5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

廃墟の美しさたるや

1 :禁鳥:01/09/15 22:19
廃墟って美しいですね。
僕は美しいと思うんです。
あれはりっぱな美術でしょう。
何がどう美しいのかしかしぼくにはよくわからなくて、
自分でも。

2 :goatsong:01/09/15 23:38
廃墟が果たして美術であるかどうかは別として、廃墟の美学
というのは興味をそそられるものがありますね。名前を失念
してしまったけど、フランスのロマネスクの廃墟となった修道
院、あれは本当に美しい。ロダンが、美しいものは壊れれば
尚一層美しくなる、というようなことを言っていたと記憶します
が、美学者に言わせると、これほどに醜い東京の風景も、廃
墟になれば美しく感じられるのだそうです。そう言えば、月読
さんは、廃墟趣味があったような。

廃墟を描いた画家としては、フリードリヒ等、様々にいますが、
やはり「廃墟の画家」といえば、モンス・デシデリオとユベール・
ロベールではないでしょうか。前者は既存のパラダイムが崩
落していったマニエリスムに、後者は「憧憬」の時代、ロマン
主義に、生まれるべくして生まれたような感じです。(廃墟趣
味はマニエリスムの庭園だとか、17世紀以降のイギリス庭園
などにも見られますし、その後はナショナリズムの発揚として
使われてゆくようですね)

ユベール・ロベール
http://www.bergerfoundation.ch/wat4/museum?museum=Robert&cd=6316-3031-3936:6316-3031-3926
(モンス・デシデリオについては日本語のサイトがあるので、
googleででも探してください)

3 :名無ぁ〜し:01/09/16 21:23
人が住んでたけど、テレビで見る九龍城カコよかった。

4 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/17 17:52
このスレ、でかくなってくれー。
廃墟主義って言葉、聞いたことあるんですけど
記憶違いでしょうか。
ウィーンにも最初から廃墟として作ったのがありましたよね?
ううむ。
とりあえず禁鳥さん、あなたの感性に敬意を表します。
 旧「サルの惑星」のエンディングの衝撃も
ただ、モノがアレだからってだけではなくて・・・・
 木造の建築物、廃墟としての桂離宮はだめなような・・・・
私、えっちねたの住人なので手も足もでません。
また来ます!

5 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/18 01:17
「投影」ですね。心が荒廃してます。

6 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/18 01:42
>5 もう少し詳しい解説おねがい

7 :5:01/09/18 02:04
心理学です。
自らの心を外の世界に投影するんです。
廃墟に惹かれるのは心が荒廃してるからです。
「世界が狂っている」
のは世界が狂っているのではなくて
他ならぬ「世界が狂っている」と言った人の心が狂っているっていうことです。

8 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/18 02:19
狂ってるってどういう事を言うの?
今の時代自分は狂ってないと言い切る人が一番狂ってると思いますが、、
例えば政治家とか。

9 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/18 03:16
>7 廃墟だけに惹かれるのだとしたら
納得ですが、心の荒廃している部分を「投影」
しているという解釈はダメですか?

10 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/18 12:20
5の、何でも心理学を適用するあたりは、心理学習いたての新入生と見た。

11 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/18 20:25
>10 同感。 ディズニーシーに惹かれる人たちの心理も
分析して欲しい

12 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/18 21:47
心理学を勉強し始めたころって、何でもコンプレックスとかで
解釈できるように錯覚するよね。

13 :誰か:01/09/18 23:41
軍艦島で大掛かりな個展しなよ。

14 :青山のハットリ君:01/09/18 23:55
そんなに挽かれるんだったら、
君の家を廃墟にしちゃえばいいじゃん?

15 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/18 23:58
>>12
あたまわるそう。

16 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/19 00:58
廃墟

17 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/19 01:04
>>15
具体的にどの辺が?

18 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/19 01:20
パルコの本屋に廃墟写真集各種取り揃えてあった。
どれもこれも欲しくて困った。

19 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/19 02:03
ベルリンの壁が壊れる前のサンスーシ宮殿。
草ぼうぼうで、手入れが不充分な庭に
点々とある石像が、いい感じでした。
廃墟の初心者コースか?

20 :とりあえずアゲ:01/09/19 07:48
そういえば、知り合いがタルコフスキーのロケ地(廃墟だったかな?)
に行ったことがあるって言ってたなぁ・・・。
今度詳しく聞いてきてからカキコしてみます。age!

21 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/19 12:06
廃墟というか破滅とか破壊なら、JOHN MARTINの絵いい。
http://www.artmagick.com/ALLpaintings/martin/martin7.jpg
http://www.artmagick.com/ALLpaintings/martin/martin10.jpg

22 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/19 17:35
押井守のコメント見つけました。
「廃墟、水、ゴミ、鉄砲、戦車、探偵、犯罪に加えて
犬、鳥、魚の3種の神器のどれかが絡めば大体どんな映画も
見るに値すると考えています」

廃墟と水それにゴミの尋常でない美しさということで
「ストーカー」と「エレメントオブクライム」
という映画を挙げています。参考までに

23 :パルミジャニーノ:01/09/19 20:17
ピラネージの版画が好きだな。ローマの遺跡の風景連作。牢獄もいいけど

24 :9ロン:01/09/19 20:45
廃墟好き。
心が荒廃してるから(笑)

九龍城砦撤去はかなりショック。
あと10年早く生まれてればなぁ・・・。写真集でしか見れないし。
軍艦島も立ち入り禁止かぁ・・・。

25 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/19 20:48
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hole/

こいつバカです↑

26 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/19 21:00
>>25
ブラクラ注意。

27 :24:01/09/19 21:06
踏んじゃったよ・・・・。

>こいつバカです↑
そっくりそのまま自分へ・・・。

28 :よこちん:01/09/19 23:18
廃墟が使用後だったら使用前はこんなだったりして・・・

川俣正
http://www5a.biglobe.ne.jp/~onthetab/newfiles/passagio.html

29 :20です:01/09/19 23:25
>24九龍城は俺も見たかった・・・。
でも、写真集は持ってます(笑)。
廃墟とか工場とかいいよねぇ・・・。

安部公房も坂口安吾もそれ系統が好きみたいだね。
自分の好きな作家にも同じ嗜好があると思うとちょっとうれしい。

そういえば、東京湾の第二海堡なんかも見てみたいねぇ。

30 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/20 00:38
廃墟を夜散策というのもいいです。
満月の晩にね。
そこで出会ったひとと、結婚するなんてどうでしょか?

31 :ナナシノ:01/09/20 01:55
ここはやっぱ、あれだろか。テロの映像に喚起されて立ったスレだろか。。

テロのあと、ずっとキーファーの画集ばかり見てた。2chに書き込みしようと
思ったんだけど言葉が出てこなくて書き込めなかった。ナイーヴすぎ?
でも、どんな言葉を書けると言うのだろう?
人間の行為によって現れた「廃墟」と、自然が侵食したことで現れた「廃墟」
があると思うけど、後者が乱暴に言えば「花鳥風月」へと回収されていくの
に対して、前者は社会性を抜きには語れない、リスクを伴うイメージだと思う。

つまり前者の廃墟をも「美術的」と判断して喜ぶのであれば、その廃墟が生成
される過程を肯定することになると思う。
テロ直後、書いたけど書き込まなかった文章を今使おう↓

「本質的野蛮に対して無力であることに無自覚でいられる感性が、今、非難
されるべきだと考えます。今、自らの内に宿る美的愉悦を取捨できる知性
が求められていると感じます。あるいは、自分が選び取った美的愉悦に、
「責任」を持つ必要を感じます。
そして、それを選んだ以上それ以外を拒む勇気を。。。」

32 :あーちすと:01/09/20 02:24
ポストモダンな建築は、迷宮、廃墟など積極的に、かつ複合的に
取り入れてるね。磯崎新とか。

川俣正にはまたアパートメントプロジェクトやって欲しい。
今度のテロの貿易センタービル跡でメッセージ性の強いものを
やれば一躍有名人になれるな。善悪はともかくとして。
命の保障はしないけど。

廃墟の建築だけを集めたいいサイトがあったんだけどURL忘れた。
誰かしってたらのっけてちょ。

33 :よこちん:01/09/20 02:39
>>31
我ながらしつこいなと思うんですけど、ゴメンナサイ。

>「美術的」と判断して喜ぶ

判断じゃないんですもん。感動して鳥肌立つのは。
それがアートを見て鳥肌立つのと同じだと気付くのは後の話で。
ヤバメのリンク踏んで首がちょん切られる動画最後まで見ちゃう
のも、それが美的云々以前に目が離せないからで・・・感じたものは
どうにもならない。
その事と、テロリズムが罪かどうかは、私は、別の話だと思います。
だから、
>自分が選び取った美的愉悦に、
「責任」を持つ必要を感じます。
そして、それを選んだ以上それ以外を拒む勇気を

好きで選んだわけじゃないし、責任とれるかどうかは分からないけど、
この言葉のみ同意します。

私、自分が殴られて痛いと感じるのが、間違いだと思うことだけは、
拒否したいんで。
だからお前はガキなんだと言われれば一言もないですけど(w

34 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/20 02:45
>31 WTCは「廃墟」とは呼ばれ得ないのでは?
あのまま放置されたとしても「記念碑」になってしまうと思われ
例えば原爆ドームなども、核の問題が解決された後、
世代が移れば廃墟とよばれる可能性もあると思ふ
が・・・

35 :あーちすと:01/09/20 03:07
>WTCは「廃墟」とは呼ばれ得ないのでは?

どう見ても廃墟だろ。崩れてつぶれたんだから。
それが記念碑になろうが忘れられようが。

テロや戦争に対する善悪はともかくとして
創造と破壊または風化を共時的に見られる「廃墟」は
やはり人間の本能に訴えてくるものはあるね。

古くはストーンヘンジ、ギリシャの神殿等々

WTCは所詮バベルの塔だったのかも知れない。
人間の無制限な欲望の警鐘なのかも知れない。

36 :パルミジャニーノ:01/09/20 12:20
ガイシュツかな?
前に「死都」という画集をみたことがあるんだけど・・
誰か知りませんか。

37 :名無し:01/09/20 12:45


>31
 もう、死語になってるのかと思ってたけど
 いまだに、「ナイーヴ」 って言葉が
 使われてるのね!驚き。驚き。
 純粋 とか 無垢とか辞書の上では訳されてるが、本来
 =薄らバカ、の意味に使われてるのに。

 いいかげんに、ナイーヴなカキコやめたら!

 

38 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/20 18:29
古くはストーンヘンジ、ギリシャの神殿等々

俺的には廃墟指数低い。
「カリオストロの城」のラストにでてくる
ような、歴史的価値不明のやつがポイント高い。
鑑賞できないのが難点だが。
自力でアンコールワットみたいなのを発見したら凄いだろうな。
>37
死語を「言語の廃墟」と解釈して鑑賞しましょう。
っていうか死語とは思わんし、あんた心が荒廃してないか?

39 :9loon:01/09/20 21:03
>>29
写真集やっぱり買ってしまいますよね。

因みに自分は宮本隆司さんの「九龍城砦」買いました。
高かった・・・。
City of Darknessも欲しい・・・。

40 :ナナシノ:01/09/21 01:28
>>33
>私、自分が殴られて痛いと感じるのが、間違いだと思うことだけは、
>拒否したいんで。

よく解かるよ。解かるし、その意見が一般的に正論だとも思うし、別にグロ
映像見てるからどうこうって話じゃないんだけどさ(笑)。ちょっと偉そうなこと
書いちゃうけど許してください。

「来る感動すべて拒まず」の態度は、ほんとうに正しいのだろうか。

自分の感覚に正直でありたいという気持ちも確かに解かります。ただ
自分の感覚って本来、自分の意志で構成するものではないのだろうか?
感動とかだって、本来、自ら選び取るモノではないのだろうか?

確かに、ただひたすら押し寄せてきて、圧倒されるような感動ってのはある
と思う。でも、例えて言えば、そういう感動は最初の一回にして、後は自分
の受信レベルを調節するべきではなかろうか?

自分の意志で、感動を意味ある物に変換したり、時には捨て去ったりしなけ
れば、自分以外の全てに対して、全くの無批評・無批判的態度しかとれない
と思わない?

41 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/21 03:43
>40
新婚初夜、2日目考え込む、哲学者。

感動も、己の狭い範囲でしか理解できない
かわいそうな、御仁。

42 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/21 15:43
>>40

言ってる事分かります。
私はミュシャの絵に感動する事を拒否しますから。

43 :goatsong:01/09/21 21:48
>>2
>フランスのロマネスクの廃墟となった修道院

ジュミエージュの修道院ね。
http://www.students.stedwards.edu/~bgould/Jimoges.jpg

44 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/21 22:18
テロの日さ、どっかのテレビ局のNY支局かなんかの映像で、
ビルが崩れる瞬間、確かに「すばらしい。」って声が入った
んだよね。いわゆる不謹慎な発言だけど、無意識に言ってしまった
んだろうし、気持ちはわからないでもなかったな。感動って、
無意識のうちの「溜息」くらいに思っとけばいいんでないの?

45 :よこちん:01/09/21 22:48
>>40
>そういう感動は最初の一回にして、後は自分の受信レベルを調節するべきではなかろうか?

あ、もしかしたら感動したその後の話でした?
私てっきり感動そのものを拒否するのかと思ったんで・・・読み間違えたかも(大汗)

事件の後の大統領演説で、国民の連帯や正義は決して悪に屈しないことを訴えていてこれも感動的
だったんですけど、当然米国が今までしてきたことは知っているので、少なくとも感動に流されて
米国マンセーというわけにはいかない。(これは当事者ではないから言えるのかも)
この場合、正義と連帯に感動する自分と米国に批判する自分は多少矛盾しているかもしれないけど、
今すぐにどちらかを選択するべきものでもないような気がします。
そのまま共存させていてもそれが即、無批判的態度になるとは限らないし、少なくとも矛盾について
考え続けることはできるのではないかと。
何かに感動した後は必ず自分の中で位置づけようとするし、その過程で感動に否定的な感情も出て
くると思うんですね。うまく位置づけられなければ異物として残っても構わない、てゆうか人間は
矛盾したものをいくつも抱えていられると思うし、そのまま自分の態度表明してもいいのではない
でしょうか。武器カコイイ、シカーシ戦争ダメーとか。

美術関係だと、キーファーはそういう矛盾を抱えたまま作品に昇華(でいいのか?)したような気
がします。ナチスに対する作家の態度について論争もあったし、日本人にはわからない作品なのか
もしれないですけど、あの廃墟みたいな作品がナチス賛美に直結するとも思えない。虐殺がいかん
のであれば、昔から虐殺について描かれた絵はいくつもあるだろうし、その扱いはどうなるのか。
日本だと「風の谷のナウシカ」で主人公の自己犠牲が容易に全体主義につながるものとして指摘
されましたね。かといって、あれを見て感動しないというわけには・・・
一つの見方で捉えきれないものは、結構あるんじゃないでしょうか。

最初からある種の感動を拒否するという場合、そのフィルタは自分の知識や経験から作ると思うん
ですけど、そしたら自分が知らないことや忘れていることをも拒否することになりませんか?
だから、私は『とりあえず「来る感動すべて拒まず」その都度色々考える』のがいいのかなと。
出来るかどうかわからないですけど。

46 :よこちん:01/09/21 22:51
>>44
おおげさだったですかね。

47 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/22 05:22
>44
 ビルが崩れる瞬間「すばらしい」って声がはいった?
 テレビ局、NY支局、教えて。日本語で言葉が入るわけ
 ないし、英語?スペイン語?チャイナタウンが近いから
 中国語?
  WTCの崩壊過程を、1キロほど離れたソーホーの現場で
 目撃したけど、卓下のオナニーとはちがうぜー。
 (「すばらしい」などの声の入ったフイルムを放映するわけ
 ないだろうが!)



 

48 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/22 12:20
おのれの感動さえ処理できぬ
美鑑のマスかきどもが、藁

49 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/22 20:57
おのれの感動に戸惑い悩むのは
犬にはできないからねー

50 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/23 01:11
>47
感動!こういう奴が絶対いると思ってた。戦場から帰ってきた
戦士さながらの発言!目撃者(≒傍観者)はエラぶるのが常です。
(それとも被害者の中に知り合いがいたのかしら。)
「すばらしい。」という声が入ったのは日本のTV局のものですよ。
普通あるでしょ、大手のマスコミには海外支社が。そんなのよく
考えなくったってわかるじゃん。日本人マスコミなんて、どこにだって
沢山いるって。ましてやNYになんてさ。「すばらしい。」の声は
もちろん日本語。あっちは中継で映像流してんだからそんなのに
いちいち「ピー」なんて入れてる余裕はないって。実際あの時TV
観てて、どこの局も生放送ならではの失言が絶えなかったよ。
ある局じゃ「めくら、つんぼ、おし」って、三大禁止用語が言ってる
評論家がいたし。みんな見てた?あ、ソーホーにいる人は無理?(w

51 :-:01/09/23 01:34
その画像ならココ
http://members.tripod.co.jp/bingo852/

52 :ナナシノ:01/09/23 02:12
>>45
「美術」にて未知のモノを拒否したら、もうおしまいですね。なんか僕は
ちょっと大げさに考えすぎなのか。。
「キーファー」にも「ナウシカ」にも、罪はないですよ。それらは作品だか
らね。作品には多種多様な解釈の引き出しが有るだけで、単純な意味
性などない。やや落ち着いて自発言読むと、やや性急な論旨でした。
ご指摘多謝。。

ではなぜ、自分をスポイルするような考えに至ったのかというと、いま、
とりあえず自分は未曾有の危険に対して無力であり、その無力を無視
して美術の感想文を書き込むことに、ある種の罪悪感を感じたということ
だと思う。(これこそ「ナイーヴ?藁」ナイーヴな人と思われるのはいいけど
ナイーヴを装う人と思われるのは若干辛い。でもまあしょうがないな)
それでも僕達一人一人の無力さは、今までもこれからものっぴきならない
僕ら自身の問題だろう。
そして、ただの美術や文学や音楽。それら単体での無力さ。翻ってそれら
が政治的に利用された際の強靭さを思う。それに「感動」してしまうであろう
僕達の変わらぬ無力さを思う。

坂本龍一が朝日で言ってた。テロ直後、NYに音楽は全く無かった。救援
活動の結果が見えてきて、あきらめムードが漂い始めると同時に、街に
音楽が鳴り出したと。そこでの音楽は、まさに「癒し」という機能主義的な
役割しか与えられていなかったことを。

表現が敗残する場所。個人が自分の意志で感動を取捨できない場所。
多分、その場所こそが廃墟だろう。

53 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/23 06:10
>50

あんたの苦し紛れの言い訳
読ましてもらった。
ソースのはっきりしない発言には
気をつけろよ。

会話を続けるきにもならん。

54 :確かに:01/09/23 08:46
>50
53の言う通り。ソースをはっきりさせましょう。

55 :よこちん:01/09/23 21:11
自己レスにケチつけるのも、なんか情けないですけど。

>何かに感動した後は必ず自分の中で位置づけようとするし、
その過程で感動に否定的な感情も出てくる

感動が一瞬で終わるとは限らないし、それを位置づけるには
大変な手間暇がかかる場合もある。ドイツや韓国では未だに
戦後が続いていると言えるわけですから。だから>>45の様
なことは渦中にいないから言えることなのでしょう。それが
悪いとは思わないけれど、理想論すぎたかなと。
自己の無力さを知っていることは、感動に流される事に対して
の抑止力となるかもしれませんね。無力であることを越えて
ものを言い続けるのも、辛いことですけど。

>そこでの音楽は、まさに「癒し」という機能主義的な
役割しか与えられていなかった

鏡みたいなものでしょうかね、ほんの少し綺麗に見える。

>>48
「美鑑」て言うと檻の中にいるみたいですね。
金偏だからちょと豪華かも。

56 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/23 21:24
>53
What's sause for the goose is sause for the gander.
ごめんなさい。言いたかったのは嘘じゃないってことです。
偉大なるバイリンガルさん。

57 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/23 22:46
いい加減、美術をだしに自分を語るの、やめてくんないかなぁ。
どのスレでも特定のコテハンによって、必ずそっちに行くんだよね。
で、最後にはいつも恥ずかしい私小説。

58 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/23 23:12
>57
そういうあなたも、廃墟についてのレスお願いしたいです。
ところで、この前庭園美術館でやってたジョルジュルース
行った人いますか?廃墟にペイント、あれは反則なんすかね?

59 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/24 00:00
>46 のカキコだと >44は よこちん がカキコしたことだよね。
おれも、ずーっとテレビ見てたけど、(すばらしい) なんて、バカな
レポート聞いたおぼえない。この人 難聴じゃーないの。

60 :よこちん:01/09/24 00:10
あらら、何か怒らえたみたいなので
あわててネタ提供してみたり・・・(w

ジョルジュ・ルース
http://tenplusone.inax.co.jp/exev_review/sugeno2/

この人実物見たことはないんですけど、
リチャード・ロングと比較してみたいような気がします
とか言うとまた煽られるの?

も一人
7年ほど前、廃墟を掃除するパフォーマンスをしていた人

展望(Zhan Wang)
http://www.chinese-art.com/artists/Zhanwang/Porfolio1.htm

>>59
>>44のレスは私の書き込みじゃないですよ。

61 :ヒロ:01/09/24 00:14
NYこと、廃墟と言うより、瓦礫の山としか見えません。
あれが美しいと思うのは現代美術の誤解です。
現代美術に惑わされてるのかなと思います。

62 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/24 02:10

>46 よこちん :01/09/21 22:51
>>44
おおげさだったですね。


>60、 上の書き込みでも >46が おまえの
     書き込みじゃないと いいはれるか?

63 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/24 08:54
横チン 逝ってよし、お花畑で遊んでな。

64 :20です:01/09/24 12:18
日経新聞に林英哲がアルマンの「インクの爆発」についてコメントを書いていた。
そのなかで、「美には傷以外の起源はない」(byジャン・ジュネ)って言葉が
書いてあって、それを読んで初めて自分の好きなものとその理由が繋がったような
気がした。
・・・ちょっと関係ないかも知れないが、僕が今まで好きになった女性を
振り返ってみると、ちょっと(いや、かなり)影のある女性に興味を引かれている。
心身ともに健康な女の子には色気を全く感じていない。美人でもね。
って廃墟と関係ないですね。スマソ。

65 :20です:01/09/24 12:22
>44
遅レスでスマソ。
自分が”すばらしい”って思っちゃってたから、
アナウンサーの何らかのコメントが「すばらしい」って聞こえたんじゃない?
空耳ってゆーんでしょーか。違うかな?

66 :脳味噌スポンジさん ◆OK8BsMiw :01/09/24 13:03
う〜ん、廃墟いいねぇ。
>>61
俺もそう思う。瓦礫の山にしかみえなかった。

67 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/24 13:07
>61
「現代美術の誤解」って・・・誰もあれが美術とは言ってないんでは?
瓦礫の山は確かに「すばらしく」はないけど、グラスから溢れる
ビールの泡のごとく、ビルが崩れてく“瞬間”は、やはり溜め息でたよ。
(それは感動からではなくて、諦念からのものだったのかな?)

68 :ヒロ:01/09/24 13:36
>67
もし現代美術というものを知らなかったら、
もっと素直に事件を受け止めていたかも知れません。
やはり、今日は過剰な情報で麻痺してるのかなとも思ってます。

69 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/24 16:37
聞き噛りですが、
イタリアのフィレンツェってこのままじゃ水没するらしですね、
『海の底に沈んだ花の都』
美しそうじゃありませんか、住んでる人間はそれどころじゃないんでしょうが、

70 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/24 16:42
ヴェネツイアではなくて?

71 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/24 17:28
美しき聞きかじり・・・

72 :69:01/09/24 17:36
あれ?
水上都市ってヴぇネツィアか、
あああああ! はずかしー!

73 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/24 18:48
お台場初めて行った時、ここが廃墟になったところを
見てみたいって思ったよ!フジテレビのあの丸いのが
下に転がってたりして・・・くだばれ張りぼての街並!

74 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/24 23:49
でずにーしーを早速壊したい。あの変なでかい地球儀が割れた所を見たい。

75 :Ananas:01/09/25 14:42
「廃墟」が好きな人ならもうとっくに知ってるのかも知れないけれど、
 そうでない人もぜひ行ってみてください。とても美しいです。

 検索エンジンで「静かな水の記憶」で検索すれば大抵出てきます。


 

76 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/25 16:58
廃墟を美として愛でる趣味、いわゆる「ルーインの美学」は、
ルネサンス以来の歴史がある、定着した美のジャンルだよ。

ただ、この場合の廃墟とはおもにローマ時代の遺跡のことで、
心霊スポットとして地元の暴走族の肝試しの場になってる
郊外のラブホテルの廃墟とかは含まれないのは言うまでもない。
つまり、もともとが美しいものであれば廃墟になっても美しいかもしれないが、
だめなものはどうしたってダメってこと。
>>1はそのへんいっしょくたにしてたりはしないよね。

77 :空耳:01/09/25 18:42
そうかなー
軍艦島とかいたくそそられる

78 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/25 19:41
 >廃墟を美として愛でる趣味、いわゆる「ルーインの美学」は、
ルネサンス以来の歴史がある、定着した美のジャンルだよ。

これについて解説お願いできませんか
このジャンル上で、いきなり廃墟をつくって
庭園に配してしまうのがあったような記憶が・・・
「廃墟主義」で調べたけどわからなくて。

私見ですが、廃屋の美も「ルーインの美学」の流れを汲んでいる
と考えていいような気がします。
私、スケベ板の住人なので、皆さんを説得できる言語に不自由
ですが、フェチの直感でそう思う次第であります。かしこ

79 :よこちん:01/09/25 20:21
寺山修司の映画「草迷宮」に廃屋のシーンがあったような。
あと「ジャンケン戦争」は全編廃屋で撮影。

80 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/25 21:44
小噺になりますが、以前(1年半くらい前?)西新宿の
古い住宅街を歩いていた時、原因不明の激しい恐怖感に
襲われました。ただの住宅街なのに、何故だか無性に
怖く感じるんです。我慢して暫く歩いてくと、右手に
ひどく荒れた廃屋を見つけてしまいました。見た瞬間
鳥肌が立ち、もう駆け足に近い状態でその住宅街を
抜けたんです。すると大きな通りに出て一安心。
見上げるとそこにはヒルトンホテルが建っていました。
数ヶ月経って、朝日新聞の一面に西新宿のビル街の写真が
写っていたんです。「新たな高層ビル竣工」と見出しが
ありました。そのビルの建設現場、そこはヒルトンホテルの
直ぐ裏手、まさにあの住宅街だったんですね。わたしが
数ヶ月前歩いて、意味もなく怖くなったあの住宅街です。
なんであんなに怖かったかがその時判明しました。ズバリ、
人が1人も住んでなかったからです・・・全く明かりのついて
ないのと、物音が全くしないのとで、「何かおかしい。」
って、無意識に感じてたんですね。実際その時は、そこに
人が住んでいないなんて、思いも寄らなかったんですが。
人がいない住宅街って、今思うに、スゴク生々しいです。
廃墟と何の関係があるって?廃墟の魅力っていうのは、
そこにかつて人間の生活があったからこそと思うんです。
いるべきものがそこにいない。けど、その形跡はある。
なんともモヤモヤした気持ちになるじゃないですか。
復元の鎧と、戦国武将の着たホンモノの鎧、その魅力の差
に似てる気がします。
廃墟の魅力っていうのは、見た目だけで語れるものじゃ
ありません。かつてそこに「生活」があったという
事実が必要に思います。いるべきものがいない、この
不条理さ???(単なる廃屋にもロマン感じます。)
ちなみに西新宿のビルは、今も元気に建設中です。

81 :20です:01/09/25 22:09
>78
おほっ、おいらは風俗板の住人だったりして(ハズカシイ・・・
廃墟主義と自分の女性の嗜好が最近直感でリンクしてまして、
ちょっと掘り下げてみたいな、と。

ルーインの美学は俺も興味あるね。

82 :9loon:01/09/27 21:01
何か凄い難しい話になってるような・・・。
ただ単に廃墟が好きってだけじゃダメですか?(´Д`;)

写真集でも見てマターリします。

83 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/27 23:13
ただ単に廃墟が好きってだけじゃダメですか?

全然OKだよん
でもるーいんのびがくも面白そうだから
情報キボンヌ

84 :goatsong:01/09/28 00:46
えーと、日本語に正確に対応する語がないから横文字を使ったの
だと思うけど、「ルーイン」は要するに英語のruinでしょ。私は「ルー
インの美学」というのは初耳なので、よく知らないけど、これはカタ
ストロフィックな観念まで含めるのかなぁ? 17世紀以来の英国庭
園でいうsham ruinは、あくまで趣味的な廃墟愛好であって、別にお
どろおどろしい世界観が背後にあるわけではない。

廃墟趣味と言っても、みな一緒くたにされるべきではなく、けだし三
種の方向性に分類できると思う。一つは、過去へのノスタルジーを
伴うもの。これは、例えば中世以来、ローマ建築の遺構に対するイ
タリア人のそれに見ることができる。これはナショナリスティックな傾
向と絶えず結びついており、ルネサンスの因子でもあるし、また特
に19世紀以後、西欧諸国で様々に為政者によって利用されていく。

一つは、カタストロフィックな世界観に基づくもの。此岸に対する絶
望と来世の希望によるこの世の終わりの待望とその不安。ノアの
洪水だとか最後の審判といった主題に、典型的に現れている。

一つは奇想。これは例えばグロッタだとか、今日でも見世物の中に
無数に見ることが出来る。

これらは互いに重なるところが多く、もちろんその境界は明瞭では
ない。例えば、イギリス庭園に見られる、いわゆるFollyは第一と第
三の方向性が指摘できるだろうし、フリードリヒの描く廃墟は第一と
第二を見ることができると、私は思う。

85 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/28 05:03
出ました!コピペクイーン

86 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/28 08:06
>85
もう、いいかげんに やめなさい。

87 :9loon:01/09/28 12:17
廃墟って何で惹かれるんでしょうねぇ・・・。


謎です(´Д`;)

88 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/28 17:47
>>86
親衛隊発見!!

89 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

90 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

91 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

92 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

93 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

94 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

95 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

96 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

97 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/28 22:11
>>89-96
キモイ

98 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/28 22:12
>>89-96
臭い

99 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/28 22:22
88-98までの荒らしを見ると鬼気迫るものがあるね。
あとに残るのは廃墟?

100 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/28 22:22
また始まったか・・・・・。

101 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/28 22:26
goatsong=アート難民

102 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/28 22:26
廃墟の美しさたるやのスレだろうが、どんなスレだろうが、
某氏がしゃしゃり出てくると、こうなるのが宿命。
だから某氏にお引き取り願う方が賢明。
その解決法が道義的に良いか悪いかは、また別の問題。

103 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/28 22:30
goatsongの「畜生」発言、中年層に対する愚弄発言は、いいのがれのできない、
美術愛好家のみなさんへの、そして美術鑑賞板を愛するすべての人々への
テロリズム。

104 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/28 22:33
アート難民

105 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/28 22:34
釣れてますか?>goatsong

106 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/28 22:55
米国テロでロダン、その他もろもろの作品が失われたそうだが。

107 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/28 23:05
ロダンなら鋳型があるだろうから、また鋳造すればいいだけ。

108 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/28 23:42
お取り込み中のところ失礼します。
別板からこのスレッドに来て発言もしている者ですが
突然何が何やらわからなくなってしまって・・・
どなたか説明お願いできますでしょうか?

109 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/28 23:44
某氏の登場で荒れはじめただけのこと。

110 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/28 23:53
馬鹿は馬鹿でいいじゃないか。
殊更どうしろというのだ。
馬鹿って自覚できないから馬鹿なんだよね。

芸デ板の厨房ばかりが跋扈してるのをみたら
これでいいんだよ。
解らないやつは芸術に関わるのをやめるか
芸デ板で暴れてな。

111 :K.T.:01/09/28 23:58
呼んだ?

112 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/29 09:59


>89 から書き込みしてる、あんた
     恥ずかしく、ないか?
     いいかげんで、やめなよ。
    
     頭の体操には なってるだろうが
     もともと 頭 悪いんだから、あんた。

113 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/29 10:47
>106
WTCには、ロダンはありませんでした。正面には流の彫刻。
右手にコルダーの赤い彫刻、北棟には ミロのタペストリー
ルイズ ニーベルソン、南棟にリキテンシュタイン等の、現代
彫刻、総額10億円だって。

114 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/30 17:46
ルイーン

115 :?:01/10/01 13:00
廃虚っていうと、
アレどうなんだい?

バブル期につくられたその後うち捨てられたテーマパークの風呂屋の話は?
日本映画始まって以来のヒットとかいうはなしではないの。

>廃墟趣味と言っても、みな一緒くたにされるべきではなく、けだし三
>種の方向性に分類できると思う。一つは、過去へのノスタルジーを
>伴うもの。これは、例えば中世以来、ローマ建築の遺構に対するイ
>タリア人のそれに見ることができる。これはナショナリスティックな傾
>向と絶えず結びついており、ルネサンスの因子でもあるし、また特
>に19世紀以後、西欧諸国で様々に為政者によって利用されていく。

アレがどんな政治性を持つと思われますか?
過去ヘノスタルジーというのは、この人の作品には一貫しているような気もしますが、
今回は設定自体は今までにないくらい時事性がありますね。
最下層の労働者として石炭運び夫として、
異界に生きる資格を得るというのもなんか懐かしいし、

116 :考えない名無しさん:01/10/01 13:05
http://www.urbicande.be
お勧めのサイトです

117 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/01 16:22
>>116
バンド・デシネですか。
いい作品がいっぱいあるんですよね。
いくつか翻訳も出ている様ですし・・・

118 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/02 00:03
>>116 ありがとう!

119 :あーちすと:01/10/02 00:16
ここもいいぞ

http://www.intwk.co.jp/YAMADA/menu.html

120 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/02 02:48
大友のAKIRA見るとかたむいてたり、崩れかけてたりのがちゃんと建って
たりするけど部分がかけると全体が崩落するんだよな。ビルって。

121 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/02 10:30
>>115
逝ってよし

122 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/11 12:42
age

123 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/12 23:56
廃墟を語るなら磯崎を読まないと。

124 :クルックー:01/10/13 13:35
廃墟趣味って一種の貴族趣味っちゅうか、引きこもりの美学みたいなもんじゃねーのかー?
一般民衆やその他動植物の生命維持活動のパワーに憧れながら、自分がそのパワーに
侵食されるのを恐れて、おぞましさや嫌悪感を感じるっちゅう、アンビバレントな感情の
逃避先として、(廃墟は過去の生命維持活動の痕跡であって、自分を侵食してくることは
無いので安心)廃墟に対する愛着ってのはあるんだと思うYO!

 上記の逆ベクトルとしてある種のポルノっちゅうかセックスがあるんだけど、
有名なところだと「チャタレイ夫人」「エマニエル夫人」なんかがまさにそうだよねっ!!

125 :クルックー:01/10/13 13:57
上に、
>これほどに醜い東京の風景も、廃墟になれば美しく感じられるのだそうです。
ってあるけどサ、逆に洗練された人が洗練された生活を送っていた廃墟には
魅力を感じないでしょっ?

コレを言った美学者は「ワタシは一般大衆をオゾマシイと思っています」
って言ってるのとおんなじだよね〜。もうちょっと悩んで、知恵がつくと
坂口安吾みたく、生活が営まれている=美(日本文化私観だったっけ?)
になんだよね!

磯崎の文章はいいよね!
個人的にはJGバラードの初期作品がイイと思うYO!
高層ビル群が海に沈んで、周りをワニが泳ぎ回ったり、世の中が
全部ピカピカのガラス玉みたいに結晶化したりね!
磯崎もバラードもイメージがメランコリーなんだよね。

126 :クルックー:01/10/13 13:58
スレッドストッパーな書き込みしちゃったけど、気にせず、引き続き
127サンから続けてね(^^)!

127 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/14 14:43
エンキ・ビラルはどうよ?

128 ::01/10/15 23:00
磯崎って、
筑波センタービルを作るとき、
廃墟化したセンタービルのパースを描いていたような気がします。
実際にセンタービルが廃墟になったとき、
再度あのパースと比較してみたいものです。
いつになるか分かりませんが、

129 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/28 09:19
>>2に出てたユベール・ロベールって人の絵、
一目見て気に入っちゃったんでパソコンの壁紙にしたいんですが、
もっとサイズの大きいのありませんか?
画面が1280*1024なのでちょっと小さすぎるんです。

130 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/28 12:43
苔むした古寺の美ってやつも
厳密には廃墟美の一種。
ただし木造ゆえ緩慢にしか廃墟化しない。

けどユベール・ロベールなんかは
石柱ゆえの壊れっぷりを
見せつけるところが独特の味か。

古典古代へのあこがれのネガ、
廃墟趣味。

131 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/28 12:55
http://www.elneos.co.jp/10sf2.html

132 :ポータ:01/11/28 13:31
『八月の光』って映画観た人いる?
廃墟廃線を舞台にした作品で面白いよ

133 :goatsong:01/12/01 08:49
ローマの廃墟への関心というのは、中世を通じてあったらしい。ただし、
14世紀から起こり始め(例えばダンテの言及)、ルネサンスを経て、今
日へといたる廃墟への感情とは別種のもので、この意識の変化と、ル
ネサンスを生ぜしめるところの感情との関聯は、よく言及される様。

ルネサンス期以来、何故、西欧諸国が競って、ローマの廃墟を尊び、
モティーフとされ、描かれ、、古典古代の様式に倣った建造物が多く
建立されたかというと、一方には、ローマ帝国との直接の繋がり、我々
こそが正当な帝国の継承者であるというナショナリスティックな感情が
あったわけで、これは20世紀にまで及ぶ。ナチス・ドイツの第三帝国
(これ自体は、神聖ローマ帝国と19世紀の第二帝政を意識したものだ
けど)は、ローマ帝国との繋がりを視覚的に、明示・暗示するために、
プロパガンダとしての美術に古典主義的造形を採らせた。さて、ここ
まで来ると、あのキーファーがなぜナチス時代の建造物(例えばシュ
ペーアーによる新古典主義のそれ)の”廃墟”を描くのか、わかると思
う。要するに、彼の”描かれた廃墟”とその”行為”は二重であるわけ。

>>129
http://www.kfki.hu/~arthp/html/r/robert/index.html

134 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/01 11:09
やっぱり板的にはこれが健康だ。
文句があるなら論戦で立ち向かえばいいだけの話しだし。

135 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/01 13:40
ベニスもモンサンミッシェルも本当は廃墟であるべきであって
それでこそより美しいのではないかと私も思っていました。

136 :ニタリ:01/12/01 17:07
現在立ち入り禁止の軍艦島を整備して観光地にする計画があるよ!
1度は行ってみたいと思ってた所だけど
整備されたらもう廃墟ではない...ザンネン

ところで、人間の脳には恐怖を克服した時に快楽物質が出るらしい
それでジェットコースターやらオバケ屋敷で恐怖を求めるのね。
廃墟の中に身を置くというのは本能的な欲求もあるのでしょう
>>127 ああいう世界観、ダイスキ!!

137 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/01 17:53
>>133

この方が噂のgoatsongさんですか。リアルタイムで遭遇するのは初めて。
”悪文”とか”わかりにくい”とか言われている訳ですね。確かに日本語が
変ですね。この方は美術より、まず日本語を勉強されるとよいと思う。

>ルネサンス期以来、何故、西欧諸国が競って、ローマの廃墟を尊び、
>モティーフとされ、描かれ、、古典古代の様式に倣った建造物が多く
>建立されたかというと、一方には、ローマ帝国との直接の繋がり、我々
>こそが正当な帝国の継承者であるというナショナリスティックな感情が
>あったわけで、これは20世紀にまで及ぶ。

全体的にひどいが、特にここの文章はひどい。どう考えても”西欧諸国”が
主語なんだから

ルネサンス期以来、何故、西欧諸国が競って、ローマの廃墟を尊び、
モティーフとし、描き、古典古代の様式に倣った建造物を多く
建立したかというと、・・・

でしょ。この方は長文の構成能力に欠けているので、できるだけセンテンスを
短くすることをお勧めします。それに安易に( )を使って説明しようとしない
こと。それでなくてもわかりにくい主旨が、ますますわかりにくくなる。自分
一人がわかるだけではダメで、文章は相手にその意味が伝わって、初めて意味
を持つ。なにやら難しそうな言葉を用い、難しそうな表現をして、自分の頭の
良さを印象づけ、相手を煙に巻くのが主目的であるならば、話は別ですが。

138 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/01 18:08
うわ・・ キモいよ。

139 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/01 23:00

>137=kt だろう、まだ居るのか?この害虫は。

140 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/02 00:26
>>133
キーファーのは”アイロニー”ってことなのかな?

141 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/02 00:46
>>137

もうやめなよ。君は負けたんだよ。
荒しで勝ったと思うなんて厨房のすることだよ。

142 :i L i LLL:01/12/02 02:10
>>140
違うでしょ。

http://www.criticalspace.org/special/asada/voice0106.html
この人も歴史とキーファーを併せて俯瞰してみると歴史がその働きをしてるといってるけれど
キーファーが皮肉目的でかいたとはいってないよ。

143 :iL:01/12/02 02:19
あと、好きに描けばいいだろうし倫理観などについては触れる気は特にないけど。

144 :140:01/12/02 02:36
そういえばリヒターは「小洒落た舞台美術にすぎない」
とかいってキーファーを批判してたな。

145 :某固定:01/12/03 03:26
apathyになっちゃいました。
どうすればいいでしょう?

146 :goatsong:01/12/03 14:53
>>133
>ローマの廃墟への関心というのは、中世を通じてあったらしい。

そういえば、中世の騎士物語にも、(古代の?)修道院や教会の廃墟が
登場する。ガラハドかなんかは、そこで聖槍を見つけたんじゃなかったっ
け? (余談ながら、中世の騎士物語の内に、明らかにウパニシャッドと
共通する主題・モティーフを認めた、J. ウェストンは、中世ロマンスが、オ
リエント発生の祭祀に起源を求めることを明らかにしたが(今日、異論も
多いらしい)、彼女はまた、騎士が一夜を明かす廃墟の寺院にも言及し
ている。それによると、騎士が廃墟の寺院を見つけ、そこに一泊するとい
う話の淵源は、古代祭祀における、成人する際の通過儀礼の残滓では
ないか、とか何とか)

>この意識の変化と、ルネサンスを生ぜしめるところの感情との関聯

http://www.boisestate.edu/courses/hy309/docs/burckhardt/3-2.html


>彼の”描かれた廃墟”とその”行為”は二重であるわけ。

「行為」というのは、廃墟を描く行為ね。1)西欧人が、伝統的に(想像的
な)古代の廃墟を描いて来た、2)ナチス・ドイツは帝政ローマとの連続性
を見ようが為に、新古典主義的様式の建造物を建てた、これらを前提に
考えると、キーファーがナチスの建造物の廃墟(多くは戦後取り壊され、
存在しない。彼は想像的にその廃墟を描いている)を描く行為は、歴史
的な”写し”とみることができる。

147 :goatsong:01/12/03 14:53
>>130
苔むした古寺の美ってやつも厳密には廃墟美の一種。

ドビュッシーのピアノ曲「映像・第二集」に「そして、月は廃寺に落ちる」と
いう曲があるんだけど、ここの「廃寺」は、中国の仏教寺院を指すらしい。
何でも、このタイトルは彼の友人の中国学者が付けたらしい。

>>140,>>143

造形の問題は措いとくとして、(制作上の)概念においては、その行為の
写し・繰り返しそのものに意味があると思うので、あまり、主観的な立場
(ナチスを肯定するか、否定するか)は関係ないと思う。あくまで私見だけ
ど。そういえば、最近のキーファーに関する記事にも、ナチズムや毛沢
東主義に対して、彼は好意的感情をも、否定的感情をも、(彼の作品の
内には)込めていない、とあったなぁ。

148 :140 :01/12/04 00:26
ただ、今の世の中で「ナチズム」や「毛沢東」に対して中立的な立場を通すっていっても、
結局は肯定してるととられても仕方ないんじゃないかな。ハーケみたいにはっきり否定しないと。

149 : iL i    iLLLL:01/12/04 03:01
142はちょっと変。どうでもいいことなのですが。ポスト歴史主義的な『アトラス』を描いたリヒター人気と
歴史主義的なキーファーの最近の気が抜けたような状態を眺めてみるとっていうことでした。

ただの写しであるかは資料も知識もないので私には判断できないかな。

それと>>148の今の世の中というのはあまり関係ないというかどうでもいいのでは?
関係ないというならこの問いかけ自体変な気もしますが、観る側が作品だけをみるか
どうかを選択することできるわけですし。

あと、ドビュッシーの音楽エッセイみたいのはなかなかおもしろい。

150 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/04 17:10
面白くなってきたね

151 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/04 23:59
ベスト・オブ・廃虚はラピュタです。
これだけは譲りません。

152 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/05 00:05
小さい写真をモザイク状に沢山使って一つの大きい画像
にしてあるものの名称はなんて言いましたっけ?

153 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/06 10:13
age

154 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/31 01:16
廃墟といえばフリードリヒの修道院の絵が浮かぶ。

155 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/31 01:45
>廃墟といえばフリードリヒの修道院の絵が浮かぶ。

全然浮かばない。頭がずれている。スポンジなのではないか。
現代日本で生きているのであれば磯崎、川俣あたりが直接的な問題を提起している。

156 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/31 07:11
>>155
どういう問題提起?

157 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/31 08:29
漏れもフリードリヒ頭に浮かぶな,まず。
17世紀の古典派にも腐るほどあるが。

>磯崎、川俣
そりは,なんちゃって廃墟と思われ。

158 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/31 14:46
>>155はDQN。

159 :ばってん:01/12/31 16:11
炭坑地のビルなんて1見どこが機能的かわからない位
外見が特異な構造物で、それ故に廃墟になると
美しさもひときわ!

160 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/01 15:57
ラピュタもカリオストロもいい。
現実ならフォロ・ロマーノがベスト・オブ・廃虚っす。

161 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/01 20:40
よく晴れた日曜午後の丸ノ内オフィス街
若しくは、早朝の渋谷センター街

162 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/02 01:51
155は坊主君かな?

163 :ジャメエカ:02/01/07 02:25
廃墟の魅力は、一言で語ると、昔は美人だったろうなーと想像できるマダムの魅力に似てる。

164 :脳味噌スポンジさん ◆WBC/ofSE :02/01/10 03:30
ネットサーフィン中に偶然見つけた、H.C. Berannって人の作品。
http://www.itp.phys.ethz.ch/staff/troyer/berann/drawings/index.html
廃墟趣味っぽい。
有名な人なのかな?
無知なんでわかんないや。

165 :脳味噌スポンジさん ◆WBC/ofSE :02/01/23 01:50
このスレが廃墟と化してる……。
そして俺はスレッドストッパー(ワラ

166 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/23 00:25
〜〜 〜〜 雲 〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜山〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜家〜〜〜〜
〜〜〜舟〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜川〜
〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜溺れている人〜〜
〜〜 〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜サメ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

167 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/24 00:14
>>76
俺はひとけの全く無いような無名の廃墟にしか惹かれない、
案内板が有ったり、メディアで頻繁に紹介されている様な
ところにはなんの魅力も感じない。だからローマ時代の遺跡よりも、
郊外のラブホテルの廃墟のほうがずっと惹かれる。

168 :goatsong:02/02/26 23:46
>>4の「廃墟主義」って「廃墟趣味」の聞き間違いじゃないか、と思ってたんだけど、
最近読んだ本に「廃墟主義」という言葉が出てきた。信頼に値する人が書いている
ことなので、やはり西欧語にはあるんだろう。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=ruinism&lr=



169 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/26 23:48
マジで野球ヲタ逝ってよし!!

http://ime.nu/www.baseball-lover.com

170 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/26 23:55
>167
同感。
ローマの遺跡とかってワザと廃虚にしているっていうか、創られた廃虚って気がする。

171 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/27 00:08
>>168
あれだけ大騒ぎし、この板の文句を言いまくってあっちに逝った筈なのに
早くも出戻りですか?節操がないとしか言いようがありませんな。
この板の平和を乱さないでいただきたいものです。


172 :goatsong:02/02/27 00:11
>>171

お久しぶりです。これからも嗤わせてどんどんくださいね♥

173 :goatsong:02/02/27 00:12
これからもどんどん嗤わせてくださいね♥ か(w


174 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/27 00:22
>>173
自分で嗤わせてどうするんや。(W


175 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/27 00:29
>>172
これからも嗤わせてどんどんくれるようだね。

KTの悪文添削が無くなって言語障害がすすんだようだね。
KTが恋しくなったのかぁ。やっぱKTあってのGSだもんなぁ。


176 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/27 01:48
>>175
迷文の添削が無くなり、自由な発想を楽しんでるよ。
 お願いだから、もう来ないでね。つまんない文章添削
 押し付けがましい迷文より、自由な発想を楽しみたいから。
 
 だから、もう来ないで。お、ね、が、い。
 
 

177 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/27 01:53
>>176

お前が一番迷文。


178 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/27 02:19
>>177

ウフッ!−−−かわいい!

179 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/28 01:19
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
アホっす!アホっす!(ププ
真性のアホっす!!!
真性のアホが現れたっす!(ワラ
大変っす!こんなアホ見たことないっす!(爆
驚きっす!驚愕っす!愕然っす!呆然っす!大ニュースっす!
このスレッドにこんなアホがカキコするなんて驚きっす!
こんなアホ2ch始って以来っす!
信じられないっす!(笑
ビックリっす!お笑いっす!
人間国宝級のアホっす!世界遺産級のアホっす!(藁
アホの坂田もビックリっす!ジミー大西もビックリっす!
えらいことっす!大変っす!騒然っす!
アホっす!アホっす!
真性のアホっす!!!
アンビリーバボーっす!アメージィングっす!ファンタスティックっす!
みんなを呼んでくるっす!他の板のみんなも呼んでするっす!


180 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/06 00:04
嗤わせてどんどんくれるGSさんって、これだけ低レベルのボケかますところなど
言われているほど悪い人ではないみたい。結構楽しい人かもね。


181 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/07 07:43
いろんな板で

これからも嗤わせてどんどんくださいね

と書き込んで、どんな反応が返ってくるかテストしてみます。
GSさんも美術鑑賞板だけの評価・反応じゃ不満でしょうから。(w


182 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/07 23:16
>>172
しっかし、どんな言語感覚をしていればこんな文章が書けるんだろ。
いまどき幼稚園児でもこんなイカレたこと言わないよ。

悪文以前のレベルとしか言えないね。


183 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/07 23:21
>>176,>>178

GS必死だな。でも残念ながら手遅れです。
後悔先に立たず。後の祭。覆水盆に返らず。


184 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/14 02:00
GSの「これからも嗤わせてどんどんくださいね」

には久々に心の底から笑わせていただいた。いいねえ。たぐい稀なGSの言語
感覚、ユーモアのセンスはものすごいものがある。これだけのネタを狭い美術
鑑賞板だけに埋めておくのはもったいない。

ガイシュツ、スクツ、逝ってよし、オマエモナー

といった既に死語に近くなった2ちゃん語にかわって、このGS謹製の

「これからも笑わせてどんどんくれよ」

を美術鑑賞板から2ちゃん全体にメジャーデビューさせよう。適用範囲も上記
2ちゃん語に全く負けないほど広い。どんなレスの後でもこれは書き込める。
何より優れている点は上記2ちゃん語は誰のオリジナルか不明だが、これはち
ゃんと稀代の才媛GS謹製ということが判明している。これが2ちゃん中に広
まれば、GSもめでたく2ちゃんに不朽不滅の名を残すことになる。そこまで
いけばGSも本望だろう。そしてそれこそ我々GSをこよなく愛する者たちの
使命でもある。私は早速、活動を開始することにした。美術鑑賞板・美術研究
板の至宝GSのために。


185 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/06 01:16
保存スレ。


54 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)