5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■■■藤田嗣治■■■■

1 :人妻監視員 :2000/10/22(日) 23:18
好きな方、いらっしゃいますか?

2 :空耳 :2000/10/22(日) 23:43
好きですよ。
全くくわしくは無いのですが。
西洋美術館に一枚ありました。
金色が綺麗だったです。

3 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/10/23(月) 01:16
秋田市の平野政吉美術館に行くべし!!
http://www.city.akita.akita.jp/city/in/cm/kanto/kanto10.htm

4 :人妻監視員 :2000/10/23(月) 07:54
>3さん、
よく御存じですね。
行ったこと、あります?平野美術館。

>空耳さん、
あたしもそんなに詳しくないけど、好きなんだよな。
絵もそうだけど、本人のキャラも。

5 :リアル699 :2000/10/23(月) 14:09
ヲレ、画集持ってるよ。

6 :空耳    :2000/10/23(月) 18:36
いいな。
今週から神田で古本市始まるから
画集でも探しに行こうかな。
ところであんなにびっしりつまってても
CD一冊より安いんだからありがたいよね。

7 :人妻監視員:2000/10/24(火) 18:27
著作権が藤田未亡人にあるので、おいそれと新しい画集は
出せないし、雑誌掲載やテレビ放映でもクレームがつくからね。
このままじゃあれだけの画家が埋もれちゃうよ。

フジタの画集はなかなか出回っていないからね。
フランスでの出版物か、もしくは空耳さんじゃないけど、
古本屋で過去の展覧会の図録や以前日動画廊が出した画集を
探すしかないね。わたしの知っている限りでは数千円〜十数万。
見つかるといいね、空耳さん。

8 :空耳   :2000/10/24(火) 22:14
そうなんですか、高いんですね・・・
とりあえず行ってきますわ。
3千円くらいなら買うけど、十数万はねえ・・・

9 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/10/26(木) 21:30
フジタの画集あんま書店とかで見ないけど、
そうなんや…著作権かぁ…
友達が持ってるゴツイ画集はえらい見ごたえあってよかった。
それは3万したって。

10 :あい☆:2000/11/11(土) 01:38
猫抱いてる女の子が公園にいる絵がすっごいスキ!
70さい越えてから描いた絵とは思えないくらいかわいいのー!

11 :リアル699:2000/11/11(土) 22:38
そんなに貴重なものだったのか・・・。<画集
俺の持ってるのは、親が昔、藤田嗣治展に行った時に買って来た奴
なんだよ。

12 :ヘボ画家:2000/11/12(日) 22:56
はじめまして!
なにか、おもしろいお話をみなさんでされているので参加します〜
藤田嗣治いいですね〜僕も図録を3冊持ってマス
1冊は変な(?)古本屋で1000円で購入しました。
藤田で好きな絵は・・カフェとかライオンと女調教師とか・・
う〜ん、いいだしたらキリがないかも・・・

13 :メロン王子:2000/11/14(火) 05:10


   __∧ ∧_     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /\ ( ゚д゚)\ <   藤田って、いかにも外国映画に出てくる日本人って顔だよな
 \/| ̄ ̄ ̄ ̄|\ \_____________
   \|____|〜



14 :暴れ猫:2000/12/10(日) 16:34
女性の皮膚の白が美しいと思います。
彼にしか調合出来ない特別の白って本当なの?
秋田には年に一度は足を運んでいます。
あの大きな絵は何度見てもおもしろくて好きだー。


15 :居直り猫:2000/12/13(水) 00:22
あの白い肌のつくりかた(噂)
1.カンバスの麻の布地にうすくニカワを塗る。
2.絵の具の白にテレビンを混ぜてぐつぐっと煮てそれをヘラで塗りこむ。
3.すっかり乾ききってしまわないうちに表面を紙やすりでみがく。


16 :暴れ猫:2000/12/16(土) 14:09
おおっレシピ(?)が!
これで真珠のような白が出るのですね。
とはいえ見てるだけの私は実践できず。
うにゃにゃ。


17 :500円くらいで週売りの奴に:2000/12/19(火) 04:52
今日でるよ。
ローランサンと。

18 :どきどき:2000/12/29(金) 01:02
>3
秋田の平野政吉美術館に行ったことあります。
東京の美術館で見るフジタの作品と印象がぜんぜん違うと思いました。
あのきれいな白い塗り壁みたいな(というより石膏のよう?)肌の印象と違うなぁーと。

以上。情報&感想でした。


19 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/03(水) 02:13
フジタのあの白い下地は美術予備校の時まねしたなぁ・・・。
ちっともああならなかったけど(笑)。

20 :無党派さん:2001/01/03(水) 15:45
ぶりゅげるさんよくばりね

21 :西園寺 美剣:2001/01/07(日) 00:12
週刊美術館はツグハルのとっつぁんだね。さっき、買ってきた。
でも、あんまし絵が載ってないね。俺の持ってる画集のほうがたくさん絵が
乗ってるYO!

22 :わたしはダリ?名無しさん? :2001/01/07(日) 23:11
ム何てタイトル?持ってる画集って。
おしえて、西園寺 美剣 氏。

23 :西園寺 美剣:2001/01/09(火) 23:53
>>22
親からもらったやつです。32年前に、藤田嗣治追悼展をやっと時に売ってた画集
らしい。小学校のころ、この画集を見て藤田氏を知りました。女性の裸体が
描いてあって、興奮したものです(笑)。122作品載っております。

24 :goatsong :2001/01/10(水) 02:54
藤田って、5枚ぐらいしか知らなかったんだけど、「週刊美術
館」(だっけ?)立ち読みして、「なかなかいいな」と思った。
大芸術ではないし、むしろイラストレーションに近いが、私は
当時のパリの前衛陣よりは、こちらの方がいいな。(とはいっても、
ユトリロ、モディリアーニ、スーティンなどは全く、理解不能
だけれど)


25 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/10(水) 13:08
ユトリロはともかく、モディリアーニやスーティンのどこが理解不能
なんでしょうか?


26 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/25(木) 00:33
随分前にNHKでフジタの特集やってて、その時、フジタが描いた
(たぶんフランス)教会の壁画がでてたんだよな。そこ、行ってみたい。

27 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/27(土) 00:59
芸術新潮2月号に、フジタが晩年過ごしたアトリエ兼自宅(パリ郊外)
の写真が載っていましたよ。
部屋の家具や小物やタイルが彼の手作り!
さすが、惚れた女に洋服縫ってあげるくらい器用な男!

28 :M*:2001/01/31(水) 02:06
秋田は地元です。藤田は平野美術館で知りましたが
東京でエコール・ド・パリ関係の展覧会をやってたときも
見ました。

結構作品によって印象違いますよね。
いかにもエコールドパリ風なものから
日本画風、あと平野美術館の入り口にあるような
もっさい感じのとか(笑
私もやっぱり前者が好きです。

29 :若い時の写真:2001/02/02(金) 01:38
サイケな佐野史郎って感じ

30 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/14(水) 22:02
彼の人生、映画化してもおもしろそーなのにね。

31 :空冷:2001/02/14(水) 23:47
>30氏

けっこー盲点だったのかも。

藤田役は佐野史郎(藁



32 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/22(木) 00:25
>30さん、

私は奥田暎二がいい!
だって、藤田と顔似てない?

33 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/23(金) 21:08
>32さん、

激しく同意!
しかも奥田氏って絵も描くんでしょ。
フジタのキテレツハチャメチャぶりも再現できそう、彼なら。
絶対実現してほしい〜。
誰か言っといて、映画関係者か、奥田氏本人に。

34 :>>1:2001/02/26(月) 16:53
■←こういうの、見てて鬱陶しいからやめてくれ。


35 :暴れ猫:2001/02/26(月) 22:10
柄本明とかイッセー尾形がいいよぉ。>嗣治
や、好きな役者ってだけです。てへ

36 :わたしはダリ?名無しさん? :2001/02/27(火) 00:42
今月号の美術の窓にもちょこっと載ってたね、フジタ。
「貧乏力」がテーマ。

37 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/27(火) 18:32
著作権もってる藤田未亡人は、今何処で如何しているのでしょうか?
フランスに住んでると聞いたこともありますけど、、?
今お幾つくらいでどんな方なのでしょうね?
???ばかりでした。
知ってる方いたら教えてくださいませ。

38 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/28(水) 01:24

>37さん、
おととしのNHKでのフジタ特集ででてたよ。
かなりの高齢(80代?)だよね。

今現在どうしてるかは知らないけど。


39 :お絵描き君:2001/03/03(土) 11:58
藤田嗣次は初期の頃の絵画は良いね。
晩年のキリスト教絵画にも見ごたえのあるのもあるが、
夥しい聖母子像は少女漫画みたいだ。

俺の持ってる画集はフランスのACRという出版社が出した
もんなんだが、学生時代のから晩年の作品までほとんど
出てる。それで、これを出した時に一悶着あったらしいな。
嗣次は印刷されたものを嫌っていたらしく、其の遺志を
夫人が頑なに守っているらしい。偉い人だと思うけど、
画集は欲しいよな。

40 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/03(土) 14:01
藤田は何時でも気が向いたときにデッサンができるようにと
同居人を常に裸で生活させていたっていう
有名な話があるよね。

41 :わたしはダリ?名無しさん? :2001/03/03(土) 22:08
>お絵描き君、
そのBuisson編の第二弾が出るらしいね、来月16日に。
フランス語読めないから、誰か訳して。お願い。
http://www.amazon.fr/exec/obidos/ASIN/2867701457/402-9392790-3326533


>嗣治は印刷されたものを嫌っていたらしく
それってほんと?




42 :お絵描き君:2001/03/04(日) 00:17
>40
寒くないのかな?
>41
俺もぶざべ言語は読めないな。
一冊目とどうちがうんだらうか?
>それってほんと?
あの画集が出た時、其の遺志の問題かなんかで訴訟問題が起きたという
話を聞いた記憶があるよ。もう古い話で詳しい事は忘れたんだが。
フランス人の家で彼が若い頃描いた水彩画を見せてもらったことが
あるが中間色それも灰色じみた絵でね。画集のよりずっと良かった。
再現は確かに難しいな。

藤田の絵の変遷を見てるとユイスマンスという作家を
連想させられるよ。

43 :パリ:2001/03/04(日) 05:39
>42さん、
アマゾン見てみましたが、4月16日に出版されるので、購入予約の受け付けをしてるとしか、書いてありませんでした。

>39さん、
私も晩年の、キリスト教に没頭しだしてからの作品には、魅力をあまり感じませんね。

44 :お絵描き君:2001/03/05(月) 00:22
>パリ
なんだろうね?やっぱ宗教に没頭すると主観的になりすぎるからかね?
国際ゴシック様式的ともいえる初期のキリスト教絵画はそれなりに
良くて面白いんだが、(仏画も描いててそれは秀逸)後期のは、嫌だな。

自分が日本人だからかもしれないが、西洋に藤田がレイプされたような
そんな屈辱感を感じてしまうんだ。変かな〜?

45 :パリ:2001/03/06(火) 08:11
>お絵描き君、さん、

西洋にレイプ、、とは思わないけど(笑)
私はむしろ、西洋は藤田を受け入れてくれたけど、日本(第二時大戦後)は藤田をスケープゴートに仕立てたので、傷ついた藤田(海外長かったから、人一倍愛国心あったのよ)は、日本を完全に捨てさり、また老境に入った事もありキリスト教に救いを見出していった、、。

なーんて、勝手に思ってますが、どうなんでしょうね?
藤田の伝記や画集も持ってないので、聞きかじった話を自分勝手に想像してるだけです(笑)

46 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/12(木) 02:12
ブリジストンびじつかんに絵があるよねぇ。藤田の絵は猫の表情がすごくかわいくて大好き
ですね!

47 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/12(木) 17:50
フジタのデフォルメされた外国の猫、緻密な描写の日本猫、
どちらも魅力的だね。

48 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/12(木) 23:33
ブリヂストンの藤田はいいよね。インク瓶のやつも
好き。藤田はあのうにーって顔した猫が好きで何枚も
の作品に同じ顔が登場するんだよ。坊ちゃん刈りの自画像
の肩にものってるよ。私はやっぱり、あの絵肌が一番
好きな理由だな。
でも、戦中の作品も日の目を見られるといいのにね。
ちゃんと観てみたい。今でも近美の保管庫に眠ってた
まま起こしてもらえない…

49 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/12(木) 23:47
Foujitaは確かに職人としては優秀だけど、真の芸術家たり得ないと思う。
戦前は西洋文明一辺倒、戦中は日本文化の優越性を熱弁し戦争画を描きまくり、
戦後はまたフランスに逃げ帰り西洋文明を礼賛する。
これじゃあね。


50 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/13(金) 03:35
好き嫌いの問題は置いといて、研究対象として作品が
観られない、タブー視されてるっつぅのがちとつらいね。


51 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/13(金) 06:28
>50、
えっ、タブー視されてるの?知らなかった。

>49、
「真の芸術家」の定義って?


52 :ウラハラ:2001/04/13(金) 06:51
この人
どっちかの手首に
時計の彫り
入れてるよね。

53 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/13(金) 15:07
しかも坊ちゃん刈りで、両耳輪ッかのイアリング(ピアス?)
してる。自画像で。かっこいいー

54 :なななななななし:2001/04/15(日) 18:04
藤田は、父が好きで、関連図書とか集めまくってます。
画集なんかも個人輸入しちゃったり。
そんなもんだから、子供の頃から藤田の絵って、見てました。
でも、あんまし知られてないんでしょうか?
美術部の友達にも知らないっていわれちゃうし。
池袋の怪しげな骨董屋で、藤田の絵のコピーを見つけた事もあります。
誰が買うのかなあ。
そうそう、以前、藤田の展覧会に行ったとき、美大生らしい女性二人連れが
「フジタってバイセクシャルなんだよね〜」なんて話してました。
なんとなく、納得いくような…

55 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/15(日) 20:52
いや、藤田はメジャーでしょう。少なくとも美術やってて
しらないやつはいないはずだ。ヨーロッパでも有名だよ

56 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/16(月) 04:41
藤田しらない美術部の人っているの?
日本人の洋画家では最高峰だよね?

57 :>51:2001/04/16(月) 17:24
>「真の芸術家」の定義って?
少なくとも、周囲の情勢に阿り、
右顧左眄して自ら信ずるところの道を進まないのであれば、
真の芸術家とは言えないでしょう。
要するにFoujitaには思想がなかった。
その意味で「真の芸術家」ではなく、
単なる上手な職人だったと言う事なんじゃない?



58 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/16(月) 21:25
なんか奥さんが国内で評伝的なものは出させないってきいたことあるけど?


59 :SATO:2001/04/16(月) 22:05
でも、バルテュスだったら画家は職人で当然だって言いそうだよね。例え芸術家藤田っていうキーワードが不完全な物であったとしても、彼の作品は充分魅力的だと思うな。勿論モノにもよるけどね。

60 :わたしはダリ?名無しさん? :2001/04/17(火) 00:49
>57、
「要するにFoujitaには思想がなかった。」
誰もそんなこと言い切れないっしょ。
とは言いつつも、「彼はこういう思想をもってやってました」
と説明できないけど。

61 :わたしはダリ?名無しさん? :2001/04/17(火) 03:32
>60
激しく同意。
芸術に思想なんてものいるの?
そんなの伝統を否定した前衛主義者が
自分の芸術を正当化するために作る屁理屈じゃん。
じゃあ、パトロンの注文どおりに作品を制作してた
ルネサンス〜18世紀までの画家は「職人」であって「真の芸術家」じゃないわけ?
まあ、藤田の傑作は戦争画だね。

62 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/18(水) 14:21
奥さんチェックが厳しいのは本当。

私も57はよくわからん。ゲイジツカの思想ってなによ。
それが昔の人にあったかどうかは知らんが、そういうことを
しゃちこばって言ったり、不可欠と考えてる時点で頭コチコチじゃない?
それこそ「職人」というものがどのような位置づけされてたか勉強しないと。
画家だって昔はギルドにいたんだし。

63 :KKK:2001/04/22(日) 23:06
以前、藤田役は誰が良いかとの議論がありましたが、
私は、坂本龍一がピッタンコだと思います。
藤田と言えば、こういう裏の話もあるよ。

http://homepage2.nifty.com/hokusai/rekishi/menkai.htm

64 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/26(木) 16:59
>じゃあ、パトロンの注文どおりに作品を制作してた
 ルネサンス〜18世紀までの画家は「職人」であって「真の芸術家」じゃないわけ?

レンブラント、ゴヤ、ベラスケスなんかは、
決してパトロンの注文通りのものは作らなかった。
ミケランジェロもメディチ家の言いなりにはならなかった。

65 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/26(木) 17:08
昔、フジカワ画廊に行ったら、生前の徳蔵ジイサンが、
「藤田のババアが生きてるうちはダメだ。早くくたばりゃいいのに」
と言ってた。
でも自分が先に死んじゃった。
合掌。

66 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/12(土) 22:08
フジタの番組、やるんだね。
http://www.nhk.or.jp/hensei/hv/week.html

67 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/14(月) 09:41
どなたかダイジェストきぼんぬage

68 :Q:2001/05/14(月) 16:33
藤田は腕に時計の刺青をしてたんだよ。知ってる?
パリでやったのかな?ちょっとかわいいね。

69 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/14(月) 23:30
<66、67
見れないよ〜、ハイビジョン〜。
早く地上波でやってくれ。

70 :KKK:2001/05/15(火) 01:11
これって、以前地上波でやった内容+αでは?
地上波は1時間番組だったと思うので内容は更に濃いかも知れませんね。

71 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/16(水) 00:00
>70、それっておととしくらいに放送した番組のことかなぁ。
ランスの教会とか、未亡人が真っ赤な服着て出てたやつ?

72 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/16(水) 18:00
>>71 見たけど、薄ぼんやりとしか覚えてない

73 :わたしはダリ?名無しさん? :2001/05/16(水) 21:43
>>71
そう、それそれ!
藤田が下宿してたモンパルナスの部屋のお隣サンとかが出てきてたやつ。
今回のは、途中で、ネコのデッサンとか出てた。
途中の、戦争画んとこで、飽きてきたなあ。
エンディングの映像、おんなじ。
あの教会を、門から出て行く、って風景。
ちょっと日が落ちてたけど。

74 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/16(水) 22:27
今、NHK教育でフジタ特集やってる!

75 :>1:2001/05/17(木) 02:35
絵はいいと思うが人間が気持ち悪い。

76 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/22(火) 10:37
>>75
興味あります、気持ち悪さに。
良かったら参考文献などもお書き添えいただけたらと思います。
ワタクシ本屋に走りますです。

77 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/24(木) 06:50
>74 何曜のいつ?

78 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/29(火) 08:56
AGE

79 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/29(火) 09:10
>>76
では、少しだけ今手元に資料がないので正確では、ありませんが

まず、自分のチンコをナイフでグニグニにしたり(女を悦ばせるため)
それ(イチモツ)を見せてもらった海老原だか、前田だか(忘れた)が
「エロというよりグロ」と、言ったそうです
あとは、自分の女に刺青彫ったり(マドレーヌは太ももに人魚)
自分の体に自分で刺青彫ったり(腕時計、指輪、ライオン、裸婦、など)
1920年代にピアスしてたり

まあいろいろあります

80 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/31(木) 05:49
>>79
レスありがとう。
でもなんだか気持ち悪いというより自傷癖のある子供という感じですね。
身体を傷つけることで安心を得ていたんでしょうか。自分で自分を罰するみたいな。
これだとちと藤田に夢見過ぎでしょうかね。良かったら他の話も教えてください。

81 :わたしはダリ?名無しさん? :2001/06/10(日) 01:40
惚れた女には、一晩かけて洋服縫い上げ、プレゼントするぐらい女性にマメ
であるとか。

82 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/12(火) 05:43
>>81
レスありがとう。
手作りの洋服なんだか良いですね。ワンピースかなにかだったんでしょうか。
もうちょっと早く生まれていたら玉砕覚悟で結婚を申し込んでました。

ところでみなさまの資料は「評伝・藤田嗣治」でよろしいのでしょうか?
それらしき本を検索してみるとこれしか上がってこないのですが
他になにか書籍関連であるようでしたら絶版にかかわらずお知らせ下さると嬉しいです。

83 :さとじ:2001/06/13(水) 10:17
藤田は最高!繊細でパワフルな描写にひかれます。
現在、私が所有している関連書籍をしょうかいします。

    書名             著者     出版社
  腕(ブラ)一本         藤田嗣治    講談社   1984
  藤田嗣治            田中穣     新潮社   1969
  フジタよ眠れ 絵描きと戦争 菊畑茂久馬   葦書房    1978
  徳川夢声の問答有用~      徳川夢声 朝日文庫   1984
展覧会用
  パリの藤田展                 日動画廊出版部  1968
  藤田嗣治追悼展                朝日新聞社    1968
  レオナール・フジタ展            (株)アートライフ 1986
  藤田嗣治         藤田嗣治展開催委員会       1977

以前神田の古本屋にて、これ以外の本も、よくみかけました。

84 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/15(金) 10:32
さとじさん、たくさん紹介してくださって
どうもありがとう!
思ったより関連書籍が多くて驚きました。
藤田が自分でも本をかいてるなんて知らなかった。
手始めに「腕一本」を探索してこようと思います。
がんばってみつけるぞ。おーp(^o^)q

85 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/23(土) 21:00
kt

86 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/02(月) 06:32
藤田スレ、ここにあるよage

87 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/12 22:53
やーーーーっと1冊ゲット。
「腕一本」これから読みまーす!

88 :Foujita:01/09/15 22:48
エコール・ド・パリの寵児の真実
http://homepage2.nifty.com/hokusai/rekishi/fujita1.htm

89 :マドレーヌ:01/10/15 22:44
>88

藤田って海軍のスパイだった人でしょ。

90 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/16 03:16
藤田のレゾネ欲しい。高い〜

91 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/16 15:43
>88
藤田嗣治の自筆戯画(?)を拝見したが・・・。
藤田の筆になる自画像で
おかっぱ頭とカオとの境界線を大胆に横線一本を引いた作品は
たぶん この一作のみと思われ、、。
ずいぶんな珍品で ある意味興味深い代物だと・・・感心!

92 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/16 15:46
http://www.nt.sakura.ne.jp/~rose/

93 :Foujita:01/10/18 01:15
>89

海軍ではなくて陸軍のはずですよ。
藤田は、当時フランスで一番有名な日本人だったそうですし、パリを訪れた
日本人のほとんどが藤田の所に行ったそうですからスパイとしては理想的な
環境だったでしょうね。

94 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/18 20:07
何年か前に芸術新潮でみたアッツ島玉砕の絵が凄かった。不気味な迫力があった。
ただのプロパガンダではないような気がした。

95 :Foujita :01/10/18 22:42
>>91

確かに興味深いと思います。この絵を見ると、落合さんの説を信じてしまいそう。(笑)

以前、TBSの報道特集で真贋関連の特集をやっていたけど、東美の三谷さんも
日動画廊の長谷川さんも藤田の絵を例に取って、この絵は藤田にしか描けない
と言っていました。
藤田って玄人好みなんでしょうかね。
素人の私も好きですが。

96 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/19 22:21
>>63
坂本龍一はセリフを棒読みするので駄目。

97 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/22 07:26
藤田のおくさんって何歳?

98 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/03 02:49


99 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/12 13:47
素人なんで教えて欲しいですが、フジタの作品は贋作がおおく、手を出さないほうがいいということを耳にしたことがあるのですが、このへんの事情はどういうことなんでしょうか?
ご存知の方に教えていただきたいのですがいかがでしょうか

100 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/12 20:23
>99
素人なら素人らしくフジタの作品なんて高望みしなさんな。
見て駄目なものは聞いても駄目だから。。。

101 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/13 07:48
>100
プロでも難しいぞ。フジタをわかるやつなんて現存しているのかね?岡とか宮本を生き返らせるしかないんじゃないかね。

102 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/13 09:39
>>99
毎日アートオークションに、「出品したい」と言って相談してみたら。
出品を受け付けてくれたら、本物。断られたら贋作だよ。
本物なら現在価格も教えてもらえるよ。江東区富岡にあるから。
電話番号は自分でしらべてね。

103 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/13 09:55
藤田の真贋を見分けるなんて、
そんなに難しいもんじゃない。

104 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/14 07:41
版画にある直筆サインと遺族サインの見分け方ってありますか?

105 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/14 09:11
>>104
そもそも「遺族サイン」なんてものは、ありません。
その版画に自身のない画廊主なり業者が逃げ道としと
言い始めたこととおもいます。
 先ほど、藤田のカタログレゾネ(正確にはレゾネではない)が
新しく出版されました。その本に記載されてるか否かが真贋判定
の大きな基準になりますので、 >102のようなプロに見せる
のが、一番の近道です。藤田の場合、手彩によるリトグラフが多く
後半に発行され、正確には誰のサインか解りませんが、オリジナル
サインとして通用するものと、しないものがカタログレゾネに掲載
されてるか、否かによって決められる傾向にあります。

106 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/14 17:14
102>
まず毎コミでも多分おっしゃっているような意味合いの真贋はしません。
と言うより、最近ではヤバイのも「成り行き」で出品傾向にあります。
最近は真贋の意味合いが大きく変わってきています。
以前なら絶対に画商さんも贋作と言うことで取り扱わなかった作品も、
ここの処エスタンプとして大変多く見掛けます。
其の版画作品として一番有名なのが「夢」でしょうか。。。
この「夢」の贋作の見分け方は簡単です・・・が教えませ〜ん!

>105
そもそもが版画のサインなんかはフジタの女達にさせていたということがあり、
その為にレゾネさえ発効できないのが真実です
ただ将来的にレゾネにしたい旨の画集は発行されましたが、
遺族の理解を得られずに現在はレゾネとして成立していません。

遺族が言わんとすることは、
「フジタのオリジナルは作品そのもの」で、
写し撮ったものをレゾネとして「これがオリジナルです」
と言うのは受け入れがたいと言うことでしょうか。

>そもそも「遺族サイン」なんてものは、ありません。
>その版画に自身のない画廊主なり業者が逃げ道としと
>言い始めたこととおもいます。
中略。。。
>後半に発行され、正確には誰のサインか解りませんが、
>オリジナル サインとして通用するものと、
>しないものがカタログレゾネに掲載されてるか、
>否かによって決められる傾向にあります。

お馬鹿さ〜ん!
何を言わんとしているのかわからんぞ。

107 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/14 21:20
>106、多少知ってる、おもしろいヤツが現れた。
104さんはナー、自分の持ってる作品が商品価値があるのか否かを
知りたいだけなのよ。そのくらいの、ことは解るよナー。

>サインなんかはフジタの女達にさせていた
ほんと?これは、いけませんね。裏がとれる?

>レゾネさえ発行されていない、、、
ピカソのゼルブス、ブロックのようなレゾネは藤田において
もはや不可能でしょう。いつ、だれに、どれだけ作品をだしてるか
把握できてない。遺族も出版にかかわる人も、皆知ってる。
次から次に未発表作品が出てきては、レゾネにならないからね。
>遺族のいわんとすることは、、、、の真実はそこにあるのよ。





108 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/14 21:29
>106
>この「夢」の贋作の見分け方は簡単です、がおしえませ〜ん!

こいつバカか!ケツの穴の小さいヤツ、言えないだけだろう。

109 :カイガ-君:01/11/14 23:01
108さん、まあまあ怒ってもしかたないですよ。。。

>>この「夢」の贋作の見分け方は簡単です、がおしえませ〜ん!
>こいつバカか!ケツの穴の小さいヤツ、言えないだけだろう。

これは絵を購入する人なら誰でも知っているのでは?
じゃあ108さんの為に大ヒントを・・・キ-ワ-ドは動物です。

107さん、
106さんが言いたかった事は画集がレゾネではないと言う事では?
あっ、もちろん未発表作品が掌握できずに後からドンドン出てくるのでは、
困りものですので107さんの言う通りでもあります。
どちらにしてもフジタは良い画廊さんを見つける事が良いようで。。。

110 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/15 06:19
カイガー君、、ネ。君ネ、書き込みする前に気をつけようね。
君が106さんであることは文脈の流れから明白だよ。
「違う」と言い張ってもいいが、言えば言うほど、
カイガー君=106になっちゃうよ。

知識の出し惜しみ(たいした知識じゃーないんだから)はやめようね。
人間が小さくみえるよ。困った人がいたら、解る範囲で助けてあげようよ。
2CHは悪意を持った人ばかりじゃーないよ。

111 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/15 07:58
ヤフオクにでている作品(サイン入り)の購入を考えているのですが、真贋のほどは?

112 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/15 10:13
>111
どの作品かは知りませんが、おやめなさいな。
カイガー君の言うように、良い画廊さんを見つけるほうが
いいですよ。

113 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/01 23:07
愛知県豊田市美術館の常設にある藤田作品は、ブール-グレーの手彫り彫刻の
額に入っている。その額の下の縁の左に藤田の名前が彫られている。
これは額も藤田が彫ったと考えるのか、ただの作者の紹介と解釈すればいいのか。
ご存知の方がいらしたら教えてください。

114 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/08 23:34
来年の秋くらいに日本初の単独画集でるらしい。

115 :@@@@@@:01/12/10 09:14
パリ時代の彼を題材にした映画って受けないですかねェ
当時のパリって薩摩治朗八や石黒敬七、岡本太郎など魅力的な日本人も多いいし面白いと思うんだけど、誰か撮ってくれないかなぁ

116 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/16 07:39
ツグハル、ツグジ、どっちが本物なの?
日本では(正式には)ツグハルで、
フランスいった時ツグハルじゃフランス人はHの音が読みにくいから
ツグジって読ませたと、あたしは予測してるんだけど。
どうなんだろう。

教えて君でゴメソネ。

117 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/03 18:31
両親(ともに60代)は「ツグジ」と発音してました。

母は「ツグジの猫の画が好き」と言ってた。

118 :まい:02/01/04 11:51
前にテレビで、藤田の絵で「乳白色の肌の秘密」っていうのが
やってたんだけど、結局その秘密は解かれないままテレビ
は終了しちゃったの。
誰か知ってる人教えてちょうだい!

119 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/04 22:45
>118
確かなことはわかりませんが、絵の具に鉛?を混ぜてたらしいです。

120 :まい:02/01/04 23:55
鉛?って鉛白かしら?

121 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/05 07:56
そのために、古い作品の特に顔の部分などは細かいひび割れがある場合がたたありますし、
重さもかなり重くなっています。

122 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/05 16:55
鉛白なら昔から白色の顔料として使われてんじゃん?
珍しくもない。

123 :まい:02/01/05 20:33
珍しくない素材で、珍しい使い方をできるってすごくない?

124 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/05 20:53
>123
そのとおりです。鉛箔を絵の具に混ぜて使ったらしいです。詳しくないので
こんな説明になりますが・・・

125 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/06 04:17
9月に函館行ったとき
デパートで藤田の作品(小さめで鉛筆に軽く着色)が
ウン千万〜億で売ってたよ。
贋作だったら笑える。

126 :フオジタ:02/01/06 10:00
軽いドローイング程度の作品なら100万円前後でしょう。いくらフジタでも
そんなにしません。油彩ならわからないけれどね。

127 :まい:02/01/06 15:02
>124
ますます、知りたくなってきたよ。
ドラえもんがいたらいいのにな。

128 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/06 16:39
薄学ですみません。私も詳しく知りたいのでどなたかご存知の方教えて
ください。

129 :覚えてる?俺フジタ:02/01/06 21:33
さまざまな説がありますが、しっかりとした
ソースのある物から

NHK1999年放送分より
5人の裸婦を科学調査した結果、下地は鉛白

NHK2001年放送分より
パリの壁画(単なるでかいキャンバス作品)
の修復プロジェクトの結果
まず、アブソルバンの上に膠を塗り
その上にレントゲンのバリウムを塗り
その上に炭酸カルシウムと鉛白を混ぜた(1:3)物を塗る

NHK1988年放送分君代夫人インタヴューより
「で、私が大きな缶を買ってきてそれを開けて何度も
何度も塗って行くんです」
「で、あとは藤田がカミソリの刃で、きれーいなるまで
何度もキャンバスを削っていくんです、ジーっと
キャンバスに目をくっ付けて埃ひとつもつかなくなるまで」

これくらいでしょうか?

130 :まい:02/01/08 00:51
>129
ありがとうございます! 下地にはバリウムまで入っているんですね、すごいわ、藤田。

今日、伊勢丹に行ったら美術館が3月で閉館って言うんで、過去のカタログと
伊勢丹美術館蔵参考資料等が、1冊1000円で売ってました。
私も、けっこう分厚い藤田の画集を1000円で買いました。あと彼末宏も
興味の有る人は行ってみて下さい。無くなり次第終了らしいので注意してね。

画集を見て思ったんですが、藤田の線の黒は墨なのでしょうか、、?

131 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/08 19:36
130>伊勢丹情報ありがとう。

地方在住なので東京の女性に購入を頼んだけど、
藤田も彼末も売れきれていたようですが、
せっかく伊勢丹まで行ってもらったので、
別の画集を購入してもらいました。

132 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/16 01:46
アッツ玉砕 はじめて見ました
ちょっとよれよれ

133 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/19 22:09
知り合いが藤田の『猫』を購入検討しているので、一緒に観て欲しいと
言われているのですが、
どういった点に注意して真贋を見極めたらよいでしょうか?
詳しい方どうぞ教えて下さい。


134 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/19 23:31
油彩ですかリトですか?

135 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/19 23:56
東美の鑑定

136 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/20 00:20
>134
私はまだ見ていないので詳しくはわからないのですが、
本人がいうには肉筆のようだと言っています。


137 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/21 23:15
たしか 
キキ の パリ 
って アメリカででた写真集
ほとんど 藤田ばっかりだった
いかにスターだったかわかリマシタ

138 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/22 03:02
国立近代美術館でいま藤田の戦争画が展示されてました
すごかた。

139 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/12 04:59
京都のル・フジタというレストランをご存じの方おられますか?
藤田の大きな絵が飾ってあります。題名は失念しましたが。
安くておいしいので京都へ出かけられた際には行ってみてください。
太った黒猫がお迎えしてくれます。

140 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/22 21:59
>138
あれすごかったですねー。
まんまドラクロワって感じしましたが。


141 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/07 19:54
ル・フジタ

ttp://www.geocities.co.jp/Foodpia/7175/w2-5.html より抜粋

東一条近くの関西日仏学館内にあったフランス料理店が平安神宮の東にある観峰会館内に
移転し、2月1日に新規オープンした。 店の名前の由来にもなった藤田嗣治画伯の380号の
大作「ノルマンディーの風景」は、やや小ぶりの写真複製に変わっていた。以前のほの暗い
照明と粋な洋館の雰囲気が懐かしい。オーナーは変わらないようだが、以前のシェフは
いないみたいで、お料理は日本の家庭料理。ただの喫茶店。
尚、観峰美術館ご利用方は飲食料金100円OFF 。(2002年3月) 

34 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)