無ければ相手の良いようにやられてしまう。
これはリレー小説に見えて実はかなり燃えるスピードゲームなんだ。
もっとも、既に545で注意されいてることだけど。

・・・舞と美凪が会話するとどんな風になるのか、面白そうだ(笑)

>>583
まだ居たのか。

何度も言うようで悪いが、sage徹底して欲しい。
今後ともこのスレ盛り上げていくためにも、みんなでマターリやっていこう。

588 :名無しさんだよもん:2000/11/29(水) 13:24
>>573の清水なつきの書き手さん。

>ただ、あの男は今、永遠の世界を脱走した浩平に心をとらわれているからな。
 ↑にある『永遠の世界を脱走した』の部分を自分なりに解釈して、書かせていただきました。
 一応、お断りを、と思いましてです。

それとONEのヒロインの書き手さんへ。
キャラを壊さない程度に、少しだけ彼女達を使わせてください。
お願いします。

それでは、後少しだけ、物語りを書かせて頂きますね。

589 :このスレの書き手の一人:2000/11/29(水) 14:15
つーかさ、話が破綻してきたらそれを無かった事にしたり、
それすらも上手い具合に軌道修正して話を元に戻したりするのも
俺も含むリレー小説の書き手の皆さんの腕の見せ所じゃないか?
>>581の怒りも解るし、強さのインフレを嫌がる人の気持ちも解る。
話の風呂敷を広げすぎるのも問題だしな。

誰かが氏ぬ=そのキャラを生き返らす
誰かが強くなりすぎた=そのキャラを弱くするor強くなるのに制限を付ける

とまあ、こういう方向に次の書き手が話を進めてしまえば
何の問題もなくスムーズに物語は続いていくと思うのだが。
俺も実際にこのスレで無茶な展開になりそうだった所で
素早く次のキャラの日記を書いて、路線を元に戻した事があるから。

愚痴をこぼしたり面白くねえと言うのは簡単だよ。
もし続きのネタが考え付いてるのなら、文句を言う前に軌道修正するね俺は。
せっかく前の人が書いてくれたネタを(たとえそれがインフレ起こしそうな話でも)
無かった事にしてしまうのは勿体無いべ?せめて有効利用だけはしてやろうよ。

590 :七瀬留美:2000/11/29(水) 14:17
なんで? どうして私は泣いてるの?
いつから私はここにいたの?
私は七瀬留美。我らが妖一族狐の長・九尾の真琴様を復活させる役割を担うもの。
それなのに…そのはずなのに…ふと、知らない人の影が瞼に映るのはどうしてだろう?
迷っている? 違う、私は迷ってなんかない。
ただ、忘れているだけ……。
……何を忘れているの? 私は何を忘れていたの?
どうしてだろう? 涙が止まらない。
でも、もう戻れない。
もしかしたら、私は真琴様を……利用してるのかもしれない。
彼に会うために……。

591 :上月澪:2000/11/29(水) 14:18
『わからないの』
『どうしていいか わからないの』
『本当は戦いなんて嫌なの』
『それなのに、止まれないの』
『逢いたいの』
『それだけなの』
『でも それが誰だったのか思い出せないの』
『だからい今は こうしているの』
『栞さんの側にいて ずっと待っているの』
『そのときになったら』
『…………』
『こうして 私は演じてるだけなの』
『今は まだ……なの』

592 :里村茜:2000/11/29(水) 14:21
私は盟友である美汐を監視している。
それは、どうして?
高野の大僧正様の意思です。
だから、私は……。
ふと、誰かの微笑みを思い出した。
そこにいるのは誰?
どうして、そんなところにいるんです?

私はあの人を知っている。
……違う。知っていたんです。

そもそも、この戦いはどうして起こったのでしょうか?
高野と妖弧だけの戦いだけでは収まっていません。
もう、1000年前とは、状況が違いすぎます。

そう。私は知っているのです。
こんな戦いなど、どうでもよかったのかも知れません。
ただ、私は彼に会いたかっただけだから……。
そのために、今は敵同士である七瀬さんと約束したような気がする。
この戦いが起きたのは、もしかして……。

593 :椎名繭:2000/11/29(水) 14:23
みゅー。
みゅーは?
みゅーがいなくなった。

だから待ってる…。
きっと、みんなも同じ気持ちだと思うから。
そのときが来るのを……。
ただひたすら……。
いつかきっと思い出すから……。

それまでは……待つもぅん。

594 :氷上シュン:2000/11/29(水) 14:54
それは絆=B
彼をあの世界から連れ戻すために必要なもの。

彼女達は、彼のことを忘れながらも、その使命は果たしている。
それぞれの勢力のナンバー2=c組織においては、最も自由の利くポジションだ。

この戦いの先にあるもの。この不毛な争いの後に残るもの。
求めているのは絆。
どこの、どの、勢力が勝っても僕は別に構わない。

後は、みさき君と瑞佳君に、彼のことを……。

そこで僕の意識は途絶えた。

川名みさき……彼女が僕を見下ろしていた。
その唇に僅かな笑みが見える。

そうか……君は覚えているんだ、彼のことを。
だから、傍観者になって、戦況を見ているに留まっていたのか……。
迂闊だった。
少し早すぎたね、と彼女は言った。
そう。彼女は彼のことを覚えていて、なおかつ、この戦いの意味を知っているのだろう。
そのために僕が邪魔になったんだ。
まあいい。今は仮初の永遠≠ノ身を潜めるよ。
この傷じゃあ…戦線復帰は無理みたいだからね……。

浩平君、君はこんなにも、みんなに愛されていたんだね。
悔しいよ……。

最後に彼女が言葉を漏らした。

これでラーメン代が払える……。

少しだけ、僕は後悔した……。

595 :さる会話より(日記形式にあらず):2000/11/29(水) 15:04
 月島兄妹達が病院から姿を消した翌晩。
「保科さん、本当に良かったんですか? 太田さんと藍原さんを向こうに送るなんて……」
 みどりが、愛用のプラズマ・ロッドを磨きながら言う。
「ええんよ。瑠璃子ちゃんはまだあの二人が電波に侵されてると思ってる。それを利用させてもらうんよ」
「でも、危ないんじゃないの?」
 それまでサンドバッグに凄絶なハイキックを叩き込んでいた結花が、タオルで顔の汗を拭いつつ口を挟む。
 智子はフッ、と微笑み、
「それを言うとったら始まらへんよ。それに、これが一番得なやり方なんや」
 そこで言葉を切り、コインを数枚テーブルへ放る。
「こういう場合、理想の方法はなんやと思う?」
 みどりが、少し思案してから答える。
「こちらが疲弊せずに、相手を消耗させる事……かしら?」
「何や、ずいぶん欲が少ないやんか。良家のお嬢様は」
 智子はそううそぶき、コインを数カ所に散らす。
「もっと欲張っていくんや。相手の戦力を、減らすんじゃなく……」
 そう言って、コインを一枚手元に寄せる。
「――もらうんや。こっちに引き入れてしまえばいい。つまりやな……
 電波っちゅうんは、狂っとる時とかの方が強い。精神力が深く関係しとるからな。
 あのまま、瑠璃子ちゃんに暴走してもらうんや。現に、ツインテールの一匹を手中に収めたそうやしな。
 そして、その行動のせいで妖狐を敵にまわしとる。もちろんこのままじゃマズいから
 陰からフォローはするが、この状態のまま敵と激突してもらう。
 そして、あとから来るスフィーに瑠璃子ちゃんを治療してもらえば相手の戦力を削りつつ、
 さらに手駒を増やせるわけや。ま、机上の空論やけどな」
 そして、ニカッと笑う。
「上手くはまれば、おいしい作戦やろ?」


596 :名無しさんだよもん:2000/11/29(水) 16:04
はよクローズせえー
おちるぞぉー


597 :名無しさんだよもん:2000/11/29(水) 17:38
確かにそろそろ重い。>>596
一旦引っ越した方が整理しやすいかもです。
どうしましょう?

598 :書き手さんだよもん:2000/11/29(水) 18:12
じゃ、とりあえず新スレ移転すっか。
状況整理なんかはその後でも良かろ。

ついでに多少はルール決めといた方が良いかもね。

599 :名無しさんだよもん:2000/11/29(水) 18:13
さすがに900まで行くのは無理っすか。
そりゃそうだ。

600 :書き手さんだよもん:2000/11/29(水) 21:58
新スレ煽り文(暫定)

[タイトル]葉鍵板的聖魔大戦日記

2000年冬、不意に生まれる、もう一つの世界。

葉鍵キャラがオリジナル設定で大暴れしまくりな日記形式のリレー小説だゴルァ(゚д゚)
書き手も読み手もルール守ってマターリ逝こうぜゴルァ(゚д゚)

スレルール
1.sage専、ageは100寸前時の定期あげおんりー
2.書き手への愚痴はお手柔らかに

書き手ルール
1.新規参入者は、過去ログしっかり読むこと
2.他の書き手が納得できない展開はしないこと

前ログ:http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=973607248&ls=50


こんなんでどうだゴルァ(゚д゚)
これだけ考えるのにこんなに時間かかったのか・・・
ちょっと鬱だな・・・

601 :名無しさんだよもん:2000/11/29(水) 22:01
ごめん、一回だけ書かせてちょんまげ。

602 :沢渡真琴:2000/11/29(水) 22:02
何か、配下たちが勝手な行動をとっているようだ。
どうやら郁美の奴が騒いでいるらしい。困った奴だ。
私には及ばぬとはいえ、力だけなら留美や理奈よりも上なのだが、
いささか誇大妄想気味なのがどうも…
まあ、好き放題やらせてやりさえすれば、扱いやすい奴ではあるのだがな。
留美や理奈もそれについては納得しているようだし、とりあえずは問題あるまい。
しかし何故、千紗はあんな奴を崇拝しているんだ?
奴の与太話を心底信じきっているようだし、小娘の考えることはよくわからん。
まあよい。そろそろ電波使いたちも目障りになってきていたところだ。
郁美の計画とやらに乗ってやるとするか。
奴も数少ないツインテールの一人、機嫌さえ取っておけばなにかと便利だからな。

しかし倉田佐祐理を喰らってから、どうも身体に微かな違和感を感じる。
少々気がかりではあるが、力そのものは確実に回復している。
まあ、気にすることもないか。

603 :名無しさんだもんよ@一書き手:2000/11/29(水) 22:09
では、新ルールについて提案と言う事で、今まで参加してきた観点と
皆さんの意見を参考にしつつ俺の意見を書いてみます。

1 基本的にsageで。
2 ゴッドハンド系の話題はNG(これについては審議の必要あり?)。
3 どんな人間がどのキャラを書くのも構わないが、それまでの伏線は重視する方向で。
4 あまりに立て続けのカキコは自粛すべし。
5 これはあくまでの2chのスレッドである。当然書き手に否定的な意見もあるだろうが、
  いちいち反応せず、作品で結果を見せる。

5は何か精神論みたくなってしまいましたが、こんな感じでよろしいでしょうか?
意見が無ければ新スレの1にこれを書き込みます。
もちろん意見を聞かなくてはいけないので、新スレ立てるのは明日の朝ぐらいという事で。

……仕切ってスマソ。

604 :名無しさんだもんよ@一書き手:2000/11/29(水) 22:10
……しかも、かぶってしまった。重ね重ねスマソ

605 :名無しさん@だってばよ:2000/11/29(水) 22:31
ゴッドハンド系…というより、

●バランスを崩しすぎる無闇なパワーインフレは控えて下さい
とかどうでしょう。だ、だめかな。

606 :602:2000/11/29(水) 22:37
>郁美を書いた方
せっかくの設定を無茶苦茶にしてしまい、本当に申し訳ない。
でも、やっぱり妖孤の中で最強の存在は真琴ってのは、
当初から散々書かれてきた設定なんで、ここはひとつ譲っては頂けないでしょうか。
やっぱり、いきなり出てきた新キャラが、真琴や美汐はおろか、
神奈や栞、秋子さんよりも強いんじゃあ、
今までこつこつと積み重ねてきたディティールは、一体何だったんだって話になっちゃうので…
個人的に、いくら細かな闘いを描写しても、来るべき真の強者達の戦いの前座に過ぎないんじゃあ、
書き込む気力が起こらないんですよ…もちろんこれは単なる我が侭ですが。
無論、どうしてもその設定に執着があるなら、そのまま使って頂いて結構です。
何を書き込もうがその人の自由なのは、当然承知していますから。
あと、私はなりゆきで途中から真琴担当みたいになってた者ですが、
もう真琴を書くのは止めようと思うので、どなたか書いてやって下さい。
本来、地味な脇役とか書く方が好きなんで。
以上、長々と書き込んでしまい申し訳ない。もうしません。

>605
力の上限を定めるのはどうでしょう?
案としては、「翼人の力」と「天使の力」が最強で、あと秋子さんは別格って感じで。
これだけやってきて最終的にはドラゴンボールになってたんじゃあ、余りに悲しいんで…

607 :名無しさんだよもん:2000/11/29(水) 22:41
板の最下層まで下げちゃえば?
そしたら、『最後のページ』で、一発表示が可能だよん。

608 :名無しさんだよもん:2000/11/29(水) 22:41
>>603
ご苦労様です。
氷上シュンを書いて、なおかつ連続カキコしてしまった者です。
これからは慎重に……と言いたい所ですが、氷上シュンも戦線離脱したことだし、
少し自粛したいと思います。
香里の生きている発言については、どうにかして責任を取ります。

>>602
ナイスフォローです。ありがとう。

>>605
同意です。でも、自分もやってしまった感があるので鬱ですよ…。

609 :名無しさんだよもん:2000/11/29(水) 22:53
>>608
なんとなく雑談タイムのようなのでひとつ。
氷上シュン、個人的には良かったと思います。
そういえば確かにおねキャラが両組織のNO2だし。全然気付かなかった。
しかし、傍観者はみさき先輩とシュンがはまり役ですね。
個人的には傍観者はこの二人で十分ですね。あんまり多すぎると価値が下がっちゃうし。

610 :名無しさんだよもん:2000/11/29(水) 23:01
>603
うーん、2は不要では…
ゴッドハンド関係の設定は無効ってのは、
暗黙の了解ってことにしといた方がいいと思う。
初めて見た人とか意味不明だろうし。

611 :名無しさんだもんよ@一書き手:2000/11/29(水) 23:06
>>608
いやいや、とんでもない。俺も人の事言えた義理じゃないし(藁
俺は電波系書いてましたけど、弱いキャラばっかだから数が多くなってしまった……
ところで、この話が一応の完結を見たら小説にしてエターナルワールドに保管しようと
思うんだけど、どうだろうか? せっかくのものだし……

しかし、真琴書いてた人がやめちゃうと大変になるな〜
続けてくれない? ダメ?

612 :名無しさんだもんよ@一書き手:2000/11/29(水) 23:08
>>610
だね。それよりも605さんみたいに
●バランスを崩しすぎる無闇なパワーインフレは控えて下さい
って感じの方がいいね。



613 :名無しさん@だってばよ:2000/11/29(水) 23:12
>>606
わかりやすいです…そうですね、上限決めるといろいろ楽ですね。

>>608
今まで話に直接絡んでこなかった浩平やONEヒロインズを
持ってきた辺り、うまいなーと思いましたわ。
ていうか、ONE早く買いたいです。…ってそれ致命的。

>>610
そのへんのバランスは >>606 参考でいいのでは? どうでしょうか。

614 :書き手さんだよもん:2000/11/29(水) 23:21
エターナルワールド保管は賛成。
真琴続けて欲しいにも一票。
真琴のキャラかなり難しそうだから、書いたことある人にやって欲しい・・・

で、今現在反論無いルールは確定ってことで良いかな?
1 基本的にsageで。
2 どんな人間がどのキャラを書くのも構わないが、それまでの伏線は重視する方向で。
3 あまりに立て続けのカキコは自粛すべし。
4 これはあくまでの2chのスレッドである。当然書き手に否定的な意見もあるだろうが、
  いちいち反応せず、作品で結果を見せる。
5 他の書き手が納得出来ない展開はしない。
だもんよさんのをベースに、俺が考えたのでかぶってたのは削りました。

意見が出てるのは
1 ゴッドハンド関係は暗黙の了解? or 強さの上限指定する?
2 100寸前で定期あげ? or 板の最下層まで下げる?

615 :名無しさんだよもん:2000/11/29(水) 23:24
>>609
そう言って頂けると嬉しいです。

>>611
みなさんも葛藤されてたのですね。
リレー小説って難しいです。

>>613
ONEは楽しいですよ。
でも、自分もやってない作品がありますので困りものです。
パワーバランスについては、それで良いと思いますよ。

616 :書き手さんだよもん:2000/11/29(水) 23:30
ちなみに、俺の意見


ゴッドハンドが何故叩かれたのかを考えた場合、他キャラを無闇に殺していくのが問題だったので、
ゴッドハンドという存在自体はアリの設定でも良いと思う。
ゴッドハンドを操作する人が注意してくれればOKではないかと。


メール欄で遊べる余地を作る定期あげか、荒らしやなんかが入り込みにくい徹底さげか・・・
悩みどころ。

617 :名無しさんだもんよ:2000/11/29(水) 23:33
>>616
俺も、ゴッドハンドは存在自体は構わないが、やりすぎだから困るんだよね。

あと、徹底sageの方がいいと思うよ。
このスレつまんないって人結構いるから、荒らされるかも。

618 :名無しさんだよもん:2000/11/29(水) 23:42
当方、556の氷上シュンを書いたものです。

>>616 >>617
だったらゴッドハンドを弱くした設定を使っても良いでしょうか?

なんとか書いてみますので。

619 :名無しさんだもんよ:2000/11/29(水) 23:46
>>618
健闘を祈る。お互いガンバロウぜ。
ゴッドハンドも、何とか絡めてみてくれ。
じゃ、そろそろ新スレ立てるか?

620 :名無しさんだもんよ:2000/11/29(水) 23:47
本っっっ当に申し訳ない……
俺の大庭か。

621 :書き手さんだよもん:2000/11/29(水) 23:53
>>617
やはり荒らされるのが一番嫌だからね。
徹底さげにしようか。

じゃあ、新スレよろしく。

>>618
よろしくお願いします。

622 :名無しさん@だってばよ:2000/11/29(水) 23:55
自分も徹底sageに賛成。あげはリスクが高いと思うす。

4 これはあくまで2chのスレッドである。当然書き手に否定的な意見もあるだろうが、
いちいち反応せず、作品で結果を見せる。

↑これは「2.書き手への愚痴はお手柔らかに」でもなんとかならんでしょうか
あくまで2ちゃん、の部分は削らない方が良さそうですが。
それと、書き手さんだよもんさんの

1.新規参入者は、過去ログしっかり読むこと

も足した方がいいのでは。だめかな。

623 :名無しさん@だってばよ:2000/11/29(水) 23:59
あと、新スレに合わせてこれから資料の新規作成も頑張ってみます。
テンプレートは前ので出来てるし、結構状況変わりましたし。

も、もう立っちゃったかな。ゴメ。

624 :名無しさんだもんよ:2000/11/30(木) 00:02
ゴメン、スレッド立てすぎって言われて立てられない……

625 :名無しさんだよもん:2000/11/30(木) 00:02
勢力関係を図式でまとめられたらわかりやすいのにねえ・・・?

626 :名無しさんだもんよ:2000/11/30(木) 00:05
誰か代わりに立ててくれ……

2000年冬、不意に生まれる、もう一つの世界。

葉鍵キャラがオリジナル設定で大暴れしまくりな日記形式のリレー小説だゴルァ(゚д゚)
書き手も読み手もルール守ってマターリ逝こうぜゴルァ(゚д゚)

1 基本的にsageで。
2 どんな人間がどのキャラを書くのも構わないが、それまでの伏線は重視する方向で。
3 あまりに立て続けのカキコは自粛すべし。
4 これはあくまでの2chのスレッドである。当然書き手に否定的な意見もあるだろうが、
  いちいち反応せず、作品で結果を見せる。
5 他の書き手が納得出来ない展開はしない。
6 新規参入者は、過去ログしっかり読むこと。

では、貴方も葉鍵な聖戦の世界へ……


627 :名無しさん@だってばよ:2000/11/30(木) 00:07
不等号で表すわけにもイカンしなあ…>625
しかし今立てると時間の都合上反対派に荒らされないか?
ひっそり立てるのが良くない?

628 :書き手さんだよもん:2000/11/30(木) 00:12
確かに時間が悪いかも・・・
明け方4:00ごろにひっそり立てるのが吉か。
そのころ俺は寝てる可能性が高いが(w

>>623
資料の方、よろしく頼みます。

>>625 >>627
AA風にやってみるとか(w

629 :美汐たん書いてます:2000/11/30(木) 00:24
>>602さん
真琴役お辞めになられますか…思えば最初に伝奇ネタに食いついてくれたのがあなたでしたっけ。
出来れば続けて欲しいものです…
自分は未だ妄想が浮かぶので、性懲りもなく駄文を書き続けるでしょう。どうか付き合ってやって下さい。

>>611
ところでエターナルワールドとはどこですか?
個人的には保存されたくないです…恥ずかしいので…

完全sageには自分も賛成です。このスレはかなり重いので
上がると他の人の迷惑にもなりますから。

630 :名無しさんだよもん:2000/11/30(木) 00:27
ここはひとつスタンド調に・・・

キャラ名-沢渡真琴
属性-妖狐
破壊力-A スピード-A  射程距離-5〜6m
持続力-C 精密動作性-D 成長性-A
能力-世界の破壊者『九尾』の末裔。
   知性は低く、ひたすら破壊を好む快楽主義者だが、
   その実力はなお途上にある。  

631 :名無しさんだよもん:2000/11/30(木) 00:29
>ALL
題名はどうします?
なんか「日記」だと違和感があるような…。
「世紀末葉鍵聖戦記」…鬱だし脳。

>629
ここです→members.tripod.co.jp/mio_2ch/
葉鍵板で発表されたSSの保管所です。

632 :602:2000/11/30(木) 00:39
それでは一応、真琴でも書き込みます。
でも、別に持ちキャラ制ってわけじゃないんで、どんどん使って下さい。
私も美汐とかスフィーとか使うかもしれません(ニヤソ
>629
あの頃の真琴役は別の方です。
私は当時は、久瀬とか千鶴さんに半殺しにされた北川とか書いてました。
途中で真琴が出てこない時期があったので、その時に書いて以来です。
おかげで真琴の人格が変ってますが(w

633 :名無しさんだもんよ:2000/11/30(木) 00:45
>>631
題名は、全部終わってから考えた方がいいと思う。

>>630
面白いね。俺も一個作ってみた。

キャラ名 長瀬源之助
属性 グエンディーナの魔法使い
攻撃力−B スピード−E 間合い−オールレンジ
スタミナ−D 器用さ−A 成長性−完成
能力−グエンディーナの魔法使い。
   その魔法のレパートリーと老獪な経験から生まれる知略はピカ一。
   戦闘能力も相当高かったはずだが、作中ではその描写は無かった。
軌跡−邪悪な意志の持ち主を破るため活動していたが、志半ばにして逝去。
   が、彼のコネクションで作り上げたチームは彼の遺志を継いで戦っている。

敢えて、人間用のフォーマットに変えてみた。

634 :書き手さんだよもん:2000/11/30(木) 00:49
>>629
口調とか雰囲気が本物の美汐たんに似てる・・・

635 :名無しさんだよもん:2000/11/30(木) 00:50
>>630>>633
うーん、登場キャラ数を考えると無理があるね…
いや、ネタだとは思うけど。

636 :名無しさんだもんよ:2000/11/30(木) 00:52
>>635
俺、全部作ってもいいよ(藁
これが終わったらね。

637 :次のスレ名:2000/11/30(木) 00:53
「新世紀葉鍵幻魔大戦記」…これじゃ漢字多すぎ。
「葉鍵でサイキックアクションってどうよ?」…どうよはどうよ。

個人的に真琴にはたまーに、ほんとにたまーにでいいから
「あぅー」とか「だっチュン!」とか言って欲しかったり(氏
て、病んでるぞ己。宇津駄…

638 :名無しさんだよもん:2000/11/30(木) 00:58
「世紀末リレー戦記・葉鍵大戦」
「世紀末日記・葉鍵黙示碌」
ってあたりでどうでしょう?
流石にこのペースだと、新世紀までは続かないと思うし。

639 :629:2000/11/30(木) 01:25
>>602さん
うがっ。別の方でしたか。どうも失礼しました。でも文体から判断できなかったとは…

>>634 もちろん偶然です。

「真・妖狐転生〜世紀末覇者伝説」…御免なさい。

640 :スレ名美汐とマコピー希望:2000/11/30(木) 02:30
新スレ立つまでお休みか…晴香出てこないのかな…?

641 :名無しさんだよもん:2000/11/30(木) 02:56
1 ゴッドハンド関係は暗黙の了解? or 強さの上限指定する?

これどうしようか。俺は後者がわかりやすいと思う。
自分も同意。晴香見たい。>>640

642 :名無しさん@だってばよ:2000/11/30(木) 05:03
でーきーたー。

ゴッドハンドも入れてよかったんだろうか。
とりあえず改訂版リストに新キャラ追加・状況更新したっすー。
次のスレでコピペしてやってくだせえ。

643 :主な陣営及び現在の状況:2000/11/30(木) 05:11
●長瀬一派・グエンディーナ連合

保科智子 → 現リーダー。知略に長けた源之助の後継。炎の格闘術に秀でる。瑞穂と加奈子を瑠璃子の元へ潜入させる。
長瀬祐介 → 最強の電波使い。消耗した芹香を破壊爆弾で追いつめたが、力の使いすぎで意識不明に。現在戦線離脱。
新城沙織 → 魔族をバッグで殴り倒す怪力の持ち主らしい。現在は病院で待機中。
スフィー・リム・アトワリア・クリエール → 凄まじいポテンシャルと魔力容量を持った魔女。
みさき、なつきとも面識有。彩の危険性と事態の予言書との
                      符号に気づく。街へ向かう列車は宮城県境を越えた。
リアン → 合理主義なスフィーの妹。神尾親子を国外脱出させる。夜行列車で現地に向かっている。
高倉みどり → 特殊武装部隊のリーダー。武器はプラズマロッド。私兵を多く連れている。
岸辺なつみ → 「ココロ」使い。スフィーから彩の情報を受け取る。姉妹を迎えに行っている?
江藤結花 → 綾香と互角に戦ったエクストリームの女王。現在修行中?
雛山理緒 → みどりに雇われ、本拠地である総合病院にて雑用をしている。

追記事項 以前源之助が千鶴を治療したため、鬼一族に貸しがある。楓には信用されていない?
  また、長瀬つながりで警察とも関連有。現在はメンバーが分裂状態のため、
      暴走した瑠璃子を使って妖狐たちを戦力に組み込むつもりらしい。
最終目的 各戦力を消耗させ、事態の収拾を図る。理緒は浩之に会いたいようだが…

644 :主な陣営及び現在の状況:2000/11/30(木) 05:12
●月島兄妹

月島瑠璃子 → 障気の影響で暴走。負の感情を増幅させる電波を発して長瀬一派を分裂させる。
月島拓也 → リーダーを務めていたが、瑠璃子の電波に犯されパーティーを離脱。
太田加奈子 → 脳に命令を下し、潜在力を全て引き出すことができる。電波で人形になったフリをしている。
藍原瑞穂 → 加奈子と共に電波で人形になったフリをして潜入中。何らかの能力があるようだが詳細は不明。
七瀬彰 → 美咲復活のためスフィーを頼っていた。由綺を殺し、冬弥と対立。
      現在は瑠璃子に操られている。妖狐を感知する能力有?
観月マナ → 力ある妖狐の証、ツインテールの持ち主。が、現在は瑠璃子に操られている。

追記事項 瑞穂、加奈子は正気だが気づかれていないようだ。
      また、マナを味方に引き入れたため妖狐らから目を付けられている。
      「銀狼」の緒方英二、その妹緒方理奈が襲撃してくる可能性が高い。
最終目的 みんなをお友達にすること? 加奈子、瑞穂は潜入活動の成功。


●鬼一族

柏木耕一 → 最強の鬼。勢力争いより美汐と決着をつけることに執着しているようだ。
柏木千鶴 → 鬼一族四姉妹の長女。最終兵器を装備した美汐に敗れ、瀕死の重傷を負う。
柏木梓 → 四姉妹次女。美汐と素手で戦い激闘を繰り広げるが、接戦の末敗れる。
柏木楓 → 四姉妹三女。狐の力を取り込んで妖猫になった。誰を取り込んだかは不明。
柏木初音 → 四姉妹四女。おそらく千鶴、梓の回復にあたっている?

追記事項 以前源之助に千鶴を治療して貰ったため、長瀬陣営には借りがある。
  ただし、楓は源之助の行動を信用していない? ちなみに楓と往人は一度会っている。
      妖狐陣営・元FARGO連とは同盟関係。しかし楓の行動により同盟は破棄される可能性有。
最終目的 耕一は美汐との決着。楓は一族を守ること。

645 :主な陣営及び現在の状況:2000/11/30(木) 05:13
●警察関係者

柳川祐也 → まだ本調子ではないが、鬼の力の保持者。志保の身柄を確保。
長瀬源三郎 → 香里に重傷を負わされ、療養中。源之助の死を知っているかは不明。

追記事項 霧島聖とは同僚関係。長瀬つながりで電波使いたちとも関連有か。
      みさきから『大なる結界は血と裏切りの果て、遠からずほころぶ』のメッセージを受け取る。
最終目的 事件関係者の逮捕。


●霧島姉妹

霧島聖 → 特別対策室の切札で、対化物用技術の結晶。邪教を憎む。佳乃と合流。
霧島佳乃 → 翼人の羽根の魔力により、白穂の力を得る。犬神ポテト使い? 聖と合流。
北川潤 → マスターアジアの元で神の指を会得。美汐にボコられた過去があり、復讐を狙っている。

追記事項 佳乃のドッキリから始まった誤解により、聖が北川に美汐を倒す依頼をしてしまった。
      取り消しを携帯で伝えるも、留守電。ちなみに、佳乃の力の源は神奈である。
      柳川とは姉妹共に面識がある。現在は魔物退治にいそしみつつ、佳乃を襲った妖狐を探す。
最終目的 街に巣喰う魔物を退治すること。聖は佳乃を襲った妖狐を狙う? 北川は美汐を倒すこと。


●高野山連合

天野美汐 → 打倒真琴を目指す法術師。翼人神奈を降ろすことに成功。最終兵器ピナーカを得る。
       梓に辛くも勝利、茜に治療されるもまた敵を探し街へ出る。
里村茜 → 美汐の古い修行仲間で親友。法術の威力は美汐以上。
      彼女を監視し、抹殺も辞さない覚悟だが、改心を期待している。
橘敬介 → 高野山の術師兼「みすず」の開発者。彼女を兵器として使用しようとするが、逃げられる。
国崎往人 → 美汐と共に修行をした国崎流法術の使い手。高野とは折り合いが悪く、美汐個人に味方している。
       彼女と合流しようにも行き違いが多い。楓の力を垣間見る。

追記事項 最大の敵は妖狐一派。鬼一族とも因縁がある。元FARGO連も敵となる。
対妖狐用人間兵器「みすず」は来栖川に差し替えられ、 思惑通りに動かない。
      舞、美凪、みちる、葉子とは共闘関係? しかし茜は葉子が気にくわないらしい。
      また、茜は過去の「誰か」を思い出しかけている。七瀬とも約束をしたらしい。
最終目的 九尾の妖狐およびその眷属の抹殺。そして茜は「誰か」に会うこと。

646 :主な陣営及び現在の状況:2000/11/30(木) 05:13
●その他の対妖狐陣営

川澄舞 → 父に母を生贄にされて以来魔を憎むようになった。左腕に「サイコカノン」を身につけ、
      ついには奥義「次元斬」を修得。郁未に勝利するも、佐祐理の消滅に衝撃を受ける。
遠野美凪 → 舞、佐祐理の遺伝子を配合された強力な人工術師。主な武器はお米券に偽装した怒濤の量の法術札。
遠野みちる → 美凪の夢によって現実化された格闘型式神。翼人の力の欠片を宿すことに成功。
鹿沼葉子 → 不可視の力の持ち主。真琴側の郁未たちを裏切った。祐一、あゆの力を狙う?
ティリア → 佐祐理に召還された光の勇者。祐一を取り戻そうとしている。
サラ → 異界からティリア、エリアと共に召還される。
エリア → 異界からティリア、サラと共に召還される。

追記事項  美汐と手を組んでいるため、高野山連合ともとりあえずは同盟関係にある。
      しかし今までほぼ助けはなく、独立勢力と見ても良いかも知れない。
      それにともない、元FARGOの郁未、名倉姉妹、鬼一族とも敵対。 佐祐理は幽界から街を観察している。
最終目的 舞が魔物を討つこと。美凪、みちるは不明。妖狐を倒すこと? 葉子はクライアントの依頼の達成。
      ティリアたち三人は祐一の奪還及び魔の消滅。

●姉さんファミリー

長岡志保 → 元あかり姉さんの部下。現在は警察に保護されている。

追記事項 現存勢力は志保のみ。どう動くかが注目される。
最終目的 とりあえずはスクープ。


●来栖川エレクトロニクス

HMX-12 マルチ → 魔導と科学を融合させたアンドロイド。現在は高野の技術をパチったHMX-14にデータ移動。

追記事項 確認できる現存勢力はマルチのみ。芹香、浩之を探しているようだ。
最終目的 不明。浩之に会うこと?

647 :主な陣営及び現在の状況:2000/11/30(木) 05:14
●魔族たち

ルミラ・ディ・デュラル → 高位魔族。芹香に召還されるが、契約者が死んだ今は傍観者的存在。
メイフィア・ピクチャー → 智子を襲うが、逆に炎の攻撃を喰らいかなりのダメージを負う。

追記事項 エビル、イビル、フランシーヌ、アレイが未登場。たまは場外。
最終目的 宿主の血を吸うこと? 現在は傍観者のスタンスのようだ。


●光の翼保持者<天使>

月宮あゆ → 光の翼を解放、襲撃から祐一を守る。現在は水瀬家で祐一と共に夢を見る日々。
相沢祐一 → なんらかの力を秘めているらしい。が、本人は何も知らずあゆと眠り続けている。

追記事項 警察はあゆと祐一の居場所を突き止めている。祐一の力は次元矯正力らしい。
最終目的 二人で幸せな日々を送ること?


●邪神崇拝者

大庭詠美 → こみぱのおたくを供え物にしてたこのかみさまの復活を狙う。
長谷部彩 → 街に到着後、詠美の指示通りに動くため単独行動中。

追記事項 彩は前科の一切ない天才犯罪者。武器商人であり銀行荒らしであり破壊屋。
      徹底的合理主義者で、魔法や法術の類は一切信じていない。
最終目的 詠美がたこのかみさまの復活。彩は不明。

648 :主な陣営及び現在の状況:2000/11/30(木) 05:15
●妖狐本陣

沢渡真琴 → 妖狐の首領である九尾。自らの完全復活を狙い動く。
       現在は電波使い襲撃を部下に任せ静観。
立川郁美 → 妖狐組織のナンバー2。思いこみは激しいが実力は凄まじい。大雪山に移動。
七瀬留美 → ツインテール持ちの七尾の妖狐。高野に潜入していた。「誰か」を忘れており、
       その誰かのために行動しているのではないかと疑問を抱く。
緒方理奈 → 真琴の眷属にして、力あるツインテールの持ち主。心を操る「歌」の能力に長けている。
       現在兄と共に月島兄妹らと一戦構えようと策を練っている。
緒方英二 → 理奈の兄で、「銀狼」と呼ばれる妖狐。妹の力を増幅させる能力がある。高野の調査から帰還。
塚本千紗 → 成長性はピカイチだが、まだ幼いツインテールの妖狐。郁美に心酔している。
篠塚弥生 → どうやら男を捜しているらしい。理奈に呼ばれ、VS電波使いに参戦か?
立川雄蔵 → 郁美の兄。現在はチベットで修行中。かなりの実力者だが、俗世に関心が薄い。

追記事項 現在封印中だが、水瀬秋子とも手を結んでいた。
      が、実質的に秋子を封印したのは真琴であるため、目覚めれば報復される可能性も。
      いざとなれば何かを復活させるという切り札があるようだ。
      また、佐祐理作の対妖狐用の秘薬は真琴には効き目が薄かった。
      が、佐祐理の最後の執念とばかりに今後真琴が力を取り戻すたびその身体を蝕んでゆく。
      現在は鬼一族、元FARGO連の郁未、名倉姉妹と同盟関係にある。
      最大の敵は美汐率いる高野山連合。
最終目的 真琴の完全覚醒。全ての勢力の抹殺? 留美は「彼」に会うこと?


●元FARGO連

天沢郁未 → メンバー中随一の不可視の力の使い手。真琴に雇われている。
       舞とELPODを使って戦うも、次元斬と不可視の力の干渉により別の場所に転移させられる。
名倉友里 → 郁未の部下。不可視の力の使い手?(Moon未プレイにより情報不足。ゴメン)
名倉由依 → 由里の妹。郁未の部下。不可視の力の使い手?(上に同じく。申し訳ない)

追記事項 郁未は舞と因縁有。また、以前舞とコンタクトを取ったことを妖狐に感づかれている恐れもあり。
      やってないのに指摘するのもいい加減しつこいが晴香が(略)
      妖狐軍団、鬼一族と同盟関係。水瀬秋子の封印には関わっていない。
      郁未はあゆの力の発動を見ていたため、相沢祐一に関わるのを避けようとしている。
      現在郁未が知り合いの瑞佳宅のそばに来ている。
最終目的 依頼を達成し報酬を受け取ること。

649 :主な陣営及び現在の状況:2000/11/30(木) 05:16
●神尾親子らプノンペン組

神尾観鈴 → 戦自研と独逸軍兵器開発局、高法連、三者共同”開発”の UAMW(対妖最終兵器)-TYPE1「みすず」。
       意志ははっきりしており、晴子を守るために力を使うことを決意。神奈の力を模しているらしい。
       現在は晴子と共になつきの元に身を寄せる。
神尾晴子 → 高野に神尾晴子ありとうたわれた法術師。「みすず」の管理が任務だったが、母としての心からか
       観鈴を兵器とされることを拒否し二人で逃亡。リアンの手引きにより国外脱出。
清水なつき → みさきと旧知の仲。神尾親子の身柄を引き取っている。かなりのやり手のようで、情報収集力は凄まじい。

追記事項 観鈴の対妖兵器用主要機関は来栖川に奪われ、HMX-14に搭載されているらしい。
      が、法術を指南した茜によると観鈴の腕前はよかったらしい。この矛盾は?
      家を出たことにより「みすず」の作動は既に開始しているらしい。(注・「高野の」敬介談)
      国崎往人とは一時同居していたこともある。(例外的同盟関係?)
      主立った敵は観鈴を狙う高野山連合か? 晴子、観鈴はリアンに恩義を感じている。はず。
      なつきは「永遠の世界」の管理人、氷上シュンとも面識有。
最終目的 晴子・観鈴は親子仲良くらぶらぶに暮らすこと。 なつきは世界の観察。


●傍観者たち

川名みさき → 盲目の目で全てを観る観測者。その瞳は未来や運命、この戦いの意味さえも見通す。
        自ら動くという選択肢に気づいている。彼女だけが浩平のことを覚えている。

氷上シュン → 本当の永遠を手に入れた浩平に執着するが、みさきに牽制され戦線離脱して仮初の永遠に身を潜めることに。

追記事項 みさきの観た未来の欠片は『大なる結界は血と裏切りの果て、遠からずほころぶ』。
      スフィー、柳川にその情報を気紛れで伝えている。また、なつきも街の重力に捕らわれ始めているとか。
      スフィー、リアンとはみさき、なつきともに協力関係。みさきはスフィーを認めている?
      主立った敵は現在特になし。シュンはこの戦いのキーパーソンや真実を知っている重要人物?
最終目的 浩平と関係があるらしい。詳しくは不明。

650 :主な陣営及び現在の状況:2000/11/30(木) 05:16
●超越者?たち

美坂栞 → 香里を生贄にし、ゴッドハンドと化す。秋子、千鶴と戦った後、世界への興味を失い天へ。
      その割には気まぐれにいろいろと裏で動いているようだ。
上月澪 → 強大な力を得ながら、戦いを嫌い栞の元にとどまっている。誰かに会いたいという
      強い気持ちがあるがそれが誰なのかは思い出せない。役割を「演じて」居る自覚がある。
椎名繭 → 澪と同じく、何かを思い出すことをただ待っている。
佐藤雅史 → 栞の気紛れで勇者の暗示をかけられ、街にいる邪悪なものを滅ぼさなくてはという強迫観念にとらわれる。

追記事項 超越者の知識に欠ける栞が愛していない香里を生け贄にしたため、近い将来彼女らの力は急激に落ちる。
最終目的 栞はただの気紛れ。澪、繭は何かを思い出すこと。雅史は街にいる勢力の消滅。


●その他の関係者

水瀬秋子 → 1000年生きていると言われる地上最強の邪術師。力を抑えて栞と戦い、真琴、鬼一族に封印された。
       現在は力を回復し、封印の中から外界の推移を見計らっている。
水瀬名雪 → 封印した秋子に怯え、部屋に閉じこもって眠る祐一にすがる日々。
       妖狐と鬼の力を借りた封印だとは気づいていない。何らかの儀式を行っていたようだが?
美坂香里 → 名倉姉妹を保護するが、栞に生贄にされる。退魔部部長だった。生死不明。
桜井あさひ → 声優桜井あさひ以外にも数多くの人格を持つ。七人目「ピーチ」は封印の御子の力を持つ。たまを魔界送りに。
        三人目の人格「モモ」は相手の心理的死角から勝機を掴む天性の忍び。魔を滅するため街へ向かっている。
藤井冬弥 → 過去、美咲を自殺に追い込んだらしい。結果由綺を殺した彰を追い、現在単独行動中。
       由綺の蘇生と彰への憎しみの間で揺れている。智子にやや惹かれている?
コリン → 見習い天使。ユンナにだまくらかされ街に来る羽目に。天使(あゆ?)の存在に気がついている。
ユンナ、芳晴 → (ナイトライター未プレイにつき名前のみ。メンゴ)
ぴろ → 5000年間、この世の流れを眺めている猫。水瀬家&ものみの丘ウォッチャー。
藤田浩之 → プラス因子を持って生まれてきた次元矯正力を持つ男。綾香とセリオの想いにより復活。
折原浩平 → 「本当の永遠」を見つけてしまった人間。戦いの発端であり、鍵となる人間らしい。
長森瑞佳 → 現在は参戦せず。郁未の友人だったようだ。
久瀬、斉藤 → 入院中。場外に等しい。

651 :主な陣営及び現在の状況:2000/11/30(木) 05:17
●現在の被害者(時系列順)

澤倉美咲 → 約一年前、冬弥に自殺に追い込まれる。
森川由綺 → 同じく約一年前、彰に殺される。
宮内レミィ → スタンド「レミィACT2」を操るも、物語開始前にあかりに消される。遺品の手帳は理緒が見つけた。
高槻 → FARGOを追って美坂家に乗り込むも、香里に返り討ちに。
たま → 封印の御子・ピーチに遭遇し、魔界に返される。
来栖川綾香 → 浩之と駆け落ち。ラピードモードであかりと戦うが、最終形態に敗れる。
長瀬源之助 → 過労による魔力の枯渇により寿命を迎える。お疲れ様と言ってやりたい。
HMX-13 セリオ → 綾香の遺志に従い浩之を護り続けるが、琴音との壮絶な戦いの末自爆。
姫川琴音 → 芹香の術から脱し、あかりを止めるため浩之抹殺を狙うが最後に葵に裏切られ退場。
松原葵 → 浩之にとどめを刺せず逆に琴音を殺す。が、潜んでいた理奈の手により生涯を終える。
神岸あかり → 芹香との死闘の末、力を制御不能になったところを突かれついに敗れる。
来栖川芹香 → あかりを倒すが、祐介の破壊爆弾を喰らったところで瑠璃子が操った浩之の死体に共に焼かれる。
倉田佐祐理 → 妖狐に襲われ力を食われるが、土壇場で真琴に罠を仕掛ける。現在は幽界から街を観測中。

冥福をお祈りします。南無。

652 :主な陣営及び現在の状況:2000/11/30(木) 05:18
追記・リアンがブカレストで見つけた古文書の内容の一部↓
(詳しくはhttp://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=973607248&st=357=to=357 を)

西暦1500年代に記されたもの。

『魔を呼び出せし者、愛する者に業火で焼かれる
魔を狩りし者を操りし者、ケルベロスに陵辱される
大いなる戯画を盲信せし者、己を信ずるもの者どもに己が身を食い荒らされる』

『白鳥とケルベロスがぶつかり合う時、両者は互いに墜ちて交わる。
神の怒りにより吹雪が吹き荒れ、雪の山になる』

以上、終わりです。長くてすんませんでしたー。

653 :主な陣営及び現在の状況:2000/11/30(木) 05:37
リンクミスがあったので訂正します。
改行がガタガタなのも許してください。すいません。

リアンがブカレストで見つけた古文書の内容の一部↓
(詳しくはhttp://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=973607248&st=357&to=357 を)

西暦1500年代に記されたもの。

『魔を呼び出せし者、愛する者に業火で焼かれる
魔を狩りし者を操りし者、ケルベロスに陵辱される
大いなる戯画を盲信せし者、己を信ずるもの者どもに己が身を食い荒らされる』

『白鳥とケルベロスがぶつかり合う時、両者は互いに墜ちて交わる。
神の怒りにより吹雪が吹き荒れ、雪の山になる』

…これでいいですかー?
なんか誰もいないっぽいですね。
承諾ナシに立てるのもアレなんで、いったん落ちます。
無責任で申し訳ない。

654 :名無しさんだよもん:2000/11/30(木) 06:00
>>643さん。
またまたこんな整理を…お疲れさまです。書いている方は大助かりですよ。
しかし改めて見ると、登場人物の多いこと…

いつかこの話が終わったとき、更なる舞台裏の話をしてみたいですな。
当初自分が想定していた伏線とか、このネタを出した理由とか。

655 :名無しさんだよもん:2000/11/30(木) 09:39
>>643さん。
本当にお疲れ様です。
新スレを楽しみにしています。

ゴッドハンド・栞の件ですけど、この先誰かお使いすることはありますか?
いや、彼女の勢力を使ったお話を考えていたもので……って、早い者勝ちでしたね。
やってみますか。

656 :書き手さんだよもん:2000/11/30(木) 12:41
>>637
>どうよはどうよ。
ワラタ
日記形式だから「あぅ〜」はあっても「だっチュン」は無理そうだなぁ。

>>640 >>641
自分で書いてみたらどうよ。
なんだかんだいってFARGOで動いてるの郁未と葉子だけだし・・・

>>643
お疲れ様です。
1コ訂正。
七瀬彰 → 妖狐を感知する能力有?
これは「目的のモノを探知する能力。」
妖狐以外にもいろいろ探知出来るのではないかと。

ついでに話しには出てきているが日記は見たこと無いキャラも調べてみた。

新城沙織、藍原瑞穂、観月マナ、柏木梓、柏木初音、遠野美凪、遠野みちる、
サラ、エリア、メイフィア・ピクチャー、篠塚弥生、名倉友里、名倉由依、
ユンナ、芳晴、折原浩平(彼は出さない方が良いかも)、長森瑞佳

計17名、ちゃんと日記つけてあげてください(藁
それと調べていて気になった点。
かなり前に1度だけ日記があってそれから書かれていないキャラも複数存在。

新スレ、煽り文は決まってもタイトル決まってないな。
誰か上手いの考えてくれ・・・

657 :書き手さんだよもん:2000/11/30(木) 12:48
あと、ゴッドハンド絡みになるが全体的なパワーバランスについて。
「翼人の力」「天使の力」を一番上として、
ゴッドハンド達はこれ以下になると見て良いのかな?
今後新キャラを出す場合や既存キャラのパワーアップの場合でも、この枠内には収まるように。


658 :名無しさんだよもん:2000/11/30(木) 15:35
『葉鍵聖戦@ 水瀬家編』

平穏の乱れはある一家より始まった。
水瀬家の家主・秋子の暴虐が発端となり、運命の子・天野美汐と
沢渡真琴の両名が本性を現わす。それは、強大な妖狐とそれを
狩る者との永きに渡る抗争の幕開けであった。
いち早く運命を見越した真琴は自分の眷属に召集をかけるが、
一方の美汐は秋子攻略を優先、同朋・国崎往人を呼ぶ。
秋子もまた、これに対抗するべく鬼の力を持つ柏木家を動かすも、
時を同じくして覇者『ゴッドハンド』に新生した美坂栞に倒されてしまう。
かくして、第一の驚異・秋子は封印され、秋子の恐怖に囚われた
名雪、あゆと閉鎖した空間に逃避する祐一 ──
ここに、水瀬家は事実上崩壊した。

こんなふうに、誰かはしょってまとめてくれへんやろか…
(←警察機構とか出てくると、もうダメ…ついでにゴッドハンドって
どういうものなのかよくしらない)

>>636
ぜひお願いします。




659 :名無しさんだよもん:2000/11/30(木) 16:56
物話の復活はまだ無理みたいですね。
書き手さんたちって、書き貯めとかしてるのかな?

660 :名無しさんだもんよ:2000/11/30(木) 17:18
>>659
いや、新スレ待ち状態でしょ。
ところで、そろそろ立てていいかな?
タイトルは「葉鍵聖戦」で。

661 :名無しさんだよもん:2000/11/30(木) 17:21
>>636
あと魔力値なんかも付け加えてくれい。

662 :名無しさんだよもん:2000/11/30(木) 17:25
>>660
ぐわぁ。今から出かけなければならんのに。
これも運命か。
もしあれだったら話の展開に付いて行けるように書き直すか。

663 :名無しさんだもんよ:2000/11/30(木) 17:34
>>662
スマソ。これも社会人の運命と割り切ってくれ。

>>661>>658
問題はアップ場所に困るという事なんだ……
専用HPでもトライポッドに作りたいが、俺無理だし……
まさか、全キャラ分ここにアップできないしな……
誰か、トライポッドに簡単なHPを作成してくれる勇者はいませんか?

664 :名無しさんだよもん:2000/11/30(木) 17:38
>>663
まあ、すべての話が終わってからということだし、今はいいんじゃないか?

665 :名無しさんだよもん:2000/11/30(木) 17:45
>>663
新スレ見てきた。
いい感じです。
後は>>643のような戦力分布表なんかも貼り付けた方がいいのでしょうか?

666 :名無しさんだよもん:2000/11/30(木) 18:15
>>665
>>665
せっかくだし、貼っときましょう。
ただ、各勢力の記載の順番を、
高野山系>妖孤系>中立系>その他系
に直した方が判りやすいと思います。


667 :真琴とか書いてました:2000/11/30(木) 18:28
今、順番を並び替えています。終わり次第貼り付けたいと思います。
細かい点を手直しするかもしれませんが、643さん、御了承ください。

668 :書き手さんだよもん:2000/11/30(木) 18:46
新スレはこっちすね。
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=975572864&ls=50
基本的にsageってことは、ブックマークしといた方が良いかと。

>>663
新スレありがとさん。
HP作れない事も無いが・・・
その後の管理は出来る自信ないんだ・・・

669 :名無しさんだよもん:2000/11/30(木) 18:51
さっそく荒らされてんな。トホホ。

670 :666:2000/11/30(木) 18:54
まあ、荒らしに遭うのは新スレの宿命だし、仕方ないですね。
とりあえずは様子見でしょう。

671 :書き手さんだよもん:2000/11/30(木) 18:56
ぐぁっ、早速か・・・

>>670
同意。
あいつが消えるまで放っておくか・・・

672 :名無しさんだよもん:2000/11/30(木) 19:17
ま、いつまでも続くようだったら放棄して、もう一回新スレ立てちゃいましょう。
とりあえずあっちは放置ということで。


673 :667:2000/11/30(木) 20:02
…と思いましたが、
人様の書いたものに勝手に手を加えるのはアレなんで、
やっぱり止めときます。643さん、申し訳ない。
高野山のところに、深山雪見だけ足しといてやってください。
一応書いてみました。

深山雪見→高野山の大僧正。茜に美汐への助力及び監視を命じる。


674 :名無しさんだよもん:2000/11/30(木) 20:15
>>673
問題はいつ貼るかだね。
今は暴風警報発令中だから。

675 :名無しさんだよもん:2000/11/30(木) 20:18
雪見さんカンペキに見落としてました。スマソ。

てか、きっとそこ以外にもこっちのミスとか
わかりにくいところ、主観が混じったところも多いので
改良して下さって全然構いませんよ>667さん
せっかく書いて下さったのにこちらこそ逆にすみません。

676 :書き手さんだよもん:2000/11/30(木) 21:28
そろそろ向こうは大丈夫・・・か?

677 :名無しさんだもんよ:2000/11/30(木) 21:29
ゴメン、まさかこうなるとは……>>ALL
まさか夕方にあんな暇な荒らしがいるとは……つくづくスマン。
みんなが上手くやってるのに、こんな事になるとは……

678 :名無しさんだもんよ:2000/11/30(木) 21:36
じゃ、ちょっと書き込んでみようか?>向こう

679 :書き手さんだよもん:2000/11/30(木) 21:43
スマソ、既に書き込んでしまった(笑)

荒らしの対処法はみんな分かってるみたいだし、大丈夫。
気を落とさないでくれ>だもんよ氏

680 :名無しさんだもんよ:2000/11/30(木) 22:06
>>679
俺も軽く書いてみた。なんか出しゃばってるみたいでスマソ。

681 :名無しさんだよもん:2000/11/30(木) 23:22
このスレって避難所みたくなってきたね。

682 :清水なつき:2000/12/01(金) 00:49
>>588さん
>>573の清水なつきを書かせて頂いた者です。亀レス申し訳ありません。
僕自身、ネタはここに書き込んでしまった以上、見ている方々にいろいろな解釈
をされるものということを前提として書き込んでおります。
よって、貴殿の解釈の方は特に異存はございませんよ。
むしろ、お気に掛けて下さってありがたいぐらいです。

>>629の美汐たんを書いた方
 僕が初期の真琴を書かせて頂きました(麻薬ネタを書かせて頂きました)。
 今の状況を見て、僕も調子に乗りすぎてやってしまったな、と大いに反省してお
ります。
 ただ、ここでネタを提供して下さっている様々な方々がおっしゃるように、僕も
こうした面白い試みに胸を躍らされているのも、また事実です。
 これからも、面白いネタの提供を心待ちにしております。

>>602さん
 軌道修正の方、遅れながらでありますがお疲れ様でした。
 >>606でのご意見も、一書き手として貴重なものとして拝聴させて頂きます。
 あなたの書くネタをこの先も楽しみにしております。
>私も美汐とかスフィーとか使うかもしれません(ニヤソ
 是非是非、やっちゃってください。僕もそれなりにさせて頂きますので(ニヤソ)。

 長レスになってしまい、申し訳ありません。


683 :某一書き手:2000/12/01(金) 00:50
>>588さん
>>573の清水なつきを書かせて頂いた者です。亀レス申し訳ありません。
僕自身、ネタはここに書き込んでしまった以上、見ている方々にいろいろな解釈
をされるものということを前提として書き込んでおります。
よって、貴殿の解釈の方は特に異存はございませんよ。
むしろ、お気に掛けて下さってありがたいぐらいです。

>>629の美汐たんを書いた方
 僕が初期の真琴を書かせて頂きました(麻薬ネタを書かせて頂きました)。
 今の状況を見て、僕も調子に乗りすぎてやってしまったな、と大いに反省してお
ります。
 ただ、ここでネタを提供して下さっている様々な方々がおっしゃるように、僕も
こうした面白い試みに胸を躍らされているのも、また事実です。
 これからも、面白いネタの提供を心待ちにしております。

>>602さん
 軌道修正の方、遅れながらでありますがお疲れ様でした。
 >>606でのご意見も、一書き手として貴重なものとして拝聴させて頂きます。
 あなたの書くネタをこの先も楽しみにしております。
>私も美汐とかスフィーとか使うかもしれません(ニヤソ
 是非是非、やっちゃってください。僕もそれなりにさせて頂きますので(ニヤソ)。

 長レスになってしまい、申し訳ありません。


684 :鬼ちゃんねる@観鈴:2000/12/01(金) 02:19
○月▲日 はれ

にははっ。アジャコングってメスだったんだ

685 :某一書き手:2000/12/01(金) 04:05
>>682>>683
二重カキコしてしまった……。スマソ……。

686 :書き手さんだよもん:2000/12/01(金) 11:24
>>684
スマソ、葉鍵キャラの舞台裏日記は今はこっちになってる。
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=975233588

687 :名無しさんだよもん:2000/12/01(金) 13:37
すべてのお話が終わったら>>602さんや>>682さんみたいに、
裏のお話や設定なんかの話したり聞いたりして、マタ―リしたいですね<おーる

688 :鬼ちゃんねる@あなどれない。:2000/12/02(土) 07:40
>686
ごめん。どっちに書こうか迷ったんだけど…
申し訳ない・・・


689 :名無しさんだよもん:2000/12/03(日) 11:43
>688
鬼ちゃんも奮ってご参加ください。お待ちしております。

690 :鬼ちゃんねる@あなどれない。:2000/12/09(土) 01:08
うん。今度ネタ考えとくよ。

691 : :2000/12/15(金) 16:08


692 : :2000/12/27(水) 20:04
 

693 :江戸屋猫八:2001/01/12(金) 17:57
にゃおぅ。

694 :名無しさんだよもん:2001/01/16(火) 18:06
なぜ江戸屋猫八?

695 :名無しさんだよもん:2001/01/24(水) 06:34
裏鶴来屋・・

373 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)