5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【俺を】  感動させてくれ!!!

1 ::01/11/19 07:49
ここ数年感動する事が減ってきました。
感動できる話・フカーク考えさせられる話。
下さい。

コピペでもなんでも。

2 ::01/11/19 07:51
最近2ちゃんで見かけた中では、こんなのとか。コピペ↓

次のような銀行があると、考えてみましょう。
その銀行は、 毎朝あなたの口座へ86,400ドルを振り込んでくれます。
同時に、その口座の残高は毎日ゼロになります。
つまり、 86,400ドルの中で,あなたがその日に使い切らなかった金額はすべてなく
なってしまいます。
あなただったらどうしますか。
もちろん、毎日86,400ドル全額を引き出しますよね。
僕たちは一人一人が同じような銀行を持っています。
それは時間です。
毎朝、あなたに86,400秒が与えられます。
毎晩、あなたが上手く使い切らなかった時間は消されてしまいます。
それは、翌日に繰り越されません。
それは貸し越しできません。
毎日、あなたの為に新しい口座が開かれます。
そして、毎晩、その日の残りは燃やされてしまいます。
もし、あなたがその日の預金を全て使い切らなければ、
あなたはそれを失ったことになります。
過去にさかのぼることはできません。
あなたは今日与えられた預金のなかから今を生きないといけません。
だから、与えられた時間に最大限の投資をしましょう。
そして、そこから健康、幸せ、成功のために最大の物を引き出しましょう。
時計の針は走り続けてます。今日という日に最大限の物を作り出しましょう。

1年の価値を理解するには、落第した学生に聞いてみるといいでしょう。
1ヶ月の価値を理解するには、未熟児を産んだ母親に聞いてみるといいでしょう。
1週間の価値を理解するには、週間新聞の編集者に聞いてみるといいでしょう。
1時間の価値を理解するには、待ち合わせをしている恋人たちに聞いてみるといいでしょう。
1分の価値を理解するには、電車をちょうど乗り過ごした人に聞いてみるといいでしょう。
1秒の価値を理解するには、たった今、事故を避けることができた人に聞いてみるといいでしょう。
10分の1の価値を理解するためには、オリンピックで銀メダルに終わってしまった 人に聞いてみるといいでしょう。
だから、あなたの持っている一瞬一瞬を大切にしましょう。
そして、あなたはその時を誰か特別な人と過ごしているのだから、十分に大切にしましょう。
その人は、あなたの時間を使うのに十分ふさわしい人でしょうから。
そして、時は誰も待ってくれないことを覚えましょう。昨日は、もう過ぎ去ってしまいました。
明日は、まだわからないのです。
今日は与えられるものです。
だから、英語では今をプレゼント(=present)と言います。
今週は、ナショナルフレンドシップ週間(友情の週間)です。
友だちはとても貴重な宝石です。
それは、あなたに笑顔と、成功するための勇気を与えてくれます。
それは、あなたのことを聞いて、あなたを誉めて、あなたへ心を開いてくれます。
だから、あなたの友達に、どれほど心に留めているかを示しましょう。
このメッセージを、あなたが友達だと思う人に、送りましょう。
そして、もしこのメッセージが戻ってきたら、あなたは友達の輪を持っています。
素晴らしいナショナルフレンドシップ週間(友情の週間)になるように祈っています。

3 :名無し物書き@推敲中?:01/11/19 07:57
(゚д゚)ウマー

4 :名無し物書き@推敲中?:01/11/19 10:38
 裕美という女の子がいました。僕も彼女も高校生でした。裕美はとても美しい少女でした。
けれども、あんまり笑わない女の子でした。いつも何だかつまんないなあ、っていう顔をしていたのです。

 初めて彼女のうちへ行ったのは夏休みだったと思います。裕美はパウンド・ケーキを焼いてくれました。
 ケーキを食べながら僕たちは映画の話だか何だかをしていたのですが、不意に彼女が言いました。
「あのね。ケーキの中に棲んでいる虫を知ってる?」
「なんだい、それ」
 時々裕美は冗談なのか何なのか判らない不思議なことを言い出すことがありました。
「ケーキの中にはね、虫が棲んでいるのよ。全部のケーキじゃないんだけれど、何十個か何百個かの中には確実にいるのね。
でねえ、その虫は人間に食べられるのをじいっと待っているの。その虫を食べた人は、不幸になるの。とっても不幸になるの」
 僕は目の前の皿を見つめながら訊きました。
「このケーキはどうなんだろう」
 すると、裕美はくすくすと笑って、
「それはわたしにも判んない」
 やっぱり、何だかつまんないなあ、の顔のまま、でも声だけは、くすくすと笑ってそう答えました。
 僕は大袈裟に深々と頷いて、
「ううん。それは危険だ。危険だから、ケーキを食べずにパンを食べよう。でも、むしパンだけは止したほうがいいな」
「それ、最高につまんないよ」
 裕美はほんとうにつまらなさそうな顔のまま、それでもクククッと笑いました。

 それからも彼女のうちへは何度か行きました。
 裕美と僕は、映画の話だとか、小説の話だとか、音楽の話だとか、そういう埒もないことばかりで時を過ごしました。
 裕美を初めて抱いたのも彼女のうちでした。
 時分どきに訪ねたのですが、
「今日、両親ともいないのよね。でもおなか空いてるんだったらカレーならあるよ」
 僕たちは向かい合ってカレーを食べ、食べ終わると彼女はまた「今日、両親ともいないのよねえ」と繰り返しました。
そのあとすぐに「ありがちな科白よね」と付け加えました。
 僕は彼女にキスをしました。それから「新発売カレー風味です」と言いました。彼女は怒った眼で「こんなときは冗談言わないの」と僕を睨みました。
 ほんとは、僕はどきどきしていたのです。こんなことは初めてでしたから、冗談でも言わないといられないくらいどきどきしていたのです。
裕美はこんなことは初めてじゃないようでしたが、それでもやっぱりひどくどきどきしていました。
 それから長いながいながい間何も喋らずに、じいっと手をつないでいました。

 裕美が突然いなくなったのは、本当に空の青い冬の晴れた日です。裕美のお母さんが棺にすがって泣いています。
映画を観ているような、現実感に乏しい記憶です。
 浴槽の中で両の手首を剃刀で切ったのだそうです。遺書はありませんでした。
 だから理由は判りません。その頃の裕美を思い出しても、全然そんな素振りなんかなかったし、
逆に、何をしでかしても、いつ死んでも、ちっとも不思議じゃないようなところもありましたし。
 でも、どちらかというと僕にはこんな風に思えるのです。裕美のことだから、
「浴槽の中で手首を切ると、お湯が真っ赤っかに染まって、それはさぞかし綺麗なんじゃないかな。きっと素敵だわ」
なんて思いついて、思いついたらさっそく何とはなしに試してしまった。それだけのことじゃなかったのかな。そう思うのです。
あるいは、そう思いたいのかも知れません。
 今でもときどき裕美の夢を見ます。夢の中の彼女は何故か十二歳くらいの少女になっています。
十二歳の裕美は一面に咲き乱れる蓮華草の原っぱにしゃがんで、本当に楽しそうに、僕が実際には見たことがないような屈託のない笑顔で笑っています。
そんな屈託のない笑いは多分もっとずっと歳をとってしまうとできないものなのでしょう。だから裕美は小さな女の子として現れるのだと思います。
 僕は、甘いものをあまり食べません。それでもときどきケーキなんか食べるとやっぱり裕美を思い出すことがあります。
彼女が言っていたケーキの虫とやらを僕はもう食べてしまったのでしょうか。自分ではよくわかりません。
 今日、パウンド・ケーキを久しぶりに食べてまた、裕美の事を思い出しています。

5 :1:01/11/19 18:10
>>4
コピペですか?
こういうのは、けっこう好きです。

6 :名無し物書き@推敲中?:01/11/19 18:16
>>2
どっかで見た事あるな、と思ったら、ろじぱらの奴じゃねーか。

7 :名無し物書き@推敲中?:01/11/19 20:22
>>1
ちとこわかったけど、これ。



不思議なこともあるんだね。私の中に、>>1と同じ人がいるんだ。
それで、時々しゃべったりもするんだよ。あっちへ行けとか、ここから飛び降りろとか。

うるさいなあ。私は、私の自由にするんだ。 あんたなんかの指図は受けないよ。

電車に乗ると、こいつは特にうるさいみたいなんだ。
しゃべっている女子高生の前でオナニーしろとか、ムスコをあそこに突っ込めとか。

やりたくなるけど、やらないよ。

こいつ、特に女子高生が嫌いみたい。
でも、わたしには分かるんだ。きっとこいつは、女子高生になりたくて仕方ないんだなって。

いやな奴。でも、どことなく憎めない。私は一生こいつとつきあって生きて行くんだろうね。

8 :1:01/11/19 22:18
>>7
ちょっと難しいなァ。
話の内容わかるんだけど、結論が出ない感じで。

2ちゃんには名文多いけど、情報多すぎて自分で消化しきれない
ことが多いいです。すぐ忘れちゃう。・・・モタイナイ。

9 :コピペ:01/11/19 22:27
>>1
アラスカには、ガソリンスタンドが少ない。
いったん街から離れると次のガソリンスタンドは100km以上先だったりする。
僕の借りたレンタカーは、まだメーターでは半分ぐらい残りがあるようだったが
念のために入れておくことにした。

スタンドは、プリペイド式だった。自分が何ガロン入れたいかを決めて
先払いをし、その分だけガソリンが出てくる仕組みだ。
ところが、ガロンとリッターの換算がよくわからないし、だいたい自分の
借りている車がどれぐらいガソリンが入るのかもよくわからないのだ。

通じない英語とさらにわけのわからないスケッチで説得し、特別に
満タンになるまでガソリンを出してもらうことに成功した。

一直線に伸びる道が地平線へ消えている。
行き先は、まだ見えない。

10 :名無し物書き@推敲中?:01/11/20 13:56
地球村が元ネタらしい。



もし、現在の人類統計比率をきちんと盛り込んで、全世界を100人の村に縮小するとどうなるでしょう。
その村には……
57人のアジア人、21人のヨーロッパ人、14人の南北アメリカ人、8人のアフリカ人がいます。
52人が女性です、48人が男性です、70人が有色人種で、30人が白人。
70人がキリスト教以外の人で、30人がキリスト教。
89人が異性愛者で、11人が同性愛者。
6人が全世界の富の59%を所有し、その6人ともがアメリカ国籍。
80人は標準以下の居住環境に住み、70人は文字が読めません。
50人は栄養失調に苦しみ、1人が瀕死の状態にあり。
1人は今、生まれようとしています。
1人は(そうたった1人)は大学の教育を受け、そしてたった1人だけがコンピューターを所有しています。

もし、このように、縮小された全体図から私達の世界を見るなら、
相手を在るがままに受け入れること、自分と違う人を理解すること、
そして、そういう事実を知るための教育が如何に必要かは火をみるより明かです。
また、次のような視点からもじっくり考えてみましょう。
もし、貴方が今朝、目が覚めた時、病気でなく健康だなと感じることができたなら
貴方は今生き残ることのできないであろう100万人の人達より恵まれています。

もし貴方が戦いの危険や、投獄される孤独や苦悩、或いは飢えの悲痛を一度も体験したことがないのなら……
貴方は世界の5億人の人達より恵まれています。

もし貴方がしつこく苦しめられることや、
逮捕、拷問または死の恐怖を感じることなしに教会のミサに行くことができるなら……
貴方は世界の30億人の人達より恵まれています。

もし冷蔵庫に食料があり、着る服があり、頭の上に屋根があり、寝る場所があるのなら……
貴方は世界の75%の人達より裕福で恵まれています。

もし銀行に預金があり、お財布にお金があり、家のどこかに小銭が入った入れ物があるなら……
貴方はこの世界の中でもっとも裕福な上位8%のうちの一人です。

もし貴方の両親がともに健在で、そして二人がまだ一緒なら……
それはとても稀なことです。

もしこのメッセージを読むことができるなら、
貴方はこの瞬間 二倍の祝福をうけるでしょう。
何故なら貴方の事を思ってこれを伝えている誰かがいて、
その上貴方はまったく文字の読めない世界中の20億の人々よりずっと恵まれているからです。

11 :男性フリーター:01/11/20 15:45
匿名だから何とか言えることだが、俺はこの間、スーパーのレジで1000円余計におつりを返された。
慣れないおばさんが列をなした客に慌てたのだ。
俺はニッコリ返した。
この話、誰にもしていない。ここが初めてだ。
これが俺の匿名だから平気で言えることだ。

12 :1:01/11/20 20:00
>>9は俺にでも情景が目に浮かんできていいですね。
 文学として考えるとやはり、ガソリンスタンド=○○と
 とらえて、考えるのが正解なのかなァ。

>>10は、雑学的と言うか、知識が身に付く感じっすね。
 こんな考え方は、自分で思い浮かぶ事はまず無いので、
 読めた事が有益だと言えます。

>>11こういうのは素直にほっとできます。実生活の中での
 感動できる実体験(ありそうな事も含め)は、文章にしても
 ダイレクトに伝わって好きです。
 このスレ好きです。 生活版より↓
 http://life.2ch.net/test/read.cgi/kankon/999233156/l50

自分の実体験から生まれる感動と、文学から感じ取る感動は、別物のような
気もするんだけど…。文学から感じられないのはおれの読書量が足りないのか、
想像力とか感受性が乏しいのだろうか…んん。

13 :名無し物書き@推敲中?:01/11/20 20:11
ごめん、一晩考えたけど、>1を感動させるような文章、俺には考えつかないみたいだ。
sageるね。

14 :名無し物書き@推敲中?:01/11/20 20:11

            >>1気にするな,おっちゃんが抱きしめちゃる!
             \_ _________________/
                V
    (ヽ               /⌒ ̄二⊃
   / \         ∧_∧ /   /(
   (/^\ \ _    (´Д` (   __\
        \_ ̄⌒       \ \\\ヽ
            ̄ ̄|      / ̄\ \ヽ ヽヽ
        ___/    /     \)ヽ ヽ ヽ
       (  _       )         \))~
       \ ヽ ̄ ̄\  ヽ
         \ ヽ   \  ヽ
          ヽ  )   \ \
           ヽ (     \ ヽ
             `し.      \ \
                      ヽ  )
                       ヽ (
                         `し

15 :名無し物書き@推敲中?:01/11/20 20:43
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|  ここで感動して! |
|_________|
  ∧_∧ ||
 ( ´∀`)||
 /   づΦ

16 :名無し物書き@推敲中?:01/11/20 21:33
オカ板よりコピペ

ジェリーが大人になった頃トムはもうこの世にいませんでした。トムは自分の命の終わりがすぐ傍まで来ているのを知ったとき、
こっそりジェリーの前から姿を消しました。ジェリーの前で弱って涙もろくなった自分を見せたくなかったのです。
トムはジェリーの心の中ではずっと喧嘩相手として生きつづけたかったのです。
トムがいなくなったのに気づいたときジェリーは悲しみはしませんでしたが、退屈になるなと思いました。
トムとの喧嘩は最高にスリルのあるゲームでしたから。胸の奥が不思議にチクチクはするのですが、それが何なのか、
ジェリーにはよくはわかりませんでした。トムの願い通り、ジェリーの心の中でトムはいつまでも仲の悪い喧嘩相手でした。
そんなある日ジェリーの前に一匹の猫が現れました。トムよりのろまで体も小さい猫です。喧嘩相手のトムがいなくなって寂しかったジェリーは、
今度はこの猫を喧嘩相手にしようと考えました。そこでジェリーは、穴のあいた三角チーズが仕掛けられたねずみ取りを利用して、
その猫に罠をかけることにしました。いつもトムにしていたように。
ジェリーは物陰に隠れて、ねずみを求めて猫がねずみ取りの近くに来るのを待っていました。そして思惑通り猫が罠に向かって近づいてきます。
ジェリーはしめしめと思いました。いつものように、自分がねずみ取りにひっかかるふりをして、逆に猫をねずみ取りにかけてやるんだ。
うふふ。手か尻尾を挟んだ猫の飛び上がる姿が頭に浮かび愉快です。
でも、その猫はトムではありません。猫はチーズの近くまで来たとき、ジェリーが出てくるより早く美味しそうなねずみの匂いに気づき、
目にもとまらぬ速さで隠れていたジェリーに襲いかかってきました。ジェリーはいつもトムから逃げていたように逃げましたが、
トムよりのろまなはずの猫にすぐに追いつかれてしまい、体をガブリと噛まれました。ジェリーも噛みつき返しましたが、
トムより体が小さいはずの猫は平気です。
血まみれのジェリーは薄れ行く意識の中で、本当は鼠が猫と喧嘩して勝てるわけがないことと、いつもトムはジェリーに「してやられた」ふりをして、
わざとジェリーを捕まえないでいたことを、そのとき始めて知ったのです。トムの大きな優しさと友情に気づいたのです。
そしてトムがいなくなった時の胸の奥のチクチクの正体にも気づきました。かけがえのない友を無くした悲しみでした。
ジェリーの魂が体を抜けた時、空の上には優しく微笑みジェリーを待っているトムがいました。
「また喧嘩ができるね」
「のぞむところさ、今度こそは捕まえてやるぞ」

17 :1:01/11/21 04:18
>>16
オカ板らしいっすね。
アニメだったら感動的かもしれないけど(血とかリアルにしないだろうし)
こう文章だと、チョトむごいですね。

バイト終わり書きこみ。まだageで…

18 : :01/11/21 07:58
>>1
愛してる
愛してる
愛してる
ルルルルルル・・・・

19 :名無し物書き@推敲中?:01/11/21 10:24
>>1
さぁ
ふくふくじん
それ
ふくふくじん
すーみかーら
すーーみまーで
ふーくふくじん

さぁ
ふくふくじん
それ
ふくふくじん
すーみかーら
すーーみまーで
ふーくふくじん

さぁ
ふくふくじん
それ
ふくふくじん
すーみかーら
すーーみまーで
ふーくふくじん

20 :ランボー ◆k/HXSl7w :01/12/14 14:33
ぶりりん ぶりりりりん びり ばり  ぼりぼりぼりぼりぃいい
あたし・・うんち・・うんちが もっもうだめだ!!!!離れて離れて!!
出ちゃう出ちゃう ぶひゃあ うっひょーーー ああアアアアaaaaaギズモa ageageageaaaaaえおあだオヒャクショウ.comボサノバ ブルリラ ブルリラ ウヒョホイ 0だべさアアア
ライブライブライブジュバンジュバンボボンボンボンbン
ジュダンヅジュダらるくあんしぇるンハアアはあbがあああああああ
おさえられない!!! はっはっは・・・ はhさん発射してしまうおぐあgyばっかさんはっははっははは じゅぱあ うっしゃあぁぁぁああ
お願い あっちいってて!!!!!!もう ぶひょしゃっは熱っ!!熱っ!!熱っ!!
デミぐらスソースばっはぁぁ−ウだあああ sfdsage kaaaぼっひゃん sひ ジュンバラボヘミアンbさdkブヒブヒjばあッひゃひゃひゃララボン!!bakaかジュビロ
ブリブリ!!! ハhジメマシテ!!!ブリブリ!!デューダデューダンサバデン ベンツbイチバンボシsひゃはははは
まじ!まじうんち・・うん子迫ってくる!!! ジャノメミシンふ(笑)うはああああ
わああアアア ヒコーキグモがばっはやああああ
すげええええええ すげえええええええええええ
肛門が…ボッカン ボッカン!!! イイワアアア おkおk!!ひょしゃっ じょ ミウだああ
だっふぁコイケええああっはははひゃひゃhyたs
こーモン…ブルブルしてるわ… おまえあっちいけ!! うぎきゃあチュッパッチャップス ああげうげkj ブリブリブリィィィ ムニャムニャモニョモニョバリバリ・・・本当にもうだmてえ。。
げぎゃああぎゅりわーーあお oh osだfだh だfだoh yeah・だふぁシャランQがjかjがはっはぶりぶりぶらいああらタイソンsがっはがっふぁん
ブリバリボリボリボリあああ かぐyあひめぁぁだっはあ ナマチャ!! ナマチャ!!!!ガッシャアアン
ブロンボン ぼばん ぼばんnだが そgんごはんブアバhシャアア ガダルカナルタカあおgjどあえああ
じょぼじょぼじょぼハシモトじゅばじゅばモグ゙モグモグ16+ ジュシャアアアア
ヤベエエエエエーー出まくってるぅぅ ミルミルミル!!! ムリムリムリィ・・・・・・・!!!!!!!!!
うぎゃああああああああ いてえええ バレるぅゥウウウウ
ksdじゃんあケツ見んなーアァッッァア  あっちぃぃぃぃぃ
あぼん ぶぼん ぶばんあブババババアバ ユワアッシャアアアアァァァァ
モリモリモリ・・・・!!!!!! くせえええエェェェェ くせえぞこりゃあぁぁぁ
ばおぶあじょjだシャバダハディバ゙ジゅ  おぱ゚アアアアアアアアあああああ       

21 :名無し物書き@推敲中?:01/12/14 23:39
>>20

 ________
〈 ドウモスミマセン
 ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (´Д`;)ヾ
   ∨)
   ((
 

22 :名無し物書き@推敲中?:02/01/05 17:27
どうかな?

23 :<、`∀´>:02/01/22 22:19
ウリナラの文学に感動しる!

24 :名無し物書き@推敲中?:02/01/23 18:00
ほれっ。
http://www2.yi-web.com/~moji/tora/an/antho2.cgi?action=html2&key=20020120142144

25 :1:02/02/07 09:39
Dragonballの魔人ブウ→チビブウと戦闘ブウ どっちが強い?

魔人ブウは

・最初のデブブウ
・デブブウを吸収した戦闘型体型の戦闘ブウ
・デブブウを引き剥がされて本来の状態に戻ったチビブウ

大きく分けて、この三段階に分かれるが
DBの議論になるとすぐ、戦闘ブウとチビブウで
どっちが強いか?の解釈がまっぷたつに分かれる。
ある人は「戦闘ブウのが強い」といい、ある人は「チビブウのが強い」という。
完全に真逆で対立しているのだが。
あなたはどっち??

    
さあ!!議論はこちらで!!↓

DBの魔人ブウ→チビブウと戦闘ブウ どっち強い?
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1013014577/


26 :名無し物書き@推敲中!:02/02/11 09:30
おんぼろな掘っ立て小屋が崩れた。
生き埋めにされたのは、大きな白い子犬。
あまりに成長し過ぎた子犬が、掘っ立て小屋には収まりきらず、ついには中から崩れたのだ。
瓦礫からはみ出た白い子犬の大きな背中が、赤く染みこんで染まっていく。
白い子犬、たちまち赤い子犬になった。
絶え絶えに、小さな声が、かすれていく。
おんぼろな掘っ立て小屋が崩れていた。
生き埋めにされていたのは、大きな赤い子犬。
駆けつけ助けた主人の手が、べっとり赤い手に染まろうと、気にせず子犬を抱いてやる。
パリパリ乾いたかさぶたが、ボロボロ零れて落ちていく。
赤い子犬、だんだん白い子犬になった。
途切れ途切れに、小さな声が、ないていた。
おんぼろな掘っ立て小屋が燃えていく。
共に焼かれているのは、大きな黒い子犬。
黒い子犬、また白い子犬になったよ……。

27 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 18:40
nakazawadesu

28 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 19:58
泣いた

29 :名無し物書き@推敲中?:02/04/02 04:49
泣ける2ちゃんねるでも見てれば
http://members.tripod.co.jp/hiroshu29/index.html


30 :名無し物書き@推敲中?:02/04/03 00:53
なける

31 :名無し物書き@推敲中?:02/04/03 02:40
孤児だったんだよ、俺。
小学校上がる頃にある地方名士の、
屋敷の使用人として引き取られたんだけど、
そこに意地悪姉弟がいて毎日イビられた。
姉弟の従兄弟で、俺を庇ってくれるお姉さんとか、
謎の夜鷹とか、優しい人たちも居たけど、
とにかく辛くて苦しい日々だった。
挙句の果てに姉弟に泥棒の濡れ衣を着せられて、
タコ部屋に売り飛ばされる寸前だったのを、
一族の大奥様が何故か俺を養子にしてくれた。
人生で一番幸福な毎日だった…

それからお姉さんが事故で死んでしまったり、
都内の名門校に入学させられたり退学したり、
記憶を失った夜鷹の世話をしたりと色々あったけど、
何故か急に大奥様が、例の俺を苛めてた姉弟の、
姉の方と結婚しろと言い出した。
俺と結婚できないと自殺するとか言ってるらしい。
どうしてなのか、俺はあの姉なんか大嫌いなのに。
俺をタコ部屋行きから救ってくれた大奥様は、
人の気持ちを大切にしてくれる人だと尊敬してたのに…

側近が言った「大奥様に会ってきなさい」

俺、今、大奥様の居る別荘に向かってます。
初めて会う大奥様、いくら感謝しても足りない大奥様。
一体どんな人だろう。大奥様は、どんな人なんだろう…

32 :名無し物書き@推敲中?:02/04/03 09:52
傷だらけの天使


33 :名無し物書き@推敲中?:02/04/03 10:41
させられません。
なぜなら、自己満足の塊だから。
他人がどうなろうと知ったことじゃない。

34 :名無し物書き@推敲中?:02/04/03 10:51
女連れ込んで馬鹿騒ぎして、カード使いまくって自己破産しれ。

35 :名無し物書き@推敲中?:02/04/05 04:28
age

36 :(*゚ー゚)Cさん:02/04/05 18:42
かんどうさせられねえよ……親兄弟でもねえんだから……

できれば妹(or姉)のカラミ付きで感動できる奴キボソ。



37 :名無し物書き@推敲中?:02/04/05 18:43
グラビアアイドルになれ。

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)