5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アメリカでジョブハントする

1 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 07:44
来年はいよいよアメリカで独立したPIになるために
ジョブ探しを始めようと思っています。
そこで、CVなどの応募書類の書き方、ジョブトーク、仕事条件
の交渉などについて、いろいろ教えてください。
こういうジョブトークはダメだ。なんていうのもお願いします。

2 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 07:53
ちゃんとどの程度の業績か書いておかないと
アドバイスのしようがないよ。

3 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 08:26
トシはいくつよ?

4 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 08:40
>1
何箇所くらい廻る予定かな?

5 :1:01/12/30 09:29
トップオーサー論文だけのIF合計が120程度です。
年齢30代半ば。

6 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 09:37
>1
すごい。分野はどちら?
どこにアプライしても恥ずかしくないような。

7 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 11:08
>5
私もほぼ同年齢、同程度の業績です。引っ越しが面倒だけど、やっぱ独立しよかな...

8 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 11:43
アメリカなら1stだけで100程度というのは
標準だろう。地方の州立大学程度。

9 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 11:55
NIHでいいんじゃないの?
授業もないし。講義はつかれるでしょ・・・きっと。
まあ、僕は未経験ですが。

10 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 12:00
>8
標準なの?1stだけで100程度のアメリカ人はもっと良い大学
行ってるとおもうが・・・。
やっぱ英語下手な日本人はつらいのか?

11 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 12:22
>10
地方州立大学よりもっと良い大学って、例えば?

12 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 13:00
UC 系列

13 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 13:12
くだらんスレだな。

14 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 13:23
ブリガムヤング大学

15 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 13:25
ファーストだけで120?それって俺のボスよりずっとずごい。
要は論文の内容では?

16 :1:01/12/30 13:37
>>6
分野はふせときます。
>15
研究は有名な教科書にも紹介されてます。

17 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 13:55
1の自慢スレ?

18 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 13:57
>1
日本には帰らないの?

19 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/30 16:20
いわゆる研究重視大学でないと授業がしんどいよ。
州立大ならコマ数がハーバードなどの有名私立に比べると
圧倒的に多い。PIになるとそういう面倒も増える。
医学部なら授業は少ないのかな?

20 :1:01/12/30 21:31
>18
実は日本の公募に応募したけど、1st IF合計 20未満の3人に3
連敗しました。どうも初めから決まっていたようです。
 それで、アメリカでPIになる決意をしました。

21 :>20:01/12/31 01:00
その応募された日本のpositionは教授職ですか?
それとも国立研究所の部長とかの大学以外のpositionですか?

22 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 01:12
120あっても20未満にかなわないとは。
抗議したらいいんじゃないの。

23 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 02:03
でも日本の場合、そういう先例はいくらでもあるよ。悲しい事だけど。

24 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 02:06
誰か裁判でもやんないかな。
選考過程を明らかにしろとか。

25 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 02:08
そうそう。
抗議して善処してくれるくらいなら最初からIFの高い方にしてるさ。
抗議=その大学から抹殺だしな。
おれも再来年ドクター取ったら留学して、
そのままアメリカに居座るつもり。

26 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 02:31
教授会や人事委員会の議事録や資料を
行政文書開示請求で請求してみるなんていうのはどうよ。

27 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 02:40
困るのはね。「人事はIFだけで決めてるのではない。」という主張も
あるし、「IFで人事を決める」ということも何の法律的根拠がないこと。
だから人事なんてその場でなんとでもなる。

28 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 02:47
訴訟大国のアメリカなら誰か人事をめぐって
やってそうだけどな、誰か知らない?
ポジチィブでない推薦状を書いたとして訴えられたボス。
thesis defense の評価を逆恨みされて射殺された教授とかならいたな。

29 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 02:54
大学の情報は、原則公開だが、大学の自治については
情報公開法要綱案の6の不開示情報(6)の項目の「研究」
の適正な遂行への支障というところに含まれると考えている。
教授会の議事録については、カテゴリーとしては除外して
いないが、その論点によっては、公開するのに適当でない
ものについては、不開示情報となることがある。
従来、教授会の議事録は門外不出と考えられてきたが、
その考え方が変更される。

○ 教授会の議事録については、情報開示とする部分と、
人事案件などそうでない部分とを分けるというように、二
重帳簿的なものになってよいのか。

○ 教授会の議事録については、教授会で公開しないと
決めたとしても、裁判所が最終的に公開すべきと判断す
れば公開しなければならない。ただし、人事案件などは
原則非公開だし、教育研究に関する事項は、教授会が公
開しないと決定したことについて十分な理由があれば、
裁判所は大学の自治の観点から、それを尊重することに
なるのではないか。
したがって、二重帳簿という考え方はあり得ない。
教授会議事録については、大学が不開示としたときに、
裁判所がそれをどう見るかということである。開示請求
があった場合に、開示とするか不開示とするか、まずは
教授会で判断することになる。

30 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 03:36
>20
ひどい話だ。俺も日本に帰る気が失せてきた。

31 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 05:57
>20
でも状況によってはありえる話だ。
もし助教授・助手に応募したのであれば、下手すると教授より
業績があってアウト
もし教授に応募なら、最低アメリカでPIになっていないと
いけない(まわりの状況から見て)。
きっと業績のあるポスドクって日本で職が一番見つけにくいでしょうね。
僕も同じ様なもんです。業績はもちょっとすくないけど。

32 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 07:18
おれもアメリカでPIになれるまでがんばろう。
1がんばってくれ。

33 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 08:17
>>27
たしかにIFがすべてではないのは認めるけど、いくらなんでも20以下
ってのはひどすぎるんじゃないかい。分野にもよるが、なにか、足切り
ラインみたいなものは必要なんじゃない?

34 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 08:46
>20
俺も以前某痴呆国立大助教授選に応募した。あっちこっちに公募情報を
掲示して有ったので、結構マジで公募かなと思い、応募した。その時
論文数50以上、IF約150(うちファースト20)で落選。後で聞いた
話だが、完全に出来レースで最初から東大出身の若い奴(実績そこそこ)
を取ることで決まっていたそう。俺は単に骨折り損だった。
そんなら最初に言えや〜ヴオケ!

しかし、それからしばらくしてもっと良いところからオファーがあった。
良かった、あの時受からなくて(^^;

というわけで、人生塞翁が馬ですので皆さんめげずに頑張りましょう。

35 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 09:16
やるう〜〜>34

36 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 09:42
禍福はあざなえる縄のごとし。ともいうし。
そのもっと良いところからのオファーがホントに
ラッキーかはわからないから頑張ってね。

37 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 11:06
1のケースは確かにひどいが、アメリカでも業績そこそこ(IF20ってことは
ないが)でコネのある奴の方が、よくわからん日本人よりも有利だぞ。
今のボスに「独立したい」ことをはっきり言うのが第一歩。

38 :名無しゲノムのクローンさん:01/12/31 11:17
そうですね。アメリカ社会でのコネってのも、日本とは違った意味で
ひどいものがあるからなあ

39 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/03 10:33
age

40 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/03 16:28
このスレには凄い人が多いんだね。
驚きというより、頑張らないとなあと思ったよ(笑
俺は1ほど業績無いけどテニュアトラックが得られたよ。
アメリカは日本よりジョブポジションが多様だし、
最初のポジションを得るのはそんなに大変では無い。
ポジションをキープし、
更に上のポジションを取っていく事が大変だと思う。
結構ストレスだよ。
日本では一度大学の職員になってしまうと楽だよね。羨ましい。

41 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/03 17:30
しかしだな、アメリカで独立しても日本でそこそこの職があるとさっさと帰国する人いるでしょ。あれって、後に続く日本人がアメリカで独立しにくくなるんじゃないですか?スタートアップマネー使ってセットアップしたらはいさよならなんて失礼だと思うんだけど。

42 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/03 17:59
41はプロじゃない。

43 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/03 19:08
プロというのはドライであるべきということ?

44 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/04 07:55
シンガーソングライターが研究者に転身?

http://www.nature.com/cgi-taf/DynaPage.taf?file=/nature/journal/v415/n6867/full/415077a_fs.html&content_filetype=pdf

45 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/04 10:33
元RakicラボのKomuroしらん?

46 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/04 10:59
>>40
なによりいい人材(ポスドク)がきてくれないよ。
アメリカ人はまずこないし、日本人の出来るのも
海外でまで日本人の下で働こうというのはいない。

47 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/04 11:50
日本人がアメリカでラボ持ってプラスになる事って、具体的になんですか?
ラボを持っている人にお聞きしたいです。

48 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/04 12:28
>45
スパイ事件で有名になったオハイオ州の某研究所?

49 ::02/01/04 12:49
アメリカ国内のコネっていったいなんだと思いますか?

50 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/04 12:52
ハーバード大学院出身であること。

51 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/04 13:01
>47
若くして独立して研究できる。
これが重要です。

52 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/04 14:35
>>46
良い人材というより「良い働き手」を得る事が出来れば十分だと思うよ。
それに知り合いの日本人PIのラボは日本人だらけだし、
アメリカ人やヨーロッパ人がいるラボもあるぞ。
日本人PIを嫌うような風潮はないと思うが。
良い研究や面白い研究をやってる所には自然に人が来る。
インド人や中国人なら向こうからCVを送ってくる。

>>47
テニュアトラックなのでまだ偉そうな事は言えないけど、
「ラボの運営の仕方を若くして学ぶ事が出来る」とか
「国際的な視野が得られる」とか・・・

>>49
自分の分野の大御所等に名前と存在を認識して貰う事。
自分の分野の研究ネットワークの構成員(末端でも良い)に加えて貰う事。

今のボスとの付き合いも大切にした方が良いよ。
活動的なボスなら全米に知り合いが居るハズ。
採用時の人物照会は元ボスやその関係者という例もある。
人間関係は円満に。

53 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/04 20:37
age

54 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/04 23:04
>52
PIが2ちゃんやってたらまずいだろう

55 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/04 23:12
>>52
インド人、中国人はとにかく国を出たいからどこへでも出すだろう。
俺のとこにも来るぞ、論文のコレスポになっただけで。

56 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/04 23:25
私の経験では公募で応募してくるPDの中から審査したほうがよく働く。

57 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/04 23:41
.

58 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/05 15:41
>>54
ラボのPCからは2chに来ないので許してや

>>55
そやね。

59 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/06 16:09
PIではないが、なんだかポスドクではないタイトルを得て
アメリカの大学にいつづける(主に)ヨーロッパ人がどこの大学にもいる。
やたら偉そうなやつもいるし、気楽そう。

60 :>59:02/01/06 17:07
Harvard Medical SchoolにはInstructorという、シニアポスドクみたいだが、
一応、下っ端のPIであって、グラントを盗り、ラボを持っててポス毒を雇っているのも多い

61 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/06 18:17
ボストンには日本人インストラクター何人もいますね。
お互い先生って呼び合ってますね。

62 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/06 19:47
PIって何?

63 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/06 21:17
しかし、日本人で最近アシスタントプロフェッサーになった人って
ほとんどCNS出してるおかげだろうな。逆にないとむずかしいみたいだ。

64 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/06 21:39
岡本博士@FBI待ち、なんかCNS+EMBOを総なめしたすごい業績だったのにねぇ、、、、
いま、どうしているんでしょう?

65 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/06 22:01
なんか理研に帰るよりも大学教授になってたほうが
よかったような。多数の特許をかかえる理研だから
こそアメリカも色々と難癖つけてきたんだろう。

66 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/07 09:58
>60
>Harvard Medical SchoolにはInstructorという、シニアポスドクみたいだが、
>一応、下っ端のPIであって、

違うでしょ?これは。『PIのように振る舞っている人もいるけど、制度上PI
ではない』が正しいのではないですか?

67 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/07 11:48
>64
今は、離婚して昔のラボメンバーの一人と・・・。
彼のCell論文は怪しいと評判だね。
さっさと医者に戻って正解だったかも。

68 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/07 11:58
医者に戻ってもFBI は追及の手をゆるめないでしょ?
毎日ビクビクしながら診療やってるのだろうか?

69 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/07 12:08
アメリカから日本へはゲノム系は一切持ち帰り禁止?
プライマーなんかでも駄目なの?

70 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/07 13:10
>今は、離婚して昔のラボメンバーの一人と・・・。

第四内科?HMS? CCF?

71 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/07 13:18
開成時代からのモーホ友達だったら、嫌

72 :名無しゲノムのクローンさん:02/01/07 14:20
快晴トップの現在にしてはなんだかね。
他の年代の快晴トップの奴等のキレ味を
知ってるだけに、新天地でも頑張って欲しいね。
まあ、最終的にはどうでもいいんだけど(笑)。

73 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/02 22:21
最近うちのDepartmentでPI positionが1つopenになりました。N, S等に広告を
出したためか、大量のapplyがありましたが、どうみてもまるで可能性のない
人が50%を占めてます。特に中国本土からのapplyは笑えます。

74 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 02:14

俺、博論をpublishした時、first author の俺に中国から3人ポスドクのapplyがあった。よっぽど外に出たいんだなと思ったね。
俺もポスドク先探しているんだ、どこかいいとこない?って返事してあげたけど。

75 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 02:21
俺も昨日、中国人からapplyのe-mailが来た。以前は返事も出してたけど、
最近は即delete。あいつら、論文でmail addressを見つけると、片っ端から
同じ文章のmailを送りつけているんだろうな

76 :74:02/02/03 03:33
でしかも、C.V.の参考文献のとこはすべてsubmitted で、何ひとつacceptされたペーパーが無いんじゃない?そんなC.V.だれが見ても信用しないって。

77 :75:02/02/03 03:51
そう、その通り!そのsubmittedがまた結構な数なんだよ。

しかも既にpublishされた(ハズの)Chinese journal ofなんとかってのは
毎年5、6本出し続けてることになってやんの。

78 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 04:09
ちょっとまって、Harvard Medical SchoolにInstructorポジション
なんてあったか?関連病院ならあるけど。あと、MGHに至っては、
非独立型のAssistant professorなんてのもいて、レベルは独立型と
は比較にならない。アメリカでAssistant Profなんていったら日本の
独立助教授より上のレベルだと考えていいと思うが、たまに
こういうまぎわらしいポジションの人もいるので
注意して区別することも重要らしいよ。

79 :78:02/02/03 04:10
>60です。

80 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 06:27
Instructor positionはあるが、60は間違い。66が正しいと思われ。

>アメリカでAssistant Profなんていったら日本の
>独立助教授より上のレベルだと考えていいと思うが

どうだろう...実際には日本と同じでピンキリだからね。Top 10に
ランクされてるMed Schoolでもtenure-trackなんかだと、結構ひどいの
知ってるし。

81 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 06:40
俺の昔のボスも中西部の名門大で激バカPIだったが、
assistant profからassociate profに難無くpromoteしてたなあ

82 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 08:25
中西部に名門大なんてあるか?

83 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 08:27
あれだよ。
日本はアメリカの中西部だから。

84 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 08:29
 って書いたら、
「日本に名門大なんてあるか?」
と七割の確率で続くage

85 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 08:38
中西部ローカルでのみ名門といわれている大学のことではないか?

86 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 08:55
Medical SchoolならMichiganは、ぎりぎりトップ10に入るんぢゃないか?
あそこはMid Westだろ?LymphomaのAnn Arbor分類は有名だが、それ以外は知らん

87 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 09:07
>86
Univ of Michiganはレベルは高いけど名門とはいわんな。

88 :86:02/02/03 09:13
>87

まあ、そうかもしれん。ぢゃあ、どこだ?

89 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 10:15
U Pennの医学部は常にTOP5に入る名門校だが、あそこはMid Eastか?

90 :ぺんしるばにあ在住:02/02/03 10:18
>>89
おいおい、おれたちゃ東部だぞ。

91 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 10:19
>89
嘘つけ。

harvard, johns hopkins, duke, rockefeller, ucsf, washington univ
yale, stanford, . . .

U Pennが10指に入る余地はないね。

92 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 10:29
>91
もの知らずのヴァカが!ここを見ろ

http://www.usnews.com/usnews/edu/beyond/gradrank/med/gdmedt1.htm


93 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 10:46
堂々の4位か。まあしかし、ランキング見るまでもなく、U Pennは有名だよ

94 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 10:50
US newsの格付けって当てになるのかなあ?


95 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/03 10:59
ランキングならこっちのがおもしろい
http://www.apbnews.com/resourcecenter/datacenter/crimecheck/campus/runsearch.asp

96 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/05 21:58
最近、とある学会でポスドクを続けている人と帰り道が一緒になり、苦労話で盛り上がってました。

>アメリカではテニュア付きの職を得るのはとてもたいへんなようで・・・
>本を書いて、論文を発表して、大学院生の教育、学部生の教育、たいへんみたいでした。さすが、常勤、偉い! と感じました。

日本では「さすが常勤!」より「なんでコイツが常勤?」と思う例が多い、というのが私と彼の共通の不満でした。
その人の知っているラボでは教授と一緒に遊んであげた(釣りとかゲームとからしい)学生が論文1本も無いまま常勤の助手になり、業績を出しまくっていた同級生が同じ時に同じラボの
期限付きの助手にされたそうです。

この掲示板でも「コネも実力のうち」と公言する人がいますが、確かに教授に可愛がられるのも能力の一つです。しかしその結果が「なってしまえばこっちのもの」という常勤研究者であ
り、そうでない結果がポスドク流れ者人生であるというのは、能力に対する報償としては差があり過ぎるのではないかと思うのです。

>テニュア付きでも、給料は夏休み分は出ませんから、研究費をとってきて、そこから給料をまかなわなくてはなりません。研究費をたくさんとれる人は高給ってのはいいかも。日本じ
ゃ、研究費に関係なく給料いっしょですものね。
>PDの身分が勤労者として守られているのは事実です。しかし、常勤は常勤としての義務と権利があって、PDにはないので、かなり扱いが違うようでした。

そうなんです!(強く断言)
加えて彼が不満なのは、同じ研究所にいる常勤が研究費の獲得や研究成果の発表でもあまり締め上げられていない、逆に追いつめられているのは自分たちポスドクだという事でした。
常勤の人々はどんなに締め上げられたって失職する訳ではない。それなら身分に応じた義務と能力とプレッシャーがあるべきなんじゃないか、という主張でした。

>常勤が能力的にさほど偉くないのが日本の問題なのでしょう。
>特に、PDがいるような有力大学や研究所にいるような常勤は、高い能力が求められるのでしょう。

これが最大の問題でしょう。
そして「常勤>PD」と勘違いしている常勤研究者が多いのではないか、と彼は憤っていました。だから自分がポスドクだと言ったら態度を変えるような人とは偉くなっても付き合わない
のだ!と決めているそうです。
あ〜その気分分かる分かる・・私も助手になったら急に周囲の態度が変わったもんね〜なんて、盛り上がっていました(でも「助手」という肩書きにバカにした態度を取る同年代の講師・
助教授はいるので、人間の心の中にはどうしたって差別はあるのかも)。

この話を常勤研究者にしたら「そんなにひがまれても困るよ。たまたま就職の口があったから飛びついただけなのに、俺達より能力が高くないと許せないとか言われてもさぁ・・」と当惑
しておりました。しかし国民の税金と使う以上、私には当然の原理だと思うんですけどね。

という訳で、常勤の皆様頑張りましょう(何も激務にしろとは言いません)。それから、PDをバカにしちゃいけません。PDにふざけた口をきく同僚がいたらビシっと注意してやって下
さいな。

話は変わって、最近のポスドクの採用も、大学教官の採用もずいぶんコネは減ってきたようです。その件についてはまた次回書き込みます。

97 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/06 11:29
長げえよ

98 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/06 15:25
だって、96はコピペだもん。

99 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/10 00:38
例えばAssistant Professorのサラリー水準ってのはどの程度なんでしょう?
もちろん幅があることは承知してますが。

100 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/10 01:05
100 get

101 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/10 08:29
>99 ぐらんとにもよると思うけど、大学からのサラリーは4万〜5万ドルぐらいじゃない?

102 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/10 09:08
うぞー、たったそんだけ?

103 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/10 12:18
>101 そりゃちょっと少ないんでねえの。
日本の助手よりは貰えるよ。(レートにもよるけど。)
もちろん、給料も交渉する余地があるけどね。

104 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/10 13:46
俺、先週の契約更改で$5K upしました


105 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/10 17:27
Tomorrow's Professor :
Preparing for Academic Careers in Science and Engineering
by Richard M. Reis
なんて参考になるんでねーのか?

106 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/10 17:34
アメリカのアカデミックの給料なんて
たかが知れているよ。
でも、いろいろ儲ける方法がある。
もっともポピュラーな方法はグラントから給料に当てる。
会社を興す、など。
でも、基本的に日本よりも物価が安いから、
いずれにしろ暮らせるよ。

107 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/11 00:12
暮らせるけど、Taxが高くて手取りは額面の2/3だよ

108 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/11 00:13
米国にドル預金した方が、利子も円安差益もありがたい。

109 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/11 00:23
貯金できるほどのサラリーがあればなあ...

110 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/11 19:48
ミントの香り、なぜクール 受容体が冷たさも感知





 ミント(はっか)の香りは、なぜ「涼しい」のか――本来は関係なさそうな2つの感覚が結びついているナゾ
を、米国のグループが解き、近く英科学誌ネイチャーで発表する。タネは、ミントの成分・メントールの受容体
(たんぱく質)が冷感センサーでもある、という1人2役にあった。

 カリフォルニア大サンフランシスコ校のグループは、初めからこの「兼用」仮説に狙いをつけ、ネズミの皮膚
の神経細胞を材料に実験した。

 まず、神経細胞の特定のたんぱく質にメントール分子が結合すると、脳への電気信号が発生することを見つけ
た。

 次に、このたんぱく質の温度感受性を調べてみると、案の定、哺乳(ほにゅう)動物の体温より低い8〜28
度に反応して同様に電気信号を出す、冷感センサーだった。つまり脳は、このたんぱく質を持つ神経細胞からの
信号を、ミントによるものか、「涼しさ」によるものか区別できず、セットで感じる。

 ただ、ミントと冷感を結びつけることが動物にとって何か意味があるのかは、依然ナゾだ。

 温度センサーのたんぱく質は、これまでに、熱さ感受性のものが見つかっており、今回の分子はそれと基本構
造が似ている。さまざまな温度幅に対応した類似分子群が、全体として温度感知システムを構成している可能性
があるという。(08:31)

111 :名無しゲノムのクローンさん:02/02/12 18:04
アメリカでハンドジョブする

112 :日本の研究者:02/02/28 23:24
アメリカでassistant professorの職を得るにはどれくらい論文が必要と思いますか.


113 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/01 02:23
英語で授業ができること。
あとはCNS1ー2本と少々。

114 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/09 16:43
そりゃ施設によって違うだろうけど、実際にはCNSを1つも持ってないassistant
professorの方が多いだろう。あれだけFaculyの総数が多いんだから

115 :114:02/03/09 16:46
Facultyでした。スマソ

116 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/09 20:13
日本人faculty の場合、例外なくCNSを持ってると思われ。


117 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/09 23:59
俺の個人的な知り合いだけでも2人の日本人facultyはCNS持ってねえけどな

118 :名無しゲノムのクローンさん:02/03/10 01:31
無名大学や生化学の分野ならそれもあるかもしれない。
(生化学は小さい論文を沢山出すのが普通だから。それでも中堅を多数必要だと思う。)

きちんとしたところのAssistant prof.なら、
CNSかそれに相当するようないい仕事(reviewには必ず引用される有名な論文)を
一本はだしていないと、日本人ではまずむりですね。
もっともこちらのBig name との強いコネがあれば例外ですが。


26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)