5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

  発生・再生学研究の未来予想  

1 :シュペーマンオーガナイザー:02/03/21 11:07
いくつかある発生再生系スレの後継スレです。
議論は前向きに、批評は甘辛く、ね。

2 :シュペーマンオーガナイザー:02/03/21 11:09
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/life/1006034247/l50
RIKEN CDB裏ねた掲示板

http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/life/992250748/l50
発生学を研究する研究室について

3 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/21 11:17
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/life/997863818/l50
臓器再生に関していいとこないかなぁ。。。

ここもな

4 :966:02/03/21 14:26
発生・再生学研究の未来なんてないね、
と言って煽ったりして。

5 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/21 19:28
ミレニアムプロジェクトって、いつまで予算がミレニアム価格なんだろ?
5年後にはCDBでもBSIみたいに研究室取り潰しもでるのかな?


6 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/21 19:38
盛者必衰

7 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/21 20:59
CDBって、ハエとセンチュウの研究所みたいなんだけど、
5年後に日本の経済状況が最悪になっている状態で
世の中の批判をかわせるだろうか。
CNSに論文だしても批判があるということになってしまう。
CNSに論文だせないBSIよりは玄人向けにはいいかもしれんが。

8 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/21 21:28
経済経済ってうるせーんだよ。

9 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 06:15
バリバリの発生学者であるJaenischが、最初に自己用オーダーメイド医療の
原型を提唱したのが興味深い。発生学をどんどん掘り下げると、更に色々な
ことが見えてくる気がしてます。

10 :966:02/03/22 07:16
だいたい今頃、発生学でそんなにCNS狙えるんか?
Developmental Cellも可?

11 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 12:08
Cellには載り難いかもしらんがNature、Scienceにはコンスタントに
発生分野が掲載されている。日本発は少ないけど。
Developmental Cellが創刊されたように、発生、再生研究はまだまだ続く。
再生医療との溝はまだまだ深いとは思うけどね。

12 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/23 06:50
Cell最新号にWntやHedgehogの論文が出ているが、
どれも発生学と言うよりは生化学。
たんぱくの相互作用をvivoでも確認するために発生の系を使っている。
発生学者がCellに論文をのせるためのヒントがここにあるかも。

13 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/23 08:08
Xenopus tropicalisですね、これからは。

14 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/23 08:46
なんで tropicalisがいいんだ?
おれには理由が分からん。

15 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/23 10:18
噂だけどRichard Harlandのところでガンマー線でtropicalisのミュータント採りを始めたらしい。もしかして将来性ありなのか?

16 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/23 11:07
発生はおたく学者の遊び 再生はマッドサイエンティストもどきの遊び

結局なんの役にもたたん この国はアメリカの模倣しかしないから創造性ゼロ

CDBのコネ人事メンバー見ると絶望的になる

17 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/23 11:34
なんで tropicalisがいいんだ?
おれには理由が分からん。

18 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/23 11:43
>14
laevisが部分4倍体なのに対してtropicalisは2倍体。
ジーントラップやミュータント作製がしやすいのでtropicalisは
これから盛り上がるところ。xenopusにも遺伝学的手法が
簡単に使える時代がくるんだねぇ。

なに?zebrafishではもうあたりまえ?
Xenopusでやる必要がどこにあるのかって?
それは、人と同じ4つ肢(手)なところがミソで・・・。

>16
煽り下手なやつめ。
別のスレでケチョンケチョンにされて、まだ進歩してないのか。




19 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/23 16:13
ほ乳類ではES細胞に一票

20 :966:02/03/24 01:50
tropicalisは、確かに利点はいくつかあるかもしれないが、
実際には、かなり中途半端。
マウスに比べて低コストとか、実験が出来る事を強調するが、
マウスの研究者の方が、何十倍もいて、
何百倍も研究費を投入されている事を考えると、
カエル遺伝学の多少のアドバンテージは、
役に立たない。

21 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/24 02:35
Kirschner がカエルにこだわる理由ってなに?

22 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/24 02:37
>>20

 >マウスの研究者の方が、何十倍もいて、

もし、これから新しく何かを始めるとしたら、そういう状況だから逆にマウスには未来がないのでは?

>何百倍も研究費を投入されている事を考えると、

お金も既にestablishされた幾つかのlabに大半が行ってしまって新規参入者には厳しいような気が・・

確かにX. troplicalisがホントにどれだけ使えるかは未知だし 、
別にかたを持つ訳ではないが、世界的に見ても幾つかのlabでしか
まだ使われていない現状だからこそ、逆に今始めれば数年後には
世界のtopを走れる可能性があるような気がするのだが・・(<もし、
今、何か新しいことを始めるとしたらの話。既にマウスをバリバリ
やっているlabは今更カエルなんてやってられないでしょ。)

23 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/24 02:50
明らかにしたい目的とする現象に対して、
最適なモデル生物を選ぶ。
もしくは、その生物に適した基本的な現象を扱う。
これが、かつての考え方だったのでは??

ゼノパスの利点は、生化学の手法を発生に扱えることにあったわけで、
遺伝学を使いたいからtroplicalisというのは違和感がある。

扱う生物に拠り所を持ちつつある状況は、なんかいや。
かつての、比較XXと一緒じゃん。

24 :生きる価値無し:02/03/24 02:52
あがたきよかず最高!
プラナリアかわいい

25 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/24 05:58
最新のNature Genetics Reviewにプラナリアのレヴューがでてる。
EST数で負けててレトロトランスポゾンが多くてゲノム研究できんと
japonicaについてぼろくそ言われてるんだけど。
初めてwhole mount in situをやったのは誉められてるけどね。

26 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/24 15:44
発生・再生研以外の発生学関係のポスドク情報無い?

27 : :02/03/24 16:38
日本の大学の研究室でポスドク(学振ではない)が取れる研究室はどれくらいあるんだ?
数える程しかないんじゃないか?

28 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/25 10:50
RIKENage

29 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/26 11:48
新チームリーダーは2人で打ち止め?

30 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/27 17:06
RIKEN CDB 榎本チーム誕生。

31 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/27 21:01
RIKEN CDBって、RIKEN BSIでやる研究テーマもやって、
BSIと喧嘩するつもりなのか。

32 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/27 22:05
>30
GDNF関係のファーストがニューロン、デヴェロップメントで各一報
共著が二報、業績はこれだけじゃないだろうけど、CDBでの立ち上げ
プロジェクトはGDNFだよね。この程度でチームリーダーになれるの?


33 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/28 03:56
榎本,秀樹(エノモト,ヒデキ) /1995年度 (1996.03.25) /(課程博士) (博士(医学)) / 0020103201188
Molecular cloning and characterization of human DAN cDNA;a possible involvement of DAN gene in neuroblastoma
ヒトDAN遺伝子のcDNAクローニングとその解析-DNA遺伝子の神経芽細胞腫への関与-

http://www.dlib.chiba-u.ac.jp/~higaki/gakui/nendisp.cgi?1995

34 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/28 03:58
千葉大医学部小児外科出身のようですね。

35 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/28 04:19
>>32
日々って人は、他のテーマでは業績あるかもしれんが、
ゼブラでは業績ないだろ。

ま、コネ人事だからね。

36 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/28 05:29
いや、これこそコネ無し人事では?
いままでがあまりにもの京大閥のコネ人事だったので、
第2陣は非京都の人選を重視したのでは。
千葉大出身なんてこの業界で初めて聞いたし。


37 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/28 15:12
>>35

JNKとGP130をクローニングしたんだから、「あるかもしれん」
って程度の業績じゃないよな。君はメジャーラボにいても、
そのクラスの仕事ができる自信があるのか?

むしろ、シグナル伝達の生化学的分子生物学的技術を持って
発生業界に参入してきたんだから、結構怖い存在ではないのですか?

京大閥ではないし、まさにnonコネ人事だと思うけど。
日比さんのこれまでの業績が評価できないやつは、それこそ
分子に目がいかないカス発生屋だと思いますが。


38 :通りすがり:02/03/28 15:51
はげどー

39 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/28 18:22
CDB,2流あつめてどこえいく。


40 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/28 18:34
まあ、そううらやむなよ。 みっともないからさ。

41 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/28 20:12
>>37
> JNKとGP130をクローニングしたんだから、「あるかもしれん」
> って程度の業績じゃないよな。

基本的に37さんに同意です。自分もシグナル伝達をやってましたが、これから
は発生の分野でこれまでの経験を生かした仕事をしたいと思っています。

一つだけ訂正したいのですが、HibiさんはJNKの同定、精製をM. Karinの下で
やりましたが、クローニングはR. J. Davisのグループが中心です。Hibiさんは
共同研究ということで、2nd authorです。でもJNKの発見に最も貢献した方で
あることに間違いはなく、大変評価されています。


42 :37:02/03/28 21:02
>>41

失礼。G&Dの方が先にでているのでクローニングだと思ってました。
その後のCellの方がクローニングでしたか。


43 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/28 21:08
>33
って、数多いる自力でやれないMD研究者の典型?

44 :閻魔大王:02/03/28 23:06
みんな5年後がたのしみだな。
地獄の釜口あけてまってるぜ。

45 :発生屋:02/03/28 23:13
日々も、榎本もしりません。
運子漫画家のエノモトならしってるけど。

46 :>42:02/03/28 23:17
ゼブラすり潰して、またなんとかkinase精製
するんですか。ぎゃはははは。

47 :>43:02/03/28 23:20
だから、PIになったら、出来るやつをひっこぬけば
よいの。でもねえ、MDは、医者以外は人間だと思って
いないから、きっと大変よ。あ、そうか。病気になったら
みてもらえばいいのか。なあんだ。よかったね>

48 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/28 23:37
>むしろ、シグナル伝達の生化学的分子生物学的技術を持って
発生業界に参入してきたんだから、結構怖い存在ではないのですか?

それが何でゼブラなのか、わからん。
ゼブラを選ぶのは、もしかしたら頭が悪いんではないか、
体力だけの人ではないかと、ちっとだけ思ったりする。

俺にそのバックがあったら、カエルか、マウスだな。
ゼブラはゲノム重複がやっかいだ。
mutantとおもってもnullではなくて、活性レベルが下がっただけだったりして、生化学的解析、利用には、実は使いにくそうだ。


49 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/28 23:42
バカだなぁ、おまいら。
コマいのは全部CDBの2巨頭の手足なんだよ。知らねーのか。
私は○○のいいなり、ってCMあっただろ。あれだよ。


50 :>49:02/03/29 00:03
俺の仕事を手伝わんと、研究費出さんぞ
とか?

51 : :02/03/29 01:50
zebrafishに未来なし

52 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/29 02:46
最初、そして今回のCDBの人事においてもT市所長の門下生は基本的に
(世程優秀でない限り)入れないというコンセンサスがあったのは
周知の事実。M柴、Y山みたいに理研に小ボスを沢山つくってる状態の
2の舞はしたくないということになってるらしい。
 

53 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/29 03:01
うむ、確かに竹市氏の直接の弟子はいないようですね。
竹市氏の小ボスだった近藤弟子や、大ボスの岡田弟子はおりますが、
竹市弟子がいないようですね。

それは今までの日本の常識を覆すものすごい人事ですね。
いいことだと思います。

しかしそれでも、理研てのは国の肝煎りのクセに、
若手でホントの世界トップクラスの人材獲得はできていませんね。
そうですね、例えば網膜神経発生のF川T.氏や、
神経細胞学のT橋T.氏、器官形成のY内Y氏、などのクラスは、
一部は既に帰国されている方もおられるのに、
他の研究機関にとられてしまったのですね。




54 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/29 03:09
くだらねぇ

55 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/29 03:19
何でCDBってハエ、センチュウ、マウスばかりでカエル
の人がいないんだろう。些細さんてカエルもやってたけど
これからはmainじゃないだろうし・・・。I座輪さんも
始めるらしいけど、どうかな? もしかして、カエル関係
のapplyがあっても全部 些細・I座輪さんが握りつぶしている?

56 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/29 03:56
>>53

つうか、アメリカ発の有名論文でファーストでも
実際どこまでその日本人が貢献しているのかは
今イチわからんからなあ。ファーストでコレスポ
とかなら別だけど。

57 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/29 05:55
上の3人はよくいる「海外出て当たったポスドク」
ではないね。院生時代からCNSクラスを出し続けて、
海外でもやっぱりその辺を出していたり、既にラボヘッド
をつとめた、頭ひとつ飛び出ているクラス。
Tさんは大学院もハーバードだっけか?
ほかにもこのレベルの日本人いるんだろうけど、
CDBにはいかんようだね。
なぜかなあ?


58 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/29 09:55
アメリカでラボ開くのに大学からスターティンググラント
もらって、少しして「やっぱやーめた」って日本に帰ったり
すると訴えられたりしないのかな? 契約違反とかなんとかで。

59 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/29 11:40
>うむ、確かに竹市氏の直接の弟子はいないようですね。
>竹市氏の小ボスだった近藤弟子や、大ボスの岡田弟子はおりますが、
>竹市弟子がいないようですね。
それと、いないのが、細胞接着や細胞間マトリックス関係。
再生関係では欠かせない分野だと思うのだけど。


60 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/29 11:46
>>59
> それと、いないのが、細胞接着や細胞間マトリックス関係。
> 再生関係では欠かせない分野だと思うのだけど。

細胞接着なら、Y村さんが一応守備範囲にしているのでは?

61 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/29 12:02
でも所長にノーベル賞とらせるつもりなら、細胞接着関係
それなりに充実させておいた方がよさそうな。
細胞接着関係の人が所長に会いに来ても対応できそうな人が
いないというのもね。カドヘリンがいっぱい研究されてる
というイメージを与えるのは必要なのでは。



62 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/29 12:21
ノーベル賞、これからは「実用性」が評価されるみたいだから
そちらの方もやるのかな。


63 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/29 21:12
48の、      
                ↓↓↓
  >俺にそのバックがあったら、カエルか、マウスだな。
  >ゼブラはゲノム重複がやっかいだ。
       ↑↑↑↑↑

ってところはだれも突っ込まないの?放置プレイ中?
モデル動物の話してるんだからもちろんXenopusちゃんが前提だけど。

64 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/29 22:21
>>63
>>13のいうようにtropicalis?
でも、>>55のいう通りCDBはもしかしてカエル嫌い?

ゼブラよりはメダカだよ、これからは。

ってな具合でよろしいでしょうか、突っ込みは?

65 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/29 22:31
フグは・・・

66 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/29 22:36
まちがえた。発生スレだった。

67 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/30 00:22
常識的に考えて、
vitroでは、薬ぶっかけたりいじくり回せば
発生・分化・再生もできるかもしれんが、
将来的に個体レベルに応用できるか?

68 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/30 01:56
できそうもないことをできるように
するからこそ、意味があるのじゃ。
それが日本の未来を開くのじゃ。

69 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/30 01:59
たぶん無理だけどね。

70 :>69:02/03/30 02:09
あのなあ、おまえのようなやつは
重箱の隅っこをつっつくような仕事
しかできないの。やめて官僚にでも
なったら。

71 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/30 02:16
熱くなっちゃって、ヴァカみたい。

72 : :02/03/30 02:40
vitroな実験を、よりvivoっぽく見せ掛けるのがCNSを狙うコツ。
vitroの方がクリアな結果が出る。
より純粋な発生学屋は、その辺がバカ正直。
生化学、細胞生物学から流れてきた連中は、
騙しのテクを知っているので、良いところに論文が出る。
どちらのタイプの研究者も必要。

73 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/30 02:48
ふーん、騙してるんだ。


74 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/30 02:48
>>48のXenopusってのは、geneticsをやらないって事じゃないの。
だからゲノム重複は気にならない。
いずれにしてもzebraのgeneticsはどれだけがんばっても
ショウジョウバエの様なインパクトを与える事はないね。
Xenopusは、ひと昔前なら独自性が際立っていたが、
今は、冴えなくなってしまったね。
もう少し系として掘り下げる事ができると良いんだけれどね。
ま、無理か。

75 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/30 02:52
Xenopus使いになりたいよう。


76 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/30 02:55
ゼノパスだろうがゼブラだろうがダメだね。
今さらショウジョウバエも線虫も出がらし。
ヒトES細胞をみんなでいじくりたおそうぜ。

77 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/30 02:57
Evaですか?

78 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/30 03:11
うむ、おれも生化学やるならXenoのegg/embryoか
培養細胞だな。Zebraではやる気はしない。
Zebraはgeneticsができるのが武器だったはずけど、
たしかにゲノム重複で話が複雑だ。ホラはふけても、
きっちりした仕事ができない。
その点ハエの方がいいとおもうがいかんせん無脊椎。

ESいじくり倒すのは体力だけのMDに任せる。

79 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/30 03:23
>生化学、細胞生物学から流れてきた連中は、
>騙しのテクを知っているので、良いところに論文が出る。

この辺は昔ながらの慣習が続いているせいで、
レビュウワーもぐるで「現実的でない」データを認めあって
成り立っているよね。

ゲノム関連のいい加減な仕事がヒューマンゲノム配列の出現で
化けの皮をはがされたように、生物学的に無意味な生化学的
論文の価値も再考されるべき時が来ていると思う。

ただ、生物学中心に考えればそうだが、生化学(これは化学の一分野だよね)
の観点から見れば、由来が何であろうと、その物質が面白ければそれで良い
訳なので、その点を考えないとね。

結局、純粋な生物学は肩身が狭い、という結論ですね。

80 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/30 08:08
研究なんて騙し合い
その中で、どんなに疑ってみても認めなくてはいけない事があり
それが科学の真実となる。
その見きわめができれば、一流の科学者。
見極められなくても信念があって研究できれば、良い科学者
見きわめられずに振り回されるのが普通の研究者
しかし、この事と良い雑誌に論文が出るかどうかは、また別。
おれは思いっきり振り回されている。疲れた。

81 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/30 10:56
>80
同感です でも研究の楽しみは現世での評価(名声・ポスト)だけじゃないでしょ
いい仕事しましょう
華々しい仕事より渋い(後々評価が高い・錆びない)仕事をしたいと最近切に感じています。

82 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/30 10:58
>80
>研究なんて騙し合い

はああ?

83 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/31 06:14
>騙しあい。

うむー、そういう面もありますよね。
いかに自分のつまらぬデータを面白いもの、意義のあるものに(レフリーや、学会や、科研費審査員に)勘違いさせるか、
そういう騙しあいでもあります。もっともです。それが全てじゃありませんが。

>でも所長にノーベル賞とらせるつもりなら、細胞接着関係
それなりに充実させておいた方がよさそうな。

私もそう思います。所長=半引退、ぼちぼち研究、
ではなくて、ガッツンガッツン現役最前線でやってもらわないと、
ノーベル賞は取れないのでは無いでしょうか?

所長ラボにカドヘリン専門の優秀小ボスを10人ぐらい据えるとか。

84 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/31 06:57
そうだね。カドヘリン関係がもう終わった発展性のない分野であるという印象を
与えかねない。確かにそういう面もあるんだが、カドヘリンに関する限りは、
もう少し横暴にやっても文句言う人はいないと思うんだけどね。



85 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/31 08:03
自然科学の基本は「観察」だと思う。

自然現象をありのままに観察して、未知の現象を発見する。
あくまでも分子機構などはそれを解明する一手段でしょう。
発生学は本来その際たる学問のはずなのに、分子の記述に
終始した学問ばかり多すぎないか?natureにたまに乗る
発生関係の論文も分子イジって・・・というものばかり。

発生やるなら、もっと「観察」しようよ。

86 : :02/03/31 12:18
だって観察しただけの発生学では今どきCNS載らないもん

87 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/31 12:48
>83、84
京大の発生xxセンターというのも、事実上、T市氏のために
作ったものなのに、結局、カドヘリン御殿を作るということは
なかった。そういうことはやらんのでは。

88 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/31 12:49
cadherin はPR不足

89 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/31 23:28
発生・再生研以外のところでポス毒の募集、無い?

90 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/31 23:36
熊大発生研。

91 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/01 00:05
発生・再生研以外のところでポス毒募集するようなところは、
ヤバイラボが多いのでは。


92 :>91:02/04/01 11:04
あのなあ、発生再生研だってヤバいラボは
いくらでもあるだろ。

93 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/01 12:03
ほかに「発生研」と名のつく研究所はどこにあるんですか。

94 :日本じゃここだけ:02/04/01 13:47
理研 発生再生総合研究センター
熊本大学発生医学研究センター

95 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/01 14:30
>86
nなら可能性があると思うが。


96 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/01 20:51
東北大学の加齢研というのも英語ではDevelopmentというのが
はいっていたような。その他、愛知県にも県立のDevelopmentの
研究所があったと思う。

97 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/01 22:26
>愛知県にも県立のDevelopmentの研究所があったと思う。

愛知は地元だけど、そんなの聞いたことないなー。
開発とか、そっちの意味でDevelopment使ってる、とか…かな???




98 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/01 22:26
発生とか再生とか、バカの一つ憶えかよ。
こいつらの論文見てみろ。
うさんクサさがプンプンしてるぜ。

99 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/01 23:19
発生はまだしも、再生はちょっとまだうさん臭いね。

でもまあ、情報伝達系のgain of functionのホラ話よりは、
現実味が見えてきた今日この頃だと思う。

100 :100:02/04/02 00:45
「再生学」ってなんの略でしょう?本当は幹細胞生物学のことなんでしょうけど・・・
おっと、100ゲットなんだね。

101 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/02 05:17
医学系、薬学系の人ははなにせ論文の数が尋常じゃ無いんだよなあ。
業績をreviewする方も、その辺の事情は理解していると思うけれど。

102 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/02 22:30
>>97
愛知県立 発生の研究所
Institute for Developmental Research
ttp://www.pref.aichi.jp/hsc/inst/index-e.html

ttp://www.pref.aichi.jp/hsc/inst/info/index.html

103 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/02 22:36
東北大学加齢医学研究所
Institute of Development, Aging and Cancer
ttp://www.idac.tohoku.ac.jp/

104 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/02 22:42
熊本大学発生医学研究センター
英語名不明
http://imeg.medic.kumamoto-u.ac.jp/

105 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/03 00:00
医学薬学くず論文のやま。読むだけ無駄。

106 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/03 08:58
CDBへの引っ越し状況は、どうですか?
建物は、まだ工事中?

107 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/03 10:54
>>105
そういっときながらグラントの申請の際には「再生医学への応用云々〜」と
書くプライドの無い奴多いよなw

108 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/03 11:29
いえてる。レトロがはやった頃と一緒だね。なんでも最後にエイズの
治療に・・・うんぬんって。

109 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/03 13:47
>>107
プライドとは関係が無いね。
上の方に誰かが書いていた「騙し」ってやつだね。
結局、レビューする人間に判断する能力がないのが問題。
くず論文でも大量にあれば、いい事になってしまったり、
「再生医学への応用云々〜」と書いておけば、グラントが取りやすくなったり、
コネがあれば、OKだったり。
基礎研究で良い論文が少数あって、コネも無く
グラント申請でも正直に何の実用性もないと書くような人がいたとして、
研究費はもらえないだろうなあ。

110 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/03 14:14
CDBのグループリーダーのひとりの某のアメリカでの評判は最悪。
発生学をやっている人にはとても有名だが、
良く言う(悪く言わない)人にまだ会った事が無い。

111 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/03 14:49
>110
アメリカに行ってまで他人の噂で盛り上がるのはみじめ。

112 : :02/04/03 15:25
アメリカに住む人間は、他人の噂話をしないのか?
アメリカ人はゴシップ大好きだぜ。

113 : :02/04/03 15:56
アメリカ来ると、ついつい日本が気になっちゃうよね。
CDBも結構話題になるよ。
Natureの記事で結構、外人とも話し盛り上がったよ。

114 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 01:53
ノンMDはプラナリアでもいじって興奮してろってことだ。

115 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 02:24
>>111

110が言ってるのはアメリカの研究者の間で評判が悪い日本人研究者、
ということでしょ。
在米日本人研究者のうわさ話に名前が上がる、の意味では無かろう、
どう見ても。

116 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 04:23
発生学でノーベル賞は無理。

117 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 04:41
プラナリアの魅力は解らない人には解らないから........。

118 : :02/04/04 05:44
>>117
じゃ、教えて

119 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 05:56
こんなのはどお?
http://www.media-0.com/www/smile/book.html

120 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 06:37
プラナリアって中枢神経系も再生すんだよね。
俺はマウスなんで手は出せないし、全然違うから
やる気は起きねえけど、
再生中の神経組織をみてみたい気もする。

121 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 08:07
中枢神経をモデル動物で再生させる事ができるようになったら、
人間への応用を考えたりするのかな。

122 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 08:50
>121
それが大前提なんじゃないの?

イモリも中枢神経、脳が再生するってホント?

123 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 09:21
レンズが再生するだけ

124 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 10:38
>>110
アメリカで発生学やっているけど誰のことだか判らない・・・(藁)

でも個人的にはCDBのグループリーダーの少なくとも一人とはウマがあいそうにないナァ。話したことあるけどなんか慇懃無礼でこっちを見下した感じで。まあ、こっちは見下されてもショウガない業績しかないから文句はいわんヨ。

125 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 11:00
>>124
たぶん、その人の事。

126 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 11:48
>>110
そのひとって MD/PhD それとも PhD?

127 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 12:28
>110
取り扱い生物は?

128 : :02/04/04 13:43
みんな知っているくせに

129 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 15:25
チームリーダーじゃなくてグループリーダーなのね?

130 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 17:22
SSI先生?



131 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 18:04
成功者への嫉妬って醜い。

132 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 20:22
LAに住んでいた人?

133 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 20:34
SSI先生に関しては、その実力は誰もが認めるところで、
あの人ほど賢い人はなかなかいないと思います。

しっかしもうちょっと謙虚になった方が人にすかれるんだろうけどなあ。
現在は、生意気だけどそれを有り余って優秀すぎるので、
みんな黙っているという感じなのではないでしょうか。

研究者としては本当にすごいと思いますけどね。

134 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 20:44
研究室の学生やポスドクに対してはどうなの?

135 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 21:01
研究も含めて沼県化する可能性のあるラボでしょう。

136 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 21:52
僕も個人的には好きになれない方ですが、政治力も凄いらしいです。
本人は医学部長はもちろんのこと、総長にもなって、
「本J先生を抜く!」と豪語してるそうです。
ホントになりそうだからコワイ。

137 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 21:54
本Jさん、最近総長選に破れて傷心らしいね。

138 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 22:08
>>133
NATURE の仕事は有名だけどその後はニューロンとかに
定期的に発表。でも、日本でもこれくらいは珍しくはないでしょ。


139 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 22:38
やと、わかた、だれなのか。

140 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/04 22:40
>>136
ノーベル賞も視野に入っていますか?

141 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 02:51
Dev Growth DIff が図書館(アメリカ有名大学)にありませんでした。
あんまり引用されないんですかね? 専門の人の話、聞かせて。

142 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 03:02
DGDはふつうないよ。

143 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 03:33
>142
そうですか‥‥
読んで内容によって引用しようかなと考えていたのが一報合ったのですが‥
あまり知られていない雑誌は引用しないほうがいいんですかね。

144 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 03:36
エボデボ関連ということで、

http://www.nature.com/cgi-taf/DynaPage.taf?file=/nature/journal/v416/n6880/abs/416527a_fs.html

これどうよ?

面白そうだと思って読んだんだが、今ひとつ何が新しいのか分からなかった。
Shhがリムの垂直方向への伸長に効いている、というのが結論らしいのだが、
それをサポートする証拠が何なのか、わからんかった。
どうしてこれがnatureなのか、詳しい方解説よろしく。

ちなみに Carroll と McGinnis のnatureは、
素人の俺にもわかりやすくて、凄いと思った。


145 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 06:45
DGD はナッシング

146 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 07:50
>あまり知られていない雑誌は引用しないほうがいいんですかね

そりゃあ内容次第だろ。雑誌ではない、内容だね。
だけどそんな良い内容ならますますDGDには載っていないと思う。
タイトルだけで気になって取り寄せると、
どうってことない内容なことが多いね、
このクラスの雑誌は。

147 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 08:03
>146
DGD可愛そう
つうか、編集長は誰ですか?
Cell Structure Function は広川先生だったと思うけど。

148 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 08:59
new leader発表!

http://www.riken.go.jp/r-world/research/lab/hasei/index.html

149 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 09:44
CSFは引用しない方がいい雑誌だとおもう。
DGDは5年に1本はそこそこ有名、というか、
その道の人は引用するような論文がでているし、
発生学の教科書(ギルバート)にも数本引用されているのを見たことがある(たしか、昔のばっかり)。


150 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 10:02
>>148
ハぁ〜、誰こいつら? 5年後が楽しみだナ。

151 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 10:25
DGDはHarvard Medicalの図書館にあるよ。

152 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 10:31
胚誘導研究チーム 佐々木 洋 (Ph.D.)
生殖系列研究チーム 中村 輝 (Ph.D.)
哺乳類胚発生研究チーム Anthony C.F. Perry (Ph.D.)
クロマチン動態研究チーム 中山 潤一 (Ph.D.)
幹細胞医療応用研究チーム  浅原 孝之 (M.D., Ph.D.)
感覚器官発生研究チーム  Raj Ladher (Ph.D.)
神経分化・再生研究チーム 榎本 秀樹 (M.D., Ph.D.)

153 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 10:33
>>148
私の記憶が確かならば、
公募の時に最大11人と書いてあったような。
あと4人増えるのかな。

154 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 10:41
もっとちゃんとした日本語に訳してやれよ。



当研究チームは、分子レベル、細胞レベルで生殖の研究を進めてきた。最近では、受精に続く発生プログラムの
開始にあたって卵に指令を送る精子由来の因子を検索し、その成分、sperm-borne oocyte activating factor (SOAF)が
少なくともSOAFI、IIという2成分からなるモデルを考えている。これら因子の機能を理解すれば、受精後初期に
活性化するシグナルネットワークの解明につながるはずである。また最近の、核移植によるクローン動物を用い
たデータによると、受精後初期のイベントは、発生過程の短期に作用するだけでなく、長期的かつ微妙な結果を
ももたらすらしい。これらの解析は、分子的、細胞学的、発生学的アプローチを統合的に用いるものであり、そ
れによってmetaphase II transgenesisとして知られる画期的なゲノム操作法をさらに発展させることも可能にするは
ずである。本方法は、サイズの大きなDNA断片を導入したトランスジェニックマウスの作成を可能にする。それ
は、当研究室が目指すノックアウトマウス、ノックダウンマウスを作り出すための新しい道をも切り開いてくれ
るだろう。

チームリーダー
Anthony C.F. Perry (Ph.D.)



155 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 10:42
アサハラさんも帰国か‥‥
やっぱニホンジンにはアメリカはつらいものがあるのかな?

156 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 11:20
だれ?

157 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 11:37
外国人2人の国籍、およびCVきぼん。

158 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 11:42
一度にこんな沢山のチームをつくったら、ポスドク、テクニシャン
集めができなくて、沈没するチームがでてきそうだけど、
大丈夫なのか。
日本にそんな多くのポスドク供給先があるの?
テクニシャンも?


159 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 11:59
確かに。
ポスドクの供給は、そろそろ職にあぶれる人間がで出すほど、
たくさんあるけど、
レベル低下は必至だなあこりゃあ。


160 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 12:13
疑惑のデパートBSI化するってこと?

161 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 13:23
成功者への嫉妬って醜い。

162 :>161:02/04/05 15:11
チャンスヲモラッタダケデ、セイコウシタワケデワナイ。
カンチガイスルナ。
コノスバラシイカンキョウデ、データガデナカッタラ
ソイツハムノウダトイウコトガショウメイサレニドト
ヒノメヲミルコトハナイダロウ。

163 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 16:00
162は良い事言った(ただし前半のみ)

164 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 16:18
>>116
今年か来年、たぶんアポトシスがノーベル賞取る。
まさに発生学の研究。

165 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 16:20
今までの枠組みでは、あまり海外から注目されるような施設は無かったように思いますが、今回のは随分インパクトありそうです。

166 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 17:10
>>162
自分で読んで自分自身が惨めになりませんか。

167 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 17:16
チャンスすら与えられない連中って哀れ。

168 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 17:36
実名をここで晒すのはやめましょう。

169 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 17:38
日本の発生学には、もう人材がいないのか?

170 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 17:53
カエルとか実験発生学の研究室が少ない気がします。

171 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 17:56
マウスとか線虫、ハエは実験発生学じゃないのか?

172 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 17:58
発生遺伝学とかではないですか?

173 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/05 20:15
ペリーさんってロックフェラー、ACT社の同僚なんだね。
「アメリカの資金」で育った研究者を引き抜いてきちゃって大丈夫なのか。
RIKENを日本政府の金儲け機関と見てるアメリカFBIの動きは?

ttp://www.rockefeller.edu/pubinfo/news_notes/060801/060801h.html

174 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/06 01:13
実験発生学ならカエル、イモリ、ニワトリあたりか。
マウスもできないことは無いが、エレクトロポレーションどまりだろう。
センチュウもハエもできないことは無いけど、
遺伝学手法や、あるいはレーザー除去などの大業。
おもしろいけどね。自由度がせまい。

175 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/06 04:43
>>167
何をもってチャンスと言うか、人によって違いますよね。
分相応なチャンスがほしいです。
CDBにポジションを得た人々が分相応なのかどうかわかりませんが、
私がここのポジションを得ても持て余してしまいそうです。
DQNですみません。
167はミリオンダラーグラントでも手に入れたのでしょうか?

176 :>161:02/04/06 09:41
分相応なのは2割くらいかな。
後はプレッシャーに負けて自壊。
けけっけっけ。

177 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/06 12:14
いつからここは「負け犬の遠吠えスレ」になったんだ。

178 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/06 12:41
>>176
> 分相応なのは2割くらいかな。

君そんなことが言える程業績ある訳?
参考までに1stのtotal IFと総被引用数言ってみな。

179 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/06 13:34
35歳
1stでトータルのIFが20
総被引用数が50

さあ、好きなだけ貶してくれ(w

180 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/07 02:32
>>155
大ボスのIsnerが昨年秋にAMIで急逝したから帰国したのでしょう。

ところで新リーダーのGDNF氏って先行きヤヴァそうだな。。

181 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/07 03:35
「この中央で光っているのがボスです」って実験医学で紹介してた
あの人ですか? へー、バックがいないとやっぱ駄目なんだね。
彼って東京医科大学だったのでは? 

柳沢さんも、ブラウン&ゴールドのおかげでかろうじてやってるような
もんだからなあ。

182 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/07 03:44
臨床医から留学して基礎研究者として帰国した人の中では
珍しくノックアウトに手を染めていない人では。

183 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/07 05:27
発生学のみなら問題ないのですが、再生学(つまり臨床応用)を考えると、自ずと大学病院との連携が不可欠に思います。
この点、ここで話題にあがっている施設はどのように対処されるのでしょうか?どちらかというと、再生学の部門は「時期尚早」と言う立場でしょうか?
もしそうであれば、十分に賛美されるべきでしょうね。

184 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/07 05:28
<ニッポンの研究者海外ラボを行く>
研究プロジェクトと日本人−その1/ソロモンの指輪(科学する心) 【浅原孝之】

185 :>178:02/04/07 09:46

1st total IF, 110
総引用被引用回数、300以上。
あんたは、どや?



186 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/07 10:05
高い数値、回数を言おうとすればするほど、こんなとこにいることを恥ずかしく思わない可愛そうな存在と思われ。

187 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/07 11:17
Proof of just a luck.

188 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/07 12:17
>ところで新リーダーのGDNF氏って先行きヤヴァそうだな。。
この人って自分で論文書けるんですか?

189 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/07 15:41
なんで?
DevelopmentやNeuronに1stがあるよ。

190 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/07 19:59
A氏の1stは、Dev BiolとDevelopmentの2つで、
留学経験もないけど、最近はPIとして優良論文書いて大活躍。
GDNF氏は留学もしてて英語力もあるだろうしお手並み拝見。

191 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/08 02:30
>>190
A氏って誰? CDB以外の人の話?

192 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/09 01:35
発生生物学会近いぞage

193 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/09 02:09
>GDNF氏は留学もしてて英語力もあるだろうしお手並み拝見。

外科医だから阿鼻叫喚ラボになりそうな予感w

>>191
A氏=プラナリアジャンキー

194 :191:02/04/09 06:24
>>193
あっ、そうなの。AG氏ってDev BiolとDevしかめぼしいfirstがないの。フ〜ン、それで教授になれてたんだ。しまった岡山大の教授公募に出せばよかったかな。

195 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/10 09:57
CDBのポスドクの応募ありますか?
いつまでも求人を出している所を見ると、
ラボによっては人が集まっていないように見えます。

196 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/10 10:23
集まってないのにはそれなりの理由があると思われ。

197 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/10 10:25
>193
>GDNF氏は留学もしてて英語力もあるだろうしお手並み拝見。 外科医だから阿鼻叫喚ラボになりそうな予感w

阿鼻叫喚ラボって何?

198 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/10 22:21
体力勝負ってことでしょう。

199 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/11 17:32
外科医=体力勝負って、安直だなぁ。

200 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/11 17:33
ついでに200ゲト。

201 :広末涼子(本物):02/04/12 01:14
外科は寝ないで仕事するのがあたりまえですから。
涼子も、おくちゅりうって、寝ないで仕事してまーす。


202 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/12 02:48
外科出身で留学先ではノックアウトをやってきたっていったらもうDQN臭プンプン

203 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/13 15:21
発生生物学会と細胞生物学会まで、あと40日くらい age
どこで遊ぶよ?

204 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/13 15:22
ageそこねた、鬱だし脳

205 :>194:02/04/13 15:55
Developmentに3、4本ファーストがあったらかなり立派だと思うが、
一般的に。

206 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/13 15:56
Ken Choって日本人なの?

207 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/13 17:21
>206
高校までは日本で過ごされたらしいです。
大学からアメリカに渡ったそうな。
日本語で話し掛けても大丈夫でした。
イントネーションが関西弁風でした。

208 :   :02/04/14 01:09
発生なんて言い訳のうまい奴が好きな分野だな。

209 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 01:12
Ken ChoさんをCDBに!

210 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 01:14
>>206
>>207
韓国産まれの韓国人で高校まで東京育ちです。今も実家は東京に。
英語の撥音は日本語英語ですが、とても流暢で早口です。
日本語ももちろんOKですが、セミナー等でだと日本語の
technical termがちょっとおかしなこともあります。

211 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 11:34
Dr.Asaのニッポンのバイオ研究者海外ラボをゆく―アメリカで研究していこう!ラボを持とう!
浅原 孝之 (著)

212 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 11:35
  ↑
適当なこと言うな!!

213 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 11:42
CDBに来て欲しい研究者は?
日本人、外国人問わない。

214 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 11:49
マイケル グリンバーグ

215 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 12:06
Rich Harland

216 :自薦:02/04/14 13:57
俺、俺!

217 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 14:32
Tom Maniatis

218 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 14:50
David Anderson

219 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 17:20
J.B.Gurdon

220 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 19:23
Nicole LeDourin


221 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 19:39
219と220はもう引退間近ですね。

222 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 20:33
>221
いいの、引退間近でも。鎮座するだけではったりが利くから。

223 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 21:14
Andy McMahon
C. Bargmann
C.Tabin

ぜったいこねえや。

224 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 21:18
来る、来ないは別にして「来てほしい研究者」をもっとあげて。

225 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 21:23
N Itasaki
K Hatta


226 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/14 21:29
M. Asashima
H. Okano
K. Yoshizato

227 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 00:13
>>226
イイ!(藁

228 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 00:34
Tabinいらねー。
Gurdon, LeDourinもいらねー。

229 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 00:51
Tom Jessell

230 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 01:39
>>225
うわさだけどHatta氏は実は前回に面接で落とされたんだよ。発表が酷かったらしい。

231 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 02:22
>>225 N Itasaki

どうせなら元ボスのR Krumlaufってのはどうヨ。

Itasakiさんは以前にKu大の発生医セの教授に
誘われたけど断ったらしいから日本に帰る気は
ないんじゃないの?

232 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 04:04
Krumlaufってアメリカのど田舎の研究所に移ったんだよ。


233 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 04:52
Mario
Dennis

234 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 05:14
>>233
それじゃ、亜伊沢さんの立場がないじゃん。

235 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 05:15
Hans Spemann

236 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 06:46
Martin Evans

237 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 07:48
>235
Spemannをだすんなら、せめておなごのMangoldにしませんか?

238 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 07:52
ちなみにNicole Le Douarinだよ。と、おもうよ・・・
ま、ちょっとはちがうかもしれんが。(さだまさし風)

239 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 08:11
GM Edelman
RO Hynes
E Ruoslahti

240 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 08:13
>233
Dennisってだれ?

241 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 08:17
P Gruss
R Jaenisch
R Yanagimachi


242 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 08:19
結局、CDBのメンバーより、それぞれの分野で更に上の人が
でてくるというところが、CDBが2流であることを示している。

243 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 10:19
>241
うけた

244 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 15:46
>242
CDBは準1流の皆さん(だってそんなに年寄りいないことないですか?)を集めて、組織としては世界一を目指すコンセプトとして理解してますよ。


245 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/15 17:10
>>239
つかみ合いの喧嘩になったりして(w

46 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)