5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

学芸員・キュレイター集まれ!!

1 :国立2ch美術館長 :2000/09/21(木) 11:40
内外より美術館のあり方に批判が集まり、「特殊法人改革法案」も迫る今日この頃、
2chなんかやってられないとは思いますが、この美術版を充実させるためにも、
ぜひご参加のうえ貴重なご意見など寄せてください。
業務上の愚痴・文句・批判・チクリもおおいに結構。
これから学芸員なんて地味でつまんない(嘘です。ごめん)仕事を目指す若い諸君も、
どんどん質問・意見などちょーだい。

2 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/21(木) 12:26
「学芸員」さんって、ふだんどんな仕事やってんの?
美術館で椅子に腰掛けてひざ掛けかけて眠ってる人も学芸員ですか?

3 :空耳 :2000/09/21(木) 12:40
美術館で椅子にこしかけている人の、
バイト募集してないのかな
700円でもいいからやりたいー

国立西洋美術館では講習会をやっているみたいだね
次の企画展には興味があるから、
はがきで申し込もうかな

4 :>3 :2000/09/21(木) 13:04
そうか?あのバイトは結構つらいと思うぞ。

5 :空耳 :2000/09/21(木) 13:21
私は空想癖アリなので多分オッケーです。
でもお尻が痛くなったら
ちょっとどうしよう。

美術館でたとえば肉体労働入ってもいいから
バイトを募集していないのだろうか。

とりあえず学芸員の資格は今とってるんだけど、
まあ、なれないだろうなー

6 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/21(木) 14:05
 僕は、展覧会行くと絵を見るのとまったく同じ真剣さで
椅子に座っている女性の顔もしげしげと見てしまうと
言う性癖が有ります。僕と同じような人も沢山見かけます。

 目の前50センチくらいのところから、いろんな人に次々に
じろじろ見られるのって、嫌だろうなって思う今日この頃。


7 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/21(木) 15:15
一応大学で美術史やって、ついでに学芸員の資格も取ったけど
結局あれってマスターもってないと中々就職できないですよね。
マスターに進んだところで必ずしも就職(学芸員にしても大学に
残るにしても)があるか分からないから一種の賭けというか。

日本の学芸員の人は自虐的に「雑芸員」なんて言うけど、もっと
諸外国みたいにボランティアスタッフを増やしてもいいんじゃない?
私みたいに夢破れて専業主婦って結構いると思うよ。


8 :空耳 :2000/09/21(木) 18:47
なんで女の人ばっかなんだろ。

9 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/21(木) 19:44
>8
日本語教師みたい。


10 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/21(木) 21:52
美術館じゃなくて博物館の話、
しかも就職できたわけじゃなくて実習受けただけ。
そんな俺の受け売り話でも、披露していい?

11 :空耳 :2000/09/21(木) 22:29
どうぞ。

12 :10 :2000/09/21(木) 23:42
じゃあ、、、おそらく一生死蔵したままの知識。せっかくだから。
>2
学芸員というのは主に博物館の運営に関わる仕事をしています。
つまり博物館の目的である資料の収集、保存、展示に関わる業務、と考えてください。
具体的なイメージとしては、収集=買い付け、保存=倉庫管理、展示=企画展開催などかな。
椅子に座っての仕事も多いようですが、外を飛び回ることも同じくらい多いらしいです。

ちなみに美術館の隅で椅子に座っている人は違うと思います、、、
一通りの説明ならマニュアルが用意されているらしいです。
学芸員は基本的には裏方ですかね、、、博物館の主役は資料ですから。
(文中の博物館は広義のミュージアムという意味で言っているつもりなので、
美術館でもあまり変わらないと思うのですが、、、)

13 :10 :2000/09/21(木) 23:55
今思い出したけど、美術館でボランティアスタッフをあまり使いたがらないのは
以前どこかの館で大事な作品をおもいきり壊されたことがあるから、と聞きました。
だから作品に直接触れるポジションでは使いたがらないらしい。
確かに歴史的資料と美術品では頑丈さが全然違いますからね。市価も、、、
ちなみに実習で重要文化財を手にとって作業したときはめちゃめちゃ緊張しました。

14 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/22(金) 00:05
あのー、その筋の方がたくさんいらっしゃるようなので、
伺っていいですか?
美術史を学ぶのによい大学ってどこなんでしょう?
いわゆる偏差値のレベルのことじゃなくって。
あ、日本美術と西洋美術でも違います?

15 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/22(金) 00:10
とりあえず私の通ってる大学は
美術史の専任教師が一番多いです。
東大よりも。
東洋美術の方がやや重点が大きい。
でも西洋もやれる。
ただ教授陣に偏りがみられるよ。
そういうことかな?

16 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/22(金) 00:11
とりあえず私の通ってる大学は
美術史の専任教師が一番多いです。
東大よりも。
東洋美術の方がやや重点が大きい。
でも西洋もやれる。
ただ教授陣に偏りがみられるよ。
そういうことかな?
あ、勿論不通の大学の中ではってことだよ

17 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/22(金) 00:31
ここに書くか、MODEに書くか迷ったんだけど・・・
最近、美術館でファッション展(正確にはなんて呼ぶんだ?)
( 三宅一生展>東京都現代美術館
  ゴルチェ展>上野の森美術館、等 )
が多く開催されているが
それらには美術館側の
「観客動員が見込める展覧会でなんとか収益率を上げよう」
という意図が見え隠れしている気がする
(事実三宅一生展はかなりの観客動員数だった)
別に企画それ自体が悪いとは思わんのだが
「そんなんばっかでいいのかよ?」
とは思うけどね



18 :goatsong :2000/09/22(金) 01:02
>17

それはいえる。あと、漫画・アニメ系の展覧会も多い。
公立の美術館がやるのは、腹が立つ。

話はずれるけど、ちょっと前に近代美術館で開かれた、
モリス展の売店には驚いた。モリス柄のハンカチやら
Tシャツやら、モリスグッズが山積みされていて、
おばちゃんたちが群がっていた。(モリスは低品質の
大量生産を批判し、中世のような手工業による室の高い
生活品の生産をめざした)

何と為のモリス展だったのか、所詮は金の為なら何でもありか、
と思い虚しくなった。


19 :goatsong :2000/09/22(金) 01:05
↑誤字があるので、適当に訂正して読んで下さい。


20 :今ねぇ・・・。 :2000/09/22(金) 01:11
今ネェ、美術館は大変なのよ。これから新しい法律ができるらしく、
税金をあてにしないで、自分とこの収入だけで食ってけってことで、
学芸員さんたちもウケル企画をいっぱい立てなきゃいけないんよ。
でも、いわゆる活性化っての? 逆にオモロイ展示企画がいっぱい
でてくる可能性もあるかも・・・。
おい、そこの2ちゃんやってる学芸員、しっかり仕事しろよ。
(ごめん、ここの館長でした)


21 :あの人も学芸員? :2000/09/22(金) 01:27
昨日てれびの再放送(NHK)で、イスタンブルのハレムからの中継
やってたんだけど、若い女性の学芸員みたいな人が結構きわどい
話なんだけど、真面目な顔で一生懸命に説明してました。

22 :17 :2000/09/22(金) 01:39
今まで税金に頼ってオモロイ展示企画考えんかったくせに・・・
活性化は解るんだけどねー
なんだか「金がかからんで客の入る」企画だけしかないような
こうなってくると「人が入らない」という理由だけで
「現代美術」の展覧会が激減、
よそから借りてくるばっかりの「印象派」
「ナントカとその時代」巡回展や
専門学生に大人気の「デザイナー」展だらけに
なるのが目に見えてるのがね・・・

(でもね、三宅イッセイはおもしろかった)


23 :にっく :2000/09/22(金) 05:53
どうやったら、美術がもっと浸透するか、という意見を書き込もうと
思ったけどやめた。だって、まとまらないんだもん。それに、今の俺はまず
小説とゲームのことを考えなきゃいかんし。

それにしても、現代美術って人気無いんですか?それはガッカリくん。
オペラシティアートギャラリーなんて安いし、アクセスいいし、遅くまでやってるし
で三拍子そろったいい美術館なのに(どっかと大違い)、つぶれちゃったらやだなぁ。
運営に貢献するためにも観に行かなきゃ。

24 ::2000/09/22(金) 16:05
>>10
そんな事故があったんですね。
友達が就職できた地方の小さな私立の資料館ですら展示品に関しては
保険約款で決められた運送屋さんと一部の学芸員しか触れないと言ってました。
でも資料のデータベース化や検索、ちょっとした翻訳とかなら
ボランティアがやっても支障ないような気がするんだけど。どうだろ?

>>14
私の印象では、関東ならやっぱりT大かW大。関西なら狂大か犯大でしょ。
学芸員の出身にも学閥ってありそうだしね。


25 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/22(金) 17:13
美術館がマーケットを意識するのはしょうがないと思う。
と、言うか健全な事だと思うけどなぁ。

商業主義的な美術は低く見られがちだけど、美術もマーケットあって
成り立つ物でしょう?

26 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/22(金) 21:22
芸術はパトロンがいれば守られるんじゃあないの??

27 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/22(金) 21:35
>↑
今はパトロンになる人が少ないからアーティストは商市場を
意識せざるえないと思う。

商業主義の中からも偉大な美術は生まれるのは証明されているけど
今、日本にパトロンになる人が少ないのは美術の発展上サミシイです。

28 :イロモノ芸術家 :2000/09/22(金) 21:47
 私が昔グループ展をやった、某県立美術館の職員は
木っ端役人という言葉を絵に書いたように、威張り散らした
野郎だった。自分のものでもないくせに、貸してやるんだ
っていう態度がミエミエで。たしかに、ただ同然の値段だったが
こちとら、ちゃんと税金払ってんだよ!
 あれは、学芸員だったのかな?

 役所じゃないんだから、ギャラリー内をサンダルはいて
ぺたぺた歩き回るのだけは、やめて欲しかった。




29 :わぁ、随分ついてる。 :2000/09/23(土) 08:00
でも学芸員さんはやっぱり忙しいのかな?
一通り箱としての美術館は日本中に出来たようだけど、中身はこれから
ってことで、所詮美術館なんて政治家の勲章みたいなもんだから、
ますます学芸員さんは頑張らねばね。
なお、上の理由(政治家の勲章説)で院卒でも就職が大変なのは、
力のある教授や地元の名士の紹介(コネってやつ)がないと難しい
ということは聞いたことがあります。
だから、地方から上京して美術の勉強してる特に女性は、
遊びに堪能したらつまんない恋愛に悩んでないで、さっさと地元の
造り酒屋のぼんぼんと見合いしたほーがいいと思うよ。
だって、日本のアートを支えてるのは結構酒屋さんが多い(例えば
サントリー)んだもんね。
まあこれだけ学芸の仕事に興味を持つ若い人が増えたってことは、
将来に希望が持てそうですね。みんな頑張れ。(ここの浣腸ことF・I)

30 :14 :2000/09/23(土) 17:01
>15さん
レスありがとうございます。
そうですね、教授陣の充実度はWebとかでも調べられるのですが、
実際にその業界で、どの大学がどう評価されるのか、ってことは
なかなか分からないから、お尋ねしたんです。

>7=24さん
レスありがとうございます。
T大や狂大は私には無理だと思いますが、W大かぁ…

31 :10 :2000/09/23(土) 17:46
就職に関して学閥の引きで就職できると思っている人ばかりみたい、、、
確かにそれは否定しませんし、そういう方法を選ぶ人もいるんでしょうけど。
でも東大やら京大やら出て学芸員に素直になってくれるんですかね?
そんなに儲かる仕事じゃありませんよ、、、
そういう点では教員資格と似ているかもしれません。
「中堅の大学でも勉強していれば平気」リップサービスかもしれませんが、
ある学芸員の方はそう言われていました。

32 :10 :2000/09/23(土) 17:57
最近、博物館でも職員の募集に公募をかけることが多いようです。
もちろん倍率は物凄いものですが、その前段階として公募の情報を
どうやって手に入れるかが大事なようです。
ひとつ、常連として職員の方と顔見知りになるほど懇意の館を持つと良いかもしれません。
広いようで狭い業界、実際に募集をかけている館があった場合、やっぱりその業界内では
情報の伝わり方が早いようです。田舎でも拘らなければ、見つかるかもしれません。
実際に実習に行かれる方は、その時が現場の人と人脈をつくるいいチャンスでしょう。
これはドロップアウターからの忠告です。
なお、公立館の場合、公務員試験の勉強をしておくのも良いかもしれません。
公務員として出向で働けるかもしれません。
イメージと違うかもしれませんけど、現実なんてこんな物、らしいです。

33 :10 :2000/09/23(土) 18:05
ボランティアスタッフとして働きたい場合も、もし目当ての館があるなら
そこの友の会組織などに加入しておくといいです。
会報を通じて、スタッフの募集をかけることがあると聞きました。

34 :空耳 :2000/09/23(土) 21:06
水戸の方の美術館に名にやらコネがあるらしい。
コネコネ
でも使う気はさらさら無い

35 :14 :2000/09/23(土) 23:44
あ、別に、学閥のコネで就職したいとか思ってるわけじゃ
ないです。そういう意味の「評価」じゃなくて、学問の
レベルとしてどうなのか、が気になったんです。
(偏差値とか大学の名前とかじゃなくって)
うまくいえないですが。

36 ::2000/09/25(月) 12:31
>10
学芸員って(私立の小さな所は別だけど)大学の教官のポストと同じで
公募が一般人や学生(除く助手)に伝わった時点で内定しているってこと
多くないですか?

でも確かに友の会の会報等にはボランティアスタッフの募集がありそうですね。
(今まで市民便りばかり見てました)
夫は転勤族なので、短期間のボランティアがあればなっていつも思ってました。

>>29
造り酒屋さんかぁ。。。でも東京に造り酒屋さんてないですよね。

あとは茶道なんかもやっておくとそっち方面のツテが多くできそうですよね。

37 :>36 専業主婦学芸員さん :2000/09/26(火) 06:55
東京にもいくつか造り酒屋はありますが(多摩とか都内にも)、美術館が大小多すぎて・・・。
学鯨飲(面白いので変換そのまま)さんもけっこう流動的なところもありますが、
なかなかポストが空くということはなさそうです。日頃の情報収集が大事なようです。
ただバブル弾けにもめげない企業が、これから大都市近郊に美術館を出す例もあり、
そういうとこの準備室(この段階が一番たいへんで面白いのだ)のポストに仕事をゲット
した優秀な学芸員さんもいらっしゃるのだ。
>茶道なんか・・・  するどい御指摘です。アートはスノブなお仕事なのだ。(F・I)

38 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/29(金) 03:18
age

39 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/30(土) 15:47
美大の美術史系学部は学ぶのにどうでしょう?



40 :>39 :2000/10/01(日) 01:17
まわり(他の学部・学科)が卵とはいえ一応創り手なので、行為論としての
美術を臨場的に観察でき、頭でっかちな学者や批評家にならなくて良いのかも。
あるいは、ぶっちゃけた話ですが上のほうにコネのことについての批判も
あったようですが、卒業後の交友を通じて美術界を活性化するのには期待できる
ことかも知れませんね。
ただ、残念なことには案外数が少ないのでは・・・?

41 ::2000/10/01(日) 04:36
美大の美術史系だと、図書館の資料が充実していそう。
と、いうイメージはまちがっているのかな。

42 :私見ですが、 :2000/10/01(日) 05:11
本当はそう(美の殿堂?!)あるべきなんでしょうが、案外美大(藝大は別として)では
美術史を真面目に研究しようというのが(一部の教授を除き)いないようで、
これにともない資料の収集・充実は遅れているようです。
作家を送り出すほうが優先課題で、クリエイター側の学生も「天上天下唯我独尊」で
それほど熱心に過去を遡及しないようです。


43 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/10/04(水) 13:09
>>37
おひさしぶりです。
いつの間にか「専業主婦学芸員」なる命名をして下さっていたんですね。

美大の美術史に通っていた知人がいますが、資料が少ないとかで
よく私の母校の図書館の入館カードを借りに来てました。
(画集なんかは沢山あるみたいですけどね)
時々彼女の大学にも遊びに行ったのですが、研究室も創作系のものに
追いやられてすごく狭かったし、付けたしのような感はぬぐえませんでした。

高校生の頃から画塾に通ったりして交友関係を広げながら
資料の多そうな大学に進むのが理想かも。

44 :2号 :2000/10/15(日) 01:24
タマビには付属の小さな美術館(八王子校舎)があった(今もあるはず)。
教職か学芸員資格かどちらか取れたので私は学芸を取りました。
実習も付属美術館で10日ほどやった覚えがあります。
ほとんど掃除と資料整理、作品運び(肉体労働に近い)でした。
そこの学芸員の人はいろんな業界のうら話をしてくれます。
あれは、体力と行動力と知識がすごい問われ、いつも残業にもかかわらず、
サラリーマン並みの給料らしいです。
有名な民間の美術館はどうなのかな?
けれど、まず学芸員資格が必要だとおもいます。
入学さえすれば、単位と実習さえとれば誰でも取れます。
美大に行くかどうか別としてそこの付属美術館の学芸員の人に
話を聞くといいかも。
かなりホットな盗作の話しやヨーロッパの日本に対する美術館の姿勢が
イエローモンキー扱いとか面白いです。
ぜんぜんお客がいなくて閑静なところですが
最上階まで階段がすごいあります。
たぶん無料で開放してるとおもいます。

45 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/10/15(日) 03:43
>>44
情報が正しくありません
多摩美附属美術館は多摩センターに移転しました
入館料が大人200円かかります

46 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/10/15(日) 17:00
学芸員はやりがいはあるのだろうけど
思っていたほど楽しい仕事じゃないと思う。
実習が縁でアルバイトをさせてもらいましたが
チームによっては雰囲気かなり悪かったし。
忙しさは半端じゃない。朝までなんていうのはザラのよう。
でも、忙しい割にしっかり休みと残業手当は取っているようでした。
税金泥棒って思ったりなんかして。
やはり公立だと学閥があるようです。



47 :現場から :2000/10/15(日) 23:19
>46 学芸員はやりがいはあるのだろうけど
   思っていたほど楽しい仕事じゃないと思う。

でもとりあえず学芸員の机をゲットしたとして、
雑用(展覧会の企画ほか)こなしながらも、
自分の好きな(美術の)研究なり文献あさりができて、
しかも毎月ちゃんと自分の口座にそれほど多くなくても
食って行けるくらいのお手当てが入ってるなんて再考!。




48 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/10/16(月) 16:01
資格持ってまーーーす。

4年間大学で勉強したけど面白かったです。

49 :息子 :2000/10/17(火) 15:40
英語は必要か?国際化の中で英語のできない学芸員は小学生の相手だな。

50 :だめじゃんじゃん :2000/10/18(水) 12:45
日本の美術館のかかえる問題に関して、
学芸員のことや行政の体質的なことまでふくめて
内側からよーく書いてあると思ったのが「美術館とはなにか」by大島清次です。
97年の出版ですがここのスレッドにでてきたような問題を
ほとんどカバーしていると思います。

ちなみに自分はアメリカで美術史で修士をとろうとしている
日本のこの業界ではマッタクつぶしのきかないタイプの学生です。

51 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/10/18(水) 15:21
失礼なことをお聞きするようですが、
>>50
> 日本のこの業界ではマッタクつぶしのきかない
のなら、どういうお仕事をするつもりでいるんですか??
もしかして仕事しなくても食べてける人なのかな。


52 :だめじゃんじゃん :2000/10/18(水) 20:12
いえいえ、修士とは直接関係のない職種に就職です。
でも、いつかはどこかで関連するようなお仕事をはじめたいと思っています。

53 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/10/23(月) 00:33
いろいろゆわれてれるけど,学芸員なりたいな。

54 :えりこ:2000/10/25(水) 02:08
おい、おい、スレ終わりそうだよ。のばせ、のばせ。

55 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/10/28(土) 15:33
ふむ。

56 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/10/29(日) 03:42
なるほど。

57 :名無しさん:2000/11/02(木) 00:49
age

58 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/02(木) 01:13
age

59 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/02(木) 11:10
test

60 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/03(金) 10:04
test

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/07(火) 02:06
BTでテレビゲーム展についてかいてあったけど、
あれもやっぱり独立法人化の影響と考えていいのかな?

62 :BT:2000/11/10(金) 22:23
うん。

63 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/11(土) 18:33
えっ?なに?

64 :BT :2000/11/11(土) 21:09
だから,独立(行政)法人化ちゃんね。
もともと政治屋さんには興味ないんだから,学芸員のみんなもいままでどおり仕事してていいんでない? 生活は何も変わらんよ。

65 :>49:2000/11/28(火) 03:53
結構狙い目かもよ、教育普及って。英語は出来ないといけない
だろうけど。コネの比較的少ない都道府県の職員として募集もあるし。

66 :baka tonnbo:2000/11/29(水) 21:58
独立法人化ですか。 大変ですね。

アニメやファッションで乗り切れるとは到底思えないのだけど、また、乗り切れたとしても、そのときは従来の固定客は失っているのだろうし、
それでも、テーマパーク化すんのかな。。。
学芸員目指してる方は、美術関係のサイトを、あちこち覗いて、学芸員さんらしき人のカキコミ読んでみると面白いと思います。一般的認識以上に非常識で、未だに、芸術への援助が断ち切られるのは理不尽だなどと書いて、アゼンとさせられます。
それでもって、今や、世間でも馬鹿にされているだけで本気では相手にされていない、オタク系アートに民主主義を代表させるようなことを書いていたりします。
まさに、存在が意識を決定しているようです。
いずれにせよ、美術館に関しては、供給過剰の状態であるようにも思えるので、一旦減るのは、しょうがないのではないでしょうか?


67 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/02(土) 22:00
地元の有力者のプーのお嬢様、美術なんぞ全く関心ないのに
「このままふらふらされても・・」と言う親の思いやりで
安野光雅美術館の学芸員として採用されそうなんだって。
学校では薬学やってたらしい。

68 :空耳:2000/12/03(日) 00:27
安野光雅の絵本いいよねー
一緒に旅行してる気分になっちゃう

69 ::2000/12/03(日) 05:41
安野光雅氏の作品は、風景画みたいな無難な作品よりも絵本とか小説のように
物語的な要素がくっついているものが好きです。諧謔的な感じで。
ちくま文庫から出ている「手品師の帽子」なんてのは、ああこういうのも
小説としてアリなのか!とちょっと目から鱗気分でした。
美術とか古典的なものが好きな人にはおすすめです。

70 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/03(日) 14:25
固定のズレた話題提供(まさか故意的にか?)が笑える

>>66
サイト名だけでも良いので
情報プリーズ

71 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/03(日) 17:51
わたしも「手品師の帽子」好きだな。
ちくまって上手に安野光雅を使うよね。

72 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/04(月) 23:09
このスレは「学芸員」よりも「学芸員になりたい」って方のほうが多いようですね。

水を差すようですけれど、
採用されるのはたいてい「毛色」のいい人たちですよん。
学業が優秀で、さらに家柄のいいひとたち。実家がお金持ちの人たち。
仕事しなくても食べていけるって人が多いです。

73 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/05(火) 01:52
>72
じゃあ、私はダメだ。がーーーーーーーん・・・。


74 :学芸員にならなかった人:2000/12/06(水) 12:41
>72
東大、京大、阪大、学習院大、東京芸大程度の大学の美術史の研究室に入って、
4年間+2年間やって院まで出れば、研究分野がマニアック(つまり日本に採用出来る
美術館が無い)でなければ、ドクターからオーバードクターの数年の間にどこか
入れる所は見つかると思います。
僕は阪大の美術史を学部で出て就職しましたが(お金が欲しかった+閉鎖的な社会に
嫌気が差した)、友人の多くは30歳まで大学に居ればどこかしら入れたみたいですね。
その程度の頭と財力だったら、まあ医者や弁護士になるよりは簡単じゃないですか?

ちなみに、上の5つの大学を挙げた理由は簡単で、仲の良い学芸員さんで他の大学
を卒業した人間を知らないからです。

75 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/07(木) 01:04
阪大みたいな一流国立大で美術史を学んでも、
学芸員にならない人っているのですね。
ふう〜・・・。
「学芸員にならなかった人」さん、大学時代は主にどんなことを
学んでらっしゃったのですか?
やっぱりスライド見せられて、「これはなんたらかたらで・・・」と
説明受けて、試験ではその作品の名前や作者を書くとか?
博物館学を修めた友人は、実習で動線を作らされたり、
発掘にも行ったと言っていました。
実習はやはり美術館ですか?
興味があるので、教えていただけたら嬉しいです。

76 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/07(木) 01:17
早稲田とかはどうでしょう
(真剣)
ちなみに早稲田だったら実習は演劇博物館。

77 :学芸員にならなかった人:2000/12/07(木) 12:55
阪大だから一流だとは言いませんが、学ぶ環境としては一流だと思います。
教授陣や先輩方もかなり充実していると思いますので、行って損はないと思いますよ。
私は東洋美術史だったのですが、大阪という場所柄、奈良、京都に近いので、週に一回美術館や寺社仏閣などの特別展・常設展に行って、そこで生の作品を鑑賞します。
教授やそこの学芸員さんからレクチャーを受けます。
終わったら学芸員さんと懇親に行きます。
・・・というのが実習の流れです。
研究室に居ると、美術館や寺で美術関係のアルバイトするきっかけもあるし、結構楽しかったなあ、そういえば。
国宝にも生でさわらせてもらえたりとか。

まあ、そういった意味では、関西びいきという事も有りますが、関西系の大学の方が良いものを生で見る目は養えるのではないでしょうか?
やっぱり「目」が命の学問なのでスライドではなく本物を見る機会を沢山作った方が良いでしょうね。
あと、日本人って結構「美術」というと「油絵」みたいなイメージが強いかもしれませんが、やはり日本で学ぶなら良いものは日本のものの方が多いです。
洋画志望なら海外の大学の方が良いのでは?

関東の私大の事は良く分かりません。
ごめんなさい。
自分の出身を書いてしまっている以上責任も有るので、知識も無いのにいいかげんな事も書けません。
あくまで個人の見解としてですが、研究室の人数の少ない国立大の方が、教授や学芸員さんとも話す機会も多いだろうし、そういったアルバイトを出来る機会も多いのでは?
・・・一般論ですね(苦笑)

もう業界人でもないのに、偉そうな事を沢山書いて申し訳有りません。
>TO 関係者
今では東洋とも美術史ともあまり関係なく、ドイツ人と戦うビジネスマンです。

78 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/07(木) 21:55
美術館の収蔵、買い上げって
現代美術ではどんな基準で選んでるの?

79 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/07(木) 23:53
>学芸員にならなかった人さん
いろいろ教えてくださって、ありがとうございました。
たいへん興味深く読ませていただきました。
国宝に生で触らせてもらえるなんてスゴイですね。
「目」が命の学問、というのは納得です。
直接作品を見て、伝わってくるものって重要ですよね。
私は西洋絵画に興味があるので、アメリカかカナダの大学院で
修士号を取りたいなと思っています。
ビジネス、ドイツ人に負けないでがんばってくださいね。

80 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/12(火) 04:41
青学ってどうなんでしょ?
最近芸術学ができたらしいんだけど。
なんか日本美術は仏像が専門でT大で教えてる人が、
西洋はオランダ絵画の分野で著名な人がいると聞いた。

81 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/16(土) 05:29
実習先見つけるのが大変。
競争率激しい。

82 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/17(日) 06:41

>>80

私(技術系)がその昔、T大で他学部聴講で美術史の講義を受けたときは、
T大には仏像(日本彫刻史)関係の先生がいなくて、慶應大学の西川新次
先生(昨年8月18日、お亡くなりになられた)や、久野健先生(T大のバス
ケット部出身と聞いた)等が客員で講義に来られていた。
絵画はT大の秋山光和先生だった。

西川先生には、普通の人はなかなか見せてもらえないお寺の仏像を拝観させて
もらうとき、紹介状を書いていただいたりもしました。


83 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/20(水) 20:13
しかし、何ゆえ学芸員にあこがれる人が多いのでしょう。
うんちくを言いたいのであれば、単に批評家になったほうが好きなこと書けそうださし、
作品の近くに居たいというのであれば、作家なり画商なりになったほうがたのしそうだし、
(どれも、収入の安定はありませんが、、)
今一つピンとこないのですが、、

84 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/21(木) 03:14
絵画の研究ができ、それを世に問う展示会を企画できるのは
学芸員でしょ! それにともなう苦労があるのはどこの世界も
一緒。
歌手や芸人になりたい人もいるけど、TV、映画などの
ディレクタやプロデューサになりたい人もいるし、結構
人気あると思うけど。

85 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/12/21(木) 03:35
学芸員と司書が,ほぼ同等の職業として,
新制高校で紹介されていることも,
もう1つの問題としてあるとおもいます。
課・部あたりの長となっている方々,
自分をあまりぶつけず,
後輩を育ててあげて下さい。

86 :チヴィッタース:2001/05/21(月) 11:21

さあ、学芸員の先輩、学生の実習を受け入れて彼らの言動から感じた印象、
あ然とした事、仕事上の不平不満、また良い話などなど、仕事を通して感じた
ご自身の現場の声を聞かせて下さい。

私達学生は、先輩の生の体験談を伺いたいのです。

何でもけっこうです。 ご自身で感じたことを聞かせて下さい。

今日は月曜、休館日で自宅に居る現職学芸員の方、待っています。

宜しくお願いします。

87 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/21(月) 17:35
学芸員って世界中の美術知識や、保存法を勉強しないといけないんですよね?
大変そう。。

88 :けんた:2001/05/21(月) 18:09

実際にはなかなか研究する時間も無くて、行政とのやり取りとか予算
の問題に頭を悩ませたり、すべて規定のルールで仕事を進めることが
前提の職場らしいよ。 あまく見ている人は使い物にならないし、
より高度な能力を求められるらしい。 このスレッドを公立美術館の
現職学芸員が見ても無視されるんじゃないかな。

89 :チヴィッタース:2001/05/21(月) 18:26

>>88
そこの所を、今後学芸員を目指す、我々若い世代を鍛える意味でも、
貴重な体験談を是非うかがいたいのであります。

お待ちしております。

90 :へたれ:2001/05/21(月) 22:16
>>89
88じゃないけど、公立美術館の場合、税金使っている以上
金のやりくりには慎重にならざるを得ないでしょうね。
 たとえば展覧会を企画したとしましょう。
すると、作品の借用料、運送費、保険料、ポスター等の制作費、宣伝費、カタログ作成料などを
すべて見積もりをたて、それを決済にかけて、上司の了解(教育長や自治体の長など)を得なければならない。
自治体によって違いはあるだろうけど、カタログ作成やポスター制作などは金額が高いので
場合によっては、業者を選定して入札にかけなければならない。これもすべて学芸員が立ち会う。
んでもって、これらをひっくるめた展覧会開催料全体が自館の予算でまかなえない場合は、
他館と共同開催、巡回も考えなければならない。
 こうなっちゃうと決済(上司の了解を得る資料)の量は半端ではなく、展覧会開催前のほぼ半年は決済の作成におわれることになる。
その合間にカタログの執筆、講演会の準備、チラシのポスター等の案の作成(最終的にはデザイン会社に任せるが)、
会場用のキャプション解説の執筆、会場構成等を練っていく。

 結局、学芸員に求められるのは、知識や展覧会の企画力はもとより、営業、事務等々
なんでもできるような能力とバイタリティ。
 まあ、雑務をいかにして要領よくやってしまって、
研究の分野に没頭できる時間をもてるかどうかも個々の学芸員の能力(?)といえるのでしょうが。
 ひとつの展覧会が終わると確実に氏ねます。

 その点国立美術館は、ある程度仕事の分担が決まっていてうらやましい。

 ついでだけど、公立美術館で自らキュレーターと名乗っている人は少ない。
よく知られてるけど、欧米でキュレーターといったら大学教授クラスだから。
30代まではアシスタント・キュレーターと名乗っているはず(名詞の裏面に英語で書いたりする)

 あああああああ映画見て〜

91 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/21(月) 22:48
研究するには大学教員と学芸員どっちがいいんだろうね。
お給料どっちがいいの?

92 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/27(日) 15:28
研究って机で静かにする仕事でしょう。論文書いたりそのための
勉強など日常できないのではないでしょうか。

私は美術館じゃない展示施設にいるもんですが、仕事でよその
学芸員に連絡しても席にいないことが多いです。ほんと、雑多
なことが何かとあるのですよ。外部の問い合わせとかお客さん
の相手とかもあるし忙しい時はわけわからなくなる。何人で何
を担当するかにもよりますが。 教員も立場次第で研究にとれ
る時間がかわってくるでしょうね。。なんとも言えないのでは。

しっかし展示会(展示施設)にはお金はなにかとかかりますね。。
あまりたいしたことしていなくても。さいきんは映像だ機械だ
HPだでソフト・ハード機器のお金もずっとかかる。

93 :わたしはクリ?十三里さん?:2001/05/31(木) 00:58
独立行政法人化というのは、分かりやすく言えば、
「見せ物小屋で木戸銭取って稼げ」
ということですね。
大学もそうなるということは、日本人は国民の意思として
学問、文化、芸術を社会で維持することを放棄するという
ことになるのか。

94 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/31(木) 09:24
一般の人が、お茶飲みながら美術学生を観察できる、
ゲー大とか、もはや上野動物園の一部と化していますよね。

もはや、絶滅危惧種保護活動だな。

95 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/31(木) 16:34

事実上、住所は、

〜東京都台東区上野公園内〜

これホント。

96 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/01(金) 03:14
age

97 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/01(金) 21:12
>>95
今は7桁郵便番号があるから,「東京学芸大学」と書かれても
〒110-8714で届く。動物園の方はまだ若いねーちゃんの客多いか
らいいね。同じ上野公園でもヒト飼ってる方は,観客はババア
ばっかで飼育係もいやなのよ。
つか,なんで学芸員の話に芸大が出てくるのか訳わからん。

98 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/02(土) 12:55
>74
阪大は医学は一流かもしれんけど美術史はたいしたことない。
東北・九州・早稲田・慶応あたりの方がずっと上だろ。
ひよっとしたら阪大は関大・関学にも負けてるんぢゃないか?

>ちなみに、上の5つの大学を挙げた理由は簡単で、仲の良い学芸員さんで他の大学
>を卒業した人間を知らないからです。
本当に知らないだけ。
とにかく阪大たいしたことない。K林とか何とかしろ。

99 :腹割って話そうぜ:2001/06/03(日) 06:42
>>98うーん。学歴板にしたくないのだがあえて書く。
阪大の美術史関連の教授陣の充実振りは目を見張るものがある。
はっきり言って、教授陣から見れば早稲田、慶応のほうが終わってる。
そもそも学生対教授の比率からいって違う。ゼミすらない学科って一体・・・
とはいえ、俺が今まで会った学芸員の中で一番多いのは早大出身者だ。
ちなみに数が多いだけに仲間意識も薄いけど。

100 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/03(日) 12:48
学閥学閥というが、西洋美術史・日本美術史でもちょっと違うとおもう。
日本ものは、昔ながらの徒弟制度のよう。教授にどれだけ尽くせるかが勝負。
当然、上の紹介で就職も決まって行くが、西洋の場合は、反対のケースが多いとおもう。
つまり、ここの美術館には、●大が多いので、次は取らないようにしよう、とか。そういう偏りを
なくす傾向があるようだ。少なくとも、わたしのまわり(美術史専攻の博士過程)では、そういわれてる。
(あそこはうちの大学が何人いるから、今度は難しいかも、とか)

101 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/03(日) 15:36
やっぱり阪大の美学・美術史の充実ぶりはすごいのでは。
たしかちょっと前に出てた、教授と研究室にランキングつける本
(宝島かどっかが出してる・・・タイトル失念)の美学・美術史編では
1.阪大 2.京大 3.東大美学 3.東大美術史 4.学習院
5.芸大 だった気がする。ちがったかな?
でも実際に学生の元気がいいのは多摩美の芸術学あたりだったりする。

102 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/03(日) 15:47
早稲田だが、確かに良くない先生はいる。
しかしものすごくいい先生もいる。
それだけです。
多摩美の教授がきているが、
はっきり言って、むかつきます。
むかつきすぎて、先生として良いかどうかはわからないけど。

103 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/05(火) 20:55
>>101
ああ,あれね。学問の鉄人とかいうやつ。
「重鎮」「中堅」「鉄人」とかいうのが笑えた。
マチカネヤマ大学は確かにすごいが,関西と関東で学芸員のモノの
考え方は違うな,と最近感じる。

104 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/06(水) 04:30
今になって思えば,1の館長氏がこのスレ立てた2000/09/21あたり
って何があったんだろうと思うよ。「法人本部」ってのがなんか
エラそうでやーね。まだ1はここにいるかい?

105 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/09(土) 12:36
たまにはゴミでないものを展示したいですね。

106 :conservateur:2001/06/10(日) 11:43
>>100
その通り。俺の知り合いは、そのこと(その美術館が彼の出身大学出身の
人だらけ)という理由のみで落とされた。
なぜ俺がそれを知っているかといえば、俺がその落とした本人に聞いた
からだ。
優秀な人なんだけどねえ。そんなことやってると、独立行政法人化した今、
時代を乗り切れないぞ、○○美術館!

107 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/10(日) 12:07
そうそう! 微妙に学閥間のバランスを保とうとするのねー。

108 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/10(日) 15:24
>>106>>107 この自作自演は哀しくないか?
じゃあさ、それをここで告発してみたら?「荒らし」するんじゃなくてさ。だから、オマエは、いつまでたってもヴァカ厨房なんだよ。

109 :conservateur:2001/06/10(日) 17:50
俺は106ではないけど、107ではないよ。
俺と107だけが真実を知っている。

110 :conservateur:2001/06/10(日) 17:52
↑俺は「俺は106だけど」が正しい。
訂正。
しかし、108のような奴を相手にしてしまって
空しい。

111 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/10(日) 21:39
なんか、ここシロウトばっかみたいだけど、こんな書き込みしてる人間、間違っても採用されないよな。
採用されても仕事にならんだろうな。

112 ::2001/06/10(日) 22:29
あんたに言われたかねーー。
よけいなお世話よ。

113 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/14(木) 19:41
>>111

ホントウにそう思う。  心の中が・・・なんと言うか、 「アッポチャン」だよ。

114 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/14(木) 22:55
>>113
語彙が古過ぎて、理解できません。
中年で2chもどうかと思いますよ。

115 :すだこ:2001/06/17(日) 11:54
M治学院大学の芸術学科もいいですぜ。
これから人数増やすみたいだから、どうなるか
わかんないけど、私のゼミは小人数でよい。
先生もおもしろい。映像系列にはいけすかん
先生もいらっしゃるが。

116 :学芸員さんへ質問!:2001/06/17(日) 18:49
ヒマラヤ山脈や中央アジアの「静謐で怪しい雰囲気の山岳絵(怪)画」を描く
ロシアor東欧?の作家を教えて下さい。

「怪しい」といっても「アース&ウインド・ファイアー」や「クスコ」の
CDジャケット的なんじゃなく、

もっと、離人症的、東欧的、きりこ的、精神病院的 あやしさの充満した作家です。

117 :F大美術部:2001/06/20(水) 17:43
http://home.att.ne.jp/sun/fujisin/benzen_001.htm

118 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/22(金) 01:10
浅野徹でどんな人?

119 :「珍走団」を普及させよう:2001/06/22(金) 02:39
横槍失礼致します。
下記URLにて
いわゆる「暴走族」と呼ばれていた人たちの
画期的な撃退法が提案されています

http://www26.freeweb.ne.jp/motor/chinsou/index.htm

http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mona&key=992753697&st=410&to=410&nofirst=true

120 :zzz:2001/06/22(金) 17:27
116の人へ

それはね、多分ニコライ(ニコラスとも)・レーリッヒだと思う。
画家というよりは、むしろ絵を描く真理探求者ですね。
ちなみに俺は学芸員ではない。日雇い労務者だ。

121 :zzz:2001/06/22(金) 17:29
書き忘れた。ロシア人です。

122 :七誌:2001/06/22(金) 17:34
>>120
レーリッヒ?
あんまり怪しくないぞ。
http://www.roerich.org/NRM_collection.html

123 :zzz:2001/06/23(土) 08:10
そういわれてみると、そうだねえ。
では誰かしら?

124 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/28(木) 23:41
一般的な文献史学・考古学業界内での定説
博物館は公立(都道府県市町村立)は教育委員会(教育庁)もしくは外郭財団法人の経営です。
(私立でも博物館設立には財団法人格が必要です)
学芸員免許は大学にて資格過程を終了もしくは、教職員在職何年でとれます。
学芸員への近道は、各都道府県の国立大学教育学部で教員免許+学芸員+社会教育主事+図書館司書の資格を取得し、
地方公務員試験をPASSして、見事無事に教育委員会関係の部署に就職することです。
つまり、なんら専門性を持たない教職公務員が突然の人事移動で公立博物館へ転勤することが殆どです。
例えば、茨城県で公立博物館(資料館)の学芸員を目指すなら、筑波大学を、神奈川県では横浜国立大学を受験し、
入学し直すことが最短距離です。がんばって下さい。

125 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/29(金) 02:37
>>124
コピペ用?

126 :.:2001/08/05(日) 10:22
.

127 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/05(日) 13:42
美術館の学芸員(私立)は、研究型と実務型に大きく分かれていると思われます。
それこそ地方の公立美術館は資金不足から、新聞社等仕込みの巡回展の分担金も
負担が難しい所もあります。美術館で企画をメインにやっていきたいと思うなら、
新聞社やテレビ局の事業部あたりに入社するのも道です。現に美術館の学芸員
出身の事業局の連中も多いですし。

128 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/06(月) 01:15
今まで、出ている大学のほかに東北大学が抜けているけど、
東北大学はだめなのか?仏教美術を学ぶならあそこが一番
良いと思うのだが・・・

129 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/06(月) 22:23
東北大は西洋の美学、現代美術史が良いらしい。
先生が揃ってるというのでは実践女子大学の美術史学科は
すごい。学者から元民間人まで勢ぞろい。
関西では関西学院大学。ここは美術史料が豊富に揃っている。
環境面ではやっぱり東京芸術大学。なんて言ったって学校の歴史が
日本美術史そのもの。

130 :これは・・・:2001/08/06(月) 22:34
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Brush/1861/
こいつは神だ・・・もしくは神を越えた超人!!!
素晴らしい・・・これほどの才能を持ったヒトが存在するとは・・
ピカソ以来の天才の登場だっ!!!

131 :.:2001/08/08(水) 01:07
>>128
有賀先生,もういないしな。

132 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/08(水) 03:01
>>131
本当なのかい?まだ、東北大学にいらしゃるでは?

133 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/29 22:58
http://www.museum.or.jp/
なり、なんなり
まともな情報欲しいなら2ch以外へ
学芸員が開いてるページも結構あるのに・・

134 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/04 01:27
naa

135 :座る仕事:01/12/11 03:44
私がしていた仕事がしたい。と書いていた人がいたので・・

美術館展示室の隅っこに座っている人。
あの仕事をしていました。
もちろん学芸員じゃありませんよ。
警備会社職員です。作品を触りそうなお客様に
声をかけたり、わざわざ学芸員さんを呼ばなくても
答えられるような簡単な質問に答えたり、そんな
お仕事でした。「作品を守る」が仕事だったので
警備の講習を受けさせられました。
椅子に座っているので眠くてたまらない仕事だった。
絵を見ながらの仕事なんて贅沢なんですよね。
とってもいい仕事でした。

136 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/10 17:55
>>116
クスコってフィストファックやるときにメープルソープが使ってた潤滑剤の名前。
学芸員なら知ってるよね☆
頑張って豊かになって俺の後をついて来てくれたまえ。

137 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/10 23:03
大学にとらわれなくても、いい人はいる。
でも感じの悪い人が多いのも事実。

作家として言わせてもらう。
絵を描けないで、文句を言わないで欲しい。
新聞社出身の評論家でまともな人を見たことがありません。

138 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/10 23:05
書くところまちがえた。

139 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/11 01:14
学芸員やキュレーターや評論家の方って、
自分で作品を所有したりしてるのでしょうか?

ボクのまわりには、
アートマネジメントやアートセオリーを専攻している人が
何人かいるのですが、
「日本の一般ピープルはアートにカネをかけようとは思わない。
彼らアートに対する意識が低い」
みたいなことを言うわりには、誰も作品を買って所有しようなんて、
思ってもいないようです。

140 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/12 14:23

学芸員が2チャンネルなんか見るわけないだろ!! 

現職学芸員さん、もしいたらコイツラ徹底的に馬鹿にしてやって下さい。

141 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/12 18:29
学芸の本物がこんなとこに出るわけねーよ。

142 :学芸暇無し:02/01/14 20:49
2チャンネル? 見たことないよ。

143 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/26 03:18
私、某県立美術館において学芸部門を担当しておりますが、
美術に関する思潮や世論の情報収集のために、若手担当者に交代で、
このチャンネルを含む他のウェブサイトをチェックさせております。


144 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/26 03:27
>>143
仕事の一貫で、しかも交代制でネットサーフィンか。
そんなアホな美術館が本当に存在るすなら、県民が可哀想。

145 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/26 04:04
>>136
「クスコ」って、普通女性器をひろげて中を見るためのものだが……
(当然肛門に挿入すれば直腸内部も見られる)。
そういう名前の潤滑剤もあるのかな?

146 :わたしはダリ?名無しさん? :02/01/26 04:08
「カクスコ」は今月をもって解散する男性のみの劇団の名前。

147 : ◆IqZ7CV/g :02/01/26 04:42
>>143
同志かい?最近はネットで調べ物できるから便利になったもんだ。
ついでにこんな掲示板までひっかかってくるし・・・しかし眠いな。でもこのまんまじゃ入稿間に合わんな。

148 : :02/01/26 11:01
>>143 >>147
どちらかかが静岡だろ?

149 : わたしはダリ?名無しさん? :02/01/26 11:06
>>147
>・・・しかし眠いな。でもこのまんまじゃ入稿間に合わんな。

送れた分、展覧会のオープニングをずらせばいいんだよ。

150 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/30 21:22
>>143
ここでなにか収穫あった?

151 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/20 00:37
>展覧会のオープニングをずらせばいいんだよ。
そんなことできるの? カタログがオープニングに間に合わなかったっての
ならたくさん聞くけど。


152 :147:02/03/20 00:52
スケジュールによるでしょ。
刷り物に明記してなければ簡単じゃない?

153 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/20 01:25
>>151
海外では平気だけど、なんせ新幹線を走らせるお国柄だからな。

154 :過労でござる:02/03/20 03:39
昨日は休日出勤。今日はこの時間までサービス残業。
明日(というか今日)も9:00に出勤せにゃならぬ。
最近胃薬が手放せません。

155 :147:02/03/20 10:38
こっちにも書く

あの、何の脈絡も無いのですが(根拠はあります)、賄賂を要求する美術館館長って公に認められているんですか?
美術館の血みどろが公なったら日本の美術は滅びかねないと思うので。
作家をしているので心配なんです。

内部、学会で糾弾したりはしないのですか?
(それこそ公になりますが)
大○あたりとか、大丈夫なんですか?

書き込んでいいのかな?
まあ、いいか。

156 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/21 22:04
集まらないじゃん

157 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/23 18:58
出てこいキュレイター!

158 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/24 01:39
糞キュレイターが。
お前らに美術界が煽られていると思うと腹が立つ。
作家には引退が無くて良かったね。
あったらね、あんたら一生西洋美術の研究だ!

159 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/25 04:47
日本国内にキュレーターなんているの?
学芸員とキュレーターって完全に別ものでしょ?

160 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/25 15:59
>>158
意味わからん。

161 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/25 17:33
>160

プロ野球は元選手が解説するからね。
ただそれだけ。

162 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/25 21:53
作家からキュレイターなんてあんまりないんじゃない?
>一生西洋美術の研究 だったら天国だからオレやる。

163 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/25 23:11
>>162
かねがないと無理。日本で西洋美術のまともな研究なんて出来ねえよ。
二次研究の重箱の隅つつくのが精一杯よ。
日本でその道のエキスパートでも西欧じゃ完全に無視されてるのが実態。
英語か原語で論文や本を継続的に書き続けるしか道はない。

さあて、そろそろ日本近代美術研究に切り替えるか

164 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/26 00:05
>163
それでもいい。

165 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/04 13:49
大学院行きたいんですが、学芸員の課程を取ったらあとあと受験勉強の時間が
取れなくなりませんか?

166 :165:02/04/09 09:27
教えてください>_<

167 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/11 02:12
>>165
私自身は学部の時に取得しましたが、修士に入ってから
とっている人もいますよ。
でも、学芸員課程を履修したからといってそんなに
受験勉強が大変になるかな?(忙しくなるのが心配
ということですよね)。人にもよるだろうけど…。
夏休みなどに実習で時間をとられるのが不安なのかな。
でも、院に入ってからだともっと忙しくなりそうだし、
早めにとっておくに越したことはないのでは。
(あまり意味のないレスでスマソ)

168 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/12 02:06
何事も勉強なりよ。

49 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)