5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

新人賞に本当に応募してる人のためのスレ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/26(月) 18:53
未経験者は不可。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/26(月) 19:13
おれ未経験者。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/26(月) 20:15
厨房のときにFDで出して返された

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/26(月) 22:04
だからなんだってんだ、1。
原稿の閉じ方でも聞きたいのか。
郵便か宅配便か知りたいのか。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/27(火) 13:21
>>4
てめえは投稿ガイドをネタに一生ますかいてろや

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/27(火) 15:21
「くくく、すげえぜ。今回の投稿規定はよぅ……ハアハア」

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/28(水) 17:26


小説は、本当に最初の数枚と、ラストページで力量が
わかってしまう物なのでしょうか……
シナリオ風になっていたりするものは論外でしょうが、
はじめの数枚はいわば助走なのですから、
書き手の実力が明確になるとは
思えないのですが……



8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/28(水) 18:55
一次選考はデキのよい作品を選ぶんじゃなくって、
ダメダメなやつをハネるためにあるんだってさ。
そんで、二次選考からは全部きっちり読んで評価する、と。
だから、「自分の作品は面白いはずなんだーッ!」
と思っててもダメなもんはダメ。

9 :某所よりコピペ:2001/03/28(水) 19:08
Q:実際に、応募締切から受賞作決定まで、どのようなスケジュールで進行するのですか。

A:筆者が担当しているS賞を例に説明します。知るかぎり他の賞でもそうかわらないはずです。まず、締切後に1次選考を行ないます。通常1月程度の期間。社内編集者が読む場合もあるし、外部選考者の手に委ねる場合もあります。選考者は、一人30編から40編程度を担当し、1/6から1/7程度を通過させます。その際の選考基準は、良い作品を選ぶというより、悪い作品を落とすこと。1次選後は、引き続いて2次選考を1月程度で。S賞では、この選考から一つの作品を複数の選考者が担当します。今度の選考基準は、より良い作品を選ぶこと。複数の選考者間で意見の調整や、持ち点制を使用した客観評価を導入して、可能なかぎり丁寧な選考しています。こうして選考された作品は、年度によりますが、だいたい7編から10編ぐらい。最終選考までにこれを社内編集者だけの3次選考にかけます。ここでは、各作品を全員で選考。選考基準は、本にできるかどうか。最終選考になれば、すべては選考委員の手に委ねざるをえないわけですから、ここではどの作品が受賞したとしてもいいようにさまざまな角度から作品が評価されます。ここで選ばれた4、5編が最終選考候補作となり、選考会にかけられ、受賞作が決定します。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/28(水) 20:25
>>7
 読者が立ち読みするのは、最初の数ページ。ここでその本が買われるかどうかが決まる。
だから、プロ作家は最初の部分に力を注ぐし、編集側もそれを求めている。

ということで、応募作もその辺を意識できているか力量を見ている、と読んだことがあるけど。
 

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/28(水) 22:42
>>7
あなたが全く知らない作家の本を書店で手に取ったとしましょう。
最初、タイトル、目次、第1章と見ますよね。まあ、後書きから読む人も
いるけどさ。

それで、出だしが全然面白くない、または文章がヘン! そんな本をあなた
は買いますか? 買いませんよね。最初が大事なのはそうゆうこと。

これが名の知れた作家の場合ならば「最初はおもろないけど、まあ、xx先生
の本やから、そのうちおもろくなるやろ」ってなことで、買ってくれるんですけ
どね。

最初に見せ場をもってこないというテクもあるけど、それは大家になってから
でも遅くないんじゃないかな。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/29(木) 00:34
>>11
同感です・・・・・・。
新人はそう言うことにも気を使わないでしょうね・・・・・・。
つらいもんです・・・・・・。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/29(木) 01:53
>>11

なにがつらいのでしょうか?
そういう講評をうけた経験がおありとか・・・・・・。
お聞かせください。



14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/29(木) 23:50
この前のK川H大賞の最終選考まで残りました。
参考にならないけどその時の経過は
応募する→以後選考スケジュールなど忘れて生きていた→なんか書籍部から電話連絡あったらしいが
昼間は家にいないので全然連絡とれず(大体選考日の二週間くらい前だったかな)→ようやく連絡
とれる→選考日の夕方に電話連絡
って感じでした。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/30(金) 07:13
誰か教えて。
ここって、どういう意図で何を話したいの?
新人賞に本当に応募しているけど、それが何か?
話したいことを明確にして欲しいなと思う。
“皆でがんばろー”っていうオキラクな話題がしたいなら、それでも良いが。
話題に困る。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/30(金) 11:18
 そういやジャンル違うと、どこに投稿するのかすら分からないなあ。
男性向けファンタジーだと、富士見、スニーカー、電撃、ちょっと対象年齢上げて日本ファンタジーなんかあるんだけど(俺は富士見に投稿)、皆はどこに投稿してんの?

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/30(金) 14:24
>>14
これは凄い! 励みになるでしょうねえ! プロとアマチュアはもちろん、選考に残る作品と
そうでない作品は、なにかが、はっきり違うと思いますから
うう、読んでみたいかも。連絡後、担当さんがついたりするんでしょうか。


投稿されている皆さんは、小説誌は定期購読されているんでしょうか。
たとえば16さんのあげられた賞は、微妙に傾向が違ったりするでしょうから
そのジャンルのものは一通り、買います?
ミステリーとかの人は、「オール読み物」とかも読まれるんでしょうか?

俺は、時代小説も書いているので、特集号のときだけ買うようにしていますが、
どうも紙面がおっちゃん臭いのが難点です。
ザ・スニーカーを読んだあとに、文春を読むと内容の違いにくらくら来ます。
こう、真ん中がすっぽり抜けてるなあ、と思います。


18 :14:2001/03/30(金) 17:10
>>17
>連絡後、担当さんがついたりするんでしょうか。
 んにゃぜーんぜん。「次回も応募してくださいね」程度っす。
 電話くれた人の名前も忘れた自分。寝起きに電話してくるからさ。
 ん、でもやる気はでましたんで本格的に頑張ろうとしとります。
 出版には耐えれると判断されただけでも嬉し。

 小説誌は特に購読してないです。めひすとを少々くらい……?


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/30(金) 22:04
kkベストセラーズからでている「作家養成講座」っちゅう本を読んで、
ジュニア小説を書くことをすっぱり諦めた私は根性なしでござんす。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/31(土) 00:29
>>19
ああ、あれか……。俺も読んだぞ。うーん、なんつーかなぁ。
別に年寄りの言ってることいちいち気にせんでもいいのに。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/31(土) 00:32
おおよそ、小説家入門系を書いているやつに
売れ筋がいたためしないしな。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/31(土) 23:16
>>21
渡辺淳一がいるぞ。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/01(日) 05:31
>>22

そんなこといったら井上ひさし、いるやんけ。
ここ十年のベストセラー作家なら栗本薫とかな。
実績のあるひとに限って、入門者を突き放しているようだが。


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/01(日) 05:33

あのさ……
新人賞とって、プロになって……
君ら、それから、どうしたいの?

このこと考えたこと、ある?

プロになりました。次はどうするの?


25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/01(日) 07:24
>>24
そんな事言ってたら何にもできないよ

「サラリーマンになって、結婚して……
 君ら、それから、どうしたいの?」

そんな事言われても……って質問だと思うよ、それ
個々人の人生観を語って欲しいの?
今、目指したいと自分で思うものがある、それだけじゃ駄目なのかい?
「次」は叶ってからじゃ、駄目なのかい?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/01(日) 13:56
>>24

 プロになる→本を出す→バカ売れする→お金持ちになる→本を出す(以下エンドレス)
と、緻密な人生設計描いてるよ♪


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/01(日) 18:26
>>25
こういう考えの奴が多いから一発屋が多いんだな。
「そんな事言われても……」なんて計画性がなさすぎ。


28 :おさかなくわえた名無しさん:2001/04/01(日) 19:24
華々しく死ぬ

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/01(日) 20:48
>24
>あのさ……
>新人賞とって、プロになって……

プロになれれば、もう食ってけてるんじゃん。
ふつーはリーマン(最近の流行だと理系院生)やりながら
書きつづけるんじゃネーノ?

30 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/04/01(日) 20:57
いやあ、食ってけないでしょ、いまは。
つーか、
売れなきゃこれほどキツイ商売はないがな。
兼業あたりまえで、小説一本でやると編集に言うと真顔で止められるからな。
満員電車に乗りたくないから小説家、
子供生まない言い訳の小説家なんて幻想だぞ、もう。

どうすっかな。
映画やドラマの原作になるような売れセン量産して
文化人になるのが
小説家としての成功、
なんだろうな。

人気商売たいへんだ。アマチュアで好きなことやってるほうがいいや。

31 :29:2001/04/01(日) 21:28
つーか昔から、小説一本で食ってる奴なんて、
ごくごく一握りだろ。
よほどでなければリーマンやるより収入悪い。

リーマンやりながらチマチマ書く。
それでいいんじゃネーノ?
好きなことやって金がもらえるなんて、それだけで
幸せだあね。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/01(日) 22:32
>>30
○薙さんかにゃ?
○薙さんの受け売りかにゃ?

33 :タイラー・ダーデン:2001/04/01(日) 23:07
>>27
全てが計画通りに行くと思ってる腐れ文明人間め
堕落の蜜味を知れ

34 :タイラー・ダーデン:2001/04/01(日) 23:08
>>27
ついでだ
棺桶の中まで来世の計画書もってけや

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/02(月) 00:21
>>27
一発屋だって一発も撃てないヤツより遥かにマシ!

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/02(月) 01:02
……ま、今プロでバリバリやってる人たちにしたって、
じゃあデビュー前は諸々覚悟完了していたか、といえば、たぶんそうとは限らない。
夢や目標は持ってていいんじゃないの。成長の原動力になるから。

それはそれとして言葉のニュアンス
デビュー≒プロになる=それで収入を得る≠それだけで食える
と、思うが、どうよ?
時々混同されてるみたいだし。
このへんはっきりさせとかないと、会話のいきちがいが出るぞ。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/02(月) 02:16
そそそ。
売れない小説家、っていうとなんだか簡単だけどさ。
たとえば
自分の父親が、小説誌に年に2回くらいしか載らない、
それも地味な文学の短編で本にまとまる予定もない、なんてんだったら
どうよ?
しかも、小説一筋。アルバイトしてるくらいでなー。
たぶん高校進学もあぶないだろう。いわんや、大学、専門も無理。
将来ってのも
そういうもんだろ。
家庭をもたない、ってのも一つの手段だろうが…。
まあ、
小説家ってのは、
役者や
ミュージシャンとおんなじなんだよね。


38 :名無しさんだよもん:2001/04/02(月) 16:51
こずかい稼ぎのために書いたっていいんじゃないでしょうか?
新人賞をとれば原稿料だって無名よりも高くなるでしょうし。
「趣味で小説を書いて稼いでいる普通の人」なんてのもかっこいいですよ。
でも、確かに小説だけで稼ぐのは難しそうですよね。
売れっ子を目指すか、こずかい稼ぎに留まるか。
そんな悩みを言えるくらいになりたいですね(笑)

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/02(月) 17:41

こういっちゃなんだけどさ。
気を悪くしてもらってもいいけどさ。
子供のいない専業主婦って、
よくねえ?
小説書く時間はあるわ、生活は安定してるわでなあ。



40 :文藝3/31〆きりNIおくった よ:2001/04/02(月) 18:27
すごい自信作ですよ。
まず文章が上手い。構成も上手いっ! そんで物語りもおもしろいっ!

とるっしょ。とらなきゃ、ここで発表してあげるよ。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/02(月) 18:40
をを!
わかるぜ、出したてのそのハイテンション!
文藝ってのいい!
ちまちました小賞なんか狙ってる場合じゃねえよな!!
よし! 元気でた!


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/02(月) 18:55
>>39
子供のいない安穏とした専業主婦には
時間はあっても「小説を書く」という渇望がないと思う。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/02(月) 19:17
>>40
締切、同じ日だね。純文系かあ。おいらはエンタテイメント系。



44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/02(月) 23:19
純文学をやろうとしてエンタテイメントになってしまった小説は
どこに送ればいいのでしょうか・・

結構、完成してみるとキワ物が多くて困っているのですが・・

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/03(火) 01:02
>>44
小説誌買いまくって傾向をさぐるしかねえなあ……
獅子王がのこってりゃなあ……

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/03(火) 01:07
>44
ぼくが送った文藝の作品も、純文というよりもエンタメ系だよ。
簡単に言うとね、ヤンマガの「ヒミズ」「グリンヒル」等の古谷氏の
漫画の活字化って感じなの。

純分、純分ってまず考えすぎなのではとも想います。
★ ま、でも文藝ってのは明らかに他の純文系雑誌とはトーンが違いますからね。
漫画みたいなのがうけいれられると考えまして、文藝に送りましたよ。


47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/03(火) 01:44
文藝は爺いと婆あが多いからな。突き破れれば、喝采だな。
ま、俺らが
ここ50年の日本文藝をささえるぐらいの野望はもっとこうな。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/04(水) 18:51
なぐり書きの宛名のハガキが届いた。

「誰だ? こんな汚ねえ字を書く知り合い、いねーぞ」
と思ったら編集部からの受理通知だった。
そうだ。こんなものが届くんだった。久しぶりだから忘れてた。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/04(水) 19:46
>>48
まあ、書いてるのはドキュソの学生バイトだがな。
落ちるヤツ宛てには小学生が書くらしいぞ。
なぐり書きってことはもうダメだな。

50 :お腹いっぱい:2001/04/04(水) 20:27
>>48
受賞できたらいいエピソードになりますね。

>>49
あなた、躁鬱板、いけ。


51 :48:2001/04/04(水) 21:27
煽られちった。

52 :48:2001/04/04(水) 21:29
>>50
優しいお言葉をありがとう。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/04(水) 23:17
文藝って受理通知なんて送ってくるの?

前回去年のはおれにはおくってこなかったぞ?
ピンハネか?


54 :52:2001/04/04(水) 23:31
48は50のティンポしゃぶってな

55 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/04/05(木) 01:20
>>54
間違えたの?
ねえ
はっきり言って!
間違えたの?

間違えたのデスカ?
それはあなたが屑だから? それとも社会の塵芥だから?
大丈夫じゃないですよ?
ダメですよ。
本当に駄目ですよ、人生がもうおしまいですよ?
ねえ!


56 :48:2001/04/05(木) 22:44
文藝に送った40氏とは別人よん。
そうか、文藝は受理通知くれないんだね。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/08(日) 14:00
48

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/14(木) 14:21
送ったかー?

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/15(金) 00:33
おーい、歴史文学賞だす人いる?

60 :良スレ認定委員会:2001/06/17(日) 11:32
良スレのためageさせて頂きます。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/21(木) 17:08
新人賞ほしい

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/06(金) 15:32
良スレのためageさせて頂きます。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/06(金) 15:59


Q.ワナビーってなに?

A.want to be. あるものになりたいなあと思っているのになんの努力もしない人に対する蔑称です。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/06(金) 19:10
いやべつに努力しない人のことじゃないよ。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/06(金) 19:14
>>64
お、解説たのむ。

66 :名無しさん:2001/07/06(金) 21:00
俺は電撃で一次でちりました。
あそこは予想以上にハードル他界ですね。
ライトノベルのかたはあそこはやめよう。
もちろん
自信があるならどうぞ

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/06(金) 21:25
というか、ハードル低いのを目標にして何か楽しいの?
三文プロになっておしまい?

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/06(金) 21:49
>>66
寄らば大樹だ

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/06(金) 21:52
商いは 短く持って コツコトと
という名言もある。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/07(土) 00:18
電撃は最大手だからね。数が多いと良作も多いし。自信のない人はよそに行くべきだろな。
だけど角川スニーカーなんかに比べると、その後がなんか華やかに見える……。気のせいかもしれんが。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/07(土) 00:24
>>70 つまり、自分には駄作しか書けないという自覚のある人は止めておけと。

72 :70:2001/07/07(土) 01:47
自分で駄作だと思っても、他人から見れば面白いってこともある……ごく稀に。
一概には言えないけど。ま、まずは角川辺りが狙い目なんじゃないか? 今は
応募数400程度だって言うし。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/07(土) 01:49
400!?
まじで? ソースきぼんぬ。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/08(日) 08:27
上のほうで将来に対するビジョン云々、とあったのですが...

新人賞を取った知り合いがふたりいますが、受賞後の生活は大変そうでしたよ。
ひとりは年に長編1〜2作をコンスタントに出版していますが
メディアで取り上げられたり評論で好評を得ることが売上げに直結するので
その趨勢により印税収入にはかなり波がでるそうです。
もうひとりは受賞作が単行本になったあと短編をいくつか小説誌に発表したのみ、
受賞前からの職業には今でも就いています。

ときどき雑誌のコラムの仕事が発生するようですが、
それも「小説が話題になっている」が前提です。
作家として注目を集められないとペンで小遣い稼ぎもできないわけです。

ふたりとも書くことへの執着心、情熱には常軌を逸したものがあります。
もちろん文章で物語を表現する技術もプロと呼べるものです。
ただ、自分が描きたいもの=編集者が「売れる」と判断するもの、ではありません。
人を動かせるアイデアのストックを相当抱えていないと
次々と作品を世に出すことはできなくなります。
そして本をコンスタントに出せないというのは作家にとって致命的です。
いったん注目と評価が下がってしまった作家がそれを覆すのは非常に困難ですから。
状況はデビュー前よりずっと厳しくなってしまうのです。

“新人賞受賞”の有効期限はそう長くはないのです。
「受賞後のビジョンがない」という方がいるなら、それは無謀といわざるをえません。
受賞そのものが目標というなら別ですが。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/08(日) 13:17
受賞そのものが目標、というのはあるな。
自分のセンスや技術が認められたり、売れる要素を評価されるのは
きっと気持ちが良いだろう。

76 :ゲル:2001/07/09(月) 18:46
みなさん、どうやって印刷してますか?
やっぱり、20X20の原稿用紙形式にして印刷するんですか?

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/09(月) 20:40
しかし、この板でこのスレがこれしか成長しないのは意外を通り越して驚愕だな。
それだけ実際に作家になるために行動してるヤツが少ないってことかね。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/09(月) 22:08
1が「新人賞に本当に応募してる人のためのスレ」ッドを立てたからって、
それが思い通りに成長するかどうかなんて、運不運。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/10(火) 01:53
>>78、私もそう思う。
有用なスレなら伸びるだろうし、ただのお慰めスレに成るんじゃないの

80 ::名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/09(木) 15:45
京極夏彦が原稿送り付けたんは、講談社のどこやったかな。
そこからやろ、なんとかいう賞ができたのって。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/09(木) 16:30
>>80
メフィストです。
ちなみに、賞と言っても賞金も
授賞式もありません。賞品は
でるけど。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/09(木) 16:34
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=bun&key=987708093

83 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/08/09(木) 23:54
>81
 でびゅーはできへんの?

>82
 ? なんなん? なんかええこと載ってる?
 わざわざありがとう。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/10(金) 00:06
少しは自分で調べよう。
検索しろ。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/10(金) 00:16
>>83

ネタ?

ネタではない場合。

・「教えてクン」に、十分な資料集めは出来ないと思え。
・資料すら当たっていないような奴が書く物は、下読み段階で
 落ちるものと思え。
・まともな文章くらい書けるようになったほうが良い。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/08/10(金) 14:22
>>85
禿げしく胴衣。

87 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 22:19
あの、とつぜんなんですけど、今週、最終選考に残ったと連絡が、、、。
このあとなにが待ってるのか、知りたい。
私は会社員。小説家にはあこがれてたけど、あこがれだけで、
上に書いてあったような、かっこたるビジョンは、もってない。
今も、最終選考の電話が来て、びっくりしてるだけ。
一ヶ月後の最終選考までに準備することってなにかありますか?

88 :87:01/10/13 22:23
と、とりあえず、次の作品を書いてみるとかでしょうか。

89 :87:01/10/13 22:24
とりあえず、落ち着けって感じですね。
動揺してるんです。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/14 00:24
>>87
いずれ担当の編集者がつくから、必要なことはその人が全部教えてくれるよ。
結果が判るまでは平常心でいるがよし。間違っても慌てて会社を辞めたりしちゃ
ダメだよー!

91 :名無し物書き@推敲中?:01/10/14 01:22
>87
今のそわそわ感をせいいっぱい味わい、
次回作品にいかすべし!

92 :名無し物書き@推敲中?:01/10/14 06:35
>87
うそつくなボケ。ひきこもりのカスのくせによ。

93 :87:01/10/14 22:57
>92
あ、あおられた!
2ちゃんのラジオで、外出できてもおうちのお外に人間関係ない人が、
「ひきこもり」と言ってた。そういう意味ではひきこもり会社員かも。
こんなお友達がいて、こんなおもしろい事件に遭遇したいなあって
感じでお話書いたんだ。
最終選考に残れてうれしかったけど、報告する友達がいなくて、
ここに書いてみたわけだし。

94 :87:01/10/14 23:02
>90
担当の編集者、、、。すごいな。会社は、やめないで、できるだけ
平静になります。アドバイスありがとう。
>91
そわそわ感を次作にいかせっての、わかります。
私の人生でこんなスペシャルな出来事(といっても、受賞したとかで
なく、最終選考に残っただけなんだけど)ってないし、これからも
起こるわけない気がするから、とりあえず記録というか、日記
書き始めました。アドバイスありがとう。

95 :名無し物書き@推敲中?:01/10/14 23:23
>>87
同じ作家志望として、良い結果をお祈りしております。

96 :87:01/10/14 23:39
>95
ありがとうございます。
おろおろするばっかでなく、ちゃんとしなくっちゃ、と
思い始めたとこです。

今日、本家の歳の近いいとこの結婚式だったんです。
比べられることも多かったから、今まで母は私のことで引け目を
感じたり、悔しい思いをしてたかもしれません。
今回、母にちょっといい思いをさせられてよかったです。
といっても、ほんとう、最終選考に残ったってだけなんで、
浮かれて吹聴しないように強くクチ止めしておきましたが。

97 :87:01/10/14 23:40
思いをさせられて、でなくて、
思いをさせてあげられて、ですね。すみません。

98 :名無し物書き@推敲中?:01/10/15 01:03
>87
具体的なネタ帳は持っているか?
次回作として書ける作品が多ければ多いほどいいよ。
あらすじをA4の紙に2,3枚程度にまとめたものを
いくつか用意しといたらいいんじゃないかな。
企画書のようなものね。
受賞後には編集部に呼ばれるだろし、打ち合わせもあるだろうから。

99 :名無し物書き@推敲中?:01/10/15 15:44
ネタ超過…。

100 :名無し物書き@推敲中?:01/10/15 15:53
100?

101 :名無し物書き@推敲中?:01/10/15 17:46
平野啓一郎は何で芥川賞とったの?
村上龍みたいなごり押し?

若いからビジュアルで攻めて文学界を活性化させようとか
出版界の力学?

挫折なしですよ。ここのみなさんの爪の垢飲ませたいね。

みんな筒井康隆の大いなる助走読んだ?

102 :名無し物書き@推敲中? :01/10/15 18:31
87さんは何の賞なんだろう?すばるはたしかに最終選考で担当編集者
がつくって聞いた。でも、あのサントリーミステリ大賞(賞金一千万円)は
最終選考に残った奴を全員ホテルによびつけて、審査している間中待機
させるって。賞によりけりじゃない?

103 :名無し物書き@推敲中?:01/10/15 21:35
>あのサントリーミステリ大賞(賞金一千万円)は
>最終選考に残った奴を全員ホテルによびつけて、審査している間中待機
>させるって。

違う違う、サントリーミステリ大賞は公開選考会制で、
読者50人、選考委員、最終候補者が同じ会場に入って、
最終候補者は、読者50人の前で、選考委員がああだこうだと議論を交わすのを見せられるんだよ。オソロシー

104 :87:01/10/15 22:16
>98
ネタ帳、ないです。次作のアイデアもない、、、。
冷静に自作を読み返しましたけど、受賞なんてとても無理だと
思いました。この作品で受賞したら、みんな怒るよ、、、。
今回のことは、次につなげるチャンスと思うことにして、
編集とお話できる機会があったときのために、ネタ帳つくって
みることにします。アドバイスありがとうございます。

>102
何の賞にひっかかってるかってことは勘弁して下さい。
すばるは最終選考で担当がつくんですか。いいな。
>103
公開選考会だなんて、そんな目にあったら、私の心臓は止まって
しまいます。ほとんど公開処刑だ。

105 :名無し物書き@推敲中?:01/10/15 22:39
>>87
おめでとうございます。
せめて応募された賞のジャンルだけでも教えてください。

106 :87:01/10/15 22:58
>105
すみません、100も200も賞がある世界じゃないから言えません。

107 :87:01/10/15 23:08
106に重ねて。
ここでいろいろ質問しときながら、自分のことは隠しててすみません。
私の質問に対する親切な方の回答が、ほかの人の役にもたったら
いいのですが。

108 :名無し物書き@推敲中?:01/10/15 23:14
>87
作家になっても遊びにきてね!
本出たら買うよー。うきうきだね。

109 : :01/10/15 23:36
>87
小説なの?
今月末の選考会っつったら蓮如賞があるけど、
あれは小説じゃないしね。
蓮如賞じゃないよね? ね?
じゃないといってくれ。
なぜなら、オレは蓮如賞に応募してるから、
あんたが蓮如賞応募者だとすると、
連絡の来ないオレは落ちたってことになるからさ。
ちがうよね? 蓮如賞。

110 :名無し物書き@推敲中?:01/10/15 23:58
>>87
賞によっては、最終選考の前に応募原稿を直す作業があるかもしれません。
編集部からいろいろ厳しいことを言われると思いますが、落ち込んではいけませんよ。

111 :名無し物書き@推敲中?:01/10/16 02:14
アドバイスされたから加筆したら
直しすぎを叱られた俺……。
あげく、落ちるし。

112 :110:01/10/16 02:30
>111
落選した挙句、プロの世界が恐くなった私は、それから何年も小説を書きませんでした。
久しぶりに同じジャンルの賞に応募した原稿は、なんと一次選考落ち……。
いくら賞の規模が違うとはいえ、これはどういうことなんでしょう。
後悔先に立たずです。ここで逃げると取り返しがつかなくなりますよ。
私などは、もうまともな物語や日本語すら書けなくなってしまっているようです。
諦めずに投稿や持ち込みを繰り返すことです。

113 :名無し物書き@推敲中?:01/10/16 16:52
直しは難しいっスね。
編集者の指摘する欠点は、しばしば作品の構造そのものの欠陥からきてたり
するので、小手先の加筆修正はかえって危険かもしれません。
とくに新人さんの原稿は、勢いがすべて、というか、最後まで読ませる
勢いがあれば多少の欠点には目をつむってくれるんで、直しを求められ
たら、元の文章の勢いを削がないことが肝心ですね。

……なんか偉そうに書いてしまいましたが、
>>87さん、よい結果を祈ってます。

114 :名無し物書き@推敲中?:01/10/16 21:46
とにかく、本業を絶対にやめるな。むしろ現在以上にしっかり仕事しろ(精神的バックボーンが出来たんだから可能なはず)。
選考に残ったことを(もし受賞したとしても)周囲の人間(特に職場)には絶対に言うな。
ゴルゴ13のように用心深く隠し通せ。そして本業の仕事はきっちりやれ。それが兼業作家を成立させる鉄則だ。
もしも一緒に書いてきた文芸の友達がいたなら、出来ることなら、受賞は教えないで置いてやれ。
そして、「もう書くことに興味がなくなったよ。仕事も忙しいし」と理由をつけて付き合いをやめにしろ。
ちょっと偉そうだが、マジだぞ。

115 :名無し物書き@推敲中?:01/10/16 22:07
>114 そうだよね。その通りだと思う。小説書きの友達はいないから
その点安心。
 会社にゃ担当ついてること内緒内緒っす。でも万一受賞した場合、
収入とかでばれるんでは? 内職禁止のとこだと辛いよね。
 ううん書き直し辛いっす。
 時間はまだあるけれど直せるのかしらん。

116 :名無し物書き@推敲中?:01/10/16 23:36
群像の小説書き上げたけど、急に自信が無くなった。
はあ・・・・・・・

117 :名無し物書き@推敲中?:01/10/16 23:51
>116
うん。
書き終わると急に我にかえるよね。

118 :87:01/10/16 23:56
>108
ありがとうございます。本が出来たときはここで宣伝して、
うざって言われたりして。
まだそんなとこまでいってないのですが、でも妄想は
小説が気の習性ですから。

落ち着こうと思いつつも、そわそわしてしまって、
毎日どっかぶつけたりやけどを負ったり、
風呂場で転倒したり、けがをしています。

119 :87:01/10/16 23:59
>109
書きこみに昨日気づいていればよかった。すみません。
かきこみがおそくて。蓮如賞ではありません。

やっぱり注意力散漫ですね。
上に、また誤字が。

120 :87:01/10/17 00:10
>110から113
書きなおしのお話について。
貴重な体験談、とくに112さんのお話に、ため息でました。
幸いと言っていいのか、今回書きなおしは要求されていません。
書きなおしたい内容ではありますが。

読みなおしてみたけど、自分の作品のよさがどこにあるのか、
選考に残ったんだから少しはあると思いたいのですが、
まだよくわかりません。ただ、自分がどうして小説というか、
「おはなし」を作り始めたのかという理由はわかりました。

今回いい結果に結びつかなくても、チャレンジしつづけたい、
そう思ってます。

121 :87:01/10/17 00:18
>114,115
ゴルゴ13のように、用心深くですね。
笑ってしまいましたが、肯けることばかりで、アドバイスにしたがいたいと
思います。
会社員だと、収入というか税金関係、年度調整あたりでばれそうですよね。

仕事は、この一週間ちょっとおろそかになってたかも。
おごりはじめた心に、喝いれます。

122 :名無し物書き@推敲中?:01/10/17 00:44
いいスレだなオイ。マジで泣けてきたぞ……。

123 :名無し物書き@推敲中?:01/10/17 23:57
>年度調整
私の場合、小説で稼いだ分は自分で税務署に行って申告しました。
3割くらいまで経費で落とせるから、申告した方が断然お得ですよ。
会社に連絡がいくことはないからご安心を(これでバレてたら兼業作家
なんかやってられませんよ〜^-^;)

124 :名無し物書き@推敲中?:01/10/18 03:46
そーだよね〜、直しって結局、細かいとこじゃなくて
根本的なところにモンダイあるからね〜。
俺の場合、物語世界にツッコミばっかいれて書いてるんで
結果的に読み手から、いちばん嫌われるという噂のある
メタフィクションになってることに気づいた今日この頃。

125 :名無し物書き@推敲中?:01/10/18 07:47
>税務申告
「一時所得」という名目で申告できる(会社員が本業の場合)。
これは宝くじに当たったときなどに使う項目で、無条件に収入の
三割が経費相当として控除されるもの。
住民税の税額通知の時に(毎年5月ごろ)、昨年度の所得の内訳が
タイプされて出てくるが、<雑所得>もしくは<一時所得>として
表示されるので、一見して<著作収入>とはわからない。
一度は税理士に相談することをおすすめする。ちなみに、印税から
源泉が天引きされていても、申告は必要だよ(個人事業者になるのだから、
あとは自分で調べて勉強し、自己防衛すべし)。

126 :名無し物書き@推敲中?:01/10/18 11:59
まあ税金云々は首尾良く受賞してからの話だけど、とりあえず領収書や
レシートの類は今から捨てずに取っておいた方がいいでしょう。
(リーマン時代は単なる紙クズとしか思ってなかったけど、今じゃ一枚
一枚が金券に見えるわい)
ともあれ良い結果がでるといいですね!>87さん

127 :名無し物書き@推敲中?:01/10/18 23:22
小説現代と読物、狙ってる方いらっしゃいます?

128 :名無し物書き@推敲中?:01/10/20 18:26
ところで参考文献一覧とかって、投稿したのに添付してる?

129 :名無し物書き@推敲中?:01/10/21 14:55
なんか地球が滅亡するとか、核ミサイルだとか、そーいう系のお話。
一体どこにおくればいいと思う?
よく投稿してるのはコバルトロマン大賞なんだが、
さすがに、ヤバイよな・・・?

130 :名無し物書き@推敲中?:01/10/21 18:33
物語の語り口、文体やキャラクター描写が想定される読者層(コバル
トなら十代の女の子か?)から著しくズレてなければOKなんでないの?
少女漫画でも地球滅亡をテーマにしたハードな作品はけっこうあるし。

131 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 04:26
あのー。11月18日結果発表予定のコバルト文庫ノベル大賞に応募したんですが、
もう受賞者には連絡行ってますか?
残り一ヶ月過ぎたんでそろそろだと思うのですが。
受賞者には連絡の電話がいつごろ行くのか教えてくださいm(_)m

132 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 06:55
コバルトのノベル大賞は11月下旬の集英社の
ライトノベル系作家パーティーで受賞者お披露目をするので
もう受賞者には連絡がいっているでしょう。

133 :129:01/10/22 18:06
>>130
ありがとう。
勇気をだして、投稿してみるよ。

134 :名無し物書き@推敲中?:01/10/24 23:15
しかし、いっつもプロットと違うエンディングになるな。
推理とかじゃないから、まだいいけど。

135 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 01:17
皆さん締め切りのどれくらい前から、書き始めます?
私はいっつもギリギリまで、頭ん中でこねくり回してて
結局間に合わないか、納得いかないと思いつつ応募して
しまいます。何作も応募してる人すごいと思う。

136 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 01:22
書きたいことがなくても書けるのがプロ!

137 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 01:24
ホストの世界
副タイトル 真夜中への招待状
著者名 沢村拓也

内容紹介
ホストがホスト業界の内幕を描いた本邦初のノンフィクション。
酒、金、男女関係……世間の常識を超えた実態を、ユーモアと哀感
をこめ、具体的エピソードを交えて仔細に描く。
謎めいた「ホストの世界」が、今初めて明かされる!
受賞・書評
(マークの見方 ◎=日本図書館協会選定図書
 ●=全国学校図書館協議会選定図書)
朝日
著者紹介
沢村 拓也 (サワムラ タクヤ)
博多生まれ。大学在学中よりホストの仕事を始め、公務員を経て専業
ホストとなる。
ネット巨大掲示板「2ちゃんねる」で書き込みをしていた所発掘され、
本書でデビュー。

138 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 02:30
小説を書いたはいいが、どこに応募しようかお悩みの貴兄に。
角川がこんな無謀・・・もとい間口の広い募集をしています

ttp://www.kadokawa.net/e-next/

物理的に考えて本当に3ヶ月で寸評まで帰ってくるのか とか
絶対途中で頓挫するんじゃねえかこの企画 とか
細かい(w 疑問はありますが、興味のある人は
チェックしてみるのもいいと思います

139 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 02:45
>>138 どうも。
うまく機能すれば、なかなかよさそうなのだが。
出してみたくなったな。

140 : :01/10/25 04:22
>>138
これ小説以外でもいいのかな?
めっちゃおもしろそう。
いい情報をサンキュー

141 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 05:26
編集の方がいろいろアドバイスしてくれるから
とりあえず書いて送ってみるものですよ。

賞を取らなくても出版していただける機会は
あります。

問題は、それからなんです。

142 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 07:46
作家志望者が多いわりに、実際の投稿者数が少な過ぎると思う。
一次選考を突破できない人を叩くムードが強いが、実際の通過者は
投稿者の一〜二割というところのようだ。
この板には、そんなに優秀な作家志望者が集まっているんだろうか?

143 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 10:19
>>142
新人賞の一次選考通過倍率は純文学の場合だいたい15〜30倍、
エンターテイメントの場合だいたい5〜10倍です。
どっちにしても応募者のほとんどが一次落選ということになりますが、
一次選考というのは、ストーリーに抜け落ちや破綻がないかどうかとか、きちんとした日本語の文章が書けているかどうかとか、
小説技法の基礎の基礎ができているかどうかをチェックする選考ですので、
応募者のほとんどがそんな程度のこともできていないということです。
逆にいえば、日本語が書けていてストーリーもきちんとしたものであれば、
ジャンル違いや乱歩賞級のハイレベルな賞でない限り一次選考は必ず通過しますので、
一次選考通過者が特別優秀というわけではないでしょう。

144 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 10:21
小説書こうとして一作でも書き上げられるのは十人に一人。
書いた奴の十人に一人が、同人誌レベルで抜きんでて、
さらにその十人に一人が、商業誌にデビューできる。
小説でなんとか食えるのは、さらにその内の十人に一人。
おれは、商業誌デビューして、もう10年そのまんまだ。

145 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 10:27
角川の企画は、文芸社のboon-gateよりかは、
はるかに価値があるな。同じ次元に入れたら
むしろ角川に失礼か。

146 ::01/10/25 10:28
144 名前:名無し物書き@推敲中? :01/10/25 10:21
小説書こうとして一作でも書き上げられるのは十人に一人。
書いた奴の十人に一人が、同人誌レベルで抜きんでて、
さらにその十人に一人が、商業誌にデビューできる。
小説でなんとか食えるのは、さらにその内の十人に一人。
おれは、商業誌デビューして、もう10年そのまんまだ。




ば〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜か

147 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 10:34
馬鹿と言うより、才能ないんだろ。
小説で食えてないんだから。

148 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 11:25
>>138
電子メールの投稿も受け付けてくれるんだね。これってポイント高いかも。
数百枚の原稿をプリントアウトするのって時間と労力が馬鹿にならんからなあ。

149 :ちょう人類:01/10/25 11:30
馬鹿だから才能ないんだよ。馬鹿 = 才能なし
>147
才能は天から降ってくるものじゃない。端的に言って偏差値のことだ。
東大のひとつもでてりゃ、あとはやる気ひとつで、文学に限らずどこでも通用する。
馬鹿に才能の開花した例があるか?
>147

150 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 11:46
もしかすると学歴コンプレックス?
才能=偏差値だなんて、さすがに才能がない人の理論は違う。
だいたい馬鹿と才能を同じベクトルでくくろうとするのが間違いだろ。
それに東大のひとつでもなんて、東大はもともと一つだよ。
世界レベルでは、北京大学やマレーシア大学よりも順位低かったはずだけどね。

151 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 11:51
>149
公魚大先生も東大(しかも院)卒だしな(w

152 :ちょう人類:01/10/25 12:46
能力が必要だっていうんだよ。
才能? まーロマンチックな乙女みたいなこと言って。(ぽっ)
そんな言い草はフルイにかけられた奴の引っ込み付かないでいる姿にすぎない。
よく訓練された事務的能力。それが文学のすべてだ。
>150
公魚大? 何者?
>151

153 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 13:03
>152
ロマンチックな乙女なんだから、仕方ないだろ。
どうせおれは、才能があふれているんだよ。
事務だって、バリバリだぜ。ワープロ検定一級持ってんだ。

154 :松本祥宏:01/10/25 13:14
>153
すごいじゃーん。

155 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 13:45
>152
公魚大ではなく公魚-大先生。
小説講座をやってた人だっけ。

156 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 13:45
公魚をしらない奴がいたなんて・・・!
ミステリ板の若桜木スレに逝ってみろ。
板の上の方に常時あがってるからすぐわかるはず

157 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 14:04
一次は人にもよるからねえ。運じゃない?
信じられないような話もイパーイ聞いたよ!
一次も通れないやつは日本語もできんクソ! って息巻いてる人
多いけど、実際、どうして? ってやつが通ったり、落ちたりしてる
こともある。
あんまり気にするなー。
本気で(・∀・)イイ!なら、サイトやってれば有名になるし、有名に
なれば人の目に止まることもある。

158 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 17:47
あるお医者さんが、一次で落ちた作品を別のところに再応募したら、
最終選考まで勝ち残った例もありますしね。

159 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 18:39
>>158
そういうのってものすごーくマレな例だとおもう

160 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 19:37
>>159

まれはまれだけど、ものすごーくというほどではないよ。折原一さん、斉藤肇さんも(どっちかは受賞)。
ある賞では一次おちしたものが、別の賞では一次・二次なんてしょっちゅうだよ。俺もそうだし。要は「あきらめない」ってのが大事なんだな。

161 :名無し物書き@推敲中?:01/10/26 01:23
ストックが1作しかない(そればかりかその1作すら未完成)
という人が賞を狙うというのはいかがなものか?

量産出来ることが良いわけではないが複数の作品を書き
連ねる愉しみも知って欲しいのです。

162 :名無し物書き@推敲中?:01/10/26 08:31
私は一次で四回おちた。
どうしても駄目だったので、それから数年苦労して持ち込みデビューした。
業界に入ってみると、出版社といってもさまざまな性格があり、
編集者といってもこれも極めて多様な性格・好みの人が散在するということです。
A編集者が「全然駄目」と言った作品が、B編集者は「凄くいい!」と言うことがある。
デビューに際して<運>というものがあるとすれば、それは『自分の才能を好きになってくれる編集者と出逢う運』だろう。
これは恋愛・結婚みたいなもので、たくさん当たって試してみなければ、分からないし、出逢えない。

もう一つ思うのですが、下読みの人に好かれる作品って、何か漠然とした傾向があるような気がしてならない。
文章・作品レベルがある程度の水準であっても、「なんだかこいつの作品、気に食わない」と下読み係りに
思わせてしまう作品というものがあるのではないだろうか。下読みの人も人間だから、読んで怒ったら通さないだろう。
人を本気で怒らせるような作品にこそ、価値はあると思うのですが・・。

163 :名無し物書き@推敲中?:01/10/26 11:30
下読みのことなど気にしてたら、書けないのではないか。
せいぜい、読みやすい原稿にしておくくらいでいいと思うけど。

164 :734:01/10/26 12:13
 僕もそう思う。
 とゆーか下読みの人、どんな人か気になる。
 厨房かもしれないし。

165 :名無し物書き@推敲中?:01/10/26 12:27
当然、ダメな奴もいるだろうな。
おれも以前、知り合いの作品を同人誌で読んで、何だよコレ
と思ったら、ある新人賞を受賞した。
読み手として自信なくしたね。
おれみたいのだったら、いい作品も見落とすだろうな。

166 :名無し物書き@推敲中?:01/10/26 13:10
編集でも下読みでもダメなのはダメだし合わないのは合わないだろうな
入社ホヤホヤでも編集は編集。ということは、下読みと編集を分けるのは
入社試験だけ、ってことだ。
(長年編集をやってれば、実戦経験もついてくるんだろうが)
例えば138が紹介してたカドカワの賞にしても、ミステリを送ったが
ミステリはてんでダメな編集者が読んで批評するかもしれん
結局は、広い意味での読者のことを考えて書くしかない、ってことか

167 ::01/10/26 14:19


162 名前:名無し物書き@推敲中? :01/10/26 08:31
私は一次で四回おちた。
どうしても駄目だったので、それから数年苦労して持ち込みデビューした。
業界に入ってみると、出版社といってもさまざまな性格があり、
編集者といってもこれも極めて多様な性格・好みの人が散在するということです。
A編集者が「全然駄目」と言った作品が、B編集者は「凄くいい!」と言うことがある。
デビューに際して<運>というものがあるとすれば、それは『自分の才能を好きになってくれる編集者と出逢う運』だろう。
これは恋愛・結婚みたいなもので、たくさん当たって試してみなければ、分からないし、出逢えない。

もう一つ思うのですが、下読みの人に好かれる作品って、何か漠然とした傾向があるような気がしてならない。
文章・作品レベルがある程度の水準であっても、「なんだかこいつの作品、気に食わない」と下読み係りに
思わせてしまう作品というものがあるのではないだろうか。下読みの人も人間だから、読んで怒ったら通さないだろう。
人を本気で怒らせるような作品にこそ、価値はあると思うのですが・・。





ば〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜か

168 :名無し物書き@推敲中?:01/10/26 15:05
>167
下読み発見!

169 :734:01/10/26 15:34
なんで馬鹿なの?

170 :名無し物書き@推敲中?:01/10/26 16:15
デビューしたというのが気に入らないんだろう。
どうせ厨房だから、ほっときましょう。

171 :名無し物書き@推敲中?:01/10/26 16:32
煽りにageでマジレス、ご苦労様。

172 :名無し物書き@推敲中?:01/10/26 17:20
>171
下読みハケーン!
たまには一次で見落とすこともあるさ。もう気にすんな。

173 :名無し物書き@推敲中?:01/10/26 18:21
>172
一次落選者ハケーン!

174 :名無し物書き@推敲中?:01/10/26 19:50
>173
二次落選者ハケーン!

175 :名無し物書き@推敲中?:01/10/26 21:48
>174
三次落選者ハケーン!

176 :名無し物書き@推敲中?:01/10/27 02:02
>175
四次……って、いーかげんにしなさい。

177 :スターバック紅茶:01/10/27 15:09
ビッグタイトルの新人賞を狙っています。
みなさん、がんばりましょう。

http://homepage2.nifty.com/naoyoshi1969/

178 :名無し物書き@推敲中?:01/10/27 15:36
歯医者が大変なのは分かった。
豪華ホームページを毎日更新する暇と労力があったら、作品を書こう。
5000万の借金をして自分の医院を建てるなんて貴重な経験だから、
とりあえずそれを活かした小説はいかがか。

179 :名無し物書き@推敲中?:01/10/27 17:46
受賞作より最終選考落ち作品の方が売れた例もあるし、スターバック紅茶さんの原稿も
出版されるといいですね。

180 :名無し物書き@推敲中?:01/10/27 22:47
<熱帯都市>の一次選考おち、プロットを見た限りでは
私も「どうして?」と思う。面白そうなのに。
一人称で書いたこと、普通の人はあまり行けないバンコクを
舞台にしたこと(想像するに、ウンチクたっぷりにやったのではないですか)、
等の理由により、下読み係に「こいついい気になってやがる」と嫌われた可能性がありますね。

181 :名無し物書き@推敲中?:01/10/27 23:56
>普通の人はあまり行けないバンコク
ど、どこの普通の人だ?

182 :名無し物書き@推敲中?:01/10/28 00:14
たまたまアホな下読みに引っかかってしまったようですね。
でも桐野先生や宮部先生は、ちゃんと分かってくれたみたいですし、
きっと面白い作品なんでしょうね。
スターバック紅茶さん、早くあなたの本を手に取って読みたいです。

183 :名無し物書き@推敲中?:01/10/28 16:59
新人賞に応募したことのある人いますか?
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/973795746/l50

184 :松本祥宏:01/10/28 17:16
松本の新作は「おまんこは最大の文芸」で更新中!

185 :名無し物書き@推敲中?:01/10/30 22:16
ザ・スニーカーに一次選考通過者の名前が出ていなかった。
ひょっとしてコネ野郎の作品を上の選考に紛れ込ませようという編集の陰謀なんだろうか。

186 :名無し物書き@推敲中?:01/10/30 22:21
群像に出した。

187 :名無し物書き@推敲中?:01/10/30 22:54
http://www.kadokawa.net/e-next/

188 :名無し物書き@推敲中?:01/10/31 13:20

応募資格は何かね
未成年でも応募できるんかい?

189 :松本祥宏:01/10/31 13:28
松本の新作は「おまんこは最大の文芸」で更新中(の予定)。

190 :名無し物書き@推敲中?:01/10/31 19:54
酔うて板に伏し
スレを荒らすとも
君、これ、笑う
ことなかれ
古来、新人賞、
幾人か受からん
酔うて、板に泣き
スレを荒らすとも
君、これ、笑う
ことなかれ

191 :名無し物書き@推敲中?:01/11/01 11:53
>スターバック紅茶さん

最終選考に残った作品があるのなら、それを持って出版社にアタックあるのみ。
枚数もあるし、門前払いにはされないと思いますよ。

192 :スターバックス紅茶さんへ:01/11/02 13:44
少なくとも、乙武さん(のことはそんなに好きじゃありませんが)のことをああいう風に自己紹介で書いたり、
「だるまになろうか」などという発言をする人がまともな人間とは思えません。どんなに小説が面白いとしても。

193 :名無し物書き@推敲中?:01/11/02 16:01
日記の内容もそうだが第二の公魚候補か?

194 :名無し物書き@推敲中?:01/11/02 17:52
名をなせバネ(藁

195 :スターバック紅茶:01/11/02 22:35
>>192

それはいえてる。
消しておきます。

196 :名無し物書き@推敲中?:01/11/03 00:14
今さら消したってねえ……アナタの人格が向上するわけじゃなし(笑)。
でも、ま、面白い作品を世に出してさえいただければオッケーです。

197 :名無し物書き@推敲中?:01/11/03 01:02
スターバック紅茶さんの素直さに好感持った。
やっぱり応援します。

198 :スターバック紅茶:01/11/03 01:21
>>196
すんません。。
たったさっきびっっくりするような超有名作家からメールが
届いてホームページについてお叱りをいただきいたところです。

面白い作品を世に出せないのでOKではないですね。。

199 :スターバック紅茶:01/11/03 01:22
>>197
はげましありがとうござます。
じつはあまり素直ではありませんが、がんばります。

200 :作家志望カス:01/11/03 05:42
角川書店、えらい!
おまえらはやっぱり、ヤルとおもってたyo. 一種のアナキー体質もってるとおもてたよ!ホラー
大賞といい!
ところで、1 本賞は、選考委員が応募作の相対評価で受賞作を決定するコンペティションではありません。
編集者が一作一作丁寧に目を通し、
ってところだけども、ようやくココ2ちゃんでの、いかに下読み人がクソか、小説新人賞業界では
クソ、ヘド、くさりきってる、インチキ、デキレースが横行してるかの事実の暴露が
いい意味で薬となって聞いてきている証拠だね。
もう、だれが文藝なんぞに送るかよ。(文学界は、編集部員が昔から呼んでいるというから別ね)

わたし、送ります。文藝落ちの作品です。1次すら通りません弟子けどね。
すごい作品です。
まあ、バイオレンスとでもいっときましょうか。
あほな、講談社の犯人だーれだっとお話ではないですね。)ワラ

201 :名無し物書き@推敲中?:01/11/03 05:51
>>200
あんた、文学板の阿部和重スレに出てきたトンデモだな。

202 :名無し物書き@執筆中:01/11/03 10:38
>スターバックス紅茶
あんたの大好きな「ゆめふみ荘」や「作家でごはん!」の連中はちやほやするばかりであんたの
トンデモ発言について何も注意してくれなかったのか?
見捨てられてるな(藁)

203 :名無し物書き@推敲中?:01/11/03 11:08
>>192
五体不満足読んだ?

204 :名無し物書き@推敲中?:01/11/03 12:56
202>
「俺たちゃスゴイぜ!自画自賛軍団」臭い「ゆめふみ荘」は知らないが、「作家でごはん」
の連中は意外とバカじゃないから、イタそうな奴は「煽て殺し」か「無視」でやりすごして
いると思うよ。
ま、せっかく久々に活きの良いヲチ対象物が出てきたのだから、なまぬるーい目で末永く
見守ってやりましょうや(藁
スターバックス紅茶さんとやらは、あれだけブチ挙げたんだから、あと二年くらいのうちに、
賞金一千万のビッグ・タイトルでデビューできないと、口先ばっかのあちがち野郎として
鼻でせせら笑われるだけなんだしさ。

205 :名無し物書き@推敲中?:01/11/03 15:29
どうでもいいけど、どのページも、壁紙の色が濃すぎて
字がものすごく読みにくいのよね>紅茶さんのページ
Winだからなのかもしれないけど、あれではリピーターに
なろうとは思えないよ・・・

206 :名無し物書き@推敲中?:01/11/03 17:23
スターバック紅茶さんに嫉妬するのはよそう。彼はまだ若いから、更正の
余地は十分にあるよ。
もう少し仲間として優しい目で見守ることはできないのか?

207 :名無し物書き@推敲中?:01/11/03 17:36
>>206
優しい目で見守ることは不可能ではありませんが、仲間にはなりたくないですねえ(藁
嫉妬? ウン、それはあるかもしれない。認めマス。

208 :名無し物書き@推敲中?:01/11/03 21:48
だってこういう難民が集う場所で
満ち足りた人生(?)プロモーションするのは
反感買うのも覚悟のうえなんじゃないのかと思ってさ。

209 :名無し物書き@推敲中?:01/11/03 22:03
>>200が一次落ちするのは妥当であるに一票

210 :名無し物書き@推敲中?:01/11/03 23:12
@捨た場日記
なんだよ、もっともっと既存の作品に高慢な感想吐かせて、自分で自分の首を
締めさけておけばいいのに、よけいなことすんなよ、某A賞受賞作家とやら。

211 :名無し物書き@推敲中?:01/11/03 23:32
小学館から小学館文庫新人賞への原稿が到着したとのハガキが来た。

212 :名無し物書き@推敲中?:01/11/03 23:50
>>208
いきなりコテハン(っつーか他で使ってるハンドル)で
ここに書き込んでるところを見ると、単に2chがどんな
場所なのか知らなかっただけと思われ。
生ぬるい視線でヲチしたってあげましょう。

213 :名無し物書き@推敲中?:01/11/05 14:59
スレの趣旨がずれてない?

214 :名無し物書き@執筆中☆:01/11/06 13:51
>206
どこが若いんだよ。十分な大人じゃないか。大人のすることじゃないね。あの馬鹿発言の山。

しかも閉鎖したコンテンツ、リンク切ってるだけじゃねえか。
日記には相変わらず凄い発言だらけだぜ(藁)

>213
ずれてるね。
平行して普通の?話題も出せばどうだ

215 :名無し物書き@推敲中?:01/11/06 15:19
みんな、今まで何回応募した?
私は数年前に文藝1回、文学界1回(1次通過)
今年、群像と文学界(推敲中)だよ。

216 :名無し物書き@推敲中?:01/11/06 15:37
既述だと思いますが
「すばる文学賞」と「小説すばる新人賞」
は別物なのですか?

217 :名無し物書き@推敲中?:01/11/06 15:54
>216
まったく別物。すばるは純文学(ちと怪しいが)で小説すばるはノンジャンル。
雑誌もそれぞれで出ている。

218 :名無し物書き@推敲中?:01/11/06 16:33
☆野球板のロゴをオッパイにしてみませんか
野球板ロゴ決め議論スレでは、オッパイロゴを候補作としてエントリーするか否かでもめておりますが
オッパイ反対派の態度は酷いもので、話も聞かず、
問答無用でオッパイ却下だと言うのです。まともに意見すれば荒らし扱いされるという始末です。
これはオッパイに対する差別であり、この悪に屈するわけにはいきません。
我々は100%の正義を胸に戦わなければならないのです。そこで、お願いです。
力を貸してください。下記の議論スレで「オッパイロゴもエントリーしろ」と書き込んでください。
あなたのその一票が野球板の運命を変えます。

■野球板のロゴを決めよう■ http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/base/1002439799/
オッパイロゴ(現在3種類) ※開くとエラーが出る人は、コピペで開けば見られます
http://isweb30.infoseek.co.jp/computer/dnasuoht/cgi-bin/img-box/img20011103085000.jpg
http://isweb30.infoseek.co.jp/computer/dnasuoht/cgi-bin/img-box/img20011104190516.jpg
http://isweb32.infoseek.co.jp/sports/yakyu2ch/cgi-bin/img-box/img20011106085815.jpg

219 :名無し物書き@推敲中?:01/11/06 21:31
お釜ですが。

220 :名無し物書き@推敲中?:01/11/07 13:18
●執筆も快調。
じわじわと話がすすむ。
ジェットコースタースリラーだった「ゲストハウス」に比べると、「クイズの王様」は序章だけはスピード出しすぎだが、それ以降は緩慢。
事件が起こるのもいつもなら作品の冒頭なのに、なかなか姿を現わさない。じわじわと主人公に闇が忍び寄っていく展開。
アイディアがまとまらないうちに書き進めたのが、こんなベクトルに進み出した。
そろそろ、話に緩急をつけることを憶えていかなくちゃって思った。今までの僕の作品は、緩がほとんどなくて急オンリーだった。
これでは読者の方も疲れてしまう。
ところで、作品のテーマも固まってきた。
「心のゆがみ」かな。
人間って慢性的に長期間ストレスが継続すると、こわれていくと思う。たとえば、歯の痛みだってストレスだ。
これがずーっと続くと、それが些細な疼痛であるとしても、精神が歪んでしまうのではないか。
「クイズの王様」はそんなお話になりそう。でも、これって処女作「不審火」と同じだよなあ。
さてさて、がんばって執筆を進めて今日だけで原稿用紙20枚は書いた。現在のところ原稿用紙換算枚数178枚。
グレートだ。わずか2週間くらいでこの枚数だ。
アイディアがほとんどなかった状態からのスタートだから我ながら速筆だと思う。
こんな段階に来ても実は、犯人像や動機がぼんやりと形をなしていない。一応犯人は決めてあるが、どのように説得力を持っていくか、書きながら構想を練っている状態だ。あまり、何も考えずに書くと、枚数の制限を越えてしまうこともありうる。
特に、今回はじわじわと話が進んでいくので、枚数を把握していかないと最後の方で足りなくなって、駆け足解決では意味がない。
ところで、構想もそろそろ広がりを狭めている。今まではその構想を具体的に文章にしてきたが、もうつまり気味なのよね。構想が止まれば、筆も必然的にその段階で止まってしまう。その時が近い。これは構想の方も進めていかねばならないということだ。言うのは簡単なんだけど。
構想さえあれば、書くのは楽。思ったことを文章にしていけばいいだけだから。僕自身は文体にはあまりこだわらない。ちゃんと伝わればいいと思っている。内容本位なのだ。シナリオや脚本家の方がむいているかもしれない。

221 : :01/11/07 13:20
いや

222 :名無し物書き@推敲中?:01/11/07 16:40
一番近い新人賞ってナニ?

223 :名無し物書き@推敲中?:01/11/07 18:01
11末のオールよみものとか?

>220 コピペの方が白地に近いからよみやすいね。

224 :名無し物書き@推敲中?:01/11/07 19:14
オールよみもの……
時代劇でもかいてみるかー!

225 :名無し物書き@推敲中?:01/11/07 21:29
時代物は大変そうだな

226 :名無し物書き@推敲中?:01/11/08 04:07
時代物つまらん。
現代を舞台に面白いの書いてくれ by 一読者

227 :名無し物書き@推敲中?:01/11/08 23:34
オールって、そんなに時代ものばっか受賞してるの?

228 :名無し物書き@推敲中?:01/11/11 06:01
editorってソフト、パソコンで小説書いてる人からよく聞くけど、
これってeditorが正式名称なの?
フリーソフトかなあと思ってベクターに行ってみたんだけど、
editorと名のつくソフトがたくさんあって、
どれのことかわからなかったよ。

ワード使ってるんだけど、使いにくくて、
いいソフトがあったら替えたいんだよね。

スレ違いだったらスマソ。

229 :228:01/11/11 06:22
スタバ紅茶氏んとこ行ってみて、なんとなくわかった。
editorてのは、ソフトの固有名詞じゃないんだな。

じゃああらためて質問。
皆さんがおすすめするエディタソフトはなんですか?

230 :名無し物書き@推敲中?:01/11/11 06:31
ddpあたりがいいよ。

231 :名無し物書き@推敲中?:01/11/11 06:46
O's Editorで縦書きで書いてます。

232 :名無し物書き@推敲中?:01/11/11 06:48
ずっと原稿用紙スタイルで書いてたけど標準すたいるのほうがいいね。
オズは。

233 :名無し物書き@推敲中?:01/11/11 21:56
フリーソフトだと、ストーリーエディタ?

234 :名無し物書き@推敲中?:01/11/11 23:41
QXエディタがいいよ!

235 :名無し物書き@推敲中?:01/11/11 23:42
↑3000円

236 :名無し物書き@推敲中?:01/11/11 23:53
ところで、みんなはどんな賞を狙ってるの?

237 :名無し物書き@推敲中?:01/11/12 01:05
ジャンルを考えて絞る・・・。

純文学系も書くけど、下手くそなのか、
コバルトとかではかなりいいところまで残っても、
純文学系では一次通るのがやっと・・・。

238 :名無し物書き@推敲中?:01/11/12 02:25
角川NEXT

239 :名無し物書き@推敲中?:01/11/12 05:22
O'sで「縦書き一段組」というスタイルを自分で作って書いてます。
応募原稿に近い形式。
これだと、印刷したときのギャップが少なくて書きやすい。

240 :228:01/11/12 10:06
みんなありがとう。
名前が挙がったソフトの中で、
フリーソフトはストーリーエディタだけかな?

全部探して比べてみるよ。
ありがとうございました。

241 :名無し物書き@推敲中?:01/11/13 00:56
推敲って立て続けに何回もやるより
ぜったい時間おいて、何回もやったほうがいいね。
(何をいまさら)

242 :名無し物書き@推敲中?:01/11/13 19:42
いや、大事なことだ。
つまり小説はウンコのようなもので、出しては一休み、
出しては一休み、ためといて一気にガバッと出るときも
あれば、しばらく時間を置かないとどうにもならないときもある。
有名なわかさき先生が十日で三百枚書く、というのは信じられないな。

243 :名無し物書き@推敲中?:01/11/14 00:36
そういってくださると嬉しいんですけど
何回も何回も推敲したのを二週間ぶり読んでみたら(中編)
また中盤から最後まで書き直してるっていう自分ももどうかな?って思って。
いったいそれまでの推敲って何だったんだよ!と思って。

こちとら一ヶ月で三〇〇枚すら夢の夢れす。

244 :名無し物書き@推敲中?:01/11/18 18:37
文学界とかはスレあるから、ほかのに特化して一応アゲ

245 :T:01/11/19 04:54
ねえねえ、
やっぱ、角川のNEXT章ってのは、ライトノベル臭い賞なのかな?
それとも、ノージャンル、例えて言うなら、映画みたいなもの?
皆も映画みるときに、ジャンルではなさないよね?
「おもしろい映画、今なんかやってないかなあ〜」ッてなくくりで対峙するよね?

246 :名無し物書き@推敲中?:01/11/19 09:23
オール読物新人賞に時代物以外で応募する人いる?
需要はあるらしいのだが・・・

247 :名無し物書き@推敲中?:01/11/19 11:57
あ、わたし応募する。
っていうか時代物の賞ってかんじなの、一般的に?

248 :名無し物書き@推敲中?:01/11/19 23:47
洞窟に一人閉じ込められる話なんだけど(現代)
小説現代新人賞とオール読物新人賞の
どっちに出せばいいと思う?

249 :名無し物書き@推敲中?:01/11/20 00:56
オール読物は時代物ってイメージあるけど、
別に時代物限定でもないし時代物が選考で有利になるってこともない。
ちょっと前に現代を舞台にしたユーモア小説が受賞したとき、
編集部の人が「ユーモア小説が選ばれたことは賞の幅を広げてくれた意味でも嬉しい」って逝ってた。
この受賞作はオール読物にしては珍しく単行本にもなったしね。
>>246
賞の傾向はほとんど同じだからどっちでもいいんじゃない?
とりあえずオール読物の方がレベルも高いし伝統もあるからこっちを目標に設定しておいて、
締め切りに間に合わなかったら数週間後の小説現代に送る、とか。
ただ小説現代は選考委員に山田詠美がいるからねー・・・

250 :名無し物書き@推敲中?:01/11/20 01:25
>>249
時代劇スレの7のひと?

251 :名無し物書き@推敲中? :01/11/20 05:27
純文系なのですが、小説現代新人賞は厳しいでしょうか?
太宰か文学界を狙おうと思っていたのですが、
枚数的に微妙で・・・山田詠美に惹かれました。
やはり、純文より、社会性を重視した作品のほうが、
小説現代には向いてるのでしょうか。

252 :名無し物書き@推敲中?:01/11/20 15:35
純文かどうかと作品が社会性を重視したものであるかどうかは関係ないと思うけど。
つか、小説現代は純文受け付けないよ。

253 :名無し物書き@推敲中?:01/11/20 15:36
>>249
>とりあえずオール読物の方がレベルも高いし伝統もあるからこっちを目標に設定しておいて、
>締め切りに間に合わなかったら数週間後の小説現代に送る、とか。

全てを理解した上であえてレベルの低い小説現代に
送ろうとした俺っていったい・・・

254 :名無し物書き@推敲中?:01/11/20 15:37
>251
山田詠美は文学界の選考委員もしてるじゃん。
つか、今回の文学界の選評すんげえな、絶句じゃ。

255 :名無し物書き@推敲中?:01/11/20 15:40
小説現代ねー。
昔は良かったけど最近はねー。
オール読物は直木賞も狙いやすいしね。

256 :名無し物書き@推敲中?:01/11/20 16:03
何度も出ている話なんだけど
自分の作品のジャンルが分からない人って多いよね?
ま、俺もそうなんだが・・・
とうの本人にしてみればどこに送るかで迷うわけよ。
俺のことね、俺。
ホラーなんだがミステリーなんだか分からない
純文なのかエンターテイメントなのかは理解不能
悩みつづけて何年たってんだか・・・
トホホ。

257 :名無し物書き@推敲中?:01/11/20 16:58
>256
そういう人は文藝賞か朝日新人文学賞がいいんでねえの。今までの受賞作を見ますと、
ジャンル関係ないようだし。

258 :名無し物書き@推敲中?:01/11/20 17:39
新潮新人賞も、一応雑誌は文芸誌だけど、
純文学じゃないからって選考から外されることはないYO
会社がアレだけど。
あと(レベル氏ぬほど高いけど)開高健賞もあるしね。

259 :名無し物書き@推敲中?:01/11/20 17:43
>>258
>会社がアレだけど

ここんとこを詳しく教えて頂けないですか?
よく話には出ているみたいなんだけど・・・

260 :名無し物書き@推敲中?:01/11/20 21:43
>254
山田詠美ってあんな偉そうなこと言える作家なん?って思った。
たしかにあの佳作はひどかったけど。

261 :名無し物書き@推敲中?:01/11/21 02:58
251です。
皆さんの意見、とても参考になります。ありがとうございます。
文学界行くには、枚数がちと足らないくさいのです。
自分は恋愛小説を書いているのですが、
純文=恋愛、とは一概には言えないみたいです。
純文って、生き方を考えさせるもの、とありました。
やっぱり、自分の小説のジャンル分けって難しいですよね。
それで、僕は年内に一本か二本、賞に応募しようと思っているのですが、
何に出せば良いでしょうか。(恋愛小説を受け入れ易い、という意味でも)
小説現代は厳しいですかね。太宰はもっと厳しい?

262 :名無し物書き@推敲中?:01/11/21 13:21
>>261
うーん、恋愛小説かどうかと純文かエンタメかどうかも関係ないからね。
エンタメのなかにも純文のなかにも恋愛小説はあるでしょ?
恋愛小説を受け入れやすい賞っていうのもないからね。
そんな狭いジャンルに限定してたら、賞を実施できないじゃん。

純文とエンタメの見分け方として、
「ストーリーの面白さよりも文章表現に重きを置いたのが純文学、
文章表現よりもストーリーに重きを置いたのがエンタメ」
ってのがあります。これも一つの参考になるのでは。

263 :名無し物書き@推敲中?:01/11/21 23:28
文学界の選評って
たいてい、けちょんけちょんにケナされてるけど
あれ、読んでると、いったい、何書けばいいのかわかんなくなるよね。
でも、そんな傾向と対策を練るようではイカン!ということなのでしょう。
やはり純文は内なる叫びを訴えなくては!
ねぇよ! そんなの(w

264 :名無し物書き@推敲中?:01/11/22 00:32
あの、質問です。
「小説現代新人賞」って選考の途中経過出るんですか?

265 :名無し物書き@推敲中?:01/11/22 01:00
文学界、浅田が居る時点でムズイ。詠美と島田は違う意味でムズイ。
奥泉と辻原はとても優しいわん。

266 :名無し物書き@推敲中?:01/11/22 01:14
>263
文学界には送るなってことよ。
最近文学界ドキュソだし。受賞しても本にしてくれないし。

267 :名無し物書き@推敲中?:01/11/22 01:31
>266
他の賞にくらべて枚数が少ないからでしょう、
ってかばってもしゃーないか。

268 :名無し物書き@推敲中?:01/11/22 12:04
文学界の浅田がやたらリアリティについて言及しているが、
そうしなければいけないほど応募作の水準が低いと言うことなのか。
リアリティなど、純文でもエンタで最低限必要なことだろう。
リアリズムを感じない、という選評なら、まだ納得できるのだが。

269 :名無し物書き@推敲中?:01/11/22 23:39
浅田先生の説によると
「文学界新人賞は芥川賞のようなくだらないものと違う!」そうなので。

個人的には
「筒井康隆は三流だ。中上のような作家こそが一流なのだ!」
とかいう発言にムカついたことがあり。

270 :作歌しオブ:01/11/23 04:00
角川NEXT賞におくれってんの、だからさ。

271 :名無し物書き@推敲中?:01/11/23 21:34
本当に申し訳ないのですがあらゆるジャンルについて、
どういう作りなのか教えていただけませんか?
ホラー=恐い話 のように。
最近、ちょっと頭ん中がおかしくなってきておりまして。
簡単にいうと爆発しそうなんです

272 :名無し物書き@推敲中?:01/11/23 22:13
チミの文章から、おかしくなってきていることが確かに伝わってくるぞ。

273 :名無し物書き@推敲中?:01/11/24 11:44
>>271
20世紀末につかわわれた言葉にボーダレスというものがある。
垣根はとりはらわれているので
ジャンルのことは気にせず、素でかけばいい。
応募する新人賞がわからない、というのはたんにリサーチ不足。
頭爆発させて人に迷惑かけてないで、大人になれ。

274 :名無し物書き@推敲中?:01/11/24 23:54
誰も教えてはくれないのね。

275 :T:01/11/25 05:43
だからこんな多様化した時代、角川NEXT賞に遅れってんの。

276 :名無し物書き@推敲中?:01/11/25 12:34
>275

角川NEXT賞に送れという意味?送るなという意味?

277 :名無し物書き@推敲中?:01/11/25 14:38
>>234
自己見解を、ひとつ

278 :名無し物書き@推敲中?:01/11/25 16:43
87さんはどうなったのだろうか?
元気にしてますか。

279 :名無し物書き@推敲中?:01/11/25 17:53
群像って選考発表いつあるの?

280 :名無し物書き@推敲中?:01/11/25 18:27
何次選考ぐらいまであるもんなの?

281 :名無し物書き@推敲中?:01/11/25 18:56
肥満児先公

282 :名無し物書き@推敲中?:01/11/25 21:30
バイオハザード小説大賞ってどうなったんでしょう。
スレ違いだったらごめんなさい……

283 :>282:01/11/26 00:51
12月1日発表だけど、受かっているのなら
それより前に連絡あるだろう

284 :名無し物書き@推敲中?:01/11/26 00:53
ゾンビが鷹を産むってか

285 :名無し物書き@推敲中?:01/11/26 05:28
デマ教えてがっかりさせるなよ>283
最終選考でさえ十二月の中旬だ。なんでそれより発表早いの?(藁

286 :挫折名無し:01/11/26 09:22
百円文豪文学賞ってがいしゅつ?

287 :名無し物書き@推敲中?:01/11/26 17:25
ああー、読み物(締)が目前に・・・

288 :名無し物書き@推敲中?:01/11/26 17:41
いや、まだまだ。前日になって、はじめて目前だ。

289 :名無し物書き@推敲中?:01/11/26 23:28
読み物って、あらすじ書かなくていいから助かるよね。

290 :282:01/11/27 06:14
一次選考が発表になってました。新刊の文庫折込み。
レス下さった方ありがとうございました。

291 :>282:01/11/27 07:06
どの雑誌を調べれば載っているんですか?
なんせ応募しちゃったもんですから

292 :282:01/11/27 20:45
>291

今月の電撃ゲーム文庫に挟まっている、「電撃のないしょ話」(だったと
思います。普通の電撃文庫のとはまた別なのでご注意下さい)に載ってい
ます。二次の結果は来月みたいです。
通っていらっしゃいますように>291

293 :291:01/11/27 22:47
電撃ゲーム文庫というレーベルの文庫を探して
その中に挟まっている広告みたいなのを調べればいいんですね?
チェックしてみます。

なんせ、
http://www.dengekionline.co.jp
から調べて応募したものですから。
でも12月1日が受賞発表だと思いましたよ。

294 :名無し物書き@推敲中?:01/11/28 00:01
>293
なんかラ板で見たよ。
新人賞厨房スレで。

チガタラゴメソ。

295 :名無し物書き@推敲中?:01/11/28 00:01
ラ板に一次結果がコピぺされてるよ。
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1005520521/l50

応募要項見た限りでは最終選考が12月上旬とあるので、それ以前の受賞発表というのは
ないでしょう。

296 :名無し物書き@推敲中?:01/11/28 00:08
↓誰かモー娘。&ハロープロジェクトのメンバーに似ている人知らない?
http://www5d.biglobe.ne.jp/~musume/m_magazine.htm

297 :名無し物書き@推敲中?:01/11/28 22:34
小説現代新人賞って、
恋愛小説でも大丈夫?
誰か教えて。
一応、現代、時代、推理、SF等ジャンル不問。となっている。
太宰に出すか文学界に出すか迷っています。

298 :名無し物書き@推敲中?:01/11/28 22:36
>小説現代と文学界どっちに送ろうか迷ってます。
>傾向を正確に教えてもらいませんか?

同じく。

299 :名無し物書き@推敲中?:01/11/28 23:39
>>297-298
たまには自分で調べましょう。

300 :名無し物書き@推敲中?:01/11/29 01:17
300get

301 :名無し物書き@推敲中?:01/11/29 02:17
太宰賞の募集要項とか載ってるサイトない?

302 :名無し物書き@推敲中?:01/11/29 02:20
>>297
ぜんぜん大丈夫だよ。あとはあなたの腕次第。

303 :名無し物書き@推敲中?:01/11/29 02:56
>301
あるよ。

304 :名無し物書き@推敲中?:01/11/29 04:34
>>303
ぜひ教えてください。

305 :名無し物書き@推敲中?:01/11/29 06:56
297-298さんがあちこちにいるけど
どんなアマチュア作家だって
自分が読んできた作品の影響下で
作品を書くものだと思うよ。
あなたがエンタメ系読んで育ったのなら現代におくればいいし
純文系読んで育ったのなら文学界へ
……という考え方はどうですか?

306 :名無し物書き@推敲中?:01/11/29 15:29
本文の最初の1枚目には題名を書くの?
書くとしたら右端からは一行開けるの?
題名の次も一行開けるの?

307 :名無し物書き@推敲中?:01/11/29 16:57
>306
公募ガイドを買え。

オール読み物、三日で書き上げた。と言っても枚数ぎりぎり。
こんな人をどんどん殺す話は、ダメだろうな。今回は参加賞だ。

308 :名無し物書き@推敲中?:01/11/29 17:08
三日で? すげえ。何枚くらいのやつ?

309 :名無し物書き@推敲中?:01/11/29 17:17
 枚数ぎりぎりってことは30枚か。30枚目はどこまで書いた? 半分くらい?

310 :306:01/11/29 17:48
誰か教えてください

311 :名無し物書き@推敲中?:01/11/29 19:00
>>310
適当でいいじゃん。俺も知らない。新人賞とか書いて検索してみれば?
ヤフーなどで。

312 :名無し物書き@推敲中?:01/11/29 19:00
>306
指定がないなら好きにしよう。
ラ板の厨房専用新人賞スレが詳しいよ。そういうこと。
最初のFAQ読むだけでもかなり楽しいのでGO!

313 :306:01/11/29 20:16
ありがと。
でも見れなかった。

314 :名無し物書き@原稿中:01/11/29 20:47
文藝賞一次通過(要は二次落ち)って、どの程度のレベル?
さっぱりわからん。

315 :名無し物書き@推敲中?:01/11/29 20:58
>>313
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1005520521/l50

316 :名無し物書き@推敲中?:01/11/29 21:18
オール読み物は、結局、推敲して32枚になった。
なんか40枚くらいにはしとかないと格好が付かないような気がするが。
ままいいや。次は、文学界だ。1ヶ月で100枚か。まあいいや。
どうせ、仕事ひまだしな。

317 :306:01/11/29 21:21
>>315
感謝。

318 :名無し物書き@推敲中?:01/11/29 21:38
>>316
あんたすげえよ。俺も小説現代12月の20日まであるから今から40枚ガンバて見ようかな。
>>317
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/6226/koubodb.html
これは?

319 :名無し物書き@推敲中?:01/11/29 22:00
>318
えっ、小説現代もあったのか。公募ガイドの11月号には載ってなかった。
よーし、純文はちょっとキツイので、小説現代に切りかえだ。
ライバルになったけど、まあ、おれは書いて出すだけが第一目標だからね。
どうせ、仕事ひまだし。時間は、結構あるんだよ。

>306
公募ガイドには、表紙の書き方や封筒の書き方、原稿の綴じ方が
載っていて役に立つぞ。まあ、知っている人には当たり前のことだろうが、
おれは知らんかった。

320 :名無し物書き@推敲中?:01/11/29 22:12
みんなヒモで綴じたりしてるの?
当方、名前はしらんが黒いクリップ二発なんだけど。
特に支障はなかったし。

321 :名無し物書き@推敲中?:01/11/29 22:22
ヒモは、穴開けたりくくったりで面倒だけどね。
でも、何となくカッチョエエんですよ。
ヒモの色を変えたりね。作品には関係ないけど。

322 :名無し物書き@推敲中?:01/11/30 01:35
太宰賞って純文学じゃなきゃだめなの?うんこみたいな質問でごめんなさい。

323 :名無し物書き@推敲中?:01/11/30 03:03
306さんよ、こういうのはどうだ?
ttp://www2u.biglobe.ne.jp/~hfk/gohan/gakushuu/genkou.htm
俺も今読んでいる。そして読み終わったらネタを考えて太宰賞(12/10〆切りの最低50枚)か
小説現代(12/20締め切りの最低40枚)に作品を書いて送ろうと思っている。
もう破れかぶれ。

324 :名無し物書き@推敲中?:01/11/30 05:18
小説現代、12/10締切だと思い込んで焦ってた。
ちょっとホッとした。あと9枚……。

325 :名無し物書き@推敲中?:01/11/30 05:54
>>324
がんばれ!

326 :名無し物書き@推敲中?:01/11/30 13:53
読物出してきたよ〜
郵パック高〜

327 :名無し物書き@推敲中?:01/11/30 14:26
いくら?

328 :名無し物書き@推敲中?:01/11/30 18:59
郵パックNGの賞もあるよね。
讀物は何も書いてないからOKだと思うけど

329 :名無し物書き@推敲中?:01/11/30 23:31
今更だけど、文学界の選評見て、
今年末の文学界に出すの躊躇うよ。
太宰に間に合えばいいんだけど、ダメなら
角川NEXT行こうかな・・・。

330 :名無し物書き@推敲中?:01/11/30 23:39
>>329
がんばれ!

331 :名無し物書き@推敲中?:01/12/01 00:29
読物って梗概を提出しなくてもいいってホント?

332 :名無し物書き@推敲中?:01/12/01 00:47
本当。指定なし。
100枚程度だからだろう。
まあ、梗概が書けない人間に短編は書けないだろうし、その逆もまた……ってことなんじゃない?

333 :名無し物書き@推敲中?:01/12/01 01:34
きっと10枚よんでつまんなかったら捨てられんだろうな〜。

334 :名無し物書き@推敲中?:01/12/01 23:58
ドウシテ選評を読むと鬱になるんだろう……
発奮させる、という意図があるんじゃないかとは思うんだけど……
くそみそだよね……
遅ればせで01年5月号のオール読物のを読んだんだけどさ……

335 :名無し:01/12/02 08:09
煽者の趣味に合わないんだろう。
良い作品が選ばれるかどうかは、選ぶ人間の質に関わると思うが。
受賞作が売れてないってことは、ろくな人間じゃないだろうな。

336 :名無し物書き@推敲中?:01/12/02 21:03
>>334
受賞作に対する評価がまちまちなのが、なんだかなー。
…しかし、受賞作は濃密かもしれないが読みにくいほどに文体が乱れてる箇所が
多すぎるよなあ…

337 :名無し物書き@推敲中?:01/12/02 21:13
落ちたやつはもっとひどいと考えたほうがいいのではないでしょうか?

338 :名無し物書き@推敲中?:01/12/02 21:19
>>337
いや、落ちた作品のほうが評価が高くて、ものすごく読みたくなってしまうんだ(困)

339 :名無し物書き@推敲中?:01/12/03 00:14
>338
そんなこと落ちたおまえに言う権利なし。

340 :名無し物書き@推敲中?:01/12/03 01:54
>>338
惜しい落選者には優しめのコメントをすることが多い。
その評価の高い落選者ってあなただったりして。

341 :338:01/12/03 08:37
だといいんだけどねえ。
まあ、同時代の作家や作家候補は気になるでしょ?

342 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 01:29
読物の1次通過者発表はいつ?

343 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 02:10
2月じゃないか?

344 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 16:01
うえーん
小説現代に送りたいんだけど本当だ、公募ガイドに載ってないね(涙)
何処に送ればいいのー(涙)
書いておいた紙がなくなっちゃったよー(涙)

ところで皆様。
原稿を送るときって自信満々で出します?
それともわくわく?

私は、なむさんっ!て気持ちです。

345 :344:01/12/04 16:18

小説現代、検索して見つけた…。
ヨカータ

346 :344:01/12/04 16:21
うん?よく見たら
「略歴と合わせ、学歴、筆歴も記載すること」って…。
何で学歴までいるのかな??

347 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 16:41
あっ、ホントだ。学歴、筆歴記入なんて、気づかなかった。
オホーツク大学卒、モンブラン146を十二年、とかにしとくか。
現在、45枚まできたが、まだ終わりそうにない。
なんとか締め切りには間に合いそうだが。

348 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 16:50
>オホーツク大学卒、モンブラン146を十二年、とかにしとくか。
ゲラゲラ!ワラータよ!
347が気に入った。
あなたが受賞しますように!(ジブンは文学界に逃げますw

349 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 17:00
文面からして347と348は同人物だな
幸せなこった

350 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 17:07
ちんこ

351 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 17:09
>349
あんた、そんなヨミしかできないの(ププ
僻んでんの?
そんなら、あんたは太宰が受賞しますよーに!

352 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 17:23
皆さん締め切り前でピリピリしている

353 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 17:59
>349
誤爆、かっこわるいぞ、お前。
晒しageだ。

354 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 18:43
俺のヨミでは347と348、それに349までが同一人物だな
確実ではないのにそこまで他人を蔑める353が
一番かっこ悪いと思うよ
ちなみに348と351は同一人物だと思うがどうよ?

355 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 18:44
ということは347.348.349.351がいっしょです

356 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 18:58
くだらんいざこざは他所でやってくれい

357 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 20:01
作品の最後には必ず〈了〉を入れなければいけないの?

358 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 20:03
>354の
>ちなみに348と351は同一人物だと思うがどうよ?
この一行のみが大正解。
よって、354はサントリーミステリー大賞へどうぞ!

359 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 20:05
>>357
うあああ。
一度も入れたことなかった。

〈了〉

360 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 20:19
「終わり」とかでもいいと思うよ。

はい、じゃ、ここでテスト。
「序」ってあるでしょ? 「序章」とかの「序」。
これの反意語はなんでしょ?

361 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 20:23
え、なんだろう…。最終章…。
「終」?
教えてください。

ちなみに「序の舞」宮尾登美子大先生著。
何度読んでもいいですね〜。

362 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 21:54
破。

363 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 22:03


364 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 22:17
>354に同意。
僕もそう思います。

http://www2.to/h-e

365 :360:01/12/04 22:22
はい、時間切れ。
答えは「跋」。ばつ、と読みます。
序・跋で「プロローグ」「エピローグ」をあらわす。
でも最近の小説には、「跋章」ときちんと書かれているものは
あんまり見ないね。

366 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 22:32
「了」も「終わり」も記入しなければ減点なのかな?
下読みが気付いた時点で、その作品はもう読まないとか・・・

367 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 22:38
というより、なぜつけないんだ?

368 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 22:38
いい作品だったら、問題ないよ。

369 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 23:37
心のよりどころは368だな

370 :名無し物書き@推敲中?:01/12/04 23:51
むしろ、なぜつける?

371 :名無し物書き@推敲中?:01/12/05 00:01
つづく……、じゃ困るだろ。

372 :名無し物書き@推敲中?:01/12/05 02:08
最後のページの最後の文字が「了」の意味を含んでいるからいらないのでは?
まあ、審査員側の整理の効率の問題で
あったほうがいいんだろうけど。

住所に「御中」とか「様」とか付けるのと同様に、
「了」も付けるのが礼儀なのかそうでないのかが知りたいな。
もっとも、ついてなくたって減点対象にはならんだろうが。

個人的に、最後に「了」なんて書かれると、
現実に引き戻されて萎える。

373 :名無し物書き@推敲中?:01/12/05 02:29
>現実に引き戻されて萎える。

同意。
映画の幕のように、切ないね

374 :名無し物書き@推敲中?:01/12/05 10:23
で、みんなはつけて投稿するの?

375 :名無し物書き@推敲中?:01/12/05 11:09
つけない。付けろと言われたことも、読んだこともない。
虎穴で時々付けている奴がいるが、独りよがりな感じがする。

376 :名無し物書き@推敲中?:01/12/05 16:29
一つの賞に1000ヘンの応募作品があったとして300ヘンぐらいは
諦めきれない以前の使いまわし作品だという説があるがどう?

377 :名無し物書き@推敲中?:01/12/05 17:52
>>376
300できかないんじゃない?
半分以上だと思うよ。
ていうか誰の説?

378 :名無し物書き@推敲中?:01/12/05 21:38
>372
そうかな? 私はどこに書く作品にも、必ずつけるようにしているけれど。
そういう考えの人もいるんだなあ。
ただ、作品の終了サインを出すのと出さないのでは、
やはり違うと思う。読者への礼儀のようなものに
かかってくるのではないかな。
余韻云々も一つの考えだが、良作は「了」があろうがなかろうが、
関係なく余韻に浸らせてくれるものだと思うよ。

投稿とはあんまり関係ないが、個人的に書かせてもらった。ごめんよ。

379 :名無し物書き@推敲中?:01/12/05 22:05
市販の小説で、<了>がついてるのって、
どういう分野?

380 :名無し物書き@推敲中?:01/12/05 22:09
市販されてる本と応募原稿は別物でしょう。

381 :名無し物書き@推敲中?:01/12/05 22:41
>>380
それは何故だろう? 読者は<了>を望んでいない、という判断?

382 :名無し物書き@推敲中?:01/12/05 22:59
そんなことにこだわっていては一生賞などのぞめない。
了と書くのがそんんあにめんどくさいのか?
3秒だろ?
これがないと、乱丁とかあったら困るからあせるんだよ。

383 :名無し物書き@推敲中?:01/12/06 00:18
>>382
>了と書くのがそんんあにめんどくさいのか?

了と書くことが一般的でない場合、
審査員側がどんな印象を持つのか不明です。
一般的な礼儀でもなく、規定にも書いていないことを、
勝手な判断で付け加えて、蛇足にならないかが心配なのです。


>これがないと、乱丁とかあったら困るからあせるんだよ。

つまり、それはやっぱり審査員側への配慮ということですよね。
これって、礼儀として一般的なものなのでしょうか?
それとも、ローカル礼儀?

ちなみに、読者側への配慮は市販される時に編集と話し合えばいいことでは?
出版社の方針もあるだろうし。
市販されている本で「了」なんて数えるほどしか見たこと無いから、
少なくとも読者への礼儀としては一般的ではないでしょう。

ちなみに、私は「了」なんて書かれたら嫌な派。
どんな良作でもそれ一発で自分内ランクが2つ下がる。
みんなはどっち派?


>>381
応募原稿は審査員側へ送るもので、
市販の本は一般の読者へ贈るものだから、
やはり別物では?

384 :名無し物書き@推敲中?:01/12/06 00:24
>>375
同意。
応募原稿と一緒に余計なものを送るやつがいるそうだが、
それと同類だと思う。

385 :名無し物書き@推敲中?:01/12/06 00:45
了って書くとそのまま印刷されるの?

386 :名無し物書き@推敲中?:01/12/06 00:45
印刷される

387 :382:01/12/06 00:49
>>383
そうか、規定にないとは知らなかった。でもどこで終わりか
わかるようにしておくのは、実務上役立つと思う。
別に了にこだわらなくても、おわりでも、終わり、でも完でも、
The Endでもよいとおもう。

388 :名無し物書き@推敲中?:01/12/06 00:57
角川ネクスト賞では了を書かないといけないみたい

389 :名無し物書き@推敲中?:01/12/06 14:38
だって原稿の段階では「了」ってつけないと終わってんだか終わってないんだかわかんないじゃん。
「現実に引き戻されてるみたいで萎える」って意見出てるけど、
原稿を読むのは趣味とか娯楽じゃないんだから。仕事なんだから。

390 :名無し物書き@推敲中?:01/12/06 15:30
>だって原稿の段階では「了」ってつけないと終わってんだか終わってないんだかわかんないじゃん。

最後のページまで読めば普通は分かると思うが。

なんかの事故で原稿がバラバラになったときに、
了があるとそのページが最後のページだということが
分かって、事務上は役に立つ。
それ以外につける理由はなんだろう?

>「現実に引き戻されてるみたいで萎える」って意見出てるけど、
>原稿を読むのは趣味とか娯楽じゃないんだから。仕事なんだから。

だからこそ、審査員側への配慮として了をつけるのは常識なのか蛇足なのかを
聞いている。

391 :名無し物書き@推敲中?:01/12/06 15:33
どっちでもいいと思う。いい加減な気持ちで言っているのでなしに。
気になる人は、つければいいだけのこと。小説の中身に、そのエネルギー
を費やした方がいいよ。建設的にいきましょう。

392 :名無し物書き@推敲中?:01/12/06 16:06
ページ番号のとこにつければ? 番号の隣に。

393 :389:01/12/06 18:45
>最後のページまで読めば普通は分かると思うが。
前衛的な作品の場合、わかんない場合もあるよ。

>なんかの事故で原稿がバラバラになったときに、
>了があるとそのページが最後のページだということが
>分かって、事務上は役に立つ。
事務上は役に立つならつけたほうがいいに決まってると思うけど。

まあ、もちろん内容第一に決まってるけど、
「了」はつけるに越したことはないってことじゃないかなあ

394 :名無し物書き@推敲中?:01/12/06 18:58
印刷されることになってから
悩め。
それまでは、ピリオドをつけるくらいのつもりでいい。

395 :名無し物書き@推敲中?:01/12/06 19:23
393さん質問、
前衛的な作品てどんな作品?

396 :名無し物書き@推敲中?:01/12/06 20:56
バレーで前列の三人がくり出す話だよ

397 :名無し物書き@推敲中?:01/12/06 20:57
つけたことないし、それで審査を落ちたこともないです。

+++++++++++++++終++++++++++++++++

398 :名無し物書き@推敲中?:01/12/06 21:45
>>395
ヌーヴォーロマンとか

399 :名無し物書き@推敲中?:01/12/06 21:58
前に立ち読みした雑誌の「作家になろう!」的な特集につけましょうって書いてあった。

400 :名無し物書き@推敲中?:01/12/06 22:16
了てハズイとおもたから、end.にしてたんだけど
もっとハズイかね?

401 :名無し物書き@推敲中?:01/12/07 00:34
了、って書いてみたーい。それも筆でw
今書いてる初作品に、了、って書いたら
感激しちゃうかも。泣いちゃうかも。

402 :名無し物書き@推敲中?:01/12/07 01:57
なぜ村上龍は群像新人賞がとれたのか???

403 :名無し物書き@推敲中?:01/12/07 04:15
>>393
>事務上は役に立つならつけたほうがいいに決まってると思うけど。

必ずしも役に立つことが良い事だということはないよ。
それと、>>390は良いか悪いかではなく、常識かどうかを聞いている。

あと、前衛的な作品だろうがなんだろうが、
最後のページは存在するのだから、変な終わり方であっても、
最後のページまで読めば、
そのページをめくったらもうページがないということから、
論理的に作品の終わりが分かると思うがどうか?

404 :名無し物書き@推敲中?:01/12/07 13:16
ていうか常識だよ
なぜ記入しないの?
納得いくいかないの問題じゃなく
決められてることなんだから書かないと。
消費税は納得しなくても払ってるでしょ?

405 :名無し物書き@推敲中?:01/12/07 13:36
ほとんどの賞で別に決められてないので。
今まで書いたことなくても毎回最低一次には通ってるんで。

406 :名無し物書き@推敲中?:01/12/07 13:47
おれは、酔っぱらった某作家に、付けるな、このやろ気取りやがって、
と言われて、頭、バンバン叩かれました。それ以来、付けてません。

407 :名無し物書き@推敲中?:01/12/07 15:27
あのう、みなさんわざとじゃないですよね?
周りの者を蹴落とすために、
『了』などという文字は書く必要がないと、
嘘をついてるんじゃないですよね?

408 :405:01/12/07 16:14
つけたきゃつけりゃいいじゃん。アホか。

409 :名無し物書き@推敲中?:01/12/07 16:52
>>405>>408
おめ〜がアホだ!

(当方三歳未満)

410 :名無し物書き@推敲中?:01/12/07 17:51
>>404
「自分が応募する賞の規定に書いてあることは、
他のどの賞の規定にも書いてある。」

これが、>>404 のいう「応募規定の常識」?

それからね、「決められているからその通りにする」だけでなく、
どうしてそう決められたのかを考えることは悪いことではないと思う。
決められていることの背景を想像することで、
決められていないことについて柔軟な判断ができることがある。
これが思慮に欠けた人間かどうかの分かれ目ではないでしょうか?

あと、優先度に関して、
規定にあるかどうか>常識かどうか>納得いくいかない
とういう関係がある。
規定に書いてある場合に付けるのが当然なのはみんな分かっている(はず)。
今は主に、
「規定に書いてなくても「了」をつけるのは常識か?(常識だと思うか?)」
「個人個人が「了」について思うこと」
の二つが盛ん(?)な様子。

411 :名無し物書き@推敲中?:01/12/07 19:18
みんな書いてるジャンルが違うから
たまたまこういう共通項な話題があると盛り上がっちゃうんだよ。

412 :388:01/12/07 23:34
規定にそう、でイイじゃないですか

413 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 00:01
あのう〜、宝くじに当たるような質問なんですけど、
笑ってもいいですから皆さんの意見を聞かせてください。
今回、オール読物と小説現代のそれぞれにエンターテイメントの
短編を送りましたが(もちろん違う作品)、
両方で賞を受賞してしまった場合、どちらを選べばよいと思いますか?
将来性とか賞の重みとか。
自分としては、やはり読物かなあとは思うんですけど、
たくさんの人の考えを聞いてみたいんです。

夢物語だよ、とは言わず、意見をお聞かせください。

414 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 00:07
>413
そーゆー夢のある話は好きだよ!
両方で受賞したら両方と仕事をすればいいだけの話じゃない?
とりあえず受賞したのち、出版社の社員の会話や態度で方向性って
決まってくると思う。
(出版社によっては「受賞したのね、で、なにか?」とゆートコあるらしい)
今決める問題ではないね。受賞してからだよ!
そして413のこれからのチカラが将来性も重みも決めるんだよ。
W受賞目指して、おーーーっ!!





けどね…
小説現代はあきらめてね。
だってわたしが送るから(エヘヘ

415 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 00:14
>>414
前向きな意見を述べた君に言うのもなんだが、
あんたも勘違いしているところがある。
413も414も現代は受賞は出来ないよ。




オイラが送ってるからね〜

416 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 04:36
>>414-415
笑わせてもらったよ、ありがとうね!
>>413
両方で仕事すればいいんじゃない?
どっちかにしぼる必要ないじゃん。

417 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 10:50
現実問題、与えられた仕事に対し、
きちんと作品を供給できるかという疑問は残るわな

418 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 11:05
夢想家がいるスレってここですか?

419 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 11:49
オレもバカだから太宰賞とったら芥川賞ってダメなのかな?
とか考えてるし(w

420 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 12:11
414,415,416史上初、三人トリプル受賞で決定だな。

>419
キミが最初にその栄冠を…!

421 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 12:13
↑間違えた
413からだった…<トリプル受賞
いいや、416も入れてあげよう。
カルテット受賞だ。

422 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 13:10
受賞発表は現代の方が遅いんだろ?
じゃあ現代の担当者には正直に言わないとダメだわな。
ていうか、今まで受賞した作家で、
こういう事態に遭遇した人物はいるのかね?

423 :名無し物書き@推敲中? :01/12/08 16:01
確か、最初から受賞者を誰にするか決まってるんじゃない。

424 :名無し物書き@推敲中?:01/12/09 01:10
>>423
夢も希望もない話だな

425 :名無し物書き@推敲中?:01/12/09 01:15
コネがないと駄目ってことか?

426 :416:01/12/09 02:59
>>421
えっ俺も受賞すんの?

427 :名無し物書き@推敲中?:01/12/10 12:39

   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´∀`)< オレモナー
  (    )  \_____
  | | |
  (__)_)

428 :名無し物書き@推敲中?:01/12/10 20:09
>426
そうです。
427モナー。

>>423
それは本当の話ですか?

429 :名無し物書き@推敲中?:01/12/12 23:24
現代いただき

430 :名無し物書き@推敲中?:01/12/13 00:25
>>429
くれてやるっちゅーの(女漫才二人組み)

431 :名無し物書き@推敲中?:01/12/14 19:56
現代の規定は『400字詰原稿用紙40枚〜80枚程度』
になっています。
この、『程度』というのが曲者なんですよね。
では、皆さんのご意見をお聞かせ下さい。
ずばり90枚は、YES? NO?

432 :名無し物書き@推敲中?:01/12/15 01:28
10枚だとオーバーしすぎなんじゃないかな
俺は NO

433 :名無し物書き@推敲中?:01/12/15 01:54
「程度」の許容範囲は上下5パーセントと聞いた気がする。
規定100枚なら95から105枚。

といっても実際にはもうちょっとユルいけど、オーバーしすぎはまずいと思う。
推敲が出来ないとみられて減点対象になる。

434 :名無し物書き@推敲中?:01/12/15 01:58
現代は枚数厳守じゃなかったか?

435 :名無し物書き@推敲中?:01/12/15 07:28
去年の現代には、枚数厳守って書いてあるけど、今年は変わったの?

436 :名無し物書き@推敲中?:01/12/16 02:10
現代いただき!

って、今回何人受賞すんだ?(w

≫431
公募ガイド見たら枚数厳守だったよ。

437 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 23:12
話題それてすみません。
いま小説を書いているのですが、
「西洋史もので枚数300枚前後、登場人物は全て実在者、メインテーマは史実を
踏まえているが、細部にはフィクション多し、かといってファンタジー系の要素
はない、やや純文寄り、ライトノベル系ではない」
小説はどこに出せばいいのやら・・・

438 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 23:18
オール読物でしょ。
前例がないからといって恐れてはいけない。

439 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 23:19
えーと、「トロイア戦記」をだしてたのはどこだっけ?
そこにあたれ。

440 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 23:20
塩野七生系かい。

441 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 23:23
小説すばるとかどうよ?

442 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 23:46
437はオール読物やすばるで
どうして納得できないのか
説明すること。

443 :名無し物書き@推敲中?:01/12/18 01:25
話流れと関係ないけど、
もうすぐ推敲終わるよ〜。文学界。
審査員は気に食わんけど、賞とろう、と
思い立ったとき、一番締め切りに間に合いそう
だったのが、これ。
来年はあらゆる賞に応募予定。
短編2回、長編できれば1回。身体こわすか。
取りたいもんな、新人賞。

444 :名無し物書き@推敲中?:01/12/18 15:23
来年は、すばる→文学界→群像の三本柱でれっつとらい。
あと、50枚くらいの短編も書きたいな。
私も毎日倒れるくらいの意気込みで書いて、新人賞取るじょ!

445 :名無し物書き@推敲中?:01/12/18 21:22
>>437
歴史群像大賞か日本ファンタジーノベル大賞か新潮新人賞

446 :名無し物書き@推敲中?:01/12/18 23:43
なんだ、>>437のリサーチ不足じゃないか

447 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 12:46
織田作之助賞って、どうなの?

448 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 13:46
明日、小説現代の締め切りです。
推敲がまだ終わらない…。

449 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 13:57
先日に終わってないんじゃ、一次落ち決定!

450 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 13:58
前日のミス。

451 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 16:40
>>448
当日消印有効だ。寝ないでやろう。
というか漏れも終わってない。明日半休取った(w

452 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 17:27
今日書き始めて明日までに終わらせる。できると思いますか?

453 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 19:09
枚数によります。

454 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 19:30
小説現代の40枚だ。
40枚っていう場合、最後の40枚目はどの辺まで書けばいいの?
半分くらい?
参考までに教えてください。

455 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 19:38
俺は四十枚書き終えた
しかし、三枚の梗概を書くことが出来ないので諦めた
よって文學界に出すことにするよ
後六十枚頑張るぜ

456 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 19:45
>>455
はっ、もしかして君はこの間から書き始めた人?
三日で30枚書いてオール読物に送った?

457 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 19:48

正直、オール読物とか現代は
「おっちゃんおばちゃんクサイ」
かといって
ジュブナイル系統は「少年少女ターゲットすぎる」
中間くらいの、20代後半から三十代後半くらいの
層を中心にした
小説誌や新人賞はでないもんかね?
J文学?
うーん……

458 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 20:02
>456
それは、おれのことかも知れん。たぶん455とは別人。
現代用の筋をつくって、資料を買い込み、10枚ほど書いた時点で
仕事の嵐。まあ、フリーターみたいなものだから、少しは仕事を
しないと食っていけんのだけれど。このまま来年に突入しそうだ。
悔しいけど、現代も文藝も無理。出すって決めたのになあ。
残念だなあ。今は、徹夜続きで、ハイテンションの極み。
もうすぐ、切れちゃうぞ。みんな、おれの分も頑張ってくれ。

459 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 20:05
長編ばっか書いてるもんで、短編の書き方はわからん。
何か、根本的に違うとことかあるのか?
短い枚数でまとめるコツとかあるのか?
長編でも枚数オーバー気味で、締め切り間際まで削減作業な俺には無理……。

460 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 20:28
>>458
そうか。俺も触発されて書いた太宰は何とか間に合った。
現代もかいてるけどさすがにもう無理だな・・・

461 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 21:26
「梗概」って字がワープロじゃ出てこなかったんで
こんなとこで、コピペしてるオレもどうかと思う(w

462 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 22:07
「梗概」がなんなのかわからない俺はもっとどうかと思う(w

463 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 22:16
>462
桔梗と読み違えた漏れもだ(w
鬱ダ詩嚢

464 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 22:19
こうがい[×梗概](名)〔文〕〔物語の〕あらすじ。
   (三省堂国語辞典第五版より)

465 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 22:25
梗概が出ないことなんてほんとにあるの?
絶対おかしいって。

466 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 22:28
ガイシュツとかいて既出がでない、というのと
同じでは?

467 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 23:29
>>466
なんでわかったのさ!
そうか、こうがいって読むのか!(w
でも梗概なんて熟語、生まれてこのかた
募集要項のとこでしか見たことねぇぞ!
ってことは、テクニカルタームでしょ?
読めなくてあたりまぇじゃん!
……と、開きなおってはいけませんね。

468 :名無し物書き@推敲中?:01/12/20 01:51
そして新参者が増えていく・・・

469 :名無し物書き@推敲中?:01/12/20 02:39
やっと書き終わりました、というか推敲終了、
紐とじ終了…。
宛名も書いたし切っても貼った。
あとは明日ポストに出すだけ!

そうか、「こうがい」と読むのか。
私も初めて知ったぞ!

まだ頑張っている皆さん。
明日いっぱい時間はあります。フレーフレーヽ(´ー`)ノ

470 :名無し物書き@推敲中?:01/12/20 02:59
いつも疑問に思うことがあるんだけど、
純文系の新人賞って応募作がエンタメ系の10倍〜20倍ぐらいあるよね。
エンタメ系で一番応募作の多い乱歩賞は毎年300〜450作。
すばるや文藝賞なんかは下手すれば2000超えることもある。

その点、例えば横溝賞やオール読物なんか150前後。
150っつったら7、8作に1本は2次に残るし、30本に1本は最終に残る。
ちょっと書けるなら断然エンタメ系に応募した方がいいと思うんだけど、どう?

471 :名無し物書き@推敲中?:01/12/20 03:13
純文と違って、読者を楽しませる技量が必要なんだよ。
唯文章が上手いだけじゃ、1次は通っても2次で落ちる。

472 :名無し物書き@推敲中?:01/12/20 03:18
そのかわりいい批評をもらえる。
純文と違ってけなされない。

473 :名無し物書き@推敲中?:01/12/20 03:24
才能が有ればだけどね。
けなされる作品は一次で落とされているよ。

474 :名無し物書き@一服中:01/12/20 12:21
小説現代の原稿出してきた。とりあえず一息age

475 :名無し物書き@推敲中?:01/12/20 15:26
>>470
オール読物の応募って150前後なの?
1500の間違いじゃないの?

476 :名無し物書き@推敲中?:01/12/20 15:39
小説現代間に合わなかった。というより途中からあきらめた。
自分の意志の弱さが憎い。

477 :475:01/12/20 16:40
もしかして・・・
おいら釣られたのかな?

478 :名無し物書き@推敲中?:01/12/20 17:34
>475
1500じゃ。

>476
意志が弱いのは、ほとんどみんな同じ。
書くことを習慣化できるかどうかの差だと思う。
歯磨きと一緒。ン、歯磨きとは、ちと違うか。

479 :名無し物書き@推敲中?:01/12/20 17:40
小説現代、間に合わなかった……次にするか。

480 :名無し物書き@推敲中?:01/12/20 17:43
オレも出してきたよ。
現代狙いのみなさん! お疲れさま!
まだスパートかけてるひともがんばってね!!

481 :名無し物書き@推敲中?:01/12/20 19:41
現代も終わりつつあるし…。
(まだの人、頑張れ!もしくは潔く諦めましょう)

さて、皆様、次はどちらへと参りますか?
私は「すばる」に取り掛かります。

482 :名無し物書き@推敲中?:01/12/21 02:03
5回投稿してダメな人は、一生やってもダメ、というケースがほとんど
だそうです。賞を取る人は、初投稿で取ってしまう人が案外多い。
そのあと活躍する人は、なおのこと1度で取ってしまうらしいです。

483 :名無し物書き@推敲中?:01/12/21 02:40

ヽ( ´ー`)ノ駄目な奴は何をやっても駄目か?

484 :名無し物書き@推敲中?:01/12/21 03:10
全て駄目と謂ふわけぢゃないだらう?

485 :名無し物書き@推敲中?:01/12/21 07:13
初登校で取るっての、けっこうウソ多いと思うけど。

486 :名無し物書き@推敲中?:01/12/21 07:39
ライバルつぶしは2ch寝るからですか。

487 :名無し物書き@推敲中?:01/12/21 08:48
>>482
つかあきらめちゃうんだろうな。
収入にもならんもんにエネルギー使うわけだし。
五作も書けば盛り込むエピソードにパターンがあることに
気がついて、苦悩するあたりだしなー。

488 :名無し物書き@推敲中?:01/12/21 10:46
>>482
「傾向のあった賞に5回投稿して一度も一次を通らない」ならその説に納得。
5回投稿して二次通過までいった以上なら可能性有り。
最終候補までいったなら、継続して出しつづければいつかは通る。

489 :名無し物書き@推敲中?:01/12/21 12:30
あのね、文学賞ってのは、あくまで入口なんだよ。

490 : :01/12/21 13:10
一発で獲ってその後が続かず苦労してるって話もよく聞く。

しょせん文学賞は入り口。落ちても賞獲った時後にリライトして出す
作品プロットのストックができたとでも思っておけ。

以前賞落ちした作品を、デビュー後に何食わぬ顔でそのまま出版した
奴も多いらしいぞ(w

491 :名無し物書き@推敲中?:01/12/21 14:54
>490
たけもとのばらは、そうだな。

492 :名無し物書き@推敲中?:01/12/21 15:01
3年、本気でがんばって、それでだめなら駄目。
というのも聞いたことがあるな。
ま、3年がんばれる人も、少ないだろうが。

493 :名無し物書き@推敲中?:01/12/21 15:36
3年か、がんばってみよう。
次はすばる書きます。

494 :名無し物書き@推敲中?:01/12/21 16:02
5作書いただけでたくさん書いたことになるの?
俺はこの間、初めて書いたけどちょっと書いただけでは何もわかんないと思うね。
それでいきなり賞を取るくらい甘くはないだろ?

495 :名無し物書き@推敲中?:01/12/21 17:32
3年とか5作とか基準があるわけないじゃん。
人それぞれだよ。

496 :名無し物書き@推敲中?:01/12/21 18:56
だってさあ
もの凄い天才で、もの凄い教育受けてきたヒトだって
修業時代はあるわけだからさ
凡人が苦労するのは仕方ないと思うよ。

とにかく
読んで書いて読んで書いての繰り返しなんじゃないかな。

497 :名無し物書き@推敲中?:01/12/21 19:00
ちなみに吉村昭さんが「私の文学漂流」って本で
かなり御苦労なさったことを記されているので
読むとけっこう勇気づけられるよ。

498 :名無し物書き@推敲中?:01/12/21 19:31
よく「夢をあきらめないで!」てな
うすっぺらい励まし言葉があるが、
真実ではある。
あきらめたら、そこでおしまい。

499 :名無し物書き@推敲中?:01/12/21 20:23
洗車との相性もあるしな。

500 :名無し物書き@推敲中?:01/12/21 20:51
人がどうだとかは関係ないし、
他の作家の本を読んでも何の参考にもなりはしない。
人の体験談を読んで作家になれるわけはないから、
そんなのは単なる「気休め」にしかならんだろう。

俺は冷静に新人賞と自分の作品を読み比べて、
「観察」することで新人賞を取れるかどうかをまず判断して、
しかるべき弱点を補強して、語彙を増やして、文章力をつけて、
それで挑戦するべきだと思っている。

自分の作品にまず「客観的」な判断ができなければ、
行く先が分かることはないだろう、そう思っている。

501 :名無し物書き@推敲中?:01/12/21 22:30
>>500
思いっきり矛盾してないか?

502 :名無し物書き@推敲中?:01/12/21 22:41
してるね。

503 :名無し物書き@推敲中?:01/12/21 23:26
初投稿=その人が初めて書いた作品ではないだろうから、
初投稿で賞が獲れた人は何かしら出版業界にコネのあった人でしょう。
全部が全部とは言い切れませんが、そうやって二次選考からシード権で入った人を知っています。
最終的にその人はデビューには至りませんでしたが。

504 :名無し物書き@推敲中?:01/12/21 23:27
既存の作家のエッセイ、といいたいんだろう。

何の参考にもならん、というのは読解力のなさを
露呈しているだけだけどななー

505 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 00:08
初めてヒトを罵倒しますけど
500には
「だったらこんなとこに来るなよ!」
と言いたい。

506 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 00:31
まあ自分なりに頑張っているんだろうからそっとしておいてあげようよ。

507 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 00:32
質問させてください。
自分で書いたものを虎穴に出して、さらに新人賞に送ってたら
二重投稿になるのでしょうか? 

508 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 00:33
>>507
なるだろう。

509 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 00:34
>508
おいおい(W

510 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 00:35
>>509えっ、やっちゃいかんのよ、知らんの?

511 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 00:36
賞によるかも。
商用サイトに発表した作品でなければ大丈夫って賞、わりとあるよ。

512 :511:01/12/22 00:39
とは言ったものの
もしかしたら建前だったりするのか…

513 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 00:45
マ、マジ!?
やばかったの? 知らなかったよ〜。
下読みに2ちゃんねらがいて、バレてブラックリスト・・・とかな
るわけ?

514 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 00:47
「浮き首」は? あれは某賞の最終に残りつつまだ虎穴に掲載されて
いる。

515 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 00:53
http://www.bunshun.co.jp/search/html/3/58/05/4163580506.html

の本がでるまでは大丈夫だったろうな。
知名度こそが問題とされるわけだし。
なんにしろ
虎穴に送る作品が全力だったら
その後はねえわなあ。

516 :507:01/12/22 01:12
もう二度としません。
今度ばかりはお許しを・・・
逝ってくるわ。

517 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 01:15
私は穴作品は書き下ろしにしてるけどね。
皆違うの?

518 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 01:19
賞には傾向があるから
それようにアレコレ考えるとこがある(それがイカンというのも解るが)
その重圧の過程のなかで書きたくなったものを
送ってるな、私。
反応早いし。

519 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 01:26
村上龍なんて、ちょろっと小説書いてみたら芥川賞、ってパターンじゃなかった?
村上春樹もちょろっと書いたら群像新人賞じゃなかったかな。
山田詠美もそんなじゃなかったかなあ?
違ってたらゴメン。

520 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 01:30
>519
全部クソ作家じゃん。

521 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 01:33
龍はしらんが
春樹は自身で「作家が自分のことを語るのはほとんどウソ」といってるんで
あいつの初めて書いたってのはかなり怪しいと思う。
なにごともカッコつけたがる男だしさ。
エイミは正直に
処女作書けるようになるまで五年だか八年だったか
かかったとか言ってたよ。

522 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 01:42
>自身で「作家が自分のことを語るのはほとんどウソ」といってる

で、521はこれをホントだと思ってるの?(藁

523 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 01:51
町中どこでも嘘ばかり♪ さ

524 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 01:56
520はノーベル賞でも取ったのか?(笑)

525 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 02:01
クソ作家じゃない作家か。
とりあえず
戦後でだれになるのか。
いないというのならそれはそれだが、
それが教育の弊害だという危険性だけは忘れるなよ。

526 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 02:30
つーか批判の多くはただの嫉妬だと思うけどね。
とりあえずちゃんとした批判ができるようなやつが新人賞で落選ばかりはしないよね。

527 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 02:38
でも正論はおもろしくないぞ。

528 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 02:48
一次落ちをするようなヤツは、将来作家で食ってけるようになる
可能性はメチャメチャ少ないだろうな。諦めた方がいいよな、マジで。
時間と労力の無駄だよ。

529 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 02:58
>>521
山田詠美は26でデビューでしょ?
5年か8年(曖昧だな〜)書けなかったって言っても年齢的には全然遅いわ
けではないよね。

530 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 03:01
初投稿での受賞はコネだとかうそだとかそういう風に考えてしまうのは
自分とくらべての嫉妬だと思うね。自分のことを思えばそういう風にし
か考えられなくなるんだとおもう。
>>528
そんなこと言っちゃだめですよ。目くそ鼻くそになっちゃうよ。

531 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 12:45
最終的に売れた人間が勝ちさ

532 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 15:23
>>531
いや、別に嗤ってるわけじゃないよ。本当にそう思うんだ。
そう思わない?

533 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 16:02
>>530
一次落選者発見

534 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 16:05
>>533
送ったことないよ。

535 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 21:05
論外か

536 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 21:49
一次落選者はそれを神様からの「人生を無駄遣いするな」という
アドバイスだと思って、ありがたく受け止めるように。

537 :wildcat:01/12/22 23:05
>>448
なんとか出しました。
きっかり80枚!!ニシタ

538 :wildcat:01/12/22 23:08
>>505
少なくともエッセイの才能はないと
思われ>500

539 :wildcat:01/12/22 23:11
>>525
村上春樹は文壇に媚びてない(ていうか
あからさまに反抗している)ところが、好感度高。

540 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 23:19
>>539
ノーベル文学賞を真面目に狙ってるらしいぞ。
アンダーグラウンドはそのために書いたらしいよ。
それで今まで自分をバカにしてきた日本文壇を見下してやろうと
思ってるみたいだ。

541 :名無し物書き@推敲中?:01/12/22 23:24
でも初めて書いた小説が一次落ちしたからっていきなり挫折する奴も
何か勘違いしてないか? 世の中そうそう甘くないだろ。

542 :名無し物書き@推敲中?:01/12/23 00:42
>>541
禿同。

543 :名無し物書き@推敲中?:01/12/23 00:54
文芸界や、下読み、選者を恨む前にすることはあらぁな。
ところで
プロになる魅力ってなんだろう?

544 :名無し物書き@推敲中?:01/12/23 01:08
>543
それ以前に郵便屋を疑う俺は逝ってよしだろうか

545 :wildcat:01/12/23 07:29
>>544
簡易書留で出せばそうした疑惑は
なくなると思われ。

546 :wildcat:01/12/23 07:32
>>540
アンダーグラウンドは取材したそのままを
載せてたので、読んでてタイクツでしょうが
なかった。編集(てゆーか脚色)が全くない
のも考えもんだと思った。
 あれは、日本のジャーナリズムに対する
猛烈な皮肉だと思ってたけど、あれで
ノーベル賞とれる(対象になる)ものなの
だろうか?

547 :名無し物書き@推敲中?:01/12/23 10:20
>>546
アメリカにいるときに、ノーベル賞が欲しかったら、こういう内面的な
ウジウジした小説ばっかり書いてないで、大江のヒロシマノート
みたいな社会に直接訴えかけるようなものを書かないとダメだ、
と誰かに言われたらしい。

548 :名無し物書き@推敲中?:01/12/23 10:25
自分のやり方を曲げてでも賞がとりたいか……くだらねー。
それで小説として面白くなくなってりゃ世話ねーっつーの。

549 :名無し物書き@推敲中?:01/12/23 10:40
賞を取りたい気持ちって分かるけどあんまり露骨なのってやだな。

550 :名無し物書き@推敲中?:01/12/23 10:53
大江ねぇ…他国に日本の悪口ばっか言って脳辺留症だもんな。
あれもどうかと思うけど。
あ、日本を叩いてるからもらえたんか。

551 :名無し物書き@推敲中?:01/12/23 11:08
それはそれで悲しい日本人だな。

552 :名無し物書き@推敲中?:01/12/23 16:55
他人様の不幸を寄せ集めて
「あんだーぐらうんど」なんて
気取ったタイトルつけちゃうセンスは見習いたいな〜。
被害者の手を握って、その温もりがどうのこうのって書いてたけど
その翌日には結局、
いつものようにジョギングしてるだろう、そのガッツも見習いたい。

553 :名無し物書き@推敲中?:01/12/23 19:15
>>552
>被害者の手を握って、その温もりがどうのこうのって書いてたけど
そこはフィクションなのか?(w

554 :名無し物書き@推敲中?:01/12/23 20:51
芥川賞を取れなかったのを相当根に持ってるらしいからね。
ノーベル賞を取って、当時の芥川賞の選考委員はノーベル賞
作家の作品の価値もわからなかったヴォケ、っていう構図に
したいんだろうな。

555 :wildcat:01/12/23 21:05
>>547
 社会に直接訴えかける・・あれが
そうだと言うなら、ちょっと方向が違っ
てるような気がする。大江は読んで
ないので、なんとも言えない部分も
あるけど。
 そもそも、取材して事実を並べ立て
たり、その証言だけを集めたものを
文学と呼べるのかどうか、疑問。
(その上、面白くなかった)

556 :名無し物書き@推敲中?:01/12/23 23:14
こむずかしいことはわからんよ。
アンダーグラウンド。
ただ、書評欄で読んで「うわぉ面白そう! 春樹? 春樹ならOK
やね!」と書店に走って立ち読み十五分。
・・・図書館借りでええんとちゃう?
って感じ。

557 :名無し物書き@推敲中?:01/12/23 23:17
図書館は、誰がどんなふうに読んだかわかんないのでヤ

558 :556:01/12/23 23:17
追記、書評欄の素人記者さんのほうがよっぽどうまかったよ。
内容紹介。

559 :名無し物書き@推敲中?:01/12/23 23:32
>>557
ちんちん挟んで読むヤツはいないから、
安心して読め。

560 :名無し物書き@推敲中?:01/12/23 23:34
>>559
図書館の本にちんちん挟みましたけど何か?

561 :名無し物書き@推敲中?:01/12/23 23:35
>>560
キレイなちんちんならよい。

562 :名無し物書き@推敲中?:01/12/23 23:46
こないだ借りてきた図書館の旧字体の岩波に喀血の跡がありました。
素手で触ったんだけど、俺死ぬの?

563 :名無し物書き@推敲中?:01/12/24 00:01
>>562
キニシナイ(゚ε゚)事だ。
人間の意思は何よりも強いぞ。

564 :562:01/12/24 00:08
人事だと思って適当なこといわないでください。
明日朝一で返しに行きます。ひいいいいいいい。

565 :名無し物書き@推敲中?:01/12/24 00:27
なんで喀血だとわかった? 鼻血かも知れないじゃん。
エロいページじゃなかった?

566 :662:01/12/24 00:30
量がなんとなく。
本当にどばって感じだった。
まあ、岩波ってところも何となく喀血青年を連想させるし。

567 :名無し物書き@推敲中?:01/12/24 00:41
>554
あー、そのー、なんだ。
超初心者な質問ですまんが、芥川Showって一度逃すともう生涯
とれんのかい?

568 :名無し物書き@推敲中?:01/12/24 00:42
何度も候補になってるヤツいるよ。村上もそう。
だけど、今更ってのはあるだろうな、村上の場合。

569 :名無し物書き@推敲中?:01/12/24 01:17
直木賞でいいじゃん。

570 :名無し物書き@推敲中?:01/12/24 01:31
芥川直樹って作家知ってる?

571 :名無し物書き@推敲中?:01/12/24 01:47
すごい名前だな。

572 :名無し物書き@推敲中?:01/12/24 02:33
直木三十五って
知ってるか?

573 :名無し物書き@推敲中?:01/12/24 02:35
読んだことねえんだな、これが。

574 :名無し物書き@推敲中?:01/12/24 10:04
村上政彦なら今さらでもない。

575 :名無し物書き@推敲中?:01/12/25 09:28
あと、春樹に関しては
文学全集に自分の作品を入れる入れないでもめて
担当編集者が自殺しちゃったみたいな
話をエッセイで書いてたけど、
「そのすべてを自分は受け止めて生きて行かねばならないのだ!」
なんつって、結局カッコつけたりして
他人の大不幸をあくまでも自分本位に転換していくテクニックも見習いたい。
あと、レストランでヒドイ仕打ちを受けたとかで
その罵倒文をわざわざ掲載してしまうという感性も見習いたい。

576 :名無し物書き@推敲中?:01/12/25 09:39
小林よしのりみたいなやつだな。

577 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 01:32
ふう〜、「ゲームの達人」おもしろかった♪

578 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 10:11
みんな一日に何枚ぐらい書ける?
俺は遅いのでせいぜい2〜3枚。調子がよくても5枚くらい。

579 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 10:11
高橋名人

580 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 12:25
俺はもっと遅く一枚半書ければ良い方だよ

581 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 14:51
以前>>200、小学館文庫新人賞の話しを出していた方がおられましたが、これは今でも
存在する賞なのでしょうか。インターネットでも全然見つからないのですが。

582 :581:01/12/26 14:54
失礼しました、>>211さんでした。

583 :sage:01/12/26 15:07
20枚くらい書ける時もある。ただし、すぐ飽きるので
同時に3つくらいの話をローテーションして書いている。
文体などを考えれば、良くないかも知れない。
もっと集中力が欲しい。だれか、くれ。

584 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 15:09
あっ、まちがえてSAGEAGEた。

585 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 15:13
>>575
そいつ最低だな。

586 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 15:26
別にその内容なら下げる必要はなかろう。
っつーか、下げばっかだと新着がわかりずらいです。

>>583
俺もすぐ飽きる(というか自分の小説にすぐ萎える?)タイプ。
進行速度の方は、一晩で40枚くらい書けた事もあれば、
一日で一枚以下しかかけない場合も。
むらっけ有り過ぎ。
最近は牛歩だし……。
どうしたら、コンスタントに書けるようになるのだろうか……?

587 :パソコンの前に座りっぱなし:01/12/26 15:35
文学界の締めきりは31日だと知ってますが、
当日消印もらう為にはいつまでにポストに入れればいいんですか?
なんかギリギリになりそうなペースなんで。

588 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 16:15
当日消印っつったら、当日の最終便前にポストに入れればいいに決まってろーが

589 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 17:42
激しく同意
締切時間は郵便局に電話すればすぐわかるよ。

590 :>581:01/12/26 17:55
小学館文庫小説賞の間違い?

591 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 18:20
新人賞が一段落したんで、短いのを書いて虎穴に出してきた。
資料もいらんし、たった3枚。ああ、ラクだ。
作品はつまらんけど、書いてて楽しかったよ。

592 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 18:32
短い作品の書き方がわからない。

593 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 18:34
>592
要約してみては?

594 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 18:43
あらすじみたいになるんだが……。
何かコツとかあるのかな。短編とかも、よく書けん。

595 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 18:58
小説現代新人賞に送ろうと思うんだけど
今送って来年読んで貰えるの?
二十日迄に送れなかったもので……

596 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 23:25
どうしても送りたいなら、送るだけ、送ってみれば?
どうせ80枚の賞なんて来年までないし。

みんなそろそろ
「あそこ、やっぱ書き変えたい!」
みたいなとこ、浮かんでこない?

597 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 01:07
>594
短いのが書けなくても、長いのが書けるならいいと思うが。
どうせ、短いのは需要がほとんどないんだし。
おれなんて長いの書くのがどれほど苦痛か。
まだ、100枚こえたことないんだぜ。

598 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 10:12
俺は逆に100枚以下の小説を、まともに書けた事がない……。
雑誌の連載とか、ちょっとした穴埋めみたいなのに、短編の才は必要だと思うんだが。
特に新人はさ。
両方出来りゃ、一番いいんだけどな。
誰かいないか?両方出来て、ちゃんと書き方の違いが理解できてる奴。

599 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 13:19
>>598
あえて言えば、俺かな・・・

600 : :01/12/27 16:54
このスレ、本当に小説を書いている人のスレなの???
なんかただのひがみスレみたい。

601 :素人作家@郵送済み:01/12/27 17:03
文學界に出しました。初応募です。ダメモトです。
一日に書いたのは最大三十枚。十枚/時間。
今は一時間四枚ペースくらいで書いてます。
集中力。イメトレでもしてみれば?

602 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 17:25
>>599
俺は出来るとかが聞きたいんじゃなくて、
違いを理解してるなら、
その事をちゃんと文にして、教えて欲しいんだが。

603 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 17:43
>>600
掻いてるからこそひがむんじゃないのか?
だいたい日常生活でこんな話題だせないし。

604 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 18:07
ヤングアダルト向きのコミカルな内容で、ヲタ向けじゃない作品って
どこに送れば良いと思う?

605 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 20:04
オール読物

606 :wildcat:01/12/27 21:31
>>595
長いのが書けるってのが、
オレには不思議。オレもともと
詩の人だから。

607 :119:01/12/27 22:04
郵便局は31日も開いているのだろうか?ぎりぎりになりそうで・・・。

608 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 22:08
不安なら、郵便局に電話した方が……。

609 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 22:35
てか、そんなに無理しなくても…

610 :1o:01/12/28 00:16
パソコン使ってんだけどさ、1枚にどれぐらいの量入れたらいいだろうか?
今は縦41、横18なんだけどさ。

611 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 08:49
1枚ってなんだ爺。
質問しろにきやがれ。

612 :名無し物書き@推敲中?:01/12/28 17:38
>>607
よく分からんから検索してみな。多分出てくる。
>>610
40字×30行くらいでいいんじゃない?
だいたいね。

613 :119:01/12/29 00:05
なるほど、参考になりました。

614 :1o:01/12/29 00:12
>>612
検索してみた。内の近くの郵便局は平日だけ開いているそうだ。
てことは31日(月曜)は大丈夫なはず。大丈夫じゃなきゃアウトだ・・・。

615 :名無し物書き@推敲中?:01/12/29 02:34
宅急便で送ればいい。コンビニから発送すれば31日でも受け付けて
くれるよ。

616 :名無し物書き@推敲中?:01/12/31 11:13
作家志望の皆様は、どのような年越しをされますか?
年末年始も2ちゃんやりながら創作活動ですか?
大変ですね。素晴らしい情熱です。尊敬します。
世の中の連中はカレシ・カノジョと遊びに行ったり、家族と過ごしたりするものですが。
そんな正月の浮かれ気分に流されることなく創作に励むその姿勢には感服いたします。
体に気をつけて頑張ってくださいまし。

617 :名無し物書き@推敲中?:01/12/31 11:48
>>616
作家志望とは限らないんだよ、創作活動で正月がないのは。
ボーヤ(w

618 :名無し物書き@推敲中?:01/12/31 12:22
何ずれたこと言ってんだ?

619 :名無し物書き@推敲中?:01/12/31 13:43
でも、ここは作家志望のスレじゃないの?

620 :名無し物書き@推敲中?:01/12/31 13:47
>618
617は多分プロなんでしょ。
柔らかく616の煽りに嫌味返ししてるだけだろ

621 :名無し物書き@推敲中?:01/12/31 14:15
冬厨が増えるとスレがつまらなくなるな

622 :名無し物書き@推敲中?:01/12/31 15:59
617=620 確定

623 :名無し物書き@推敲中?:02/01/08 03:41
(゚∀゚)

624 :名無し物書き@推敲中?:02/01/22 01:59
age

625 :名無し物書き@推敲中?:02/01/22 16:05
読物の一次通過者発表まだ?

626 :名無し物書き@推敲中?:02/01/22 18:34
スレ違いかもしれないけど、一般的に言うところの、
「筆力がある」と「瑞々しい感性」
って相反する性質?前者って、どんな感じなんだ?
メチャメチャ上手いってこと?ボキャブラリーが多いってこと?
瑞々しい、って何だよ。
誰か教えて。
出来ればそれぞれ定義して。

627 :名無し物書き@推敲中?:02/01/22 18:50
>>625
いいかげん本屋行け!
>>626
筆力があるは文がうまい、瑞々しいは若々しいって事じゃないですか?
多少下手なのを瑞々しいと言ってごまかしてる感もあるような気がしますが、
古くさくないとか若者らしいとか文自体より書かれている内容のことをさしていると思われます。
筆力は文の構成がしっかりしているとか、きっちりまとまった文章が書けるとか
そういうことだと思います。

628 :名無し物書き@推敲中?:02/01/23 00:00
両立はすると思うよ。
虎の穴の「方舟にて」なんてそんな感じがした。

629 :名無し物書き@推敲中?:02/01/23 00:02
あーあ、こんなところで穴の作品出すなよ。
駄作入れられまくるぞ。

630 :名無し物書き@推敲中?:02/01/23 19:57
>>625
2月号にはのってなかったよ

631 :名無し物書き@推敲中?:02/01/24 13:08
疑問質問はここへ
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1011775855/l50

愚問は×

632 :名無し物書き@推敲中?:02/01/24 14:05
よーおしゃーっ!
読物一次通過してたぜ!!

633 :名無し物書き@推敲中?:02/01/24 16:36
発表あったの?わたし1月号までしかみてない・・・。

634 :名無し物書き@推敲中?:02/01/24 16:38
でも2月号にはのってなかったんだよね?

635 :名無し物書き@推敲中?:02/01/25 18:49
メフィスト受賞経験者へ質問したければここにしな


http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1011775855/l50

636 :名無し物書き@推敲中?:02/01/27 21:21
もしかしてハガキでもくるのかな?

637 :名無し物書き@推敲中?:02/01/27 22:37
三月号で発表か二次通過まで知らん顔するかのどっちかだな

638 :名無し物書き@推敲中?:02/01/27 23:08
去年はどうだったんですか?

639 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 01:25
とりあえず昨年のペンネームは捨てて
今年用を考えないと(w

640 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 22:39
なんで?

641 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 02:56
ん〜
リニューアルしようと思って。

642 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 21:18
>>631
>>635
なにやらここはメフィスト系ユーザー少ないみたいっすね
でも自分はここ行ってみて、すごくタメになったっすよ
だって受賞作家「本人」が疑問に丁寧にレスつけてくれるし
でも愚問は×っすね やっぱり


643 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 00:45
小説現代
リニューアルとかしてるけど
ひでぇ表紙。
モデルのエイミも
カメラマンも
ロケーションも最悪。

644 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 01:50
>643
あれはたしかにwarata

645 :名無し物書き@推敲中? :02/02/03 06:34
やばいことに気付いた。
某賞の編集部選考に通過したが、応募作を改めて読み直してみたら、
どう考えても辻褄のあわんくだりがある。主人公のモノローグで、
会話が支離滅裂になっているのだ(シリアスな場面なのに)。
ストーリーの本筋に影響しない部分ではあるが、こりゃダメかな。
さっさと忘れて、新しい作品に取りかかるのが吉か。


646 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 13:51
辻褄が合わないのに選考通っちゃうの?
編集部は何を見てんだか……

647 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 23:42
最終に残ったの、この前読んでみたら
もうめちゃくちゃだって、自分でも分かったんだけど
誰にも指摘されなかったよ。

648 :名無し物書き@推敲中?:02/02/04 00:05
設定ミスはやっぱりまずいんでしょうか?
コバルトのロマン大賞にに応募してるんですけど。

649 :名無し物書き@推敲中?:02/02/04 02:43
ミスの種類によるよねー。
本筋に関係しないなら大丈夫でしょう。
最終選考以外なら。

650 :名無し物書き@推敲中?:02/02/04 02:49
辻褄が合わないけど
光る部分があったんじゃないの?

651 :名無し物書き@推敲中?:02/02/04 13:34
このスレの話題的に、↓の話が出てこないのか不思議不思議。
参考になるから全員いっぺん目を通せ。

『下読みの鉄人』
http://www.sky.sannet.ne.jp/shitayomi/


652 :名無し物書き@推敲中?:02/02/04 15:08
俺も某賞の編集部選考に通過したんだけど、それって、最終選考とどう違うの?
最終選考とは別に編集部選考があって、編集部選考に通過しないと、もう電話はこないってこと?

ふつう、編集部から電話がきたら、最終選考に残ったと思うじゃん。
なのに、「編集部選考」だもんね。おそるべし!

653 :645:02/02/05 02:44
出来心で軍事版を見ていて、またもミスに気付く。
「こ、この銃に手動安全装置はなかった、だと!?」
選考委員、全員軍事には詳しくなさそうだからおそらく気付かれまいが……
自分、早く忘れろ忘れろ。

654 :名無し物書き@推敲中?:02/02/05 14:26
>>653
もしかしてトカレフか?
だったら安全装置付きのと付いてないのとあったような。

655 :645:02/02/05 14:53
>>654
トカレフではない。某有名メーカーのオートだが、
近年のダブルアクション自動拳銃が手動セフティを省いて、
ハンマーデコッキングレバーのみになっていることを失念していたのだ。
トカレフにセフティ付きと無しがあるのは知っている。
セフティがあるシーンの鍵を握るので、645の会話シーン以上に
ヤバいのだ。選考委員の先生、気付かないでくれ。

656 :名無し物書き@推敲中?:02/02/06 17:22
この板では、一時で落ちる奴なんて原稿用紙の使い方間違ってたりまともに書けてない奴が
ほとんど、という話を良く聞くが、本当だろうか?
例えば1500作品の応募がっあたとして、下読みが30人居れば一人50作品読まなければ
ならない。一時を通るのは全体で60作品位が多いから、一人の下読みが通せるのは50作
品のうち、たったの2つ!!
いくら何でも基本事項の欠如だけで50人が2人までは減らないだろう……
こんなこと考えたら本当に鬱になった。一時を通った人って凄いね。

657 :名無し物書き@推敲中?:02/02/06 19:32
じゃ、この板の住人で、どれ位の人がまともな文章書けてる?
オレモナー

658 :名無し物書き@推敲中?:02/02/06 20:46
まともっていうかさー。
例えば漫画を描くには「絵を描く」+「ストーリーを考える」
って技術がいるじゃん。

それなのに小説は字がかければできると思ってる人間が多すぎない?
いや、俺も精進するが。

659 :名無し物書き@推敲中?:02/02/06 21:13
一度も一次に落ちたことがない、みたいなことを書いてるスレが
どっかにあったような気がするけど、それってすごいと思う。
特に若い頃から書いてると、一度も落ちないっていうのは
あり得ないような気がする。

自分は三度も落ちてようやく一次を越えた。
最近、編集者に「あと少しだ」みたいなことを言ってもらったけど、
最終選考に残ったことはない。執筆歴四年。

660 :名無し物書き@推敲中?:02/02/06 21:47
50人に2人かぁ・・・
それも一次で。
俺も自信なくしたよー。
もう受賞とか考えずに、ひたすら書くぞ!

661 :名無し物書き@推敲中?:02/02/06 21:49
>>659
一次残ったの?もう尊敬。

>最近、編集者に「あと少しだ」みたいなことを言ってもらったけど、

一次に残ったら編集者と知り合いになれるの?

662 :659:02/02/06 22:01
>>661
編集部の総意として、私作品を最終選考に残すわけには
いかない、ということになったようなのですが、たまたま強く
推して下さった編集さんが一人だけいらっしゃいまして、
連絡をいただきました。
とは言っても、いま読み返してみると絶対に通りっこないように
思われる代物です……

まあ、私が言いたかったのは、この板や文学板では
「一次落ち」とカミングアウトすると、とたんに
相手にされなくなったり、煽りを受けたりするんですけれども、
それにめげずに頑張ってください、ということです。
三度も落ちた人間が言うのも、なんですけれど。

663 :名無し物書き@推敲中?:02/02/06 22:36
最近は200〜300くらいしか応募ないって聞いたことあるよ

664 :名無し物書き@推敲中?:02/02/06 22:47
ライトノベルの方は
どんどん倍率高くなってるそうだがな。

665 :名無し物書き@推敲中?:02/02/06 22:49
賞によるって。

いやでも、ほんっとに、編集は「売れそうな新人」を渇望してるんよ。
んが、いきなり原稿料とか、生活していけますか? と聞いてくるコは
嫌われるから注意ね。

666 :名無し物書き@推敲中?:02/02/06 23:18
普通の会社じゃ常識なんだがなぁ<給料のハナシ

667 :ホセ:02/02/07 02:36
↑確かに(愛と涙


668 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 03:44
>>666
才能と運に値段をつけるのは…難しいと思う。

669 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 12:20
>>662
推して下さった編集さんが一人だけいらっしゃいまして、
連絡をいただきました。

凄いなー。一人でも編集に認められるってことは才能あるんだよ。
いいなぁ。頑張って是非世に出て下さい。

670 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 12:47
原稿料と生活していけるかは大事なんだがなあ。
大事なことはきくなってことか。あーあ、つまらん世界だな、あっち側も。

671 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 14:36
二重投稿ってやった人います?

672 :645:02/02/07 18:04
やっぱ落ちてました。3次で。
次、がんばろう。うん。

673 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 20:55
新人賞獲ること前提で生活設計立てちゃダメってことかな。
逝ってこよう、、、

674 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 21:13
>>658
なにげに同意。「文章を書く」ことの深さと恐ろしさを
知ってしまうと、もう底なしの泥沼だよねー。
だって「此処まで、やればいい」っていうリミットがないんだもん。
それは音楽・映画・絵画・芸人・演劇その他、全ての創作に云えることだけれどもねー。
その恐ろしさに気付いた時点で「ひと皮剥けた」と思いたいですよー自分も。

675 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 21:24
推敲はきりがない。

676 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 21:25
まだまだだね。
文章を書く深さなんて言ってるうちは、何にもわかって無いってこと。


677 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 21:26
雇用される側としては当然の、待遇・処遇の詳細を訊くことが
「出版界」では「いきなり、そんな生臭い話すんなよ」と
厭われる傾向があるようですよ。
しかも、そこそこの名を成しているプロに対してですら。
こんな姿勢は「特殊な業界」の不文律――暗黙の了解なのですかね?

ったく夢も希望も、あったもんじゃねえって。ゲラゲラ

それでも、そんな世界への憧憬を抱かずにはいられない自分が鬱だ。氏のう。

いや、死なないけど。

678 :674:02/02/07 21:33
>>676
えっ? そうなんだ?
スマソ
逝ってきます



――って逝かねえよ。俺ァ売文奴じゃねえんだよ。


なんて、云える境地に達したいけどね。
正直、まだまだだよ自分。
なにげに夢見てる自分が鬱。
ビジネスと割りきれない自分が鬱。

679 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 21:50
というか、いわゆる芸術や芸能分野全般でそうだろ>待遇・処遇の話は禁忌
その契約ごとの条件なら聞かせてもらえても、終身雇用じゃないからそれ以上の話はできんし。

680 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 21:55
あんたらみんな気が早い。

681 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 21:59
>>676
んん?
「小説書いてます」なんて気取ってみても
要するに「職業=商売」なんだよ、ってこと?
仕事に貴賎はないってこと?
「これなら商業=プロ・レベルだろ」という
見極めを自分の中で、できなけりゃあ
「プロ」は程遠いよ、ってことなの?

仮定ですけど、そういう論旨として。

真摯に物語を紡ぐことだけを今生の生き甲斐としていたワタクシは
「一生、自称オンライン作家で好きにやってなさい」ってことだよね?

あはは。我ながら自分のバカさ加減に笑えました。
こんなことやってても婚期逃してるだけだよってのが身にしみましたよ。
これからは現実を見つめます。
ありがとう。浅はかな夢が覚めたよ。きっぱり。


682 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 22:04
>>680
禿同

そんなことは、ちゃんとデビューしてからの
お楽しみにとっときなよ

オレモナー

683 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 22:08
正直、皮算用は趣味でありライフワークであり明日への活力だ。


684 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 22:26
>終身雇用

芸能全般、単発誓約ってことですかね?
売れれば次も起用しますよ。はい。
売れなければ切りますよ。はい。
当然。
雇用する側としては、そりゃあ当たり前の話ですよね。
こっちもボランティアじゃないんですからねえ。
勝手な夢見て押しかけてこられてもねえ。困りますって(藁

685 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 22:31
>>681
その程度で腹を立ててしまうようでは
ダメですね。
あなた、ご自分でも認めたとおり、
趣味で書いてらしたほうがお似合いですよ。

686 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 23:12
>>685
うん。ありがと。
ワタクシもそう思ってましたよ
ずっと ずうっと趣味で書き続けますよー
同人オタ女というカテゴリーにしてはワタクシは比較的
男性諸氏から、そこそこチヤホヤされてる方だと思いますので
テキトーにイケてる男を引っ掛けて
「主婦」として好きなことをやらせていただきますのよー




ネタっぽいけど

687 :名無し物書き@推敲中?:02/02/08 01:20
小説現代は新人賞募集やめたのか? 雑誌に募集要綱がない。

688 :名無し物書き@推敲中?:02/02/08 01:44
>686
いちいち言わなくてもいいことを言ってしまう、
それが創作上でも欠点になっていませんか?

何を言って何を言わないのが効果的か、
選べるようになればヒトカワムケルカモネ。

689 :名無し物書き@推敲中?:02/02/08 02:37
この板に一番ふさわしいAAをあげよう


(゚ε゚)キニシナイ!!

690 :名無し物書き@推敲中?:02/02/08 08:47
よしよし。また一人落脱者が。受験生気分〜。


691 :名無し物書き@推敲中?:02/02/08 10:26
>>690
俺も前にそんな気分になったことがあるけど、
受験はどんなにきつくても10人に1人は通る。
努力すれば何とかなる。
しかし新人賞は1000人に1人……嫌だ、やめよう。

692 :名無し物書き@推敲中?:02/02/08 19:25
1000人に一人……50クラスに一人か。
高校でいえば6校に一人。

そう考えればわりに……

693 :名無し物書き@推敲中?:02/02/08 20:20
確率で当たるってもんでもないでしょう(笑


694 :名無し物書き@推敲中?:02/02/08 20:51
>>692
適当な高校を6校集めて、その中で小説部門だけ一番になれ!
っていうのなら望みはあるかも。
しかし、その6校分の生徒が全部小説家を目指してるのなら、
俺はその中で一番とる自信はないな……
百番くらいに入ったら嬉しい。

695 :名無し物書き@推敲中?:02/02/08 21:01
>>686
688にチョト同意(w
実は685はマジレスだった。
あなたの「主婦」発言こそネタだと思うが、あえてマジレス嵩ね。
主婦だからといって、遊んでいていいものが書けるわけは無い。
小説は飯の種でもあり、何より、「作家」は職業の一つだ。
趣味でどうこうという事を主張したいのなら、
ここはスレ違いではないだろうか?

あなたのレスに厳しい反応が返ってきても当然と思われる。

696 :名無し物書き@推敲中?:02/02/08 21:20
>>695

なっ 成程
猛省いたします
688さんのお言葉も肝に銘じますです

多謝

697 :名無し物書き@推敲中?:02/02/10 07:58
それにしても太宰賞
雑誌ねーなら
せめて
ちくまのサイトで経過発表すりゃいいのに!!

698 :名無し物書き@推敲中?:02/02/11 16:29
みんな年間で何回ぐらい応募してる?
私は一昨年から応募し始めて、年二回。


699 :名無し物書き@推敲中?:02/02/11 23:31
聞いてどうする

700 :名無し物書き@推敲中?:02/02/11 23:36
>>699
氏ね。

701 :名無し物書き@推敲中?:02/02/12 00:42
>700
なんでや?と思いつつワラタ(なんで?

702 :名無し物書き@推敲中?:02/02/12 01:03
漫然と月日が流れてくなかで、
俺も年に二回くらい本気で小説書いてるな。
ま、本気でやっても未熟を教えられるだけなんだが、
やらんと成長しないしな。




703 :名無し物書き@推敲中?:02/02/12 23:48

明確な意識をもたないでいい加減に行っても、成長しないよ〜。

704 :名無し物書き@推敲中?:02/02/13 00:35
明確な意思を持たないで本気になれるものか……

705 :名無し物書き@推敲中?:02/02/13 04:47
ナニがどう明確なのさ?

706 :名無し物書き@推敲中?:02/02/13 09:13
明確な意識(なんだろな)があろうとなかろうと、書き続ければミになると思う。


707 :名無し物書き@推敲中?:02/02/15 18:44
現代と読物の一次通過者発表まだかよ!
早くしろよ!
眠れねーんだよ!

708 :名無し物書き@推敲中?:02/02/15 19:27
終わったよ。

709 :名無し物書き@推敲中?:02/02/15 19:38
読物の一次通過者の発表って何月号?

710 :名無し物書き@推敲中?:02/02/15 22:07
なんか最近、読物の一次にこだわる奴が数多く登場しているな。
全部同じ奴なんだろうとは思うが。


711 :名無し物書き@推敲中?:02/02/15 22:52
>707
現代の一次は自分も待ってる。血迷ってSFなんか送ってしまった(藁

712 :名無し物書き@推敲中?:02/02/16 00:06
俺も現代は一口持ってるよ!
死に物狂いで書いた核戦争もんだ! ハハハ!

713 :名無し物書き@推敲中?:02/02/16 00:26
一次って通るとすごいのか?
電話かかってきたらすごいと思うけどさぁ。

714 :名無し物書き@推敲中?:02/02/16 00:50
正直、大手の一次を常に通る力があるなら
最終選考ぐらいは、巡り合わせによっちゃあ、まぐれ残りするよ。

715 :名無し物書き@推敲中?:02/02/16 00:56
>>714
前に聞いたときは、一応文章になっていれば、一次は通ると言ってたよ。
証言がまちまちだな。
一次と二次の差は歴然だと思うが。

作家でごはんの、文学界一次、
http://homepage2.nifty.com/harumiya/asphalt-no-tubu.html

群像一次、
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hfk/gohan/novel/gunzou01.htm

こいつら3年以内に最終に残ることは無いと思われ……。

716 :名無し物書き@推敲中?:02/02/16 08:22
一度も一次になんか残ったことないので、
本に名前が載ってるだけで嬉しい。さみしい自分。

717 :名無し物書き:02/02/16 14:25
 >>707-713
小説現代の1、2次通過発表は例年だと4月号だろ。
 それより次回の新人賞告知がないんだよ。
 あっこが一番間口が広くて短編だから好いんだよ。

718 :名無し物書き@推敲中?:02/02/16 15:06
>>710
>なんか最近、読物の一次にこだわる奴が数多く登場しているな。
全部同じ奴なんだろうとは思うが。

わたしのほかにもうひとりいるってこと?
その人とわたくしのために何月号だったのか教えてくださいませ。

719 :名無し物書き@推敲中?:02/02/16 15:43
>>718
自分で本屋に言って確かめてこい。おまえあつかましいよ。

720 :名無し物書き@推敲中?:02/02/16 15:49
test


721 :名無し物書き@推敲中?:02/02/16 16:55
>>715
大手では30作に1つしか一次を通りません。
文章になってれば……というレベルでないのは明らかかと思います。

722 :名無し物書き@推敲中?:02/02/16 17:53
そりゃあ賞の規模によって一次の通過基準は違うでしょう。

まあ、一次発表から名前の載る賞なんかね、
一次に通らないと投稿したことさえ証明できないわけだからね、
通りたいよね。

723 :名無し物書き@推敲中?:02/02/16 17:55
文章になってる のと 小説になってる
のって全然違うと思う。きっと。

文章になってるくらいで良ければ、きっと皆2chの書きこみ程度で
一次なんて通るさ。

724 :17:02/02/16 18:20
文学界新人賞応募したんですけど、一次選考通っても連絡はあるんですか?
連絡きた方、いますか?

725 :名無し物書き@推敲中?:02/02/16 18:32
>724
ないよ。

726 :名無し物書き@推敲中?:02/02/16 20:10
>>723
そうだね。
ここに書き込んでるので文章になってない!ってのは見かけない。
あっ、俺はなってないけどね。

727 :名無し物書き@推敲中?:02/02/17 01:14
>>726
今更そんなフォローは遅いと思われ。

728 :名無し物書き@推敲中?:02/02/22 10:11
オカルトホラー伝奇を書いてますが、どの賞に送れば最適でしょうか?

729 :名無し物書き@推敲中?:02/02/23 14:05
みなさんのオススメの指南書ってあります?
最近読んだのでは、『小説新人賞は、こうお獲り遊ばせ』が
なんというか、ミョーというか。

730 :名無し物書き@推敲中?:02/02/23 15:20
728 学研ムー伝奇ノベル大賞が新設。

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/23 16:48
半分ノンフィクション半分エッセイの応募できる新人賞て有りますか?
ご存じの方いらっしゃったら教えて下さい。お願いします。

732 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 14:15
>>729
ベストセラー小説の書き方は普通に面白かったよ。
洋書だけど。

(´-`).。oO(ゼンブ読んでないけど)

733 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 21:53
>>729
中島梓『小説道場』全4巻。
初出はジュネ。

734 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 22:15
>733に同意。
これで視点を学んだという30代前後は多い名著。


735 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 04:14
小説を書くココロザシをなくしそうになっているときに
『小説道場』読んだもんで、
元気が出たといいますか……。

736 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 23:50
新しい読み物と現代出てたから
立ち読みしたんだけど
まだ何にも発表ないんだよね(たぶん)
どっちにしろ
この時期に電話こない奴はアウトかね?

737 :名無し物書き@推敲中?:02/02/27 00:19
まだだと思うんだけど。
中間発表が来月号だろ。
現代が12/20、読物が11/30
1、2次に各1ヶ月、3次に半月程度として(読物は各選考ごとの
通過数が多いからもうちょいかかるとして)
3月半ば以降じゃねえの?
ていうか736、ほかの新人賞サイトにも同じことかいてないか?

738 :名無し物書き@推敲中?:02/02/27 00:19
>>734
視点といえば、「初心者は一人称を使わんほうがいい」って言われるけど
どんなもんなんでしょう?

739 :737:02/02/27 00:31
↑補足。
電話来るのは最終の人間だけ。
最終選考は例年だと4/1だったよな?
現時点で最終までえらんでるのかなと素朴な疑問なんだけど。
自信ない。誰か教えロヤ。

740 :名無し物書き@推敲中?:02/02/27 00:31
言われてるか?
主人公と読者の情報量が同じになるから、書きやすいと思うが・・・

741 :名無し物書き@推敲中?:02/02/27 00:39
>737

自分はそいつじゃないけど
確かに同じ様なこと書いてるんで笑えた。

4/1選考ってことは
もう終わりだな〜。

気分転換しよっと。

742 :名無し物書き@推敲中?:02/02/27 00:50
>自分はそいつ(ほかの新人賞サイトに同じことかいてる奴)じゃないけど
>確かに同じ様なこと書いてるんで笑えた。

そいつじゃないって、なんでお前にわかるんだろう。
737はどの新人賞サイトかなんて一言も言ってない。

電話は最終選考日の2週間くらい前だったって既出じゃなかったっけか。

743 :名無し物書き@推敲中?:02/02/27 02:39
>>738
初心者じゃなくても
おれは一人称はやだな。

744 :名無し物書き@推敲中?:02/02/27 02:47
うがぁぁぁぁぁ!!!!

バンチめ!!
ムフロンをネタに小説書いたのに・・・・・・。
お前のせいで・・・・・・ お前のせいで・・・・・・
俺はパクリになっちまったじゃねぇかぁ!!
目をつけたのは俺のが先じゃぁぁぁ!!
くそぉ。マジで悔しい。悔しい悔しい悔しい!!!!!!

745 :名無し物書き@推敲中?:02/02/27 22:15
初心者が一人称で書くと、
真相を知らない人物が、ソレについて語っていたり、
主人公の視点のはずなのに、違う人物の内面描写してたりとかあるらしいが。

一人称と三人称が混じったヤツとか、
一人称で複数視点ってのは、読者が混乱するから止めた方がいいと聞くが、
実際のところはどうなんだろう?

746 :名無し物書き@推敲中?:02/02/27 23:28
新人賞投稿者に欠けているのは自己客観視能力。
自分が今書いている物語が、読者にとっても面白いものであるかどうかを
つきはなして冷静に分析することができない(要するにナルシシズム)。
自分をつきはなして見る目をやしなうためにも、三人称を使うことは有効。
……というのをどっかで読んだ記憶がある。

747 :名無し物書き@推敲中?:02/02/27 23:49
>745
混乱させぬように用いれば良いと思われ。
後、三人称でも神の視座でないかぎりキャラ寄りの視点で書く
もんだから、視点の揺らぎには気をつけた方が良いと思う。
でもまぁ、ここら辺は結構異論があるようだね。
純文学では、三人称であっちの内面描写、こっちの内面描写っ
て、あんまり拘らないらしいし。不自然でさえなければ、どん
な手法を使ってもいいんじゃない?
ちなみに、私は安定した視点の方が安心して読めると思うんだ
けど。

748 :名無し物書き@推敲中?:02/02/28 03:33
どっかで読んだけど、作品を選ぶときに
「視点が定まってるか」っていうの、重要らしいよ。
確か、1.文章が書けているか、2.時代性があるか(今っぽいかってこと)、
3.読者をひきつけるか(ストーリーが面白いかってこと)、4.視点のゆらぎがないか
をポイントとしてみるみたいな感じだったな。
編集者が書いていた。
少し違うかもしれないけど。
だから、視点はキチンと定めて書くべきでしょ。デビュー前なんだからなおさら。

749 :名無し物書き@推敲中?:02/02/28 04:36
支店を変えるとしても、ちょくちょく変えてはいけないよね。
落ち着きがなくなるし。映画なら可能だけど。
ひとつの章ではひとりの視点が基本だよね。

750 :名無し物書き:02/02/28 04:48
初めて投稿
思ったことを思ったように書いたら受賞しました。
あとあと業界内でいろいろ聞いたけど
あんまー マニピュレートされた選考基準はないよぉだったですぜ。
<新人賞にかぎった話

751 :名無し物書き@推敲中?:02/03/01 02:23
ていうかマジで困ってるんで教えてくれ。
原稿用紙を紐でとじるのはいいんだが
その紐を通す穴のうまいあけ方が分からん。

752 :名無し物書き@推敲中?:02/03/01 05:36
五枚づつ束にして、
印をつけ、
パンチで穴をあける。
コレを延々と繰り返していたけど何か?


(´-`).。oO(もっと多い枚数用の、穴あきパンチも売ってるんだけどね。無駄に高い。)


そんな俺はクリップ派

753 :名無し物書き@推敲中?:02/03/01 09:55
漏れは千枚通しと四つ目ギリで三十枚ずつ。パンチは手が掛かる。

754 :名無し物書き@推敲中?:02/03/01 19:26
リトルモアに応募したことある人いる?
大手狙いより賞金出なくても競争率の低そうなところを…と思いはじめた。
逃げに走ってるんだな……

755 :名無し物書き@推敲中?:02/03/02 19:07
>754,>753それだとずれそうで恐いんだけど平気?

756 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 00:47
ひとりよがりのやつが書いた一人称小説は読むに耐えない。
三人称ならまだ許せる。
プロの書いたのにも、そういうのあるからな。

757 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 01:14
>>756
よーし、次は三人称で書いちゃう!出血大サービスだーっ!

758 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 02:24
>>757
(´-`).。oO(「よーし、漏れは四人称」なんて言えないよ)

759 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 02:33
短編ならともかく
長編の一人称はだれる。

760 :おれのすれっど:02/03/03 04:04
うん。よしよし。そのいきだ。

761 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 04:08
age


762 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 05:14
おいおい、リトルモアなんぞ出来レースの見本みたいなもんだろ?
違うのか? 文藝は出来レースだけどな。保坂が女子高生のおめこ狙ってのあれだからな。


763 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 05:36
>>758

(´-`).。oO(四人称ってなんだろう)

764 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 06:11
(´-`).。oO(一人称は私、俺)
(´-`).。oO(二人称があなた)
(´-`).。oO(三人称で第三者、だから)
(´-`).。oO(四人称。第四の使徒シャムシエル!)
(´-`).。oO(……フルクテスマソ)

四人称、それはまさしく己を神の如く昇天させること?
つまりは逝ってヨシですか?

765 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 11:48
馳の三人称ってなんかシナリオみたいだよね。
あれが、ハードボイルドの文体なの?

766 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 16:57
(´-`).。oO(誰か四人称について、相対性理論で説明してくれないかな)

767 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 01:38
馳は、接続詞入れると読むのタルくなるからあーしてるって
インタビューで言ってたよ。作品は素早く読んで欲しい人らしい。

768 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 02:09
四人称小説、現在+1年後に発表するよ!(永遠につかえる書き込み)


769 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 07:00
>762
マジ?おめこ狙い。だとしたら最悪。
男のケツ狙い、ってのは無いの?
文藝賞出そうと思ってるんだけど。
外見には自信アリ。経歴は美大卒ってどう?

770 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 08:19
 何で文藝なの?
 もう書き終わった?

771 :769:02/03/04 10:21
書き終わった。
理由は、
1、若者向け。
2、タイトルがカタカナ。
3、20歳。
4、今まで受賞した作品と「言葉では説明出来ないが共通する点」があること。
でも、文藝は倍率が高い&コネが関係するの?でどうだろう、と。

772 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 10:39
出してみたらいいじゃん。

773 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 12:00
……
コネだと思うのなら、これを機会にコネができると信じればいい。
送れ送れ。


774 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 12:15
おめこ狙いってことはぜったいないです。
その世界に多少なりとも属してるのでそれはわかる。
一次落ちのやっかみ。
769さんはどんなの書いてるの?
レスの文読んでちょっと興味を持った。
リズムよさげ

775 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 12:22
おめこしたいなら編集にいえば……

776 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 17:53
えっと、実は某賞の下読みやってたことがありまーす。
もっと応募する方は作品に対して客観的でいて欲しいです。
以上。

777 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 18:27
>>771
20歳なのに美大卒ってまだ卒業できる年齢じゃないじゃん

778 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 19:02
宇多田ヒカルは2学年くらい飛び級だったそうだ。
なんかすげえ。

779 :769:02/03/04 20:48
美大在籍中です。すいません。
>774
青春&恋愛ものです。
尊敬するのはエイミ・ヤマダ。
他には鈴木清剛、村山由佳、山本文緒、花村萬月なんかが好きです。
やっぱり、自分に合った賞、ってのもあると思うんです。
あと一ヶ月弱で新しいのを400枚位書いて、小説すばるに出そうと思っています。
前のは、人の評判を聞いて、文藝出すか考えます。

780 :774:02/03/05 00:37
>769
私も美大卒ですよ。とっくに卒業してますが。
1ヵ月で400枚とはすんごいですね。小説すばるっていうとエンタメでしょ?
純文もエンタメもどちらも書いているのですか?
私はもっぱら純文です。といっても書き始めたのは最近ですが。
文藝、若い人にはよさそうですよね。
コネなんてどこの出版社でもかんけいないと思いますよ。
コネで出版できてたら、私だってとっくに作家ですよ。
あと倍率も。べつにくじ引くわけじゃないんだから。
高くても低くても実力があればかわらない。そうでしょ?
ただ、とった後本がうれるかどうか、編集者が考えて
若い女の子だったりビジュアルよかったりするほうがいいと思うのはわかりますけど。
私は今年はすばるです。お互いがんばりませう

781 :769:02/03/05 02:16
>770
そうですよね。
生き残って行くのはかなり難しいし、ただデビューしただけじゃ無理だし。
要は、自分が書けるか、上手いか下手か、ってことですよね。
書き続けてれば実力はどんどん上がって行くと思うし。
その点、すばるは受賞後、或いは最終候補に残った段階のサポートは良いと聞きます。
ビジュアルで売るより、文章で売りたいですね。
どうも企画モノ、というか、文章がおまけみたいのはちょっと。
顔よりも文章で売りたい。顔出しNGにしようかな(笑)
まぁ、利用出来るものは利用して売る、ってのは体制ですよね。

僕は、純文とエンタメの区別は特に無いのですが、そもそも文藝は「J文学」だし。
実際境界線がよくわからないけど、書きたいものを書いて、自分の好きな作家が出た賞、
または自分の作品と同じような空気感を持った作品が多く受賞している賞、に出そうかなと。
とりあえず自分に一日20枚のノルマを課しています。
なんか、やる気が湧いて来ました。
ほんとお互いがんばりましょう。
同じ集英社の作家になれるといいですね。

782 :774:02/03/05 15:17
>769
>どうも企画モノ、というか、文章がおまけみたいのはちょっと。
室井祐月みたいのは一番はずかしいですから。
作家になれたらコンスタントにそれなりの小説を発表していきたいですよね。
そのために、ひたすら書く。今は、まずは作家を名乗れるように。
今書いているのはまだクソ小説かもしれないけど、書き続けることによって、
何か答えはきっとありますよね。と、それを信じるしかないですね、名もない今は。
私もたぶんここにきてるみんなと同じように、毎日デビューしてからの妄想してますが、
(名前を売るためにはアンアンでエッセイ書いてとか(藁 )
まあ、何もかもデビューのチャンスをつかんでからですからね。
>ほんとお互いがんばりましょう。
>同じ集英社の作家になれるといいですね。
ほんとですね。私もやる気出てきました。
将来「あのときの2ちゃんの・・・」とかいったらおもしろいですね。
このスレ読んであきれてるたくさんの人の顔が浮かびますが、
まあ、妄想するのは自由ということで・・・。


783 :名無し物書き@推敲中?:02/03/05 18:33
現在、すばるの投稿作を執筆中。
みんなも今頃がんばってるんですよね。
あと少しなのでラスとスパートで頑張りまーす!

784 :769:02/03/05 18:39
>770
馴れ合いとか思われたら嫌だけど、啓発になるのなら、と思って。
とにかく、自分の信じた道を行く、ということです。
誰が何て言おうと関係無くて、自分のやりたいようにやる。
感性や本能の赴くままに。
もう、書いて生きて行くことに決めたのなら、書き続けることで、何か見えて来るはずです。
技術は後からいくらでも付いてくると思うので、一作品ずつ気迫、というか魂を込めて書く。
若書きらしい、エネルギー、というものも必要だと思います。パワーとか、情熱とか。
上手くなろう、という意識があれば書いてるうちに、書き続けるうちに必ず上手くなると思うから。
初志貫徹、というか、自分を信じるだけです。
自分の好きな世界感を、がむしゃらに構築していくだけ。

ちょっと、ここのレスが気になって何度も足を運んでしまいます(笑)
もう、言いたいことは大体言った感があるので、しばらく来ないようにします。
息抜き程度にします。
もしこれから何らかの形で、文壇に出ることがあったら、
「あの時のあいつかも」と心の奥底で思い出してくれたら嬉しいです。
(そういう奴はいっぱいいるだろうけど、美大を経た奴は少ないだろうから)

785 :名無し物書き@推敲中?:02/03/06 13:53
>769
OK。わたくしも同じ気持ちです。
ついここへ足を運んでしまうので、そろそろ・・・と思っておったところです。
まんがいち文壇に出たらどっかでいいますor書きますよ。
769さ〜ん、がんばってる?って。
それではラストスパートでがんばりまする。
いつか会う日までさようなら。

786 :名無し物書き@推敲中?:02/03/07 20:20
http://www.so-net.ne.jp/SF-Online/no20_19981026/special1-2.html

787 :名無し物書き@推敲中?:02/03/07 22:52
↑ふうむなるほど。言ってることはしごくもっともざんすね

788 :名無し物書き@推敲中?:02/03/09 23:34
新人賞にほんとに応募してる人。
つらくないっすか?
ああ、ヤル気が出ない今日はどうすればいのだ。
タスケテ

789 :名無し物書き@推敲中?:02/03/10 00:51
そうですなー。やる気がなくても、パソコンのスイッチは入れられるし、
ワープロソフトは立ち上げられるでしょう?
したら、今まで書いた原稿を推敲も兼ねて読むってどう?
書くより気が楽に出来るだろうし、何もしないよりイイでしょ?
やる気も戻ってくるかも知れないし。俺はそうしてる。

……でも他にイイやり方あったら教えて他の人。

790 :名無し物書き@推敲中?:02/03/10 20:23
>>789
全部駄作なので鬱入って首くくるのがオチかと

791 :名無し物書き@推敲中?:02/03/11 00:04
書いてるだけじゃ満足しないんだよね。賞に出しても認められないんじゃ。
不安は募るばかり。単にエネルギーを無駄遣いして暇を潰しているだけなのでは?
と考えてしまう。
読書に映画、テレビ、ゲームと、暇つぶしなら受け身でいた方が楽だしね。
このままじゃいかん! もっと必死になれ俺!

792 :名無し物書き@推敲中?:02/03/11 00:06
あー……
不安ってわかるなあ

793 :名無し物書き@推敲中?:02/03/11 11:50
>>789
それ俺よくやってるよ。
でも自分のを読み始めると、あまりにも面白くてついつい
二時間ほど読んでしまう。
それでチーン、時間切れ引き分け。
毎日だよ。

794 :名無し物書き@推敲中?:02/03/11 11:51
>>791
認められるってどの程度なら満足?
千人に一人となって受賞するってこと?
それとも一次突破であるていど満たされます?

795 :名無し物書き@推敲中?:02/03/11 16:16
>>793 >>789
おまえらナルシストには一生入選は無理(w

796 :名無し物書き@推敲中?:02/03/11 17:56
小説書いて新人賞に出そうなんてことを目論む人間なんて
全員、自己顕示欲で出来たナルシストだろ(w

含む自分。

797 :名無し物書き@推敲中?:02/03/11 18:08
>>796
なんですぐみんな一緒にするんだよ。

798 :名無し物書き@推敲中?:02/03/11 18:17
797よ。確率というものを信じなさい!

799 :名無し物書き@推敲中?:02/03/11 22:24
>>791
ほんっとそうだよねえ。なんかすごく大きな間違い犯してる気がするし。
かといって、やめられない。
ジレンマで苦じいよお。
>>747
賞とるなり持ち込みなり文芸誌に発表できてこそでしょう。
一次通過するために小説を書いているのではないのです。
書きたいものがあるから書いている。
一生書き続けられる地盤が欲しい。
だからこそ小説家になりたいのです。
書きたいことを書くだけならオンライン作家でも、とは言わないで下さい。
オナニーで一生を終えるような虚しいことはしたくありません。

800 :名無し物書き@推敲中?:02/03/11 23:36
っつうか、自己顕示欲とナルシシズムは別物でしょ(わ

801 :名無し物書き@推敲中?:02/03/12 02:35
>>799
同感。


802 :名無し物書き@推敲中?:02/03/12 10:43
そうだよ、オナニーなんて虚しいよ(好きだけど
オナニーより文学青年崩れのブヨブヨ中年編集者に
手コキで逝かせてもらいたいよ(ヨロシコメカドック

803 :人‘ 。‘人 :02/03/12 21:36
応募先が決まらないな…

804 :名無し物書き@推敲中?:02/03/12 21:58
>>803
ここなんてどう?
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/bun/1004125302/l50

805 :名無し物書き@推敲中?:02/03/12 22:36
あっ、人‘ 。‘人さん発見!
まだ餓死してないようですね、いかったいかった。
どうしてもくえないときは、豆腐屋に行くと
捨てるおからがごまんとポリ容器にはいっとるぞ。
それか、デパートの試食コーナーへGO!

806 :人‘ 。‘人:02/03/13 00:25
>>804
ありがとう。でもあんまり怒濤の展開!エンタメ!って感じじゃないん
だけど、いいのかな、送っても。

>>805
ありがとう。お金借りれたの、助かったの。
試食コーナーか…それは気付かなかった。

もう働かなくちゃ…1年もだらだらしちゃった…

807 :名無し物書き@推敲中?:02/03/13 00:38
おいおい

808 :名無し物書き@推敲中?:02/03/13 17:50
みんなどこへ送るのだー!おしえてけれー!

809 :名無し物書き@推敲中?:02/03/13 23:37
それを知ってどーする?

810 :名無し物書き@推敲中?:02/03/14 00:44
ききたいだけだよ!だめ?

811 :名無し物書き@推敲中?:02/03/14 11:39
漏れは実家に送ったよ

812 :名無し物書き@推敲中?:02/03/14 20:43
漏れはすばるの予定だったが枚数が100を超えたので文藝も検討中。

813 :名無し物書き@推敲中?:02/03/14 23:18
君たちは何のために新人賞がほしいんだ?

814 :名無し物書き@推敲中?:02/03/14 23:29
文学板よりコピペ

>133
創作文芸板へ逝けよ。
同類がうじゃうじゃしてるから。
恨み、嫉妬、勘違い、自意識過剰など満載。
売上がどうのこうのとか、あの新人賞の傾向はとか、あの作家は才能ないとか、
文体がどうのこうのとか、自分の作品は前衛的だからとか、
イタい作家気取り同士で楽しいお話ができますよ。
傍から見てると、恥ずかしいくらいに皆さん自信に満ち溢れています。
まるであなた様のように。

厚顔無恥って無敵で素敵ですね。


君たち、こんな風に思われているんですよ。

815 :名無し物書き@推敲中?:02/03/14 23:34
>>814
叩かれて逃げてった奴かな?

816 :名無し物書き@推敲中?:02/03/14 23:35
>>814

そのとおりだからいいんじゃねーの?

817 :名無し物書き@推敲中?:02/03/14 23:45
確かにそのとおりだ。

818 :名無し物書き@推敲中?:02/03/14 23:56
ぜんぜん痛くない。

819 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 00:06
むしろ善意に満ちてるようだ

820 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 00:09
だって口先ばっかてのは当たってるよね

821 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 00:12
栄光と絶望の板。
さあ、何割の人が栄光を?

822 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 00:14
掴むやついるのか?
非常に疑問。

823 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 00:16
いるよー。私かな。

824 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 00:16
栄光と絶望というより、
妄想と挫折の板だろ、ここは。

825 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 00:18
ところで本当に新人賞に応募してるの、みんな?

826 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 00:21
してねーよ、そんなもん。

827 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 00:22
おれはしてんだYO!!

828 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 00:24
私もしてる。けっこうまじだよ。

829 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 00:30
で、わたしは他のヤツとは違うって思ってるわけ?

830 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 00:38
こういうところで「けっこうまじ」とか言っちゃうから
妄想満載って言われてしまうんですよ。

831 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 00:39
だって少なくともコネはある。
実際の作家さんに読んでもらえる。

832 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 00:40
だから、実際そうなんだからいわれてとーぜんだ。
言われまいとするほうが妄想。

833 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 00:41
ちがうっていうか、一緒にがんばってる人と
お話したいって言うか。
多少ならアドバイスできるし。

834 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 00:42
妄想だけじゃなくてちゃんとがんばってるしね。

835 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 00:43
そうやって書くとみんな羨ましがるだろうなあって思ってるんでしょ。
よかったですね、がんばってください。
是非とも未来の文壇を背負ってください。

836 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 00:44
>835
うらやましいのかい?

837 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 00:47
うらやましいとかどうでもいいよ。
そんなつもりで書いたんじゃないし。

838 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 00:53
ところで投稿する方はどこに送るか決めましたか?

839 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 00:53
私はすばるです。

840 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 00:55
おれもすばるかな。

841 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 00:59
えっ一緒?
じゃあ今締めきり前だよね。

842 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 01:08
>841
ええ、限界ですとも……

843 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 01:18
そんな事より1よ、ちょいと聞いてくれよ。スレとあんま関係ないけどさ。
このあいだ、某出版社に持ち込みやったんです。持ち込み。
そしたらなんか受付が人でいっぱいなんです。
で、よく見たらみんな、備え付けのテーブルで来訪者カードとか書いてるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、出版社に来たくらいで不審者扱いしてんじゃねーよ、ボケが。
来訪者カードだよ、来訪者カード。
なんか警備員とかもいっぱい立ってるし。訪問者には番号札渡して管理か。おめでてーな。
出版社関係者は首からIDカードさげてんの。もう見てらんない。
お前らな、俺のサインやるから顔パスで通せと。
持ち込みってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
担当編集者と打ち合わせたとき、担当の態度の悪さに思わず手が出てもおかしくない、
採用されるか落とされるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。
で、打ち合せが終わったかと思ったら、編集会議にかけさせてくださいって言うんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、編集会議なんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、編集会議にかけるために、だ。
お前は本当に俺の作品を編集会議にかけたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、担当ヅラしたいだけちゃうんかと。
持ちこみ通の俺から言わせてもらえば今、持ち込みの最新流行はやっぱり、
アポ無し、これだね。
いきなり編集部訪問。これが通の持ち込み。
事前連絡とらずに、担当を呼び出し原稿を読ませる。そん代わり枚数少なめ。これ。
で、読ませてる間に面白い雑談をして仲良くなる。これ最強。
しかしこれで失敗すると次から出入り禁止になってしまうという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前、1は、おとなしく新人賞に応募でもしていなさいってこった。

844 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 01:21
私はあと一息かな。すばるの。
残りちょっとだし頑張ろうね

845 :人‘ 。‘人:02/03/15 01:45
幸せになりたいね。

846 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 01:49
今のところ幸せだけど。

847 :人‘ 。‘人:02/03/15 01:58
スミマセン…

848 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 02:01
いえいえ。
…幸せではないのですか?

849 :人‘ 。‘人:02/03/15 03:05
うん…あんまり…

850 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 03:11
松浦亜弥って可愛いよね。

851 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 04:48
>>843
吉牛コピペの改良やってねーで書けっちゅーの。
(ってか、なにげにおもろかったけど)
今日完成して、今感激にひたりまくり。
誰もいねーけど

852 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 04:49
人‘ 。‘人さん応援してっから
腹減ったといわれても何もたべさせられねーけど

853 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 06:05
>>843
おい、どうでもいいがセンスのないコピペだな。
お前万年素人作家で終わるぞ

854 :名無し物書き@推敲中?:02/03/18 00:31
などという糞の様な煽りは気にせず皆さん頑張って下さい。

855 :( ゚Д゚)<ポークビッツ100 ◆9qoWuqvA :02/03/18 00:35
|゚Д゚)<ガンガレー

856 :名無し物書き@推敲中?:02/03/18 11:41
でも、コピペ文ちょっといじって、
漏れって面白い? って思ってるヤツは
最低だと思うよ。
そうだなあ、コンパでとんねるずの真似して
漏れって面白い? って思ってるヤツぐらい寒い。

857 :名無し物書き@推敲中?:02/03/18 11:56
と、とんねるず(笑)
あんたいくつよ?老人板逝けよ。

858 :名無し物書き@推敲中?:02/03/18 16:24
>>857
ばあか、何にせよ、驚かされたお前は負け

859 :名無し物書き@推敲中?:02/03/18 17:27
志望者っていうのは永遠に志望者なのだろう。
だから語る。目的と鍛練の道筋が明確であれば
現実は語るものではない。語るべきものを語る
のが作家であるから。「もし私が作家だったら」
みたいな話は、正直読みたくもない。
乖離した分だけ幻想が膨らむ。故に志望者の自我は
永遠に志望者でしかない自己の周囲を周りつづける。


860 :名無し物書き@推敲中?:02/03/18 22:18
>>859
ある意味納得だが、そんな残酷なこと言わないでよ。
ストイックだけが人生じゃないでしょ。
うじうじ妄想膨らませたっていいでしょ。
ここはそういう場所なんだから(藁)

861 :人‘ 。‘人:02/03/19 02:18
応募から発表まで長いよね…あまりにも…

862 :名無し物書き@推敲中?:02/03/19 02:23
一次選考はとっくに終わってますよ

863 :人‘ 。‘人:02/03/19 02:24
なんの?

864 :名無し物書き@推敲中?:02/03/19 02:33
原稿うけとりましたよはがきを廃止して、
「あなたは○次選考で落ちました」はがきをくれるといいな。

夢見る時間が長いと辛そうだ。

865 :名無し物書き@推敲中?:02/03/19 05:43
理屈はいい。
どうすればいいかを考えろ。

866 :名無し物書き@推敲中?:02/03/19 08:48
>865
……
なにかの謎かけなのか?


867 :名無し物書き@推敲中?:02/03/19 09:32
おい!お前ら!
なに放置してるんだよ!
全ての原因は寸評批判派だろ!
あいつらを何とかしろよ!

868 :名無し物書き@推敲中?:02/03/19 09:34
なにか謎かけなんだろな。

869 :人‘ 。‘人:02/03/19 11:58
謎は謎のままで。

870 :名無し物書き@推敲中?:02/03/19 19:11
素敵だね。

871 :名無し物書き@推敲中?:02/03/19 19:25
短編応募したいんだけど、なんかないかな?

872 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 00:32
813 :名無し物書き@推敲中? :02/03/14 23:18
君たちは何のために新人賞がほしいんだ?



873 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 09:11
>>872
とりあえず金と一時的な名誉と自己満足。


874 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 13:44
「百枚前後」の文学界に78枚で行ったんだけど、無理だよね?
読んでももらえなかったかな?


875 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 13:46
300枚までのすばるに、420枚でいったんだけど、大丈夫だよね?

876 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 14:01
浅倉舞のビデオ借りたのに、萩原舞のグラビアで逝ったんだけど、蛋白質だよね?

877 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 19:10
876最高。

878 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 19:32
>>876
浅倉舞って……
老人板の方ですか?

879 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 20:44
老人板って本当にあるの?

880 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 21:16
>>878
おまえは園児板に帰れ。

881 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 21:35
園児板って本当にあるの?

882 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 22:45
875から流れが変になってきたな。
一寸まともな流れになりかけてたのにぃ。


といってみるテスト。

883 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 23:08
ウラジミールでスト?

884 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 21:52
「小説道場」が再開だと!?
あの、多くの作家をデビューに至らしめた、あの伝説の連載が!?

885 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 22:12
>>884
ソレ、なんスか?

886 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 22:28
オール讀物新人賞に初挑戦。1次通過、2次落ちでした。
だせえぜ、漏れ(藁
でも、自分の名前が載ってるのを見て、えへっ、今月号買っちゃいました。
何でも今回の新人賞は、同賞史上最高の応募本数だったそうで
2,000編を超えてたようです。


887 :名無し物書き@推敲中?:02/03/22 22:31
>>886
ぜんぜんダサくない。

888 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 00:03
>885
中島梓(栗本薫)がかつてやっていた誌上小説講座。
単行本全4巻は、オレにとってバイブル。
「自分はなぜ小説を書いているのだろう」と迷ったときに読み返すことにしている。
それが連載再開とは……。

889 :885:02/03/23 00:38
>>888
「ヒントでピント」で大声出して間違う、太った人ですよね?
ふーん、あのオバさん凄いのかあ。

890 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 00:50
オレ今の栗本薫には小説を語ってほしくない。

891 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 00:52
>>889
懐かしすぎる。
何故現在形で書くんだ? 

892 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 00:57
>>888
読んでみたいのでタイトルきぼん

893 :892:02/03/23 00:58
しまった。小説道場か。

894 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 14:50
バカな夢見てないで、早いとこ現実に目を向けなさい。
本屋さん行ってぐるりと眺めてごらんよ。
本や雑誌の大洪水だよ。
あんなに大勢の有名無名の人たちがひしめき合っているんだよ。
まともな頭の持ち主ならば判断つくだろが。
筒井康隆の「大いなる助走」読んで目をさませよ。


895 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 16:04
>>894
あれ98%フィクションだよ

896 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 17:14
>895
ホントですか?
だって文春の元部長さん、事実ですって言ってましたよ。
ヘンだな。

897 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 17:23
どうでもいいけど、オレ女?>888

898 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 17:46
そうだよ

899 :悪魔のささやき:02/03/23 22:03
>886
そうやって自分の名前が出てれば買いたくなるだろ?
サンデー毎日の東大合格者氏名!だって同じだよ。
どこも不景気で知恵しぼってるんだよ。


900 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 22:34
今日新潮社の新人賞に出してきた。
二百五十枚以内っていう規定で九十四枚のを出した。
大丈夫かな?

901 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 22:44
何方かこれに出した人おります?

902 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 22:47
できたらこれで第何次まで進めるか予想して欲しいのですけど。
もし見てくれる人がおられましたら虎の穴にアップしますので

903 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 23:14
>>902
してみて。ちゃんと見るから。
自信がある作品なら、全部載せちゃ駄目だよ、一応ね。
作品というよりかは文章を、ってな感じで。

904 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 23:53
>902
おおっ、いーね。
うpしれ。

905 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 23:57
あんま自信ないんで全部乗せます。九十四枚分
http://www2.yi-web.com/~moji/tora/an/antho2.cgi?action=html2&key=20020326235630

906 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:08
小説現代新人賞の経過が出てたね。
自分は一次落ちでした。初投稿は惨敗、と。ははは。

907 :903:02/03/24 00:11
>>905
うーん、ざっと目を通しただけだけど(あとできちんと読みます)、
まず、文章が淡泊すぎて描写が足りない部分があると思う。
たとえば、最初のほうの
>目を閉じると妻の姿が次々に浮かぶ。
 妻はもう三十代後半を越えていたが、美しく、若々しかった。
とか、
>十四歳にしては発達している娘の体が私にのしかかる。
という描写なんかは、もっと肉付けしたほうがいいとおもう。
前者は妻の魅力的なパーツを順々に挙げた上で、美しく若々しい
と締めるとか、あるいは美しいという単語を使用せずに美しさを
描写するとか。後者も同じ。読者の想像力に委ねる手法をとるにしても、
あまりに淡泊だと作品が損なわれるし、むしろ簡潔で凝縮された
手法のほうがハードルは高い。

新潮社の新人賞って、純文系の「新潮新人賞」だよね?

908 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:22
>>902
あほかああああああ!!!!!
これって二重投稿になるで、はよ削除し。

909 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:22
>907
そうです。純文じゃちょっと無理があるかな?

910 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:23
新潮社にチクったろうかな?

911 :903:02/03/24 00:24
>>908
そっ、そうだね。俺もなにぼんやりしてんだか。
全部載せちゃ駄目だよ、って言っておきながら……
すまん。

912 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:26
チクるもクソも、これじゃあ一次も厳しいかと。

913 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:26
ニュース速報行きか?

914 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:31
もうおしまいだね。せっかくの苦労が水の泡

915 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:32
ま、次があるさ。
これがアマチュアの強み。
がんがれ。

916 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:33
>>912
絶対に通んないだろうね。


917 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:33
がんが〜れがんが〜れ
愛の国〜がんが〜れ

918 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:35
となると、この作品を徹底的に批評してもらって、
905はそれを糧にしないとね。

919 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:37
つうか、これざっと見たけど、新潮新人向きじゃないよ?
新潮新人>純文
新潮長編>エンタメ でしょ? 
これ、どうみても、飛車角金銀香落ちの東野圭吾じゃないの?

920 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:39
飛車角金銀香まで落ちたら東野圭吾でもなんでもないな……

921 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:39
飛車角金銀香桂馬王玉落ちの宮部みゆき(初期)かもしれない

922 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:40
騒ぎ立てるほどの作品じゃない。

923 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:41
じつに「横書き」な文体。
むう。
あと10年意地になって続けるか、受賞作だけでも読んで、
現在の小説技法を身につけたほうが良いだろう。

924 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:42
メンバーのいないSMAPみたいなもんだな。

925 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:42
>922
具体的にいってあげてくれ。

926 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:42
飛車角金銀香桂馬王玉落ちの宮部みゆき(初期)かもしれない

ついに2CHから天才が誕生したぞ、っと。

927 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:44
それじゃ、905のことを
全員自粛のSMAP
最後の宮部みゆき
と呼ぼうぜ!

928 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:46
大人が大人じゃない……さすがゲーム世代!
中学や高校の学園祭の舞台劇で見せられる
子どもが演じる大人みたいな
そんな登場人物ばかりですな……
これはこれで、何でこうなるのか興味深い

929 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:46
プチ祭り開催中か……
で、当人は降臨しないの?

930 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:47
付けヒゲ取れよ、みたいな

931 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:49
落ちこぼれの素人に批評してもらったところでどうしようもない。
自分に自信があるなら賞に応募すればよい

932 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:50
あと約1週間あるぞ、
これを純文に書き換えて投稿すれば
新人賞も夢じゃない!
川上弘美や福田和也、町田町蔵らの
純文魂とやらをうならせてみろやあああああああああああああ
がんばれ905、2chがついている。


933 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:51
>>931
でもねえ、作品の深みとか良し悪し以前に技術的に足りない点が
多すぎて、土俵に上がれてない状態だからねえ。
意見を採り入れるかどうかは別として、耳を傾けるのは悪くないと思うよ。

934 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:51
そうだがんばれ905
みんながお前の作品をコピペして
新潮社に送る。そうだなあ、
1,000編ぐらい同じ作品が違う名前で届く。
どれか1本は新人賞取れるんじゃないか?

935 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:52
虎なんかじゃなくて他のサイトで聞いたほうが、まだマシかと。

936 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:53
931の評論家気取りのコメントほどクサイものはない

937 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:55
だけどかなり当ってると思った…

938 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:59
みんなでよもう。がんばろう。


939 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 00:59
えぇ……?そんなに悪いかこれ?


940 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:00
もっと若い子の話を書けば、もう少しましかも。


941 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:02
内容が内容だから受賞はありえないだろ

942 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:03
1次通らないよ。たぶん。

943 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:03
まあ、パッと見、純文ではないわな。

944 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:03
内容よりも文章だね。
純文の文章じゃない。

945 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:04
>>905
馬鹿なファンもついたということで
お前には、別な賞にそのまま送ることをすすめよう

946 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:05
>>939
お前も大丈夫か?

947 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:06
>>945
たとえば?

948 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:06
>>937
どこらへんが?

949 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:06
>>945
だから応募自体が無理になったんだってば。
公の場に掲載しちゃったんだから。

950 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:06
これで一次が「はしにもぼうにも」状態なのか?


951 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:07
>>950
当然。

952 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:08
ちょっとウツな950だった。

953 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:09
>>950
つうか、お前らいつもどんなもん送ってんだ?
下読みさん、可哀相〜

954 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:09
これで一次通ったら、やる気なくすわ(w

955 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:10
>>950
鬱なところ悪いんだけど、次のスレ立てておいてね。

956 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:11
954は
・いつも一次落ち→なんでワイは落ちてこんなヤツが通るねん
・いつも二次落ち→なんでこんなヤツと一緒やねん

957 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:13
>>951 >>953
とは言ってるものの、こいつらも似たり寄ったりなんだろうなぁ…

958 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:16
>>957
オマエモナー と言っておく(一応

959 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:16
>>957
残念でした、一次は通るよ(藁

960 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:18
これとプロとの明確な差は?
全然とか、全くっていうんじゃなくて、
たとえばここ、とか明確にいえるやつはいるか?

961 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:18
>>959
たかだか一次で……
一次の通る通らないもそんなに変わらないよ。
問題は二次以降。

962 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:20
>>960
とりあえず、ぼんやりクンの>>907の言ってることは当たってる。
プロとの差もへったくれもない。文章が書けてないんだから。

963 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:22
>>961
そんなことは百も承知。でも、今さら話をずらされてもなあ(藁

964 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:22
小説書きというより、読者としての経験が足りないよ!>>960

965 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:23
>>961
961の二次突破経験を語ってみ。
「賞の名前は特に秘すが」なんてことは許されねえぜ(ウヘ

966 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:23
>>961
醜いことを言うなよ。お前は何様なんだよ、っと

967 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:23
あ、いつの間にか凄い反響が

968 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:27
文学板の「すばる&新潮新人賞」スレにも
伝えるべきだろうか?

969 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:27
文章が書けていないというのは表現が下手糞とかそういう事でしょうか?

970 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:27
>>961が言いたいのは、一次に通ったくらいで落選組を見下すような
でかい態度をとるなってことでしょ。俺も同感だよ。

971 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:28
>>970
必死で寒い

972 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:29
こ、こんな大反響を呼ぶということは、
実は傑作なのかも…

973 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:29
>>970
通ってなくたって言う人は言うのだから…



974 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:30
959は別に落選組を見下してないと思われ〜(藁
957、970のわかったような物言いのほうが
どちらかというと「見下し」だよねえ(藁藁

975 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:31
>>972
作品じゃなくて、行為に対する反響ね。
どんな解釈だよ、傑作って。

976 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:31
正直なところ、どうよ?


977 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:32
>974
なに?コイツ

978 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:33
みんな血圧あがっちゃったんだよ…


でも、しょうがないか…

979 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:33
>>974
(藁 って使ってる同一の奴、ウザイ。

980 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:33
みなさん、本当に最後まで読んで書いているのですか???
ていうか、もしそうなら、尊敬します。

981 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:33
これけなしてるヤツ、
全員似たレベルなんだろ。
必死だもんな。

982 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:35


983 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:35
>>981
けなしてるって言うよりは、投稿しちゃったことに対して
同情してるつもり。
「どうせこれ応募したって一次通らないんだからさ、次頑張ってよ」と。

984 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:36
>>959=>>974

985 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:37
作者です。
色々なアドバイスありがとうございます。


986 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:37
>>984 だから? って感じなんですけど。
で、961の二次突破はどの賞なの?
あとさ、賞の性格考えないで投稿するような真似は、
漏れはせんけどなあ(一応、藁……と。でも905さんに対しては悪意なしよ。

987 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:39
>>986
だから恥ずかしいよ、ってこと

988 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:39
>>986
それはある。
少なくともカラーにはあってない。

989 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:39
次スレ立てておいたよ。
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/bun/1016901545/

990 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:40
新スレ立ったぞ
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/bun/1016901545/

991 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:40
2人とも、ご苦労様。

992 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:44
1000

993 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:47
1000

994 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:47
994

995 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:53
>>986は一次通ったのがよっぽどうれしかったんだね。


996 :961:02/03/24 01:55
>>986
あ。べつにえらそーに言ってるわけじゃないよ。
俺は万年二次止まり。突破できない大きな壁として立ちふさがってる。
だから俺にとっては一次云々よりも編集たちが直接手に取る
二次が大変だって言いたかったの。

997 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:59
>>996
べつに誰も気にしてない。
藁野郎が一人で騒いでるだけ。

998 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 01:59
1000

999 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 02:01
1000

1000 :名無し物書き@推敲中?:02/03/24 02:01
1000
とっとと新スレに行こう

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

195 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)