5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●で、貴様ら作家になってどーするよ?●

1 :神童:02/03/31 18:09
まあ言ってみそ。


2 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 18:12
俺キャバクラで豪遊。

3 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 18:20
死ぬまで書き続ける。
だから書くことで生活できたら最高。

4 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 18:26
そりゃあ作家になれば書き続ける事も世間的に認められる。
けれど作家になるまでの期間は、ただのオタクかキモイ野郎だと思われる。
それってすごくかなしひ。
形になるまでは皆辛い思いをしてるんだねー。


5 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 18:30
なってから考えた方がよい。
夢を持つことは大事だが…

6 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 18:33
決まってんじゃん。
2ちゃんねるそ・つ・ぎょ・う!!

7 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 18:35
しぬ。
なれずにしねば敗北者だが、
なってしねば認められるから。

8 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 18:38
>>7
え?新人賞で死ぬの?
それって…

9 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 18:46
新人賞取っても「形になっただけ」だよ。
というかデビューするなら持ち込みの方が少しは確率が高い。
がんばれ。

10 ::02/03/31 18:50
え、マジですか?
根拠は?
持ち込んだら好印象とかそんなんですか?

11 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 18:57
「出したい出版社に出せる文学賞がある」場合には、その賞に応募した方が賢明です。
「持ち込み」より、まずは「文学賞」への応募を推奨します。
もし、新人を対象とした文学賞がなかったり、枚数的にどうしても合致しない場合……これは、
あるいは持ち込みもやむを得ないのかもしれません。しかしもちろん、「持ち込み禁止」としている所は多く、
また賞がないのはそのまま、新人を必要としていないという意思のあらわれであることすらあります。
誌面などで「持ち込み歓迎」としていればさておき、漫画ならともかく小説の場合には、そうした話もあまりききません。

一般的に、大手出版社では持ち込みはマナー違反となっています。
理由は簡単で、もし、賞に応募するはずの人間が持ち込みに殺到した場合、編集者の通常業務に支障がでるためです。
ただでさえ多忙な仕事の合間を縫って文学賞の選考も行っている上に、
更に不定期に送られてくる持ち込み原稿の対応までを編集者に強いるのは酷にすぎます。
そんな事情で、持ち込みはそのまま門前払いというケースが少なくありません。

『「賞」と違って「倍率」がない分、持ち込みの方がデビューの可能性が高い』……そんな思い違いをされている方が、
実は意外に多いようなのですが……実際はまったく逆で、むしろ賞の方がデビューへの確率は高いほどです。
「持ち込み」で、見る目が甘くなるような編集者はまずいません。
また、新人の場合は「受賞」ということが一つの箔になります。
それがない状態でデビューすると、初版部数や宣伝などでも受賞作家と明確な差がでるため、
将来に向けてのサポートが弱かったり、また余計なハンデを負うことすらあります。せっかくデビューしても、
二作目三作目が出せないということも珍しくありません。
受賞した場合には、「うちの賞の受賞者」ということで、積極的にお仕事をまわしてくれることも多いため、
まずこのようなサポートの段階で差があります。
そして、たとえ受賞には至らずとも、選考過程で目に止まった作品に対して編集者が連絡をくれるのは珍しくない話です。
「文学賞」というものが「新人発掘」のためにあることを考えると、それを無視して持ち込みに走るのは、
よほどの理由――例えば、枚数的にすさまじい超過がある、ジャンル的に何処にもだせない、など――がない限りは、
やめておいたほうが良いでしょう。もっとも、そんなケースがそうあるとは思えないのですが……(^^;)
また、「枚数」についての蛇足ですが……「応募したいけど枚数が合わない」という話は、
実際によく聞きます。ですが、「合わない」のであれば、「合う」ように書いた別の作品で応募するという手があります。
どのみち、デビューすれば多くの作品を書けなければいけませんし、「今書いているものが600枚もあって、規定に合う賞がない」
というような場合には、まず「別」の、「規定にあった作品」で受賞を目指し、受賞後に「こういうものもある」と
出せるのが美しい形のように思います。一つの作品にこだわる姿勢は確かに大事なのですが、
こだわりすぎて他の作品を書く気を失っては意味がありません。机の中に作品を寝かせることも、将来への大事な布石になります。

12 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 19:00
↑の長文読んで思った。NEXT大賞って立派っていうか、やる気を感じるよな。

13 ::02/03/31 19:04
>>12
え、何で?

14 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 19:13
よっぽど持ち込みされたくないんだねw

15 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 20:51
>>11
囲い込みって、カタカナでサポートと書くのか。
ありがとう、知らなかったよ。
まあ、俺も普通に聞かれたらそう答えるだろうな。
 
内容自体にはおおむね賛成。言葉が抜けてたわ。
「デビューする”だけ”なら持ち込みの方が少しは確率が高い。」
これが正解。
デビューするだけが目的の場合、俺が勧めるのは
成人向けかマニア系出版社への持ち込み。
「俗悪週刊誌を出しているところ」や「弱小出版社」と読みかえてもいい。
書店で小部数流通しているそれ系の雑誌があるだろ?
そこへ行くんだよ。
そういうところは、出版数こそ少ないが比較的購買層が安定していて、
採算が取れているから、
誰にも知られていないような新人でも、すぐ試験的に使うことができる。
結果、デビュー”だけ”は高確率だな。
この場合の利点として「短編で持ち込める」というのがある。
だいたい40枚前後、一枚二千円をちょっと割り込むくらいか。
前払いも言えば可能のはず。
大手出版社は赤字誌が多いからこんな事はできない。
あれだ。
物書いて飯を食いたいのか、それとも物書いて名を上げたいのかの違いだな。
 
大手出版社などに持ち込む場合について。
大手出版社や中堅出版社の持ち込みは11が書いているように
まず確実に蹴られる。
もしやるなら20、30回の門前払いは覚悟しとけ。
編集者の温情でチェックにこぎ着けたとしても、
そこで実力がなければ「終わり」だから。
二度と見て貰えない上に、作家への道もほぼ絶たれる。
 
あー。大手の場合はほぼ長編しか持ち込めないから(採算が取れない)
見てもらうのに3ヶ月以上かかるんだよ。
「結果送りましたが郵便事故かな?」と言いつつなしのつぶてなのは普通。
がんばれ。


16 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 20:53
といったように、
「持ち込みで甘くならない」のには同意。逆に厳しくなる。
ただ、「〜の新人賞*次通過」というのは効く。
コネも、その作品で採算が取れそうと判断された場合、
その後の売り方に対して効くから、
ある程度のコネは手に入れておいてもいい。
新人賞とのハンデは、ドラフト指名されて二軍へ行くか
初めから二軍へ入団するかの違いと考えればほぼ間違いない。
新人賞と持ち込み、
どちらがデビュー率が高いかということはぼかしておくが、
一線の作家の中で新人賞を取っている奴が
どれだけいるかを調べてみれば分かることと思う。
 
枚数が多くて出せない場合だが、
むりやり出すとそれだけで引っかかって選外だから、
基本的には刈り込んで刈り込んで刈り込むことを勧める。
机の中に寝かせた物が日の目を見るのは、バカ売れした作家の時のみ。
例外もあるが、よっぽど運が良くて他の応募作品が悪すぎただけ。
書くスピードは重要だな。
「こんな物を山のようにためてます」より、
「こんな物をこのくらいの期間で書けます」がいいね。
最低年間6作くらいは書けないと、採算は取れない。(作家の方から見て)
 
……というかこんな常識すでに誰か書いてないか?
恥なのとつい長文を書いてしまったのでsage。

17 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 21:45
11=12=15=16
おまけに
11=12はNEXT大賞スレへの誤爆。
馬鹿じゃねえの、こいつ。

18 :名無し物書き@推敲中? :02/03/31 21:59
作家になって大好きなあの女優さんとつきあいたい

19 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 22:00
12は、
NEXT大賞=疑似持ち込み という認識なのだろう。
だが、これにしたって
持ち込みに対する対応の一種であって、
持ち込み歓迎というわけではあるまいに。
よって12は自死せえ

20 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 22:01
7だが、
ここは作家になったらどうするか、というスレじゃなかったのか?
新人賞のこと話してたのか?

21 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 22:03
作家になったら、天皇攻撃をし、逮捕され、網走へ。
その刑務所生活でコップの話を実感し、
ドスの再来として、後世に名を残す。(完璧。グー)

22 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 22:09
作家になったら、阿川佐和子さんのインタビューを受けて
そのままお持ち帰りします。
原作本を竹下景子さん主演で映画化し
やはりそのままお持ち帰りします。


23 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 22:09
>>17
9=10=11=12=15=16 だ。
9の「持ち込みの方が少しは確率が高い」に
10が反応して、
その質問に11が「持ち込みヤメロ」と言う形になっている。
15,16はその反論と10への答えだな。

よく内容を把握しろよ(藁
自作カコワルイ

24 :神童:02/03/31 22:12
ただひまー!
角川NEXTのスレを1から読んでたら2時間ぐらい掛かって、
気が触れそうになったぞ。(え?暇人?)

ふむふむ、持ち込み?
ああ、解んないけど多分、、、…意味ないっしょ!!

それよりなんか略歴とかどーなの?
やっぱ吹っ飛んだ道歩んでる人ほど注目されたりするのかね?



25 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 22:14
23の自己評価 漏れの自作自演は手がこんでるなあ。
編集者の23への評価 わかりづれえんだよ、こいつの話。はい、1次落ちね

26 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 22:19
>やっぱ吹っ飛んだ道歩んでる人ほど注目されたりするのかね?

そうだね、漏れなんか経歴書送っただけで
即出版が決まったよ。

27 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 22:21
>>25
荒らすという目的は果たしているようだな。

28 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 22:22
>>26
その経歴を是が非とも教えてくれ。

29 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 22:23
(一部抜粋)
平成十三年九月紐育生まれ
これで決まり!

30 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 22:25
>>24
新人賞の話だよな?
要は審査員の非得意分野を攻めるんだよ。
だから、一般的でない職業や体験を元にした物を書けば通る確率は高くなる。
ただしそれも最終予選かその一歩前までな。
あとはどうしても能力で左右される。

31 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 22:27
>>30
アフォか。審査員は最終まで読まねえんだから
最終予選かその一歩前までなって意味不明じゃん。
あと、非得意じゃなくて、不得意じゃねえの?
子ども?

32 :uzeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee:02/03/31 22:30
>>24
ならば自殺未遂とか書いたほうがいいの金?

33 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 22:30
だからマイナーな分野の小説をコピーして送っても、
目的の新人賞と内容がかけ離れていれば、
一次、下手を打つと二次まで行く事がある。
まあそんな奴は、すぐに要注意人物として知れ渡るけどな。

34 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 22:32
>目的の新人賞と内容がかけ離れていれば、

それでは、一次通りません。以上

35 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 22:35
作家になる>書き下ろし長編で日本推理作家協会賞を受ける>50万部
売れる>次の作品で直木賞ノミネート>惜しくも落選>でも、受賞作
より高い評価&売れ行き>そして、次で直木賞受賞>売れまくり
>いろんな審査員>書かなくても食える>マンセー!

36 :uzeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee:02/03/31 22:43
ねえねえ。具体的にどうなのさ。

平成2年3月 ○○高校 卒業。
平成3年5月 株式会社○○ 入社。
平成3年6月 株式会社○○ 退社。

              以上。

とかじゃないっしょ?!例えば

平成2年3月 テロ未遂。
平成3年5月 自爆未遂。
平成3年6月 誤爆未遂。
         以上。
とかの人のほうがやっぱ面白いよねー!!
え?


37 :神童:02/03/31 22:46
>>35
がんばれ!
マンセー!!

38 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 23:36
作家になったら一生旅して暮らす。
そういうのが認められるのって作家ぐらいじゃん?

39 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 23:37
ホームレスでもOK

40 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 23:43
一応マジレスしてみる。
作家になりたいのは、書きたい物があるから。
そして作家になる前に書いた物よりも、もっとレベルが高い物を書きたい。
そのためには、専門分野の人々に取材をしまくりたい。
今のただのドキュンな漏れには誰も取材になんか応じてくれません。
そのためにも作家という肩書きが死ぬほど欲しい。
もちろん、取材申し込みに際しては出版社からの後押しも必要だろうけどね。
いくら専門書を読んで勉強しても、実際にその分野で働いている人の取材を
しなけりゃリアルな場面設定は出来ない。
本の知識だけじゃどーにもならん!
くそ、取材してリアルな話を聞きてーよー。

41 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 23:55
≫40
本の情報だけでもリアリティのある小説は書けると思うが?
リアルな話はただそれだけ。ノンフィクションの分野で名を馳せたい
というなら話は別だが。
本気で惚れ込んだ取材対象、対象物なら、誠心誠意を尽くせば、
肩書きなどなくても協力は得られると思う。
がんがれ!

42 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 00:00
何歳までにデビュー? に誤爆してきた。
226な。
痛いね。とりあえず電源切って首吊ってくるわ。

43 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 00:06
40の言う取材と言うのは勿論人間の生の声と言う事だろう?
データとかだったら書籍でもネットでも手にはいるからな。
もし生の声を取材したいと思うならば、ただ肩書きがあるだけでは難しいのでは。
リアルな声を求めれば求めるほど取材対象と何度もコミュニケを取って親しくなる必要がある。
その取材が具体的に何を指しているのかは良く解らんが、
やはり必要なのは、取材できるコネよりも、その背景を想像(創造)する力では?


44 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 00:08
>>42
ドンマイ!

45 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 00:08
無職でヒッキーだが、漏れもがんがるYO!
作家になったら、むしろ2ちゃんに粘着して話のネタでも探しまくるか?

46 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 00:08
>>41
うーん。そうとも言えないんだよ。
今、興味があるのが金融関係なんだけど、実際の業務についてはなか
なかいい参考書(?)がないんだよ。
例えば、実際に銀行のバックオフィスがどうやって動いているか、とか
そこで使われてるサーバーの基本システムはどんな感じなのか?とか
ね。SEやってる知り合いでもいたら良いんだけど。
でもあんたみたいな良い人がいたら取材とかに応じてくれそうなんだけ
どな。
この前、金融板逝ったら連中の酷いこと。
あいつら学歴偏重の化け物だな。帝大卒以外は負け組だとよ。
MARCHなど人と見なされていない…

47 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 00:10
>>43
うん。その通りだな。

48 :43:02/04/01 00:13
己のコメントに赤面。
ちょっくら割腹してベランダから飛行してくるわ。

49 :40:02/04/01 00:14
40=46=47です。

50 :40:02/04/01 00:15
>>48
なんでだ?

51 :48:02/04/01 00:22
金融のサーバーとかなんだかは俺の想定外。
もっとどろどろした人間の本音だとかそういうものだと思ってました。

解んないけど、>>46はやっぱそこまで深く調べる必要があるのかな。
書いてるのは小説でしょ?
…とか言っても、いや、まじで解んないや。深追いはやめとこ。

52 :40:02/04/01 00:27
そっか。
いや、あんがとよ。
徒手空拳で取材敢行した奴っていないのかな。
ここじゃスレ違いか。

53 :神童:02/04/01 00:35
俺は今書いてる作品のために、実際にそれに近い生活を送ろうと努めてる。
というのは、具体的に言うと、4ヶ月前から東京を離れてクソ田舎の工場で働いている。
これも多分取材の一つなんだろうが、実際、こうして手を汚して自らやってみると、
マジ虚無過ぎっ!!てこが解ったんだけど、
やっぱりねー、ある程度想像して書いた方がいい面もあるってことも解りました。

54 :神童:02/04/01 00:38
格言。
取材しまくると最初と主旨が変わってくる。

55 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 00:40
ディティールが増す、ともいうな。
つまりは説得力がでて、小説としての価値があがるわけだ。
小説としての価値とは、疑似体験にあるのだから、詳細なほうがいいのだん。

56 :40:02/04/01 01:01
>>53
いや、そういう体験も創作活動には必要と思われ。

では、俺の取材敢行体験を一つ。
実際に起きた殺人事件を題材にしたのを一つ書いている時に、どうして
もその殺人事件の起こった場所に逝き、関係者に話を聞きたくなった。
詳細は伏せるが、お約束のその町での図書館で過去の記事を閲覧。
んで、地図で大体渡りを付けてその場所に行った。
実際、現場の近くの近所で聞き込みをしようかと思ったが、それも不躾で
迷惑がられるかとしばし迷う。
で、近くに寺があったことを思い出してそこに逝った。
そしたら、なんとそこで出所後の犯人の世話をしたということ。
親切な寺の住職とたまたま居合わせた茶飲み友達に色々話を聞けたよ。
そんで、現場にも歩いて案内して貰った。
この場合はたまたま親切な気のいい人と遭遇したことでラッキーだった
のだが、そういった経験をした後としないとでは作品の世界はまったく
違ったものになったと思うよ。
しかし、そのあと遅くなって帰れなくなり、近くの広場で一夜を明かし
たんだけど(車の中)なんっか色々考えてしまってビビリまくったよ(w

長文、すれ違いスマソ

57 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 04:20
徒手空拳で取材。なんかかっこいい。

58 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 04:46
>>40
 なにげに同感。

 ある話で舞台を夜のお寺にしたかったんで、取材に行ったんですよね。
で、「こりゃ、いい!」ってネタがあったんで写真撮ってたら、たまたま
巡回中だったパトカーに遭遇。
 「職業は?」とか「連絡先はどこ?」とかしつこく職質されました(泣

 堂々と名刺を出して「取材です」と言える肩書きが欲しいよぉぉぉん

59 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 04:55
確かに肩書きなしに取材って難しいな。
素直に作家志望というべきか・・・

60 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 11:44
>>18,21,22,38以外全部スレ違い。へンなスレ

61 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 12:40
↑ 煽るだけが人生よってか?

62 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 15:41
本題に戻って、作家になったら読者と毎晩飲みたい。

63 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 15:46
坂×春野先生にお祝いでやらせてもらいたい

64 :名無し物書き@推敲中?:02/04/04 00:28
2ch でねちねちと粘着質に文章の添削をしたい。

65 :名無し物書き@推敲中?:02/04/04 01:38
2ちゃんの該当板で本人スレ立てる。

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)