5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

正直、こいつダメだなって思う作家を晒せ!

1 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 13:34
村上ドラゴンの作品ってキモくね?
あれってただの自慰文学。
自分専用の官能小説、なのか? 一般人には抜けねーけど。
やっぱドラゴンも逸般人のひとりじゃねぇの?

2 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 13:43
吉本バナナ、逝ってよし!

3 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 13:44
椎名誠って何様のつもり!?
氏ね。

4 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 13:48
京極夏彦って、京極堂シリーズだけだよね。
一発やさん。
るーがるーとか、いさえもんとか、はっきし言ってつまんない。
屁理屈こきすぎ。

5 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 13:55
星新一

6 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 13:58

ショートショートばっかりだもんな(藁
こいつの長編読んだことねえんだけど、面白いの?
ただ長編かく文章力と想像力がないだけじゃね?

7 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 14:01
星新一をけなすとはすごい度胸だ。物知らずはコワイ……。
長編はお父さんのことを書いたのなら読んだことあるが、面白かったよ。

8 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 14:03
ちなみに俺は船渡与一だ。早く死んでほしい。

9 ::01/12/08 14:03
そうか〜じゃあ読んでみよう。

10 :1です:01/12/08 14:07
>>7さんみたいに、こいつイイ!っていう作家も知りたいYO!
俺はね〜
宮部みゆきとか最近いいと思う。
少年書かせると、みんな同じキャラになっちゃうけど(藁

個人的には、直木賞取った「理由」よりも、とりのがした「火車」のほうが面白かった。

11 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 14:35
>6
「殿様の日」はまあまあ。
でももう内容は忘れちゃったよ。

12 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 14:38
堀田あけみ
困った事に出せば出すほどゲロつまんなくなっていく
そういう点では吉本ばななと一緒だね

13 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 14:48
堀田あけみなんて読んでるの、まだいるんだ……。本出してるのは
知ってたけどな……。あの顔で結婚してるんだから、作品に気合入る
はずね〜よな。だって、男を何とかする方で手一杯だろ?多分な。
いやよくわかんね〜けど。

14 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 14:51
堀田さんの顔写真うぷきぼん。

15 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 14:54
女流作家の容姿って、大体3種類に分かれる気がする。
いわゆる美人さん、と、
二目と見られないほどのブス、と、
林真理子みたいな、「面白い顔」系。

16 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 14:58
人間の顔自体が大体その3種類だと思う。

17 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 15:01
>16
いや、特徴のない、ふつーの顔の女性って見ないよなーとかオモテ。

18 :12:01/12/08 15:59
>13
笑える。
最近のは読んでないけど、
最後に見たのは、その結婚相手との出会いから結婚までみたいなヤツだった。
見ただけでムカムカした。
ちょっと山田花子に似た顔だよね。

19 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 17:47
龍はコカインでつかまった

20 :村上春樹:01/12/08 18:09
村上ドラゴンって格好良いじゃねえか。

21 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 18:12
>19
コカインなんて別に珍しくもないさ。
だからといって龍マンセーってわけじゃないがな。
ある意味アートとは切り離せないもんだろ。
それとも何か? 君は警察公安関係者か何かか?

22 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 18:16
>ある意味アートとは切り離せないもんだろ。
ひゃはは、なんだコイツ
そんな子と言うアンタはコカインキメたことあるアアチストなわけ?
ぷぷ。

23 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 18:45
>22
お前こそ変だよ。ぷぷ

24 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 19:20
電波とか既知外とかもういい加減にふざけるのはやめてください、貴方飽きたじゃないで
しょうか?
貴方達は「心を持ってないでもう一遍は花を愛でる気持があるので主のために
崇高な方やそうでない奴も混在していますがそうでありたい]
そうなりたいなるたくないと思っている人の気持ちはどうなのですか?
それらに困る人も困ってる方も多く存在するししています毎日ねむれません・
私なんか寝ないでみんなの聖書を呼んでいる毎日すごしているのです!
思惑どうりに物言は運んでいるのです!
一度よんでみるとあなた方にもどうゆう事なのか簡潔にとその眼で解りますよ・そうでなければお前達ムー読んで病院行って!
怒る前に既に良い加減にして下さい!

ぷぷぷ。

25 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 19:53
>22&23
本題から外れてるぜ 自分らのオツム「晒して」るんか?
>24
こんなとこに、そうカッカしても体にワリーよ。

26 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 19:55
ワラタ。
最後にそんな言葉を入れるからいきなり萎えたよ……。

27 :ぷぷ撲滅委員会:01/12/08 20:00
ゴメン。
何度読んでも24さんの言っている意味が分かりません。
笑えるけど、ぷぷ って、やぁ〜な感じ。

28 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 21:50
>24
本文は、ちょっと意味不明で文体のバラつきが目についてしまい
思わず翻訳ソフト君なのかと思ってしまいましたが、文末で
>ぷぷぷ。
とあるのを読むに至り、『あ、作者の表現したかったのはこれだ』と
目から鱗の思いです。 これからも、斬新な表現を私達にご教授して
頂けましたら幸いと存じます。

ぷぷぷ。

29 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 22:02
このスレ、最悪のスレだな。

30 :名無し物書き@推敲中?:01/12/08 23:23
吉村達也・・・
致命的なくらい人物と文章に魅力がない。

31 :名無し物書き@推敲中?:01/12/09 13:16
>>29
激しく同意!
俺たちはこのスレを救えるのか!?


救いようがないに千円(藁

32 :名無し物書き@推敲中?:01/12/09 15:11
君は村上龍のファンなの?
あんな駄作物書きに心酔しているようじゃ、将来はないよ。
人としても、親としても、物書きとしても最低だからね。
正直、昔の名前で残ってるだけ・・・。
出版界の裏では、本当のところ皆馬鹿にしてるし、
映画作っちゃ、酷過ぎて誰にも相手にされないしね。
哀れ・・・合唱。
最近じゃ、ルポルタージュっぽいもんや
くだらないドラマのシナリオ書きなんかやってて、
とことんまで落ちぶれたもんだ。
行くつく先は野坂昭如みたいに参議院議員か、
田中康夫みたいに、出身の長崎県知事でも目指すかしかないな。
でも、政治も経済も知ったかぶりだけで脳足りんだし、
前科者だから推薦されんわな。
所詮石原慎太郎にはなれんのよ。
彼も同じ芥川賞審査員として同席はするけど、とことん無視しているしね。
石原もすかんが。
村上龍が芥川賞を貶めたのは間違いない。
こいつ以降、純文学とマスターベーション小説が混同されて、
日本の文芸文化が低落したのは嘆かわしい。
あんなのを文学だと勘違いした若手の作家志望者が増えてきた・・・。
ま、真の作家を志す人は充分判っていることだけどさ。
だから、こんな作家に関わるのはやめた方が君のためだよ。





筒井康隆の大いなる助走読んだ?

村上龍はチームです。  幻盗舎の犬です。
あそこまで権力取って生きてて楽しいのか。'

日本の文学を貶めた罪を犯した彼は罰せられるべきだ。

サッカーを食い物にする村上龍、馳星周、乙武。
ドラゴンはテニスが流行したらテニス、F1流行したらF1、
今度は中田に近づきサッカーだ。売れる保証のある時事問題に飛びつきまともな文学はかけない。
そんな奴が芥川賞の選考委員。
俗物、甘やかされ寄生作家村上龍。

奴が選考委員やってる芥川賞などをこれから受賞する作家は俗物最低作家。
平野啓一郎もそう。だよね

33 :名無し物書き@推敲中?:01/12/09 15:15
村上龍はバブルの亡霊。日本の癌。タレント作家

34 :名無し物書き@推敲中?:01/12/09 15:21
ひどいです。村上龍先生を誹謗して、あまつさえ抽象するこたが
はたしてどれだけの文筆かとしてのキャリアがあるのですか。
資格の問題です。えてしてこういうことをいうひたのほとんどすべて
といっても過言ではない数でたいしたことないのです。
これは自明の理。せつめいするのた、やめです。
もっと勉強し増しましょう。謙虚に謙虚にです。
天に唾するものはいつかじぶんにもどってくるこたまでわからないのでしょう。
かわいそう、だめでせう。それじゃ。
我が身を振り返るよゆうが欲しい。そのこただけなのですが。
おねがいします。もっと広いこころた持ちましょうよ。お願いです。

35 :名無し物書き@推敲中?:01/12/09 15:27
自作自演で盛り上げるなよ。

36 :名無し物書き@推敲中?:01/12/09 18:40
太宰じゃねえの、結局は。

37 :名無し物書き@推敲中?:01/12/09 18:45
ダメダメ人間、という点では同意。

38 :名無し物書き@推敲中?:01/12/09 18:51
太宰は本当は計算高い人だからねえ。

39 :名無し物書き@推敲中?:01/12/09 18:55
そういえば遺書の中で友達の悪口書きまくってたよな。
あれも自作自演の一種か。もともと死ぬ気なんかなかったワケね。
じゃ、借金王、石川啄木もその口だよな。

40 :(゚∀゚) ◆DeIFz48Q :01/12/09 19:07
オレは意地汚さ全開の荷風みたいな奴も好きだし
太宰みたく女のやさしさにどこまでも甘えた挙句に
一方でしっかり計算してる、いやらしい奴も嫌いになれない。
でも梶井みたいな透徹な知性を感じる奴も好きだ。
でも彼らはああいう作品残してるからってのはあるな。
昔の人だからリアリティに欠けるってのもある。(゚∀゚)

41 :名無し物書き@推敲中?:01/12/09 19:14
第一回の芥川落選で恨み節連発の太宰タン。
良い作品も多いけどね。

42 :名無し物書き@推敲中?:01/12/09 19:18
ホント? 知らなかった。太宰って何か賞もらってんの?

43 :名無し物書き@推敲中?:01/12/10 07:59
俺は太宰、それなりに好きだぞ。

44 :名無し物書き@推敲中?:01/12/10 14:06
質問で〜す☆

文豪って呼ばれてる作家の中で、一番好きな奴、あんど一番ダメな奴は誰だ!!

45 :名無し物書き@推敲中?:01/12/10 14:07
age

46 :名無し物書き@推敲中?:01/12/10 14:13
○吉原諭
×亀井正文

47 :名無し物書き@推敲中?:01/12/10 14:21
>>46
なぜに吉原が○!?

なぜに亀井が×!!?

48 :名無し物書き@推敲中?:01/12/10 16:05
新井素子

最近新作見ないなぁ

49 :伝説のオプ:01/12/10 16:18
秋元康

生きる価値無し!

50 :名無し物書き@推敲中?:01/12/10 16:48
太宰マンセー
三島逝ってよし(+再臨)

51 :名無し物書き@推敲中?:01/12/10 18:52
太宰ってなんであんなふうに敬語デタラメなの?
近頃の若者バカにできんぞ、ほんまに〜
わっはっはっはっはっ _(__)/彡☆ばんばん!

52 :名無し物書き@推敲中?:01/12/10 20:39
佐藤大輔……じゃなくて、霧島那智

53 :名無し物書き@推敲中?:01/12/10 22:00
>>50
どっちもいいと思うんだがな。
>>51
お、お前のほうが教養なさそう(;´Д`)

54 :名無し物書き@推敲中?:01/12/11 00:23
平野啓一郎はそんなに駄目かなあ…。批判される点は山の如しだけど、俺は好きなのに。

55 :50:01/12/11 03:32
>>51
田舎者だからちゃいます? 味さえあればそれで良し。まぁ、私の国
語力のせいかもしんないけど。べーっ、だ。
(あぁ、私にAAが使えたらっ! このっ、このっ!)
>>53,54
実を言うと、三島(+再臨)は最初の数ページで挫折してしまったん
です。もしよろしかったら、三島と平野の魅力を教えていただけませ
んでしょうか。もう一度、読み直してみます。
54さん、ごめんなさいね。せめて一作は読み通してから、嫌いと言う
べきでした。

56 :名無し物書き@推敲中?:01/12/11 08:06
age

57 :名無し物書き@推敲中?:01/12/11 08:42
一杯のかけそば騒動って知ってる?
知る限り最もイタイ文学現象であった。

58 :名無し物書き@推敲中?:01/12/11 12:31
>>57わらたYO☆

59 :名無し物書き@推敲中?:01/12/11 13:52
松尾詩朗

60 :名無し物書き@推敲中?:01/12/11 14:56
林真理子はどうなの?

61 :名無し物書き@推敲中?:01/12/11 15:11
>60
あの人は上手だよ。エッセイとか面白い。
個人的にはこの手のタイプの女性作家が
一番デキル系だと思う。

62 :60:01/12/11 15:15
最近読んだ林真理子の「みんなの秘密」はけっこうおもしろかた。
あとできる女性作家としては、宮部みゆきさん好きなんだけど、皆さんの評価はどうなんだろう?

63 :名無し物書き@推敲中?:01/12/11 15:25
顔つきから判断して、宮部も林と同系の女だ。
丸顔、低い鼻、ぎょろ眼。
一見、全く賢そうに見えない顔立ちの女性が、
作家(文化人)としてはかなり高い地位を築いている、その不思議。

64 :名無し物書き@推敲中?:01/12/11 15:36
林さんの「〜したものだ」という言葉の使い方にはちょっと
違和感がある。

65 :60:01/12/11 15:43
>>64言葉も進化するから、みんながそれをよしとするなら、いいんじゃない? 別に。
ほら、外国人のほうが日本人の俺たちより日本語が上手い時代なんだから。
拘り過ぎもよくないかと。

まあ、こだわらなさすぎるの考え物だけど(藁

川端の小説と、今はやってる小説では、言葉づかいがぜんぜん違うでしょう?
そういう差は、進歩として認めるべきでは?

66 :名無し物書き@推敲中?:01/12/11 20:34
向田邦子、ベーシックに面白い☆

67 :名無し物書き@推敲中?:01/12/11 20:45
田中ランディ

68 :名無し物書き@推敲中?:01/12/11 20:53
林真理子っておもろい。
文章が、ではなくて存在自体が、
上昇志向、
目的を設定し、それに向かってズンズン。。ズンズンズン。。。
まるで叩き上げの中小企業創業者みたい。。。
でも、自分を客観視することもできる。
べつに好きくないが、
相反する感性が同居した稀な例。

69 :54:01/12/11 21:03
>55
俺もそんなに読んではいないよ。
平野はしらないけど、ただ文章がうまくて
人間考察をしている姿勢があればいいと思ってるだけ。
だから遠藤も好き。あの皮肉的な物語の構成も好き。
太宰は文章が好き。うまく説明は出来ないけど、味がある。
もうひとつはデカダンがすきだってところもあるんだけどね。
(その関係で安吾も○)

70 :名無し物書き@推敲中?:01/12/11 21:28
武者小路実篤
ワンパターンのカボチャの絵と
「仲良き事は美しきこと哉」
書いた本が「愛と死」「真理先生」
むか〜しのビッグネームを貶めたくはないが、
こいつはイタタ。

71 :名無し物書き@推敲中?:01/12/11 21:54
>>67
田中だぁ。

72 :名無し物書き@推敲中?:01/12/11 21:57
渡辺かな。
初期はかなり好きだったんだがなぁ。

73 :名無し物書き@推敲中?:01/12/11 22:26
ひどいです。渡辺仮なq先生を誹謗して、あまつさえ抽象するこたが
はたしてどれだけの文筆かとしてのキャリアがあるのですか。
資格の問題です。えてしてこういうことをいうひたのほとんどすべて
といっても過言ではない数でたいしたことないのです。
これは自明の理。せつめいするのた、やめです。
もっと勉強し増しましょう。謙虚に謙虚にです。
天に唾するものはいつかじぶんにもどってくるこたまでわからないのでしょう。
かわいそう、だめでせう。それじゃ。
我が身を振り返るよゆうが欲しい。そのこただけなのですが。
おねがいします。もっと広いこころた持ちましょうよ。お願いです。

74 :名無し物書き@推敲中?:01/12/11 22:30
笹沢佐保って、楽しい?
読んだ事ないんで聞いてみる。

75 :名無し物書き@推敲中?:01/12/12 08:12
>>73厨房!?なあ厨房!? (藁
この板、確かに小説家の悪いとことばっかり書いてる板だけどさ〜
それへの反論に、キャリアがどうだとか言うのは間違ってるやん。
この板に来る人で、キャリアある人なんてわずかなんだから。
渡辺かなが好きなら、渡辺かなの素晴らしいところを書いてゆけばいいだろう?
ここ文学板なんだし、書いてる人の人間性がどうとか、そういうのはやめようよ。
不毛だよ。
小説家なんて、得意不得意あるんだ。そしてそれを俺たち一般人にさらしてる。
小説も一つのメディアだからね。

だから、その小説家の悪い側面を覗き見るのも、ちょっと面白いんじゃないか、と思って俺はこのスレを立てたんだ。
悪口言われる覚悟がなきゃ、作家になんて成れないし、小説家のみなさんは、それぐらいの覚悟はあるでしょ?

っとまあ、マジレスしてみました(^^;
以後、小説家の悪い点、それについて反論のレスは、単純にその小説家の文章と振る舞いに対するモノだけに
していただきたいです。
では再開!!


>>74俺も呼んだことね〜
だけど俺の友達は、面白いから読めって煩いよ。
俺は今度、また〜りと読み始めようかと思ってます。

76 :名無し物書き@推敲中?:01/12/12 15:31
age

77 :名無し物書き@推敲中?:01/12/13 02:15
渡辺かな……、俺は淳一のほうを言ってたのだが。

78 :名無し物書き@推敲中?:01/12/13 15:00
age

79 :名無し物書き@推敲中?:01/12/13 15:25
水落晴美

80 :名無し物書き@推敲中?:01/12/13 19:59
志賀直哉はじめてよんだよ〜
面白かった、やっぱり。

天才っているんですね。

81 :名無し物書き@推敲中?:01/12/14 00:05
池澤夏樹、原田宗典
共通:エッセイはそこそこだけど小説はダメだ〜。

82 :名無し物書き@推敲中?:01/12/14 03:08
☆森博嗣最高☆

83 :名無し物書き@推敲中?:01/12/14 03:09
☆森博嗣最高☆

84 :名無し物書き@推敲中?:01/12/14 03:18
>>1
村上龍は売れてるジャン 立派な作家だよ
君は自分の才能を知らないからそんなことを言っていられる
でも、それでいいんだ

85 :名無し物書き@推敲中?:01/12/14 10:23
>>74
推理小説的には、初期のものはすごくいいよ。
あと、『子連れ狼』は自分のバイブルだったりする。

86 :名無し物書き@推敲中?:01/12/14 10:56
赤坂真里。
完読できない私は馬鹿なのでしょうか。

87 :名無し物書き@推敲中?:01/12/14 12:10
>>81激しく同意!!

88 :ランボー ◆k/HXSl7w :01/12/14 14:14
>ID:RxXv7AEg


今何個目?

89 :名無し物書き@推敲中?:01/12/14 20:49
○:宮尾登美子 やっぱいい

×:夢枕 獏  ほかはどうとして「陰陽師」シリーズ、
        ワンパターンすぎ。
        ゴーストに書かせて山登ってんのかと思ったよ。
        いくら売れてるからって・・。

90 :名無し物書き@推敲中?:01/12/16 12:25
age

91 :名無し物書き@推敲中?:01/12/16 15:35
ダラゴン死すべし

92 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 00:11
堀田あけみは本当にダメだ。
人に勧められて買ってみたけど、ガマンにガマンを重ねて読んだが、
20ページが限界だった。まじで気持ち悪くなってきた。駅のゴミ箱に
直行。アイツはカウンセリング受けた方がいい、まじで。

93 :  :01/12/17 00:41
夢枕獏しね!

最近の枚数稼ぎにはうんざり。一文改行しすぎ。

94 :名無しさん:01/12/17 00:52
笹沢佐保の執筆シーンをテレビでみたけど、
高い机に、低い椅子使って
アゴを机の上にのっけたまま原稿を書いてた。
布団でねっころがって書いてたときの名残なんだそうな。
生活力なさそうな人だったなぁ。

95 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 12:53
そういえばここ、がいじんさっかのなまえがでてこないね。
あ〜でも、海外の作品はその国の言葉で読まないとわからないからなぁ。訳者でぜんぜん変わっちゃう。
訳者としては、ドリトル先生シリーズを訳した井伏鱒二が俺は好きだ。
他は知らん(乱暴

96 :名無し物書き@推敲中?:01/12/17 17:02
age

97 :名無し物書き@推敲中?:01/12/18 12:00
hage

98 :名無し物書き@推敲中?:01/12/18 12:59
hige

99 :名無し物書き@推古宇宙:01/12/18 13:30
>81
池澤夏樹はアンゲロプロス映画の翻訳をしているので
許してやってくれないか?
まあ脚本自体も素晴らしいのだろうが、
池澤訳は詩的で映画の雰囲気に符合していて良いのだよ。
小説はたしかに「へ」だったが・・・

100 :名無し物書き@推敲中?:01/12/18 14:39
村上龍は最近は駄目だろ……。
昔は確かに文学家だったが、今奴に文学など語らせるのはちゃんちゃらおかしい。
流行の最先端を行ってるならまだしも、ちょっと遅れて流行を追いかけ始める奴だし。
そもそも流行を追いかけてる時点で文学では無いしな。
エンターテイメント小説としても、独自性が失われて、しかも流行からも遅れてるとなったら致命的。
ドラマにしても一昔前から問題になってる家族崩壊を今更焼きなおしただけだし、最近出す本見ても全部そうだろ。
今更? って時期に政治について語り出したりする。
文章書きとしての才能はとうの昔に枯れ果ててるでしょ。
昔の財産で食ってるだけ。

101 :名無し物書き@推敲中?:01/12/18 14:40
ほげ

102 :名無し物書き@推敲中?:01/12/18 18:28
>94
笹沢さんちはカナーリ一族そろってお金持ちらしいよ。
コガラシモンジロウでも一度読んでみようか・・・と思い続けて早4年。

103 :名無し物書き@推敲中?:01/12/18 22:26
いや、池澤さんの『花を運ぶ妹』は
かなりすごいと個人的に思ったけどなあ…ダメ?

104 :名無し物書き@推敲中?:01/12/18 23:23
>99
映画は見ないからなー。ところで、君は芹沢光良をどう思う?

>103
まだ読んでない。「夏の朝」以外はウンコだったから、
それに期待してみようかな。

105 :名無し物書き@推敲中?:01/12/18 23:28
>104
芹沢光治良

106 :はやくも枯渇に怯えている駆けだし:01/12/18 23:44
まあ、なが〜くやっている人って多かれ少なかれイタイもんよ、
ドラゴンも野坂も....なんか乾ききった雑巾の如くで涙チョチョギレっす。
一方で、政治家やりながら「兄弟」とか書いて銭儲けした我等が藩主みたいなんは、
ちょっと好きになれん。

107 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 01:34
murakamiharuki

108 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 11:52
加納朋子って最近見ないなぁ。
すんげぇ好きだったのに。
北村薫に似てるっちゃ似てるけど、作りは別物だべ。

109 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 13:20
ワカサキ

週刊文春ベストミステリ2001で著作が5位
関係者に挨拶して回っていたらしい

110 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 13:41
>>100「希望の国のエクソダス」は結構面白かったけど?

111 :名無し物書き@推敲中?:01/12/19 17:04


112 :名無し物書き@推敲中?:01/12/20 02:31
>>100
悲しいほど単純な奴だな。

113 :名無し物書き@推敲中?:01/12/20 16:31
>>111誰?(w

114 :名無し物書き@推敲中?:01/12/21 16:31
age

115 :名無し物書き@推敲中?:01/12/23 12:31
最近の菊地秀行

116 :名無し物書き@推敲中?:01/12/23 16:36
>>115
最近?

117 :名無し物書き@推敲中?:01/12/23 20:47
高橋源一郎。どんどん馬鹿になる。

118 :名無し物書き@推敲中?:01/12/23 20:55
最初から馬鹿だったんだよ。あいつは。

119 :名無し物書き@推敲中?:01/12/25 16:07
age

120 :マックスウェバー:01/12/25 18:36
国民はそのレベルにふさわしい政治家しか得られない。
読者はそのレベルにふさわしい作家しか得られない。
俺はあいつが賞(塵芥賞だった?)を取ったときから
日本文学には興味が無くなった。
文学など所詮は出版社の金儲けよ。

121 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 01:14
あたりまえじゃん、そんなこと。
なに子供みたいなこといってんの?
金儲け=汚い、拝金主義とかそんな感じ?
浅っ! 幼稚っぽくて安心するよ。
癒されるワ俺、アンタ見てると。

122 :名無し物書き@推敲中?:01/12/30 14:16
age

123 :みんとぶるう:01/12/31 01:58
好き
群ようこさん・・・・文体とか読みやすくてすっと入っていけるから。
宮部みゆきさん・・・岡山人だし。情緒的な描写が。
梶井基次郎さん・・・高校の時に読んだ檸檬を、京都の大学入って読み直した

嫌い
田中芳樹・・・・・文章力とか作品の魅力はファンの多さや熱さからよくわかるし
         それを否定するつもりは微塵もありません。
         が。無関係に政治批判とか小説でしないで欲しいです。
         それならエッセー等ですべきだし。で、それが妥当なら
         芸風で済むけど、潔癖厨房の独善的かつ高慢な物言いに
         腹が立ちました。
         うまい例えが見つからないけど、運転手付きのベンツの
         車内から、水田で泥にまみれて必死に作業してる農民を
         汚いと嘲笑したり、貧乏学生が即席ラーメンで空腹
         しのいでるのを「健康上の害が」とチクチク非難する
         ような、「残酷なのでの苦労知らず、世間知らず」を
         感じるし本人自覚してないし。
         アンタそんなに偉いのかっっ!!(売れっ子だから
         偉いんだけどさそりゃ)

124 :名無し物書き@推敲中?:01/12/31 07:21
お、恩田陸が好きです……。光の帝国とか、そういうの。

125 :120:01/12/31 10:13
>癒されるワ俺、アンタ見てると。

癒されるねぇ…そんな恥垢のつきまくった言葉を
つかう奴が創作文芸で語るなよ

126 :名無し物書き@推敲中?:01/12/31 10:24
結局おまえら売れてるか売れてねえかで判断するだろ?

127 :名無し物書き@推敲中?:01/12/31 10:25
>123
田中芳樹の銀河英雄伝説は好きだけどなあ。
政治批評を小説でしちゃいけないって事もないと思うし。
っつーか、この作品の場合はそういった描写が大事だったし。
他の作品は、今の所ツマンナカッタけど。
総じて右寄りな方には嫌われるだろうな、とは思ったな。

128 :名無し物書き@推敲中?:01/12/31 12:33
右よりだけど、田中芳樹は好きだなぁ。
そもそも、銀河英雄伝説って超右翼小説だよ。
彼の左翼的言質、天皇嫌い発言はただ単に今の天皇が格好悪くてあまり優秀そうじゃないからだろう。
要するに、歴史を人物でしか見ていない。
しかし、司馬遼太郎もそうなんだから、
恐らくはそれも小説家にとっての非常に重要な資質の一つなのではないだろうか。
公平無私で健全な判断力の人間が書いた伝記、人物伝は面白くない。
同じ欠点を抱えていて、しかもより重度なのが塩野七生女史。
彼女の知識、知性の幅の狭さ、底の浅さはどうにもなぁ……

129 :みんとぶるう:01/12/31 14:56
レスありがとうございます。
>>127
無論、そんなルールもなければ、そのファンの多さや熱心さで
作品そのものの魅力は否定できませんし、僕も素直に『すごいなあ』
と思います。しかし、銀英はまだよくても、『創竜伝』はちょっと
ひきました。正直。というのがまあ、女友達にメチャ熱心なファンが
いて、貸してくれたのですが・・・・・・。
思想の左右とかというより、『どうしてこの人は二重構造とか、清濁
合わせ飲む柔軟性とか大人の知恵といったものが、年齢の割に
身に付けられなかったのかなあ・・・・』って。純粋さ、という言葉では
美化し切れない世間知らずさ、大人社会への認識の甘さを感じて、ある種
尾崎豊を連想してしまいました。
>>128
あ、勿論、『君主はカッコよくなきゃね』みたいなポリシーは感じるし、
共感はできました。無論、歴史畑にいたことに裏打ちされるというか、
強烈な趣味性、主観で描写する大胆さはむしろ痛快でありますし、彼の
執筆した歴史教科書などがあったらさぞかしエキサイティングだろうと
思います(検定は通らんだろうが個性的で面白いとは思う)。
でも『人間、そうはいかんのぢゃあ』とツッコまざるを得ないと思います
(ファンでも苦笑しつつ『リアルでソレやったら職場や社会で生きていけんでしょ』
ってツッコんだことはあるはず)。

130 :名無し物書き@推敲中?:01/12/31 17:00
塩野七生の著作は、最初から欠点を踏まえて読むのがいいよ。
例えば、日本語で書いている文に、英語や仏語の味わいを求めても無駄だよ。

131 :121:01/12/31 21:26
>>125
”癒される”お前にピッタリのチンカス臭い言葉だから
使ったんだよ! 現に釣られてんじゃねえか、アホ
今頃レスすれば見られねえとでも思ったか?

132 :名無し物書き@推敲中?:01/12/31 21:54
村上春樹はどう?

133 :名無し物書き@推敲中?:01/12/31 21:56
変に古い。普遍的なものを持っていないと思う。

134 :名無し物書き@推敲中?:02/01/01 14:02
>>132ね、ねじまき〜

135 :(゚д゚):02/01/01 15:00
ダメ、ていうか合わないのが辻仁成だなぁ。。
江國香織が好きなだけに切ない・・・

136 :名無し物書き@推敲中?:02/01/01 15:25
>>135そっかぁ
あわないってのもあるよな。

137 :名無し物書き@推敲中?:02/01/03 15:38
age

138 :名無し物書き@推敲中?:02/01/03 16:19
>チンカス臭い言葉

泥沼ですなぁ。

139 :名無し物書き@推敲中?:02/01/04 08:18
>>138はげすぃく同意(藁

140 :名無し物書き@推敲中?:02/01/05 12:20
age

141 :勉強中(M:02/01/05 20:35
きょう、新年初のブック・オフ行き決行、
あ行からなんとなくチェックしてみると、
秋元何某って作詞家系の文庫がすんげ〜いっぱいあった、
読んでないのにけちつけるのもなんだが、
「愛についてぼくが語ろう」とか
「恋がやっとわかってきた」とか
タイトルがイタ過ぎるっちゅーねん、
小遣い稼ぎのつもりなんだろうが、もうちょいなんとかならんかったか?
「....あ〜〜、川の流れのよ〜うに〜♪」
あの歌って名作...マジすか?

142 :名無し物書き@推敲中?:02/01/05 21:06
川の流れのよ〜に〜♪は名作だと思うねえ。
癒されるよ…。
ひばりちゃん、なして死んだか!おろろ〜ん。

143 :勉強中(M:02/01/05 21:22
ん〜、そうかなァ....
あれってあまりに企画っぽくねーすか?
歌詞そのものは
「...♪川の流れのよ〜に〜」
しか諳んじてはいないんだけれど、
感動するまえに周辺事情みたいなものに思いがいってしまう、
ま、「企画」でない流行歌って滅多にないんだろが、
ひばりについてTVで何かやると必ず
「♪あ〜川の.....」
って流れるじゃん、

それと、ひばりちゃんって他の追随を許さない唯一絶対の歌手ってことになっているけど、
おいら的には
ひばり<はるみ なんよ、
サラ・ボーン<エラ・フィッツジェラルドっていうか....

144 :名無し物書き@推敲中?:02/01/07 11:09
age

145 :名無し物書き@推敲中?:02/01/08 11:13
ここはいつの間に美空ひばりのスレになったのだ?(藁

146 :名無し物書き@推敲中?:02/01/09 19:44
美空ひばりは「悲しい酒」が好きだ。

147 :名無し物書き@推敲中?:02/01/09 19:49
ひばり<はるみ<<<<北原ミレイ(謎
なかにし礼は終わってるのか?と話題を戻そうとしてみる。

148 :名無し物書き@推敲中?:02/01/09 19:54
>1
村上は春樹のほうが全然ダメだろ。
ダントツでダメなのは桜井亜美。やっぱコネでデビューしたやつは後が
続くわけねえな。でも、人気あるんだよな。よくわかんね。

149 : :02/01/09 21:36
田口ランディって何で売れているの?

150 :くろとしろ:02/01/09 21:49
派手だから。

151 :名無し物書き@推敲中?:02/01/09 22:01
ムラカミリュウハクロイドラエモン

152 :名無し物書き@推敲中?:02/01/10 19:41
age

153 :名無し物書き@推敲中?:02/01/10 19:58
宗田治を読みながら、頭痛くなった。
ここでは存在自体無視されてるんだろうけど、あえて云う。
「13歳の黙示録」。……20年書いてて、アレですか?

154 :名無し物書き@推敲中?:02/01/10 22:13
そんなん一杯いるって
桜井亜美…登場人物の名前からしてだめ。
     やったらブランド固有名詞もやめて。
     ミウミウやらヴィヴィアン・タムとか好きなのは分かったから
     あの作品がSF? どこが?
     あ、でも文庫のカバーとかの写真は好き。モデルさんが。
桐生操…って言うか、この人って作家?
    「本当はこわいグリム童話」でメジャーになったけど…
    「私って〜、おフランス帰りで〜ソルボンヌなんか出ちゃって〜
     あふれる教養〜?困っちゃう〜!!隠そうとしても隠せないのよね〜
     この描写どう〜? 色っぽくって〜 感じちゃうでしょ〜??」
     完璧な自慰作品だな。
     拷問シーンもベットシーンも情緒のへったくれもない。
     倉橋由美子の「大人のための残酷童話」を読んだ後だっただけによけい幻滅。

まだ一杯いるけどね。
       
      

155 :名無し物書き@推敲中?:02/01/10 22:18
加門七海
あの文章は読んでいるだけで本を叩き付けたくなってくる。

白倉由美
小説をなめとんのか!

156 :名無し物書き@推敲中?:02/01/10 22:42
>155
白倉さんは独特の味があってイイ(・∀・)!と思うのは漏れだけか?
・・・・・・漏れだけかな。
スマソ、逝ってきます。

157 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 00:29
>>156
本の読み方、捉え方なんて人それぞれなんだから気にすることはない。
というわけで逝く必要ないよ。

158 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 00:34
桐生操はな〜。
童話の残虐性なんて、昔っから指摘されてることなのに
まるで自分が気付いたかのように書くのはやめれ。
そもそも話自体が面白くないし…

159 :名無し物書き@推敲中?:02/01/13 12:47
>>158どうい〜
童話はホラー仕立てに慕って童話のままなんだ。だからコメディーにするととたんに面白くなる。
ぶっちゃけ、シュレックとヵ。

160 :名無し物書き@推敲中?:02/01/18 17:21
age

161 :名無し物書き@推敲中?:02/01/24 17:52
村上龍あげ

162 :名無し物書き@推敲中?:02/01/24 18:19
さくらももこ

163 :名無し物書き@推敲中?:02/01/24 20:04
>81
池澤のエッセー=反日文学
米軍、ヤマトがきらいなら
カシミールにでも逝け

164 :名無し物書き@推敲中?:02/01/26 18:13
辻も龍も引退しろ。
変な文学の流れ作りやがって。
俺がデビューしたら潰す!

165 :名無し物書き@推敲中?:02/01/26 18:34
西村京太郎。
正直、この作者が書く話のどこが面白いのか
分からない。
ひょっとしてたまたま面白くない話にあたったのかも知れないが。

166 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 17:11
>>162同意!!(藁


167 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 17:47
>>162
さくらももこは作家のうちに入るのか?

168 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 19:05
辻人成
辻人成
辻人成
辻人成
辻人成
辻人成
辻人成
辻人成
辻人成
辻人成
辻人成
辻人成
辻人成
辻人成
辻人成
辻人成




169 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 19:43
>>168
チミは文学板からやってきたのか?
辻は発言とか見ると確かにアレだけど(でも『文学は俺が』発言はボクサーの
ハッタリみたいなもんだと思えばそんなでもないような)、なにか単純にバカ
にできないものを感じるんだな。ピアニシモしか読んでないが、設定はともか
く何故か知らないけど読める。本が手元にないので具体例はあげられないけど、
伝言ダイヤルでのやりとりなど、今の出会いサイトの問題にも通じる部分が
あったりして頷かされるような感じだ。突っ込みがもう少しあればと思うのだ
けど、作風からしてあの程度に留めているのは仕方のない事かも知れない。
それよりも、辻よりクソなのが多いので大して気にならないというのもある。
日野啓三なんかはホントに酷いと思う。特に「夢の島」には閉口させられた。
ゴミの島は、実は本当に夢の島なんだよなんて単純な発想は恥ずかしくないの
だろうか。どれだけ酷いのか体験しようと思って読んでみて、もう懲りた。
みんなも一回読んでみるといいと思う。ホントに酷いから(w

170 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 09:06
age

171 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 18:33
猪瀬直樹。

勘違いもいい加減にして欲しい。
嘘っぱち論文で小泉を持ち上げて気をよくさせて、
ちゃっかり政界入りした元全共闘。
文章も自己満足が随所に表われていて、ナルシスト度は高い。駄作ばかり。

172 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 19:16
小池真理子はどうでしょう?
オレ、中学の同級生なんだ。
オレの方が国語出来たのにな・・・・。

173 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 20:02
>168
そもそも、字が違う。×辻人成→○辻仁成
首つっておいで。

174 :172:02/01/30 23:34
オレ、彼女に何の恨みもないんだけど、
彼女が高橋和己の文庫の解説書いたのは許せないんだ。

175 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 23:51
なんで?

176 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 09:40
オレが高橋和己に思い入れがあるからに決まってるだろ。
高橋和己はオレのもの、小池真理子如きに何が分かるっていう、
まあいえば嫉妬かな。

何度もいうが、オレ彼女に悪い感情は何にも持ってない。
きれいだったし、性格良かったし。


177 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 15:20
age age

178 :Sandy:02/02/03 15:41
♪私と一緒にお小遣い貰いませんか♪
私はここで毎月、大好きな温泉代を稼いでいます。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/1642/

ここでお待ちしてま〜す。

Sandy

179 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 18:58
>176
小池真理子って、いい作家だと思うよ。
初期よりずっと面白い作品作ってる。
同じ軽井沢の内田康夫はだめーーー

180 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 20:17
篠田節子はどうだろう。俺は好きだが。

勘弁してくれって思うのは、石原慎太郎とか。
まあ、時代が違うっていえばそれまでだし、もう作家というより政治家だからな。

あ、村上龍はけなされることが多いが、嫌いではない。特に好きでもないが。

181 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 20:31
>>182
激しく同意!

182 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 20:34
中谷彰宏

183 :Ms.名無しさん:02/02/03 20:56
>>100
>そもそも流行を追いかけてる時点で文学では無いしな。

流行を消化しているならね。
鈍感なやつほどこのセリフいいたがるけど君は大丈夫?

184 :wildcat:02/02/03 21:43
渡辺淳一

確かにデビュー当時の作品はすごかった。
でも、途中から作品に深みもキレもコクも
なくなってしまった。
 今やただのエロ作家。

37 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)