5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

創作に教養は必要か? どのくらい?

1 :ゴルァ:01/12/17 14:44
小説書くのに最低限どれくらいの教養は必要か?
一本書くのにどれくらい調べるか?
あるいは教養がマイナスとなる場合は?

2 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 14:53
最低限日本語で書かれた本は読めなきゃならんね。
洋書は、スイスイ読める&入手出来るならいいが、読むのに苦労するぐらいなら読めないのと事実上同じ。

3 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 14:55
》あるいは教養がマイナスとなる場合は?

厨房のペダントリィうざい。

4 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 14:59
人によりけりだと思われる。
本をまったく読まずに小説を書く人というのは、少なくとも私の知る限り
はいない。三、四十冊読んでもアイデアが浮かばないなかなか人もいれば
それより少なくてもアイデアが浮かんでくる人もいる。最低限という物差
しではかれるものではないと思う。それにいくら教養があってもそれを有
効に扱えなければ意味のない物になるんじゃないかと。教養自体にマイナ
スはないけど。

5 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 15:05
4 そりゃ何も言ってないのと同じじゃないかと。
  敢えて物差しではかるのだ!!

6 :4:01/12/17 15:09
>5
正直、まだよくわからない。
現時点で私が思っていること書いたんでROMに廻させて頂きます。
申し訳ないけれど。

7 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 20:13
ここの1に勉強スレ1の存在を
教えようかどうしようか、
今、真剣に考え込んでいる

8 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 20:17
頭から小説を書こうとしたら失敗するんだよ。
感覚で書きなよ。
茶でも飲みながらマタ〜リとね。

それじゃダメかな<1

9 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 20:23
三田誠広は、文学史を学ぶとネタが沢山浮かぶと言っていたよ。
本当かどうかはともかく、面白そうな文学史の本を読んでおけば損は
ないよ。特に三田本は某コテハンの大好きな梶井基次郎をべた褒めして
たりしててなかなか面白いよ。私小説書きは頭が良くないとか平気で
言ってるし。

10 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 20:25
紹介するの忘れてた。
「書く前に読もう超明解文学史」朝日ソノラマ(集英社文庫)
図書館行けばあると思うよ。

11 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 20:28
集英社から出てる「 これだけは読んでおきたい 日本の名作文学案内」
(三木卓)も読みやすいですよ。

12 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 20:39
重複と言ってみるテスト

どれくらい勉強すべきですか?Part4
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/bun/995559973/

13 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 20:40
文学全集と歴史全集読めばいいじゃん。
それだけでまずはOK。

14 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 20:43
>13
冊数多過ぎて勤め人には難しいっちゅ〜の!
適当なガイドから始めた方が挫折しなくていいと思うよ。

15 :7:01/12/17 20:44
>12
一応そのくらいの案内はやろうとしたけど、
彼は過去スレすら「1」に表示してないんだよ…。
メインは最初のスレなのに。
4になると大半が雑談だぞ(w

16 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 20:47
>>13
じゃあ「夏目漱石」を3冊くらい、
熟読すればいいんじゃない。
5回くらい読んで文章を徹底して勉強する。
ちょっと文学っぽいのを書きたかったら、漱石を推薦します。

17 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 20:48
>>15
「1」なんて沈んでしまってないじゃん。

18 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 20:50
今はまだ大人の人たちが帰って来てないから、
夜中頃までこたつにでも入って、みかんでも食べながら、
皆マターリ待ってたら?

喜ぶぞ、あのへんの人たち。
1もちゃんと返答するんだよ…。

19 :7:01/12/17 20:51
>17
倉庫に行って捜そうね。

20 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 20:52
>>19
倉庫にもないよ?
「若者スレ」昔捜したときなかったし。

21 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 20:52
>16
多分漱石ならまちがいないよね。
自分は「坊っちゃん」以外読む気になれんけど。
渡部直巳「作家になりたければ漱石を読め!」を思い出した。これなら
読んだ。

22 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 20:55
漱石は純文学の書き方も大衆小説の書き方のノウハウも両方詰まってるよ。
明治の文豪が現代にも通用するんだからすごいと思ってます。

23 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 20:59
8は半分は正しいが、充分な教養があってこそマターリと書けるのではないだろうか
9も半分は正しいが、「自分なりの文学史観」まで行きつければなおよいのでは
ないか
13はその発言は大正インテリか!??
いまどき文学全集だの歴史全集だのを1巻から几帳面に読んでくなんて、
そんな奴絶対にいないし、いたとしてももはや有効ではないと思う。
16は13の人かだろうけどまったくの初心者へのアドバイスとしては妥当。
けどマキシマムな意見が聴いてみたい。

24 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:00
というか1はどうしたんだよ。
ネタ振るだけ振ってトンズラかよ!

25 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:01
>>23
今時読んでないなら、
今こそ読んだらいいんじゃない?
読んでる奴もいるぜ。

26 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:01
まず頭から書いてもよかろう
けど学者や優秀な院生レベルまでは必ずしも行く必要はない。
彼等は知の生産者、我等はそれを享受する者……

27 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:02
どれくらい勉強すべきですか?
http://cheese.2ch.net/bun/kako/989/989916570.html

どれくらい勉強すべきですか?Part2
http://cheese.2ch.net/bun/kako/992/992350655.html

どれくらい勉強すべきですか?Part3
http://cheese.2ch.net/bun/kako/992/992708028.html

28 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:03
>27
これで終了だな、このスレも(w

29 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:03
>>27
おーすげえ。
「若者」スレも見つけてよ。

ていうか「?」の後あけろって感じ。

30 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:04
1出てこないしね。つーまんない。

31 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:04
>>27
どれくらい勉強すべきですか?Part4
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/bun/995559973/

32 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:06
>29
ね、……聞いていい?
さっきから気になってたんだけど、……
本人?本人なら、「戦車」の人がよろしくと言っとくれと
言っておったぞ。

33 :ゴルァ:01/12/17 21:12
はい、1です。
スレの重複はすんません。あと、あまり頻繁にレスできないのもまあ勘弁。
あと、三田誠広の文学史とか、僧籍本を三冊とか、そういうビギナーな話ではないです。
背景世界の構築にどのていどの労力を費やすとか、どのくらい緻密にやるかとか、
文体ににじみ出る「何か」についてのみなさんの意見をお聞きしたいです。

34 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:12
若者
http://cheese.2ch.net/bun/kako/990/990896266.html

35 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:16
前、ラジオで島田雅彦が、
「漱石を5冊以上読んでない創作ってのはありえない」って言ってた。
案外啓蒙的なことを言うなあと思いつつ、今まで自分が漱石を何冊
読んだか、思わず指折り数えてみました。
「坊ちゃん」「草枕」「三四郎」「我輩は猫である」「こころ」……
ああギリギリだ(笑)

36 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:16
そんなの人それぞれでしょ。
ショートを書く人と私小説書く人、ミステリ書く人と全然ちがうんだから。
ていうか質問が曖昧だよ。もうちょっと整理してよ。でないと何答えても
しょうがないでしょ。

37 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:16
>>33
今使える金を全部そそぎこんで、資料買いよ。
それで背景を作る。
文体は自分で研究するしかないよ。
自分の書きたい作品の文体を研究して、
自分の文体に置き換える。

38 :名無しさんの初恋:01/12/17 21:18
とりあえず虎に書いてくれないとね。

39 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:19
「薔薇の名前」は、世界の構築に丸1年費やしたらしいが、
もともと著者は中世哲学の専門家なわけだから、誰の追随も許さない。
ていうか、ユルスナールは「黒の課程」の構想に17年かけてんぞ。

そこまでやってる奴、このスレにいる?
1はどうよ?

40 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:21
>>34
サンキュー。

41 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:22
>39
寝かしてるだけなら、15、6年くらいのは
幾つかあるが、それじゃダメ?

42 :ゴルァ:01/12/17 21:22
>>37
それはこづかい全部ってこと?
それとも生活費以外の収入全部ってこと?
それとも生活費も削れってこと?

43 :名無し物書き@推敲中? :01/12/17 21:24
そのくらい自分で考えろハゲ

44 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:24
>>42
いや余裕があったら100万でも200万でも。
そのかわり原稿料500万取って返ってくるような作品を書けばいい。

45 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:24
>41
もしかして設定病? そうならヤバいが、
懸命な努力のうえなお執筆に至らずということなら、
その努力はけっして無駄にはならないと思う。ふぁいと!

46 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:26
本当にやる気があるなら、例え生活費を削ってでもやるものです。

47 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:26
小説(ジャンルに関わらず)を読んで「俺も書きたい」と思ったら、それで良いかと。
単純にそう思う。無理して教養をつける必要はない。
でも、有っても無くてもマイナスにはならないと思う。
「イメージを書くな、自分の受けたダメージを書け」

48 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:26
37〜44 てことはやっぱり経済力がものを言うか?

49 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:27
>>42
どんな作品を構想中?
場合によっては資料名くらいなら提供してもいいよ。

50 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:27
46 しびれるね。アスケーゼだ

51 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:27
>48
いや、図書館って手もあるし、優れた頭脳なら立ち読みで覚えられるだ
ろう(南方熊楠)。

52 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:28
自分の気持ちを込めて書け。

53 :41:01/12/17 21:28
>45
んにゃ、放置してあるだけ。
子供の時に作った話だから、おじさんやおばさんの心理とかは勿論、
恋愛そのものとかがわかんなかった。未だ段ボールの中(w
今は特に必要ないので今後も放置予定。

54 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:28
資料は是非とも集めるべきだよ。
フィクションじゃ〜続かないぜ。

55 :ゴルァ:01/12/17 21:30
ちなみに42はわたしではない(いや、どうでもいいんだけど)
僕としては作品が要求してくる投資にはなるべく真摯にわたりあおう、
てなかんじかな。ちなみに前作で買った資料は10万ちょいだった。少ない?

56 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:30
疑問だが、1.にとっての教養とは、知識のことでいいんだよね?
教養=知識だよね?

57 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:31
>55
モノによる。
っていうか質問が相変わらず曖昧だYO!

58 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:32
そういや知り合いのゴーストライターが「10万を目途に」って言ってたよ。
まあキヲスクで売ってるようなミステリーなんだけどさ。

59 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:32
資料ってどんなん買ってるのよ

60 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:33
>>55
基礎材料(歴史なら人物辞典とか逸話辞典とか人名辞典とか地図)
があってある人物を書くんだったら、10万でもいいんじゃない?

61 :ゴルァ:01/12/17 21:35
>>56 知識プラスそれによって醸造される雰囲気です。

62 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:42
雰囲気だけかい。要するにキミにとって教養ってカッコつけなだけなんだ。

63 :修行中(仮:01/12/17 21:44
>知識プラスそれによって醸造される雰囲気です。

「プラス」以降は教養の範疇でないのでは?
「センス」だったり「対象との距離感(人生観)」なんじゃねーすか?
それを通り越しての議論か?
つまり、創作向きの人生観を身に付けるのも技術のうちである、みたいな....

64 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:46
なんだか1の書いた小説読みたいのう。
虎に出しておくれ。

65 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 21:48
>64
同意。
というか今は1にも2にも虎の穴じゃないの?
はったりはこの間のれみ感スレでお腹いっぱいだ(w

66 :とりあえず一休み。:01/12/17 21:53

 ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ タリー
    V V

67 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 22:23
いくぞ

68 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 22:23
い毛

69 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 22:29
どこに
いく?

70 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 22:32
そこにい毛
ここにい毛
あそこの毛
              <毛沢東>

71 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 22:33
図書館逝け

72 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 22:35
何年で作家になれますか?

73 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 22:38
百八年

74 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 22:40
3年以内にデビューするにはどうしたらいいか?

答えろ。くそども。

75 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 22:44
3年以内に実力をつけろ。

76 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 22:45
3つ、年をとれ

 イミ          ワカ          ラン

77 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 22:46
>>74
まず、唐辛子、コリアンダー、クミン、ターメリック、こしょうを
入れてよく混ぜるんだ。そうしたらできる。

78 :名無し物書き@推敲中?:01/12/18 00:15
あっという間に用無しになったな、このスレ。

いかに、勉強スレが偉大だったかよくわかる。

79 :名無し物書き@推敲中?:02/01/23 11:59
雀の子
そこのけそこのけ
アソコの毛

BY ジミー大西

80 :名無し物書き@推敲中?:02/02/04 22:43
      

81 :名無し物書き@推敲中?:02/02/05 03:03
物を考える土台とか、素養という点で教養は必要。
しかし、教養と認められないような雑学も必要。


82 :名無し物書き@推敲中?:02/02/05 03:44
今の作品一本のため「だけ」に読んだ資料は30冊以上。
拾い読みも結構あるけどな。

83 :名無し物書き@推敲中?:02/02/05 13:57
新聞読みましょう。新聞、海外の新聞もね。
それから、教養は、浅田彰とか、蓮見重彦くらいあったほうが
いいですね。といっても、日本に何人もいないでしょうが。

しかし、書く人にとって一番大事なのは、文体です。
文体を確立しましょう。教養と文体の二者択一なら、
文体になります。でも教養は大事ですけど。

84 :名無し物書き@推敲中?:02/02/05 23:19
教養云々、才能云々言う前に、さっさと書いてみればいいんじゃん。
書けなかったら、それで終りだし。
書けたらそれでいいんだろうし。
ああ、なんか疎放…ぃぃ…

85 :名無し物書き@推敲中?:02/02/05 23:40
ない方がいいかもしれん。
ゲーム会社にお世話になってあちこち突っ込み入れまくったが、
他のデバッガは全然気にならないみたいで。
結局いちゃもん扱いでクビになった。
ユーザーさんも気にならない部分だから、妥当な措置だと思う。
正直すまんかった>会社&コケにしたシナリオライター

まあ、>>3の言う通りで、読者層に合わせろってこった。

86 :名無し物書き@推敲中?:02/02/05 23:50
どんな突っ込みいれたんだろ?
普通は誤字脱字を指摘する程度だと思うけど…

87 :名無し物書き@推敲中?:02/02/05 23:58
純粋に文法の誤りをチェックしただけだよ。
誤字はほとんどなかったけど二行に一行は赤。

88 :名無し物書き@推敲中?:02/02/11 13:51
まあ、とりあえず正しい漢字は使えた方がイイね。
中身がよくても誤字が多いとバカだと思われていろいろ損する。
基本的な慣用句やことわざは弄り過ぎない。
自分が何か考えがあってしてることでも傍目にわからないと意味ないし
個性的な髪型のつもりでもダサ男に見られるってのと似てるかな。

89 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 13:02
知ってる事しか書けない
だから知ってたほうがいい

90 :名無し物書き@推敲中? :02/03/15 13:13
何が創作にいらない知識かを判断するためには、相当な量のいらない知識が必要。

91 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 13:17
先を知っているのに、知らない振りして書けません。
私は作品を書いているうちに、その先を学んでしまって、作品が途中で
陳腐に見えてしまいます。

ずっとその繰り返しなのですが、どうすればよいでしょう?


92 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 13:33
>>91
詩を書け。まずは。

93 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 13:33
>>91
知っててもおもしろい話を考えろ

94 :名無し物書き@推敲中? :02/03/15 13:38
>>91
陳腐じゃない作品を書けばいいんじゃない?

95 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 15:28
>92
新鮮な意見で、おどろきました。一度書いてみます。
>93
そうして出来た作品に、求心力はあるでしょうか?
>94
書き始める前は陳腐ではないので、見分けがつきません。

96 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 15:36
>>95
つまり、筋が自分でわかってつまらん作品ということは、
筋だけに頼って、言葉の使い方、読者を引き込む手法、
そういうのが足りないのでないかな?

97 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 16:59
俺は文学部目指して勉強してるぞー

98 :名無し物書き@推敲中?:02/03/16 18:08
文学部って意味あるの?

99 :名無し物書き@推敲中?:02/03/16 18:52
勉強することには意味があるかもしれない

100 :国文卒:02/03/16 19:03
卒論書くと、図書館の使い方、資料の判断力が身に付くからいいよ。

101 :名無し物書き@推敲中?:02/03/16 20:21
>>100
あ、僕今大学入試のために勉強してるんですが(高一)
文学部って具体的にどんなことするんでしょうか?

102 :98:02/03/16 22:55
文学部で習うことは、創作の役には立つのでしょうか。

103 :100:02/03/16 23:35
一口に説明するのは難しいけど、、
創作関連の学科ではなく、きわめて普通の国文学科の例として。
一般教養で政治とか経済とか他学部のこともやらされるけど、
要するに4年生になって卒論を書くために、1〜3年があるという感じ。

まず基礎教養で、上代〜現代までの、代表的な作品を読む。
漱石も読むし、ばななも読む。
で、書かれた背景についての講釈とか。
(漱石は神経症でどうのとか、戦争がどうのとか、そのころ森鴎外はどうだったとか)
プロレタリア文学とか、高校の教科書にタイトル名しか出てこないやつも、実際読む機会が与えられるのでおもしろい。
日本書紀なんかも実際読んでみると、浦島太郎が竜宮に行ったとか書いてあって、我が国初の漢文編年体の国史という受験知識がひっくりかえって楽しい。
近世文学では、落語とか講談を浅草まで聞きに行ってレポート書かされたりもした。
なんか散漫だけど、要は、実際に作品に触れて、先生の持論を拝聴して、かな。
3年になると卒論の練習っぽく、研究とか発表のまねごともやる。

こうやって3年過ごすと、基礎的な知識、技術が身に付いてくるので、4年でいよいよ卒論。
1〜3年の間に深めたい部分がわかってくるので、自分でテーマ絞って論文書く。

例えば、中古説話の講義で読まされた今昔物語集は、妖怪ばっか出てきておもしろかったから、それやってみるか、という感じで、
”今昔物語集における鬼の研究”
みたいにテーマ決める。
研究者向けに辞書ができあがってるので、それで”鬼”を引くと、
何という本の何ページに鬼が出てるとか、類義語とか全部載ってるので、
原典を参照しながら、場合によっては中国の古典まで遡って自論を構築する。

そんな感じです。
創作に役立ちそうなのは、できるだけ多くの資料にあたってイメージを膨らませる方法が身に付く、ということかな。

104 :100:02/03/16 23:37
改行でたらめでスマソ。読みにくいね

105 :通りすがりだが :02/03/16 23:46
>>102 君の言う創作が何を意味するかはようわからんが
   物を語る職種に役立つスキルと言う事ならば、
   数々のノウハウ集、創作者の発言、創作者の経歴、その他諸々に
   文学部が有利に働いたと思われた節があったでしょうか?
   所詮大学の「お勉強」ですYO!

106 :名無し物書き@推敲中?:02/03/17 19:08
>>103
ありがとうございました。検討してみます。

107 :あほう:02/03/17 19:10
>>105
少なくとも「小説教室」みたいなバカ本よりは役に立つんじゃないかな。
自主的に調べるんだし

108 :名無し物書き@推敲中?:02/03/29 10:35
つきあげ

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)