5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「AIR」考察スレッド Ver4.0 SP6a

1 :名無しさんだよもん:2000/11/07(火) 20:28
発売日延期延期で僕らの夏は終わらない〜。ながらも
9/8にはようやく待ちに待った大気の下へ。

発売日から結構経ちましたが、いまだに評価は賛否両論なAIR。
さらに感想や考察を語り合ってみましょう。

前スレッド↓
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=973171826&ls=100

2 :名無しさんだ!:2000/11/07(火) 20:32
電撃姫読んだけど麻枝って萌えは重要だって思ってるんだね。
ついでに自分がそれが足りない事も分かってるみたい。

3 :名無しさんだよもん:2000/11/07(火) 20:32
考察しませう。

4 :名無しさんだよもん:2000/11/07(火) 20:34
絞殺しませう。

5 :名無しさんだよもん:2000/11/07(火) 20:36
電撃姫インタビューは前の前のスレであらかた抜粋してくれた人が居たので助かった。
結局全部読みたくなって買ったけどね。

音楽についての話とかアドベンチャーゲームの利点とかも面白かったよ。
後半ずっと選択肢無しが続くのはちょっと良くないと思ってたみたい。

だーまえは「ゲーム性を取るかシナリオを取るかと言われたら、僕はシナリオを取っちゃいます」とも言ってたけど(笑)

6 :名無しさんだよもん:2000/11/07(火) 21:19
>>4
不覚にもワラタ

7 :名無しさんだよもん:2000/11/07(火) 21:22
>>5
ゲーム性を取った例がまじアン。

8 :名無しさんだよもん:2000/11/07(火) 21:59
       Λ_Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (´∀` ) <がぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ
    ⊂    つ  \_____________
     ( (  (
     (_(_)  バビューーーン
   @`‐' ⌒  ̄⌒⌒ヽ_____
  ( (    ⌒‐ ――――
   ヽ、_ニ___@`/


9 :名無しさんだよ:2000/11/07(火) 22:04
ご、悟空さ!!


10 :うぐ宮あう:2000/11/07(火) 22:07
>8
慣性の法則を再現した耳の位置に高い写実性が窺える非常に質の高いAA

…シナリオも とり方一つで どーにでも 

11 :名無しさんだよもん:2000/11/07(火) 22:08
悟空ぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!

12 :名無しさんだよもん:2000/11/07(火) 22:23
ナッパと裏葉はちょっと似てる。

13 :名無しさんだよもん:2000/11/07(火) 22:34
せっかくの考察スレが・・・

14 :うぐ宮あう:2000/11/07(火) 22:38
裏葉という名から、一葉と諸葉を思い出しました。
ところで、ホントに亜美ちゃんの作者なの?64の作者って。

15 :うぐ宮あう:2000/11/07(火) 22:53
>>2さんのご意見を受けてちょっとだけネタ振り。

個人的には、AIRの「萌え」の要素は麻枝氏本来の持ち味ではなく、
久弥氏のものを消化不良のままマウントしたがために、
キャラクターに妙な違和感を感じている人が出ているのだと思いますが、いかがですか?

16 :名無しさんだ!よもん:2000/11/07(火) 23:04
その通り。
麻枝は無理して萌えを追求しなくてよい

17 :名無しさんだよもん:2000/11/07(火) 23:07
>>15
それはいえると思う。
あの表現は合う雰囲気、といったものが要求されるし。
やはり久弥を侮ったんだろう。

18 :名無しさんだよもん:2000/11/07(火) 23:12
麻枝の作風をマスターしたつもりになったんだろうな・・・
そこまで実力ないのに・・・

19 :名無しさんだよもん:2000/11/07(火) 23:14
>>18
??? どういう意味?

20 :名無しさんだよもん:2000/11/07(火) 23:15
>>18


21 :20:2000/11/07(火) 23:15
か、かぶってしまいましたのであります。

22 :名無しさんだよもん:2000/11/07(火) 23:32
どーでもいいが、SP6aって何さ?


23 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 00:00
Windows NT Ver4.0 のサービスパック(SP)6.0aにひっかけたのでしょう。

24 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 00:40
ほたるちゃんはきてないの?
誰かあの不可解な存在を考察してくれ・・・単なる釣り師?

25 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 02:22
KANONは麻枝の企画をまねようとして失敗。
Airは久弥の萌えをまねようとして失敗。

26 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 02:27
一回過去ログまとめてみたいねぇ。


27 :大学生:2000/11/08(水) 02:31
>>26
冬休みに入ったらやってみるよ。遅すぎかな?

28 :26:2000/11/08(水) 02:54
そんなこと無いですよ、また冬休みまでに新しい考察があるかもしれないし。
どんな感じでまとめます?
やっぱり、いくつかに項目を分けて主要の意見をまとめる感じでしょうか…

29 :大学生:2000/11/08(水) 02:57
>28
>いくつかに項目を分けて主要の意見をまとめる
そんな感じになりそう。

30 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 02:59
大学生うらやましい!
誕生日交換しようぜ!

31 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 06:35
考察まとめは、謎解きメイン? 内容評価メイン? どっち?

32 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 06:39
>>31
謎解きメインもいいかもね
『ラストの少年の正体は?』
みたいに項目分けして、出てきたいろんなパターンの意見の中から
それぞれの意見でもっともらしいのを参考として上げていけば、面白いかも


33 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 08:05
内容評価はやめてほしい。
頭悪い奴が書き込んでくるから。

34 :ここってネタバレOKだよな?:2000/11/08(水) 09:47
今クリアした。まあ、よかったと思う。だけど、期待したほどじゃなかった。
10日ほどかけてやったせいかAirシナリオの展開に付いていけなったのが痛い。
それから難解だったと思う。やってる時はあんまり意味わかんなくて
終わってから、頭ん中で整理してようやく分かった気がする。
俺、読解力ないんだろうかとブルーになった。
ついでにあんまり感動できなかったから感性も鈍ったんかってブルーになった。
それで、ちょっと訊きたいんだけど、なんで観鈴は最後消えるって言うか
空に帰らなきゃならないの?観鈴のあるはずのない痛みは翼人に受け継がれてきた
記憶が過酷で、それに人の体が耐えられなかったからなんでしょ。
(Summerで語られた怨念だとかあるいは神奈が空に帰ってから見つづけた悪夢だとか)
で、最後は主人公や晴子の努力で観鈴の記憶は幸福なものになったんでしょ。
それなら、消えなければならない理由がないと思うんだけど。
それから、みんなファーストプレイの段階で
俺みたいに終わってから整理したって言うんじゃなくて話についていけた?
いや、単に俺が馬鹿なのか、話の展開に無理があったのか分からないから。
ああ、なんか長文。な上に文脈を完全に無視したレス。…ブルーだ。
まあ今クリアしたばっかで一種の興奮状態にあるから勘弁して。

35 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 10:06
>>34
ごめん、ちょっと意味不明。
観鈴は死んだのだから空に還るという描写がなされたのでは?

彼らには過酷な日々を、
だけど星の記憶を担う最後の子にはどうか幸せな記憶を。
(本文ちょっとうろ覚え、スマン)
あのエンディングの子供二人がこれからの幸せな物語を
築いていくんじゃないのかなあ。

36 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 10:25
>>34
幸せな記憶を空に返さないといけないから。


37 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 11:55
【】「そうだね…」
【】「じゃあ、その前に確かめにいこうか」
【】「ん? なにを?」
【】「君がずっと確かめたかったこと」
【】「この海岸線の先に、なにがあるのか」
【】「わたし、そんなこと言ったっけ…」
【】「言っていないかもしれない。でも、そう思ってると思ったんだ」
【】「そうだね…確かめてみたい」
今なら、その先に待つものがわかる。僕らは。
振り返ると、堤防の上にひとがいるのが見えた。
男と女。
男は眠っているのか、顔を伏せて座っていた。
その横で女のひとが、起きるのを待っている。
そんなふうに見えた。
女の人が僕らに気づき、手を振っていた。
僕は手を振り返す。
彼らには、過酷な日々を。
そして僕らには始まりを。
下ろした手を固く握る。
【】「じゃ、いこうか」
彼女が先に立って、待っていた。
【】「うん」
【】「この先に待つもの…」
【】「無限の終わりを目指して」
ただ、一度、僕は振り返り呟いた。
その言葉は潮風にさらわれ、消えゆく。
【】「さようなら」

38 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 11:57
>>37だけでも1000いくぐらい考察可能だぞ。
貴様らちゃんとやれ。

39 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 11:59
>>38
誰に言ってるの?

40 :大阪:2000/11/08(水) 12:04
>俺は持っていたバッグの中を漁ってみる。
>出てきたのは、地図と石鹸とタオルと歯ブラシと剃刀。それに下着の着替え。

これだけで1000回くらい考察可能やんなぁ

41 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 12:06
頭は石鹸で洗ってるってことか…

42 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 12:14
【知徳】「あのお方を、高野の僧たちは不老不死と信じておりました」
【知徳】「高野秘伝の封術(ふうじゅつ)によって無理に生き長らえさせていたものを、不老不死とは…」
【知徳】「愚かなことです」
神奈の母君のことを、知徳法師はまるで知古であるように語った。
【知徳】「あれほどの呪いを身に受け、比丘尼どのはさぞ無念でしたでしょうな…」
【裏葉】「呪い…でございますか?」
【知徳】「本来、翼人とは無垢な魂を持つもの」
【知徳】「それがいつからか、戦の道具として人に囲われてきたのです」
【知徳】「不本意に為したこととはいえ、殺めた亡霊はすべて比丘尼どのに群がります」
【知徳】「人の身であればたやすく朽ちる呪いも、翼人の御身にはただ蓄えられるばかりとなりましょう」
母君の言葉が思い出された。
『この身はすでに穢(けが)れています』
『我が身には決して触れず、ここに、捨て置きなさい…』
【柳也】「…翼人とは、なんなのでしょう?」
知らず、そんな問いが口をついていた。
【知徳】「たしかなところは、拙僧にもわかりませぬが…」
【知徳】「翼人は夢を継ぐと伝えられております」
【知徳】「それゆえに、無垢なものなのだと」
法師の答えは謎かけのようで、俺にはよくわからなかった。
無垢な魂を持つもの。
そして、夢を受け継ぐもの…。


43 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 12:20
知徳と八百比丘尼は付き合ってたらしい。

44 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 12:22
>42
最後の二行だけで十分じゃねえか。でも着眼点はいいな。
翼人ってのは人間のプリミティブな部分を象徴的に表したものと取って良いのか?
例えば人間の子供のような無垢な存在として。
夢を受け継ぐってのは子供が親から記憶を受け継ぐということをあらわしてるんだろうな。
37はどうよ?

45 :>:2000/11/08(水) 12:26
でも最後に出てきた子供ってやっぱり伏線としては
晴子が保母として面倒見てる子であるっていう解釈は全然アリでしょ、
となると晴子にとってみすずが子供として唯一の存在であるっていうのと
なんとなく矛盾してくるんだけど逆に晴子にも幸せを、
と考えたら晴子がそうは思ってなくてもやはりあの子供二人は
あの二人の何かであるとは考えていいと思うんだよね
(付け加えるならこの二人が誰なのかに答えがあるとは思ってない、もちのろんで)

46 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 12:30
hotaru.m78.com/to/d/link2.htm
関係ないけどかなり良いSS見っけた。柳也カッコエー

47 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 12:40
>45
ストーリー的にはそういうのは全然ありだと思うよ。

48 :>41:2000/11/08(水) 12:51
髪の毛ごわごわになるけど頭皮洗えるからはげない利点がある

49 :大阪:2000/11/08(水) 18:27
ほたるちゃん今日は来ないんかなぁ

50 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 18:38
来ないんかなぁ→来ぃひんのかなぁ
の方が関西弁っぽくていいかも。ちなみに私、生粋の三河っ子。

でさ、「海岸線の向こう」って、「空と海と大地の接合点」でいいの?

51 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 18:48
>50
最初に逆の表現があったね

52 :34だけど:2000/11/08(水) 19:15
>>35
つまりね、観鈴が死んで空に帰ったことは分かったんだけど
なんで死ななきゃならないのかが分からないってこと。
>>42がわざわざ引用してくれて恐縮なんだけど
【知徳】「不本意に為したこととはいえ、殺めた亡霊はすべて比丘尼どのに群がります」
【知徳】「人の身であればたやすく朽ちる呪いも、翼人の御身にはただ蓄えられるばかりとなりましょう」
ていう風に、つまり翼人には呪いがかけられていて、
神奈は最後の翼人であるがゆえに、言ってみればリレーのアンカーみたいなもので
誰にも記憶を渡せずに延々その呪いの記憶ゆえに苦しみつづけるわけでしょ。
ちょっと話ずれるAirシナリオのクライマックスの観鈴の消滅シーンで
晴子をゴールに設定する場面があるけど、これってリレーのアンカーたる観鈴が
辛い記憶を背負って1000年旅をしてきたけどそのゴールってことなんだろうな。
んで、その記憶は辛いものだから、夢を見て過去を思い出すと同時に
あるはずのない痛みを感じ、大切な人までも忘れて、最後の夢をみた朝…
なわけで、主人公が死ぬのも、つまり観鈴と親しくなることで
(つまり親しくなるって言うのは自分の内面をある程度共有するってことで)
それゆえ、観鈴と親しくなる(観鈴の内面を共有する)ってことは
過酷な記憶をも共有するってことで主人公はそれに耐えられず
逃げたしたり、あるいは最後は死んでしまうわけじゃない。
つまり観鈴や主人公を転生云々は別にしてとりあえず死に至らしめたのは
過酷な記憶ゆえじゃない。
これが最後には幸せな記憶になったのになぜ死んでしまうのか?がわかんないだよね。
だってあるはずのない痛みなんでしょ?
幸せな記憶に変った時点で観鈴の苦しみは実体のないものになるはず。
>>36
この解釈は読んだ瞬間なるほどって思った…けどやっぱりよく考えると弱い気がする。
別に返すのは今じゃなくてもいいじゃないと思うから。
観鈴が婆さんになるまで生きてその後、幸福な記憶を空に返すんでもいいんじゃないか?
観鈴が子供のまま死んでしまうのは辛い記憶に人の体が耐えられなかったからで
だけど、最後に晴子が「あんた、いまがおって言わんかったな」
って問いに「いつまでも子供じゃいられないから」って言うけど
がおっていうのは観鈴が子供のままであることの象徴みたいな言葉だったわけだけど
記憶が幸福なものに変わったわけで、だからこそ観鈴は
「がお」の子供から大人になれたわけじゃない。
つまり、「永遠に子供のまま大人になれずに死んでしまう」
ならしめてた記憶が幸福なものに変わったから。
つまり観鈴が大人にはなれないから死ぬって言うのも的外れで
やっぱり観鈴が死ぬことの説得力が弱いんだな…
観鈴の死はラストで絶対絶頂に外せない要素なのに、死ぬことに疑問を挟みながら
ラストを迎えた為に、あの最後のゴールのシーンでも違和感が残って
感動しきれなかったんだな。
はあ…そんなわけで誰か観鈴の死を説明してくれえ。
もし良い説明があったら俺が読解力ない大馬鹿者だったってことで一件落着だし。
それから転生云々だけど、俺も転生だと思う。
理由書きたいんだけど長くなっちゃったしまた今度。
長文ごめん。ほんとにごめん。書いてたら途中で止まんなくなった。


53 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 19:49
翼人の転生先の人間が若くして死んでしまうのは、
翼人の記憶の量の膨大さに人間のキャパが耐えられないから、
って書いてなかったっけ?

54 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 20:06
柳也】「しかし、神奈はいつか地上に降りてくる」
【柳也】「人として輪廻転生すれば、呪いもそこで終わるはずだ」
【裏葉】「翼人と人は、異なるものでございます」
【裏葉】「神奈さまの魂を人が宿すことは、小さな器に海の水を移すようなもの」
【裏葉】「注ぎおわるより早く、器は割れてしまいましょう」
【裏葉】「神奈さまの魂は、癒される間さえなく輪廻に戻りましょう」
【裏葉】「それに…」
【裏葉】「この先神奈さまが地上に降りられることがあるとしても…」
【裏葉】「早くともそれは、百年ものちのことでございます

55 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 20:22
呪い
・翼人を空に留めた方術(100年で朽ちた)
・心を通わせる者を死に至らしめる
(代々の方術士と往人が解いた)
でいい?

56 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 20:42
>55
神奈の心を打ち砕く呪い(幸せな記憶を届けることで解消?)

57 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 21:21
観鈴(?)の記憶って幸せなのか?
…凡人から見ると非常に不幸なような気がするが。(w

58 :大阪:2000/11/08(水) 21:22
ありがとやー>50
でも私のんは関西弁や大阪弁やのぅて、“大阪”弁やねん
まだ未熟な所も沢山あるねんけどな

59 :ほたるちゃん:2000/11/08(水) 21:51
こんばんはーっ♪
突然ですが、観鈴ちんが死んじゃったのって
お坊さんの呪いのせいなんですか?
全然関係無いけど、裏葉さんも好きでーす♪
裏葉さんって一番顔が崩れてないですよね?
観鈴ちんのイベント絵って酷い気がします、、、

60 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 23:09
>59
観鈴ちんが死んじゃったのは、翼人のせいだと思いますよーっ。

61 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 23:38
このゲームやってて一番印象に残るのって
「幸せ」でも「家族愛」でもなくて
「業」なんだよねー。

子孫代々運命を背負わせたりよー

62 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 23:58
「家族」が大切だということを言ってるだけで
家族とは「何か」ということについては深くは触れていないよね。

63 :名無しさんだよもん:2000/11/08(水) 23:58
>61
柳也殿はちゃんと翼人のことは忘れて
自分自信のための人生を生きてもいいと言っているぞ。

AIR編にたどり着けるのは、自らの意志で
観鈴と一緒に生きることを選んだ奴だけのはず…

64 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 00:00
>家族とは「何か」ということについては深くは触れていないよね。
そりゃ、言える。
麻枝は「カレカノ」でも見て研究すべきだ。


65 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 00:02
>>61
往人の家系の「空の少女を捜せ」は「業」とはいえんよ。
捜さなくっても何にも困らねえもん。むしろ、そんな戯言が
千年も伝承されてきた方が不思議。百年ならまだしもさ。
観鈴のはまあ「業」かな。でも、空の少女の悲しみが解けようが
解けまいが、どっちにしても観鈴死んじゃうってあたりが、
「業」というより、単に傍迷惑なだけっていう気もするね。

66 :63:2000/11/09(木) 00:21
まあ、神奈のほうはねえ…
まさか転生やめろと言うわけにもいかないだろうし…

それに、観鈴は翼人に殺されたっていう解釈をよく見かけるけど、
なかに入っているのが翼人の魂だからこそ、観鈴はあの観鈴なんだ
と思うんだよなあ。

つまりは、たまたま早死にしやすい体質の体で生まれてしまったっ
ちゅうことになるんだろうか…
難儀なキャラクターや。

67 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 00:27
>>66
観鈴=神奈であろうとなかろうと、
人という器の中に、翼人の魂が入りきれなかったのが死因。
体質というと、なんか語弊があるぞ。

観鈴=神奈かどうかってのは、ここでははっきりとした結論が出ていない。
一般的な話の転生ではそうだが、
AIRではそうではないと思われる描写が見られた。だから俺は違うと思う。

68 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 00:33
>>65
だけど、もしかしたら千年の間代々ずっと同じ経験をしてきたのかもしれ
ないね。往人と観鈴のように。そして往人ママが往人に話したように。
だとするとそれは千年前の話ではなくなるんだよな。伝承もされよう。
>>34
確かに理不尽だ。ただ助かるという話は全てが憶測なんだよね。夢を見終
わったら解決するって約束もないし。それは観鈴の予想でしかない。
なんかめっちゃネガティブな結論を見つけちゃったんだが、実は観鈴達は
「救い」に失敗しているのではないか? 観鈴の最後に見た夢は悲しい夢
だった。救われるのなら悲しくはないんじゃなかろうか?
観鈴は「自分にできることは全部やった」けどゴール(あきらめ)して無
限の空へ帰って行った。「空にはまだ少女がいる」(ウロ覚えだがそらの
言葉)
しかも最後の少年の言葉。
「今なら、その先に待つものがわかる。僕らは。」
「今なら」「僕ら」は。
つまり他のヤツはダメだったってことじゃないのだろうか?



69 :63:2000/11/09(木) 00:36
>67
その描写が書かれている部分をアップキボーンだ。
すごく気になるぞ。

70 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 00:40
>>68
>観鈴の最後に見た夢は悲しい夢だった。
>救われるのなら悲しくはないんじゃなかろうか?

最後の夢が幸せな夢ではなく悲しい夢だから、転生と悲劇は繰り返される。
そこに観鈴の「幸せな記憶」で終わりを締めくくって、助かるんじゃないか?
「最後の子には、幸せな記憶を」ってあったはず。

71 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 00:42
やはりこの作品最大のテーマは「どうにもならない やるせなさ」だったのでしょうか?


72 :52だけど:2000/11/09(木) 00:43
>>53-55
あああ!そうか!別に観鈴は翼人の記憶が過酷だから
死んでしまうんじゃなくて、単に人間の体(あるいは精神力)が
翼人の記憶を支えきるだけのキャパシティーがないから死ぬんか。
…なるほど。納得。「謎は全て解けた!(びしっ)」
ていうか、納得した上で言わしてもらうと、まあ理解はできるけど
人間の体は翼人の記憶を支えきれないから死ぬっていうのは
ややこじつけっぽいな。とにかく、最後には泣いてもらわなくちゃならんから
なにがなんでも観鈴には死んでもらわな、という製作者の意図になんだかなと思う。
なにはともあれ、謎は解けました。皆様どうもありがとう。
これで今日は安らかに眠れます。ていうかお馬鹿な俺は永遠に眠ってよしですね。
単に俺の理解力がしょぼかっただけというのが見事に実証されました。
ぶい!…というわけでお馬鹿な俺は逝って参ります。
お馬鹿なおつむには過酷な日々を そして僕(限定)には氏を
さようなら

73 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 00:53
>>69
アップしろといわれても…。
一番感じたのは「あなたには、あなたの幸せを」のところ。
あれは神奈と観鈴の会話だと思う。
でもそう思わない人もいる。

そもそもこの話では魂とは何か、全く触れてないからね。
1つの人格を1つの魂とするのか、魂は融合分離できるのかとか。
その辺の定義をはっきりさせないから、困惑するんだよ。

74 :68:2000/11/09(木) 00:54
>>70
だが、だったら何故記憶を届けた後も空に少女は残ってるんだ?
助かったなら空の少女は解放されているはず。しかも無限の中にいる
という。
それに生きることを自分からあきらめた者の記憶が幸せだろうか?
柳也が死ぬビジョンを見つづけている神奈にとって、ゴールするため
に「人間としての往人」が消滅した観鈴の記憶は慰めになるのだろうか?


75 :68:2000/11/09(木) 01:01
>>73
あの会話が神奈と観鈴だとすると、空の少女(神奈)は解放されて星に
帰ったということになる。
するとそらの言ってることが意味不明。
代わりに観鈴が残ってしまったとか?

76 :70:2000/11/09(木) 01:05
>だが、だったら何故記憶を届けた後も空に少女は残ってるんだ?
その辺を指して、「そらが記憶を届けに旅立った」からその後消える、という人もいる。
俺は、「観鈴」という「人の魂」が混ざった影響だと思う。

>生きることを自分からあきらめた者の記憶が幸せだろうか?
>観鈴の記憶は慰めになるのだろうか?
この辺はもう、個人の価値観だよ。
ただ観鈴にとっては生まれて初めて、神奈にとっては1000年ぶりに
たとえ一瞬でも「本当に幸せな場所」を手に入れたときの喜びは、
計り知れないものだと思う。

「往人を失ったこと」については、その是非、意義、プレイヤーに与える結果にいたるまで
過去ログで延々と語られてるから、自分で検索してくれ。
(俺もここはAIRの欠点のひとつだと思う)

77 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 01:08
>>68
俺も>>70と同意見。
やっぱり最後は幸せになったんだと思うよ。
ただ、あなたが実は失敗したんじゃないかって言いたくなる気持ちは
よく分かるんだよね。
>>71も書いてるみたいにハッピーエンドというには
あまりに切ない、やるせないエンドなんだよな。
それから>>63−64あたりに家族が大事だとは言ってるけど
実際のところそんなに家族愛を描いているとは思えないって意見が
あるけど、大賛成。なんかこのゲーム、家族愛、家族愛と言われた割には
家族愛の描写が甘い気がする。神奈が母探しをしようとする
動機付けも甘いし、観鈴は孤独から脱けでたい、
誰かと仲よくなりたいって望んでいたわけだけど
それがなんで友達(作中で「友達になりたいな」は多用される)
でも恋人(一応ギャルゲーだ。恋人の優先順位は普通に考えれば高い)
でもなく家族でなくちゃならないのかがよく分からない。


78 :70:2000/11/09(木) 01:11
ちと訂正、1行追加
>俺は、「観鈴」という「人の魂」が混ざった影響だと思う。
ともかく少しくらいタイムラグがあってもおかしくないのでは?
純粋に、演出の順番だと思うが。

79 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 01:11
人間の魂+翼人の記憶=翼人
星に帰ったのは翼人の記憶。
翼人−翼人の記憶=人間の魂

80 :70:2000/11/09(木) 01:12
2行だっタ。スマソ。

81 :68:2000/11/09(木) 01:14
ふむー、ライター自身が話の整合性が取れなかったって言ってるし、
論理的な考察は無理なのかもなー。
オレはもともとそらが補完して呪いが解ける派だったんだが、観鈴の
ゴールの理不尽さを考えると最後の「彼らには過酷な日々を」がその
ままの意味に取れちゃったもんだからな。
つじつま合っちゃうし。
でも、これが正解だったら、そんなゲームつくるやつ人間としてヤバ
すぎだよな(笑) ありえんか。

82 :70:2000/11/09(木) 01:19
>>81
>「彼らには過酷な日々を」がそのままの意味に取れちゃったもんだからな

そのまんまの意味だと思う。2人とも死ぬし。
あれは要するに、自分たちは「もう」往人と観鈴じゃない。
「往人と観鈴」が幸せになることはない。
ただもう運命の外側にいるんだ、そして幸せになるんだってことを
示したかったんだと思うが。

83 :68:2000/11/09(木) 01:29
>>82
なんか「どちて君」みたいでレスするのに気がひけるんだが(笑)、なら
どうして彼らは「無限の終わりを目指して」行くのだろう。
観鈴と往人が無限を終わらせているのなら、彼らにとってはそれは過去の
もので目指すものではない。
はじまりだけが待ってるはずなんだが。
無限の終わりを託されたのは往人ママ→往人も同じなんだが。


84 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 01:32
>どうして彼らは「無限の終わりを目指して」行くのだろう。
言葉的に格好いいから使っただけだったりして
どうにでも取れるしねえ。


85 :68:2000/11/09(木) 01:34
あ、しかもみんなプレイヤーとして往人だったワケで、母親の話を思い出した
時、「オレならこの無限を終わらせられるな」って思ったと思うんだ。
でも終わらなかった(笑) まさかだよね。
それも妙に自身マンマンなガキとシンクロして意図的なものさえ感じるのだが。
実はガキ達も無限の中にいるのかもしれない(笑)

86 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 01:34
>>83
「無限の終わりを目指して」の訳
・神奈はまだ助かってない。だから救って輪廻の終わりを目指そう。
・神奈は救われた。だから(本当の望みである)2人の幸せな一生を最後まで終えよう。

(少なくとも)2通りのどちらともとれる。
君はどっち? 俺は後者なんだが。


87 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 01:36
で、なんでみんなsageで書いてるの?

88 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 01:38
>>82
あー、俺もそう理解した。

89 :68:2000/11/09(木) 01:39
>>86
オレの中の純粋な心は最初から後者だと言ってたんだ(笑)
観鈴と往人が死を持って次の世代に幸せを残してくれた…と。

だけどひねくれたオレは言うんだ。終わりがまだ来てないってことは
神奈は助かってない。観鈴と往人は犬死だったと…(笑)

90 :70=86:2000/11/09(木) 01:41
だったら聞くなよ(笑)。

91 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 01:45
…答えのない真実を探して。(藁

92 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 01:45
>>83
無限の終わりって逆に言えば無限に終わらないってことだろ。
つまり単にこれからも転生を繰り返して行くってことじゃないのか?
勿論、みすずとは違って幸福な魂を持ってだけど。
>>81
まあそうだと思うよ。だけどやっぱ…痛いな。
なんて切ないんだろ。やたらと奇跡おこされるよりかはいいとしても。

93 :68:2000/11/09(木) 01:50
>>90
スマソ(笑)
だけどやっぱ観鈴のゴールって自分から生きることを諦めてるんだよ。
そうすっと救われる必然性がなくなっちゃうと思うのよ。
アレが徹夜の限界でもう寝るしかなかった、ってのなら仕方がないのだけ
ど、最後の夢を見た以上前の日はホントに寝てたワケで寝たら死ぬという
呪縛は解けてた。がんばれば本当に晴子が言うように楽しい暮らしが待っ
てたかもしれない! それを観鈴は自分から諦めてしまったんだ!

って熱く考えてたら救われない話もアリかな…と思いました(笑)

>>87
わかんないけど、みんなサゲてるから合わしてるんだよね。

94 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 01:52
無限ってなによ?

95 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 01:53
>>94
リヴァイアス

96 :68:2000/11/09(木) 01:54
>>92
それだけならば終わりを目指す必要はないからな。
逆に幸せなら終わりを目指しちゃダメだ!(笑)

97 :70:2000/11/09(木) 01:54
>前の日はホントに寝てたワケで
寝とらん寝とらん。暇な時にもう一度やり直しを進める。

98 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 02:02
>>93
アレは寝たふりしてただけです。

99 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 02:03
>>37の考察頼むよ。なんでもいいから。

100 :68:2000/11/09(木) 02:04
>>97
いや、オレもそう思ってたんだよ。晴子を安心させるためにタヌキ
寝入りしたんだって。でも、そうすると最後の夢をいつ見たのかが
問題になる。徹夜してたのは最後の夢を見て死なないためだし、こ
の後寝れるのはゴールした後。
しかもデタラメかと思った晴子に話した夢はエンディングで出てく
るんだよ。
で、確認のためにやりなおすと「わたし、寝てた」って話す前のリ
アクションは「ついネットやってて気付かないうちに寝ちゃったぜ!」
って時のオレと同じなんだ。
も1回やってみ?

101 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 02:07
>>99
過去を捨てて未来をめざすんじゃないの?
そしてそこから幸せな記憶が始まるとか…。

102 :>>99:2000/11/09(木) 02:14
>>37
前半はどうとでもとれる。

「無限の終わりを目指して」
>>92 あたりの解説じゃだめ?

さようならは往人&観鈴に対して。

103 :68:2000/11/09(木) 02:28
>>99
マジな考察もできることを見せとこう(笑)
少女は神奈(観鈴)の転生、少年は往人の転生。
確認してないのだが、前半は神奈の海に行きたいっていう願望のことじゃ
ないだろうか? だが、既に神奈は記憶を帰して解放されているため翼人
のようには転生先の少女に記憶は残らない。だから少女には言った記憶は
ないが、深層心理には残っていた。
少年はすべてを知ってる。登場シーンがプレイヤーの視点を思わせること
から往人→そら→少年という転生だろう。
「過酷な日々」とはそのままプレイヤーが体験したこと。
「僕らにははじまりを」は幸せのはじまりの意。
「さようなら」は往人としての思い出、往人と観鈴、永かった無限の呪い
に「さようなら」だと思う。


104 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 02:35
>>103
概ね同意。こういう多義的な言葉の使い方(さようならね)
はしびれるねえ。
だけど「前半は神奈の海に行きたいっていう願望のことじゃ
ないだろうか?」だけど神奈海行きたいなんて言ってたけ?
むしろそれなら観鈴の海に行きたいじゃないか?
ていうか、「この海岸線の先になにがある?」ってどういう意味だと思う?


105 :68:2000/11/09(木) 02:40
>>104
神奈も行ってたよ。行って鮑とかいっぱい食べたいって(笑)
観鈴の海の願望は神奈の願望のプリンティングだと思う。
海岸線ってのはオレも思い当たるところがない…。
だからとりあえず簡単に海へ行く願望ってことにしてるんだけど。
意味はあると思うけど、も1回やってみないとなんともいえない。
(該当するキーワードがないとすれば海岸線ってのも「行きつく先=終
 わり」って象徴だと思う)


106 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 02:43
>>104
確認してないけど、柳也が神奈に海というものを説明してるシーンがあったような。
で、神奈の願い(祭り・海に行きたい)は後々の少女の深層心理に焼き付いているよう。
確か、先代の少女も海に行くことを望んでましたし。

107 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 02:53
海ってもろに母親のイメージじゃない?
だから観鈴も神奈もそこに行きたがったと。
で、最後のシーンになるまでなかなか海の絵が出てこなかったりするのでは?

108 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 03:00
>>105-106
なるほどね。でも神奈の海に行きたいは
やっぱそれほど深い意味を持ってるとは思えないな。
せいぜい鮑食いたいだとか祭りと同列の「行きたい」だろ。
みすずの強烈な海へ行きたいって願望と比べると相当落ちるね。
だからやっぱ>>37は神奈じゃなくてみすずの海に行きたいだと思う。
で、『該当するキーワードがないとすれば海岸線ってのも
「行きつく先=終わり」って象徴だと思う』だけど、
これはかなり説得力のある解釈だね。
これだと無限の終わりとしっくりリンクするな。



109 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 03:08
ああ遺憾。もっかい読まな阿寒…。テキスト、抜くか??

110 :68:2000/11/09(木) 03:11
>>108
いや、アレは神奈以外では考えられないよ。というか、観鈴は海には行こうと思
えば行けるんだよ。近いから(笑) それが出来なかったのは呪縛があったと見
るべき。で、それは神奈の呪縛。
神奈はSUMMERシナリオでは結構ノーテンキに見えるが、あれは何も知らな
いピュアな状態だっただけのこと。純粋にすっごく海に行きたかったんだと思う
よ。好きな人とね。
でも後から自分が一人ぼっちから抜け出したがために周りの人達が災難にあって
いくのを見るワケ。そして自分が人と触れ合ったことがトラウマになる…と。
それが顕著になるのが観鈴のキャラクター。癇癪もそうだし、「一人で遊んでれ
ばよかったんだ…」ってのは空にいる神奈の気持ちも同じ。
なんか話ズレちゃったけど、不幸になってしまった分、単に好きな人たちと海に
行くことがとてつもない幸せになってしまったのだと思う。

111 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 03:11
>109
www.ngy.3web.ne.jp/~myakita/
ここにいくよろし

112 :でもやっぱりAIRつまらん:2000/11/09(木) 03:12
海と空が等価ってsummerかどっかで出てきてたんで、海は空のもう一つの姿と考えていい。
んでもって無限の終わりとして目指すのは、海の向こうでも山の向こうでもなく
海岸線、すなわち海(=空)と大地の境界、その向こう側だ。
つまり無限に続くのは海岸線、空と大地ということになる。
そして彼らが目指すのはその向こうにあるもの。
そう考えると、AIRにおける空と大地の扱いを考慮すれば
「無限=輪廻=記憶の継承=人の営み=生きることそのもの」
そして
「無限の終わり=生のend(終着点)にしてその向こうにある究極のend(目的)=本当の幸せ」
というのが浮かんでくると思うのだが。
輪廻=記憶の継承つーのがAIRの妙なところなのでお気をつけを。
ちなみにEDで美鈴/往人と少年少女が同じ時間にいるが、場所はそれぞれ
堤防・砂浜と分かれてるので、これも象徴と考えた方が多分分かりやすいだろう。
言うまでもなく海側と大地側ね。そして堤防上にいる美鈴達を最後に振り返り、
「さようなら」。はいおしまい、パチパチ。

113 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 03:15
>>112
それだけ理解できて、なぜつまらんと言う結論になるのかが判らん。

細かいけど美鈴→観鈴ね。

114 :でもやっぱりAIRつまらん:2000/11/09(木) 03:18
ああ、ちなみに「彼らには過酷な日々を、僕らには始まりを」ってのは
goodとbadを組み合わせてますが、単なる言葉の綾で言ってることは同じです。
生は死なり、死は生なり、始まりと終わりは等価なりっていう、例のアレ。
なんつったって輪廻ですし。

115 :でもやっぱりAIRつまらん:2000/11/09(木) 03:29
>113
あゆ原理主義のKanon信者なんで。基本的に夢見気質なんですわ。
AIRはSFちっくな翼人や地球規模のの大風呂敷、あと「青空」に
代表されるくどい演出が好きになれなくて。
んじゃおやすみなさいです。

116 :109:2000/11/09(木) 03:37
>>111 ありがとーありがとー(T_T) どっから探そうか途方に暮れてたところさ・・・。


117 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 03:43
>>115
俺、センスオフやった時に同じこと思った。

118 :68:2000/11/09(木) 03:46
う〜ん、哲学みたいなのよくわからんのだが、結局永久ループってこと
かい? この世だろうとあの世だろうと。
だとすれば、つじつまは合うんだけどいいのかソレ?(笑)

119 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 03:47
おお、112いい感じじゃん。
>「無限の終わり=生のend(終着点)にしてその向こうにある究極のend(目的)=本当の幸せ」
ここだけちょっと違くない?
本当の幸せは無限の終わりにあるんじゃなくて
「無限の終わりを目指すその過程=生きることそのもの」の中にあるという
話でしょ。AIRは。
本当の幸せが求めても得られないという理解だと、死ぬほど絶望的じゃないか?

120 :でもやっぱりAIRつまらん@そろそろ寝ます:2000/11/09(木) 03:56
>119
あ、向こうにあるってのは「決してたどり着けない」と言う意味じゃなくて
生という無限を超越、あるいは包括したものと言う意味です。

121 :68:2000/11/09(木) 04:04
くわーっ、わからん!
119のだと理解できるんだが、120のだとAIRは結局どういう話に
なるんだ?
教えてくだされ。

122 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 04:05
>120
了解っす。
あとですね、超ドキュソな意見で申し訳ないんだけど、
細かい設定置いといて、(星の)記憶を受け継ぐ行為そのものが生きるということだと
考えられますよね。
で、観鈴の受け継いできたものはラストの子供たちに受け継がれたと
考えていいですよね。
最後に観鈴は星の記憶の担い手としての役割を終えたと考えられるけど、
それはやっぱ死んじゃったという理解以外の余地は無いと考えてますか?
AIRは奇跡の存在を否定してるんですかね?

123 :AIRはSF要素があるから:2000/11/09(木) 04:14
76>だが、だったら何故記憶を届けた後も空に少女は残ってるんだ?

ガイシュツだったらすみません。

ラストで空を飛んでいる翼人の少女って
地球という星に縛り付けられていた呪縛が解けて
「新しい星の記憶」をつむぐためにこれから歴史がはじまる
『新しい星』に転生したというふうに受けとめられませんか?
地表が原始時代っぽいですし、地球の過去に転生してまた輪廻する考えかたより、
物語の中で語られている翼人関係のキーワードをメインに考えるとね。

幸せな記憶を持って空に還った観鈴が「最後の子」だとしたら
もう翼人の存在(記憶やしがらみ全部も?)は「この星」では
使命を果たして「空(ほかの場所・星・新しい歴史)に去った」
と思ってもいいんじゃないでしょうか?


124 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 04:20
星の記憶って、何の意味があるのかなぁ?
観鈴達の物語が終わった後も、星は生き続けると思うのに…
というわけで、AIRのラストを含めて自分なりに考えてみた。

星の記憶とは、翼人が見てきた「星の歴史そのもの」である。
翼人は星の記憶を絶えず見続け、最後の翼人はそれを最初の翼人の元へと届ける。
最初の翼人は受け取った記憶と共に星に返る(星の記憶をリセットする)
そして、最後の翼人は新たな「最初の翼人」となって、自分が見てきた
星の記憶をその子孫に伝え、再び「新しい星の記憶=歴史」を作っていく。
つまり、翼人とは歴史の監察官で、星の記憶を返す度にその記憶から
歴史の間違った歩みを見出し、新たによりよい歴史を作ろうとしているのではないかと。
もちろん、今まで作られてきた歴史も互いに干渉せずに続いて行くわけですが。

125 :68=76:2000/11/09(木) 04:29
>>123
つまり観鈴が空の少女を解放するのではなく、そらが行くことによ
って解放が開始されたということですね?
他の星へ転生というのはおもしろいですが、たしかCGのシーンは
記憶を帰しに行くところだったような…。その後としてなら語られ
る部分もないような気がしますしいいと思います。

126 :63:2000/11/09(木) 04:29
うーん、盛り上がってるねえ。

>122
奇跡の存在を否定はしてないと思うけど、
それ自体に価値はないのだという見方はしていると思うよ。

奇跡の存在を否定する、と言うより、
死の存在を否定していない、と言ったほうがしっくりくる感じが
するかなあ。

127 :112:2000/11/09(木) 04:40
>122
>観鈴の受け継いできたものはラストの子供たちに受け継がれた
どうなんでしょうね。はっきり語られてないので何とも言えないです。

>それはやっぱ死んじゃったという
晴子の話を聞く限り死んだみたいですね。
ただ、AIRの世界では転生がおおっぴらに存在してますし、死は新しい
始まりと達観して前向きに考えるのがいいんじゃないでしょうか。
それに、最後の観鈴も満足そうでしたし、あの少女も
「海岸線の先にあるもの」が何かを知ってるようです。

>奇跡の存在を否定してるんですかね
リアリストにとっては転生も十分奇跡です。
単に生と死の両方を描きたかっただけでしょう。

>121
>AIRは結局どういう話になるんだ?
実は私もいまいち実感がわかなくて……
私自身も、112書いてて当惑気味でした。
輪廻という道具を使って生と死の営みを書いているのは分かるんですけど、
それが美鈴と晴子の闘病日誌にどう関係するのか謎です。
まあ、多分闘病日誌を含む各ルートが「本当の幸せ」の姿の
バリエーションであるということなんでしょうが……。
うーん。あんなんでホンマにいいんかいな……。

128 :123:2000/11/09(木) 04:47
>124
具体的にそれがなにかとかを書くと夢が無くなってしまうから
ちょっと単語は選ぶけど…

監察官とかの権力的なものじゃなくて、
歴史の記録係りみたいなものでしょう。

本来なら自然にその「星」の歴史の中に溶け込んで生活をして、
そのうちにその「星」が彼らの存在を必要としなくなったら
どこかに旅立ってゆく存在だったものが、
「この星」では歴史の途中で悲劇的なことになってしまった。

その悲劇とそれにまつわる人々の物語を描いたのがこの物語。

翼人の観点での流れは「星」を旅することで永遠に続き、
それぞれの星の人々の流れ(星の記憶)はその星で続いてゆく。
この星の・・・夏は続いてゆく・・・んですよ、たぶん。


129 :123:2000/11/09(木) 05:00
>125
観鈴は幸せな夢を持ってループが終わり、
往人(そら)の宿命みたいなものは人間では行くことのできなかった
少女がいる「空」に羽ばたいてやっと役目を終える。
(そのために最後は鳥に転生する)
この両方が背負っていたものが解消されることですべてが終わり、
そこから新しいものが始まるのだと思います。

あ、私が書いているほかの星の話しは、
あくまでSF的な視点で見た場合のお話しなので、
作者が意図しているものとは違うと思いますので・・・

でもこう考えるとラストはちゃんとハッピーエンドに
りそうですし。

130 :68=121:2000/11/09(木) 05:03
>>127
あれ、なんかあからさまに文体変わってないっすか?(笑)
ま、それはおいといて…。
120で言う「生という無限を超越、あるいは包括したもの」を目的とするな
らば少年少女達は往人たちよりも高い次元で終わりに向かっていくはずで
す。でも、それは一切本編では語られていない。
すると、そこからが本題であり、AIRは未完ということになるまいか?
AIRの中で語られているものは生の中のそれも一瞬で燃え尽きるようなも
のしかない。119の解釈ならば目的は達せられなかったが「でもそれが本人
の幸せだった」ってレベルでかたづけられると思う。
でも生を越えた何かを求めるとなると、それが単に時を越えた呪いであった
り、輪廻であったりくらいしかないのでかなり甘くなってしまうと思うのだ
が。

131 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 05:08
めっちゃ話の腰を折るけど、そらの母って翼人なんですかね?
そうだとすれば、みちるとそらは同じタイプのスタンド…
じゃなくて同じルーツを持った存在と考えていいのかな?

132 :68:2000/11/09(木) 05:20
>>131
そらの母はカラスだろ!(笑)

みちるは水子だが姉のピンチに羽の魔法で復活!
どうやって一人ぼっちの空の少女に逢いにいったのかはわからんが。

133 :112:2000/11/09(木) 05:21
>130
>あれ、なんかあからさまに文体変わってないっすか?
眠いんです(笑)9時起きなんでそろそろ寝ます。

>少年少女達は往人たちよりも高い次元で終わりに向かっていくはず
えーと、そういうのじゃなくて、次元という言葉で言うなら、
二次元平面と三次元空間みたいなもんです。
幸せは無限を超越していますが、同時に無限のどこにでも有ります。
要するに二つはまったく質の違うものです。
現実世界の何かを指さして「これが幸せだ」と言うことは決して出来ませんが、
それでもなお幸せは確かに、現実世界にあまねく存在しています。
物質軸と観念軸、みたいな。だから観鈴も幸せだったのでしょう。
読み手がそれに共感できるかはともかく。

134 :131:2000/11/09(木) 05:26
今日までの日々を僕はさかのぼってゆく。
みすずとの暮らし。
空から落ちてきた日。
母の存在…
僕が生まれた日。

とりあえず、そらの母親は地上にいないのは確か。

135 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 05:31
死ぬほどがいしゅつだけど、AIRは安直なハッピーエンドを
否定しつつ、生きることの意味を問うみたいな話でしょ。
生は辛く苦しいものだけど、生きることそのものの中に
本当の幸せはあるみたいな。
133って簡単にいうとそんな感じっすよね?違ってたらゴメソ。

136 :68:2000/11/09(木) 05:36
>>133
むむむ、要するに少年少女自体が実体のない概念だけみたいなもんなん
でしょうか? なにかを悟った象徴みたいな。
で、それでもなお輪廻の中にいる…と。
むー、むずかしい。
>眠いんです(笑)9時起きなんでそろそろ寝ます。
ゴクロウサマです(笑)


137 :>:2000/11/09(木) 06:22
ラストで男の子のほうが何かを覚えていて女の子は
すっかり忘れているというのはやはりみすずは役目を
ちゃんと果たし全てを終えて全てを忘れてて
往人が女の子を幸せにする何か想いみたいなのは
男の子がちゃんと受け継いでるって事じゃないかなぁ
往人が法術を覚えるみたいな場面で法術は血ではなく
誰かを笑わせたいっていう想いというか願いというか
そういうもので出来てるっていう描写されてるし。

138 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 07:31
スレの流れに割り込むようでスマソ。

>>67
>一般的な話の転生ではそうだが、
>AIRではそうではないと思われる描写が見られた。

たいていの転生ものでは、前世の記憶ってのは生まれつき持ってるもので
本人も自分が誰かの生まれ変わりであると自覚してることが多い。
(主人公だけ前世のことを覚えてない場合は多いけど)
だけど、AIRの場合は観鈴にしてもそらにしても、あらかじめ存在している
肉体に記憶を後から注ぎ込むような感じ。ここがAIRの特異な点。
聖闘士星矢で、城戸沙織が、「元々アテナとして生まれてきた私と違い、
現在のポセイドンは、ジュリアンの肉体にポセイドンが憑依したもの」
と語ってるけど、そんな感じじゃないかな? んで、

>>70
>それがなんで友達(作中で「友達になりたいな」は多用される)
>でも恋人(一応ギャルゲーだ。恋人の優先順位は普通に考えれば高い)
>でもなく家族でなくちゃならないのかがよく分からない。

ここがAIRの問題点(だと思う)。転生の定義自体が一般的なものと違う上、
観鈴の願いは友達を作ることだったのに、後半は親子劇になっちゃってる。
んで、親子の情ってのは神奈が求めたものなんだよな。
こういう書き方じゃ、神奈が自分の都合のために、観鈴の肉体を乗っ取って
使い捨てた、という解釈も成り立たないことはないわな。

139 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 07:33
138訂正。
「あらかじめ存在している肉体に記憶を」を
「あらかじめ存在している肉体に、他人の記憶を」に訂正。

140 :63:2000/11/09(木) 07:52
>138-139
なるほど、特に後半部分に関しては納得。
確かに、そういう受け取り方されても仕方ない部分ではあるなあ。


それにしても、なんて舌っ足らずな作品なんだろうなあ、AIRって。
まあ、それが持ち味でもあるわけなんだが…

141 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 08:20
>134
それはそらがカラスだという事考えればわかるだろ。

>空から落ちてきた日。
ってのは、巣から落ちたってこと。その後観鈴に拾われる。
>母の存在…
これは巣から落ちる前の暮らしだな。

>とりあえず、そらの母親は地上にいないのは確か。
上記のワケで死んだってことじゃないぞ。
いや、死んでる可能性もあるけど。たぶんそりゃないだろ。
もちろん翼人でもないぞ。



142 :112:2000/11/09(木) 13:03
>むむむ、要するに少年少女自体が実体のない概念だけみたいなもんなん
>でしょうか? なにかを悟った象徴みたいな。
あれをイメージショットと見るか、Dream編堤防シーンの追想だと見るかは
好きに解釈すれば良いんじゃないでしょうか。
場所からして空と大地のボーダーですし、どこまでが現実かはわかりません。
というか、どっちであるかを区別する必要も特に無いんとちゃうかな。

>で、それでもなお輪廻の中にいる…と。
どうもAIRでは、輪廻は一般に考えられる所の「いつか抜け出すべきもの」ではなく、
単に命の連関と記憶の継承を象徴する道具として組み込まれただけのように
思えますです。だから余計にわかりづらい。

143 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 13:15
DREAMって記憶の中で構成されたものじゃないの?


144 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 17:06
>143
3本のシナリオは全て存在する"可能性"を描いたもの。
往人の母の言う、あきらめても良い、などの往人がとれる未来を
3パターン用意し、それをプレーヤーの意志で選ばせるのが狙い。

人生はゲームのようにリセットしたりロードしてやりなおしたりできないんだよ。
プレーヤがゲームを3回プレイしてそれぞれの物語を見たからといって、
それが物語りの中の登場人物が全て体験するものと考えてはいけない。

AIR編ラストまでを考えるときは、他の少女との物語は存在しないんだよ。
往人は確かにDREAM編の出会いと日々と消滅を経験し「そら」になった。

145 :でもやっぱりAIRは嫌いなの:2000/11/09(木) 17:30
>143
そう断言できる材料は記憶にないし、それをハッキリさせることに
何か重大な意味が有るとも思えませんので、どっちでもいいのでは。

あと、輪廻の補足ですが、物語的には翼人を巡る輪廻を断ち切ることで
EDを迎えてますので「いつか抜け出すべきもの」と考えてもいいんですが、
それだと美凪エンドやバス停エンドとかが宙に浮いてしまいますし、
輪廻=親から子への継承=生きることという要素が否定されてしまいます。
(子供に難題を押しつけるのは酷いという意見もありますが、これは
少々現代的に過ぎるのではと思います。親から子へ何かを伝えていく
というのは一昔前までは人生の標準的スタイルでしたし、個人主義全盛の
現代でも継承無しには社会も文化もありえません。一応もう一つの可能性
として佳乃シナリオも用意してあります)
総合的に見れば、AIRの輪廻は解脱してハッピーというようなものではなく、
生きる事そのものの価値をも含む二面的存在と考えた方が良さそうです。

146 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 17:47
つーか輪廻って言葉は忘れようぜ。
親から子への継承=生きるって意味なのわかってるんだったら、
それがストーリー上の設定であり比喩表現にしか過ぎないのもわかってるべよ。
そこらへんの座りの悪さは分かるけどな。

147 :ほたるちゃん:2000/11/09(木) 19:37
あのー、いきなり話変わりますけど
聖さんが着てたTシャツって売ってるんでしょうか?


148 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 19:42
ほたるよ、そういうネタをぶっちぎる話はゴルァ(゚д゚) 辺りで聞きなさい。

149 :ほたるちゃん:2000/11/09(木) 19:58
じゃ〜、行ってきまーす♪

150 :138:2000/11/09(木) 20:13
俺も流れ止めてばっかりでスマソ。

>>110
>でも後から自分が一人ぼっちから抜け出したがために周りの人達が災難にあって
>いくのを見るワケ。そして自分が人と触れ合ったことがトラウマになる…と。
>それが顕著になるのが観鈴のキャラクター。癇癪もそうだし、「一人で遊んでれ
>ばよかったんだ…」ってのは空にいる神奈の気持ちも同じ。

そのへんのシンクロニティがうまく取れてないのが、「神奈が諸悪の根元」説
第二の論拠。癇癪ってのは観鈴自身のせいじゃなくて、前世の影響だから。
癇癪さえ無ければ、観鈴は問題無く人とふれあえるはずなのに。全部癇癪が、
ひいては翼人が悪いってことになっちゃう。
せめて癇癪以外にも、観鈴が周囲の人に迷惑をかけてるっていう描写があれば
まだよかったんだが、自分を産んだせいで母親が死んでしまった、という
おいしい設定は佳乃が持ってっちゃったし、父親はなにせアレだし、晴子は
まあ扶養家族増やされて迷惑してるかもしれんが、柳也や裏葉に比べると
てんで迷惑の度合いが弱い。結局、観鈴は傍迷惑な運命をしょいこまされた
だけ、という見解は成り立つだろうね。

# ていうか、佳乃シナリオ、本気で必要無いな。

151 :ほたるちゃん:2000/11/09(木) 20:16
佳乃だけ幸せになるって許せませんよね。
おのれ、高野山♪

152 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 20:23
>145
夢=記憶だし、タイトル?はDREAMだよ?

前のスレで、いままでの法術師たちがやってきたことを
キャラを固定して見せているという話もあったし。


153 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 21:17
>でもやっぱりAIRは嫌いなの
もしかして「火の鳥」好きじゃない?

154 :138:2000/11/09(木) 21:32
>>145
>輪廻=親から子への継承=生きること
ちょっと待ってくれ。そのへんをイコールで結ぶ意見が多いみたいだが、
本当にそれでいいのか?
人格ってのは記憶の集積だとは思わないか?
自分の記憶を子供にベタコピーしてしまう翼人と、自分の記憶を
子供に語って伝える人間とを、同列の存在と見なしていいのか?
そもそも記憶のベタコピーという行為自体が、人格の尊厳を損なう
行為だとは思わないか?

155 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 21:39
摩陀羅−転生編−のパクリだっちゅーの!?

156 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 21:45
輪廻の考え方が乱暴すぎるねえ


157 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 22:03
ベタコピーか?だとしても翼人の場合人格に影響するわけじゃなさそうだぞ。

ちなみに翼人の母も子供に話して聞かせてる場面あるよ。

158 :新崎人生:2000/11/09(木) 22:04
輪廻!

159 :67=70:2000/11/09(木) 22:07
日中にレスがこんなに…

輪廻云々は情報が少ないから解釈でどうとでも取れるし、
それぞれの謎が微妙に繋がってるから、ひとつ認識変えたら
芋づる式に変えなきゃならなくなるよ。

>>138
上は、俺と同意見ってことで良い?
あと下がわからんのだけど。

160 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 22:15
人間・・・意思の継承
翼人・・・夢の継承

161 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 23:04
輪廻ウザイ!!
手塚治虫的な仏教輪廻観じゃねえんだよAIRはっ!!
涅槃楽じゃなくて現世楽だっつーの。
火の鳥好きなやつ殺す。

162 :ハヤブサ:2000/11/09(木) 23:07
ファイヤーバードスプラッシュ!

163 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 23:20
輪廻ウザイ!!
手塚治虫的な仏教輪廻観の悪いとこだけ影響受けてんだよAIRはっ!!
現世苦じゃなくて前世苦だっつーの。
火の鳥好きなやつ…まあ、無理に殺す必要は無いか。

164 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 23:22
まったりいこおよ。

165 :名無しさんだよもん:2000/11/09(木) 23:58
>>164
そうそう、このスレ結構濃い話できるから気に入ってるんだ。
俺、Airまだクリアしたばかりでここには昨日から参入したんだけど
テレホになったし今日も朝まで頑張ろう。

と言うわけで(どういうわけだ?)
上の方の海岸線の解釈や輪廻の解釈見てれば分かるように
Airの世界観って相当に奥深いじゃない。
はっきり言ってファーストプレイ時にゲームの進行とともに
リアルタイムで状況がわかるようなものじゃないと思うんだよね。
少なくとも、俺は最初分けわからんかった。
全部クリアしてから頭ん中で整理してやっとああなるほど。
って感じだった。
そこでみんなに訊きたいんだけど、みんなファーストプレイ時に
話の展開についていけたか教えて欲しいな。
それからもう一つ、AirなりDreamなり泣かせどころで
泣いたあるいは泣くまで至らずとも感動したって人が
ほとんどだと思う。そりゃ、こんなところに入り浸ってるんだから。
それじゃさ、泣いたあるいは感動したっていうのは
何にに泣かされ、あるいは感動させられたんだと思う?
少なくとも俺はファーストプレイ時には話の奥行き、世界観に
泣かされたわけじゃなくて、
単に例えば最後のゴールのシーンなら演出、音楽、シチュエーションに
泣かされたんだよね。
つまり、言い方は悪いけど小手先で泣かされたんだと思う。
例えばカノンの真琴シナリオなんかはもっと簡単だった。
少なくともオチがばらされた時点で世界観は理解できたから
シチュエーション(最後の鈴の音だとか結婚しようだとか音楽)
と共に世界観にも泣かされたわけだ。
ところがAirでは個々のシチュエーション(あるいは泣かせどこ)
とそれを裏付ける世界観に泣かされたわけではなくて
シチュエーションそのものに泣かされたんだよね。
これが、Airをクリアした時点でなんだかさっぱりしなかった理由。
少なくとも俺に限定した話では。
と、言うわけでみんなは一体何に泣かされたのか?教えて欲しい。

166 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 00:02
盛れはみちるの飯のシーンで泣いたよ。
お母さんといっしょにご飯食べられてよかったなあって。
後は金網越しに話すとこ。

167 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 00:06
オルゴールで泣かすってのは、もう使えないのか?

168 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 00:09
>167
ワンパで萎える。
オルゴール音ってどんな曲でも良く聞こえるからずるいよな。

169 :68=110:2000/11/10(金) 00:10
>>150
観鈴にトラウマを作る理由がないことこそ、観鈴が神奈の転生の影響を
まともに受けてる証拠だと思うけどね。神奈=観鈴だと取れる人はそれ
がしっくり来るし、取れない人は観鈴が神奈の呪いを受けてると思わな
いとやっとれんだろうね。
でもそうすると「空にはもう一人の私がいる」って言葉を否定すること
になるけどね。ま、もっともそれも後から植え付けられた偽りの記憶だ
として突っ張ることも可能(笑)

佳乃シナリオは輪廻という悪循環を(マイナスにだが、往人の一族だけ
に限って)絶つシナリオだからね。他のシナリオとは異質。

170 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 00:11
>>167
オルゴールで泣かすのは桜子以上のモノはつくれんと思うんでいいや。

171 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 00:16
癇癪なかったら仲良くなった友達死んでるけどね

172 :68:2000/11/10(金) 00:22
>>165
オレは最初はみちるのお別れシーンとSUMMERのヤオピクニが死ぬ
あたりかな?
最初のプレイでは純粋にそらが空に昇って呪いを絶つハッピーエンドだ
と思った。最後に幸せになるシーンを補完すればOKみたいな。
そういう意味ではある程度ついていったかな?

でも、考察をやりだすと一筋縄でいかない部分が出てくるんだよね。
いわゆるハッピーエンドっぽい逃げ道を作りながらも、実は哲学的
なオチもつくってる可能性がある。だけど、もうちょっとしっかり
考証(考察じゃなくてね)しないとわからんなぁ。


173 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 00:27
>>171
スルドイ!(笑)

174 :70:2000/11/10(金) 00:27
>>165
過去ログ読もう。

175 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 00:30
>165
別にAirで泣けもしなければ感動もしなかったが(いや、SUMMERのラストは
ちょっと感動したか)、Kanonと共通で「音楽と演出」ってのは当然あるよな。
ただ両作品とも受け取る人によっては嫌味にしか感じられないんじゃないかと
思うが。
それとファーストプレイ時は唖然として解説ページ他を読みまくったな(藁

ま、泣けなくともこんなところ読んでる奴は結構いるんじゃないかっつうことで。

176 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 00:36
>>166
なるほどね。みちるのご飯のシーンは俺も純粋にいいと思うよ。
美凪シナリオは比較的分かりやすかったから
屋上のシーンは泣けたって人が多かったのも良く分かる。
これは小手先で泣かされたわけじゃないと言っていいと思う。
>>166-167
オルゴールでってことは要するに演出で(小手先で)
ってことになるんだろうな。
あくまでオルゴールの音にやられるわけだから。
>>172
まあ、話の展開にきっちりついていけたなら
あの演出だ。間違いなく、くるものがあるよなあ。
いいなあ。俺さ。なんでこんなこと聞いてるのかって言うと
あの最後の部分で話の展開についていけなくって
なんとなく終わっちゃったのが悔しいんだよな。
年に一回(しか発売されないから)の泣き所だったのに
しまったあああ!感じだよ。

177 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 00:43
癇癪は大切な人を呪いの犠牲にしないためものっていう描写なかったっけ

178 :70:2000/11/10(金) 00:50
>>177
それに加え、
記憶を増やそうとしたときの拒絶反応、だったはず。

179 :68:2000/11/10(金) 00:52
>>176
いや、でもオレも終了後の最初の感覚は無力感だよ(笑)
たぶん幸せになれたんだろうなぁ…って感じ。
言ってみりゃ、あゆシナリオやマルチシナリオのラストなしで盛りあがれ
って言うようなもんだよ。「幸せになるっぽいエンディングは用意してお
きますので、奇跡のシーンはご自由にご用意ください」みたいなね(汗

180 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 01:00
>>177
どっちにせよ、他人に迷惑をかけてるのは主に前世の影響ってことだろ。

181 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 01:02
特定の病気になりやすい血筋とかってあるね


182 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 01:14
>171
保守的な町民たちは「翼人の祟りだ!」と騒ぎたて、観鈴は非道な弾圧を受け続けた挙句
死を迎える。その後、天に上った観鈴が町を焦土と化してしまうってのはどうですか?

183 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 01:28
もっと手っ取り早いところで、神奈が柳也を失った悲しみのあまり
「こんな星はもういらぬ!」とヤケを起こして、不幸な記憶を地球に返し
地球人類は不幸のどん底へ、ってのはどうですか?

184 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 01:34
なんかアリスのOnly Youに話が続きそうな内容だな(笑)

185 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 01:37
199X年、世界は核の炎で包まれた・・・

186 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 01:42
リアルタイムうぐうシステム搭載!

187 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 01:43
200X年だよ。

188 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 01:45
なんか考察じゃなくてSS設定スレになってきたな。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 01:49

晴子「あれは観鈴や無い!あの娘はこんな事する子やあらへん・・・」
晴子「もう、あれは観鈴とちゃう、往人・・・あんたの手でなんとかしてえな!」

往人は晴子から「どうのつるぎ」を受け取った。

190 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 02:35

        (\
         \\
          (\\
           \\\
           (\\\\
           (\\\\\
            \\ | へヘ
( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ /〃⌒⌒ヽ
  ̄ ̄( ̄ ̄//// ̄\〈〈 ノノノハ)))  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ̄(//// ̄\ヽ||` ∀´||  < おのれ、高野山。
   ".;":  (/(/// ̄(]つ╋]つ   \_____________
".;":         (/(/リリリリリヽ\
 .;".;": ..;".;;:  (/(( U U.;\\       .;".;": ..;.;".;
   .;".;": .. @`@`:;          \\         .;".;": ..;.;".
.;".;"    .;".;             \\
   ゴ オ ォ ォ …… ! !      \\   ;": ..;.;".;":
          .;".;": _.;.;__       \\   ド カ ァ ン !
 .;".;": ..;.;".; ζヽ二ヽ;/...;".;"_. ;\\  .;".;.;".;":
.;".;": ..;.;".;": ;:'.∠_/_\:从へ_/|;. \\.;".;ヽ二ヽ;/..:
从へ从へへ从  ; ζ ∠ /Γ| | \:.. |从Γ. | |;.\\ ∠_/_\
    ( ⌒( ⌒ ) ζ | 从Γ | |.:;. |从Γζ.;"_ \∠ /Γ| | \
(   ⌒ ⌒  ⌒ );  | ΓΓ | |.;;::|ΓΓ | |  ( 从へ;: |从Γ   |
 Σ( ⌒( ⌒ ) ζ  ( ( ) )⌒ ) ( 从へ从)_.;;:.;|Γ从Γ| |
 ( (( ( ⌒ )) )  从 Σ( ⌒(  从へ从) ∠_/_\
Σ (( ( ⌒ )) ) )(( ⌒ ( 从へ从) .;".:∠ /Γ| | \
 (( ⌒ ( ( ) )⌒ );:;   .;".;": ..;.;".;":|从Γ|   |

191 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 03:05
>>175 >>179
いや、そう言ってくれると救われるよ。ホントに。
俺、自分で言うのもなんだが並々ならぬ思い入れがあって
発売前からAir待ってたから。
いまいちだったって結果は(それも私的にね)かなりショックだったし。

192 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 03:23
>>190
ナイス改造!

193 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 03:45
感想スレになるとこがパターンだな(; ´Д`)

194 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 04:40
>>150
>でもそうすると「空にはもう一人の私がいる」って言葉を否定すること
>になるけどね。ま、もっともそれも後から植え付けられた偽りの記憶だ
>として突っ張ることも可能(笑)

アニメ版パーマンで、ミツ夫くんのコピーロボットが、ミツ夫くんとは
別の女の子を好きになって悩む話に泣かされた俺としては、「もう一人の私」より
「今ここにいる私」を尊重して欲しいんだがなぁ……。

195 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 04:45
あと、しつこいようだけど、AIRの転生って、作為的なものなんだよね。
八百比丘尼が神奈に記憶を渡すシーンでは、何か呪文みたいなものを
唱えてただろ? つまり、記憶を渡す側に、記憶を渡す意図がなければ
記憶は渡されないんだよ(変な日本語でスマソ)。
だから、病気みたいな自然発生的なものと同列に考えるのはどうかと思う。


196 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 04:47
>195
生あるもの同士の記憶の受け渡しと、死からの新しい転生とは違うのでは?

197 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 04:53
>>195
神奈の場合は特殊だろ。
自動的じゃん

198 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 04:58
>>195
ピクちゃんから神奈は自分外への受け渡しだが、神奈から観鈴ちんは
自分から自分への受け渡しだからなぁ。
もしそれも記憶を渡す意図がなければ発動しないのならば、接触をし
ていない観鈴ちんが記憶を受けているAIRの話自体がおかしいことに
なる。

199 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 05:00
>>196
百歩譲って、その二つが違うものだったとしよう。だけどゲーム中で明確に
描かれている転生は、神奈>観鈴と往人>そらの二つだけで、どっちも
超常的な力の持ち主が転生してる。普通の人間が転生したという記述は無い。
これじゃ、転生は超常的な力の持ち主だけに許された特権と解釈されても
仕方ないだろう。

200 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 05:03
900超えたんで新スレ作るぞ


201 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 05:05
>>200
アンタ、いきなり何を訳の分からん事を・・・

202 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 05:06
>>198
むぅ、俺はラストの「別れの時が来ました」とか「あなたには、あなたの幸せを」は
神奈が観鈴に言った台詞だと思ってるんで、神奈と観鈴は別人格だと
解釈してるんだが……。そのへんはどう思う?

203 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 05:14
>>199
超常的な力の持ち主(あるいはその力に干渉されうる者)だけに許された特権でしょ?
仏教じゃあるまいし…

204 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 05:15
>>199
フツー、転生したことを覚えてるだけでもめちゃくちゃ特殊な
人間だゾ。
またAIRの中で神奈の転生は自然発生。その他にSUMMERキャラと
DREAMキャラがかぶるのも自然発生の転生、あるいは偶然にSUMM
ERキャラの生まれ変わりのような雰囲気を持つキャラがいた。
AIRの中で意図的な転生は往人→そらのみ。そして往人は充分特
殊なバックボーンを持ってる。

205 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 05:18
>>203
超常的な力の持ち主が、個人的な都合で弱者に迷惑かけて、
それを地球のせいとか言って正当化する話は嫌いだ。

206 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 05:20
>またAIRの中で神奈の転生は自然発生。その他にSUMMERキャラと
>DREAMキャラがかぶるのも自然発生の転生、あるいは偶然にSUMM
>ERキャラの生まれ変わりのような雰囲気を持つキャラがいた。

そんな描写がどこにあった?

207 :198=68:2000/11/10(金) 05:22
どっかにも書いたんだが、そうすると間違いなくラストシーンで
神奈は解放されていることになるので、そらが感じてることが全
部ウソになるんだよね。「空にはまだ少女がいる」ってヤツ。
それにどー考えても観鈴は神奈の子じゃないし。

ただ、たしかに観鈴と神奈は人格は別だね。魂だけが一緒。
チンプな例えだが犬夜叉の桔梗とかごめみたいなもん。

208 :>>206:2000/11/10(金) 05:33
描写はないが、SUMMERで裏葉が言ってる内容から、魂は転生する
ものっていう理屈があるのがわかる。だから呪いから解けた神奈
の魂は「転生するもの」として話してる。
そして神奈にしても裏葉にしても柳也にしても誰一人転生は願っ
ていない。つまりこれらのキャラの転生があるとすれば自然発生
以外にはありえない。
裏葉達が特殊な転生ができるのならば、子孫にまかせず自分でや
ればいいのだしね。

209 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 05:38
>>207
>「空にはまだ少女がいる」
今までは、空に縛り付けられていた。
今は、幸せな記憶を持って大気中(AIR)に漂っている……ってことじゃダメ?

>人格は別だね。魂だけが一緒。
スマソ。サンデー読まんので、例えがわかんない。ウルトラマンとハヤタ隊員とか
まじアンのスフィーと主人公とか、そんな感じかな?


210 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 05:45
>>207
観鈴によって神奈は空から解放されたけど、
きっと観鈴はまた空の上、一人で寂しがっていると思う。
だから、僕が彼女を迎えに行こう。

そういう事じゃないかな。

211 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 05:47
転生って仏教の概念じゃなかったっけ?

212 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 06:13
>>211
詳しい人もいるね。その通り。
経典よりも、三島由紀夫の「豊饒の海」を読んだほうがわかりやすいかな。

213 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 06:15
って、訂正。読み間違えてら。
仏教に、転生の概念はありません。
仏教は、魂の存在を認めていませんから。

214 :68:2000/11/10(金) 06:18
>>209
ダメ(笑)
ウルトラマンとハヤタ隊員はいいのかもしれない(笑)
>>210
観鈴が一人残ってるならエライことだな。とんでもないビンボウクジだ。
観鈴ちん、神奈ちん助けたのに絶体絶命ぴんちっ!

215 :>207:2000/11/10(金) 06:20
DREAM編とAIR編で「そら」が居る、居ない、でパラレルワールド的になってるから
また少年少女が海辺にいるラストシーンではまたさらに違う、とも考えられない?

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 06:26
観鈴がラストで幸せになったって言ったって、記憶の容量やら呪いやらの
苦しみから開放されただけで、やっと、人並も状態になっただけじゃない。
どうかんがえても観鈴ちんが不憫でならない。
ラストで喜んでいる人達っておかし過ぎ。

217 :207:2000/11/10(金) 06:27
>>215
う〜ん、そのパラレルワールドを繋ぐカギが「そら」だけなん
だよな。少なくとも「そら(往人)」だけは二つの世界を一本
の道で歩いてるんだよ。
その「そら」すらも置いてきぼりにすると収集がつかなくなる。

218 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 06:29
だから、最後には普通に幸せになれるように人並みなったんじゃん。
喜べる事じゃない?

219 :207:2000/11/10(金) 06:30
補足。もちろん海辺のシーンは3つ目の世界だよ。
だけど、その3つ目の世界に行く前の出来事だから。

220 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 06:38
少しずつ違う世界かと。
選択肢、と言う事。

221 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 06:41
幸せ…ねぇ、
そればっかりは観鈴に聞いてみんことにはわからんもんなあ。

俺は、最後には幸せな記憶をっていうのは
悔いを残さずに死ぬことを、指していると思ってるんだが…

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 06:47
生きていてナンボの幸せが、死の直前ていうか瞬間ってのがね・・・
一人トランプなんてのを見せられた後だし。
我が生涯に一片の悔い無しって逝く観鈴は観たくねー

223 :68:2000/11/10(金) 06:47
オレも観鈴ちんは自己満足はしてるけど、幸せじゃないと思う
なぁ。だって往人が自分のために消滅したこともしらないワケ
で、それ知ったら幸せなんていえないしな。幸せな夢見てるの
と同じだよ。
ま、そこを補うのが空に向かった「そら」だと思うけど。

224 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 06:54
>223
この描写から見ると往人が自分のために消えたのに気づいてると思うよ↓

8月 4日

/そら
目覚めは、日ざしの中…
いつだって、まぶしくて…
そして、優しさの中にあった。
見上げると、彼女の顔。
…みすず。
その腕の中に僕はいた。
【みすず】「そら…」
【みすず】「わたしね…」
【みすず】「大好きなひとの夢を見てた…」
【みすず】「はげまされてた」
【みすず】「がんばれ、がんばれって」
【みすず】「………」
【みすず】「ね、往人さん…」
【みすず】「往人さんは、最後にわたしのそばにいてくれたんだよね…」
【みすず】「わたしのことを思って、いてくれたんだよね」
【みすず】「最後にはやっぱり、戻ってきてくれて…がんばれって、わたしに何かをくれたんだよね」
【みすず】「それは大切なものだから…」
【みすず】「すごく大切なものだから…」
【みすず】「だからこんなことで諦めちゃダメだよね…」
【みすず】「そんなことしたら、またしかられちゃうよね」
【みすず】「頭、ぽかって叩かれちゃうよね…」
【みすず】「往人さん、わたし、ひとりでも、がんばれるかな」
【みすず】「ひとりぼっちでも、がんばれるかな」
【みすず】「がんばらないとダメだよね…」
【みすず】「だから、あきらめたら、ダメだよね…」
【みすず】「ひとりでも、がんばらないとダメだよね…」
もう、彼女はさっきの彼女とは違った。
目に光が戻ったのがわかる。
だから、翼を大きく広げた。
僕はまだ飛べないけど…彼女には行ってほしかった。
ここから、一番遠いところまで。

225 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 06:59
ついでに224の前の描写。ここでは「みすず」から「観鈴」に戻ってる。

【みすず】「………」
その目に映っているだろうか。この光景が。
俺は人形を歩かせ続けた。
あの日は、笑わせることができなかったけど…
でも、今度こそは…
今度こそは笑わせるから。
俺は人形を歩かせ続けた。
とことこ…
【観鈴】「にはは…」
彼女が笑った。
できた。
やっと叶った。
それから俺はずっと、彼女の前で、歩き続けた。
慣れてくると、人形にいろんなことをさせて彼女を笑わせ続けた。
その中で俺は…彼女との暮らしをひとつずつ思い出し…
そして、忘れていった。
消えてしまう。
俺が消えてしまう。
人であった時の記憶を忘れて…
みすずと一緒に過ごした日々を忘れて…
みすずを愛していた感情を忘れて…
俺が消えてしまう。
でも…
それでも、みすずのそばにいたい。
その思いだけは、ずっと忘れずにいるから…
だから、この遠い日の記憶が失われても、ずっとそばに居続けるだろう。
今日までがそうだったように。
それだけで十分だった。
ただ笑う彼女のそばにいられれば…。
そのことを俺は、もう知っているのだから。
迷わず、知っているのだから。
彼女と共に生きること。
それが俺の幸せだということを。
だから、ずっとそばにいる。
俺の記憶が…
遠いきおくが失われてゆく…
ただ、さいごに一度だけ…
このつたない体で、みすずを…
俺はぼやける意識の中で…腕をのばした。
【観鈴】「往人…さん?」
【観鈴】「あ…」
【観鈴】「往人さんっ…」
【観鈴】「…往人さん…!」
【観鈴】「わたし、がんばるからねっ…」
【観鈴】「がんばってみせるからねっ…」
【観鈴】「もう弱音吐いたりしないからね…」
【観鈴】「だから…」
【観鈴】「だから、どこにもいかないでっ…」
【観鈴】「ずっと、そばにいてっ…」
【観鈴】「往人さんっ…」
【観鈴】「もう、どこにもいかないで…」
【観鈴】「ひとりにしないでよね…」
【観鈴】「ね、往人さん…」
大丈夫だよ、おまえは。
おまえは、強い子だから…
十分強い子だから…
それが取り柄だろ。
な、観鈴。
【観鈴】「う、うん…」
だからきっと、辿り着ける。
ふたりで目指したゴールに。
誰も辿り着けなかった…ゴールに。
頑張れ、観鈴。
【観鈴】「往人さん…」
【観鈴】「嫌だよ、ひとりにしたら…」
ああ。
ずっと、近くにいるからな…俺は。
ずっと、ずっと…いっしょだ。
【観鈴】「どこにもいったら嫌だよ…」
【観鈴】「嫌だよぉ…」
【観鈴】「往人さんと一緒にいたい」
【観鈴】「往人さんと、遊びたい…」
【観鈴】「それで、わたし元気になるからっ…」
【観鈴】「それで、笑ってられるから…」
【観鈴】「にははって…いつもみたいに…」
【観鈴】「往人さん…往人さ…ん…」
だいじょうぶだ。
絶対…わすれないから。
みすずのにおい…
温もり…
笑顔。
離ればなれになることがあっても、それを目指して、俺は歩いていくから。
【みすず】「いかないでよ、往人さぁん…」
人じゃなくなっても…
どれだけ遠くなっても…
ずっといっしょだから。
いつまでも、いっしょだから…
【みすず】「往人…さん…」
…みすず。
さようなら…

226 :68:2000/11/10(金) 07:02
>>224
最後ってホントに往人の「最期」って意味なのかな?
そこまでわかってたにしては随分頼りなかったんだが。

まぁ、わかっててもアレが限界だったってのもそんなにおかしくは
ないと思うけどね…。

227 :68:2000/11/10(金) 07:06
あ、>>225見ると「最期」ってわかってるんだな。
でも、結局観鈴のために誰かが死ぬのって神奈の幸せにはならない
んだけどな。むしろ追い討ち。

228 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 07:09
はいはい。ジャー不幸なんじゃないの?
付き合ってられんて。

229 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 07:10
>我が生涯に一片の悔い無し
むしろ神奈に聞かせてやりたい台詞。

230 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 07:11
やっぱ、往人にはDREAM編の最後で終わってほしい。
往人は人なんだから、法術で人を笑わせることはできても
人としての運命を曲げてまで烏に転生してほしくないな。
そらは、たぶん母から聞いた翼人の話が原因で、
空から落ちたときに記憶をなくして、自分が往人だと思いこんでるだけ。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 07:17
http://free.prohosting.com/~kojika/waga.wav

232 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 07:20
>>231
早いな(w

233 :68:2000/11/10(金) 07:26
>>228
だから悩んでるんじゃないかっ!(笑)
AIR全体がハッピーエンドになるには最低限、空の少女の解放が必要だ
ろう。もし観鈴達がこの輪廻を絶ちきることができなければ永遠に不
幸がループするわけで。
観鈴の幸せの記憶ですべてが解決するシーンでもあれば問題ないんだ
が、それがないどころか解決してないと思わせる言葉ばかりが出てく
るからな。
観鈴の幸せ=ハッピーエンドならば、それは簡単でいいんだが。

234 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 07:30
あんな厄介な設定を作っただーまえが全部悪いってことにしとこうぜ。

235 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 07:34
むしろハッピーエンドにしない、に一票入れたいね。
制作者があれはハッピーエンドって言ってるけど…

236 :68:2000/11/10(金) 07:40
>>235
そうなんだよな。製作者のハッピーエンドだって言葉さえなけりゃ
悲劇的解釈の方がつじつまが合うんだよね。
こうなったら全年齢対象版(たぶん出るっしょ)でどう改定される
か確認するまで、考察するのは待つか(笑)

237 :235:2000/11/10(金) 07:44
>>236
うんうん、制作者側から「今回は悲劇的結末を演出しました」って言ってくれれば、
みんなの意見も比較的簡単に纏められたと思う。

久弥ラインは、最後は笑顔と共に。
麻枝ラインは、最後は涙と共に。
これで、俺は満足なんだけどなぁ…

238 :70:2000/11/10(金) 07:44
>>219
どの世界かは、あまり関係ないかと。
外側にいる、というのが大事だと思う。
どの世界にも彼らはいるし。-

239 :大阪:2000/11/10(金) 07:44
神奈ちゃんがおがおと空を飛ぶがハッピーエンドなんとちゃうのん?

240 :木村:2000/11/10(金) 07:49
ちっちゃい女の子とか大好きだーっ!

241 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 08:45
「そら」の台詞はなんかの間違いだったということで・・・。

242 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 13:41
ハッピーエンドだろ。
何馬鹿なこと言ってんだか
過去ログ読んでから氏ねъ( ゚ー^)


243 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 13:54
>>242
観鈴があの若さで死ぬのは、”俺には”ハッピーエンドではない。

244 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 13:57
義務を果たす為に個を犠牲にするのってハッピーエンドなのか?
それは麻枝の一方的な価値観に過ぎない。
拒否反応起こすヤツが出て来て当然。

245 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 13:57
神奈は呪いのせいで幸せでなく空に還れなかった。
観鈴・・・人間が最期を迎える場合、翼が無いから、
そらが代わりに幸せな記憶を届けなくちゃならないんだろ
あーレベル低ぅっ。


246 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 14:00
ハッピーエンドにしろ、輪廻転生にしろ、
言葉の認識が違うから、すれ違う。
こういうのは自己中心的な奴が作った話が多いんだ。

247 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 14:02
>>245
幸せな記憶を届けに行く、なんて描写はなかったよ。
そういう意見があるのは知ってるが。
そらは、観鈴を迎えに行ったんじゃないのか?

248 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 14:03
義務を果たすために個を犠牲っていうのに拒絶反応でるのはサヨクっぽいね。
朝日新聞とか読んでそうだ

249 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 14:12
似たような描写はある。
あと、魂と記憶は別物って考えればよい。
つじつまが合う


250 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 14:13
とにかく長生きできりゃいいって奴が昨今多いね。


251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/10(金) 14:14
観鈴って義務で動いてたか?

252 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 14:16
使命か同情か。。

253 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 14:17
>>249
どこ?アップきぼーん。

254 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 14:18
半ば「自分のこと」だからな。
強いて言えば、「義務」になるだろう

255 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 14:19
>>249
つじつまが合う説は、過去にもうたくさん出てきたよ。
決め付けるのは良くない。

256 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 14:22
>>253
そらエピローグの晴子だよ。


257 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 14:23
>>255
・・・ふーん
どれ?

258 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 14:25
意見言っただけなのに決め付けるなとか言われちゃったよ
びっくりだ

259 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 14:28
>>258
まあまあ、255もそんなつもりで言ったんじゃないだろ。
マターリ行きまひょ。

260 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 14:28
>>257
park.dentaro.net/takabe/mentai-frame.html
ここ行こう。

261 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 14:29
>>258
すまん、245=249と勘違いした。

262 :大阪:2000/11/10(金) 14:48
>255
そうゆう考えから、
各人が、やったことある葉鍵ゲーそれぞれから1つづつ萌えキャラを
挙げる投票やりたかったねん
でも、少し前に投票系スレが乱立されてもーて…

263 :大阪:2000/11/10(金) 14:52
あかん、誤爆してもーた

264 :>263:2000/11/10(金) 15:03
バカうけ。指摘先の255の意見がナニなだけに。

265 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 18:31
>>251
観鈴は同情で動いてたんじゃないの?
「これから生まれてくる私たちが死なないように」とか言ってたし。

266 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 18:42
義務を果たすのは結構だが、神奈にせよ観鈴にせよ、
地球を支えるだけのパーソナリティを持っているとはとても思えん。
超常能力の設定上では、そういうことになっているのかもしれんが、
その設定はラストでちょろっと語られただけに過ぎないし、
ドラゴンボールの戦闘力インフレ現象と同じで、設定だけでは説得力が無い。

267 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 18:47
>>265
これから産まれてくる私=神奈=観鈴
なんだから自分に対して同情したのか?
それじゃ観鈴はナルシーって事になるような…

268 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 18:50
>>246
>ハッピーエンドにしろ、輪廻転生にしろ、
>言葉の認識が違うから、すれ違う。
>こういうのは自己中心的な奴が作った話が多いんだ。

激しく同意。「俺のために地球は回っている」も「俺が地球を回す」も
自己中心性という点ではいい勝負。
「俺が地球を回す」と言ってる奴に、それだけに人格の厚みがなければ
なおさらのこと。

269 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:13
>>266
>>268
ハァ?(゚д゚)過去ログよめよ。うざい。


270 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:18
オフィシャルのほうがよっぽどマシだ。
表面的な言葉に振り回されて本質を掴めない奴多過ぎ。
十八歳以下はプレイするなよ。

271 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:21
   _
   〈〃⌒⌒ ヽ、
  Σ〈  ノノノハ)))   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |ヽ|| ´−´)|  < (^-^)vブィ!
   ⊂[| V†V |]つ  \________________
    |くヾノヾヽヾゝ
      (_f_)_f_)

272 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:22
>>270
では、何か意見をお願いします。

273 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:24
>270
あんたの掴んだ本質ってどんなん?

274 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:24
主張が強いということを自己中心とすりかえるそこのお前・・・
お前はただ嫉妬しているだけということに気づけ

275 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:25
どっちかと言うとAIRの考察っちゅーよりは
麻枝の価値観やパーソナリティの考察になりつつあるな。

いや、俺は結構好きだが。
オフィシャルじゃ出来ないし。

276 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:25
270はクロストーク

277 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:29
270は麻枝信者。
麻枝の紡ぎ出した言葉に全て何らかの意味があると
思い込んでる哀れなバ鍵っ子なのです。

278 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:32
バ鍵っ子って、Kanon至上主義者のことかと思ってた。
必ずしもそうとは限らないのか?

279 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:35
言葉には意味があるに決まっているだろ・・・
阿保か

280 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:37
AIRの言葉尻捕まえてあれこれ考察しすぎるのもある意味
バ鍵っ子。
キャラ萌え野郎と大して変わらんよ。
それがキャラがテキストがどっちに傾斜しているか?
ってくらいの差しかない。
どっちにしても麻枝に躍らされてる点では一緒。
こうなってくるとKey至上主義って言った方が正しいな。

281 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:38
>主張が強いということを自己中心とすりかえるそこのお前・・・
>お前はただ嫉妬しているだけということに気づけ

マジレス返すだけ無駄だと思うが、一応言っておく。
俺はMOON.には感動したし、布教にも成功してるんだ。
主張が強いことと自己中心の区別ぐらいできるわい。
麻枝をむやみに持ち上げるしか能の無いお前こそ、
自分がただ信者に過ぎないということに気づけ。

282 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:39
>>279
浅い意味しかないのに、さも深そうに見せかけるのが
麻枝一流のフェイク。
さっさと気付いた方が身の為だぞ。

283 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:39
>>281
おいおい、それがマジレスかよ(w
区別ついてることを証明してごらん

284 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:40
まあまあ、マターリマターリと行こうぜ。

285 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:40
う〜む・・・。
現実の世界でも戦場や事故現場とかで行けば確実に死ぬのが充分わかっていても
あえて進んでいった人は何人もいるのだが・・・。

ある人は部下の為に。ある人は他の人を救う為に。ある人はこれ以上災害を大きくしない為に。

そんな人達に向かって「あなたは長生きできませんでしたね、不幸ですね」なんて俺にはとても言えない。
そりゃ誰だって死ぬのは嫌に決まってる。しかし、そこであえて自分の命よりも守らなければならないものがある、と
決断した人は不幸なのだろうか?

我が身が全て、の個人主義蔓延の世の中じゃ理解されない考えなんだろうけどね・・・。

286 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:42
>>283
過去ログ読め。

287 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:44
>過去ログ読め。
さっきからキミそればっかだな。
素晴らしいエスケープぶりだ。


288 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:45
>現実の世界でも戦場や事故現場とかで行けば確実に死ぬのが充分わかっていても
?あえて進んでいった人は何人もいるのだが・・・。

ちょっと待て。それは似てるようで微妙に違うぞ。
現実の世界であえて進んでいった人々には、選択の余地があった。
進むも退くのも彼らの主体的な選択に委ねられていた。戦前の特攻隊だって、
脱走の余地が無かったわけじゃないんだ(現実にはかなり厳しいと思うが)。
そこで敢えて前に進んだことが、人を感動させるんじゃないかと思うんだ。

だけど、観鈴は義務を果たそうと果たすまいと、早死にすることには
変わりないだろう? そのへんがなんかイヤなのよ。
「どっちみちお前は早死にするんだから、せいぜい人の役に立ってくれ。
つーか、役に立たなきゃ無駄死に」と言われてるみたいでさ。

289 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:46
まだ地球がどうとか言ってる馬鹿がいるんだな
比喩だっての。
読み取れよ

290 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:46
>さっきからキミそればっかだな。
はあ? オレ、今日はまだ一回しかそれ使ってないんだけど。


291 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:47
>289
その議論は前スレでは未解決だったと思うが?

292 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:49
おかしな例えだが観鈴死ぬ、死なない論争って
修羅の門第四部のレオンが陸奥に殺された時に起こった
論争に近いな。
で、この2つに共通してる事は作り手の幸福観の押しつけ。
通常、人が死ぬってのはそんな美しいモノじゃない。
その辺りを軽視しすぎてるのが俺的にはちょっと気になるな。

293 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:49
そういえば舞シナリオでも比喩を読み取れずに
「何で銃弾が頭に当たっても死なないんだ!!」って文句言ってる奴いたよ。
オフィシャルを馬鹿にできないね

294 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:52
銃弾? そんなシーンあったか? 切腹の間違いじゃない?

295 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 19:52
>今日はまだ一回しかそれ使ってないんだけど。
と言う事は普段良く使ってる訳ね。
ワラタ。

296 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:00
>>292
作り手はプレイヤーに幸福感を押し付ける。
神奈は観鈴に義務を押し付ける。
よってAIRのテーマは押し付け。決定。

297 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:02
AIRのテーマ「義務の押し付け」
いいね。
少なくとも裏のテーマはそんなところだろう。

298 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:03
神奈=観鈴なのに「義務」?なんともひねくれた解釈だ。

299 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:04
>>296
お前の知能の程度も決定した。
知りたい?

300 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:04
かといって神奈の人格=観鈴の人格でもあるまい。

301 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:05
義務というより業というべきだろう

302 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:06
>>299
麻枝信者、1本釣り〜〜っ!

303 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:07
ちなみに晴子は観鈴に愛情の押し付け。

304 :>293:2000/11/10(金) 20:07
ここの部分を本物の銃弾と思いこんでた人が居た、って話だっけ?↓

>どうして、舞が俺を残していったのか。
>もう俺を必要としない理由があるのだろうか。
>いや、でも…
>今だってあいつは俺を好きでいてくれているはずだ。
>自信を持ってそれだけは言える。
>だから何か理由があるのだ。
>俺がそばに居てはいけない理由が。
>そうに違いない。
>再び駆け出そうと足を踏み出したとき…
>ずんっ…!
>俺のこめかみを銃弾のようなものが右から左へと突き抜けていた。
>不意に流れ弾を食らったときとは、こんなにも腹立たしいものなのだろうか。
>痛い以前に、驚いてしまう。
>膝を床についた。それも結構痛かった。
>………。
>風が吹いている。
>窓を割ったせいだろうか。
>りんと声がした。
>一瞬、細長い廊下があぜ道に見え、俺は自分の気が確かでなくなりはじめていることに気づく。
>目の前には子供がいるのだ。
>幼い女の子だ。
>手負いだ。
>肩から血を流している。背中までぱっくりいっているのかもしれない。
>過去にまで彼女の刃は届いたのだろうか。

305 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:08
>>299
うん、教えて。言っとくけど、俺、知能程度低いよ。

306 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:08
往人の母は往人に使命の押し付け。

307 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:08
>>304
あははーっ、そりゃホンモノのバカだ。

308 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:09
ここの部分を読んで「なんで祐一は耳に鉄パイプを通されて生きてたの?」と言ってる人も居たな・・・。↓

>少女は、長い時を隔て、今俺の目の前に現れ、そして何を伝えようとしているのだろう。
>俺が探しているひとと、何か関係があるのだろうか。
>待て…意識が混濁してきた…
>誰かが俺に何かを訴えている。
>それがわかる。
>だがその手段はあまりに強引だ。
>俺の手には負えない。
>つまり、その受け取るすべが俺のほうにないのだ。
>それは俺を傷つける。人を傷つける。
>鉄パイプを耳の穴に通すようなことはやめてくれ。
>そんなものは通らないのだ!
>がんっ!と激しく頭をぶつけたかと思えば、俺は冷たい壁に半身を預けていた。

309 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:09
>義務というより業というべきだろう
格好良く言うとそうかもしんない。
格好良く言うとね。


310 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:10
>往人の母は往人に使命の押し付け。
でも、往人には選択の余地あるし。
そのためのナギー&かのりんシナリオだし。

>>307
失敗。「あははーっ、それはホンモノのバカですねーっ」に訂正。

311 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:10
>>304
凄い勘違いだね…。
それって2chでの出来事?
それともオフィシャル?

312 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:12
>>310
まあ、ゲームだから当然逃げの選択肢があるわな。
ナギー&かのりんシナリオは麻枝じゃないってのが問題だが。


313 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:13
>>308
…冗談だよね?

314 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:14
>>309
違う(; ´Д`)
日本語を勉強したほうがいいぞ

315 :304:2000/11/10(金) 20:15
>311
2ちゃんでの出来事。こりゃオフィシャルを笑えんわ。

もともと葉鍵板って住人の発言にかなり上下の幅がある所だけどね。

316 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:15
>>314
じゃあ、何なの?

317 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:16
>>315
そら相当叩かれただろうねぇ…(藁

318 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:18
>>314
業を頑張って処理したんだろ?
義務的に。

319 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:19
教えてくんはうざいです。
日本語の意味を一つ一つ説明してられるかボケ。

320 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:21
>>319
ちなみに316=318だから別に説明はいいよ。

321 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:22
暫く見ぬ間に悲惨なスレになってしまったな・・・
もうネタ切れか?

322 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:23
まあ、そういう日もあるさ。

323 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:25
>業(ごう)仏教用語
1.行為。行動。心や言語の働きを含める。
2.業の果報。→ぎょう(業)

>業(ぎょう)
1.しごと。わざ。
2.くらしの手だて。なりわい。つとめ。
3.学問。技芸。
4.やしき。→ごう(業)

違うようで似てると解釈すべきか、似てるようで違うと解釈すべきか。

324 :285:2000/11/10(金) 20:26
>288
>だけど、観鈴は義務を果たそうと果たすまいと、早死にすることには
>変わりないだろう? そのへんがなんかイヤなのよ。

観鈴は早死にしてしまう中でも、あえて義務を果たす道を選んだと思うんだよ・・・。
「もう不幸なのは、わたしで終わり」と言ってるように、自分がこの義務を果たして
次の「わたしたち」は幸せにしてあげよう、と考えたんじゃないかと。
悲しみを知っている人ほどその辛さがわかるから人に優しい、というのはよく聞く話だけど
観鈴もこれまでが辛かったから、どれだけ悲しいことかをよく知っているから
次の「わたしたち」はそんな目に遭わせたくないと思って頑張ったんだと・・・。

325 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:28
ネタはあるはずなんだが。
地球がどうとか言う問題は未解決だったと思うんだが。
あと、オレの知能程度とか(藁

326 :285:2000/11/10(金) 20:29
う〜ん、ついさっき言ったばっかりだけど
観鈴が果たそうとしたのは「義務」なんかじゃないよな。訂正。
ここを読んだら「義務」ってのは失礼だ。

【みすず】「ずっとね、夢見てたの」
【みすず】「悲しい夢」
【みすず】「それは、ずっと続いてるの」
【女】「夢なんやろ? そんなん忘れたらええやん」
【みすず】「忘れられないの」
【みすず】「だって、それはわたしの記憶だから…」
【女】「夢が記憶? 夢と記憶は別やで」
【みすず】「そうだけど、そうじゃないの」
【みすず】「わたしは今、ここにいるけど…」
【みすず】「もうひとりのわたしは、ずっと空にいるの」
【みすず】「その子の記憶を、わたしは夢に見てる」
【女】「観鈴ちゃんは、想像力が豊かやなぁ」
【みすず】「ううん、ほんとだよ。ぜんぶ、ほんとのこと」
【みすず】「それでね、その記憶を思い出してゆくと、わたしは調子が悪くなってゆくの」
【みすず】「それはきっと、その子が悲しい思いをしたせい…」
【みすず】「絶対に忘れられないぐらい、辛い思いをしたせいなの」
【女】「そんなん忘れるようにしたらええやん」
【女】「うちが楽しいこといっぱい考えて、いっぱいさせたる」
【女】「そうしたら、観鈴は現実だけを見て暮らしてゆける」
【女】「そんなおかしな記憶なんて、忘れて生きていける」
【女】「な。それで安心やろ?」
【みすず】「そんなんじゃダメ」
【女】「なにがあかんのや?」
【みすず】「ちゃんとその記憶と向かい合ってあげないと」
【みすず】「じゃないと、結局、繰り返しになってしまうから」
【女】「なんや、繰り返しって?」
【みすず】「ええとね…」
【みすず】「夢の中のわたしは、ひとりじゃないの」
【みすず】「何人も何人も、悲しみを受け継いでしまっている」
【みすず】「じゃないと、わたしは…わたしたちは、こんな繰り返しの中にいない」
【みすず】「こんな悲しみ続かない」
【みすず】「だから、うまく言えないけど…」
【みすず】「わたしが終わらせるの、その悲しみを」
【みすず】「どうしたらいいのか、まだわからないけどね」
【みすず】「でもきっと、その夢を見続けたらわかるはず」
【みすず】「わたしがなにを背負って、今もこの空にいるのか」
【みすず】「それは誰もできなかったこと」
【みすず】「今までわたしだった人たちが、誰もできなかったこと」
【みすず】「だからね…わたしが、やらないと」
【みすず】「もう不幸なのは、わたしで終わり」
【みすず】「次からは、幸せになれるように、わたしがんばるの」
【みすず】「………」
【みすず】「にはは。自分でもよくわからないんだけどね…」
【女】「………」

327 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:32
翼人の親子の語らいの場面抜き出せないんだよね。
誰かだしてーん

328 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:35
>>326
それは"義務”って言葉に変なイメージがあるからじゃない?
本来は自分の意思で背負うべきものだと思うんだけどな

329 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:40
>>324
そうだとしても、持っていきかたがまずいと思うよ。
「どうせ死ぬんだから、せいぜい人の役に立って死のう」というよりは、
「俺はこの命を、人のために敢えて捨てる」というほうが、カッコよくないか?
逃げ道が残されていながら、敢えて逃げずに進むほうがカッコよくないか?
観鈴の心情はともかく、状況設定はやっぱりまずいと思うよ。

330 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:42
>>328
まあ、翼人自体が変な義務を背負い込まされたクリーチャーだしねぇ。

331 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:42
>329
観鈴には「苦しい思いをしてまで耐えずに寝て楽になって早く死ぬ」という逃げ道も残されていたのでは?

332 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:45
>>331
危うくそうなりかけたもんね。
そらに助けられたみたいだけど


333 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:48
めっちゃ盛りあがってるな。混ざっていいか?

334 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:51
いいよいいよ。俺風呂はいってくる。覗いてもいいよ。

335 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:53
>>331
そのへんははっきりしないんだよな。なにせ超常現象だから。
観鈴の頑張りに応じて、死期が伸びるのか伸びないのか、それがわからない。
そういう記述あったか? ちょっと見あたらないんだが。

336 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:56
過去の転生体は頑張ったが、翼人の記憶を受けきることはできなかった。
よって、観鈴個人の頑張りに関係無く、死期は一定。苦しみも同量。
……と解釈してるんだが、違うのかな?

337 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 20:57
まあ、布団で寝てたほうが、晴子と思い出を作るために
あちこちうろつくよりは楽かもしれないな。

338 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 21:15
話の腰折って悪いが>>37分かったぞ。
>>112の話では作中で空と海が等価っていう表現が合ったらしいんだけど、
空=子、海=親(母親?)みたいな意図があるんじゃないかな。
(大地は知らん。父親か?)
子もやがては親となり子を成すという意味で空と海は同じであると。
これで烏の子供の名前がなぜ「そら」なのかも納得行く。

これらを踏まえると、無限という言葉の意味もはっきりとする。
無限とは親に育てられ、大人になって子を成し、その記憶を子供達に伝え、またその子供達が大人になっていくという人の営み。
つまり無限の終わり(=死)には新たな無限(=生)が始まる。
まあ、言ってることは112と同じなんだけどね。
「さようなら」というセリフは子供達の自立を表す言葉なんだな。
これならONEとかMOON.とかと比べても違和感ないべ。
本当の幸せというのは「生きる」ことそのものなんです。

339 :ちょっとだけ麻枝派:2000/11/10(金) 21:16
DREAM編で一度死の淵に瀕した時には往人が自分の力を全て使って
助けるんだよね。それでも観鈴はどんどん弱っていってAIR編の8月
初めではいったん生きる希望を失う。そのまま死んでしまうバッド
エンドもあるけど普通に進めるとそこでもう一度「そら」として
転生した往人が最後の力を使って観鈴に生きる希望を与えた。
だから観鈴は翼人の記憶を最後まで受け止めきろう、と決心できた
わけで今まで転生した先の子ども達はそうした人が側にいなかった
から途中で死んでいってしまったんじゃないか、と思う。
転生先の子どもに最後まで記憶を受け継ぎきるための希望を与える
のが法術使いの使命だったのでは、と考えている。
にしても皆深く考察してるよなぁ。俺なんか上っ面しか読めてないや。

340 :一応突っ込み:2000/11/10(金) 21:20
>今まで転生した先の子ども達はそうした人が側にいなかった
>から途中で死んでいってしまったんじゃないか、と思う。

そういう人が呪いの影響によって死んでしまったから、
子供たちが孤独だったってことで。

>転生先の子どもに最後まで記憶を受け継ぎきるための希望を与える
>のが法術使いの使命だったのでは、と考えている。

転生先の子供にかけられた呪いを解いてやるのが方術使いの
使命だったということで。まあ、どっちもがいしゅつ意見なんだけど。

341 :ちょっとだけ麻枝派:2000/11/10(金) 21:36
>340
確かに本文中にそういう記述があったね。観鈴に希望を与えるの
が往人の役目っていう考えに囚われていたよ。有難う。
でもやっぱりAIRってマクロな話なんだなぁ。あまり観鈴がどう
とかのミクロな視点で見るべきではないのか?

342 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 21:38
>>335
AIRテキスト化ツール持ってるならSEEN404見てみ。
「休息」って名前のバッドエンドなんだけど、志半ばで諦めた観鈴の最期が載ってる。

343 :空=海?:2000/11/10(金) 21:49
SUMMER編で「海」の単語が出てくる箇所一覧。
確かに空と海にはなにがしかの関連は有りそう。
あとは観鈴の海へのこだわり、それと、そらが往人の転生で
最後の子供が往人と観鈴の転生とした場合、空に帰り海より
再生したことになること、このあたりが状況証拠か?
------------------------------------------------------------
【裏葉】「海の近くなら、漁(すなどり)をすることもできましょうね」
【柳也】「海、か…」
【柳也】「どうせなら、西の方の温かい海がいいな」
【裏葉】「それはたいそう居心地よく暮らせましょうねえ…」
既に庵の前にいるかのように、うっとりと裏葉が言う。
と、神奈が身を乗り出すように訊いてきた。
【神奈】「海とは、どのようなものだ?」
【柳也】「なんだ、知らないのか?」
【神奈】「途方もなく大きな水たまりと聞いておるが、この目で見たことはないぞ」
【柳也】「水たまりは水たまりでも、全部塩水だぞ」
【神奈】「…また余をたばかっておるであろ」
【裏葉】「まことでございます」
【柳也】「それにな、海は空と同じぐらい広い」
【神奈】「なんと…」
【裏葉】「鯛も鮑も食べ放題でございます」
【神奈】「まことかっ」
----------------------------------------------------------
【知徳】「国を治める者にとっては、神に届く翼などあってはならぬもの」
【知徳】「これより先、あらゆる文書(もんじょ)には筆が加えられるでしょう」
【知徳】「空は海と、鳥は魚と、炎は水と書き換えられるでしょう…」
------------------------------------------------------------
【裏葉】「神奈さまの魂を人が宿すことは、小さな器に海の水を移すようなもの」

344 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 21:54
わ、このスレッドが「にちゃんねるさらっとよみ」で紹介されてるよ。なんだか嬉しいな。

345 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 22:17
>342
AIRテキスト化ツールってどこで手に入るの?
教えて君でスマソ。


346 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 22:23
www.ngy.3web.ne.jp/~myakita/
ここにいくよろし

347 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 22:28
皆そろそろ自分の中で答えが出たかな?
このゲームは確定情報が少ないので、「つじつまが合う考察」が
たくさんあって面白い。
でもこれって「AIR」が成功したことになるんだろうか?

348 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 22:30
(゚ε゚)僕達まだAIRクリアしてないぷう。
(゚〜゚)ならこのスレに書きこむな………なんだかね。




349 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 22:48
海は故郷
空は旅立ち

旅立ちのまま
縛り付けられた少女

彼女は故郷を想う
帰りたい
ぬくもりと共に

350 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 23:20
考察アキタヨ。逝ってよし!

351 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 23:55
とりあえずあげ
ったく厨房は…。

352 :名無しさんだよもん:2000/11/10(金) 23:59
マジで聞きたいんすけどブルーディスクっていつ使うんですか?
オレンジで終わっちゃいましたけど?

353 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 00:01
>>352
インストールで使ったろ…。

354 :>353:2000/11/11(土) 00:03
記憶にございません。
でもありがとさんです

355 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 00:08
あのオープニングをAVIにしたい…

356 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 00:15
アビゲイル萎え〜

357 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 00:23
>>355
確かに。
ムービー系サイトの誰かがやってくれてないかな?

358 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 00:34
カラフルピュアガールでデモが載ったときに
あちこちでムービー化されたら、今更OPをムービー化する奴は少ないだろ。

359 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 00:38
当たり麻枝のクラッカー。

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/11(土) 00:39
>358
そんな事言ったら、アプキボンが出てくるだろ(w

361 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 00:40
よし、あぷきぼんぬ

362 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 00:46
>>361
アカ頂戴(藁

363 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 00:48
何MB?

364 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 00:50
1023GB

365 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 00:56
AIR自体より大きいぢゃん(w

366 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 00:59
なにぶん、プログラムがヘタレなもので

367 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 01:06
何なのこの盛り下がりっぷりは…。

368 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 06:11
とりあえず、言葉尻をとることと物語中の確定事項を重視するってのは
違うんだよ。
オフィシャルのは自分の意見が第一にあって、文章中の確定事項まで亡
き者とするからな(笑) 妄想SS作ってるヤツが大部分だろ? ここで
はそういうことはしたくないよ。
オフィシャルでそういうことやってるヤツにオレは突っ込まないから、
ここのやり方にオフィシャル信者も突っ込んで来るなよ。

369 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 07:15
>>368
誰へのレス?

370 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 08:24
>翼人の親子の語らいの場面

この星はまだ、歩きはじめたばかり。
だから、わたしたちはここに生まれた。

わたしたちは無限に記憶を継いでゆく。
この星で起こる全ての事象を見聞き、母から子へと受け渡していく。
つまり、それはこの星の記憶。
わたしたちは、星の記憶を司るものなのです。
星の記憶は、永遠に幸せでなければなりません。
憎しみや争いで空が覆い尽くされた時。
この星は嘆き悲しみ、あらゆるものを生み出した己を忌むことでしょう。
全ては混沌に戻り、そして無に帰すでしょう。
だから、わたしたちは幸せであり続けましょう。
大地や空や海に暮らす者たちすべてに、無限の恵みをもたらすよう…
それこそが、わたしたちという種の役目。
忘れることを許されない、わたしたちの誇り。

多くの困難が、行く手には待っていることでしょう。
辛いことや悲しいこともあるでしょう。
時の流れに立ち向かえるほど、わたしたちは強くもありません。
わたしたちもいつの日か、滅びる時を迎えるでしょう。
それは、避けようのない結末。
けれど、最後は…
星の記憶を担う最後の子には…
どうか、幸せな記憶を。

……これのことか? 違ってたらスマソ。

371 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 08:40
スレの流れが見えないんだけど、
AIR肯定派は、観鈴は個人の幸せを犠牲にして義務を果たした。
AIRはそういう大義を肯定する、素晴らしい作品だと主張し
R否定派は、個人の幸せを犠牲にして成り立つ大義など無価値、
ふざけんなバーローと言っている。
そういうことでいいのか?

372 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 08:51
>>371
ん。いい区分けかたっす。
強いて言えば、前者は「観鈴のがんばりを認めてあげようよ」
みたいのがありそう。
後者の一部には「神奈が救われなかったら嫌だい嫌だい」という
感情がありそう。

でも両者とも肩を怒らせて「そんな単純なもんじゃないんだよ!」
と言いそうな気がするな。
気がするだけ。んじゃ。

373 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 10:22
いや、その通りなんだけどな。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/11(土) 11:13
>>371
ま、そう言う事だね。
要は麻枝の幸福観を素直に享受出来るか出来ないかに
掛かっている。
で、これは考察出来る、出来ないとは別ベクトル。
考察した上で出る問題点。
この辺りを一緒にするからややこしくなる。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/11(土) 11:14
突破口を開いた368に敬礼!

376 :なんとなく麻枝派:2000/11/11(土) 11:33
>>371
確かにそういう分け方がいいかもな。俺はどちらかといえば
「観鈴が自分の意志で決めたことなんだから、例えその先には
死しか待っていないとしてもその意思を尊重してやるべきだ」
とか感じていたな。でも視点を人類全体のレベルに持っていった
結果、そこに生きる個人があまりにも統計的存在として扱われている
、という不満もあった。晴子が「母」、観鈴が「子」という記号
としてしか扱われていなかったように思える。だからAIR後半はただ
テキストを追っていただけだった。


377 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 13:11
371は皮肉言ってるんだと思うぞ。
結局は好きなやつと嫌いなやつが言い合いしてるだけなんだがな。

378 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 13:18
とある同人誌に親子の会話の事が書いてあったんだけど、これはあってるのかな?

>あれは、「この星の最初の記憶を」「空に届ける」役目を担った、翼人種の太祖的存在である
>母親(よくファンタジーなどで大母とかグレートマザーなどと称されるような存在)とその子供の
>会話だと思われます。
>そして、観鈴が最後に見た夢でもあります。その事は、翼人の子供が母親の最後の別れの言葉を
>受けて空に飛び出したCGと、観鈴の語った夢の内容が一致する事から判断出来ます。
>その夢を見る事で、観鈴は初めて翼人の役目を知る事が出来ます。それによって自分の成すべき
>事を正確に把握でき、今まで長い歴史を経ても成し得なかった、幸せな記憶を空に届ける事が
>出来るようになったわけです。

>>370を見る限り、そんな気もするんだけど。まだAIR解いたばっかだしイマイチ分からんちん。

379 :だまーえ派:2000/11/11(土) 13:37
好き嫌いはともかく、どの話も昼ドラの域から抜けてないと思うよ。
ただ、あまりそういうのに触れたことのない人には新鮮にうつるのだろうし、
また、AIRを好んでる人の感情を害するつもりもないけど、
登場人物の葛藤とか心情というものを深く掘り下げて描写してない(できるかどうかは別)のが、
現時点での製作者の姿であることは間違いないと思う。
もちろん、これはシナリオのみを取り出して考えた場合だけど…

380 :なんとなく麻枝派:2000/11/11(土) 13:55
>>379
麻枝シナリオは人物造型の深さよりもむしろストーリーの展開で読ませる
シナリオに思える。AIRはストーリーは確かにすごく面白いし、込められた
テーマも深いと思うけどやっぱり人物造型が浅い印象はあるなぁ。
Kanonの麻枝シナリオはストーリーも抜群に面白いし、キャラクターも
丁寧に書き込まれていたのでとても好きなんだけど、AIRはちょっと…
となるのはそのせいなのだろう。

381 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 13:55
心理描写をむしろ徹底的に行わないというのも手法としてはありじゃん。
麻枝がそれを狙ってやってる可能性もあるんでは?

382 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 14:03
>379
昼ドラも悪くないのかもしれないなー、と思ったよ。加奈とかこれとか。

383 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 14:11
ストーリーは失敗してると思うけどな。
AIRのすごさは、翼人というファンタジーの設定にあると思うのだが。

384 :だまーえ派:2000/11/11(土) 14:39
>>380 >>381
お二人のご意見に同意します。

で、お気づきになっていただいたかと思うのですが、>>379では
「アサエダ」とせずにあえて「製作者」と表現しました。
あと、ストーリー展開の突っ走りは、各キャラのエピソードベースでは小さく、
物語全体としては行き過ぎた(ここでもよく指摘されてますよね)感があると思います。

385 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 18:11
(゚ε゚)ラストは来世で子供達は往人と観鈴かなんかで、座ってる二人は幻影って考えたら駄目かぷう。
(゚〜゚)もっとよく考えるべきか……なんだかね。

386 :なんとなく麻枝派:2000/11/11(土) 21:26
このスタッフの作ってきた作品は全て成長物語、いわゆるジュヴィナイル
だったと思う。Kanon、AIRが童話をモチーフにしているのは童話がそれを通じて
子どもの精神的成長を助ける目的で書かれているものだから、と思う。
Moon.からKanonまでは個人レベルでの成長物語を描いていたのだが、AIRでは
「人間という種全体」の成長を語ろうとしているように感じられる。
ただいくら人間全体の成長、と言われたところで読み手は人間全体について
どうこうできる存在ではないし、そんなことを考えてもいないからそこでイマイチ
成長といったテーマが伝わりにくくなってしまったんじゃないか、と思う。
往人も、観鈴も、晴子も、美凪も、佳乃も皆成長していって、それはちゃんと
ストーリー上で描かれているんだけど、最後の最後でそうした個人の成長物語を
人間全体のレベルにまでもっていっちゃったせいで「そこに生きていたひとりの人間」
の物語が読み手に伝わりにくくなっているな〜、と思った。
だからシナリオ中のテキストを要素として抜き出して、解析しないとストーリーが
把握できない、テーマを理解できないといったようなことになっちゃたんじゃないだろうか。
本来作家が語りたかったことなんて「論理」じゃなくて「感情」で感じ取れるもの
だと思うんだけどね。

まぁ成長物語だ、という俺の考えそのものが的外れなのかもしれないが。

387 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 21:37
(゚ε゚)どんな物語の人物も大抵は成長するぷう。
(゚〜゚)人類の成長なんてあったか?……なんだかね。

388 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 22:15
いや、俺は皮肉ったつもりはなかったんだが。真面目にまとめたいんだが。

>>381
心理描写を行わないのと、人物造型が浅いのは、別の問題だと思うぞ。
俺は、心理描写がステロタイプなわりに量自体は過剰だと感じた。

>>383
翼人もなー、たまたまEarthX読んだ直後だったせいかもしれないけど、
大して壮大な設定だとは思えなかった。「観察者」に対する怒り引きずってたし。
このへんは個人的な感想であって、考察になってないがな。スマソ。

389 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 22:16
スマソ、388=371です。

390 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 22:22
>>387
初めて、(゚〜゚)の意見に同意。人類の成長なんてどこかにあったか?

391 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 22:25
ガイシュツだったらごめん。
「AIR」って「マール王国の人形姫」に似てるよね。
翼人、人形をあやつる能力、母と娘の絆の物語とか。



392 :名無しさんだよもん:2000/11/11(土) 23:50
よし、ネタふりだ。
そら=往人なのか?




393 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 00:19
AIRのラストはEVAのラストに少し似てる。
麻枝も人類補完計画に補完されていたのか…。

394 :68:2000/11/12(日) 00:21
>>392
AIRシナリオでのそらの持つトラウマ、思い出す記憶を考えるとそれしか
ないと思うが。少なくとも意識はそら=往人。

395 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 00:23
>>393
がいしゅつです。
9月の10日ごろに。

396 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 00:23
同じ時間を繰り返すのはどう解釈してる?

397 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 00:27
>>396
誰が?

398 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 00:27
>396
奇跡(w

399 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 00:28
記憶の受け取り先に時間の概念がないって考えるのが
適当かもね。
それか翼人の記憶=星の記憶がリセットされた反動で
もう1つの世界=パラレルワールドが生まれたとか…。

あの演出はそういうのを意図的に説明しているのでは?
えらく遠回しだけど。

400 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 00:29
>397
そら達さ、一回目はそらいないのになんでそら登場するのかな。

401 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 00:30
タイムパラドクス

402 :68:2000/11/12(日) 00:31
>>371 遅レスだけど。
肯定する場合には義務を果たしているかどうかが最大のポイントになると
思うのだが。観鈴が幸せな記憶を得るだけで輪廻が絶ちきれるということ
を確認したいなぁ。誰か具体的に示して!
それがなければただの悲劇なんだし。

オレは今、否定に近い立場で検証してるけど、それは上の理由から。

>>396
往人の願い(意思)どおりに観鈴のそばにいる。
AIRシナリオの状態はDREAMシナリオラストでの往人の願いそのまま。
「もう一度やりなおせるなら」だっけ?

403 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 00:32
1=DREAM
2=AIR
3=AIRラストから、1とは少し違うDREAM
4=2とは少し違うAIR

404 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 00:34
別の可能性に飛んだってのじゃない?
飛んだ理由は402と一緒。

>>402
私は空に帰る云々なかった?

405 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 00:35
そらはDREAMにも出てるよ。ただ逃げただけ。
AIRの最初の方にそういう選択肢があるだろ。

406 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 00:36
鶴木屋行って本人に聞いてみれば(w

407 :404:2000/11/12(日) 00:37
DREAM編…そら逃げる。
AIR編…そら逃げない。
やっぱ可能性だな。

408 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 00:49
すべて翼人の記憶の中の世界って考えれば・・・。
マトリックスっぽいけど。

409 :68:2000/11/12(日) 00:56
>>404
空に帰るって観鈴のこと? ま、死んだら空に帰るってのは普通の概念
としてわかるんだけど、オレが気になるのは届け物があってたかどうか
ってことなんですよ。ちゃんとした解決を持っていけたかということ。

>>405 >>407
ただのカラスは逃げた。往人の願いを持つカラスは観鈴についてったとも
言えるな。…と考えると往人の転生は憑依に近いのかもしれん(笑)

410 :404:2000/11/12(日) 01:03
>>404
いや、『あなたには、あなたの幸せを〜』のくだりで、
もう別れみたいなこと言ってたと想う(ちと記憶があいまい)。

>考えると往人の転生は憑依に近いのかもしれん(笑)

405があげているように、往人の願いを持つカラスでも逃げるよ。
その時はまだ、記憶が戻っていなかったわけだし。
その辺を含めて、「可能性」と言ったんだけど。

411 :410:2000/11/12(日) 01:04
>>404じゃなくて>>409ね。
自分にレスしてどうする…。

412 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 01:11
>AIR肯定派は、観鈴は個人の幸せを犠牲にして義務を果たした。

ごっつい不幸な運命の中で、観鈴は健気に頑張って自分の幸せを見出し
且つ義務を知り、それを果たして死んだ。と思ってる。

なんか・・・AIRやってないのに書き込んでる人いるような気がするのは俺だけ?

413 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 01:13
>なんか・・・AIRやってないのに書き込んでる人いるような気がするのは俺だけ?
ゴーマン


414 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 01:15
>>413


415 :68:2000/11/12(日) 01:15
>>410
いや、あそこでついていかないカラスはただのカラスになってしま
った往人とでも言うべきか。たぶんあの後は普通のカラスの生活が
待ってる。
往人の願い自体が観鈴と一緒にいることなんだから、あそこでつい
ていかない理由なんてないんだよ。

だから、あの選択肢は意図的にDREAMシナリオとの分岐を示すことな
んだと思う。ちょっと意味不明?

416 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 01:21
>412
よく意味はわかりませんが、あなたの言ってることファーストプレイ
レベルの感想ですね。突っ込んで考えれば結構ギモンが出てきますよ。
たぶん、あなたから見てよくわからないことを言う人たちはあなたの
感想の段階はちゃんと踏み越えてますよ。

417 :404:2000/11/12(日) 01:25
>>415
>往人の願い自体が観鈴と一緒にいることなんだから、あそこでつい
>ていかない理由なんてないんだよ。

観念的だね(茶化してるわけじゃなくて、話の中くらい俺もそうあって欲しいけど)。
ただ「可能性」って言葉の意味を事象面から取ると『ありうる』でしょう?


418 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 01:26
412は真性厨房。
さっさと去れ。

419 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 01:26
>416
そうかぁ?
漏れもは回プレイしたが412と同じような印象を持ったぞ

それにしてもえらく高見からの物言いだな…

420 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 01:26
>>416
タクティさんですか?

421 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 01:27
>>416
信者こわいよ〜

422 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 01:31
個人(観鈴)の幸せそのものが義務を果たすのに必要ってのが
ポイントなのでは?
その辺りも踏まえて発言した方が良いんじゃない?

423 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 01:32
みんななかよくしようね。
な〜か〜よ〜し〜


424 :68:2000/11/12(日) 01:34
>>417
AIRの発売日に気合入れて秋葉原へ行ったが、ふと買う気がなくな
ってしまった…ってくらいの可能性ならあるね(笑)

425 :68:2000/11/12(日) 01:39
>>422
うん、そこが立証されれば412の言う話でいいんだよね。
必要かつ充分だってことが。
そのへん誰か説明してくれい!(笑)

あ、義務ってのはループを断つことだよね?

426 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 01:40
おうおう、ネタにも気付かないのか、よく釣れたぜ。


427 :404:2000/11/12(日) 01:40
>>424
だから、記憶ないんだから…。
あなたが424であげたの例でいえば、AIRの存在を忘れてたら買えないでしょ?

428 :68:2000/11/12(日) 01:45
>>427
水掛け論なんだが(笑)、AIRの存在を忘れてしまえば鍵っ子ではない普通の
人だし、観鈴の存在を知らないカラスは往人ではないただのカラスだと思うの
だが。
オレの爆笑理論。鍵っ子にAIRが必要なように、往人には観鈴が必要。
(ちなみにオレも鍵っ子だよもん)

429 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 01:47
最初の選択肢で観鈴に付いて行かないことが可能だろ。
それだけの話。

430 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 01:50
>観鈴の存在を知らないカラスは往人ではないただのカラスだと思うのだが。
何で?記憶が戻ってないだけでしょ?

431 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 01:52
今何のことについて話してるの?


432 :404:2000/11/12(日) 01:53
なんで事実を整理しているのに
「物語上の意味」を持ち出すかな…。
それは事実を整理したあとでしょ?

433 :68:2000/11/12(日) 01:53
>>429
素で「付いて行かない」を選んだヤツが多数いるなら認めるが、
そんなの選ぶやつメッチャ少ないだろ! ってのがオレの話。
でも、もちろん選択肢がある以上、可能性はある…ってことでオ
レの負けにしよう。

434 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 01:55
>>431
言葉尻に対する揚げ足の取り合い。

435 :68:2000/11/12(日) 01:57
>>431
観鈴が幸せになって、それでループを断ちきれることの立証を
キボン。

436 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 02:00
>>435
370が抜いた部分を読もう。

437 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 02:00
>>435
そんなの、EDを言葉通りに受け取ればいいんでないの?

438 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 02:03
それって昔の議論でとっくに答え出てるような……。


439 :68:2000/11/12(日) 02:06
>>436
あれは記憶の始点、最初の翼人の会話だろ?
あれには最後の翼人には幸せになってほしいっていう願いがあるだけで
それが解決策だという論拠はない。それにあそこで言う悲しみの歴史は
翼人の力が権力者に利用されるようなレベルの話じゃないのか?
>>437
できたらその解釈を示してほしい。過去ログでもそれは何回かやってる
けどしっくり来るものがない。


440 :68:2000/11/12(日) 02:07
>>438
マジでそのログ、アップして。

441 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 02:07
まさか解ってないとは思わないが、一応言っとく。
空に縛り付ける呪いはとっくに解けてるぞ。
救われてないのは、幸せになる前に皆転生先が死んでしまうせいだ。
(記憶受けきれずに早死に&友人志望の呪いで)
だから、「幸せになれた」観鈴で呪いが解けたんだろ。

442 :68:2000/11/12(日) 02:15
>>441
これもこのスレで言うのが3回目くらいなんだが、では何故観鈴
が消えた後もそらが「まだ空には少女がいる」って言ってるんだ?
なんで、そこに飛び立って行くんだ?
あと神奈は柳也が自分のために死んだことを悔いている。それが
彼女の悲しみの根本。
観鈴のために柳也と同格である往人が死んだ記憶は幸せか?

443 :437:2000/11/12(日) 02:16
翼人の「別れの時が来ました」というセリフ。
母から子へ語り継がれる物語が終わるんだから、
それが無限の終わりじゃないの?
星の記憶が返された以上、翼人の使命も法術使いの約束も無くなるし。

444 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 02:16
空に縛り付けられたのろいは方術によるもの
これは百年で解けてる。
翼人が殺めた人間の怨念みたいなのが
心を通わせた親しい者を死に至らしめ、神奈を苦しめている呪い。
神奈はこれのおかげで空に還ることができなかった。
で観鈴が頑張って記憶を受け取り幸せな最期を遂げ、
そらが幸せな記憶を届け、輪廻を断ち切り、地上に連れ戻した。


445 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 02:20
役割的に柳也や、往人と同格と言えるそらが空に迎えに行くって事でしょ。
つまり、最後の幸せの欠片だと思うが。どうか?

446 :404=70:2000/11/12(日) 02:25
>「まだ空には少女がいる」って言ってるんだ?
あなたはタイムラグを許さないの?
死んだらすぐさよーなら、だとでも?
星に帰るのに時間かかってたとか、観鈴が混じってたせいだとか考えないの?
それにそうでなくても、そらは取り残された「観鈴」を迎えにいったんだと思うが。

>観鈴のために柳也と同格である往人が死んだ記憶は幸せか?
幸せでしょう。母親がいる分。
AIRってのは、それを示すためだけのゲームなんだから。

2度目だね。この言い合い。
疑問に思ってるんまら、何故前回はレスを返さなかったの?

447 :444:2000/11/12(日) 02:26
補足:
人(観鈴)には翼が無いから代わりにそらが届けた。
多分、そういう意味で佳乃や美凪シナリオでも
輪廻は断ち切られてる(そう思いたい)
迎えは・・・そのうちってことで。

448 :437:2000/11/12(日) 02:29
ついでにいえば、ラストのそらの「今もひとりきりでいる少女」というのは
観鈴のことでしょう。
さらに、ラストの少年の「無限の終わりを目指して」というセリフは、
これから二人で無限の終わりを目指して生きていこう、というより
往人と観鈴によって翼人は開放された。
だから僕たちが翼人との運命を断ち切った人生を送りきることで
本当に無限が終わったことを証明しよう、という意味があるのでは。

449 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 02:30
>>観鈴のために柳也と同格である往人が死んだ記憶は幸せか?
>幸せでしょう。母親がいる分。
>AIRってのは、それを示すためだけのゲームなんだから。

で、ここんところが、「それは幸福観の押しつけだ」とか、
「けっ、マザコン野郎が」という嫌悪感の原因になってるのね。

450 :444:2000/11/12(日) 02:34
往人って死んだのか?
観鈴は往人が死んだと思っているのか?

451 :437:2000/11/12(日) 02:35
開放によって神奈が得る幸せとは、その大部分が
「呪いによって封印されていたSUMMER編での記憶」でしょう。
観鈴が届ける幸せな記憶は、そのきっかけであり
必ずしもその幸せが全て神奈の幸せである必要はないと思う

452 :68:2000/11/12(日) 02:36
>>443
あれは翼人の最初の記憶。原始の世界に飛び立って行くことから最初
の翼人がその子供に別れを告げるシーンと自分は解釈している。
あの話だと翼人は各世代ごとに記憶を届けているのではないか?
>>444
素直に考えるとそうなる。だがそれには論拠がない。
オレも大筋ではそうだと思うんだが。
>>445
それは正解だと思う。往人が生きていることの証明で神奈も報われる。
ってしまった、答えでちゃった、予想外(笑)

453 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 02:36
むしろ幸福観の押し付けは観鈴ちんは不幸だ!
って言ってる人々では……。

454 :404=70:2000/11/12(日) 02:40
>>449
そう、オナニーシナリオと言われてるのもそのせいだよね。
>>450
>往人って死んだのか?
死んだかってのはあまりシナリオ上関係ないと思う。
関係あるのは『そばにいるかどうか』じゃない?
>観鈴は往人が死んだと思っているのか?
その辺はわからないなあ。
ただ、心が通じ合い、戻ってきたのを感じ取りながら
いないのを疑問に思わないってところから考えると、
やっぱりうすうす『もう往人はこの世にはいない』って感じ取っているのでは。

455 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 02:40
「幸せになること」を義務とする発想にはついていけん。
何をもって幸せとするかを強制することにはもっとついていけん。

>あと神奈は柳也が自分のために死んだことを悔いている。
これだって、「柳也どのは予のために命を賭してくれた。予は果報者じゃ」と
神奈が主観的な解釈を変えただけで、幸せな記憶に早変わりだもんなぁ。
最後の翼人が神奈じゃなくて、もっと性格の悪いヤツだったら、
いつまで経っても輪廻なんて断ち切れなさそうだな。

456 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 02:43
翼人は心が素直とか、そんな感じのどっかに書いてあったような>>455

457 :437:2000/11/12(日) 02:44
>>452
それこそ、神奈以降の記憶の担い手がいない以上
すでに物語は終わっています。

458 :68:2000/11/12(日) 02:45
>>448
それではAIR編の7/17のこの部分はどう思う?

【みすず】「あ、子供が遊んでるよ」
彼女が顔を向けた、その先。
ずっと遠くまで見わたせる。
どこかにたどりつきそうで、どこにもたどりつけないような…
そのはじまりに、小さな影がふたつ。
男の子と、女の子だった。
【みすず】「楽しそう…」
じっと見つめている。
【みすず】「あんなふうに遊べたらいいのにね」
影のひとつが手を振っていた。
【みすず】「ばいばい〜」
彼女も手を振りかえす。
小さな影たちは、歩きはじめた。
どこまでも遠く、おわりのない道を歩きはじめた。
その先にあるものを怖がらずに、前に進んでいく。
それはきっと、ぼくが持っていないものだ。
つばさがふるえるのを感じた。
ふたつの影をいつまでも、彼女と見送っていた。
………。


まるで彼らが輪廻を断つ役回りのように読めないか?


459 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 02:45
68は、うすうす理解しているくせにその内容が嫌だ嫌だと駄々をこね、
都合のいい解釈を求めて自分を慰めている厨房です。

460 :68:2000/11/12(日) 02:50
>>455
それだと柳也が死ぬビジョンをえんえん見せる高野山の呪いは
意味ないね(笑)
>>457
どういう意味? よくわからん。最後の神奈は記憶を帰してないし。


461 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 02:51
>>458
読めない。むしろ断ったあとに読めるぞ。
>その先にあるものを怖がらずに、前に進んでいく。
このあたりなんか特に。

462 :444:2000/11/12(日) 02:52
>>460
それは高野山の呪いじゃないってば。

463 :68:2000/11/12(日) 02:56
>>459
違うよ。オレ過去レスでも言ってるんだけど、ハッピーエンドと
悲観的解釈と両方検証してるの。
オレがハッピーエンド解釈してるのもあるから過去レス見てみ。
だから、445とかが言ってるのはオレも同意見。だけどそれと矛盾
するところがあるからそれを潰してるの。

>>454
>観鈴は往人が死んだと思っているのか?
それについては過去ログでずばり観鈴が気付いてる描写がUPされて
た。



464 :68:2000/11/12(日) 02:57
>>461
オレはそこが一番ひっかかるけど。
あなたはそこをどう読みます?

465 :437:2000/11/12(日) 02:59
彼らが輪廻を断つ、という考えは僕も一緒です。
つまり、観鈴、往人、そら達は翼人との無限の輪廻を断ち切り
少年達は使命というレールからはずれ生きていくことで
観鈴達が輪廻を断ち切った、という証明をするわけです。
そして、その証明が成って初めて、無限の終わりと言うことができる。

『子供達は夏の線路歩く 吹く風に素足をさらして
遠くには幼かった日々を 両手には飛び立つ希望を』
あの子供達は、観鈴達が翼人の呪いを終わらせたことで、
やっと何者にもとらわれない人生を(素足をさらして)
歩むことができるようになった、そう考えられませんか?

466 :68:2000/11/12(日) 03:00
>>462
そうだっけ?
ってことはなんでそんなビジョン見るの?
観鈴と同じような少女達の記憶の比喩なの?

467 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 03:01
>463
自分に都合のいいところしか返事しないから厨房扱いされるんだよ。
しかも文句しかいってない。

468 :437:2000/11/12(日) 03:03
あ、465は458へのレスね。
つまり、観鈴達は断ち切るまでのお膳立てをして、
最後の子供達はその人生を自由に生きることで、
その人生で無限の終わりを象徴する役割だと思います。


469 :444:2000/11/12(日) 03:04
>>466
>>444に書いてる。
抜き出されてもいるよ。

470 :461:2000/11/12(日) 03:05
>その先にあるものを怖がらずに、前に進んでいく。
輪廻から開放されているから、前に進めるんだろ。
開放されていなかったら、前に行けずぐるぐる(W だぞ。
>それはきっと、ぼくが持っていないものだ。
空とは違う=開放されている

471 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 03:07
どうでもいいが、68よ。
過去ログちゃんと読め。
あと、446はシカトかい?(藁

472 :68:2000/11/12(日) 03:09
>437
うん、その方向性だよね。整合性を持つには。
ところで
>その先にあるものを怖がらずに、前に進んでいく。
>それはきっと、ぼくが持っていないものだ。
すると、この「ぼくが持っていないものだ」というのはなんなのだろう?
これがひかかる。幸せな日と取るのも悲しいし、怖れるものがなくなった
彼らへの羨望みたいなものだろうか。
>>467
全レスするとくどくない? オレのためのスレッドじゃないんだし。
あと細かいところに拘って水掛け論になるのってイヤじゃん。




473 :404:2000/11/12(日) 03:10
>>468
同意。このへんはセリフの表現ひとつでどうとでも解釈が取れるよね。

474 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 03:10
「こんなはずじゃなかったのに…」
ディスプレイを前にして68は戦々恐々とキーボードを叩く。
目頭が熱い。辛い。もう終わりにしたい。でも…出来ない。
皆に痛いところを突かれたのがそんなに応えたのか?
皆に冷たくされたのがそんなに辛かったのか?
本当の理由は誰にも解らない。68にも解らない。
でも…手だけは動く。
皆を罵倒する書き込みを続けて行く。
一体これは誰の意志なのか?この手は、この指は一体誰の物に
なってしまったのか?
「…っ!」
そしてまた68を罵倒する書き込みを見つける。
涙が止まらない。嗚咽が止まらない。
何で?どうして、俺がこんな目に…?
ホントは笑いたかった。ホントは皆にウケたかった。
「ホントは…ともだ・ち・・」
ガシャアッ!!
感極まった68の腕がディスプレイを乱暴に叩く。
それだけは認めない。それだけは拒否する。
だってそれを認めてしまえば…俺が俺じゃなくなるから…。
「クールな…俺じゃなくなるから…」

475 :68:2000/11/12(日) 03:12
>>469
それはヤオピクニから引き継いだ呪いだね。

476 :437:2000/11/12(日) 03:18
そらが(その時点で)持っていなくて、少年達が持っているものというのは
「無限を断ち切ろうとする意志」だと思います。
その時点でのそらは、往人だった頃の記憶を取り戻すことや
空へ向かって羽ばたくことを極端に恐れていることから、
その先にあるものを怖がらず、というのも
そらが無限を断つことを恐れているのの裏返しではないでしょうか。

477 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 03:22
>>472
質問に答えてくれた相手に失礼だぞ、お前。

478 :444:2000/11/12(日) 03:24
単に勇気って解釈したよ。

479 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 03:25
自由とか、希望とかそんなんじゃないの?

480 :68:2000/11/12(日) 03:28
オレ、人をガカにしてるみたいに見える? だったらスマソ。
そんなつもりないんだけどな。
>>446
タイムラグだとしたらそらはマヌケだな。行ったらもう解決してたり?
「観鈴」を迎えにいったのは間違いない、往人には空の世界への扉を開く
能力があるのは観鈴や佳乃の話で出てきている。でもそれなら最初から「
空の少女」と言わずに観鈴がいるから…と言えばいいのではないか?
それまで一貫して「空の少女」とは空にいる少女そのものを指して来た。
いきなり変わるのはおかしい。これは文章としての基本だと思うからレス
しなかった。

幸せな記憶については、空の少女が転生した少女の人生もずっと経験し悲し
い思いを繰り返していることから観鈴の人生も体験していると取れる。
それを自分の記憶(呪いだが)と同じ過ちをしているのを見て幸せととれる
か?(もちろん観鈴は幸せだが)

481 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 03:29
68よここへ行け。
www.mapletown.net/~akane/games/air/theme.htm
皆最低でもここの意見を下敷きにして考察してるんだ。
過去ログ読めよ。厨房扱いされるぞ。

482 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 03:30
>空の少女
がいしゅつだけど、かつては空に縛り付けられていた少女は
今では幸せな記憶とともに大気中を漂っている、という意見は
なんで却下されたの?

483 :68:2000/11/12(日) 03:31
>>474
たしかに、こんなはずじゃなかったな(笑)
ちょっとオレが雰囲気こわしちゃってるんで逃げるわ。
みんな、すまねー。

484 :68:2000/11/12(日) 03:34
>>482
これだけ答えてくね。オレの前のレスへの質問だと思うから。
それはどちらにしろ空にいることには変わりないし、幸せならそ
らが危機感を持って空を目指す必要はないから。

485 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 03:43
>>484
そらが危機感を持ってそらを目指すのは、タイムラグがあったから。
つーか、9割のエンターテイメントに1割のテーマを含めたものが面白い作品。
って中途半端に昔の人が言ったよ。
481のサイトはむしろ電波を感じる(w

486 :444:2000/11/12(日) 03:53
>>447で説明したつもりなんだけど。

487 :404=70:2000/11/12(日) 03:56
あ、レスがついてる。

>文章としての基本だと思うからレスしなかった。
そうだったのか。なら指摘してくれ。
ただ、確認したが最後のそらの独白は、ちゃんと観鈴とも取れる内容だったぞ。
(そこでは『空の少女』と言ってない)

たしかに、そらがファクターになったんじゃないかともとれる。
「そらが記憶を届けた」のか、
「そら=幸せな記憶」なのか、
「『そらが空まできてくれたこと』が最後の幸せな記憶」なのか、
いまいち判別がつかないが、(どれでも良い、と思ってる。)
このうちのどれかかな?と思えなくもない。

俺はまだ、ここらについては考えがまとまってないのが事実。
そらの行動が、話の流れ的にそんな重要な意味を持っていたとは考えずらいし。
たからいまだにかっこ悪いタイムラグ説を完全に捨てられない(笑)。

>同じ過ちをしているのを見て幸せととれるか?
ここだけど、
>もちろん観鈴は幸せだが
この部分が大事なのでは。この場合の追体験ってのは、自分の理性は関係ないだろうし。

>オレ、人をガカにしてるみたいに見える? だったらスマソ。
>そんなつもりないんだけどな。
どこをどう見ても偉そうに書いてるよ。気をつけたほうがいい。

>>485
そうかな? でも、(受け入れてるかは別として)良い下敷きになったよ、
少なくとも俺にとっては。

488 :68:2000/11/12(日) 03:58
>>481
すまん、これも答えて行く(笑)
観鈴だけに拘らず大局でAIRの意味を取ろうとするところでオレとその
サイトの意図は同じ。
ただ結論をそのサイトはゲーム外に求めたが、オレはゲーム内に求めてる。
それでも、かなりオレとしてはそこの考え方に近いはずなんだが。
それがオレの文から伝わらないなら、オレの文が甘いんだろう。スマソ。

489 :68:2000/11/12(日) 04:03
>>487
ああつ、スマン、これもレス帰していくね(泣き)
ちょっとイヤな言い方してホント申し訳なかった。
観鈴の幸せについては、オレもそれに限れば理解できるんだ。
でもゲーム全体として考えるとそういうわけにはいかないんじゃ
ないかという。
そこら辺の考え方は>>481 のサイトと同じです。

490 :>68:2000/11/12(日) 04:11
気にしなきゃいいだろ、いちいちあやまらず普通にレスすれば。
これだけ大量にレス返せるだけ考えてるなら
過去ログみても考え変わらないと思うし。

まあ、それでもコレだけレスする者として過去ログは見といたほうが
いいと思うけどね。

491 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 05:49
タイムラグっつーか・・・
そらが会いにきてくれるのを待ってた、というのはだめか?


492 :437:2000/11/12(日) 06:13
観鈴の事だから、そらが迎えに来るまで開放された神奈と一緒に遊んでたりして。
でも、俺も観鈴はそらを信じて待ってたんだと思う。
多分観鈴の前の代までの翼人の転生は星の記憶に帰化したんだけど、
観鈴だけは自分の意志で空に残ったんじゃないかな。

493 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 06:16
別れのときが来ました。
私は空に届けます。
この星の最初の記憶を
あなたと暮らした、幸せの日々の記憶を。
悲しむことはありません。
わたしはいつまでもあなたと供にあるのです。
雨粒が大河となり、そして海に集まるように。
だから・・・
あなたには、あなたのしあわせを。
その翼に、宿しますように。

494 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 18:48
あああああああああああげ

495 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 20:10
結局、「わたし」と「あなた」が誰のことか、という解釈に
全てがかかってるのね。

496 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 20:30
そうか?

497 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 23:31
にしても、なんでこのスレは一定の期間が経つと、
同じ考察を繰り返すのだろう?


498 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 23:32
>>497
暇・他に論じる点が見つからないから。

499 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 23:33
>>497
考察している人間が違うからだ。

500 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 23:38
>>497
「過去ログ読めや、このボンクラどもがァァ!!!」

というように、もっとストレートに書いた方がいいよ。


501 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 23:41
>>498-500
サンクス。

502 :名無しさんだよもん:2000/11/12(日) 23:56
過去ログ読んだけど部分部分を考えてるだけで全然解けてないね。

503 :真理の御魂:2000/11/13(月) 00:29
 わたしたちを覆っているものは、とらわれの集積である。それは、肉体、感覚、イメージ、そして
経験の構成と識別である。その最も深いもの、つまり識別が取り払われれたとき、わたしたちは
光輝く身体を有する、そして人々をはるかに越えた神の力を有するようになる。これこそが超越神
力。人の力を超えた神の力というわけである。
 ところで、だれでも、神通力者になれるのかといったら、それはノーといわざるを得ない。つまり、
コツコツと努力した者のみが、その結果を得ることができるのである。
 人生は短い。さあ、君たちも一緒に、わたしと頑張ろう。

504 :名無しさんだよもん:2000/11/13(月) 02:11
age

505 :元スパイダーマン:2000/11/13(月) 02:16
「特別な力に責任が伴うんじゃないんだ!
 自分が為すべき事を知ることが、勇気と力をもたらすんだ!」

506 :名無しさんだよもん:2000/11/13(月) 02:24
解けない知恵の輪を無理にはずそうとすることもなかろうて

507 :名無しさんだよもん:2000/11/13(月) 02:34
AIRのテーマは結局「家族愛だけ」と受けてっていいのだろうか。

508 :名無しさんだよもん:2000/11/13(月) 02:35
AIRのテーマは「スカトロ」だと俺は思う。

509 :名無しさんだよもん:2000/11/13(月) 02:44
AIRで一番いい女は神奈ですね。
何か質問ありますか?

510 :名無しさんだよもん:2000/11/13(月) 07:07
「過去ログ読め」ばかり言ってる人いるけど、何をどう理解してるのか
教えて欲しいな。それがわからないから、矛盾する点から逃げているよ
うにしか思えないよ…。
自分なりの結論みつけて思考停止してるっぽい。

511 :名無しさんだよもん:2000/11/13(月) 10:11
>510
おなじ質問が大量に流れて来るからだろ?
過去ログと同じ解答するんだったら、「過去ログ読め」
って言ったほうがいいだろ。だいたい、いままで
何回おなじ質問がなされたとおもってるんだ?

512 :名無しさんだニャ〜:2000/11/13(月) 10:27
AIRの、サントラ、ボーカル曲を3つ順番にかけてみ?
いろんな場面が思い出されて泣けるから…
2番の歌詞が…意味深でもう…

とりあえず、サントラで泣くとは思ってなかった…
結局一曲毎に泣いたのは秘密だ(藁
昔の話題のレスなのでsage

513 :名無しさんだよもん:2000/11/13(月) 18:42
教えて君はやっぱりウザイあげ

514 :名無しさんだよもん:2000/11/13(月) 21:11
このスレ、苦労してやっと読んだら最後はブリブリか。鬱だ…。


515 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 01:50
age

516 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 03:32
そろそろ終了

517 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 09:47
しょせん麻枝はえせ作曲師だからな。
師を読むような感じでAIRを理解するのがよいとおもう。


518 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 09:54
>514
ブリブリってなーに? なアゲ。

519 :大阪:2000/11/14(火) 10:02
ファイナルファンタジー9をやればわかる

520 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 11:20
>>512
自分の感受性を中心にもの考えてんじゃねえよ

521 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 12:33
今思ったんだけどさ、ワザワザ時間戻して鴉にする必要ってあるのか?

ミスズ死にそう⇒人形パワー⇒住人消滅⇒一緒にいたいよー⇒復活、けど鴉

これで良くない?
ミスズや晴子の心情を明らかにしたいんならミスズ視点や晴子視点にすればいい訳だし。

522 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 13:50
>>521
それがエピローグでの海岸での伏線、演出になってるだろ?
まあ飽くまで二人が輪廻から開放されたと考えてるやつにしか効果ないけど(ただ麻枝はそれを承知で書いた…と思う)。


523 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 13:53
ところで、ミスズとカタカナで書くのは、やめれ
ミミズみたいで嫌( ̄Δ ̄(つーかそう読み間違えた)

524 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 14:01
ミミズ<<ミスズ<観鈴

早く人間になりたい?

525 :大阪:2000/11/14(火) 14:03
陰獣の蚯蚓さんゴルァ(゚д゚)

526 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 14:21
さらば、遠き日。

527 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 14:54
>522
俺はあのENDを結構前向きに捉えてるよ。
あと輪廻から「開放」って違うと思う。
AIRって結末がどうであれ、力強く生きることが幸せって話じゃない?
だから輪廻っつーか連綿と続く生を送ることが幸せっていう話でしょ。

528 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 15:10
>>518
削除人さんが消してくれました。

529 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 15:56
久弥も麻枝も、本質は一緒。
ただ、久弥は比較的普通にかけるのに対し、
麻枝は設定とかで世界観をガチガチに固めないと書けない。
そのくせ謎を振ろうとするもんだから…。

530 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 17:26
は?本質ってなーに?

531 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 17:29
根拠も言わずに知ったかするのよくないよ?(ワラワラ


532 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 17:57
530は厨房決定。

533 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 18:03
おーい
断言してるんだからそれなり根拠くらいかけよ

534 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 18:15
>>533
過去スレを読め。
その議論はとっくの昔に決着ついてるよ。

535 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 18:34
>>533
本質的に近いからこそ同軸上で上か下かって語れるんだよ、
麻枝と久弥は。
大体この二人が似てないというなら誰が似てるってなるの?
高橋?原田?
同じ軸上で語れるかどうかやってみな。

536 :533:2000/11/14(火) 18:47
俺は純正鍵っ子だから、他のゲームライターのことは知らん。
上か下かと無理やりこじつけてるようにしか見えん。
本質って何のことを言ってる?

過去レスのどこにある?

537 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 19:28
本質=価値観

538 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 19:31
どうでもいいが530は533なのか?
>は?本質ってなーに?
確かに頭悪そうだな。

俺は529を支持する。
ちゃんと考えて自分なりの答えを出してるからな



539 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 19:41
>>536
このスレの832から855を見てくれ。
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=973117889


540 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 20:00
答えだけ出されても・・・。
解法かけよ。
考察すれだろ

541 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 20:04
がいしゅつか否か判断するためには
そいつの考え方を知ってからにしたほうがよい

542 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 20:08
>俺は529を支持する。
>ちゃんと考えて自分なりの答えを出してるからな

お前の論理・・・さっぱりわからん(藁


543 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 20:10
>>538
実質、お前のほうが頭が悪い

544 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 20:23
誰だって考えることはできる。
誰にだって答えはある。
それが妥当かどうか検証してみようじゃん
ここって議論っていうか、単に言葉遊びしてるだけのような気がするよ。


545 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 20:45
久弥には自分が企画して書いたシナリオで
成功と胸張っていえるのはあゆぐらい。
まだ、麻枝と肩並べられるだけのものは
作ってないので比較は無意味。

546 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 20:59
AIR考察スレッドなのに久弥の話を出したのは
529は深い深い考えがあるからだ。
彼は常人には及びもつかない頭脳の持ち主。
その意見はAIRと密接な関係にあり、我らの考察を助けようとするものに違いない。
俺たち凡人にわかりやすくそこらへん説明していただけると嬉しいけど。

547 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 21:07
529天才あげ

548 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 23:38
何か下らない罵り合いになってるね。
自作自演も多そうだ。

549 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 23:39
で、結局536は何が言いたいんだ?

550 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 23:47
久弥の話は他いけよ

551 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 23:49
ところで、今AIRの何を考察してるの?

552 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 23:52
>>551
考察っつーか相手の言葉尻捕まえて
罵り合ってるだけ。
妙な煽りと自作自演厨房が潜入中。

下手に手を出さんほうがいいよ。
様子を見よう。

553 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 23:55
ここでずっと同じ議論をしている人たちは
みな高野山の法力僧に魂を縛り付けられて
輪廻している人たちに見えます

早く往人さんに助けてもらってください

554 :名無しさんだよもん:2000/11/14(火) 23:57
過去ログ読まない奴が暴れてるだけ。

だいたい、当初から続けてる奴なんてほとんどいないだろ。

555 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 00:10
過去ログ見せてもブーブー言って、
挙句に自作自演。

アホらしすぎて相手する気にもならん。

556 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 00:11
お前らどっかいってくれない?
これ以上荒らすなよ

557 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 00:14
荒らすも何も考察するネタなんてもうないやん。

558 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 00:15
切れてる人もいますが仕切りなおしましょう

559 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 00:20
ネタは有限だが考察しつくされたわけでもあるまい。
萌えと同じ

560 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 00:30
同じ論題の議論が必ず同じ結果になると考えている
厨房さえいなくなればまたーりと話せるようになるよ
がいしゅつ議論はコピペするかして、そこからさらに深く考察しよう

561 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 00:38
んで、当面の議題は何にする?

562 :海を見ればairがわかる:2000/11/15(水) 00:51
dream7/22
【美凪】「…元気…出た?」
【往人】「え…」
言って、俺の顔をじっと見つめる。
深い瞳。
どこまでもひろい、母なる海を思わせる瞳。
片言の言葉では言い表すことの出来ない思いが、その瞳の奥に見え隠れしている。
【美凪】「………」

air7/23(dream7/23)
【男】「………」
男も同じように見上げる。
だから、僕も同じようにした。
【みすず】「自分は空にいるの」
【みすず】「そこは見たこともない世界」
【みすず】「だって、こうしていれば、ほら…自分の上に雲はある」
【みすず】「なのにそこでは、自分の足の下に雲が張りつめてる」
【みすず】「雲の隙間からは、海の青が見える。でも、そこまでがどれくらいあるのかもわからない」
【みすず】「どこも、無限に広がってる」
【みすず】「そしてその空では、雲は逆に流れてる」
【みすず】「消えた場所から雲は生まれて、生まれた場所に消えてゆく…」
【みすず】「その繰り返しをじっと見ながら、わたしは風を受けている」
ふたりは空を見上げていた。
言葉にはまだ意味のわからないところもあった。
けど、今僕は彼女たちと同じものを共有している気がした。
この先にある…悲しみ。
その感情を。
【みすず】「そんな夢」

563 :海を見ればairがわかる:2000/11/15(水) 00:51
dream観鈴7/24
観鈴がもう一度、堤防にのぼる。
そして海に向かって、腰を下ろす。
その先には広い空。
そうすることによって、夢の世界を思い出しているのだろうか。
俺も隣に座る。
【観鈴】「いつも通り、わたしの体が、空に飛んでいる」
【観鈴】「足の下の雲はいつもより少なくて、海と陸が見渡せた」
【観鈴】「白い波の線が、陸に押し寄せて、消えたりしてた」
【観鈴】「自分が、本当に高い場所にいることがわかって、こわかった」
【往人】「そっか…」
【観鈴】「うん…」
【観鈴】「それでね…」
【観鈴】「わたしはそこで悲しんでた」
【観鈴】「ね、往人さん…」
【観鈴】「どうして、わたし…空のわたしはあんな悲しい思いをしてるのかな」
【観鈴】「あんなにきれいな風景で、すごく気持ちいい風の中で…」
【観鈴】「わたし、知りたい」
【観鈴】「だから、ずっと空を見てた」
【往人】「………」
空に囚われた悲しみ。
それは、俺が想像する少女の姿と重なる。
空の遙か高みで、風を受け続ける少女。
その姿は、天使のような神々しさを持って俺の描く絵の中にあった。
白い少女の手足と、一対の両翼。
だが彼女に人と同じ感情があれば、それはあまりにも、悲しい光景だった。
ひとりきり、無限の時間の中に住む少女。
長い時間をかけて風は、彼女にどれだけの仕打ちを与えるのだろうか。
そして、その光景を、自分のこととしてこの少女は見ている。

564 :海を見ればairがわかる:2000/11/15(水) 00:52
dream観鈴7/29
もうすぐ、夜が来るのだろう。
広がる大気の向こうには、夕陽に光る海がある。
だが、そんなものは何の意味も持たなかった。
ここだけが、別の夏だった。

dream観鈴7/30
【観鈴】「往人さん…」
夢の中にいるような顔で、俺に語りかける。
【観鈴】「海に行きたいな」
【観鈴】「砂浜で遊ぶの」
【観鈴】「かけっこしたり」
【観鈴】「水の掛けあいしたり…」

dream美凪8/8
【美凪】「…また鳥が飛んでますね」
遠い海。
夕陽の赤が色を落とす穏やかな海の上を、彷徨うように飛ぶ鳥がいた。
あの日の夕暮れと同じ光景。
居場所をなくして彷徨うしかない、飛ぶことを忘れた翼。
でも、決して目指すところを忘れたわけじゃない。
ただ、辿り着くことに躊躇っているだけで…。
(中略)
みちるは、目に涙を浮かべながら、遠野の温もりを小さな体いっぱいに受け止めようとしていた。
つながる想いが黄昏てゆく海にまで届いて、波は夕凪に優しげな顔を見せていた。
想いを込めて伸ばした指先が辿り着いたのは、どこまでも広がり、やがて水平線の彼方で空と交わる海。

565 :海を見ればairがわかる:2000/11/15(水) 00:52
dream佳乃8/4

冷たい風。
海。
金色の海。
波が揺れる。
金色の波。
一面の芒(すすき)の海。

dream佳乃ED
風が吹いてくる。
金色の海。
呼び覚ます記憶。
羽根は伝える。
やわらかな、女性の声音。
(中略)
野良仕事がおわると、わたしたちはきまって芒原(すすきのはら)に出ました。
夕陽に芒の穂がゆらめき、金色の海のようでした。
(中略)
光がはじけた。
風が吹く。
羽根が震える。
最後の夢。
夢でない夢。
記憶でない記憶。
金色の海。
奥底に眠る。
それは…
たましいのありか。

566 :海を見ればairがわかる:2000/11/15(水) 00:53
air7/17
【みすず】「あ、子供が遊んでるよ」
彼女が顔を向けた、その先。
ずっと遠くまで見わたせる。
どこかにたどりつきそうで、どこにもたどりつけないような…
そのはじまりに、小さな影がふたつ。
男の子と、女の子だった。
【みすず】「楽しそう…」
じっと見つめている。
【みすず】「あんなふうに遊べたらいいのにね」
影のひとつが手を振っていた。
【みすず】「ばいばい〜」
彼女も手を振りかえす。
小さな影たちは、歩きはじめた。
どこまでも遠く、おわりのない道を歩きはじめた。
その先にあるものを怖がらずに、前に進んでいく。
それはきっと、ぼくが持っていないものだ。
つばさがふるえるのを感じた。
ふたつの影をいつまでも、彼女と見送っていた。

airED
別れのときが来ました。
私は空に届けます。
この星の最初の記憶を
あなたと暮らした、幸せの日々の記憶を。
悲しむことはありません。
わたしはいつまでもあなたと供にあるのです。
雨粒が大河となり、そして海に集まるように。
だから・・・
あなたには、あなたのしあわせを。
その翼に、宿しますように。

567 :そしてラスト:2000/11/15(水) 00:53
airED
波の音…。
潮の匂い…。
いつから僕はここに立っていたのか…。
【】「どうしたの?」
声がして振り向く。
そこに立っていたのは、ひとりの少女。
名前も顔も知っている。
僕たちは幼なじみだった。
【】「見て、できた」
彼女が嬉しそうに見せるのは、砂でできたお城。
【】「うまくできたね」
【】「うん、うまくできた」
十分、満足したようだった。
【】「もうすぐ日が暮れるね…」
海を見て、眩しそうに目を細める。
【】「そうだね…」
【】「じゃあ、その前に確かめにいこうか」
【】「ん? なにを?」
【】「君がずっと確かめたかったこと」
【】「この海岸線の先に、なにがあるのか」
【】「わたし、そんなこと言ったっけ…」
【】「言っていないかもしれない。でも、そう思ってると思ったんだ」
【】「そうだね…確かめてみたい」
今なら、その先に待つものがわかる。僕らは。
振り返ると、堤防の上にひとがいるのが見えた。
男と女。
男は眠っているのか、顔を伏せて座っていた。
その横で女のひとが、起きるのを待っている。
そんなふうに見えた。
女の人が僕らに気づき、手を振っていた。
僕は手を振り返す。
彼らには、過酷な日々を。
そして僕らには始まりを。
下ろした手を固く握る。
【】「じゃ、いこうか」
彼女が先に立って、待っていた。
【】「うん」
【】「この先に待つもの…」
【】「無限の終わりを目指して」
ただ、一度、僕は振り返り呟いた。
その言葉は潮風にさらわれ、消えゆく。
【】「さようなら」

568 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 00:59
つーかネタ振りしてよ。

569 :562-567を見ればAIRがわかる:2000/11/15(水) 01:05
だから、まだAIR持ってない人は買わなくていいよ。

570 :海を見ればairがわかる:2000/11/15(水) 01:06
>562
>どこまでもひろい、母なる海を思わせる瞳。
母なる海と来たよ
>【みすず】「消えた場所から雲は生まれて、生まれた場所に消えてゆく…」
>【みすず】「その繰り返しをじっと見ながら、わたしは風を受けている」
輪廻っすな。
>563
>【観鈴】「白い波の線が、陸に押し寄せて、消えたりしてた」
>【観鈴】「自分が、本当に高い場所にいることがわかって、こわかった」
>だが彼女に人と同じ感情があれば、それはあまりにも、悲しい光景だった。
うむうむ。
>564
>広がる大気の向こうには、夕陽に光る海がある。
お、airと海ですか。
>居場所をなくして彷徨うしかない、飛ぶことを忘れた翼。
>でも、決して目指すところを忘れたわけじゃない。
>ただ、辿り着くことに躊躇っているだけで…。
おいおいストレートだなあ
>どこまでも広がり、やがて水平線の彼方で空と交わる海。
交わりますか
>565
>それは…
>たましいのありか。
言い切ったな
>566
>小さな影たちは、歩きはじめた。
>どこまでも遠く、おわりのない道を歩きはじめた。
>その先にあるものを怖がらずに、前に進んでいく。
>それはきっと、ぼくが持っていないものだ。
またもやど真ん中ストレート
>雨粒が大河となり、そして海に集まるように。
だよねー、やっぱ

ラストは……もういいよな。100-200辺りで言い尽くされた通りだ。

571 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 01:07
まわすぞっ!

572 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 01:08
舞えっ!

573 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 01:08
本当のアンチって初めて見たかも。

574 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 01:10
auu

575 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 01:14
回しちまえ

576 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 01:21
逆に570が好きな作品を知りたい。

577 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 01:26
もうちょい回しとくか

578 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 01:33
いや、アンチでも何でもないだろ。単なるツッコミ小僧ってだけで。

579 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 01:54
570は何がしたかったんですか


580 :570:2000/11/15(水) 02:27
くっ、全然盛り上がってねえじゃねえか。失敗だったか。
しかしairやっててどうもこのゲームはむなしいと感じるんだが、
572、573で引用した観鈴の台詞で分かったよ。
この空にいる少女ってairのプレイヤーそのものじゃんか(笑)
この自己否定にも似た循環構造がair最大の過ちじゃないのか?

581 :『真実! 六道輪廻』:2000/11/15(水) 02:29

過去・現在・そして未来へと輪廻の大海をさまようわたしたちには

六道を超越しない限り本当の幸福はない。

麻原尊師がその修業体験から間違いだらけの六道観を斬る!

           http://www.aleph.to/

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 02:29
>くっ、全然盛り上がってねえじゃねえか。失敗だったか。
そりゃ、何の説明もなしに貼り付けられても…。

583 :570:2000/11/15(水) 02:30
間違えた
562@`563だ。

584 :570:2000/11/15(水) 02:53
麻枝は「ハッピーエンドにした」と言ってたが、タチの悪い冗談だ。
というかプレイヤーはもっと登場人物に没入すると踏んでたたんだろうな。
物語を第三者的立場から語ることで、図らずもプレイヤーを、作品中で
否定してるはずの「空」に閉じこめる結果となってしまったわけだ。
これはシナリオだけでなくゲームデザイン上の失態でもあるだろう。

↓なんか「づしの森」の麻枝評を思い出す。(下の方「麻枝」で検索)
http://www.eurus.dti.ne.jp/~dzushi/200009.htm
--------------------------------------------------------
一応、づしの森から重要部分引用(日記9/28)。
できれば引用元を文脈込みで読んでちょ。

以前にこの麻枝准という人のインタビューをどこかで読んだんですけど、
すごく印象に残ってるのが「フィクションとわかってるものには感動しない」
というセリフで、だからスポーツとかそういうの。本当に人が一生懸命やってて、
ある瞬間に盛り上がってくる真実とか、そういうのには感動するみたいなこと
言ってたんですね。これはわかる。人間そのものはよくわからんが、
その人たちがなにか一生懸命やってる光景は嫌いじゃないっていう。
この距離感はあの「えいえん」の世界から見た遠くに見える街
(だったか。そんなのあったよーな)の距離感とよく似てる。

585 :570:2000/11/15(水) 03:05
くそ、やっぱ全然盛り上がらんぞ。
宇津駄寝洋

586 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 03:14
自分の言葉で熱く語ってくれ。

587 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 03:20
>>584の引用部分はむしろ良いことでは?
麻枝の一歩引いた視点が、疎外感とかを描写する上では有効に
働いてるってことじゃん。
やっぱAIRではあんまし上手く行ってないのかねえ?

588 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 03:22
そうそう。
引用するだけじゃなくて自分の意見を言ってよ

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 11:22
>物語を第三者的立場から語ることで、図らずもプレイヤーを、作品中で
>否定してるはずの「空」に閉じこめる結果となってしまったわけだ。
良い事言うね。
俺もその通りだと思う。

590 :570:2000/11/15(水) 12:03
ハア…この板ももう終わりかな。
自分の言葉で語れだあ?こんだけ頑張ったとゆーのに。
なんか疲れたよ。さいなら。587、579さんレスありがと。

591 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 12:24
この板じゃなくてこのスレが終わりなんだよ。

■□■□■□■□■□■□■終了□■□■□■□■□■□■□■□

592 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 12:43
http://www.mapletown.net/~akane/games/air/misuzu.htm
まちばり氏の新観鈴解釈発表age。
解釈と言うよりはあらすじと説明って感じだった。
のろいと輪廻転生に関してはきれいにまとめられてる気がするんだがどうだ?

それにしても、ここまでしないとわからない人が出てくるAIRってなんだったんだろうなぁ。

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 12:50
「こんなはずじゃなかったのに…」
ディスプレイを前にして570は戦々恐々とキーボードを叩く。
目頭が熱い。辛い。もう終わりにしたい。でも…出来ない。
皆に痛いところを突かれたのがそんなに応えたのか?
皆に冷たくされたのがそんなに辛かったのか?
本当の理由は誰にも解らない。570にも解らない。
でも…手だけは動く。
皆を罵倒する書き込みを続けて行く。
一体これは誰の意志なのか?この手は、この指は一体誰の物に
なってしまったのか?
「…っ!」
そしてまた570を罵倒する書き込みを見つける。
涙が止まらない。嗚咽が止まらない。
何で?どうして、俺がこんな目に…?
ホントは笑いたかった。ホントは皆にウケたかった。
「ホントは…ともだ・ち・・」
ガシャアッ!!
感極まった570の腕がディスプレイを乱暴に叩く。
それだけは認めない。それだけは拒否する。
だってそれを認めてしまえば…俺が俺じゃなくなるから…。
「クールな…俺じゃなくなるから…」


594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 13:04
つーか何でそこまで完璧に解らないと気が済まないわけ?
しかもいちいちこじつけまでして…。
麻枝本人もフィーリングで書いてる箇所が多いんだから、
プレイする側もフィーリングで掴んでいればいいんだよ。

595 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 13:54
「ひとりでもわかったやつがいるっていう以上
わからなかった奴はバカってことじゃないか・・」

596 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 14:42
>>592
その解釈だと、ハッピーエンドではなくなるね。
最後に関しては俺は前の方が良かった。

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 15:12
いや、解ったつもりになれるのが一番幸せなんだと思うぞ。
結局人によって解釈が異なる以上、全て解ったなんて状況は
絶対にありえないんだから。

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 15:20
観念的なモノに完璧な理屈を当て嵌めようとするから
無理が出てくるんじゃないの?
書いた麻枝ですらはっきりとした答えは持っていないだろうに…。

別に考察するのが駄目だとは言わんけどね

599 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 15:40
セリオが欲しいにょ!!セリオなら全部答えてくれるにょ!
セリオ!!セリオ!!セリオだにょ!!
セリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオ
セリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオ
セリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオ
セリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオ
セリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオ
セリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオ
セリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオ
セリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオ
セリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオ
セリオーーーーーーーー!!ギャピピッッ。

600 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 17:57
>598
だから観念的なものを観念的に語ってるじゃん。


601 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 17:59
>>600
ハア!?

602 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:01
考察スレでたまに出てくるよな
「考察なんか意味無いじゃん」って奴


603 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:03
>>602
意味無いまでは言ってないだろ。
自分の都合の言い様に文脈かえるなよ。
過度の考察は良くないんじゃないの?と言ってるだけじゃん。
読み直せ。

604 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:05
>>603
自意識過剰

605 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:06
>>604
オマエガナー

606 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:06
別にお前のこととは言ってない(w
ところで俺の都合って何?

607 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:07
また低レベルな罵り合いか……。
最近の考察スレってこんなのばっかし。

608 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:07
考察じゃなくて揚げ足取りスレだろ、ここ(藁


609 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:08
少なくともマトモに意見交換しよう
という気のあるやつは殆どいない事は確かだな。

610 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:12
>>608
同意。最近じゃ、「AIR」揚げ足スレッドに
名前変えた方が良いくらいに碌でも無い。


611 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:12
過度の考察って何?
何でよくないの?
作者がはっきりとした考えをもっていないと言い切るのなら
考察スレらしく論証してほしい

612 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:13
この程度の小競り合いで愚痴愚痴言うなや

613 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:15
>>612
この程度の小競り合いばっかりだから愚痴愚痴言ってるんだボケ(w

614 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:15
>>611
まあ、一生そう言って麻枝の手の中で踊らされてな。

615 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:16
AIRを骨のずいまでしゃぶり尽くそうとしてる人を
馬鹿するような発言はやめましょう

616 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:17
>>611
「考察するのは意味が無い」って言うヤツと同じくらい多い
キツイ事言われると逆ギレする
「わからないよ詳しく説明してよ論証してよ証拠出して君」の例(藁

617 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:18
>だから観念的なものを観念的に語ってるじゃん。
観念の意味、知ってて言ってるのか?



618 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:19
なんだよ。
踊ることもできないのか
せっかく考察スレらしくネタをふったのに
それなら最初っから発言するなよ

619 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:19
>>616
既に「AIR」じゃないものを骨の髄まで
しゃぶり尽くそうとしてるような気が(w


620 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:20
>>618
そういうキミは何処の誰だ?

621 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:20
>>618
全然考察スレらしくないって……。
言いがかりつけてるようにしか見えない。

622 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:21
>>618
自分の思い通りの流れにならないと途端に機嫌が悪くなる
「最初っから発言するなよ君」の例(藁

623 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:23
ここも盗作スレッドと同じく
マトモな話し合いが出来ないスレッドに
なりつつある……。

624 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:23
考察スレって理屈を展開するトコだろ
なんで出来ない奴が暴れるんだ?


625 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:25
>>624
知るか。暴れているヤツらに聞け。

626 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:26
もう、いい加減考察し尽くしてるのでは?
後、いちいち他人の考察してるサイトを引っ張り出すのも
やめて欲しいな。
何か格好悪い。

627 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:26
嫉妬してるんだよ。
自分が出来ないことを他人が出来る。
腹立たしいだろう?

628 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:27
発売後の一週間くらいだったな
みんなで楽しく考察できたのは。
後はインテリゲンチャVS言語能力欠如厨房
の煽り合いみたいなもん。

629 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:28
>>627
貧相な発想だな……。

630 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:28
>>625
確かに。
で、何でなの?

631 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:29
627は撒き餌さ。

632 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:30
こうやってすぐに脱線するのも
基本的な所が考察され尽くして
残りは枝葉末節しか残ってないって証拠。
しかも今の時期まで考察してるやつは
全員が粘着厨房の素質があるのでマトモな議論になるはずが無い。
噛み付かれたら、すぐに噛み付き返すようなヤツらばっかり……。

オレモナー。

633 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:32
つーか今の時期まで考察って…。
そんなに解りづらいかAIRって?

634 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:33
>>633
だから、粘着厨房の素質があるって言ってるじゃんか。
多分、考察してるヤツらの殆どが既に答えが確立してるわけよ。
後はそれを披露したいだけなのさ。

635 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:34
たしかに今の時期なら
考察サイト行って終わりだ。

636 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:35
>>634
納得。
俺がウザく感じるのもそれが原因か。

637 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:40
萌えだって同じことだ
飽きるまでやらせてよ

638 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:41
>萌えだって同じことだ
それはどうかな?

639 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:41
えっ! まだ飽きてないのか!?

640 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:41
>>637
痛い所を突かれたらしい(w

641 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:42
>>639
まあまあ、粘着厨房の素質があるとするなら当然だろ?
生暖かくほうっておいてやろうぜ。

642 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:45
考察しすぎる人って整合性に囚われすぎて
作家の主張や本質が見えてないような気がする…。

如何に解けないパズルを解いたように見せかける事に
躍起になってるっていうか…。

俺が気になるのはそこだ。

643 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:46
別にログを作るために書き込んでるんじゃないんだから
ほおって置けばいいじゃん

644 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:48
考察しすぎる人っているの?

645 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:52
考察しない人って自分の脳みそに囚われすぎて
作家の主張や本質が見えてないような気がする…。

解けるパズルを解けないと声を張り上げることだけに
躍起になってるっていうか…。

俺が気になるのはそこだ。



646 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:54
考察するものにもよるな。
私は考察するのは結構好きだが
あゆの正体云々に付いての考察なんかはあんまりしたいとは思わない。

647 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:57
ほら、スゲー粘着質なやり取りだ(藁

648 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 18:59
AIR世界の構造解析はもう済んでんの?


649 :バンバン転載:2000/11/15(水) 19:00
632 名前:名無しさんだよもん投稿日:2000/11/15(水) 18:30
こうやってすぐに脱線するのも
基本的な所が考察され尽くして
残りは枝葉末節しか残ってないって証拠。
しかも今の時期まで考察してるやつは
全員が粘着厨房の素質があるのでマトモな議論になるはずが無い。
噛み付かれたら、すぐに噛み付き返すようなヤツらばっかり……。

オレモナー。

650 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:01
シェークスピア研究してる人とかの粘着度を見ろ。
アレに比べりゃかわいいもんよ

651 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:02
遅れてAIRクリアした奴もいるんだからそんなことないぞ。
後二周目組とかな。

まぁ、考察されつくしてるってのはあるがな。


652 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:02
このスレッドは『Air粘着考察スレッド』として再スタートします。


653 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:03
>>650
ハイハイ、可愛い可愛い。
そういう例の引出しかたしかできんのか。

654 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:03
>>648
未だに俺がわからないから解けないんだ、っていってる人いるよ


655 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:04
こういう自覚症状の無いヤツらが一番困る(藁

656 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:05
萌えには寛容なくせしてどうして考察スレッドには
こんなに厳しくするの?泣くぞ?

657 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:07
萌え君はつっかかって来ないけど
考察君はつっかかって来るからなあ。
それが面白いだけでしょ?

658 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:08
つーか一番の原因は粘着質な煽りが常駐してることじゃん。
信者の騙りや荒れてもないのに荒れてるように見せかける自作自演等々、
意地でも荒らしたい奴がいるらしい。

…ていうか無視すれば良いんだよな。
スマン。

659 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:09
知的コンプレックスの表れ

660 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:10
長文がうざいんだよ。
需要が無くなったら、オナニーだからな。
萌えにはまだ需要がある。

661 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:11
ウケない職人として嫉妬から噛み付くことはある。がはははははは。

662 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:12
>>659
それは考察してる側にも考察を叩く側にも言える。

663 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:12
うざいなら見なけりゃいいのに(藁
なんて自己中なんだ

664 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:15
それ言ったらどんな議論もできなくなるぞ

665 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:15
既に個人的な考察なりつつある。
マジで自分のHPへ帰ってやって
欲しいようなヤツが増えてきたよ。

666 :粘着君の主張:2000/11/15(水) 19:17
こうやってすぐに脱線するのも
基本的な所が考察され尽くして
残りは枝葉末節しか残ってないって証拠。
しかも今の時期まで考察してるやつは
全員が粘着厨房の素質があるのでマトモな議論になるはずが無い。
噛み付かれたら、すぐに噛み付き返すようなヤツらばっかり……。

オレモナー。


667 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:18
粘着者の最後のパラダイスと言う事で
ウザイと思ってる人は堪えてくれませんかね?

668 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:19
荒れてるように見えます

669 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:19
ぶっちゃけた話、議論が好きなんていうヤツは
碌なもんじゃないと思う。

670 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:20
>>668
荒れてるんです(w

671 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:20
sageでやるといのなら静観しよう。
ageるなよ。

672 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:21
仕切り屋うざい

673 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:22
>>671
同意。自分がどれだけインテリゲンチャなのか、みんな見てくれ!と
自己顕示欲でageないように。

674 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:22
感想スレにするか?
どういうスタンスにいるのか知らんと始まらん。

675 :570:2000/11/15(水) 19:23
学校いったら気が晴れたよ。少し復活する。
とりあえず今棚上げになってる材料って何なんだろ?
よければ書いてくれ。

676 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:23
あげあげ

677 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:25
いきなりあげ出したあたりが粘着質の現れだな……。

678 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:26
>>672
ウザイ言うヤツがウザイって言う法則を知らないのか?

679 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:26
AIRの大テーマは結局何?

680 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:27
>>675
解釈がひとつ違うと皆違うので
一概には言えないのでは。

681 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:27
頼むからAIR掲示板でやってくれ!

682 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:27
>>677
違う違う。上げるなって言ってあげ出したって事は
やっぱり荒らしや煽りしかいないってこと。
既にここは第2の盗作スレッドなのさ。

本当に考察したい人も別の新天地を見つけるべき、
ここに書きこんでもまともじゃないヤツらと一緒に叩かれるだけ。

683 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:27
>>679
ビバ家族愛。

684 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:29
別に2chの決まりに反してるわけじゃなし。
好きにさせとけにゃ。

685 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:29
>>682
なるほどね。納得。

686 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:30
そんな事よりもセリオだにょ!!!それに気付けぱかドモが!!
セリオが一番だにょ!!!セリオなら全部答えてくれるにょ!
セリオ!!セリオ!!セリオだにょ!!
セリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオ
セリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオ
セリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオ
セリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオ
セリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオ
セリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオ
セリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオ
セリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオ
セリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオセリオ
セリオーーーーーーーー!!セリオだにょ!!!


687 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:30
>>686
あ、まだ居たんだ…。

688 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:31
ほらほら煽りは散った散った。

689 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:31
セリオって何?

690 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:31
同じ人なんだってば。
煽りのパターンはここに何ヶ月もいるうちに見えてきたから、
徹底的に無視してね。

691 :661:2000/11/15(水) 19:31
でさ、ウケない職人としてはさ、AIRのエンディングがスゲー気になるのよ。
あのさ、男の子の視点に変わったときには、まだ神奈は生きてるんでしょ?
じゃあ、神奈が空に帰った後は、どーなんのよ?あの二人は?
生まれた瞬間に7歩あるいて、モノ悟ったふうな糞ガキつかまえて、
翼人の代わりにコイツがその役割を担うなんてソレこそ勝手な解釈でしょ?
星の記憶がどうのこうのとか言うのなら、その辺もちゃんと描きゃいいのに、と思うが、
これはやっぱり俺がウケない職人であるがゆえかね?

692 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:31
セロリ

693 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:33
AIRって今いくらで売られてるかな?

694 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:33
>>691
68?


695 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:33
考察する方が
あくまでsageようとしないのは
見ていてかなり痛いな……。
もしかして、考察側って今はたった一人?
実は自作自演??……流石にそんな事無いか(w

696 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:34
>679
制作者いわく「本当の幸せ」みたいね。
陳腐だが限りある人生をいかに生きるかってことなんじゃないかな。
その「限りある生」って要素をはっきり俯瞰させるために
転生とか方術氏一族とかの大道具が組み込まれたんじゃないかな。
>680
それでも構わないんじゃない?
ネタがありゃとりあえず話しようがある。
>681
OHPか?あそこ使いにくいんだよ。
悪いが、ここも葉鍵板なんだし勘弁しとくれ。

697 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:34
>691
つーかさ、細かいとこの破綻はひとまず置いといて、
麻枝の意図をむしろ積極的に汲む方向でやってみないか?
麻枝の意図に家族愛だとかそれを延長した人の営みの大切さを描くってのが
あるのは一応決定事項みたいだから、その方向で。

698 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:34
>>691
その通り、キミには欠落した何かがあるのです。
病院へ言ってカウンセリングを受けて下さい。
そして、これ以上考察スレをかき乱さない様に。

699 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:35
691 はコピペじゃないのかな?
この状況でよくやろうとするな…。
あ、ただの煽りか…。


700 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:35
sageてやってくれ……。
何で意地になってあげるんだろう???

701 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:36
>>700
荒らし&煽りだからだろ(藁


702 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:37
次回作では
家族愛を発展させていく…みたいだな。
俺は家族愛の類は全面的に押し出していくものではなく
染み出るように感じさせていくべきだと思うが

703 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:37
いつも上げでやってるじゃん。
いまさら下げてどうするの。

704 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:37
本当に粘着厨房しかいねえな……。

705 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:38
>>703
何開き直ってるの??

706 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:38
考察しない人は別のスレにどうぞ〜

707 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:38
>>703
もう考察の需要は無くなった、と言ってるだろが!

708 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:39
>>703
さすが煽りだね。
つぼを心得てるよ。

709 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:40
オフィシャル逝ってこい!
オマエラの話を聞いてくれるやつが
腐るほどいるぞ。

710 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:40
>702
方法論は人それぞれだからなあ。

711 :ミンチドリル:2000/11/15(水) 19:40
オレ様のオリジナルキャラクタ
「機甲戦士『ヘルぼぼ』」
画像アプ予定!かこいいぜーー!!

712 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:40
わかった!!
ここも盗作スレッドみたいに
シフト制で『考察組』『アンチ』『煽り』『噛み付き』と
役どころが分かれてるんだね?

それを早く言ってくれよ〜。マジだと思ってたじゃないか!

713 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:41
…麻枝スレ行こう。

714 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:42
>>702
麻枝は「AIRでふりきれた針を一度戻す」とか言ってるし、
AIRよりソフトな感じになるんじゃないかな?

715 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:42
まあ、考察君は大なり小なり自己顕示欲が強いからねえ……
みんなが見ているところで自分の意見が言いたいから
ageつづけてるのでしょう。

716 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:43
>696
「本当の幸せ」が何かってのの結論は結局「生きること」そのものっていう
解釈でまとまりつつあるみたいだな。

717 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:43
麻枝って恋愛書けるの?
奴の作品みんな恋愛のふりしただけのような。


718 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:43
>>713
それが賢明だよ……マジで。

719 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:44
>>716
ププ!!……なにが「つつあるみたいな」だよ(藁

720 :570:2000/11/15(水) 19:44
>695
クッキーONにしてないんでめんどくさいんだ。
696の名無しさんはおれ。
>691
>男の子の視点に変わったときには、まだ神奈は生きてるんでしょ?
これがどうも大問題でねえ。
観鈴ゴール後の文章みてもいまいち決めかねるんだよな。
ただ、下のやりとりを見る限りカンナが人としての一生を
やりとげれば呪いは終わるらしいんで、観鈴の「ゴール」つー言葉からして
一応ケリを付けたとみるべきなんだろうな。
ただ、その後のシーンがなあ…。
あと、カンナと観鈴を同一視すべきなのかそうじゃないのかってのが
ある。691さんは後者かな?
【柳也】「しかし、神奈はいつか地上に降りてくる」
【柳也】「人として輪廻転生すれば、呪いもそこで終わるはずだ」
【裏葉】「翼人と人は、異なるものでございます」
【裏葉】「神奈さまの魂を人が宿すことは、小さな器に海の水を移すようなもの」
【裏葉】「注ぎおわるより早く、器は割れてしまいましょう」
【裏葉】「神奈さまの魂は、癒される間さえなく輪廻に戻りましょう」

721 :691:2000/11/15(水) 19:45
コピペじゃないよ。あと、敢えて破綻させた【ような】解釈してるサイトが
あったもんでね。AIRは閉じた解釈もできないし、かつ、その部分部分は
補って考えられないほど、実は不連続かつ不自然なストーリーなのかと
考え出してしまったわけ。エンディングなんて結構重要な位置になんであんな妙な
ことをするのかな、と。まあ、それもウケない職人だから仕方ないのかもしれん。がはは。

722 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:47
雪の降る季節になりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
小生、思うところあって択捉島にきております。
東京はまだ暖かいですか?
もう顔を合わせることもないですが、お元気で…。

財産分与については、実弟に一任いたします。

723 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:47
>>721
えらそうだな。

724 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:50
ウケない職人って何?

725 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:51
脳内職人『カンクリ大先生』

726 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:52
>>721
おまえ、68だろ。

727 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:52
>722
すごい事情がありそうだ。(w

728 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:52
>721
AIRのエンディングの解釈ってどうなの?
それほど破綻も無いと思うけどな。

729 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:53
あげるな!

730 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:58
>あと、カンナと観鈴を同一視すべきなのかそうじゃないのかってのが
>ある。691さんは後者かな?

観鈴と神奈を同一視する人は、観鈴は為すべきことを成し遂げて
精一杯生きた。これが本当の幸せだと主張している。
一方、観鈴と神奈は同一人物ではないと考える人は、「神(もどき)が
人間に変な義務を押しつけやがった。押し付けられた方も、もうちょっと
自分のアイゼンティティに疑問持たんかい」と突っ込んでいる。
そんな感じ?

731 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 19:59
まとめてみよう

732 :691:2000/11/15(水) 20:00
あ、今はsageがデフォ?さっきはスマソ。
それと、オレはウケない職人だけど、あんまり穿った見方は本当は好きじゃないよ。
あと、物語に“死”が入るのも別にどっちでもいいよ。
で、やっぱりAIRは観鈴の死で泣かせることをピラミッドの頂点において
話が構成されている気がするんだよ。呪いとか翼人とか見ても
なんであんな苦しい設定するんだろ?って。そう考えると、
実は製作者が「プレイヤーが破綻したところもテキトーに補って考えてくれるんじゃない」的に
考えてるところはあるだろうな、って思ってるわけ。

733 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:00
<まとめ>
今いる、考察君は粘着厨房である。


734 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:01
>>690
何ヶ月も考察してんの……???(汗

735 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:02
>>730
>押し付けられた方も、もうちょっと自分のアイゼンティティに疑問持たんかい

もっても仕方ないのでは。あと同情もあるだろうし。

736 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:03
>もっても仕方ないのでは
それの何処が考察なんだ。


737 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:04
粘着粘着とうるさい粘着君は厨房?

738 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:04
>>734
そのようだな……。

739 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:05
>>735
でも、作中では観鈴の死は幸せなものとして描かれている以上、
同情しちゃいけないんだよな(藁
同情は観鈴の死をおとしめる行為ってことになっちゃうからな。

740 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:06
車にはねられた奴は、何故はねられたのかよりもまず
どうやって直すかを考えるべきである。

741 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:06
>730
どんな運命が待ち構えていても「生きること」は幸せってのがAIRの
話なんだろう。
その部分で麻枝が語ろうとしてることに納得いくかどうかは
主観の問題だと思う。

742 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:06
>>737
反応しているお前も厨房だぞ。
何故完全無視が出来ない?

743 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:07
>>739
死ぬのは幸せなんかじゃないと思う。
あれは、死んでしまったけど、それでも幸せだった
ってことだろ。

744 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:08
だって直らないしー(藁
車にはねられるのは百人に一人ぐらいの確率だけど
呪いで死ぬのは百万人に一人ぐらいの確率だしー。

745 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:09
>732
設定苦しいのは同意。
もっとシンプルでいいと思うなあ。

746 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:09
>車にはねられるのは百人に一人
>呪いで死ぬのは百万人に一人ぐらいの確率だしー。

・・・うそつき

747 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:10
ちげーよ!!
人はいつか必ず死ぬ、そのとき笑ってられるかどうか。
それがみすずちんのおおまかなテーマの一つ。

748 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:10
>>744
>だって直らないしー(藁
次の少女が不幸になるだろ。


749 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:12
>>741
「生きる」ことは幸せだが、観鈴の場合、翼人の使命のために
「生かされている」ように見えちゃうんだけど。
それでも生きる観鈴は確かに健気なんだけど……。

750 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:14
観鈴は翼人のために頑張ったのか?

751 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:14
みすずちんは次の少女のために頑張ったんだよね?
地球とか、そんなの関係無いよね?
……無いよね、たぶん(ちょっと自信無し)。

752 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:16
つかどっちでもいいだろ。

753 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:17
>>338

754 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:17
自分のために頑張ったんだろ。
それがひいては空の少女のためにもなるし。

755 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:17
>>412

756 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:18
いや、観鈴は翼人のためと自覚してないあたりが、ますますアレなのよ。
自分がこれから食われると知らない家畜みたいなもんでさ。


757 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:20
あの終盤は観鈴ちんの気合とド根性を見さらす為のものです。
冗談でなくマジでそう思ってます。漢ぞ!

758 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:21
>>756
してたと思う。

759 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:22
明太時代から同じ話してるぞ〜
観鈴ちんが何のために頑張ったのかは一応結論出てるっしょ。

760 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:22
あの終盤は「家族愛は世界一ぃ」を表すためならすべてを捨てる
麻枝の気合とド根性を見さらす為のものです。
冗談でなくマジでそう思ってます。漢ぞ麻枝!


761 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:24
756補足。
「いや、観鈴は翼人の”使命”のためと自覚してない」に訂正。
空の少女を助けるためってことは自覚してたんでした。

762 :570:2000/11/15(水) 20:24
>同情は観鈴の死をおとしめる行為ってことになっちゃうからな。
そういうことね。そう強制される。
突き詰めると、万人が納得できるような「本当の幸せ」を
提示できなかったkeyがふがいないってことになるんだろうな。
一時期「温度差で台風が…」って揶揄されてたけど、まさにこれだ。

>AIRは観鈴の死で泣かせることをピラミッドの頂点において
>話が構成されている
俺も同感。多分、keyスタッフはこの泣きが本当の幸せに繋がる
普遍性を提示しうると錯覚してしまったんだろう。

ところで今airのエンディングを見返したんだが、
どうもそら飛翔後のイメージショット達は時系列を考える
意味が無いんじゃないかと思えてきた。
あれは単に翼人の定めを説明するためだけに入れられたんじゃないかな?
そらが「空の少女を連れ戻す」って飛び立つけど、どうみても
その後のイメージショットは繋がりようがない。
どうも、翼人まわりの輪廻は観鈴のゴールで終わって、その後
説明しきれなかったそらの成長と翼人の解説を、あとづけで割り振った
結果、あんなわけわからん物になってしまったんじゃないかという
疑念がわいてくる。
つまり、そらの成長と観鈴の戦いを有機的に絡めることが、時間か才能の都合上
できなくて、何とか辻褄を合わせるため、このようなラストになったのではあるまいか?
これは完全な俺の主観だが。
一応傍証としてそらの成長が全く描けてなく、ラストシーンにおける
そらの飛翔に必然性がないことををあげておく。

763 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:25
使命なんてある意味どうでもいいのでは。
救うことさえ出来れば。

764 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:26
>>762
何で観鈴は神奈に同情したらあかんの?

765 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:27
>万人が納得できるような「本当の幸せ」

ないだろ

766 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:28
なんでみすずちんがかみなをたすけるおはなしなんですか?
かみながじぶんのいしで、ひさんなできごとをこくふくするはなしに
すればいいとおもうんですけど。

767 :570:2000/11/15(水) 20:29
>764
引用元の739で書かれてる通りだ。

768 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:30
ぐわっ、平仮名だ! 何やってんだ俺は!
766訂正。
「何で今回は観鈴ちんが神奈を助けるお話なんですか?
 神奈が自分の意志で悲惨な出来事を克服すればいいんじゃ
 ないでしょうか?」ってことでよろしく。

769 :570:2000/11/15(水) 20:31
>765
万人とはいわなくても、もう少しカドの立たないやりかたは有る。

770 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:31
同情してるのは観鈴?プレイヤー?
なんか739と730は違うような気がするぞ。

771 :730=739:2000/11/15(水) 20:33
同一人物です。同情するのはプレイヤー、される対象は観鈴
というつもりで書きました。誤解したらごめんなさい。

772 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:34
>>444

773 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:35
447

774 :570:2000/11/15(水) 20:36
>770
ああスマン。観鈴がカンナに、ね。
おれが言ったのはプレイヤーが観鈴に、だす。

775 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:36
家族ってのは、良くも悪くも
全て内包してくれるのが特長なのに。
(その結果自分を否定されるか肯定されるか、愛されるされないは別)
あの2人の家族愛は、延々許し合おうとするだけだった。

776 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:36
>>447

777 :735:2000/11/15(水) 20:42
遅れてすまんが、俺がかいた同情は観鈴の神奈に対する同情だ

778 :768:2000/11/15(水) 20:50
いきなりですが、444は微妙に間違っています。

>翼人が殺めた人間の怨念みたいなのが
>心を通わせた親しい者を死に至らしめ、神奈を苦しめている呪い。

心を通わせた親しい者を死に至らしめるのは高野山の呪い。
翼人があやめた人間の怨念ではありません。また、神奈自身は
この呪いの被術者ではありません。被術者は神奈ママ。
神奈を直接的に苦しめているのは、柳也が惨死を遂げるという内容の幻術です。

どちらにしても、神奈の悲しみは「親しい者が死んでしまった」ことなの
ですが、これまでのKey作品では、そういう悲しみは本人が直接向かい合って
克服すべきものでした(ONEの繭シナリオとか)。
しかし、今回の神奈はそこに目を背けたまま、「ああ悲しい悲しい。悲しみを
癒すために、何でもいいから幸せな記憶を持ってこーい!」と
要求しているように思えるんですが。
もっとも、要求が無法だからといって、その要求をクリアするために
頑張った観鈴がおとしめられるわけではありませんが。
そこのところ、どう思われますか?

779 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:54
>被術者は神奈ママ。
記憶と一緒に受け継いでるね。
>要求しているように思えるんですが。
自分じゃどうにもならなかったから仕方ないのでは?

780 :732:2000/11/15(水) 20:56
>>762
多分大筋で同じことを考えてると思う。で、

>そらの飛翔に必然性がないことををあげておく。

この部分だけど、多分、ラストでの晴子のそらに対する妙な要請に「?」って
ならなかった?なんでそこで人類がでてくるかなあってオレは思ったけど。

781 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:57
>>42

782 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 20:59
>>780
あのセリフはただのたとえだろ。
俺はあの飛翔は、神奈が消えて残った観鈴を迎えにいったんだと思ったが

…そういったら叩かれたよ。ここで。

783 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 21:02
人間のかけた方術は解けてるって。


784 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 21:09
>心を通わせた親しい者を死に至らしめるのは高野山の呪い。

何のためにかけてるわけ?
そういう描写なかったけど。

785 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 21:11
そらが飛んで幸せな記憶を届けることにより
神奈が役目を終え空に還り、観鈴が残って
そらと一緒に地上に帰った・・・でどうかいな

786 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 21:14
>782
地上にたゆたっているみすずの記憶を
神奈の所まで持っていったんだと思っていたが、
違ったか?

787 :570:2000/11/15(水) 21:15
>780
「全部空に返してや」ってやつですか?
たしかに。ここら辺も俺が「EDとってつけた説」のスタンスを
とる理由。別に特別なやり方じゃないんだけどね。話は一つに
収斂されていくのが普通だし。
でも空に返すべき人の思いなんてサッパリ書けちゃいなかったよな(笑)

788 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 21:16
>今回の神奈はそこに目を背けたまま、「ああ悲しい悲しい。悲しみを
>癒すために、何でもいいから幸せな記憶を持ってこーい!」と
>要求しているように思えるんですが。

ひねくれすぎ。観鈴は神奈の一部じゃん。


789 :768:2000/11/15(水) 21:16
ああ、すみません。偉そうなことを言っておきながら、間違ってたのは
俺ですね。すみませんすみません。
しかし、それはそれとして、

>自分じゃどうにもならなかったから仕方ないのでは?
どうにもならないことに立ち向かうための「心の強さ」じゃないんですか?

>人間のかけた方術は解けてるって。
【神奈】「余を、残してゆくなど…ゆるさぬ、ぞ…」
【神奈】「なぜ…なぜにみな、余だけを…残して…」
屍を揺り動かす。
蒼白な顔が、がくりとこちらを向いた。
それは、俺の顔だった。
(中略)
【裏葉】「あの夜、神奈さまに向けられた呪法は比類なく強力なものでした」
【裏葉】「神奈さまのお心を砕いてしまうほどに…」

術が解けたからといって、心の傷が回復するわけではないでしょう。
身体から毒が消えても、毒で負ったダメージが消えないのと同じことです。

790 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 21:22
やっぱうぐぅの奇跡だって。

791 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 21:24
>>789
超重病人に向かって「自分で医学を学んで治せ」
って言ってるように聞こえる

792 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 21:30
「別れのときが来ました」って言ってる最期の翼人は神奈っしょ

793 :780:2000/11/15(水) 21:32
>570
やはり予想通りの返答をいただけました(笑)
なんか、観鈴のゴール以降がすっごいバタバタしてるんですよねぇ。
慌てて何かを片付けてるような気さえします。自分は。
そして、それをわざわざ何かのカタチに見えるようにハメ込んで
良いのやら悪いのやら…

794 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 21:32
そらが迎えに来るまでの間、神奈が観鈴にお話を聞かせてたって
考えてるんだけど。どうよ?

795 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 21:35
感想じゃなくて考察しようよー。


796 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 21:40
観鈴のゴール以降は俺には最高だったんだけどな
あれ以上綺麗にできないと思うよ

797 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 21:40
>ひねくれすぎ。観鈴は神奈の一部じゃん。
かといって、神奈の人格=観鈴の人格というわけでもないでしょう。
>>300で既出の意見ですが、そのときは発展しなかったので、あえて書きます)

>>791
そう受け取ってもらっても結構です。
ただ、エイズウィルス保有者かもしれない相手とセックスした結果
エイズに感染した患者と、その患者から生まれた先天性エイズ患者、
どちらがより同情(というと語弊がありますが)されるべき存在か
考えてみてください。

798 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 21:45
だからイコールじゃなくて一部だって言ってるの。
人格も魂も。


799 :ささいな違和感:2000/11/15(水) 21:49
570だが、カンナと観鈴の苦しみについて。
カンナが空で苦しむ理由をsummer編では呪いが云々と語ってるけど、
観鈴が語る空の少女の悲しみってまた全然違うよな。
562と563で引用した観鈴の台詞みてくれ。
これを見る限り、空の少女の悲しみってのは584で「づしの森」から引用した
「えいえんの世界から見た遠くに見える街の距離感」、つまり永遠の世界
に捕らわれた者の悲しみそのまんまだ。そしてそれを破るのはいつも
「前に進んでいく」勇気だ(566参照)。なんのことはない、ONEのリフレイン。
高野山の呪いとかとの関連はイマイチ見えてこない。
柳也が死ぬ幻を見続けて…みたいなプリミティブな悲しみは
いったい何処へいっちまったんだろう。

800 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 21:51
ロマサガ2の最終皇帝みたいなもんか?

801 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 21:53
高野山の呪いは百年で解けてるって。
神奈を空縛り付け、苦しめていた呪い。
幸せの記憶とともに空に還れなかった理由。

802 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 21:54
呪い&早死にのせいだろ。

803 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 22:00
壊された心は自動修復するのか?って聞いてるだろ。
だけどまあ、千年も空に留まってりゃ、「えいえんの世界」に
捕まったも同然だわな。

804 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 22:00
>だからイコールじゃなくて一部だって言ってるの。
>人格も魂も。
「クローン人間をどんどん作って臓器移植に活用すればいい」
という意見と、どこがどう違うのかお聞きしたいですね。

# 「極論で返すな」と言われそうですが(汗

観鈴の人格や魂が神奈のそれの一部に過ぎないというのには同意ですが、
オリジナルから切り離されて十五年以上も経っているのなら、人格の
独自性をある程度認めてもいいはずだと思いますが、それも否定するのですか?

805 :570:2000/11/15(水) 22:03
>793
やっぱそんな感じしてしまいますよね。
どうも語られた物語とEDがチグハグで。
詳しい感想は前スレの414と438で語ってますです。

>801
そういや呪いは100年で解けるんだったな。スマソ。
んじゃカンナの苦しみと観鈴の苦しみは同じってことでオッケーだな。
それを解く手段は人として幸せな生を終えること、お、まとまった。

806 :570:2000/11/15(水) 22:05
とすると高野山の呪いって何の意味もねえのか(笑)

807 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 22:06
>>806
・・・だからそれのせいで神奈が幸せな記憶を持って還れなかったんだってば

808 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 22:08
間接的に呪いは効いてるよ

809 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 22:10
高野山の呪いで100年分空に留まっていた。
100年経って呪いは解けたが、代わりにエイエソ気分に
浸ってしまったので、まっとうな人生を送り直す必要があった、
ってことでいいのか?


810 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 22:13
>>809
幸せな記憶で終わらないといけないから
延々と空にい続けたんだろ。

811 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 22:16
うーん、「幸せ」の定義がようわからん……。
出直すわ。

812 :570:2000/11/15(水) 22:19
>807
今読み返したら、100年ってのは呪いが解ける時間じゃなくて
転生が始まる時間だった。すまん。
つーわけで805と806は撤回。
人として幸せな生を終えることで人としての輪廻が始まり
呪いは解けると。よし、まとまった。

……ってこれじゃ永遠の世界が宙に浮いちまうな。
前に進む勇気とやらは何処にいっちまったんだろうか?
ただのオマケ?

813 :570:2000/11/15(水) 22:27
どうも上手い具合にまとまらんのう。
やっぱsummer編無い方が良かったんと違うか?

814 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 22:27
・・・言葉が足らないよ。


815 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 22:28
進む勇気って誰のこと?


816 :570:2000/11/15(水) 22:30
>814
なんかそうぽつりと呟かれても困るんだが。

817 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 22:33
永遠の世界って何?

818 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 22:36
AIRにない言葉で言われても何のことか把握できない。
よって説明できない。

819 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 22:38
これで設定資料集だかなんだかで答えが出されたら
AIRの評価はどうなるのだろう。

820 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 22:41
謎のないAIRなど、萌えのないKANONと一緒だ!

821 :570:2000/11/15(水) 22:47
>815
そらに足りないもの。
dream美凪/佳乃編で語られているもの。
新しい始まりを生み出すもの。
>817
何も始まらず、何も終わらない静止した世界。空の少女のいるところ。
>818
airの「無限」が似たようなもんだと思うが。
↓airED引用
彼女はもう地上にはいない。
この空の彼方にいるのだ。
悲しみの正体は、それだった。
ずっと空に向かって、彼女は生きていたのだ。
限りなくどこまでも続く蒼…
何も終わりを知ることなく、続いてゆく世界。
その無限へと還ってしまった少女。
今もひとりきりでいる少女。
だから僕は彼女を探し続ける旅に出る。
そして、いつの日か僕は彼女を連れて帰る。
新しい始まりを迎えるために。

822 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 22:48
http://www.mapletown.net/~akane/games/air/misuzu.htm

(1) 八百比丘尼たちの歴代の翼人が戦で殺めた亡霊による呪い。
 祝詞により神奈に受け継がれている。この呪いは、元々は本人を取り殺す呪いであったが、その亡霊の呪いの牙先が、守る術を持たない本人以外に向けられた時にはその者を取り殺してしまう。このため、「心を寄せる者を病ませる呪い」と表現される。

(2) 高野での晩に、陰陽師が神奈に対して施した、神奈を空に封じる法術。
 通常は肉体が朽ちて土に還ると共に魂は輪廻を待つ状態に置かれるが、神奈の場合は空に魂と共に封じられてしまったため、すぐさま輪廻することができない。この封術は時間と共に朽ちていき、100年程度でなくなり、神奈の魂は輪廻することが可能になる。

(3) 高野での晩に、高野の僧たちが神奈を取り殺すためにかけた呪い。
 この呪いは極めて強く、神奈が防ぎきることが出来ずに神奈の心を砕いてしまう。その結果、神奈は持っている記憶が混乱し、また第一の呪いをコントロールすることができなくなり、柳也や裏葉たちにその呪いの影響を与えることになってしまう。




823 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 22:52
こうして、延々と話題はループしていくのでした。

824 :793:2000/11/15(水) 22:55
>570
ご指示の箇所、拝見しました。

>ゴール付近の演出がやけに成功しちゃったらしい

一般的には、あの演出、かなり効いてるようですね(良し悪しは別にして)
感想レベルの話になるかもしれませんが、私は晴子が「母」になったあたりで、
先がなんとなく見えてしまって(以下略)
まあ、「死」で心が揺さぶられる(感動ではないと思う)のは、ある意味当然と思えるだけにゴニョゴニョ

で、話は移りますが、美凪ストーリーは、シナリオとしてではなく、ゲームとしてどう思われましたか?
ファーストプレイの時には、あまり話の見えないうちに、「海」とか「稜線」とか「水平線」といったような、
この時点ではいまいちよくわかんない比喩を連発した、往人君のやたら饒舌な美凪とみちるの描写テキストに
ほとほと嫌気が差したのですが…
まあ、テキストだけを取り出して考察ってのも、ゲームとしてなんだかなぁって思いますが、
これも一般的には、違うんですかねえ、やっぱり。

825 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 22:58
まごころを、君に

826 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 23:18
>今読み返したら、100年ってのは呪いが解ける時間じゃなくて
>転生が始まる時間だった。すまん。

のろいが解ける時間であり転生が始まる時間だよ

827 :570:2000/11/15(水) 23:30
もしかしてエイエソ周りって往人/そらの受け持ち分野だったのかなあ……
考えてみればdream傍流ルートの往人の饒舌っぷりはただ事じゃなかったからな。
「そらと観鈴を絡めそこねた」説が俺の中でどんどん確信にかわっていく…

>824
>この時点ではいまいちよくわかんない比喩
今見ると結構ありますね。おそらく反復によって読者の無意識化に
海と空のイメージを焼き付けときたかったんでしょうね。
こっちは攻略に手一杯でしたが(笑)
美凪は登場シーンで既にダレてしまって、その後は結構苦痛でした。
特に……美凪と母の和解後も、みちるがいつまで経っても
居続けるのが違和感有って。多分夏祭りに繋げたかったんでしょうが、
個人的には夏祭りのエピソードはカットして早いとこ屋上に持っていった方が
スッキリした話になったんじゃないかと思います。
「三人の居るたわいもない日常」なんてのは和解までに描写しといて。
と、「ゲームとして」でしたね。
ゲームとしては……summerやairほど論外ではないかと。
手に握られたマウスの行き場を探さなければならない状態でしたからね、あの二つは。
メスキャラも二人居るし、ギリギリのところでギャルゲーにはなってたのでは。
airと比べれば演出も押さえ気味で、微視的な部分はよくできてたように
思います。心なしか絵も上手い(笑)
夏祭りスケジュールの制約やテーマ描写の役割分担をとっぱらって、
美凪とみちるのコンビをもう少し深く掘り下げた単品として作れば
もっと全体で見ていい作品になったかなという感じです。

そろそろタイムリミットなんで落ちます。

828 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 00:01
今更考察してる粘着考察人晒し上げ。

829 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 00:05
>>822
いや、だからもう、まちばりあかねはいいって・・・

830 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 01:01
「ループ!ループっ!って言ってるヤツってOHPのヤツらみたいでバカだよなぁ」
モニターの前でオレは呟いていた。
あの噂に轟く低脳の集まりオフィシャルHP。そこでは自己中が我が物顔に場を
仕切りまくり、各人がゲームを終了するタイムラグなど考慮しない。とにかくど
んなに低レベルでも最初に話していたものが絶対であとからそれに話することな
ど許されない。彼らは後から来る者達に対してこういうのだ、
「お前らはオレ達の優れた考察でも読んでろよ、○○さんの考察なんてサイコー
 だぜ?」
だが、いかんせん、その○○さんの考察自体がたいしたモンではないのだ。
それでも彼らは自分たちが作りあげた「答え」を守るために必死になって新しい
意見を封じ込める。

「ループ! ループ!」
低脳な彼らが思いついたステキな呪文。一人一人では効果が薄いけど、みんなで
唱えればその気になるぜ!
時折、数でメーカーサイドの意見でさえ覆そうとするステキな彼ら。

2ちゃんと言えども、しょせんは葉鍵。
葉鍵に人並みの議論は無理だと再確認させてくれるスレッドでした。

--------------------------終了-----------------------------

831 :824:2000/11/16(木) 01:10
>570
遅レスで申し訳ない。ともかく、とても参考になるご意見でした。

>特に……美凪と母の和解後も、みちるがいつまで経っても
>居続けるのが違和感有って。多分夏祭りに繋げたかったんでしょうが、
>個人的には夏祭りのエピソードはカットして早いとこ屋上に持っていった方が
>スッキリした話になったんじゃないかと思います。
超同意♪

ちなみに、570さんが仰るようにsummerやairは、やはり比較対象外ですね。
なんというか、美凪シナリオだけ、妙に「小説」してたような印象を受けたんですよ。
「ゲームとしてのテンポを殺してでも、テキストをここに叩きつけてやる!」みたいな(笑)
三行びっちりのテキストをがんがんぶつけられたときには、
「一体何があったんだろ?」と不思議に思いましたが、
某紙のインタビューを見たときに妙に納得させられました(笑)

とにもかくにも、お相手感謝! m(__)m

832 :宣告人:2000/11/16(木) 01:24
突然ですが宣告です。
EDの翼人らしき二人の会話ですが、

「別れの時が来ました。わたしは空に届けます。
 この星の最初の記憶を。あなたと暮らした、幸せな日々の記憶を。」

という風に「あなたと暮らした」という言葉があります。
とりあえずこの二人が神奈と観鈴だという方は、この二人が一緒に暮らした
事実はないのであきらめてください。

以上、宣告でした。

833 :宣告人:2000/11/16(木) 01:27
上の宣告の追加です。

そういえば神奈と神奈ママも一緒に暮らしたことなどないですね。
というわけで神奈と神奈ママ派の人もあきらめてください。

以上、宣告でした。


834 :831:2000/11/16(木) 02:04
>>832-833
まあ、「翼」に幸せを宿せとも言ってるわけだから、「翼」を比喩と取るのはキビシイかもね。
ただ、833は言い過ぎのような気が…
つーのは、八百比丘尼は最初、神奈に記憶の継承をせずに死のうとしてた、つまり、
八百比丘尼自身が最後の翼人としての使命を全うしようとしていたわけだから、
八百比丘尼はなにか幸せな記憶をもって空に帰らなくてはいけないわけでしょ?
そしたら、ひょっとすると過去に神奈との暮らしがあって、
それを幸せな記憶として空に帰ると考えられなくはないのでは?牽強かな?
いや、もちろん、八百比丘尼が人間に絶望してて、「うぐぅ、もう、いいもん」とかなんとか言って、
ヤケになって星の終焉を望んでいたと考えられなくもないですが…はてさて。

とにかく、消去法で翼人→翼人(初代→二代目か?やっぱ)とするのが確かに妥当かも。
それとも、オレがウケない職人だからそう考えるだけか?

835 :神奈と観鈴派:2000/11/16(木) 02:42
観鈴が死んでからタイムラグがあるじゃん。
そらが飛んで幸せな記憶と届けるまで
空で一緒に暮らしたってのは駄目か?

836 :宣告人:2000/11/16(木) 03:24
これは宣告じゃないです。
>>834
>八百比丘尼はなにか幸せな記憶をもって空に帰らなくてはいけないわけでしょ?
果たしてそうなのかな?
勘違いしている人が多くいるように思うのだが、翼人の不幸な歴史を考えると、全
ての翼人が幸せな記憶を持って昇天するのは不可能ではないだろうか?
もともと願いレベルの話を必須レベルのものと混同しているように思える。
(八百比丘尼は結果的に娘との再会という幸せな記憶がつくれたが)
>それとも、オレがウケない職人だからそう考えるだけか?
いや、さすがウケないとはいえ職人さんだ(笑)
ナゾをかけるとき、いくつかの言葉によって自分の思いつく他の可能性を消すの
はシ常套手段だしな。逆に論理的に読み解くときにはそれをするしか方法はナッシ
ング。


837 :宣告人:2000/11/16(木) 03:27
これも宣告ではない。
>>835
それは一般的に言う考察ではなくSSの世界。
葉鍵世界では混同されているが、考察は本文中の言葉による立証と、それによっ
てかなり高い確率で必然的に起こると思われる状況以外は想定しないほうがよか
ろう。
SSはそういう風にシナリオの隙を探して想像を膨らますのもアリなんだが、本当
の考察とは違う。もちろんSSの方法論としては全く問題ナッシング。
だが、それを考察にまで持ってくると無限の選択ができるため、答えを導き出すこ
とはできなくなります。
そして、それがこのスレが抱えてる慢性的な問題でしょう。


838 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 04:41
>勘違いしている人が多くいるように思うのだが、翼人の不幸な歴史を考えると、全
ての翼人が幸せな記憶を持って昇天するのは不可能ではないだろうか?

最期だけでよかったんでしょ。

839 :834:2000/11/16(木) 04:49
>>836
あ〜あ、オレのネタにもこれくらい人が喰いついてくれたらなぁ…(トオイメ
とにかく、レスさんきゅ。

>勘違いしている人が多くいるように思うのだが、翼人の不幸な歴史を考えると、全
>ての翼人が幸せな記憶を持って昇天するのは不可能ではないだろうか?
>もともと願いレベルの話を必須レベルのものと混同しているように思える。
なかなかイカす指摘だな。オレ、こんなこと考えなかったよ。あんたならウケる職人さんになれるかもな(笑)
だから、この考えをオレがちゃんと理解できてるかどうかは不安だけど、
これでいくと、神奈が夢を聞いて掻き集めるようなしぐさ(してた…よな、確か)の意味が通るもんな。
つまり、あんたは、「記憶も夢もAIRにおいてはほぼ等価と考えられているのでは?」と、
言いたいとみたが…う〜ん、オレはあんたじゃないから、これは間違ってるかもな、多分。
ただ、あんたの言うように、「全ての翼人が幸せな記憶を持って昇天するのは不可能」であると
考えるなら、星がグレてヤケにならんように、幸せな記憶の代わりとなるものをもって天に帰る
必要がある(ひょっとして、そんな必要もないと考えてるの?)わけだから、その場合は夢で代替せざるを得ない、と。
うん、悪くない。
で、問題は、これならば、観鈴が別に幸せな記憶を持って返らなくとも良いということにもなるから…
えーーーーーーっ、これじゃあAIRは夢オチってことになりゃしませんかーーーーー?
確かに、手の振り方が違ってたり、DREAMって妙な題もついてるし、
いろいろつじつまの合わんこと(ex. カラスが往人に一瞬変わる、等)もあるしなぁ…

むむぅ、考え方が変な方向に逝ってるのは多分、オレが(以下略)

840 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 04:51
八百比丘尼は自分の代で終らせるはずだったが、
神奈があの時八百比丘尼に触れてしまった。
呪いのせいで神奈をとり殺させるわけにはいかず
翼人の力とともに記憶を継承するしかなかった。

841 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 04:57
幸せな最期が必須じゃなかったのなら神奈が成仏できなかった理由が説明つかないよ

842 :839:2000/11/16(木) 05:02
>>838
連アタ失礼。そうだよな。やっぱ、アンカーの神奈だけは幸せな記憶がいるんだよな。
839はただの妄想だな。はぢゅかちぃ〜〜〜〜。

やっぱ、オレはウケないエセ職人だな。鬱だ。寝よ。すまん>all

843 :宣告人:2000/11/16(木) 06:08
>>838、841
幸せな最後についても、神奈がそれをできなければ魂を拘束するというものでは
ありません。ありのままの記憶を伝えて成仏するというのが自然な流れです。
それに続く破滅があるとしてもそれは運命であり、神奈の関知するところではな
いと思います。
その自然の流れに逆らうほどの意思(星を救うという意思)が果たして神奈にあ
ったかどうか。たいせつな人たちは死んでしまった…そういう世界を見る呪いを
かけられた時点で神奈が星を救う必然性などないと思うのですが。
翼人の使命というのは捏造してまでも星を守らなければならないものだったのか。

そう考えると星の将来のタメに幸せな記憶を得ることに重点を置く解釈は少し頼
りないような気がします。

また神奈が成仏できない理由は、確定ではありませんが一つは記憶のキャパに転
生体が耐えられず、その結果、輪廻と呪いの輪から抜け出せないこと。
そうなると解決策は呪いを消すか、翼人としての転生を終わらすことになります。
それを解く鍵が幸せな記憶であるように思いますが、それは星の将来とは別次元
の神奈個人の悲しみに関わってくることだと思います。

ややこしい話だけどうまく伝わるかな?(笑)
どちらにしろ神奈にとっては幸せな記憶は必須のようです。


844 :宣告人:2000/11/16(木) 06:22
>>839
実はそこまでは考えてないけどな(笑)

ところで余談でしかも考察ではないんだが、夢と現実が同じってのについては
オレも面白い考え方を持ってる。例えばDREAMもAIRも代々の方術使い
と翼人の悲劇も全ては空の少女=神奈が観てる夢だと。
しかもその夢はすべて高野山にかけられた呪い、親しいものが死んでしまうあ
の光景なんだと。
登場人物は違っても未来永劫えんえんと同じ悲しみを繰り返す。
だけど、その夢が幸せな夢になった時は、それは呪いの終わり。空からの解放。

…って考えたんだけどいい話じゃないか?(笑)
でも根拠がないからこれは考察じゃないんだよ。

845 :839:2000/11/16(木) 07:48
>>843@`>>844
すまん。ちょっとだけ復活させて。ごめんね。>all

>幸せな最後についても、神奈がそれをできなければ魂を拘束するというものではありません。
>ありのままの記憶を伝えて成仏するというのが自然な流れです。
>それに続く破滅があるとしてもそれは運命であり、神奈の関知するところではないと思います。
ということは、宣告人さんは、

「AIR」の章でわれわれプレイヤーが見せられた「観鈴が幸せな記憶を持ってゴールする物語」は、
あるパラレルワールドの一つであり、エンディングで示されたパラレルワールドの
世界(なお、この時点ではまだ神奈は空に生きている)では、「AIR」の章と同じ結果が得られるかどうか、
つまり観鈴が幸せな記憶を持ってゴールできるかどうかが定かではない。
しかし、それを悟った上で、エンディングの二人は「無限の終わり」を目指して歩き出す。

という解釈をされていると推測しましたが、いかがでしょうか?
で、もう一ついきます。
>例えばDREAMもAIRも代々の方術使いと翼人の悲劇も全ては空の少女=神奈が観てる夢だと。
>しかもその夢はすべて高野山にかけられた呪い、親しいものが死んでしまうあの光景なんだと。
>登場人物は違っても未来永劫えんえんと同じ悲しみを繰り返す。
ここはおそらく、佳乃の母やみちるや往人や観鈴のことを指しているのですね。そして、
>その夢が幸せな夢になった時は、それは呪いの終わり。
これが、あのエピローグ以降ということではないか、とお考えのように推測致しましたが…

う〜ん、本当に宣告人さんがこう考えてるとすると、宣告人さんは、解釈の上では
happy endかどうかわからないけれども、ご自分の想像の上では、おそらくhappy endの物語であり、
AIRはキレイに閉じた物語と考えてらっしゃるわけですね。

で、あの二人は柳也と裏葉「っぽい」わけですか…

846 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 15:15
>たいせつな人たちは死んでしまった…そういう世界を見る呪いを
>かけられた時点で神奈が星を救う必然性などないと思うのですが。

さて、どうでしょう? 翼人は無垢な生き物らしいですから、
「こんな星など、もう要らぬ! 滅んでしまえ!」とヤケを起こすことは
ないかもしれません。

>翼人の使命というのは捏造してまでも星を守らなければならないものだったのか。

物語の解釈からは少しずれますが、星の記憶云々という設定は、「神奈の自分勝手な願いが
観鈴を苦しめた」とプレイヤーが考えないように付け加えられた設定なのではないかと。
つまり、ただ神奈が悲しんでいて成仏できないというのでは、「一人で悲しんでろ。観鈴に
迷惑かけるな」という批判が避けられないので、成仏できないことに正当な理由を与えるために
付け加えられた設定なのではないかと思うのですが。

847 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 19:11
>幸せな最後についても、神奈がそれをできなければ魂を拘束するというものでは
>ありません。

拘束というか、翼人の記憶の輪廻を終らせるため、空に幸せな記憶を返すのに必要だったんでしょ。
100年の封術が解けた時点でそのまま翼人の記憶が空に還されないことが証拠だと思うよ。
呪いは解けてるのに成仏できない。つまり足りないものがあった。



848 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 19:20
>空に幸せな記憶を返すのに必要だったんでしょ。
「空に返すために必要」と、「それが無ければ返せない」は別の問題だろう。
夏休みの宿題が仕上がっていなくても、学校へ行けないわけではあるまい。


849 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 19:30
重いからあげないでくれ。

850 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 19:31
ああ、ごめん。変な文章になってた。
翼人の記憶の輪廻を終らせるため、翼人の記憶を空に四散させるために
観鈴の幸せな記憶が必要だった。
100年の封術が解けた時点でそのまま翼人の記憶が空に還されないことが証拠。
呪いは解けてるのに成仏できない。つまり足りないものがあった。
ってこと。

851 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 19:38
843の人は、
「不幸な記憶を持ったまま、空へ四散することが
 不可能なわけではないだろう」
「そうしないのは、輪廻や地球がどうこうという設定のためではなく
 神奈個人が幸せな記憶を持つことに固執しているからではないのか?」
って指摘してるんじゃないのか?

852 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 19:46
なるほど。俺、頭悪すぎ。


853 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 19:58
神奈は翼人の記憶を受けきってたにも関わらず、高野山の呪いで不幸だったから
封術が解けてもそのまま空に還れなかった。
それは神奈個人じゃなくて、
翼人という種が望んでいたからじゃないの。
最期に出てくる翼人の話にも結びつくし。

854 :570:2000/11/16(木) 20:00
>831
>「ゲームとしてのテンポを殺してでも、テキストをここに叩きつけてやる!」みたいな(笑)
>三行びっちりのテキストをがんがんぶつけられたときには、
>「一体何があったんだろ?」と不思議に思いましたが、
私もあれはきつかったす。
「冗長」って言われるところのミクロ部分はここでしょうね。
>某紙のインタビューを見たときに妙に納得させられました(笑)
私も…というか、インタビューで「皆で書いて一番良いのを採用した」ての
見たときはちょっとずっこけてしまいました。
それって一番やっちゃいかんことと違うか……
まあ何処までホントかは判かりませんけど。


>宣告人さん
>もともと願いレベルの話を必須レベルのものと混同しているように思える。
私もそう思います。幸せな記憶でなければならないというのは下記の2シーン
--->【裏葉】「神奈さまの魂は、癒される間さえなく輪廻に戻りましょう」(summer)
--->星の記憶は、永遠に幸せでなければなりません。 (airラスト)
くらいしか思いつきません。前者の方に関してはカンナの魂が癒される
ことが転生を終える必須条件とは書いてませんし(転生を完遂できない理由は
別に説明されてます)、後者にしても、話はスケールが大きいですが、結びは
--->それこそが、わたしたちという種の役目。
--->忘れることを許されない、わたしたちの誇り。

--->星の記憶を担う最後の子には…
--->どうか、幸せな記憶を。
等、せいぜい誇りや祈りというレベルの話です。つーかスケールが
でかすぎてそれくらいしかできることが無いんでしょう。
継承するのは「星の記憶」ですから、翼人だけ幸せになってもしょうがないし。

ただ、だからこそなあ……もう少し世俗側の人物(オヤジとか)も
きっちり描写しとかないとイカンと思うんだが……keyには荷が重かったか。

855 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 20:00
あ、やっぱりどうかなぁ。
やっぱり翼人という種の性質というしかないんじゃないっすか?
ファンタジーだもん。

私たちもいつの日か、滅びのときを迎えるでしょう。
それは避けようもない結末。
けれど、最期は・・
星の記憶を担う最期の子には
どうか、幸せな記憶を。
その時こそ・・・
私たちは役目を終え、眠りにつけるから。


856 :570:2000/11/16(木) 20:00
>宣告人さん
>以上、宣告でした。
私もアレは最初の翼人親子を回想したものだと思いますです。
翼人の定めを説明するただのイメージショット。
例のパートは、大まかに分けて
<1>「我が子よ…」シーン(BGM:回想録。絵:翼人親子のシルエット)
<2>「別れの時が」シーン(BGM:夜想。絵:翼人シルエットと原始の地球)
に分かれてますが、このうち<1>については(以下本編引用部分「---&gt;」)
---&gt;この星はまだ、歩きはじめたばかり。
---&gt;だから、わたしたちはここに生まれた。
と書かれているので、かなり序盤の翼人親子であることが推測されます。
<2>についても
---&gt;別れのときが来ました。
---&gt;私は空に届けます。
---&gt;この星の最初の記憶を
---&gt;あなたと暮らした、幸せの日々の記憶を。
とあります。「この星の最初の記憶」と「あなたと暮らした、幸せの日々の記憶」
は文を見る限り同格、あるいは少なくとも並列であるのは明かです。
<1>は少なくともごく初期の翼人親子、<2>は、「記憶の継承」を利用した
アクロバチックな解釈を試みない限り、初代翼人親子であるとほぼ断定できます。
この<1><2>二つのシーンを、初代翼人親子の始まりと終わりを
回想したものとして一つにまとめるのが、おそらく一番筋の通った
読みかたなんじゃないでしょうか。少なくとも「プレイヤーへのメッセージ」
とかいうよりは真っ当だと思われます。

んで、この解釈を取ると何が良いかというと、あの意味不明の<1><2>が
統合できるほか、例の「dreamそらの夢説」が簡単に導き出せます。
この意見はさんざん既出でしたが、<1><2>の統合を前提に見てみるとより
信頼度の高い解釈となりますので、今一度説明します。
ループループとかいわないでね。
とりあえずEDの流れを見てみましょう。
1.観鈴のゴール(翼人、終わり、女)
2.そらの飛翔(方術氏、終わり、男)
3.初代翼人親子の語らい(翼人、回想、女)
4.  ?
5.子供達(男と女、始まり)
なにかが足りませんね、ってバレバレですが。
4に「dream(方術氏、回想、男)」を入れれば形としてはバッチリです。
そして同時に、3が回想であるとすれば、dream編が単なる妄想や寓話ではなく
事実の回想であるということを強く主張するのが可能になります。
そう考えれば題名の意味もそらの影がちらつく理由もきっちり説明
できる上、作品が循環してしまうことも無いです。

ただ…問題はそらの飛翔が構造上必須であるにもかかわらず
そらがあんまり描写されてないことなんでないかな。
ラストの子供は二人組なんで、そらと観鈴の二人がそれぞれ
癒されなければ浜辺に繋がらないのに、そらの方は中盤以降
無視されちゃってんのよね。「人の思いを空に返す」だの
「空の少女を連れて帰る」だのと、とりあえず最低限の形には
なるよう理由づけられてるけど……やっぱとってつけた観が否めない。

857 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 20:08
><2>は、「記憶の継承」を利用した
>アクロバチックな解釈を試みない限り、
>初代翼人親子であるとほぼ断定できます。

そうなの? 星の記憶を届けるのは最後の翼人の役目なんだから、
初代翼人親子の会話ってことはないでしょ。
観鈴(あるいは観鈴に宿っていた神奈の一部)が晴子に語った言葉じゃないの?


858 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 20:16
いや、観鈴が往人に語った言葉でしょ。

859 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 20:21
この前が(最初?)翼人と子の会話。
ここからは観鈴が往人の会話。じゃないかなぁ

別れのときが来ました。
私は空に届けます。
この星の最初の記憶を
あなたと暮らした、幸せの日々の記憶を。
悲しむことはありません。
わたしはいつまでもあなたと供にあるのです。
雨粒が大河となり、そして海に集まるように。
だから・・・
あなたには、あなたのしあわせを。
その翼に、宿しますように。

860 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 20:22
誤り 観鈴が往人の会話。
訂正 観鈴と往人の会話。

861 :570:2000/11/16(木) 20:56
>星の記憶を届けるのは最後の翼人の役目
そんなの有りましたっけ?ちょっと記憶に無いっす。

>観鈴(あるいは観鈴に宿っていた神奈の一部)が晴子に語った言葉じゃないの
この手の解釈をする場合、
「この星の最初の記憶」と「あなたと暮らした、幸せの日々の記憶」
が同格ではなく並列であること、しかも記憶の継承で得た記憶と
個人的な幸せの記憶という全く違うものをあえて何の接続詞も無しに
併記させた理由を説明しないといけません。
頭を空っぽにしてあの文を読めば、八割方の人は二つを
同格ととるんじゃないかな。
さらに相手が晴子となると、
---&gt;あなたには、あなたのしあわせを。
---&gt;その翼に、宿しますように。
の「翼」が意味不明になります。

あと、あれが観鈴と往人の会話と取ったら……
完全な別れの言葉じゃん。
観鈴ちんさようなら〜、往人さん元気でね〜って。
じゃあ、最後の子供二人は何よってことになるし。
わざわざ空まで迎えに行って
---&gt;あなたには、あなたのしあわせを。
---&gt;その翼に、宿しますように。
なんて言われたらキレますぜ。
ついでに言えば、にわかガラスの往人に向かって
---&gt;その翼に、宿しますように。
も変なんと違うかな。
いや…別にそらと往人は完全に別だとか最後の子供は
誰の転生でもない、新しい生命の象徴だとか、別に
言ってもかまわんけど……ちょっとキツイよね。

862 :570:2000/11/16(木) 21:14
一応別の可能性として最も考え得るのが
最初の翼人親子以外の翼人親子なんじゃないかな。
というかカンナ(or観鈴)とカンナ母しかいないか。

863 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 21:44
>あと、あれが観鈴と往人の会話と取ったら……
>完全な別れの言葉じゃん。

そうじゃないかな。観鈴+神奈
ってことで二重人格が融合したみたいな感じで考えてる。
なんかいきなりBGM変わってるし。

>わたしはいつまでもあなたと供にあるのです。
>雨粒が大河となり、そして海に集まるように。

・・・で最期のシーンがあるというわけ。

>ついでに言えば、にわかガラスの往人に向かって
>---&gt;その翼に、宿しますように。

・・・ごっつ自然だと思うんですけど。
翼があるのは翼人とそら(往人)だけ。
”あなた”が翼人って考えるのは不自然。
なぜなら”私”が最期の翼人であるから。

最期の翼人が記憶を空に還す役目、というのに
疑問があるようだけど>>855ということでいいんじゃない

>その時こそ・・・
>私たちは役目を終え、眠りにつけるから。

というのは、できるまで役目を終え眠ることができないってこと。


864 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 21:46
役目って何?
こいつら、地球の歴史上に何か重要な役割を果たしたの?

865 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 21:54
最期の語らいが神奈ママと神奈であるなら
神奈ママが最期の翼人の役目を果たそうとしていたとも考えられる。
しかし高野山秘伝の封術によって無理に生き長らえらせて
役目を果たすことができなかった。
というわけ。
でもそれだと、最期の海のシーンがわからなくなる。

866 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 22:14
865訂正
最期の海のシーンよりも、その前にある、
観鈴が見たらしき最後の夢。
翼人が太古の空を飛んでいる夢のCGに繋がる理由が薄い。

867 :ヘタ職:2000/11/16(木) 22:17
>570さん
昨晩は、御意見ありがとうございました。

さて、御意見を拝見させていただいたところ、
570さんは「dream編は事実の回想である」と考えていらっしゃるとのことですが、
これは、「エンディングの男の子がその回想を行っている」ということですよね。おそらく。
そこで、その回想の内容なのですが、これは「dream編の3つのストーリーのうちのどれか」を
あの男の子が回想していると考えていらっしゃるのでしょうか?

そして、多分、宣告人さんとは微妙に違う解釈になっているんですよね?
(まあ、これは御本人の登場で一発解決なので、570さんに尋ねる事ではないのかも知れませんが)

では、本題です。
「別れのときがきました」は誰から誰に向けての言葉なのか?
これで遊んでみましょう(笑)

私は、570さん、そして宣告人さんと同じ意見(翼人→翼人)なのですが、
それだと面白くないので、あえて、神奈(観鈴)→そら(往人)で。
この考えを正しいとするなら、それは多分、「このメッセージがプレイヤーに向けて、
すなわち、物語りの視点を担うもの(つまり、そら)に向けて投げかけている以上、
そのような判断をせざるを得ない」ということをその根拠にしているように思います。
確かに、これよりも前の、明らかに2つの人影が映っているときのものは、
それが明示されているがゆえに、翼人→翼人で間違いはないとは思いますが、
後半のメッセージにはそれを意識した描写がない以上、物語の視点を担うものに語られている
メッセージであると考えるのは、間違いとは言いにくいような気がします。
ただ、それでも物語のつながりを考えると不自然かなあ、とは思うわけで…う〜ん。

868 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 22:22
>>370 翼人の親子の語らいの場面

869 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 22:52
>>868
いや、それはわかってるんだけどさ、「翼人なんか、いてもいなくてもいいよね」
っていう印象が拭いきれないんだよ。なにせ、記憶返さなくても千年無事だったし、
あの設定からは、「翼人さえ幸せなら他どーなってもいーや、なにせ翼人こそ地球の中心」
っていう開き直りさえ感じるし。翼人は無垢とか言ってるけど、やっぱりこじつけ
くさいよね。主観の問題なんだろうけどさ。

870 :368:2000/11/16(木) 22:55
ん?メモ代わりにリンクしただけだよ


871 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 23:01
>記憶返さなくても千年無事だったし、

翼人が記憶を紡いできたからじゃん。


872 :871:2000/11/16(木) 23:04
ゴメソ。
わけわからんこといってしもた。

873 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 23:04
>そうじゃないかな。
あそこで別れたとなると、最後の子供の女の子を美鈴の転生と考えるのが
ちと難しくなりませんかね。

>わたしはいつまでもあなたと供にあるのです。
>雨粒が大河となり、そして海に集まるように。
これは「たましいのありか」としての空を海になぞらえた比喩じゃないの?
水(魂)は海に集まり、そしてまた雨として再び大地に降り注ぐ、ていう。

>その時こそ・・・
>私たちは役目を終え、眠りにつけるから。
なんで翼人が生まれたかというと「この星は生まれたばかり」だから。
星が成熟すれば翼人はその役目を終える。
つまり翼人の目的は星の成熟を見届けることで、記憶をため込むことは
その手段に過ぎないんじゃないか?
---&gt;つまり、それはこの星の記憶。
---&gt;わたしたちは、星の記憶を司るものなのです。
たましいのありかという混沌に秩序を与える管理人というのが記憶を継承する
翼人達の役目ってのはどう?根拠無いけど。
562と563で引用した観鈴の独白は翼人という種の悲しみをそのまま
うたったものだと俺は理解してるんだが。
「人と交わり悪鬼になり果てた」じゃないけど、代々記憶を継承しながら
魂の営みをひたすら見守り続ける因果な商売(笑)
だからこそ「あなたには、あなたのしあわせを。その翼に、宿しますように。」
という祈りが、方術氏たちが子供に伝えた言葉に重ね合わせられて、
収まりがよくなるんじゃないかな。

874 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 23:08
いや、だから重くなるからageないで

875 :鬼ちゃねらー@あなどれない。:2000/11/16(木) 23:09
頑張って考察してね。
じつわ、俺も何気に参加してたりするこのスレ。
神出鬼没、あなどれない。

876 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 23:10
>>562-563

877 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 23:11
何が重くなる?
SAGEってサーバーに負担かかるんじゃなかったっけ

878 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 23:20
873さんのレスの相手はどなたですか?

879 :名無しさんだよもん:2000/11/16(木) 23:20
一番認めたくないアイデアだけど・・・
最期の男の子はユーザーを示してるのかな・・・
そんな気がしてきた。鬱だ。


880 :570:2000/11/16(木) 23:56
すまん、873俺。あげてもうた。
クッキー切ってるもんでたまにやらかすんだ。
レス先は863す。

>ヘタ職さん
こちらこそ、つきあっていただいてすみません。
>これは、「エンディングの男の子がその回想を行っている」ということですよね。
あ、そうじゃなくて、空を飛ぶそらの回想、というつもりです。
あれが無いと「いつから僕はここに立っていたのか…。」が
映えないとおもいまして。
>「dream編の3つのストーリーのうちのどれか」
これが実は大問題で。
「あれは可能性を示してるんだよ」と一蹴するのは
簡単なんですが。ただdream編とair編は明らかに連動
してるので、あれが単なる夢と考えるのは、dream観鈴編往人の
最後の祈りを考えても、ちと行き過ぎなんじゃないかと
思って、ああいう表現をしてしまいました。
>物語のつながりを考えると不自然かなあ
私もそう思います。何より、わざわざプレイヤーに語りかける
必然性が無いです。

>869
>千年無事だったし
カンナが最後の翼人だったと言う時点で、翼人の役目は既に
終わってたんじゃないですかね。
だからこそ、それでもなお空に縛られるカンナが悲劇的なわけで。
まあ、その場合なぜカンナママはカンナに記憶を受け継がせたのか
という疑問が残ってしまいますが。
>翼人さえ幸せなら他どーなってもいーや、なにせ翼人こそ地球の中心
---&gt;だから、わたしたちは幸せであり続けましょう。
---&gt;忘れることを許されない、わたしたちの誇り。
上の引用文なんか、翼人は基本的に「見守り続ける」ことしかできない
というのを逆説的に示してるように感じるんですが。
どうせ記憶の中身は大部分人間なわけだし。
それでもなお見てるだけの彼らに出来るのは「幸せであり続けよう」
という誇りであったり「どうか幸せな記憶を」という祈り、
その程度でしかないんじゃないかな。
>翼人は無垢とか言ってるけど、やっぱりこじつけくさいよね。
私もああいうの嫌いです(笑)

881 :名無しさんだよもん:2000/11/17(金) 02:10
>>翼人は無垢とか言ってるけど、やっぱりこじつけくさいよね。
>私もああいうの嫌いです(笑)

神奈、お前は観察する。お前たち翼人は地球の歴史を観察する。
だが、何のために観察するんだ? お前は多くの善を為すことができたはずだった。
お前は多くのことを知っていた。人々に伝えるべきことはたくさんあった。
翼人は無垢な存在だと言ったな。悪などではないと。違うな。お前がその悪なんだ。
お前は観鈴を助けることができた。素晴らしいことをすることができた。
名誉あることを。だが、お前は自分のことしか考えていなかった。

必要なことがわかっていながら、何もしないこと。それが悪だ。

# ま、悪とまで断罪しちゃいけないな。ちょっと社会性に欠けてるだけだし。
# しかし、EarthXのパロディなんて、どれほどの人がわかってくれることやら(苦笑)。

882 :名無しさんだよもん:2000/11/17(金) 03:55
魂が同一で記憶が最初は別だっただけなんだから
神奈が自分でがんばっただけじゃん

883 :名無しさんだよもん:2000/11/17(金) 05:14
思うんだけど、「観鈴と神奈は別人格」と主張する人たちって、
「もう一人の私が、空の上にいる」という台詞に縛られてるんじゃないかな。
あの台詞が、「本当の私は、空の上にいる」だったら、
こんなにもめてないかもしれず。

884 :名無しさんだよもん:2000/11/17(金) 05:53
AIRは自力本願。
KANONは他力本願。
仏教とキリスト教

885 :名無しさんだよもん:2000/11/17(金) 06:08
麻枝は自力本願。
久弥は他力本願ってとこだろ。がいしゅつだけど。

886 :名無しさんだよもん:2000/11/17(金) 06:13
>>885
それは言いすぎです。

887 :名無しさんだよもん:2000/11/17(金) 06:17
<オープニングの最期のほうのテロップ>
夏はどこまでも続いてゆく
青く広がる空の下で
彼女が待つ、その大気の下で

住人の旅の目的は空の上の少女だったはず。
でもここでは「大気の下」となっています。(大気の下=空の下)
そこで僕は考えた!彼女とはAIRのあとにそらと一緒に大地へ帰った観鈴であると。
そう、観鈴は待っているのです、そらから再び転生した住人を。あの堤防の前で…。

コピペです。

888 :名無しさんだよもん:2000/11/17(金) 06:29
>あそこで別れたとなると、最後の子供の女の子を美鈴の転生と考えるのが
>ちと難しくなりませんかね。

何故に?

889 :名無しさんだよもん:2000/11/17(金) 06:37
>>840 >>850 がいい感じ

890 :名無しさんだよもん:2000/11/17(金) 06:48
パラレルだ

891 :名無しさんだよもん:2000/11/17(金) 06:53
ドリーム観鈴がそらの夢?


892 :名無しさんだよもん:2000/11/17(金) 06:58
最後の子供はまんま転生ってとっても良いけど、
無限に続く人の生を受け継ぐ子供でもあり、それはそのまま
プレイヤー自身の視点にも重なってくるの。

893 :名無しさんだよもん:2000/11/17(金) 07:14
DREAMシナリオのDREAMって言うのは、
誰それが見た夢、と言うよりは
神奈が求めた夢(将来的な希望ね)ととってみるのはどうかな?

と、こんなのはがいしゅつであろうか

894 :なんちゃって宣告人:2000/11/17(金) 10:08
ホントは宣告だけするカッコいいキャラを目指してたんですが、早くも崩れてる
ので「なんちゃって宣告人」に改名デス(笑)
>>845
いや、ボクはパラレルだとしてもAIR編の話は繰り返しから抜け出すための変
化があらわれた世界だと思ってますよ。その世界で変化が起こったのかどうかは
はっきりしないんですけどね。いくつもあるただのパラレルの一つだとは思いま
せん。その内の、幸せの兆し、終わりの兆しのある世界というか。出口の入り口
というか。そういう意味で不可変であるべきかと。
もしかしたらボクの言う「幸せな夢に変わった世界」かもしれないけど、これは
AIR解釈の肝の部分ですからね(笑) はっきりとしません。
そして、それはエンディングへも一本の道で繋がるものだと思うのですが、これ
がまた難解で(笑)
もう一つの解釈についてはビンゴです。お米券進呈。
>>851
>>843の解釈については851さんのでほぼビンゴ。自分はもっと神奈に好意的です
けど(笑)
>>867
自分は夢だとしたら神奈の夢(呪いの幻夢(笑))説ですからね。そこからの解
釈は570さんとは違います。そこまでは一緒です。

>翼人の役目
これに関しては「星を裁く者」に情報を伝える役目だと思います。本文にも確か
「神」に声を届けることができる者というような言い回しがあったと思います。
ならば不幸な記憶があればそれをそのまま伝えるのが役目だと思います。「神」
がその役目を与えたのなら幸せでなければ魂が囚われるなどということはないハ
ズです。それでも魂が囚われたのなら、他の要因があると見るべきです。
>神奈と観鈴の人格
これについては例えば自分が違う世界で違う家族と暮らしたら同じ人格になって
ただろうかと考えれば自ずとわかるかと。たぶんミンナ違います。

長文ゴメン。しかも今日はコレだけ書き逃げデス! すぐ落ちます。


895 :名無しさんだよもん:2000/11/17(金) 20:11
>これについては例えば自分が違う世界で違う家族と暮らしたら同じ人格になって
>ただろうかと考えれば自ずとわかるかと。たぶんミンナ違います。

極端な境遇で過ごしたのならともかく、そう変わらないはず。
実際、双子の実験で別々に暮らさせてみたら知能、性格、が似通っていたという話聞いたことある。
むしろ同じ家に住んでいたほうがお互い意識的に変わろうとするらしい。
これ関係ない話だね・・・。混乱するからやめとこう。
観鈴と神奈はもっと密接に繋がっているからこそ観鈴が「もう一人の自分」って言ったんだと思う。
表面的な人格は違っても魂は同一。似たような感情。
自分が夢の中で違う人間になってたみたいな経験無いかな?
そういう感じだと思うよ。


896 :名無しさんだよもん:2000/11/17(金) 20:14
夢の中で違う人間(違う人格)を演じて(?)いてもやっぱり
自分は自分じゃないかなと思うわけでした。おそまつさまでした。

897 :名無しさんだよもん:2000/11/17(金) 20:33
「ジェイミー、あなた、昔のこと覚えてないの? 私たち、あんなに
愛し合ってたじゃない!」
「テレサ、忘れたわけじゃないんだ、わかってくれ。ただ、そのキミの
言っている男は、その……僕であって僕じゃないというか……」
「あなたの分身だってあなたでしょ!」
「うーん、まあそうなんだが……映画を観てるようなもんでさ、心は
別物なんだよ。こっち(と言って頭を指す)では理解できてるんだけどさ」
「わかったわ……、もういい。もう話したくない」

898 :名無しさんだよもん:2000/11/17(金) 20:36
「過去を置き去りにはできん! 人の人格とは、その行動の集積だ!」

899 :名無しさんだよもん:2000/11/17(金) 20:53
>これに関しては「星を裁く者」に情報を伝える役目だと思います。本文にも確か
>「神」に声を届けることができる者というような言い回しがあったと思います。

どこに?

900 :570:2000/11/17(金) 21:11
>863
873で書いたことの補足だけど、要するに俺が言いたいのは
翼人が記憶を全て自分たちだけが持ったまま末代までため込んで
それを最後に、一気に「地球に返す」必要はないんじゃないか、
少しづつ返していったっていいじゃないか、ってこと。
「最後で一気に返す」型モデルを取る理由って何かな?
俺は下にも書いてるけど、裁く者が別に存在すると考えてるので、
集めた情報を最後まで渡さないのは不自然だと考えてる。

>これに関しては「星を裁く者」に情報を伝える役目だと思います。
集めた情報の真の所有者にして、裁きを下す者が翼人とは別に想定されてるのは
(実在するかは問わない)どうも確かみたいですね。
翼人親子によれば「星自身」らしいですが。
---&gt;憎しみや争いで空が覆い尽くされた時。
---&gt;この星は嘆き悲しみ、あらゆるものを生み出した己を忌むことでしょう。
例によって空=魂の在処と読み替えれば、
星の感覚器官にして魂の番人ってのはいい線かも。
そういや佳乃や美凪のルートとも絡めて考えるべきなんだろうな…
やり直すのたるいなあ……

901 :570>899:2000/11/17(金) 21:17
これかな?summer中盤
----------------------------------------------------------
炎と闇が人々をひとつに結ぶ。
太古から続く寿(ことほ)ぎの調べが、天に還っていく。
【神奈】「なにゆえにみな、あれほど楽しげなのだ」
それは素直な問いなのだろう。
舞い踊る人々から視線を外さず、神奈がつぶやいた。
【裏葉】「あの火の粉を浴びますれば、息災(そくさい)に過ごせるのだと聞きます」
【柳也】「ああして羽目を外せば、日頃の憂(う)さもまぎれるってことさ」
【裏葉】「それだけではございません」
すかさず裏葉が口をはさんだ。
横目で俺をにらみつけ、『興醒めなことを言うな』と釘を刺す。
【裏葉】「みな、信じているのでございます」
【裏葉】「願いは必ずや天に届くと」
願いは必ずや天に届く。
そう聞いた時、神奈の肩がびくりと震えたのがわかった。
【神奈】「だれが願いを届けるのだ?」
たじろいだ裏葉の顔を、濁りのない瞳が覗きこむ。
【神奈】「余は神になど会ったこともないぞ」
【神奈】「幼きころより何遍(なんべん)もためしたが、余は空など飛べぬ」
【神奈】「社殿の屋根より飛びおりた折も、木の葉ほども浮かばなかった」
【神奈】「どんなに羽ばたいたとて、余の背羽は空(くう)を切るばかりだ」
【神奈】「余の背羽は、益体もないまがいものぞ」
【神奈】「余は願いなど、届けられぬ」
【神奈】「届けられぬぞ…」
ごうと音を立て、炎が燃えさかった。
降りかかる火の粉に、笑い声がはじける。
神奈の瞳が紅蓮(ぐれん)を映し、どこかうつろに揺らぐ。

902 :570:2000/11/17(金) 21:17
またやってもうた。スマソ

903 :名無しさんだよもん:2000/11/17(金) 21:20
翼人が管理人っていうのはわかるけど
なんで「星を裁くもの」っていう言葉がが出てくるかなあ
違う話だよそれ
言えるのは翼人が所有者ではないということだけじゃん


904 :570:2000/11/17(金) 21:29
何らかの価値判断を下す者というつもりで言ったんですが
確かに裁くって言うと突然神様が舞い降りてきそうで、
ちょっち意味が変わってしまいますね。すみません。

905 :名無しさんだよもん:2000/11/17(金) 22:53
そろそろ次のスレッドを立てておきますね。

みなさんの話を読んでるとまたあれこれ考え直したりして面白いです。
やはり十人十色で人それぞれに考え方があるんだなあ…。

906 :905:2000/11/17(金) 23:08
次のスレッド、立てておきました。引き続き考察や感想をよろしくお願いします。
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=974469972

907 :570:2000/11/17(金) 23:15
>888
すんません。レス付けるの忘れてました。

>>あそこで別れたとなると、最後の子供の女の子を美鈴の転生と考えるのが
>>ちと難しくなりませんかね。
>何故に?
観鈴を迎えに行ったそらに別れを告げておきながら、その後すぐに二人とも
友達として転生というのはちょっと唐突ではないでしょうか。
もちろん魂は循環するようから、そうなる可能性がないとは言えませんが
話の流れとしてはあまりスムーズでは無いように思われます。
そらが観鈴を迎えに飛び立つ時点で、二人は既に引き離された状態です。
引き離された → そらが迎えに行った → 別れた → 二人は転生して一緒になった
よりは
引き離された → そらが迎えに行った → 二人は転生して一緒になった
の方、すなわち「ゴール」を別れととらえ、その後のショットは
別のものと考えた方が収まりがよいように思われます。
二回も別れのプロセスが入るとなると、別れの質自体が変わってくるんじゃないでしょうか。

908 :名無しさんだよもん:2000/11/17(金) 23:44
謎は解けたーーーーーーーーーーーー!!!
あの少女は裏葉だ。そう仮定してみた。
あの堤防の前から、柳也(往人)と裏葉が無限の終りを目指す。
『この先に待つもの・・・』『無限の終わりを目指して』
それは観鈴のゴールの時ORそらが記憶を神奈に届ける時。
『僕らには始まりを』
つまり神奈(観鈴)の転生体との出会いが待っている。
あのシーンには
海(神奈?)、柳也(往人)、裏葉
が描かれている!!

でもね・・・・この説には欠陥があるの。
あの堤防の上にそらがいないのだ!!(がびーん)
DREAMとAIRの関係を上手く説明できればこの問題は解消できる(はず)
「最期の海辺の少年はユーザーを示している」という
あんまり信じたくない結論を回避しよう。

909 :鬼ちゃんねらー:2000/11/18(土) 00:20
考察もAirもあなどれないぞ。

910 :厨房板軍司令官:2000/11/18(土) 00:21
.                                /O
                        .        //
                              /./
               .__         / /
               {∬ 二⊥‐.      / /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               _(´ー`)     / ./ < あやまれ〜
              /ニニニニ)__ / /    \___________
           _ニ‐^'' |.| /\./ (__@`@`/〈
          /    | |  |  《    @`@`/ 〉 V
          /    | |  ヽ  ゝ .-‐^ノ  V
         _/.   └――――ニニニニ―‐└―‐<
       /'"        |   / @`ニ</(Θ     \
      /     __@`@`@`-‐‐┴―‐-<  ̄/====\ @`ゝ'―ー>‐‐<
    _ /@`@`、、 -‐''''^   \  l  l \______\\ l  l@` \
    /ノ''-V'V V V-ヘ___〈┘-―――┘       U└-―――┘
    《}》| 》 》 @`》 @`》 》 〈 @`)ノ ====== }        _/)====== }
     .V _-'-'-'-'-'-'^''''ノ ====== ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ======ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

911 :名無しさんだよもん:2000/11/18(土) 00:26
ごめんなさい

912 : :2000/11/18(土) 00:38
                       \v
              /     彡彡  |\
            /    彡彡彡   /  \
           /     彡彡     人   |      |\/\/\/\/\//
           /     彡彡   ノノ丿 |   |    <              〈
          |   彡    // ノ∠   V  |   <  厨房板に       >
          |   彡  /ノノ 〈 。`ゾ |  |     >             <
          Λ  彡 ノ  (( |ヽ\ ̄  ||  /    <               \/\//_
           |  彡(    〈|〉´    ノノノ    <   栄光あれーーーーっっ!!!  /
           )    し / ̄ ̄ヽ@`  ノ (      <                      \
           \   / |  ̄ ̄ノ  \ し      //\/\/\/\/\/\/\/ ̄
             \ |\ヽー―´ /| /
               |  \l /  |/
               || ̄ ̄ ̄||| ̄ ̄ ̄||
               ||  三\|||/三  ||
  _____--――へ ̄ ̄―---― ̄ ̄へ――--_____
冖――――┘          ソ/              └――――冖\
///  \____  | ̄ ̄ ̄| | | ̄ ̄ ̄ ̄|  ___/   |      \
///   \ ̄ ̄    |    | | |      |   ̄ ̄ ̄/   | || || |\\\
      \ ̄ ̄ ̄  \__| | |___/   ̄ ̄ ̄/   ||| || || |\\|
       \ ̄ ̄ ̄       |          ̄ ̄/   / | || || || ||\\|
         \/ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  | ̄ ̄ ̄ ̄\/     /
                  | | |            /

913 :だまーえ派@侵略の理由はわかりませんが…:2000/11/18(土) 00:41
その辺りで溜飲を下げてはいただけませんか?

914 :理由:2000/11/18(土) 00:54
>>913
http://www2.kitanet.ne.jp/~mail/2ch/kitchen/index2.html

915 :名無しさんだよもん:2000/11/18(土) 00:55






916 :名無しさんだよもん:2000/11/18(土) 00:56
○___________________________
|            |
|    ハァ?       |
|   (゚Д゚)      |
|  厨房帝國     |
|___________________________|



( ゚Д゚)ノ ヤシ肉総統 マンセー!!




917 :913:2000/11/18(土) 01:04
>>914
御親切、痛み入ります。
ですが、今は繋がらないようです。
とにかく、ありがとうございました。

部外者には何も言う権利はないのかもしれませんが、
「すべての人」
に原因があるというわけではないことを御理解いただければ幸いに存じます。

918 :( ● ´ ー ` ● ):2000/11/18(土) 03:17
( ● ´ ー ` ● )

919 :名無しさんだよもん:2000/11/18(土) 07:20
新スレッドです。
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=leaf&key=974469972

920 :名無しさんだよもん:2000/11/24(金) 01:51
ddx

921 :名無しさんだよもん:2000/11/24(金) 01:55
m

922 :名無しさんだよもん:2000/11/24(金) 01:55
ma

923 :名無しさんだよもん:2000/11/24(金) 01:55
maw

924 :名無しさんだよもん:2000/11/24(金) 01:55
mawa

925 :名無しさんだよもん:2000/11/24(金) 01:56
mawas

926 :名無しさんだよもん:2000/11/24(金) 01:56
mawash

927 :名無しさんだよもん:2000/11/24(金) 01:56
mawashi

928 :名無しさんだよもん:2000/11/24(金) 01:56
m

929 :鬼ちゃんねる@あなどれない。:2000/11/25(土) 09:08
羊頭狗肉の策で929げっと!
なんか違うけど、気にしない!

930 :名無しさんだよもん:2000/12/03(日) 17:23
.                                /O
                        .        //
                              /./
               .__         / /
               {∬ 二⊥‐.      / /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               _(´ー`)     / ./ < あやまれ〜
              /ニニニニ)__ / /    \___________
           _ニ‐^'' |.| /\./ (__@`@`/〈
          /    | |  |  《    @`@`/ 〉 V
          /    | |  ヽ  ゝ .-‐^ノ  V
         _/.   └――――ニニニニ―‐└―‐<
       /'"        |   / @`ニ</(Θ     \
      /     __@`@`@`-‐‐┴―‐-<  ̄/====\ @`ゝ'―ー>‐‐<
    _ /@`@`、、 -‐''''^   \  l  l \______\\ l  l@` \
    /ノ''-V'V V V-ヘ___〈┘-―――┘       U└-―――┘
    《}》| 》 》 @`》 @`》 》 〈 @`)ノ ====== }        _/)====== }
     .V _-'-'-'-'-'-'^''''ノ ====== ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ======ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


931 :名無しさんだよもん:2000/12/21(木) 05:57
いやよ

280 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>173

50レス nbsp;態 露 出 狂 お ば さ ん はピンク板へお帰りください       
                                                                
                                                                
            取り巻きキモおっさんもピンク板へお帰りください                             
                                ÷ Z/test/read.cgi/leaf/973596492/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.06 2022/04/29 Walang Kapalit ★
FOX ★