5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

2ちゃんねる魔法少女 サンシー・ナナ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/01/06(土) 12:45
「あなた達の行くところは、地獄です」
 と、十七歳少年は言った。
 S県S市を走る長距離バスの車内にて、一人の2ちゃんねらー少年があの伝説のバス・
ジャックを再現しようとしていた。
「氏ね(死ね)!」
「ふざけるな、ゴルァ!」
 罵声の飛び交う車内で、十七歳少年は無表情な顔で、人質にとった幼女の首筋に巨大な
牛刀をつきつける。
「皆さん、静かにしてください」
 と、冷たい声で言い放った。
 バスの乗客たちは一斉に沈黙する。自らの軽率な行動がきっかけになって、人質の幼女
の身に万が一のことがあるといけない。うかつに動けるような状況ではなかった。
 運転手が十七歳少年にたずねた。
「バカな真似はよしたまえ。いったい、君はどういう理由があって、こんなことを?」
 くっくっく。
 十七歳少年は聞く者に狂気を感じさせる笑い声をあげた。
「1000番がとれなかった……」
「え?」
「2ちゃんねるの難民板『超能力戦士・緑のピーポー観察日記』スレで1000のキリ番
が取れなかったからさ……」
 ハァ?
 乗客の大部分は、インターネットをやっていても、匿名巨大掲示板『2ちゃんねる』の
存在を知らなかった。
 『2ちゃんねる』の存在を知らない者にとっては、十七歳少年の言うことはまるで意味
をなさない。
 もちろん、『2ちゃんねる』の存在を知っていても、このバスの乗客であれば、考える
ことは一緒だった。
 誰かこの外基地(キチ○イ)をどうにかしてくれよ!

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/06(土) 12:46
場末の小さなとんこつラーメン店に、携帯のメール着信音が鳴り響いた。
 プルルルル。
 少女はラーメンのどんぶりから顔をあげた。
 そして、一言。
「夏の太陽があたしを呼んでいるです」
「太陽はオマエみたいな苦頭(クズ)は絶対にお呼びでないと言っていたぞナー」
 と、足元で声が響く。
 驚くべきことに、ナーナー言っているその声の主は猫であった。
 人語を口にする猫。
 そして、その猫の飼い主、少女もまた尋常の者ではない。
 住所:不定
 国籍:不明
 年齢:不詳
 職業:魔法少女
 少女は2ちゃんねる魔法少女サンシー・ナナだった。
 なお、その名前は、どこぞのテレビ番組の魔法少女のぱくりっぽいが、容姿の方もわり
と似ている。紛らわしいのでJAROに電話された経験も今まで数回アリ。
 『2ちゃんねる』に巣くう無数の『名無しさん』たち、主に『お笑い小咄板』の住人の
願いが彼女を生み出したのだ。
 くわしくは同板の『こんな魔法少女なんかキライだ〜!』スレを参照。


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/06(土) 12:47
そして、ナナの足元にいる猫は、『2ちゃんねる』のマスコットキャラ、名前をモナー
という。
 口の悪いモナーのツッコミを無視して、ナナは自分の携帯に着信したばかりのメールの
内容を確認した。
 やれやれ。
 ナナは溜め息をついた。
「削除依頼です」
「よし行くナー。さあ行くナー」
 と、モナーくんは大張り切り。
 待ちなさいです。
 ナナはモナーを制して。
「あわてちゃダメです。削除は公平に順番待ちです。まずは先にこのラーメンの汁をあぼ
ーんしてからです」
 どんぶりを持ち上げる。
 一気にとんこつラーメンの汁を飲み干す。
 ごちそうさまです。
 代金はすでに支払済み。さあ、行きますです。2ちゃんねる魔法少女サンシー・ナナの
出番でございますです!

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/06(土) 12:48
「いったい、何だ、お前はよう?」
 と、十七歳少年は叫ぶ。
 問題のバスの車内に、ナナとモナーは、予告も前もっての挨拶もなしに、何の段階順序
も踏まずに、いきなり唐突に姿を現した。
 変身ずみのナナはいかにも魔法少女のかっこうをしている。テレポートみたいな余計な
技を使わなくても、一見して怪しさ大爆発であった。
 ナナは説明した。
「こちらはただで書いているのだから、話のプロセスとか細かいことをぐだぐたと言うな
よ、ゴルァ」
「え?」
「これを書いている作者はそう言っていますです」
 呆然。
 あっけにとられる。
 十七歳少年はしばらく呆然としていた。しかし、やがて、どこぞの惑星からデムパ(電
波)を受信したらしい。ナナが自分にとって危険な存在であることに彼は気づいた。十七
歳少年は幼女の首元に巨大な牛刀の刃をつきつける。
「動くなよ、お前。動いたら、このコの生命はないぞ」
 幼女の泣き声。
 まかせて。
 お姉さんが助けてあげる。
 不思議な2ちゃんねる魔法で助けてあげるです。
 ナナは右手に握っている魔法のスティック(通称・ゲバ棒)を軽く持ち上げた。
「2ちゃんねる魔法・電波文コピペ荒らし! ありがとう、『創作文芸板』の『電波文の
書き方研究基地』の皆さん!」

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/06(土) 12:49
電波、電波って、電波いうな。あんまりしつこいとリモコンする。本気だぞ。半分、虫
けらだろ? どうなんだ? 俺は最後まで戦うつもりだ。電波、電波って、電波いうな。
あんまりしつこいとリモコンする。本気だぞ。半分、虫けらだろ? どうなんだ? 俺は
最後まで戦うつもりだ。電波、電波って、電波いうな。あんまりしつこいとリモコンする。
本気だぞ。半分、虫けらだろ? どうなんだ? 俺は最後まで戦うつもりだ。電波、電波
って、電波いうな。あんまりしつこいとリモコンする。本気だぞ。半分、虫けらだろ? ど
うなんだ? 俺は最後まで戦うつもりだ。電波、電波って、電波いうな。あんまりしつこ
いとリモコンする。本気だぞ。半分、虫けらだろ? どうなんだ? 俺は最後まで戦うつ
もりだ。電波、電波って、電波いうな。あんまりしつこいとリモコンする。本気だぞ。半
分、虫けらだろ? どうなんだ? 俺は最後まで戦うつもりだ。電波、電波って、電波い
うな。あんまりしつこいとリモコンする。本気だぞ。半分、虫けらだろ? どうなんだ?
俺は最後まで戦うつもりだ。電波、電波って、電波いうな。あんまりしつこいとリモコン
する。本気だぞ。半分、虫けらだろ? どうなんだ? 俺は最後まで戦うつもりだ。電波、
電波って、電波いうな。あんまりしつこいとリモコンする。本気だぞ。半分、虫けらだろ?
どうなんだ? 俺は最後まで戦うつもりだ。電波、電波って、電波いうな。あんまりしつ
こいとリモコンする。本気だぞ。半分、虫けらだろ? どうなんだ? 俺は最後まで戦う
つもりだ。電波、電波って、電波いうな。あんまりしつこいとリモコンする。本気だぞ。
半分、虫けらだろ? どうなんだ? 俺は最後まで戦うつもりだ。電波、電波って、電波
いうな。あんまりしつこいとリモコンする。本気だぞ。半分、虫けらだろ? どうなんだ?
俺は最後まで戦うつもりだ。電波、電波って、電波いうな。あんまりしつこいとリモコン
する。本気だぞ。半分、虫けらだろ? どうなんだ? 俺は最後まで戦うつもりだ。電波、
電波って、電波いうな。あんまりしつこいとリモコンする。本気だぞ。半分、虫けらだろ?
どうなんだ? 俺は最後まで戦うつもりだ。電波、電波って、電波いうな。あんまりしつ
こいとリモコンする。本気だぞ。半分、虫けらだろ? どうなんだ? 俺は最後まで戦う
つもりだ。電波、電波って、電波いうな。あんまりしつこいとリモコンする。本気だぞ。
半分、虫けらだろ? どうなんだ? 俺は最後まで戦うつもりだ。電波、電波って、電波
いうな。あんまりしつこいとリモコンする。本気だぞ。半分、虫けらだろ? どうなんだ?
俺は最後まで戦うつもりだ。電波、電波って、電波いうな。あんまりしつこいとリモコン
する。本気だぞ。半分、虫けらだろ? どうなんだ? 俺は最後まで戦うつもりだ。電波、
電波って、電波いうな。あんまりしつこいとリモコンする。本気だぞ。半分、虫けらだろ?
どうなんだ? 俺は最後まで戦うつもりだ。電波、電波って、電波いうな。あんまりしつ
こいとリモコンする。本気だぞ。半分、虫けらだろ? どうなんだ? 俺は最後まで戦う
つもりだ。電波、電波って、電波いうな。あんまりしつこいとリモコンする。本気だぞ。
半分、虫けらだろ? どうなんだ? 俺は最後まで戦うつもりだ。電波、電波って、電波
いうな。あんまりしつこいとリモコンする。本気だぞ。半分、虫けらだろ? どうなんだ?
俺は最後まで戦うつもりだ。電波、電波って、電波いうな。あんまりしつこいとリモコン
する。本気だぞ。半分、虫けらだろ? どうなんだ? 俺は最後まで戦うつもりだ。電波、
電波って、電波いうな。あんまりしつこいとリモコンする。本気だぞ。半分、虫けらだろ?
どうなんだ? 俺は最後まで戦うつもりだ。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/06(土) 12:49
「ピー・ピー・ガー・ピ・ガー・ガー……。え?」
 電波に巻き込まれていた十七歳少年はようやく我に返った。
 しかし、時はすでに遅し。
 人質の幼女はいなくなっている。
 右手に握っていたはずの牛刀も消えている。
 それだけではない。バスは高速道路のわきに寄せられて停車している。乗降口は開けっ
放し。いつのまにかがらんと広くなった車内には十七歳少年とナナとモナー、二人と一匹
だけが取り残されていた。
 ナナは言った。
「ひととして不適切な厨房は、即刻あぼーんしますです、はい」
 十七歳少年は質問した。
「あぼーんって?」
 ナナは答えた。
「死んでもらいますdeath、はい」
「あのう、もしかして、死んでもらいますって、この僕に?」
「はい」
 その答えを聞いて、十七歳少年はまるで酸素の足りていないキンギョのように口をぱく
ぱくさせる。
 うえーん。
 やがて、泣き出した。
「死刑制度は絶対に反対。助けてよう、リベラル人権派の弁護士センセイ」


7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/06(土) 12:50
 あれ?
しまったです……。
 ナナはいったん振り上げた魔法のスティックを静かに下におろした。そして、溜め息を
ついた。
「MP(マジック・ポイント)が足りないみたいです」
「マンセーマンセー。人間ひとりの生命は地球よりも重い。さらに言えば、少年の可能性
は無限大。今、ここで見逃してくれたら、僕、きっと更生するよ」
 と、十七歳少年は大喜び。
 ナナは魔法のスティック(通称・ゲバ棒)を床に投げた。
 からり。
 床に落ちて転がる魔法のスティックに、十七歳少年の視線は奪われた。その刹那、ナナ
は腰のベルトのホルスターから左右の手で2丁拳銃を引き抜いた。
 サンシー・ナナは、2ちゃんねる魔法少女であるのと同時に、2丁拳銃の使い手でもあ
るのだ。

――MPが切れた日も安心。ヤバくなれば、腰の2丁拳銃にものを言わせて強引に解決し
  ますです。もしかすると、2ちゃんねる魔法よりも2丁拳銃の方が得意かも。

 手練の早業。
 左右の手に握られた大口径のリホルバーが同時に吠えた。どちらの弾丸も十七歳少年の
胸の中央部分に吸い込まれた。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/06(土) 12:51
 床に崩れ落ちた少年の身体の身体をナナは足で踏みつけて固定した。頭に狙いをつける。
「氏ね」
 そして、きっちりと止めを刺す。
 銃声。
 あぼーん。


 厨房の削除は無事に完了した。
 そして、2ちゃんねる魔法少女サンシー・ナナは番組の終わりにいつもの決め台詞を口
にする。
「逝ってよし」
 その横でモナーが。
「オマエモナー」

                                  (おしまい)


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/07(日) 09:40
 ヲレ的には楽しく読ませてもらったぜ。うまいかどうかは別にしてな。
 あげ。

10 :┐(´ー`)┌:2001/01/07(日) 13:32
な、なんやこれ?


11 ::2001/01/07(日) 16:50
>9

ありがとう!!

>10

新世紀記念・お正月特別番組みたいなものです(汗)
2chにしか書けないネタだったので。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/07(日) 20:33
オレモキライジャナイゾ、ガンバレヨ、オウエンシテル
オウエレrッレオセdジョSoadsc!!!!!!!siteruuuuuuuuu

13 :1:2001/01/07(日) 22:55
3ltアレガトウルヌフメ・
アリガトウ・ホントーニ
アリガトウ。。ヌ。ヌフ
ありがとうありがとう>12
www
TEKIガセメテ
クルモーイカナキャ。。。
オオカマキリ
にコロサレタtudetudeDOG.

電波文スレ、楽しませてもらっています♪♪♪

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/01(木) 23:19
さらしあげ

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 00:45
同じくさらしあげ

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/03(土) 01:20
mouittyo!


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/05(月) 16:41
subarasii

18 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/02/10(土) 19:54
コミック化キボン

19 :tomoko:2001/02/10(土) 20:13
そうなんですか?大変ですね。
いい事あるかもね。
いいよ。

http://www.yuyu-2001.com/heels/


20 ::2001/02/13(火) 12:45
2月になって、またレスがついている・・・。
あげてくれた人たち、ありがとう。

また何か2ちゃんがらみの事件がおきれば、第二話も、来年の正月ぐらいに。

しかし、コミック化いなあ・・・。
誰かしてくれる方がいれば喜んで・・・。



21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/23(金) 10:03
面白かった!
また書いてねー


22 ::2001/02/24(土) 14:40
>21

 ありがとう!
 

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/08(木) 12:47
なつかしいのと、意外に好きだった気持ちとの混ざり合ったあげ。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/12(木) 03:46
久々に読ませてもらいました。
つーわけでage♪

25 :1:2001/04/14(土) 15:13
また上がっている(びっくり)


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/05(土) 02:11
えー感じ

27 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/07/01(日) 22:07
test

28 :蛭子=名無しさん@お腹いっぱいe:2001/07/01(日) 23:02
1bann

29 :役立たず:2001/07/02(月) 00:28
1ヶ月に1回上がってますね
まぁばれたら他スレで

ドキドキします(w

30 :蛭子=名無しさん@お腹いっぱいe:2001/07/02(月) 00:37
じゃむUP完
wnkbjc
ですやり方いつもどうりす

31 :名無しさん@お腹いっぱいe:2001/07/03(火) 01:40
in3/flcurd

32 :名無しさん@お腹いっぱいe:2001/07/03(火) 02:41
giarec

33 :ブロパ:2001/07/07(土) 21:37
こんばんわ

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/02(木) 06:38
ghgh

35 :名無し物書き@推敲中?:01/09/05 08:15 ID:pfUi0i92
よくやった!感動した!

36 :名無し物書き@推敲中?:01/10/07 01:55
面白かったよage

37 :名無し物書き@推敲中?:01/10/07 22:52
hageeeeeeee

38 :名無し物書き@推敲中? :01/10/07 22:57
もうやめてください!
こんなスレあげて何になるんですか!!!

39 :名がないぬいぐるみ:01/10/18 15:48
よく分からないですねぇ? このスレ。
でも、ccさくらのBBSより、微妙にましです。
一度見に行ったけど、二度とあそこには行きたくないですね(なんかヤバイから)

40 :名無し物書き@推敲中?:01/10/18 18:06
素直に面白かった。
小説として評価は無理だけど、ネタとしては佳作!
気が向いたらまた書き込んでください。

41 :1:01/10/20 10:23

正月番組として書き込んだものが、最近になって妙にageられている。。。

実は今、メインの活動場所をみにふろに移しています。

あっちでは「エレキング対無抵抗3兄弟」とかいったコンテンツを放送しています。

興味のあるひとは、どうぞ(・∀・)ノ

42 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 12:10
          ∧ ∧
   ∧ ∧    (´Д`* )
  (*´Д`)  (     )
  ./  |/ ̄ ̄ ̄ ̄Λ Λ
〜(_ ∧ ∧     (´Д`*)
  /_(*´Д`)_/ (UU )〜
  || ̄/  | ̄ ̄||/┌───────―――
  ||, (___ノ   || < 理解不能だお。
  /         └───────―――

43 :名無し物書き@推敲中?:01/11/16 23:03
なんちゅースレが残ってるんだ……。
とりあえず晒しage。

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)