5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

こんなシチュエーションどうよ?

1 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 19:53
風呂に入ろうと脱衣場のドアを開けたら、
今まさに風呂から上がったばかりで
シマシマ模様のパンティーに
片足通している名雪とバッタリ!!


2 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 19:56
妄想駄スレ

3 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 20:04
風呂に入ろうと脱衣場のドアを開けたら、
今まさに風呂から上がったばかりで
シマシマ模様のパンティーに
片足通している雅史とバッタリ!!

4 :名無しさんもんだよ@はふん :2000/10/11(水) 20:05
なにげに兄貴のノーパソ覗くと、
ぐりぐり動くGREENの真琴ちゃんにバッタリ

5 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 20:25
立ちションしてたら名雪とバッタリ。

6 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 20:29
真琴に絵本を読んであげていたら

「血痕…死体……」

7 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 20:48
朝、名雪を起こそうと勝手に部屋に入ったら、
体をくの字に曲げて
パンツの中に手を入れたまま眠っている名雪にバッタリ!


8 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 20:49
夜の学校に行ったら、
魔物狩りしてる舞にバッサリ!

9 :マジレス :2000/10/11(水) 21:01
>>1
本編にもそーゆーシチュエーション欲しかったよ。
その場合苺ぱんつキボンヌ

10 :名無しさん@1周年 :2000/10/11(水) 21:14
>>9
俺敵には水色と白のストライプきぼーん

11 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 21:20

    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ミ
    /   @`――――-ミ
  /  /  /   \ |
  |  /   @`(・) (・) |
   (6       つ  |
   |      ___  |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |      /__/ /  < なわけねぇだろ!
 /|         /\   \________



12 :9 :2000/10/11(水) 21:34
>>10
わかった。中を取ってかえるさんぱんつで手を打とう(w

13 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 21:40
いや、やっぱり蛙の着ぐるみで…。

14 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 21:43
>>10
水玉も良いかも。


15 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 21:51
Tパック。

16 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 21:51
トイレのドア開けたら、
ふきふきしてる最中のなゆなゆにバッタリ


17 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 21:53
>>13
いっそのこと蛙挿入!

18 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 21:56
爆竹…

19 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 21:58
>>18
名雪にか!?萌える!(;´Д`)ハァハァ

20 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 22:02
>>12
かえるさんぱんつは、まこぴーのぱんつ。
なゆきのおふる。


21 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 22:06
おふるということは、なゆきのしみついたパンツか!?

22 :20 :2000/10/11(水) 22:07
>>21
モチ!


23 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 22:14
なゆなゆとまこぴーのしみつきぱんつ…
想像しただけでもう…(;´Д`)ハァハァ

24 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 22:17
オークションにかけたらななぴーの制服なんぞ足許にも及ばない値がつくな。
20万は堅いと見た。

25 :栞@名無しさん :2000/10/11(水) 22:18
あの…、私のはどうですか?

26 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 22:21
部屋のドアをあけたら、名雪の指と指の間に透明な糸を引いていた。
祐一「わ、わりぃ。出なおすわ」
名雪「? 納豆食べてただけだよ〜」

27 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 22:24
納豆プレイ!?Σ( ̄□ ̄;

28 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 22:27
納豆を詰めこむのか!!?
ぬるぬるだな…。

29 :マイ・カワ○ミ :2000/10/11(水) 22:28
>27
…呼んだ?

30 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 22:29
>>25
栞はちょうちんブルマ。


31 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 22:30
納豆なら、たしかにローションが無い時の代用になるな。


32 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 22:34
>>30
もちろん血痕つき
(カノソ入ってます)

33 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 22:35
>>32
ちがうだろ。月のものだろ(w

34 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 22:40
>>31
そんなこと出来るのは茨城県民だけろ・・・
(茨城県民は世界一納豆を消費しているらしい)

35 :名雪@名無しさん :2000/10/11(水) 22:49
うぅ〜、なんだかあそこが変な感じするよ〜。
べとべとしてて、ちょっと動くだけでナカがこすれちゃうよ…。
変な粒もごつごつしてる…。
お願いだからもうやめてよぉ…。

36 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 22:51
>>33
32の真相
ネ右「オイ、包丁刺さってるぞ」
栞 「・・・平気です」
ネ右「全然平気そうには見えないが・・・」
栞 「・・・不死身ですから」
                    カ○ソより


37 :33 :2000/10/11(水) 22:54
いや、かのそくらい持ってるって。
このスレは如何に萌えるシチュエーションを妄想するか、だろ(w

38 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 23:06
上はジャージ、下はブルマ姿で体育を見学する栞萌え〜


39 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 23:09
上はスクール水着の方が

40 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 23:14
上はセーラー、下はブルマが基本とうちの先生も仰っておりました。

41 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 23:19
栞のブルマからわずかにはみでてる白パンツに一票!
それに気付いてパンツを隠そうとブルマを下に引っ張る栞にもう一票!


42 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 23:20
>>37
あゆ  「あの不死身のアマから生える包丁ってすごく萌えるよね?」
ネ右ー 「そんな事は絶対に無い」
あゆ  「うぐぅ、酷いよネ右一君」
                    カ○ソより

43 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 23:22
「いたっ」
「どうした?」
「指、切っちゃた」
「かしてみ」
「あ・・・」
「・・・・」


44 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 23:29
>>41
そしてパンツまでずり下げてしまう栞に更に一票!!

45 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 23:30
あゆのキュロットから覗き見えるお子ちゃまぱんつ


46 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 23:38
>>44
そして顔を真っ赤、目をうるうるさせて
ぺたっと地面に座りこんでしまう栞にもう一票!


47 :37 :2000/10/11(水) 23:38
>>42
わかったわかった。人の性的嗜好に口出しする気はない。好きなだけ包丁に欲情してくれ。

48 :名無しさんだよもん :2000/10/11(水) 23:58
>>47
ネ右一 「おいおい、何だかサディスト野郎と勘違いされたぞ」
あゆ  「実際サディストなんだから気にする事無いよ」
ネ右一 「お前と一緒にするな」
あゆ  「うぐぅ」
栞   「あの…、私はどうなったのですか?」
                    カ○ソより?

49 :48 :2000/10/12(木) 00:06
ハァハァ…やっぱり出刃包丁が一番興奮するよね…ウッ…ドピュ…(;´Д`)デチャッタ…

50 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 00:10
>>49
さ、刺されて血が噴き出したのか…?

51 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 00:28
切腹プレイΣ( ̄□ ̄;

52 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 00:40
久弥キャラの鼻血なら舐めたいぞ。


53 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 00:43
>>51
切腹プレイ中
ネ右ー 「十分濡れたし・・・そろそろ良いか?」
栞   「あの・・・、それは血です・・・げふっ(吐血)」


54 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 01:11
寒いから一緒にねるって言って、深夜ベットに入ってくる名雪。

なゆちゃん萌え〜。

55 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 01:18
そのまま抱き着いて背骨を折ってしまうなゆちゃん萌え〜

56 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 01:37
あゆを抱きしめて、
あのふっくらしたセミロングの髪を
なでなでしたい。


57 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 01:38
中だししてから、それを舐める祐一萌え〜


58 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 01:40
>>53
栞、処女喪失。(ワラ

59 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 01:40
>>57
祐一のほうかい!


60 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 01:43
剣の柄でオナニイしている舞萌え〜

61 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 01:45
けろぴ〜にマタ擦りつけてる名雪萌え〜〜〜

62 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 01:47
浴衣姿の佐祐理さん。
髪が風に揺れてうなじが見えた瞬間萌え



63 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 01:48
祐一の童貞を奪った秋子さん萌え〜

64 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 01:48
お腹が目立ってきた秋子さん萌え

65 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 01:49
みんなちと単発ネタすぎるナァ。
もうちっと、ロングタイムなシチュエーションをきぼーん!


66 :名無しさんだおー :2000/10/12(木) 01:53
あまりにも長時間やってたため
もう意識を失っているなゆちゃん萌え〜。

67 :不要 :2000/10/12(木) 01:55
じゃぁ・・・「くー」などと寝ぼけているが実はパジャマのズボンが
落ちててパンツ丸見えな名雪を起こしに来た祐一が、こっそりパンツ
めくって自家発電を始めるが、実は名雪は気付いていて、祐一のソレ
をみてこーふんするシチュエ−ション萌え・・・長いな。

68 :65 :2000/10/12(木) 01:56
>>66
そうきたか!!

69 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 01:56
>>67
同意!

70 :65 :2000/10/12(木) 01:58
>>67
良い! なかなか良いですよぉ〜!! 萌え!!!

71 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 02:00
@アオ姦
A獣姦
B肉まん
以上の条件を満たしたキャラ萌え〜

72 :さわやかに :2000/10/12(木) 02:03
祐一に言われるがままにエロ本買って帰る途中、
すってんころりんして地面にエロ本をぶちまけ、
あう〜と涙ぐむまこぴー萌え

73 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 02:03
じゃあ…無邪気なふりしてベッドに潜り込んで来るが実は勝負ぱんつのまこぴー萌え。
とか言ってるとまこぴこが現れるから止そうか(w

74 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 02:06
ティーパックプレイに挑戦するまこぴーに萌え〜

75 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 02:08
このスレを立てたお兄ちゃん萌え!!

76 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 02:11
対象キャラが自然にまこぴーに推移していったこのスレ萌え。

77 :なゆき :2000/10/12(木) 02:14
71が悪い…

78 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 02:17
まこぴーに喰われてしまったが、それでも、なゆなゆに萌え!!

79 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 02:19
まこぴーに喰われてしまったが、それでも、なゆなゆに萌え!!

80 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 02:48
何を言うか!!
ブルマ姿の栞こそ萌え!!!!

81 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 02:56
ぶるまぁな栞ちんのわきざし萌え。
だって侍だも〜〜〜ん(脇差)

82 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 03:02
舞の卒業式の日。
桜の木の下で、想い出作りのために佐祐理さんと一緒に3P。
想い出と一緒に子供も出来てめでたしめでたし。


83 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 03:04
腋毛を剃ってない栞萌え。
やっぱ俺って変態さん?

84 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 03:08
>83
いろいろ居て良いんじゃないですか?
・・・でもな・・・栞ちゃんは剃らなくっても腋毛なんぞ生えてねぇんだよ!!
そんな私は汁ふぇち。
栞ちゃんのぶるまぁを白濁液で汚したい・・・・あ、佐祐理さんの袴も良いかも・・

85 :名無しさん@駄文御免 :2000/10/12(木) 03:12
薄い壁の向こうから聞こえてくる淫らな声。
ただじっとしているだけで汗が浮いてくる。
飲み込む唾が物凄く重い。
どうして俺達はこんな場所にいるのだろうと、少し考えてみる。
ここは秋鵜温泉郷・・・の外れのラブホテル。
秋子さんと名雪の3人で旅行する事になったのだが、
観光シーズン中に宿の確保もせず訪れるなんて無謀だった。
空いている温泉宿など一軒も無く、7時間ほどさまよってから
横になれれば何処でもいいと転がり込んだのがこのホテルだった。
既に時刻は午前1時。お隣さんはまだ頑張っている。
非常に気まずい空気が俺達を取り巻いていた。
秋 「・・・そろそろ寝ましょうか」
祐 「でもベットは一つだ」
名 「大きいから3人で寝ても大丈夫だよ〜」
祐 「・・・そうゆう問題じゃないぞ」

・・・・・・・・・・・・どうする、祐一?

86 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 03:15
1.愛を確かめる
2.秋子さんと一緒に名雪を縛る
3.秋子さんと名雪に嬲られる

87 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 03:19
>>84
きっと生えてるって、うすーい若草が・・・
スクール水着で腋から見えたりしたら、もうたまんね・・・

88 :不要 :2000/10/12(木) 03:20
3希望!!いぢめてくれ〜〜〜〜!!!

89 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 03:28
「男」「女」「男」と書いて「なぶる」……
深いな。

90 :不要 :2000/10/12(木) 03:30
女男女、な「嬲る」があっても良いじゃないですか・・・

91 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 03:37
「嫐」って字も有りますよ。

92 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 03:39
おお、本当だ!
実際のシチュエ〜ションごとに使い分けるのかな・・・どきどき

93 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 03:41
>「嫐」
って、どう読むの?

94 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 03:43
なぶる、そのまんまだよ。

95 :斎藤さん :2000/10/12(木) 03:45
――==≡≡≪〈〈〈《(-_-)=○》≫≫()゚O゚)バキ!!

96 ::2000/10/12(木) 03:47
うわなり、とも読む。

97 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 03:48
うわなり、だと変換されませんよ〜〜〜?

98 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 03:50
なぶる、だよ。

99 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 03:52
「嫐」という字を見て思わずガッツを思い出してしまった哀れなボクに
誰か救いの手を差し伸べてー。

あ、あー・・・ぁ・・・。

100 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 03:53
「なぶる」じゃ変換できないんだけど→嫐

101 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 03:54
IME2000ではなぶる、じゃないと出てこないですねぇ・・・

102 :91 :2000/10/12(木) 03:57
IME98だと変換は出来ないみたい。
IMEパッドで出しました。

103 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 04:07
単語登録しました(笑)

104 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 04:12
オレも(笑)

105 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 04:15
使う事ないだろうな…

106 :>85 :2000/10/12(木) 04:16
続きはどーした

107 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 06:29
かおりが攻略できれば、なんの問題もない

108 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 09:08
香里と名雪の美少女同級生コンビの肉まんに挟まれるっていうのも。

香里「あなたも好きねぇ〜」
名雪「祐一、肉まんだおー」

てな、感じに。


109 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 11:33
みしおたん落とさせろゴルァヽ(`Д´)ノ

110 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 11:50
みしおたんのスクール水着姿萌え〜

111 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 12:29
みしおたんの裸割烹着萌え〜

112 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 12:47
みしおたんのねこみみ萌え〜

113 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 12:55
祐一「おい、真琴、みっしー、海に行くぞ海!」
真琴「あうっ、うみーっ♪」
美汐「…わかりました」 (…誰がみっしーやねん)
真琴「水着はー?」
祐一「ちゃんと用意してあるぞ。これだっ!」
真琴「あうーっ、なんだか小さい」
美汐「………」 (…なんでスクール水着やねん)

114 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 12:57
心の声をなんとかせい(藁

115 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 13:08
すっげー良いキャラだ(笑)>心の声美汐

116 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 13:28
実は子供の頃関西に住んでいたミッシー

117 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 15:27
水瀬家の夜。
祐一と名雪、祐一の部屋でエッチ。

名雪「お母さんに聞こえないかな…」
祐一「秋子さんだって寝てるって」
名雪「うん…。あ、ドアの鍵、閉めてよ」
祐一「大丈夫だって (っていうか、祐一の部屋に鍵は無いw)」

階下の自室で、ベッドに寝ている秋子さん。
でも、あの聡い秋子さんが、ふたりの関係に気づいていないはずがない。

さしもの秋子さんも、生理前ということもあって、身体がうずく。
背徳感を覚えつつも、ついつい、その細い指先が股間にのびていく…。

118 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 15:55
同年代サブヒロインなのに何故かフィギュアが無いみっしー萌え〜。

119 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 15:59
また生理ネタか・・・

120 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 16:04
生理前ってかいてあるじゃん。
要するに安全日でやりたい盛りなわけだ。
そんな秋子さん萌え!!

121 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 16:27
生理が来なくなって困っている栞萌え〜。

122 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 16:35
危険日に中田氏する人、嫌いです。

123 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 16:40
中田氏こそ漢のロマン!!
この主張は今日限りにしておきます。

124 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 16:45
じきに死ぬ奴相手に危険日も何も無いだろ。

125 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 16:50
ハァ?
栞は不死身ですが(藁

126 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 17:00
生理が来なくなって困っている栞よりも
生理が来なくなっているにも関わらず
何事もなく健気に振る舞おうとする香里萌え。

127 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 17:00
生きろ。

128 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 17:01
>>127
お前は水戸華ノ介か!?

129 :124 :2000/10/12(木) 17:09
そうだった。栞は頭の病気だったな(藁
電波妄想に祐一を付き合わせる栞萌え〜

130 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 17:29
>126
そうかな?

香里「生理が来ないの」
祐一「えっ、それってどういうこと?」
香里「言葉の通りよ」
祐一「そうですか(がっくり)」
香里「相沢君、責任取ってね」
祐一「それは結婚しろって事?」
香里「言葉の通りよ(にっこり)」

と言うべき事はいいつつクールな香里萌え!!


131 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 17:39
にっこりした香里よりもピッコリした香里萌え〜。

132 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 17:47
ポテトの着ぐるみ着た香里萌えぇ〜

133 :不要 :2000/10/12(木) 18:07
香里はやっぱり「攻め」でしょう。
香里「あら、意外と小さいのね・・・」
ネ右一「悪かったなっ!」
香里「そんなことじゃ栞を満足させられないわよ。」
ネ右一「え・・・(知ってたのか・・)」

134 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 18:22
栞との仲を知っていながらもやってしまう香里萌え〜。

135 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 18:30
いや、ここは姉妹の力を合わせて祐一を倒しましょう!!

136 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 19:44
シーンとした性教育の授業中、
ペンケースを床に落として中味をぶちまけ、
クラス中の注目を集めながら顔を真っ赤にして
あたふたとシャーペンや消しゴムを拾い集める中学生時代の栞萌え〜

137 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 19:51
>136
おお、それ萌える!!


138 :香里 :2000/10/12(木) 20:07
おぅ、祐一!止まったぞ生理、ガハハハハ

139 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 20:15
(きつねだから云々は別にして)
入浴中にとつぜん初潮を迎えて、わけがわからず裸のまま
その場に座りこんでしまうまこぴー萌え。

140 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 20:22
このスレ、ONEのキャラはダメか?

生理でツライはずなのにいつも通りの笑顔を絶やさぬ長森萌え〜

141 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 20:46
生理でもないのに、いつも情緒不安定なななぴー萌え〜。

142 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 22:00
ONEキャラでもいいんじゃないか?
お風呂で抜け毛が排水口に詰まって困っている茜萎え!!

143 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 22:07
>>142
いいね、素っ裸で一生懸命排水口の掃除をしてる茜に萌え。

144 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 22:30
>>139
真琴「祐一〜、ぴろがね・・・」
祐一「わかったわかった、また一緒に寝たいって言ってるんだろ」
真琴「うん」
何故かいつもよりしおらしい様子の真琴は布団にもぐり込んでくると
もの言いたげな顔で上目遣いに俺の顔を覗き込んできた。
祐一「なんだ、どうかしたのか」
真琴「・・・あのね、真琴はもう大人の仲間入りしたから、ぴろと
   一緒に祐一の部屋で寝るのは今日で最後なの」
祐一「え??」
真琴「急にお腹がおかしくなったみたいでびっくりしたんだけど、
   おめでたいことだから何も怖がることはないんだって。
   でもこれからは一人で寝るようにしなきゃいけないんだって」
祐一「そうか・・・」
祐一「・・・ちょっと待て、「もう一緒に寝ちゃだめ」ってのは誰かに
   そう言われたのか?」
真琴「秋子さんだよ」
祐一「!!お前話したのか?たまにこの部屋に来て寝てるって」
真琴「話してないよ。でも知ってたみたいだった。
  『何もないのはわかるけど、これからは一人で寝られるようにしなきゃね』
   って笑ってた。別に怒ったりしてなかったよ。秋子さんいつも優しいもん。
   あ、あと明日はお赤飯をつくるから楽しみにしてなさいって♪」
真琴の頭の中は初めて食べる赤飯への期待で一杯のようだが、俺のほうは明日
男一人だけの立場でいったいどんな顔をして食卓についたらいいのか、いっそ
北川の家にでも泊まりにいこうか等と悩みまくっていた。

(スマン、逝ってくるわ)

145 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 22:49
>>144
待って、逝かないで〜!!(ワライ

146 :名無しさんだってば :2000/10/12(木) 23:07
>>144
舞編とかあゆあゆ編は?

147 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 23:19
>146
あゆあゆは「葉鍵キャラの初潮および生理☆」スレの39にいいのが
あったからね。
舞のはいまいち思いつかないなあ。何か淡々と処理しそうだし。


148 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 23:24
秋子派の俺としても素敵な内容だったぞ >144

149 :名無しちんだよもん :2000/10/12(木) 23:25
>>144
続き書いてから逝ってくれ(藁

150 :名無しさんだよもん :2000/10/13(金) 01:52
みしおたんと二人きりで海岸沿いにある温泉旅館の一室。
浴衣姿で夜空を見上げるみしおたん。
湿ったみしおたんの髪が浜風に揺れる。
浴衣の隙間から一瞬覗かせる、みしおたんの白く、細い素足。

美汐「…星が綺麗ですよ?」


151 :名無しさんだよもん :2000/10/13(金) 02:00
ヲタ「みしおたんも綺麗だよ」
美汐「…………」

152 :はぐれ美汐純情派 :2000/10/13(金) 02:12
みしおたんマンセー!


153 :名無しさんだよもん :2000/10/13(金) 02:35
ふむ、なるほどな。
ついでながら2月の誕生石はアメジスト「誠実」だ。
セリオの最初の誕生日には、浩之はバイトをしてでも贈るように。

154 :名無しさんだよもん :2000/10/13(金) 02:36
ごめん。誤爆した。

155 :名無しさんだよもん :2000/10/13(金) 02:48
マンガだけではあきたらず、インターネットにも挑戦したものの
書きこむスレを間違えちゃったまこぴー萌え〜


156 :名無しさんだよもん :2000/10/13(金) 02:54
SS考察スレの名雪が起こしに来たけど、実は布団の中でまこぴ〜
によろしくふぇらさせてる祐一SS。
いいシチュエーションじゃないっすか?

157 :名無しさんだよもん :2000/10/13(金) 02:55
>>150〜152
美汐スレにもネタ出してあげて・・・(哀


158 :名無しさんだよもん :2000/10/13(金) 03:20
密かに胸の小ささを気にする詩子萌え〜


159 :名無しさんだよもん :2000/10/13(金) 03:43
その小さな胸で頑張ってパイズリしようとしてくれるんだけど、
挟めなくてつるつる擦りつけるだけの詩子萌え〜〜〜〜
つるつるつる・・・にゅるにゅるにゅる・・・・どぴゅ。

160 :名無しさんだよもん :2000/10/13(金) 03:47
美汐ネタ良いね。
風で短い制服のスカートが見えても全然動じないおばさん臭い美汐萌え。
祐一「おい、見えてるぞ・・・」
美汐「はい。」
祐一「・・・・・・。」

161 :名無しさんだよもん :2000/10/13(金) 03:58
みしおたんがそんな隙を見せるとは思えんな。
それは誘ってるってことなのか?(w

162 :160 :2000/10/13(金) 04:00
>161
そこがまた萌えるじゃないですか。

163 :名無しさんだよもん :2000/10/13(金) 04:31
>>158-159
超マイペース少女である詩子も、
胸に関する話題にだけは動揺を隠しきれないに違いない。


164 :名無しさんだよもん :2000/10/13(金) 09:34
そろそろ本格的に秋なので、それっぽいシチュエーションきぼんぬ。

165 :名無しさんだよもん :2000/10/13(金) 11:42
秋といえば焼きイモだな!!!

後は月光だな!!

166 :名無しさんだよもん :2000/10/13(金) 23:29
澪がみさき先輩に、ナプキンの使い方を教わった時の会話が書かれたスケッチブックに・・・萌え

167 :名無しさんだよもん :2000/10/13(金) 23:33
おいもを食べ過ぎて浩平の前でおならをしてしまい、
うつむいて顔がみるみる赤くなっていく茜萌え〜

(普通だ…)

168 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 00:12
今更だがおもらしあゆあゆ。

169 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 00:29
今更ですが・・・
浩平を起こしに来て、布団を跳ね上げたら朝立ちを見てしまって
恥ずかしがる瑞佳萌え〜〜

170 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 00:42
今更だけど、
パンツ1枚になって
保健室で身体測定をする小学生時代の栞萌え〜

171 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 02:25
名雪に負けたくない一心で必死になって寄せて上げる真琴萌え〜

172 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 02:50
月光と聞いて、ふとみさき先輩で想像してしまった・・・
「このみさき、生来目が・・・」

・・・ふぅ、では逝こうか。

173 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 03:14
「飛べない翼に、意味はあるんでしょうか#2」スレにおける、
遠野美凪の「…立てちゃいました、えっへん。」のセリフに密かに萌え〜


174 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 03:29
祐一が好きになって一緒にお風呂に入りたいのにいい出せなくてもじもじしている真琴萌え!!
「ピロが祐一と一緒に入りたいって」

175 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 03:38
祐一が好きになってセクースしたいのに言い出せないでもじもじしている真琴萌え!
「ぴろが祐一のティムポしゃぶりたいって。出して。」

176 :不要 :2000/10/14(土) 03:49
でもどうして良いか解らずに、ティムポを前に不器用に握ったり匂いかいでみ
たりするど〜ぶつ的なまこぴ〜萌えっ!!

177 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 03:54
みしおたんの生胸をペロペロと舐めるまこぴー萌え!


178 :不要 :2000/10/14(土) 03:58
真琴が美汐に膝枕してもらったまま眠ってしまい、美汐が動けない
のをいいことに祐一に後ろから微乳を弄ばれるシチュエーション萌
え〜〜〜〜
・・・なんで私はいつも長くなるんだろう・・・



179 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 03:59
>176
それ萌える!!
十分ありえるし。

180 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 04:03
イチゴサンデーをスプーンですくい、
「はむっ」ってくわえた瞬間の美汐萌え〜〜!!

その後クリームがほっぺたに付いてたりすると、なお萌え!!

181 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 04:17
>180
そのほっぺについたクリームを祐一が指でとって口に入れると真っ赤になる美汐萌え!!


182 :不要 :2000/10/14(土) 04:18
 秋子さんに性教育を受けて、早速祐一の部屋に乗り込んで、
「せっくすしよっ!」
といきなり祐一を驚かせる無邪気なまこぴ〜・・まこぴ〜まこぴ〜〜〜
まこぴ〜〜ハァハァ(;´Д`)

183 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 04:23
>>182
がんばれ!
その調子でもう少し核心にせまってみよう!

184 :不要 :2000/10/14(土) 04:30
「コレを大きくして、勃ったらここに挿れるんだね」
と、基本に忠実で解り易いけど、改めて堂々と口にすると
かなり恥ずかしいのを気にもとめないで堂々と行為の手順
を声に出しながら行為に至るまこぴ〜・・まこぴ〜〜〜〜
まこぴ〜〜〜ハァハァ(;´Д`)

185 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 04:32
箸を持つことはおろか、
トイレすらまともに行けなくなってしまったまこぴー。

秋子さんにオムツを代えてもらっている最中のまこぴー萌え!

186 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 04:34
実は真琴の子供が見てみたくて避妊については教えていなかった秋子さん。
生で大丈夫なのかと心配になる祐一。
ただただ無邪気な真琴萌え!!

187 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 04:35
>185
もっ・・・萌えるか?


188 :不要 :2000/10/14(土) 04:38
 そんな真琴に、
「する前に精液飲まなきゃいけないんだぞ。」
と嘘ついてフェラさせようとする祐一に素直に応じてしまう
まこぴ〜萌え!!まこぴ〜〜、まこぴ〜〜〜ハァハァ(;´Д`)

189 :185 :2000/10/14(土) 04:40
>187
こう、名雪と祐一に見られつつ秋子さんに両足を持ち上げられ、
恥ずかしいという感情はまだあるために、
涙ぐみながら顔を横にそらし、
「あうぅ」とうめくことしかできないまこぴー萌え!!

190 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 04:43
温泉で胸を揉みあうキィちゃん&クゥちゃん萌え萌え〜〜〜


191 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 04:49
くぅちゃんって、今のオフィシャルのトップの娘?

192 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 04:53
>191
クゥちゃんは紫色の髪の娘だよ。
Airが出るまではキィちゃんと共にトップ飾ってた。

193 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 04:56
 「エアーの制服っす」ってなってたアノ絵のもう一人の方ですね。
なるほど・・・良いかも。

194 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 04:57
            _@`@`@`@`
       /⌒^~   ~ ヽ、
      /           ヽ@`
      @`| /   ノ ノ   ヽ ヽヽ@`
      | // / ノノノリハ)ヾヽ ヾ ヽ
     @`| | | 从Hテナサ从ナサヲリリ| l リ
     | | |//ノリリf~~f~ノノlf~fリリリノソ
     @`@`||ノ/ (| |@`t__ノ  @` Lノ/lリ
   <(=ニ_ノl|| | ''''u θ @`''イl|
   ∠@`@`| l||||||||| | >ェェイll||| |
     | l||< ̄| |\ l ̄ヽll||| |
    @`|l/ \\| | ヾ\ 》ll|| |
    |/\  \| |二\ノノ ヽ| |
    |f  '\  | |//∇\ | |、
    ノ ハ  ヘ  | | //λヽ\| |λ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                   ┃
┃ このスレは厨房ばっかりみたいね。             ┃
┃                                   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

195 :>194 :2000/10/14(土) 05:04
   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ( ´∀`)< AAのズレも直せないオマエモナー |
  (    )  \______________/
  | | |
  (__)_)

196 :不要 :2000/10/14(土) 05:06
普段ほんのりのんびりな瑞佳の言葉攻め萌え〜〜っ!!
「浩平・・・ナニこれ。こんなんじゃ勃ってるとは言わないんだよもん」
「瑞・・佳?」
「ナニぴくぴくさせてるの?挿れたいの?」
言ってぐっと浩平の魔羅の根元を掴む。

だぁぁ〜〜〜〜すぐSSっぽくしてしまう私・・・

197 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 05:07
>>194
妄想ぐらい好きにさして〜

ああ θ にチンポ突っ込みて〜

198 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 05:07
>195
ほっとけって。

199 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 05:09
>196
SSっぽくて長い話のほうが萌えて良いよ〜。
…人のこと誉めてばっかでなかなかネタが思いつかない自分萎え…

200 :不要 :2000/10/14(土) 05:16
「浩平、どうしたの?」
痙攣のようにびくんびくんと陰茎を振るわせる浩平。
反射的に腰が動く・・・が、瑞佳は手で強く魔羅を握っ
たままで下腹部を押し付けてそれをさせなかった。
「うっ・・・くっ・・・」
中途半端な快感に、溜まらず浩平は懇願する。
「瑞佳・・頼む・・ちゃんと、イかせてくれっ!!」

・・・・また「SSスレ行け」って言われるぅ・・・でも人
いないんだもん。ココで修行させて。

201 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 05:17
『あのね』
『…してほしいの』
『…もう子供じゃないの…』

202 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 05:37
小学生に手を出し、書類送検される浩平に萌え〜

203 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 05:46
繭か?
・・・そういや繭って歳幾つだ?
高校は繭の行くべき学校じゃない、中学?それとも・・・げひひひ

204 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 11:25
動物園です。


205 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 11:49
毎回自分で調合した不妊剤と媚薬を飲んでくれる芹香先輩萌え!!
お陰で毎回中田氏(藁

206 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 15:00
名雪の食事に密かに排卵誘発剤を混ぜる秋子さん萌え〜

207 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 21:15
>>203
繭は小学生です
そしてみゅーはポケモンです

208 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 21:29
最強のポキモン、ミューツー。

209 :arasi.com :2000/10/14(土) 21:56
     / ̄ ̄ ̄ ̄\
    / |   |   (● (●
   /  |   |       \
   i   |   |     ∴▼:|  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ∠、  \_ノ   ∴_人_) < 酒鬼薔薇、釈放記念!
    \         _ノ   \__________
      \    / /
(  (  ((  ( _@`@`) _@`@`)

210 :名無しさんだよもん :2000/10/14(土) 22:04
繭はみゅ〜タイプです。はい。

211 :ア・you :2000/10/14(土) 23:16
挿入6秒で天に召されるネ右ー君、弱ぇ〜〜〜

212 :名無しさんだよもん :2000/10/15(日) 00:17
葉鍵系同人誌の売り子をしている栞萌え〜


213 :名無しさんだゴルァ(゚Д゚) :2000/10/15(日) 10:28
夢精したパンツを、夜中一人で洗ってる北川に萌え〜!!!!

214 :名無しさんだよもん :2000/10/15(日) 11:15
中田氏されてもいいようにあらかじめ舞ルーラを使う長森萌え!!

215 :名無しさんだよもん :2000/10/15(日) 20:00
>214
「浩平はちゃんとしてくれないから心配だよ〜〜」ってな感じだろうか。
しかしほかに心配することがあるような気がするが。

216 :名無しさんだゴルァ(゚Д゚) :2000/10/15(日) 20:56
名雪がトイレに入るのを見て、放尿するところを想像してしまい、
ナニがスーパーサイヤ人3ぐらい膨れ上がった北川に萌え〜〜〜もぇもぇ(ハート)。


217 :名無しさんなんだよ :2000/10/15(日) 20:58
風邪をひいた秋子さんを看病する真琴に、
人肌であたためると早く直ると言って二人を裸にし、
欲望を二人に放った時の、北川の顔にもェもェ〜(ラブリードキュン)

218 :名無しさんなんだよ :2000/10/15(日) 20:58
二人でテレビを見ていたら長いキスシーンが始まったので、
恥ずかしくなった名雪がチャンネルを変えると、
SEXシーンがうつり慌てて他のチャンネルにしたら、
ナプキンのCMが流れ、
恥ずかしさのあまり、2階にかけあがっていく
初心な名雪に萌え〜(あさだ、あさだよ〜〜〜)

219 :名無しさんだよもん :2000/10/15(日) 21:20
>>216
北川って香里ねらいじゃなかったっけ?

220 :名無しさんだよもん :2000/10/15(日) 22:39
>218
一方で真琴は無知なので
「ねー祐一、名雪は何で急に部屋に上がってっちゃったの?」
「ねーねー祐一、アレ(ナプキン)って何に使うのよ。オシメ?」
などと質問攻めにされてへどもどする祐一萌え。

221 :名無しさんだよもん :2000/10/16(月) 00:04
今夜も萌えましょう。あげ。

222 :名無しさんだよもん :2000/10/16(月) 00:24
香里を狙ってるのはフェイクで、
本命は名雪だったりする北川に萌え!

223 :名無しさんだよもん :2000/10/16(月) 00:25
香里を狙ってるのはフェイクで、
本命は名雪だったりする北川に萌え!

224 :名無しさんだよもん :2000/10/16(月) 00:26
更にそれもフェイクで実は祐一本命な北側に萎え。

225 :名無しさんだよもん :2000/10/16(月) 00:33
>189
エンディング後の後日談(真琴が復活したとして)のネタにもよいな。
祐一「あの時は真琴のオムツも代えたりしたんだよな〜」
真琴「うそよっ!祐一にそんなことさせてないもんっ」
祐一「いや、オレは覚えてるぞ〜。何しろ真琴は何も出来なかったから、
   こう手取り足取りにだな、あんなことやこんなことも」
名雪「祐一、言い過ぎだよ・・・」
真琴「もういいよっ!祐一なんかだいっきらい!」
涙目になって2階に駆け上がる真琴。
秋子「祐一さん、からかい過ぎですよ。真琴だって女の子なんですから」
祐一「・・・すみません」
秋子「私に謝るよりも・・・先にすることがありますよね?」
祐一「・・・はい」
罰の悪そうな顔で2階に上がってゆく祐一。
名雪「真琴、泣いてたよね。大丈夫かな」
秋子「祐一さんがしっかり謝れば大丈夫。しばらくすれば仲直りできるわよ」
全てお見通しであるかのような秋子さんであった。


226 :名無しさんだよもん :2000/10/16(月) 00:47
なんか北川は祐一に隠れて、ヒロイン達をてごめにしてそうだ。

227 :名無しさんだよもん :2000/10/16(月) 00:48
>225
声「はぁ、はぁ・・・。祐一が、私のxxxを・・・。」
祐一はドアの向こうで声が聞こえるのに気付いた。真琴だ。

228 :名無しさんだよもん :2000/10/16(月) 00:49
>225
それなら半分意識のなかった状態で祐一とした事を後で言われて怒った後に
「自分の意志で祐一としたい」という真琴萌え!!

229 :名無しさんだよもん :2000/10/16(月) 01:08
>>226
ならば、北川がヒロイン(香里や秋子さんも含む)を次々と
手篭にしていくシナリオをキボーン。
祐一にバレたらゲームオーバー、先越されてもゲームオーバー。

230 :名無しさんだよもん :2000/10/16(月) 01:15
…てごめ券没収。

231 :名無しさんだよもん :2000/10/16(月) 01:17
香里にふられてしまったことによるショックで
頭がどうかしてしまった北川に、
姉の見ている前で屈辱を受ける栞萌え!

232 :名無しさんだよもん :2000/10/16(月) 01:20
>>226
シーズンみたいに全キャラクリアしたら北川によるヒロイン陵辱
シナリオがあったら面白かったかも。

233 :名無しさんだよもん :2000/10/16(月) 01:25
北川の名前って○作じゃないだろうな?(藁

234 :名無しさんだよもん :2000/10/16(月) 01:44
放課後マニアクラブでもしれ。

235 :名無しさんだよもん :2000/10/16(月) 01:44
放課後マニアクラブでもしれ。

236 :名無しさんなの :2000/10/16(月) 03:45
みしおたんと一緒に遊園地で観覧車に乗る!
みしおたんと一緒にプールで遊ぶ!
みしおたんと一緒に映画を見に行く!
みしおたんと一緒に公園でアイス食べる!
やらわかな笑顔で公園内を散歩していた犬の頭を撫でるみしおたん。
俺はもう、それだけでイイ!!
それ以上はノーサンキューだ!!
みしおたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) みしおた〜ん…

237 :名無しさんだよもん :2000/10/16(月) 04:13
もしみしおたんシナリオがあったら何処でやることになるのかな?
やっぱものみの丘か?

238 :不要 :2000/10/16(月) 04:29
まこぴ〜を懐かしんで訪れたものみの丘、春の気配に二人はどちらからとでもなく
唇を・・・
あ゛〜〜〜〜書いてて恥ずかしい

239 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/16(月) 04:37
みしおたんには「私は…真琴の代わりではないです…」とか悲しそうに言ってほしいぞ。
拒絶ではなく祐一がそれを否定してくれることをちょっと期待しながら。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/16(月) 04:47
ぬおー!!萌える!

241 :名無しさんもんだよ@はふん :2000/10/16(月) 12:09
ちょっと大きめのセーターとしまパンでせまる佐祐理さん♥
佐祐理「祐一さん…佐祐理のリボンを解いてください…」


242 :241 :2000/10/16(月) 12:20
そして、祐一が髪の後ろに両手を回し、リボンを解いた瞬間にくちづけをする佐祐理さん♥
佐祐理「…ん……」



243 :241 :2000/10/16(月) 12:31
あ、しまった。“解かれた”の間違いだ。ショック…げろ萎え。

244 :243 :2000/10/16(月) 13:12
よって、キャラ変更。ターゲットは……舞。

ストライプの長袖シャツをひじまで捲り、洗剤の分量を間違えて泡まみれになった台所で
ひとりリボンとポニーテールを揺らしながらお皿を洗う舞。



245 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/16(月) 13:21
サーバー引越し記念age

転校生という設定のみしおたん萌え!

246 :243 :2000/10/16(月) 13:26
見かねた祐一が肩越しに舞の横顔を覗いて微笑むが、照れくさそうに正面を向いて
お皿を洗いつづける舞。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/16(月) 13:29
>>246
激萌えだ!!!ъ( ゚ー^)
SSにしてくれъ( ゚ー^)
ってオレはクレクレ君か!?

248 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/16(月) 13:34
>>246
あんたただもんじゃないな。
かなり萌えるっす☆⌒( ^-')b

249 :246 :2000/10/16(月) 13:37
どもです。245さんがみしおたんでリクエストされたようなので、
今そっち方向で妄想してたんですけど…また、あたま切り替えます。

250 :243 :2000/10/16(月) 14:53
隙間から傾いた陽が差し、舞は少し微笑むように目を細めた。
微かに赤い頬、尖らせた唇…そして、その先には薄くひいたルージュ…
あどけない面影に重ならない舞。それは、黄昏がかけた魔法。舞に、そして祐一に…

                           (To be continued)

251 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/16(月) 15:14
しいこたんにちゅーちゅー音出しておっぱい吸われるあかねたん萌へ〜

252 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/16(月) 15:18
「陥没乳首は問題があるから…」と言われ、
聖にちゅーちゅー音出しておっぱい吸われる佳乃萌へ〜

253 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/16(月) 15:20
「陥没乳首は問題があるから…」と言われ、
秋子さんにちゅーちゅー音出しておっぱい吸われる名雪萌へ〜

って、佳乃も名雪も陥没じゃねーじゃん…ま、いっか

254 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/16(月) 15:22
「陥没乳首は問題があるから…」と言われ、
北川にちゅーちゅー音出しておっぱい吸われる祐一萌へ〜

255 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/16(月) 15:41
朝起きたら、ツインテールほどいて全裸で眠るななぴ〜に、がばっ。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/16(月) 15:44
>>250
めっちゃええですよ。続きが楽しみ〜
余力があったらお願いします。

257 :245 :2000/10/16(月) 19:12
>>249
是非ともみしおたんのネタも希望します〜!
舞の話の中に割り込んじゃってスマソです…

258 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/16(月) 19:16
みっしーは脇役。
舞は主役。
よって舞優先。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/16(月) 19:43
           ∧ ∧ ∧ ∧  ∧ ∧ ∧ ∧
  ∧ ∧     /(@`@`゚Д゚) (@` ゚ρ゚) (@` ゚ω゚) (*゚д゚) ̄⌒ヽー
  (@` ゚д゚)⊃┳━∪∪━∪∪━∪∪━∪∪━⊂∪━┳ ΛΛ
 ヽ/   | . ┃     脇役キャラに光を !       ┃(゚д゚;)_、
 (__∪  ). ┻━━━━━━━━━━━━━━━━┻ `uuuu
 ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙                             ゙゙゙゙゙゙゙゙゙

260 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/16(月) 20:40
名雪の赤いブルマにハサミを入れる。
「いやっ、祐一っ! やめてっ!」
フェルトを切る音が密室にこだまして、ブルマは下着ごと横一文字に裂かれた。
「なんだこのヒモ? ああ、お前今日生理か、くっくっく」
俺はタンポンを引っ張ると、どろりと濁った血液が膣口から溢れる。
それはべっとりと床を濡らし、メンスの臭いが部屋中に満ちた。
舌を這わせると、チーズの匂いと鉄の錆びた味が媚薬となって全身を駆け巡る。


……スマン、嘘。忘れて。


261 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/16(月) 20:43
>>260
もう遅いっつーの!!(w

262 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 01:21
>>260
そういう下品なのは却下。もっと上品なエロがいい。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 01:22
>262
そんなのはエロじゃないと思うことに意味はあるのでしょうか。

264 :名無しさんだよもん :2000/10/17(火) 01:24
俺も汚いのは辛いなぁ(笑
やっぱらぶらぶか好き

265 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 01:48
「こんなシチュエーションどうよ?」なんだから、
エロエロなのじゃなくて、
さわやかにドキドキでラブラブなのがいいなぁ〜

…エロエロが嫌いなわけじゃないけどね(w

266 :名無しさんだよもん :2000/10/17(火) 01:55
バックで攻められてる時に尻穴に指を突っ込まれ
なんとなく感じてしまうなゆなゆ萌え。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 02:01
>>266
激しく同意。恥ずかしがるなゆなゆに萌え!

268 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 02:09
必死に自分の子供に母乳を与えている
25歳のマコピー萌え

269 :名無しさんだよもん :2000/10/17(火) 02:16
野生の正体を現して乳首が6個くらいになったマコピー萎え〜

270 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 02:18
>>269
想像させるなッ!

271 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 02:19
萎えるの書くな!!
おのれ、高野山(藁

272 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 02:28
宇宙空母ギャラクティカにそんな奴出てたよな

273 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 02:29
体育の授業中、
バレーボールを取りに一人、誰もいない体育用具室へとやってきた名雪。
ふと、用具室の側らにおいてある平均台に目が止まる。
茶目っ気で平均台に飛び乗り、バランスを取ってみるも、
足が滑ってそのままペタンと平均台にまたがった状態に。
陰部から来るひんやりとした感触に思わず股を平均台に擦りつけ出し、
だんだん気持ち良くなってきてしまった名雪萌え〜!!

長い…

274 :260 :2000/10/17(火) 02:30
陵辱は人気ないようですな(汗)すんません。
だから忘れて下さいって書いたのに……。


275 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 02:30
さりげに25歳子持ちのマコピーに萌えた俺は、マコピコ辞めるべきですか?

276 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 02:32
>>273
だがマジで小学校の校庭によくある登り棒に登ると、感じるらしいな。

277 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 02:34
新宿2丁目のママになった43歳の名雪萎え。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 02:39
萎えてどうする(w

279 :244→246→250→これ :2000/10/17(火) 02:39
今まで隠していた気持ちが照らされる。
求める心を駆り立てられ、祐一は手を伸ばす。
「…リボンを解いても、魔法は解けませんように…」
ひときわ大きなリボン…手をかけて引くと、
結ばれていたことが嘘のように、容易く解けていく…

280 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 02:41
>>277
見た目はあんまり変わってないから、だいじょうぶだよ。
なんたって秋子さんのむすめだからな。

281 :279 :2000/10/17(火) 02:41
手を止めて、舞が顔を向ける。
「祐一はこの髪型が……嫌い?」
リボンの下には、髪と同じ色のカラーゴム。
どんな色にも染まらないと思えるほど、濃く、決して外せないと思えるほど、きつく…
あのときから、舞の気持ちは何も変わってはいないことを示すように…
「振り向かせたかった…ただ、それだけ…」
リボンが解き放ったのは舞の気持ち。その視線の先に向けて真っ直ぐに…

282 :本職の方、後はお任せします。 :2000/10/17(火) 02:46
重なる。心も、唇も…
夜の校舎では交わすことのなかった、くちづけ……こんなにも甘く、切ない…
頬に触れる。髪を撫でる。そして、舞を抱き寄せる。
腕を泡だらけにしたままの舞は祐一の肩に両腕を預け、そっと手を組む。
なによりも祐一が離れることを恐れているかのように、唇を強くあわせながら…
祐一は、一つ一つ確かめていく。舞の匂いを、ぬくもりを、感触を…
誰よりも祐一を強く抱きしめたい舞。手を使えないもどかしさを唇で伝える。
舞自身が、直に祐一に触れることを許したたったひとつ部分で、懸命に…

                           (To be continued)

283 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 02:51
SS回収だ!!

284 :282 :2000/10/17(火) 02:52
「みしおたん萌へ〜」のみなさま、すみません…
とりあえず、リクエストをいただいていたので、自分が
書きたかったところまでを形にしてみました。
SS作家さんって、マジで大変なんですね…身をもって知りました。では。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 02:58
>>284
いやはや素晴らしい!
このスレからこんな綺麗なSSが生まれるとは!
これからもがんばってください〜

286 :282 :2000/10/17(火) 03:19
ぐはっ、「たったひとつ“の”部分」だよ〜。
おのれ、高野山。

287 :282のその後 :2000/10/17(火) 03:25
その時、祐一の中で何かが弾ける。
舞の胸、舞の太腿、舞の股間。
その魅惑的な身体そのものが。ふくよかな裸体から
放たれる女の香りが祐一の脳を完全に狂わせた。
「いーーーーーーひっひっひっひっひ!!」
突然舞を突き飛ばし、祐一は股間のイチモツを舞に向ける。
「祐一…?」
「どうだ舞…これが男のモノだ。恥ずかしいか?んん?恥ずかしいか?」
祐一は下半身を剥き出しにして舞に近づく。
一歩、二歩。
イチモツは激しく怒張し、今にも張りさけんばかりだった…。

                     (To be continued)


288 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 03:27
>>287
何でそうやって汚したがるかなあ……
人間性ちょっと疑うよ……

289 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 03:37
282=287かと思って一瞬焦ったぞ(ワラ

290 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 03:43
>>288
人それぞれだ。鍵っ子チックな発言はヤメレ

291 :名無しさんなの :2000/10/17(火) 03:45
みしおたんと一緒に神社の夏祭りへ行く!
みしおたんと一緒に金魚すくいをやる!
みしおたんと一緒に花火を見る!
みしおたんと一緒に綿菓子を食べる!
境内をかけぬけていく子供達を穏やかな瞳で見つめるみしおたん。
俺はもう、それだけで天寿をマットウ!!
みしおたんと手が触れ合うだけでドキドキものだ!!
みしおたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) みしおた〜ん…

292 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 03:46
>>290
完成されてる作品に後から泥を塗るのはどうかといっとるんだ。
しかも「やっちまいました、ゴメソ」とかフォローも無しだぞ。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 03:46
>>288
なんかときどきえらい潔癖症なやつを見かけるんだよなぁ。
そもそもエロゲーだっつーの。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 03:52
292じゃないけど、流れというものは考えた方がいいぞ。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 03:53
大小の差こそあれ、SSの存在そのものが泥を塗る行為だと思うことに意味はあるのでしょうか。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 03:54
作者が手放しちゃったからなぁ。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 03:54
こんなふうに路線が変わるのもよくあること。
そーゆーのが耐えられないならオフィシャルに帰ったほうがいい。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 03:59
最近オフィシャルに帰れが決めゼリフみたいだな。
最初に書いたやつの流れを無理に変えるぐらいなら、
続きを書かなくていいってことだよ。
エロがやりたければ、自分で最初から書けばいいんじゃないか?

299 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 03:59
>>297
すぐオフィシャルオフィシャル言うヤツ嫌い。

300 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 04:03
OHPがその程度という認識しかないんでないの

301 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 04:07
実際鍵OHPはそんなやつばっかだけどな

302 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 04:10
>>299
君の好みなどどうでもいい。つまらぬレスつけるな。
もちろんオレモナー

303 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 04:12
なんか板全体が急にきな臭くなったみたい…
元通り萌えるとしましょう。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 04:14
言い争いしている真琴と祐一の間に入って
あたふたとしている栞萌え〜

305 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 04:15
萌えるSSをぽんと出してくれれば……
いかん、クレクレ君になってる。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 04:16
真琴と祐一の仲に嫉妬する名雪萌え〜

307 :かにょ@不要 :2000/10/17(火) 04:20
そういうSS、私のサイトに載せてるよぉ。題して「名雪フラレシリー
ズ」。探してみてよぉ。

308 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 04:46
祐一「秋子さん……じゃなかった。お義母さん、娘さんを下さい」
秋子「了承」


309 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 04:47
>>307
検索のヒントが欲しいよぉ〜。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 04:48
>309
あ、移転前に言ってましたけど不要=思兼でして、サイトは
「思兼HOMEPAGE」っす。「想いの交わるところ」シリーズ、かなり
自分でも恥ずかしい作品になってます。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 04:49
>308
いや、その瞬間だけはやや間がある秋子さんというのも
良いかもしれんぞ。

312 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 04:51
往人がもし水瀬家に居候したら、秋子さんのことを
「おばさん」呼ばわりするのだろうか?


313 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 04:52
さすがに一秒じゃ了承できないだろなあ

314 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 04:53
>>308
にっこり微笑みながら「却下(1秒)」だったら面白いかも(藁

315 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 04:53
>312
そのネタも既にSSにあるぞ。「いたずら秋子さん」だ。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 04:58
祐一がまこぴーを嫁にするときも秋子さんに「娘さんをください」って言うのだろうか?

317 :309 :2000/10/17(火) 05:02
>>310
見つけたよぉ〜。
今度ゆっくり読ませてもらうよぉ。

今日も仕事なのにこんな時間まで起きててしまった…
もう寝るナリ…

318 :かの吉 :2000/10/17(火) 05:06
>310
発見したでごわすよぉ
せっかくなんでカキコでもしていくでごわすか…

319 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 05:45
まこぴーの母親は九尾の狐では?>>316

320 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 05:54
白面だったらちょっとイヤ

321 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 06:06
>>316
美汐が仲人か?

322 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 06:07
>321
そんなことは許さん!!
美汐が妻。真琴はぺっと!一家に一匹まこぴ〜を!!

323 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 06:17
真琴は、やっぱ秋子さんと一緒にいてほしいなぁ。
秋子さんをママと呼ぶ、ちょっと子供に戻った真琴萌え


324 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 06:18
祐一「早く春が来るといいな」
真琴「祐一の中で春を迎えるから……」
祐一「えっ?」
真琴「もう、時間が無いから。じゃあ、祐一……」
祐一「どこ行くんだよ? おい! 待てよ! 待てったら!」
真琴「ありがとう……祐一」
祐一「まことおぉぉぉ!」

祐一「……また、あの夢か。真琴……どうして……」
愛しい人は、もう、どこにもいない。
窓の外は雨、そして、瞳の中も哀しい雨。


325 :余りうまく続けられない :2000/10/17(火) 06:20
 舞は祐一の唇をこじ開け舌を差し込む…それで祐一に思いを伝えようと。
祐一も舞のその行為に応え、舞のそれに舌をからめる。そして二人の
唾液は混ざり合い、ふたりにだけ作用する媚薬となる。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 06:23
>>324
萌えとは何かを勉強して出なおして来い!

327 :名無しさんだよもん@非復活派 :2000/10/17(火) 06:34
俺は>>324みたいなのも好きだな…
わびさび萌え。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 06:36
>>324
萌えスレッドでシリアス書くな。童貞が!

329 :324 :2000/10/17(火) 06:46
すいません。もうこのスレッドに書かないので許して下さい。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 06:51
萌え系とシリアス系って相容れぬものなの?

331 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 07:34
萌えであろうtシリアスであろうと気にせずに
己の魂をこのスレッドに刻むのだ。

332 :名無しさんだよもん :2000/10/17(火) 07:35
確かにスレの趣旨から外れた324も悪いかも知れんが、
328のような罵倒レスはどうかと。

(328風に言うと)萌えスレッドで頭の悪い罵倒レス付けるな。童貞が!

333 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 09:15
324にとっては、こういうのが萌えなんじゃないのか?
オレが許すもっと書け。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 10:24
>328さん
『こんなシチュエーションどうよ?』が始まりであって、別にシリアスが悪いとはどこにもかかれていません。

>330さん
そんなことは無いと思いますよ。たとえば料理をするのに砂糖だけで味付けするようなことはそうそう無いでしょう。

>331さん@`333さん
同意。324さん、気にせず書きましょう。


335 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 15:43
祐一「なぁ、お前の父親になっても……いいか?」
名雪「いいよ」
祐一「ほんとか!?」
名雪「おままごとなんて久しぶりだよ。私が娘役だね」
祐一「……そうじゃなくてな」
名雪「援助交際ゴッコ?」
祐一「(血涙)」


336 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 18:09
hanage

337 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 18:29
>>336
相手が男性であれ女性であれ、一番萎えるシチュだな、そりゃ…

338 ::2000/10/17(火) 19:13
>>326〜334
このスレは、
「本編には無かったこんなシチュエーションあったらどう?」
みたいな考えで作ったですよ。(タイトルまんま…)
いつのまにか萌えスレッドとして定着してるけど。
だから、萌えだろうが萎えだろうが、
シリアスだろうがエロエロだろうが、
本編のキャラクターを激しく壊さない範囲なら、
なんでもアリなんじゃないかなぁ。

…なんだか曖昧な文章でスマヌ…

339 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 19:28
>>338
  ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (@`@`・д・)<君の萌える想いはちゃんと伝わってるぞ
 @_)  \________


340 :名無しさんだよもん :2000/10/17(火) 21:56
>>335
あの後、援助交際ゴッコに突入してしまうのに萌え。
でも…援助交際と言ってしまう名雪にちょい萎え。

341 :名無しさんなんだよ :2000/10/17(火) 23:20
「澪ちゃんて好きな人いる?」
 かぁ〜
「照れてるみたいよ。」
「好きな人いるんだ、おしえてほしいな。」
 かきかき
「【はずかしいの】って」
「ヒントだけでもだめかな。」
 う〜
「考えてるみたいね。」
「私も知ってる人?」
 かぁ〜
 かきかき
「【ちがうの】って書いてあるけど、あたりみたいね。」
 はぅ〜


342 :名無しさんだよもん :2000/10/17(火) 23:23
みゅーをペットにして調教したいです。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/17(火) 23:24
>341
うはぁ、ほのぼの〜。だあ・・・。
なんだか良いです。澪風味な味がしますね(?)

344 :名無しさんなんだよ :2000/10/17(火) 23:40
「名雪」
「ん、なに?」
「次の日曜日に、映画でも見に行かないか」
「いいけど、どうしたの?」
「いや、なんとなく・・・な」
「そっか」
「で、どうする」
「いいよ、いこっ」
「じゃ、10時に公園で待ち合わせな」
「一緒にでないの」
「ああ、なんとなく・・・な」
「・・・うん、そうだね。待ち合わせもいいね、うん」
「だろ」
「本格的なデートみたいだね」
「ばか、てれるだろ」
「あははっ」

345 :名無しさんなの :2000/10/18(水) 03:45
みしおたんと一緒に山登り!
みしおたんと一緒にお花摘み!
みしおたんと一緒にお弁当食べる!
おいしい空気を吸って、ん〜っと伸びをするみしおたん、
俺の視線に気付くと恥ずかしげに顔を赤らめる。
俺はもう、それだけで気分は上々!!
みしおたん無しでは生きていけない!!
みしおたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) みしおた〜ん…


346 :次郎衛門でござる :2000/10/18(水) 04:01
エディフェルたんと一緒に山登り!
エディフェルたんと一緒にエルクゥ狩り!
エディフェルたんと一緒にを土粥食べる!
逃げ惑う鬼達を殺って、ん〜っと伸びをするエディフェルたん、
瀕死の敵に気付くと嬉しげに腕を振り下ろす。
拙者はもう、それだけで気分は上々!!
エディフェルたん無しでは生きていけない!!
エディフェルたん萌え!!!!
   A A
ハァハァ(;゚Д゚) エディフェルた〜ん…

347 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/18(水) 04:05
みしおたんへの愛が書ききれないので、アップしました。
http://members.tripod.co.jp/n777/moe160.txt

348 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/18(水) 04:12
>347
暇なのね・・・

349 :名無しだよもん :2000/10/18(水) 04:33
すごいな…おい(笑

350 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/18(水) 04:35
デムパだぁ

351 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/18(水) 05:03
 二人の思いがただの唾液をこれ以上無い甘露へと変える。二人は我を忘れ
舌を絡ませ合い、互いの唾液を啜る。…どれだけ時間がたったのだろうか
二人は唇をようやく離す。唇の間に名残惜しそうに、離れたくないとでも
主張するかの様につっーと糸が引く。
「祐一…。」
 舞は潤んだ目で祐一を見つめる。あの日、夜の教室で二人が結ばれた時、
翌日、暴れる舞を廊下で止めた時、どれとも違う瞳が祐一を見つめる。
不器用な舞が言葉で伝えられない思いを視線で伝えようとするかのように…。

このまま泡まみれプレイに突入?でいいのか?

352 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/18(水) 05:38
ちょっと汚いな・・・いくら舞様でも唾液の描写にこだわりすぎると
ちょっとね・・・・嬉し恥ずかし初・・じゃないけどベットでは初H、
みたいなのキボーン

353 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/18(水) 07:58
うむむ…そうか…いや、月や同棲ではそういう描写があったからやってみたのだが…
汚いか…すみませんね。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/18(水) 10:43
賛否両論あるのは当然なので、もし353さんが描きたい場面が
あって、続けようとされているのであれば、是非書いて欲しい。
強い想いが結晶となった文章なら、それに心動かされる誰かが
必ず存在すると思います。

355 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

356 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

357 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

358 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

359 :名無しちん@お腹減った :2000/10/18(水) 15:39
>>341
 非常にいい!…こういう展開漏れ好みだよ…
>>353
漏れ的にはキスのあと、糸ひくシーンは好きだからOKだ。
 糸ひいてるのを見て顔赤くしながら慌てて
 口に手を抑えてうつむくシーンなんかあるともっといいのだが、
 舞の性格じゃ恥ずかしがらないだろうからな…

360 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/18(水) 15:54
〉359
いや、舞は恥ずかしがるだろう。
無言で赤くなってずびしっとな。萌え〜〜〜!

361 :名無しちん@お腹減った :2000/10/18(水) 18:21
そういえばEDで照れながら突っ込みしまくってたな…
だが、キスし終わったあとにずびしっは辛いぞ(藁

舞が振りかざした右手をつかんで引き寄せてもう一度キスする祐一萌え〜

362 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/18(水) 18:27
EDで白湯林と米をダブルで引き寄せて満面の笑みの祐一萎え〜

363 :308 :2000/10/18(水) 21:29
祐一「秋子さん……じゃなかった。お義母さん、娘さんを下さい」
秋子「条件付き了承(1.5秒)」
祐一「じょ、条件?」
秋子「簡単なことですよ」
祐一「は、はぁ?」
秋子「二人に子供が出来たとき、絶対に片親にしないこと」
祐一「! ……わかりました」


萌シリ(萌え&シリアス)です。


364 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/18(水) 21:32
そういう展開は好きでも嫌いでもない

365 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/18(水) 21:42
祐一「いざという時は心中しろってことですね」

366 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/18(水) 21:44
萌尻…

367 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/18(水) 21:45
>>365
晴子「そういう意味やないやろー!!」(すぱーん!)

何故か晴子乱入(w

368 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/18(水) 22:44
えい

369 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/18(水) 22:50
>>368
何のシーン?

370 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/18(水) 22:55
あかりを背後から棒で殴り倒すシーン…

371 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/18(水) 23:01
>>370
志保じゃないのか?

372 :名無しさんなんだよ :2000/10/18(水) 23:15


「ちからのある者を、取り込んでるみたいね」
「・・・それで、琴音ちゃんを」
「琴音までやられたの」
「ああ、吸い込まれていった・・・俺の目の前で」
「そう」
「俺には何もできなかった。先輩の気に圧倒されて何も・・・何もできなかった」
「あれは・・・もう、姉さんじゃないわ」
「・・・・・・」
「・・・・・・」
「いったい先輩はどうしたんだ、 何があった」
「・・・姉さんは、召喚(よび)だしたのよ・・・魔物を」
「まも・・・の?」
「信じていないみたいね。でも、本当の事よ」
「ばかな・・・いるわけないだろ、そんなもの」
「あら、そうかしら。いてもおかしくない思わない?」
「なんでだよ」
「琴音よ」
「琴音ちゃん?」
「彼女の超能力はどこから来たものだと思う?」
「どこから・・・?」
「そう、どこから」
「・・・あのちからは、人がもとから持っているもので」
「じゃ、あなたにもあるのね」
「いや、俺にはないけど・・・」
「なぜ彼女にはあるの?」
「それは・・・」
「・・・・・・」
「・・・・・・」
「うちにね、歴史の本があるの・・・学校で習うものとは違う歴史のね」
「・・・・・・」
「そこに書かれているのよ、いろいろとね」
「・・・・・・」
「ねぇ、人間は何種類いると思う?」
「はぁ、一種類に決まってんだろ・・・」
「・・・・・・」
「あ、ちがうか、3種類か」
「肌の色が違うから?」
「そうだよ、他になにかあるか」
「一般的には、あってるのかしらね」
「一般的に?」
「そう、他の人に聞いても、似たような答えが返ってくるんでしょうね」
「綾香?」

373 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/18(水) 23:16
>>363
名雪のように片親にするなってことだね。
いろいろご苦労があったのでしょうな秋子さんも。うーん。

(しかし何故かめぞん一刻を思い出したオレは年なのか?)

374 :名無しさんなんだよ :2000/10/18(水) 23:34
「みすず・・・」
「・・・ん」
「みすず・・・」
「・往人・さ・ん?」
「もう、苦しまなくていいんだ。」
「・・・往人さん」
「じっとしてろ、な。」
「・・・うん。」
「・・・・・・」
「・・・・・・」
「・・・・・・」
「どうだ」
「・・・わから、ない」
「・・・そうか」
「・・・・・・」
「・・・・・・」
「なん、だ、か、らくに、なってきた、みたい」
「手、動かせるか?」
「・・・やって、み、る」
「・・・・・・」
「うごく、うごくよ」
「そうか、よかったな・・・」
「・・・往人さん?」
「夏祭り・・・一緒に行けなくて悪かったな」
「・・・往人さんっ」
「相棒のことよろしくな」
「まって、いかないで」
「晴子と仲良くな、じゃあな」



375 :名無しさんなんだよ :2000/10/18(水) 23:35
0080の小説みたいなもんだわね

376 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/19(木) 00:36
>名無しさんなんだよ

同じ奴なのか?

377 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/19(木) 01:10
目に入ったゴミを秋子さんに舐め取ってもらうのに萌え。
既にそういう流れからは外れてるのか?

378 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/19(木) 01:21
萌えられるならなんでもよしだ。

379 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/19(木) 02:01
現実に帰って来た俺が見たものは、瑞佳の位牌だった。
それを受け止めることが出来なくて道路に飛び出した時、車が襲ってきた。

俺は宙に舞い、青空に吸い込まれる。

やっと捕まえたんだ。「永遠」


380 :名無しさんだよもん :2000/10/19(木) 02:07
>379
萌えぬ。

381 :名無しさん@お腹いっぱい :2000/10/19(木) 02:10
現実に帰って来た俺が見たものは、秋子の裸体だった。
それを受け止めることが出来なくてキッチンに飛び出した時、真琴が襲ってきた。

俺は裸になり、真琴のオパイに吸い付く。

やっと捕まえたんだ。「6つの乳首」

382 :名無しさん@お腹いっぱい :2000/10/19(木) 02:12
>381
喪えぇ

383 :名無しさんだよもん :2000/10/19(木) 02:14
どんどん異常な方向に走ってる気がするのだが・・・

384 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/19(木) 02:25
祐一「名雪、もうダメだ。うっ」
名雪「うえっ、けほっ、けほっ……にがーい、おいしくないよぉ」
祐一「全部飲めよ。美容と健康にいいんだからな(ウソ)」
名雪「ほんと? それじゃぁ……んくっ、んくっ」


385 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/19(木) 02:28
>>381
妙に、ウケタ

386 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/19(木) 02:30
なんかどんどん喪えてきたぞ・・・
だれか、ここらで萌えをきぼんぬ。

387 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/19(木) 03:01
シリアス禁止令出てるし……

388 :名無しさんなの :2000/10/19(木) 03:45
みしおたんと一緒にコミケ!
みしおたんと一緒に待ち時間にトランプ!
みしおたんと一緒にのんびりと内周巡り!
ヤヲイ本を見て顔を赤らめるみしおたん。
俺の目にはもう、みしおたん以外みんなジャガイモ!!
みしおたんに激空間フォーリンラヴ!!
みしおたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) みしおた〜ん…

389 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/19(木) 04:01
「そろそろ時間や」
「うち、いくわ」
「またいつの日か…会えたらええな」
「ほな、元気でやりや〜!」
 キキー、グチャッ
「うわー、カラス轢いちゃったよ。ちょっとお前、様子見てくれよ。」
「チッ、載せてもらってるから仕方ねぇな。わかったよ。」
 がちゃっ。
「…どうだ、様子は?」
「…ミンチよりひでぇぜ。」
=バッドエンド=


390 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/19(木) 04:02
みしおとコミケ逝ってもつまらなそうだが……

391 :無名選手@投げたらアカん :2000/10/19(木) 04:05
かおりたんと一緒に穴掘り!
かおりたんと一緒に素振り!
かおりたんと一緒に6、4、3のダブルプレー!
俺の自慢のバットを見て顔を赤らめるかおりたん。
俺の目にはもう、かおりたん以外みんな大豊!!
かおりたんにニ遊間フォーリンラヴ!!
かおりたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) かおりた〜ん…

392 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/19(木) 04:21
しおりたんと一緒に成人ドック!
しおりたんと一緒に待ち時間にバリウムを飲む!
しおりたんと一緒に胃カメラも飲む!
イチジク浣腸を見て顔を赤らめるしおりたん。
俺の目にはもう、しおりたん以外みんなガリガリクン!!
しおりたんに肛門科フォーリンラヴ!!
しおりたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) しおりた〜ん…

393 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/19(木) 04:24
美汐たんと一緒に秋葉原!
美汐たんと一緒にパーツショップ!
美汐たんと一緒に自作!
エロゲーインストールするのを見て顔を赤らめる美汐たん。
俺の目にはもう、美汐たん以外みんなSOTEC!!
しおりたんに感電フォーリンラヴ!!
美汐たんと一緒なら起動中ケース開けてHDDも触れる!!
美汐たん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) 美汐た〜ん・・・・

394 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/19(木) 04:26
>391
どうやって二人でダブルプレーするのだろう、と疑問に思うことに
意味はあるんでしょうか・・・

395 :みっしー萌え :2000/10/19(木) 04:30
みしおたんと一緒に赤ん坊自作してえなあ

396 :名無しさんだよもん :2000/10/19(木) 04:30
>>391-393
激しくワラタ(藁

397 :三連発を見たら :2000/10/19(木) 04:41
ちょいとデムパ酔いしちまったぜ…
俺も修行が足りねえな。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/19(木) 05:35
かなこたんと一緒にせっくす!
かなこたんど一緒にせっクス!
カなこたんと一緒にせッくし!
俺ノ目を見て顔を掻き毟るかナこたん。
俺の目にはもふ、かなこたン以外みんな松葉崩し!!
カなこたんにォ眇ミヲロヲ貔フォーリンラヴ!!
か奈コたタん萌え!!!!
チリチリ(;゚Д゚) カナこた〜n・・・・

399 :みしおたん@お腹いっぱい。 :2000/10/19(木) 06:20
みしおたんと一緒にスペランカー!
みしおたんと一緒にいっき!
みしおたんと一緒にチャレンジャー!
中山美穂のときめきハイスクールを見て顔を赤らめるみしおたん。
俺の目にはもう、みしおたん以外みんなアークザラッド!!
みしおたんの為なら六時間耐久バンゲリングベイもいける!!
みしおたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) みしおた〜ん・・・・

400 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/19(木) 07:15
>>394
なつみみたいに2個になるんじゃないの?

401 :ハァハァ(;´Д`) :2000/10/19(木) 07:19
「・・・ハァハァハァ・・・うっ」
「き、きたがわ?」


402 :ハァハァ(;´Д`) :2000/10/19(木) 07:22
「さっきまで、かおりが着ていた・・・ハァハァ・・・」
「お、おい。」
「・・・ハァハァハァ・・・うっ」



403 :あの文章で濡れ場は書けない… :2000/10/19(木) 07:57
 突然、舞は祐一に抱きついた。祐一はほんの少しだけの驚きと共に
その抱擁を受け入れる。舞は祐一の胸に顔を摩り付けた後、祐一を
見つめ口を開く。
「祐一…私…。」
 祐一は何も言わなくてもわかってるとばかりに、舞の唇を自分の唇でふさぐ。
それだけで全てが伝わり、舞は目を閉じ祐一に身を任せる。祐一はキスをしながら
舞のセーターのなかに手を這わし、下着の上から胸を撫でる。舞は少しだけ身体を
固くしながらも、祐一から離れようとはしない。
『あっ…祐一…んっ。』
 舞がもらした言葉も、キスに耽っているこの状況では意味を為さない。
 祐一はむねに這わしていた手を今度は腰に回しショーツに入れた。

404 :名無しさん@盗作君。 :2000/10/19(木) 12:43
>363(気に入ったので勝手にアレンジしました、ごめんなさい)

祐一「秋子さん……。名雪を、娘さんを俺に下さい!」
秋子「条件付き了承(1.5秒)」
祐一「じょ、条件?」
秋子「簡単なことですよ」
祐一「は、はぁ?」
秋子「たった一日でいいです。あの子よりも長生きしてください。
   名雪には、一人で残される辛さを知らないで欲しいから・・・・」
声を詰まらせて後ろを向いてしまう秋子。
祐一「……わかりました。約束します」
秋子「きっとですよ。名雪をお願いしますね」
かすかに震える義母の肩を祐一はそっと抱きかかえた。

405 :名無しさんだよもん :2000/10/19(木) 13:16
>>399
ワラタ

406 :404の続き :2000/10/19(木) 13:21
祐一「いざというときは名雪を先に送ってから後を追います」

407 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

408 :名無しさんだよもん :2000/10/19(木) 15:38
>404
めぞんっぽさ大爆発。
・・・でも嫌いじゃない。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/19(木) 15:39
           ノビ〜         ノビ〜        ノビ〜       ノビ〜
   (   Λ_Λ      ○   Λ_Λ     (   Λ_Λ      ○  Λ_Λ
  ⊂ ´⌒つ゚ー゚)つ   ⊂ ´⌒つ´∀`)つ  ⊂ ´⌒つ゚Д゚)つ  ⊂ ´⌒つ・∀・)つ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


410 :さらに406に続き :2000/10/19(木) 16:23
秋子「祐一さん、私のお尻に固い物を押し付けていうセリフじゃありませんよ」

その時部屋の温度が何故か3度ほど低くなったのを祐一は感じていた。

411 :名無しさんだよもん :2000/10/19(木) 16:48
>>410
萌え笑い…

412 :名無しさんだよもん :2000/10/19(木) 22:41
俺とあゆの目に「たいやきや」の看板が入りこんできた。
祐一「行くか?」
あゆ「うん」
店員「へい、らっしゃい」
祐一「くさやたいやきと、トムヤムクンたいやき一つ」
店員「へい、お待ちをっ」
あゆ「……へんなの注文しないでよっ」
祐一「メニューにあるんだからいいだろ」
あゆ「うぐぅ」
20分後
ホカホカとむせかえる臭いのするたいやきを手にした俺達は、公園へと移動した。
祐一「んじゃ、いただきます……うえっ!」
残りはあゆにやろうと思いながら、その場に崩れ落ちた。


413 :名無しさんだよもん :2000/10/19(木) 23:10
>412
…せつなすぎるね。

414 :アンパンまん・シャブおじさん・バター犬 :2000/10/20(金) 03:32
いきなり名雪の部屋に入ったら、バターを持った名雪と股座にいすわるぴろ。
名雪「ぴろはバターが好きなんだよ」
祐一「まぎらわしいことすんな」

415 :名無しさんだよもん :2000/10/20(金) 03:35
>>412
つーか、爆笑したぞ。

416 :名無しさんなの :2000/10/20(金) 03:45
みしおたんと一緒に運動会の特訓!
みしおたんと一緒に公園で二人三脚の練習!
みしおたんがつまづいたせいですってんころりん!
俺の膝に出来た傷口にネコさん模様のハンカチ。
意外と可愛らしい趣味のみしおたん。
そして申し訳なさそうな上目使いで俺の顔を見るジャージ姿のみしおたん。
俺はもう、夕焼け色に潤むみしおたんの瞳にスペシャルダイビング!!
みしおたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) みしおた〜ん…

417 :名無しさんだよもん :2000/10/20(金) 03:47
>>414
ウチの地元じゃ、他にタバ子さんもいるでよ。

418 :名無しさんだよもん :2000/10/20(金) 04:16
「祐一…ここじゃ嫌。」
 舞は顔を赤くすると、そう言って祐一から離れる。決して拒否されたわけではないのに
祐一は僅かに落胆する。
「シャワー浴びてくるから…部屋で待ってて。」
 その言葉で祐一は全てを悟り、部屋で待つことにする。ほんの十分くらい、
普段の生活では何ということの無い時間が、たまらなく長く感じられる。
 それでも時間は過ぎ、やがてドアを開け舞が現れる。舞はバスタオルを身体に
巻いただけの姿で、顔を赤くしている。それはシャワーを浴びたからではない。
初めての時とは違う、二人を繋ぐ思いが舞に羞恥心を感じさせる。
「舞…こっちに来るんだ。」

419 :名無しさんだよもん :2000/10/20(金) 04:21
「シャワー浴びてくるから…部屋で待ってて。」

   ∧ ∧     ┌─────────
  ( ´ー`)   < 待てねーよ
   \ <     └───/|────
    \.\______//
      \       /
       ∪∪ ̄∪∪

420 :名無しさんだよもん :2000/10/20(金) 04:58
「シャワー浴びてくるから…部屋で待ってて。」

   ∧ ∧     ┌─────────
  ( ´Д`)   < かなり、待てねーよ
   \ <     └───/|────
    \.\______//
      \       /
       ∪∪ ̄∪∪

421 :名無しさんだよもん :2000/10/20(金) 05:04
「シャワー浴びてくるから…部屋で待ってて。」

   ∧ ∧     ┌─────────
  ( ´ー`)   < はよせーよ
   \ <     └───/|────
    \.\______//
      \       /
       ∪∪ ̄∪∪

422 :名無しさんだよもん :2000/10/20(金) 05:12
「シャワー浴びてくるから…部屋で待ってて。」

   ∧ ∧     ┌─────────
  ( ´ー`)   < やらせーろ
   \ <     └───/|────
    \.\______//
      \       /
       ∪∪ ̄∪∪


423 :名無しさんだよもん :2000/10/20(金) 05:19
うぐぅ、2番煎じはネタを劣化させるだけだよ…

424 :名無しさんだよもん :2000/10/20(金) 05:24
つーか、いつからネタスレになった?

425 :名無しさんだよもん :2000/10/20(金) 05:31
  ∧ ∧     ┌─────────
  ( ´ー`)   < シラネーヨ
   \ <     └───/|────
    \.\______//
      \       /
       ∪∪ ̄∪∪

426 :名無しさんなんだよ :2000/10/20(金) 06:53
「このクラスに新しく入ります、七瀬留美です。みなさんよろしく。」
「おい、あのこかわいいな」
「北川、お前かおりが好きだったんじゃないのかよ。」
「かおりも好きだが、留美ちゃんも好きだ。」
「名雪、こいつをどうにかしてくれ。」
「あれ、祐一は七瀬さんのこと嫌いなの?」
「はぁ?そうじゃなくてだな。俺が言ってるの北川のことで・・・」
「私は、七瀬さん好きだよ。」
「・・・美坂、俺はなんか悪いことでもしたのか?」
「したの?」
「いや、してないが」
「じゃ、いつものことよ」
「そうなのか」

427 :418 :2000/10/20(金) 07:47
――――――――――――――
待てねーよと言われてもねぇ
__  __ .r――――――――
    ∨   |それなりに無い頭使ってるのに
日 凸 U | ______
≡≡≡≡≡| /〃Λ_Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 U ∩ [] ∨% (゚ー゚*) <作者が無能なだけでは?
__ ∧ ∧__∧_∧⊂ |_   \_____
  (   @`@`)日(    .)□
― /   | ― (     )―――
\(__.ノ    ━┳━)
 ━┳━   └ ┃―・゛
 ̄ ┻  ̄ ̄ ̄ ┻ ̄ ̄ ̄ ̄


428 :名無しさんだよもん :2000/10/20(金) 07:56
>>426
エクセルサーガの公務員4人組みたい…

429 :名無しさんだよもん :2000/10/20(金) 07:58
ギコペ使ったのに何故ずれる?

430 :名無しさんだよもん :2000/10/20(金) 14:31

  ∧ ∧     ┌─────────
  ( ´ー`)   < シラネーヨ
   \ <     └───/|────
    \.\______//
      \       /
       ∪∪ ̄∪∪


431 :名無しさんだよもん :2000/10/20(金) 23:07
このスレ・・・好きですage・・・

432 :名無しさん23号 :2000/10/21(土) 02:22
「浩平…あの…」
「あ? ああ、そのパジャマはもちろん俺のじゃない。おばさんのものだ。ただ、着替えさせたのは…俺」
「えっ…(赤面)」
「…と、いうのはもちろん冗談だ。病み上がりなんだし、あまり無理はするな。家にはおばさんから連絡しておいてもらったから、安心して寝ておくんだ」
「…浩平」
「それと、背負ったときにわかったんだが、茜は暖かいな」
「暖かい? 私…が?」
「ああ。雨に濡れてすこし微熱っぽいせいもあったかもしれないがな。とくに…背中にあたる胸がな」
 からかったつもりで言ったのに、茜はいつもの調子で怒るどころか、小さくうつむいてしまった。その表情はよく分からない。茜はそのまま、毛布をかぶってしまった。
「なにかあったら、呼んでくれ。下にいるからな」
 なんだかいずらくなって、そう言い残して、部屋を出てしまった。

「暖かい…」
 浩平に言われた言葉が、まだ胸に残っている。あの人は、私をあたたかいといった。
「…」
 着慣れないパジャマの上から、自分の手で胸に触れた。違和感は感じない。とても素直な感じのするパジャマは、私の体を包み込んでくれている。
 自分でもわかるほど熱くなった頬を浩平から隠すために慌ててかぶった毛布に、なんだか安心した。
「浩平の…匂い」
 薄らいだ意識の中、大きな背中に感じたあの浩平の匂いがした。
 ここは浩平の部屋。このベッドで、いつもあの人は寝ている。そんなことを考えていたら、なんだかさっきより頬が熱くなった。

「着替えさせたのは…俺」

 浩平がそんなことをしないと知っていても、その言葉でどきっとした自分を思い出し、また胸がくっと火照るのを感じた。
 着替えさせたのが浩平じゃないとしても、きっとこの部屋で、私は裸になってしまったんだろう。そんなことを考えると、なんだかたまらなく恥ずかしくなった。
 浩平の部屋で裸になったことがある。
 そう、言葉にして自分の頭の中でつぶやいた時、胸に触れていた手のひらが、ゆっくりと胸を包むように触れていた。
 茜のいけない子。
 心の声が私を止めようとする。でも、浩平の匂いが、私を包む毛布の暗闇が、その声を消してしまった。 あのとき、こんなことがもしもあったら(実際のシーンとはちょっと違うのは承知の上で<っていうか思い出せなかった)私の中で茜の株が急上昇。


433 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 02:25
>私の中で茜の株が急上昇
最後の最後でわけがわからん。

434 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 02:27
すまん、長くて萎えてしまった。

435 :名無しさん23号 :2000/10/21(土) 02:43
>433
すまん、改行し損ねた。逝ってくる。
>434
これでも短いとか思う人間。短くまとめるように努力します。

436 :名無しさんなの :2000/10/21(土) 03:46
みしおたんと一緒に下校!
みしおたんと一緒に夕暮れの商店街を探索!
みしおたんと一緒に喫茶店でひとやすみ!
小さなお口でパフェをもくもくと食べるみしおたん。
ほっぺたについたクリームに気付かない、とっても可愛いみしおたん。
俺はもう、みしおたんという名の海に漂うプランクトン!!
みしおたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) みしおた〜ん…

437 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 04:02
長くなったらSSスレにかけばいいだけじゃん。
無理に短くせんでもいいと思うぞ。

438 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 04:10
つーか、萌えシチュエーションだから説明が長すぎるのはダメっしょ。


439 :名無しさん23号 :2000/10/21(土) 04:23
>437
シチュエーションに萌える、っていうのを書いてみたかった。
結局どっちつかずでなんか中途半端だった。

>長くなったらSSスレにかけばいいだけじゃん。
>無理に短くせんでもいいと思うぞ。

言われてみればそのとおり。んじゃ、改めて逝ってくる。
いつかONE系で「この人でしょ」って言われてぇ…。

440 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 04:27
秋子さんと結婚してから、半年が過ぎた。
今日は名雪と父娘(?)水入らずで買い物だ。
名雪「ねぇ、お父さん」
辺りの人が怪しい目で俺達を睨む。
祐一「……頼むから外では名前で呼んでくれ」
名雪「だって、お父さんじゃない」
祐一「別の呼び方にしてくれ……」
名雪「じゃぁ、パパぁ!」
周囲の視線が突き刺さったのは言うまでも無い。


441 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 04:36
栞と婚約してから、半年が経った。
また同じ顔ぶれになった新しい3年生の教室で、挨拶を交わす。
祐一「おはよう、御姉様。」
香里「・・・・・・」
クラス中が好奇の目を向ける。
香里「・・・・学校ではそう呼ばないでっていわなかったかしら?」
北川「おっ・・・おねぇ・・・“さま”?」
祐一「?」
北川「・・・・・・ちっ・・・ちくしょぉ〜〜〜〜〜」
走り去る北川に、クラスは哀れみの目を向けていた。
生徒A(美坂さんってやっぱり『攻め』なのね・・)
生徒B(情けない北川君とお似合いだと思ったのに・・・)
生徒A(相沢君にそういう趣味があったなんてね・・・)
香里「ち・・・違うのよ・・・これは・・・」(汗
祐一「・・・初めて勝った・・」

442 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 04:38
>440
名雪じゃなくて真琴の方が萌えるな…

443 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 04:38
>>441
ダウト。学生の内に婚約した事が近所中に広まらないわけが無い。

444 :441 :2000/10/21(土) 04:42
うぐぅ




・・・としか申し開きの使用もございません。

445 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 04:44
内々の婚約ならばれないじゃん。
つーか、いちいち結納交わしてる方が少ないんじゃない?

446 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/21(土) 04:47
祐一はクチ固そうだけどな。

447 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 04:48
栞は影で言いふらしてそうだ……

448 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 04:48
というか、学生のうちに正式な婚約なんてしないと思うんだけど…


449 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 04:50
かおりんは『攻め』には同意!

450 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 04:53
>>441
むしろ「御姉様」が気になる。
漏れ的には「お姉様」さもなくば「お姉さま」が萌えるのだが。
(「おねえさま」は不可)

451 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 04:55
え? 栞攻めの香里ウケじゃなかったか(w

452 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 04:56
「義姉さん」の方が良いなァ・・・。

453 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 04:57
>>441
祐一は勝ったと思ってるがクラスの評判を考えると痛み分け。

454 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 04:58
>451
意外な組み合わせ、ってヤツであるのかもしれませんが・・・

455 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 04:59
>453
だな。二人して転落してるだけぢゃん(笑

456 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 04:59
香織と栞に嬲られる祐一君
もちろんバックバージン喪失

457 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 05:05
祐一といちゃつく真琴に目のやりどころに困った美汐たんの描写して。

458 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 05:08
名雪と秋子さんになぶられる祐一君
もちろんバックバージン喪失

459 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 05:09
なるほど、Kanonは3Pのシチュエーションが多いのか・・・。

460 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 05:09
>457
嫉妬に燃える方が良いな

461 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 05:10
北川と久瀬に弄られる祐一君
もちろんバックバージン喪失

462 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 05:13
真琴を言葉でいぢめる美汐たん。

463 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 05:14
あゆと真琴にうぐあゆ言われながら嬲られる祐一君
もちろんバックバージン喪失

464 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 05:16
アルジャーノン化した真琴をしつけ直す美汐たん。

465 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 05:20
きいちゃんとくうちゃんに嬲られる祐一君
もちろんバックバージン喪失

466 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 05:28
晴子と観鈴に嬲られる往人君と敬介さん
もちろん
晴子X敬介、観鈴X往人でそろってバックバージン喪失

467 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 05:30
茜と詩子に嫐られる浩平
もちろんバックバージン喪失

468 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 05:31
いつの間にかネタスレ化したここを見て微笑む美汐たん

469 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 05:33
嫐という言葉に憧れる美汐たん

470 :456 :2000/10/21(土) 05:35
>>468
失敬な!!私はネタのつもりはまったっく無く
このシチュエーションでかなり抜けます!!

471 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 05:35
 祐一はベッドに腰掛け、舞を誘う。舞はうなずき、祐一のもとにやってくる。
そして祐一の胸に顔を埋める。祐一はそんな舞をただ両腕で抱きしめる。
「舞…。」
「祐一…。」
 二人はお互いの名前を呼び合うと、抱き合ったままベッドへ倒れこむ。
ベッドの中でキスをする。しばらく舌を絡めあった後、祐一は舞の身体を
包むバスタオルを取り去る…夜の校舎では見ることが出来なかった舞の
身体が薄暗い部屋の中に浮かび上がる。それは祐一が想像していたもの
など比べものにならない。祐一はひたすら舞の身体を見つめ、そして口にする。
「舞…綺麗だ…。」
 祐一は今までこんな場面を小説で見ても、そんな言葉など自分は決して
使わないだろうと思っていた。しかし、舞の裸体は、祐一に自然とそんな言葉を
紡がせた。祐一はそんな自分に苦笑すると、祐一を見つめて顔を赤くしている舞に
キスをする。そして胸のほうへと手を這わし、揉みしだく。以前とは違い、優しく、
愛おしさを込めて。さっきとは違う感覚に、舞は堪らず唇を離し祐一を見つめる。

472 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:01
学食できつねうどんを頼むと睨む美汐たん

473 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:06
>>472
それいいね、萌え

474 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:08
じゃぁってことでたぬきうどんを頼むと泣き出す美汐たん

475 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:10
・・・でも良く考えたらたぬきうどんは狸と全然関係ないんだが・・・

476 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:12
>>471
只のSSじゃねーか。

477 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:17
…夜明けの美汐たにすとの皆さんに舞SSが駆逐されている…
471さん、ふぁいとーっ!応援してるよー!

478 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:18
まあ狐うどんだってアゲってだけで
そんなに関係無いけどね

479 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:20
真琴に懐いてもらうために、まずぴろを餌で手懐ける美汐たん

480 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:22
美汐たにすとってなんだ?勝手に命名するでない。


481 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:22
そう言えば美汐=狸は一体誰が言いだしたんだ・・・

482 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:23
「みしにすと」にしましょうよ。

483 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:24
面倒だから「みと」でいいよ。

484 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:25
きつねうどん、たぬきそばはあるが
本来たぬきうどんという物はないのだ

485 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:25
赤い光弾ミシオンにしよう!!

486 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:27
あの展開なら狸だって考えても不思議はなかろう。
俺もそう思ったしな。

487 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:27
伝説女神(にょしん)ミシオンがいいなあ

488 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:27
みっしゃー木村

489 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:27
>484
そうなんですか?知らなかった・・・一つおりこうさんになってしま
いました。

490 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:28
>>484
根拠は?

491 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:28
プールではビート板が欠かせない美汐たん

492 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:30
なんかどんどん違う方向に・・・

493 :477 :2000/10/21(土) 06:31
…すんません。

みしおたん+ist=みしおたにすと

…ごめんちゃい。

494 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:32
意外に水着は大胆な美汐たん


495 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:32
>>484
関西では、
きつね=油揚げ
たぬき=天かす
なので。

たぬきうどん=天かす入りのうどんの事です。

496 :ミシオンOP :2000/10/21(土) 06:34
丘の〜上〜心揺さぶる〜別れ〜はじ〜まる〜
人を避け〜引き篭もる姿 狸の証か〜


497 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:34
>495
え〜〜?狸うどん、って言うのは「手抜き」が語源で、何も具が入って
いないうどんを言うんじゃないんですか?

498 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:35
イマイチキャラがつかめないみしおたん
てゆーか、みしおたんは専用スレあったろ?

499 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:36
>>495
関東でもそうだが。

500 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:36
何も入ってないうどんは「素うどん」て呼ぶんじゃないの?

501 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:39
バレンタインデーに佐祐理からチョコをもらう舞たん

502 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:43
本来、関東では何も入ってないうどんのことを
「たぬき」といいます。
ちなみに、ネ「タ抜き」うどんの意だったはず。
今では素うどんという呼称が定着してるので、
関西的な意味である天かすうどんという意味で使われることが多いです。
マジレススマソ。



503 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:43
>>497
たぬきは「種ぬき」で、具の入ってない天ぷらじゃないの?

504 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:44
<取り敢えずこれ以上ばれないようにアクセスする人以外はsageレスで頼みます。>
見方は
1.書き込みの名前の欄に http://fusianasan.2ch.net/ と入れる。(裏ドメイン名)
#注意#「fusianasan」です!。”shi”にしないように注意してください。最近ミスが目立ちます。

2.E-mail欄に、小学生なら low 中学生は middle 高校生は hight と入れる。(
#注意#作品の出演者で分けてあります。一部推測が混じっているので他の年齢層でもアクセス
すること
をおすすめします。(再度アクセスしてください)

3.本文にIDとパスワードの guest guest を入れて、書込みボタンを押します。
#注意#guestの間は半角です。<最近非常に多いようです。ミスしないようにしてください。
4.タイトルが「ようこそ 裏2ちゃんねるへ(笑)」に変わればばOK
5.サーバーが重いと2chに戻ってくるけど、くじけずに何度も挑戦。
  うまく行くと、目的のページにつながります。
6.家庭の電話回線よりも、企業や学校の専用回線からの方がサーバートラフィックの
  都合上つながる確立が高いです。
(注意!)全て半角で入れること!!
       23:00〜03:00の間はつながり難いです!何度もトライ!
       http://fusianasan.2ch.net/←は、裏ドメインの為「直リン」で飛んでも
       「鯖が見つかりません」になります。入り口は「表2ch」のCGIだけです。

また ダウンロードして一気に見たい人は
 1と2は同じで、3に guest guest download all を入れてダウンロードして下さい。

505 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:45
>501
その直後舞が祐一にチョコを用意してきたのに複雑な表情の佐祐理さん
萌へ〜〜〜

506 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:45
かしわうどんのかしわって何?

507 :パンプキンだよもん :2000/10/21(土) 06:46
餅入りは力うどんだっけ?

508 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:47
なんか雑学スレになってるし

509 :パンプキンだよもん@連カキコスマソ :2000/10/21(土) 06:47
>>506
鶏肉だよぉ

510 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:48
更に話は逸れるが、真の通は蕎麦屋で、
「天そば・そば抜き」を頼んだりするらしい。
最初っから天ぷら屋に行けよ(w

511 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:48
うどんのシチュエーションだ。気にするな。

512 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:49
>505
さらにホワイトデーで祐一からお返しにもらった物を
その場で佐祐理に渡す舞たん
バレンタインの仕組みを良くわかってない舞たん萌え〜

513 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:50
味噌煮込みうどんに萌え〜

514 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:51
姫路の駅そばはそばか、うどんか、謎だ。

515 :かのぴ〜 :2000/10/21(土) 06:52
>512
結局三人で交換してほのぼのしつつ3Pになだれ込む舞とさゆりん萌え〜〜〜

516 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:53
>510
真の通っていうか真の痛だな…

517 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:54
>>512
結局三人で一緒にチョコを食べる。
そんなあいつら萌え〜

518 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:55
>>510
いわゆる、「敢えて蕎麦屋で酒を飲むことこそ粋の極み」
とか言ってるおっさんの最終形ですな。
もちろん片手には池波正太郎の文庫本(w

519 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:57
Hの最中に「アリクイさんが見てる…」と
巨大アリクイ人形に照れる舞たん萌え



520 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 06:57
真琴を手伝うついでだと言って自分も祐一に渡すチョコを作るみっしー萌え〜

521 :名無しさんなんだよ :2000/10/21(土) 07:00
「祐一」
「ん?」
「あれ、七瀬さんじゃない?」
「そうみたいだな。なにやってんだ、あれ?」
「なんだろう?」
「すごくあやしいと思うんだが」
「どうしたのかな?」
「一応、声かけてみるか。クラスメイトとしてはほっとけないだろ」
「そうだね」

「よう、なにやってんだ」
「七瀬さん、こんにちは」
「あ、こんにちは・・・えーと」
「名雪だよ、こっちが祐一」
「なんだ、まだ憶えてないのか」
「仕方ないよ、昨日きたばっかりだもん」
「で、さっきからなにやってるんだ」
「その、あの・・・」
「どうしたの?」
「・・・学校に行けなくて」
「なんで?」
「・・・その、道がわからなくて」
「・・・・・・」
「・・・・・・」



522 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 07:01
むしろ祐一に「今日はバレンタインだから、チョコくれるんでしょ?」
と勘違いしてる真琴萌え

523 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/10/21(土) 07:02
>>518
ムラカミさんも言ってましたな・・・。

524 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 07:11
どらまCDのみしおたん萌え!
うにゃ〜〜♪

525 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 07:11
>>518
東海林さだおですね(w

526 :名無しさんもんだよ@はふん :2000/10/21(土) 07:15
もらったチョコのお礼だといって、ハイテクべろちゅーで佐祐理をおとす舞たん
佐祐理「…んっ…んむぅ…んんん…ま…い…あいしてるぅ&hearts;」

527 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 07:23
&#9829;←これってどうやってだしました?

528 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 07:25
&hearts;を半角で打て

529 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 07:43
イチゴサンデー7つで何でも許してくれる名雪萌え

530 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 07:54
&hearts;ですね。

531 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 10:21
>>529
一応1年一イチゴサンデーで計算されてる所が笑えるよな。

532 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 11:16
>>520
萌える!!

533 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 11:35
祐一の放置プレイ期間が7年半だったら
イチゴサンデー7つ+「一つのを2人で食べるんだよ」になったのだろうか。

534 :>533 :2000/10/21(土) 13:26
それ萌える

535 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 16:40
イチゴサンデーひとつで処女くれる名雪萎え……

536 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 17:31
&hearts;

537 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 17:34
>535
ふたつだと後ろの処女もくれます。名雪萌え☆

538 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 17:43
あんまり見ちゃいやだおー

539 :名逝きさんだよもん :2000/10/21(土) 19:08
もっと深く掘ってほしいんだおー

540 :名無しさんだよもん :2000/10/21(土) 19:17
美菊な名雪萌え。

541 :ネ右ー :2000/10/21(土) 19:22
>538 >539
…言う通りにしてやるから、わき毛とけつ毛は
ちゃんと剃ってもらえよ。オレからも秋子さんに頼んどいてやるから。

542 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 01:24
>>495
古いのにレススマンが・・・
それは関東の場合でしょ。
関西は
きつね=油揚げ入りのうどん
たぬき=油揚げ入りのそば
だったはず。

543 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 02:04
手製の真琴ぬいぐるみを抱いて寝る美汐たん


544 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 02:08
鍵キャラは皆永久脱毛手術済みなので剃毛の心配はありません。

545 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 02:15
>>543
どっかでそんな絵を見たな・・・。
萌絵だったのを覚えてる・・・。

546 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 02:40
「ただいま〜」
「おかえりなさい。
 ちゃんとお買い物はできたかしら?」
「うん。はい、これ」
と、手に持ったビニール袋を差し出す。
「ありがとう、真琴」
「うん……」
真琴は何かを待つように、その場を動こうとしない。
「?」
あ、と思いついて、秋子は真琴の頭に手を置いた。
「真琴がお手伝いしてくれて、とっても助かるわ」
優しく頭を撫でると、途端に真琴の顔がほころぶ。
「あうー♪」

ちっ、文章力の無さが致命的だな…
まぁ、ニュアンスだけでも伝わればよしとしよう。

547 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 02:49
>546
う・・一瞬まこぴ〜が「駄賃よこせ」って言うのかと思っちまった・・
宇津田詩嚢・・・

548 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 02:55
儂もそう思ったぞ

549 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 02:57
買い物の荷物の中にある肉まんを待っているのかと思った

550 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 02:59
真琴を散歩させるとき、ちゃんとうんこ入れのビニール袋を
持ち歩くモラルある飼い主の秋子さん萌え〜。

551 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 03:09
>546
7行目からちょっと改造して…
「ありがとう、真琴」
「……」
「? 頼んでおいたはずの肉まんがないわね」
「あう、えっとね、えっとね…」
「お腹空かせた猫さんがいたから、分けてあげたんだよ」
「あら、偉いわね、真琴」
「そうでしょ? えへへ」
「でも、分けて余った肉まんは、どこに行ったのかしらね…?」
「あ、あうー」

こんな感じでどうかな…

552 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 03:10
じゃあ、人前でンコするのか? まこぴーは?

553 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 03:10
年頃の男の子の部屋だってことを全然意識せずに祐一の部屋に出入りする
まこぴ〜萌え〜〜〜
真琴「祐一〜〜〜漫画貸してっ!!」
祐一「げっ!!まっ・・真琴!?」
ぴゅっ
真琴「・・・なにコレ??」
誤爆・・・

554 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 03:26
>550
夜中にこっそりと電柱におしっこかけて縄張り主張するまこぴ〜萌え〜〜

555 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 03:36
>551
5行目からちょっと改造して…
「ありがとう、真琴」
「……」
「? 取っておいたはずの頬肉がないわね」
「あう、えっとね、えっとね…」
「お腹空かせた猫さんがいたから、分けてあげたんだよ」
「あら、偉いわね、真琴」
「そうでしょ? えへへ」
「でも、分けて余った頬肉は、どこに行くのかしらね…?」
「あ、あうー」

こんな感じでどうかな…

556 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 03:44
>>555
何やら妖しい雰囲気が○

557 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 03:44
>>555
ちょっとアンパンマン想像しちゃった。
「僕の顔をお食べよ」

558 :名無しさんなの :2000/10/22(日) 03:50
みしおたんと一緒に電車に乗る!
みしおたんと一緒に動物園へ行く!
みしおたんと一緒に手を繋いで歩く!
ふれあいコーナーで戸惑いながらうさうさを抱くみしおたん。
うさうさをなでなでするときの君の笑顔を俺は忘れやしない。
キツネさんを見ると複雑な表情を見せるのは何故なんだい?
俺はもう、みしおたんのためなら世界を敵に!!
みしおたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) みしおた〜ん…

559 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 03:57
>>558
あなた、いつもいい味出すね。

560 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 03:58
>558
そのネタ、ヘタになってきてる。
初めのデムパ3連発が一番良かったな・・

561 :>559 :2000/10/22(日) 03:59
そのネタしてるのは一人ではありません。
秋葉原自作PCネタやったのは私ですが、他は別人。

562 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 04:00
まあ、そろそろネタ的に苦しくなってきただろ。
酷評すんなや。

563 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 04:01
ジャムおばさん…

564 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 04:03
まぁそういう私もかおりん「御姉様」ネタで不評だったけど・・

565 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 04:04
というか、書いてる人一緒なの?

566 :559 :2000/10/22(日) 04:05
>561
なんにせよ、鯔背なフォーマットだと思いますよ。

567 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 04:06
みしおたんゲームネタは漏れだ、それ以外は知らないけど・・・
スマンうざかったか?


568 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 04:07
かつおせ?

569 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 04:08
もっとやれ>ALL

570 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 04:10
ふと思う、こういうスレに定着してるフォ−マットを最初に書き込んだ人って、
今はどんな気分なのかな…?
自分の子供が大きく育った気分?
それとも自分の作品を盗まれた気分?

571 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 04:27
>>568
いなせ

572 :236→291→345→388→416→436→558なの :2000/10/22(日) 04:52
すまん、もう限界だ!
ネタ浮かばなくて日に日にカキコの時間遅くなってるし(^^;
そもそも236で想いの全てをぶちまけてしまった。。。
みしおたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) みしおた〜ん…

573 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 04:56
ふぁいとだ!
君のおかげでみんながみしおたんのファンになりつつあるぞ。
時事ネタを絡めつつ延命処置でGO!

574 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 04:57
薬局のケロヨン人形をいつか盗もうとしてる名雪萌え


575 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 05:05
>>573
サンクス!
俺も最初は「こんなみしおたんなら萌えるなぁ」程度だったのだが
毎日書いてたらなんだかモーレツにみしおたん属性になってしまったよ。

576 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 05:07
なんと!そんな薬局まだあったのか!!

ケロヨンの隣にあるI円で1分ぐらい動く百貨店遊技場系の乗り物に
乗りたがる志野さいか萌ふぇ〜。

577 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 05:10
真琴をかまっている祐一の姿を見て密かに嫉妬の熾火を燃やす名雪萌え。

578 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 05:12
銭湯にて、ケロリンの桶でザッパーンってやる名雪萌え

579 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 05:15
真琴がディルドー使って、祐一と二人で名雪を責める。
もちろん祐一が後ろ、萌えっ!

580 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 05:16
>>578
…やっぱ、女湯もケロリンなのか。いや、ありがとう。

581 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 05:18
すごく単純だがまだ無いシチュエーション。
一緒にお風呂に入る名雪と真琴萌え〜!!

582 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 05:21
>>581
後ろから揉む役は名雪か?
「わ、大きいね。着痩せするのかな?」

583 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 05:24
>581
むしろ秋子さんと一緒にお風呂をねだる真琴萌え〜

584 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 05:26
>>582
モチロンだ!
「あうぅ、名雪やめて〜、変な気分〜」

585 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 05:30
じゃあ、一緒に風呂に入る美坂姉妹はどうよ!?

586 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 05:33
で、二人で背中流しっこしながら、
「あう、名雪、肌きれい…」

587 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 05:33
「お姉ちゃん・・・わたし・・小さいかな?」

588 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 05:41
「栞〜、祐一君に揉んでもらって、少しは大きくしてもらったらどう?」

589 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 05:43
>587
その次のセリフは、
「そんなに気になるなら、私が大きくしてあげようか?」
で決まりだな、萌え〜。

590 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 05:44
香織「あっ? あんたまたお風呂の中でっ! キタナっ!」
栞「お姉ちゃんごめんさい。あっ、ブリッ」

591 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 05:50
水瀬家の風呂のボイラー壊れて銭湯行ったらあゆとバッタリ!
名「祐一〜っ、シャンプー投げて〜」
祐「おうっ、ほらよっ」
あ「うぐっ、祐一君ってば変なところに当てないでよ〜。痛いよ〜」

592 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 05:52
シャンプー投げたら痛いっしょ。
1gビンだとしたらね。

593 :>520(亀レス) :2000/10/22(日) 06:01
真琴「あれ〜?なんで美汐までチョコ作ってんの?」
美汐「・・真琴が万一失敗した時の為の予備ですよ」
真琴「ふうん・・・」
(数刻後)
真琴「わ〜い!できたできたぁ!全然大丈夫だったよ!
   美汐のチョコ、無駄になっちゃったね!」
美汐「・・まあ、これはこれでよしとしましょう」
(と、包装を始める美汐たん)
真琴「・・・??」

594 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 06:41
 祐一は唇が離れたのを寂しく思ったが、今度は舞の首筋に舌を這わし、
舞の髪に指をさし入れ、手で櫛すく。舞の髪はまだシャンプーの香りが残り
しっとりと濡れている。祐一は舞の髪に触れながら、首筋から下の方へと
移ってゆく…舞の身体に跡をつけながら。やがて胸に辿りつくと祐一の舌は
舞の乳首を執拗に攻め始める。上下の歯でそっと噛んで先端を舌で撫でる様に
舐める。そして口全体で舞の乳首を吸引する。まるで幼子が母親から乳を
もらう時の様に。舞は祐一の行為によって先端にしびれるような感覚を覚え、
我慢できずに声を出してしまう。
「あっ…祐一…。」
 祐一は舞が声を出すのを我慢しているのが堪らなくいじらしく思える。
 そして改めて祐一は舞の身体に見る。魔物との激しく、そして辛い闘いの日々で
ついた傷は既に癒え、今の舞の白い肌には傷跡はほとんど見られない。
…あの、舞が魔物との闘いの後に自らの身体に突き立てた剣の後に残る傷以外は。
祐一はその傷跡にそっと触れてみる。すると舞はビクッと身体を震わせた。

595 :舞にも何かさせるべきかな? :2000/10/22(日) 06:43
「す、すまない…痛かったのか?」
「そんなことはない…ただ驚いただけ…。」
 祐一は苦笑する。
「そんなことなら、あの時の方がよっぽど驚いたぞ。このまま舞を失ってしまうのかってな。
俺にはあの出血を止める方法なんてわからなかったし。」
「………ぅっ、ぐすっ。」
 祐一は舞が泣き出しているのに気付く。舞は涙を浮かべ、懺悔するかのように呟く。
「ごめんなさい…私には…全てを終わらせる方法が…あれしか…。」
 祐一は慌てて舞を抱きしめ、舞の目に浮かんだ涙を指ですくう。
「いいんだ…もう、終わったことなんだから。もう、泣かなくていいんだ。」
「…ぐすっ……はちみつくまさん。」
 舞はなんとか涙を止めると、祐一に向けて微笑んだ。それは普通の基準で測るなら
とても微笑とはいえない物ではあったが、祐一にはとても大切に思える。
「せっかくシャワー浴びてきたのに、もったいないな。せっかく舞が俺の為に身体を綺麗に
してくれたのになぁ…。」
「…そんな事…。」
「違うのか?」
 舞はたまらず無言で祐一にチョップを繰り出す。
「…!…!」
「わかった、わかった。もう言わないから。」
 そう言っていきなり祐一は舞にキスをする。舞もキスを受け入れ、
二人はまた一つになろうとする。

596 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 06:49
寝ぼけ眼で電信柱に衝突する名雪萌え。

597 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 06:53
>>594-595
いいじゃないすか。
照れと舞って実に相性がいいす。

598 :名無しさんなの :2000/10/22(日) 10:55
あゆ・・・なる
名雪・・・むつみ
栞・・・しのぶ
真琴・・・カオラ
舞・・・モトコ

という設定で、あゆの胸をわしづかみしては
舞に「斬る!」と追い掛け回されつつ
栞を泣かせてしまう祐一萌え〜!!

既にどっかのSSかなんかであるようなネタだったらスマヌ。

599 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 12:05
>>589
らぶひな信者は逝って良し!!!

600 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 13:13
オマエモイッテヨシ!!!!

601 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 13:35
仲よう逝こや、みんな。

602 :名無しさんだよもん :2000/10/22(日) 21:20
あゆ=なる はキャラ的には合わないが、わしづかみにされるだけの
不幸キャラとしてはいいかもね

603 :名無しさんもんだよ@はふん :2000/10/23(月) 01:03
〜朝の食卓〜

祐一「お、だおだお星人」
名雪「だおーだおー」
ジャムを指ですくう。
祐一「ほ〜ら、いちごジャムだぞ〜。おいでおいで〜」
名雪「だお?…だおーだおーだおー♪はむん&hearts;」
ジャムのついた祐一の手を両手で、指を口で包む名雪。
祐一に、からかうような、いとおしむような視線を向けたまま、
指についたジャムを綺麗にふき取るように、名雪は優しく舌を這わせる。
顔を真っ赤にする祐一が見えるのか、秋子さんは振り向くことなく、
鼻歌交じりでとても楽しそうに朝食の準備をしていた。

604 :名無しさんなの :2000/10/23(月) 02:36
昼休み、何気に校庭をブラブラとほっつき歩いていると、
花壇の花に水をやっているみしおたんを大発見!
ちょっと驚かせようと、後ろからこっそりと近づくことにする。
…ん? みしおたんとの距離が縮まるにつれ、何かが聞こえる。
「ふふふ〜ん、ふふ〜♪」
みしおたんの鼻歌だ!!
「ふふふ〜ん、ふふ〜♪」
鼻歌を歌いながら花に水をやるみしおたん!!
ガサッ…
「…!」
思わず動揺して物音を立ててしまった俺の存在に気付いたみしおたん。
顔が一気にカァ〜っと赤くなる。
「……………………」
真っ赤な顔をして俯くみしおたん。
しばしの沈黙の後、目線だけ俺を見上げて言う。
「…おかしいですか? 私が鼻歌なんて…」

みしおたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) みしおた〜ん…

605 :名無しさんだよもん :2000/10/23(月) 02:44
気合入ってる人が増えてきてよろしいですです。

606 :名無しさんだよもん :2000/10/23(月) 02:45
>>603
白痴ちっくな名雪萌え。

607 :みしおたん萌え萌え :2000/10/23(月) 02:47
ここってみしおたん萌えの奴何人くらい居るんだ?

608 :名無しさんだよもん :2000/10/23(月) 02:52
一番ではないがかなり好きだぞー

609 :名無しさんだよもん :2000/10/23(月) 02:55
>604
最後の一行をちょっと改造して

昼休み、何気に校庭をブラブラとほっつき歩いていると、
花壇の花に水をやっているみしおたんを大発見!
ちょっと驚かせようと、後ろからこっそりと近づくことにする。
…ん? みしおたんとの距離が縮まるにつれ、何かが聞こえる。
「ふふふ〜ん、ふふ〜♪」
みしおたんの鼻歌だ!!
「ふふふ〜ん、ふふ〜♪」
鼻歌を歌いながら花に水をやるみしおたん!!
ガサッ…
「…!」
思わず動揺して物音を立ててしまった俺の存在に気付いたみしおたん。
顔が一気にカァ〜っと赤くなる。
「……………………」
真っ赤な顔をして俯くみしおたん。
しばしの沈黙の後、目線だけ俺を見上げて言う。
「…おかしいですか? 私が立ちションなんて…」

こんな感じでどうかな…

610 :名無しさんだよもん :2000/10/23(月) 02:55
名前使ったことがある位、好きだぞー。(レズネタじゃないよ)

611 :名無しさんだよもん :2000/10/23(月) 03:02
>609
まだ幼稚園くらいの幼い頃、
「わたしだってできるもん!」
とか言いつつ立ちションしてびちょびちょになってしまう
みしおたん萌え〜

612 :名無しさんもんだよ@はふん :2000/10/23(月) 03:02
>>607
…あんなことやっといて、こんなこというのもなんですが、私もすきです。みしおたん。
236さんの地道な努力で確実に美汐属性の人って、増えてると思いますよ。

ちなみに、今日PS版東鳩買ってやりました…その影響なんです、今日のネタ。
あかりが、「がおーがおー」って言うのにヤられたんです。失敬。

613 :みしおたん萌え萌え :2000/10/23(月) 03:12
思ったよりも同志が居るようで安心したぞ。
名無しさんなの氏の洗脳電波がある限りみしおたん萌えの未来は明るい(のか?
次回作にも期待するとしよう。


614 ::みしおたん@お腹いっぱい。 :2000/10/23(月) 04:27
私もみしおたん萌えです。
美汐スレでしかほとんど活動してないけど・・・
あそこはマターリとみしおたん萌えが集まってて良い感じ。

615 :しつこい描写は止めるべきでしょか? :2000/10/23(月) 05:45
 祐一は舞の下半身へと身体を移す。舞はわずかに脚を閉じて抵抗したが、
すぐに止め、祐一のするに任せる…祐一の手が舞の秘所に触れても。
祐一が舞の秘所に触れると、そこはもう潤っていた…舞の愛液で。
指で掬って舐めると、それは確かに舞の味だった…かつて味わったモノと。
それの涌き出ている所に祐一が顔を近づけると、舞の匂いが祐一の鼻腔を
刺激する。以前よりも遥かに強く。祐一はその匂いの元の涌き出るところを
舌で舐め始めた。優しく転がす様に。祐一が愛液を舐め取る度舞の身体は
反応し、新たに愛液を滴らせる。
「……ぁっ、……んっ。」
 舞はそれでも声を立てるのを我慢しているらしく、喘ぎ声はくぐもっている。
祐一はなんとしても舞に声を出させてみたくなり、愛撫を激しくする。
すでに固くなっているクリトリスを舌で舐め、膣口の周りを指でそっと撫ぜる。
それから舌と指の動きを入れ替え、指でクリトリスを撫ぜ舌で襞の愛液を舐め取る。
その動きをただ一心に祐一は続ける。舞を感じさせるために。
「あっ…祐一…ダメ…くうっ。」


616 :名無しさんだよもん :2000/10/23(月) 11:02
>>615
感想カキコは初めてだけど、いつも楽しみにしてるよん♪
お話の流れは、漏れは好き。あと、615さんが描きたい場面を
615さんの文章というか、615さんなりの表現で書いてみてはどうだろう?
どこかとっても窮屈そうに書いているように感じるよん。漏れは
「舞萌へ」の人なので、応援してますよ。

617 :名無しさん@だよ:2000/10/23(月) 16:31
休日、朝からがんばって浩平のためにケーキを焼く茜。
ちょっとした悪戯心で、チョコペンをつかって「kouhei」なんて書いてみる。
出来上がったケーキを、ちゃんとした箱に入れて、いざ折原家へ。
チャイム一回で出てきた浩平に「これ、プレゼントです」とケーキを渡す茜。
「おう、ありがとな。じゃあ、一緒に食おうぜ」と誘われるものの、
チョコペンを目の前で見られるのが恥ずかしく「いえ、用事があるので…」と
断る。しかしその直後、浩平が「そうか。じゃあ、おばさんと一緒にありがたく
いただくよ」と、言われ、大ピンチ。思わずその光景を想像して「あ、あの」
と呟くものの、浩平の「どうした? 熱でもあるのか? 顔、赤いぞ」の声で
珍しく駆け足で浩平の家の前から自宅へ帰る。
翌日、学校で浩平に会うのがなんだか恥ずかしく、思わず教室を覗き見。
浩平がいないことを確認してほっとするも、後ろから「里村さん」と長森に声を
かけられ、びくっとして振り向いたそこには、長森と、そして浩平が。
浩平があっけらかんと「うまかったぞ、ケーキ」と告げると、それだけで顔を赤くして
教室に飛び込んでいく。そんな二人の様子を、わけがわからず見ている、そんな長森萌え(お

618 :名無しさんだよもん:2000/10/23(月) 16:51
長森萌えかい!!(ビシッ)

619 :名無しさん@だよ:2000/10/23(月) 17:24
突っ込みサンクスー。
私はベストゲーム「ONE」だから、あの子達のほうが書きやすい。
いいんだよね? ONEキャラでも。みしおたんじゃなくても。

620 :名無しさんだよもん:2000/10/23(月) 17:34
己の好きなキャラで書くのが吉。
頑張れば同志が集まるっすよ。

621 :名無しさんだよもん:2000/10/23(月) 18:32
妄想<御仁<SS
こんな方々には、とっても書きこみがいのあるスレかも…

622 :名無しさんもんだよ@はふん :2000/10/23(月) 21:45
〜長森みるく〜

瑞佳「浩平、ちょっと浩平」

寝ているところを揺さぶられる。

浩平「ん〜、なんだよ…おまえまだ足りねえのかぁ…このすけべ」
瑞佳「ばぁかぁ、ちがうよ〜。またおっぱいが張ってきたの!」
浩平「はぁ、もうかんべんしてくれよぉ。ふつう新歓コンパでもこんな飲まさねえぞ」
瑞佳「あ〜もう、そんなこといわないでよ〜。
結婚前は『長森のミルク飲みたい〜』って、あんなにうるさかったじゃない」
浩平「許せ。酒なら腹もゆるくはならん。しかし、母乳がまさかこれほどまでに
腹にくるものとは思わなかったんだ」
瑞佳「あ〜ん、でも浩平、おっぱい吸うの上手なんだよ〜」
浩平「なんだそりゃ…」
瑞佳「お願い〜」

返事も聞かず、ベッドの端に座った瑞佳はパジャマをはだける。
浩平もその隣に腰かけた。
授乳期のぱんぱんに張った乳房が痛々しい。
かつて自分が瑞佳に救われたことを思うと、
浩平は、瑞佳の頼みならなんでも聞いてやらずにはいられなかった。

623 :622 :2000/10/23(月) 21:48
瑞佳「ほら、浩平おいで」

誘うように両手を伸ばす。
浩平はベッドから降りて膝立ちになり、瑞佳に顔を近づけた。

浩平「…あとでバニ夫の糞、くれよな」
瑞佳「?」
浩平「正露丸!」
瑞佳「わっ、そんなに大声出さないでよ〜」

伸ばされた腕の中に、素直に顔をうずめるのはどこか照れくさかった。
瑞佳が声にひるんで腕を下げた隙に、浩平は瑞佳の乳房を口に含んだ。

瑞佳「あぅ」

間違えた。
それはいま必要な舌の使い方ではなかった。
乳首に舌をあてがい、唇で乳房をつまむようにして
優しく刺激するように吸いたてる。
瑞佳は浩平を抱くように腕を回し、浩平も瑞佳の背中に両手をやる。
乳房を口に含んだまま視線を上げると、優しい眼差しで微笑む瑞佳と目が合った。
不思議な安心感に包まれた浩平はまるで赤ん坊のように瑞佳の乳を吸い続けた。

624 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 01:06
>>622-623
良いぞ! 萌える!
えっちじゃないんだがえっちなところが萌える!!

625 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 01:16
つーか、子供に授乳しろって(w

626 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 01:31
>>622-623
萌え萌えなんだけど、この続きがあればなおさら萌えれたと思う

627 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 01:31
話もつっこみもいい感じだ
最近ここマターリしてていい感じ
つか瑞佳萌え(w

628 :究極超人まこびー :2000/10/24(火) 01:36
美汐「お名前は?」
真琴「・・・ま・・」
美汐「・・ま、の次は?」
真琴「・・・の・・」
美汐「・・の?・・まの?」
真琴「はっはっは〜!!まのちゃん見とるかね〜!!」
美汐「・・他人の娘の名前を勝手に使わないで下さい」
真琴「あう〜」

しまった、早まったかも知れん・・

629 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 01:47
>>628
俺にはウケたぞ、モニタがカラフルになったくらいだ。
でもね、美汐たんが「見とるかね〜」と読み違えたからなの
ゴメソなの。

630 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 01:52
>>622-623
次は名雪でキボーン

631 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 02:21
>>628
ナイス、爆笑!


632 :名無しさんなの :2000/10/24(火) 03:37
放課後、商店街を歩いていると、
本屋にいるみしおたんを大発見!
辺りを軽く見まわした後、みしおたんが手に取ったのは、
普通のいまどきの女の子が読むようなファッション誌!
パラパラとページをめくり、熱心に立ち読みしている。
「よう、天野」
「はぅ!」
俺がポンと肩をたたくと、
みしおたんはすっとんきょうな声をあげて驚いた。
「あ、相沢さん!?」
手にしていた雑誌をわたわたとラックに戻し、
足元に置いていたカバンを手にとる。
頬を真っ赤にし、俯いてその場で立ち尽くすみしおたん。
やがて落ち着きを取り戻したのか、
俺から目線をそらしつつも口を開いた。
「私だって……、女の子ですから…」

みしおたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) みしおた〜ん…

633 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 03:38
>>632
つーか、それ普通だし、みっしー言い訳する必要ないし(w

634 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 03:39
>>632
うらぁ!!みしおたんは女の子だぞ!!
勘違い設定すな!!みしおたんの部屋はファンシーなんだ!

萌え〜

635 :名無しさんなの :2000/10/24(火) 03:44
みしおたんはファンシーな趣味なのだが、
そのことを人に知られるのはなんだか恥ずかしいという
複雑な心境なのだ!!

家でねこさんパジャマ姿のみしおたん萌え!!

636 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 03:45
恥ずかしがりのみしおたん萌え〜

637 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 03:47
「『あ、天野ってば、ガラでもないことをやってる…』って、相沢さんに
きっと思われてる……私、はずかしぃ」ってな感じの、
ちょっと自意識過剰なみっしー萌ふぇ〜。

638 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 03:50
…なんにせよ、みしおたん、最近は超強力ですな。

639 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 03:52
マコピースレにいたヤツらが何人か乗り換えたって話だからな(w

640 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 03:56
なんかここ、「萌え」ネタの登竜門みたいだな。
漏れ、お笑いスター誕生を思い出したよ。
恐くて迂闊にネタ出しできねえな。ちゃんと練らないと…

641 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 03:56
>>639
(;´Д`)∩ハイ

642 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 03:57
>>640
真琴ネタならマコピースレでとりあえず書いてみれば?
あそこはマコピコが無条件で褒めそうだぞ(w

643 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 03:58
>>641
たまにはマコピースレにも戻ってやれよ(w
何かいそがしそうじゃないか。

644 :615 :2000/10/24(火) 03:58
>>616 >どこかとっても窮屈そうに書いているように感じるよん。
…うーん、確かに普段書かない文体で書いてます。前の文章から続けて読んだ時に
あまり違和感がないように。やっぱり解るのかな?それとも誰が書いてるかバレバレ?


645 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 04:01
最近、マコピコが静かだと思ったら、そういうことだったのか・・・

646 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 04:03
あげ

647 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 04:03
>>645
静か……と言っても以前に比べればだぞ。HPとかMLとか作成したのはつい最近だ(w
マコピコの今までの伝統からしてみしおたんネタも受け入れてくれそうだし、
同人活動にみっしーファンも一枚かんでみてはどうだ?


648 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 04:05
>>647
みっしーファンに限らず、他のファンでも受け入れそうだなあ(w<マコピコHP

649 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 04:05
みしおたんは付録ではないです…

650 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 04:06
>>649
乗っ取れば良いんだよ(w

651 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 04:06
おっ、久しぶりに1行萌え発言の流れが復活してますね。
俺的には、こっちの方が気軽にネタ書けていいんよ。

自分が出会った狐が消えてしまったあと、休日の度に
居ないとわかっててもものみの丘に足を運んでしまう美汐泣け〜
ってか、これじゃ茜か…

652 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 04:09
>>650
それはみしおたんのキャラじゃない(w

653 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 04:10
そういえばななぴすとは全滅?
それともななぴすともみっしー萌えに移動かな?
思うに流行に乗って萌えているヤツらがいるんだな(w

654 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 04:11
さりげなく真琴とかを陰からそっとサポートするのがみしおたんなのでは?
ちょっと想像してみ?

……ほら、萌えて来た(w


655 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 04:14
>>654
表紙が真琴で裏表紙がみしおたんみたいなもん?

656 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 04:14
自分文章も絵も書けないしマコピコの活動には参加してませんが
真琴も美汐もどっちも萌え〜ですわ。
応援してるんで、頑張って下さいね。


657 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 04:16
萌えっていうか、俺は七瀬好きだな。

658 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 04:16
>>656
それはマコピースレに書けよ(藁

659 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 04:17
>>654
そういや、みしおたん=ぴろ なんて説もあったな。

660 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 04:20
乗り換えたのでは無く、
地下に隠れていたみしおたん萌えが同士の存在に気付いて姿を現すようになったのです。
もちろんオレモナー

661 :628(新人) :2000/10/24(火) 04:22
嬉しいっす(^^;

662 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 04:40
>>659
それより、美汐たんと縁をもった狐=ぴろの方が良いなぁ。
もちろん、美汐たんはその事には気付かない方向で。

663 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 04:49
美汐「なでなで」
真琴「あう〜♪」
美汐「なでなでなで」
真琴「あうあう〜♪」
美汐「なでなでなでなで」
真琴「あうあうあう〜♪」

日曜の昼下がり、縁側で日向ぼっこをしている二人。

664 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 04:59
なんかカノソの某CG思い出しちまったぞ。
「お名前は?」のとこ。

665 :減るもんじゃ名無しさん :2000/10/24(火) 04:59
想像してみよう

祐一「お、おい天野・・?」
美汐「こうすると、落ち着くんです」
真琴「あう〜♪」
祐一「・・・(赤面)」

666 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 06:10
真琴撫でてるとなんかこうα波が出てきそうでいい感じ。

667 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 06:21
美汐に撫でられる方がイイ!

668 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 06:23
静電気が起きそうだぞ。

669 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 06:26
俺はやっぱり、なでられるんなら芹香先輩のがいい

670 :どうでもいいこと・・ :2000/10/24(火) 06:43
なでやすさ比較・・・
真琴>舞=佐祐理=栞>あゆ=名雪
・・・名雪とあゆって髪の凹凸、カチューシャで撫でにくそう・・
まこぴ〜の脳天は平べったくて、撫でて〜〜と主張している!

671 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 06:52
頭の高さは栞の方が撫でやすい!

672 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 07:21
美凪の尻を撫でてぇ。

673 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 07:21
いや、髪の手触りはなゆなゆが一番だ!

674 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 07:22
>>672
俺の心を読むな!

675 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 07:23
いやいや、栞の繊細な髪は撫でるに良し。

676 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

677 :672 :2000/10/24(火) 07:33
漏れ的に撫でやすさTOP3は栞<マルチ<美凪の尻だがどうだ?

678 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 07:40
「撫でてもらいたい人」なら秋子さんかさゆりんだな。

秋子さん「祐一さん、もっと甘えてもらってもいいんですよ」なでなで・・・・

佐祐理さん「あははーっ、いいですよ、佐祐理のほうがお姉さんですからねーっ」なでなで・・・


679 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 07:43
佐祐理さんに俺の尻撫でてほしい……

680 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 07:47
「たわわ」という言葉に萌えてしまう私はおかしいですか?

681 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 07:54
ぼくは「小振りだけど形のいい胸」に萌えます

682 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 08:21
>>680
「えっ、たわわなんですかあっ!!たわわっ!!うっ」
週アス「物欲番長」の新担当はなかなか素敵なヤツらしい。

683 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 08:25
ありきたりだが、「美少女」って素晴らしい日本語だと思う。

美少女にすべてを…
somebody to prettygirl

684 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 09:00
美少女といえば茜に決まっておろう。
雨のなか、憂いの色を瞳にたたえて一人たたずむ少女。
はあ〜、絵になるのう…

685 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 09:26
>茜は美少女
その割にはゲーム中の人気投票では影も形もありませんでしたが?
などと言ってみる。

686 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 09:51
>>685
あれは人気投票を書いた脚本家と茜を担当した脚本家が違うからだと突っ込んでみる。

687 :倉田佐祐理 :2000/10/24(火) 10:52
>653
ななぴすと兼しおりすとのぼくは一体何?

688 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 11:45
>>687
あんただれ

689 :名無しさん@だよ :2000/10/24(火) 11:48
銭湯で偶然、茜と澪がばったり。
「いっしょに入りましょう」
『うれしいの』
ということで脱衣所に。さすがにスケッチブックを持ってはいるわけにもいかず、
澪は大切なスケッチブックを服と一緒に脱衣所へ。ところが、シャンプーを
忘れてしまい、困ったことに。仕方なく茜に借りようとするも、スケッチブックは
脱衣所。考えに考えた澪は、茜の髪をくいくいと引っ張った。
「どうしたんですか?」
そう問い掛けてきた茜の背中に、指で『シャンプーかしてほしいの』と書く澪。
「…洗いましょう」
澪の言いたいことに気がついた茜は、澪を座らせると、その髪を洗ってあげるのだった。
そんな優しい茜と、シャンプーを指差せばいいのにスケッチブックの癖で「書いて伝える」
ことしか思いつかない、リボンを解いている澪に萌え。

690 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 13:07
澪は鍵系白痴キャラの中でも1、2を争う白痴キャラだからな(w

691 :名無しさんだよもん :2000/10/24(火) 14:32
>>689
いい感じっすよ〜
なんかONEやりこんでないと書けないディティールの細かさというか、
キャラクターへの愛を感じますなあ。

692 :名無しさんだよもん:2000/10/24(火) 20:21
>>689
澪の指が背中を走り、思わずピクピクする茜萌へ…

693 :名無しちんだよもん@ひまひま星人:2000/10/24(火) 23:54
>>689
 風呂場でもリボンしてる澪萌え〜

694 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 00:05
あゆ「うぐぅ。やっぱり納得いかないよぉ。」
栞 「・・私、手づかみは余り好きじゃないです。」
祐一「仕方ないだろ!金、無かったんだから・・」

撫然とした表情で"たい焼きアイス"をはぐはぐしている三人
春はまだ遠い・・・

695 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 00:08
>>694
栞とあゆは同時に助かりません。

696 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 00:14
>>695
そんな野暮なこというなよ。

697 :名無しさんだよ:2000/10/25(水) 00:21
「みお」
「・・・」
「みお?」
「・・・」
「眠ってるのか?」
「・・・」
「眠ってるって、わかるようにしないとな。」
 カキカキ・・・
『ZZZ・・・』
「これでよしと」『顔こすっても消えないの』
「まぁ、油性だからな。」
『ひどいの』
「う、いや、ほら、わかりやすいだろ?」
『ひどいの、いじわるなの』
「・・・ごめん、やりすぎたな」
 コクコク
「今からうちに落としに行こうな」
 うんう・・・
「どうした?」
『この顔では恥ずかしいの』
「俺はかまわないぞ」
『私が嫌なの』
「そうなのか」
『やっぱり、いじわるなの』
「うーん、わかった。こうすれば見えないだろ」
(背後から、澪のほほが隠れるように軽く抱きしめる)
 かぁ〜〜〜
「歩きづらいけど、すぐだからな」
 かぁ〜〜〜


698 :名無しさんだよ:2000/10/25(水) 00:22
うつだ・・・説明文入れちまったい。

会話だけで表現できんかった、いなくなるよ

699 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 00:22
>>697
みおではなく澪だぞ。

700 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 00:24
>>698
そう思うのなら最初から投稿するなよ……。

701 :名無しさんだよ:2000/10/25(水) 00:27
見なおしたら、改行もへんになってる・・・ますます鬱だ。


702 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 00:28
でもかわいいのでよい。

703 :名無しさんだよ:2000/10/25(水) 00:30
書き越したら、間に書きこみが・・・


>>699-700
マジですまん。
精神と時の部屋にでも入って修行してくるわ

704 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 00:37
>>703
頑張ってきてくれ。
復活SSキボン。

705 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 00:43
>>704
この程度で凹むヤツなんぞ戻ってこなくて良い。

706 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 00:50
>>705
正直、内容はあまり良く分からなかったから
一旦凹んでもらってから再挑戦してほしいぞ。
うまく凹めば反動でかなり良くなるだろう。

707 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 00:51
>>705
しかし何もできん奴ほど偉そうな口を叩くものだな。
何も持ってないってのは羨ましいこった(藁


708 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 00:58
>>707
オマエモナー(御約束)

709 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 01:05
>>707
でも、そういう何も持たない人にも見える場所に公開している以上、
何も持たない故の率直な意見にも耳を傾けないと。
まぁ、今回のはさすがにまともな意見は少ないですが…

710 :名無しさん@だよ:2000/10/25(水) 02:32
浩平との仲が親密になり、雪ちゃんに吹き込まれた知識によって、ちょっと下着に
凝ってみよう、と思うみさき先輩。しかし自分では選びきれず、仕方なく雪ちゃんと
一緒に下着売り場へゴー。ところが雪ちゃんが選んだのは、先輩の髪のように黒の
大人っぽいものだった。何も言わず「かわいい下着だよ」といたずらっぽく笑って
それを買わせる雪ちゃんと、浩平とのデートの日の朝、その下着をどきどきしながら
着用してみるみさき先輩萌え。

711 :名無しさん@だよ:2000/10/25(水) 02:37
個人的には、女の子同士の話が好きなので、茜と澪だったり雪ちゃんと先輩
の話が書きやすい。個人的に書いてみたい話は茜と先輩。ゲーム本編では
あんまり絡んでいなかったので、その辺楽しそう。
どっちにしてもONEの話がいちばんだな。超個人的に。

712 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 02:39
>>710
むしろみさき先輩をおもちゃにしてる
雪ちゃんに萌えちゃうんだけど…

Key(以前のTactics)の女性コンビって、
みんな簡単にレズものが成立しそうだよね。

713 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 02:46
>>711
俺としては、ななぴーと例のいじめっこの話しも結構好きなんだが。
見てない人もいると思うから詳しくは書かないけど、
小説版でその後の事が少し書かれてたじゃん。

714 :名無しさん@だよ:2000/10/25(水) 02:55
>712
そうかも。でも結構限定されてるっぽい気もする。<女性ペア
個人的には前述の茜と先輩っていうのが書きたい。あと先輩と澪。
>713
小説読んでない。スマン。立ち読みしたけど、なんか文章にへなって
しまったような気が。あと、変に影響あると困るので読めない。

ただ、CDドラマはどれも好きだった。みさき先輩はCDドラマで
株の上がったキャラ。茜、長森も同様。CDドラマのエピソードは
結構好きだったから。茜編の「司」の声が緑川、っていうのには驚いたけど(笑)

715 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 02:59
>>714
司の声って御堂岡だったの!?

716 :>715:2000/10/25(水) 03:05
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ミ
  /   @`――――-ミ
 /  /  /   \ |
 |  /   @`(・) (・) |
  (6       つ  |
  |      ___  |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |      /__/ /  < なわけねえだろ!
/|         /\   \__________

717 :名無しさんなの:2000/10/25(水) 03:33
夕暮れ時、
秋子さんに頼まれた買い物をしに商店街へと出向いたところ、
買い物カゴを持った私服姿のみしおたんを大発見!
「よぅ」
「あ、相沢さん」
「天野も買い物か」
「ええ、母に頼まれました。
 この時間帯になると、
 あの角のスーパーが野菜の値引きをするもので…」
「お、なるほどな。俺も今からあのスーパーへ行くところだ」
ふと、みしおたんの持つ古風でいかにもな
買い物カゴから突き出た長ネギが目に止まる。
「それにしても、やっぱり天野はおばさんくさいな〜」
笑いながら冗談半分に言った俺のセリフに反応し、
俺から目線をそらしてぷんすかとふてくされるみしおたん。
「…どうせ私はおばさんくさいですよ…」

みしおたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) みしおた〜ん…

718 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 03:40
>>717
引用はほどほどにな

719 :名無しさんもんだよ@はふん:2000/10/25(水) 03:54
>>717
お家の中のことは妙に手慣れてるくせに、
おふとんの中ではとっても初々しいみしおたん&hearts;萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) みしおた〜ん…

って、もう4時だよ…おやすみなさい。

720 :いきなり止まって書き直し…:2000/10/25(水) 07:58
 祐一は舞のそんな姿を見、声を聞くことが嬉しい。
 それから祐一が下着を脱ぐと、それに気がついた舞が祐一に近づき囁く。
「…祐一…今度は…私が…。」
 祐一は舞の意外な言葉に戸惑う。
「えっ…舞…何を言ってるんだ?」
「だから…私が…。」
 祐一はようやく舞の言葉の意味に気づく。
「でも…おまえ…どうするのか解ってるのか?」
 舞は下を向いて小さな声で呟く。
「…佐祐理に…教えてもらった…。」
 佐祐理の必要以上の気の回し方に祐一は呆れながらも、心の中では感謝する。
しかし、それでも口にしたのは舞に無理をさせたくないという言葉。
「いや…別に無理をしなくてもいいんだ、舞。」
 しかし、舞はそれでも口にする。祐一にはとても抗えない言葉を。
「祐一は…私がするのは…嫌?」


721 :名無しさん@だよ(710の続き):2000/10/25(水) 09:21
ぷるるるる、ぷるるるる……かちゃ。
「はいもしもし深山で…」
「雪ちゃん!」
「みっ、みさき? どうしたの?」
「どうしたもこうしたもないよー」
「どうしたもこうしたもって…。あ、そういえば、デートどうだったの?」
「それなんだよー。雪ちゃんが可愛いからって選んでくれたの、あれって…」
「うん、可愛い黒のだけど」
「雪ちゃん、黒のは普通、可愛いって言わないと思うよ」
「そうかしら。みさきの場合は髪に似合って可愛いと思うんだけど…」
「で、でも、そのせいで浩平君が、浩平君が…」
「ん? 最愛の彼がどうしたの?」
「さ、最愛の彼って、あの、その…」

 と、デートの翌日、あらかじめ予想していたみさき先輩からの電話で、彼女をちょっとだけ
からかって遊んでしまう雪ちゃんと、そんな雪ちゃんの言葉責めで、ついつい昨日のデートでの
浩平とのもろもろのことを思い出し、電話口で赤面してしまうみさき先輩萌え。

というか、私の中での雪ちゃんって、なんか先輩で遊んでる…?(笑)

722 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 09:29
>>721
萌え〜


723 :名無しさんもんだよ@はふん:2000/10/25(水) 12:27
>>720
引継御礼!<(_ _)>

佐祐里さんに冷凍バナナでフリャチヨを仕込まれる舞萌へ〜。
さらにそのバナナで佐祐理さんにイタヅラされる舞萌へ〜。

724 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 16:39
冷凍バナナでちょっと凍傷になって痒くて悶える舞萌へぇぇ〜〜♪

725 :名無しさん@だよ:2000/10/25(水) 16:55
 中庭で茜の手作りお弁当を食べている浩平を見かけたみさき先輩。自分も浩平の
ためになにか手料理を、と考えたものの、盲目で包丁や火を扱うのはかなりの
慣れが必要。そこで雪ちゃんに相談してみたところ、
「おむすびなんていいんじゃない?」
 ナイスなアイディアに感謝しつつ、さっそくおむすびつくりを開始するみさき先輩。
 どうにかこうにか、不恰好ながらもおにぎりが完成。さっそく翌日、浩平のところへ持っていく先輩。
「お、これ先輩が作ったのか?」
「うん、ちょっと変かもしれないけど、これでも頑張ったんだよ」
 と、海苔の巻き具合がちょっと不ぞろいな、でもそこが可愛いおむすびを、校舎の屋上で食べる。
「…味、どうかな」
「うん、結構いけてると思うぞ」
「そっか、よかったぁ」
 そういって自分もおむすびを食べる先輩。そんな先輩の頬に、一粒のごはんが。
「先輩、『おべんとう』ついてるぞ」
「えっ、どこどこ?」
 慌てて自分の頬に触る先輩。しかし、ちょっと場所が違い、なかなかごはん粒はとれない。
「先輩、とってあげようか」
「うん、お願いするよ」
 浩平はちょっと考えてから、みさき先輩の頬にキスをした。
「…あ」
 指とは違うやわらかい感触で、それが浩平の唇だと気づき、おむずびの具である
鮭よりも頬を染めてしまう、そんな先輩に萌え。 

726 :名無しさん@だよ:2000/10/25(水) 16:57
よく読み返せば先輩3連発なんだな。俺。「@だよ」は長森の「だよ」
ではなく先輩の「だよ」だと思って。

上のネタも絡むけど、茜と先輩のシリアス話のプロット完成。
みさき先輩と茜、って結構対極の位置にいるのかもしれない。と、思ったり。

727 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 16:59
>>725
>中庭で茜の手作りお弁当を食べている浩平を見かけたみさき先輩。

…細かいけど、一応ツッコんでおくよ。
みさき先輩が「見掛ける」の?

728 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 17:07
>>727
「見掛ける」で問題ないでしょ。
それが他の人の「見る」とは違っていても。
意味自体は通じるし。

「屋上で夕焼けを見ているみさき先輩」
いいじゃん。
だめかなぁ…

729 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 17:11
みさき先輩の作るおむすびは、とてつもなく大きいに違いないと想像してみる
……でっかいおむすびを一生懸命つくってるみさき先輩萌えっ

730 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 17:27
>729
大きさは普通だが高圧縮ではないかと思ってみたりする。

731 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 17:28
>>728
みさき先輩が遠くにいるの(校舎の外)を見つけるのは、無理ありすぎ。
そこで萎えます、はしゃぐ二人の声が聞こえてくるくらいなら…。

夕焼けは肌で感じられても、二人の気配を読めるとかになるとネタになってしまうし。

732 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 17:38
現実主義者、マンセー(藁

733 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 17:43
>>726
>上のネタも絡むけど、茜と先輩のシリアス話のプロット完成。
それは是非読みたい、ここのどっかで発表してくれるんですか?
期待してます。

734 :名無しさん@だよ:2000/10/25(水) 17:44
すまん、そういえば文中で「盲目」ってつかっておきながら「みかけた」って
おかしい。激反省。この教訓は次回以降にきちんと繁栄させる所存です。
とりあえず、茜とのくだりを

浩平から、クラスメイトの女の子の手作りのお弁当を食べた、という話を聞き、
内心ちょっと嫉妬しながら雪ちゃんに電話した先輩。

に変換。…あとフォローは醜いかも。しばらく逝って来ます。

でもこれだけ反応あると放置よりは嬉しい。次回も先輩で頑張ろう。


735 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 18:36
みんな気にするなよ。
どうせ偽障害者なんだから。

736 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 21:42
エイエソに行っていた俺は、長森と一緒に卒業できず、今年3年をやっている。
一度、辞めるつもりで長期休暇をしたが、長森の涙の訴えに負け、高校は卒業しようと思い直す。
最初は嫌だった学校も、今は結構楽しい。

737 :名無しさんみたいなもんだよ:2000/10/25(水) 22:02
天知る、地知る、人ぞ知る
お前の悪を知っている
俺はお前の心・・・お前の心はこう叫ぶ!!!

『俺に股開け、香里―――!!!』
「さらばっ」

「・・・・・・」
「・・・・・・」
「・・・・・・」
「・・・い、今のは俺の心じゃないぞ」
じー
じー
じー
「な、なんだよ」
「・・・別に・・・ただ、誰も北川君なんて言ってないけど?」
「あ・・・」
「・・・・・・」
「・・・・・・」
「行こうか、名雪」
「うん、そうだね祐一も行こう」
「ああ、そうだな。またな、北川。」
「・・・・・・」

738 :名無しさんだよもん:2000/10/25(水) 22:18
>>737
ワラタ。

739 :減るもんじゃ名無しさん:2000/10/26(木) 00:06
名雪「あ、裕一。ラブホがあるよ〜」
裕一「あるも何も、いつも入ってるところじゃないか・・」
名雪「う〜、裕一〜、裕一〜〜。」
裕一「・・ま、今日は秋子さんに用を頼まれてる訳じゃないし、
   日暮れまでなら大丈夫か・・」
名雪「うん。頑張るよ!」

・・・日没後、帰宅する二人。

秋子「お帰りなさい。随分と吟味したのね。」
二人「・・・・!?(赤面)」

740 :名無しさんだよもん:2000/10/26(木) 00:12
>>739
萌える!!
制服で入ったのだろうか?

741 :名無しさんだよもん:2000/10/26(木) 00:15
いいなー

742 :名無しさんだよもん:2000/10/26(木) 00:32
やっぱり字が違うと嫌だなヲレは

743 :いつも短くてすみません:2000/10/26(木) 04:21
「いや…もちろん、そんなことは無いぞ。でも…。」
「…なら、する。」
 舞は祐一の股間に身をかがめると、祐一のモノを恐る恐る頬を赤らめながら
手でつかむ。それだけで祐一のモノには一人でしたときとは違う快感が起こり、
祐一は耐えられなくなる。舞が掴んでいる手をゆっくりと前後させ始めると
思わず声を漏らす。
「あ…う…。」
 そんな祐一の声を聞いた舞は、更に佐祐理から教えてもらったことを更に
試してみる。右手でゆっくりと幹の部分をしごきながら、左手で陰嚢をさわさわと
もて遊ぶ…しばらくそんなことをした後で祐一のモノを見つめると、口に含んだ。
「ま、舞?何を…。」
 祐一は舞の行動に心底驚く。まさか舞がこんなことまでするとは思っていなかったから。
…普通に考えれば、独りで魔物と戦い続けていた舞がそんなことを知っているわけが
無いのだ…セックスは自体はともかく男を悦ばせる技などは。
「……はぁっ。」
 舞は一度祐一のモノから口を離すと、祐一に尋ねる。
「…祐一…どう?」
「ああ…気持ちいいぞ。」
「…よかった。」
 そして再び舞は祐一のモノをくわえた。さっきよりも深く。祐一は敏感な先端部に
感じられる舞の口腔内の感触と、なによりも舞が祐一のモノをくわえている…あの舞が。
佐祐理から切り出したにしても、舞は懸命にそれを覚えたのだ。祐一のために。

744 :名無しさんなの:2000/10/26(木) 04:35
ひょんなことから栞と知り合い、
栞の家で勉強を教えてあげるみしおたん。

一緒についてきてしまい、
栞の部屋を勝手に物色する真琴を
「メッ」と叱るみしおたん。

みしおたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) みしおた〜ん…


…レヴォが近くてアレなので今日は短め…

745 :名無しさんだよもん:2000/10/26(木) 04:50
そういえば、これはまだなかったような…
耳と尻尾つき真琴萌え〜
美汐たんに頭撫でられて尻尾ふりふりな真琴萌え〜

746 :739:2000/10/26(木) 05:04
うう。裕一×  祐一○ だった・・謝
修行が足りんす・・

747 :名無しさんだよもん:2000/10/26(木) 05:05
今日はクラスのみんなをつれてゲーセンに行き、DDR大会を開いている。
名雪「はじめてだからわからないよ〜」
祐一「そうだなぁ。お前はとろ臭いからな」
名雪「それは酷いよ〜」
祐一「俺がカバーするから大丈夫だ」
そして音楽が流れてきて、矢印が画面上に出てくる。
名雪「えいっ、やっ、はっ、ほっ……うわあっ」
祐一「うおおっ?」
名雪が俺の方に倒れてきて、目の前が真っ暗になる。
目を開けると、名雪の濡れた唇がそこにある……。
名雪「……祐一」
目を閉じる名雪を引き寄せて、俺達のシルエットが重なる。
そのまま、しっぽりと濡れた夜が始まる。


748 :名無しさんだよもん:2000/10/26(木) 05:21
>>747
ゲーセンでやってるんすか?

749 :名無しさんだよもん:2000/10/26(木) 05:23
>747
最後の一行が妙にオヤジくさくて笑った

750 :しまった747:2000/10/26(木) 05:24
場所を変えるの忘れてた。


751 :名無しさんだよもん:2000/10/26(木) 16:19
>>743
ぽにぃ娘のぴゅあフリャチヨ萌え〜

>>744
どこまでもストイックな萌えを貫く作者さんに200コダワリ

752 :名無しさん@だよ:2000/10/26(木) 17:10
掃除をサボった罰ゲームとして、雪ちゃんに髪型をポニーテール(もしくはツーテール。お好みでどうぞ)
にされてしまったみさき先輩。ばったり廊下で浩平に出くわし、テレながら事情を説明。
「でも、結構似合ってるぞ、先輩」
 と言われて顔真っ赤。
「そ、そんなことないよ」
 と言ったものの、その日の放課後、自分の部屋で一生懸命髪を結う練習をしている先輩に萌え。

>733
現在改装中の自分のHPで発表する予定。ここに書き込むと長くなるので。申し訳ない。


753 :名無しさんだよもん:2000/10/26(木) 17:16
>>752
ポニテみさき先輩萌え〜。見たことないなCGで。
いたる絵って髪型変えると誰だか解らなくなることの弊害か?

754 :名無しさんだよもん:2000/10/26(木) 21:05
>>753
 確かに観鈴は別人になったな(藁

755 :名無しさんだよもん:2000/10/26(木) 22:18
つうか、髪を切ったあゆ、ポニーテールの名雪なんかもそうじゃないか?
澪がリボンを解けない理由もそのへんにあったりしてな。

756 :名無しさんだよもん:2000/10/26(木) 22:25
アフロのななぴー、とか?

757 :名無しさんだよもん:2000/10/26(木) 23:43
>754
海岸で歩いてくるシーンは「ミスズ・ハザード」と名付けてます。
俺はあんな絵を見ながら号泣してたのか・・・鬱だ。

758 :名無しさんだよもん:2000/10/26(木) 23:44
「だ〜れだ」
「・・・」
「なんだ、わかんないのか」
「・・・」
「俺だよ俺」
 カキカキ
『目が見えないと書けないの』
「・・・ごめん、忘れてた」
『楽しかったの、だからいいの』

759 :前回の終わりの部分書きなおし。:2000/10/26(木) 23:44
 そして再び舞は祐一のモノをくわえた。さっきよりも深く。祐一は敏感な先端部に
感じられる舞の口腔内の感触にうめく。祐一は改めて舞の姿を見てみる。
舞は祐一のモノをくわえている…あの舞が。例え、そういう事を佐祐理から
聞いたとしても、舞は懸命にそれを覚えたのだ。知らなかった事を…祐一のために。
「…んっ…じゅるっ、ちゅばっ。」
 舞はひたすら祐一のモノに奉仕する。口腔内で祐一の裏筋を舌でなぞり、
カリ首をくすぐる。そして祐一のモノからにじみ出る先走り液と自分の唾液を
音を立ててすする…苦しそうな表情で啜りきれない唾液を口の端から垂らしながら。
その運きにあわせて舞のポニーテールが揺れ、祐一の太ももをくすぐる。
祐一が堪らず舞の頭をなでると、舞はうっとりと目を細める。
「う…舞…もういいぞ…。」
 祐一はもう出そうになり、慌てて舞に言う。流石に舞の口に自分の精液を
出す気にはなれなかった…それは十分に魅力的なことではあったが。
「……はぁっ。」
 舞の口から離れた祐一のモノは舞の唾液に塗れ、舞は自分がしたことが急に
恥ずかしくなって思わず目を背ける…それでも祐一に身体を摺り寄せながら。


760 :減るもんじゃ名無しさん:2000/10/27(金) 00:59
あゆ「みんなで旅行なんて、ボク楽しみだよ〜」
名雪「私、飛行機乗るの初めて〜」
あゆ「秋子さんは?」
秋子「若い頃に、一度だけね。」
祐一「てことはやっぱ、俺が一番乗り慣れてる訳か・・って
   あゆ!!なんでお前までいるんだぁっ!」
あゆ「うぐぅ、乗る前にも同じ事言ったぁ。」
名雪「祐一が悪い。」
秋子「賑やかな方が楽しいですから。」
祐一「はぁ〜、まったくもう・・(ガックン!プシュー!)」
あゆ「わわわっ、な、な、何?」
祐一「秋子さん!この飛行機墜落してますよっ!」
秋子「大丈夫よ。」
祐一「こ、これの一体どこが・・・」
秋子「上昇。」
あゆ「(グイィーン!)わわわ!本当に1秒で上昇した!」
祐一「おいおい・・」

なんとか無事に飛行機は空港に着いた。しかしその晩から
秋子さんは体調を崩し、ホテルのベッドで横になったきりだ。
「ボク達を助ける為に、力を使い果たしたんだよ。」
全てを悟っているような寂しい眼をして、あゆがそう言う。
否定しようにも現に皆はこうして無事な訳だし、
肝心の名雪からして半信半疑なのだから、
俺なんかがあれこれ詮索しても始まらないだろう。
「秋子さんの分まで、楽しまないとな。」
そんな訳で、今日も秋子さんの看病はあゆに任せっ放しで
隣の部屋で夜明けまで、名雪の体にパイルダー・オン!

761 :名無しさんだよもん:2000/10/27(金) 01:02
長すぎ・・スマぬ。

762 :名無しさんだよもん:2000/10/27(金) 01:02
>>760
元ネタが分からん……

763 :名無しさんだよもん:2000/10/27(金) 01:03
「上昇(1秒)」がキモだね(w
会話文で終わらせておけばキリが良くてもっと面白かった。

764 :名無しさんだよもん:2000/10/27(金) 01:03
>758
いいとこ突いてくるね。なんかホンワカ。

>759
完全なSSにしてから、SS板or舞板にアプしてはどうか?
今までの流れが萌えるだけに、ちぎれちぎれでは折角の「萌え」が
半減してしまって、非常に勿体無いと思う。…のは、漏れだけ?

765 :名無しさんだよもん:2000/10/27(金) 01:10
>>758
少し大人になった澪って感じだな。
エンド後の話しなのか?


766 :名無しさんだよもん:2000/10/27(金) 01:19
つーか、精神薄弱児&障害者の澪は萌えません(ゲラ

767 :名無しさん@だよ:2000/10/27(金) 01:26
エンド後の澪の話なら、いくつかネタはストックしてあるけど、たとえばこんなの。

いつもスケッチブックだけで会話するのもなんなので、二人だけにわかる簡単な手話を
決めることにしてみた澪と浩平。
「おなか減ったときは?」
 お腹を両手でおさえて、はぅー、という顔をする澪。
「トイレに行きたいときは?」
 両手を胸の前で合わせて、もじもじする澪。
「…んー、なんか手話というよりはジェスチャーみたいだな」
「…(はぅー)」
 澪はちょっとがっかりして肩を落とし、それからしばらく考えて、スケッチブックに
ペンを走らせた。
『ひとつ、考えてみたの。当てて欲しいの』
「お、なんだ?」
 浩平がそういうと、澪はスケッチブックを置いて、まぶたを閉じ、背伸びをした。
 そして、小さなその指で、自分の唇を二度、ちょんちょん、と触る。
「…」
 触れてきた浩平の唇の感触に、澪ははにかみと嬉しさを同居させた笑みをこぼすと、
まぶたを閉じたまま、浩平の背中に手を回し、そしてしがみつくように抱きついた。

 なんてのはどうだろう。ちょっとベタ?

768 :名無しさんだよもん:2000/10/27(金) 01:32
「北川君、体育倉庫なんかに呼び出して、なんのようなの」
北川は振り向かず、私に背を向けたまま言った。
「美坂・・・いや、香里」
北川は、私の名前を呼んできた。
「この写真を見てほしいな。」
私の足元に写真が投げ出される。
「なんの写真。」
「見ればわかるさ、見ればな。」
「北川、あんた。」
「おっと、写真を見てからにしようぜ・・・話しはそれからだ。」
「・・・。」
私は、写真に目を移した。
そこに写っているのは栞の裸だった。
「これは・・・あんた、どうやって。」
「企業秘密だ。」
にやりと笑いながら北川は言った。
「・・・この写真を見せて、どうするつもり」
「さて、どうしようかな。」
言いながら、北川は私の体に視線を移した。
「・・・Hなことでもするのかしらね、体育倉庫だし。」
「さすがは美坂・・・香里だな。」
「わざわざ言いなおさないでよ。」
「ま、写真をまかれたくなかったら言うこときけよ、栞ちゃんのお姉さん。」
そう言いながら、北川は私の制服を脱がし始めた。

769 :760:2000/10/27(金) 01:33
「上昇。」で落とすのは気が引けたんで
シリアスから下ネタ、アニメネタまで突っ込んじゃったけど、
見返すと流石にくどすぎた。うにゅぅ。

770 :名無しさんだよもん:2000/10/27(金) 01:45
>>759
おお、激萌え。
舞のキャラがきっちりつかめてますね。
恥ずかしがりながらも積極的な舞がいい感じです〜

771 :名無しさんだよもん:2000/10/27(金) 01:55
>>768
つづきはどーした

772 :名無しさんだよもん:2000/10/27(金) 02:27
>>768
香里は妹思いの良いおねえさんね。


773 :名無しさんだよもん:2000/10/27(金) 02:43
北川にはダークが似合う(かも)。

774 :名無しさんなの:2000/10/27(金) 03:34
雪に滑って転んでしまい、
思わず「キャッ!」っと、
らしくない声を上げてしまうみしおたん!!

実はゴキブリが大の苦手で、
わたわたと取り乱しつつ祐一の背に隠れ、
涙目になってしまうみしおたん!!

密かにおばあちゃんっ子で、
休日はいつもおばあちゃんの肩を
たたいてあげるみしおたん!!

無理矢理カラオケに連れて行かれ、
しぶしぶ「ドラえもん」の歌を
歌うみしおたん!!

パラレルパラレルみしおたん!!
不思議の国のみしおたん!!

みしおたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) みしおた〜ん…

775 :名無しさんだよもん:2000/10/27(金) 03:44
(^Д^)ギャハ!
30過ぎたオヤジが何ムキになってんだ?
そんなことだからいまだに無職でおんなにも縁がないんだぞ(^^;ワラ
ここじゃみんな頭がおかしいフリしてるだけで
おまえみたいに本当におかしいヤツはいないんだ(^^;ワラ
わかるか?わかったらっさっさと死ねや ボケ♪


776 :名無しさんだよもん:2000/10/27(金) 03:46
(^Д^)ギャハ!↑みなさん、この人のレスどう思いますか♪
なんてありきたりなんでしょうね♪
誰もが皆、一瞬つけてみたくなる発想のレスです(^^;ワラ
しかし、賢明な人はそのみずからの短絡的思考を野放しにすることを嫌がり、こういうレスは控えます♪
しかし、この人はしてしまったのです♪
「誰もが思い付くような事」を堂々と(^^;ワラ
この人にとってこのレスはなんなのでしょうか♪
このレスをしているあいだにも時間は刻々と 過ぎ去っているのです♪
まさにこの人のした事は「無意味」「無駄」でしかありません♪
ああ・・・なんていうことでしょう(^^;ワラ

777 :減るもんじゃ名無しさん:2000/10/27(金) 05:29
秋子「栞ちゃん。祐一さんに変な事されそうになったら
   悲鳴をあげて下さいね。」
栞 「は、はい。わかりました・・」
祐一「大丈夫ですよ。今まで名雪が悲鳴をあげた事ありました?」
秋子「そういえばそうね。御免なさいね、おかしな事言って。」

そういって秋子さんは、頬に手を当てたいつもの格好で
台所に戻って行った。秋子さんは勘違いをしている・・・

祐一「先に二階に上がってろよ。栞・・・」

778 :またちょっと書きなおし。:2000/10/27(金) 05:50
 舞の口から離れた祐一のモノは舞の唾液に塗れ、舞は自分がしたことが急に
恥ずかしくなり思わず目を背ける…それでも身体だけは祐一に摺り寄せながら。
 祐一は舞をベッドに押し倒すと、確認するように舞にたずねる。
「舞…もう入れるぞ。いいな?」
「…はちみつくまさん。でも…」
「…何だ?」
 舞は祐一から顔を背けると、蚊の鳴くような声でつぶやく。
「…くして。」
 祐一は舞の声が聞き取れなくて、舞に尋ねてしまう。
「どうしたんだ、舞?はっきり言ってくれ。」
 舞は顔を赤くしながら、さっきよりは幾分大きな声で囁く。
「……やさしくして。」
「……………。」
 祐一は舞の意外な言葉にあっけにとられてしまう。舞はそんな祐一を見て、
たちまち涙を浮かべる。
「ぐすっ、…今は…あの時とは…違う…。私は…傷つくために…祐一に…
抱かれるんじゃないから…。」
 舞の言葉に祐一は自分の言動を後悔した…そんな事は解っていなければ
いけなかったのに。そして舞を泣かせてしまった事も。祐一は舞の涙を舌で
舐めとるとやさしく舞に囁く。
「わかった。やさしくする…出来るだけな。」
 舞はただ頷くことでそれに答え、祐一は舞の膣口に自分のモノを押し当てる。
「舞…行くぞ…。」
 そして腰を突き出すと、祐一のモノは舞の中に埋まってゆく。襞を掻き分け
きつい締め付けを感じながら。
「…っう…祐一…。」
「舞…なんだ?」
「んっ…私…嬉しい…。」

>>764 すみません。ちょっと長文書く気力が無くて。そのうちまとめます。

779 :名無しさんだよもん:2000/10/27(金) 07:00
茜「…詩子やっと二人きりになれましたね」
詩子「茜? 目つきがあやしいよ…」
茜「詩子も、本当は嬉しいですよね?」
詩子「い…嫌じゃないわよ」
茜「…愛してます、詩子」
詩子「あ…あかねぇ!」

780 :名無しさんだよもん:2000/10/27(金) 07:09
茜「詩子、私ワッフルが食べたいです」
詩子「うん、奢ってあげる」
茜「あとケーキも欲しいです」
詩子「い、一緒に買ってあげるよ…」
茜「大好きです」
詩子(…何か間違ってる)

781 :名無しさんだよもん:2000/10/27(金) 08:05
>778
え〜感じですわ。続きも楽しみにしとります。

782 :なゆあゆ:2000/10/27(金) 09:18
>>781
鳥の雛ヨロシク口開けて待ってないで
テメーもなんかかけや(藁

783 :名無しさんだよもん:2000/10/27(金) 09:56
>>782
ムチャ言うな。
皆が皆いいもの書ける訳じゃないんだから。
他の人だってヘタレなSS見せられてさむい思いしたくないでしょ。

784 :名無しさんだよもん:2000/10/27(金) 12:05
しかし、あんまり続き続き言われると
プレッシャーがかかるわな。

面白いです〜だけでいいやん。

785 :764:2000/10/27(金) 13:02
>784
御意!

>774
面白いです〜
コンシーバブルなみっしーをエピカルに表現するのがとってもうまいと思います〜

>778
面白いです〜
「書きたくなったら、好きなときに書く」で、いいと思います〜
実際、そうしておられると思いますけど〜

786 :名無しさんもんだよ@はふん:2000/10/27(金) 17:57
〜 difficult-to-awake 〜

夏の朝。
いつものところへ。
目覚まし止める。
カーテン開ける。
窓もあける。
蝉の声。

起きない。
タオルケットめくる。
デカシャツと下着。
その間。
おへそ。
夜見たのと同じ。
思い出す。
またそんな気になる。

近づく。
頬に口づける。
吸ってみる。
『うー、タコだおー』

何の夢。

787 :786:2000/10/27(金) 17:59
まだ起きない。
仕方が無い。
手をシャツの中。
顔もシャツの中。
てのひらに突起。
舌先にも突起。
もみもみ。
ぺろぺろ。
もみもみ。
ぺろぺろ。

起きてる。
たぶん。
あそこ。
ぬるぬる。
パンツ脱ぐ。
パンツ脱がす。
脚をひらける。
そのとき。
後ろから声。


『了承』


視線の先。
止め忘れた目覚まし。

788 :名無しさんだよもん:2000/10/27(金) 23:40
「みゅー」
バキィ
「・・・お、おい七瀬」
「あ・・・・・・か、体が勝手に動いたのよ。」
「勝手にじゃねー、いくらなんでも拳はやりすぎだ」
「う・・・」
「勝手に体が動いたっていっても途中でとめ」
「浩平・・・」
「なんだよ、長森」
「繭ちゃん息してないよ」
「・・・・・・」
「・・・・・・」

789 :減るもんじゃ名無しさん:2000/10/28(土) 00:01
秋子「祐一さん。そんなに・・見たいですか?」
祐一「お、俺は・・」
秋子「ふふふ。でもね・・祐一さん。」

秋子さんがいつもと違う、妖しげな微笑みを浮かべて言う。

秋子「いちげんさんは、お断りですよ・・」

そして薄水色のバスタオルが、はらりと床に落ちた・・・

790 :名無しさんだよもん:2000/10/28(土) 00:07
>いちげんさんは、お断りですよ・・
いまいち意味が分からないままだが激萌え(w

つーか、にゃもの猥談は何を話したんだろう?
神楽が横を向いていたが……

791 :名無しさんだよもん:2000/10/28(土) 00:34
良く頑固な丼屋とか寿司屋とかで
「ここ有名みたいだし、話のタネに一度食べて見よう」
的な客を排除するために
「いちげんさんお断り」と張り紙してる所があるね

792 :名無しさんなの:2000/10/28(土) 01:19
1階席から2階席まで、
今にも会場あふれんばかりの人の山。
全ての歓声が、ステージに立つひとりの少女へと降り注ぐ。
 「みっしー!!」「ミッシー!」「みしおた〜ん!!!!」
ステージの上に立つ少女。
ショートボブの癖っ毛がチャームポイント。
『みなさん、今日は私のためにどうもありがとうございました!』
 「ウォー!!」「ミッシィー!!!!」
 ミッシー! パパパン!! ミッシー! パパパン!!
 エル・オー・ブイ・イー、ラブリー、ミッシィー!!!!
『今日、私に勇気を分けてくれたみなさんのために歌います』
『…風の辿り着く場所!』
 テ〜ンテ〜ンテ〜ン…♪ テ〜ンテ〜ンテ〜ン…♪

「…〜い、おーい、天野〜!」
「…! 相沢さん…」
「もう昼休み終わるぞ。そろそろ戻らないと」
「えっ!? あっ…」
「それにしても、昼飯食った後にベンチに座ったまま
 寝ちまうなんて、天野もなかなか可愛らしいとこあるな」
「…私、いつのまに…」
「なんだかすごくにこやかな寝顔だったぞ。
 なんか良い夢でも見てたのか?」
「…相沢さん、ずっと私の寝顔見て…」
「だって、眠ってる天野を置いて一人だけ
 校舎に戻るわけにもいかないしな」

カァ〜っと顔を真っ赤にするみしおたん。


みしおたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) みしおた〜ん…

793 :>792:2000/10/28(土) 01:28
…継続は力なりって言うけど、毎日ようこんだけネタを
ひねり出せるもんやとワシ感心するわ。あんた、漢やね。

794 :名無しさんだよもん:2000/10/28(土) 01:35
七瀬にはかなわないがな。

795 :名無しさんだよもん:2000/10/28(土) 02:11
>792
・・・ニヤニヤして読んだ

796 :名無しさんだよもん:2000/10/28(土) 03:03
なんでみんな767に反応しないんだ??
激萌えなのに・・・・

797 :名無しさんだよもん:2000/10/28(土) 03:05
>796
書いた本人?(ゲラ


798 :名無しさんだよもん:2000/10/28(土) 03:10
>797
スマソ、俺は本人じゃないが檄萌えた。
このスレに書き込んでないだけだ…

799 :名無しさんだよもん:2000/10/28(土) 03:22
ぐーぐー……ん?
……なんかアソコの辺りが冷たいな。
ガバッ!
祐一「な、なんじゃこりゃぁ!」
俺の息子を中心に生クリームで盛り付けられている。
名雪「あ、祐一、おはよー」
祐一「おはよーじゃねーだろ。なんだよコレは!」
名雪「練習しようと思ったけど、そのままだと可愛くない姿だから」
なるほど……って納得してる場合じゃねー!
名雪「それじゃ、いただきます。一番上のイチゴさんから」
パクっ。……それはイチゴに見立てた俺のペ…・・。

昔読んだマンガのネタから……下らなくてスマヌ。


800 :秋子:2000/10/28(土) 03:23
・・・食べ物を粗末にするものじゃないわよ・・

801 :名無しさんだよもん:2000/10/28(土) 03:25
>796
激萌えだがちょっと俺には刺激が強い



802 :名無しさんだよもん:2000/10/28(土) 03:32
どうせなら親子丼で頼む。

803 :名無しさんだよもん:2000/10/28(土) 03:41
>>799
射精してコンデンスミルクなオチにするんじゃなかったのか?
いや、展開から言って。

804 :減るもんじゃ名無しさん:2000/10/28(土) 03:47
祐一「やっと昼休みか・・今日も四人で学食だな。」
名雪「ごはん〜、ごはんを炊こうよ〜」
祐一「みんな何がいい?俺、買って来てやるから・・」
名雪「お米、あるよ〜」
祐一「お前・・教室に米と炊飯器持ち込んでどうする気だ!」
名雪「しゃこしゃこしゃこ〜。ざざざ〜ん。」
北川「・・あいつ、米研いでるぞ。」
祐一「いいから放っとけ。」

研ぎ終わると名雪はいきなりスカートと下着をおろし、
コンセントをアソコに差し込んだ。
炊飯器「ぐつぐつぐつ・・・・」

北川「なるほど。」
香里「・・おかずがいるわね。」

805 :名無しさんだよもん:2000/10/28(土) 03:48
舞「むわーかせて!」

806 :名無しさんだよもん:2000/10/28(土) 04:08
栞「おかゆライスなんて食べさせる人、嫌いです。」

807 :名無しさんだよもん:2000/10/28(土) 04:09
祐 一「カレーフラッペは?」
 栞 「人類の敵です」

808 :名無しさんだよもん:2000/10/28(土) 04:12
>>804
ちょっと白痴気味の名雪萌え〜

809 :名無しさんだよもん:2000/10/28(土) 04:14
名雪「私はね、とうだいにいかなくちゃいけないんだよ」
…いかん、ラブひな化してしまう。

810 :名無しさんだよもん:2000/10/28(土) 04:17
>>804-807
爆笑!
やっぱりこの後、原因不明の体調不良におちいるのか?

811 :名無しさんだよもん:2000/10/28(土) 04:37
>>807
スマン、最初、カレーフラッペの意味が分からなかった。
ワラタぞ。


812 :名無しさんだよもん:2000/10/28(土) 05:48
いいなあ、Rネタ(笑)。

813 :名無しさん@だよ:2000/10/29(日) 01:42
>796
ちょっと忙しくて久しぶりに見たら反応あって嬉しかったなりよ。サンクス。
今は茜と先輩のシリアス話書いてるので、機会があったらどっかで出るから
探し出せたら読んでくださいな(苦笑)
ちなみに、萌えとかそんな内容ではないです。まだ、冒頭だけしか書けてないけど。
では、ネタがないのもなんなので。

実は、ポッキーを唇にくわえ、両端から食べあって最後にはキスをしてしまう、
というベタな展開のドラマを子供の頃に見ていて、それにひそかに憧れているみさき先輩。

814 :減るもんじゃ名無しさん:2000/10/29(日) 02:36
栞 「とうとう会えたね、お姉ちゃん・・」
北川「あんな妹がいること、どうして今まで黙ってたんだ?」
祐一「わ、忘れてるだけかも知れないだろ?」
香里「あなた・・誰?」
栞 「そんな・・お姉ちゃん、忘れちゃったの?
   一歳年下の、・・あなたの妹です。」
北川「忘れてるとかいうレベルの問題じゃない!
   それじゃ全然姉妹じゃないか!」
香里「・・こめんなさい。覚えていないわ・・
   あの部屋にはもう何年も入っていないものだから・・」
北川「(か・・家族の会話になってない・・)」
栞 「・・たとえ覚えていてくれなくても、
   お姉ちゃんはやっぱり私のお姉ちゃんだよ・・」
香里「それは・・・そうかもね。」
栞 「この日が来るの、何年も待ったよ・・」
香里「・・それは光栄ね。」
北川「だから一歳年下の妹だって・・・」
祐一「いいから!!」

815 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 02:40
786@`787に萌えた。

816 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 02:41
栞「お姐様。あなたは墜落しました」

817 :名雪:2000/10/29(日) 02:51
祐一〜堕落はダメだよ〜。
まぬけは仕方ないけど〜堕落だけはダメだよ〜

818 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 02:57
美坂姉妹は西園寺姉妹の方が合ってないかぁ

819 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 03:00
Rはあゆ。この訴えは二度としないつもりです

820 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 03:03
あゆは小夜子だろうと思ってしまうことに、意味はありません。

821 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 03:12
瀬能小夜子か!?
と思って激萌えしたぞ。
おのれ、高野山。

822 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 03:13
6番目の小夜子

823 :減るもんじゃ名無しさん:2000/10/29(日) 03:30
あゆ「だってボク、高校2年生もん。」
祐一「なにぃ!そうなのか!?よし決まった!
   あゆ、お前は今日から俺達「剣術部」の部長だ!」
あゆ「ほえ?」
舞 「・・幽霊の部長なんて聞いたこともない。」
祐一「いや、少なくとも生徒会の意表は突けるぞ。」
舞 「・・・突いてどうする。」
あゆ「ボクやるよ!他に人材がいないんでしょ?」
祐一「お前、部長の仕事ってわかってるか?」
あゆ「お金たくさんぶんどって来ればいいんだね?」
祐一「聞いたか!今の言葉!なんて頼もしいんだ!」
あゆ「そしたら、たい焼いっぱい買えるしね!」
舞 「・・牛丼のほうがいい。」
祐一「お前らなぁ・・・(涙)」

>>820
こんなんでどうでしょ・・(^^;?

824 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 03:34
>823
良くも悪くもノリだけ。


825 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 03:35
>824
君はあ〜るに感動大作を求めているのか?

826 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 03:37
>825
ゆうきまさみはキャラの描き分けだけは日本有数の漫画家だな。

827 :820:2000/10/29(日) 03:38
>823
ありがとうです。
いやー、懐かしい。

828 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 03:40
年寄りばっかり……ネタが全然分からん。

829 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 03:44
>>828
無礼な!
春風猫丸君にあらされるぞ。

830 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 03:45
何気に二十代後半〜三十代前半が多いからなあ、この板。

831 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 03:47
>830
挙げ句その世代て濃いヤツはホント電波くんだしな(w
いい年して何やってんだか。
……つーか、お前ら社会的には日本をしょって立つ世代だろうに。

832 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 03:49
>831
うるさい!同じ板の住人に言われたくないわい!!(泪)

833 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 03:49
電波は日本の誇る最大の文化です。

834 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 03:50
831はリタイアドなオトシですか?

835 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 04:02
20前半だけどRネタわかるぞ。

836 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 04:07
…じゃ、君も数年後には同じ立場デス。

837 :名無しさんなの:2000/10/29(日) 04:15
祐一との待ち合わせに遅れまいと電車にかけこみ乗車したところ
スカートがドアに挟まれてしまい、
車内の注目を集めておどおどと戸惑うみしおたん。
普段は何事にも落ち着いているが、
さすがにこの状況では動揺を隠しきれないみしおたん。

そもそも祐一からのデートの誘いを
「…別に構いませんよ…。その日は特に何も用事がありませんので…」
とクールに受け流したものの、実は初デート。
いざ前日になってみるとドキドキしてなかなか寝つけない。
そして結局、朝ちょっとだけ寝過ごしてしまったみしおたん。

みしおたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) みしおた〜ん…


みしおたんにコピー本の原稿手伝ってもらいたいー!

838 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 04:16
>837
おお、ハアハア君はみしおたん萌えに乗り換えたのか8w

839 :名無しさんなの:2000/10/29(日) 04:16
…ちなみに私も20代頭だがRネタわかりやす。

840 :名無しさんなの:2000/10/29(日) 04:19
…ちなみに私はハアハア君ではありません(w

841 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 04:40
おお〜い
さくら板に「さくらちゃん家に来たマルチ」という
設定のパロディ小説があるぞー

842 :786:2000/10/29(日) 04:46
837さんに捧ぐ…

彼が原稿書くのを横でそっと見守るみしおたん。
時折、あくびをかみころして涙目になるみしおたん。
出来あがった原稿をそっと手に取り、
黙って7-11にコピりに行ってくれるみしおたん。
でも、やっぱり深夜おそくなると机に突っ伏して、すぅすぅと
寝息を立ててしまうみしおたん。
そして、さりげなく毛布を掛ける彼に「ありがと…ちょっとだけゴメン」
と申し訳なさそうに言って仮眠をとるみしおたん。

みしおたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) みしおた〜ん…

843 :823:2000/10/29(日) 04:49
ちょち自粛しよかな・・・

844 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 04:55
>843
Kanon+あ〜るが料理しにくいだけだと思うよ…
ふぁいとっ、だよ!

845 :>843:2000/10/29(日) 05:13
文才のない私は専らROMですけど、
このスレはあなたがたのようなネタ職人によって支えられています。
だから、そんなさみしいことを言わないで…

846 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 05:15
843様、あなたは堕落しました。

847 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 05:21
栞「川澄先輩は何と戦ってるんですか?」
祐一「この学校に住む魔物だ!」
名雪「…だぉー?」

848 :減るもんじゃ名無しさん:2000/10/29(日) 05:30
栞 「あの・・相沢さん、いらっしゃいますか?」
北川「お前、1年生に手を出してたのか!?」
祐一「おう、葉っぱのぱんつだったぞ。」
北川「この幸福者〜!!(すぱーん!!)」

・・あっという間に立ち直ったりして(^^;

849 :名無しさんなの:2000/10/29(日) 05:44
>>842
ありがと(笑)
そんなみしおたん欲しい〜!!!!

今からコンビニ逝ってそのまま直行のギャフン!

850 :847:2000/10/29(日) 06:00
諦めよう、848…
「俺達は振られたんだ」

851 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 06:04
釣られたんだよ。
葉っぱのぱんつはワロタよ

852 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 07:59
 祐一はそっと舞の髪をなで、囁く。
「ああ…俺もだ…舞…。」
 あの夜は互いに傷つけ合うものでしかなかった行為。舞は自分を許せなくて。
祐一はただ舞を傷つけただけで。でも、今は違う。祐一は舞にキスをする。
「動くぞ…舞。」
「…(こくり)。」
 舞は無言で頷くと、祐一の首の後ろに手を回し、抱き寄せる。祐一がゆっくりと
腰を動かし始めると、舞は少し顔をしかめて目をつぶる…声を出してしまったら
それは苦痛を訴えるものになってしまうから。祐一も舞の痛みを少しでも
和らげようと、ひたすらゆっくり腰を動かす。しかし舞は祐一にキスをすると言う。
「祐一…私のことは気にしないで。」
 祐一は舞の健気さだと思う。祐一はなるべく優しくしようとするが、まだ一度しか
男性のものを受け入れていない舞のモノはきつく祐一のモノを締め付ける。
それでも祐一が少しでも舞の痛みを和らげようと、キスをし乳首を攻める。
 祐一の努力が報われたのか、やがて少しは楽に動けるようになってゆく。
それにつれて舞の顔に浮かぶ苦痛の色も徐々に薄らいでゆく。
「舞…ちょっとは感じてきたか?」
「……そんな事聞かないで。」
 舞は恥ずかしそうに答える。それでも、今は痛みは少なくなっていた。そんな口が聞けるほどに。
祐一が徐々に動きを激しくしていくと、舞の表情も次第に艶のあるものになってくる。


853 :>852:2000/10/29(日) 09:15
続き希望。

854 :名無しさんだよもん:2000/10/29(日) 23:43
「舞、バックは好きか?」
「すごく嫌いじゃない」

855 :日本酒:2000/10/30(月) 00:35
>>852
単語の選択はいいけど、文章に色がないのが残念です。
「祐一は……」という書き方が多いけど、これは描写を祐一の視点に
固定すれば避けられます。
あと、文末がちょっと単調になりがちです。
続きに期待します。

856 :減るもんじゃ名無しさん:2000/10/30(月) 01:02
栞 「はい。お姉ちゃんのマネをします。(キッ)
   ・・いいこと?栞。あんなくされた男とつき合ってると
   あんたの頭までくさってしまうわよ。(くるり)いいわね!
   ・・・以上です。」
祐一「・・香里のいいそうなことだ。」
北川「うーむ。なんて辛辣な芸だ!」
舞&佐祐理「・・・・・・。」

(彼女らは香里を知らんので何が面白いのかわからんのだ)

祐一「もっと上級生にわかる芸はなかったのか?」
栞 「でもでも・・・あとは般若心経とか・・」
祐一「そーだ、あゆ!幽体離脱の大技をみせてやれ!」
あゆ「あんなのホイホイ人にみせるものじゃないよ!」
祐一「もと幽霊のクセに大きな口をきくやつだ。」
北川「まあまあまあ、相沢君。ここは俺の新作芸をみて
   心をなごませてくれよ。
   ・・・オマエモナーの目。」
祐一「一般層にわからんようなことをするなー!」
佐祐理「・・・あの〜いいですか〜?(かきかき)
    モナーの目はもっと顔の中心によってるんですよ〜」
名雪「わぁ〜。2ちゃんねらーだぁ!!」

(モナーネタは、漫画板のRスレから流用しました(謝)

857 :名無しさんだよもん:2000/10/30(月) 01:38
そうか、舞は上級生だったのか・・・。
そうだよな、佐祐理先輩の同級生だもんな。
そうか、舞は先輩だったのか・・・。
年上も悪くないな・・・ニヤリ

858 :名無しさんだよもん:2000/10/30(月) 02:41
>>856
全然違和感ねえのがすげぇな…

859 :名無しさんなの:2000/10/30(月) 02:50
幼い頃はだよもん口調だったみしおたん。
幼い頃は自分のことを「みしお」と呼んでいたみしおたん。

「おかあさんおかあさん、みしおね、かけざんできるようになったんだよ」

みしおたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) みしおた〜ん…

860 :名無しさんなの:2000/10/30(月) 02:55
>>858
同感。
なんかひさびさにあ〜る読みたくなってきたよ(w

861 :名無しさんもんだよ@はふん:2000/10/30(月) 04:11
祐一 「3Pは?」
舞  「…相当に嫌いじゃない」
祐一 「おしりも?」
舞  「………は、はちみつくまさん」
祐一 「わかった。佐祐理さん、出番です」
佐祐理「あははーっ、レッツトライですーっ」(←既に装着済)

862 :名無しさんだよもん:2000/10/30(月) 07:08
「…舞…舞…。」
 次第に祐一の余裕は無くなってゆく。腰を引くと、まるで逃すまいとするかの様に舞の膣はうねる。
その時にカリ首と襞が擦れあう感触が祐一には堪らない。逆に打ち込むときには、祐一の
進入を拒むようにきつく締まり、やがて受け入れた後は祐一のモノを全体で締め付ける。
これは経験のほとんど無い祐一にはとても耐えられない。また、舞も薄らいだ痛みの中に、
身体の奥から湧き上がる熱い何かを感じている。二人の汗が肌寒い寝室に飛び散り、二人の
体液が混じりあいシーツを濡らす。祐一は限界を迎え目の前が白くなり、もう腰を動かすこと
しか考えられなくなる。舞もすがるように祐一にしがみつき、祐一を身体の全てで感じようとする。
「くっ…舞…舞…ううっっ!」
「…祐一…んっ。」
 舞の一番奥で祐一は達し、全てを出し尽くすまで射精し続ける。舞もうつろな意識の中で
自分の身体の一番奥に、祐一の精液がたたきつけられるのを感じていた。
 やがて意識がはっきりしてくると、二人はどちらからとも無く顔を寄せ合いキスをする。
そして祐一の腕に抱かれた舞は、祐一を見つめ囁く。
「…祐一…好き…誰よりも…そして…いつまでも。」
「ああ…俺もだ、舞。」
 舞は目を閉じるとやがて寝息を立て始め、そして舞に腕枕をしたまま祐一も眠りにつく。
きっと翌朝は二人にとって特別なものとなる。それが例えいつもの舞の言葉で始まったとしても。
「祐一…朝。早く起きて。」

>>855 うーん、単調なのは解ってるんですけど…中々…あと、文章が3人称なのは
    もとの文にあわせたからなんです。言い訳だな、すみません。

863 :日本酒:2000/10/30(月) 10:07
>>862
ちょっとよくなったかも。
関係代名詞の採用をお勧めします。

そういや、エロ小説で精液の処理までやってるのは見たことないな……。
いや、数冊しか読んだことないからあるのかもしれないが。
中田氏したあとは、ちゃんとキレイにしないとダメですよん。
後で気持ち悪くなるかも(笑)

864 :名無しさん:2000/10/30(月) 13:54
>日本酒
っていうか何様だ、お前は

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/10/30(月) 14:58
>>864
だよねー。
ここまで偉そうに指図するんだったら
それなりのモノを見せて貰わないと…。

とりあえず短いのでいいからSS書き込んでよ。

866 :地雷マニア:2000/10/30(月) 15:10
部活で疲れた体を癒やそうと風呂に入ったはいいが
そのまま湯船で眠ってしまい、のぼせて頭ボーっとしてる名雪萌え〜

既出だったらスマヌ…


867 :その後が気になるので:2000/10/30(月) 16:25
age

868 :名無しさん@そうだ謙虚に行こう!:2000/10/30(月) 17:01
>863
とりあえず、お前逝っとけ
単語の選択が良くて、文章に色があって、文末が単調でなくて、関係代名詞を採用した萌えるモンを書いたなら謝るがな
ついでに、仲出汁のあとの処理の描写も忘れずに(笑
そこまで人の文章について偉そうに語ってるんだから、「書く専門じゃなくて読む専門だから・・・」ってのはナシな



869 :名無しさん || die:2000/10/30(月) 17:03
>>864-865
日本酒氏のように具体的に指摘した方が、
単に萌えだとかへたれだとか言ってるよりかはるかに
書き手のためになると思うんだが。
ということで、名雪/シリアス/ネタ落ちなSS読みたいです(w>日本酒氏


870 :名無しさんだよもん:2000/10/30(月) 17:06
864@`865@`868の自作自演煽り萎え

871 :名無しさんだよもん:2000/10/30(月) 17:27
>869
俺も具体的な指摘はいいと思うんだが、日本酒氏の場合、言い方が悪いのかと
855の文にしても、「アンタはどこぞの審査員か?」と言いたくなるような文だし
それに、前にみんなを萌えさせるようなモンでも書いてるならともかく、いきなり出てきていきなり批評だからねぇ・・・
コテハンは叩かれる傾向にあるし、名無しだったらこんなに言われなかったかもね(笑

>870
IP馬鹿

872 :名無しさんだよもん:2000/10/30(月) 17:38
869を取り込もうと突然しおらしくなる871萌え(´д`;;)

873 :名無しさん || die:2000/10/30(月) 17:45
>>871
「横から好き勝手いいやがって、そこまで言うなら手前が書け!」
とキレるべきは被批評者であって、外野じゃないと思うのだがどうよ?
とはいえ批評するなら批評専門のスレッドでやるべきだね。
間に批評が入ると話の腰を折られたり、スレッドの雰囲気を変えられてしまう。
それにこのスレッドを、SSといえるほど文章として体裁は整ってないが、
萌えは十二分に詰まってるぜ的短文を気軽に書き込む場所、
という観点でみれば批評は余計なお世話かも知れない。


874 :きーちる:2000/10/30(月) 17:46
>866

夕方、キッチンで夕飯の仕度をする秋子さんと、居間でくつろぐ祐一。
秋子「あら、名雪遅いわねぇ。」
名雪が風呂に入ったまま、出てこないとこに気づく秋子さん。
秋子「すいません、祐一さん。ちょっと名雪、見てきてくれません?」
祐一「あ、はい。わかりました。」
風呂の扉越しに、名雪に話しかける祐一。
祐一「おーい。名雪ー。そろそろ出ろよー。」
・・・・・・
祐一「おーい。名雪ー。どーかしたかー?」
・・・・・・・・・・・・・
祐一「おい!名雪!! どーかしたか? おい! 開けるぞ!!」
ガラ!っと扉を開けた祐一の目には、湯船に肩まで浸かりのぼせきっている名雪の姿が。
祐一「おい!名雪!大丈夫か?おい!しっかりしろ!名雪ー!!」
必死に肩を揺すって名雪を起こす祐一。
名雪「・・・う・・・う〜ん・・・」
祐一「大丈夫か?名雪?わかるか?」
名雪「・・・あ・・あれ・・?・・ゆう・・い・ち・・・?どうしたの・・・?」
祐一「どうしたもなにも、風呂でのぼせていたんだぞ!」
名雪「あ・・ありがとう・・・もう、大丈夫だよ・・・。」
祐一「ふぅ〜。心配させやがって。一時はどうなるかと・・・」
と不意に自分の目の前に、名雪のたわわなおっぱいが湯船に揺られてゆっさゆっさしている事に気づき止まる祐一。
名雪「どうしたの?祐一?・・・・あ」
気づく名雪。
きゃぁぁぁぁぁぁぁーーーーーー!!!!!!!!!!!
祐一「お、おちつけ!!名雪!!もとはと言えばおまえが・・・」
名雪「うーー!!!祐一のえっち!!!へんたい!!!でてくんだおー!!!!!」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
秋子「あらあら、二人とも元気ねぇ。」


866見て、妄想してしまった・・・。
こーゆーベタなの好きなんだよね〜。
ご飯3杯は、いけるかな?。


875 :名無しさんだよもん:2000/10/30(月) 18:03
ゆれてるおぱーいを妄想して三回半でいけました。

876 :地雷マニア:2000/10/30(月) 18:57
>>874
かなり萌えました。有り難う!

877 :減るもんじゃ名無しさん:2000/10/31(火) 01:09
(ガラガラガラガラ)
祐一 「じゃ、ちょっと失礼して・・(ざぶん)」
真琴 「・・・・・・。」
祐一 「・・・・・・・・(ぽっ)」
真琴 「きゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」
(ぱたぱたぱたぱた)
秋子 「ゆ、祐一さん・・・何をしてるの!?」
真琴 「まったく何考えてるのよ!女の子の入浴中なんだよ!」
秋子 「・・湯船には、体を洗ってから入るものでしょう?」
真琴 「(こ、ここまで論点がずれてるとは思わなかった・・)」
秋子 「ほら、ちゃんと洗ってあげますからね・・。」
祐一 「い、いいですよ秋子さ・・・くぅっ!!(ファイヤー!!)」
真琴 「きゃぁぁぁぁっーーー!!」
祐一 「あ、あの・・ショックで膨張してまして、それで・・」
秋子 「あらあら、このお馬鹿さんたら・・。」

>>874 自分も萌えました!!

878 :名無しさんなの:2000/10/31(火) 03:30
お風呂にて、体を洗うみしおたん。
泡に覆われたみしおたんの体。
泡の隙間から垣間見えるみしおたんの素肌。

腕をゴシゴシとやっている時に、
ふと自分の胸に目が止まる。

・・・・・・・・・。

無表情のまま、
なんとなく自分の胸を揉んでみるみしおたん。

“胸って、揉むと大きくなるっていいますよね!?”

さっき何気に眺めていたバラエティー番組で
女性タレントが言っていた言葉が脳裏に繰り返される。

もみっ、もみっ…、
2度3度、自分の胸を揉んだところで手をとめる。

・・・・・・・・・。

途端に顔をカァっと赤くし、再び体を洗い出すみしおたん。

「…私、何してるんだろ…」

みしおたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) みしおた〜ん…


>>874
お風呂ネタは良いですなぁ〜(w

879 :名無しさんだよもん:2000/10/31(火) 04:07
かのんのうえっぶどらまです遊んで逝こう!http://www12.freeweb.ne.jp/play/key_ayu/kanon_dorama.htm


あやしくないよだったらここ↓でしらべたら。
http://cgi.coara.or.jp/cgi-bin/cgiwrap/tkuri/BCC/bcc.cgi


880 :名無しさんだよもん:2000/10/31(火) 05:36
>879 なお怪しいわい

881 :きーちる:2000/10/31(火) 06:14
>>875-878
みなさん、どーもです。
ちょっとテレちゃってます。(^^;
もともと書こうと思って書けるタイプじゃないんで、連続でみしおたんネタ書ける
878さんのほうが凄いと思ってたです。
また、たまーーーに書くです。


882 :名無しさんだよもん:2000/10/31(火) 06:33
>879
後ろがブラクラという落ちかと思った。
どっちもマトモだな、スマソ。

883 :名無しさんだよもん:2000/10/31(火) 07:11
「ふっふっふっ、遠野、俺のシャボン玉テクを見るがいい。」
「にょわ〜、ちゃんと出来てる!国崎往人なのにっ!」
「まあ、俺が本気を出せばこんなものお茶の子さいさいだ。」
 ごそごそ…。
「…進呈…。」
「またお米券…なんでストローなんだ?」
「…秘密…です。」
「…まあ、有難くもらっておくぞ。では早速…。」
「うわー、シャボン玉きれい〜。」
「(…間接キス…成功です…。)」
「美凪、何で嬉しそうなのぉ?」
「…内緒…です。」

>>863 ちょっとですか…努力します。


884 :名無しさんだよもん:2000/10/31(火) 07:55
>883
がんばってちょ。
草葉の陰から応援しております。

885 :日本酒:2000/10/31(火) 09:46
>>864 >>865 >>868
>>869 >>871 >>873
ご忠告痛み入ります。
確かに以前の書き込みが偉そうなのはご指摘の通りであり、反論の余地はありません。
スレッドの流れを読まずに批評的行為に及んだことについても反省する所存でありま
す。この書き込みもまた流れに反したものではありますが、同スレ内での出来事であ
りますので、ご容赦頂きたく存じます。
批評する行為と、される方の関係については様々な議論がありますが、批評されるこ
とで作家性の育てられる環境が作られます。もしそれが不在であったとすれば、将来
的に良いSSの生まれる環境とは言えないでしょう。その有効性を信じて、今後も批
評活動は行っていくつもりです。不愉快がありましたら、その都度のご指摘をお願い
申し上げます。
みなさまのご期待している私自身の創作活動については、準備しているものの、未だ
形にならず、苦労している状態です。完成次第、SSスレッドに載せるつもりですの
で、いましばらくお待ち下さい。

886 :名無しさんだよもん:2000/10/31(火) 10:01
SSスレッドはもっと活発に意見述べ合っていいと思う。
あそこでならガンガンやっていいんじゃない?

887 :名無しさんだよもん:2000/10/31(火) 10:03
書き込まれた内容が萌え、もしくは萌えない事を言い合うスレッドだったのでは?
SSスレッドになりつつある。まぁ、いいんだけど。
ただ、ギスギスした雰囲気はんた〜い。

888 :名無しさん23号:2000/10/31(火) 10:15
いくつかみさき先輩を中心にしてONEで萌え話を書いてきたけど。
ここのスレの良さって「萌え」がテーマになってるところなんであって、
私はそれが好きでここに書き込んでた。だんだん短くまとめられるようになったし(笑)
「お、それいいねぇ」とか「激しく同意」とかもらえると嬉しいのは確か。
SSに関してはSSスレでやるとして、ここは「萌え」中心になること希望。
今書いているシリアスはそのうちSSスレのほうで動こうと思ってるし。
個人的には「みしおたん」系とか結構好きだしね。
負けずに「みさきたん」でも流行らせるか(無理!?

>886・887
同意。ギスギスは嫌い。

889 :名無しさん2@だよ:2000/10/31(火) 10:20
あ、「23号」は「@だよ」です。
別の板の名前で書き込んでしまった。

ちょっとそこまで逝ってきます。


890 :名無しさんだおー:2000/10/31(火) 15:52
ここは萌えなすれっどだおー。
萌え萌えで逝くおー。


891 :名無しさんだよもん:2000/10/31(火) 17:27
批評をしたい、されたいって人はSSスレ行ってくれ。
ここは気楽に萌えを楽しむ場だ。面倒は言いっこなし。

892 :名無しさんだよもん:2000/10/31(火) 22:46
萌えないSSに批評なんぞしても萎えるだけ。
ここに必要なモノは「萌え」のみ。ただそれだけがあればいい。


893 :ごめんなさい…スレ移るべきでした:2000/10/31(火) 23:08
――――――――――――――
このスレすさんできてるな〜
__  __ .r――――――――――――――――
    ∨   |スレの趣旨無視した作者のせいだろう
日 凸 U | ______
≡≡≡≡≡| /〃Λ_Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 U ∩ [] ∨% (゚ー゚*) < 間違い無く馬鹿ですね
__ ∧ ∧__∧_∧⊂ |_   \__________
  (   @`@`)日(    .)□
― /   | ― (     )―――
\(__.ノ    ━┳━)
 ━┳━   └ ┃―・゛
 ̄ ┻  ̄ ̄ ̄ ┻ ̄ ̄ ̄ ̄


894 :減るもんじゃ名無しさん:2000/11/01(水) 02:07
名雪 「祐一。先月分、清算して・・これが明細。」
祐一 「イチゴサンデー106個!?なんでこんなに・・」
名雪 「だって・・(おりおり)
お口で1個×28で、アソコで2個×18で、お尻で3個×・・」
祐一 「いちいち数えんでいい!ええい、こうしてやる!
    (ビリビリビリ)・・ふう、これでチャラだな。」
名雪 「祐一・・・それは写しだよ・・・
    原本は、お母さんが持ってる・・・。」
祐一 「な・・名雪・・?」
名雪 「でも封筒の中身は、お母さんも知らないよ。
    だから安心していいんだよ、ユウイチ・・・。」


895 :名無しさんだよもん:2000/11/01(水) 02:20
>894
まるで萌えねえ。

896 :名無しさんなの:2000/11/01(水) 02:34
みしおたんと一緒に下校!
みしおたんと一緒に寄り道!
みしおたんと一緒にゲーセン!
ゲームをやるのは実は生まれて初めてのみしおたん。
まずは手堅く、テトリスを2P対戦!
最初はできないできないと拒んでいたものの、
すっかり夢中になっているみしおたんの横顔。
そんな横顔に見とれていた俺の心は、
みしおたんという名のテトリス棒にすっかり侵食!

「…手加減なんてしないで真面目にやってください」
ムスッと珍しく感情的になるみしおたん。

みしおたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) みしおた〜ん…

897 :名無しさんだよもん:2000/11/01(水) 02:35
>896
激萌え。
つーか、文章に一コマ漫画つけてくれれば、
それで飯が30杯は食えます!

898 :名無しさんだよもん:2000/11/01(水) 02:38
>>895
>>897
なんだこのあからさまな待遇の差は(w
もうちょっと社交辞令ってやつを勉強するように(w

899 :名無しさんなの:2000/11/01(水) 02:39
このスレって、
自分的には一発ネタ以上SS未満みたいな位置付けだと思うのだが。
(よくわからん表現でスマヌ)

あと、人が書いたシチュエーションに対して
あんまり「萌えねえよ!」とかなんとか厳しく突っ込むのもどうかと。
書いた本人だって「それ萌える〜」みたいな反応が無ければ
「ああ、自分が書いたのは萌えないんだな」ってわかってるだろうし。
へこまずに「次はがんばって萌えシチュを書くぜ!」って思うだろうし。

900 :れぼけん:2000/11/01(水) 02:40
ハァハァくん、ほんと毎日すごいですね。
毎回楽しみにさせてもらってますよ。
文章をよんで、本当に美汐の表情とかがイメージできるし。
これからもがんばってくださいね。

901 :名無しさんだよもん:2000/11/01(水) 02:40
>898
俺も同じ意見だったが、貴公は如何?


902 :名無しさんなの:2000/11/01(水) 02:41
>>897
ありがと(w

903 :名無しさんだよもん:2000/11/01(水) 02:41
>899
素直に流せば良いのに。
そうやって反応するからどんどん泥沼になると言う事に気付け(w

904 :名無しさんなの:2000/11/01(水) 02:44
>>900
前にも言ったけど、
私はハァハァ君じゃないよ〜。

「ハァハァ(;´Д`) 」っての使わせていただいてるけど(w

905 :名無しさんなの:2000/11/01(水) 02:46
>>903
ゴメン…、ちと熱くなってしまった

906 :れぼけん:2000/11/01(水) 02:49
それは失礼しました。
でも文章はいい味だしてると思います。
これからも、がんばってくださいね。


907 :名無しさんだよもん:2000/11/01(水) 02:51
>>904
では、なんとお呼びすればよろしいのでしょうか?

908 :898だよもん:2000/11/01(水) 02:54
>>901
それでは、改めてコメントなどつけてみる。

>>894
実に萌えるシチュエーションなんだけど、後半ちょっとくどいか?
すべての行動が計算づくな名雪萌え〜
>>896
やべえ、萌えちまったよ。
しかし祐一、「みしおたんという名のテトリス棒」ってのはオヤジ臭いぞ…

909 :名無しさんだよもん:2000/11/01(水) 06:43
「往人くん、勝負だよぉ。」
「は?佳乃、何を言ってるんだ?」
「ほらほらぁ、初めて会った時、相撲で負けたでしょ。
改めて、リターンマッチを申し込むよぉ。」
「そんな腹の減ることやってられるか。却下だ、却下。」
「往人くん、これを見てもそんな事言えるかなぁ?」
 そう言うと、佳乃はバスローブを脱いだ。
「…全裸にふんどしだけとは…。」
「ふんどしじゃなくてま・わ・し!早く往人くんも服を脱いでよぉ。恥ずかしいんだから。」
 仕方ないので、往人も佳乃が用意したまわしを締めた。
「…やっぱり止める。これじゃとても…。」
「問答無用!はっけよーい、のこったのこった!」
「うわ、止めろ、佳乃。そこは…!」
 往人はあっさり佳乃に押し倒された。
「うわーい、あたしの勝ちだよぉ。やったね!」
「………(まあ、いいか。ちょっと気持ちよかったし。)」
「…いったい二人で何をやってるのやら。な、ポテト?」
「ぴこぴこー。」



910 :名無しさん@だよ:2000/11/01(水) 10:12
以前書いて反応があった茜と澪のお風呂ネタを進化改良。

浩平が一生のお願い、というので一緒にお風呂に入って背中を流すことにした澪。
でも恥ずかしいのでリボンは解かず、さらにはスクール水着着用。もじもじしながら、
浩平の背中をごしごしごしごし。
「ん? どうした?」
浩平の言葉に、澪は泡のついた指で、浩平の背中に文字を書いた。
『あ』『の』『ね』『せ』『な』『か』『お』『お』『き』『い』『の』
「…あそこ、すごくおおきいの?」
(ぽかぽかぽかっ)
「いてててっ」
分かっててボケる浩平と、顔を真っ赤にして講義する澪。

911 :名無しさんさんくど:2000/11/01(水) 15:01
もうちょっとで1000だから頑張れage

912 :名無しさんだよもん:2000/11/01(水) 15:19
1000行く前に移転だよ。

913 :倉田佐祐理:2000/11/01(水) 20:54
あははーっ、澪ちゃん意外と大胆なんですね〜♪

914 :名無しさんだよもん:2000/11/01(水) 21:35
ははははははあああああああああああ

915 :名無しさんだよもん:2000/11/01(水) 22:05
このスレずっと読んでたらだんだん美汐が好きになってきた(マジ)
萌えシチュエーション職人恐るべし!

次のスレッドでもよろしく頼むです。



916 :名無しさんだよもん:2000/11/01(水) 23:25
>915に同意。
陰気な少女の日常を情熱的に描いたらここまで魅力ある
キャラに成長してしまってる。萌えシチュ職人のテンポ
ある文章にわれわれ読者は知らず知らずひきこまえれて
いるんだなぁ・・・
あんた、伝道師として一流だよ・・・

917 :名無しさんだよもん:2000/11/01(水) 23:29
次は着眼点を変えてみない?
今度は葉鍵板の面々を詩子に萌えさせてやるかのう、とか…

918 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 00:00
>917
いや、狙ってやっても良いネタは出ないだろう。
自分の心の中から湧き出る感情の迸りこそ職人の原動力。
与えられたお題ではやる気もいまいちになるかもしれん。
というわけで、職人のみなさんは自分の気の向くままにがんがんやってくれ(笑)



919 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 00:01
学校の帰り道、お腹がくーと鳴るみしおたん。
途中のコンビニで肉まんを一つ買ってみる。

公園のベンチに座って
辺りに誰もいないことを確認してから
はぐはぐ、 ほふほふ。
美味しそうに肉まんを食べるみしおたん。

そんなみしおたんにバッタリみーちゅー。

俺の存在に気付いて、あわてて肉まんを袋に戻すみしおたん。

うつむいて少し涙目になりながら小さな声でつぶやく。

「…こんなお行儀の悪い子、嫌いですよね…」

みしおたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) みしおた〜ん…

920 :919:2000/11/02(木) 00:05
俺も書いてみたが名無しさんなの氏の萌えには遠くおよばねえ…
おのれ、高野山。

921 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 00:20
夜 あゆとトイレに行く時停電になって一人で入るのを嫌がるあゆに
ドアの隙間から手をつなぐだのドアを開けたままするだのいろんな
提案をあゆの「うぐぅ」に却下された挙句
顔しか見えないくらいに近づいてあゆが裕一の耳をふさぐという形に・・・
でも、手に力が入ってなくて「うぐぅ 恥ずかしいよお」と言うのが聞こえる。
僅かに入ってくる月明かりに浮かぶあゆの顔を見ながら
今泣いてるのは怖いからじゃなくて恥ずかしいからか・・・。
と思う裕一・・・とか。
何書いてんだろな・・・説明しづれーっ
皆あゆキライか?

922 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 00:37
実は猫舌な美汐たん。
学食で一緒に食事中、実はうどんが熱くてしょうがないのに
必死に我慢している美汐たん…

923 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 00:39
>919
いーや、良い線言ってるぞ。
まあ、欲を言えばもっと独自色を出して欲しい。

>921
よくわからんが、トイレの個室に二人で入ってるのか!?
サイコ名雪がまた発作を起こすぞ(爆)!!!

924 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 00:59
>>921
その瞬間、停電が直ったりしたら更に萌え!

925 :名無しさんなの:2000/11/02(木) 01:34
>>896の続き

みしおたんとゲーセンを出るとき、プリクラが目に止まった。
「…なぁ天野、一緒にあれでもやってくか」
「え? あぁ、あれは写真をシールにしてくれる機械ですね」
「天野はやったことはないのか?」
「ゲームセンターに入ったこと自体、今日が初めてですから…」
「そうか、じゃあ、初めてついでにちょっとやってみるか」
「…まぁ、せっかくの機会ですし…」
冷静に答えながらも、頬をほのかに赤く染めるみしおたん。

・・・カシャン!

「おっ、結構綺麗にとれたな。ほら、半分天野の分な」
「…でもこれ、一体どうすればよいのでしょう?」
「だいたいみんな、システム手帳とかに貼ってるんじゃないか?」
「…私、手帳とか持ってません」
「じゃあ、カバンにでも貼ったらどうだ?」
「そんな恥ずかしいことできませんよ」
「そうか? 俺はできるぞ。
 なんなら、天野の分も全部俺のカバンに貼りつけて、
 そのまま明日登校してやろうじゃないか」
「や、やめてください! …恥ずかしいです…」
顔を真っ赤にしてあたふたと取り乱すみしおたん。

みしおたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) みしおた〜ん…

926 :名無しさんなの:2000/11/02(木) 01:36
>>919
萌えますよ〜。
やっぱり、みしおたんは普通の女の子って感じのことを
表現したシチュエーションは萌えます!

>>921
>「うぐぅ 恥ずかしいよお」と言うのが聞こえる。
ってあたりに激しく萌え!!


そろそろ新スレ移行ですかね〜。
やっぱり無難に「萌えるシチュエーション#2」とか?

927 :晴子さん命:2000/11/02(木) 01:41
次は晴子さんに特化してください。

……やっぱりダメ?

928 :減るもんじゃ名無しさん:2000/11/02(木) 01:43
祐一 「あ、ところでさ天野・・・」
美汐 「・・・・。」
祐一 「わ、悪い。・・み、美汐?」
美汐 「はい。なんでしょうか?」
祐一 「ははは済まん、どうもまだ慣れなくてさ。」
美汐 「・・・私だってそうですよ。祐一さん・・」


う〜む、修行が足りんなぁ・・(;´_`)

929 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 02:07
みしおたんしちゅになってきたな。
いや萌えるからいいんだけど

930 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 02:19
あの人消えたしな

931 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 02:21
>928
(;´_`)に萌え

932 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 02:40
お使いの途中でショーケースに飾られたウエディングドレスに
目を奪われて瞬きさえ忘れて見つめるみしおたん。
その後ろから通りかかった祐一に声をかけられる。
「どうした、そのドレスがそんなに気に入ったのか?」
「あ・・・はい。」
「なになに、30万円?高いな」
「でも・・・素敵です本当に。」
いつかこんなドレスを着てみたいですと呟くみしおたん。
「今じゃ買えないなぁ・・・もう五年待ってくれるか?」
「はい・・・・・え、ええっ?!」
そこであわてふためいて一気に顔を赤く染める。
「あ、あの・・私・・・・・・待ってます!」
そう言って買い物かごで顔を隠して走り去る
みしおたん萌えハァハァ(;´Д`)

933 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 02:51
>>932
萌え〜
そのまま固まっちゃうのもいいな。

934 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 02:55
>>879
カノンのWebドラマだよっ!!

ちょっとしつこいけどだってだれもひと、いないんだもん。

きてねっ!!

みんなであそぼう!!

935 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 03:01
コレさー、HP作って保存して欲しい。

936 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 03:47
>>927
深夜、あられもない姿で同衾している晴子と往人
晴子「・・・なんや観鈴に悪い気がしてならんわ」
往人「こんな時にそんなこと言うな。だったらこうやって気分変えさせてやろうか」
ごろん
晴子「な、なにする気や?こんなカッコさせたらあかんて。恥ずかしいわっ」
往人「初心に帰らせてやろうと思ってな。あんた昔コッチでやられかけたんだよな」
晴子「未遂やった言うたやろ!ちょっと、あ、あかんてマジで」
往人「だったら後ろは俺が一番乗りってわけだな〜」
晴子「ちょっとやめやめ、あかんてやっぱ。あ、あかん、堪忍や、ああっ!」
往人「やっぱここは初めてだけあって締まりが違うな、え?」
晴子「う、ひ、ひどいわ。そんなん口にせんでやっ」     
  

937 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 03:52
「真琴は子供じゃないの!大人なの!」
「大人ならキスの一回や二回したことあるんだろ?」
「え?!そ、それは、その・・・・あう〜」
「なんだ、キスもしたこと無いんだったらまだ子供じゃないか」
「し、仕方がないじゃないのよ!」
「何が仕方がないんだ?」
「だ、だって!」
「・・・・?」
「・・・ファーストキスは祐一にって決めてるから・・・・」
「ま、真琴?」
「あう〜。は、恥ずかしいこと言わせないでよ!」

まこぴー萌えハァハァ(;´Д`)

938 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 03:55
ゲーセンでデスクリムゾンを見た。
「せっかくだから漏れはこの萌えるスレッドをあげるぜ!」

939 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 04:08
>936
同衾・・・最近聞かない言葉だ・・・。あんた通だね。

940 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 04:18
”男女七歳にして同衾せず”

941 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 07:41
「ゆ、往人さん、恥ずかしいよ…。」
「今更何を…初めての時は自分からしてきたくせに。」
「が、がお。どうしてそういうこというかなあ。…あれ?何でぶたないの?」
「今だけはそれは無い。代わりに俺に奉仕してもらう。」
「が、がお。ひどいよ、よく知らないのに。」
「今ので+1だな。安心しろ、ちゃんと教えてやる。」
「…が、がお。」
「…これで+2だな。」

942 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 09:17
>936@`941
漏れはあんまり萌えない。
やっぱりエロと萌えは同居させるのが難しいのか

>937
萌えハァハァ(;´Д`)

943 :鍵っ子:2000/11/02(木) 09:24
  .___/)_/)___    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  (∴)◎д◎(∴) < Kanonは名作ヲタ!
 ( つ    つ )   \____________
 (    )    )
 (___)____)


944 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 12:01






945 :919:2000/11/02(木) 13:18
「天野は辛い物は苦手か?」
「いえ、苦手じゃないです」

そんな会話から激辛カレーを一緒に食べていくことに…
実は激辛カレー初めてのみしおたん。
まずは一口。

「凄く辛いです…」

ぱく、ごくごくごく。ぱく、ごくごくごく。
あまりの辛さに3杯目の水を飲むみしおたん。

「途中で水を飲むと余計に辛いんだぜ」
「ずるいですよ。そういうことは早く言ってください」

辛さで顔が汗いっぱいのみしおたん。
鼻水が出そうなのに気付いて鼻をチーンするみしおたん。
ようやく食べ終っても涙が出てくるみしおたん。

「また来ような」
「もう相沢さんとは二度と行きたくありません…」

みしおたんはうっすらと頬を赤らめ

「…あんな恥ずかしい顔は……相沢さんには見られたくないんです…」

みしおたん萌え!!!!
ハァハァ(;´Д`) みしおた〜ん…

946 :919:2000/11/02(木) 13:19
>>923.926
ありがとう。
まだ萌えシチュを書くことに慣れとらんので
しばらくはみしおたんフォーマットを使って頑張ってみるよ。

>>932
定番だけどこういうのが萌えるんだよなぁ。

947 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 15:21
美汐スレもあるんだし、ある程度はそっちですれば?
あんまり多いとイメージ下がるかもよ。

つか、俺は最近食傷気味。

948 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 15:55
もうそろそろ新スレ建てましょうよ、1さん


949 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 15:56
1じゃないが、落ち着いてからでいいと思うよ。

950 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 15:58
>948
確信犯?

951 :なんでそーいうことするかなぁ?:2000/11/02(木) 15:57
http://www.eic.or.jp/kisha/199907/59543.html

952 :名無しさんなの@1:2000/11/02(木) 21:06
そろそろ新スレへ移行かな?
新スレ立てちゃっていいかな?
これが初めて立てたスレだからちょっと緊張(^^;

953 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 21:22
ちょっと待ってね。

954 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 21:23
もういいよ。

955 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 21:23
悪いが2回ほど回させて

956 :名無しさんだよもん:2000/11/02(木) 22:04
まさかこのスレがこんなに大人気になるとは思ってなかったよ。

957 :名無しさんなの:2000/11/02(木) 22:19
というわけで、新スレ立てました〜。

http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=973171067

958 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 02:15
&hearts;

959 : :2000/11/18(土) 01:04






960 :( ● ´ ー ` ● ):2000/11/18(土) 03:17
( ● ´ ー ` ● )

961 :名無しさんだよもん:2000/11/18(土) 03:24
うざいのでまわし

962 :名無しさんだよもん:2000/11/19(日) 04:44
なんか#2に逝ってから萎えるシチュエーションがスゲー増えた!!
書いた本人が大して面白くねえって思ってるようなもんで人が萌えるわきゃねえべ。
「萌え」のあるなしはともかく、何の捻りもない駄文は罵倒されても仕方がねえべな。

963 :>962:2000/11/24(金) 02:47
…確かに、書きゃあいいってもんじゃないかもな。
つーか、怖くてネタ振りできなねえな、こんなもん見たら。

964 :鬼ちゃんねる@あなどれない。:2000/11/25(土) 03:31
上手い人は上手いんだけどねぇ…

965 :名無しさんだよもん:2000/11/25(土) 12:57
>963
いや、空振りはいいのよ、空振りは。
作者の意図は掴めるけど、こっちにはウケなかっただけだから。
たまんないのは、「これどうしたらいいんだろ?」って思うやつ。
そこまで激しいオナニーをやられると、困っちゃうんだよもん。

966 :http://kopan7.ic.nanzan-u.ac.jp.2ch.net/:2000/11/25(土) 13:43
guest guest

967 :名無しさんだよもん:2000/11/25(土) 13:46
まわすで〜

968 :名無しさんだよもん:2000/11/25(土) 13:46
もう2つ

969 :名無しさんだよもん:2000/11/25(土) 13:46
あと1っちょ

970 :名無しさんだよもん:2000/11/25(土) 13:49
ん?

971 :名無しさんだよもん:2000/11/25(土) 13:50
新しいスレがなかったか?

972 :名無しさんだよもん:2000/11/25(土) 13:55
>>971
ちゃんとあるよ「萌えるシチュエーション#2」
#2も900超えして#3の準備中。

これは無差別上げあらしが上げてった奴、横長が邪魔だからまわしたの。

973 :名無しさんだよもん:2000/11/25(土) 13:56
このスレは終了しました。新スレはこちら。

萌えるシチュエーション#2
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=973171067

974 :名無しさんだよもん:2000/11/25(土) 14:01
>>973
もう死にかけなのでそろそろ#3を

975 :鬼ちゃんねる@あなどれない。:2000/11/25(土) 14:54
お願いだから、これ以上スレ増やさないでおくれ…涙
萌えスレマンセー!

976 :萌えシチュで書いてる人:2000/11/25(土) 15:07
>>962
どの辺が悪かったか書いてくれると、参考になる。
俺は勢いで書いたのばっかだから、アラが多そうだ(w
というわけで、良かったら批評よろしくお願い。
できれば「ここをこうした方が」みたいな
+になる意見も添えてくれるとありがたい。

…自分の芸風がすぐに変わるかは、わからないけど

977 :976を書いた人:2000/11/25(土) 15:09
名乗るの忘れてたね…
見ての通りですよ。

978 :名無しさんだよもん:2000/12/03(日) 17:24
                       \v
              /     彡彡  |\
            /    彡彡彡   /  \
           /     彡彡     人   |      |\/\/\/\/\//
           /     彡彡   ノノ丿 |   |    <              〈
          |   彡    // ノ∠   V  |   <  厨房板に       >
          |   彡  /ノノ 〈 。`ゾ |  |     >             <
          Λ  彡 ノ  (( |ヽ\ ̄  ||  /    <               \/\//_
           |  彡(    〈|〉´    ノノノ    <   栄光あれーーーーっっ!!!  /
           )    し / ̄ ̄ヽ@`  ノ (      <                      \
           \   / |  ̄ ̄ノ  \ し      //\/\/\/\/\/\/\/ ̄
             \ |\ヽー―´ /| /
               |  \l /  |/
               || ̄ ̄ ̄||| ̄ ̄ ̄||
               ||  三\|||/三  ||
  _____--――へ ̄ ̄―---― ̄ ̄へ――--_____
冖――――┘          ソ/              └――――冖\
///  \____  | ̄ ̄ ̄| | | ̄ ̄ ̄ ̄|  ___/   |      \
///   \ ̄ ̄    |    | | |      |   ̄ ̄ ̄/   | || || |\\\
      \ ̄ ̄ ̄  \__| | |___/   ̄ ̄ ̄/   ||| || || |\\|
       \ ̄ ̄ ̄       |          ̄ ̄/   / | || || || ||\\|
         \/ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  | ̄ ̄ ̄ ̄\/     /
                  | | |            /


979 :名無しさんだよもん:2000/12/21(木) 05:58
うん

980 :名無しさんだよもん:2001/01/13(土) 10:06
やれやれ

981 :ぴょこら:2001/01/22(月) 17:48
引っ越すぴょ。
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=980153178

231 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)