5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

子供

1 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/27 21:40
19になり、現実を知るようになりました。
生きるためには仕方ないことだと思います。

しかし子供のとき(〜小6
と比べ、素直な感性は確実に落ちてます。
僕は絵を描く身なので、現実を観ることは
感動的な絵を描くことが不可能だと思います。

現在描く絵は、幼いころの視覚で観た絵です。

幼いころの感覚に戻ることは不可能なんでしょうかね



2 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/27 22:31
例えばピカソ。
晩年のピカソがある児童画の展覧会を見に行った時に、
「私があの子供達ぐらいの年齢の頃には、まるでラファエロの
ようにデッサンする事ができた」
と語ったという話がある。もちろんピカソはだから自分の方が
偉かったという自慢をしているわけではない。この言葉に続けて、
「しかしあの子供達のようにデッサンが出来るようになるには、一生かかった」
と述べているからである。

だから、幼い頃の感覚にたどり着くことは、なんとかすれば可能になるんじゃない?
戻ることは不可能であっても。
今描いてる絵は、幼い頃の感覚でとらえたものなんでしょ?
じゃあそれを守りつづけていくしかないYO!

3 :KH:02/03/27 23:16
それが大事だと思ってるなら大丈夫だよ。
仕事柄、多くの作家と会ってきたけど、その殆どの人は忘れてしまってる。
もちろん現実は無視できない、将来、本職でやるならなおさらだ。
ただ、時折立ち止まって振りかえる余裕を持ちつづけて欲しい。
時間を掛けて感性を磨いていった先人を見習いながら。

4 :1:02/03/27 23:23
ありがとうございます ^^
「自分の下手な言葉で、理解してくれるかな」って思ったんですけど

すごい自分にとってプラスになる意見をくれてうれしかったです!
            

5 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/28 01:58
子供すごすぎ。 天才すぎる。

自分等が「宇宙」を神秘って思うほど
子供は日常のことに対して、神秘感が強い。
非常にうらやましい。

大人ー 美術館に行く。 絵を見る。 絵を見るとき、無意識に
    タッチを気にしてしまう。 足が痛い。 タバコすいたい
    人に気を使う。なにか、物足りない。
    明日のことで、心配をする。
 
子供ー 美術館に行く。 絵を見る。怖がる。驚く。美術館の空間を 
    純粋に楽しめる。    

6 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/28 02:48
>5
大人だってもっと楽しめると思うんだけど。
描いてる人は確かに描き方の方に眼がいっちゃうけどね。
でもそれでいいんじゃない?十分楽しめてるよ。大人の愉しみってあるし、
老人になって少しボケてくれば子供に戻るしさ。今は今の自分の感性で愉しみャいいじゃん。
人間の感性なんて固定できないんだからさ。気楽にね。


7 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/28 03:02
昔、人に言われて凄く感銘を受けた言葉。

「デッサンは1枚目と100枚目が凄く良くて、その間は駄作。」

2枚目以降は前に書いた絵をなぞる(影響される)。
たくさん描くと影響が多すぎて、逆にその呪縛から逃れることができる。
1枚目は本当に自由。
中途半端に事例を知ってるとそれを真似してしまう。
たくさん事例を知ると、その事例が多様で、
結局、何をしても良いことを知る。
どうあがいても1枚目にもどることはできないのだから、
あとは修行するしかないと思います。
そうすれば1枚目を超えることができるかもしれない。

8 ::02/03/28 03:12
>2
大筋ではまったくその通りだと思うが、
子供の感性を守ろうとすると、逆にそれに囚われてしまうと思う。
それは真に「子供」に戻ることにはならないんじゃないだろうか。

9 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/28 03:19
7>そうだよね。 たくさん描くだけ 自分の中に確信らしき
  ものが芽生えてくるからね。 

10 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/28 17:52
こどもは大人の眼を持っていないという視点は無し?

11 ::02/03/28 18:35
大人の視点をもった上で、
「子供」にもどれれば良いんですけどね。

12 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/28 20:56
子どもは大人の憧れってことか。
子どもの反対かな?

13 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/29 00:33
子供の感性を失った事を嘆くより、愉しむ事の喜びを知る大人になる。

14 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/29 00:39
>1
私は小六の時の感性より、今の感性の方が素直になった気がします。
幼かった時は、写真のような絵しか凄いと思えんかったし、
抽象表現なんて落書きにしか見えんかった。
予備校に行って実際に絵を描いて、鑑賞して、私は豊かになったと思う。


15 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/29 00:45
age

16 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/29 00:47
自分の場合はシャガールの絵が、すごい不気味に感じた。
今見ても、なんとも無い。 あの気持ちはいずこへ。

その当時は絵を見るとき、油絵なんて知らなかったし
立体感の出しかたも知らなかったので
絵として純粋に見れたよ。

というか俺って、なんでいつも最終選考止まりなのさ。
これで4回目だよ。のこり12回は敗戦よ

17 :13:02/03/29 00:53
>16
芸大かい?
また、がんばれよ。諦めるなよ、俺みたいになるぞ。

18 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/29 19:13
こどもそのものになるか、大人を受け入れるか、二つに一つだね。
こどものこの部分…というのは虫がよい妄想と思う、故に、我あり、とか言えなくなっちゃうもんな。
言いたきゃ無いけどね。(W

19 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/30 00:16
>1
むやみやたらに子供の感性を重視しすぎるのは危険だぞ〜。
やつらの凄い所は、何も考えないで物を言う事のみだ。
子供の感性を手に入れたいなら、何も考えないでやるしかねんだ。




20 :18:02/03/30 03:39
>>19
極論だが同意。
いや、正論か?

21 ::02/03/30 18:59
>7
その通りだす。子供って、「この感性を守ろう」とかって
感じないもんね。そこにもうすでに違いがあるからなー。
じゃあ描く時は何も考えず描いてさ〜、普段の生活の中で子供の
感性を磨くってのはどうよ。


22 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/30 22:47
悩んだ時点で、もう大人なのよね。
大人は大人、子供は子供でいいんじゃなくて?
人間、無自覚な時が一番いいのかもしれないよね。
無自覚なおバカさんも幸せそうに見えるものよ。



23 ::02/03/31 00:39
そうだね。 意識すること自体 間違ってるね。

無意識で純粋に感動するって大切ですよね。

そこが難しいところなんですけどね

24 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/31 01:42
骨董屋はどの様にして贋物を作るのか?
いつも疑問に思っています。
知っている人教えて。

25 :7:02/03/31 01:48
感動には「直接的な感動」と「知識による感動」の2種類があると思う。
例えば、星を見て見て綺麗だと思うことは「直接的な感動」。
しかし星から得られる感動はそれだけではなくて、
地球と星との距離、その光が何百年もかけてとどくという事実に対する感動や、
星の運行に神話や思いを重ね合わせてきた人間の行為に対する感動など、
「知識による感動」も存在する。
子供はある程度「知識」というフィルターを通さずにものを見ることができる。
大人はある程度「知識」というフィルターを通して見ることを余儀なくされる。
問題はフィルター自体よりも、フィルターが曇ってしまうことで、
よく磨いておけば、より美しいイメージを描くことができると思う。

26 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/31 02:44
ホントかウソか、どーか知らないけど昔TVか本で見たことあるけど棟方志功の贋作は作りやすいそうです。
なんでも絵の具や彫刻刀とか結構その辺に売っているもん使っていたみたいだし・・
贋作は比較的作りやすいかも?

27 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/31 02:57
25)激同意

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)