5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

逝 っ て る 学 者 さ ん (生物バージョン)

1 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/12 08:28
当方生物系の学生ではないですが
こんな面白いホームページ見つけました

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/5828/

これはどこまでフィクション?
今まで性格が逝ってる教授は何人も見てきたけど
ここまでひどい人はさすがにないな

2 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/12 08:56
悪いのは教授だけでない。
Webで公開するような奴は少なからず性格異常が見られること多し。
どうせやるなら
”逝ってる学生さん(生物バージョン)”のスレも立てるべし。

よってこのスレ終了。

3 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/12 09:00
ほんとはどっちがひどかったのかわかんない。
逝ってる学者より逝ってる学生の方が多そうだし。
大体この人、腰が据わってないんじゃない?
行く研究室の様子などあまり調べずに行ってみたら違うから
中退とかさ。
教官の肩持つわけじゃないけど、こういうことってどっちもどっちじゃないん?

4 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/12 09:07
尽きた研にもおかしな奴いたけど、あいつどこ行った?

5 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/12 09:14
Who? >>4

6 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/12 09:21
なんか知らんが全部自分一人でやろうとして、とんでもないこと始めるんで
ボスが見かねて周りのやつらがサポートするように計らっても、迷惑がって
相変わらず何でも一人でやろうとする奴。穴だらけの計画で、一人で行き
詰まってるから皆で心配してんじゃねーか。おまえは唖か、人の説明聞いてん
なら一言でもいいからなんか言え。

7 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/12 09:34
>6
説明の意味わかんなかったんですう。
ちゃんとわかるように説明してくださいですう。

学部帰れや。

8 :sage:02/01/12 12:32
周りの人が何を言ってるのか理解できないなら、
小学校の特殊学級にでも逝けや。

9 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/12 18:50
>2
学生の人権> http://www.pluto.dti.ne.jp/~mic-a/student/case/case.html

事例6

教授との意見の相違があり、議論や口論をつづけるうち、ある日大学にきてみたら教授の
命令によって自分の荷物がすべて廊下にほうりだされていた留学生。


解決:
 その留学生はその後ノイローゼ気味になり、下宿に帰らなかったり、大学の中に泊まり込んだり、
学内の掲示板に母国語で「皆殺しにしてやる」といった意味の記述を残したりした上、学外での不法
侵入で警察の世話となる。それを機に、入院の上、両親に迎えに来てもらって、母国に帰らされた。

 国際問題寸前の事例である。表沙汰にならぬよう、細心の注意を持って対処にあたったもよう。
実際には、指導教授はほとんど無責任をつらぬき、強制退去させようとしたり、無視したり、と
すさまじい態度をとりつづけた。
指導教授が最初にやろうとしたのはこの学生からの学籍の剥奪であり、そのために国費留学生の
資格を取り消そうとした。当然、これについては不審に思った文部省から問い合わせがあったという。
自分の名前で国費留学生を申請しておいて翌年に取り消しというのはあまりに不自然だったということだ。
このトラブルは教室内のごく一部の教員の尽力によって初めて解決に向かった。ただし、その際に教室の
他の教員の多くはまるで三流週刊誌のゴシップを期待するかのような下卑た態度をもってあたり、指導教授と
似たり寄ったりの無責任さを発揮したが。

 この件では掲示板に書かれた文字を読むことの出来る他の留学生たちが感じた恐怖は、文字どおり筆舌に
つくし難い。もちろん、指導教官にしてみれば、学生の態度・能力について一言も二言もあるのだろうが、
「廊下に荷物を放り出す」など、それこそ日本人だったらそのまま証拠写真とられて民事にもちこまれて当然の
愚行である。留学生が相手だからそういう行きすぎたことが平気で出来た、というのであればこれは事例2、
事例3と同じ問題であるといえる。偶然、その留学生の精神状態に問題がある、ということを明らかにできた
からこそ解決した問題であり(留学生自身の書類にも不備や偽造があったことが結果的に判明したりもした)、
現実には同様の境遇にあってなお精神に問題をきたすこともなく悩んでいる学生が存在していることのほうが
この問題の本質なのだが、そちらについては、結局この事例は何一つ改善をもたらさなかった。この研究室で
はその後も志半ばで帰国する留学生がいた。その学生は、ここでは学位は期待できないのでフランスに再留学
すると語ったという。

 ひとつだけ、この事件が残した改善がある。それは、留学生と指導教官との間にトラブルが生じたとしても、
学部としては、極力その学生の学籍を維持することを前提として対処するようになった。作成された報告書も提出さ
れぬままにみかけの上では消滅したこの出来事は、「しごくあたりまえのこと」を学部に植え付ける役には立ったと
いうべきなのかもしれない。いいかえるならば、学生の基本的な権利は、こういうことでもないと保全されな
い、ということでもある。

10 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/12 18:56
どうでもいいけど、1の紹介してるページは去年も見かけたぞ。生物板で。

11 : :02/01/12 19:39
>>10
禿同。
他の板で見た気も。

12 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/12 21:30
鹿児島大(歯学部?)の能登さんは最近どうしているのか。

13 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/12 21:44
奇人、変人こそ大事にしなくてはいかん。

14 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/12 22:01
1のような教官も学生も生物系では日常茶飯事である。
学生が耐えるか、教官が耐えるか、ということで
かろうじてなりたっている。

15 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/12 22:58
アカデミック・ハラスメントと題された記事がScience 219巻(2001年2月2日号)817-818ページの NEWS FOCUSというコーナーで取り上げられていた。記事の執筆者はDennis Normile氏で、日本の大学における女性差別
の原因になるのが講座制というシステムであることなどを取り上げている。グラフは各種専門分野ごとの学部学生、修士、博士課程における女性の割合と大学職員に占める女性の割合とを並べて比較したものを出している。人
文学だと博士課程までの学生は半分以上が女性であるにも関わらず、教官は僅か10%強という不自然さである。
ところでこの記事のきっかけとなったのは奈良医大アカハラ訴訟という裁判の判決が出たことであり、Scienceでも目次のページと記事の本文の両方に原告であるOさんの写真を載せている。訴訟内容は彼女の支援者が作って
いるらしいページに詳しく載っているのでそちらをごらん頂きたい。判決は県に55万円の損害賠償を求めたもので、県は控訴している。
そこで私が違和感を抱くのは、この事件が本当に「アカデミック・ハラスメントの典型例」とは思えないことなのである。確かに女性差別は存在する、大学でいろんな意味で嫌がらせを受けたという女性はたくさんいるだろ
う。Scienceの記事にも別に異論はない。けれども彼女の事件については、私個人としては全く彼女の意見に共感できないのである。

彼女のページを見るとこう書いてある。

私は、助手として奈良県立医科大学に採用されて以来、今年(1998年)で22年になります。その間自分の研究テーマを持って研究をおこない、業績も挙げてきました。
・1949年生まれ。大阪府在住。
・大阪市立大学理学部を卒業。同大学院理学研究科博士課程を中退。
・現在、奈良県立医科大学 公衆衛生学教室 助手
・医学博士。

つまり27才で助手になりその後51歳に至る今までずっと同じポストにいるということのよう。
さらにこうも書いてある。

<アカハラのおこる背景>
 被害を受けるのが女性の場合には、女性差別が背景に必ずあります。女性は研究能力の如何にかかわらず、実験補助としてしかみなされず、長年勤めても昇任はありませんでした。20年以上助手のまま
という女性はざらにいます。私も24年間助手のままです(2000年)。
私は、医学博士号をもち、研究業績もあります。外国に留学し、国際学会でも発表しています。講義もおこなえます。 講師以上の職に昇進させるのに、なに一つ欠けるものはありません。

16 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/12 22:59
多分、意地悪だろうなとは思ったのだけれど、フルネームが載ってたので文献検索サイトhttp://www.ncbi.nlm.nih.gov/PubMed/で論文を探してみた。
Ogoshi-K, Naraでサーチ、その結果がこれ(2001年2月24日)。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov:80/entrez/query.fcgi?CMD=search&DB=PubMed
ヒットしたのは僅かに5件、うちファースト・オーサー3報、いわゆる一流誌は一報もない。
結婚して姓が変わってる可能性もあるのだけれど、この中でもっとも古いのが1989年のものだから、少なくとも12年間でこれだけしかないとは言えよう。
(ちなみに二流研究者を自称しているUneyama-Cだと52件ヒットする。これは全て私であって、同姓同イニシャルの人はこの業界にはいない)ここで検索できるのは英文のみだけれど、研究者にとっては日本人にしか通用し
ない文章は業績とは言えないだろうから充分だろう。
結局これから想像できるのは、新任教授は仕事のできる別の人材を採用したかったのだろうけれど、身分が公務員のため自発的に辞めてもらう以外に方法がなく、嫌がらせをして辞めると言わせようとしたのだろうというこ
と。もちろんその嫌がらせが正当な行為でないことは言うまでもない。けれど事件の発端が1993年で、今でもこの助手と教授は教室にテープを持ち込んで録音したり裁判で争ったりということを続けながら同じ教室に居続け
ているわけだから、傍目には驚異的である。まともな研究なんかできないだろうし、まともな医者をつくるための講義もちゃんとできているのか心配になる。
この事例が現在助手クラスの若い人たちに何らかのメリットがあるかというと多分それはない、と断言できる。現在多くの大学や研究機関で、研究者の採用は最大でも5年契約がほとんどだからだ(研究を主導する立場のチー
フだってそうだ)。その間に有用な人材であると判断されない限り、延長はない。結果を出さなければ研究主任だって次の仕事はない。だから20年以上も同じポストに居続けることはまず不可能だし、気に入らない人を辞め
させるための嫌がらせなどする必要もない。契約を更新しなければいいだけなので。

Oさんはこうも言っている。

女性で、自立した研究者で、教授にこびへつらわない者は、目障りなので出ていって欲しいのです。昇進など、とんでもないというところで しょう。その代わり、研究妨害、誹謗中傷、転退職勧奨がおこ
われるのです。目的が、目障りな者を排斥することにありますから、当人が辞めるまで続きます。

17 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/12 23:00
自立した研究者なら、より良いポストを求めてどんどん移動するべきだし、そうしようと国レベルでもいろんな対策を講じてきている。今大学院を出て博士号を持ってポスドクのポストを転々としているような人たちは、30
台でも4割ほどは研究者として残れないだろうと言われている。彼らにOさんの話をしてみればなんと言うだろうか?間違いなく、自分の方が業績もあり体力もあり、そのポストをあけ渡して欲しいと言うだろう。そして医学部
なら医師免許を持っていない人間が昇格できないことに特に問題はなく、むしろ当然なのである。県立大学ならなおさら、その使命は優秀な臨床医を育てることにあるはずで、研究ができるかどうかは二の次にされても仕方な
いのではないか。

研究職はブルーカラーではない。高度専門職である。だから結果が出せない場合は引退すべきであると私は思う。働く権利だとか雇用者の責任だとかいうような「運動」はよそでやって欲しい。
(Oさんのページのリンクにがんばれ国労闘争団 なんてのがありました。)

女性差別は許し難い。だけど何でも「女性だから差別された」と言ってしまっては、本当に良い仕事をしてるのに評価されない人たちにとっては逆に迷惑。この事例を見て、「女はこれだから扱いにくいんだよな」と頷き合っ
てる男権主義者たちの喜ぶ顔が想像できてしまう。Scienceの記者がこういうことまで理解できるとは思わないけれど。

18 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/12 23:08
scienceってことはアメ公か?
自分たちのことを棚に上げてよく言うな。

19 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 04:40
>研究業績もあります。
この人より論文出してるぞ俺。5年で5本。IFもそこそこ高いし。
>外国に留学し、
してるぞ俺も。
>国際学会でも発表しています。
年に2回は国際学会で発表してるぞ。
>講義もおこなえます。
俺もできるぞ。非常勤やってたし。

そんでも俺は助手のポストを得るのにも不十分だと思ってる。
4割組に入るんじゃないかなって思うし。
研究者は研究してなんぼのもの。
年数勤めたから昇進なんて甘ったれたこと抜かすなってんだ。
いやなら飛び出して別の研究機関行けばよかっただけの話。

20 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 04:46
>>1
のページは1年か2年程前に全部読んだ記憶がある。

まあN教授が変な奴であることは確かだけど、筆者も要領の悪さを感じるね。
仮に彼が大学院行かなくて就職したとしても職場で人間関係を破綻させた
ような気がする。

やっぱりケチのつきはじめは阪大の院を中退したことじゃないかな?いくら
MDがむかついてもPhDはとってなんぼの世界だからここで我慢できなかった
あたりがイタイ。ていうか、いくら薦められたからといってももう少し業績
とか調べるだろ。

次に基生研に移った時、初めて指導教官に逃げられてることに気付くあたりが
オマヌケ。普通、もっとやりとりしないか?それにテーマを変えた方が有利と
思うんだったら自分から言い出すのが基本。この人は修士号持っててドクター
コースに既に2年在籍してたんだから、そのくらいの分別はあるべき。

卒業後の就職の話で教授がキレたのはちょっと不思議だけどね。まあ、一人で
就職活動して黙ってよその先生に会うのを嫌う人もいるから普通は教授に
相談しつつやるもんだけどね。

要するにこの筆者の運はすごく悪いんだけど、全部本人次第で回避できたはず。
頑固で融通が利かず周りをちっとも見てない人物像が浮かんでくるね。この人が
もし順調に出世して教授になってたとしたら、そらオソロシイで。

21 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 05:13
あ〜、N教授のところの事件か。N教授はすごくいい人だと思うけど。裁判か何かになったんじゃなかったっけ?

>つまり私は、この研究室ではこれまでで唯一人、研究指導教官無しで研究を進めて いかなければならなくなった。

なんて>>1のリンク先にかいてあるけど、オレなんかマスターの途中からほとんど一人で実験進めてたぞ。それの方が、自分のやりたいことが出来るやん。
で、わからないところがあったら、自分の研究室に限らず別の研究室にも出て
いって質問・ディスカッションする。これ基本。日本の学生・院生はそういう
ところが受け身過ぎると思うね。特にこの人物はそう。

22 :>20:02/01/13 06:28
>卒業後の就職の話で教授がキレたのはちょっと不思議だけどね。まあ、一人で
>就職活動して黙ってよその先生に会うのを嫌う人もいるから普通は教授に
>相談しつつやるもんだけどね。

教授がかちんとくる言葉を吐いちゃったんじゃない?
教授だって人間だからキレもするよ。

23 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 07:09
>>21
裁判?マジ?ソースきぼんぬ

24 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 07:20
>>21
N教授っていいひとなの?
>>1のリンクしか見てないから変な奴かとおもたよ。
N教授擁護論キボーン。

25 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 07:43
>>21
オレもD論のテーマの変更でボスと大喧嘩したよ。
オレが超ネガティブデータ出して、これ以上やっても
無駄だっていったら、喧嘩になった。
イギリス人だから、英語でやるの骨折れたよ。
もう少しで研究室辞めるとこまでいったけど、
結局ボスが折れて今はそれなりにうまくいってる。

26 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 09:07
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/5828/torment5.htm
> 私の経験では、研究室のリーダーの8割以上が、下の者から
> 軽蔑されているという風に感じました。

たしかに。
しかし軽侮されるのと嫌われるのも微妙に違う気が。

27 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 09:17
このHP作者が筑波かどっかで働いてるとか
カキコミがあったけど詳細きぼう。

28 :26:02/01/13 09:25
補足なんだが…ちょっと考えた。

馬鹿にされてる→学生が自分の実力を省みず教官に責任を押し付ける
嫌われてる→マジ教官の性格悪いor実力ない

という確率が高くないかな?

29 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 09:27
いい人かどうかはわかんないけど、普通の人だったよ。
でも話しただけじゃわかんないかも。

容貌で損してるかも。

30 :26:02/01/13 09:41
俺もボスとは無茶苦茶もめてえらい目にあったクチだから、
なんか真剣に考えてしまうよ。

>>2
>悪いのは教授だけでない。
>>3
>教官の肩持つわけじゃないけど、こういうことってどっちもどっちじゃないん?

そうやって責任の所在を曖昧にするのは、教官の肩を持ってるってことなんだよ。

>>20
>筆者も要領の悪さを感じるね。

確かに、真面目すぎる印象があるな。きっちりWWWで公開したりとかな。
でも、そうやって学生の側の問題ばかりあげつらうのも、教官側の
責任をうやむやにするだけだと思うぞ。

>卒業後の就職の話で教授がキレたのはちょっと不思議だけどね。

これは経験したものでないと分からないかもしれないが、権力を持った
人間が追い詰められると、特に密室では本当に信じられないような事を
はじめるんだよ。。。

>>21
>日本の学生・院生はそういうところが受け身過ぎると思うね。
>特にこの人物はそう。

御高説は有り難いが、問題の本質が見えてないと思う。
まず、この筆者は研究に関しては相当積極的に動いていると思うが?
ほんとにちゃんと読みましたか??
次に、日本では研究室間を自由に行き来できる雰囲気というのは
小さい。そもそも制度的歴史的に上下関係が固定された日本の
教官−学生の間で、もっと自由にやれとハッパだけかけるのは
無責任だよ。アメリカなんかとは基本的な条件が違う。

ああ、やっぱり真面目になってしまう。。。

31 :26:02/01/13 09:46
30は長くなり過ぎたな、すまん。

>>29
ホントに見た目じゃわかんないんだよ。
っていうか、問題のあるやつほど外の評判はよかったりするから、
人に相談してもまともに取り合ってもらえなかったりして大変なの。

32 :3:02/01/13 09:53
教官の肩を持つつもりはないんだけど
一方の当事者が書いた文章を鵜呑みにできないって事。
>まず、この筆者は研究に関しては相当積極的に動いていると思うが?
>ほんとにちゃんと読みましたか??
動いてるけど阪大中退は明らかに調査不足でしょ?医学系の内情は
調べりゃすぐにわかるっしょ?何でもうごきゃいいってもんじゃなし。
それに研究室間を自由に行き来できる雰囲気って、日本でも結構あったような
気がするんだけど。俺のいたところだけなのか?

33 :26:02/01/13 10:07
おお、3がいたか。なんか嬉しい。

>一方の当事者が書いた文章を鵜呑みにできないって事。

それは全くその通りだが、あなたが書いたものはそうは受け取れんよ。

>動いてるけど阪大中退は明らかに調査不足でしょ?医学系の内情は
>調べりゃすぐにわかるっしょ?

おれが動いてると書いてるのは、そういう意味もあるけど、
学会で海外の研究者に相談持ちかけたり、あるいは分野違いの場所で
頑張ってきっちり論文だしたりという事なんだけど?
元の文脈参照。

それに、なんで医学系なら内情が簡単に分かるのかな?
いや、よく知らんので純粋に質問なんだけど。

>それに研究室間を自由に行き来できる雰囲気って、日本でも結構あったような
>気がするんだけど。俺のいたところだけなのか?

もちろん場所によるが、たぶん21はアメリカを念頭においてる
んだろう?
往来の自由度が米>日なのはほとんど常識だと思うんだが。
少なくとも俺のいる大学(米)では指導教官が複数いるのは
珍しくないし、指導教官の変更もけっこうある。

34 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 10:21
おれは3ではないけど、往来の自由度が米>日なのが常識だから、
日本には研究室間を自由に行き来できる雰囲気がないというのは
おかしい。

日本でも指導教官の変更も別に可能。論文も出ていないのに指導
教官を変えることはそれまでの時間がロスにしかならないから
ほとんどそんなことする人がいないだけ。

35 :3:02/01/13 10:26
医学系の内情がよくわかるのは研究室往来で行ってみれば
すぐわかるんだわ。こっちが非医学系って事になると
そこのポスドクが勝手に愚痴り始めてくれるから。
そうかこれは一般論にはならんな。
往来できるかどうかって条件つくし。

確かに教官側に肩入れするような印象の文になってるかな?
ただねー、特定されそうで怖いんだけどN先生知ってるんだわ。
すっげえいい人なんだよなあ。何回も会ってるけど、親切だし、
全く外部の学生だった俺にいろいろとアドバイスとかくれたり
してたし。
この件のみに関してはおれは五分五分だと思うんだよな。

36 :26:02/01/13 10:28
乱入歓迎 :-)

>>34
>日本でも指導教官の変更も別に可能。

いやだから、その容易さ(というか難しさ)が全然違うんだよ。
あのー、本当に日米のこのへんの事情を知って書いてます?

少なくとも、日本で研究室を変更するというのは、
いろんな点で大変だというのは常識だと思っていたのだが??

ちょっと晩飯買ってくるわ。

37 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 11:26
アジ化ナトリウム事件はどうなった?

38 :26:02/01/13 11:27
ふいー。メシ終わった。

回答深謝。>>35
>こっちが非医学系って事になると
>そこのポスドクが勝手に愚痴り始めてくれるから。

なるほど(笑)。
確かに学生やポスドクから真実が引き出せれば一番いいんだけどね。
でも、能力のなさを教官のせいにしている可能性は否定できない
からなあ。判断が難しい。

実際、俺も「ぜーったいうちには来ない方がいい」と一生懸命
説明しても学生が来てしまう、という経験をしたしな。

>すっげえいい人なんだよなあ。何回も会ってるけど、親切だし、
>全く外部の学生だった俺にいろいろとアドバイスとかくれたり
>してたし。
>この件のみに関してはおれは五分五分だと思うんだよな。

そういう事でしたか。
でも、外の人間には異様に親切でも、内部で無茶苦茶やる教官って
のはほんとによくいるんだよ。
実際俺もそうだったから。
自分の窮状を友人に訴えても、最後に「あんないい先生なのにねえ」
っていわれるのが辛かったよ。

39 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 11:38
あの教授のラボって、別の生き物でわかったことを
キンギョとか魚で追試してるだけという印象しか
ないんだけど。研究もDev Biolに載れば上出来という程度
なのでは。あの教授の研究者としての評価もキボン。

40 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 12:25
んー。なんというか、、、。
皆さんはボスが取ってきた研究費で実験やってんでしょ?
だったら生意気な口きかずに言われたことやってればいいんだよ。
君のやっている研究は君の研究じゃない。
ボスの研究だ。

文句がいいたかったら予算とってくるべし。
研究費をとるためには何をしたらいいか明白。
研究費がとれずに研究者ズラするな!
ボスになるまでボスのケツ舐めはずーっと続くもんだ。

ちょっと主旨がずれてきたな。
ちなみに>1のサイトはあほくさくて読んでおらん。

41 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 12:42
くそー
俺が去年このスレ立てたときはすぐに終了したのに。。。。。

おれも指導教官の赤腹で体調崩したタイプなので、
そのうち暴露しよっかな

42 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 12:53
>>40
0点

>ちなみに>1のサイトはあほくさくて読んでおらん。

これだけ同意。よって1点。

43 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 13:04
で、何すりゃ金取れるの?

44 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 13:17
と優香、
40のようなやつがいるから、世の中何も変わらないんだよ。
おまえは現実を受け入れてそれで生きていくつもりか。

問題はそうけんだいという大学の教育システムに根本的な
問題がある。裁判なら裁判でもっと争うべきだと思う。
残念ながらあの学生には勝ち目はない。しかし、問題に
なるというのが重要だ。

当時の責任者である毛利や江口とか。
まともな教育組織も作ることもできんやつらがどうして機構長や
学長になるんだ。

45 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 13:47
他人を煽らないで自分で裁判を起こせ。卑怯者め。

46 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 13:51
>36
知り合いに日本で研究室を変えてハッピーにやっている奴がいま
すが、何か?
それまでの時間が無駄になるということと、移る先の教官が時間が
あまりないことを理由に少し渋ったということ以外に制度上は大き
な問題はなかったようですけど。

あんた、本当にわかっている?

47 :26=36:02/01/13 14:12
>>46

あのね、易しく優しく説明するよ。
俺は一般的に(もしくは平均的に)みて、日米で比較した場合、
アメリカの方が移動はより容易だという話をしてるのよ。

だから君の知り合いでたまたま「ハッピー」な学生がいても、
全然反論になってないんだよ。
そんな事言い出したら、俺が昔いた大学院では移籍は禁止されていて、
万一それを学生が言い出そうもんなら大変な騒ぎになっていた。

もう一度聞くが、この件に関する日米の差に関して、本当に
承知しているのか?

>あんた、本当にわかっている?

そういう口の聞き方をする前に、世間に出ろ。世の中は広いぞ。
読解力もみがけ。
そして二度と帰ってくるな。

48 :26:02/01/13 14:17
>>41

つーか、すぐにやってくれ。
芸人は身を張ってナンボだ。

49 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 14:48
テーマ潰れてしもうたがな!> http://atom11.phys.ocha.ac.jp/front/theme.html

>私はかつて、軽部教授の方針に真っ向から逆らって自分のテーマで学位を取ると宣言し、教授に研究費を出すことを同意させて、
博士(医学)を取得した。半年に渡ってテーマで軽部教授と喧嘩してた。だから、サンデー毎日にしゃべった学生達にこれだけは言いたい。

本気で不満があるなら、自分の研究に責任をもって、
指導教官の言うことなど無視して立派に成果を出して
見せろ。その度胸も能力も自信もないなら黙って従
え。

 あ、ちなみに申請予定の論博の仕事の中身は、冨永教授に向かって「先生の方法は間違ってます」って
主張して出した結果をまとめる予定だったりする。何で私は行く先々で誰かの研究をたたき落とさないと自分の
仕事が始まらないのだろうかねぇ.....。

50 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 18:29
>>49 こういうやつの下につくとロクなことないよな

51 :町の光計測屋:02/01/13 19:03
>>1>>49のリンク先を全部読んじゃった。2時間もかかった(笑)
>>1の人は実直すぎるきらいもあるが、>>49の人は余裕もあって、
どちらも久々に頼もしい後輩を見た気がする。
チャンスにめぐり合うと独創的な仕事をしてくれそうな気がする。
漏れの会社(中小だが経営基盤は安定)の漏れのプロジェクトに
ぜひ引っ張り込みたいよ。

>>1>>49の明暗を分けたのは、「世間の事情」を教えてくれる
相談相手の差かな? >>1の行動は大損している。

スレのタイトル変更キボン。
「ボスと深刻に対立しちまったど〜する」
くらいにして、理系総合板が適かな?

52 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 19:12
運転免許を取るとき、教習所の教官のいう台詞が酷い奴だったり、教え方が下手でも
だれでも結局は免許を盗るだろ?

それと同じで、PhDを獲るまで面従腹背、いまに見ていろ!とか腹の中で
思っていれば、なんとかならんか?

53 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 19:19
>47
あんね、じゃあおれも易しく説明してあげるけど、おれは「移動の
自由度が米>日なのはほとんど常識だ。(だから日本は学生の移動が
できない)」と言っているあんたの論理はおかしいって言って
いるの。あんたの方こそ読解力磨けよ。それから論理力も。

日本では自由に移動できないと自分の経験から一般化しているよう
だったから、日本でも簡単に移動できるという例を教えてあげたの
に、そんなこと言われるとは思わなかったな。
このアホめ。

そうそう。付け加えると、学生がなんらかの理由で研究室を変えたがると
きは圧倒的に学生の側に理由があることが多いことも、受け入れ先の教官が
受け入れることを渋った理由らしいよ。
彼は移ってからそう聞かされたってさ。

あんたは正真正銘のアホのようだから、教官ともめたのもあんたが原因なんだろう。

54 :町の光計測屋:02/01/13 19:22
>>52 それはそうなんだが、教習所は客商売だし監視がきく。
   大学・研究所では研究室の主は一国一城の主なんで、
   おかしいと思っても外から口をはさみにくい。
   主どうしの対立は実はあるのだが、外からわかりにくい。
   主と学生の関係が悪化すると学生側は泣くしかない。

55 :町の光計測屋:02/01/13 19:27
>>47 >>53 けんかやめれ。

56 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 19:36
分裂症を発症した院生さんへの対応って、すごく嫌

57 :ゲゲニスク:02/01/13 19:45
ISO9001 2000年版でも 学部にとらせたらどうだ。 顧客満足度
重視だぜ。ただし客が学生の場合は いいけど 教授が客の場合は
だめだな。

58 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 19:47
>54
>主と学生の関係が悪化すると学生側は泣くしかない。
そんなの当たり前じゃないの?

59 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 20:00
>54
うちのラボは教授と関係が悪化して出ていく人が結構多いんだけど、
関係が悪化する人たちには問題がある場合が多い。
出ていった人たちは1のページの作者のように教授を人格崩壊者で
あるかのように言うけど、残っているおれはそうは思わない。
教授が理不尽なこともあるけど、そこをうまくきり抜けるのも
一つの能力だと思う。

60 :町の光計測屋:02/01/13 20:16
>>59 うん、上手に清濁あわせ呑むことができればいいんだけど。
   問題の質とタイミングでいくらでも悪くなっちゃうんだな。
   漏れの場合は
    「言うことを聞いたら職をやる」
   とか
    「キミがいってたXXね、こんどYYから来る人に教えてやってくれんかな」
   とかいわれたときに困った。

61 ::02/01/13 20:17
http://ams.milkcafe.to/Asunaro/ART/index.html

62 :26:02/01/13 20:36
おはよー。

>>53
もういいよ、むきになるな。
その気があるならこのスレ読み返して、それと日米の人的移動に関する
考え方の常識(研究の世界に限らんよ)と照らし合わせて、良く考えてくれ。

>あんたは正真正銘のアホのようだから、教官ともめたのも
>あんたが原因なんだろう。

そんな言い方をするもんじゃないよ。
そう言われて俺がどう感じるか、俺がどんな目にあったか、君にはわかるまい。

>>55
>けんかやめれ。
すいません。学生をからかって大人気ない真似をしました。

63 :26:02/01/13 20:42
>>59
>教授が理不尽なこともあるけど、そこをうまくきり抜けるのも
>一つの能力だと思う。

それが重要な能力として要求されてしまうというのが悲しい。

それと、「うまく切り抜ける」ための手段は、教官対学生の場合
かなり限られると思う。
まあ、街の光計測屋さんのいうように、場合にもよるけどね。

64 :町の光計測屋:02/01/13 20:50
>>62 アメリカには「人種差別の壁」という別の深刻な問題がありませんか?
漏れ、某所で、
  U.C.Berkeley(学部)→Cornell(修士)→某巨大企業→某著名大学(PhD)
と渡り歩いた才媛を目撃したのですが、中国系のためか苦労が絶えない様子だった。
PhD最後の年にJBCへ7報も出した。
怒りのパワーを論文書きという生産的な方向へぶつけてた。

65 :26 = 62:02/01/13 21:09
>>64
これはまた、本気で語り出すとヘビーで長い話題になりますよ(笑)。

でも、端的にいって、私自身は強烈には感じてません。
まあ、いずれは日本に帰れる借りの宿。
これが本気でアメリカでPIやろうとか思ったら、大変でしょうね。

こっちで給料もらうと、アンケートに自分の人種を書くんですよ。
大学が人種構成のバランスを保たねばならんのですが、逆にそう
いう事をしなきゃ、問題が生じるわけですな。

ま、人口の5%(だったかな?)が英語をしゃべれないんですから、
摩擦が起こらない方が不思議ですが。

マイノリティ同士も仲が良いとは言いがたい。黒人差別問題
が発生したとき大集会が開かれましたが、ほとんど参加者は白人と
黒人で、アジア系(南アジアも含めて)はほとんど見かけませんで
したね。

>PhD最後の年にJBCへ7報も出した。

いや、これは凄いとは思いますが……全部JBCですか(笑)?

66 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 22:26
とりあえず舐めた>>40がなぜ放置されるかな? おのれは院生に向かって”言われたことやってれば
いいんだよ。” だと?

あんた大学院生をタダ働きさせて研究者ヅラしてるだけだろうが。院生の分、ポスドクか派遣で置き換
えてみろ。あんたの取ってくるありがたい研究費でまかない切れるんだろうな?

>>40、おまえの言ってることはこうさ。”工場に機械を入れてやった。材料も買ってやった。だから、あり
がたくタダ働きしろ、作業員ども!文句があるなら自分で材料買うか?”ってな。

言われた事だけやればいい、ってんじゃまともに学生の指導もしてなかろうな。授業料分の指導は
せずに、ただ働きさせて挙げ句の果てに文句はいうな、か?そんなじゃおたくのラボは学生が逃げ
て遠からず潰れるだろうが、他もそうあってくれなんて言うなよ。

他レスが生産的なんでsage

67 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 22:33
>>66
あんた若いな、明かに煽りネタだから放置してんだよ

68 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/13 22:51
>>67
いやーどうかのう。40はけっこマジなような感じもする。
ジッサイこういうやつはゴロゴロいるぞい。
66が40の自作自演でないなら、若いというのはあたっておるがな。

69 :町の光計測屋:02/01/13 23:22
>>65 26さん、どうもです。
64は個人情報さらしすぎで、書いてからシマッタと思ったんですが(笑)
実際のpublicationは多年に渡ってますけど、他にも短報もありますから
数としてはもっと多いですよ。

本題に戻しますと>>1のような不幸な例は今後もありうると思いますので、
多少の辛酸なめた漏れ的には、おせっかいながら何とかならんかと思う
わけです。
有名な話だと思いますが、たとえば
  「CVCCエンジンのアイディアは豊田の技術者も独立に出して
   いたが、DQNな上司に握りつぶされていた」
とか、
  「>>1の話にも出てくる利毛さんは某タンパクで有名だけど、
   その仕事は実は有能な研究室員によるもの。
   利毛さんが立身出世の閾値を越えて要職を巡回中なのに対し、
   仕事をした研究室員の恵まれ方ははるかに及ばない。」
なんて話は多く、その経験に学ぶところは少なくないと思います。

漏れ的には、長年掘り進めていたトンネルがポカリと開通した瞬間の、
   「楽しみは 天知る地知る 人知らず
            真理の園生に 我遊ぶとき」 (渡辺慧)
という瞬間を、ささやかながら2度経験することができたので、
貧乏暮らししつつも、やめられませんなサイエンス。
                 

70 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/14 10:36
ひどい目にあった連中が傷をなめ合うスレッドになってきたな。

71 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/14 14:52
私は数年前,公募にたくさん落ちて,夏空さんと全く同じ思いをかみしめていました。夏空さんのように業績に自信がある状態ではなかったのですが・・・。参考になればと思い,勤務先
の採用人事について記します。

勤務先は中レベル(予備校評価で偏差値50程度)の大規模私立大学で,研究中心では生き残っていけない大学です。高校で学ぶ内容の補習授業をやったり,授業中の携帯電話や私語をなく
すために巡回パトロールを始めて,何とか授業崩壊を防ぐ努力をしています。こういう状況ですから,管理職側はスタッフに対して「研究職」ではなく「教員」としての意識を高めようと
様々な試みを行っています。

採用人事の一次選考では,基準以上の業績を持たない人を「足切り」します。ここで数名の候補者が残るわけですが,この数名の業績を比較して順位をつけることはしないようです。誤解
のないように付け加えるならば,一次選考では厳格に業績を点数化して吟味していますが,それをもって足切りするかしないかを決定するだけです。

候補の数名に残ったら,候補者の教員としての資質について複数の関係者からヒアリングを行います。具体的には,数百名の大講義を混乱なく進められるか,研究教育以外の仕事(カリキ
ュラムの改革とか,高校生への広報活動など)を進んで引き受けるか,専門以外に何科目の授業を教えられるか,などです。

二次選考(面接)では,候補者本人に同様の質問をします。もちろん研究についての質問も行いますが,教員としての資質を見きわめる方がより重要な目的になっており,「どんな講義を
行いたいか」といった教育についてのビジョンについて詳細に質問します。関係者のヒアリングと面接の結果を総合して,最も教員としての資質が優れていると判断された人が採用されま
す。「業績が採用の障害になる」なんてことはありませんが,私の勤務先レベルの大学では,業績があればあるほど有利だとは言えないように思います。

業績十分のある友人は,定員割れ寸前の大学の採用面接で,「授業中に学生同士が殴り合いのけんかを始めたらどう対応しますか」と質問され,答えに詰まったら「あなたのような秀才型
の女性は学生にナメられるから,うちの大学では勤まらんでしょう」と落とされたそうです。

72 :町の光計測屋:02/01/14 15:47
>>71はコピペ?
別のスレにも書きましたが、へんてこな大学でDQNな額精算の面倒を
見ながら低予算と安月給で暮らすよりも、私企業に食わせてもらい
つつ好き放題を画策するほうが漏れ的にはいいです。
これをやる場合、大学人を含めて優秀な人たちに理解者をつくる
こと、ネットワークを築いて保つことがessentialだと思います。
スポンサー様の発見と説得、仕事の一部を「商売」に結びつける
努力が必要ですが、その程度の努力を惜しんではどこの世界でも
何もできないような気がします。

73 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/14 16:17
教授が大学院手当てをもらうためにできたような大学院もなかにはあるよ。
オレはそういうところを出たからよくわかる。教授は法的に触れること
以外は何やっても責任取らんでいいからね。
しかし、1のひともある程度は妥協せないかんな。100%自分の意見が通ることは
世の中ないよ。他人の顔をたてることも大切。

74 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/14 18:07
>1 当時N研にいた他のメンバーの意見も聞いてみたい。1のリンク先のヤツの話だけでは、これが本当のことなのかどうかわからないので。
ところで帰省研のN教授というと、この件のN教授とは違う方のN教授の方が性格的には逝っているそうだが。その分業績も上だけど。

75 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/14 20:00
>>70
このさいみんなでグチを言い合いましょう
人格が逝っている奴が多いのは事実だし(w
電波は無視の方向で

76 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/14 22:18
>>48
芸人じゃないし。
こういうの立ち上げたら研究者人生終わりだし。

77 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/14 22:54
このスレなんかおもしれーな。
しかし、日本は変人が生きていきにくい社会であるのは確かだねえ。
逆にいえば、その分譲式のある人が生きていきやすい社会でもあるのだよ。

78 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/15 06:49
教授先生の人柄の違いで同じ状況でも、随分人間関係のあり方が
異なるというのはあると思います。
私は結構不満のあった口ですが、グラントを維持するのに
教授先生が結構しんどい思いをしているということが、
働き手としては重宝な学生を束縛したりだの口汚い言動の
原因かもなと推測することがあります。
そういった状況でも建設的な方向に持っていける
教授先生なんかは尊敬に値します。
なんとなく、スレ違いのような。。

79 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/15 08:07
>>78
つまり教授はストレス溜めてるってことでしょ。

ストレスうまくコントロールできるようになるのは
やっぱ人間関係で苦労した人じゃないと難しいのでは、
と最近思うようになった。

オレのいた講座の教授は結構わがままですぐ激怒する人で、
一方助教授の方はよく人の話聞いて面倒みてくれて感情を
あまり表に出さない人だった。

で、経歴みてみると、助教授の方は留学時代同じラボの人間に
同じテーマを与えて競わせるボスのとこにいたし、助手時代は
チェックの厳しいちょっと陰険系のボスのところにいたらしい。
教授の方は留学時代は性格のいいボスだったらしく、助手時代は
PI状態だったらしい。

オレは助教授についてたんだけど、教授の鼻息伺って結構しんど
かったし、その後の上司にも恵まれてない。今のは3人目だけど、
まあまあかな。最初ラボメンバーがお互い悪口いいまくりで、
雰囲気が悪くて辛かったけどね。

いろいろやな思いしてるうちに、自分の性格に角がとれてきてるのが
わかってきた。そういや、助教授の昔からの知り合いにあった時「よく
あいつの下で仕事できるね」とかいわれたから、助教授も性格変わったの
だろうと思う。

80 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/15 12:17
ラボ(ポスドク、学生の採用)を決めるときには研究内容/能力だけでなく、ボス(応募者)の性格や評判を調べた方がいいと言うこと。変な奴でも、自分にプラスになるなら我慢するのも考え方。

冷たいようだが 、ボスも学生もポスドクにとっても結局は自己責任。

院生がボスと決定的に合わないと思ったら、迷わずラボを変わる努力をするしかない。
コストがかかろうが、そこにいたらマイナスにしかならないのなら仕方がない。そこを選んだのは他人じゃない。現実には移籍は困難だというのも理解できるが、それ程重要な決定なら事前に良く調べずに決めるるほうが甘すぎる。

かくいう、漏れも修士の時のボスは人格的に大きく問題有りで、直接ついた助手も訳わかんない人だったから、必死でDでの受け入れ先を探した。今ほど、Dで移る例も少なく大変だったけど、何とか満足できるラボで学位を取れた。

今のラボもボスの人格は重視、業績も考えて複数の教授を比べた上で決めた。

漏れの助言・・・最近なら院生としてラボを選ぶのは簡単なんだから、できるだけ良いところ(言うまでもなく業績だけではない)にいくこと(学位取得後は自分の業績と相談しなければいけないから、思ったようにはいかない)。

81 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/15 12:38
>>79
>いろいろやな思いしてるうちに、自分の性格に角がとれてきてるのが
>わかってきた。
あるね。俺も学部時代まではカリカリしてたのが、ラボで先輩から
罵詈雑言浴びて、体重と免疫機能落ちるほどストレスだったけど
立ち直った頃には皆に温厚な人と評されるようになっていた。

82 :26:02/01/15 13:32
>>69

いやあ、2chでこんなに含蓄のあるスレッドを見る事になるとは…。

>多少の辛酸なめた漏れ的には、おせっかいながら何とかならんかと思う
>わけです。

同じく。
しかしまあ、うまくいっちまった人というのは、苦心惨憺した人間のことは
なかなか理解しませんね。
そういう意味では苦労して良かったのかとも思う今日この頃。

>>79 >>81
うーん、なんかしみじみ共感するなー。

>罵詈雑言浴びて、体重と免疫機能落ちるほどストレス

あー、俺も自分の経験思い出して気分悪くなって来た(本当)。
体が恐怖感を憶えてるんだよねー。
こういう感覚はやっぱなかなか理解してもらえんよな。

83 :26:02/01/15 13:37
>>75
うーん、ちょっとグチってのは違うんだなー。
愚痴れるのはまだ余裕がある。
俺は自分の体験を語りたくない。

>>76
ごめんな、俺はいつもバカなことばっか言ってるんだよ。
気にしないでくれ。

84 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/15 13:50
自分がどんなボスになるのかが不安。
高圧的なボスの下ばかりで来たから。

85 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/15 18:37
私の方が研究能力も高いし、実績もあります。ねたむ必要もありません。あおむしさんのようなことをかかれるのは心外です。
 彼女の場合、成果を焦るあまり、不正行為を働いてしまったのではないかと、同僚と共に推測しています(同僚が直属の先輩に当たります)。
 私の職場はフラット化が進み、ポス(部長)といっても管理職ではありません。また、彼女が発表した資料は部長には意図的に渡してないようです。我々もその会議に出た人にその資料
を見せてもらって、初めてその行為に気づきました。
 執着などとしか理解されないのは私としては嘆かわしいと思います。彼女は周りの意見を全く聞かず、部長の意見にもほとんど従わないのが現状です。皆さんの周りにこのような人物が
いないから理解されないのでしょうか。性別など関係ありません。男性でもこのような人物がいれば、やはり、我々は同様の態度の出るでしょう。しかしながら、このような独善的な態度
であっても、研究成果を次々に出すような人物ならば、私も同僚も認めると思います。
 彼女の場合、研究成果は5年間無しです。どうして、このような人物に対して、嫉妬を抱いているとまで書かれるのか?
 彼女と連名の成績書を将来に傷かつくと怖がるのが現実です。
 私の職場は大学の研究室でもありません。ボスと一対一で仕事をしているのではありません。共同研究などやプロジェクト研究を行う必要のある協調性が重視される職場です。私や同僚
の方が彼女から精神的な苦痛を受けていると思います。我々は、彼女を追い出したいのですが、本人希望の人事異動とやらで本人が希望しない限り追い出せません。それならば、もう少し
人の話を聞いてもらえるようになってもらうほかありません。しかし、そうなる前に、彼女は不正行為をしてしまいました。その不正行為に対して、どう対処するのか全く知恵が浮かびま
せん。
 

86 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/15 19:26
最近法人化した某旧国研ですね。
激しく類似する例を知ってますぞ。

87 :町の光計測屋:02/01/15 20:01
漏れの経験から得た教訓ですが、
  「人間、卑しい考えをもつと顔に出る」
40過ぎたら自分の顔に責任持てといいますが、至言です。
漏れに卑しい言葉をいいはなったあの方のあの表情、
忘れられない経験です。

以来、人相に注意するようになりまして(笑)、
おかげで災難を避けることができるようになった
...気がするだけか?藁

88 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/15 20:46
自信を持て、人間は中身だぞ。
中身の良さが外見にもでるんだ。
だから最終的には外見なんだよね結局。

89 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/15 21:50
分生で話題になった阿異坐倭センセーの人相はどう見ますか?(笑)

90 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/15 21:56
>>80
ラボの選び方はこんな感じじゃないの。
卒研:ボスの人格100%
修士:ボスの人格75%、業績25%
博士:ボスの人格50%、業績50%
PostD:ボスの人格25%、業績75%

最初から妙な性格の先生につくと研究続ける気なくすからね。
もっともその方が本人にとって幸せな場合もあるけど。

博士、ポスドクになるとボスの政治力も結構重要なファクターに
なっていくが、オレの知ってる例で10年働いてCell,Nature連発
してたポスドクが独立するために推薦状一つ書かなかった政治力の
あるボスもいるからどれくらいの重要度なのかようわからん。

91 :85:02/01/15 22:29
みなさんにご指摘を頂き、6日余自己批判を試みました。また、職場の同僚数人と話し合いました。研究者は成果で評価すべきであると結論が出ました。
具体的な行動として、
1 当分の間、私は彼女のことを考えるのをやめる(時間の無駄  だから)。
2 部内検討の時に彼女の成績書等を徹底的に検討し、恣意的な  デ−タの加工等不正行為を明らかにする。明らかとなったデ  ータを外部に出させないようにする。
3 問題が周知になった時に、上司の裁定を仰ぐ。

 彼女は学生さんとは違い、賃金をもらっているので、働いて頂くしかありません。このままでは、税金泥棒です。下手に働かすと変なことばかりするし、他人へ迷惑がかかります。どの
ような仕事をしてもらうかは今後の課題です。

追伸
 現在、彼女は8:30〜17:00 論文朗読
       17:00〜20:00実験
という不可解な生活を送っています。

 以上、対応等にご助言がありましたら、お知らせ下さい。

92 :町の光計測屋:02/01/15 22:36
>>87に追記
表情といえば、まったくドーミェって画家の観察と表現には恐れ入ります。
古今東西変わらんのですな。猿のような...といっては猿に申し訳ない。
grinningというかニヤケるというか、あの独特の表情。

うちの愛猫ときどき兄弟喧嘩やらかしますが、驚くべきことに、あるいは
当然なのか、彼らもCheshire cat よろしく感情を顔に出す。

うちの仔たちは天下の雑種。 多少の才能は認めますが---親猫が、
前足でマンホールの穴に小石を入れるという芸当を見せてくれたために
全員うちの専属になっていただいたのですが---消えたりすることは
できないので、格別の天才というわけではなさそうである。

いったい「表情」は進化系統樹のどのあたりで出現するのか?...
表情は学習か?...
などと生物板らしく話を振ることに成功したところでsage。

93 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/16 00:43
>>79
ボスもストレスもあれば悩みもあるということです。
異分野の教授先生のぐちを聞いたところ、どなたも似たこといってます。
ぶっちゃけたはなし1000万からの給料もらってんだから飲み込めよ、と
思うこともありますが。ぐちぐらい聞くから、頼むから女子学生にちょっかい
ださんでくれとか。雇われ社長の悲哀を感じる次第です。
海外で結構苦労してるのに、逝ってる先生おりましたが、
その先生はぼんぼんなんだそうです。ちょっと資質が問われる人物なのかもしれない。

制度上の問題で言えば、講座制は通用停滞のもとかなと思います。
助教授の先生がつまらないストレスを余儀なくされたりとか、
ぎゃくに助教授が完全におんぶしてるのに、雑用せんとか。

94 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 00:51
某医大の生物学教室に助手でいたヤツが言っていたけれども、一学年(100人ぐらい)に必ず一人ぐらい分裂症のやつがいるらしい。で、そういうやつは
臨床に行ってもらうと困るので、基礎に強制的に回されるらしい。迷惑じゃー、と言っておった。

95 :Hela/COS/293/PC12:02/01/17 15:37
境界例精神疾患か人格障害としか思えない奴ばかりだ。

96 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 19:14
>>95 主語がわからないのだが?

97 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 21:55
結局、>>1に出てくるN教授は電波ってこと結論づけていいのですか?

98 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 22:01
>>97 電波ではないと思うが、少なくとも対処の仕方はうまくないね。ま、教授の言い分や、周りで見ていた第3者の意見も聞いてみたい。

99 :T@98:02/01/17 22:31
某私大助手

ごめん、今オレ、ちょっと泣いてるんですわ。
26さんはじめ、皆さんの(諸先輩なのかな、不明)書込み読んで。
いま、Nで始まるマンモス私大の理系の助手なんですが、
うちの教授助教授、なんにもしないんです。なんにも。
別スレの「研究しない大学教官」そのもの(私大だから共感ってのはただしくないか)。 
昨年春までいたところでは、仕事は出来るが(業界では知らない者のいない人物)
人間的には付き合えない激昂型の人物の元にいて、
禿げそうな思いをしてきてね、今はそういう意味では楽なんだけど、
オレが何をやろうと知らんぷり、コメントする意欲も能力もないボスの元にいる。
この落差がどうにも気持ち悪いのさ。マゾなのかね。
ま、昨年までの経験でオレ自身はそこそこ丸くなり、
人のこと考えるようになったんじゃないかと思っていて(学生のウケは悪くないと思う)
あとは成果をあげれば万事丸く収まるのだけど。

100 :T@99:02/01/17 22:32
ごめん、泣きながら書いてるうちに98さんが書いてた。

101 :>99:02/01/17 22:43
実験しろ、論文を書け、研究助成費を申請しろ、獲った金で自分の研究を組み立てろ

すべて一人でできるようになれ。

102 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 22:46
>101
その通り

103 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 22:50
>>99 日○大学ですね。

104 :T@99:02/01/17 22:51
>実験しろ、論文を書け、研究助成費を申請しろ、獲った金で自分の研究を組み立てろ
いまはね、いやでもそうなってます。自分のネタで実験してます。
科研費は別として、学内の研究助成ってのもあって、それは取れた。
あと企業からも少しだけど金引いてきた。
うちには装置がまだあんまり無いので、
他のラボとの共同研究も、かけ出しのオレが話つけてきた、
学生はみんな元気だよ(バカ多いけど)。
だから成果出します。教授にはその意味がわからないかもしれないけど。
アリガト。>101、102

105 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/17 22:52
そういやマンモス大なのに、日大の助手・講師・助教授の公募って見ないよね。

106 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/19 11:51
もしかしてほとんどがコネ?

107 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/19 14:50
http://hoya.bio.titech.ac.jp/mhoshi/projects/nagahama.html

108 :T@99 :02/01/19 18:43
コネですわ。ごめん>>106

109 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/20 10:40
コネをゲットするにはどうしたらいいの?
旧帝系は弱いですか?

110 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/21 16:15
先生に好かれること>109

111 :T@99 :02/01/21 18:53
ん〜。ま、それはあるけど。>110
私も旧帝大出です。ともかく喰っていけるわけで、コネには感謝。
思うに、サイエンティストとしての閃きとか馬力とか、
そういうすばぬけた力がある者には
また他のポストを提案してくれただろうと思うんですよね。
今のポストを紹介してもらった時に、ああ、オレはやっぱりそうだよな、
私立理系だよな、と思ったんです。
、、、パブリッシュがね、ぶっちゃけた話。IFなんて書けるよなもんじゃないし。実際。
でも、花々しくなくてもその分野での仕事は出来ていた自負はあるし、
下の面倒もそこそこみていたつもりなので、
ボスからこの話を貰った時には納得したんです。
仕事に関しては、これから「ザマミロ」と言える様なものが出来ればな、と。

112 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/21 20:30
おれさぁ、いまからやり直せるなら南極に5年くらい籠もって他の追随を許さないヲリヂナルな研究をやってみたい。
南極の厚い氷の下の外界から隔絶された、高圧低温の氷河下の湖の微生物をやってみたい。

113 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/21 21:17
おれさぁ、いまからやり直せるなら月面基地に5年くらい籠もって他の追随を許さないヲリヂナルな研究をやってみたい。
隕石の厚い岩の中の外界から隔絶された、低圧低温の銀河の宇宙の微生物をやってみたい。

114 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/22 00:30
>>112
確かに何かでてきそうだけど、止めといた方がいいようなきがする。

凍結保存されてた何億年も前のとんでもねー病原性のある菌拾って
きちゃったら、それこそ大変だよ。
もうアフリカでHIV拾った例もあるし。

115 :町の光計測屋:02/01/22 04:46
>>112,113
お前らほんとに5年も吉牛なしで 採集→培養→選別 を繰り返して
生きていけるのか? 小一時間問い詰めてやる。


116 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/22 09:52
確かに。吉牛は必須。

117 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/22 11:36
>>115(笑)
>>112 はしかし、おれもなんかやってみたくなったぞ・・・。
でも、それに近いことってやられてるんじゃあ??
いわゆるextremophileだよね?
http://levee.wustl.edu/~chan/Research/research.html
http://wwwsoc.nii.ac.jp/se/japanese/index_j.html

118 :so:02/01/22 13:15
>>112,113
それヲリヂナルな研究じゃなくて微生物がヲリヂナル

119 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/22 14:23
>>112 もうとっくにその研究は進行中だ。
いま特殊なドリルで氷に穴があけられてる最中だよ。
ただ穴をあけることで大気中の微生物が混入して、
氷の下の生態系がくずれることが問題なんだけど。

120 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/22 23:14
日経サイエンスで読んだよ>112

最新の日経サイエンスに榎木英介が写真入りで「日本の奨学金削減と大学院問題」について寄稿していたよ。

121 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/24 00:01
エバネッセンス光での解析してるのですか?>115

122 :町の光計測屋:02/01/25 23:57
>>121 漏れ漏れ光はやりません。
漏れ光の利用は10年くらい前からブームだよ。
人とおんなじことしてもつまんないよ。

123 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/29 00:17
sage

124 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 01:17
うちの教授!!!

逝け!逝け!逝け!

125 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 05:16
わたしの担当教官は来年定年を迎えるが著作がゼロ・・・。
学会からは無視されている。
さらに、他の教授からも嫌われており、被害は学生にまで及ぶ。
どうして、今までやってこれたのやら???
国立だからか???

考え方を変えればすごい成功者だといえなくもない。
どうしてこんな研究室に入ってしまったのやら。
でも、やつとはもうさらばじゃ!!!

だれか、コメント求む。

126 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 07:20
さよならできて良かったね。
そういう人とさよならできない人もいるんだよ。

お幸せに。

127 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 08:22
>>126 >>125
ありがとう。これからはどんな辛いことにもたえていけそうです。

128 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 09:13
>>125

おめでとう。しかし、「地獄の種類は無数にある」ことを忘れずに。


129 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 16:43
>128
ゾッとする。

130 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 18:56
>>128
忠告ありがとうございます。
こころして人生送りたいと思います。

131 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 20:20
>>130
「住めば地獄」


132 :名無しゲノムのクローンさん :02/01/30 20:46
本質的に問題なのは、やはり学生はお金を払っているってことではないかと思う。
もちろん、だからといってなにやってもいいというわけではないが最悪の場合最低
限の研究費を与えて放っておくくらいの措置はとれないものかと思ってしまう。そ
れでも研究できなければ、それは学生のせいだからね。多くのケースでは教官はい
やな学生に対して邪魔をするという積極策に出ることがこの手の問題をこじらせて
いる原因とおもえる。
なおこのHPに出ている木浦さんの異常さは客観的に見て正しい。

133 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/30 22:14
スレとあんま関係ないけどさ。
このあいだ、300m離れた民家行ったんです。風呂覗きに。
そしたらなんか格子がめちゃくちゃ狭くて覗きづらいんです。
で、カメラのファインダー見てみたら何か野郎が映ってて、「何見てんだゴルァ!」、とか言ってるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前な、覗かれたぐらいで普段してない全力疾走してんじゃねーよ、ボケが。
覗きだよ、覗き。
なんか人だかりも出来てるし。町内総出で俺を取り押さえるのか。おめでてーな。
よーしパパ警察呼んじゃうぞー、とか言ってるの。もう逃げるしかない。
お前らな、『ニューヨークが大惨事になったので入浴を調査していた』だけだよ。ダジャレだよ。
町内ってのはな、もっとノホホンとしてるべきなんだよ。
俺のダジャレにウケタ奴がいつ笑い転げてもおかしくない、
笑うかシラけるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。バカ殿ヲタは、すっこんでろ。
で、やっと離してくれたかと思ったら、隣の奴が、こいつです、早く捕まえてください、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、逮捕なんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、逮捕してください、だ。
お前は本当に俺を突き出したいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、ニュースで『近所の会社員(28)』って言われたいだけちゃうんかと。
覗き通の俺から言わせてもらえば今、覗き魔の間での最新流行はやっぱり、 覚せい剤、これだね。
トリップらりらり覗きング。これが通の覗き。
覚せい剤ってのはメタンフェタミンが多めに入ってる。そん代わり言い逃れの可能性が少なめ。これ。
で、それに事務所から解雇・芸能界から永久追放。これ最強。
しかしこれをやると自分の子供が学校でいじめられるという危険も伴う、諸刃の剣。
妻子持ちにはお薦め出来ない。
まあお前ら庶民は、人のフロ見て我がフリ直せってこった。

134 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/19 23:28
いってよし 

135 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/22 04:12
つまんねえのわかって書いてるだろ?

61 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)