5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ふと気が付くと

1 :名無し物書き@推敲中?:01/12/20 05:46
私は、小学校の教室にいました。
窓から外をのぞくと、今にも山の向こうに沈みそうな夕日が見えました。
その時は、なぜ自分がそこにいるのかなんて考えませんでした。
私は教室の隅に誰かがうずくまっている男の子のを見つけました。
誰だろうと近づくとその男の子は頭をを上げました。

「 !!! 」

その男の子は間違いなく小学校時代の私でした。
小学校時代の私は、いじめられっこでした。

2 :名無し物書き@推敲中?:01/12/20 06:03
なんだこれ作文か?

3 :名無し物書き@推敲中?:01/12/20 08:32
薄暗い小学校の教室に私はいた。
窓越しに外を覗いてみると、山の向こうに今まさに沈みそうな夕日が
輝いている。その光景を見ても、なぜ自分がここにいるかなんて考えも
しなかった。
ふと気がつくと、教室の隅に男の子がうずくまっているのに気がついた。
誰だろう?
私は男の子に近づいていく。すると男の子がゆっくりと顔を上げた。

私は思わず目を見開いた。
その男の子は小学生時代の私だった。
そう、いじめられっこだった、あの頃の私に間違いないのだ。

4 : :01/12/21 00:37
1=3なの?

5 : :01/12/21 00:37
sage

6 :名無し物書き@推敲中?:01/12/21 02:49
気がつくと、私はどこかの窓から今にも沈みそうな夕陽を見ていた。
なぜ自分がそこにいるのか…それを考えるよりも先に、まず強烈な懐かしさが胸に込み上げた。
反射的に辺りを見回す。
リノリウムの床に行儀良く並んだ小さな机、小さな椅子―。
教室…?
不意に人の気配を感じて、振り返った。
隅に少年が蹲っていた。
膝を抱えるようにして、顔を伏せて。

私の足はまるで引き寄せられるかのように、そちらへと向かった。
彼へと一歩、また一歩と近づく度、
リノリウムの床がキュッキュと鼠の泣き声のような音を立てる。

少年が、ゆっくりと、顔を上げた。
暗く生気のない怯えた目が、こちらを見ていた。
その目を見た瞬間、口の中に、鉛の味が広がった。
その味は封印していた記憶を呼び覚ました。
この教室で、執拗に繰り返されたいじめ。
そしてそれにただ耐えることしか出来なかった自分…。

我に返った私は、目の前にある信じ難い光景を確かめるかのように、
更に一歩、少年に近づいた。
…間違いない。
そこにいたのは、私、だった。
抗うことも出来ず、いつも膝を抱えていたいじめられっこの私。

近過ぎる位置にきた今の私を、あの頃の私が怯えた目で見上げていた…。

7 :名無し物書き@推敲中?:01/12/24 23:19
今日は久しぶりに一話書いたよ。
やっぱり書き上げると気持ちいいよね。でもオナニーじゃないよ。
上の文が叩かれていたからね。
人の書いたものに意見するというのは今も昔も争いの種だ。
おれは止めておこうと思うよ。

今日のは終わり方が計算していなかったけど、なんとか終われた。
だから、ちょっと不満があるんだ。
尻切れトンボみたいでさ。
普通は終わり方を決めてそこへなだれ込むように書くんだけど、
その方がずっと気持ちよく終われる感じがする。

ここの三語ものとかでも、雰囲気と終わり方があれば書ける。
空気が決められない時は何を書いてもうまくいかない。
作中の空気と結末、この二つが俺には必須みたいだ。

8 :感染しました:01/12/24 23:26
 

9 :( ´_ゝ`):01/12/27 23:32
誰か続けなよ。

10 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 23:43
リノリウムは廊下の素材じゃなかったっけ。

11 :1:01/12/27 23:46
僕から一つ提案。
レス1000番ゲットした奴をここの勝者にしない?
まあ、1000番ゲットはどうせ僕だろうけどね。ふっ。
馬鹿猫じゃ無理だろうね。絶対に!!
1000は僕がゲットする!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

12 :名無し物書き@推敲中?:01/12/27 23:57
時代は変わってるよ。
木の床は痛みやすいからね。>10さん
教室もリノリウムで作ってるとこいっぱいある。
母校も確かそうだったな。

13 : :02/01/02 13:06
ある時期になると必ず同じ夢をみる。それは、こんな感じ
うちのちかくに、サーカスみたいのがくる。
そうすると、でっかいアヒルが現われる。
それを見た人達がぽけぇっとする。
そしたら、そいつらが戦争はじめんの。
ぽけぇってした時の人達の感じを、実生活でも感じることがある。
いみわかんなくてすまそ

14 : :02/01/08 19:34


15 : :02/01/17 03:40
初めまして。
キチガイなのを分かってて書きます。
今先、大好きな人から電話がありました。
彼女は一緒に死のうと言ってくれました、可笑しくて笑っています。
彼女はなんて可愛いんだろうって思うと、気が可笑しそうになるくらい。
本当、バカだし、意地で死のうなんて言い出すお姫様が可愛くてどうかしてしまいそう。
彼女が望むのなら私はつきそうつもりでいます、可愛いから、面白いから。

これが最後だから、私が存在してたって事誰かに覚えてほしい。
神の手から逃れられる私達の存在を知っててほしい。
逃げるんじゃない、これは革命なんです。
ここ見てる皆さん、有難う。
皆愛してます。

16 :( ´_ゝ`):02/01/20 10:51
ふーん。 

17 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 22:25


18 :名無し物書き@推敲中?:02/02/10 23:14


19 :名無し物書き@推敲中?:02/03/13 11:56
tumaran

20 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 03:13
     

21 :名無し物書き@推敲中?:02/04/12 14:01
age

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)