5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■岡本太郎■■

1 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/19 01:51
芸術はうまくあってはならない
芸術はきれいであってはならない
芸術は心地よくあってはならない


岡本太郎について語るスレッドです。

2 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/19 07:33
芸術は爆乳だ!

3 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/19 10:50
既出じゃないかな?

4 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/19 12:48
立っては消える岡本太郎スレ。
今度は長続きしてほしい。

5 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/20 05:17
彼について語れることって少ないからなぁ。
本人が1人で喋りつくしちゃったから

6 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/21 00:01

ピカソとにらめっこしたら、眼の大きさで負けたっていっていた

7 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/21 00:21
これこれ・・
大阪万博時代に、まだ生まれてなかったキミたち・・
大阪に来たまえ。
そうすれば、
彼の偉大さを、目の当たりにすることだろう。

縄文の息吹きを昇華させた、あの「作品」が、
キミたち"若けェの"を、とらえてはなさないだろう。

ほぉ〜っほっほっほっ・・

8 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/21 20:04
昔、彼がテレビ出演して、子供たちに絵を教えていた。子供がウケを狙い、
黒々とした太陽を描いているのを見て、岡本太郎画伯は言った。
「違うだろう、太陽はこんな色じゃない。もっとちゃんと描きなさい」
岡本太郎って、けっこうまともなんだと思った。

9 :丸山英二:02/02/21 23:13
>>8
それは良い話ですね!
どこかのスレで「有名人にならないと絵が売れないのは、ばかばかしい」みたいな事を嘆いていた人がいましたが、岡本太郎はそんな理不尽な風潮ごと受け入れて、振る舞っていたらしいですよ。
たとえば、テレビや写真に写るときにする、あの目をむいた変なポーズは、自分が「芸術家」であることを世間にアピールするために、特別に考え出したポーズなんだそうな。
何かの本で読んだけど、雑誌の取材でふつうに対談している途中で、記者が写真を撮ろうとしたとき、「ちょっと待って」と言ってワザワザ“例のポーズ”をしたんだってさ。
なかなか食えない人だと思いますよ。

10 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/27 01:24
>>9
そうじゃなくて、自分自身と戦って、絵画表現の為に生活まで変えたというのが
本当らしい。
>>8
太陽が黒であっても良いじゃないかっていったんじゃなかった?

11 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/27 01:29
奇をてらったものはだめなんじゃないか?

本当に太陽は黒なんだ!っていう、嘘偽りの無い精神状態の
時に太陽を黒にすればよい。

俺だったら「いつかは消える炎」っていう感じで炭になった
太陽を描く

12 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/27 02:48
サービス精神のとてもある人
野球の長島さんとかオウムのアサハラみたいなもんでしょ
よくバラエティー番組にもでてたし

13 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/27 02:51
>>11
おいおい、奇をてらったものは駄目とかいいつつ
ずいぶん奇をてらったもの描くんだな

14 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/28 04:20
>>12
馬鹿か、何でアサハラがでてくるんだよ。

15 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/28 07:31
岡本太郎のよさってなに?教えて下さい。
私的には中西やリヒタ−の方が好き。
麻生三郎の方が岡本太郎よりもまだ分かる。
それともプリミティブに目覚めないと分からないのかしら?

16 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/28 09:00
>7
そうそうそうなんだよ。太郎さんは縄文土器の美しさを
発見した人なんだよね。
太郎さんの作品がいいかどうか、僕にはわからないけど
太郎さんは優れた見る目を持っていたのは明らかだね。
それにあまり大きな声では言えないが、晩年の作品は
弟子たちが作っていたそうだよ。

17 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/28 11:57
>>14
サービス精神のある野球人=長島さん
サービス精神のある犯罪者=アサハラ
サービス精神のある芸術家=岡本太郎
>>16
>晩年の作品は弟子たちが作っていたそうだよ。
適当なことを、大声で言うのはやめれ。

18 :16:02/02/28 12:52
>17
適当じゃないよ。僕の恩師が太郎さんの仲間とかいうか
同時代の人で教えてくれた。
迷惑掛かるから名前は言えない。(結構有名だから)
弟子が作って「こんなんでいいですか。」
「いいんじゃない。」て
それでも違うていわれると困るな。
君は太郎さんの親戚なの?


19 :16:02/02/28 12:59
それにそんなにこの世界では弟子が作るなんてはなし
ざらにあるよ。

20 :17:02/02/28 13:04
>>18
いえ、特に煽ったワケじゃないです。
気を悪くなさらぬよう、情報ありがとう。
ところで何で太郎は弟子に作らせて「いいんじゃない。」とか言ってたんだろ。
その根拠は分かりますか?
それともイケナイことだと思っているから、隠していたのでしょうか?


21 :16:02/02/28 13:04
まあざらにはちょっと言い過ぎちゃったな。
でもそうなんじゃないか、なんて話しよくあるよ。

22 :16:02/02/28 13:13
そんなに悪いことだと思わないよ。
若い作家に挑戦させたかったんじゃないかな。
名前が有名じゃないというだけで、作品相手にされない
人いるじゃない。もし太郎さんの作品といってだして
バレなければ、すごいじゃない。
そして本当に自信付けて世にでるひともいるんじゃないかな。
恩師も太郎さんのことバカにしてるんじゃなくて
おもしろい話だよとはなしてくれた。



23 :16:02/02/28 13:18
太郎さんことだから、おもしろがってたかもしれないね。
なんて僕は思ってる。

24 :15:02/02/28 22:20
皆さんのおかげで、太郎さんがどう言う意図を持っていたのかは分かりましたが、
正直作品がいいとは、これっぽちも思いません。
美大時代(関東圏)、彼について出る話はもっぱら「彼の本」の話でした。まあ確かにこれは面白いのですが、
作品については誰1人として話題にだそうなんて思ってもなかった。だって話としては面白いと思うけど、作品がよくないのはホントだもん。
彼の作品だったら本来の縄文美術の方がいいし。
みんな「彼の話」ばっかりで「彼の作品」にふれる人はいないしさ。
それに彼は、どうも美大生より美術史学科とメディアに人気があるきがするんだよね〜。
実際に作品創っている人からは、話は面白いが作品は注目されてないのはどうなんでしょう?
「今日の芸術」や「自分の中に毒を持て」などは面白いけどさ〜
でもやっぱりハイレッドセンターの方がいいな〜。


25 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/28 22:24
>15
気持ちは分かります。
岡本太郎の作品を見ると、バラエティーで浮いている北野武を思い出します。
お互い、取り扱い不可能。でも危険であり、面白いんだかなんだかという感じが。

26 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/01 16:38
有田に炎のモニュメント

27 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/01 16:44
グラスの底に顔があってもいいじゃないか。

28 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/02 03:05
太郎さんの絵はわからないのがいいんじゃないの?
だって太郎さんの理論から言えば、解らないから良いんであって、
解ってしまう物ほどつまらない物は無いんだから。絵も太郎さんも
一貫した物を持ってる。何だこれは?って思うじゃん絵も人柄も。

29 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/02 04:19
そだね、芸術家としてではなく
うけ狙いのパフォーマンス好きのおっさんとして一貫してるね

30 :28:02/03/02 07:25
>>29
でも本人は得に意識はしてないんじゃないの?物凄く頭の良い人だし。
本なんか読むと理論が明快で鋭いし。石原慎太郎や、あの澁澤龍彦も尊敬している
って言ってたよ。三島由紀夫の理論やオスカーワイルドにも通ずる所がある。
他にも世界中のアーティストと議論を交わしてるし、単なる変なおじさん
では決して語れないんじゃないかな。何しろみんなに元気をくれたんだよ。


31 :15:02/03/03 18:20
うーん。
彼は謎だな。
でもやっぱり俺は作品がいいと言えない作家は、芸術家とは言いえない。
いくら考えが面白くても、それを作品にできないのは、作家としての技量が足らないと思う。
頭の中が芸術といってしまえば、パフォーマンスとしては、いいと思うけどね。

32 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/03 19:11
>>31
その作品がいいかどうかは鑑賞者個人が決めるので、その人が芸術家かどうかと
いうのはその個人が決めると言える。

33 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/03 19:15
自分の子供の作品なら、親御さんにとっては、目に入れても痛くない程、芸術だね。

34 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/04 00:05
>>32
そういう見方だけでは語れないよ。
例えば、ラッセンなんか悪趣味なだけで
彼を優れた芸術家だと思うのはたんに見る目がないだけ
という考え方も妥当と言えるわけですから。








35 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/04 00:47
>>34
その作品が悪趣味かどうかと言うのも鑑賞者個人が決める。それが悪趣味という
ことを画一的に決めることはできない。よって見る目があるかどうかということも
決めつける事はできない。

36 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/04 01:51
>>35
おーい、お前馬鹿だろ。
一面しかみないでどうする。お前は好き嫌いとか好みの問題としかみれないのか。

37 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/04 02:48
35に同意するよ!自分が絶対なんだから、それで良いじゃない、だから、
36の意見も、36の意見で良いじゃん。

38 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/04 21:51
>>36
言ってる意味がまったく分からない。というより話しがまったく違う方向へ
逝っている。
ようするに何を基準として悪趣味としているかだろ。しかしこれには絶対的な
基準もないし絶対的な価値もない。そういう時に頼れるのは個人のまったくの
主観のみ。違うなら具体的に教えてくれよ。

39 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/04 22:59
荒れてるなぁ。

40 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/04 23:47
ピンとくるかこないかだろ。
見たときの一瞬がすごい大事なんだから。
俺はぴんときた。太郎ラブ。以上!

41 :15:02/03/05 00:32
>40
そうか、ピンとくるのかあ、、、。

42 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/05 03:22
なんだこれは!?って思うよ。あの人の絵は。燃え上がるような、力強い
作品が多い。作品は謎解きではない、直接絵を感じるんだって
あの人言っていた。絵を見る時、意味なんか考えたりしてもしょうが
ないんだね。人の意見を聞いて判断するんじゃ全く面白くない。

43 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/05 07:20
>40 >42 の意見が圧倒的に正しい!

44 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/05 23:22
>人の意見を聞いて判断するんじゃ全く面白くない。

確かに。他人の意見は参考程度。自分で新たな解釈をつくるくらいじゃなきゃ。
その方が面白い!

45 :15:02/03/06 01:27
やっぱり太郎の作品は、僕にとって直感的に見てもダメです。
よって逝きます。みなさんありがとうございました。

人それぞれですね〜。

46 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/06 01:34
太郎、太郎って呼び捨てにするなよ。
犬じゃないんだから。

47 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/06 02:22
わん、わん、わん。 うちのコの名前は太郎です。

48 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/06 04:05
この人は、全身芸術家。

49 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/09 21:38
岡本太郎の芸術とは、美術作品を作り出すことにあるのではなく
芸術家として生きる、その生き方にある。
                           か、、。

50 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/10 08:36
芸術家としてでなく、無条件に全人間的に生きることを提唱してるんだと思うよ。
そして、それが芸術に繋がってくるんじゃない。

51 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/10 08:56
やっぱり、作品はダメってことだね。

52 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/10 21:55
それは、人に聞いて、作品を判断してるって事?自分がだめだと思うなら
それで良いじゃない。なぜ、だめって事だね、なんて人の意見を聞いて
安心でもしたいの?人と比較して自分を判断するのは卑しい事だって
太郎さん言ってたよ。

53 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/10 22:48
>52
それは誤解です。
ダメって事だねっていうのは、ヒトの意見を聞いて言ったんじゃなくて僕がそう思ったの。
本は面白いけど、竹橋(国立近代)で見た作品が余りにも酷かったから。

54 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/10 22:51
確かに、近代美術館にある太郎サンの平面は酷かった、、、。
でも太陽の塔はスキよ。

55 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/10 23:39
>53
>54
そ、それをいっちゃあ、、、。
しかし、それでも岡本太郎はやっぱり芸術家なのよ!!

56 :52:02/03/11 05:23
53の人、それは失礼しました。自分は、始めて太郎さんの絵を見た時、
思わず吹き出しました。あまりに素直な表現に、思わず嬉しくなって
しまったんです。それからじっとみたら、激しい絵だなって思いました。


57 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/28 07:10
age

58 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/28 16:04
二十年にミュンヘン大の哲学科に留学してます
ブレヒトの二年後輩です

59 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/29 00:33
20年前、東京の某デパートで岡本太郎の「虫」シリーズの展示をしていました。
その時びっくりしたのは、その絵が本当に動いて見えたことかな

60 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/29 00:43
激しいか、、、、。太郎さん思い込みが激しいからね。

61 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/29 01:15
亡くなる一週間位前に急に見に行きたくなり、TARO宅に行ってみました。
近くの小学校までゆっくり歩いたりして・・・(著書の内容を思い出して)
亡くなった日も思わず行っちゃった。マスコミも引き上げてひっそりとした夜。
当時の写真をupしてみようかな。と思いながら何年経つのか・・ダメダメタだオレ



62 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/29 02:48
何をもってTAROがダメというか?
彼は父母を追い越した、以上にスゴすぎる!
芸術というものを日本的につくった。

63 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/30 03:31
>>62
大賛成!

64 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/01 17:33
岡本太郎の作品は、嫌われてこそ
価値のあるものだと思いますよ。
人それぞれでいいんじゃないでしょうかね。
何せ職業は「人間」の方ですから。


65 :・C・:02/04/01 19:18
岡本太郎の生き方は好き。

まあ芸大って言うバックがあったから いろいろ暴れることが
できたんだけど、太郎の理論は納得できる。


66 :Y:02/04/02 14:55
>>65

芸大のバックなんて関係ないよ、ほとんど行ってないんだから。
太郎さんが何で皆を惹きつけるのかというと、その言動が肉体言語になっているから
だと思う。彼はものすごい読書家で、人並み外れた知識を有していたけれど、その
知識をまんま引用することはなく、肉体言語として自分の言葉で話した。だから心に
響くし、皆、太郎さんが好きになっちゃうんだよ。

67 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/02 16:14
>66
いや、やっぱり芸大というバックがあったからできたんだと思う。
芸大って入る事に意味みたいなものがあるからさ、、、。
芸大に入学できる力=作品としての絵が描ける っていうのがあるから、、。
今年だって2268人の受験者中、合格者は55人だぜ。
狭き門をくぐり抜ける力がないとやっぱり光れないよ。

68 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/02 16:20
そういやピカソもそうね。
実力があるから色んな事やっても、一般大衆は怒らなかったもんね。
むしろ、理解しようとがんばったもんね。

69 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/03 02:39
>むしろ、理解しようとがんばったもんね。

ハハハ。イイ!



70 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/03 04:41
岡本太郎の思想は、芸大に合格したということだけで
構築できるものでもない。(むしろ芸大卒はバカが多いもんね)
芸大には一ヶ月ほどしか在籍してなかったわけだが、それさえ知らない
大衆に支持されたんだな。しかも上手い絵なんか描いてないんだよ。
さらに言うと、最初はパリのアブストラクトやシュールレアリスムの
作家達に支持されたんだけど、太郎の出自は日本人という意外は
皆何も知らないんで、純粋に思想と作品でもって評価されたわけだ。
(パリで"芸大合格"なんてのは何の自慢にもならんでしょ)

日本人というのは中途半端に美術をかじった程度のやつに限って、
評価の基準に学歴だとか賞歴なんかを欲しがるのが多いね。


71 :Y:02/04/03 18:28
太郎さんは、常に大衆の味方だった。彼がパブリックアートに拘った理由は、主婦
や肉体労働者やリーマンや子供といった普通の人たちに、安く(あるいは無料で)
芸術に接する機会をつくりたかったからで、そのことは、引いては芸術というもの
をお高くした権威主義者達を怒らせることとなった。だって太郎さんは芸術を安売
りしたんだから。「顔のグラス」をやった時の反響も凄くて、嫌がらせや苦情がか
なりきたそうだよ。「タダのグラスなんか創りやがって芸術の価値が下がる」って
ね。まるで営業妨害と言わんばかり。本当に滑稽な反響だと思う。
大衆は「芸大」のバックなんて気にしない。面白ければ盛り上がるんだ。いたって
シンプル。こんなに大衆に好かれた、そしてコレクターにも欲しがられた作家って
他にいないと思うな。ある意味ピカソを超えてるよ。

72 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/09 14:19
「岡本太郎に訊け!」は面白いよ。

73 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/09 23:58
理論とかわからんけど
この人の作品は好き
理由はわからないけど
なんか好き

74 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/10 00:47
「痛ましき腕」は凄いと思ったけどそれ以外の作品はいまいち、、。
太陽の塔なんてちょっとした人なら出来ると思うんだけどね。。

75 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/10 00:59
>74
同感。

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)