5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

SS統合スレ#6

97 :早苗さん萌えSS(テーマ:母乳):01/10/11 22:25 ID:A08qNchE
その日俺は、いつものように渚を迎えに来ていた。
「おはようっす」
 ぞんざいな挨拶をしながら店内に入る。香ばしい焼きたてのパンの匂いに、つい鼻がヒクヒクと蠢く。
「あら、おはよう、朋也くん。…今日はどうしたの?」
 レジの中から、いつも通りのほんわかとした笑顔で答えてくれたのは早苗さん。渚の母親…のはずだが、どう見ても20代にしか見えない。いや、下手すると10代かも…。
「…ねえねえ、朋也くん?」
 まさか血が繋がってない母娘とか…いや、それはない。顔立ちといい性格といいそっくりだし…。
「…もしもーし、聞いてるのかなーっ?」
 いや、実は二人は姉妹だとか…うーむ、これはありうるかも…。
「えいっ!!」
 とりとめのない妄想に耽っていた俺の身体に、不意に暖かい感触が密着するのが感じられた。
 この柔らかい感触は、もしや…。
「もーっ、朋也くんってば。返事くらいしなきゃダメでしょ」
「…って早苗さん、いつの間に…」
 いつの間にかレジから出てきた早苗さんが、背伸びをするようにして俺の耳元を覗き込んでいた。俺の身体にしがみつくような体勢のため、俺の肩から二の腕にかけてが、そのふくよかな胸に密着するような格好だ。
 しかし、渚は見事なまでにぺったんこなのに、これは意外と豊かな…って、何を考えてるんだっ、俺。
「…とりあえず離れてくれませんか、早苗さん」
 イーストのものと早苗さん本来のものが混じり合ったような甘い香りにクラクラしつつ、何とか平静な声を作って言う。
「うーん、ちょっと冷えちゃってたところなの。朋也くんの身体って暖かいから、もすこしこうしてちゃダメ?」
 俺に体重を預け掛けながら、邪気のない表情で問い掛けてくる早苗さん。
「…もちろんですとも、早苗さんっ。それに、もっと暖かい場所もありますよ…」
 と言いつつ俺は、ズボンを下ろし…などといったことができるわけもなく、心残りに思いつつも冷たく告げる。
「ダメです。ほら、さっさと離れて離れて」
「もうっ、朋也くんのけちんぼ」
 ぷうと膨れた表情になって、俺の身体から離れる早苗さん。うーむ、勿体無い事をしたか。

98 :早苗さん萌えSS(テーマ:母乳)2:01/10/11 22:26 ID:A08qNchE
「それで、今日はいったいどうしたのかな?」
 何事もなかったかのように、小首を傾げて聞いてくる早苗さん。いや、実際何もなかったんだけど。
「どうしたって…いつも通りに渚を迎えに来たんですが?」
「あらあら、それは大変」
 ちっとも大変そうに見えない表情で、のんびりと言う早苗さん。
「大変って、何がですか?」
「もう渚は行っちゃったのよ。朋也くんが来ないって心配しながら」
 早苗さんの言葉に、慌てて腕時計を見る。午前8時30分。早くはないが、いつも通りギリギリ間に合う時間だ。
 と、早苗さんが肩をちょいちょいと突っついているのに気付き、そちらに視線を向ける。
 そして、斜め上に見上げている早苗さんの視線につられ、更にそちらに視線を動かす。
「…なるほど」
 店内に掛かっている妙にファンシーな時計の針は、10時30分を指していた。明らかに大遅刻だ。
「これだから安物の腕時計はだめですね」
「…きっと、単なる電池切れに不注意で気付かなかったんだと思うな、わたし」
 ジト目でこちらを見る早苗さん。さりげなく話を逸らす。
「しかし早苗さん、なんでもっと早くに言ってくれなかったんですか?」
「うーん、あんまり朋也くんが普段通りだったんで、ひょっとしたらわたしのほうが勘違いしてるのかなって」
 しかし相変わらず大らかというか何も考えてないと言うか…まあ、早苗さんらしいし、これはこれでいいか。
「ところで朋也くん、急がなくていいの?」
「ええ、どうせ遅刻ですからね。のんびり行きますよ」
「きっと渚は拗ねてるから、後でフォローよろしくね」
「ううっ…」
 渚の拗ね顔を思い浮かべ、ちょっとげんなりとする俺。あの表情されるとどうも調子が狂うんだよな…。

99 :早苗さん萌えSS(テーマ:母乳)3:01/10/11 22:28 ID:A08qNchE
「ふふっ、よろしくお願いしましたからね」
 にこやかな笑みを浮かべる早苗さん。俺は何となくその立ち姿を眺めた。
 薄手の白のブラウスの上に、お馴染みのピンクのエプロン姿。先ほどの感触のせいか、どうしても胸に目が行ってしまうのは仕方ないな。しかし、こうして見るとさほど大きくも見えないが、フカフカで柔らかかったよな…。
 などと邪な感慨など抱きつつぼんやりと見つめる。と、俺はとある異変に気付いた。
「…あれ?」
 ピンク色の布で隠された柔らかそうな隆起の突端が、何故か白く湿っているのだ。
 そう言えば、さっきまで早苗さんの胸が触れていた俺の二の腕にも、ちょっと濡れたような感触が…。
「あの、早苗さん…」
 俺の視線に気付き、きょとんとする早苗さん。
「もう、朋也くんったら。あんまりまじまじと見ちゃダメよ…」
 目に「?」の色を浮かべたまま自分の胸に視線をやり、数秒後、表情を凍りつかせる早苗さん。
「あ、あ、あ、あ、あの、これは…」
 絵に描いたような動転っぷりの早苗さん。と、俺は以前に早苗さんから聞いていた話を思い出した。
 そう言えば、最近なぜか胸が張って、おっぱいが出そうだって言ってたよな。
 あのときは単なる冗談かと思っていたが、まさか本当だったとは…。
「こ、これはその、だからつまりっ、ねっ、朋也くん。わかるでしょ?」
 羞恥に顔を赤く染めて、支離滅裂な言葉を口走る早苗さん。いかん、悪戯心が疼く…。

100 :早苗さん萌えSS(テーマ:母乳)4:01/10/11 22:30 ID:A08qNchE
「あれっ、胸が濡れてますよ。どうしたんですか、早苗さん?」
 故意に驚いたような声で聞いてみる。みるみる真っ赤になっていく早苗さん。
「あ、あのね…」
 恥ずかしげな風情で、モジモジと口ごもる早苗さん。ううっ、可愛い、可愛すぎる…。
「えっ、聞こえませんよ?」
 つい、ワザとらしく耳に手を当てて聞き返してみる。
「その…おっぱいが…」
 更に真っ赤になる早苗さん。ダメだ、どうしてもいじめたくなってしまう…。
「困るなあ、早苗さん。もっと大きな声で言ってくれないと」
「ううっ…わかってるくせにぃ…朋也くんのイジワル…」
 とうとう、涙で目を潤ませる早苗さん。やばいっ、調子に乗って苛め過ぎたか。
「わーっ、冗談ですっ。すいませんっ、早苗さん」
「…ぐすっ、朋也くんのばかぁ…」
 泣きべそをかく早苗さんを、慌てて慰める俺。
「ごめんなさい、早苗さん。俺、ちょっと調子に乗っちゃって…」
「あ、あの…朋也くん…手…」
「えっ…わあっ!!」
 早苗さんを泣き止ませようと慌てる余り、いつの間にかその華奢な肩に手を回していたことに気付き、慌てる俺。
 手のやり場に困ってあたふたする俺を見て、泣き顔のままクスッと微笑む早苗さん。

101 :早苗さん萌えSS(テーマ:母乳)5:01/10/11 22:32 ID:A08qNchE
「でも、朋也さんも男の子ね。ちょっと安心しちゃった」
「…安心したって、何がですか?」
 妙に感慨深げな早苗さんの言葉に、思わず聞き返してしまう。
「ほら、渚って泣き虫なところがあるでしょ。こんな風にしっかりと慰めてくれる彼氏がいたら安心だなーって」
「…俺は別に渚と付き合ってるわけじゃないんですが」
 当然のようにしれっと問題発言を口にする早苗さんに、思わずツッコミを入れてしまう。あと「あんたの方が泣き虫だろっ」というツッコミも入れたかったが、また泣かれると大変なので、そっちは口にしない。
「またまたーっ、照れちゃって。もう、可愛いんだから、朋也くんってば」
 そんな俺の気も知らずに、きゃいきゃいとはしゃぐ早苗さん。つーか、さっきまで泣いてたはずなのだが。
「はあ…もういいです…それじゃ、俺、そろそろ行きますんで」
 この話題をつっこまれると大変な事になりそうなので、そそくさと店を出ようとする。
「あっ、ちょっと待ってくれるかな、朋也くん」
 と、俺の制服の裾をつまんで制止する早苗さん。
「何ですか?」
「あのね、朋也くんにお願いがあるんだけど…」
 上目遣いで俺を見上げ、お願い光線を照射してくる早苗さん。ううっ、その視線は反則っす…。
「…お願いっていったい、何ですか」
 俺の疑問に対する回答は、それこそ想像を絶する、驚天動地、前代未聞の内容だった。
「あのね、胸が張って苦しいんだけど、吸ってもらうのをお願いしてもいいかな?」

102 :早苗さん萌えSS(テーマ:母乳)6:01/10/11 22:34 ID:A08qNchE
「……」
 頭にぼんやりと靄がかかったようで、上手く働いてくれない。今、確かに、胸を吸ってくれって言ったよな。
いや、まさか。そんなことあるわけないじゃん。相手は級友の母親だぜ。でも、同級生と言っても通じるかも
しれない若々しさだよな。おいおい、そんな問題じゃねーだろ。母乳を吸うって事は、当然あのけっこう豊か
なおっぱいに吸い付くってことで、ってそれはいくらなんでもないよな。うんうん、聞き間違いに違いない。
そりゃそうだよな、そんな上手い話が転がってるわけないよな。
 ようやく脳内会議に結論を出した俺。一応、もう一回確認してみる。
「すいません、どうも空耳が聞こえたようで。もう一度お願いできますか?」
 俺の言葉に、何故かぷうと頬を膨らませて答える早苗さん。
「もう、ちゃんと聞いて欲しいな。わたしのおっぱいを吸い出して欲しいの。こんなこと、朋也くんにしか頼めないんだから」
 何てこったいハニー。どうやらアレは聞き間違いじゃなかったらしいぜ。どうする、俺。これって誘われて
るんだよな。据え膳食わぬは男の恥って言葉もあるわけだし、ここはリクエストに答えとくか。いや待て、相
手は渚の母親だぞ。うっかり誘いに乗っちまったら、明日からどんな顔して渚に会うんだよ。それに早苗さん
だってそれは承知のはずだろ。ってことはからかわれてるんだよな、やっぱ。そうか、意外とお茶目な性格の
早苗さんだけにありうるよな。つーか、さっきからかわれたのへの反撃だろ。おお、これでつじつまは合うな。
やるな、俺。とすれば、ここはさり気なく切り返すのが一番だな。
「いいですよ、早苗さん。じゃあ、胸をはだけてもらえますか?」
 余裕たっぷりに切り返す俺。
 これで早苗さんは真っ赤になって「もう、冗談なのに。朋也くんのえっち」とか言うはず、言うはずなのだが…。

103 :早苗さん萌えSS(テーマ:母乳)7:01/10/11 22:36 ID:A08qNchE
「はい、判りました。…なんだか恥ずかしいですね」
 頬をほんのりと赤く染めて、素直にエプロンを外す早苗さん。余りの展開に目が点になっている俺をよそに、白のブラウスのボタンに手を掛ける。その姿にようやく石化状態が解け、慌てて止めに入る俺。
「わーっ、ストップストップ!! ちょっと待ってください、早苗さん!!」
「はいっ?」
 本当に胸をはだける寸前で、ぴたりと手を止めた早苗さん。きょとんとした顔で俺を見ている。
「…あの、冗談じゃなかったんですか…?」
「もう、朋也くんたら。冗談でこんなこと頼むわけないでしょ」
 真顔で返答され、リアクションに窮する俺。
「いやしかし、早苗さんは渚の母親なわけだし、こーゆーのはちょっと」
「だから、もう少しすれば朋也くんはわたしの息子になるわけだから、ほら、頼んでも問題ないでしょ」
 当然のことのように説明する早苗さんに、どこからつっこんでいいのか判らず、呆然とする俺。
 と、急に悪戯っぽい微笑みを浮かべる早苗さん。
「ははーん。ちょっとえっちなことを考えてたでしょう。でもダメよ。えっちなことしたら渚に言いつけちゃうからね」
 …早苗さん、えっちな事を考えずにおっぱいを吸う自信なんて、俺にはないです。
「…いや、そんなことはないんですけど、ほら、やはりこういうのは良くないんじゃないかと…」
 言葉を濁す俺に、一転して悲しげな表情になる早苗さん。
「そうよね…こんなおばさんのおっぱいなんて吸いたくないよね…渚に比べると張りもないし…ぐすっ」
 みるみるうちに涙目になる早苗さん。やばい、朋也ちん、ぴんち。
「わーっ、待ってくださいっ!!」
 慌てて宥めに入る俺。そんな俺を涙目のまま見上げる早苗さん。
「…じゃあ、やってくれる?」
 …だからその視線は反則ですってば、早苗さん。
 結局俺は気が付いた時には「はい」と答えてしまっていたのであった。

104 :早苗さん萌えSS(テーマ:母乳)8:01/10/11 22:41 ID:A08qNchE
「じゃあ、よろしくお願いしますね」
 そう言って、ゆっくりとブラウスのホックを外す早苗さん。見てはいけないと思いながらも、
そのちんまりとした指先から視線を外す事ができない。
 そうしているうちに、ブラウスの前はすっかりはだけられ、大人の女性の下着と言うにはシン
プルすぎるデザインの白いブラジャーが露わになった。そのフロントホックに手を掛けた早苗さ
んだったが、食い入るように眺めている俺の視線に気付き、たしなめるように言った。
「もう、朋也くんったら。そんなに見つめちゃダメよ」
 その声に、心臓を鷲掴みにされたかのようなショックを受け、慌てて反対側に振り向く俺。
「はい。よくできました」
 早苗さんがクスリと笑う気配が伝わってくるが、とてもそんなことを気にしている余裕はない。
全身の感覚神経は、もぞもぞとブラの外す衣擦れの音に集中してしまい、つい生唾を飲み込みそ
うになるのを堪えるので精一杯だ。
「よいしょっと…はい、振り向いてもいいわよ、朋也くん」
 その言葉におずおずと振り向く俺。と、その視界に飛び込んできたのは、前を大きくはだけ、
胸を申し訳程度に片手で隠した早苗さんの姿だった。
「あ…」
 何も言えずに口ごもってしまう俺。早苗さんの透けるように白い二つの膨らみは、形よくふっ
くらと盛り上がっており、先端の方だけがなんとか柔らかそうな二の腕で隠されているといった
状態だ。ブラウスの内に篭っていた熱気がほんのりと甘い匂いで、俺の鼻腔を心地よくくすぐってくる。
「すっかり垂れちゃってるでしょ。こんなところを見られるのって、ちょっと恥ずかしいわ」
 何か見当違いの恥ずかしさを感じているらしい早苗さん。俺は声が出ないので、ぶるぶると首
を振って「そんなことないです」という思いを伝える。実際、早苗さんの膨らみは、確かにぴち
ぴちに張り切っているといった感じではないものの、しっかりと均整の取れた盛り上りを見せ、
何より、押さえる腕によって微妙に形を変えているのに、どこまでも柔らかそうな印象を受ける。

105 :早苗さん萌えSS(テーマ:母乳)9:01/10/11 22:43 ID:A08qNchE
「それじゃ、お願いしようかしら」
「……」
 早苗さんにそう言われても、どうしていいのか判らずに呆然と立ち尽くす俺。
「もう、早くしてくださいってば」
 と言うと早苗さんは、右手を胸から外すとぐいっと俺の身体を自分の方に引き寄せ、顔を自分の胸に押し付けてきた。
ちなみに俺はと言うと、そのはずみでちらりとみえた、ぬめぬめと濡れたピンク色の乳首に目を奪われたままで、何の
抵抗もできずになすがままである。ううっ、情けないぞ、俺。
「さあ、朋也さん。よろしくお願いしますね」
 顔全体が、まるでふわふわのマシュマロのように柔らかく温かい膨らみに埋め込まれ、危うく窒息しそうになって息
を大きく吸い込む。と、うっとりするほど甘く、それでいて懐かしいような匂いが胸一杯に広がり、自分が何をしてい
るのか判断できないような、そんな陶然とした気持ちになる。目の前に薄い桃色の突起物が目に入る。それが早苗さん
の乳首だと気付いた時には、既に俺はそれに猛然としゃぶりついているところだった。俺は、夢中でその乳首を口に含み、
頬をすぼめて吸い付いた。いつしか、舌にうっすらと甘い味が感じられてくる。
「はぁ…」
 気持ちよさげな吐息を漏らす早苗さん。俺は、口腔内にじわじわと滲み出てくる母乳の感触を感じながら、口の中に
広がるほんのりとした甘さに酔いしれた。唇で乳首をしごくたびに、霧のようにじわっと染み出してくる母乳。味その
ものは薄いが、何となく郷愁を呼び起こすような独特の甘味に舌が蕩けてしまいそうだ。俺は夢中でそれを飲み干しては、
更なる母乳を吸い出していく。
「もう、無理して飲まなくていいのに、朋也くん。ここに吐き出してくれればいいのよ…」
 傍らに置かれた容器を示しているらしい早苗さんだが、そんな言葉は耳に入らない。
 とめどなく湧き出してくる母乳を、無我夢中でひたすら飲み込んでいく。

106 :早苗さん萌えSS(テーマ:母乳)10:01/10/11 22:45 ID:A08qNchE
「ねえ、朋也くん。もっと強く吸ってくれないかな。軽く噛むみたいな感じで」
 俺の頭を軽く抱きながら、耳元に囁いてくる早苗さん。俺はそのリクエストに応えるべく、いつの間にか硬くなっている乳首を、更に強く挟んで吸い上げた。
「はぁ…そうよ、そんな感じでよろしくね…」
 と、今度は、滲み出ると言うより、勢いよく噴出してくる母乳。幾筋ものスプレー状になったそれが、俺の口腔内を溢れんばかりに満たしていくのが判る。ゴクゴクとそれを飲み込み、咽喉を潤していく。
「ふふっ、朋也くんったら一生懸命吸っちゃって。もう、赤ちゃんみたいで可愛いんだから」
 穏やかな笑みを浮かべながら、あくまで優しい声で言う早苗さん。その手はいつの間にか俺の頭に乗せられ、髪の毛を軽く櫛けずるように撫でてくれていた。何も考えず、早苗さんのおっぱいに集中する俺。
 途中、言われるがままに反対側の乳首に移動したような気はするが、詳しい事は覚えていない。俺は、早苗さんの、
「はい、おしまい」
 という声が聞こえるまで、ずっと赤ん坊のような無心な気持ちのままだった。

107 :早苗さん萌えSS(テーマ:母乳)11:01/10/11 22:48 ID:A08qNchE
「はぁ、すっかり楽になったわ。ありがとね、朋也くん」
 再び反対側を向き、身繕いを整えながら言う早苗さん。俺はと言うと、アブノーマルな体験にすっかり元気に
なってしまった息子を押さえるのに精一杯だった。明らかにこれって誘われてるよな。今度こそ、据え膳食わぬ
は男の恥だぞ。いやしかし、渚のことはどうする? そのときのことはそのとき考えればいいさ。早く決心しな
いと早苗さんにも失礼だぞ。そうか、確かにそうだな。年上の女性にここまでしてくれたんだ。きっちり最後ま
でしてもらうってのが筋ってもんだよな。よし、行くんだ、俺。
 そろそろと身繕いを終えようとする早苗さんの肩に手を回そうとする。あと10センチ、あと5センチ、あと…。
「おい」
 突然、後ろから掛けられた声に、心臓が飛び出すかのような驚きを感じる俺。おそるおそる振り向く。と、そこには、予想通りの人物の不機嫌そうな顔があった。
「ところでお前、何してんだ?」
 相変わらず無愛想な秋生の声に、ぱあっとした笑顔で振り向く早苗さん。既に服装の乱れは完全に直され、いつも通りの格好だ。
「お帰りなさいっ。もう、いつになっても帰ってこないから、心配してたんだからっ」
「ああ、すまんすまん。配達の帰りに薬局の親父と話し込んじまってな。ほら、春の新製品の試供品だとよ」
「わあっ、嬉しい。ありがと、秋生さん♪」
 俺を完全に無視してラブラブモードに突入する二人。その隙にこっそり逃げようとするが、そうはいかなかった。

108 :早苗さん萌えSS(テーマ:母乳)12:01/10/11 22:52 ID:A08qNchE
「そういえば、こいつと二人で何やってたんだ?」
 不機嫌そうな顔に戻り、俺を顎で指し示す秋生。
「ほら、あなたがいつになっても帰ってこないから、あなたの代わりにおっ…」
「わーっ! わーっ! わーっ! わーっ!」
 素直に答えようとした早苗さんを、慌てて遮る。そんなことをこのクソ親父に知られたら、いったいどうなることやら…。
「ん? どうしたの、朋也くん?」
 不思議そうな表情の早苗さんの耳元に、急いで囁く。
「すいませんっ! このことは二人だけの秘密ってことで」
 一瞬、きょとんとした早苗さんだったが、すぐににんまりとした表情になって囁き返してきた。
「うふっ、赤ちゃんみたいで恥ずかしいんでしょ。もう、朋也くんたら、本当に可愛いんだから♪」
 ふう…相変わらず誤解があるようだが、なんとか秘密にはしてくれそうだ。
 と一息ついたのも束の間、今度は目の前に秋生の猛禽類めいた顔があった。
「おい、朋也」
「は、はい」
 いかん、つい弱腰になってしまう。やはり後ろめたさが…。
「俺の愛娘だけならいざしらず、愛妻にまで手を出しやがったらどうなるか、判ってるな?」
 本気の声に思わず怖気づく俺。こいつはやると言ったことは必ずやる男だ。ばれたら果たしてどうなるか…。
「そ、それじゃ俺、学校に行くんで…」
 柄にもない愛想笑いを浮かべながら、じりじりと後ずさる俺。と、早苗さんが、置いたままになっていた俺のカバンを持ってきてくれた。とてとてと歩み寄ってきて、カバンを渡し際に俺に耳打ちしたセリフは、
「またよろしくお願いね。でないと今日の事を、渚に言いつけちゃうんだから」
 ぺろりと舌を出した早苗さんに見送られ、よろよろと外に這い出る。ああ、これからどうなるんだろ、俺。
 そんな俺の問いに答えてくれるはずもない、あくまで晴れ渡った春の空なのであった。

                           <END>

82 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.06 2022/04/29 Walang Kapalit ★
FOX ★