5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

何歳までにデビュー?

1 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 04:12
私は23歳です。30歳までに絶対作家になると誓って
2年半。みんなは何歳?何年後まで頑張るのだ?

2 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 04:24
2ゲット!!!!!!

やった、ついに俺はやったっぞ!!!!!!!
感動で涙が止まらない。

>>3へ    おせ〜んだよ(ププ
>>4へ    2ちゃん辞めろ(ププ
>>5へ     人間辞めろ(ププ

見さらせボケども!!わっはっはっはっはっは!!!!!
うおぉぉぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!

3 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 04:40
できれば在学中に
無理だったら以降は趣味で続けます

4 :オカルト板より:02/01/30 04:41
>>2
パクリカコワルイ

5 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 04:47
今27歳
死ぬまでにはデビューしたい

6 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 05:12
今30、で、今すぐ!

7 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 05:25
今19で、作家になりたいと思ったのはつい最近。
生きてるうちには…

8 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 15:49
17歳にはデビューしていたいなあ。

9 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 15:56
おれも17でデビューするためにタイムマシンを開発中です

10 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 16:22
未来行って来たけど無かったよ、タイムマシン。

11 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 16:24
アキラメマシタ!

12 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 23:22
俺29で書き始めたばかり。
ダメだろうな

13 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 23:30
なんでいきなりあきらめんねん。
まあ、29にもなってヒッキーだったら、ダメだろうがな。

14 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 00:19
>>1
境遇が同じすぎて他人とは思えない…。
在学中デビューの夢はとりあえず潰えたぜ!


15 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 00:21
俺が作家になると誓ったのは17歳。
あれから5年。
諦めなくて良かったよヽ(´∀`)ノ

16 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 01:46
今日、作家になることに決めました。
今32。35までにデビューしたい。

17 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 01:53
>>9
タイムマシン完成したらかしてくれ。
「おととい来やがれ」と言った編集者の所にその2日前に現れてやる。

18 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 23:06
夏目漱石のデビューは40だよん。

19 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 01:54
>>1
可能な限り、目指そうとは思っているけど、
目標としては同じく30くらいかな?

20 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 02:01
デビューは35よりまえではいけない。体験が足りないからだ。
読者がように耐え得る作品を書けるようになるためには最低でも
35歳という年齢が必要になる。

21 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 03:10

なんつか20代前半迄の読者と
40代後半からの隙間ぽっかり空いてる……
て思ってるの俺だけ???????

22 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 07:24
概して10代20代の作家の作品は浅いよね。
もちろん例外はあるが。

23 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 07:45
ガキ向けの作品なら20代でも立派な年寄り。

24 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 08:13
書く人間になりたい、と思ったのは高校生のとき。
紆余曲折の後チャンスに恵まれて、Webで公開した作品が単行本化された。
2年で3冊のペース。自費でも協力でもないよ(ま、たいして売れてもないけどね)
30代後半です。

25 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 10:47
>>24
マジ?Webで公開って個人HPですよね。
出版社の方から話が来たのですか?
いいなー。俺もそんなことにならないかな〜。
まあ、才能がないから無理だろうけど。

26 :名無し物書き@推敲中?:02/02/09 19:57
売れない作家ってどのくらいのことを言うんだろうねえ。
500以下だと専業は苦しいから、売れない作家扱い?

27 :名無し物書き@推敲中?:02/02/09 22:16
今まだ高校一年だから、大学卒業するまでにはデビューしたいなぁ。
インストールの綿矢りさとか、うらやましくて仕方ない。

28 :名無し物書き@推敲中?:02/02/09 22:39
>>20
オッサン発見

29 :名無し物書き@推敲中?:02/02/10 04:04
>>28
おじさま発見!

30 :名無し物書き@推敲中?:02/02/10 04:31
年齢は関係なし、その時にしか書けない話というものがある。
でも表現者がもっとも勢いにノルのって25〜35くらいの時のように思う。
映画監督なんかでもそうだけど熟練の粋に達してしまうと、
逆に立場が安定されたり、変な小細工覚えたり、名前で売れたりするものだから、
なんというか完成度のわりには・・・エネルギーが足りない気がする。

31 :くろとしろ:02/02/10 06:16
正直、普通に仕事をしつつ週末10時間つぶす位の作業量で書きつづけて、
溜まったら単行本化してくれるような書き方が理想だったり・・・。


32 :名無し物書き@推敲中?:02/02/10 11:50
体験で小説が書けるんなら今ごろ石原慎太郎は大作家だね(w

33 :名無し物書き@推敲中?:02/02/10 13:56
32は石原慎太郎よりも自分の方が大作家だと思ってます。

34 :慎太郎:02/02/10 19:59
大作家ですが、なにか?

35 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 14:19
大作家ならageで書け

36 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 14:22
あんま若くでデビューした作家で、
今でもいけてる作家って、私は知らない・・・
誰かいる?

37 : :02/02/24 14:37
>>36
大鶴義丹

38 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 14:46
大鶴義丹って、最近なんか書いてる?

39 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 16:17
>>36
松浦理英子

40 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 18:00
大江健三郎

41 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 18:31
そもそも
36の考える 今いけてる作家というのが誰かのほうが興味あるな。

予知すれば、宮部みゆき

42 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 18:35
>>31
そうかもね

43 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 20:01
26才でデビューしようと決めて、一冊目の本が
出たのが33才でした(小説自体は、小学五年生
から書いていた)。

新人賞が年に一回である以上、作家志望の身に
とって一年過ぎるのは速いです。

兼業で八年間書きつづけていますが、著作収入が
500万を上回った年は一度しかありません。
したがって専業にはなれないし、社会保障とか考慮すると
なる必要もないと思っています。

自分としては、「売れている」「売れていない」の
違いは、収入額の絶対値よりも、出した部数の
何パーセントが売れたか、増刷を何度したことが
あるか、というのが尺度になると考えます。
特に<増刷>は、出版社の予測を超えて売れた、という
事実を意味するので、その作家の<収益性>をよく表わします。
角川のように、自社の新人賞で採った作家以外では、他社での
増刷実績のある作家しか使わない、という出版社もあります。

デビューに年齢は、関係ないと思います。
ただし、読者対象は作家自身よりも干支で一回り下までが
限度、ということはあります。したがって四十代の作家が
高校生の話を書いても、時代感覚がずれてしまう、という
危険はあります。
一般に作家がメジャーになるためには時代物を一度は書かなくては
ならない、と言われますが、時代物は対象年齢が高い、もしくは
対象年齢を選ばないので、その作家がその先ずっとやっていけるか
どうかは時代物を巧く書けるかで可能性が測れます。時代物が
成功すれば、流行に関係なく死ぬまで書けます。当然、出版社にとっても
そういう作家は重宝です。
筒井康隆氏が昔、時代物はねらい目だと言われていましたが、
最近になってようやく意味がわかりました。

44 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 20:56
>>41
いいえ。宮部みゆきをいけてるとは思ってません。
いけてないとも思ってないけど。
なんかさ、高校生でデビューって
堀田あけみ みたいなイメージがあって。
だんだん詰まんなくなっていくような・・・
そんな気、しないですか?

45 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 21:00
する。
というよりも、作家というのはだんだん詰まらなくなっていく場合が
ほとんだろう。
デビューが早ければ、その期間が長いというわけだ。
なぜつまらなくなるかといえば、
作家が、模索を開始するからだ。



46 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 21:17
そうですね。
吉本ばななだって、デビュー当時は本当に爆発的に売れてたよね。
今はなんか、昔取った杵柄ってカンジで。
それはそれで良いと思う人もいるんだろうけど。

若くでデビューする事が、一概に良いってわけでもないんじゃないかなぁ
と思うんですが。

47 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 22:14
若年層でデビューが良いことだという、その一概はどこからきてる?

48 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 22:29
野球ヲタワラタ

http://ime.nu/baseball-lover.com

49 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 22:32
若年層でデビューしてしまうと、社会経験の不足が避けられません。
小説書きにとって欠かせない要素です。
痛みをしらない者が、痛みを癒すことなどできないのです。

50 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 22:58
>若年層でデビューしてしまうと、社会経験の不足が避けられません。
>小説書きにとって欠かせない要素です。
>痛みをしらない者が、痛みを癒すことなどできないのです。

プッ

51 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 23:04

若い感性についていけないだけ、ということもあるから注意な。
社会経験が大事、手なことを20代でいってちゃダメだぞ!

52 :49:02/02/24 23:31
笑われてしまった…。

53 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 23:39
すべては妄想力と文章力だよ! なんてね。

54 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 23:52
>>52
その程度でめげていては、誰かの痛みを癒すことなどできやしない。

55 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 00:41
若いうちにデビューして、文学界という特殊な世界に身を長く置いたほうが
たくさんの社会経験が得られるような気がしますけど。

56 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 00:42
松本清張は遅咲きの大輪だったような気がするのだが。

57 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 00:58
この場合、例外を出してきてもしょうがないね。


58 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 02:34
数十年前までは、普通に社会生活を営めない人が作家になったのですが、
現在では、常識をわきまえた人が作家になります。つまり作家も一般の職業と
同じであると考えた方がいいということです。
無頼派の作家や早熟の天才などというものは、単に出版社の惹句に過ぎません。
本が売れなくなってきた今では、出版社も昔のようにゆっくりと作家を育てる
などという悠長なことはできなくなってきています。
若くしてデビューさせられた作家は、出版者側も作家自身も使い捨て覚悟で
いなければならないでしょう。
一作目は若いこと、そのことだけによっても本は売れます。
二作目は二作も一定の水準の作品が書けるのだということで、なんとか売れます。
三作目は作品そのもので売らなければなりません。
確かに若くしてデビューし、現在でも作家として活躍し続けている人は存在します。
しかし、それによって作家という職業の特殊性が裏付けられると短絡はしないで
欲しいのです。
あくまでこれらの作家はレア・ケースなのです。
あなた自身が若くしてデビューしなければならない理由を抱えているならば
仕方がありません(例えばあなたが天才であって書くべきものが、次々と
湧き出てきているとか)。しかしそうでなければ、通常の社会生活を体験した
上で作家となって欲しいのです。

早熟の天才は確かに存在します。しかし天才が天才であり続けることは
あまりないようです。天才が努力をして天才足り得ているということは
すでの彼が天才ではないということになってしまうからです。

デビューすることが目的ではないはずです。
今、はっきりと言葉にすることはできないと思いますが、
その言葉にできないなにかを表現するために作家になるのではありませんか?

それならば、少しでもその正体を見極める武器、つまり実生活での体験を
積んでから作家になって欲しいと思います。

59 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 02:35
で、そういうあんたはまさか一次落選者じゃないよね?

60 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 02:41
学生デビューして
「プロ作家なんてこんなもん」とうそぶく人生もいいだろう。
作家といっても、一自由業だな、と確定申告しながら強く思うよ……


61 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 03:20
58は自分より年下がどんどんデビューしていくのを見て焦ってるオヤジ

62 :43:02/02/25 07:26
学生でデビューして、就職をせずに専業の作家に
なった人の場合、経験できないことが二つあります。

まず一つは、反りの合わない嫌なやつ、理不尽なやつと
企業の組織で一緒にさせられ、あるいは取引先等として
付き合わされ、毎日一緒に仕事をさせられるという
非常に嫌な体験。

もう一つは、やはり組織の中で責任を負わされる、
負わされる立場になるという体験です。

一般に、学生でデビューしてそのまま、という作家の
場合は、読んでいて頭をかきむしりたくなるくらい嫌な
憎たらしい登場人物、というものが描けない傾向にあります。
ライトノベルなら悪役が描けません。作者本人が、
学生の頃から気の合う好きな人としか付き合って
来なかったためです。
また、組織の管理者のような人物を、下から見た
視点でしか描けません。管理者の立場が実はどんなに
心細いかとか、保身に走るときの本当の気持ちなどの描写は
苦手です。通り一遍の描き方になる傾向があります。

しかしながら、よく感情論として言われる
「下積みをしていないから駄目だろう」は、
ちょっとどうかと思います。
確かに、作家志望者の目から見れば、若くして
デビューした人は成功者であり、下積みでは
ありません。しかし、銀行員などの目から見れば、
就職をせずに専業の作家になった時点で、その人は
すでに社会の下積みです。銀行の住宅ローンは
貸してもらえません。

自分の経験でも、たいした会社ではありませんが
社名入りの会社員としての名刺を出したときと、
一文筆業者として肩書きのない名刺を出したときで、
初対面の人たちの反応があまりにもあからさまに
違うので、「これが社会の目というものか」と驚いたり
感心したりしました。それほど、名前のない自由業者に
対する社会の目は冷ややかであり、自営業者がベンツに
乗りたがる気持ちがその時に分かりました。
若くして専業になった作家は、至るところで「下積み感」
は経験していると思われます。
それよりも、私が就職経験のない作家について
気の毒だなぁと思うのは、彼らが労働組合の代表として
会社との団交に出られない、ということです。小説書きから見て、
この世にあのように面白いものはありません。


63 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 11:38
62 :43 :02/02/25 07:26
学生でデビューして、就職をせずに専業の作家に
なった人の場合、経験できないことが二つあります。

まず一つは、反りの合わない嫌なやつ、理不尽なやつと
企業の組織で一緒にさせられ、あるいは取引先等として
付き合わされ、毎日一緒に仕事をさせられるという
非常に嫌な体験。

もう一つは、やはり組織の中で責任を負わされる、
負わされる立場になるという体験です。

一般に、学生でデビューしてそのまま、という作家の
場合は、読んでいて頭をかきむしりたくなるくらい嫌な
憎たらしい登場人物、というものが描けない傾向にあります。
ライトノベルなら悪役が描けません。作者本人が、
学生の頃から気の合う好きな人としか付き合って
来なかったためです。
また、組織の管理者のような人物を、下から見た
視点でしか描けません。管理者の立場が実はどんなに
心細いかとか、保身に走るときの本当の気持ちなどの描写は
苦手です。通り一遍の描き方になる傾向があります。

しかしながら、よく感情論として言われる
「下積みをしていないから駄目だろう」は、
ちょっとどうかと思います。
確かに、作家志望者の目から見れば、若くして
デビューした人は成功者であり、下積みでは
ありません。しかし、銀行員などの目から見れば、
就職をせずに専業の作家になった時点で、その人は
すでに社会の下積みです。銀行の住宅ローンは
貸してもらえません。

自分の経験でも、たいした会社ではありませんが
社名入りの会社員としての名刺を出したときと、
一文筆業者として肩書きのない名刺を出したときで、
初対面の人たちの反応があまりにもあからさまに
違うので、「これが社会の目というものか」と驚いたり
感心したりしました。それほど、名前のない自由業者に
対する社会の目は冷ややかであり、自営業者がベンツに
乗りたがる気持ちがその時に分かりました。
若くして専業になった作家は、至るところで「下積み感」
は経験していると思われます。
それよりも、私が就職経験のない作家について
気の毒だなぁと思うのは、彼らが労働組合の代表として
会社との団交に出られない、ということです。小説書きから見て、
この世にあのように面白いものはありません。



プッ

64 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 11:57
普通の会社員として十分楽しくやってける人が書いた小説ってつまんなさそう

65 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 12:12
>>64
そもそもそういうタイプの人は小説など書こうとは思わないのでは?

66 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 12:34
プッ っていうのって感じ悪。
反論したいならちゃんと文章にしなよ。

67 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 13:03
じゃあ62はネタってことで

68 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 15:53
プッ

69 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 16:14
「プッ」
                  ヽ  ヘ ノレ,
      ∧_∧      ヽ(。、::。.::・'゜・' )〆
     (´Д`*.)    / ̄ ̄ヽ::。 ).。::  θ)
       i i⌒\__ノ     ノ::・'゜。'゜ )ゝ
       ヽヽ ヽ    / /。、 ::。 )ヽ
        )) )-─/ /’ /Υ/ γ\ヾ
        // /  //  /  // /\    \  ← >>68
       ((__ノ  // /   (_(_,ノ  )    )
           // ノ       / / /
           |_|_/        / / /
                   (  (  <
                    \ \ \
                    (⌒_(⌒__ヽ


70 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 18:50

××新人賞受賞、と履歴書に書くか?

ってのどっかのスレにあったな。あれ好き。


71 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 20:20
「プッ」
                  ヽ  ヘ ノレ,
      ∧_∧      ヽ(。、::。.::・'゜・' )〆
     (´Д`*.)    / ̄ ̄ヽ::。 ).。::  θ)
       i i⌒\__ノ     ノ::・'゜。'゜ )ゝ
       ヽヽ ヽ    / /。、 ::。 )ヽ
        )) )-─/ /’ /Υ/ γ\ヾ
        // /  //  /  // /\    \  ← >>69
       ((__ノ  // /   (_(_,ノ  )    )
           // ノ       / / /
           |_|_/        / / /
                   (  (  <
                    \ \ \
                    (⌒_(⌒__ヽ


72 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 20:24
この板ってなぜか低脳なやつ多いよね。

73 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 20:33
つらりとバカをやってこそ…

74 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 21:43
>>72
おまえもなー、と言ってみたりする  

75 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 21:50
>>72
                  ヽ  ヘ ノレ,
      ∧_∧      ヽ(。、::。.::・'゜・' )〆
     (´Д`*.)    / ̄ ̄ヽ::。 ).。::  θ)
       i i⌒\__ノ     ノ::・'゜。'゜ )ゝ
       ヽヽ ヽ    / /。、 ::。 )ヽ

76 :銀次:02/02/25 21:55

山本一力さんみたいに何歳からはじめても大丈夫なんだよ

デビューが早いか遅いなんて関係ないだろ


77 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 22:05
なんか悲しいスレだな

78 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 23:04
お。
銀次、銀次、一力の受賞作読んだ?

79 :銀次:02/02/25 23:07
>78

あかね空だったけ?

まだ読んでないが古本屋で買うつもり


80 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 23:11
それで、さん付けしちゃうあたり、しれたもんだな(プ

81 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 23:14

       ジサクジエーン!                 ジサクジエーン!!
     (・∀・ )≡  シュッ            シュッ ≡( ・∀・)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

82 :銀次:02/02/25 23:17
>80

どうせいずれ古本屋でならんでんだよ

人間なんてそんなもんさ

しもだがげきも直木賞らしいが

オレはそんな賞に興味もないが・・・

お前もいつかおれの書いた本を読むことになるんだから

その時はよろしくな




83 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 23:24
よちよち。
買ってやるから、安心しろ。
ペンネームに銀の一字は必ずいれとけよ、10年後20年後に
拍手してやっからよ

84 :銀次:02/02/25 23:26

ペンネーム?

本名で書くからよ



85 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 01:48
43さん、58さん、大変勉強になりました。
まだ21歳の若輩者ですががんばってみようと思います。

86 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 12:25
>>62
でも、全てを経験することは出来ないですよね。ある程度は予測できるよう
にならないと。その予測できるだけの経験さえ積めば、あとは少しの取材で
何とかなるのではないかなと思いますね。

87 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 13:11
三島由紀夫は16歳でデビューしてるんですけどぉー

88 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 14:44

   /⌒ヽ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( Θ_Θ )< ムックコロス
  (  目 )  \_____
  | | |
  (__)_)




89 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 17:58
>87
だからなんだっての?
学生デビューでいなくなったのなんていくらでもいらぁ。
つか三島読んだ事あんのか、ああん?

90 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 18:38
何歳でデビューしても一緒だよね。
新人賞とったって消えてく人いるし。
昔”椎名桜子”とかって人いたよね?
当時スゴイ騒がれてた気がするんだけど。何分子供だったからうろ覚え。
サガンのマネっこみたいな本書いて売れた人。
あの人とか今何してんだろ。
地味に主婦とかしてそうだよね〜

91 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 19:38
>>87
21歳のタバコじゃないの?

92 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 22:10
>>89
社会人デビューしていなくなったのもいくらでもいるけどね

93 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 22:21
こないだ文庫化された夢枕のエッセイに
「頭数そろえるためだけに飼ってる作家」とかのネタがある。

ちょっと景気のいい話をしようか。
夢枕の年収は二億。

94 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 22:23
うん。だから、何歳でも一緒かなと。
残れるのはごくわずかだよね。
シビアな世界。
龍が売りに走る気持ちもちょっと分かった。
って、5分後の世界シリーズは好きなんだけどね。

95 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 22:28
シビアな世界、か。
自由業がなんでもそうだけどな。


96 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 22:32
>>93
夢枕って付きにどれくらい原稿かいてるんだろう? 
100枚くらい?もっとかなあ。

97 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 22:44
やつはしかも手書きだ。

98 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 22:48
二億……夢のような話だ。


99 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 22:50
長者番付にのってる作家はそんなもんだよ。
それでも芸能人よりも収入は低い。


100 :名無し物書き@推敲中?:02/02/27 02:42
100!

101 :名無し物書き@推敲中?:02/02/27 02:44
今だ!100ゲットォォォォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄       (´´
     ∧∧   )      (´⌒(´
  ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
      ズザーーーーーッ

ドッコイショ・・・・・・・・・
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄
     ∧∧          (´;;
    (゚Д゚ ,)⌒ヽ    (´⌒(´
     U‐U^(,,⊃'〜... (´⌒(´⌒;;

スンマソン趣味なんです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄
  ポ  ∧∧  ポ
  ン  (゚Д゚ ,) . ン
   (´;) U,U )〜 (;;).
(´)〜(⌒;;UU (´ )...〜⌒(`)


102 :名無し物書き@推敲中?:02/02/28 02:14
>>101
ぷっ

103 ::02/03/01 00:44
すいません。このスレッドは盛り上がっていないと思ったため
置き去りにしていました。予想以上に盛りあがっていますね。
みんな色々な意見を言っていますけど私自身やはり早く小説家に
なりたいと考えています。確かに小説家を志した以上ポジティブな
側面においてどの職業に就いて成功しようと失敗しようといい経験に
なると思います。しかし私はいち早く成功したい。もちろんある程度に
達するまで新人賞に応募する気はないのですが最近時間の使い方に大変
気を遣ってしまいます。友人と遊ぶ時もたいして話が盛り上がらないような
時はうまく断ったり、本を読む時間と書く時間をそれぞれ一日に確保するように
したり・・・・・・まだ23の弱輩者のぼやきと感じるでしょうが人間、目標を
持った時点から欲求とモチベーションが高まりそのためにはストイックにならざる
をえないところがあると思います。(特に私の場合ですが)社会に出ることは
悪いことではないでしょうがどうしてもエネルギーの無駄遣い、次第に小説家
になることを重荷に感じるようになりあまりいいイメージを持てません。
だから30までになりたいと感じたしみんなはどのようにその欲求を解消している
か知りたくなりました。

104 :I:02/03/01 00:55
感性って10代のころが一番優れてるような気がする
大人になるにるれて
遠い当たり前の記憶とか忘れてしまう
熟年してて小説かけるヒトはすごいと思う



105 :名無し物書き@推敲中? :02/03/01 01:29
>>104
そのかわり知識の引出しと表現技術は圧倒的に深くなるわけで
一長一短、結局は年齢よりその人自身という気がしますがどうでしょう

106 :名無し物書き@推敲中?:02/03/01 03:50
正直、30までに形になっていればいい。
現在22。

107 :名無し物書き@推敲中?:02/03/01 05:17
そう思っていたが、
気付けば今年で24か……。

あんまり自覚無いな。大人になったていう。


108 :名無し物書き@推敲中?:02/03/01 07:24
>104
亀の甲より年の劫、という言葉もあります。
古来、語り部というのは、村の古老がやっていました。
要は、どう年齢を重ねるか、じゃないですか?

109 :名無し物書き@推敲中?:02/03/01 07:56
30すぎても、別にあんまり変わらないよ。>107
ただ、自分の気持ちに折り合いをつけることを覚えたり
社会で生きてく術をちょっと知っただけ。

感性は… ものすごい天才肌の人は違うのかも知れないけど
凡人である自分には、若い頃には感じたことを言葉に出来なかったり
消化し切れなかったものが、今になってようやく自分の中で
整理して言葉に出来るようになったので、
この年月は必要だったのだな、と思う。

社会に出れば、それはそれでそこで出会うことでまた感じるものが
増えて行くので、エネルギーの無駄遣いとは思わないけど…

若いうちにデビューしちゃう早熟な人は羨ましくはあるけど
自分は、老後を作家と言う職業で迎えられれば人生満足だなぁ…

110 :名無し物書き@推敲中?:02/03/01 19:01
社会に出ながら歳を重ねると、
いろいろんなことのコツを覚えるね。
肩の力の抜き方、というか効率とか。そういうことはクリエイティブなこと
全部に大事だと思う。
時間は有限だから、無駄は少ないほうがいい。
そういうね、コツをつかむためにも、無駄と思えることもしたほうがいいんだけど、
まあ、20代あたまくらいじゃわからないこったけども、
すくなくともクリエイターのエッセイやインタビューを読むと、かなり20代は
アクティブなんだよね。
そのアクティブさのなかに、小説家デビューというものが含まれているんだと思う。

よく、見なくなった有名人、という言い方をするけど、
後追いしてくと、平均的なリーマンではないけど、いろいろ面白いことしてるからねえ。
別の分野で成功してくんだよね。


111 :名無し物書き@推敲中?:02/03/01 19:05
年齢、才覚、金銭の有無、オナニーの回数に関係なく、
マイペースでショーセツカになればそれでいいってこった。
人のふりみて、わがふりなおし、私はいつでもマイペース。

112 :名無し物書き@推敲中?:02/03/01 22:58
うん、マイペースが一番だね。
私のペースは、横見をしながら全力疾走。時々、電柱にぶつかったりもする。
あはは、こりゃ、ちょっとブリ過ぎってやつかも。

113 :名無し物書き:02/03/02 00:21
周りにも書いてる奴が数人いるんだが、
駆け出しの新人や、賞などで私よりいいところまで残ったりと、
非常に悔しい。
自分は自分なんだが、人の事も大いに気になる。
只今25歳。


114 :名無し物書き@推敲中?:02/03/02 00:30
年齢で区切るのもケッコーだけど、年齢はひとつのスモッグになってる。
年齢に関係なく、ある水準に達することを目的にしたほうが効率的だと思う。

それにしても、ここにレス書いてる人はソートー焦ってるんだろうね。
ちゃんと勉強しろよ!

115 :名無し物書き@推敲中?:02/03/02 00:33
∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´∀`)< オマエモナー♪
  (    )  \_________
  | | |
  (__)_)

116 :名無し物書き@推敲中?:02/03/02 00:36
他人を見て悔しい、というのもいかがなのものか?

いくつでデビューとか、何冊読んだとか、
オマエラ主体性がないのかよー。

117 :名無し物書き@推敲中?:02/03/02 01:53
悔しさは、動機になるが?

118 :名無し物書き@推敲中?:02/03/02 05:57

58年4月1日東京生れ。94年「神様」でパスカル短編文学新人賞。
96年「蛇を踏む」で芥川賞。99年「神様」で紫式部文学賞、ドゥマゴ文学賞。
00年「溺レる」で伊藤整文学賞、女流文学賞。他に「物語が、始まる」
「いとしい」「おめでとう」等

56年3月16日三重生れ。81年「極楽」で群像新人賞。91年「なにもしてない」で野間文芸新人賞。
94年「二百回忌」で三島由紀夫賞。同年「タイムスリップ・コンビナート」で芥川賞。他に
「レストレス・ドリーム」「説教師カニバットと百人の危ない美女」等

59年10月4日東京生れ。89年「ピアニシモ」ですばる文学賞。97年「海峡の光」で
芥川賞。99年「白仏」で仏フェミナ賞。他に「クラウディ」「旅人の木」「オープンハウス」
「パッサジオ」「アンチノイズ」「ニュートンの林檎」「ワイルドフラワー」「千年旅人」等

59年1月10日新潟生れ。93年「ゾーンを左に曲がれ」(後に「死亡遊戯」に改題)を文藝に発表。
98年「ブエノスアイレス午前零時」で芥川賞。他に「刺青」「サイゴン・ピックアップ」「境界」
「スミス海感傷」「礫」「愛人」「奇蹟のようなこと」等

47年7月15日沖縄生れ。76年「カーニバル闘牛大会」で琉球新報短篇小説賞。
77年「ジョージが射殺した猪」で九州芸術祭文学賞。80年「ギンネム屋敷」ですばる文学賞。
96年「豚の報い」で芥川賞。他に「波の上のマリア」「陸蟹たちの行進」等

こういうのをみてるとたいてい30までにはデビューしてるな。

119 :名無し物書き@推敲中?:02/03/02 06:13
ヽ( ´ー`)ノまぁ、細かいことはきにするな。とにかく描こう。


120 :名無し物書き@推敲中?:02/03/02 09:37
エンタメ系で、若くしてデビューしなくちゃ!
と焦ってる人っている?
あ、ライトノベル以外で。

121 :名無し物書き@推敲中?:02/03/02 11:04
今年のサントリーミステリー大賞取った人って、
43歳主婦だよね。

122 :名無し物書き@推敲中?:02/03/02 14:45
カッコいい!!
丁度育児一段落ってトコで書いてみたんだろうか。
43歳でもつまらない主婦じゃないって、
そういうの、ちょっと憧れる。

123 :名無し物書き@推敲中?:02/03/02 15:07
いやー、年齢もさることながら、才能っていうのは確かにあるな。
才能ないオレは、努力すればなんでも克服できると考えてたけど、
そういうもんでもない。
どんなに努力してもその方面で突出した才能を持つ人間には追いつけない
ことだってある。
徹底的にやれるとこまでやる、というのも一つの生き方だが
ある程度まで努力してそれでもだめだったら、別の道を探すのも
いいと思う。
おれは作家になろうという考えをだいぶ前に変えたが、
それからやっとまともに本が読めるようになった。
それまではまともに内容が頭に入ってこなかったよ。

124 :名無し物書き@推敲中?:02/03/02 18:44
>>116
自分のふがいなさに腹が立つんだよ

>>123
色々ツッコミたいとこらとかあるが、
肩の力を抜いた方が書ける人っているからね。
何にせよ、気にしすぎは良くないかと。
年齢の事も、作家になるって事も。

125 :123:02/03/02 21:43
>>124
なんていうか、こう、ストンと落ち着くべき場所に落ち着いたら
作家になってた、という感じの人でないと作家として書き続けられないと
思うんだよ。ムリして作家という職業にしがみつくもんでもないような
気がするんだ。
オレはたぶんそれはムリだな、と思ったんで方向転換をした。

投稿なんかもしてたし、けっこういい線までいってたとは思うんだが、
ある日突然、書きたくなくなってしまった。そして書くことが苦痛でならなく
なってしまったんだよ。理由はわからんけどたぶん一種の神経症だったんだろうな。
ムリすれば一定水準のものは書ける自負はまだあるけど、それが苦痛なだけで
全然楽しくない。これはマズイと思ってそれまで懇意にしてもらってた某出版社の
編集者に連絡してすっぱり小説を書くことはやめた。

それから就職をして結婚して子供作って、というお決まりの生活をしている。
小説書いてるときには、一番扱いにくいと思っていた状況だ。
刺激がないし、ありきたりで詰まらんと思ってたからね。
でも、違ったよ。たしか劇的なことは起きないし、ほとんどの毎日は
昨日と似ている。でも、だからこそ小説書いていたときには見えなかった
生活の中の些細なことがよく見えてきた。
それをオレは嬉しく感じてる。

小説を書くのには道具も場所も年齢も関係ないというのは本当のことだ。
でも、書き手の年齢や状況、それまでの生活、経験がまったく反映されないと
ということはない。むしろ書くものすべてにそれらが影響を与えるのは否めない。

だからオレは小説を書くのであれば、いわゆる普通の生活を通り一遍の
説明でなく、きちんと描けるようになってから書いて欲しいと思う。
それができない書き手は小説書きではあっても小説家ではないと思う。

言葉で表現できることを書くのではなくて、言葉では表せないなにかを
表現しようともがくのが小説家の仕事だと思っている。

オレには手に余ることだったけどね。

126 :名無し物書き@推敲中?:02/03/02 22:56
確かに才能だけはどうにもならない。
今年から書き始めて、もうダメだとわかったよ。
キッパリあきらめ、別の道探します。

127 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 00:46
>>118
すばるの審査員のプロフィールそのまんまじゃん

128 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 01:28
よく考えたら、小説家が小説の審査員できるわけないんだよな。
最終候補を出版者側が選択した時点で、審査はあらかた終わっていると考えた方が
いいんだろう。
あとはどれ選んでも、出版社は困らない。
どれも一応、本にしても恥ずかしくない程度のレベルにまでは達しているからだ。
だから、なんとか賞受賞作なんてほとんど偶然に選ばれているに過ぎない。
あんまり期待し過ぎちゃあだめだよな。

129 ::02/03/03 01:57
今日、4月から東京に就職に行く人間と二人で飲んでいた。
そいつには私の大好きなサリンジャーの本を貸していたのだが
こんなことをほざきよった。
「確かに彼はある意味、天才かもしれないけど今さらこんな本売れる
とお前は思っているのか?」と。

「お前が仮に何年後かにデビューしたとしても辛いと思うよ。今の現在
できる若い奴は小説なんか読むと思うのか?それに高齢化社会も重なって
くるしね。」私は凄く腹が立った。しかしうまく反論できることが
できなかった。けど私の感情の中に小説家という3文字しかないのも確か。
今はどうしようもない。私にできるのはこの欲望を解消するのみ。
実際、小説家になるのは険しい道のりだと自分でも感じている。
しかし、無理してあきらめてもそこから何にも生まれない。
また、退屈な生活、ただ単に生かされている生活に戻るだけ・・・・・・・

130 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 02:29
う〜む。

131 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 02:49
あたりまえだけど、賞とったとこからスタートだからねえ。
賞とって小説家になることばっか考えて、そこで力尽きてちゃ、どうしようもない。

私も10代のころから漠然と作家になりたい想いはあって、20代のころも何度も
書こうとチャレンジしたけど、書けなかった。
でも、30代になったらなぜだか書けるようになった。
生きてるうちに、自然と積み重なるものがあったんですね、きっと。
17歳で賞とった綿矢りささんは確かに才能あるけど、
普通は30歳くらいが小説書く適齢期なのではないでしょうか?
30歳で17歳を主人公にした話は書けるけど、
17歳で30歳を主人公にした話はかけないでしょう。
今若くで小説家になりたいと切望している人も、
焦ることはないと思いますよ。
村上春樹もそう言ってるし。
(彼は大学在学中に戯曲のようなものを書こうとして挫折して、
それ以来自分には書けないと思っていたが、30歳で急に書こうと思い立ち、
初めて仕上げたもので賞とってますからね)
まあもちろん、誰もが30歳になったら書けるというわけではないですがね。


132 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 02:50
>>129 書きたいこと、言いたいことがないのに作家になるのって
ツラくないか? それに小説家にならない生活=退屈な生活 って考えて
しまう思考過程がすでに固定化されかかってて面白い話なんて書けそうに
ないぞ。自分の身の回りをよく観察してみてから結論を出してみたらどうなんだ・
オレはそう思うぞ。

133 :129:02/03/03 02:54
>132
あなたの言っていることは耳が痛いほどよくわかります。
しかし私は不器用だからおおまかに一つのことしか考えられない。
今、日常の小さな喜びも小説家志望の自分だからこそあるし・・・・
ストイックに持っていかなければ書けない人もたくさん
いらっしゃると思うのですが・・・・・・・

134 :132:02/03/03 03:09
>>133 うーん、まあそういう人がいるのは認めるけど、
オレにはこれしかない、っていうように悲壮感漂わせてると
視野が狭くなるような気がして、オレはそっちの方が怖いよ。
小説読む人は小説を書く苦しみを知りたくて読むんじゃなくて
小説の世界に遊びたいというのが本当だろう。それなら書き手は
最低限まず楽しんで小説が読める状態にないとマズイと思うのだ。
むしろ焦る気持ちと必死で戦いながら、やせ我慢しているといった方が
近いが、それでも作家志望者は余裕を持ち続けるべきだろう。
遊ぶ暇がないくらいなら小説を書く意味もあまりないのではないか?
あなたの小説を誰が読むのかも考えた方がいい。
少なくとも選考委員のことだけしか考えていない小説なんて
誰も読まない。

135 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 07:57
>>129-134
……なんだ? この流れおかしくないか?
双方で会話が成り立っているなら良いけどさ……。

136 :129:02/03/03 13:48
>134
あなたにとっての視野って何ですか?私は小説家志望になった時点で
他の人との視野とは既に違うものになると考えています。
何も私は世捨て人ではありません。何にも目標がない時と比べて今のほうが
張りがあるし、ポジティブに物事を全て受け取れるようになりました。
逆に周りの人の考えの方が悲壮感漂う感じがします。
人間、強い意志、夢を持った時ネガティブになる時間の無駄さが痛い程
わかるのでは?

137 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 13:52
塾などで出された課題を解いている時に
もし分からない問題にぶつかったらどうするべきか?
放って置くべきか?それとも分かるまでずっと
考え続けるべきか?前者は、そのまま放った状態に
すると、次に同じような問題が出された時にまた
答えられない事態が考えられるだろう。
後者は考えることは重要なことであるが,もし
長時間考えても分からなかった場合、それこそ
時間の無駄になってしまう。では何が一番良い
方法なのか?やはり専門家に質問することにより
分からない問題も解けるようになり、勉強の効率も
上がる。当塾ではこの質問解答サービスをメール
またはFAXで行っているので、ぜひご入塾を!

詳細:http://www51.tok2.com/home/ejhems/

138 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 14:33
>129は、「人と違う自分」が欲しいだけなの?

>逆に周りの人の考えの方が悲壮感漂う感じがします。

全然、世の中をポジティブに受け取ってないじゃん。
って言うか、この子がトモダチにきついこと言われるの
わかる気がするよ…
あ、でも「純文作家」志望者ってこんな感じの方がいいのかな?
(いや、自分はエンタメ系志向なんで、素朴にわからない)

139 :129:02/03/03 14:50
>138
人と同じだったら小説家になんかなれないでしょう。
もちろん、礼儀は大事ですが。
人生には少しネガティブなところがありますが
夢に対してはポジティブですよ。

140 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 14:53
あ、そう。ま、頑張れや。>129

141 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 18:51
若いって良いよね……。
歳経るに従って、他人に主張したり質問するのではなくて、自問自答する
割合が多くなる気がする。

142 :129:02/03/03 19:22
>141
負け組みの意見のような気がします。
若いっていいよねって塵みたいな可能性も消し去るほど
ネガですよ。頑張ってくださいよ。

143 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 20:28
>129
一連の書き込み読んでて思ったんだけど
作家志望であることを特別なことのように思っている
ような気がするのは俺の邪推かな?

>若いっていいよねって塵みたいな可能性も消し去るほどネガですよ。
>141の書き込みを読んで、
そういう考え方しかしないのであれば
色々な意味で貴方はまだまだ若い。
あ、別に貴方の考え方が間違っていると言うことではないよ。

ま、なんつーか、頑張ってくださいな。

144 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 22:16
129は思い詰めすぎだよ。
作家になりたいって思っている人なんて腐るほどいて、
正直そんなの、プロ野球選手になりたいとかって夢と同レベルなんだよ
威張る事じゃない。
でも、その夢をどこかで諦めたとしても、それは決してネガではないよ。
ある意味その時その人にとっては、最もポジティブな考え方でもありうるんだ。
若いというより、青いと言いたい。

145 :名無し物書き推敲中:02/03/03 22:27
青くても若くても、なりたいもんはなりたいんだよ。
ネガティブでもポジティブでも、焦るんだよ。

146 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 22:30
一回、口に出して、「作家になるのをあきらめた」
って言ってみ?
気が楽になるから。
張り詰めてると、ストレスになるからな。


147 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 22:38
確かに私も焦った時期はあったけど、
その頃よりは、ゆったりした今の方が良い気がするよ。
書く事も生活も純粋に楽しめるから。
本気で書きたけりゃ、どんな状況でも書ける。
それこそ子供養いながらでもね。
作家になりたいって事は、一体どういう事なの?
書きたいって事じゃない?
私はそうだよ。
もちろん付属物としてお金とか名誉とかくっついてくれると嬉しいけど、
単純にそれなしでも私は書くと思うよ。

148 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 23:00
て言うか、もしかすると、何だかんだ言いつつ、
就職(活動)から逃げる口実にしてないか?>若い作家志望者

149 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 23:39
仕事の辛さを忘れるための、夢想という側面もあるかもね。


150 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 23:53
好きなら書いてりゃ良いと思うよ。
オンラインなんかでいつでもデビューできると思うしね。
既にデビューしてるんじゃないのかな。
自分の作品を公開しているんならね。
好きな事で喰って行けるのは最高だから、
そういう意味でのデビューなら後は読者が決める事。
読者が沢山集まるような、面白い作品が書けるようになれば
自然とそれでけで喰えるようになるさ。
そう思って書いてるよ。楽しみながらね。



151 :名無し物書き@推敲中?:02/03/03 23:54
逃げでいいんじゃないかと思いますが…

どんな人生も本人の自由でしょう。
ああ、でも若いっていうのは、
単に残りの人生の長さを考えるだけでも

うらやましいっ!

152 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 00:02
いや、
俺は正直、20代を思いだすのは恥ずかしい……
10代よりも、だ。
恥ずかしいが、愛してもいる。

153 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 00:47
恥ずかしいが、愛してもいる。

154 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 00:48
又そんなこと言っちゃって〜。後ではずかしくなっても知らないよ。

155 :141:02/03/04 08:50
負け組みと言われてもなぁ……。その考え方も今や懐かしい。
俺も30代になったら、今現在の考え方が懐かしくなるのだろうか……。

156 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 12:12
確かに10代は恥ずかしい
無知の極地
20代もそれほど遠い昔ではないが
帰りたいとは絶対に思わない
年取ってよかった

157 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 12:15
週一連載連続小説[ルナ・バースト]
みんな安心しろ、これがある!

158 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 15:11
いやいや、自分の十代を恥ずかしがるのは勝手だけれど、
今の十代に、過去の自分を重ね合わせるのは迷惑でしょう。



159 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 16:36
>>158
なんだよそれ(笑)
誰だって自分を重ね合わせて、物事を見ているもの。迷惑もクソも無いよ。
一体何を主張したいんだ?

160 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 16:44
>>159
年寄りからケチつけられたと思った十代の脊椎反射レスであろう。
そういえば十代はエネルギッシュに年寄りを嫌う年代でもある。
どんととらすとおーばーさーてぃーん。

年をとると失われる貴重な創作えねるぎいでござる。ニンニン。


161 :129:02/03/04 18:18
>148
確かに小説家を目指すことにより現実から逃避していた面も否めないです。
それを言われて少しどきっとして目が覚めました。しかし何かの本で読んだの
ですが才能とはどんな状況でも意地でもやり通す子供らしさみたいなことである
と書いていて納得したことも記憶しています。私自身、小説家以外、今のところ
考えられません。勿論、それにより社会で頑張っている人より代償を払っていか
なければいけないのでしょうが・・・・・・・・・
どの板でも思うのですが30歳を超えた人が妙に悟った意見を述べるのも
どうも引っかかる点でもあります。悟ってどうなんだ?と

162 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 19:24
私はあなたと年齢もそう離れていないと思うけど、
あなたの言う30歳を超えた人の
妙に悟った意見というのを述べた一人ですが・・・
悟ってるつもりはないよ。
悟ってたらあなたが何を言おうが可愛いと思うでしょう?
きっとね、あなたの甘さを苦く感じるお年頃なんだよ。

163 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 19:36
太宰かっこいいー!というのが若さ。
太宰好きなんて青くせえ、というのもまた若さなのさ。



164 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 19:43
つか、いまの三十前半は、バブル期に少年期を過ごしているから
ドリームを目の前で見て、
成功の空気を吸って育ってきたんだよね。
だから、栄光と挫折を見てきてる。
ちょいと悟っているが、団塊世代と違うのはシニカルではなく、
クールなこと。


165 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 20:02
>164
他人の成功を見て、自分の挫折を味わって……ってわけね。涙。

166 :129:02/03/04 20:48
確かに私は甘いのかもしれない。挑戦することを経験した大人の方
から見れば青いのかもしれない。
私は嫁も子供もいないのでみんなと背負っているものも軽いが
いろんなことも含めてみんなに平等にチャンスはあるものでは
ないでしょうか?最後は本人の意志なんだし。

167 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 21:36
>166
キミ、小説家になるとか何とかより前に
神経症患ってないか?

168 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 21:37
ちょっと思いつめてるだけだって。
神経症患ってるのは私。
は〜〜。仕事やめたいなぁ。

169 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 21:38
有名作家で一番早くデビュしたのはいくつ?

170 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 22:01
賞とってってのなら、堀田あけみの16歳位じゃない?
有名かどうかはともかく。

171 :129:02/03/04 22:07
>167
意味がわかりません。
もっとわかりやすく言ってください。


172 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 22:21
まあまあ、それより私の愚痴を聞いてよ。
不況でさぁ、リストラの嵐よ。
リストラするでしょう?
リストラされた人は職を無くすわけだからもちろん、辛いじゃない?
でもさ、リストラされずに会社に残った人はさぁ、
2人分、3人分の仕事をこなさなきゃいけなくなるんだよねぇ。
しかもそれに文句があるなら辞めてもらって構わない、みたいな。
さらに残業禁止なんて名目のもとに時間外手当は出さない、みたいな。
ほら、社会に出たくてたまらなくなったでしょ?

173 :129:02/03/04 22:24
大変そうですね。
失礼ですがおいくつくらいなのですか?
ちなみに悪い意味で聞いているのではないです。


174 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 22:52
悪い意味……

175 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 22:59
>174 ワロタ。言いたいことはわかる。(w

176 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 23:00
>>172
ますます小説が書けないわけだ。

177 :172:02/03/04 23:15
>129
これでも20代です。

>176
いいえ。
それはそれで、
ますます現実逃避して書くわけですよ。


178 :129:02/03/04 23:23
>172
逆にそんな時に書けるものもありそうですね。
けどあなたは根が明るそうな気もします・・・・

179 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 23:29
デビューと関係ある話か?

180 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 23:30
確かに、明るいというか軽いかも。
でもさ、勤め人でないとこんな内情とかってリサーチすんの大変じゃない?
嫌な上司って、具体的にどんなヤツか、とかさ。
身をもって痛すぎる体験してるわけね。
今はまだそういう分野のものを書く気はないけど、
いずれなんかの役に立ってくれよと思いつつ、
日々やり過ごすわけですよ。
何事も考え方次第で。

181 :129:02/03/04 23:34
私も今、就職活動まっしぐら(死語かな?)
ですので・・・・・・・・
172さんもポジティブになってください!
そういう前向きな人好きです。

182 :名無し物書き@推敲中?:02/03/04 23:34
>>180
二重人格だからか?

183 :129:02/03/04 23:52
少し話しがずれますが世の中で成功している人って
早くに結婚して30までにポジションを確立している
パターンが多くないですか?勿論、統計をとったわけでは
ないですが。

184 :名無し物書き@推敲中?:02/03/05 00:06
35歳のとき、社会的にどういうポジションにいるかで
生涯が決まる……というのはまずまず社会常識だな。
社会的な地位、妻との関係、子供の出来具合、両親の年齢とかね。


185 :129:02/03/05 00:09
>184
結婚はしていますか?
僕は勿論、まだ結婚していないのですが
結婚している人の考え方の変化はよく見てきました
ショットバーで働いているもんで。
結婚しながら夢を追いかける人は凄く大変なのですが
なんとなく余裕すら感じられるパターンが多いです。

186 :名無し物書き@推敲中?:02/03/05 00:49
バーの店員くらいには見栄をはるわなあ

187 :名無し物書き@推敲中?:02/03/05 01:18
>186
見栄を張っている感じでもなかったですよ。
他のお客さんと話していたので
結婚している人はいい意味で悟った感があります。


188 :名無し物書き@推敲中?:02/03/05 01:33
違うの。心に余裕があるから結婚すんの。

189 :129:02/03/05 01:38
>188
なるほど。やはりそうあるべきなんでしょうね。
焦って結婚した人も何人か知っているけど。

190 :名無し物書き@推敲中?:02/03/05 01:43
焦って子供つくってる、望まずできちゃった、は端から見てて辛いやねえ。

191 :129:02/03/05 01:46

そうですね。しつこいようですが
結婚することと夢を追いかけることは重要なキーワード
のような気がします。

192 :名無し物書き@推敲中?:02/03/05 01:53
ふーむ。
それは男性視点ではないか? という気はしない?


193 :129:02/03/05 01:54

確かにこればっかりは女性が見たら怒りそうな
話ですけど・・・・・・・


194 :名無し物書き@推敲中?:02/03/05 02:01
ふむふむ、
では、「あたしは創作に専念したいから、主婦はやるけど子供はいらない」と
恋人にいわれたらどうする?


195 :129:02/03/05 02:04
勘弁してくださいよ。
何にも僕は結婚して金だけ稼ぐから後は
創作に集中させてくれと言うわけではないので。
モチベーションが高くなるかなと思っただけで。
194は女性なのかな?

196 :名無し物書き@推敲中?:02/03/05 02:24
188の女性ですが、別に怒りませんよ。
ただそれはお互いさまっちゅーことです。

一人で過ごすことも平気なもの同士が結婚するって感じ?

197 :129:02/03/05 02:27
>196
思わず笑ってしまった。
けど一人で過ごすのが平気なもの同士って結構仲良くなるよね。
その時自分も淋しがりやだったって気づいたりもする。

198 :188:02/03/05 02:33
まあ、個人の結婚観はおいときますね。
執筆って時間とるものだからなあ…

しかし、結婚している男性作家をみると、小説を理解しない奥様に
もうかるまではケツを叩かれて泣いてる、ってイメージはある。
反対に既婚女性作家は理解あって家事好きのだんな様がいる感じ。

ポーズなんでしょうかね。


199 :129:02/03/05 02:38
ある意味もうかるまでケツ叩かれているというのは
理想ですね。ちょっと純粋じゃないけど応援されている
ことは確かだし。
女性の場合、他の板で見たのですが経済面でも精神面でも
安定している人、要するに社会性の高い人を求める場合が
多いと聞きました。
男女どちらの場合も仲が良くないと成り立たない気がしますね。
その出会いが今後、大きく結果に作用するだろうし。
こればっかりは運なのかな。

200 :名無し物書き@推敲中?:02/03/05 02:40
運というより、自身の磨き方でしょう。

201 :129:02/03/05 02:42
磨き方かな?
けどいい感じの子がいても小説家志望って言ったら
「それ本気?」って子多いよ。
ま、その子がそれまでと言ったらそうなのかもしれないけど
運だと思うけどね。
200さん反論、お願いします。

202 :名無し物書き@推敲中?:02/03/05 02:46
運というと、自己努力をしないで、幸運な出会いを待ってるだけ、という気がするけど?


203 :129:02/03/05 02:50
そういう意味か?
努力をしないというのは駄目ですね。
ギャッツビーつけて頑張ろう。

204 :名無し物書き@推敲中?:02/03/05 02:52
明晩は酔いをさましてね。

205 :名無し物書き@推敲中?:02/03/05 13:17
まさにショットバーでの会話だな(笑)
思うんだけどさ、ショットバーは寂しがり屋が多いよね。

ところで、一見サンはどう思う? 店側の人間から見て。
勿論普通に入ってきて、普通に呑んで帰るとしてね。

206 :129:02/03/05 18:58
>205
寂しがりやがほとんどですよ。
一見、普通に見える人でも実際、一癖、二癖、よくも悪くも
ある人がほとんどですよ。
私の働いている店はほとんど常連さんの人が多いので私は一見さんの
お客さんが来たら嬉しいですよ。オーナーは面倒がっているけど。
変な話、店側の人間から見たらバーに行き慣れている人か
今は楽しんでいるか辛いかなんとなくわかるようになります。
要は一見さんでも堂々としてたり雰囲気に合ってたりしたら
それはそれで全然大丈夫ですよ。
こんな答えでよかったのかな?

207 :205:02/03/06 17:18
>>206
ありがと。もちろんそれでOKだよ。
「一見サンお断り」にする意味がよく解からなかったんだよね。
結局、困ったチャンがイヤだということで良いのかな。

>一見、普通に見える人でも実際、一癖、二癖、よくも悪くも
>ある人がほとんどですよ。

アルコールが入るのだから仕方がないでしょ。
俺も失言して自己嫌悪に陥ることが結構あるし(笑)

208 :129:02/03/28 19:39
一人のお客さんに小説家志望って
いったらかなりの人数に広まってしまい。
少々異端児扱いされた。

209 :名無し物書き@推敲中?:02/03/28 20:52
このまえテレビに25歳独身女性バーテン作家志望が出てた。

あんまり作家志望って言わないでおこ、とオモタ

210 :129:02/03/28 22:02
>209
その理由は?

211 :名無し物書き@推敲中?:02/03/28 23:39
ウ〜ン、マンダム

212 :名無し物書き@推敲中? :02/03/29 00:09
友人の教師が教育の本を出した。
うらやましいような、うらやましくような。

みんな、そんなことない?

213 :名無し物書き@推敲中?:02/03/29 00:10
教育の本なら別にぃ(笑)

214 :名無し物書き@推敲中?:02/03/30 22:52
25までにデビューしたい。

215 :文士:02/03/31 17:59
二十代前半以下でデビューした人はほとんど一発屋の気がする。

センスはあるのかもしれないが、やはり書き続けて行くには
一定のねたと経験が必要だと思う。そういう意味でこの仕事に
関しては、紆余曲折、挫折転落を繰り返した人ほど向いていると思う。

216 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 18:13
10年くらい前から小説のような物を書き始めてた。
初めの4年間は時間が惜しかった。
次の4年間は理想と現実との違いに悩まされた。
最後の2年間、ほとんど小説を書いてなかった。

現在、新人賞に投稿しつつも、持ち込みはどうだろうかと考えている。
小説家年齢15歳くらいまでには勝負ができる世界にデビューしたいね。

217 ::02/03/31 18:18
>>215
賛成。
作家でも芸術家でも、作品にあらわれるのは生き方だと思ふ。
ってユーかじゃあ俺は21歳だから、、、、ぐは!!

218 :関係者:02/03/31 18:38
九割九分の人はデビューできないが、
いい夢見たと思えばいいさ。

219 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 18:40
>>218
い?夢なの?この夢長すぎ!!

220 :誰か:02/03/31 18:43
>>218
九分九厘の人がデビューできずにあきらめて、
その年の新人作家も、九分九厘は消えていくんだよな……。
いい夢って事はみんな分かってないか?


221 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 21:46
それにしても216の言い訳人生、最悪

222 :まんこ成人:02/03/31 21:56
ジョージ・アベのデビューは45歳。
30歳までは小説を書くな、
いや書くなら40歳からだなどと
言われる大家もおられます。
日本の出版社は
ガキ作家を粗製濫造しすぎましたな。
そして、それらのガキの中で生き残っているのも
幾人かはいますが
それは本人に才能がある場合もありましょうが
たいていは、年長作家の誕生を阻害する
サラリーマンおぼっちゃま編集の存在が大きいですな。
まんこまんこ

223 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 22:11
>>222
最後の一行禿同。
いや2行め。ガキ作家を売り出して「俺が見つけた!」と
自慢したいのもわかるけど。

224 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 23:43
ていうかデビューなら誰でも出来る。
(「小説」の体裁にならない駄文しか書けないドキュソはデビューなどしなくてよし)
普通に文章が上手くて普通にモチーフを掘り下げてれば、
そのうち雑誌には載るし本にもなる。

分かれ目は「そこから」。

単行本が一冊出て「ふぃー俺も作家だなコリャ」と一服してたらあっと言う間に消える。
編集者だってたかが新人作家に二年も三年も期待して待つなんて事はしない。
彼等はリーマンです。作家は商品です。

出た一冊が恥ずかしくて読めない、早く次のを書きたいという意欲を維持出来て、
かつ、それに乗ってくれるような良い編集者が付いてくれて初めて、
「作家」キャリアの初歩の初歩の初歩を漸く刻める。

まあ、モチベーションを維持出来て良い編集者が付いても、
二作目以降、どうしたってハナクソみたいな小説しか書けない奴もいるが、
それはそれでドキュソという事でよろしく。

225 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 23:48
自分のことは棚に上げ〜♪

226 :名無し物書き@推敲中?:02/03/31 23:53
>>31
一般的でない職業や体験を元にした物を書けば
通る確率は高くなる。
ただしそれも最終予選かその一歩前までな。
あとはどうしても能力で左右される。
本選委員の得意な分野を選ぶと、
些細な考証ミスを突っ込まれるから
選ばないことを勧めておく。

これでいいか?

>>32
自殺未遂系は結構ある。流行に近い。
学校・教員系もだめだな。すでに使い古されている。
つーか「同人で良くあるような私小説」はやめた方が良いぞ?
面白くするのにおもいっきり手がかかる。

>>34
それで通るから俺も不思議だと思っている。
知り合いの消息筋に聞いてみろ。
よくあるぞ。
知り合いにいなきゃ、知らん。
小説講座にでも入って、
そこの作家にでも聞いてくれ。

>>35
がんばれ。
囲まれていなければ、受賞してから持ち込みをするのも良い。

それと手書きは解読できる奴が少なくなって来ているから、
できるだけワープロ原稿の方にすること。
サイズはA4で、原稿用紙印字はやめておいた方が良いだろうね。
あれだ。すでにどこかで書かれているだろうが、
いわゆる「大賞」ものは下読みでグループ分けされる。
着いた時期でグループ分けされて、その中で相対評価されるから、
締め切り後一週間までは大丈夫だと言っても、
できるだけ締め切りの2〜3週間前くらいには
着くようにして置いた方が良い。
通りやすくなるということは言っておく。
持ち込みの場合、「アポ無し、情に訴える」のが基本だ。

まあ、去るわ。


227 :226:02/04/01 00:04
誤爆。すまん。

228 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 00:07
>>222
あんた文学板にも同じこと書いてたでしょ。

229 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 00:08
17 名前:吾輩は名無しである :02/03/30 02:09
キアーラ・ゾッキ(イタリア)
ベンヤミン・レーベルト(ドイツ)
J.T.リロイ(アメリカ)

現代において10代でデビューしてる作家は日本だけじゃないね


18 名前:吾輩は名無しである :02/03/30 02:35
ブレット・イーストン・エリスも10代デビューよな。
なんか女子高生とかもいたような。

230 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 00:12
36歳でデビューしたマヌエル・プイグは「ブエノスアイレス事件」の解説で訳者に
「遅いデビュー」とはっきり書かれてました。

231 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 00:24
>>222
>30歳までは小説を書くな、
>いや書くなら40歳からだなどと
>言われる大家もおられます。

この「大家」って松本セーチョーでしょ?
たしか「早いうちにデビューして芥川みたいになって欲しくない」みたいなこと言って。
でもセーチョーと芥川と比べてどっちが上かって言うと・・・ねぇ(藁


232 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 00:29
>年長作家の誕生を阻害する
>サラリーマンおぼっちゃま編集の存在
まあそういう編集がいると、いつまでたってもデビューできない無能なワナビーは信じたいんだろうねー

233 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 00:38
>>222-223
いまの日本でも30代後半や40過ぎても立派に新人賞獲ってデビューしてる人何人もいるんだから、
編集者がガキばっかりデビューさせてるってことはあなたたちがデビューできないことに対する言い訳にはなりませんよ。

234 :神童:02/04/01 00:40
そ、それ言えた!!

235 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 00:59
マジメに聞くけどさー、
古今東西問わず名を成した作家で「40歳まで小説書いたことありません」なんて人どれだけいるの?
三島やフローベールなんて16歳だよ。

236 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 01:06
まあ、早世の早死にってもあるからなあ。
なんにしろ、ワナビーのままではだめよ。ダレも助けてはくれねえんだって。


237 :神童:02/04/01 01:26
そ、それ言えた!!


238 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 09:46
>>231
>この「大家」って松本セーチョーでしょ?

はずれ〜(藁

239 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 09:48
ふふふ、若いねえ、僕ちゃんたち。
じゃあチミらは、
20歳過ぎてもデビューできなかったら
俺の青春も終わりだなあなんてつぶやきながら
筆を潔く折るんだね。


240 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 09:49
若いだけが取り柄か……(ぷ
ほらほら急がないと
あとがつかえてるよ〜

241 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 10:44
どっちが上かはともかく、
芥川をかっているヤツ(>>231)がいるとはね。

242 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 13:09
よっぽど腹が立ったんだろうな。

243 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 13:14
そんなずるさを今から覚えてどうする小僧!(ぷ

244 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 13:52
腹を立てるおっさん萌え。

245 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 14:05
腹がたったときの反応
 おじさん→怒る
 子ども→煽る
 まともな人→帰る

246 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 14:06
>>245
おまえはどこに分類されるんだ?

247 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 14:09
                   ______
               _,,-─´:::::::::::::::::::::::::`` ヽ、
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::ヽ
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
          i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
          |::::::::::::::;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;:::::::::::::::::::::::::l
          |::::::::::::::::::;;::::::::::::::::::::::::::::::::;;::::::::::'"ゞ'-';;:::|
           ;;::::::::::::::;;::::::::::::::::'"-ゞ'-' ::::::...   |;;::::::|
           {;;::::::::::::;;:::::::::::::::::|     :::::::    |;;:::|
           ヽ;;:::::::::::::::::::::::::::|        ●     ||
            \;;::::::::::::::::::::|      三 | 三   |
               ヽ.;;::::::::::::::|    __,-'ニニニヽ .  |
..                ヽ.;;::::::::::|    ヾニ二ン"  /
                  \;;::::::|          /
                    j`ー-::|、_       ,,
                      |  `ー――'i'i'‐|
                      | __(〒)___|

248 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 14:17
>>240
才能ない上に若ささえもないあなたに萌え(ピュア

249 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 14:22
>>238
http://www06.u-page.so-net.ne.jp/ka2/teiichi/tadasii/004sinnjin2.html
>私について言えば、新人賞は四十二歳とかなり遅いスタートだった。
>余談だが松本清張氏は講演で、「小説は四十過ぎてからでなければ、書き始めてはいけない」と言っていた。
>それは、そのほうが人生とか人間とかが見極められるという意味で言ったのだろうけれど、
>もちろん個人差がある話だ。若くして世に出て、芥川のようになってほしくはないという風に私は聞いた。

清張氏もおっしゃってたみたいですけど。

250 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 14:28
>>233に答えてください、作家脂肪のおじさま。

251 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 14:30
>>239
>ふふふ、若いねえ、僕ちゃんたち。
>じゃあチミらは、
>20歳過ぎてもデビューできなかったら
>俺の青春も終わりだなあなんてつぶやきながら
>筆を潔く折るんだね。

誰もそんなこと言ってないじゃん・・・

252 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 14:30
四十二歳での新人賞はかなり遅いスタートなんですってよ〜

253 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 14:32
つうか、「誰もそんなことは言ってない」は
お互い様だと思う。
何がお互い様かは、よ〜く読み返してごらん。
坊やたち。

254 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 14:32
>>233に答えてくださいよ。

255 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 14:33
>>249
あ、セイチョー氏が言ってないと言ったのではなく
漏れが知ってる話は、別の作家の言葉ってことね。

256 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 14:34
>>255
じゃあそれってどなたの話ですか?

257 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 14:36
30までにデビューできなかったら筆折りますよ。
だって30にもなって「俺は作家になりたいんだ!」なんてみっともなさすぎじゃん(藁

258 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 14:36
>>254のキチガイ君に

>編集者がガキばっかりデビューさせてるってこと

漏れはこれに近い意見だ。


>あなたたちがデビューできないことに対する言い訳にはなりませんよ。

こんなことは一言も言ってないよ?
まあ、何を誤解したのかはよく分かるが
それは誤解だね(藁 ひとりよがりな読解力じゃ
どこの高校にも入れないぞ……って、今は
バカでも高校は入れるんだよね。小子化万歳ってか?

259 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 14:42
ジジイがあおりにマジレスしてまーす♪

260 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 14:43
早くデビューしてくださいよ。オトナの作家として。
ガキ作家とか人のことを言ってる時間があったら、良い作品を書いてくださいよ。
どんなものをも凌駕する素晴らしい作品を。あなたならできるでしょ。

261 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 14:44
たくさん生きてらっしゃって人間観察とやらもおできになってるみたいですしねえ(w

262 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 14:56
おやおや僕ちゃんタチ、オネムなのかなあ
荒れてきたねえ。がんばってBLでも書いてなさい(うひょ

263 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 14:57
みんな焦ってるってことがよく分かりました。マル
特に30歳で筆おるとか言ってるオジチャン、頑張ってねえ。
間に合わなくなったら、先延ばししてもいいんだよ〜
日本の文化だからね、そういうの

264 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 14:58
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/book/997389405/
相互リンク

265 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 15:04
30は一つの区切りではあると思う。

266 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 15:18
十代、二十代前半が自分の未来で想像できるのは
30歳ぐらいまでってこともあるかもね

267 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 15:18
>>262
老人が虚勢はってまーす♪

268 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 15:21
「うひょ」「坊や」おやじ萌え。

269 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 15:23
260 名前:名無し物書き@推敲中? :02/04/01 14:43
早くデビューしてくださいよ。オトナの作家として。
ガキ作家とか人のことを言ってる時間があったら、良い作品を書いてくださいよ。
どんなものをも凌駕する素晴らしい作品を。あなたならできるでしょ。


270 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 15:29
そうだね、君には無理だけど>>269 (うひょ

271 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 15:30
で、若さの取り柄は見つかったのかい、坊やたち(うひぇ

272 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 15:31
文学板のスレでも暴れてるおやじ萌え。

273 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 15:33
文学板を荒らしてるのはお前か(うひぅ
荒らしは最低やで(うひぇ

274 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 15:37
文学板、見物さしてもらってるよ。面白いね。

275 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 15:46
>>274
ウンコネタが好きなんだね

276 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 15:52
>>275
俺はあっちのスレには「面白い」とか「次スレでもやってほしい」って
書いてるだけ。二人でやりあってるのを楽しんで見てるだけだよ。
1000取ったから次スレ作っといた。


277 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 15:55
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/book/1017643541/
これです。

278 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 15:59
オヤジが話を反らそうと必死になってるね&heats;

279 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 16:03
若い若いって、言えば言うほど、焦りが見えて萌え〜
プロフィール欄の年齢のあとに(若い!)とか
ひとりで突っ込んどくことだよ。がんばれ〜(うふふふ


280 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 16:24
小説の書き方を覚えるのに5年。
小説の売り込み方を覚えるのに3年。
途中で計画が狂ったときの余裕に2年。
……50歳でデビューする予定。
それまでに10作くらいストックしておけば、
デビューが決まってもあわてなくてすむよね。

281 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 16:57
260 名前:名無し物書き@推敲中? :02/04/01 14:43
早くデビューしてくださいよ。オトナの作家として。
ガキ作家とか人のことを言ってる時間があったら、良い作品を書いてくださいよ。
どんなものをも凌駕する素晴らしい作品を。あなたならできるでしょ。


282 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 17:03
小説の書き方を覚えるのに5年。
小説の売り込み方を覚えるのに3年。
途中で計画が狂ったときの余裕に2年。

これなら30歳までに余裕でデビューできるな〜。
デビューが決まってもあわてなくてすむように
それまでに10作くらいストックしておこうっと♪

283 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 17:06
>>282
10年で10作?
書き方覚えた後の5年としても1年に2作?

少なすぎる(藁

小説(文章)で食うなら速筆は大事な要件よ。
売れてる作家/ライター/批評家の多産ぶりを見なさい。質はまた別の問題。

284 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 17:07
>>283
松浦理英子は?

285 :282:02/04/01 17:10
>>283
別に売れなくていいので平気なんです。家が金持ちなんで。
ご心配どうも(藁
むしろ280さんに言ってあげてくださいね。

286 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 17:13
おまえらいろいろ言ってるけど1年くらい前に言ってたことは実現出来たか?

287 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 17:16
>>283
あなた食うために小説書くの?

288 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 17:19
>>286
順調ですけど何か?

289 :283:02/04/01 17:52
>>282
金持ちは金持ちで大変そうだね。
負け惜しみではなく(金は欲しいから素直に羨ましいけど)。

>>287
「稼ぐ」為では無いが(稼げりゃベストだが)「食う」為ではあるよ。
他の何かに従事したくないから、書く事をメインの仕事にしたいと思いながら書いている。

なぜ他の何かに従事したくないのか、という問いの先に、
小説を書く本質的な動機は当然あるけど。

だから、売れないよりは売れた方がいい。

そもそも、自分が書いた文章を自宅のPCのHD内に止めずに世に出したいと思うなら、
「売れる」事は善ではあっても悪では有り得ないと思うんだよな。

>>282
が書いたような「売れなくてもいい」という言葉は、
「一部の奴に分かればいいんだ」っていうオナニズム的な逃避の物言いだと、
個人的には思ってる。

売れなくていい、読まれなくていいなら世に出すな、と。
他に世に出るべき文章はいくらでもあるんだから。

290 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 18:13
ただのDQNでした。

291 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 18:29
>が書いたような「売れなくてもいい」という言葉は、
>「一部の奴に分かればいいんだ」っていうオナニズム的な逃避の物言いだと、
>個人的には思ってる。
まあ、誰にでも考えつくようなことですよね。

292 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 18:31
みなさん、ほんとに書いてるんですか?
それで、ほんとに書き上げてます?
そして、書き上げたものは、友だちなどに見せてますか?
そしてそして、新人賞なんかに応募したりしてます?

なんだか、1本も書き上げたことがない人が
ウヨウヨいそうなスレですね(w


293 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 18:36
>>292
それあんたじゃないの?
もしくはようやく一本書き上げて得意になってるか。

294 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 18:40
293の書いたもの公開キボーンヌ
ほら楽園とかでさ、ファイト!

295 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 18:41
楽園ってなに?

296 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 18:43
>>295
ttp://novel.pekori.to/
よく知らないけど、この板全体で盛り上がってる
オンライン小説の登録場所みたいなの

297 ::02/04/03 00:01
阪神が優勝したら
30歳まで
優勝しなかったら後
2年間だけ頑張ることにしました。
(自慰的な発言ですが)

298 :名無し物書き@推敲中?:02/04/03 10:04
ペコリかあ。笑える

299 :名無し物書き@推敲中?:02/04/03 16:18
すぐさま筆を折れ!     

300 :名無し物書き@推敲中?:02/04/03 16:39
>>299
おまえは絶対折るべき。

301 :名無し物書き@推敲中?:02/04/03 16:54
1は偽者

302 :名無し物書き@推敲中?:02/04/03 18:10
おばちゃまになるまで頑張るわ。

303 :名無し物書き@推敲中?:02/04/04 15:17
18歳で右脳の発達は止まります。
19歳以上のジジババは、ご退場くださいませ〜。

304 :名無し物書き@推敲中?:02/04/04 15:21
右脳が発達していれば、ジジババが居る程度の事気にしな〜い

305 :名無し物書き@推敲中?:02/04/04 15:36
18歳で右脳の発達は止まります。
19歳以上で、まだデビューできてない人は、
作家としての可能性がゼロなので
ご退場になられたほうがよいですよ、無駄でしゅから。

306 :名無し物書き@推敲中?:02/04/04 16:18
やれやれ、自分もいつかは歳をとるって
想像も出来ないひとが、どんな小説を書くのかな。
……おっと、これ以上は言わない。
さげすむのが目的じゃないから。

307 :名無し物書き@推敲中?:02/04/04 16:26
人それぞれということで。

308 :名無し物書き@推敲中?:02/04/04 16:44
>>306
左脳も未発達のジジイはけーん

309 :名無し物書き@推敲中?:02/04/04 17:48
右脳だけで素晴らしい小説が書けるなら苦労しないよ……。

310 :名無し物書き@推敲中?:02/04/04 21:46
年齢だけで素晴らしい小説が書けるなら苦労しないよ……。

311 :推敲中@名無し物書き?:02/04/06 23:45
>>305
発想力と文章能力(表現力)。
あとはペンと紙と字を書く腕があれば十分だ。
発想力は確かに脳の成長が止まればそれきりかもしれないが、
文章能力は勉強すれば脳の発達が止まっても上達する。
ところで、貴方は少々考えるべき所が欠けているようですが、
デビューすることが全てなんですか?少し疑問に思うところ。

312 :名無し物書き@推敲中?:02/04/07 01:31
グチャグチャ、グチャグチャうるさいやつらだなあ。
年なんか関係ないよ。面白い小説を、オレに金払わせるような小説を
書いてみなバカども。
すぐに頭に血がのぼるような単細胞では十代だろうが三十過ぎだろうが
物書きなんかにゃなれないよ。
さっさと見切りつけて、学校で勉強するなり、ハローワーク行くなりしろ。
汚物どもは、夢なんか見るな!
ただただ生きて税金を納めていればそれでよろしい。

313 :名無し物書き@推敲中?:02/04/07 01:37
そうだね。

314 :名無し物書き@推敲中?:02/04/07 03:05
それってまとめると>>304の言ってる事が全てではと……

315 :名無し物書き@推敲中?:02/04/07 03:30
>>312
「終了」

316 :名無し物書き@推敲中?:02/04/07 12:42
18歳以上は諦めてオンライン小説家へ、
ということでOK?

317 :推敲中@名無し物書き?:02/04/07 13:28
>>315
書かせてください。sageで逝きますんで。
>>312
馬鹿と決め付け、単細胞は物書きになれないと決め付け、汚物と決め付け、
夢なんか見るなと命令している。まるで人生の辛酸を舐め尽くした者の
科白を聞いてるみたいだが、まるで凝り固まった考えを吐き出す時点で、
貴方は小説家に向いていないかと思われ。>>312の書いた文を読んでると、
>>312の方が頭に血が昇ってるのでは?と思えてくるし。もっとも、>>312
小説家にはならないんでしょうけど。
ついでにぐちゃぐちゃうるさいと思うんなら2chに(・∀・)クルナ!
2chの板の半分以上はぐちゃぐちゃうるさいです。

318 :名無し物書き@推敲中?:02/04/07 18:12
312氏ね

319 :名無し物書き@推敲中?:02/04/07 18:19
>317
312じゃないけど、人の言葉を理解してみようとか
自分で考えて咀嚼しようとか、考えないのか、あなたは…

320 :名無し物書き@推敲中?:02/04/07 18:22
もっともらしい事を言うなら、
右脳だけで素晴らしい小説は充分書ける。
だけど左脳だけでも素晴らしい小説が書ける。
その上、右脳と左脳が弱くても、
それはそれで素晴らしい小説が書ける。

で、素晴らしくない小説の例はと言えば、
例えば右脳が弱い癖に右脳で小説を書く場合。


321 :名無し物書き@推敲中?:02/04/07 19:45
もっともらしいことを言うのなら、
脳の機能は全てが判明しているわけではないし、
最近では『どちらかがその機能だけを』では無く、
『ある程度分担して物事を処理している』との説が優勢だ。

ちなみに、片方の脳ののどこかが壊れたり悪かったりすると
もう片方の脳がその機能を補完するということは
すでに定説になっている。
サバン症候群の人が、人並み外れて計算能力や
数字に対する認知能力が高かったり、
精密画を上手く書ける人がいるのは有名だな。

それから、最近の研究では、
人間の脳の発達は右脳、左脳にかかわらず、
死ぬまで続いているということが明らかになりつつあるから。

まあ、どちらにしろ売れたもん勝ちということ、それと
ジャンルによって必要とされる経験の種類が違うことは事実。

隆慶一郎なんて還暦過ぎてからデビューだもんな。
高齢社会ということを考えると、デビュー時にえらく年齢が高くてもいいと思う。
ジュニア系小説はよっぽど知識がないと無理だろうけど。

322 :320:02/04/07 21:52
>>321
それはもっともらしいと言うより、
事実らしいと言わないか?
大半が事実無根なら、確かにもっともらしいけど。

323 :名無し物書き@推敲中?:02/04/07 22:19
なんだか言い訳がましいヤツらばかりだな。
そのうえ、説得力がない

324 :1:02/04/08 06:42
>301
話を反らして悪いけど
偽者じゃないです。
本気で阪神が優勝と
自分の希望をかけています。
頑張れ!阪神!
139勝1敗で
ペナントレース優勝や!
星野はん!任せたで!

325 :推敲中@名無し物書き?:02/04/08 08:16
>>319
すんません、咀嚼しなおしました。あとで逝ってきます。
>>312
けれども、もう少しそういったことは穏便に話しましょうや。
頼みます。
>>321
もっともらしいです・・・。
>>323
そういうんだったら、あんたも説得力のある発言を吐いてからにしろ。
煽るだけだったら誰にでもできる。
>>324
野球興味ないけど、まぁ、頑張って応援してください。

326 :名無し物書き@推敲中?:02/04/08 09:44


327 :名無し物書き@推敲中?:02/04/08 13:20
まあけっきょく欲求不満ということで。

328 :名無し物書き@推敲中?:02/04/08 13:22
これらの言い訳は左脳が働いてるからです

329 :名無し物書き@推敲中?:02/04/08 13:29
左脳が必要な社会だから左脳が発達してるんだよ。

330 :名無し物書き@推敲中?:02/04/08 17:06
とりあえず、生きているうちにデビューできれば
何歳まででもいいです。

331 :名無し物書き@推敲中?:02/04/08 18:24
ま、要するに書けってことだ。

332 : :02/04/08 22:46
おれはいま31だが映画監督デヴュー直前。

333 :名無し物書き@推敲中?:02/04/08 22:53
いいなー

334 : :02/04/08 23:03
いやまだわからんよww応援してくれ。

335 :名無し物書き@推敲中?:02/04/08 23:23
そうかー何てゆうタイトル?
書けない?

83 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)