5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

SHHの3文字に弱いんだわ

1 :ptc gli1:02/01/26 07:20
Sonic Hedgehogは何年か前のmolecule of the yearに輝いた
優れもの。

みなどもの思い入れをカキコしちまおう。

2 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/26 18:36
「みなども」ってどういった意味なんですか。

3 :ptc gli1 :02/01/27 05:09
やば、もっと皆さんもこの分子に人生振り回されている
もんだと、すっかり思いこんでた。
このレスのつきようだと、そうでもないんだ。
わし、さみしい・・・

4 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/27 15:05
SHH詳細キボンヌ

5 :ptc gli1 :02/01/27 16:22
Shhはゲームのキャラからのネーミングです。
発生の初期において、まず体軸形成が行われるのをご存じでしょうか?
どっちを頭にしておしりにするか(前後軸)とお腹と背中(背腹軸)を
おおまかに決定します。左右も同じ頃に分化しています。こうして、
最初に決定された位置座標で外中内各胚葉それぞれ別々の組織を
形成し、発生が進んでいきます。この中の背腹軸に影響を与える、
特にお腹側(脊椎動物)を誘導するのがSHHです。

6 :Hip:02/01/27 17:48
的外れではないけど、ストライクでもない詳細だね。
指導教官が読んだらため息ついちゃうよ。

7 :ptc gli1 :02/01/27 18:05
Hipさん、アフィニティーがあるのでつい引き寄せられましたか?
Hipに関する論文も少ないよね。ということで、Hip詳細キボンヌ

8 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/29 03:49
Tom Jessell age

9 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/29 09:39
結局、各胚葉の細胞が濃度勾配を検出するためのひとつの手かがりとなる
物質なんですか?

10 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/29 09:47
発生系の遺伝子のネーミングって割としゃれっけあるわな。映画の主人公のなまえとかついてなかったっけか。

11 :ptc gli1:02/01/29 09:47
というか、「濃度勾配」そのものです。
脊椎動物では神経管の腹側に脊索という構造が一過性に出現しますが、
SHHはそこで作られ神経管に濃度勾配を形成しつつ、腹側の性格を
決定していきます。運動ニューロンやオリゴデンドロサイトが神経管
の腹側にしか発生してこないのは、このせいです。

12 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/29 09:57
Shhが分布して濃度勾配を形成すると?

13 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/29 10:01
Shhが移動して形成した濃度勾配を胚葉の細胞が検出するのか、
細胞が移動しながらShhの濃度勾配を検出するのかどちらか?
と訊いているのです。

14 :ptc gli1:02/01/29 10:47
前者です。

15 :ptc gli1:02/01/29 10:57
少し予備知識がないとつらいかもしれませんが、これらあたり読んで。
Cell 2000 May 12;101(4):435-45
A homeodomain protein code specifies progenitor cell identity and
neuronal fate in the ventral neural tube.

Cell 2001 104: 861-873.
Groucho-Mediated Transcriptional Repression Establishes Progenitor
Cell Pattern and Neuronal Fate in the Ventral Neural Tube

細胞が濃度勾配を検出して、かつそれをどのようにドメイン形成に
こぎ着けているのか説かれています。


16 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/29 11:15
Sukegawa, A., Narita, T., Kameda, T., Sitoh, K., Nohno, T., Iba, H., Yasugi, S. and Fukuda, K. (2000).
The concentric structure of the developing gut is regulated by Sonic hedgehog derived from endodermal epithelium.
Development 127: 1971-1980.

我らがkokko先生もSHHをバリバリやっておられますな。


17 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/29 12:55
>>15
PubMedでサマリーだけ読んだけど、neuronal patterningの写真がないと
わからんね。
オイラが知りたかったのは、progenitor cellの移動を開始させるのが
Shhなどによる濃度勾配なのか、ということなんだけど。

18 :ptc gli1:02/01/29 16:40
>>17
SHHにchemoattractant活性は報告されてないと思います。
むしろSHHによって決定された層構造から、2次的に作られた
attractantが細胞移動には重要だと理解しています。

>>16
kokko先生って初めて知った。(@東京都立大学)
漏れももぐりか・・・・

19 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/29 18:25
>>18
>SHHにchemoattractant活性は報告されてないと思います。
ふむふむ。
>むしろSHHによって決定された層構造から、2次的に作られた
>attractantが細胞移動には重要だと理解しています。
で、その二次attractantもchemicalなものとお考えですか?
Shhから二次的なattractantは作られるのでしょうか。作られるとしたら、
それはどのような性質を持つのでしょう?

20 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/29 19:13
>18
ケモアトラクタント(なんでもよい)の濃度勾配ってよく言われるけど
それを可視化ってできるの? 2-フォトンかなにかを使うの?

21 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 00:59
>>5
ほんまにセガ由来なん?
ここ(2h)でそう聞いたことあったけど、ネタだと思ってた。
十年前ぐらいのはオンラインで読めんから確かめられんかった。
最近のペーパーで由来が書いてあるのない?
もしかして15、16ってそう?

ただの野次馬なんで答えがなくても文句はいいませんが。

22 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 01:02
>>21
SHHを見つけたひと(名前忘れた)の口演で、本人がそう言ってたけど?

23 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 01:03
>>21
>ほんまにセガ由来なん?
ではIndian Hedgehogも誰かが偶然名付けたとでも思うのか?

24 :21:02/01/30 02:32
>>22、23
私のような部外者に解答があるとは。ありがたや。
なんとなく信じたくなりました。
流れを断ち切ってすいませんでした。
ref、よんでみます。

25 :ptc gli1 :02/01/30 04:50
>>21,24
確かな情報ですよ。漏れも、ハリネズミに似たマウスかなんかの
自然ミュータントから割り出された原因遺伝子ぐらいに思ってた
のですが、かなり早い段階でレビューかなんかで紹介されました。
というわけで、こんなところでも日本発の文化が取り入られている
のです。

>>19
質問が段々難しくなっていくので、頭の悪い「SHH下流遺伝子」には
答えられそうにありません。どなたかほかの方で・・・

26 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 21:08
本当にSHH濃度勾配はdigits pattern/NT ventral patternに必要なのだろうか?





27 :羽を作る遺伝子なのに、どうしてwinglessという名前なのですか?:02/01/30 21:41
long rangeで効くために6量体だったかを形成するのは
in vivoで確かめられたのかな?

Shhの濃度勾配って単純に拡散現象で形成されるのかなー?
ptcの誘導→近場でShhをたくさんトラップ→準近場には薄めのShh→それなりのptc誘導→
  ほどほどにShhをトラップ→中場にはかなり薄めのShh→ちょっぴりptc誘導→
    ちょっぴりShhトラップ→・・・
って感じにはならないの?

28 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/31 01:00
Shhの濃度勾配が拡散現象で形成されるかどうかはともかく、それでは細胞が
濃度勾配を検出することはできない、と思うんだよ。濃度勾配は細胞自体が動いて
初めて検出できるんじゃないの?

29 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/31 01:23
>>28
それが転写制御の面白いところさ。
2種類のシグナル分子があれば、濃度「差」を検出できるわけ。
ハエの初期発生を考えてごらん。

30 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/31 01:39
>>29
検出できることと移動できることは別なんじゃないの?
検出できたからといって、それでは移動の推進力は生じないだろう、
ということ。

31 :しろうと:02/01/31 01:46
>29
ハエの初期発生に関する解説きぼ〜んぬ。

32 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/31 01:49
こういう現象がvivoに近くて、操作可能な条件で、
リアルタイムに見れる系が作れると面白いかなと思う。
素人コメントで、スマヌ。

33 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/31 03:48
>>羽を作る遺伝子なのに、どうしてwinglessという名前なのですか?

本当はご存じなんでしょうが・・・
勿論見つかった元のミュータントからの命名ですよね。

>>26
NT ventral patternに関しては信じて良いんじゃないの。

>>28
濃度勾配はわからんでも、パターンは形成されるというのが
15で紹介した論文です。だてにCellじゃあないのだ。


34 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/31 04:08
だてかもしれぬ。

35 :ptc gli1:02/01/31 06:48
>>27
これに関してなんか言っておくことないの、Hipさん?

>>34
Jessell一派に限ってそれはないでしょう。
彼はイギリス人って知ってた?イギリス人もできるやつは、
アメリカにいくんだね。日本だけじゃないようです。
(当方はそのイギリスより発信中・・・)

36 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/31 06:54
イギリスにはまだ情報が来てないね。

37 :ptc gli1:02/01/31 06:56
>>36
なんのことよ?Jessellが帰ってくるとか?


38 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/31 23:39
>>33
>勿論見つかった元のミュータントからの命名ですよね。
遺伝学って、この辺が難しいと感じるね。


39 :ptc gli1 :02/02/06 06:45
gli関連が難しくて、ちっともわからん。
下流にWnt系なんぞ持ち出されたら、ややこしいやんけ!
かと思えば、今度はWntが背側化にきいとるだと!(高田先生)
ううううう、鬱になりそう。

40 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/06 10:19
これからはWnt BMPだね。

41 :ptc gli1:02/02/06 18:03
>>40
いみじくも胴衣。
(おまえが胴囲してどうする!)

42 :どうでも居いけど:02/02/06 22:11
mutantが双頭胚を作る遺伝子にケルべロスというのがあるらしい。

43 :ptc gli1 :02/02/09 06:14
わしのしっとるケルベロスは確かFFにでてきたような・・・
本当はなにか元ネタがあるんだろうけど。

44 :Hip:02/02/09 10:13
Cerberusって、ケルベロスって発音するの?
サーベラスというのも聞いたことがあるんだけど。
Gremlinに引っ掛けたならケルベロスのような気もするしなぁ。

45 :ptc gli1:02/02/09 16:39
>44
Hipさん、おひさしぶり。
そうか、cerberusか!イギリスでは少なくともサーベラスと
いってるんで気づかなんだぞ。辞書では頭3つとあるが・・・
(〔ギリ神話〕ケルベロス:冥府(めいふ)の門を守る頭が3つある犬)

話題それるけど、deRobertis研からでたIGFの論文どうなんでしょう?
そんなものどっかに局在発現してんのかな?(でもおもしろいね)

46 :ptc gli1 :02/02/11 04:39
できの悪い子(=スレ)ほどかわいいのであげ。

47 :ptc gli1:02/02/13 05:31
前回のレスでは上がってなかったようで・・・

Shhの下流であるはずのNkx2.2が、Shhの存在しそうにない時期に
発現上昇するだと?Shhの立場は?!

48 :ptc gli1:02/02/16 17:11
Curisよ。もっとSHHNわたさんかい!実験がおわらんぞ・・・
それとHipさん、まだ解説聞いてないよ。

49 :Hip:02/02/16 18:35
>47

他のヘッジホッグシグナルが効いてる、とか。
ShhとNkx2.2って発現プロファイルは一致してるの?
してないんだったら別の活性化経路、抑制経路があるに決まってる。

50 :ptc gli1:02/02/17 06:43
Hipさんとチャット状態。
一致してないから大事件。
オリゴデンドロサイトに関しては、ShhとNkx2.2の解離があるのだと
思って、論文準備中。他のヘッジホッグシグナルがないのはほぼ
確認済み。別の経路がありそうですが、その詳細はいまトライしてる
nature medicineに注目してね。

51 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/17 06:48
rab23?

52 :ptc gli1:02/02/17 06:52
>51
さっそくネーチャンの論文を再検討します。
もし当たってたら、51さんの貢献を感謝します。
(51さんもShhには相当悩まされてると見ました)

53 :ptc gli1:02/02/17 22:22
>51
rab23大いにありそうだわ!すっかり忘れてました。
しかし、HHのシグナル伝達って本当に解ってないね。

54 :ptc gli1:02/02/19 03:00
Rab23の話はここで盛り上がりましょう!
やはりねーちゃん論文にあったようにnogginが鍵なんでしょうか?
もうひとつ謎は、前脳での腹側化でSHHとBMPが共同作用をもつことが
示されてますが、一見相反するシグナルがいかに協調作用をもつ
ようになるんでしょうね?

55 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/19 05:07
BMP7だけは他のBMPとちがう、というだけ。

56 :ptc gli1:02/02/19 05:23
>55
どう違うのでしょうか?
Pituitaryの発生では、今度はBmp2との協調らしきものも見られるようです。
Bmp7だけにChordinですかね?

57 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/19 23:54
Cordin/Noggin/Cerbeus etc.はただのBMP inhibitor/ragulatorにすぎないのでは?

58 :ptc gli1 :02/02/20 03:52
>57
発生はBMPとWNTのantagonismによって成り立ってますよね。
(特に頭部形成には必須)

59 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/21 13:11
Ptc> ハリネズミに似たマウスかなんかの自然ミュータントから割り出された原因遺伝子ぐらいに思ってた

あ、あのねえ、ショウジョウバエのmutantaで剛毛がハリネズミのごとく異常になるヘッジホッグというのが先にあってね、その遺伝子のマウスホモログということと、
オーサーのひとりがSegaのゲームファンだったのでShhになったのさ。
そんなこともしらないで板つくったの?
rab23に驚くのなら、先にNature Neurosci.(2000) Vol3. 979-985はフォローしてるよね?
Shh KOつくったChiangのpaper。Gli3KOでShhKOがレスキューされる最初の報告。
オリゴならAltabaのDevelopment(2001)も考えんと。



60 :ptc gli1 :02/02/21 16:40
Gli3とのdouble KOでは最腹側はレスキューされてないんですよ。
これは元々Gli3が背側にしか発現してないからだと思われます。
Nkx2.2なんかでみると、Rab23とのdoubleがやはり唯一の例では?
オリゴの誘導にもNkx2.2がさかんに言われてますね。

61 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/22 00:09
> 唯一の例

まだpublishされてないけど他に2例もみつかっているよ。
じきに出るよ。ひとつはrabと同じグループ。もうひとつは北米神経科学会で発表済み。

62 :ptc gli1:02/02/22 03:59
あいた!San Diego行ってなかったもんで。
貴重な情報ありがとさん。探してみます。

63 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/22 04:33
なんだみな周知のこととして触れないのかと思った。

ptc gli 1さんが一番最近のShh関連情報を知らないみたい。
UKはこわいね。


64 :ptc gli1 :02/02/22 09:37
実際問題、イギリスはあまり情報が早いほうでもないようです。
それとも、おれだけが遅れているのか?
やっぱりアメリカか・・・

65 :ptc gli1 :02/02/26 03:11
自分でスレ立てといてなさけないんだが、誰かpermeaseの
こと詳しいかたいらっしゃいませんか?

66 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/26 18:50





67 :ptc gli1 :02/02/27 02:27
>66
なぞなぞでしょうか?

68 :ptc gli1:02/03/03 06:49
私はSHHに弱いが、SHHはコレステロールに敏感。(*^_^*)

69 :ptc gli1 :02/03/06 11:02
SHHシグナルをBMPが抑制するとのデータをPlaczekが出してましたが、
またもやそのメカニズムは不明と来ました。彼女の論文そういうの
多いですが、どなたか知恵を出してください。

70 :Hip:02/03/06 12:01
HHシグナルを抑制するのはPKA活性が上がるとか、Gliの発現を調節
するとか、そんなんじゃないの?

71 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/06 12:05
Dickkopf-1の読み方を教えてください。
この分子はwntと競合してレセプターに結合することで
wntシグナルを抑制しているのでしょうか?


72 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/06 15:47
>Dickkopf-1の読み方を教えてください

ディコップワン。

>この分子はwntと競合してレセプターに結合することで
>wntシグナルを抑制しているのでしょうか?

その通り

73 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/06 16:11
>72

ありがとー。

74 :ptc gli1 :02/03/06 16:24
>71
Dickkopfはドイツ語だから少しドイツアクセントを入れれば完璧?
辞書引くと、頭でっかち、頑固とか言う意味もあるみたいです。

>70
Hipさん、まいど!
いつも面白い示唆ありがとさん。ちょっと見てみます。

75 :ptc gli1 :02/03/07 06:48
Hipさん本当にありがと。
突破口が見えてきました。

76 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/07 11:46
Shh以外の面白い由来の名前がある遺伝子を
教えて下さい。musashiとか

77 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/07 14:14
カウチポテト=動かないハエ

78 :ptc gli1:02/03/10 09:05
SHHの文字を他のスレで見かけました。ちょっとおげれつだけど。
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/life/1005740959/l50

でも鼻って、レチノイン酸じゃなかったかな?いや鳥のくちばしだから、
唇?しかし、SHHってfacial mesenchymeに発現してましたっけ?


79 :ptc gli1 :02/03/23 07:07
うわっ!Wnt系から横やりが・・・
(というか、とうとうGSK3までがでてきちゃったよ)

80 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/23 09:16
ptcさんは最近この分野に来たの?

81 :ptc gli1:02/03/23 16:18
ほぼ1年前からでしょうか。うー、しかし難解な分野ですね。
どなたかSHH-NをCuris以外から入手されている方いらっしゃいませんか?

82 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/23 22:29
R&D社では売ってなかったっけ?

83 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/23 22:32
RA--up-regulate--Shh.


84 :ptc gli1 :02/03/24 01:15
>82
R&Dのって無修飾でかなり高い・・・
これ使ってる論文とかあります???

>83
だったらいいんですが、うちの系ではdownregulateしちゃうみたい。

85 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/24 01:52
over dose ?

86 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/24 16:40
>85
それはありえます!
うちでは1uM使ってますんで・・・
低濃度で作用させたサンプルもありますので、そちらで見てみます!
さんくすべりむーちょ

87 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/30 08:43
>>79
この論文しょぼいね。
vitroのデータプラス遺伝学の間接証明。
Cellも時々、この程度の論文載せるんだよなあ。
同じ号に載ってるカテニンの論文との合わせ技かな?
カテニンの論文も結構しょぼい

88 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/30 12:09
ケチつけるだけかよ。
建設的にやれよ。

89 :ptc gli1:02/04/01 04:52
>87
SHHもWNTも、「基底細胞癌」で繋がっているのでインパクトが膨らむのではないでしょうか?
この辺は純粋な生化学では計りづらいところがあるようにおもいます。

>83,85
かなりの賢者とお見受けしました。とにかく、感謝です。

90 :名無しゲノムのクローンさん:02/04/01 23:30
51=61=83=85=私なんだけど、
賢者でも何でもないです。無名ですし、shh専門家でもないです。
ただ、見ていて歯がゆかっただけです。
感謝していただけるのは素直に嬉しいのですが、
無名の私の素人意見に感謝するより先に、
ギルバートの教科書や、少し前のshhのreview等を読むなり、
Shh周辺のBasicな知識を、もう少し、
おさえた方が御研究がよりスムーズに発展するとおもいます。
僭越ながら...。


91 :ptc gli1 :02/04/02 03:20
>91
仰せの通りで逝ってきたい気分です。
でもめげずに頑張るしかないので、今後もアドバイスをお願いする次第です。
しかしおかげ様でSHH関連初論文投稿の運びとなりました!

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)