5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

写真鑑賞

1 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/22(金) 23:03
カメラ板だと機材や技術の話が多いのでこちらの板に立ててみました。

廃墟系写真が好きです。
丸田祥三とか。
批判とかいろいろあるけど、昔のアラーキとかも好きかもです。



2 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/23(土) 00:08
前に「アウグスト・ザンダー」っていう写真家の展覧会を見たんだけど、
どういう人なのかな。どうって、その―…評価とか、位置付けっていうの?
なんかよくわからないけど、とにかく詳しい人いたら教えてくだせえ。

場所は、神宮前だったかな、ワタリウムっていう美術館でした。
解説とかあまり読まなかったんだけど、なんか雰囲気よかったんだよね。
なので今になって軽く興味出てきたっす。

3 :おっ、 :2000/09/23(土) 07:36
いいスレッドできましたねぇ。
新宿三井ビルの下に、「ペンタックス」と「エプソン」のギャラリィが
ならんでありますが、方や銀塩でもう一方はインクジェットの出力で、
比べてみると興味深いものがあります。
なお、エプソンの方では会員にならねばいけませんが(その場でなれる)
白い手袋でもって著名写真家の作品を見ることができます。(F・I)

4 ::2000/09/24(日) 01:12
廃墟写真。けっこういろいろありますよね。
「萬」というミニコミ誌の廃墟特集号で、廃墟関連の書籍の紹介などをいろいろ
やっていてお役立ちな感じでした。
(この本ってレアものなのかと思っていたら、西武のリブロで普通の書籍の
ような顔をして写真集の棚に並んでいたのを先日発見した。)

廃墟写真のサイトも多いですね。
NHKが10月に軍艦島ロケのドラマをやるらしい…という話をよその板で
見かけたんだけど、本当なのかな?

ところで自分は一時、磯崎新+篠山紀信の「建築巡礼」シリーズでしか
篠山紀信を知らなかったため、「篠山紀信って建築系の人なのかなー」と
勘違いしていた過去があります。

5 :廃墟・・・。 :2000/09/24(日) 02:04
本来の人間行為の器である建築からその人間的な部分を捨て去って、
元のモノだけの世界に還元したもの、ただし時間の経過を経たぶん
の風化・・・。廃墟への興味は郷愁なんかとは違って、モノの痕跡が
事実として自分に迫るぶん、すざましいというか恐いというか?

>軍艦島ロケのドラマ
面白そうですね。廃墟にまつわる記憶を辿ることでどれだけ現在の歪を
再構築しうるか・・・ってところですか?

>篠山紀信
わたしは百恵ちゃんからなので、アイドル系の人なのかなぁと今でも思っ
てます。      (F・I)


6 :空耳 :2000/09/24(日) 19:30
やりますよ。
>軍艦島ロケ
それも鈴木あみ主演・・・
でも私は見ますけどね。
廃墟とかに弱い

7 :1 :2000/09/25(月) 01:13
写真関連の展覧会、原美術館とかでも時々やってますよね。
アウグスト・サンダ―、名前は知っているので有名な人だったかと
思うけど思い出せない(涙)



8 :>2 ookina :2000/09/25(月) 07:06
「アウグスト・ザンダ―もしく」は「August Sander」で検索かけてごらん。

9 :↑8 :2000/09/25(月) 07:10
名前の欄、「大きなお世話、小さな親切」で出そうとしたら、途中で逝っちゃた。

10 :>2・7 :2000/09/25(月) 07:11
調べたら感想などみんなにここで教えてちょーだい。

11 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/10/20(金) 06:49
畠山直哉の写真とかいいと思う

12 :わたしはダリ :2000/10/20(金) 08:56
オレは藤原新也が好きだなあ。

13 :1:2000/10/26(木) 21:42
アグネスト・ザンダー、一回、展覧会で展示されていたのを忘れていました。
鬱だ死のう。

小林のりおなんかも好きですね。

14 :1:2000/10/27(金) 01:38
深瀬昌久はもうちょい評価されてもいいと思う今日この頃

15 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/10/29(日) 23:24
トーマス・シュトゥルートの写真展行った方います?
感想聞かせてください!
あと、展示点数やサイズはどんなもんなんでしょうか?
以前、横浜で開催された同じくドイツのハイナー・シリング展は
点数は極めて少なかったのですが、サイズがでかくてスゴかったです。

16 :無名選手@投げたらアカん!:2000/10/30(月) 23:46
行ったよ、
結構点数はあった、ちゃんと数えてないけど50近くあったかな
でっかく伸ばしたやつがあって渋谷とか、東大寺、屋久島、
例の博物館シリーズ
モノクロは全紙くらいかな??
とてもよかった
表参道のギャラリーシマダでモノクロのもやっているけど
それもいいですね

17 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/01(水) 01:33
モノクロプリントが意外とキレイ。
師匠ベッヒャーとはくらべものにならない?!

18 ::2000/11/09(木) 03:03
丸田祥三氏の新しい写真集が出ていましたね。
「棄景4」だったかな。

帯の「押井守氏絶賛!」のアオリ文句が個人的には一番笑えましたが。
(押井氏って素直に廃墟映画作ればいいのに…と思わなくもなかったりして)

19 :ロカンタン:2000/11/09(木) 04:31
>2
今世紀の初め頃に活躍した街の写真屋さんです。
自分の趣味で、ドイツ人の職業的なカタログを作り始めて(いろんな階層の
人達の典型的な扮装をした正面を向いているポートレート)、結果的に当時の
ドイツ社会のありのままの姿を現出してしまい、ヒトラーのナチスの顰蹙を買
い、けっこういじめられた様です。
乾板を没収されるのを恐れて、故郷のケルン(だったかな?)の倉庫の地下室
に多数保管しておいたんですが、空襲の時にモロ被害を受けて多数のものが紛
失したらしいです。
写真史における評価的には、パリを撮ったアッジェと並ぶものだと思いますよ。
その影響は今にいたるも、様々に見受けられますね。
アベドンのバイテンのポートレートや、日本では橋口丈二の写真なんかに顕著で
すね。
写真が写された当時とは、その受け取り方というか、意味自体が変わってしまう
という良い例ではないでしょうか。時間がたつにつれて、写されたものの具体性
が消えて、別の文脈で読まれていくという写真の本質的な特性を、サンダー自身
が意識してないにもかかわらず出てしまった(どんな写真でもそうなるんですが)
という点でとても面白いし、見る側の想像力が妙に掻きたてられたりする写真で
すね。



20 :メロン王子:2000/11/14(火) 05:20


   __∧ ∧_     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /\ ( ゚д゚)\ <   前にアンゼル・アダムス展を見に行きましたが、オレの心に響くものは無かったです
 \/| ̄ ̄ ̄ ̄|\ \_____________
   \|____|〜



21 :メロン王子:2000/11/14(火) 05:23


   __∧ ∧_     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /\ ( ゚д゚)\ <   誰だか忘れたけど、水俣病展の方が響くものがありました
 \/| ̄ ̄ ̄ ̄|\ \_____________
   \|____|〜



22 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/14(火) 10:04
>21
土門拳じゃないのかな。


23 :無名選手@投げたらアカん!:2000/11/14(火) 23:13
友人、澄巣

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/16(木) 00:47
>21
水俣だとしたら、桑原史成かもね。

おれもアダムスの写真はいまいちピンとこない。写真集でしかみたことないが。
実際にプリントを見ると受ける印象もやっぱり違うのかな。

25 :メロン王子:2000/11/16(木) 00:55
>24

   __∧ ∧_     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /\ ( ゚д゚)\ <   おおっ! 人の少ない板なのにグッドタイミング!!!
 \/| ̄ ̄ ̄ ̄|\ \_____________
   \|____|〜


>22、24

   __∧ ∧_     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /\ ( ゚д゚)\ <   調べてみたところ、桑原史成でした  ちなみに、清里フォトアートミュージアムで観ました
 \/| ̄ ̄ ̄ ̄|\ \_____________
   \|____|〜


26 :メロン王子:2000/11/16(木) 01:01
>24

   __∧ ∧_     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /\ ( ゚д゚)\ <   オレは実際に観ても、心に訴えかけてくるようなものは感じなかったです
 \/| ̄ ̄ ̄ ̄|\ \_____________
   \|____|〜

27 :ダァーッ!:2000/12/02(土) 00:23
横浜美術館は見ましたか??

28 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/02(土) 05:12
ウォルター・ニーダーマイヤー展やってるみたいだけど、
これも点数少なそうだな。それでも行くと思うけど。

ホンマタカシの空撮は良かった。

29 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/02(土) 13:30
牛腸茂雄とか、島尾伸三とか野口賢一郎とか、
好きだけど…。みなさんはどう?


30 :ダァーッ!:2000/12/03(日) 23:34
ウォルター・ニーダーマイヤー展みた
グルスキ−とかに比べると雑というか。。
ベッヒャー系統の人とかよりも、緻密さはないよね
そこがよかったりする


31 :名無しさん:2000/12/17(日) 23:29
佐内さんがすきです
誰か一緒に語りましょう

32 :なんだこの厨房どもの会話は?:2000/12/20(水) 03:01
なんだこの厨房どもの会話は? 

33 :なんだこの厨房どもの会話は?:2000/12/20(水) 03:01
なんだこの厨房どもの会話は?  

34 :なんだこの厨房どもの会話は?:2000/12/20(水) 03:01
なんだこの厨房どもの会話は?   

35 :なんだこの厨房どもの会話は?:2000/12/20(水) 03:01
なんだこの厨房どもの会話は?    

36 :なんだこの厨房どもの会話は?:2000/12/20(水) 03:01
なんだこの厨房どもの会話は?       

37 :なんだこの厨房どもの会話は?:2000/12/20(水) 03:01
なんだこの厨房どもの会話は?              

38 :なんだこの厨房どもの会話は?:2000/12/20(水) 03:01
なんだこの厨房どもの会話は?               

39 :なんだこの厨房どもの会話は?:2000/12/20(水) 03:01
なんだこの厨房どもの会話は?               

40 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/20(水) 05:49
>31
『女生徒』の個展ってまだやってたっけ?
佐内けっこう好きだけど、語れるほどは知りません。

今年の(個人的)ベスト写真展は、やっぱハイナー・シリングですな。

41 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/20(水) 14:14
ホンマタカシの空撮って何ですか
ホンマタカシは好きだけどトウキョーサバービアとかしか知りません
最近写真集の新しいのでましたよね。中身は見てませんが。

42 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/20(水) 20:03
>41
ギャラリー360°で『空撮』という写真展をやっています(ました?)。
ベルリンや東京の空撮写真です。
AERO-PHOTOというポストカード型のミニ写真集も売ってます。
ホンマタカシの風景写真が好きならば必見でしょう。

43 :名無しさん:2000/12/21(木) 23:38
あれはデジカメだったの??
でしょ!!

44 :si:2000/12/30(土) 22:32
ニーダーマイヤー行きました。
スキー場の人工と自然の混ざったかんじってたしかにフォトジェニック。
グルスキーの山ん中のロープウエイの写真にも似た感覚を味わった。
でもあれ、スキー場の人物は合成らしいんだけど
どういう技術なんでしょう。
ホンマはトーキョーウイリーでかなりガッカリ。
偽アラーキーの一環のつもりなのか知らないけど
ボンデージとはあまり相性よくなかったみたい。

45 :渡辺@とおる:2001/01/11(木) 01:33
2ちゃんにこんなスレがあるとは
こないだへリーキャラハンの写真集かったよ
エレノア以外の写真もなかなかシュールでよい

ロバートフランクとなかいいみたいだね。
日本人ではやはりアラーキーだな
次に来る人がいないのが現状かな?
金村修とかなかなか好きだが

46 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/12(金) 01:57
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=camera&key=979009540&ls=50

美術鑑賞が趣味の人と写真に取組んでいる人とではおのずと見方も変ってくるだろうな。
アンセル・アダムズなんか特別好きではないが、あんなプリントできない。
素直にすごいと思う。

47 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/12(金) 07:13
金村人気高いね。
一人であちこち書いてるのか知らんけど。

48 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/13(土) 13:38
金村、写真は結構好きだが、TR見たら「え〜」と思った。

49 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/13(土) 19:03
芸術としての写真史を概観した本・雑誌やネット上のサイトありますか?

50 :si:2001/01/13(土) 22:09
>27
反記憶展のことでしょうか。
なんつーか、いまいちだった。斬新だしテーマも面白いけど、
スペクタクル性に欠ける。あとで説明聞いてなるほどね、と
納得するのも楽しいけど、あんまり絵ヅラ的につまんないのは
ちょっとね。
現代美術はもうコンテクストで勝負するしかない、と割り切れば
納得せざるを得ないが。
小野博、ダグ・エイケン、あと意外と清野さんが良かった。
行った人、おられるのでしょうか。

ハイナーシリング、写真展逃してかなり悔しいです。
カタログ見てものすごく興奮して。これがバカでかく引き延ばされたら
さぞかし気持ちよかったのでしょう。

51 :Fish:2001/01/14(日) 01:01
>49
特に「芸術として」とくくるわけではないけれど
基本的な写真史の本として
Aaron Scharf "Art and Photography

52 :Fish:2001/01/14(日) 01:59
そういえば今、東京・恵比寿の
東京都写真美術館でやっている(1/14今日までだ!)
「ニッポンの仕事―公務員群像」がすごくおもしろいよ。
時事画報社が発行してる政府広報誌『フォト』に
連載されている「新ヒューマン・リポート」の写真を
一堂に集めたもの。
一般的に「公務員」という名にくくられてしまうけれど
実は日本各地のそれぞれの現場で
いろんな職業に就いている、
(たとえば宮内庁式部職楽部とか
運輸省館山海員学校教官とか)
その実態がみえてきます。
アウグスト・ザンダーじゃないけれど
現代版「働くおじさん」(あっ男女雇用均等法のあとだから
「働くおじさんおばさん」か)
ってところでしょうか。入場無料っていうのも気に入った!
おすすめ


53 :49:2001/01/14(日) 02:28
Fishさん、ありがとうございます。
カメラや機材の歴史をテーマにした本はよくあるのですが、
写真の歴史についてはあまり言及されないので情報ありがたいです。
「フォト」はよく郵便局なんかに置いてありますね。
引きこもってないで出かけてみようかな。

54 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/14(日) 03:59
Tプルーフ

55 :GAS:2001/01/14(日) 06:05
最近のセルフ・ポートレートはあまり好きになれないものが多いのですが、
なにかいいものないですか?

史上初のセルフ・ポートレイトということで
イポリット・バヤールの「溺れ死んだ男」
を挙げておきます。

56 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/14(日) 09:11
ここは興味ある人あまりいないようですが、アンセル・アダムス展は明日、15日までです。

57 :56:2001/01/14(日) 09:14
http://www.tpcc-akasaka.com/m-salon/index.html

58 :2001:2001/01/14(日) 23:33
何か写真展教えてね

59 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/15(月) 23:36
>46わたしはダリ?さん
アンセルアダムスの写真を焼いてたのは、ジョンセクストン。
彼のプリントは、すごい。もちろん彼の写真も。

60 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/15(月) 23:37
細江英公。
松涛美術館でやってます。

61 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/16(火) 00:03
細江先生。恩師です。

62 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/16(火) 11:26
>>60-61
細江英公展行ってきたよー。
ベタだけど初期作品がよかった。
ガウディのとかはいまいちよさがわかりませんでした。
全部ヴィンテージプリントなのかな?
1月28日まで。急げ!

63 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/17(水) 22:54
三島が加えてた薔薇がすごかった。

64 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/18(木) 03:03
伊藤俊治の『20世紀写真史』とかいう本はどうだろう?
ちくま文庫から出てる

65 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/19(金) 00:16
>>52
プリンタでの出力で萎えた……
飯沢耕太郎が構図とライティングを誉めてたけど、「そうか?」って感じ。

66 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/20(土) 01:53
パルコでやってる野口里佳写真展良かった!
写真集買おうと思ったけど、
収録写真が展示写真にくらべて地味に感じたからやめといたよ。
でも、展示写真はすげーイイと思った(←ボキャ貧←死語)。

67 :京都の消防士:2001/01/20(土) 02:26
ツァイス神話の証明とツァイス伝説の継承、この2冊は最高です。

http://www.kogeisosaku.co.jp/

68 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/20(土) 12:59
東京都写真美術館で「ドキュメンタリーの時代」ってのやるよ。
2月3日〜3月30日まで。

http://www.tokyo-photo-museum.or.jp/

69 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/26(金) 12:43
細江英公展行っとけ。
28日までだ。

70 :名無しバサー:2001/01/26(金) 15:29
あなたも人を殺すことができる!!

出版業界前代未聞!史上最大の衝撃作!
「人を呪い殺す方法」ついに発売へ!

日本古来より実際に行われてきた、人を呪い
殺すための様々な秘術を紹介、その実践方法
をわかりやすく解説した「殺人術の本」です!!
今までにこんなに詳しく調べ上げた本はありません!
どこの出版社もこんな本を出すことなど不可能だった!

「キライなあいつを誰にもばれずに殺したい!」
「呪いというものが本当にあるのか?呪いたい!」

そんなあなたの心を満たすための本です。
呪いならば証拠もなく相手を殺すことが出来ます!
殺せるかどうかはあなたの信念次第!!
読んで見ればわかるでしょう…呪いというものが
過去の歴史で「実在」したということが…。

(注・殺人を推奨する本ではありません。あくまで「呪い」に関する研究書です)

http://www5a.biglobe.ne.jp/~kongen/

71 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/27(土) 15:54
長島有里枝展は?

見に行った人いる?

72 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/27(土) 16:50
「RUSH]は行った。
有元さんのが良かった.


73 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/04(日) 02:40
>>68
明日あたり逝ってみようかと思う。

74 :最新レス100:2001/02/05(月) 00:18
野口さんはNICE 

75 :名無しのエリー:2001/02/11(日) 12:54
>31 私も、佐内さん大好きです。

佐内さんの新作 メッセージってもう出てる?

楽しみだなー。

すっごいツボにくる。見てて面白い。

76 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/20(火) 15:07
>>1
廃虚系なら宮本隆司も。

77 :ヘルツォーク:2001/02/22(木) 22:41
>>62-63
薔薇刑だね。三島のフンドシもいいよ。

78 :最新レス100:2001/02/24(土) 23:37
ランドスケイプではいいのがあるのかな?

いまやっている柴田敏夫展はすごかった



79 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/26(月) 00:45
>>78
どこでやりよんの?

80 :最新レス100:2001/02/26(月) 19:43
すいません25日で終了してしまった

目黒区美術館

目黒区アートアニュアル―14作家の個展

他にも写真家の作品がある予定だからチェックしおいてもいいかもね


81 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/27(火) 04:53
そうすか。残念。
東京都写真美術館も目黒だし、目黒は写真文化の盛んな土地なのかな。

82 :ヘルツォーク:2001/02/27(火) 12:25
神田や銀座周辺もいいよ。ニコンサロン、ライカギャラリー、
オリンパスギャラリー等々、無料で開放されてるサロンが多いから
よく行きます。

83 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/28(水) 15:57
メーカー系ギャラリーは、つまらんよ。
ごくたまに、いい作品に出会えることもあるけど。
お客様は、趣味として写真をやっているオジさんが大方。
だから、その方々の見本となるような作品ばかり。
撮っている人はちがえど、繰り返し繰り返し同じイメージばかり。
ということで、行くなら、現代美術系の写真を扱っているギャラリーに行こう!!
きっと新しいモノに出会えるよ。
・ギャラリー小柳
・小山登美夫ギャラリー
・ナスタローギャラリー
・ギャラリーシマダ
・ハヤカワマサタカギャラリー
・ワコウ
etc

84 :83:2001/02/28(水) 16:08
おっと、タカイシイ、PGI、ツァイトを忘れていた。


85 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/28(水) 19:26
>83
現代美術系の写真てなに?どんな写真家のこと?ハジメテ聞いたコトバね

86 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/28(水) 21:08
>85
「現代美術系の」というのは「写真」ではなく「ギャラリー」にかかっています。
分かりにくい文章でゴメン!「写真を扱っている現代美術系のギャラリー」と書けばよかったね。
でも「現代美術系の写真」といってもなんとなく雰囲気は伝わるでしょ。伝わらないか?
もちろん、××系と言っても、明確なカテゴリーの定義があるわけではないけど。あえて分かり易く言うと、「現代美術系の写真」って、現代美術系のギャラリーで扱われている写真と言うことかな。そうすると、内容に関わらず、発表の場所・媒体でどのカテゴリーに属するか決められてしまうことにことになるか〜。でも、メーカー系ギャラリーやカメラ雑誌の巻頭グラビアに載っている写真と現代美術のギャラリーが扱っている写真は明らかに違うよね。
それに、どのカテゴリーに属するかって写真家の方もかなり意識しているよね。それを意識して発表の場所や媒体を慎重に選んでいるし。メーカー系ギャラリーを意識的に避けている写真家も多いよ。


87 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/28(水) 21:29
>>86
その逆もしかり。
中○愛子や蜷○実花や徳○彩etcと一緒にされたら
かなわんからね。


88 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/28(水) 21:32
ツァイトでやってるオノ○ラユ○もサイテー!!
子供だましだ〜よ

89 :86:2001/02/28(水) 21:57
>87
個人的見方では、
中○愛子や蜷○実花や徳○彩は、
また別のカテゴリーだな。
この辺を現代美術系の作家としてもってくるなんて、
87さんも人がわるいな〜。ははは

90 :86:2001/02/28(水) 22:07
そこで質問。
もし、次の2つのギャラリーのどちらかで個展が開けるとしたらどちらのギャラリーを選びますか?
A)ニコンサロン銀座
B)ワコウ・ワークス・オブ・アート

結果予想、この芸術鑑賞板ではBが圧倒的だろうな。
ボクもBを選ぶ。
でも、この質問をカメラ板ですると逆の結果だろうな。


91 :わたしはアリ:2001/02/28(水) 22:15
>>83-86
>お客様は、趣味として写真をやっているオジさんが大方。
>だから、その方々の見本となるような作品ばかり。
>撮っている人はちがえど、繰り返し繰り返し同じイメージばかり。

半分は当たり。半分は間違い。
カメラの同好会が主催する展示会のときはウンザリするけど、
ジャンルを問わずいろんな写真家の個展もやってるよ。
客層も当然展示内容によって違ってくるしね。

>でも、メーカー系ギャラリーやカメラ雑誌の巻頭グラビア
>に載っている写真と現代美術のギャラリーが扱ってる写真
>は明らかに違うよね。

カメラ雑誌に載っている写真は様々なんだよ。雑誌にもよるけど。
なんかイメージで物言ってない?説得力ないよ。それから写真専門
のギャラリーの名も挙げてるけど、「現代美術のギャラリーが扱っ
ている写真」て何?
へんなとこに差別的な目を向けないで、色々な作品を見たほうが
得だよ。



92 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/28(水) 22:19
>86
あなたはどんな写真家が現代美術系(ワラ だと思うの?
教えてよ

93 :わたしはアリ:2001/02/28(水) 22:42
>>90
アホか。くだらん・・・・
写真を語れ!

94 :86:2001/02/28(水) 23:31
>91
気分を害されたならごめんなさいね。
83でも書いたけどメーカー系ギャラリーでもいい作品に出会えることもある。
ボクも何年か前までよくメーカー系ギャラリーをまわっていたし(今でもたまに足を運ぶよ)、展覧会を開かせてもらったこともあるしね。
でもここ数年、個人的にだけど観てよかったと思ったり影響を受けるのは、圧倒的に現代美術系のギャラリーで開催される展覧会や美術館で開かれる現代写真の企画展が多い。
例えば、最近開催された展覧会では、野口里佳、ヘレン・ファン・ミーナ、シュトルート、ニーダ−マイヤー、反記憶展に出品されていたダグ・エイケン、スーザン・ダージェス等が良かったし、参考になった。



95 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/01(木) 04:20
>>87
新種のアイドルでしょ?

96 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/04(日) 22:19
今月末から来月の上旬にかけて若木信吾の写真集が5冊出るそうです。
写真展も同時開催だそうです。
若木信吾の写真好きな方いらっしゃいます?
個人的にFREE FOR ALLよかったです。



97 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/04(日) 23:12
>96
おじいさん撮った人ですよね。


98 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/06(火) 13:35
4月からキャパ展やるな

99 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/06(火) 18:54
NYのでWolsのヴィンテージプリント見てきました。
作品は勿論素晴らしいのですが、お値段も物凄い。
2億8千万くらいのがザラにありました。
貧乏人の私はJ.P.Witkinのborn houseを買って帰国。
人の嗜好と言うのはなかなか変わらないものですね。

100 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/08(木) 09:32
長島友里枝、ヒロミックス、蜷川実花、木村伊兵衛賞受賞記念あげ

101 :たらチャン:2001/03/08(木) 15:50
セバスチャン・サルガド
世界の集団労働をテーマにした写真集『Workers』
今までで一番感動した展覧会。いいようのない興奮。今でも大事な写真集。


102 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/08(木) 17:35
旧いといわれようがビル・ブラント。ロバート・フランク。
おめ−ら知らないだろなあ

あと新しめではジョエル・マイヤロヴィッツ(かな?)も結構好き。
ありがちなんだけどなぜかおっと目を引く。それで、飽きも来ない。
フツーの構図、モチ−フなんだけどね。これを才能と言うんでしょうか??


103 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/08(木) 20:19
>102:旧いといわれようがビル・ブラント。ロバート・フランク。
>おめ−ら知らないだろなあ

あのー。両者ともかなりメジャーな写真家だとおもうのですが…?
R・フランク好きなら、現代作家のボリス・ミハエロフがお勧めです。
この頃、新しい写真集が出版されましたよ。



104 :103:2001/03/08(木) 20:27
訂正:ミハエロフ→ミハイロフ

105 :102:2001/03/08(木) 21:38
>103
>かなりメジャーな写真家
そうね。
ロバ−ト・フランクは写真はとっくに辞めたと聞いた。
映画を撮ってるという事だったけどそれもかなり昔に聞いた話。

今なにしてるんだろ?

106 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/10(土) 15:04
>>102
プリントのテクニックじゃないか?

107 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/10(土) 15:12
photoshopでレタッチしてる写真家って結構居るんかな?

108 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/10(土) 21:18
かなりいる。
ケミカル処理のみだと思われているような作家もコンピュータ使ってる。
ただ、コンピュータを使うこと自体目的ではなく、飽くまでツールとして抱けど。


109 :102だけど、:2001/03/10(土) 22:40
>106
>>テクニック
Meyerowitzのこと?
知らなかった。詳細キボンヌしますよ。

110 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/11(日) 01:40
まいやうぃっつも古くない?

111 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/12(月) 06:31
東京都写真美術館で図録の半額セールしてるよ。

112 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/12(月) 06:36
http://www.joelmeyerowitz.com/

このひと?

113 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/13(火) 00:36
>>106
プリント・テクニックというか、色への感覚(プリントの色)がいいんだと思うよ。美術系の写真家って、カラー作品の場合、ほとんどみんなネガで撮って色をいじるか、コンピュータに撮り込んで色をいじっているよね(余談ですが、欧米の写真家って、イエローかマゼンダに転ばせる人が多いような気がするんですが…。)ポジを使ってる人ってホントまれ。



114 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/13(火) 01:18
そうですよね。
いくら色んなテクニック駆使したとしても、
元のセンスがなかったら無駄ってもん。。。
コンピューターも、画材の一つだわ。

115 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/13(火) 02:07
でも、センスは学べるものだと思う。
ある程度までは確実にね。

116 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/13(火) 19:17
>>114
うんうん、コンピュータはただのツール。
いかにも、コンピュータ使いました!って感じの作品はどうかと感じます。
コンピュータを使って作るのが手段でなく目的になっている作品は魅力を感じない。

>>115
センスを学べるねえ〜。
たくさん本を読んで、たくさん映画を観て、たくさん音楽を聴いて、たくさん恋愛をしてということでしょうか??
直接的にはよい写真をいっぱい観ることが一番ですよね。
でも、潜在的にもセンスのない人ってやっぱりいて(主観だけど)、観るときでもセンスのない写真(これも主観だけど)を選んじゃう。そして、そこから影響受けちゃう。展覧会(特にメーカー系ギャラリーっ!)をまわっていても、いかにもカメラ雑誌の月例フォトコンテストみたいな作品がわんさか見られるのもそういうことじゃないかな。


117 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/15(木) 02:40
>>116
むしろ、悪い写真もよい写真もいっぱい観て、「なぜ悪い/良いと思うのか?」を考えたほうがいいと思う。
構図? 露出? 焼き?
それで次の撮影に生かす。
クソマジメと言われるけど、少しはましな写真が撮れてるんじゃないかと思う。

後半はわりと同意(笑)。

118 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/29(木) 17:43
黒澤優はどうかな?装苑というファッション誌の中吊りで気になるのだけど。

119 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/29(木) 17:47
間違えた。黒澤優はどうでもいい。その表紙の写真を撮ってる写真家
のこと。j-phoneのアルクの女の人撮ってた広告写真も気になるが。

120 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/28(土) 01:18
キャパ賞展、東京都写真美術館でやってるよ。
キャパのプリントもあり。

ロベール・ドアノー展、4月26日〜5月8日、大丸ミュージアム・東京。
大人700円。約120枚のプリント。

ラグー・ライ展、5月25日〜7月1日、Bunkamura ザ・ミュージアム。
よく知らないけど、マグナムの人で、いろんな雑誌に載せたり、写真集もたくさん出してるみたい。
大人1

121 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/30(月) 03:15
KDDIの浅野忠信はテリー・リチャードソンが撮ってなかったっけ?

122 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/02(水) 03:52
>>120
レスが切れてるね。

〜5月8日までアラーキー展@青山スパイラルホール。
j-waveの主催なのでj-waveのサイトから探してね。

123 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/08(火) 09:56
蜷川実花展やってるよ。

あと、木村伊兵衛賞展、ヒロミークス、蜷川実花、長島友里枝が無料!

東京都庭園美術館でも面白そうなのやってる。

124 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/08(火) 22:39
ダイン・アーバスについて語りたし。

125 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/09(水) 00:21
>>124
だ〜れ?

126 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/09(水) 18:31
ボソッ… デビッド・ハミルトン…

127 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/13(日) 01:50
伊島薫の海外の展覧会のカタログが出てるってホント?

128 :日本アメリカ化計画:2001/05/13(日) 11:49
A型は徒党を組んで国民を操ろうとする。注意せよ!

129 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/30(水) 05:18
あげ

130 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/30(水) 09:58
美術の権威を取り込むために、
わざわざ、サント・ヴィクトワールのお山を撮りにいった、
写真家。誰だっけ?
なんで、富士山で駄目なんだ?
カッペだな。(藁

131 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/30(水) 11:39
↑鈴木理策のこと?

132 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/03(日) 07:17
>>130

鈴木理策は恐山とか熊野とかも撮ってるよ。
日本人なら富士山撮れってか、かっぺだな。(藁

133 :ハト1号:2001/06/03(日) 13:34
リネケダイクストラなどオランダのやつが怖い。

134 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/07(木) 17:22
>>133
誰?リンクきぼ〜ん。

135 :ロカンタン:2001/06/21(木) 04:25
>124
いいよ、アーバスについて語ってごらん。
本当は、彼女の師匠、リセッタ・モデルのほうがもっと面白いんだけどね。
モデルのワークショップ受けると、みんな(アーバス、白川順、ブルース・
ウェーバーとか)おかしな写真撮り始めるんだからなあ。

アーバスも結構上手だったんだけど、フリーク撮り始めてから、ヘタウマ
系になっちゃったよね。
知ってるか?ペンタの67買う金が無くて、ワークショップやってたんだぞ。
その時に、そこに生徒として参加してたのが奈良原一高だよ。

136 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/24(日) 23:15
「メイプルソープ&アラーキーの百花乱々展」
観てきました
いい写真ばっかで歯ぎしり!!

137 :mizutamari:2001/06/26(火) 01:17
>>101
数年前、私が旅先で見たのはこれだったのですね!
誰だったか記憶してなかったけど、タイトルは覚えてました。(現地語で。)
とても興奮しながら見たのを覚えてます。
写真集あるんですか。私も欲しいです。もう一度みたい!

138 :月読:2001/06/26(火) 01:51
>>136
歯ぎしりってなに?
あなた写真家?それともバカにしてるの?
「タナトス」で繋がる2人か。
逝ってみようかな。

139 :ロカンタン:2001/06/26(火) 16:23
メイプルソープの花の写真は、スゲーシャープなイメージでいいのはわかるんだけど
花撮るのと、ペニス撮るのと同じ感じなのが面白いといえるな。
以前友人と、メイプルソープとウィトキンどっちが後々まで語り継がれるかというどう
でもいいような話をしたことがあったんだけど、ストレートな写真の力があるのはオー
ソドックスに見えるメイプルソープのほうだねえ。

荒木のはなあ。ちっとも良いとはおもえんが。
いつも思うんだけど、彼のは質にムラが有り過ぎだよねえ。
写真で永井荷風でもやってればいいんじゃないかな。
わしは67で撮ってる東京の写真がいちばんいいと思ってるけどね

140 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/26(火) 22:01
荒木は「センチメンタルな旅」冬の旅
が一番好きですね。涙がでてきます。ムラがたまらなくいいです。

それにしても、メープルソープの写真は古典的?すぎて
きれい過ぎて、ハーブ リッツも飾ってても飽きてきますね。
やはり、マン レイでしょう。

141 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/26(火) 22:36
>>138
ばかにしてないよ

メイプルソープ&アラーキーも素晴らしいが
私(自称写真家)の最大のライバルは
やはり、ブヴァール&ペキシェだな

142 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/27(水) 01:02
>>100
そうそう、このことみんなどう思てるの?

それからなんでトマス・ルフは出ないのでしょう。
好きなーーっていうか圧倒されてるけど、
人いないのかな。

143 :パムプキン:2001/06/27(水) 01:44
えーと誰かアンドレ・ケルテスって人を知ってる人はいませんかねー、この前なんとなく写真集を見てたら見つけて、この人についてもっと知りたいなーと思ったんですけど誰か情報下さい。

144 :ロカンタン:2001/06/27(水) 03:01
ブレッソンの方が有名だけど、あの手のスナップ写真撮り始めた元祖
がケルテスだったような気がするけど。

あと、うろ覚えなんだけど、キャパの師匠というか、ハンガリーから
ドイツ経由でパリに亡命してきたキャパに写真教えたのケルテスだった
ような気がしたんだけどなあ。

145 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/27(水) 14:05
ケルテスが教えたのはブラッサイだったよーな。
キャパはベルリンでも既に写真で仕事(丁稚)してるし。

146 :パムプキン:2001/06/27(水) 14:24
144<どうも書きこみありがとう
結構じゃあ有名な人なんですね、なんか写真の撮り方がすごく独特で今まであんまり見たことがない写真だなーって思いました。後、スナップ写真て町の中を撮るからスナップ写真なんですかね、ケルテスの撮る写真は街中の写真が多いように思ったから。

147 :ロカンタン:2001/06/27(水) 15:06
>145
そか、そうだったかもしれないね。
キャパはケルテスとおなじハンガリー生まれだから、キャパがケルテス
を頼って行ったとは聞いたことがあったんだけどなあ。

148 :ロカンタン:2001/06/27(水) 15:21
>146
スナップ写真は、もともとキャンディッドとか言われてたんだけど
いつのまにかスナップショットの方が定着したみたいね。
撮る内容は、街中って訳でもなくて、早撮りするからスナップなんすよ。
うんとねえ、講釈垂れると〜
ドイツでライカが作られた当時、その機能性を生かした撮影術として登場
したのがスナップです。最初期はドクターゾロモン(エーリッヒ・ゾロモン)
による、室内での大臣とかの政治家のスナップ写真が有名だね。
まあ、写真ってのはカメラのメカや感材が進化すると、それに伴って新しい
撮影術が出てくるんで、それのライカ版ってやつですかねえ。
ケルテス、ブレッソン。日本だと木村伊兵衛や桑原甲子雄とか、みんなその
当時の同時代の人だねえ。そんでその後、世の中変になっちゃってスナップ
の技法が戦争報道に使われるわけだねえ。
マグナムの創始者達はみんなこれで一山当てた口だねえ。

149 :145:2001/06/28(木) 01:57
>146-7 スナップ

ケルテスの「スナップ」写真には、キャパや初期のカルティエ=ブレッソンのような
瞬時性や攻撃性をあまり感じないんです。ラルティーグみたいに、
一瞬をとらえて喜んでいる子供の視線とも違いますよね。
一つのジャンルの創始者であることは確かですけど。
Kertesz Ma Franceという、10年ほど前に出た写真集が好きです。

>147 キャパがケルテス を頼って

「キャパ」と名乗るまえ、大先生に「仕事ください」と
頼みに行った話が伝記に出てますね。貧乏きつかったみたいだし。
プリント要員で雇ったら使い物にならなかったそうです。

150 :パムプキン:2001/06/29(金) 00:57
今日、古本屋でリチャード・アベドンの写真集を見つけたんですけど、一番安いので2万円もしてはるのですが、これってどーなんですか?ちまたではアベドンの写真集ってみんなこんなに高いんですか?後、安く写真集を集める方法ってないですか?

151 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/29(金) 01:03
タイトルとか、出版年、初版かどうか、とか
その辺がわからないと....

152 :ロカンタン:2001/06/29(金) 02:16
>150
今はそんなに高いんだぁ。
って、モノにもよるけどなあ。
マジで撮ったポートレートのものだと、君が必要としてるのなら
高い買い物ではないとも思うけどね。
わしにとって、アヴェドンは別格っすよ。
あの人は、写真で哲学しとるからねえ。

153 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/29(金) 10:23
>152

写真で哲学って、具体的にいうと?

154 :パムプキン:2001/06/29(金) 20:59
名前調べてきました。一つ目がAn Auto-Biographyで出版社がNew YorkのRandom Houseでこれが2万円だった、んでNothing Personalの写真集は1964年出版で、¥2万8千円。後、Observations1959年出版が、¥3万8千円でした。お店の人が言うにはアメリカで直に仕入れたものだそうです。

155 :パムプキン:2001/06/29(金) 21:55
アヴェドンの写真ってかっこいいですよね、見て思ったのが、写真撮られる人に対してすごく平等な目で見てるっていうか、今のあなたがサイコーみたいな。人それぞれ、自分が人と違うところにコンプレックスを持ってたりするけど、それを劣等感に思う必要はないみたいな。アヴェドンの写真がかっこいいからやっぱそういうふうに見えるんですかね。何年も前に撮った写真なのに今の若者にも受け入れられてるのってすごいですよね。あ、このスレッド廃墟系の話以外でレスしちゃっていいんですかね、勝手にいろいろ書いちゃってるけど・・・

156 :ロカンタン:2001/06/29(金) 22:41
>153
白バックで撮ることで、その人の社会的な関係性を排除して「個人」と
しての実存性を強調してる。
8x10の描写で、人間の物としての質感出して(出しすぎて)存在の薄気味
悪さみたいなもの出してる。
自分のオヤジと偽った(と、本人が日本に来た時言ったそうだ)連続ポート
レートでいかに人は、言葉によってその存在を認識しているかを現出してみ
せた。逆に言うと、認識の曖昧性だな。
わしは、彼のマジのポートレートを見ていると、アヴェドンが感じている人
間の実存の曖昧性や人間が社会の中にあるということ(逆の意味で社会での
いろんな繋がりが他人が見る人間というものを規定しているような)を感じ
てしまうのね。

いろんなモノをマイナスしていくときに見えてくる物ってのをわかっててやっ
ている、確信犯的なところがすごいなぁと思いますねえ。

157 :中島知子:2001/06/30(土) 07:09
http://www.foreskin.org/46-33-16.jpg

158 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/30(土) 12:24
野口里佳すき
しゃしんしゅうこうた。
こんどてんじみにいこう。

159 :151:2001/07/01(日) 05:02
>154

初版本で送料+諸コスト考えたらこんなものでは。
ただ、アヴェドンは価格上昇のピークが終わって
相場が落ち着きはじめているそうですし、現在の適正価格はわかりませんが。
「安く集める」方法は、気に入ったものは即、買い。
非専門店、とくに地方の古本屋ならなお可。

160 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/01(日) 05:02
>156

レスありがとう。149=153です。
「哲学」とか、ビッグワードが出てくると思わず引いてしまうの。
モード写真出身ってことで損してるとこもある人だし、
ハーパーズ全盛期の印象も強い。
確かに一部のポートレート群はかなり良いですね。
お仕事写真とは分けて考える必要あり。
個人的にはアヴェドンの映画業界における貢献度が知りたいです。

161 :ロカンタン:2001/07/01(日) 14:07
お仕事写真もかなりよいですが、ザクザク稼いだお金を湯水のごとく
使って、全てをサイコーのクォリティーで仕上げている、マジな写真
相当好きです。
アヴェドンの場合お仕事で、ずっとローライ使ってて、それに飽きた
ので一番自由度の低いカメラ(彼の場合ディアドルフのバイテンだけ
ど)を使って写真撮り始めた辺りからかなり気になってました。
実はヴェトナム戦争中に何百枚もヴェトナム人のポートレートを撮っ
たらしいのだけど、すべてお蔵入りにしたと言う話があって、出来な
いことながら、一度そのポートレート群を見てみたいと思ったりして
ます。
噂によると、彼は露出、ピント全てアシ任せで、35のようにバシバ
シとすごいスピードで撮っているようですね。確かフレーミングもあ
まり気にしてないはず。最高のうで持ってる人って、早撮りの人多い
よねえ。
好きじゃないけど、篠山もかなり早撮りのはずだったな。

162 :ルナ13(=160):2001/07/01(日) 18:37
ディアドルフを35のよーにバシバシって、本当ならそりゃあすごいうでだよ。
マガジン交換するアシもね。人使ってがんがん稼いで、
庶民に嫌われる自分を演出するのも腕のうち。
まあいいじゃん。篠山さんの表紙仕事と違って、少なくともピンはきている。
あとお蔵入り写真ねぇ。長生きしてればきっとみれるよ。
D. アーバスみたいにDQN遺族が差し止めしてる例もあるけど、
アヴェドンの場合は世間が許さないような気がする。ちょい楽観的か。

「白バック」のレスで思い出したのがカンボジアの強制収容所写真。
数年前に写真集The Killing Fieldが出て、
「アヴェドンに匹敵する人物描写」云々の評価で
きれいどころの美術館に購入されたのが話題になった。
手法は同じでも、文脈はかなりちがうのよね。

お蔵入り写真の事情が知りたいのでage。
番号探すの面倒だからとりあえずコテハンにしました。長文御免。

163 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/02(月) 03:48
盛り上がってるところ恐縮ですが、写真の詳しい皆さんに質問です。
え〜今日小田急と文化村行って来て思ったんですけど、
写真鑑賞にあたって、美術館やギャラリーで見るのと、写真集等で見るのとは
等価なんでしょうか。
環境とか、媒体とかサイズは異なりますが、ネガをプリントしたという点では
同じですよね。
どうなんでしょう???

164 :パムプキン:2001/07/02(月) 18:48
159<レスありガトー。ほほーうそんなもんなんや。いやはやビックリプライス。プータローの一般庶民には手も足もでーへんな。地方の方じゃあ種類がないから東京に来たらいっぱい写真集があるわと思って来て見たら種類はあるけど、手がでない。悲しい世の中よのぉ〜(遠い目)いやほんまわざわざありがとう。でもって、ここの人らはよっぽどアヴェドン好きが集まっとるご様子で。イヤー結構なこったい。勉強になりますわ。

165 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/03(火) 13:02
そういえば四谷のモールが消えたね。

166 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/03(火) 16:31
えっホント?

167 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/04(水) 00:38
構成主義は好きだ。

168 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/04(水) 06:12
写真って興味あるんですけどどこから手をつけていいものやらわからない・・・
写真史を代表する写真家とか、写真史上に残る写真集っていうと、どんなのがありますか?

169 :ロカンタン:2001/07/04(水) 12:45
>16
プリントで見るのと印刷で見るのとでは、基本的に違います。
写真には工芸的な要素があって、それが顕著に出るのがプリントですね。
ただし、写真の種類にもよりますが。報道の写真や広告の写真は、トリ
ミングされたり、文字を入れられたりということが前提になっているので
最終的な完成品のための素材と言う面がどうしてもあります。それに印刷
された形が最終的なプレゼンテーションの姿だとあらかじめ決められて
作成されている物がほとんだだと思われます。
一方、それとは逆に作者が自らプリントした物が最終形のあり方のひとつ
として作成されている写真とかもあるわけです。特に、モノクロやネガカ
ラーからのプリントされたものなんかですね。この場合作者の手の要素が
入ることで、一応表現としての独自性がでることがありますね。

もし、写真を作る側の人なら、オリジナルのプリントを見ることをおすす
めします。やはり、生と印刷は違いますからね。生プリントを多く見るこ
との蓄積で得られるものが何かしらあるからです。
ただ、写真を見ることだけに興味があるのなら、時間と金の浪費の部分も
あるし、手軽にいつでも見られるから写真集のような印刷物でも構わない
とも言えます。
両者に違いは有るけれど、それは見る側の求めているものの違いだから、
まあどちらでもいいとは言えますけどね。
ちなみに、わしは機会があればなるべく生見るようにしてますけど。

170 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/04(水) 13:17
コレクション対象としてのプリントは、管理が面倒ではないですか。
変色失像するものに大金かけられません、という話を良く聞く。

171 :163:2001/07/04(水) 21:44
>>169レスどうもです
自分は鑑賞者オンリーですけど、これからなるべく生を見るようにします

172 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/14(土) 10:33
倉田精二は今、何処?

173 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/14(土) 11:19
知りたい。

174 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/15(日) 20:47
ピーター・リンドバーグの写真についてどう思います?

175 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/15(日) 21:03
ナマももちろんいいんだけど、写真集もやっぱおもしろいよ
安易に編集されたものは別だけど
ちょっと前になっちゃうけど、鈴木理策「PILES OF TIME」凄かった
上のほうのレスでなんかもめてたみたいだけど
そんなのどーでもいいです
名著です

176 :ルナ:2001/07/16(月) 01:15
> >170

湿度管理に気をつけて冷暗所に保管してれば伝統的な銀塩ものは
だいたい大丈夫じゃないですか?写真家(orプリンター)の腕にもよるけど。
しまっとく分には問題ないけど、出して眺めるときにつく指紋とか、
表面の傷から入り込む汚染物質のほうがこわいです。
詳細は『写真保存の手引き』(雄山閣、1900、『写真の保存・展示・修復』
(日本写真学会画像保存研究会 編、1996)など。

177 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/18(水) 13:18
倉田精二は、新宿うろついてるといると思うぞ。
ゴールデン街とか。
前はガレリアQでみかけた。

178 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/18(水) 13:47
新宿ものを作るきか?
ただ、飲み歩いているだけかな

179 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/18(水) 14:35
写真ネタはカメ板に逝け。

180 :ルナ:2001/07/19(木) 02:22
だってカメ板は機材ヲタの殿堂なのよ。

181 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/28(土) 23:23
植田正治先生の写真展が東京でやってるらしいんだけど、どこだか知ってる人いますか?

182 :美術鑑賞:2001/07/30(月) 01:28
http://www.phoenix-c.or.jp/~bizit/ichiba/cage.html

183 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/01(水) 14:25
痛い写真家ってたとえば誰?

例)
www.itarujet.com

184 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/02(木) 08:30
>>183
そんなことどーでもよかろーに。お暇そうですね。

185 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/05(日) 09:38
http://thephotolife.com/ten_osusume.htm

こんなのみつけたよ。

186 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/07(火) 21:06
PGIで鈴木理策が写真展やってるね

187 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/09(木) 03:22
関係ない話題ですまんが、正直、マグナムの写真ってつまらんって思うのは僕だけ?
さすがに上手いんだけど、優等生過ぎる気がする。

188 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/11(土) 00:28
ロシアのアレクサンドル・ロッチェンコはどんなもんでしょ?
最近もどこかで彼の展覧会があったよーな。

189 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/11(土) 17:23
>>188
みたことないです。
どこでやってたか教えてー!

190 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/03 04:31
log落ち防止age

191 :写真板ほしい。:01/12/04 01:30
最近の写真雑誌はつまらない。
広告は多いし、ありきたりの投稿写真&寸評。
写真集でも買った方がマシだなぁ。。

192 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/04 04:47
4ヵ月も下がってた糞レス上げんなよ!!!ゴルラァ!!

193 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/05 19:40
同じスレ作るほうが糞スレ。よってage

194 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/07 00:13
シノヤマキシン『Accidents TOKYO』
これ最強!
実用的!
俺はいつもこれでヌイてる。

195 :素朴な疑問:01/12/07 19:50
「写されたものの具体性が消えて、別の文脈で読まれていくという、
> 写真の本質的な特性」>「人間の実存の曖昧性」
>「社会的な関係性を排除して「個人」としての実存性を強調」

一般論として聞いてほしんだけど、
ジュアル芸術というジャンルにおいて、目に見えないものが写ってるから
見てくれっていうのは、ありかなと? いつも思う素朴な疑問。
写真はいわば詩みたいなもので、世界をパッと切ってその断面を見せる。
そこには具体的なモノ=記号しかなくて、
その切り方、並べ方自体(オレにはこの世界はこう見えるぜ)
が写真表現じゃないかと。常々思っています。
モノの具体性が消えたり、人間の社会性が消えるなんてことが
本当に写真上で起きるのでしょうか??

196 :素朴な疑問:01/12/07 19:52
ジュアル言語→ビジュアル言語
ミスタイプです。スマソ

197 :素朴な疑問:01/12/07 20:09
ビジュアル言語→ビジュアル芸術
でしたね、なに書いてんだろ、なんかボケてます。重ね重ねスマソ

198 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/08 01:36
>>195「素朴な疑問」というわりには言葉が難しくて分かりにくいよ。
でもあえて答えるとすると・・・

写真というのは(絵画もそうだけど)平面に広がる色のシミでしかない。
そんなものから具体的なモノ=記号を読みとるのが、写真を見るという行為だと言える。
で、その写真から何を読みとるかは、人々のあいだにある程度共通項がありながら、それぞれにズレもある。
ある写真を見て、あなたには読めるけど、ぼくには全く分からない要素があるかも知れない。

とりあえず、そんなところでどーですか?

199 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/08 02:50
>195
よくわからんけど、情報の制限によって、より妄想をかき立てられるよ位のもんじゃないの?
表現論って難しいですね。
意味は常に問い直なければいけない思いますよ。
お題に沿ってますか?
難しい言葉は解らないです。

200 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/16 14:14
>>195
(冒頭3行は >>156 からの引用ですね?)

たとえば大きなフィルムで過剰に精緻に描出された細部を見せ付けられることで、
モノへの日常的な認識(=記号)を超えた、ナマの現実の姿が迫ってくる凄みは、
それが動かしがたい現実だという写真の特性があってこそだと思う。
だから、むしろ写真だからこそ、
モノの具体性や人間の社会性が消えるのではないかな。

一方で「ていうかシャッターちょっと押してみました」みたいな軽さも、
写真の特性だと思うけど。

201 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/31 21:29
もうすぐnadiffで笠井爾志の写真展があるらしいよあげ。

202 :ぷりん:02/01/04 12:04
 細江英公さんの「ひまわりの歌」オリジナルプリント手に入れたけど、
結構エディションが多かった。どうなの?1988枚は多すぎない?

203 : :02/01/04 12:59
面白いよな。図書館行くとアサヒカメラとかの読者投稿とか観てしまう

204 :フクちゃん:02/01/04 13:17
写真はあんまり詳しくないんですが、アラーキーの写真集でさっちん
というのを見ました。
子供の表情が面白いです。昔こーゆう子いたよなーって気がして
懐かしい気分にさせられました。

205 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/04 14:20
>>202
ソラリゼーションのやつだね。いいよね。

206 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/05 02:03
子供写真でいいのはないっすか?
日本人だともう決まってしまうけど・・・
外国の方にいない?

207 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/06 21:09
http://www.asahi.com/life/food/aijo/index.html
ここに不思議写真がのってるんだけど
美術作品かなんかでしょうか。わかる人います?

208 :RYU:02/01/08 03:36
以前から写真を撮っていて単品ならまずまずの写真を撮れるんだけど
実際人に見せる、公募展に出すとなるとどうも考えがうまくまとまらない
そんな人達が写真芸術のあり方について討論するための場です。
ここで話し会う事を通じて皆さんが自信をもって作品を出品できれば幸いです。
話し合う内容については皆さんに頂いて結構なんですが
今のところ「一枚の写真の持つ力」「テーマを決めて撮ると言うこと」
などを考えています。興味を持たれた方はぜひ一度ご来訪下さい。

写真芸術を趣味として一生やっていくと決めてらっしゃる方、
将来プロの写真家を目指して活動してらっしゃる方、
他の芸術をやっているが写真にも興味がある方
その他いろんな境遇で第3者を意識して写真を撮ってらっしゃる方
大歓迎です。気軽に話し合いましょう

URL http://circle.excite.co.jp/club.asp?cid=m0500106

209 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/08 13:51
ラルティーグ!

210 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/08 13:56
>>200
たぶん言いたいことは同じだと思うけど、

大きなフィルムで過剰に精緻に描出された細部を見せ付けられることで、
ナマの現実の姿の日常的認識とは全く異なるものとして「記号」が迫ってくる。
その「記号」が個々の脳内の特異な記憶と感情を刺激する

から大判の写真は面白いのではと個人的には思ってます。

211 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/08 23:53
>>207
後ろの女体のこと?
鉛筆デッサンぽいな

212 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/09 20:25
じゃぁ、皆さんはスナップ撮影には興味ないっておっしゃるんですか?

213 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/09 21:42
>>206
サリー・マンなんかいかがでしょう?
アメリカでは児童ポルノとして議論もありましたが、
良い写真です。

214 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/10 17:25
おまえらかっこわりぃ!キンパツが盆踊りってかんじだな。

215 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/10 17:48
>>206
イリナ・イオネスコ、ピエール&ジル、フランスには結構いるね。
写真は止めたけどベルナール・フォーコンとか。

216 :素人:02/01/11 21:05
今度、舞台の写真を撮ることになりました。

所有してるカメラ:RICOH XR-7MII45mm
http://www.ricoh.co.jp/camera/xr-7m2/index.html

217 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/19 04:06
鬼海弘雄が撮る子供が写った写真は良いぞ。
彼の場合、スナップ系のポートレート全般によいのだが。

218 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/31 16:11
>>215
ベルナールフォコンは自分の世界に閉じこもっている感じがして、
うーん、どうなんだろ、って気がする。
あのひとはナンたらの部屋のあと、どうなったんかな?
他の3人は知らなかった。みてみます。ありがとー。

>>217
よしっ!決まった。犯人は鬼海弘雄だ。尾行をつけろ。
どういう経緯の人だろ?調べてみよー。

219 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/31 17:51
>>209ラルティーグの良いのエスクァイヤーに小さく出てたよ。

220 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/02 03:52
>>217
おにうみひろゆう?

221 :F氏:02/03/02 04:35
31>>
佐内正史「message」の次の新作が出たのか。
東京郊外の普通の風景を、何故か不思議な風景にしてしまってるね。

地元出身者ということで
市立図書館では禁帯出になっていて、
閉架の中で観させられた。
地元の写真家だからってなんなんだか、
その理屈がようわからん。

222 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/05 00:50
sage sage

223 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/06 00:48
マイケル・カンナ(ケンナ?)の写真集を探しています。
東京都内で手に入る書店があったら教えてください。お願いします。


224 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/06 02:06
Micheal Kennaの写真集でしたら、神宮前にあるShelfという海外の写真集を扱っている本屋さんやその近くにある美術書全般を扱っているお店なら置いてあると思います

225 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/06 20:59
ありがとうございます。早速足を運んでみたいと思います。


226 :marip:02/03/17 08:31
http://www.ptyx.co.jp/irina/irina.index.html
イリナイオネスコ、この人って凄い人なんですか?

227 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/17 14:15
イオネスコ
http://www.jet999.com/deep/image/d2/10.jpg
シュールレアリズムの作家達と多くのインスピレーションを与えあった

228 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/17 14:34
女優の緒川たまきさんの写真好きです。
アマゾンに彼女が撮った写真集発注したけど、在庫無しで届かない。。。

229 :marip:02/03/18 01:47
>>227
メイプルソープのホモ写真よりはまだイケる

230 :Gelis:02/03/18 02:16
>226
凄い人だけど、既に旬は過ぎ去ってるねえ。
写真集持ってたけど、エヴァの撮影場所にジリ・ミュシャ宅を使ってる
カットが数枚あって、その背景の方が気になった思い出があるな(笑

231 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/25 22:25
David Lachapellが好きで、彼の写真らしき広告が載ってると多少高くても洋雑誌を買ってしまいます。
最近のお仕事情報などがわかるサイトや雑誌、ご存知の方いませんか?
広告写真だとクレジットが無いので、ちょっと不安になりながら買っています(ニガワラ

ぐーぐるで色んなパターンで検索したけど見つからなかったので、サイトは無いのかもと思ったのですが、
最後にここで聞いてみようかと思いました。教えてチャンでごめんなさい。


232 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/31 03:39
おしえてやれ

58 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)