5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

どれくらい勉強すべきですか?

1 :求人案内:2001/05/15(火) 17:49
作家になるためにはどんな本をどれだけ読めばいいのだろうか?

僕は転校が多くて、その分たくさんの手紙を書いていました、そのためか高校生になってから小説を書くまねごとをはじめましたが、
自分の知識不足が目立ち、困難を覚えました。
そこで、どんな質の本をどれくらい読めば効果的な教えて欲しいと思って書いています。
小説というのは本来写実的なものと物語性が重要視されるのでしょうが、昨今、物語を書くだけでは通用しない、読者に対して、興奮や感動のほかに
なるほどと思える知識やより質のよい見解を示さなければ、通用しないと思うようになりました。
写実的な側面は小説を読み辞書を読みという言葉を知るための努力で自分の能力は広汎にわたって開発されていくと思っていますが、
問題はなるほどと思っていただけるような知識を書き手がどうやって学ぶかです。
政治、経済、生命科学などの専門書を読んだりしていますが他どんなものを学ぶべきだと思いますか?
資料集めの時間の方が長いと言っておられる方が中にいますが、その通りだと思います、
どんな努力が必要かご意見ください。

2 :求人案内:2001/05/15(火) 17:57
あと情景模写のセンスっていうのはどういうものでしょう?
自室にこもって外界の景色が書けるというのもおかしな話ですが、やはり雪景色の世界を書くときはその写真集を買ってきたり旅をしてみたりとそういった努力はおしまずするのものなんでしょうか?
僕は立体的で鮮明な情景を思い浮かべるのに苦労しています。
ですので、ついつい作者の意見や論理的な文章にはしります。
現実の写実ならまだしも空想の写実は僕には向いてないのかともかんじます。
写実の文章をかける、または構想できるかたにおたずねしたい。
センスですか、努力ですか?
比重はどっちですか?

3 :求人案内:2001/05/15(火) 18:03
トルストイが読めれば作家になれるというのわけでもないですよね。
トルストイは恐れ多くても、その系統の文章を書こうと思ったら、心理学から脳、世間一般、時事みたいなものは
おさえないといけない。
どうやっておさえてますか?

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 19:48
どんな本をどれだけなんて、いちいち訊ねるものじゃない。
選り好みなんかしてないで、片っ端から読めばよい。
知識が欲しいなら新聞、雑誌、聖書、漫画、テレビにビデオにインターネット、絵本から広辞苑からエロ本まで、得る手段なら幾らでもある。生活の全てを勉強に賭けるなら、死の一週間前でもない限り時間に困ることは無いはずだ。一作くらいは書けるだろう。

知識だけでは頭でっかちになるばかりで役にも立ちはしまいが、その知識を以って考えることは何よりも重要だと思う。
支持される物を書きたいなら、自分の頭で考え抜いて、そのような物を書けばよい。

「作家になるため」よりも「文章を書くため」に勉強すべきではないか。
たとえ作家になったとしても、駄文ばかり吐いていてはどうしようもない。

他人の意見を仰ぐ前に自分が最良と思う手段を講じてみてはどうか。
既にやっているというのなら、やり方を変えてみるのはどうか。

勉強するのも大切だろうが、実際に書いた作品を批評してもらうのも悪くはないと思う。
自分で気付かなかった欠点などを指摘してもらえるし、適切なアドバイスも貰えるだろう。
2ch文章虎の穴に投稿してみてはどうか。習うより慣れるべきだ。

しかし、満足してしまっては進歩も発展も無いから、いつまでも飢えているのもいいかもしれない。
素晴らしい文章は一朝一夕で書けるものではないのだから、気長にやればよい。
努力さえ怠らなければ、いつかは、誰もが認めるような文章を書けるようになる。

……と、これからは自分に言い聞かせることにします。きっかけを与えてくれてありがとう。漏れも早く文章で稼げるようになりたいよ。
というか、あなたの求めているものはすべて2ちゃんねるにあるように思える。いろんな板を見て回ってみたら?

5 :求人案内:2001/05/15(火) 21:17
今東光が言うように乱読するのは大切ですよね。
ただ、駄文になるか否かは多分にセンスによるところが多いような気がする。
そもそも層の厚い文章や美文(どう定義するかあいまいですが)を書くには裏づけが必要なんですよね。
時代は分かりやすく解説してくれる本やテレビを求めてるような気がして・・・。

例えば、レポートの取り方とかあるではないですか。
映画ですが、北野武は4コマのストーリー大学ノート1冊で、作品に。
黒澤さんや、宮崎さんなんか驚くほど勉強家です。(もともと好きなんでしょうね。
楽しくて仕方ないといった人なんでしょう)
その勉強をいかにするか。
僕は高校新卒ですから、まだ大した勉強ができてないんです。
これから勉強していく者として先輩方にご教授をお願いしたいと思います。

6 :求人案内:2001/05/15(火) 21:23
上(5)に続いてですが、僕ごときが作品を作る場合は大学ノート1冊では足りない。
高校生の頃に船の上の作品を書こうとして図書館に通って調べましたが、
その要領が悪い。(そんなものはやっていくいくうちにおのずから覚えていけばいいのですが)
その上困ったのが僕は設定に出てくるような大きな船に乗ったことがない。
外観はスケッチできましたが、中身の印象が皆無なのに書くのです。

例えば、そういう問題はここにレスを立てるとかして解決するよりないのでしょうか?

7 :求人案内:2001/05/15(火) 21:29
後(2)の空間模写(認識)。
司馬遼太郎さんが自分が物を書くときは、情景のディテールまで思い浮かべる。1000人なら
1000人の人間を思い浮かべると言いますが、これなどはセンスですか???
僕の頭は映像が鮮明にならない。(だから絶望的だとかいいたいんじゃなくて)
可能性のある限り学び取りたい。
写真集を広げて書くべきですか?

8 :求人案内:2001/05/15(火) 21:44
本当にこの板少ないですね。笑
時間の打ち合わせしないといけない。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 21:47

くくく、そうやって知識をひけらかすのは楽しかろう。
それが快感になれば、おのずと教養を身につけたい衝動に後押しをされるようになるぜ。

資料を横に山積みにしてプロットしたりシーンを選ぶなんてあたりまえだ。
自分の知っていることは読むほうも知っている、くらいの気持ちを持って
恐れているのがいい。
>>4で書かれていることの重要さを読み取る能力がないのなら、
なにを読んでも無駄だろうがな。

10 :求人案内:2001/05/15(火) 21:52
それは抽象論でしょ?
気概とか、何枚書いたとかいいあっても仕方がないわけで、
作品を書くことのディテールについて話すべきだと思います。
(決して4に反目することを言ってるとは思いません)

僕自身が勉強不足を痛感するからそれについて指導をしてもらいたいと。

11 :求人案内:2001/05/15(火) 21:56
言ってることはよく分かるんですが、小説をどう書くかとかそんな題の本にでているようなことは
それを読めばいいいわけです。
それでは解決しないことをはなしたい。

12 :求人案内:2001/05/15(火) 22:01
例えば写実にテーマを置くとどういう見解になるんですか?


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 22:07
まずは自分の意見を書くといいんじゃない?
写実をテーマに見解を、なんて、曖昧すぎてどんな答えを欲してるか分かんないじゃん。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/05/15(火) 22:19
それがわからないからこうして訊ねているのです、とか言うタイプだな。

写実を正確に行うために図版資料を集めたり、
人物を描くためにポートレートやウォッチングが大事なんて
聞くほどのことか?
高校生のクセがぬけないまま、学習方法を教えてクレクレになっているんだろうが。
僕は女ではないから女は書けません、なんていうわけじゃないんだろ?
どうも具体性に欠けるんだな。
迷っているのはよく解かるんだか。
朦朧派ではなく明晰派、流麗派というよりは質実派、情緒よりは理性を
重んじているようだが、いまがんじがらめになっているように見える。

句点読点が雑すぎるのは、スレの話題とは別にして気をつけておけよ。1。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 22:37
よお、1。
あんた何にも分かっちゃいないな。
いや、分かろうとしてないのか?
視界が狭いよ。そういうのを頭でっかちっていうんじゃねえのか?
白痴か、お前は。真性なら保護者同伴でとっとと精神病院にでも逝け。
議論がしたいのか、それとも実力を伸ばしたいのか。
あんたの意図が不明確だから、具体的なレスなんかできやしねえ。
議論がしたけりゃそういうスレを立てりゃいい。この板、議論好きはいっぱいいるぜ。
だが、実力が欲しいならとにかく書いて見せてみろ。どんな文を書くのか、てめえの手の内を晒してみろ。
いちいち含みを持たせたような文じゃなくて、もっとはっきりストレートに書いてみやがれ。
理解しやすい文章の方が相手にも伝わりやすいんだよ。まず自分の考えが伝わらなきゃ、読んだ途端にパスだぜ。
ここよりも文学板に逝ったらどうだ? それと、その他の板にも逝って作法を学んで来い。
話にならんな。

16 :求人案内:2001/05/15(火) 23:04
視界がせまいとは?

別に悪気はないんですよ。
僕の問題定義の能力はこんなものですよ。
客観的に自分をみてそう思うんです。だからここに来てるんです。

創作の細部について話そうというのは間違っているのだろうか?
それとストレートじゃないとか言うのも分からない、僕にとって目一杯ストレートですよ、15さん。


17 :求人案内:2001/05/15(火) 23:10
14さん。下手糞な文で申し訳がないです。
漠然としてるんでしょうね。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 23:11
具体的な実作の経験にもとずいたように思えないんだよな。
創作の方法論について語るスレは歓迎するが、
>>1は、創作術について話したいのか、有用な資料を欲しているのか、が
伝わってこないんだ。レスがつくまえにガンガン書き込んであたりもな。

ここで「整理してからまた来ます」なんていうなよ。
>>1が悩んでいるのは、おおむね全員が抱えている悩みだ。
あんたには、それを明文化する能力があるようだ、もうすこし粘って、
いま一番わからないのはなんなのか、もう一度あきらかにしてみてくれよ。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 23:14
文章をうまくなりたかったら、読んでばかりいないで、書き写しましょう。

オレは、天声人語を、毎日書き写していた時代があったな。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 23:15
さっさと虎の穴に名前入りで送れや。
議論はそっからだろ。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 23:17
>>20
まあ、たしかに最低限な。
ただもうちょいこのスレを育ててもいい気がしている。
理屈も時には大事だ。


22 :求人案内:2001/05/15(火) 23:17
はい。
その前に>>1っていうのはどうやるんですか?


23 :求人案内:2001/05/15(火) 23:18
え?虎の穴?
恥ずかしい。笑(笑い事ではないですね。)

24 :求人案内:2001/05/15(火) 23:20
書くときにメモった項目が、
1勉強しないと生まれないこと。
2写実について
3情報収集
4芥川ではない
5技法のディテール
でした。
それをもとに次をまず書きます。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 23:22
>>23
初めはみんなドキドキしたのさ……
「おもしろい」などと言われると最高だぞ?
自分を知るためにも投稿してみる方がいい。

26 :ちょっと遅いが15だ。:2001/05/15(火) 23:24
>16
マジで分かってないようだな。もういい。勝手にしろ。
それとな、俺のどうでもいいクソレスにレス付けるくらいなら、
真面目な13にレスしろよ。
人をおちょくって反応を楽しんでるだけか?
てめえが話を振ったくせに、誠実さが足りねえんだよ。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 23:37
半角で>を書く。
>>22
な?

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 23:38
>>26
どーせ俺は真面目じゃないよ。ふーんだ。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 23:39
>>19 すごいな、毎日かよ。
俺も志賀直哉の短編模写してた時期があけどすぐやめちゃたよ。
他人の文章写すのって、なかなか大変だから……(笑


ところで1はどこ行ったのかと思われ?

30 :求人案内:2001/05/15(火) 23:42
ただ、14さんが言われたように精神的に悩んでるような状態ではありません。
(そう言ったからどうというわけではありませんが)
1・・・小説の種類で言葉を知っていれば書けるものと、且つ書くものに見合う知識がないと書けないものがあります。
後者のほうの調べ方や資料集めは皆さんどうやっているのかとそういう質問です。
乱読をすすめられたところですが、具体的に。
2・・・鮮明な図が頭に浮かぶものなのか?右脳と左脳なんていうと浅はかですが地図を丸ごと覚える能力があるじゃないですか?
そういう能力が僕には欠けています。(みなさんもそんなものですか?)
そういうものが学習によって解決するものなのか?
そういう奴はそのぶん、大きな机に資料を広げないといけないのか?
それがひとつ。
もうひとつは端的に写実ですが、難しいですね。
3上に同じです。
4私小説の書き方を聞きたかったわけではありません。
泥臭い私的な感情を書きたいとは今現在思っていません。
明晰なものを書きたいと思います。

その能力については僕もみなさんも悩みますよね。
勉強しても勉強しても専門の掲示板に行くと打ち落とされます。笑
5これもあと。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 23:43
模写は、スタンダードよりも自分が好きになった小説をやるのが
一番効果的のようだなん。


32 :求人案内:2001/05/15(火) 23:45
>>19さんへ
僕も頑張る気になります。


33 :求人案内:2001/05/15(火) 23:45
おっなった。感激。


34 :求人案内:2001/05/15(火) 23:46
ありがとうございました。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 23:46
>>30
あとなら、もうすこし待とう(藁

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 23:54
>>30 文章、明晰さ、映像、知識、右脳、左脳、全て大事なことではないだろ。
如何に人を惹きつける文章を書くかだよ。
もうほとんど人生と言うか、人格の全てが掛かってるとも言っていい。
成功する人間はそれだけの人生を生きてるわけなんだし、
魅力のない人間はなにをやっても結局は魅力がない。

身も蓋もない言い方かもしれんが、俺はそう信じてる。
ちと、考え方が甘いんでないのか?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 00:03
ところで、求人案内さんはどんな小説が好きなの?
著者とか作品名とか挙げてみて。

38 :求人案内:2001/05/16(水) 00:08
写実的なものの定義はなんでしょうか?
それ自体を見てそのままを伝えようとすることが写実?
空想をそのまま表現するのは写実?といった愚問がありますが、恐らく語られ尽くしたと思います。
正岡子規の写実的な俳句(など)は見事です。そういう技術の習得はどうしたら得られるのか?
僕自身はその写実を育てるには量を書くことと、
語学を身につけることだと考えていました。
最初僕は前者で量を書けばいいと考えていたがそれが頓挫のもとでした。
量より寧ろ自分が表現したいことを的確に書ける言葉を持つほうが重要だと思い、
以後言葉の学習と知識の習得のほうが目的になっていきます。
前者と後者いずれが先かという議論ではなく(勿論平行したいいのでしょうが)
僕の場合は後者について聞きたくて、いかに吸収できるかの知恵がききたかったのです。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 00:11
>>36

文章に対してもとめているものが理路整然とした知識だという
読者を忘れていやしないか?


40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 00:12
作家には運も必要だな。

41 :求人案内:2001/05/16(水) 00:14
36さんへ。同感です。
ただ僕はある時期からフィクションを受け付けなくなってしまうのです。
ノンフィクションベースで小説が書きたいと思い出して上のような疑問や苦労が生まれるんです。

言葉は悪いですけど歴代の作家はみんなきちがいのようですよね。
(日本人はえてして変わり者がすきだったりとかもするらしいですね。)
皆自殺とかするし。



42 :求人案内:2001/05/16(水) 00:16
経済学の知識が無くても書ける小説とはちょっと種類が違うようです。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 00:17
……
もしかして懐古主義なのか?


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 00:20
文芸板とか逝ってみた?
つか、これはガイシュツ?

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 00:21
36だけど、小説じゃなくて論文書けばいいじゃん。
大学入って教えてもらえ。
おわり。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 00:22
>>44
文芸板 is here.
あげあしとりスマソ

47 :求人案内:2001/05/16(水) 00:24
37さんへ。
漱石、康成、太宰、司馬遼、ヘッセ、ニーチェ、ヘミング、
立花隆、THECELL、サムウィルソン、
えっ、何をあげればいいのだろう?
最近は上の理由から小説はあまり読まないですよ。
宇野千代のだんな尾崎士郎のなんとか小説こないだ読んだくらいですかね。
梅棹さんのとか世界史の全集読み始めたり、
あとは専門書を読んでます。
六法の概論とか読んだりしたいというのが現状です。小説読むだけではとおもってます。
上の写生がいいですね。僕もコラムを写そうかな。
社説を毎日写したら大物になりそうですよね。

48 :求人案内:2001/05/16(水) 00:25
文芸版、文学版ってどこに???

49 :求人案内:2001/05/16(水) 00:25
大学は落ちたー。

50 :求人案内:2001/05/16(水) 00:27
19さいだけど懐古主義です。
音楽は吉田拓郎、伊勢正三の世界です。笑
映画も三船や勝の大ファンです。

51 :若松:2001/05/16(水) 00:27
君な、2chの説明読みなさいよ。
若松君のことも知らんやろなア。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 00:28
>求人案内さん
文芸板は今いるここ。URLは http://cheese.2ch.net/bun/index2.html
文学板:http://mentai.2ch.net/book/index2.html

53 :求人案内:2001/05/16(水) 00:30
あいがとうございます。
これを向うに貼り付けたりとかはできるように聞いたのですがききついでにお願いでします。
52さん。


54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 00:31
19歳では懐古とは言わないのでは。
懐かしいって言うより、物珍しいとか興味深いとか趣があるとか、
そういう感情ではないかと。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 00:31
やっぱここだろ。
http://2chmoji.netfirms.com/cgi-bin/antho.cgi

56 :52:2001/05/16(水) 00:33
>求人案内さん
まずはここを読んではいかが?

「2chの使い方」http://www.2ch.net/info.html
「使用上の注意」http://www.2ch.net/before.html

「教えて」ばっかりだと嫌われちゃうよ。

57 :なんてタイミングだ(藁:2001/05/16(水) 00:34
 【内容説明】発狂してしまった男の話です。

58 :求人案内:2001/05/16(水) 00:34
重ねて、普段はどこから行くのでしょうか?

59 :求人案内:2001/05/16(水) 00:36
すいません、自分でやります。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/05/16(水) 00:37

なんだか1は普通の奴だったなあ。



61 :52:2001/05/16(水) 00:41
2ちゃんねるの入り口はここ……
http://www.2ch.net/

っていうか、どこから入ってきたの?

62 :求人案内:2001/05/16(水) 00:41
中身については???

時期は去った・・・とか?笑

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 00:47
>>62での書き込みは省略しすぎだぞ?

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 00:49
>>1
まずはフィーリングで書け。
で、書いた物を見せて見ろ。
そうすれば誰かがお前に何が足りないか教えてくれるはずだ。

蛇足ながらアドバイスを付け加えるとするなら……
>1・・・小説の種類で言葉を知っていれば書けるものと、且つ書くものに見合う知識がないと書けないものがあります。
 後者のほうの調べ方や資料集めは皆さんどうやっているのかとそういう質問です。
資料集めも何も、普段の実生活全てが自分の体験であり小説を書く上での糧だろ? 月並みな言葉だがな。

>2・・・鮮明な図が頭に浮かぶものなのか?右脳と左脳なんていうと浅はかですが地図を丸ごと覚える能力があるじゃないですか?
 そういう能力が僕には欠けています。(みなさんもそんなものですか?)
 そういうものが学習によって解決するものなのか?
 そういう奴はそのぶん、大きな机に資料を広げないといけないのか?
んなの知るかボケ。想像力ってのは普段の生活(読書はもちろんテレビや映画を見ることも)の中で身について行く物だろ?
完全な一枚絵としてイメージすることは無理かもしれないが、想像力があるなら多少のイメージはできるだろ?

兎に角、何か作品をつくって表現するという行為は、作者自身が大いに反映されると思うぞ。
で、その作者を培ってきたのはこれまでの体験だからな。
ちなみにここで言う「体験」とは広義な意味でだ。
学校での勉強も、本を読むのも、絵画を見るのも、実際に何か行動するのも、全て体験だ。
今こうやって2chに書き込みをする。これも体験だ。
無駄な体験かどうかなんて、最後になってみないとわからないんだから、できる限り色々な事をやってみ。
運が良ければ俺みたいに2chに来ていたおかげで作家になれるかもしれんぞ。
長文なのでsage

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 00:50
書き込んでいる掲示板のルールを調べようとしない
探究心では、
これまでのリサーチ力もたかがしれているな(プ


66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 00:51
何か人がいっぱいいるなぁ〜
嬉すぃなぁ〜

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 00:51
>>64
サインください!

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 00:52
いや〜ん。「とにかく」を漢字で書いちゃいやよぉ。
その字面嫌いなの〜〜〜

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 00:52
新しい話題を提供してくれた1に乾杯。

70 :若松:2001/05/16(水) 00:53
>>64
俺もサイン下さい、熱いっす。

71 :求人案内:2001/05/16(水) 00:53
ははは、68さんは年配。俺の親父が感じの使い方で似たようなことを言ってた。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 00:54
>>68
んじゃ
うさぎにつの

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 00:55
このスレ最高。

74 :64:2001/05/16(水) 00:57
>>67煽りだろうが、一応レスしよう。
掲示板でのサインに意味があるのか?(笑)
少しでも俺のことを気に入ってくれたのなら、来月の文学界を買ってくれ。

>>68
すまん。俺も普段は使わないが、今使っているパソコンの辞書だと漢字に変換された。面倒だったのでそのまま放置してしまった。
例え掲示板での書き込みとはいえ、こんな漢字を使ってしまってはプロ失格だな。
鬱なので逝ってくる。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 01:01
プロかよ!!

76 :67:2001/05/16(水) 01:01
>>74
是非買います! 買わせていただきます!
まさか本職がいたなんて……感動〜。

サインには普遍的な価値があります。

77 :求人案内:2001/05/16(水) 01:03
64さんへ。
体験重視の傾向はよくわかります。
体験やひらめきを常にメモをするという行為は文学のみならず科学者のそうです。
湯川さんだったと思うのですが、ノーベル賞の裏には枕もとにメモ帳を置いて
眠くなっていても書くという習慣を蓄積したことに由来すると言っています。
彼の場合は布団の中でした、ある人は散歩中でしょう。
細かな努力が大切で、命運を分けてさえいくと思います。
ただ、そういうのは言い尽くされたことで改めて64さんの言葉を聞いても、
勇気付けられることはあっても直接的に作品に結びつかない。
提案ですが画期的な方法論を話し合いたいと思います。

でも一番ここでいいのは元気なれることでしょうけど。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 01:04
68>>74
それを聞いて安心しましたわ。
あの手の表現は周囲のへっぽこ厨房が使いたがるので、
思わず脊髄反射が。スマヌ。

79 :求人案内:2001/05/16(水) 01:07
<<38
写実の話を。

80 :求人案内:2001/05/16(水) 01:07
<<38
写実の話を。

81 :求人案内:2001/05/16(水) 01:08
あら逆だ。だせー。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 01:09
>>81
面白いな、お前(ワラ

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 01:12
>>77
たしかに精神論で責められてもナー。

画期的な「方法論」いいテーマだ。
だが、それだけに絞り込んだほうがいいな。
たとえばジャンルを指定してみないか?
全てに通じる方法論じゃないと、いやかね?

84 :求人案内:2001/05/16(水) 01:19
いいですね〜。
どう絞りますか?
「書き方」に絞るべきでしょうか?
しかも、抽象論でも語りやすいフィクションに限定して。
僕個人は漱石やトルストイを敬愛してますが、知識の必要性が低い太宰治とか
また別ですが村上龍などをサンプルして、「書き方」。
その中で更に絞って先の写実から初めて流れませんか?

85 :求人案内:2001/05/16(水) 01:20
・・・みんなダウンかな〜〜〜。

86 :求人案内:2001/05/16(水) 01:21
続きは明日ですね。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 01:22
3分で結論だすか?
ま、いいや。
明日な。おやすみ、1。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 01:24
この過疎板で短時間にこれだけのレスを集めるなんて…
1は救世主かもしれない

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 01:30
おいおい……。
このスレ立てた>>1って、 不浄な世界を浄化するために地上に降立った天使か?
このスレの>>1の文章を読むと今までの自分の人生が
いかに無意味で空虚な行いの繰り返しだったか、よくわかるよ……。
なぁ、>>1、おまえ何者なんだ?

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 01:31
妙に可愛いよね。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 01:31
>>89
前も見たぞ。

92 :求人案内:2001/05/16(水) 01:37
まだ起きてるのですか?
84の先にいきますか?

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 01:39
いや、もうやめとけ。
社会人もいるんだ。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 01:40
>>1は起きてるなら、他の板をまわるか、ここの過去ログ読むといいですよ。
では、また明晩・・・

95 :求人案内:2001/05/16(水) 01:42
はーい。

では改めておやすみなさい。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 01:43
求人案内さん、よい夢を……

97 :求人案内:2001/05/16(水) 14:54
>>38の話題を。

98 :求人案内:2001/05/16(水) 15:08
10代の方が多いのですかね。
年齢を書いている板がありましたが。

しかしこの時間帯に書いている人は何をやってるのでしょうね。笑
大分出身の方います?
(相撲で)千代大海いいですよね〜。泣けるくらい。

相撲で思い出すのは「ちばてつや」で「のたり松太郎」。
情緒といいましょうかあの作風。(絶句しますね)
10代の僕の友人は「ちばてつや」を知らない方が多いのですが、
必読の書で案外こういうところでナチュラルな人間模写がわかるものではないでしょうか?

99 :求人案内:2001/05/16(水) 15:12
上の相撲取りは喧嘩好きのヤンキーでした。
人間どこで芽がでるのかわかりませんね。
月性の人間至る所青山ありのの気分の重要さがわかるようです。

藤子藤夫のまんが道も勉強になりますよね。

100 :求人案内:2001/05/16(水) 15:44
>>84の続き。
上で僕が皆さんにお尋ねした情報収集や勉強の仕方は専らノンフィクションに限定したものです。
写実についてもリアリティーが前提とされる(僕が勝手にそう思うだけですが)ノンフィクションから発生する情緒と
そのままを描くにはといったものです。
(スキルとして必要なのは自分が思い浮かぶものをそのまま表現できることが大事ですが、
それ以上に読者にイメージを喚起させる文章が書けるほうがいいようなきもしますが)
とかく崩れがちで気まぐれな自分のリアリティーをどうやって成算していくのかそんなことを
お尋ねしたかったのです。

しかし、フィクションを前提にするとなんでもありになりますよね。
相反する論理、事実を描いてもいいほどですから。
フィクションの論題を定義するにはよほどの注意力が必要ですよね。
皆さんはフィクションをどうお考えですか?

101 :求人案内:2001/05/16(水) 15:49
誰もいないな〜。泣

(書きついでに)拙論を。
創作文芸の掲示板で作家のマクロな部分を論評するなどとは恥ずかしいことですが。

1現代文学を書くなら村上龍
2夏目漱石に全ての基礎がある
3物語は村山由佳

来週もまた見てくださいねとか言ったらサザエさんだけど。(笑)

102 :にせ若松:2001/05/16(水) 15:51
>>100
もうちょっと遅くならんと、主戦力の人たちは来ないと思うよ。
私は大学生です。

103 :求人案内:2001/05/16(水) 16:13
1僕は村上龍さんの作品にはアレルギーが長くありました。
「2001年日本の論点の冒頭は村上龍です。正に現代の守護神です。(表現が悪いけど)」
何故なら文学イコール漱石や康成でああいう文章を書かないといけないと思っていたからです。
それにひきかえ現代作家。吉本ばなな(カタカナ?)なんかはなんだろうと唖然としたほどです。

しかし、昨今現代風の物を書こうと思って気づいたのは村上龍でないと現代は書けない。
タメ口の文章を「しかし」を「然し」で書く文章「〜である」調の文章では書けないということです。

内容は奇抜ですね。尾崎豊かが文学者だったらみたいなそんな人だとイメージするんですが
もっと温厚でしょうか?

2そんな本は沢山ありますよね。
でもその通りで、下手に難しい本に挑戦するより漱石を熟読したほうが己の文章の成熟にいいような気がします。
坊っちゃんから前期三部作、こころに行く過程をこの場を借りてやったら作家が間違いなく誕生しますよね。
(・・・信憑性に欠けるかー。)
ふとそう思います。

3村上由佳の物語性には舌を巻きますよね。
物語を書くのが嫌になるほどに。
1の村上龍さんと同じで現代の恋愛の姿を描くには村上由佳とテレビドラマ
(野島作品、101回目のプロポーズ、ひとつ屋根の下、未成年などや
北川作品、愛しているといってくれ、最後の恋、ビューティフル・ライフなどや
野沢さんの青い鳥とか)
すごい先達です。
気が遠くなるような。

で、これがマクロな感想で84の続きはこれからです。
この後は本をみんなで用意してとかそんなものですよね。

ついでに野島作品、尾崎まで語ってしまう。
尾崎や拓郎が何故独特の文章が書けるのか???
おいしいテーマだ。



104 :求人案内:2001/05/16(水) 16:14
102さん。ありがとう。
相撲見終わったらまたきます。笑

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 16:55
>>求人案内
カワイガテアゲルカラ
トラノアナ、クルヨロシ。
マテルヨ。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 17:48
相撲スレ
http://cocoa.2ch.net/sumou/index2.html

107 :求人案内:2001/05/16(水) 17:57
・・・・・中身は?

108 :若松:2001/05/16(水) 18:00
>>107
俺は難しい事分からんので関係ない事聞くけど、ドラゴンの作品では何が好きですか。

109 :求人案内:2001/05/16(水) 18:54
知らないです。
何のお話???


110 :若松:2001/05/16(水) 19:10
>>109
すまん。あのドラゴン、龍、村上龍ちゅうことです。

111 :求人案内:2001/05/16(水) 19:20
ははは。そうか〜。
限りなくと5分後くらいしか読んでないよ。
もっと若いときに出会ってたらもっとよんだかな。

112 :求人案内:2001/05/16(水) 19:26
ディテールについて語る力はないよ。
ただ経済の本立派だよね。
勉強家の素地があるんだと思う。


113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 19:31
龍は「愛と幻想のファシズム」書く時、ズイブン勉強したみたいだからな。

114 :若松:2001/05/16(水) 19:32
>>111>>112
本物の求人案内君ですか。何か、口調が違うような。本物だったら、スマソ。
限りなくと五分後の世界しか読んでないのにドラゴンをサンプルにして
書き方を語ろうちゅうんですか。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 19:34
>>114
このスレも名無しは若松か?それとも本人か?

116 :若松:2001/05/16(水) 19:35
>>115
偽モンでございます。

117 :求人案内:2001/05/16(水) 19:40
いえ本人ですよ。111、112は。
虎に小説を書きながらこっちみてるから素になってる上に、論点を絞れてないのです。
とっても忙しくてまいってます。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 19:51
浜辺?即興?>>117

119 :64(長文でスマソ):2001/05/16(水) 20:28
まるっきり参考にならないかもしれないが、私の意見をば。

どうも、求人案内さんは「ノンフィクション」というジャンルに拘っているようだが、実際フィクションもノンフィクションもやってることは変わらない。
それが私の考え方。
幾らノンフィクションと銘打っても、作者というフィルターを通して「作品」に昇華させた時点でそれは「フィクション」だと思うからね。
少なくとも私は、(小説以外の)原作のある作品の小説化と同程度の感覚でノンフィクション物を書いていたなぁ。

それとこう言ってしまうと身も蓋もないが、絶対的な勉強法だの方法論といった物はやっぱり伝えにくいね。
私自身どうやって作家になったかわかってないからね。(笑)

文章を書くのが上手い人(自分が憧れる人でも可)が書いた本を読む。
その人の文章を模写して、何故自分がその文章に惹かれたのかを考える。
惹かれる点がわかったのなら、自分でその点に気をつけて作品を一本書き上げてみる。
自分の作品と比較してみる。

具体的に言えるのはこの位かな。当たり前のことばかりだけど、私もこれしか教わらなかった。(笑)
後は作品にリアリティを付けるための勉強(法を扱った作品なら法を学ぶ、等々)だけすればOKだと思うよ。

余談。以前、私が師と仰ぐ方とお会いした時お教え頂いたこと。
 何は無くともまずセンス。こればかりは教えられない。
 読者は小説を読むとき、上手に騙される事を期待している。作家の使命は、いかに読者に嘘だと気づかせずに読ませるかだ。
 基本的に芸術は自慰行為。売るつもりならそれなりの覚悟をしろ。自分の排泄物を買わせるようなものなのだから。
 率直に感想を言ってくれる人間を、自分の周りに二人以上確保しろ。そのうちの一人が編集者なら尚良い。
あと、言っていいのかどうかわからないがこんな(↓)事も……。(苦笑)
 売れた作家の大半は良い編集と巡り合ったことが直接の原因だ。

120 :若松:2001/05/16(水) 20:48
>>119
やっぱり本職の方は良い事書きますねえ。かっこいいっす。

121 :求人案内:2001/05/16(水) 20:55
>>119そんなものですかね〜。
あなたにとって作品というものはそういうものなのですね。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 21:12
>>121
「作品」というもの曖昧にとらえて、美化していると満足はすぐにやってくるぞ。
それは「妥協」という満足だが。


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 23:19

なんだ? もう枯れてしまったのか?
それとも他の板で溺れているのか?
どこらへんの板が気に入ったのかちと興味あるな。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 23:49
>>119 みんな「なってしまった」みたいな事を言うね。作家に限らず、成功した人は。
その辺の秘訣なんて聞けるといいんだろうけど、聞いたからって成功するわけでもねぇしなぁ。
人事を尽くして天命を待つ、が正しい姿勢でしょうかね。

あとこれ、
>読者は小説を読むとき、上手に騙される事を期待している。
なんか目が覚めたような気がしたよ。「上手に」か。がんばろ。

125 :若松:2001/05/16(水) 23:56
昨日の熱気は何処へ行ったのやら……ぐすん……

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/16(水) 23:58
1はどこ逝った?
1の書いたのはどれだ?
1は泣いてるのか?

127 :若松:2001/05/17(木) 00:21
文学板にて求人案内君らしき人発見。
文学界の賞スレの605番。リンクとかよう分からんので、各自確認して下さい。

128 :名無しさん@お腹イパーイ:2001/05/17(木) 00:25
>>127

>初書き込みです。
>前々回のは一次も通りませんでした。
>やはり高卒デビューは難しいですね。
>大学にもふられまして。。。
>今回こそはと思いながら推敲を続けています。

これかい?

129 :若松:2001/05/17(木) 00:26
>>128
そうであります。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/17(木) 00:31
違うんじゃないか、>>129若松。
推敲する以前の段階で悩んでいるんだろうと思うんだが。
悩みは正当だし、
おそらくは、昭和以前の成した文豪が学んであろうノウハウや、
その直系の現代作家が学んでいることを知りたいという姿勢は
好感がもてるんだけどな。
かえってきておくれ、1。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/17(木) 00:36
だから一年必死で勉強して大学いこうや、1。
文学部入ればそんなこといくらでも教えてもらえるだろう。
俺も浪人してるがな、作家で食っていけるなんて夢見ちゃいられないよ。

芸大行くのも手かもしれんが。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/17(木) 02:51
1はもう帰っちゃったの?

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/17(木) 10:40
虎の穴の投稿って1じゃないよね?

134 :求人案内:2001/05/17(木) 18:45
昨日の夜は疲れていたので寝てしまいました。(今、現在まだ頭が働いていないので例文を幾つか上のほうの会話で思いついていたのですがまだ書けません。
あの作品は手淫(自慰)行為だというのは少し見当違いな気がします。
散歩でもして後でゆっくり書きます)
あの夢の祭りは17の時に書いたもので産まれてから2度目に書いた作品です。
長い文章を書けるだけの力がない(今は更に書けません)ころで
厭世的で自分自身を嫌悪していて今考えると随分レベルの低いことを書いている気がします。
ただあの作品に僕の原点があらわれている気がするのでのせてみようと思いました。
内容は僕自身が書いていきたいものとは相違します。
ただ写実に逃げる傾向が全て隠されています。

僕は会話文が書けない。

というウィークポイントがあります。その分写実に逃げています。
簡単にいうとサイレント映画。男女二人の姿を書くと仮定したら二人がとった行動を
的確に模写していって後はその雰囲気を読者に感じていただこうというものです。

子規の句。

暑い日は思ひ出せよふじの山

皆さんはどう思いますか?
五七五で皆さんの雄大なふじの絵を引き出すことができます。
ふじの写実さえしなくてもいいのです。
みなさんの中にある一番美しいふじの姿を引き出せたら「勝ち」です。
つまりSEX。
司馬さんは半分は書き手、半分は読者と言っています。
(頭がまわらない・・・。


135 :求人案内:2001/05/17(木) 18:52
暮れゆく空を横目に今思うのですが、「会話文」を書けるかは僕の一番の課題です。
構想力や写実の力は自分でつけていける気がしています。
ただ会話文の磨き方は自分では不可能。(でもない気も・・・)
会話文論と題して書けと言ったら浮かばないでしょうね。

あと、心理学のアプローチからひとつ書いて僕がどういう気持ちか察していただきたいと
思います。

ところでみなさんはどう悩むのでしょうか?



136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/17(木) 18:56
求人君の最大の長所は論理的なところだね。
で、最大の短所は論理的なところ。

どう、悩むといわれてもなあ。
悩み方選んでるわけじゃないし。

137 :求人案内:2001/05/17(木) 19:08
>>130さんは上のほうでずっと好意的な方ですか?
131さんは同一?
ずっと端的でスマートなご指摘に舌を巻きます。
同年代ですか?

131さんの欄ですが、僕は作家になることを夢を見ている気はないですよ。
大学にも固執はしてないし。(というか入れないでしょうし僕の学力では)
僕は自分が凡人と実感していますから今は素直に勉強することだけを
考えています。
それと作家的成熟は10代20代ではないと考えています。
30代、40代、50代を通して養われる(80代、90代で開眼するのも稀ではないですよね)
性質のものでしょうから、今は楽しく第一、地道に努力が第二。
色んな方がいますが作家ほど地道なものはないですよね。
あと、年齢の問題は大きいはずです。
今投稿している先は年配の方ですが、僕が40になって出したら40の
同年代の方に読んでいただくのです。(もっとお歴々色がつよい?)
つまり、今現在だったら同期に読んでもらって賞賛が得られる力を持てること
持つことに主眼をおけばいいので、後は同期よりも努力すればそこそこは
いけるのではないかと甘いことも。
僕らの時代に僕らの作家になろう。
というのが目標でも悪くないですよね。
よほどの天才でもない限り。

138 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/17(木) 19:10
ええ〜、あれ17歳の時に書いたの?
すごいよ、荊州君もすごいな〜って思ったけど
求人君も大したもんだよ!


139 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/17(木) 19:20
138だけど、
そう思ってるのって漏れだけ?

140 :若松:2001/05/17(木) 19:21
>>138
同意。

141 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/17(木) 19:24
一応二人の人間が素直にすごいなーって思ってるから
とりあえず書いて読ませてよ。
自分が書いた物を読んでもらって、
色んな人の意見聞いてみるのが今の求人君には必要な気がするよ。


142 :求人案内:2001/05/17(木) 19:29
転校して悪童から卒業した頃の作品。笑
悩みの反動形式で書いているところがありますね。
(最初は皆自慰行為ですか。笑)
自分が陰気な設定で女性に救済されいくというのが皆好きですけど。
作品は読み終わって元気なれるのがいいですよね。歌ならウルフルズ。

反動形式の話題。
今東光(中卒で京都の中尊寺の大僧正になった人。お吟さまで直木賞。
今もあるプレイボーイで毒舌元祖的に若者の人生相談をしている。
恐らくビートたけしはこの人を尊敬しているように思われます。私見ですが。
毒舌がそっくりです。極道辻説法、身の上相談などの著書があり、若者必見の書。
菊地寛、川端をしるなら東光金蘭帳必見。金蘭とは固い交わり。親交)
東光評す。川端康成。(本が手元にないので原文ではありません)

俺は中学の時から女を知っている。しかし川端は長く童貞だったのにもかかわらず
俺よりずっと女を美しく描く。(ちなみに川端は26まで童貞)

つまり天涯孤独といわれた康成のこの逸話は女を知らないからこそ
(コンプレックスや他、独特の気持ちが強かったからこそ)
女を美しく描けるは心理学用語の反動形式、昇華の類い。
現在は浮かばれない世の中。浮かばれるようにかいたものを読者は願っている。
その気持ちを掴んだのがドストエフスキー、尾崎か???


143 :求人案内:2001/05/17(木) 19:32
142は138さんへ。
これは141さんへ散歩してから書く予定です。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/17(木) 19:36
>>135
会話文のことでお悩みのようですが、レスを今まで読んだ印象によると、
失礼ながら、自らの向上心に目が行くばかりに、
他人を理解しようとなさる姿勢がやや不足しているかと思います。

他人に迎合しろ、という意味ではありません。
面白い話を思いついても、その面白さが相手に伝わらなければ意味はありません。
自分が熟知していることを、相手も熟知しているとは限らない。
なら、どう表現すれば相手は理解してくれるだろうか。
そういう意味での「他人の理解」です。

会話文が書けない、とおっしゃるのも、複数の登場人物が、それぞれ別の
価値観をもってしゃべる、というコントロールができないところに
起因するのでは、と想像しているのですが。

ではどうすれば「他人の理解」ができるか、といえば……
「もし自分と相手の立場が逆ならどうだろう」と考えるクセを
日頃からつけるしかないのではないでしょうか。

もし的外れであれば、申し訳ありません

145 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/17(木) 19:37
今東光ってのをたけしはマネしてるんか〜。
勉強になったよ(w
しっかし、反動形式とか難しいことをよく知ってるよな。
感心する。
それとも、文学好きだとか文学を志す人ってこのくらい知ってて当たり前なのかな?

ところで、尾崎ってユタカ?

146 :若松:2001/05/17(木) 19:39
>>145
たけしは立川談志とちゃいますかねえ?

147 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/17(木) 19:42
今と談志、
どっちなんだろ。
ま、どっちでもいいけど(w

148 :求人案内:2001/05/17(木) 21:34
2番目書きました。

149 :求人案内:2001/05/17(木) 21:37
書いててすごく楽しいです。
作者が楽しいと読者も楽しいということはないでしょうか?
僕の中にはもっとイメージが湧いているから楽しいのでしょう。
それを更に模写していくと面白いかもしれませんね。

150 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/17(木) 22:03
>書いててすごく楽しいです。
>作者が楽しいと読者も楽しいということはないでしょうか?

どうだろうねぇ・・・。
自分が楽しいと思っているから相手も楽しい、とは限らないからね。


151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/17(木) 22:16
写実の実とは何? 君の頭の中のイメージのこと?

152 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/17(木) 22:20
求人君寝たかな。


153 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/17(木) 22:26
虎の穴に投稿してから、あんまり書き込んでくれなくなっちゃったね。

154 :求人案内:2001/05/17(木) 22:27
>>150さんへ。
その通りでしょう。
考えないといけないですね。(考えてどうなるものでもないでしょうが)

155 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/17(木) 22:33
>考えないといけないですね。(考えてどうなるものでもないでしょうが)
どうなるものではないでしょうが、とは思わないよ。
むしろ、求人君は誰のために書くのか、ということの決断を早くした方がいいかもね。

156 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/17(木) 22:34
などと勝手なことを言ってみたりする。


157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/17(木) 22:35
楽しく書けるならそれは良いことでしょ。
乗ってる時は調子に乗るのが一番かとおもうよん。


158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/17(木) 22:40
乗ってる時は乗らせるのが一番。

159 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/17(木) 22:40
>>157>>158
そだね、余計なこといっちゃった。
ゴメソ〜。

160 :求人案内:2001/05/17(木) 22:43
155さんへ。
キムタクと山口智子のピアノドラマで、誰のために引くのかというのが
ありまいたね。
それは作品を創る時のひとつの側面として正しいと思いますが、
僕はひとつ空間を用意してそれを客観的批評していこうと
いう路線でやっていきたい。
やはり題にあるように勉強なしで小説は書けないのかもしれないと
痛感します。伝記や事例基づいた文章を書けるようになれるのが
ひとつの目標となりそうです。

161 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/17(木) 22:45
>>160
がんばれ〜。


162 :若松:2001/05/17(木) 22:48
求人君、何か賞に出したら?

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/17(木) 22:51
おお、なんか、目からうろこだ。
普通の人の感覚的で土俗的霊感に導かれた文ではなく、
完全に勉強と論理で文章を立てようというのだな。

おれにゃできないが、求人くんならできるかもしれない。
それはそれで、個性として、ありな方向かも。


164 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/17(木) 22:55
>>163
おお、難しい言葉知ってる人は言うことがちがう!
みんなさ〜、求人君のスタイルが見えてきた気がしない?
会話ってすばらしいね(藁

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/17(木) 22:58
わたしぐらいになるまで勉強すべし
http://home.att.ne.jp/sun/fujisin/benzen_001.htm

166 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/17(木) 23:02
中尉〜、中尉のHP萌えるよ!(w

167 :若松:2001/05/17(木) 23:07
中尉さんって、2ch内のどっかで見た事あるんですけど。

168 :求人案内:2001/05/17(木) 23:26
165さんへ。
本当に僕は勉強が足りない。頑張らないといけないですね。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/17(木) 23:32
求人くんはまだしも、中尉までもちあげることはなかろう

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/17(木) 23:33
すごいね。結構いい文章だと思うよ。
でも俺は好きじゃない。
丁寧に書いているって点で好印象も持ったし、
なんか「文学」って感じもしたけど、
やっぱ好きでない。これは嗜好だから気にしないでね。
あんまり人の意見を気にしても書けなくなるだろうし、
逆に無視しても書けなくなる。
君ががんばってるのを見て俺もやる気になってきたよ。サンキュ。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/17(木) 23:35
千葉に引っ込んでろ!!

172 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/17(木) 23:37
>>169
そだね、余計なこといっちゃった。
ゴメソ〜。
でも、三島軍曹の写真みたら和んじゃって(w

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 00:47
求人案内には小説よりも随筆や随想の方が似合ってるよ……

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 00:58
随筆や随想とは、いいアドバイスなんだろうと思う。
ただ、
それを、ノンフィクション、写実で「小説」「文芸」へもっていく手法を
求めているんじゃないか、と思っているんだ。

セリフまわし、人物描写。
ものすごく上手い作家を知っているが、
それを明らかにして否定されるのが嫌だから、
黙るけども、
つまり、
まだまだ読んでおく本は多いってこと。
最近は古本も安いし、美品のままなら高値で買い取ってくれることだし
タイトルへの共感だけで読み漁ってみるのもいいのでは?

175 :求人案内:2001/05/18(金) 01:35
>>174さんへ。
僕は否定だけをするということはしませんよ。
問題はいわれたものを読む暇があるかどうかですね。
僕は最近小説は読んでないんです。

ただ、凄く移り気ですから読むとなったらそれなりに読み出すと思います。
小説は小説。この板は板で議論がしたいと先ほど思いました。
まだ、上の最初のほうの皆さんのご意見も聞いていないので(したくなければそれでもいいのですが)
お尋ねしたいと思いますし、もっと細かな作業もしていきたいと思います。


176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 01:47
おやすみ。
明日は、明日も、負けませんように・・・

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 02:42
>>175
自意識過剰。
>>174をもう一度読み直してみ。

どうも、>>1とは皆話が噛み合っていないと思う。
1を否定したわけではないのに、1は否定されたと受け取るし、自分の言ったことに反対意見出ると喧嘩腰か放置かだし。
1は文章力はあるのだから、もう少し人の意見を聞くと言うことを覚えるのが先決だと思う。

178 :求人案内:2001/05/18(金) 03:05
・・・・・虎の穴は作品が消されるのですか???
何ヶ月一編消えるとかがあるのですか?

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 03:07
>>177
大いに同意する。

1は言い訳ばかりをしているように思える。
暇が無いとか移り気だとか、そんなのは理由にはならない。
できないわけがないはずなのに敢えてやらないというのは、
本気で人の意見を聞く気があるのか疑わしい。
その辺、どう考えてる?

180 :求人案内:2001/05/18(金) 03:19
虎の穴とはなんでしょうか?


181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 03:29
>>180
本物? 騙りはやめとけよ。

182 :求人案内:2001/05/18(金) 03:34
というか昨日今日書いたのが書き上げもしないのに0になってしまったでは
ないですか。せめて夢の祭りを最後まで行きかった。

上のは反省しております。
がっかりだ。
・・・やる気が消える。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 03:45
>>182
どうした。「0になった」ってのはどういう意味だ?

184 :求人案内:2001/05/18(金) 03:47
いえ、入っても何も書いてないのです。

185 :求人案内:2001/05/18(金) 03:49
虎の穴へは上での紹介の欄から行っていたのですが、
今、いってみても何もないですよ。


186 :求人案内:2001/05/18(金) 03:51
OPEN ERRORと書いてあるので今現在開けないだけでしょうか?

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 03:56
あれ? 確かに見れないな。壊れたのか?
http://2chmoji.netfirms.com/cgi-bin/antho.cgi

188 :求人案内:2001/05/18(金) 03:58
ええ。そのようで。
187さんは作品は載せているのですか?
悲しいですよね。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 04:03
文章と感想を保存してあれば被害はそれほどでもないと思うけど……。
最新の感想は保存し損ねてるかも知れないな。
読んでない作品もあるかもしれないし。
ホントに壊れちゃったのかな。ドキドキ。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 06:08

 このまま修復されなかったら悲惨だ。
 いや、ある意味幸せなのかもしれんが。


191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 06:42
ここまで大したレスもせずに読んでいたが、俺も>>177と同様に話が噛み合ってないと思う。1は自分から話題を振っておいて、それに対する十分なレスを得る前に違うところに話を飛ばしてしまうんだよなぁ。
相当飽きっぽいのか、あるいは相当焦っているのか……?と勘ぐってしまうよ。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 06:59
>>191はだいぶ好意的だが、
俺だったら人を馬鹿にしてるんじゃないかと憤慨するところだよ。
年齢も若いようだし文体もある程度丁寧だから軽はずみなことはしないけど、
そうでなかったら語彙を尽くして罵倒してるね。
俺みたいな奴に噛みつかれないように注意しろよ。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 07:12
うん。
なんか友達がいないんじゃないかと心配しちゃうな。
文通友達はいても、サシで話し合える友人がね。
それが1.には一番必要なのではなかと思ってしまう。

194 :名無しさん :2001/05/18(金) 07:16
>>1
ネタスレ?

195 :求人案内:2001/05/18(金) 07:33
国際世論読んでいるみたい気がするのは僕だけでしょうか。

189さんへ
文章と感想はどのようにして保存しておくのでしょうか?
これからも幾つか拙文を投稿したいと思いますのでぜひ教えてください。
それと今から書いたら併記されるのでしょうか?
やはり、止めておくべきですよね。

196 :求人案内:2001/05/18(金) 07:41
192さんは191さんと同じような理由で憤慨されているのでしょうか?
ところだよという語尾なので寸前?
皆と同じペースで書けということなのでしょうが、
僕は焦っているわけでもなく、こんなペースです。
ですので195さんがいうように余り友だちは多くないですね。
ただ、さしで話合える人はいますが。

反論と悪く受け取ってほしくないのですが、仮にもここは創作文芸板ですので
もっとテンポよく豊富に語っていいように思われます。
上の方から洗いざらいひとつひとつ論議していただいたら
(僕の意見になりますが、それ以上のこともそれ以下のことも書けませんが)
精一杯答えさせていただきます。

僕の方はいい話題があると思うのに何故答えがないのかが気になって仕方がなかったのです。
片端から持ってきてお話しましょう。


197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 07:43
>>195
コピペなり[Ctrl+S]なり[名前を付けて保存]なり、
好きな方法でハードディスクに保存すればいいよ。
直接書き写すっていうのもアリかな。

併記されるかどうかは分かんない。やったことないし。
試しにやってみたら?

198 :求人案内:2001/05/18(金) 07:44
虎はいつになるのだろう。
すごく悲しい。

199 :求人案内:2001/05/18(金) 07:57
人が消えた・・・。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 07:58
>求人
ハードディスクの中に保存されてるだろう。
読み直すいいチャンスだ。
それから書くチャンスでもあるだろ。

201 :求人案内:2001/05/18(金) 08:12
保存した覚えがなくてもあるのでしょうか?

それとそう言われるとやる気がでます。
いつも、いい方ですね。
(そういう僕は恐ろしく単純?)

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 08:13
>>196
どうも解釈がおかしいぞ。一から十まで詳しく詳しく説明してやらないと理解できないか?
君は自分から問いかけをしていながら、はっきりとした答えを出さないまま次の話題に移ろうとしている。
同じことを何度も言われているのに気付かないのか?
ずーっと前の>>13>>18へのレスは皆無じゃないか。一体どういうつもりなんだ?
自分の考えを表さないまま、自分で勝手に納得してるのか?
そうだとしたら、あまりにタチが悪いぞ。これを機会に自覚しろ。
マイペースなのは結構だが、あまりに人をないがしろにしすぎてはいないか。

もう呆れたよ。本当に罵倒してやろうかな。したところで柳に風だろうけど。

203 :求人案内:2001/05/18(金) 08:36
決して忘れてはいませんよ。
平行して話を進めていけばいいと僕は思っていますがどうでしょうか?
正岡子規の話などは端的写生と関連を表している気がするのですが、そうでもないのでしょうか。
それらについて読んで思ったことをお教えいただけるといいのですが。
僕が語りたい切り口ではなくて202さん個人の主観から出る意見で写実を語っていただいたほうがいいような気もします。
写生の書き方に出てくるようなことを書けといってるのでしょうか?

僕はどの点をはっきりさせればいいのですか?
僕の意見ですか?(それはそれなり書いている気がしてます)僕の質問点ですか?
テンポがおかしいのでしょうか?何がおかしいのでしょうか?

204 :求人案内:2001/05/18(金) 08:43
それと表現に限らず、何にでも、上にネタは多いのではないでしょうか。(この程度では駄目かな?)
・・・はっきりしたい正確なのですか?

205 :求人案内:2001/05/18(金) 08:55
入らない?

206 :求人案内:2001/05/18(金) 08:57
いなくなってしまった。

207 :192=202:2001/05/18(金) 09:09
>>203
だからさ、「書いてる気がする」じゃなくってさ、「こうなんだ!」って言って欲しいの。
「どの点を」じゃなくて、全部はっきりして欲しいの。本当に意見が曖昧だよ。
君がよく使ってる「気がする」って言葉、これが馬鹿にしてるってことだよ。
君の言いたいことが伝わって来ないんだよ。頼むから、はっきりしてよ。

平行して話を進めるったってさ、そんなに欲張らないでテーマをひとつに絞ろうよ。
「写実」をテーマにするならさ、まずそれだけを語ろうよ。
写実とは何か、写実とはどういうものか、写実を表現するにはどうしたらいいか。
それから話し合おうよ。焦らずに、じっくり時間をかけてさ。

それと、悪いけど正岡子規と写実を語れるほど教養は無いよ。
だから、写実ってのは何のことだかさっぱり分からない。
俺の言う写実と君の言う写実は、もしかしたら全く別物かもしれないよ。
正岡子規のどういうところが写実的なのか、それすら分からないんだから。
俺ごときじゃあ話にならないよ。ものすごく残念だけどさ。

208 :192=202=207:2001/05/18(金) 09:13
俺はあんまり脳の回転が速くないから、ひとつ書き込むにも時間がかかるんだよ。
その上、完璧主義でさ、納得するまで何度も見直すんだよ。
だから気長に待ってくれ。どんなに遅くなっても必ず書き込むから。

209 :193:2001/05/18(金) 10:52
>>196 ただ、さしで話合える人はいますが。

なら安心した。
投稿した文章を読んで心配になったから。
ただそれだけ。

あと、こういう場合1対不特定多数になり、全ての問いに答えられるはずはない。
当たり前のことだ。だからこそ、自分から話題を広げすぎるのはダメだよ。
君が今一番大切だと思っている話題に絞るべきだ。
せっかく、それに付き合いたいと思っている人がいるのだから。
君の悩みを自分の悩みとして語り合いたい人がいるのだから。
一期一会を大切にして欲しいな。

210 :求人案内:2001/05/18(金) 10:59
208さんへ僕に誤解があったようです。

写実についてはっきりいえることを言います。
ただ、物事には両極面があるのが普通です。今日本はデフレ(持続的な物価下落。百円均一や280円の牛丼屋
のことを指したりします。)といわれていますが、一般にデフレは悪いこととされています。
しかし、世の中は妙なものでそのデフレがいいことだと言う人もいます。その人の視点、見方に立てば
その意見は正しくなっています。
一方サムエルソンの経済の本(経済を学びたい時が来たら読んで下さい。僕も読み始めたばかりですが
入門書として最適だと思います)では経済学は平均値的なものだと言っています。
これはこの写実にも当てはまり平均値的に写実とはこういうものだろうと論じているだけで、
写実とは何かという絶対的なものはありません。
はっきりしているのは辞書にあるようにそれをそのままにうつすことが写実です。
あと、書き方なども絶対ではなく「側面」を語っているだけです。

勿論、正岡子規など分からなくていいと思います。
自分の好きな本を読んで自分なりの切り口を育てていくのが一番です。

で、全部をはっきりするのか〜。難しいな。
(学校にあるような)机にりんごがある。
それをそのまま書くのが写実の例でしょうか。
難しい。例えが浮かびにくい話題です。

1子規の話し
2広辞苑
3イミダス
で取り敢えずまとめてみることにします。

211 :求人案内:2001/05/18(金) 11:08
209さんへ。
僕は現実に多くの悲劇を体験していてのであんな(ナンセンス)なものを当時書いていたのです。
今は前とは違いますよ。

後述の文意ありがたく拝見しました。
どこに主眼を置くのがいいでしょうか?上の続きで写実一筋がよろしいでしょうか?

212 :求人案内:2001/05/18(金) 11:28
210の続き
1子規はそのままを俳句にしましょうと言い出した人です。
それを俳句でもって証明しようとして証明した人です。

春や昔十五万石の城下かな

ほととぎすともに聞かんと契りけり
  血を鳴くわかれせんと知らねば

汽管破裂蒸気あぶなし血の海路

芭蕉破れて書読む君の声近し

買うてくる釣瓶(つるべ)の底やはつしぐれ

五月雨や大河を前に家二軒

五月雨をあつめて早し最上川

進め進め角一声月上りけり

稲刈るや焼場の煙たたぬ日に

夕立やはちすを笠にかぶり行く
初雪やかくれおほせぬ馬の糞

雪の日に北の窓あけシシすれば
  あまりの寒さにちんこちぢまる

湯に入るに前やうしろをよく洗い
   どんぶり入るは大のおきらい

最後のふたつは子規の友人のものです。面白いから書きました。
司馬遼太郎坂の上の雲2巻の中ごろまで抜粋。
以下睡眠をとってしっかり読んでから答えます。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 12:11
求人くんのいう写実観って、ものすごく「近代的」な写実観だよね。
現代的でない、と言う意味だけどね。

現代においては、
写実はほとんど成立しえない、という絶望を土台にしない限り、
「写実」の言葉は意味を持ち得ない。

例えば求人くんの言う
「それをそのままにうつすこと」
がどれほど困難なことか。

第一、求人くんが「それ」を見たと言う時、
本当に「それ」を見ているのか。
「それ」は「あれ」であるかも知れないし、
或いは「それの一部」でしかないかも知れない。
もっと言えば、それは求人くんが見たと思った
「まぼろし」に過ぎないかもしれない。

まぁ教科書に出てくるような例えで言えば、
盲目の児童たちがはじめて象に出会う。
彼らはそれぞれの手の届く範囲で触れたり、
または恐れて近づかずその息や声だけを聞いたりする。
その後、この児童たちに、象とは何だったか?問うと
およそ一つの生き物を表現したとは思われない、
様様な「象」の姿が飛び出してくる。

たとえ目が見えたとしても、上の様な例えがあり得ないか
想像してみてほしい。
人は、それまでの経験の中で、ふだん物を見るし、
経験の外へ大きく踏み出すことはできない。

そうした絶望的な「もの自体」「それ自体」との距離を感じずに、
写実を言うのは、中学生くらいまでにしておいたほうが無難かと思う。


214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 12:40
求人案内様
2ちゃんねるにはいろいろな人が、いろいろなスタイルで来ています。
会社や学校が終わって、夜中に来ている人。
朝早く起きてやって来る人。
会社のパソコンで上司の目を盗んでやって来る人(笑)
それぞれに生活があり、都合があります。
始終、即座にそちらの書き込みに反応できる状況の人はいないでしょう。
24時間待つくらいのつもりでいた方がよいのでは。

せっかく建設的な話をしよう、というのですから、
相手の都合を考えない催促レスで、無用な反感を招くのは損です

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 13:04
写実、というより描写の話になりますが。どこまでを文章で再現するか。

写実性、つまり実物の再現性という点に置いては、文章という媒体は、
実際問題として、映像媒体に遠く及びません。
町の風景を描くのに、言葉で何万語、何十万語を費やしたところで、
一枚の写真にすら敵いません。

では、文章による描写の強みは何かというと、
読者の理想や想像力を味方にできる、という、この一点にあると思います。

ある小説に、美しいヒロインがいる。
それが映像化された時、監督は、Aという女優を起用した。
誰かが言う。あれは違う。あの役はむしろ女優Bだろう。
別の誰かが言う。いや違う。女優Cだ。

つまり文章という媒体は、押しつけのものではなく、それぞれの読者に、
それぞれの理想の映像・風景を持たせることができるわけです。
上記の例なら、監督にとって理想のヒロインに近いのは女優Aであり、
別の人たちにとっては女優BやCだったりするわけです

それを踏まえると、現代の文学における描写というものは、
写実性よりも、読者の想像力を過不足なく喚起することに
重きを置いた方がいいように思います。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 14:46
このスレは面白そうだが如何せん文が長い…
残念だ。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 15:08
>>215
時々休憩を挟んでも読む価値はあるぞ。
1レス毎にさまざまな感情が渦を巻くのが面白い。

ところで、相撲を見終わってからもどってくるとおもうが、
213-216への「自分の意見」を明らかにすると対話になるぞ。

いい。技術論はいい。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 17:43
一応私の考える良い写実と悪い写実の例。

良い写実とは、読者がそれを読んだとき想像力が刺激され、心の中でその場景がイメージしやすい文章の事。
悪い写実とは、描写に拘りすぎて、逆に読者がそれを読んだときにただの文章としてしか入っていかない物。

要するに、資料を見てそれをありのままかくだけじゃぁ、論文としては成り立つが小説としては三流だと思う。
状況に合わせて記述を省いたり、足したりしなければ小説とは言えないでしょう。
元々、小説という物は曖昧故に成り立っているような物なのだから。

「長いレス」この一言でも、人によって想像する長さが違いますしね。
で、人によって感じ方が違うって事は、結局これが完璧って事は言えないと思いますよ。
自分にとって最高でも、他人にとっては最低かもしれないし、大人数の人が良いと認めた物でも自分にとって良いとは限らないし。

売れる物を書きたいのであれば、自分が良いと思う物をなるべく多くの人が良いと思う物に変えていかなければなりませんが、それをやった時点で作家は芸術家ではなく商売人になるでしょう。
だから私は作家になるつもりはありません。
私の好きなものは大多数から見れば下らない物だということを自覚しているし、自分の趣向を直していくつもりもないから。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 18:56
>>218
・「長いレス」曖昧すぎ。
・「15行以上あって、1画面に収まらない長いレス」
これがちょうどいいくらいか?
・「文字数にして450文字、原稿用紙1枚以上にもわたる
長さのだらだらとしたレス」正確かもしれんが伝わりにくい。
例えはアレだけど、こういうことかな?

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/18(金) 18:59
>>219
で、その中でどれが丁度良いと感じるかは人それぞれですよね。と言いたいのでは?

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 00:18
主観論。
俺は松尾芭蕉が好きで「(事物に)深く入って、(その捉えた物を)簡潔に書く」
と言うのが文章としては、最も高度で、読む側にとってもそれが一番読みたい文章
なのではないかと思っている。
それには二つの目線が必要で、まずは物事を深く的確に捉える力、それからそれを表す文章力。
「写実」と言いながら、「実際の物そのもの」を写しているのではなく、物事によって喚起された
作者自身の心の中を写した物に他ならないのが、写実ってことなのだと俺はつくづく思う。
それが何故素晴らしいかってぇと、同じ現実を見ているのだけど、違った人から見ればこんなに世の中は素晴らしい物なのかと
気付かせてくれる点にあるのだと思う。
まぁ、わからんけどね(w


222 :求人案内:2001/05/19(土) 01:33
>>213さんへ。
写実の多様性についておっしゃられていると思いますが、僕は210にそれを書いています。
208さんの質問に沿って端的に写実とは何かという疑問に対してお答えしたつもりです。
あえて端的にいうならポケット事典にものっている「実際の状態をうつすこと」「そのまま書くこと」
になると言っているのです。中学生でも知っているのだというご指摘ですが中学生でも知っているからこそ
それが写実の基本。「普遍的な大前提」です。これが第一ポイント確認してみて下さい。
それで213さんのもうひとつの文意は「現代において写実は通用しない」ということだとうけたまわっています。
第二ポイントです。正直にいいます。それは間違っています。間違っていると思うではありません。
間違っています。文学における写実は絵でいうデッサンです。デッサンのしっかりしていない絵はよろしいとはされてません。
あのピカソはへんてこりんな絵と思われるでしょうが彼はデッサンの天才です。
確か(記憶違いの可能性もありますが)彼は教室に鳩を持ち込んで書いていた小学生です。
(彼はラッピッツ(鉛筆)という言葉を生まれてはじめて喋ったそうです。逸話事典にのっています)
現代、近代、古代を通して未来も写実は基本でその点を考えてみてください。

223 :求人案内:2001/05/19(土) 01:43
つぎに進む前に「写実」を「映画」に置き換えてみます。
写実とは何か?答えはありません。何故?でしょうか?それは
映画とは何か?といわれて答えがないのに似ています。
映画とは黒澤映画も(知らない?)スピルバーグの映画もあります。
一方、喜劇映画、悲劇映画というジャンルもあります。
次にスピルバーグの映画とは何か?喜劇映画とは何か?といわれてもまだ答えはでません。

例えばフォレスト・ガンプとは何か?(どういう映画か?)となって初めて
答えがおぼろげに浮かぶそんな性質のものです。

さて、映画とは何か?
例えばそのひとつとしてフォレスト・ガンプです。こうはいえます。
技法についていうならフォレスト・ガンプのシーンAはこういう技法ですといえます。
そこまで限定して初めて映画のひとつの側面が語れてくるのだと僕は思うのです。

僕はずっとその例を引くつもりで書いてきました。時間がとれる時にそうおもって
読み直していただけるとさいわいです。
(上の映画をみていない人は必ず見てください。損はしません。
題名などは言っていただけたら教えます)


224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 01:51
>>222
求人くんは>>213を、現代において写実は通用しない、としか読めないの?
ちがうんじゃない?
そんな程度の読解力で他人の意見をわかった気になるような、
そんな実相に迫る厳しさを知らない君に、写実を語る資格はない、
という意味だと思うよ。きっと。


225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 01:56
写実=まんまに書く
では、太陽の色を写実したら、どうなるのですか。
求人案内さんが言う「写実」に従って書いて下さい。
ふざけているのではなく「写実」をどういう意味合いで求人案内
さんが使っているのか、分からないからです。

226 :求人案内:2001/05/19(土) 01:59
214さんへ。
わかりました。インターバルをあけます。

>>215さんへ222、223に譲ります。
僕はそういう話してません。勿論それが大前提です。忘れるべきではありません。
ただ恐らくAとBは違うという話はその通りですからそのポイントでは僕のキャパシティの
中ではお話ができません。(誰にもできない?)
それと末尾の3行は222再読してください。
それと213さんにもいえることですが、確かに現代の小説は3行に象徴されるような形になっています。
しかもそれがうける(売れる)時代です。ただ作品の原点(基本)は写実である。
その点は勘違いしないほうがいいと思うので書いておきます。
(ただ考えを否定しては僕はいません。その路線での話がしたいというなら言ってください。
その路線の話もしましょう)

216さんへ。端的に(短く)答えろと言ってください。
ポイントで質問していただけたらポイントでお答えします(そうつとめます)

227 :求人案内:2001/05/19(土) 02:04
最後まで書いてからお願いしてもよろしいですか?
218、221について答えるつもりです。224の現代においてはよめています。
それくらいはわかります。現代は現代。しかし写実をないがしろにすべきではありません。
(それと喧嘩腰にきこえますか?僕はあくまで中立的な考えに基づいてかいているつもりです。)

それと虎の穴はどこへ・・・?

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 02:08
あ、復旧してるよ>虎穴
夢の祭りの続きよみたいんだけど、
保存してないだっけ。

直打ちしてる人が結構いるのに、びっくりしたよ。
おれの文章作成速度はおそいのかのう。

229 :218:2001/05/19(土) 02:12
じゃぁ、お答えお願いします>求人案内さん

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 02:14
>>229
絡むなって

231 :218:2001/05/19(土) 02:17
絡んだつもりはないよぅ。
久しぶりに活気ある文芸板をみて、真剣に語り合ってみたかったんだよぅ。
真剣十代しゃべり場マンセー(w

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 02:20
>>227
>>213>>224 も「写実をないがしろ」になんかしてないよ。
そんなことも読めないのかね。
現代においても写実がとても大事な目標であるからこそ、
その目標へ至るまでの困難さを求人くんが気付いてないんじゃないかと言ってるんだよ。
それはたぶん端的に言えば、>>225 みたいなことだと思うけどね。

233 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/19(土) 02:23
う〜ん、どうも求人君のレスを読むと、理屈倒れっていう印象を受けてしまう。
肝心なところ、求人君は創作家になりたいのかな?
創作に関して求人君は>>160のレスで
>僕はひとつ空間を用意してそれを客観的批評していこうと
>いう路線でやっていきたい。
と言ってるよね。
もしも作家になりたいなら、プロを目指すかアマでとおすかは別としても
自分のスタイル、信条にのっとって作品を書いてみることが大切だと思うな。
求人君は自分のスタイルを理解しているようだし。
創作家として論理で人を納得させる人と作品で人を納得させる人とがいたとしたら、
漏れは後者の方がずっと優れた作家だと思う。

それから、この板に書き込んでいる人のほとんどはピカソの絵をへんてこりんだなんて思ってないよ。


234 :求人案内:2001/05/19(土) 02:24
>>218さんへ
そのとおりです。
(誰が同一かわかりませんが。=で書いていただけると分かりやすい。
僕は記号能力が低いので誰が同一化というのがなかなかわかりません。
そうお願いします。)
上の方々の例でいくと良い写実・悪い写実は人によって違います。
(この点は誰も文句をつけないのですか?)
「人によって違う」のは当たり前のことです。
その点を議論しても仕方ありません。だからといって写実はできないのだとはなりません。
(そう聞こえます)その点をいわれたら写実論は身もふたもありません。
そういう議論は僕にはできません。(さっきもいいましたが誰にできないと思います)

それと文末同意します。僕は売れるか売れないか作家になれるかなれないかについては
考慮にいれてません。「写実」について自然だと思われること思いつくまま書いているだけです。
作家になるための話は先にしましょう。

221さんへ。僕はこういうお話を求めています。素晴らしい。
写実の側面を見事に表していると思います。こういう話をしましょう。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 02:29
「それをそのまま書く」
ひたすら目の前にある物をあるがまま書こうとするのは、小説でも何でもねぇよ。
>>213とか>>218とかでもちらっと言ってるけど、自分が感じた通りに書くしかねぇだろ?

全ての読者に普遍的なイメージを与えるのは無理だから、なるべく多くの人に同じイメージを持って貰う文にする。
これが正解か? 違うだろ。

写実的だと感じるのは人それぞれだし、多数決で決まる物でも無いだろ?
結論:写実なんて人それぞれ。自分が写実だと思ってれば自分にとっては写実。

236 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/19(土) 02:32
>>235
だね。
ていうか、作家を目指す人がこんなことにかかずらってるって、
なんだか悲しいよ。
大切なことなんだろうけどさ。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 02:35
>>235
「あるがまま書こう」が求人くんの「写実観」だとしても、
実際の求人くんの文章は、そうはなってないよね?

トラ穴でも感想に書いたけど、
「悪い男ではない」
って主人公の描写があったけど、
これが「あるがまま」の描写だって言うなら、
「あるがまま」でない描写なんてこの世に存在しないよ。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 02:37
いや、大問題だろ。
敏感な奴なら誰でも感じる問題だと思うよ。

239 :求人案内:2001/05/19(土) 02:37
電話でもしたら一発で誤解が解ける気がするけど、
僕は「写実とは何か」の点から話しています。

・・・・・で、僕は何をはなせばいいのでしょうか?????
(わからないですよね)
それと中身には子規の話が一例としてまだ何も書いていません。
僕の順序をもうしあげますと、まず写実を旨にした作家の姿勢、格言、
作風、実作(今手元に写実派の本がありませんので詳しい議論は僕では不足です。他の方の情報を
待ちます)について順に書いていこうと思っています。
作品技法にいきなりいく要領のよさが僕にはありません。僕の構成ではまだ
実作の技法先ですし、それと技法については僕みたいな青二才に聞くより
写実のしかた、小説の書き方、映画の作り方の本を見てください。
(僕の手元にそれはありません。持っているかたがいたら失礼ですが
ポイントを提示してあげてください。僕も嬉しいです)
僕は寧ろ実作者の格言に写実を見出そうとするたちです。
(詳しくは図書館でしらべないと僕も分かりませんが。
かけることをかいています)それとくりかえしですが、何を書けばいいのでしょうか?
ひとつふたつに絞っていきましょう。

240 :235:2001/05/19(土) 02:41
>>235を書いた者だけどさ、>>234を読んで思ったんだが、お前は
「僕はこういう文を写実的だなぁと思います」
「ああ、いいよねぇ、それ。僕はこういうのも写実的だと思うなぁ」
ってな会話がやりたいのか?
>>1で言っていたように、どういった勉強をすれば書き手に必要な知識がつくかじゃなかったのか?
ちなみに、書き手に必要な知識については>>119の人がいい事言ってると思うぞ。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 02:45
1に贈る言葉。
回線切って一文字でも多く書け。
書いて、それをみて貰って、指摘を受けてまた書いて。
これをせずに旨くはなら無いと思うよ。
真面目な話。
あ、オマエモナーとか言われそうなのでsage(w

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 02:48
>>240
とりあえず、彼の言う「写実」とは何なのかを見極める方がいい。
少なくとも、他の人がいう「写実」とは違っている。
たとえば、普遍的描写=写実、のようなもの。
真理を描写したものが写実、とかね。
で、そう理屈付けているだけで、それがどういうものか分かっていない
って気がしてきたぞ。

243 :求人案内:2001/05/19(土) 02:53
わかりました。
僕がおかしいのでしょう。

では、みなさんの「写実」を書いてください。
きっとそれが真実です。

244 :求人案内:2001/05/19(土) 02:55
で、全く関係のない話ですがハードディスクの保存はどうするのですか?

245 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/19(土) 03:04
はあ、誰も求人君がおかしいなんていってないと思うよ。

それからハードディスクの保存って、何を保存するの?
文章ならコピペしてメモ帳にでも移したら?

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 03:04
おかしい、おかしくない、じゃなくてさ。
求人案内君のいう「写実」を太陽の色に対してしてみてよ。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 03:04
>>243
短気は損です。
おそらく「写実」という単語の解釈において見解の相違が出ており、
そのまま話が交錯しているのだと思います。

求人さんの考える「写実」とは、
1・単に辞書に書いてあるそのままの意味
2・文学の写実主義者たちが定義する写実
3・情景・心理・作者意図を読者にクリアに伝えるという意味での写実
4・その他
どのようにお考えでしょう

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 03:08
>>244
1 右クリック→すべて選択 or 保存したい部分をドラッグ
2 右クリック→コピー→ハードディスクに

249 :求人案内:2001/05/19(土) 03:26
違うのでしょうね。

僕が思うのは「事実」を書くことだと僕は思っているようです。
太陽の話し。(あら、小説とはいわなくなるのかもしれない)
ですが、僕が太陽について書きたいことをかきます。
まず、事実です。僕が今パソコンをうっているというのは事実です変えられません。
足元に本があるこれも事実です。
ある館に主人公が行く。事実です。その館には世に有名ななんという絵画ある。
過去この館は誰にこう評された。過去有名なだれだれも訪れている。
みたいなことを書きたい。
太陽で僕がいつか書きたいのは。主人公が見たのはいつの太陽か、一般にどう見えるのか、
太陽の色をこうたとえた人がいる。太陽何度で、だから赤くみえる。
この時間帯だと白くみえる。とか。
で、人間の視覚の構造はどうなっているのか?何故見えるのかを、文学の中に書きたい、
というのが僕の中に強くあります。

250 :求人案内:2001/05/19(土) 03:27
そうか〜ここでレスがつくまで待てばいいのか?とか始めて思うのですが
そんなものでしょうか?

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 03:40
>>249
それだったら、文字より数字で表した方が早いんじゃない?
幾ら文字で楽しかった事を述べるよりも、ドーパミンが○g脳内で分泌され、アドレナリンが……とかの方が正確だと思うよ。
元々、小説とか文学ってのは曖昧な物でしょ?
曖昧な物を書いて、読者の想像力でそこを補完する。その過程も小説の楽しみの一部じゃないのかな?

それと、矛盾するようなことだけどもう一つ。
事実って言うけど、君が事実だと思っているだけで事実かどうかはわからないよね。
全て幻想だったのかもしれないし、もっと本当は世界の有り様が根本から違うのかもしれない。

可能性は常にでてくるよね。絶対って言い切れる物は無いと思っているんだけど、違うかな?
故に写実にも絶対は無いし、小説の書き方にも絶対は無いと思うよ。

252 :求人案内:2001/05/19(土) 03:47
はい。そういうものを目指してはいます。人の心について
科学がいうことには目を傾けていきたい。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 04:12
>>252
事実だけを淡々と書くのは小説では無く日記だと思うがどうよ?

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 04:29
>>251
>事実って言うけど、君が事実だと思っているだけで事実かどうかはわからないよね。
全て幻想だったのかもしれないし、もっと本当は世界の有り様が根本から違うのかもしれない。

全面的に賛成なのだ。特に、↑。その通り。それが答えだ。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 04:39
>過去この館は誰にこう評された
>太陽の色をこうたとえた人がいる

主観も事実でいいわけだ。そしたら、なんでもありじゃない。
わたしは太陽が青いと思ったというのも事実だよね。

揚げ足取りに見えるかもしれないが、2例も挙げている事から
単なるミスではない。あるいは自分以外の主観はすべて事実として
括っているのだろうか。
だから文学作品で使われた表現・比喩は事実だとかね。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 04:41
彼の場合、わざとやってるのか、それとも言語感覚が未熟なのか。
耳を傾けるはわかるが、目は向けるだわな。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 04:49
しかし、難しい事考える前に、求人くんの用いるキーワードの定義すら
満足に人に伝えられないのは問題だぞ。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 12:23
自分の脳裏にうかんだことを完璧に他人に伝えたい、という要求はわかる。
そのための方法論を知りたいのはわかる。

口語的な文体で、司馬は成功をおさめたわけだが、
求人くんは、それを文学的文体で世に問い掛けてみたいのだな。

たぶん、いい本を読みすぎちゃって、かくあれかしでねればあらじに入りこんで困っちゃったんじゃないか?

山本周五郎「さぶ」あたりで、ちょっと肩の力を抜いて、なにを読者の心に残すべきか
を考えてみては?


259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 13:22
三島由起夫になりきればいいと思われ。

260 :求人案内:2001/05/19(土) 13:40
う、うわ〜。皆を敵にまわしてしまった。
今日、写実の勉強をしてきました。心底自分にそんなものを語る資格ないと気付きました。
勉強します。

それと(事典をない人へ)バルザックの逸話。(聞いてないぞという方は飛ばしてください)
彼は21で小説を書こうと決意、失敗。30(31?)で「みみずくの党」で人気をとる。
彼は濃い珈琲が好きで1日10時間、数十時間書き続けるという仕事ぶり、だそうです。
(関係ないか)
258さんへ。ご指摘ありがとうございました。肝に銘じます。


261 :求人案内:2001/05/19(土) 13:43
ああ、おられたのですね。
僕が一番感動したのは谷崎潤一郎です。
刺青一巻しか読んでないのですが、母を恋うる記ですか。
あれがどうしようもなく感動したのを覚えています。
雲の上の人ですが。

262 :求人案内:2001/05/19(土) 13:47
三島由紀夫はどういう頭をしているのですかね。
彼の10代の書簡。目がまわります。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 14:29
天才と基地外は紙一重です。

264 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/05/19(土) 17:04
夢の祭り完結おめでとう。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 23:45
思いっきり人を笑わせるショートコントでも書いてみると、
意外に求人くんの為になる気がする。
読者を意識することが何であるかを学べるかも。(マジレスです)

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/19(土) 23:51
ああ、これでこのスレに書くのも最後かも知れないので、一言。

正岡の写実、写生の限界ぐらい高校の現代国語で学んでいらっしゃい。
自我の発露という近代さえ至っていない子供と
現代において実相を語るのはまだ早かろう。

読者というより、まず
他人と向き合いなさい

267 :求人案内:2001/05/20(日) 10:02
作品を書いていると睡眠をとらなくなるので苛苛するのです。客観的な判断が出来なくなるのです。
・・・213から始まって「写実」に限定して話していたのではないのですか?
僕は「写実とは何か」という点で物を考えていたから何故およそ写実的ない話になるのかが分からなかった。
という前に写実に限界があるかないかといったら無いというところまで話が
進んでしまっているのですか???
長く書きすぎているので10レスずつで読んでますね。あくまで
「写実とは何か」という話を論理的(客観的)に僕はしているだけだと但し書きをいれていますよよ。


268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/20(日) 10:26
求人くんの定義する「写実」について話してますよ。
求人くんの説明では「写実」とは、
「(過去の文学で使われた)文学的表現」で描写すること
であるかのように見受けられます。加えるとすれば、その描写に
求人くんの主観が立ち入らないものでと。
ただこの場合、「文学的表現」の選び方に主観が入るわけであり、
これまでの求人くんの説明とは齟齬がある。
そこが知りたいのです。
それが分からなければ、一向に会話になりません。

269 :求人案内:2001/05/20(日) 11:11
そうか。写実になっていないわけだ。
それに僕の主観が入ってはいけないのは分かります。
(しかし、ではどう書けばいいのかは分かりません。
得てしてこんなものだというのが写実のような気がするのですが、
他のポイントになってしまうのでしょうか?)
文学的表現における主観というのはどういうものでしょうか?
それ自体が分かりません。
その点から客観的になるということ?
というよりそれは写実が不可能だといっているように聞こえるのですが、
そう言っているのですか?

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/20(日) 11:20
求人くんが盛んに「客観」といっているから訊いたのです。
「得てしてこんなもの」って主観ですよね。
「客観的事実」だけをもって文章で表現することが「写実」であるなら、
不可能に決まっています。
ちなみに求人くんにとって「描写」と「写実」は明確に区別して
使っているのでしょうか。
今までの発言からいって
写実=客観的
描写=主観的
と考えているようですがどうでしょう。
あるいは「求人くんが見たままのものを文章で表現する」ことが
「写実」なのですか。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/20(日) 12:10
まぁ、夢の終わりはどう見ても写実的ではないわな。
俺は面白く読ませて貰ったけど、意図的にできるだけ難しい漢字を使えばそれでOKみたいな雰囲気があったと思う。
でも、おれはすきだぜ。夢の終わり。

ここで喋ってる求人君は嫌いだけど(w
だって、話噛み合わないんだもん。

例えば、>>268は写実に求人君の主観が入ってはいけないなどとは言っていないよ。
求人君は写実という物を、作者の主観が入ってはいけない物だと思ってるように見える、と言ってるのでは。
そう考えると>>269のレスは変だぜ。
まぁ、これだけじゃなく、前レスでもこういった点多々有り。
求人君は、一度冷静になってレスを全て読み直した方が良いと思われ(マジレス

272 :求人案内:2001/05/20(日) 17:42
270さんのレスへ。
1得てしてこんなものは得てしてこういうものかといえそうな平均値を書こうと
しました。引きこもる人間というのはああいうものかと勉強し終わった段階で思ったので
後はそれをそのまま言い表そうとしました。一応事例などを読んだ分析結果でした。
2最後2行へそういう側面も多分にあります。
うまく言えないけどあの二人の対比を書くとしたのは僕の選択(主観)で
二人の個性は心理学の分析と僕の主観の混同だと思います。ただ、どちらもサンプルに
なる人物がいて(インタビューしたわけでもないけど)外見はだいたい写実でした。
空の内面は僕の空想です。彼らと僕はタイプが違うので彼らがどういう思考回路を経て
物を言うのかは分からなかった。ただサンプルが言いそうなことを書くことは気をつけていました。
名無しさん(緑?黄緑の方もいません?勘違いでしょうか?)が271でいうように
(過去に皆さんがいうよう)主観が入りますね。(限界があるということを言っていましが
ここらへんが限界?)
結局、夢の祭りがより写実的になるには後、どういう視点が必要なのでしょうか。
定義、立場が違えば違うから後は写実のどの点を強調するかといったものに
なるのでしょうか?

273 :270:2001/05/20(日) 21:13
求人くんの説明を整理すれば、

1.人物を設定する
2.設定した人物の思考回路の設定
 (思考回路は心理学に則ったものであるべきというのが、写実の
  重要な要素であるらしい。そうでない場合を描写という)
3.その思考回路に則り台詞・行動を考える
4.台詞・行動を文章にする(これが写実)。この際、過去文学作品
  で使われた表現が好ましい(マニュアル君的である)。これは
  人物以外の描写(写実)も同様。

読者は4しか分からない。
どうやって3⇒2⇒1を読者が想像するのか。
その手がかりとなるものを書かなければならない。
方法なんて、写実でも描写でも妄想でもなんでもいい。

即ち、4だけでは写実ではない。4に至る過程・背景まで書かなければ
写実できない。方法は多種多様だろう。求人くんのいう写実だけを
以ってできるかもしれない。
重要なのは読者に伝わらない限り写実ではない、即ちデッサンすら
出来ていないということだ。

274 :求人案内:2001/05/21(月) 01:20
ありがとうございます。一生懸命勉強させていただきます。
また、書くのでそいつをまた見てやってください。

275 :273:2001/05/21(月) 02:04
求人くんには充分素養があります。
書いたものを人に読んでもらって、その批評・感想をじっくり
吟味するのが今一番大切だと思う。
がんばれ!

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/21(月) 02:11
今日このスレを発見して、やっとここまで読み進めてきました。
求人案内さんにいいたいことはひとつ。
もっとこだわりを捨てた方がいい。

ご自身の定義する「写実」を元にして「写実的であれ」と拘るのは、時としてものすごい障害になると思います。
写実の奥には何かしら作者の伝えたい主観が控えているはずです。少なくとも私はそう信じています。
また「○○という作家がよい」というような発言から、積極的に先人に学ぶ姿勢が好ましく感じられます。
が、それを絶対的なものの見方である、とはお思いにならない方がよいと思います。
それはここ2chのレスについても同じ事です。
他人の意見を低く評価しても、あなたのご意見の価値はたいして変わりません。

なんといいますか、正直申し上げてここまで読み進めるのは大変苦痛でした。
自分があまり本を読まないこともその原因だとはおもいます。
しかし、あえて言わせていただきたい。
あなたの文章は高みから人を見ている。
ご本人のことは存じませんので何とも申し上げられません。
もう少し他人と意見を交換し、共有することに心を砕かれてはいかがでしょう。
もし今でも「文学とは自慰でなく交接だ」とお考えであればなおのことです。
ディスカッションをする上でも、写実的表現でも大事なことではないでしょうか。

不躾なことばかりですみません。
みなさまの求人案内さんへのレス、非常に興味深く読ませていただきました。

277 :求人案内:2001/05/21(月) 05:28
はい。その点僕は深く反省いたします。
皆さんとの対話を通して僕は色んなことに気付いていこうと思います。
虎の穴に作品を書いていきますので読んでやってください。

こちらでは作品というより雑談がしたいのですがどうでしょう?
おいおいまた書き込んでいきたいと思います。


278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/23(水) 01:01
あとで読むアゲ


279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/23(水) 01:21
う〜ん、ここは面白そうなんだけど、読み進めるのが大変な苦労を
ともなうスレッドだね。

雑談をするつもりならば、もっと相手にわかりやすい文章を書かなくっちゃ。
内容もそうだし、リズミカルな句読点もよろしく。だよ!

280 :求人案内:2001/05/23(水) 02:34
(面目ない・・・・・。)
1ちばてつやの話。知っている方がいればお答え願いたい。
(知らなかったらパスで)
僕はちばてつやを尊敬してやまない。彼のような創作は僕の夢です。(夢のまた夢ですが)
愚問かもしれないのですが彼のような創作というのはどうしたら出来るのだと思いますか?
2それと同様にドラマが素晴らしいですね。脚本というのはどう書くのでしょうかね?
松田優作が気に入っていた脚本を昔読んだことがありますが、脚本と言うのはどうも自分は作れない。
会話文で成り立つドラマって何でしょうね。


281 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/05/23(水) 02:39
ちばてつや、辻マサキが「シナリオ入門」を書きたいからとインタビューしたときに
「自分が教わりたい」といっていた。
梶原イッキのことは別にしても、この人でも葛藤していたことを知って随分勇気ずいたもんだ。

282 :求人案内:2001/05/23(水) 02:42
本当ですね。読むのが大変です。
いかに遠慮なくいい加減なことを言っているのかが今になるとよく分かりますよ。
今になるとかなり遠慮しますからなかなか書くことが思い浮かびませんね。
抽象的なことしか頭に浮かばないし、切り口が見つかりませんね。

283 :求人案内:2001/05/23(水) 02:54
はあ〜そうなんですか〜。
あの人の創作ノートとかはあるのですか?
作家の「こう考えてこう書いた」みたいな本があったら参考になりますよね。
ちばてつやは天性のものなのだろうか?それとも論理があるのだろうか?
おれは鉄平で「チェストー」と叫ぶ場面があるのですがちばてつやの
出身はどこですかね?
よほどの勉強家でもあるのでしょう?勉強家でなければでませんよね。
個性の作り方などは神がかりですよね。
何故色んな自分が出来るんだろう。
AさんとBさんの違いをどう意識するんだろう?
絵がそれを助けるんですかね?
漫画を書くように鮮明な絵が浮かばないと小説は書けないのだろうか?
などと思いますね。心に残りますよね。
(少年をラケットを抱けとかを読んでないのですが面白かったのでしょうか?)
古本屋に無いんですよ〜。(お金も無いけど。笑)

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/23(水) 06:36
マンガサイエンスの売ってるとこ。
ttp://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/3a380e38c38b80101cce?aid=&bibid=01964799&volno=0000

とりあえず、一冊読んでみ。


285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/23(水) 06:53
ところで、求人君がなにかってーと質問するのは癖?
普通は人はそんなに沢山質問されては、
返答できないし、返答する気もなくなるよ。
なんとなく質問することによって、人からの意見に保留をかけてるようにも
見える。
虎穴批評風に言うと
−質問が並列し、印象が散漫となってしまう。
テーマとなる質問を1レス内で絞り込み、伝える努力をすべきだ− って感じ。


286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/23(水) 07:10
>>285
激しく同意。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/23(水) 22:02
いやいや。
答えられる疑問にだけ答えていくのも、必要だと思うぞ。
噛みあわないところも多々あるが、
ベクトルがゆるがないとことが、俺は好き。

288 :求人案内:2001/05/24(木) 02:17
285さんへ。
本当に聞きたいことを聞いているつもりです。
1レス内に絞って意見を下さっているの分かりますが、僕にはどうも抽象的すぎて
分からないのです。
大枠は皆全くその通りだと思うのですがじゃあどこをどうしたらいいのか?
これからどこに注意して物を書けばいいのかが分からない評価があるのです。
悪いと皆さんが思った時点で恐らく自分だったらもっとこう書くとか
こうしたという考えが浮かんでいると思います。
その点まで聞きたいな〜と図々しく思っておりますのです。

別の意見
なんとなくですが皆さんにとって志賀直哉は作家ではない?

それと現代の小説と言うのは一体どこを向いているのですか?(向かっているのですか?)
一過性ではない現代文学とはなんでしょうか?
結局、現代を忠実に模写できたものが残るといった気がしますが僕の間違った見解でしょうか?



289 :求人案内:2001/05/24(木) 02:23
野上弥生子の大石良雄を読んでいるのですが面白くないと感じるのは間違いでしょうか?
好き嫌いってありますよね。

290 :求人案内:2001/05/24(木) 02:27
すごい大雑把な質問ですが、歴史小説を書くとしたらどうやって書くのだろうか?
とか思うのですがなさっている方がいらっしゃいましたらお返事宜しくお願いします。


291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/24(木) 02:33
>>288
志賀直哉は、きわめて近代的な「作家」だと思うよ。
それゆえ、現代における評価は、文学史的な位置付けに較べ高くない。
求人くんが好きそうなのはわかるよ。
芥川とかも好きなのかな。

同じ頃なら、たとえば井伏鱒二とかはどう思うの?

現代の小説がどこに向かっているのか、と言うのはわからんけど、
まず、求人くんの場合、近代から現代へ移る時に、
何があったのかを追体験するべきなんじゃない?
(自我と他者とか、このスレでもよく出てきてるけど)

292 :求人案内:2001/05/24(木) 02:43
志賀直哉は近代的なものなんだ。
芥川は羅生門、蜘蛛の糸くらいです。
笛を吹いてだかすると助けてくれるのも芥川ですかね?河童は読んでないです。
好きではないですね。寧ろ面白いとか不思議な感じだと思います。

井伏鱒二は読んでません。

文学史もよく分からないからですねどれをもってして現代だか分からないのですが
川端康成とか小林多喜二とかは現代ですか?

293 :求人案内:2001/05/24(木) 02:50
村上春樹、村上龍、大江健三郎辺りを読めばいいのでしょうか?

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/24(木) 02:52
ごめん、もう眠いから、ちょっとだけだけど。

志賀は、近代文学の代表格だよ。
前近代、って言ってもいいほど「自我」と「他者」に無自覚だし。

芥川は、すべてを理詰めで用意して、構築していく、って印象がある。
小林秀雄なんかは、「あれは小説じゃなくてエッセイだ」なんて言ってるね。
ひとつの完成された様式、って感じで、綴り方の勉強にはなるよ。
俺は、求人くん、結構好きなのかと思ってた。

井伏はけっこう面白いと思うので読んでみてください。

川端は、近代に足突っ込んでるかなぁ。
小林は「蟹工船」しか読んでないのでわからないけど、現代って感じはしないね。
小林は文学史的にも「プロレタリア文学」とか、もう廃れたものに分類されちゃうしね。

295 :=291,294:2001/05/24(木) 02:55
にわかには「うん」と言えないけど、読んでみていいんじゃない?
それぞれ一本なら、
春樹は「羊をめぐる冒険」、龍は「コインロッカーベイビーズ」、大江はやっぱしデビュー作かな。

296 :求人案内:2001/05/24(木) 03:05
もうひとつ、今、友人と何故「若者に目的が消えたのか」という話をしているのですが、
この原因が何であるとお考えになるのかお聞かせ願いたい。

僕の見解では
この「他者」出現ですよね。心理学の調査で戦後の日本人と現在の日本人の
どこが違うのかというアプローチがあるのですが確か「内面的」なものから「外面的」
なものへ移行して悩んでいるのですがその理由を自己や自我に見出さないという
記述がありました。
「他者についての思いやり」とかいう気持ちの悪い言葉が横行していますが
僕は自己ばかりの時代のほうが思いやりはあった。自然とあったと考えています。
小津安二郎の映画に代表されると優しさ(思いやり)と僕はよく言うのですが
「他者」という言葉が使われる割に現代人は「他者」を知らない。
(心理学的には他者を取り入れて自己同一化をさせることで自己が築かれていくわけですが
成長後は自己を分析することから他者の気持ちがわかるようになるというのがひとつの
セオリーのようです。あの名文家フロイトも著書の中でいっています)
もしかしたら新しい文学とは懐古ではないかとも思うのですがいかがでしょうか?
つまり図式的には自己不在は他者不在になるというものです。
「他者」を目標にしていいのか?隣の親爺がどんな仕事をしているのかを若者は知りません。
隣の親爺をよく知っていることが現代のひとつの救いになるかと思っております。

297 :求人案内:2001/05/24(木) 03:06
おやすみなさい。
買いて24時間放っておくのでレスつけてやってください。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/24(木) 03:14
こんな事言うたらあかんのかもしれんけどなぁ、文学と心理学は相性悪いんやでぇ?
俺自身、河合隼雄先生やらフロイトやらユングやらラカンやら読んできたけどな、
やっぱり人間ってセオリーだけじゃ分析できないものなのよ。
精神科の治療でも最近は薬物治療が中心になってきてるでしょ?
もう心理学はほとんど過去の遺物になりかけているわけなんだよ。
実際、あんなのはフロイトやらユングとやらが勝手に頭の中にでっち上げてしまった物とも言えるわけでね、
俺は心理学的アプローチを過信しすぎると危険だと思う。
それに「新しい文学」にこだわる理由もわからん。
書きたい物と書ける物は違うよ。俺も最近知ったんだけど。

299 :求人案内:2001/05/24(木) 03:30
296に続いて。
それにしても「近頃の若者」ってなんでしょうかね?
(僕は人のことはいないのですが)精神的に脆くなっていませんか?
両村上氏についてのイミダスの記述に叫び声、性、暴力から死、再生、癒しへの
変換とか書いてありますがこういう言葉に代表される気分が「近頃の若者」の姿ですか?
これらになっていく若者は内圧ですか?外圧ですか?
先天的な部分に関わる遺伝子が突然変異を起こしているとは考えられないので
後天的な環境の変化が近代と現代を分けているわけですよね。
生物学から拙い見解で近代と現代との違いを見ると食事や運動量が明らかに変わったというのは
考えられますよね。右脳か左脳かを分けたりもするそうですが余りそれで変わったとは
思えませんよね。結局、物が増えたこと情報量の飛躍みたいなことが現代を形作っているわけでしょうか?
それによって「近頃の若者」がどう変わったのかについて考えてみるのは面白くないでしょうか?
僕は司馬遼から欲望が出来る話と小国家を作る話を引用して「近頃の若者」
を語れるかと思う程度でしかないのですが、そのような議論はどうでしょうか?


300 :求人案内:2001/05/24(木) 03:39
298さんへ
そうですよね。僕は福祉の教育に腹を立ててるのですが心理学を土台に話をする
彼らは大嫌いですね。カウンセラーの効用は認めるけど、カウンセラーが作り出す空間なんか
は間違いと太鼓判を押したくなる。大学で勉強してきたあんたたちよりも近所で子ども沢山育てた
おばちゃんにきてもらうほうがどれだけ気が楽か分からないそう言ってやりたい時が
ありました。
やはりこれからは広義ですがバイオ・インフォマティクスですかね?
脳についてはかなり尋ねたのですがどうも語れる段階ではないようですが。
(それも駄目か・・・?)

それと最後の3文それぞれ含蓄深く受け取らせていただきます。

301 :求人案内:2001/05/24(木) 03:40
おやすみなさい。

302 :=291,294:2001/05/24(木) 03:44
現代の若者は、と一括りに考えられるほど、簡単な話ではないと思うが。
まぁその線に乗って話せば、

まず現代は情報量が格段に増えてる。
で、子供や若者が、自分の将来像についてかなり限定して予想できる。
しかも、情報量は増えてるにもかかわらず、
自分が他の大人の人生を追体験できるような
豊かなコミュニケーションの機会は減ってる。
よって、浅薄なシミュレーションで、ほとんどのことがわかった気分になる。
諦める、というかそういう無力感を、挫折なしに味わう。

で求人君の言う
>隣の親爺をよく知っていることが現代のひとつの救いになるかと思っております。
は一面では正しい。しかし一方で、
(自分は)隣の親父をよく知らないことを知ること、も欠けてしまいがち大事なことだと思う。

>僕は司馬遼から欲望が出来る話と小国家を作る話を引用して
>「近頃の若者」 を語れるかと思う
前半の欲望の話は意味がよくわからない。
後半に関して言えば、なぜ国家が必要なのか、をまず考えてみたりはしないかね?
国家の大きさについて言えば、大きかろうと小さかろうと、個人の捉え方しだい、と
例えば森鴎外と夏目漱石の留学体験(そのころの文章)に感じるよ。

寝ると言って寝なかったけど、今度はほんとに寝ます。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/24(木) 11:23
求人案内さんへ。
本気で>>285さんが言ってることを考えてみた方がいいと思うよ。
このスレむちゃむちゃ読みにくいもん。
あなたがいろんなことを疑問として抱き、それを真摯に考えていこうとしてるということはわかる。
でもね、話がとびすぎ。
もうちょっとみんなでゆっくりじっくり一つのことを考えていこうよ。
このスレの中ではなーんにも解決してないように感じるんだよね。
せっかく優良スレに育ちそうなのに、もったいない。

あとね、文学史における近代と現代の分け方っていうのは、今のところ大きく2通りの見方があるらしいよ。

人に得手・不得手というものがあるのは当然のことだけど、求人案内さんは文学に携わりたいわけでしょう?
じゃあ絶対に文学史はおおざっぱな流れでいいから押さえとくべきだと思うよ。
そしたら川端と小林多喜二をひとくくりにする事はないと思う。

ここのスレにいる人はみんな親切でいい人みたいだけど、ワシみたいなあほもたまには紛れているからね。
一回でわかる文章にしてくれー。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/24(木) 13:29
2chでレスするぶんにはいいけど
小説でダラダラ長い文章書くのは初心者が陥りやすい独りよがりの代表格
(本人はその文章が読みやすく、また必要であると思っている)なので、
気をつけましょうね。

短い文章で的確に情報を伝えてこそ「文章のスペシャリスト=作家」

305 ::2001/05/25(金) 00:25
求人君,俺来たよ.何を書いたらいいかな?

306 :求人案内:2001/05/25(金) 00:26
小説の話とこっちの話を一緒に括られるのはまだ僕には酷ですよ。
304さん。

303さんへ文学史位は学ばせていただきます。
それと読みにくいのでしょうか?問題は端的に言えるものでないので話が飛ぶのです。

整理すると若者についてで
1国家
2心理学
3生命科学でしょうか?


307 :求人案内:2001/05/25(金) 00:30
純へ
若者について話してるんだ。
例によって俺が生命科学的アプローチとかくだらないことを言っているんだ。笑
本格的に過去と未来で若者が生命科学的アプローチをすると
どう変わるのかと意見がもらいたい。慣れるまでは傍観していてほうがいいかもしれない。

308 :求人案内:2001/05/25(金) 00:31
ケータイのスイッチをいれてくれるとありがたい。

309 :求人案内:2001/05/25(金) 00:45
302さんへ
何故国家が必要なのかという前提についてから話すのですか?
あんまり僕は考えませんね。
国家の大枠に我々は住んでいるのですが、結局小国家、小集団を作っているとの
感じは受けます。
日本の国家と若者は実に惰弱ですよね。
個を確立とかいう割りに一番個がない。
村上春樹と河合隼雄の対談集を買って読んでいるのですが、その冒頭は
国家の違いについて書いています。
どうも僕らが考えている友人の姿と外国の方が考える友人の姿などは
違うようですね。

310 :304:2001/05/25(金) 00:47
いや、同じ「他人に見せる文章」なんだし。

それに一緒に括るとかそういうことが言いたかったのではなく、
単に「心がけ」の問題を言いたかっただけ。
それに酷って程難しいことか?
なんか永劫未来終わることのない話をしているようだからさ

311 :304:2001/05/25(金) 00:48
あー、おれにレスするとまた脱線するから
レス不要で。
頭の片隅に入れて置いてくれ

312 ::2001/05/25(金) 00:49
>求人君

じゃぁ俺は一細胞生物学者としての立場を取ろうか.俺は文学には疎いからさ.

313 :求人案内:2001/05/25(金) 00:50
310さんへ簡単なことではないですよね?

314 :求人案内:2001/05/25(金) 00:51
純へ
勿論そこから入ってきてよ。

315 :求人案内:2001/05/25(金) 01:02
311さんへ。いえあなたの意見は僕にとってすごく為になるんです。
頭の中心に置きたいくらいなのでもっと言ってやってください。

先に進めます。
若者の問題点。
心理学で言うと内在から外在になった。
社会そのものが希薄になっている。
日本人は歴史にある精神を忘れて西洋を取り入れたことで混迷している
以上のように考えます。
小説で皆さんにとってくだらないという法律云々の話を書きましたが
あの程度の推論しか僕にはできませんね。
中学生がするレベルの議論なのかもしれないですが
ハイレベルな議論はなんなのか。
問題定義をしていただきたい。


316 :求人案内:2001/05/25(金) 01:10
中へ
現在の若者と過去の若者の違いは何か?
遺伝子レベルや
脳レベル
先天的な違いは無いんでしょう?
つまり環境が日本人を作っている?

・・・いやそんなことはない?
それぞれの環境で肌の色が変わったように考え方に関係してくる
遺伝子が変わっているのか?
(神経伝達物質とか?)

それと基本的にここは文学コーナーでお話ししているから
多少文学に絡んだアプローチをしたほうがいいかも。想像することくらいの
簡単なことでいいんだよ。
後、生命科学について改めて聞きたいからさ、(俺は幼稚だけど)
明日にでも生物学のほうで議論しようよ。


317 :求人案内:2001/05/25(金) 01:11
あら???
誰もいない?

318 :=291,294:2001/05/25(金) 01:26
虎の穴がおっこってるんで、来たよ。
ちょっと酔ってるけど。
でも求人くんももういないかな?

319 :求人案内:2001/05/25(金) 01:28
いますよー。
僕も聞こうと思っていました。

320 :求人案内:2001/05/25(金) 01:30
中???

321 :=291,294:2001/05/25(金) 01:35
ああ、寝ちゃうとこだったよ。
中って誰?上のほうで言ってる友達(純?)とは別?

322 :求人案内:2001/05/25(金) 01:40
同一です。
きつそうですねー。
楽しかったですか?飲み会?

323 :求人案内:2001/05/25(金) 01:42
考えてみると2時なんですよね。


324 :求人案内:2001/05/25(金) 01:44
中へ
今、現在言えることでいいんだよ。
掘り下げたことは後日勉強しながら話せばいいんだし。

リロード押すのは知ってるよね?

その他どんな話でもオッケイだよ。雑談でも。

325 ::2001/05/25(金) 01:45
遅れてゴメン.
現在の若者と過去の若者との違いは,先天的な問題ではないと思うよ.
種としての人類の変化なんかを考えればそれはあまりに短い期間だから.
俺は教育のせいだと思うな.要は環境だね.

で,どう考える?現在の若者と過去の若者との違い.

326 :=291,294:2001/05/25(金) 01:45
>>322-323
飲み会じゃなくて、家で飲んだんだ。

さて>>302>>309とかについて。
そこから話すのは面倒だけど、ね、俺も。

文学としての個と、国家を語る場合の個は、俺にとって別。
文学のほうが論理的な敷居は低いけど、感性としての敷居は高い。

国家を語る際の個人については、
日本史板で前に迷惑がられながらもやりあったことがあるよ、
国家=国民=個人について。もし気が向いたら、読んでみて。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=history&key=986701737
吼えクマっつうのが俺です。

個が確立されてない、と言う意見は一緒かもね。
でも、個さえしっかりすれば、大も小も、或いは国家さえ関係ない。
と言うのが、俺の思うこと。

昔はよかった、みたいのは、俺は思わない。
司馬の話は魅力あるけど、あれは嘘。
と思う。

327 :求人案内:2001/05/25(金) 01:46
・・・こりゃ今日は全滅ですな。笑


328 :=291,294:2001/05/25(金) 01:48
>>326
の「=」はイコールの意味じゃないよ。 ダメだこりゃ、オレ。
あっちのスレでどう書いたか忘れちったよ。
全滅だよ、俺に限って言えば。

329 :求人案内:2001/05/25(金) 01:49
325中へ
やはり。
すると過去と現在では環境はどこが変わったのかを話すのが早いかな?

330 :求人案内:2001/05/25(金) 01:51
326さんへ。
えっ何を言っているのですか?
酔ってません?

331 :求人案内:2001/05/25(金) 01:53
中へ
時間がかかるから気長に待ってね。
自分がどう思うのか書きながら待つといいよ。
ここでは自分の意見を先にいいましょうスタイルらしいし。



332 :=291,294:2001/05/25(金) 01:53
>>330
酔ってるって。
明日にしてもいい?

でも、ふだんの求人くん、傍から見たら>>326みたいだよ。

333 :求人案内:2001/05/25(金) 01:54
326さん。
明日必ず目を通しておきます。

334 :求人案内:2001/05/25(金) 01:56
332さんへ
笑。
明日でいいですよ。
それと328が何を言っているのかが分からなかったのです。
また、書いておきますので明日ゆっくり話しましょう。

335 :=291,294:2001/05/25(金) 01:57
すまんな、友達まで来てるのに。>>333
おやすみ。

336 :求人案内:2001/05/25(金) 01:57
中〜。
ごめん、なんか感じ悪い俺?
リアルタイムで人がいるときは多く答えられないんだ。
雑談する?それとも寝る?

337 ::2001/05/25(金) 01:58
環境,環境といっても社会の環境よりも寧ろ
家庭なんかの環境の問題じゃない?

まァ,その辺の感情についてなんかは未だ
Scienseでは説明できてないからね.

過去と現在の若者の違いを具体的に挙げてくれると
ありがたい.君の考える.

338 :求人案内:2001/05/25(金) 01:58
ねた?
もっと書き込んでよ。

339 :求人案内:2001/05/25(金) 02:00
書くよ。
待っててね。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/25(金) 02:01
何故若者に目的が消えたのか?
俺は不勉強なんで、哲学用語や何やらはわからんが、いくつか可能性を考えてみた

1 学歴社会化による弊害
子供「僕、大きくなったらサッカー選手になる!」
親「馬鹿なこと言ってないで勉強しなさい!」
大人「最近の子供は夢がない」
無茶言うな。それを摘み取ったのは大人だ

2 生物としての本能
生物には縄張りを保つ本能がある。ところが人間社会の都市部ではそれを保つだけの空間がない。
よって本能は、種そのものが増えることを抑制する方向に働く可能性がある
それが、晩婚やら自己生存本能の希薄化、生きる目的の消失につながっている

3 気のせい
最近の若い者は というフレーズは、古くはピラミッドの石積みから発見されているという。
いつの時代も、時と共に価値観は常に変わり続けている。
大人は、今の価値観を理解せず、自分の青春時代の価値観を基準に青年たちを見てつぶやいているだけ。
「最近の若い者は……」と。

341 :求人案内:2001/05/25(金) 02:04
一番多きいのは家庭環境だよね。(心理学もそれを指摘するよ。今までいてくれた人が博識なんで今度
もっと詳しく聞いてみなよ。端的だよ。)
でも社会や教育現場も変わったよね。全体もさ。個が変わったから全体も変わったと考えるべきか?

家庭環境は父親や母親が変わったんだよね。
後歴史からも少しアプローチしようかな。違うところ俺も今から少し
時間をかけて書くから中も書いておくれ。


342 :=291,294:2001/05/25(金) 02:08
ゾンビみたいにリプライズで、ごめん。

「国家=国民=個人」と書いたけど、
「国家−国民−個人」という図式での関係性について日本史板のスレでは話したんだ。
で「=」じゃないのは覚えてるんだけど、酔っ払ってるから、その代りの記号を思い出せなかった。

全滅云々は、>>327 の求人くんに、意味もなく反応して
今日は俺、駄目だ、と言う意味でいった。
他に誰かいれば、がむばってくれ、と言う意味もふくめて。

っつーか、ほんと酔っぱらってるよ。
またね。

343 :求人案内:2001/05/25(金) 02:09
自分の意見は後にして340さんへ。
3番へ対して。
僕ら若者の視線からでも明らかに若者は怠惰なんです。
なんですか奴らは???
ヘラヘラしやがってと僕は思うのですが。

344 :求人案内:2001/05/25(金) 02:10
あいよ〜。

345 :求人案内:2001/05/25(金) 02:10
よい夢を。

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/25(金) 02:13
まあ、私の大学でも、絨毯地の廊下で平気に煙草を吸う奴がおるが、
そういうのに求人君は切れとるのかね。

347 ::2001/05/25(金) 02:13
>340さん.
僕は若者ですよ.

>求人君
俺くらいの世代のヤツらは自我がハッキリしてない.
自己主張が強いように見えるかもしれないけど,そうじゃない.
Poorly organizedになりつつある,日本人.
戦後の米国の政策は確かに日本を成長させた.
However, did it enrich our heart?

Uh, I'm drunk too....

348 :求人案内:2001/05/25(金) 02:14
で、340、2番へ意見を。3番へも。
中の質問の答えは明日までにまとめとくよ。それでいいかな?
340の議論をしようか???

349 :求人案内:2001/05/25(金) 02:17
346さんへ。
別に彼らは彼らだと思ってますよ。
ただ、嫌いではありますね。

中へ
その議論はどうかな〜?
年齢が及ばないと言うのは納得。
戦後日本思想史については反論。

350 :求人案内:2001/05/25(金) 02:18
英語止めて。俺無理。
もしくは説明をいれて。何がいいたいのか。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/25(金) 02:19
ねえ、こんなにレスついてる状態で今更なんなんだけど、
人の意見聞く気ないんだったら、
せっかく助言してくれる人がいても、その人をへりくつでやりこめることしかしないんだったら、
チャット状態でしか喋りたくないんだったら、
それはここじゃなくて他のところでやったらどう?

>>330とかめちゃくちゃ失礼だよ。
あなたは多分気づいてないんだろうけど、そういう言い回しをすると傷つく人がいるということわかってたほうがいいとおもう。
「現在の若者」とか言ってるけど、こんなことじゃ説得力ないよ。

352 :Jun:2001/05/25(金) 02:22
Okey.
確かに340の2はdoubtfulだよね.
3番は解る気がしなくもない.
2番はトピックを考えてないね.

>何故若者に目的が消えたのか?
と後続が関連してない.

353 :求人案内:2001/05/25(金) 02:22
347中へ。
一義的な問題だよね。
もう一方の側面では別のことが言われると。
全体として日本は豊かになった。
ただ、同時に日本文化や精神は消えた。
日本人はアメリカ人ではないわけだからアメリカは害になっているんじゃない?
免疫みたいなものかな?
まだ、日本はアメリカを乗り越えていない。
国としての個の思想はないんだ。

354 ::2001/05/25(金) 02:25
doubtful...疑わしい.

さて.君は戦後の教育が正しかったと思っているの?


355 ::2001/05/25(金) 02:26
ちょっとまって,リロードするの忘れてたから.

356 :求人案内:2001/05/25(金) 02:27
酔っているというから酔っているんじゃないのかなと「笑い」の
ニュアンスで言ったんです。それに中身についてでは
ないんです。
で、現在の若者はどういう議論をすればいいんですか?
してくださいよ中身を。説得力ないとか言われると僕も傷つきますよ。

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/25(金) 02:28
若者に目的が無いと言っとるが、若者だけか、ということもあるわな。
ドラゴンが今の日本を「失われた10年」ではなく、「失われた25年」と
言っとるでしょう。ドラゴン的アプローチをしたらどうや。

358 ::2001/05/25(金) 02:28
Jun-求人

ん〜,よく解らないな.
日本は戦後教育によって豊かになった?
アメリカが害になっているとは?


359 :求人案内:2001/05/25(金) 02:30
中自身はどう思うの?
あんまり中の意見聞いてないでしょ、先に。
今日は先に書いてみてよ。

360 :求人案内:2001/05/25(金) 02:35
357さんへ。
それは全体の議論ですよ。また僕の中では別です。
ドラゴン(村上龍)は日本の論点からですか???
彼自身は小説家でしょう???
田原総一郎の話をすべきですよ。例えば。
それと実証性が僕は出したい。
2番なんかは上っ面の意見ですよ。
それと「現在の若者」と限定した僕達よりも素晴らしい考えを出してやってください。
これはお願いです。
向うの小説でもくだらないと言われましたが。
そもそも〜といわれているという意見は僕は割りとわかっていますよ。
龍を読めば分かるんだろうし。

361 ::2001/05/25(金) 02:39
俺は戦後の教育,アメリカ云々関係なく,が今の日本人の
基礎を作り上げてると思う.このケースだと悪い意味で.
出る杭は打たれる的な,その教育が結果的に今の日本人を
ダメにしてるように感じる.
その辺の教育の仕方は日本人の責任だね.多分.
アメリカの教育システムは,実際体験して,明らかにいい.
教師が生徒と顔を向けないもんね,今のガッコは.

ダメだ俺は.書きたいことがよく解らない.

362 :求人案内:2001/05/25(金) 02:40
358中へ。
生活様式が変わったんだよね。当然思想も変わった。
思想が変わったことに日本人は馴染んでないんだ。
歴史っぽいことからの意見だけど。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/25(金) 02:42
ほんにこのスレはむつかしい。わおーン。

364 :求人案内:2001/05/25(金) 02:42
教育の画一化だね。

365 :求人案内:2001/05/25(金) 02:44
中へ。
それは引き出しの方面の問題だから気にしないで喋ろうよ。
俺も生物版に行ったら何も言えなくなるからさ。

366 :=291,294:2001/05/25(金) 02:48
寝る前に風呂はいったら、少しよみがえったのでひとつだけ。
(実は酔っ払いの寝言かも知らん)

思想的に、
昔の日本人に「何か」があって、
今の日本人に「何か」がなくなった、と言うのは幻想だと思う。
それが、司馬に関する「嘘」と書いたこと。

単純に、昔の日本人で言説を残せた人は、
少ない情報量の中で、
それなりの覚悟と、それなりの明確な方向性を持たなければ
やっていけなかった、と言うことだと思う。

今は情報量がある分、そういう「個」としての選択を迫られる場が
ほとんどない。周りがどんどん示してくれちゃうから。

アメリカに責任があるんじゃなくて、
日本人には本来ないものが「個」、「他者」の認識だと思う。

どう?

367 :求人案内:2001/05/25(金) 02:49
俺が中に望みたいのは「生命科学」から覗ける人々の暮らしとかそんなのだなー。
俺は小説を書くために必要な心理学、生命科学、脳について説明していきたいんだ。
要するに現代社会を見る上で大きな基準になると考えてるんだ。俺は。
うつ病とかね。
性質とかも。
だからそっちの話をするから補足してほしい。

368 ::2001/05/25(金) 02:52
オッケ.その辺なら何でも訊いてくれ.浅はかだけど,さ.

369 :求人案内:2001/05/25(金) 02:53
うーん、司馬だけ読んでいっているわけでもないんですよ。
時事本とか論点とか経済学とか(さわりや概論しかやってないけど)勉強した上でね。
六法から見る日本とか面白いですよ(僕は勉強して少しですが)
しかし司馬の嘘の話はすごく面白いですよ。
そしてその後のお話はありがたく受け取ります。
そういう認識は僕もすべきだと思いました。
(大学生?ですか?)

370 :求人案内:2001/05/25(金) 02:54
中366へ意見どう思う?

371 :求人案内:2001/05/25(金) 02:55
最後の2行。
「アメリカと戦後日本」というテーマは大きいよね?

372 :求人案内:2001/05/25(金) 02:56
生命科学は明日書くからまた来て書いてよ。
今日はまだいく?

373 :求人案内:2001/05/25(金) 02:57
的をついているかな?そんな気がするんだけど。

374 :=291,294:2001/05/25(金) 03:00
>>369
司馬だけ、とは思ってないよ。
でも、なんだか夕刻のコペルニクスに出てくる
司馬の龍馬に影響されちゃった左翼の話思い出してさ。

大学は、もう10年くらい前に卒業してるよ。

375 :求人案内:2001/05/25(金) 03:04
374さんへ。
すると大学の先生?
学課はなんですか?

376 :求人案内:2001/05/25(金) 03:11
おやすみなさい。寝ます。

377 :求人案内:2001/05/25(金) 15:21
村上龍って何?
村上春樹って何?
個って何?
自我って何?
他者って何?
自閉と破壊って何?

378 :求人案内:2001/05/25(金) 15:22
現代人ってコインロッカーベイビーズみたいに悩むの?
共感するの???

379 :求人案内:2001/05/25(金) 15:27
なんでそんなことに悩むの???
(僕には理解できません。)
コインロッカーの解説に
この世に必要とされている人間など存在しない
って何?
全く逆でしょ。
僕達は必要とされてるじゃない?
なんで?
というより必要とされようなんて思い出したから必要とされてないように思うだけじゃない?
そもそも必要される必要性ってあります?


380 :求人案内:2001/05/25(金) 15:30
ドラゴンはカリスマですね。

381 :求人案内:2001/05/25(金) 15:39
ドラゴンは結局コインロッカーで破壊を完成させて、
今はそこからの脱却、救い、光明、癒しを当然書いていくのですよね?
どの小説で書くのですか?

382 :=291,294:2001/05/25(金) 15:52
>>381

今、仕事中なんで、あんま書けないけど、
コインロッカーの3人その後 (実際には物語はつながってないけど)、
って龍自身が言ってる「愛の幻想のファシズム」は読んだ?

>今はそこからの脱却、救い、光明、癒しを当然書いていくのですよね?

そうとは言えないが、「愛〜」が何らかの解答にはなってると思うよ。

383 :=291,294:2001/05/25(金) 15:53
↑(>>382) 「愛と幻想のファシズム」 ごめん、間違えた。

384 :求人案内:2001/05/25(金) 17:36
有名ですね。
僕の友人も口を酸っぱくして言ってます。笑
図書館で借りて読みます。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/25(金) 17:41
けど、愛と幻想のファシズムって劇画チックですな。
ドラゴンってそういうもんでもあるわな。

386 :求人案内:2001/05/26(土) 17:30
虎の穴は永遠復活しないのですか?

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/26(土) 18:00
http://www.2chdoujin.f2s.com/
>>386
してるよ

388 :求人案内:2001/05/26(土) 18:12
ありがとうございます。
(貴乃花は優勝しなかった〜。どうでもいいですが。)

>>326さんですよね?
あすこで話している人って誰ですか?
院生とか?偉い人たちですか?
生物版に行った時も愕然としたけど、日本史とか政経に行っても愕然としますよね。
自分は勉強が足りない・・・、とか。
何やってるんだろう、俺・・・みたいに。

生物や日本史や経済は勉強しないと何も語れませんからね。
・・・頑張ろう。

389 :求人案内:2001/05/26(土) 18:14
あと、春樹を読んでます。
ああいう文章が読みやすいのでしょうか?

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/26(土) 18:17
大丈夫。
へんな言い方だけど、求人くんは、あそこの板で活躍してる人間と
同じ匂いがする。
やっぱり、なかなか傑物はあらわれないものなんだ。貴重。がんばってね。

391 :求人案内:2001/05/26(土) 18:28
頑張りたいのですが、創作が思うように進みません。
相談していいですか?

少女みたいな部分は自分で進化していきそうですが
他の部分がなかなか上手くはいきません。
相変わらず会話文は殆ど作れやしない。
一応、今度は、
1シーンを兎に角沢山下書きで作ろう
2現在進行形で話を出来る限り進めよう
3最初に出来るだけメモを作ろう(ネタ、調べ、物語進行などについて沢山書いてから始めよう)
などという目的はあるのですが具体的な部分が全く煮つまりません。

創作の時は最初にある程度ノートで煮詰めるものでしょうか?
行き当たりばったりでしょうか?

それとも日々ストックしておいて引き出し風にしておいて引き出していくみたいな
ものでしょうか?
創作上のテクニックが知りたいです。

392 :求人案内:2001/05/26(土) 18:51
わ〜、静かだ〜。
虎の穴に書いてましたね。391のようなことを聞くなと。
ドラマとか見てると明らかに物語の落とし方、展開の仕方、読者の共有部分みたいなのが
セオリーみたいにしてありますよね。
いつか、時間測ってどういう起承転結したら感動するのかはかってみたいとか
思うんですがね。笑
感動する映画の「起承転結と時間の設定」とか調べたら重宝すると思うんだけどな〜。
人間の脳に感動の形で働きかける何かは必ずあると思うですがね、どうでもいいか。

若者の話は「個」が重要ですか?


393 :猫くん:2001/05/26(土) 19:00
ずばりそれは人それぞれだなあ。
私は話が散逸する傾向にあるので、
最初になるべく綿密な計画を立ててからそれに従って
あとはひたすら書くだけ。つまり3)のやり方に近いのね。

行き当たりばったりの話は、表現が派手目な人向け。
悪く言えば漫画的な表現で読み手を惹きつける人。
ところが普段、堅実だけど地味すぎて今一ぱっとしない文章、
平易な会話しか書けないと評されがちな人は、
あんまり深刻に会話に重点をおいても仕方ないのではないかなあ?

途中から参加したので、あんまりあなたのこと良く知らないから
ピント外れたこと書いちゃったかも。
よかったら好きなジャンル、教えて下さい。

394 :猫くん:2001/05/26(土) 19:08
>>392
ごめん、>>393>>391に対してのレス。
今回のレスは、ともかくあなた神経質になりなさんな、
というアドバイスだよ。
細かすぎる。そのままじゃあなた胃をダメにしてしまいますよ(w
なんのことはない、面白いものを書けばいいんです。
勿論不特定多数の読者に対して、なんだけど、
それにはまず自分が含まれていることもお忘れなく。

と、とりあえずブレイクタイムにしては。
私はミルクティーが好き。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/26(土) 19:18
おお、なんか天の配剤って感じ。
求人君にかけてる物を持っている人が迷い込むとは。
ちょっとびっくり。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/26(土) 19:20
起承転結について同じようなことを考えたことがあったよ。
たぶん脳の基礎構造の中に外界の出来事を
起承転結型で格納する場所があるんじゃないかなとか思ってた。
でも、個人差があるから、時間では計れないとおもうぞ。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/26(土) 19:24
「面白さの黄金率」は、ローマの戯作者だって天に向かって涙しながら
欲している。
おそらく2222年のクリエイターも欲しているだろう。

とか取り澄ましてもつまらないか。
読み手よりも、書く題材やあつかうジャンルによって、緩急は異なるんじゃないだろうか。


398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/26(土) 19:30
最近さあ、物語構造ってのは催眠に近いのでは、とか思うのよ。
言葉の力によって相手の精神をゆすぶって、ひっくり返す。
名作はしらないけど、オチのあるものってのは
コミニュケーションでやる柔道のような気がするですな。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/26(土) 19:42
「催眠」うまいな……
これだけで本一冊書けるくらいのキーワードだ。



400 :=291,294:2001/05/26(土) 21:49
求人君、あんまり買い被ってくれるな。(専門家ではないよ)

>>388
院生とか助手くらいの人いるのかもね。
俺も知識が足りなくてあそこで話せるのは近現代史だけだし、
どちらかと言うと思想に寄ってしまうので、最近は遠慮してる。
あのへんのスレで話してる間に、何冊本読むはめになったかわからない。
俺も勉強になるよ。出費(本買う金)もスゴイが。

>>391
自分の手法については書けるけど、
俺も有名作家の手法とかはよく知らない。興味もあまりないし。

俺自身は、まず会話文については少し自信を持ってる。
というか、自信あるの、そこだけかも知れない。
(そここそ、求人君の困ってる部分なのかも知れないけど)
これはコンプレックスの裏返しでもあるんだ俺の場合。
ガキの頃から本読みすぎて、周りと言葉があわなくなって、
大人からも煙たがられたりしてたんだ、小・中の頃。
気づいた時に唖然として、自分の話法のどこがおかしいか、考え出した。
で、頭の中で使う語彙と、普段しゃべる語彙を区別しはじめたんだ。
そういう年季というか、言葉に意識的でありつづけざるを得なかったと言う
自分の経験が、逆に、上に書いたような自信に結びついた、てことかな。

文章を書く時は、アイデアをどんどんメモしてくよ。
・思いついた会話の流れ、台詞
・物語の構成
・自分の中に湧き上がってきてしまった情景
そういう断片のうちの幾つかがこう組み合わせられるかな、と思ったら書き始める。

長いの書く時(400枚くらいまでだけどね、それでも)は、そんな感じ。
短いのは、とりあえず、一つのアイデアから書き始めることもあるけど、
書けるとこまで書いて置いといて、構成的に足りなそうなトコには、メモ書きをしとく。
夢でその足りない部分を見たりして夜中に飛び起きて書いたらまた寝る、みたいなこともある。
で、全部書けたら一晩寝かせて、翌日、構成を中心に読み直してみる。

参考になるかわからないけど、俺はこんな書き方してます。

401 :=291,294:2001/05/26(土) 22:04
っつーか>>375 は、からかわれてるのか

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/26(土) 23:31
小説書くのに映画は参考にしない方がいいぞ。似たような事した挙げ句に本読んで調べてみると、
映画はどうやらランガーシュと言う物らしい。小説はそのまんまラングだから、映画と小説を混同することは
絵画と小説を混同するのにも等しい……と。俺は絵と音さえありゃ映画だと思ってるタチだからこれにも頷けたけど、
ストーリー的な物は参考にするといいかも知れない。特にハリウッド。
娯楽の面では共通する面があるかも知れないけど、芸術の領域まで行ってしまうと別。
実験映画なんかどうやって小説化する?
エンパイアステートビルを延々と何時間も写し続ける映画と同じ事を文章でやったらどうなるのか。
誰も読まない。
最近では音楽にまで手を伸ばして「インプロビゼーション」(即興性)と言うのを小説でやろうとしてんだけど、
それもうまくいかない。
やっぱ小説を書くように小説を書くんだよ。表面上の技法を真似ても仕方あるまい。
その「精神」を理解することは大きな糧となるだろうけれども。

乱文、すまんね。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/26(土) 23:46
そりゃ、映画の映像文法もってきてもまずいのは当然やん。
でも、シナリオ構成は使えるべよ。
もとはギリシャ演劇で親はいっしょなんだし、小説と演劇と映画。

それぞれの限界わかって参考するならいいんでは?

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/26(土) 23:53
ん? 日本の小説の元祖って源氏物語でなかったのか?
それより前に子供達に語った色んな話が小説の元だと思ってたけど。
今ある小説ってギリシア起源の物だったの?

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/27(日) 00:03
まあ、日本の小説については、(うんちく略)ということで、
ロシア文学の翻訳から入ったつーから、ギリシャ演劇ちがうのかな?
外国文学もえーと割と近代から始まってると思った。
(資料が手元にないが)
子供たちに語った物語ってのは、民話説話だよね。
つーか、まあ、そこまで入れると…
まあ、映画より民話とかのほうが近いか。

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/27(日) 00:16
専攻で学んだ人にお聞きしたいとこですね。


407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/27(日) 00:22
まぁ、戯曲の方が先なのは意外に知られてないけど事実なんだよな。
けど日本の場合は単純にそうと言い切れない部分もある気がする。
和歌とか短歌とかの伝統も考えると。

……難しいな。
俺は「焚き火の周りで語った」説を信じたいけど。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/27(日) 00:29
うーん、いいねえ。
>たき火の周りで語る。
語り部の末裔なんですな、われわれは。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/27(日) 00:33
もちろん語り部にも優劣はあったろうがね(アルカニックな微笑

410 :求人案内:2001/05/27(日) 01:08
うわお。
読みきれない。笑

411 :=291,294:2001/05/27(日) 01:22
なんか新しい人も流れこんできたみたいだね。
ゆっくり、いってみようよ

412 :求人案内:2001/05/27(日) 01:31
猫さん曰く結局余り難しい事は考えるなといっているわけですね。
で、余り科学的な感動と言うこともない・・・と。

400さんへ
院生ともなると違いますよね。(本当、お金がいくらあっても追いつかないし)
(皆さんの図書館ってどのくらいですかね?活用しないとですね。うちはサル学にも出てくるあの高崎山。
東洋のナポリとか言われる別府湾を通って行くのですが一本しかない大通りで危なくて。
原付で走ってると横をトラックがゴーですよ。命がけの図書館通い。笑良く人が死ぬしね。)
論理的であるよりも自分の中から溢れるようなものを書くみたいなことでしょうか?
で、読書人が悩むというのはどういう話でしょうかね。
僕の友人の母親が官僚やっていてその人と悩んでいたころ心理学の議論をしていたんです。
その人もやはり小さいときから本を読みすぎて云々と言っていましたね。
やっぱり友だちが出来なくて大学で初めて気があった人らしきものができたと言っていました。
すごく優しい人なんですがね。
(402さんのは難しいな〜。洋画は見ないしな〜。オードリーのとか面白くないですよ
ヘッセとかジッドは分かるけど。映画と小説は混同しないですね。)

それと次のレスで病気を出しますので適当に読んでやってください。

413 :求人案内:2001/05/27(日) 01:39
若者議論と(友人を誘っての議論を完成させたいのですが、別枠でも作って
やりましょうか?)
徹底討論編みたいなので。
若者、個、国のあり方、欲みたいなものがブームでして
ある程度の決着を付けたいのです。

414 :=291,294:2001/05/27(日) 01:47
>>414
やってみたら面白いか知らんね。。
試しに年齢限定してみたら?
俺もそれ、ROMさせてもらうよ。
年齢制限こえてるし。

415 :=291,294:2001/05/27(日) 01:48
↑また酔っぱらってること露呈。>>413の求人君へのレス。
おやすみ。

416 :求人案内:2001/05/27(日) 01:48
質問。虎には何枚入るのですか?

417 :求人案内:2001/05/27(日) 01:52
笑。ユニークな方ですね。415さんは。
麦酒でカーの口ですか?日本酒でちびちびですか?
僕は酒に疎いですが友人は強うございます。
いつか雑談されたし。(文法違うでしょうか?)

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/27(日) 03:40
どうでもいいけど、文芸板で語られる内容か?
途中から明らかに板違いだと思われ

419 :猫くん:2001/05/27(日) 07:36
おはようございます。昨日はあんまり眠れなかったなあ。
そうねえ、求人案内さん、>>413みたいのは別スレ作ったほうが
いいかもしれませんね〜。

あ、そうそう。私の身内に何人か院生やってた人がいますが、
実はそんなに崇め奉るものでもありませんよ。
彼らの専門性はそりゃ大したものですし、理系ともなると
「おおおお」といった感じですが、
実際付き合うと、ちょっとかわった人が多いです〜。
それが面白いという点もありますけどね(w
まあ院生は神様じゃないって事で(ちょっと現実でした)。

420 :=291,294:2001/05/27(日) 15:11
>>417
はその両方。エビスと菊水の辛口。
この板の人とは、いっぺん会ってみたいもんだ、と俺も思うよ。
とくに「虎の穴」関係は。

「若者」、さっきチラリと読んだが、ヘンな盛り上がりだったね。
流儀わきまえろや!みたいの多いしね。

今ぐらいの感じなら、
みんな「板違い」とか言わずにやってた方が面白いのになあ、
と俺個人は思ってるよ。
たしかに「創作文芸」板で語るテーマか、っつーのは「?」が付くけど、
ここにいる人でしか語れない内容もあるだろうしね。

あっちで話題になってたsageの使い方について。
ふつうにレスを入れると、そのスレッドは、ランキングの1位にあがる。
でもメール欄に「sage」と書くと、ランキングは、書く前と変わらない。
みんな雑談とかは、「sage」で書き込むようにしてるね。

親父の仕事が学問(文系)なんだが、
専門バカ、みたいなとこあるよ。けっこう。社会常識とかも感じられないし。
まぁ最近じゃ、そういう生き方もありだわな、と思うけど。

んじゃ、これは雑談なので「sage」とくわ。

421 :求人案内:2001/05/28(月) 01:32
はーい。

422 :求人案内:2001/05/28(月) 01:55
猫さんへ
理系の人と理系の中身は話せませんね。
猫さんはどんな方ですか?
取り敢えず好きな本は〜とかいうことを言っておられたので本を。
本はフィクションからノンフィクションへの移行期間でして
趣味が大幅に変わってきている段階です。
今年やっと日本の論点が読めて嬉しかったみたいな程度ですが。



423 :求人案内:2001/05/28(月) 01:58
420さんへ
他の論点についてから入ればまたあげてもいいのですよね。
文芸版は森羅万象を創作に還元できるというのが理想ですよね。

というか雑談になりますが、僕も(お分かりの通り)社会常識が無くてですね、
バイトで上司に睨まれているのですがどうしたらいいですかね。

明日から本論行きましょうね。
あと、心理版とか生物版も覗いてくださいね。
大歓迎で待ってますよ。笑

424 :求人案内:2001/05/28(月) 02:05
age


425 :求人案内:2001/05/28(月) 02:06
すいません。緑回復したかなと。

426 :求人案内:2001/05/28(月) 03:25
今度は本論です。
北川江吏子のドラマ(ラブ・ストーリーを夜食を食べながら見てます)
とかを見るとなんでもないことの数々がぽろぽろ泣けてきます。
(思い出すたびに涙ぐむ)
僕の範疇では届かないと思いますが、ああいうものを書いてみたい。
皆さんのドラマ論(映像は別にした、物語構成の方を主体で)を
お聞かせください。

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/28(月) 04:30
求人くん、欲張りね……。

428 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/05/28(月) 04:59
>>426
ラブストーリーは、腐れ同人女の妄想が炸裂したもの。
求人君が、実は求人ちゃんなら、書ける日が来るかもね。

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/28(月) 05:11
>>428
性転換すれば妄想できるようになりますか?

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/28(月) 05:29
>>429
801を受け入れる自信があるならば。

431 :猫くん:2001/05/28(月) 06:14
おはやう。
>>422
私は篠田節子なんておすすめです。というか、
まあ自分にとって判り易そうな現代作家は彼女くらいしかいないので。
公務員出身のせいか、極めて真面目で物凄く下調べにはうるさい作家で、
作家とは、方程式ではなく下調べで面白さの裏づけをするものだという事を
私に教えてくれました。(心の師匠……笑)
求人案内さんのお好みの作家は
自分のフィールド内にいなくてよく存じないのですが、
どういったものでしょうか? (やっぱやおい?)

ノンフィクション系は小説としての娯楽性を求めるのは
少々一般の人には難しいと思われ。
小説家、なりたいですか?

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/28(月) 07:09
ノンフィクションのやおいはどうなのか。

433 :猫くん:2001/05/28(月) 21:03
>>432
やめて……(笑)

求人案内さん、今ざっと最初から読んできましたが、
なるほど! よくわかりました。
あなた私のちょうど逆の考え方のところがたくさんある人ね!
私の捕らえ方がおかしかったら申し訳ないんだけれど、
あなたはそれと気付かず、「職業作家になるつもりは全くない」と宣言しています。
ここであれやこれやと論理を考えている人の多くは
「職業作家(になりたい)」という意識を範疇に入れて考えているようなので、
あなたに厳しいことを言う場合もあったようね。

求人案内さんね、いきなりでびっくりするかもしれないけれど、
ここは一つ思い切ってカルチャースクールに行ってみては。
論理の話はとても面白いのでここで是非続けて貰いたいのだけど、
あなたが文章を発表して何らかの活路を見出せるとすれば、
やはりそういったところに足を運ぶのも大事だと思います。
虎の穴もいいけどね(w
いろんな人がいますから。
大分に大して文化プロジェクトがないのは私も知っています。
またあの県民性のいじましさも私は良く知っております。
(いい人も勿論多いんだけどねえ、フォローしておくけれど)
博多・小倉あたりまで出ないとよい教室には逢えないようですが、
少し余裕があればチャレンジしてみては。
なんとなく講師の先生を独り占めしそうな気もしますが……(w
まあ19歳でまだ若いのだから、少しくらい無理をしても大丈夫ですよ。

>>420のおやぢさまへ
おやぢさま、プロの方でしたっけ?
お酒ね、私は下戸なのでお相伴に預かることは
ないと思いますが、紅茶は好きです。
酒好きの友人が紅茶にグランマルニエを垂らして飲んだりすると
美味しいとか言っておりました。スレ違いな話題、失礼。

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/28(月) 22:45
話題がコロコロ変わって語りにくいスレだなあ。
求人君はスレ司会者の自覚をもてい。
(いくつか流れる話の真ん中当たりを通せばいいかと思われる<抽象的)

閑話休題ドラマ論>>426

俺はドラマと言うのは人の心の変わる瞬間だと思っている。

悪人が改心するシーンや、人を好きになる過程、
求人君がサゲの意味に気が付く瞬間などになぜか人は心惹かれます。
これは、たぶん、人は他人を説得し、自説を曲げさせる事に快感をおぼえる
からなのだろうと、推察しています。
人は群の動物だから、命令>服従のモデルに快感を足しているのではないかと。
だから、2ちゃんでは煽り煽られ、謝罪しろ、IPぬくぞゴラァと姦しいのですな、
きっと。
そおいう訳で、私は心が変化する瞬間を中心に物語を組み立てています。


435 :猫くん:2001/05/28(月) 23:02
>>433では喋りすぎたわね、反省。

436 :434:2001/05/28(月) 23:17
ああ、猫くんに言った訳ではないんです。
すんません。

私信系もここでは有りと私は思ってますよ。
(つーか、実質〈求人君だけどなにか質問ある〉スレだし)


437 :タンクトップ先生:2001/05/28(月) 23:42
>>402
ランガージュとラングは、そんなものではなかったよ?

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/28(月) 23:51
>>437 あれー違ったっけ?
聞きかじり&本読みの知識なんでちょっとおかしかったかもしれん。
「しきたり」やら「慣習」とかと関係があったと思うけど。
よろしければご説明ください。
分からない単語は自分で調べて補足しますんで。

439 :求人案内:2001/05/29(火) 00:45
後でひとつひとつに返事を返しますね(怒られるし〜笑)

猫さんは何者?
というかノンフィクションを分かりやすく解説しつつ
面白いものを作るのが夢。
もともと歴史小説とか作りたいと思うのですが僕は読書歴が長くないし
完全ノンフィクションは能力的に無理かとか諦めていたりしますね。
一方で美しいものを写実したい欲求は強くありますね。
あんまり「面白い」という感覚は僕は日常的にも持っていない人間なので
美を静かに鑑賞していい気持ちになりましょうみたいなことでしょうか。
(変に自分を限定する必要もありませんが)

カルチャースクールとか行ってみたいですね。
お金があったら普通化の高校辞めた時海外に行きたかった。
今でもこんな国にいたくはありませんね。
世界をまわって普遍性を綴るのが夢でしたから。

434さんのは奥深いな〜。9つの性格とかいう本がありまして
ある人間たちには特に服従させようという意志がありますね。
(僕もバイトで苦労します。強要するなたかが2、3年先にいたくらいでと
思いますね)
で、結論として心が変化する瞬間というのは好きですね。



440 :タンクトップ先生:2001/05/29(火) 02:15
や!レスついてるや。
あのう、ごめんなさい。私のは、若若しいペダントリーがそうさせた、極めて瑣末なあげあしとりでした。
402さんの言われている内容自体には文句はないのです。
ですが、小説は、ラングなだけではないと思ったのです。
ランガージュでもあると思ったのです。
たとえば差別語狩りを例にとりますれば、差別語を使わないようにしても、依然として差別するキモチは残ります。
ラングとは、この場合、狩られてしまった差別語のことだと思います。
すでにある差別なりを指し示すレッテル。
小説とは、実在する事件や出来事などを指し示してるだけに思えますが、その一方で、それ自体差別のようなものを新たに生み出すことも可能なのです。
それは、けっして、新たに考え出された価値なりを、ただ指し示すものというわけではなく、それ自体が存在を生み出す源、生成の場自体なのだと思います。
いや、違うと思います。
よくわかんないや。


441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/29(火) 17:37
>>68
表現者の勝手でしょう。
自分の判断を尊重して欲しいなら、その人の判断も同じように
尊重するべきだ。


442 :猫くん:2001/05/29(火) 22:48
はい、こんばんは。
求人案内さん、丁寧なレスありがとう。
前から私がどんな人間か知りたいようですが、
今日はそれを含めてちょっとお話ししましょう。
歴史物や恋愛物を書いてみたいとか言っていたけど、
この2ジャンルにはある大きな共通点が存在します。
それは「人間」というものをどう捉えるか、ということ。
恋愛物については、分かりますよね? 感情と感情のぶつかり合い、
もつれ合い、駆け引きや嫉妬。いろいろな現象(現象とします)は、
皆人間同士が引き起こしているものです。
あとそれから歴史物ですが、これは「自分なりの歴史観のない人物は
歴史物を書くと失敗する」といういわれがあります。
歴史観はトルストイの『戦争と平和』などをよく読むと分かりますが、
つまるところ人間の作り出した様々なもの(社会とか、文化とかね)を
どのように自分が捉えるかというところにかかってきます。
歴史には基本的に意味はありません。ただそこに人が生きているだけ。
歴史小説や恋愛小説を書きたいと思うのであれば、まず、
人間という生き物をよく知ることではないかな?

443 :猫くん:2001/05/29(火) 22:48
つづきです。

じゃあ、とりあえずお遊びも含めて。
今ここにいる「猫くん」とは、これまでのレスから
どういう人か想像してみて。
別のスレにもあちこち書き散らしているからそれも参考にしてみてOK。
なんでそんなこというのかというと、
あなたの思考はどっちかっていうと
「これは犬だからわんと鳴く」というのが多くて、
「わんと鳴いているからこれは犬だろう」というのが少ないのね。
人間とは面白いもので、先入観で人を見ると
決してその相手を本当の意味で理解しないものです。
よく相手を理解しようと努める時は、まず言葉を一切取っ払わなきゃね。
で、その訓練を多く積むと、だんだん深みのある人物が
自分の中に生まれてくるわけで、
創作の時にとってもお役立ちになります〜。

あ、ちなみにどれが正解で不正解というものでもないよ。
人間は自分が理解する以上にとてもたくさんの面を持ってるからね。

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/29(火) 23:40
>>440 ああ、レスありがとうございます。
自分はどっちかと言うと映画よりの人間なので
「映像を見たときに感じるあの意味もない興奮」
を文章で出来ないかと思い調べた結果でしたので。
確か「ラング」が社会通念上のなんらかを指しているのに対して
ランガーシュはそれ自体で存在している物でしたっけ?
小説はどっちでしょうね。そもそも映画も絵画もどっちなのだか。
組み合わせ方の問題なのかなぁ?
こっちはど素人なもんで色々とおもしろいことあったら教えていただけると嬉しいです。

スレ違いかな?
sageにしときます。

445 :求人案内:2001/05/30(水) 21:47
猫さんへ
うーん。やっぱり僕とは考え方その他が違うのですかね。
説明するときに長く文章を書くというのは共通している気がしますが
説明をしようという対象が違うのでしょうか?
「わんというから犬だろう」はよく分かりますね。
ただ、少し誤解があるかな。
僕はやたらと客観的云々を上の中で主張していますが
僕は昔から偏見が多くてですねそれを訓練していって今の僕が出来上がっている。
もともとはわんと鳴いたから、いや、鳴いたような気がするからこれはこうだみたいな
理不尽な(かどうかは分からない)理由で物を判断していた人間でしょう。

僕は上の文章だけを見た猫さんを見ると平和な方なんだろうなという印象を受けます。
多分仲間が多くて、冗談言ってみたいな。
やはり僕が理解できるタイプではない。
かなり透明な感じ。
利己的でもないでしょう?

446 :求人案内:2001/05/30(水) 21:48
アゲ

447 :求人案内:2001/05/30(水) 22:13
作品を作る話になると絞り込めない云々の前に僕の場合絞り込んでないし
苦しんでないですね。
人物を作るにしてもやはりその人物の日常から何から何まで作るのが
普通ですよね。僕はノート一枚しか作らないで書くからなめているのかと
いったものですよ。
最近思うのはやはり机に向かったりしている時間をまずもう少しとりなさいと、
もう少し書きなさいとそんな感じですね。
(寝起きで頭がまわらないなー。)

448 :求人案内:2001/05/31(木) 05:40
>>428
ラブストーリーは腐れ女なんですか?
泣きません?僕ががきだからでしょうか?
なんかドラマが一番感動しますよ。
一番泣くのもドラマですし。

449 :428:2001/05/31(木) 08:20
>>448
掛け合いは面白いけど、総じて良く解らない。と言うのが率直な感想だね。

ドジでマヌケで巨乳なロリ娘。しかも、夢見がち。と言う2人のヒロイン設定は、
一見男性に媚びている様に思えるけど、実は、女性の方により受けが良い。
女性は下を見て、自分の位置を確保する生き物からね。
確かにあんな娘がいたら萌えるけど、あそこまで徹底されるとイタイだけだよ。

それと、“腐れ”は同人女(脚本家のこと)の枕詞。貶しの意味は断じてありません。
“腐れ女”とすると、意味が違ってしまうので、注意してね。

感動に関しては、次の機会にでも。

450 :猫くん:2001/05/31(木) 19:36
>>449のフォロー及び注釈(←一緒や…)
ちなみに、「同人女」というのは本来、
同人誌即売会に出入りする(主に作り手の方を指す)女性に対する言葉。
「オタク女」と限りなく近い意味の卑称です。
念のため聞きますが、求人案内さんは同人界(コミケとか)ご存知でしょうか?
それを知らないと>>449はかなり意味不明なレスになってしまいますですよ。

>同人女(脚本家のこと)

というところは、多分その女性脚本家が昔同人界にいた事があって、
その時からの独りよがりなストーリールールを
プロになった今でもまだ引きずっている
彼女の仕事への甘えに対する428さんの評価でしょう。
ご本人の履歴を知らないので、私からの評価は出来ませんが。

同人板、ロムって見ますか?(とりあえずロムるだけ。)

451 :猫くん:2001/05/31(木) 22:43
うーん。お、面白い……。

>僕は上の文章だけを見た猫さんを見ると平和な方なんだろうなという印象を受けます。
>多分仲間が多くて、冗談言ってみたいな。
>やはり僕が理解できるタイプではない。
>かなり透明な感じ。
>利己的でもないでしょう?

アンサー。
そういう面もあることはありますが、
そうでないと受け取られることも勿論多いですね。
ただ一つ言えることは、
私は求人案内さんよりちょっとだけお姉さんで、
ちょっとだけいろんな体験をしている、という事かな。
いやあ、人間って奥が深い深い(w 面白いね。

ここのスレに来ている方の中にも
何人かあなたよりずっと年長の方がいらして、
私よりもいろんな体験を積んできていらっしゃることと思います。
そういう方のあなたへのレスも、私は
「ほう……そうかそうか」、と楽しく読ませて頂いております。

明日から原稿に入るので、1〜2週くらいここにはこれません。
書き始めの大事な時期なので、ごめんね。
進行が落ち着いたらまた来ます。では。

452 :求人広告:2001/05/31(木) 22:59
求人案内さんは、スティーブン・キング読んだことある?
おれはこの人こそ、写実的な表現のうまい人だと思う。
まあ、英語読めないから翻訳だけどね。
それにしても、なぜあれほどまでに「ありありと見える」
小説(文章にあらず)を書けるのか?
それは、キングが常に、登場人物が“どう思っているか”
“どんな風に見ているか”“それに対してどう感じているか”
それを綿密に書いているからなのだと思っている。
俺が思っているだけ、だけどね。

453 :AHA:2001/06/01(金) 00:01
これで「わんと言ってるから、猫くんは相当馬鹿だ」ということは
確実にわかりました

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/01(金) 01:27
ドラえもんスレを見ててこんなのを見つけた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「エスパー魔美」の「くたばれ評論家」の話が大好きだ。
自分の絵を目茶苦茶に酷評されて怒りまくる魔美のパパ。
それを見て、評論家をこらしめようと考えた魔美に、パパはあっさりと言う。
「公表された作品については見る人全部が自由に批評する権利を持つ」
「どんなにこきおろされてもさまたげることはできないんだ」
「それが嫌ならだれにも見せないことだ」
「剣鋭介に批評の権利があればぼくにだっておこる権利はある」
「あいつはけなした!ぼくはおこった!それでこの一件はおしまい!!」
そして最後のページで
「こんどはあいつにもけなしようのないすばらしい絵を描いてみせるさ」
大人だよ、F先生・・・。
御自身も、「ドラえもん」とか、ほんとに読んでるのかゴルァと
言いたくなるようなクソ批評をかますエセ文化人に悩まされただろうに。
(作中の剣鋭介は立派な評論家だけど)
こういう覚悟が出来てるクリエーターって、案外少ないよね。

この話は、評論家とその奥さんの愛情にも泣かされた。名編。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

これは俺らにも言えるな。少し涙が出そうになってしまったが、スレの趣旨にも合うと思うのだろうのでage

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/01(金) 01:49
>>452
まあ、それを皆初めから手を変え品を変え言っていた訳です。
作者の主観を込めて描かないと、(客観)描写は生まれないとね。

>>454
掲示板にもいえるね。書いた以上、煽り・批判が…以下略

456 :=291,294:2001/06/01(金) 01:58
なんで、こんなネタに書き込むのか、と言えば、
また今日も酔っ払ってるからなんだけどね>求人くん

>>452>>455
君たちに「ありありと見える」のは、
君たちにも「ありありと見える」ように書いたからだよ。
作者の主観を込めることより、
いかにして作者の主観が込められてしまうのか?
その主観を作者以外の人間がどう読むのか?
に苦しまない限り、一歩も実相には近づかないんだよ。

主観を打ち砕かれたことのないだろう君たちが、
求人に道を説くなんて、
なんだか、そういう例え話があったよね。

いやあ2chってタメになるなぁ。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/01(金) 03:01
>>456
うん、酔っ払っているようだ。
君たちって誰? 452,455の事? あるいは一般的にと言う事?
あ、「主観を打ち砕かれたことのないだろう君たち」のことね。
って、どういう意味? 誰の事?

458 :=291,294:2001/06/01(金) 03:07
あ、まだ続けるの??>>457

「君たち」で指したのは、
まず>>452
スティーブン・キングが自分にいかに「ありありと見えるか」で、
表現一般を語ろうとする、その幸せな貧しさに。

そして>>454
上に書いたような >>452 の発言がされる背景も想像できずに
>まあ、それを皆初めから手を変え品を変え言っていた訳です。
などと言える、視力の不自由さに。

或いは452=455と割り切れば、如何に心は晴れるか。


459 :求人案内:2001/06/01(金) 03:14
>>449さんへ
中山美穂の設定は女性向けですか?
で、腐れは同人女(脚本家)の枕詞なのですね。
勉強になりますね。
450猫さんの書き込みでは同人時代を知っている?

450猫さんへ
僕は知りませんね、同人云々は。
猫さんはそういった方で?
451しかも女性の方でしたか?
トルストイの話を上に書いている時何か馴染めない論理だとか
思ったのは猫さんが女性だったからでしょうね。
テレビ見ながら電話できますか?
言語中枢も発達している?
暇な時にお願いします。

460 :求人案内:2001/06/01(金) 03:15
アゲ

461 :求人案内:2001/06/01(金) 03:15
失敗。
アゲ

462 :求人案内:2001/06/01(金) 03:20
どういう議論になっているのですか?
スティーブンキングは来月の給料が入らないと買えません。
龍と春樹を買ってしまったので。
皆はまりますね。
やっと彼らが少し分かりだしました。

463 :トルシエ本人:2001/06/01(金) 03:25
>>462
龍と春樹は何を買いますか?


464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/01(金) 03:39
スレ本来の趣旨に戻って質問してみたいんだけど、
求人君は誰かの文章読本とか読んでみたことある?
読んだことがあるならお勧めとか、読んでなくてもいいけど
感想とか効いてみたいな。

自分は今、谷崎潤一郎の文章読本読んでるんだけど、
なかなかためになることが多いよ。
拾ったんだけどね、この本(笑
神からの授かり物だと確信しましたわ、まさに。

465 :求人案内:2001/06/01(金) 03:47
龍はコインロッカー
能力から〜
共生虫
希望の国〜
春樹
ダンス
河合さんとの対談
ノルウェイ
くらいです。
本当はアンダーグラウンドが欲しかったけど予算及ばず。

464さんへ
文章の書き方みたいな本は結構読みましたよ。
小説の書き方という題の本はお目にかかりませんが。
新聞投稿はあのノウハウで書きますね。
感想はよく覚えてないけどそういうので書くのも好きですし。
直前に読んでた本のノリでいくこともありますし。

谷崎は三島と並んで名文家ですよね。
若者の趣旨になりますが僕は谷崎体験はしてますよ。

466 :求人案内:2001/06/01(金) 05:46
龍とか春樹談をするとどうなのですか?
皆さんは?

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/01(金) 15:42
 求人案内氏へ
 真面目で向学心旺盛なのはよくわかります。でも、方法論に偏りすぎていませんか?
方法はあくまでも手段ですよね。もっと大事なのは目的じゃないかな。
貴方は小説という表現によって、何を訴えたいのですか?
これは私のイメージですが、芸術家というは、気持ちの中でどうにもならないものをある「形」
として体の外に放出しなければ窒息してしまうというような衝動に突き動かされて表現をするの
だと思います。その方法が文学であれ、絵画であれ、音楽であれ・・・。作品を創るという行為
は生産というよりも、むしろ排泄に近い感覚ではないのかと。
 方法論というのは目的があって初めて意味があるのだと思います。貴方は小説家になりたいとい
う以上、「小説」という形態で是非とも訴えたいなんらかのエモーショナルな主張があるはずで
すよね。
 今はまず、どんな小説を書きたいのですか?それを書くことでどんなメッセージを送りたいので
すか?それさえわかれば、取材のやり方など自ずと決まってくると思うのですけれど。
もし貴方が「小説」という手段でしか表現できないテーマを持っていないとすれば、作家になる
のはやめた方がいいでしょう。読者として言いますが、テーマのないプロットほど退屈なものは
ありません。今どきKJ法カルトに堕落するようなことになれば、ゲーム作家にさえなれないで
しょうね。是非夢を叶えて、良い小説を読ませてくれることを期待します。

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/01(金) 17:27
>>467
どこかでみたような言葉ばかりだな。
情熱だけが小説を書かせる、なんて誰にだっていえるわい。
方法論を求めることに、難癖をつけているようだ。
たしかに求人くんは、
話しがかみあわなことが多い。
ちょっとピンボケだ。
しかし、
「おのずと決まってくる」なんていう裏づけも無い曖昧なものいいをする傍観者に、
やめた方がいい、なんて言われるような欠点はみられない。
方法論に片寄ること、
テーマ不在でテクニカルに小説を組み立てる手法を
もとめたことはないのだろうか?


469 :求人案内:2001/06/01(金) 19:16
僕の465の発言は464さんの書き方の本に対するものですよ。
ただ、何となくですが僕の場合は
「どう書くか」と決めるとそれに模倣的に近くなる側面があって且つ
後は量を書くことを第一をして(余りいいものは書いてないのですが・・・)
やはり手法も大事ですね。
龍を読んでいて思うのは(他ドラマとか映画も)上手い言い回しがありまして
そこら辺は書き方としての形がどうもある気がしますね。
悪く言えばノウハウそこらへんは講義で埋められる範囲で一定の作品の落とし方は
僕は人に教えられる気がしますね。
(これは思わないですか?)
物語進行と情景模写の比率は・・・とか。
起承転結で物語は基本的に書くもので各章の文意も1ページの流れも
転が強調されないと面白くない。
逆にフロイトなんかは心理学者ですが転が利いているから頗る面白い。
など。(くだらないといえばくだらないのかもしれないですが)

でも結局その枠組みの中はセンスですけどね。

(呟き:しかし春樹は読ませますね)

470 :求人案内:2001/06/01(金) 20:44
呟き。

(今日は人いないですね、いいテレビでもあるのだろうか?)
昨日徒然なるままに思い浮かんだことですが、作家になりたい訳。
そもそも人生の訳ってありますか?皆さんは?
僕は全てを差し置いて語らなければならないもので生きることが存在してます。
僕の気分を表す最も都合のいい言葉を見つけた時がありましてそのときの話をします。
僕の気分を表す言葉は「儚さ」でしたね。この世に対する「儚さ」。「果敢なさ」こっちのはかなさではなく
この「儚さ」です。
そして「旅」ですね。
作家になる云々の前に日本を縦断して、アメリカを横断して、中国を横断して、
その全てを綴る。そっちの方が僕の生の大前提です。どうやら。
かまやつひろしの 今夜の夜汽車で旅立つ俺だよ あてなどないけどどうにかなるさ〜
でやはりガキの頃泣きましてこんな気持ちがありますね。
そして一人で行くのは嫌なんです。
気の合った仲間それも男同士で飯が食えなかったり、女引っ掛けたり、
日雇いやったりとかそんなことをしてずっと笑っていたいのですね。
(俺こそガキみたいかな?笑)
中君もですが他大勢の人と運命があったなら旅をしたいな〜。

なんかこんな気持ちが僕の原点です。
皆さんはどうなんでしょう?旅の欲求とか?そもそもの人生の意義とか?


471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/01(金) 21:08
テレホまではこんな感じでしょ。
人の入りは。

暇だったら虎穴行って感想でも書いてなよ。
書き始めると結構面白いよ、感想書き。
人の感想見るのも面白いし。
無記名で思ったまま書けばいいよ。

472 :sage:2001/06/01(金) 22:17
そういう求人君は本当に男なのだろうか。
判断に迷う。

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/01(金) 22:21
うっ、sageミス。

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/01(金) 22:30
>>473
まさか、求人君が自作自演!!そこまで飲み込んだとは!

なんつったりして。
あんな理屈っぽい女子がいたらヤダ、ということで男に決定。

475 :467:2001/06/01(金) 22:44
>>468
情熱だけが小説を書かせる、なんて言う気はないです。方法論を否定するつもりもありません。
表現する方法を持たなければ衝動だけが無意味に空回りして何も生み出せないでしょうから。
ただ、1氏がどんな表現衝動を持っているのか知りたかっただけです。なにも書きたいものが
なく、「小説家」という職業やライフスタイルに憧れているだけだとしたら、成就は難しいだ
ろうと言ったつもりですが、「やめた方がいい」とまで言う権利は確かにありませんね。夢は
人それぞれなのですから。


476 :ぴよぴよのぴよちゃん作家:2001/06/01(金) 22:44
問題は、求人案内くんが、ほんとうに作家になりたいと思っているかどうか
この気持ちにかかっていると思う。そうすると、全ての本や景色が、題材となる。
下手な文章をみれば、何処が下手なのかを考え、巧い文章を読めば、なにがこんなに巧いと思うのか考える。

街を歩けば、この光景をどう文章にしてみようかと、頭の中で「文章スケッチ」を試みる。

作家になるキッカケは、本当に文章好きの人でないかぎり、人生の行き詰まりがキッカケになることが多いらしい。病気になって、失職して、借金をして、世間に白い目で見られるなどイロイロだろう。
とにかく作家になりたいと思うと、バカなことに、作家になることが自分の全てであるかのように考える。

そして、文章を書くことに精神安定効果があることを覚えたら、そこで自分が作家として芽生える。

477 :ぴよぴよのぴよちゃん作家:2001/06/01(金) 22:45
投稿をする。
持ち込みをする。
酷評される。
憤る。
そして、また前へ進む。
書くことで昨日の自分を越えていくのが大切だ。

求人案内くんが、まだ文章を書いていないのならば、
それは砂漠をこれから横断しようとやってきた寄宿屋で、、
「この先は熱いですか」
「何を持っていけばいいですか?」
「どれくらい、距離がありますか」
「平均ではどのくらい日数がかかりますか」
と問うばっかりで、いっこうに出ていこうとしないのと同じなのだ。
君がそうしている間に、たくさんの人たちが目をギラギラさせてチェックアウトしている。
少なくとも、君はその人達よりも遅れをとっている。

そうして砂漠を歩き、運良くオアシスが見えても、それがようやくハジマリだ。
僕にも担当編集がやっとついたが、作家業でメシを食うには3年は当たり前にかかるらしい。
そして、容赦なくおとずれる、没、改稿、イザコザ。

それでも、前に進むのだ、一日数行でもいいから書くのだ。
書かなければ作家は作家でないのだ。
自分を無理矢理前に進めて、その先の見えない道を歩むのだ。
蜃気楼に揺れるオアシスにたどりつけるのか、わからないのに砂漠を進む。

それが作家だ。

478 :ぴよぴよのぴよちゃん作家:2001/06/01(金) 22:45
それから、この文章をみたらよくわかるけど、
作家は究極のヒトリヨガリ者なのだ。
だから、こんな砂漠でも希望があることを信じて止まないのだろう。
失敗しても結構だ。と、酔狂する。

処女出版の途は果てしない。うすうす気づいている。
けど自分が選んだ道ならば、前へ、前へ、進むしかない。

作家とはなんて酷い職業なのだろう。
それなのに、楽しくてしようがない。

====================================================
どれくらい勉強すべきですか、という質問に僕なり答える
あくまでも、歩きながら勉強すべきだろう。
旅の計画をするのはもうやめたほうがいい。
贅沢や満足は作家を駄目にする。
自分史上で最貧乏な旅をするんだ。
まずは日本をその目で確かめるといいだろう。
====================================================

479 :ぴよぴよのぴよちゃん作家:2001/06/01(金) 22:45
P.S. 「きみは作家になりたい」といって作家になるつもりが、この掲示板に時間を多く裂いていないか。
2ちゃんねるはムキダシの意志が有意義だ、だが没してはいけない。毎日30分だけでも「絶対になにかを書く」という、ルールを決めて守ってみるといい。それができなければ、作家として独立は不可能だ。


480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/01(金) 22:47
そうかー
あやしいと思ったんだけどな……。
一人称は「僕」と「俺」でころころ変化するし、
文末の表現もどことなくひっかかる。
わりと純粋な感じなのに、「やおい」は知ってるし
おまけに連ドラ好きときている。
「腐れ女」というフレーズには妙に拘泥してたしな……
まあ、単なる深読みのしすぎかも。

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/01(金) 22:51
ぴよちゃん作家さんカコイイ
あなたのこれからの旅に沢山の良いお話が降りますように。
いってらっしゃい。

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/01(金) 22:54
求人女…くらくら。
そいで、この文体もやってることも全部ネタだったら凄いが、
よく考えたら、帝国の大きさの地図はもう帝国なんだな。と思った。
(抽象的)

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/01(金) 23:22
俺も女かと思ったことがあるが。
そう思うと評価が逆転するのはこれ如何に。
男の習性か。むなし。

俺の場合、
書く→酷評される→腹立ち紛れにまた書く→人が一杯死ぬ→また酷評される→もっと死ぬ
→「人が死にすぎ」とまた酷評されて腹を立てる→エンドレス
ですな。ちょっとは向上してるんだろうか。
別に作家にこだわる必要はねぇなぁ。
三島由紀夫賞の受賞者が映画監督とミュージシャンって時代だからなぁ。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/01(金) 23:27
>>483
高千穂先生、ばれるネタはまずいっすよ。
(マジ本人だったらゴメン。んんなわけないが)

485 :483:2001/06/01(金) 23:36
>>484 ????? 説明きぼん ?????

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/01(金) 23:38
あ、昔、高千穂遙つう作家が、批判あるたびに話の中で災害を起こして
何万人と殺しのインフレを起こしていた事にちなんだ冗談。

487 :483:2001/06/01(金) 23:47
なんだ、みんな同じなんじゃん(笑
高千穂ってダーティペア(だっけ?)書いてた人かな。
「怒り」は創作に一番強い力与えるわ。確かに。

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/01(金) 23:49
ダーティペアのこと w)
一話づつ死人が加速的に増えた。

489 :求人案内:2001/06/02(土) 00:12
なんだぴよぴよちゃんって?笑
話したいことが沢山あるように思えるけど空回り?
作家というのはなりたいと熱意を持たないとなれないの?

ぴよぴよちゃんに限定して言いますが、
それはちょっと勘違い。
僕は夢の祭り書いていた時は
「明日死ぬ」と思って書いていたのよ。
でも、作家にはなれなかったね。
気概ではなくもっと自然欲求的なものではない?

毎日30分位なら書いてるよ。

というかぴよちゃんはぴよちゃんの気持ちを僕に照らし合わせて書いてない?
というか一方的な気持ちを押し付けているようにも思えるし。
高校生かな?

490 :求人案内:2001/06/02(土) 00:12
なんだぴよぴよちゃんって?笑
話したいことが沢山あるように思えるけど空回り?
作家というのはなりたいと熱意を持たないとなれないの?

ぴよぴよちゃんに限定して言いますが、
それはちょっと勘違い。
僕は夢の祭り書いていた時は
「明日死ぬ」と思って書いていたのよ。
でも、作家にはなれなかったね。
気概ではなくもっと自然欲求的なものではない?

毎日30分位なら書いてるよ。

というかぴよちゃんはぴよちゃんの気持ちを僕に照らし合わせて書いてない?
というか一方的な気持ちを押し付けているようにも思えるし。
高校生かな?

491 :求人案内:2001/06/02(土) 00:14
あら2回もはいってしまった。
サーバー重くないですか?

後、俺は男です。笑

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 00:22
求人君の標準は「俺」モードなのか「僕」モードなのか
どっちなんだろう

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 00:23
>>492
どっちにしろツマンネーな(藁

494 :求人案内:2001/06/02(土) 00:24
年配の方には謙虚ですよ。
同級生には勿論俺ですが。

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 01:18
俺はぴよの意見に賛成だがねぇ。
ってか初めて書いた小説の冒頭が、まさにそれ。
砂漠を歩き続ける……って感じだよなぁ。
生きるってことそのものが。

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 01:24
求人タン……ハァハァ

497 :ぴよぴよのぴよちゃん作家:2001/06/02(土) 01:28
ぴよちゃんは30代です。会社が終わったら2時間寝て、それから毎日4時間書いています。
編集が若すぎて意志疎通が困難で悩んでいます。
一方的に気持ちを押しつけるのは、いったように「ヒトリヨガリ者」だからですよ。

>作家というのはなりたいと熱意を持たないとなれないの?

いや、例えば230頁の長編小説をかくとわかりますが、熱意は40頁くらいしかもちません。
あとの190頁はでは、何で書くのか、それはスタミナです。
作家に必要なものは、つらくても、書きたくなくても、やめたくても、前に進むスタミナがまず最重要です。

新人は無理な〆切を守ってはじめて当たり前ですから。




498 :ぴよぴよのぴよちゃん作家:2001/06/02(土) 01:30
あぁ、誤字が・・・

誤)あとの190頁はでは、何で書くのか、それはスタミナです。

正)あとの190頁は、では何で書くのか、それはスタミナです。

499 :求人案内:2001/06/02(土) 01:30
そうか〜。ぴよちゃんみたいな気持ちで皆書いてるのか〜?
僕とは違うな〜。
生きることが辛く感じる時期は通り越しましたし。

人生とは果てしない砂漠を行くようなものか〜。

500 :求人案内:2001/06/02(土) 01:39

僕もそうでした。
僕は単なる自分の勉強不足だと思いましたがそっちの方が当たってません?
スタミナで無理に書いても面白いものが出来るとは考えにくい気もするし。

言葉を沢山知って、色んなことを知って、下書きを沢山してみたいなものでは?

シーンを50とは言わず30つくれたら長編が出来る気もする。
いい加減な余談ですが。

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 01:42
>>499 それを鵜呑みにしたら困るだろ。
「人生」をどう表現するかもそれは個人次第だろうが。
俺は「砂漠を目的地も分からず歩き続ける」イメージが
自分の知りうる限り「人生」を一番よく表していると思ったからそう言ったまでで、
ある人にとっては海を泳いでいる感覚かも知れないし、空を飛んでいる感覚かも知れない。
もっと言ってしまえば「人生はショートケーキの味」とかだっていいわけだ。
自分の知りうるギリギリの主観をぶつけ合うことにこそ意味があるんだから
あんま、他人の表現を安易に受け入れない方がいいとは思う。

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 01:43
>生きることが辛く感じる時期は通り越しましたし。
親に食わせてもらってる引き篭もりだもんな。
そりゃ毎日楽でつらいことなんかないだろうよ(藁

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 01:44
アマチュアのうちって、誰に強制されているわけでもなく書いているわけだ。
需要があるわけでもない。
書きたいという衝動は、クリエイターになりたい、という欲望が根っこにあるのではないか。
多くの需要を得るために、あれこれ聞いてまわる、調べてまわるのは
当然だ。
情熱だけで砂漠に出て行って、蜃気楼をおいかけたまま放浪するのは、人生の浪費だったりしないか?
創作経験のある人間に、いろいろ質問するのは、揶揄されることか?



504 :求人案内:2001/06/02(土) 01:46
後悪気はないのですがちょっと読解が難しいかな。
497、2行目は編集者が悪いのでしょうか?自分の編集能力でしょうか?
編集者が若くてですよね。
3行目は主語と誰に言っているのかが分からないです。



505 :求人案内:2001/06/02(土) 01:52
親に勘当されまして。笑
今帰ったら法律違反で捕まる。

親とは高1から暮らしたことないな〜。
親への気持ちは複雑です。

503さんとは意見の相違があるのでしょう。
僕にとっては浪費ではないです。



506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 01:53
>>503
>情熱だけで砂漠に出て行って、
>蜃気楼をおいかけたまま放浪するのは、人生の浪費だったりしないか?

それはロマンなんだよ。俺の場合は。
そういう生き方を選んだって、別に悪くはない……と。
でも実際は風車とでも戦ってるのかもしれないな。
ま、今は少し変わってきたけど。
当時書いた物を見ると、「過去の自分」はそう信じていたらしいよ。
今の自分と昔の自分が同じ考えをしてない……ってのがミソだな。sageで。

507 :求人案内:2001/06/02(土) 01:55
あら、503(おっエドウィン。笑)さんは
僕に向けて言ったのではない?

508 :ぴよぴよのぴよちゃん作家:2001/06/02(土) 02:10
スタミナとは「自分がそういったんだから、やるったらやるんだ、甘えるなオレ!」と同じ意味です。
これが最重要です。自分のペース管理を守り、規則正しく書くこと(だいたい能力限界あたりで)これがスタミナです。

間違えて欲しくないのは「イヤイヤ」じゃないとうことです。

語源(ボキャブラ)は、難しい単語をたくさん知っていればいいわけでなく、難しくない単語を組み合わせて納得させることが重要です。
あと、何行目のXXが○○と係り受けしていない、主語がどうの…と、いうと、気楽に書き込めなくなるのでまったく気にしていません。

ちゅーわけで、ぴよちゃんは、また名無しさんになって、プロ板辺りに帰ります。
さよーなりー。

509 :求人案内:2001/06/02(土) 02:13
だ、誰だ。笑

510 :求人案内:2001/06/02(土) 02:13
あげてしまった。
おやすみなさい。

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 02:14
さいなりー。
がんばってなー

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 02:28
求人君へ。
ここ見て勉強しなさい。

http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi?bbs=movie&key=987526808&ls=50

by感想の1

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 02:31
つか、谷崎潤一郎、丸谷才一、井上ひさしの、各「文章読本」を
読めば、もう技術論は不要だろう…。
経験談にしない?

あと、ぴよちゃんは、名詞の全てが古くさいので、もっと買い物をしたほうがいいな。

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 05:31
中上も読んだ方が良いのでは。

515 :求人広告:2001/06/02(土) 10:34
>>513
がいしゅつかもしれないけど、
本多勝一の「日本語の作文技術」「実践日本語の作文技術」
板坂元の「考える技術書く技術」「続・考える技術書く技術」
も入れて欲しいな。

それと、求人案内さんに理詰めの考え方を
したがる傾向があるようなので、
KJ法(必ずしも作文の技術ではありませんが)
なんて、合ってんじゃないかな?

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 11:09
昨日、たまたま買った本で
「言語表現法講義」加藤典洋(岩波テキストブックス)
明治学院大での講義をまとめたものらしいが、
龍や春樹やばななにも触れてたり、結構おもしろかったよ。

517 :求人案内:2001/06/02(土) 16:01
お〜嬉しい。俺も加わっていいのかな?512さんのとこ。感激。

513さんのはメモらないと。笑
経験談何がいいでしょうか?

おっ、すご〜い。感動。
図書館で目を通しましょう。
516さんのは本格的でしょうね?

するとやはりどんな話をしましょうか?

(呟き:北野れすいいな〜)

518 :作家志願:2001/06/02(土) 16:45
>>1さんは「どうしても書きたい物語」がありますか?
一日中気になってしょうがない物語を持っていますか?
ふと空を仰ぐと、ついその物語が浮かんでくるほどに。

わたしはあります。ふたつ。これらは全く相反する性格の物語。
具体的に言うことは出来ませんけど。
その物語を完成させたいために、街にでたりTVを見たり2chに来たり、
漫画読んだり、小説読んだりしています。

まず、書きたいものから考えましょう。
技術面の手助けは、>>1さんの作品をみる必要がありますので
なんとも言えません。

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 16:59
>>518

求チャンの作品は虎の穴に行って読んでねー。

http://www2.yi-web.com/~moji/tora/an/antho.cgi

ここでーす。

520 :作家志願:2001/06/02(土) 17:15
>>519
作品名がわからない

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 17:20
>>520

あおりのとこに求人案内作とある。

三枚ぐらい前にある「少女」がいまんとこ一番かな。
よくもわるくも求人君って感じ。

522 :作家志願:2001/06/02(土) 17:40
読みました。評価は、「逝ってよし」としました。
技術は問題ないと思います。
でも、ストーリー構成がぜんぜんなってない。
大どんでん返しと破錠を勘違いしているように思えた。

やっぱり「このような小説を書きたい」ではなく
「物語を書く」ために技術を磨いて欲しい

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 17:50
どんでん返し?破錠?
ど、どの小説を読んだのだ。
求人君のでどんでん返しあるのって?

で、破錠ってなに?

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 17:51
>>522

では、君の番だ。


525 :ぴよちゃん:2001/06/02(土) 19:02
ううぅ、2ちゃんにハマるとマズイと思いつつ、覗いてしまう。これが2ちゃんの魔力だろうな。
「ぴよぴよのぴよちゃん作家」はどうも「ぴよちゃん」「ぴよ」と縮まるので、ぴよにしとくよ。

求人君の投稿の感想だけを言いに来た。
感想は「技術はあるけれど…」だ。「確かにいい人だけど」と、女に振られる男と同じだ。
「華がある」といわれないとダメだし、読者様は読んでくれない。
それから、別件だけど語彙が古くさいのは、文書をよく読んでくれるバイヤーが「40代〜」というゲンジツが身に付いているから。
例えばエレベーターのことを「人身を円滑に上下移動させるための機械装置」なんて言い回したって、読者に「わからない」といわれるだけ。

よく文章を書くとまちがえやすいのだけど、手紙に例えるなら、字は綺麗な方がいいし、封筒も綺麗で変わった方がいいだろう。しかし、それは「手紙の内容」が良いことを補助するものだ。肝心なのは「伝えたいことがシッカリしている」だ。
だから、求人くんが自分の言いたいことを見つけ、それを伝えようと努力し始めたら、同業としては結構恐ろしい存在と思うよ。

さて、と、人の意見をヒョーロンするには自分の文章をさらすのがルールだろうと思う。

2ch文章虎の穴
>> http://www2.yi-web.com/~moji/tora/an/antho.cgi

に、僕の日記を1日だけ投稿しておいた。タイトルは「翁の言葉」。
日記なので技術的にどうかわからないけど、僕的には2年半前の気持ちの記録としてはそこそこだと思っている。

しかし、こうしてカキコしていくと、2ちゃんねるクセニナル。恐ろしい。恐ろしい。
もう、カキコしたくない。うぅ。

526 :求人広告:2001/06/02(土) 19:06
>人の意見をヒョーロンするには自分の文章をさらすのがルールだろうと思う。
そんなことないとおもうよ。
だって、批評を書いている時点で「自分の文書」は
晒されているでしょ?
的はずれな批評なら、その批評を読んでいる人も
「変なやつが変なこと書いている」と思うだけだし。


527 :ぴよちゃん:2001/06/02(土) 19:13
>>526

たしかにそうだ。真っ直ぐでハリキリすぎたっす。ごめんよ。

あぁ、寝る寝る。もう寝るぞ。
これは、僕の本業じゃないぞ。ないぞ。

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 19:31
>>527

あ、こういう顛末か(あっち先に読んだ)
とりあえず、砂漠のたとえでいえば、悪口が聞こえたからってオアシスに戻るな。
上で言ってたカコイイことがみんな嘘になっちまうよ。
発言に責任をもてないんじゃ、作家の資格なんてないぞ。
とりあえず、ここは阿片屈みたいなもんだから、書き上がって一息つくまでは
なにがあってものぞくな、はまるぞ。
以上。


529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/02(土) 20:32
広告=ぴよ?

530 :求人広告:2001/06/02(土) 20:36
そうぴよヨ?

531 :求人案内:2001/06/03(日) 09:14
そうそう。どんでん返しがわからないのですよ。僕。
昨日も専ら話題はそこだったんですがね〜。

どんでん返しと言っても対人的な関係とかは図示すると意外と簡単なことで
それを上手く書いているのが多いという結論になりまして後はどんでん返しに
見せるようにするということかなとか話しました。

っていうか僕の作品ではないですが似たようなものを書く人の作品だと
どうだろうと思います、少し。
僕が逆の立場だとして淡々とした模写(僕のよりもずっとその場合気の利いたことを書かないといけませんね。)
があったら結構好きなのですよ。
その仕種、表情は読者の産物ですからイメージが豊富な人は余り多くを語らなくても
分かるところがありますよ。
友人の作品は脚本風でしたが補完するように読むと面白いんです。
(しかし毎回似たようなのをすいません。今月新人賞の原稿作るのに専念しようと
久々に思っているので、来月辺りには僕の新しい文章で何か投稿しようと
思います。)



532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/03(日) 13:56
>>531
どんでん返しの悪い例は、ストーリーランドを見ると良くわかる。
ストーリーランドの場合、展開を180度ひっくり返しているだけ≠セから。
幸せな結末と思わせといて、不幸な結末とかね。


533 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/06/03(日) 19:40
やだやだ。
無能さを補うハウツーがあるなら誰でも小説くらい書けるだろう。

俺、創作意欲もなく、小説をよんだこともないサラリーマンだけど、リストラされそう
なので作家になりたいと思っている。

誰か良い方法を教えてくれないかな(藁

馬鹿さらしage


534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/03(日) 20:06
>>533

申し訳ありません、サラリーマンが勤まらない方はちょっと。
なんつったりしてな。
普通の能力があれば三年ぐらい技術を学べばデビューはできるぞ。
だが、食えるかどうかは、また別の話。

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/03(日) 20:23
>>533
リストラといえばラーメン屋だろう。

536 :うーん:2001/06/03(日) 20:23
僕はみなさんに喧嘩売るつもりではないんですが,マジな話,才能がなくても方法論だけで物書きになれるんですか?
3年くらい?>534さん
ちょっと真面目に考えちゃいます。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/03(日) 20:30
>>536
そもそも俺自身が物書きになれるか分からない

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/03(日) 20:36
才能があるかどうか自信がないから、技術の研鑽に明け暮れる。
ではだめか。がんばれ、俺。

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/03(日) 20:42
>533
無能さを補うハウツーがなくても、誰にでも小説は書けますが何か?
それと作家になってメシを食らうことは別の話なのですが?

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/03(日) 20:58
まあ、普通の能力あればデビューはできるって話だよ。
でも、食えるようにはなるかどうかは別よ。

才能っつうけど、小説に必要な才能なんて、
掲示板にレスかけるだけの国語力あれば十分。
あとは沢山書いて沢山読むだけ。
だがね、自活するだけ稼げるかといったら、運を天に任せるようなもの。
元営業系だったら、出版社に営業かけることができるので
そこそこの実力でも一応食える。

んんでもサラリーマンの方が楽よ。マジな話。

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/03(日) 21:04
>んんでもサラリーマンの方が楽よ。マジな話。
つらいです。もう本当に、はげるくらい。
胃に穴があくくらい。

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/03(日) 21:06
>>541
たぶん、三流作家になると、その五千倍はつらいと思われ。

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/03(日) 21:20
>>541
つか、転職しちゃえよ、んなに辛いなら。
まだでっけえローンとか組んでないんだろうし。
早いほうがいいぞ。転職は。


544 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/06/04(月) 23:45
たしかにデビューするってことと、作家として生計を立てるって別の問題ですね。
1さんはどのレベルで作家を志願しておられるのかな。
単に小説を発表して世間に評価を求めたり、賞を取ったりすることを望むのであれば、
副業(趣味か?)として小説を書くという選択もありますね。直木賞取った青来有一さん
て、確か市役所の職員さんでしたね。作家になるために、とりあえず公務員になって生計
を立てるなるとか(藁
俺も

545 :求人案内:2001/06/04(月) 23:46
そんなに大変なものですか?
家族を抱え生活をしていくことは。
ローンとか不倫とかいうのは他人事ではないですね。

自分も間違いなく親父になるんだな〜。
皆さんがどういう方かは知らないのですが、
親父にはなったらなったでいいものですか?

で、上で思ったのはぴよちゃんのは悪いのですか?
聞くようなことではないのだろうけど
伝わるものがあったらオッケイみたいなところがありますよね。

546 :544:2001/06/04(月) 23:48
最後に「俺も公務員なろうかな」と書こうとしたけど、蛇足なのでやめました。
消したつもりなのに、「俺も」が残ってしまった。ゴメソ

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/04(月) 23:52
な、なんでイキナリ不倫なんだっ!?
……
文芸だから?

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/04(月) 23:59
好きなだけ勉強すれば?

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/04(月) 23:59
>>547
不倫こそメロドラマの王道であると思われ。

550 :求人案内:2001/06/05(火) 00:04
笑。
テレビの見すぎでしょうか?
でも、現実の自分の生活って振り返るとドラマみたいなことは
沢山あるのではないでしょうか?
感情までドラマとはいかなくても実体験としては激しいもの。
(雑談ですが、僕はネオン街・色里には入ったことがないのです。
乱交とかサラリーマンはやっているの?)

546さんへ
公務員になったり、円満な家庭を築いたりして書く作品もあるのでしょうが
僕など若い人間で若いから書きたいものというのは
幸せになるとかけないようなところはありませんか?
実際書きたいものの本質は年齢とともに大きく変わるものですか?
対象は変わっても中身は同じ。
そんなものでしょうか?

551 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/06/05(火) 00:06
不倫だろうがローンだろうが生きてりゃいろいろあるだろ。
日常の煩わしさなんて一生つきまとうもんだ。しかも歳を取るほど増えていくだろう。
生活が安定しなけりゃ書けないなんて言っている人はきっと一生書けないよ。

552 :求人案内:2001/06/05(火) 00:15
1生活の問題は大きいですね。
これから先、安定を求めるのか乱雑を求めるのかで僕は違う方向に向かう気がします。
結局結論が出るものではないのですが僕は若いからか乱雑に向かわないといけない。
そして乱雑を整理してつくろうようにして作品を創らないといけないとか思います。
全ては乱雑に向かいそれを元に戻すのにはエネルギーがいるとか言いますね
エントロピーの法則の簡単な定義であった気がしますが。
・・・エネルギーみたいに作品を組み立てる。いいかも・・・とか思ったりして。
2勉強は一人でしてると波があってたまに萎えますね。
なにゆえに萎えてるんだろうというくらい萎える。
高校を批判しておきながら卒業してしまうとその分の空白があって結構重いですね。
5月病が抜けないのかな?
誰でもそうなのだろうけどこの時期、張り合いがないとか感じるな〜。
仲間同士の議論ブーム去りつつあるし。
まっいいか〜。
2番はグチ。

553 :求人案内:2001/06/05(火) 00:17
うわお、歳をとるほどにか〜。
がんばろ。

554 :546:2001/06/05(火) 00:20
俺自身安定した生活も円満な家庭も手に入れていないので何とも言えないのですけど・・・。
年齢というか立場によって書きたいテーマが変わっていくということはあるんだと思います。
でも、書きたいと思ったときに技術が未熟すぎたり、テーマに対して客観的になれなかったり
して作品化できないということもあるでしょう。みんな言っていることだし当たり前すぎるこ
とを改めて書くのは心苦しいのですが、その時々の思いや考えついた場面をマメにメモして大
切にとっておけば、いつか執筆の役に立つ時も来るのではないでしょうか。


555 :求人案内:2001/06/05(火) 00:20
でも、結局勉強だな。
そう結論づいた。

556 :求人案内:2001/06/05(火) 00:29
554さんへ
常に作品は自分の人生の集大成だ。
と言っているように聞こえます。
いつかひとつになると信じるみたいなことでしょうか?

夢の祭りの頃は全体が未熟だったから、あれで当時は満足していました。
でも、思春期で現実に気付き政治や経済を取り入れたいとか科学的見地から何か
アイロニーを入れたいとか思い出してから集大成はかけないですね。
今肌で感じていることを書こうとするなら後どれくらい大きくならないといけないのか
分からない。(勉強ですね)

今の僕はどこに一線を引いて「今書けるものを書いていくか」を知らないといけないですね。
そのためには「書け」が結論のような気がしますが、
自分が書けるものを書くという折り合いとかついている方がいたらどういうものなのか
教えていただきたいです。
欲張らないこと、とかそういうことでしょうか?

557 :求人案内:2001/06/05(火) 00:43
雑談(夜中暇な時刻にでも気が向いたら書いてやってください)
 近未来の日本の現実を書くとき、日本の青写真はやはり他国からの輸入でしょうか?
ふと浮かぶのはオランダの奇跡、ワークシェアリング。アイルランド辺りのインターネット普及率やコンピューター関連会社。
体制と技術ですね。
体制については僕が言えることは少ないのですが、今セーフガード近辺の実状は深刻で
日本は技術がないといらないぞと言っているような気がいたします。
情報関連は乗り遅れと思うし、生命科学技術は不振かとか思ったりします。
国際的な必要性で日本は食べていける気がしますが、
改めて自立を考えないといけないと思います。
方向性としてはどっちとか皆さんはどうお考えでしょうか?

558 :554:2001/06/05(火) 00:56
 「常に作品が人生の集大成」と言ったつもりはありません。
 もちろんそれまでの人生を積分して総括したような作品もあるでしょうけれど、
その時々の気分や生き方のままに(いわば人生を微分して)、一気に書き上げる
作品もあるでしょう。
 ただ、その時々に感じた思いや感動した風景はきちんとスケッチしておかないと、
すぐに泡のように消えてしまって二度と再現できないものです。自分が昔メモした
風景や会話やプロットを幸運にも作品に生かする時が来たとしても、それがメモを
書いた当時の文脈通りに使えるとは限らないでしょうけれど、素材として充分有益
なものもある気がします。
 なんか「知的生産の技術」の頃から言い古されたかびの生えたようなコメント
でごめんなさい。でも、人が書いて残してくれたものは何度でも読み返せますが、
貴方の心の中で起きたことは貴方自身が残さない限りすぐに闇に葬られてしまう。
失ったアイデア程大切に思えてしまうものですよ。

559 :求人案内:2001/06/05(火) 01:20
558さんへ
昔今までの人生と決別しようとして燃やした詩の数々は思い出すほどに
もったいない。
ガキの頃自分が何を思っていたのか深く知りたいですね。

大事にしていかないといけませんね。創作ノートは。



560 :求人案内:2001/06/05(火) 01:46
「素心を失わぬ古ぼけた老人」
文章間違っています?

561 :麗奈:2001/06/05(火) 02:33
こんばんは。
誘われてきてみましたが。。。長く続いたスレッドだったんですね。
きゅうには読めそうにないので、また今度ゆっくりきます。
とりあえず挨拶だけ。。



562 :求人案内:2001/06/05(火) 03:24
561さんへ
おっ、女性の方が来た。
猫さん以来かな。(猫さんは男、女?)
よろしく。

今、くだらないもの(何だか本当に下る気がしない)を書いているのですが、
自分が楽しんで書けないとやはり読んでても楽しくないのでしょうか?
テンションがどんどん下がっていくのが分かります。

集大成をどうやって表現するかとか教えて欲しいです。
綿密に調べるはできる気がしますが物語と同居させるのが甚だ難しい。

作品の中で主体となるポイントを付け間違っているのかもしれない。

563 :求人案内:2001/06/05(火) 03:25
アゲ


564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/05(火) 04:41
>自分が楽しんで書けないとやはり読んでても楽しくないのでしょうか?

場合によるけど、多くの場合一致しない気がする。
読者を楽しませることを考えて書けば良いんじゃないの。

565 :求人案内:2001/06/05(火) 05:04
読者が
見たい、食べたい、触りたいと思うようなものですかね?
よだれが出るくらい。笑
少し分かってきた気もします。

566 :麗奈:2001/06/05(火) 05:48
>564、565
 うん。私は好き勝手なこと書いてるけど、誰も喜んではくれないよ。どうやら私は自己中ってやつらしいです。
作家とか芸術家って、人のために書くんだよね。お笑い芸人だってそう。太宰治だっけかなあ、読者が喜ぶものを書く、読者に読みやすいものをかくのがプロの責任だっていってた。中期の頃の作品は見事にそれをあらわしてる。最初っから読者をだましてひきこんでる。作り物が嫌いな私には、特にその頃の太宰の小説は読めたものじゃないけど。

567 :求人案内:2001/06/05(火) 06:04
あっ、僕はもっと自己中なので気にしなくてもいいと思いますよ。
(気にしろって。笑)

お笑い芸人はいいですね。
ダウンタウンの松本ファンでして僕は浜田のファンにはなれませんね。
明けても暮れても笑いでそれを極めた人志が僕は好きです。
松本伸介で彼は悩んでますがそんなものでしょうね。芸術家は。
たけしが天才だと自分を称したように彼も称します。
そういう天才が僕はすごく好き。
一時期はまりましたね。

太宰の他はないのですか?

太宰は人間失格とメロスと何かしか読んでない。
斜陽が内々でブームになって読もうとした時は読めなかったですね。

人間失格は好みでした。
何かよく覚えてないけど女とはどういうものかみたいな記述に感激して
ノートに写した記憶があります。
最後にああなるとは思えなかった。
きちがいの姿だったのでしょうがリアリティーありましたね。

それ以外は僕の中では没。
全く分からなかった。


568 :求人案内:2001/06/05(火) 06:10
と、いうか。何者?
失礼ですが(外れてたら本当に失礼)
前に来てませんか?ここに?
すごく似たことを書く人がいた気がする。
そもそも女ですか?

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/05(火) 06:10
>>566
改行しろ、アホ!
総ての文章は作者が書いた作り物だ、アホ!

570 :求人案内:2001/06/05(火) 06:15
言えてます。分かりにくいですね。本当。
(僕もひとのことはいえません.笑)

この支離滅裂な感じ見た気がするのは僕だけでしょうか?

571 :求人案内:2001/06/05(火) 06:16
569
名言がまたひとつ生まれた。

572 :麗奈:2001/06/05(火) 06:23
 もしも生まれ変わって、私が小説家を志すとしたら。
 そのときの目標はドストエフスキー。
 チェーホフの文才には感服するけど、ちょっと目指せない。
才能や技術よりも独特の精神性と経験とで小説を書いたドストエ
フスキーに共感する。読んだことありますか?
 彼は、デビューの頃からしばらく、情熱的な革命家だったこと
がありますが、そのときでさえも、全然時代の流行や、イデオロ
ギーの言葉に束縛されることなく、自分のまっすぐな心の目で人
を、そして世の中を見て、自由な表現力で小説を書いたんです。
 よく、彼が保守主義に転向したのを、怖い目を見て臆病風にふ
かれたんだと常識だけで決め付けて非難する人たちがいますが、
彼の作品を偏見をもたずに読めば、転向は彼のもともと何ものに
も束縛されない正直で柔軟な精神性なら、当然のものだというこ
とがわかります。
 私のお気に入りはドストエフスキーですが、誤解と偏見に満ち
たその辺の作家評には絶対に手を出さず、自分の心の目で、魂で
感じ取らないと意味がないと思います。
 天才とか言われちゃうと、後世のインテリどもが勝手にファン
を名乗って、自分のせまい常識で簡単にゆがめて世に紹介し始め
ちゃって、それはすごい残念なことです。



573 :求人案内:2001/06/05(火) 06:49
イデオロギーや時代を見るならトルストイではないでしょうか?

ドスは「貧しき人々」こそ名作だと僕は信じて疑わない。
おぼろげな記憶しかないのですが完全に中に感情移入してましたしやはり泣きましたな。
他の短編は面白くなかったな〜一時期はまりましたが、しかしカラマーゾフ読んでないからな
ドスは語ってはいけない気がします。

彼が言っていた言葉で良かったのは刑務所か何かに入っていた時期を振り返って
人間はコップからコップへ水を移動するだけの作業なら気が狂って死ぬだろうと言っていた
教科書に載っていたあれ。
素晴らしい洞察だとか思いました。

ただよくは知らないながら彼はカリスマ系だと思ってまして、
尾崎が売れた訳やたけしが売れた訳と同じだと思っている。
つまりきちがいじみたところがなくなると読めない作家。
普通の人はドスは貧しき人々くらいしかわからないんじゃない?
とか僕は思います。

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/05(火) 06:50
ノンフェクションでも作者個人の意思が介入するので、
100パーセント事実だけはありえない。
こんな意味で、「総ての文章は作り物」だよ。

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/05(火) 06:52
うげげ。
俺なんかドストエフスキーが何者かも分かってないぞ。
ロシアの作家つうぐらいしか……

576 :求人案内:2001/06/05(火) 06:56
質問
虎で書き途中で保存したいのですが出来ません。
投稿しないと保存はできないのでしょうか?

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/05(火) 06:58
メモ帳にコピぺするがよろし

578 :求人案内:2001/06/05(火) 06:59
何故ロシアで文学がうまれたのか?
興味深いですね。
革命期と単純にとらえていいものか?

うう、肩と腰が痛いです。

579 :求人案内:2001/06/05(火) 07:09
消えちゃったよ〜。
とりあえず途中でも投稿しておけばよかった。
くそ、いい感じだったのだ。
飯食って寝よう。


580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/05(火) 07:20
直書きしないで、エディタを使うよろし。

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/05(火) 07:23
はふ、麗奈さと求人君は、なんと良いコンビなのだろう。
結構等質なかんじだねえ。

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/05(火) 07:24
そそ、だから校正ができてないんだぞ!

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/05(火) 07:46
だから虎の穴はつまらない。

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/05(火) 08:00
ここは「求人君 人生を語る」スレにしたほうがいんでないか

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/05(火) 10:38
直書きってのは、ちと、たれ流しが過ぎやしないか?
つか、コピペもわかんないってのは、どういうアプローチでパソをはじめたんだろう……

586 :作家志願:2001/06/05(火) 13:27
いまさらだけど。
読んだ作品は、細胞とかそんなのが一人でブツブツいっている奴のを呼んだ。

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/05(火) 19:44
>>586
あれは、読まないでやってくれ。

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/05(火) 20:05
>>587
読んでないよ呼んだだけ。

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/05(火) 21:53
いつもこのスレはROMってるんだけど、
いまさらながら>>1は偉大ですな。

590 :作家志願:2001/06/06(水) 02:47
>>586誤字だ、自爆してしまった。
出掛ける前にカキコしたから、見直さなかったんだ。


591 :求人案内:2001/06/06(水) 05:03
エディタ?使うと戻ります?
コピペなんて僕のパソコンのどこにもないですよ。
お気に入りに追加かなとか思っていたのですが・・・?

592 :求人案内:2001/06/06(水) 05:15
中世、近代、ルネサンスとかの基盤が分かりません。
分からないと世紀でしかものをかんがえられないから不便。

あれは年代表とか言うのですか?
何を見たらのってますか?

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/06(水) 05:22
うむ……なんか、こんなことを2chで書くことになるとはおもわなんだ。

「メモ帖」ってあるよね。エディタってのは、まあこれのこと(厳密には違う)。
コピぺってのはコピー&ペーストの略。
方法は下記参照。

1、メモ帖でなんらかの文書を書く。
2、メモ帖の上でCtrlとaを同時押し。全ての文書が選択状態になる。
3、その状態でCtrl+cを同時押し。全ての文書が一時的に保存される。
4、どっか別の場所(例、虎の穴の新規投稿欄)で、マウスをクリック。
5、カーソルが出てきたらCtrl+vを同時押し。全ての文書がコピーされる。

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/06(水) 05:25
ときに求人君は「検索エンジン」という単語を知ってる?

エディタにしろコピぺにしろ、検索で簡単に調べられると思う。
ヤフーとかで「エディタとは」で検索をかければ、聞くまでもないと思うんだが。

>年代表
年表のことだろうか? この程度なら検索で調べられるはずだが。

595 :求人案内:2001/06/06(水) 05:39
593さんへ
メモ帳で作成して虎穴にコピーできるのですね。
すごいな〜。パソコンって。笑

僕のも出来ますかね?
やってみよう。

596 :求人案内:2001/06/06(水) 05:45
というかメモ帳自体がない・・・?

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/06(水) 05:45
因みにメモ帳で書けばパソコン(正確にはハードディスク)に
保存できるから便利ですよ。
って、ネタとしか思えんな。

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/06(水) 05:46
「アクセサリ」にあるはず

つーか、いつも何で書いてるの?

599 :求人案内:2001/06/06(水) 05:47
虎穴に直接です。
原稿書くときはワードで。
・・・ワードしか使ったことがない・・・。笑


600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/06(水) 05:49
ワードでもコピぺはできるぞ

601 :求人案内:2001/06/06(水) 05:51
おーすげー。
感動。アルゴリズムで書いたものだからそのままうつるんですね。
2チャンに来て成長したな〜。

602 :求人案内:2001/06/06(水) 05:59
ありがとうございました。

603 :593=594=598=600:2001/06/06(水) 06:04
上でも質問したが、検索エンジンを知っているのかい?

一応知らなかった時のためにURLを書いておく。
知ってたら無視してくれ。
http://www.yahoo.co.jp

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/06(水) 06:09
「アルゴリズムで書いたもの」って何?

605 :求人案内:2001/06/06(水) 06:19
(雨だ〜散歩に行けない)
ロシア文学雑談。
13世紀初頭から2世紀に渡ってタタール人に略奪・支配される。
歴史的にはロシアを語る上でこの2世紀は欠かせません。
司馬遼のロシアについてによると騎馬民族支配で(正確な言葉ではないかも)
100万人弱の人口のロシアは僅か2万人の騎馬民族に占領され続けました。
鉄砲のない当時モンゴルの騎兵ほど強いものはなく生身の人間集団は及ばなかった。
そこから力、占領への憧れみたいなものが出てきたとか書いていました。
(僕はローカル紙に暴力を受けた子どもが暴力をするように支配された国は支配する。
故に・・・とかいう文章を送りましたが無視された。・・・今となっては当然ですが)
そしてそれから暫く西洋の文化を取り入れる機会がない時代が続き、
その後必死に取り入れスラブ主義(ロシア圏)を確立するに至る。
(つまり西洋を乗り越えてロシアを確立したと見ていいのか?)

プーキシン ロマンからリアリズムへ
ゴーゴリ 貪欲 怠惰 堕落 卑劣 の姿をを書く

ツルゲーネフ トルストイ ドストエフスキー・・・。


606 :求人案内:2001/06/06(水) 06:20
603さん
ありがとうございます。

607 :求人案内:2001/06/06(水) 06:30
604さんへ
立花隆が分かりやすく書いてます。「新世紀デジタル講義」参照

アルゴリズム
一番簡単に言うと1、2、1、2で書かれているのですよ。
コンピューターは。
1と2の全部「組み合わせ」でできているのです。
「あ」=10110001
「5」=00110101
みたいに出来ています。
計算も2進法です。

要するに恐ろしく速く0と1の演算を繰り返しているのがコンピューターだと
いうことです。(らしい)

608 :求人案内:2001/06/06(水) 06:36
605続き

で、我々が学ぶべきは何でしょうか?
やはり環境の大きさと見詰め方・真剣な眼差しみたいなものですね。
トルストイ 戦争と平和 37歳からの作品
      アンナ・カレーニナ  47歳からの作品
ドストエフスキー 罪と罰 45歳からの作品?

驚くべき早熟
漱石が40か39で我輩か坊っちゃんを書いているのに彼らは・・・と
思うと唖然。
彼らの生活の中身を知りたいですね。
後彼らに学ぶ現代教育なんて価値がありそうですよね。
トルストイの時代三部作で思うのは何故幼い日々をあそこまで覚えている?
ですね。

僕らも頑張らねばですね。

僕は先ずプーキシンから読まねば・・・。

609 :求人案内:2001/06/06(水) 06:40
下の読んでいて思い出しました。
FF\を小説にしたらと思います。
FFは偉大。

610 :求人案内:2001/06/06(水) 06:40
だから馬鹿になる。

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/06(水) 06:43
「アルゴリズムで書いたものだからそのままうつるんですね。」
が日本語として変だったので聞いたのですが。
ま、いいか。
因みに1と0というのもある意味比喩に過ぎない。
白・黒でもよければ+・−でもいいんだよーん。

612 :麗奈:2001/06/06(水) 06:53
トルストイ読むのってかなり読書好きなんだろうね、っておもう。なにせ共感ってのができない。やっぱり自分を重ね合わせられないと本なんてよんでられないよ。
あゆにドストエフスキーと同じモノをかんじる。。音楽も同じね。趣味の人は楽しいだろうけど、自分を重ね合わせられない音楽なんかきいてらんない。つまり音楽といっても歌詞だけ聞いてるってかんじかな。そんなこんなで、ドストエフスキーには芸術というものをかんじない。あくまでも文学、という感じがしている。チェホフは能力のある繊細さを抱えた芸術家って感じね。実感というものをかんじるの。たとえ創作であっても。
とかいいながら、カラマーゾフは、高1のとき英訳本で読もうとして挫折したまま読まず仕舞い。。。



613 :求人案内:2001/06/06(水) 09:00
トルストイって自分を重ね合わせられないの?


614 :作家志願:2001/06/06(水) 11:56
話の流れ無視して参加(トルストイ知らんだけだったりする)
>>531
結構ものすごい酷評したのに、逆ギレしなかったのは立派。
曝し慣れているのね、求案は。
どんでん返しのことを少し。
わたしの意見なんですけど、「読者が置いて行かれる。本の世界からはじき返される」
急展開がダメなものと思う。
どんでん返しにも、理由があり、必然性があると思う。
それは、今まで紡いだ物語を否定してはいけないということ。
主人公の行動を否定するような展開は、難しいツールとして扱うほうがいい。

あと、何書きたいのか、何を目指しているのか。答えて欲しいんだけど。
わたしは、自分の妄想を形にしたくて書き始めた。
そして自分を表すには文章が最良だと悟った。
書きたいものは、その妄想の中に生きているキャラのサーガ。
FSでもSFでもギャグでも、ジャンルは問わない。
もちろん、テーマは大切にする。

目指しているものは、妄想を完全に文章化すること。
綺麗に言うなら「夢をみんなにも見てもらい、共有して欲しい」てことかな。
ツキナミだよね。

615 :求人案内:2001/06/06(水) 12:12
作家志願さんの文法は説得力がありますね。
531の後やっぱり投稿する力はまだないな〜と実感しましたので
虎の穴に幾つか送ります。
何を書くのかはまとまりがないので、その作品を書いて皆さんの意見をいただいて
それから的を絞りたいですね。

妄想というとどんなものですか?作品をあげるとしたら?
極端に非現実で空を飛んだりするものでしょうか?




616 :求人案内:2001/06/06(水) 12:15
まだ一月経ってないのに随分色んなことを話しましたね。
・・・虎の穴の駄作と合わせてよくこんなに書いたな〜とか思います。

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/06(水) 12:34
まま、直書きせずじっくり推敲すればいいもの書けるじゃない。
俺なんかよりずっといいのをネ。悔しいけど。

618 :名無しさん必死だな:2001/06/06(水) 19:15
>>615
妄想の概要か…。
近いものは「バンパイアハンターD」「ベルセルク」
「スペースアルプス伝説」「るーみっくワールド」
「風の谷のナウシカ」
とにかく、それらをごちゃ混ぜしたり曲解した世界かな。
空飛ぶキャラが出てくる小説は難しいので、書かない。
スカイダイビングの経験でもあれば、
かけるかもしれないけどね。

「書くものにまとまりがない」か。
小説書くのが楽しくて仕方がない時期なのね、求案くん。
中学生から書いて十年間。
独学で、プロを目指さずにやってきた。
十年目からプロ目指す決意をした。
そのときにぶち当たった壁は、自分が書きたいものは何なのか?
あれじゃないこれじゃないと、試行錯誤したのを良く覚えている。

小説で成したいものを見つけるのは、
他ならぬ自分自身。
あらゆる表現方法とジャンルを試すことだね。
自分が一番楽しめて、他人も喜ぶ小説を見つけよう。

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/06(水) 19:25
やっぱ、俺が見込んだ通り、おまえ面白い。

620 :作家志願:2001/06/06(水) 19:57
>>618
あれ?コテハン書くの忘れていた。ゲーハー板にもいるから、
その名前が…。
>>619
まあ、俺は変わっているからね。
ピアノも独学一年で習得したし。
その間、鍵盤に触っていない日は一日足りともないよ。

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/07(木) 06:42
んで、作家志願さんの正体は?

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/07(木) 07:07
ドキュン厨房

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/07(木) 07:36
>>621
ひろゆき

624 :求人案内:2001/06/07(木) 08:29
なんか、暗くなってきました。
なんでだろう。
たまに、なるな〜。
集中力がきれるの。

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/07(木) 10:11
>>621-623
君らよりうまいのは確実

626 :作志:2001/06/07(木) 10:19
作家志望と作家志願はわたしの混乱が招いた同一人物なので
「作志」(さくし)に統一する。
ここによくいるから、ここで宣言。求案くん、混乱させてすまぬ。


627 :求人案内:2001/06/07(木) 11:02
作志は一発変換出来ないから辛いですね。

628 :求人案内:2001/06/07(木) 11:22
改めて、どれくらい勉強すべきかを考えるとどうなるのだろうとふと思います。

僕はやっぱり言葉を覚えたいな〜と思っております。
美しい言葉の羅列それが目標。

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/07(木) 12:00
>>620

習得、ね。
朝一番から我が家に明るい笑いをもたらしてくれた君に、感謝。

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/07(木) 12:12
求人君はパソコンの勉強をするべきである。

631 :求人案内:2001/06/07(木) 12:14
何弾くのか興味津々。

632 :求人案内:2001/06/07(木) 12:16
おっ、タイミングぴったり。
パソコンで何を勉強するのでしょう?

まだまだ僕の知らない機能に溢れてそう。

が・・・余りできそうにない。

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/07(木) 12:37

語彙を増やすのも、もちろん大事だけれど、
小説を書くための訓練も、しておくことをおすすめする。
それは、普段から
ひらめきを文章化したり、見かけた人物を描写したり、その生活ぶりを想像してみたり、といった
ことだけでなく、
原稿を書きすすめるペースを保つことや、
一番頭が動く睡眠時間を知ることや、
ストレスを発散する方法を見つけておくようなことも、じつは
凄く大事。
ジンクスをみつけることも、励みになるよ。


634 :求人案内:2001/06/07(木) 12:48
お〜、深い。
プロに教わっているみたいだ。

ペースを保てる工夫をしないとな。
締め切りがないとだらけますよね。

635 :求人案内:2001/06/07(木) 14:41
尾崎豊の詩について意見のある方お願いします。

数々の曲があるなかで彼の詩ほどイメージの豊富な詩はないのではないかと思います。
別に難しい言葉を使っているわけではありません。
彼は洗練された言葉の組み合わせで僕達に歌いかける。

彼のような言葉づかいを覚えたい。
可能か不可能かの論議ではなく、彼の言葉づかいはこんな感じだみたいな
皆さんの尾崎観を聞かせてください。

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/07(木) 16:30
尾崎?
ヤンキー賛歌じゃねえの?(藁

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/07(木) 16:31
とりあえずロートレアモンか、ランボー読んどけよ。
訳本でもいいから。
酔っ払えるぞ(藁

638 :求人案内:2001/06/08(金) 02:26
呑みてーでも何もない。

639 :求人案内:2001/06/08(金) 02:35
静かな世界・感想求む。
(こんな時間に言っても仕方ないかな〜)

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/08(金) 02:43
あ、やっぱ求人君か。
>静か

641 :求人案内:2001/06/08(金) 02:46
今度、うるさい世界でもかいてみようかな。

642 :求人案内:2001/06/08(金) 04:27
皆さんの作品どれですか?

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/08(金) 07:27
求人君は何書いている人なんですか?

644 :求人案内:2001/06/09(土) 03:12
・・・なんかすごく風当たり強いの?・・・かな?
鬱になりそう。



645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 03:28
求人君は、ほかにどんな板いってるん?

646 :求人案内:2001/06/09(土) 03:31
大分弁やねん、それ。笑
今はいってないです。
せっせと投稿しようかなと。

647 :吼えクマ:2001/06/09(土) 03:54
起きてるか?求

648 :吼えクマ:2001/06/09(土) 04:06
もう4時か。 おやすみ。
静かとか言うの、誰も感想書かないから、書いといた最初に

649 :求人案内:2001/06/09(土) 04:18
また、出すので読んでください。

主人公というのは感想ばかりを言わせるようになって個性が出ませんね。
所謂、僕なのだけど・・・僕自身が定かな奴ではないらしいので。笑
なかなか、難しいですよ。

650 :求人案内:2001/06/09(土) 04:19
クマさんは作品書いてますか?

651 :吼えクマ:2001/06/09(土) 04:23
ああ、実は今日も酔っ払ってるんだけどさ。

書いてるよ。
「ワ」とか「近」とか。

いちばんはじめに送ったのは、実は、「太郎」って過去ログにのってるやつ。

昨日、もいっこ送ったけど、それは戯れ。

652 :求人案内:2001/06/09(土) 04:30
・・・酔っている時しか来てくれないですね。笑
「ワ」や「近」は今の所ですね。
出かけてこよう。

653 :求人案内:2001/06/09(土) 04:34
ワールズと近藤君?

654 :吼えクマ:2001/06/09(土) 04:38
そ。
「ワ」は14くらいに、なんか「おりてきた」ようなネタ。
青年との話しは、足した。 今のオレなりに。

「近」は、18くらいの頃の友達の思い出を書いてみた。
剣道やってたし。

655 :求人案内:2001/06/09(土) 04:42
 近藤君の方が僕は、好みです。何度くらい校正しました?
或いはノンストップ?

どういうジャンルが好みなのですか?


656 :吼えクマ:2001/06/09(土) 04:56
ジャンルの好みは、今、とくにないよ。

近藤は、ちょっと実験だったから、楽しんでもらえたら嬉しいよ。
基本のフレーズをいくつかノンストップで書いて、
書いてる途中で校正。
3日たったくらい(飲んでない日を見計らって)パズルみたいに
組み合わせたよ。

投稿したのは、その後の日で、いくつか「あとで直しとこう」みたいの
忘れてそのまま出した。
感想でつっこまれてるよ、そこ。

そういうのがなきゃ、虎の穴も楽しめない、かもね。

すこし、物を書く、って気持ちが盛り上がってきてるんだ、実はオレも。
虎の穴のおかげかもね。
ぜんたいの質とかは置いといて、やっぱり、ひっかかるものがあるから。

今度、昔書いた200枚くらいのを、
のっけてみようか、と思って、今、打ち直してる。
元が原稿用紙だからさ。

657 :求人案内:2001/06/09(土) 05:12
お〜。圧巻。
100枚以上の作品を虎の穴で見たことがない気がしますが、
見過ごしているだけでたまにあるのでしょうか?
紙数を多くしていって評価しあいたいですよね。

原稿用紙を打ち直すのは面倒くさいけど、勉強になりますよね。
不可解な文章が分かってくる。
虎の穴に送ってもう少しいい評価を貰おうと思ったら僕の場合もう一回は最低打ち直した方がいいと
痛感しました。
ただ、なかなか余力がないですね。
若いからか書けたらすぐ送りたくなるし。
悩みの種ですよ。

それと質問。クマさんは編集とかがお仕事ですか?

658 :吼えクマ:2001/06/09(土) 05:33
デジタルな仕事。残念乍。
つきあってるお客さんには、出版社とかあるから
そういう仕事では、編集とか文章書くとか(企画書とかも含めて)
やり続けてるけど。

ずっと、何か作るとかやりたいことしかやってなかったので、
ここ数年、商いの勉強中。
前にも書いたかも知らんけど、俺の家、商いの文化がまるでなかったからさ、
新鮮だよ。

いつか、そういう話しもするよ。

虎の穴、(こういうのもアレだけど)石の数が増えてるから、
長いの出すのは少し躊躇うよ。
まぁ、でも、少なくとも自分は、石ではないものを放るつもり。
と虚勢をはり続けるつもりではいるよ。

書いたら、すぐ出したいのは、わかるよ。
書いて誰かに読んでもらって感想もらう、で文章書くのは一式だから。
(読者を見つけることが一番だいじ。でも10人より1人の真摯な読者)

俺は、今は読んでもらえないけど一生で一番の読者、に
心の中に居てもらってるつもり。
書いた後や、一段落終わったとき、
その人に読んでもらったら何て言うか?って考える。
その度、無理をしてでも心の中でその人に会おうとするので
(幻視する、とかそう言う感じ? ちょっと、いってる人みたいな言い方だけど)
書くより、読むほうがたいへん。

虎の穴で、感想書く時もそんなかんじ。

659 :求人案内:2001/06/09(土) 05:48
その、商いの文化がない家だったとかは、やはり自分の書くものにつながるわけですよね。
子どもの頃の環境は大きいですよね。
ちなみに、別府は商いの町ですから(だったの過去形かも)独特ですよ、人々の気風が。
隣町をと全然違うんですよ、驚くくらい。理由は社会科の先生と話したけど分からなかったけど。
・・・地方分権、賛成。笑

下の方は大切な思い出でしょう。恋人とか、尊敬した人とか。
それは今は、聞いてはいけないと僕は思います。
次の200枚に出てくるのかは分からないですけど、何時か作品として完成された形でそれを読んでみたい。

その人を通して見ることによって、自分の視点が際立つ?
司馬遼の言う虚空の一点から見下ろすとか、西洋の神を通して世の中を見るとかそんなのつながっていますか?
作品に影響のない範囲で聞きたいですね。
(僕は作品としてそれを読むともう決めつけてますね)

虎の穴は、いつか虎の穴文壇がうまれないかな〜と思っているのは僕だけ?笑
虎の穴で何年か本気で修行したら間違いなく1作目新人賞は取れるとか思っているのは
甘い考えでしょうか?


660 :求人案内:2001/06/09(土) 05:52
分かった。
ストマックもクマさんだ。

661 :求人案内:2001/06/09(土) 05:55
あら、違うかな?
ストマック書いた人は頭いいだろうな〜とか思いますね。

662 :吼えクマ:2001/06/09(土) 05:56
<一段目>そうだと、最近になって実感した。
<二段目>正しい。 稀な人格に何人、心の中に住んでもらえるかだと思う。 またいつか。
<三段目>たぶん。 だから感想に「多面的」と言う言葉を使ってみた。 これからだよ。
<四段目>どれだけ真摯な読者を獲得できるか、だと思うよ。 今も、その可能性のある人、数人だと思う。

そろそろ、寝ます。
また。

663 :吼えクマ:2001/06/09(土) 05:59
あ、投稿したら、いくつも入ってんの。

胃の話しは違うよ。
手紙の返事に見立てて書いてみただけ。
読むのと書くので15分くらいだったから、ひどいもんだ。
見立てになってねーや。


664 :求人案内:2001/06/09(土) 06:55
僕も真摯になろう。
頑張りましょう。

(う〜バイトきょう死にそう)

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 07:45

なにやってんだ?こいつら(藁

666 :ヘタレ物書き@〆切厳守:2001/06/09(土) 08:23
そういえば、幻の熊さんと同じ人でしょうか?
どのスレだったか忘れたが……

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 08:27
近藤君を書いた?くまさんネナベだったんか?

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 08:42
ワ〜 は結構好きだったので、鬱だ。
あんなやつが書いていたのか。
まあ、世の中そんなものか。

669 :求人案内:2001/06/09(土) 09:12
・・・クマさんの悪口?

668さんの作品はさぞすごかろう。

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 09:39
>>669 ワラタ

671 :668:2001/06/09(土) 09:49
>668さんの作品はさぞすごかろう。

ベタベタないやみだねぇ。求人君。
俺は「作品は良かった」と、誉めたのだよ。
わからないか、子どもには。

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 10:12
あんまりベタベタしてると、801板にちくられて
求人君×吠えくまの妄想小説を書かれちまうぜ w)

673 :名無しさん:2001/06/09(土) 12:03
>>671

ストレートなだけに効いたみたいだな。求人くんに煽られたんだからたいしたもんだ。

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 12:13
求人語録っていう本つくったら売れるかな?


675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 12:15
求人よ、求人案内ってHNも飽きてきたんじゃないか?
求人伝説とか新しいの変えてみたらどうだね?

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 12:18
求人くんのクマさんへの愛が感じられますね〜。

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 12:23
求人ってオナペットは何使ってるんだ?


678 :求人案内:2001/06/09(土) 15:27
げらげら。
川島和津実・・・知ってる?

679 :求人案内:2001/06/09(土) 15:37
やばい。頭が飛んできた。
もっと、ちゃんと会話しないと。

680 :求人案内:2001/06/09(土) 16:08
裸体は最大の芸術なのに・・・。
と、いうか暇だ。のどかすぎて。のどかすぎて。

 別に書きたいこともないし・・・。

 あっ、あった。
 文章を書くということは=垂れ流し?
 自分の精神状態にもいいという話もあるけどあれはほんとうか?
 自分が書くものって明るい時と暗い時と違いますよね。
 そして何か自分の深い心理状態を暗喩しているようなところ。
 あれはどうなんだろう?真実味はあるのだろうか?
 やはり作品を書くことは気持ちのいいことだろうか?

 僕の場合書くことから抜けられない気分になっている。
 どこかそれが快感になっているのだ。
 ・・・トリツカレタノダロウカ?

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 16:23
物を作る行為と言うのはある意味、病で業なのだ。
自分自身でクリエイトする物、その世界では自分は神であり、
どんな大人物の運命をも自分でコントロール出来る。
この快感を味わうと、人はそこから抜け出ることができないし、
実生活にもいろいろな弊害が起こる。
たとえば、人の言動が自分の理解を超えていたとき
それが妙に癪に障ってつい攻撃的な言葉を吐くとか。
腕の立つ作家などに、妙に性格がいがんだ人が多いのは
そのせいなのかもとも思う。

682 :求人案内:2001/06/09(土) 16:31
病で業なのですね。かなり681名無しさんもいってますね。笑
僕の場合そこを理性で押さえていきたいな思うのですが無理ですか?
年をとっても気持ちいいんだ。
正に手淫ですね。

クリエイティブな人は往々にしてそうですね。
彼らに見習うべきは、狂い死ぬことだろうか・・・。(結構、まじで)


683 :求人案内:2001/06/09(土) 16:53
というか、

684 :求人案内:2001/06/09(土) 16:53
kumasandenai?


685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 17:20
ちないます、アホクマといっしょにされると
プライドがずたずたであります。
くまはコテハンなので、名無しの人は別人と
思ってくだされ。
(二三人、名無しで常駐してる人がいるみたいだヨ)

686 :求人案内:2001/06/09(土) 17:25
おっ、素晴らしい方。
681の意見僕は好きです、正直言って。

コテハンとは?
よくわからないけど、兎に角それいがいの名前でも来てますよ、ここに。きっと。

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 18:00
コテハン……
固定ハンドル。吠えクマ、クソ番長、求人案内等の同じハンドルネームで
書き込む人を言う。

つーか、あんたまだ2チャンの初心者案内読んでないね。

688 :求人案内:2001/06/09(土) 18:09
クマさんはコテハンかな〜。
毎日名無しで書いている気が・・・?
まあ、虎の穴に行く人はコテハンにして正確に自己アピールすべきですね。

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 18:29
あほ。
2ちゃんは名無しが常態なの。
虎穴でコテハン使っていいし、使わなくてもそれは本人の自由で、
どちらかと言うと使わない方が良く機能すると思うぞ。


690 :猫くん:2001/06/09(土) 18:44
こんにちは、久々に遊びに来ました……。

>>688
吼えクマさん…というと、ああ、あの熱い人ね。
あまりに熱いので無関係な人まで巻き込んで怒られてしまう。(w

コテハンは、私はスレごとにでもいいから、
多いほうがいいと思うな。
こういった議論型のスレは名無しさんが多いと
進まないでしょう。

691 :求人案内:2001/06/09(土) 18:44
笑。
そうですね。
僕はネタばれしてるからか評価低いですよね。
「あいつが書いたのか〜」は人間心理ですね。

692 :求人案内:2001/06/09(土) 18:46
690
ですです。
Aさんbさんでいいからと思います。

693 :求人案内:2001/06/09(土) 19:20
虎の穴に簡単に行く方法を教えてください。
いつも上のを引っ張り出して行っています。

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 19:33
なんだか、俺パソコンのお兄さんのような気が……

インターネットエクスプローラ(以下IE)を使っているなら
・まず虎の穴に行く。
・IEの窓の上から三段目、戻るのある列のお気に入りってボタンを押す。
・そうすると左になんか窓が付くから、そこの二番目の列の追加ってボタンを押す。
・窓の中に虎の穴って出るから、今後はこれを押せば虎の穴に直行出来ます。


695 :求人広告:2001/06/09(土) 20:06
>>693
その前に、ちゃんと2chのQAとかガイド読みよ。

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 20:11
>>693
おめえはいちいち人に聞いてばっかりだから
書くものもつまらねえし、話すこともつまらねえんだよ。
ちったあ、てめえの頭で考えろ。


697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 20:23
川島あずみでヌイテルのか。
ロリコンなんだな。


698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 20:30
求人は最近のAV女優だったら誰が好きなんだよ?
いちごみるくなんてどうだ?
ちなみに漏れは黛ミキでモンキーのごとくヌイタもんだ。


699 :求人案内:2001/06/09(土) 20:58
最近のって、最近の見たことないし。

697に一途ね。
好き嫌いがはっきりしててはまったら全部見るがもっとーです。
一緒に借りに行く奴募集。笑

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 21:04
川島あずみばっかり見てるのか?
SMとかゲイとかスカトロにはまったく興味ないのか?
あんまり同じようなフォーマットばかりに浸かっていると創造力が萎えるぞ。


701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 21:07
シンデモイヤダ…

702 :求人案内:2001/06/09(土) 21:24
694さん、いつも、ありがと。

703 :求人案内:2001/06/09(土) 21:25
ゲイは駄目。
SMはオッケイ。

704 :求人案内:2001/06/09(土) 21:26
なんか、変な話で盛り上がりますね。

705 :猫くん:2001/06/09(土) 21:29
ええっと、今一週間分のレスを読んでいます。
で、いくつかの質問に放置された物がありましたのでちょっとお答え。

627 名前:求人案内 投稿日:2001/06/07(木) 11:02
作志は一発変換出来ないから辛いですね。

一発変換の仕方は、「単語登録」します。
1.画面の右下辺りにあるIMEツールバー(……は、分かるよね?般とかCAPS KANAとか
  書いてある奴)の左から4番目「単語/用例登録」というのを左クリック。
2.左肩に画面が開くから、それにそれぞれ登録したい単語と読みを入れます。
3.そこの画面の登録ボタンを押して一丁上がり。
(4.単語/用例登録画面は×ボタンで閉じられます。)

でも随分いろんな人が来たんですね〜。人気者じゃない? 求人案内さん。

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 21:33
SMは許せるのか。
やっぱりSか?
ケツにダーツ刺して遊んだりするのに憧れるのかな。
それとも乳首に針つきとおすか。


707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 21:40
ぎゃ、針師がいるぞ、いたた。

708 :求人案内:2001/06/09(土) 21:43
猫さん
勉強になります。
名前とかそれで作るんですね。
そういう機能があるのは知っていましたが、実際どう使うんだろう・・・みたいなのが多いです。

終わったのですね、作業は。
いいの出来ました?

一回、何かのお祝いとかこつけて文芸版で呑みに行きたいですね。


709 :求人案内:2001/06/09(土) 21:45
SMは両方の側面がありません?
両方いいじゃん。

・・・猫さんは女性の方だったような・・・?

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 21:47
>>709
下心でもあるのか?(藁

711 :求人案内:2001/06/09(土) 21:51
今日は発言は控えたほうがよさそうだ。
酒は飲んでないけど、頭は酔いきっている。


712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 21:52
>>711
いつもじゃないの?

713 :エロ師@フランス:2001/06/09(土) 21:52
乱交は?

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 21:57
>>713
彼女とは普段、どんなプレイを楽しんでいるのかも気になるな。
俺は一度剃毛プレイをさせてほしいんだが、許されぬ。
自分の剃っても楽しくねえしなぁ。

715 :求人案内:2001/06/09(土) 22:00
パソコン持ってエッチネタ行きましょうか。

716 :求人案内:2001/06/09(土) 22:02
「穴?」
はよかった?

717 :求人案内:2001/06/09(土) 22:05
712はある意味褒め言葉?

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 22:05
>>715
>>716
何の話してんだか意味がサッパリわからねえ。


719 :求人案内:2001/06/09(土) 22:05
あ〜まじで寝よう。

720 :求人案内:2001/06/09(土) 22:07
715ニュアンスです。
716虎の穴のわけのわからないやつ

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 22:07
なんか、求人君、今日いつもにもまして壊れかけてないか?
的確な言葉を返すが良い。

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 22:07
寝るがよい。

723 :求人案内:2001/06/09(土) 22:17
715のこと?

724 :求人案内:2001/06/09(土) 22:18
し、しまった。
あげてしまった。
これこそ、失礼だね。



725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 22:19
>>724
いや、存在自体失礼なので、気にせずどんどんアゲていいよ(w

726 :求人案内:2001/06/09(土) 22:22
今日は無礼講で、ですね。

・・・そうだ、マブダチが来たからだ。完全に切れてるもん。

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 22:23
もうたまらん……
何なんだこいつ?

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 22:25
>>727
創作板のアイドルさ(w

729 :求人案内:2001/06/09(土) 22:28
でも、真面目な話もやってもらいたいな。
俺の友人は反論の名人でして的確なつっこみを入れてくれますよ。

「若者」で友人が僕に尋ねたことは、皆さんに尋ねたことと同義です。
彼の質問「例えば、小説書いてどうすんの」に答えていけば、
写実対妄想の議論よりすさましくなると思います。
ひいきにしてやってくださいまし。

730 :求人案内:2001/06/09(土) 22:29
土曜なのに人が少ない?

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 22:30
求人君は議論とセックス、どっちが好き?

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 22:30
>>730
土曜だから、みんなえっちらおっちら書いてんだよ。


733 :求人案内:2001/06/09(土) 22:31
議論

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 22:31
そういうことは友人氏とメールで交換してくれ。

735 :求人案内:2001/06/09(土) 22:32
セックスしながら議論するんだよ。

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 22:33
>>733
か、かっこいい!
俺にはとても言えない台詞だ(w

737 :求人案内:2001/06/09(土) 22:33
こうやって、ああやってな。

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 22:35
>>735
その様を得意の描写で表現してくれないか!?

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 22:36
写実的にお願いいたしますデスはい。

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 22:36
求人君大暴れ祭り

741 :求人案内:2001/06/09(土) 22:37
ご、ごめん、てぃ、ティッシュ、かしてくんない。
僕は夢の中で今書いている。

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 22:39
>>741
絶句。

743 :求人案内:2001/06/09(土) 22:42
って、誰でしょうか?
735は?
乗せられた。
あれ僕ではないよ。

(初めてパクられた〜。記念に飲みましょう。順番にいっきしませう)

・・・いっき・・・ってどういう字?

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 22:43
>>74
関係無いことですけど、これってガセだったんでしょうか。
今月の文学界にそれらしい人が居らんのですが。

745 :求人案内:2001/06/09(土) 22:44
「おにぎり」好きですか?

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 22:45
>>744
あらま、そうなんか。
ひょっとしたら自称プロってやつだったのかも(w

747 :求人案内:2001/06/09(土) 22:46
やってたんでしょう。
「どれくらい〜」は最初プロの方が多かった。

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 22:47
>>745
        おにぎりワッショイ!!
     \\  おにぎりワッショイ!! //
 +   + \\ おにぎりワッショイ!!/+
                            +
.   +   /■\   /■\   /■\  +
      ( ´∀`∩ (´∀`∩) ( ´∀`)
 +  (( (つ   ノ (つ  丿 (つ  つ ))  +
       ヽ  ( ノ  ( ヽノ   ) ) )
       (_)し'  し(_)  (_)_)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
これか?(藁

749 :求人案内:2001/06/09(土) 22:52
ノー。
虎穴です。
コントの傑作。
ダウンタウンが好きですよ、作者は。

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 22:55
>>749
そうか、求人が傑作というんだから間違いなく傑作なんだろうな(w

751 :求人案内:2001/06/09(土) 22:56
僕の主観ですけどね。
あれを100書いた本があったら、中学生だったらという但し書きをつけて買いますね。

面白かった。
作者に会いたい。

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 23:00
今、新たな恋が芽吹きました(はぁと
求人くんの思いは通じるのかな?
みんなはどうおもう?

753 :求人案内:2001/06/09(土) 23:02
さあ、夢を見ながら寝ましょ。
おやすみなさいまし。

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 23:16
寝ろ。今日は分解しすぎだ。

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 23:25
>>672
求人君×吠えくま……求人君が攻めっていうのがいいね(w

吠えくまは学園の暴れん坊。
(なぜあいつの存在がこんなに気になるんだ)
だが、転校生の求人に出会ってからは調子を狂わされっぱなしだった。
(似てるからか……昔の俺に)
しかも雨の中、ずぶぬれになった子犬を助けた所を見られてしまい
「あなたは本当は心の優しい人なんです」
と迫られ……

756 :求人案内:2001/06/09(土) 23:26
鬱駄死脳

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 23:29
>>756
偽者発見!

758 :猫くん:2001/06/09(土) 23:31
>>755
求人案内さんにボーイズラヴはちょっと難しい気が……(w

759 :755:2001/06/09(土) 23:34
ごめん。
やっぱり
転校初日にいきなり遅刻しそうになって、トーストをくわえながら走っていた求人君が
吠えくまと出会い頭にぶつかるところから書かなきゃいけなかったんだね。
逝ってくるよ。自らの手で。


760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 23:37
政治家連中でやおい妄想爆発させる、801板の姉御達の手に掛かればもう。
男が二人いれば × 発動だぜ!!

761 :このスレだけコテー使いたくなってきたけど:2001/06/09(土) 23:38
亀レス。「ワ」と「近」、熊さんが書いたっての、
うわぁい、超違和感。
わからんもんだな。

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 23:41
>>761

だよなー、「ワ」と「近」って距離が凄い遠い、その上よう、
近藤君って新撰組のヤオイやん……

クマさん、婦女子説、発動。

763 :スレだけコテー:2001/06/09(土) 23:43
つかぬ事お訊きするけど求人君って童貞?
コンドーム読んでて気になったんだけど。
そこはかとなく川端康成の臭いがする。

764 :スレだけコテー:2001/06/09(土) 23:47
>>762 いや、そんな妄想はどうでもいいけど
俺ファンになったよ。
あんな両極の書く(しかも評価がいいんだな、こりゃ)
人が同一人物だとは思わんかった。


765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/09(土) 23:50
求人広告×吠えくま

突然現れた偽の求人君(2Pカラー)が吠えくまに迫る
「求人はそんな淀んだ目はしていない」
愛の力か、1ナノ秒で偽物に気付く吠えくま
しかし求人広告の恐るべきテクニックの前に屈服するのだった
「愛だと?フハハハ、この求人広告にそのようなものは不要!このまま獣になり果てるがいい!」
大ピンチ!
求人君は間に合うのか!?


766 :スレだけコテー:2001/06/10(日) 00:00
>>765
バカっぽいけどおもしろいな。
書いてよ。

誰もいないみたいだから寝るね。
求人君、スレ汚しすまんね。

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 00:03
>>766
はじめから汚れだモナー


768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 00:04
>>767
激しく同意

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 00:04
あ、本人の前で毒舌ふるってた気がするな。
うひゃひゃ。すまんのう。

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 00:05
↑自作自演っぽいな(w


771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 00:54
「吠えくま!」
求人君がかけつけたとき、すべては終わっていた。
「見るな……求人……俺を見るな!」
「フハハハハ……つらかろう。口惜しかろう。畜生と成り果てた己を、愛する者の御前に晒すのはなァ!
どうだ、求人。これがお前が愛した男の本性よ!所詮肉体のうずきには勝てん三下よ!」
「悪く言ったな……吠えくまを悪く言ったな!」
殴りかかる求人君。彼の拳が求人広告の顔面を捉える。
「なっ!……」しかし倒れたのは求人君の方だった。
「ククク……私は貴様の影。私が傷つけば、貴様も傷つくのだ」
動揺する求人君。このままなすすべもないのか。
「やれ!求人。あいつのいうことなど気にするな!」
「吠えくま!……でも」
「俺はお前のおかげで目がさめたんだ。お前がいなければ俺は堕ちていくだけだったろう」
「……」
「俺には、お前だけだ。お前を失いたくない……求人。俺はお前の力を信じてる!」
「吠えくま……」
「美しい!実に美しいよ君達は。まるで世界一汚い便所の中に潜ったら、限りなく透明に近いブルーだったようだね!
だが……私の前には無用ッ!」
「求人広告!あなただけはッ!」

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 00:56
>>771
ヴァカだなぁ。
惚れてしまうよ(ワラ

773 :771:2001/06/10(日) 01:10
何度も交差する二つの拳。やがて、一つの影が地面に崩れ落ちた。
「なっ……ばかな……なぜ……なぜ貴様は倒れないのだ……」
求人広告の体が次第に薄れていく。求人君は息を荒げてはいるが無事だ。
「お前が求人の影だぁ?冗談きついぜ。お前とこいつの、どこが似ているって言うんだ。
愛することから目を背けたときから、お前は既に負けていたぜ」
「……フ、フフフ……そうか、そうだったのか……私は、汚れすぎていたということか……
消えるのは、汚れた者だけ……『ド○アン・グレイ』……忘れていたよ。
だが、これだけは言っておく!貴様らの関係に未来などないのだ!
思い出すがいい!古来よりの掟を!
ア○ロ×ランバ○ルは成立していたか?
否!
クラ○ド×バ○ットが受け入れられたか?
否、否!断じて否ァ!
思い出せ。801の世界でくま系がどのような扱いを受けてきたのかを。
私が倒れてもいずれ第二、第三の刺客が貴様らを……ぐはァ」
「いいたいことはそれだけか」
吠えくまの一撃により、求人広告は消え去った。

774 :771:2001/06/10(日) 01:26
「求人……俺は……俺はお前に合わせる顔がねぇよ……」
「気にしないで。吠えくまのせいじゃないから。
もし襲われたのが僕だったら……やっぱり、耐えられなかったと思うから
偉いよ。吠えくまは」
「求人……」
「吠えくま……」
「求人、俺を呼び捨てにしたな?」
「え……あ、ごめん。つい……」
「いいんだ。うれしいんだよ。なんかこう……恋人だなって感じがして」
「吠えくま?今、なんて……本当に、本当にこんな僕でいいの?」
「あたりまえだろ?他に誰がいる……」
「吠えくま……僕は……」
「求人……今度は俺の方から……してもいいか?」
「うん……優しく……してください」
強敵の来襲を乗り越え、より強く結ばれた二人。
だが平穏な日々は長くは続かない。
「ゆるさない……生徒同士でこんなこと……絶対に許さないから……」
二人を影から見つめる謎の人物の正体とは。

次回・どれくらい勉強すべきですか?「保健室の青い罠」に……
Let's 801!
合言葉は「801板に逝け」……

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 01:28
>>774
マンセーにいれとくよ(w

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 02:06
うーむ。これはなんだな。マンセだ。

777 :求人広告:2001/06/10(日) 02:44
おもしろかったよ。
俺消えちゃったけど。
もっとつっこみたかった、鬱。

778 :求人案内:2001/06/10(日) 09:12
なんだ、これ。

というか、上はあらしとかいうのですか。
初めて見たフーリガンも真っ青だ。

779 :求人広告:2001/06/10(日) 09:22
>>778
上っていわれても、君の上には777個レスがあるぞ、
どれかわからんな。

求人XクマX広告の801小説オモロイ。

780 :求人案内:2001/06/10(日) 09:25
何?それ?
今からバイトだから。
帰ってきたら教えてね。広告ちゃん。

781 :求人広告:2001/06/10(日) 09:35
……君に聞いてるんだよ、君に!

>というか、上はあらしとかいうのですか。
とあるが、この場合「上」とはどのレスを指しているのか?
アラシといっているあたりでは、あるいは801小説のことを
指しているのかもしれないが、求人広告の

>おもしろかったよ。
>俺消えちゃったけど。
>もっとつっこみたかった、鬱。

を指しているとも見える。これはたんなる、801小説への
感想なのだけど、君にことだから……

だから、君がアラシだと感じたのは「どれなんだよ?」って
聞いてんだよ。聞いているだけだから無視してくれ、
あたしは白い壁に向かって話す種類の人間だから。
以上。バイトがんばれ。何でもきちんとやる癖を付けておいた
方がこれからの人生に役立つと思われ

782 :求人案内:2001/06/10(日) 09:41
俺以外のレスはみんな糞。
てめぇの靴に糞させて食わせるぞ、ゴルァ

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 10:18
6分間リロードしまくり(藁>>781-782

784 :猫くん:2001/06/10(日) 10:21
>>782
これ、偽者でしょう?(w

求人案内さんの言う所の荒らしと言うのは、やおい話だと思われ……
やっぱり男性ねえ。

785 :求人広告:2001/06/10(日) 10:26
あれはあたしだ。ジョーダンですよ。
>てめぇの靴に糞させて食わせるぞ
ってのはリチャード・バックマンの
ランニングマンの中で、ブラッドリーという
黒人青年が使っている台詞。
ただそれ駄けぇ〜

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 10:59
なんだ、みんな早起きだなぁ。
言わなくてもわかってるよ>>785

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 11:21
あ、求広だ。

あなたまだハンドルかえてませんね、どゆつもりですか。
お兄ちゃんが雑談はここ〜の289 であんなにすてきな名前をつけてあげたのに
まだふまんですか。なにがいやなのですか。
わがままばっかりだと良い文学者になれませんよ。

788 :774:2001/06/10(日) 11:29
数少ないコテハンを動員して
実は構想は最終話まで完成済み。
別スレ立てていいですか(w

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 11:35
そのほがいいんじゃん>>788

790 :猫くん:2001/06/10(日) 12:03
>>787
広ちゃんでよいのでは(w

791 :774:2001/06/10(日) 13:05
スレ立てました。
「求人君サーガ」
でも、もはや801がどうとかいう話では……

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 13:36
>>778
>>というか、上はあらしとかいうのですか。
>>初めて見たフーリガンも真っ青だ。
そういうチミもアラシと同じだと思うぞ(w
フーリガンも真っ青の凶暴さだしな(ww


793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 13:56
求人サーガ、ワラタ。
暴走能力が高い人がいるなあ。
コテハンの弾数が少ないのが惜しまれる。

794 :猫くん:2001/06/10(日) 14:23
でも私30代じゃない……(w;

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 15:12
>猫君
わはは、なんか猫くんて家庭的なイメージあるから、結婚した主婦という
イメージがあったんじゃない。
つうか、アレはもう、暴走しすぎで求人、くまさん、広告、ねこくん、の名前だけ
同じなオリジナルキャラと思った方が良いと思いますな。
(アニメネタが下にあって、作品としては萎えるですが)

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 15:22
猫くんも求人も大人だな。
人をそしることは自分を同じとこまで落としていること。
この板もこんな厨房がのさばるようではなぁ…

797 :求人案内:2001/06/10(日) 15:37
違う。違う。
なんかアフガンとかいうのがあったでしょう。あれ何?かなとか思って。

798 :求人案内:2001/06/10(日) 15:40
あっ広告さんへ。

799 :求人案内:2001/06/10(日) 15:40
801って何?

800 :求人案内:2001/06/10(日) 15:42
くまさんは来てなかったのかな?
さては小説漬けだろうか。
いいことだな〜。



801 :796:2001/06/10(日) 16:10
そしるが掛かるのはサーガの人とかね。念のため(−−;

802 :求人案内:2001/06/10(日) 16:19
・・・?意味が分からなかった。
というか今でも分からない。
796の2行目って文おかしくありません?
そしることは・・・自分を同じとところまで落としていること、つまり落とすこと。・・・?



803 :求人案内:2001/06/10(日) 16:19
これって999番まで?

804 :求人案内:2001/06/10(日) 16:21
サーガは笑った。
もうちょっとネタっぽくってもいいけど。笑

805 :求人案内:2001/06/10(日) 16:21
今日は下痢だ。
飲みすぎた。

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 16:23
求人君、漫談。

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 16:27
幸せな男だ。いつか今の自分を思い赤面する日が来るだろうが、それまで自分を貫いてくれ。
ずっとそんな日がこなければ、それ以上のことはないのかもな・・・
がんばってくれ。もうレスはせんから…

808 :求人案内:2001/06/10(日) 16:28
広ちゃんへ
虎の穴では何書いてるの?
(コテハンの人っていいですよね、親しみが湧いて。
後はどれが誰だか今だに分かりませんです)

809 :求人案内:2001/06/10(日) 16:31
807
そんな日は一生涯こないよ。
たった一度の人生かっこつけてなんになる?

あんど、理由は?
というか、くまさん?

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 16:48
今の創作板は求人なしには考えられないな(w
いい盛り上がりを見せてるな!

811 :求人案内:2001/06/10(日) 16:48
この時間は暇だ〜。

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 16:50
いやあ、すばらしい逸材だよ。
ある意味偉人だよ。
(ほめてるわけじゃないからね)

813 :求人案内:2001/06/10(日) 16:52
807はイタズラ?(絶句)

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 16:52
>>808
どれが誰だか分かる必要はない。


815 :求人案内:2001/06/10(日) 16:59
どこかの小説で読んだことがあるけど、何かぼそっと言って去っていく人の後ろ姿って嫌だよね。
僕は後ろ姿がすごく嫌いなんだ。
すごく淋しいでしょ。

大概のことは話せば分かるんだ。
余り人は言わないみたいだけど、
ちゃんと理由を説明して言うと結構分かってくれるものなんだ。人って。
「あなたのこういうところが嫌い」っていう台詞で傷つく人はとても多いんだろうと
僕は思っているけど(結構そんなことはない?)夫婦でも友人でも、
「これだけはやめてくれ。こうこうこうだからやめてくれ」ははっきりいわないといけない。
そこに我々の未来のひとつの共存の形がある。

(ですので807さんは誰か存じませんが、
ちゃんと理由をいいましょう。で、色んな生き方あって、それらは全て否定されうるものではない。
「あいつは嫌いだ」はあいつの否定じゃないんだ。単なる自分の気持ち。
その人の存在はそれでもかけがえのないものなんだ・・・わかる?)


816 :求人案内:2001/06/10(日) 17:00
814
そうね。気にしすぎですね。
まあ、どうでもいいや。

817 :求人広告:2001/06/10(日) 18:22
あー、広告だ。
昨日はがむばつて書いたのだが、ちっともすすまなかった。
6時頃まで、ちょっと昼寝(?)してたのだよ。
もったいない、リアルタイムでつっこみたかったよ。

801 ヤオイだろ?
つまり男X男ってことね。

あー、なんだ。
虎の穴には昔4編投稿した。
何を送ったかは勘弁してくれ。
あたしも>>814と同じ考えなので。
2編は普通くらいの評価、
1編はダメダメ、
2編はよい評価だったよ、驚いている自分で。
ログが飛ぶ前のことなので、もう残ってないし、
再投稿する気はまだない。

あー、なんだ。
>なんかアフガンとかいうのがあったでしょう。あれ何?
は、もちろん変態嵐君だ。
だが君の書き込みが、一部の人間から
あらし同然に思われているというのも、覚えて置いた
方がいい。
偉そうにいうが人のコテハンをもじって書き込んでいる
あたしだって、いやなやつだしな。
あー、でもなんだ、あまりに「求人案内」という
人間が、あたしには強烈だったものでね。

818 :求人案内:2001/06/10(日) 18:37
広ちゃんへ
頑張ろうねえ、お互い。
新しいのを書いたら教えてね。

またエロダンもしよう。笑

819 :求人広告:2001/06/10(日) 20:16
鬱。寝ぼけていたようだ。
数が合っていない。
>2編はよい評価だったよ、驚いている自分で。
は1編の間違い。
何であんなに点が高かったのか、よくわからない。
自信作(?)の方はコメントが二つ、
「それがどうした?」だったから
落ち込んだよ。

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 21:47
>>819
うん、ありがち。
おいらもだ……

821 :サーガの人:2001/06/10(日) 22:11
すみません。そしっているわけではないのですが……
やっぱりそう見えるのでしょうか。
一応登場するのは後二人ですが(外伝は……)
悪役とはいえ、精一杯かっこよくするので勘弁してください。
801ネタも少なめにおさえますので、せめて最終話まではよろしくお願いします。

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 22:14
>>821
期待して待ってるYO!

823 :求人広告:2001/06/10(日) 22:15
機体上げ。

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/10(日) 23:19
求人くんサーガ、結構好評だよね。
漏れも好き。

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 00:20
作志かあ、やられたよ。
そういや忘れてた。

826 :猫くん:2001/06/11(月) 05:26
ねえ、求人案内さん、
そろそろスレの元のテーマに戻ろうよ。
吼えクマさんとの会話が終わった辺りから
お遊びモードになったままよ。

827 :求人案内:2001/06/11(月) 08:47
くまさんは神秘的だ。
夜中酒を飲んだときしか姿を現さない。

猫さんは朝方ですね。



828 :求人案内:2001/06/11(月) 09:45
元のテーマは「どれくらい勉強するべきか」ですね。
おいおいそんな掌編を書いてその上で個人的にお話したいと思っているのですが、
政治とか経済、或いは科学分野を取り入れながら小説を書くにはどうしたらいいだろうかですね。
アンサーは努力しなさいで終わりだけど知恵を出し合うのに意味がありそう。

で、なんとなく最初の頃とは違って作品と一体にならないとものを語れなくなってきたような気がしてます。

それでも、敢えてどれくらい〜周辺の話をするなら、
1写実
2物語展開
3会話文
の3点が僕の中では比重が大きい。その細部を「俺はこうしている」という形で皆が書いていったら、
お互いに勉強になりますね。
もうひとつ重要なのはやはり作品に入れる時間をいかにして増やすかとか、
それと現実との切り替えをどうするかですね。
前者は共通の議論。
後者は個人的な議論になりますが。

829 :求人案内:2001/06/11(月) 09:50
おっ、誰もいない。(こういう時のほうが集中はできますね)・・・(楽しくはないけど)

で、個人的な努力をしようと思って3番会話文を書こうというので脚本形式をとろうと思ってたら、
ふいにコンが浮かんだ。笑

2番は僕の場合、深く物語りに入っていって自分の心情を追いきるかにかかり、
3番はドラマを見ること(書き写すのがベストだが・・・余力がない)で克服しようと思っている。

1番は「言葉」次第だと思う。

以上今までのまとめ。感想。
ここから先はディスカッション。笑



830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 11:50
あんまり付き合えないけど、「笑」について。
>ふいにコンが浮かんだ。笑
の「笑」は求人くんの「自嘲」

>ここから先はディスカッション。笑
の「笑」は何? 求人くんの「テレ笑い」なの。(*)
これを見た第三者は「本気でディスカッションする気あるのか?」
とか「馬鹿にしてんのか」と思う人がいるはずだ。多くの人が
そう思うだろう。

他人が言葉をどう受け取るかに無頓着、あるいは気づかない
求人くんに台詞などかけるはずがない、と言われるよ。
って、心理学の本など読まなくても分かる常識だけど。

(*)の質問に答えて欲しい。

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 11:57
事の本質を見抜け!

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 12:01
>>831
誰に言ってるの? で本質とは?

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 12:04
現実とは夢の終わり
夢は現実の延長という事!

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 12:09
分からん……

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 12:11
何県に住んでるんだ?君は。


836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 12:16
そういう君は? って??

837 :求人案内:2001/06/11(月) 12:20
面白い833。
小説書く人でこのニュアンスが分からない人はちょっと問題ではないか?

それと830さんへ
なんか、僕に悪意がありそうですね。
その印のところは「皆でやろう」という笑いですよ。
深読みのしすぎ。
恐らく、じゃあその点をはっきりしろいわれるでしょうね。
細かいところについて一切僕はあなたと違って悪意はないのであしからず。

そういう疑い方をするのはあなたの心理にそういう思い込みがある象徴。
その点は早く見抜いて治療したほうがいいですよ。
世の中人はあなたにも僕にも大して悪意はもっていない。

俺は学校の友人達の姿を笑ったことがあったがね、こないだ会ってみたらそうでもなかったことに
きづいたよ。みんな頑張って生きてるよ。尊敬するくらいね。

繰り返し言います。
馬鹿になんかしていません。

838 :求人案内:2001/06/11(月) 12:21
でも、833は何にかかっているかが分からない・・・か?

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 12:37
求人…、やばいぞ。(マジ)

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 12:38
イタタ。
求人くんはクレタ人ですか。

>「皆でやろう」という笑いですよ。
議論を笑ってするの?
あるいは「皆でやろう」ということに笑うのはなぜ?
照れ隠しなの?

841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 12:49
受験勉強もした方がよいのでは。進路どうするのよ。

842 :求人案内:2001/06/11(月) 12:50
840さんは議論ってのは何だと思ってるの?

俺は皆で楽しみながらやるもんだと思っているけど。
反論しあうだけが議論じゃないんだよ。
納得しあい助長しあうのも議論だ。
総じて、楽しんでやるものだと俺は思う。

843 :求人案内:2001/06/11(月) 12:51
おい、てめえ。
841、840は誰だ?笑

中じゃないか?論法が似ているぞ。

844 :名無しさん:2001/06/11(月) 12:51
>>828
会話文のべんきょうねぇ・・・。
ドラマはそれぞれの見方があると思うけど、
俺はセリフよりむしろ物語展開、流れを重視して観るね。

それとコン見て思ったけど、
「」の連続だけで会話文の勉強だなんて安易だと俺は思うが。
あんたは「小説」を書きたいのだろう?
実験的に虎の穴を利用するのはかまわないと思うが、
最低限、小説として読める物を書けよ。

俺は短編小説の会話文を研究した方が参考になると思われ。

845 :求人案内:2001/06/11(月) 12:58
844さんへ
なんて論法が似ているんだ。
科学者みたいだ。
私事ですまないのですが、あなたの論理的な説教は僕を変える魅力に溢れている。

友人は来ていないそうだ。
841みたいなことを言ってくれる人は誰だ?
俺は感謝しないといけない。

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 13:01
求人リサイタル状態。
(進歩しないで悪化してどうすんだよ…)

847 :情報通信:2001/06/11(月) 13:01
>>844
あれはあれで楽しめたけでどね。コ。

で、あなたはどれを書いたの?
会話文を研究すべき短編小説ってたとえばドレ?
具体的にいこうよ。

848 :求人案内:2001/06/11(月) 13:01
844
会話文の研究やってみます。

コンの話はしないで。
たまたまよ。最初のフレーズがやけに気になっただけなのです。

もっと、長く書くつもりだったんです。

849 :830=832=834=840:2001/06/11(月) 13:03
中くんじゃないよ。

>総じて、楽しんでやるものだと俺は思う。
のは求人くんの自由だし、まあ、そういう点はある。
でも「笑」と書かれたら真剣に議論したい人は去っていくよ。

因みに俺は議論は真剣にしたいね。笑

この笑をみて、俺が真面目に言ってると思う?
そう思うならしょうがないな。退散しよう。

850 :求人案内:2001/06/11(月) 13:06
(なんで、名前が変わるんだ?人が増えたのか?)
いいね、今日の議論。背筋が震えるぜ。

846俺って進歩してないんだ。笑

847
会話文のはやろうとしただけだよ。
だいたいその前後のは全部俺が書いたやつだけど、まあ目をつぶってくんろ。

静かな世界を読んでくれ。

それともうすぐもうひとつ行くから議論の対象にしてくだされ。

逆に聞いていいですか?
会話文の上手いやつは虎の穴ではどれでしょうか?
参考にしたいと思いますので。

851 :求人案内:2001/06/11(月) 13:08
849
俺はそれでいいと思うがね。そこは個人の自由だからどうでもいいでしょう。
姿勢のことを言ってるんだろうけど、中身は妥協しないよ。

だからといって去っていかないでくれ。
僕はあなたと話すのは愉快です。

852 :求人案内:2001/06/11(月) 13:10
あ、言い忘れた。
コはさ。小説じゃないよ。
どちらかというと笑いのネタなのよ。
今虎穴は笑いのネタ満載でしょう。
おにぎりとか、ちんこの長さはかるやつ。
その流れで書いたのね。

853 :求人案内:2001/06/11(月) 13:12
サポートセンターか。
あれ、最高。


854 :名無しさん:2001/06/11(月) 13:13
>>求人とやら

科学者みたい?光栄だな(藁
・・・論理主義は身を滅ぼすぞ。
論理よかセンスを磨け。
センスが具体的にどうかなんて聴くなよ。俺は知らんぞ。

>>847
サリンジャーとかどうよ。
「ライ麦〜」はクセあるし長編だから好みによるが
「ナインストーリー」だったら短編集だしいいんでないの?
まぁサリンジャー信者の漏れが逝ってることだから
あまり参考にならんとも思うけど。

悪いが漏れは一個も投稿してないよ。
そのうち参加したいとは思うけど。


855 :求人案内:2001/06/11(月) 13:18
854
投稿しましょうよ。愛読者になりそう。

真ん中の段は俺にいったのだろうか・・・?


856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 13:20
きゅうじんくんへ
いいかげんにしないと
ぼこられますよ


857 :求人案内:2001/06/11(月) 13:22
何故?


858 :830=832=834=840:2001/06/11(月) 13:24
俺はぼこらないから安心したまえ。
愉快な男だからな。笑

859 :求人案内:2001/06/11(月) 13:26
おっ、いいなー。
その、のり。

末永くレスつけてやってください。


860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 13:29
創作板しか知らない求人君は幸せだな。


861 :求人案内:2001/06/11(月) 13:30
結局、議論は消えた・・・。


862 :830=832=834=840:2001/06/11(月) 13:32
十年前だったらぼこっていたろうに。
俺も中年だ、少しは大人になった。笑
仕事だ、さらば。

863 :まじかな?:2001/06/11(月) 13:33
おまえ等!いい加減にしろ!親が泣くぞ!

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 13:33
>>862
あいにくぼくはこどもなので
ぼこってしまいそうです

865 :求人案内:2001/06/11(月) 13:38
ここのスレ、閉じたほうがよくない?気分が悪かとよ・・・

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 13:41
求人よ、おまえさ、このスレの諸先輩方はみんないいこと言ってるぞ。
彼らの真意を理解しないで反抗ばかりしているお前が
良識ある人を怒らせているということに気づかないか?

867 :求人案内:2001/06/11(月) 13:46
誰だおまえ、私に話し掛けるときは敬語を使えといってるだろうが!

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 13:48
>>867
ついに本性を現したか。
おまえ、求人案内なんて名乗ってるが、本当は少年犯罪板で吠えてるリアル朕歩だろ。
ま、うすうすは感づいてたけどな。
少年犯罪板を荒らすだけでは満足できず創作板でも荒らしか。

869 :求人案内:2001/06/11(月) 13:53
ふっ・・・今ごろキズイタカ!ボケ!すべてはもう遅い・・
すでにここにはもうすぐ荒らし軍団が到着する!

870 :名無しさん:2001/06/11(月) 13:56
ダメだこりゃ(藁



871 :求人案内:2001/06/11(月) 13:58
865、867は僕ではないよ。

866さんへ
・・・お、僕が悪者なのか・・・?
・・・その前に何故こんなことで腹がたつのかが僕には分からない。
大人のそんなところが子どもの世界を崩壊させたのかもしれないとふと真剣に思ったのですが
違いますか?
大人って相手にしてくれないんですよね、意外と子どもを。
大人が子どもレベルに合わせて話すべきだと施設時代思ってましたよ。

・・・ちなみに僕が逆の立場だったら怒ることは絶対にありません。
寧ろ褒めますがね。


で、荒らしなんかしてないので・・・。


872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 13:59
>>869
しょうがねえな。
真実が明らかになった以上、ここは悲惨な1のいるスレッドとして喧伝することにする。
ほどなくして、おまえの家臣や母親や精子がやってきて暴れ回ることになるだろう。
戦争だ。


873 :求人案内:2001/06/11(月) 14:00
869
おいおい勘弁してくれよ。
あんたこそ「がき」だろ。
俺は少年板にもいったことないよ。

つまんないことをやらないでくれ。

874 :求人案内:2001/06/11(月) 14:03
・・・なんでだ?
反論を僕が何時しました?

僕はそういう立場ではないといっているわけでそれらの意見は共存されるべきでしょう?


875 :求人案内:2001/06/11(月) 14:05
誰だ。荒らしてるのは?
あああああああああとか言ってるのは面白くて結構だが、
人のレスに入ってきて人の名前をかたるのはやめてくれ。

・・・それはひどすぎるぜ。

876 :求人案内:2001/06/11(月) 14:08
・・・猫さんやくまさんはいないのかい?
助けてほしいな。
もっとソフトに話せばいいのに。泣

877 :作家寺院:2001/06/11(月) 14:11
私はこのスレを今まで守り通してきた・・・
荒らしてる奴出て来い!みんな私に協力してくれ!

878 :名無しさん:2001/06/11(月) 14:13
コテハン叩きなんてよくあることだ。気にするな。


879 :ソ連軍兵士:2001/06/11(月) 14:15
そうそう気にするな・・・格闘技やってりゃこういうこともあるさ・・・・

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 14:17
サブミッション使いこなす奴がいるな(w
>>867>>868のやりとりとか(w

881 :求人案内:2001/06/11(月) 14:17
そ、そうなんですか?
迷惑がるとやられるんでしょうね。
やられた〜という気分です。

882 :名無しさん:2001/06/11(月) 14:22
求人案内よぉ・・あんたなんでまた、こんなことしてるんだ・・
寂しいんだろ?癒されたいんだろ?

883 :大司教:2001/06/11(月) 14:25
私はバチカンからの使者・・・いい加減にしとけや・・

884 :大ばか:2001/06/11(月) 14:30
私はバカチンからの使者……いい湯だな……

885 :大司教:2001/06/11(月) 14:37
大ばかよ・・・・・・・・・・・・
そなたは逝っていいいいいいいいいいい・・・・・・・・・・・
UUUUUUUURRRRRRRRRRRYYYYYYYYYYYYY
1!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

886 :大司教:2001/06/11(月) 14:37
大ばかよ・・・・・・・・・・・・
そなたは逝っていいいいいいいいいいい・・・・・・・・・・・
UUUUUUUURRRRRRRRRRRYYYYYYYYYYYYY
1!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 14:45
>>842
>反論しあうだけが議論じゃないんだよ。
>納得しあい助長しあうのも議論だ。

どーでもいいけど、求人は議論の前に日本語をもっと勉強せ。
「助長」したら議論にならんぞ。

888 :求人案内:2001/06/11(月) 16:24
・・・静かになってやがる。

ち、ちくしょー1本とられたぜ。笑

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 16:28
一本どころか千本くらいとられてることに早く気づけ(萎

890 :求人案内:2001/06/11(月) 16:32
爆笑。ははははは。
まじで面白い。
頭ボコボコじゃん俺。

891 :猫くん:2001/06/11(月) 19:37
こんばんは、求人案内さん。
なんだか随分荒らされちゃったね(苦笑)。
私平日の昼間はいないので、早くても今の時間しかレスできないの。
ごめんなさいね……。
でもどうやら治まったようでよかったですね。
昼間組の人たちが手助けしてくれたのかな?
今度は一人で乗り切ってみよう!

論理から会話やストーリーを考えるというやり方は、
バルザックとかも随分勉強していたようです。
といっても、私はバルザックは読まなかったな。
スタンダールは『赤と黒』でなるほどと思ったんですけど。
あの時代の小説って本当にテーマ性がお話を押しのけていて、
正直結構読みづらいんですけどね、ああいうのもありと思った。

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 19:53
違うんだよ求人君
>>866の言いたいことは人の話を聞けってことじゃないのか?

たとえばhttp://www.2ch.net/faq.htmlとか見た?
>>の使い方さえまだ覚えてないでしょ

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/11(月) 21:23
教えてしんぜよう。
半角で>>を入力すると>>となるよね?
この>>の後に半角で数字を入れる。いいかい、半角でだよ。
するとそこが青くなる。
で、その青いのをポチと押したら、
その同一スレッド内のレスが出てくるんだ。
よくスレッドにあるレスを参照させたい時に使う。
ちょっと練習してごらん。
>>800 >>367 >>890 >>650

894 :サーガの人:2001/06/12(火) 00:29
「求人君サーガ」完結編前編・後編
一応全部入れ終えたので
よろしければどうぞ。
そしてごめんなさい。

895 : 名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 01:20
そろそろ次スレじゃないか。頼むぜ!

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 09:12
生き延びたねえ。

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 09:21
創作板はいいところだな(藁

898 :求人案内:2001/06/12(火) 09:51
フフフッフ・・・ハハハアッハアハアアハッハアハテタッタ!

899 :破壊神:2001/06/12(火) 09:55
終わりだ!なにもかも・・・
荒らされる!荒らされて何もかも終わる!
出でよ!厨房荒らし軍団!

900 :チンドン屋:2001/06/12(火) 09:58
さあさあ!
盛り上がってまいりました!

901 :破壊神:2001/06/12(火) 10:02
再び舞い戻ってまいった!破壊神の名にかけて
今日もイロイロやったるで!
助っ人も今日はいるんだ〜

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 10:06
ターゲットはいるんですか?

903 :破壊神:2001/06/12(火) 10:11
このスレの住人全部さ!
やめてほしかったらやめるけど・・・
まぁ結局暇なんだよね・・

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 10:13
この板、この時間に住人いませんよ。

905 :破壊神:2001/06/12(火) 10:15
あ・・そう。
じゃあほかいくわ!

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 10:24
け、結構礼儀ただしくて好感がもてるな。
>破壊神さま。

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 10:39
うーむ、破壊神様はおちゃめですな。

908 :人民開放犬:2001/06/12(火) 10:44
この世の中で一番寂しさを感じる瞬間って、コンパとかの
帰りの電車の中で一人で帰っているときだと思うんだけど・・・・

909 :求人案内:2001/06/12(火) 11:23
ギャップが心に染みますのよね。

主観から客観に自分の目線が移動するとき。
痛いな〜あれ。

910 :求人案内:2001/06/12(火) 11:34
>>891(しかし、半角になおすのって面倒くさくない?・・・こうやって書くほうがめんどいか?)

バルザックとスタンダールは借りてきたものの目を通していない。
読み始めると面白いのだろうけど、外国のはとっかかりが遅いですからね。
ドゥー川とか言われても想像できないし・・・。

僕は全く英語が駄目なんで何とも言えませんが、彼らとは論理の組み立て方が違うというのは本当でしょうか?
後、日本人は平面的思考、西洋人は立体的思考。彼らは我々よりずっと理屈っぽいのだろうか?


911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 12:00
まず全角>>910と入れる、
確定をしないでctlキーを押しながら、「O」キーを押してみろ。
>>910と半角に変わる。
そこらへんの「P」「I」「U」とCTLの組み合わせで色々変換出来る。

たのむから、政治とか経済とかの勉強の前に、パソコンの勉強をしなさい。沢山。

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 12:06
>>911
これってATOKだけでは?(自信無し)

913 :求人案内:2001/06/12(火) 12:24
>>910
パソコンって頭いいな〜。
簡単に変換できるんだ。


914 :求人案内:2001/06/12(火) 12:24
ATOK?
うちのも使えた〜。

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 13:03
パソコンのお兄さんに抜かりはない。
IMEで確認済み。

916 :求人案内:2001/06/12(火) 13:28
質問
皆さんが作品を創るときは何が書きたいとか、
現代に合わせてとか、雰囲気がどうとか、
何かそういうもっとーみたいなもので書くのでしょうか?

・・・今浮かんでくる言葉を追いかけるということでしょか?

917 :求人案内:2001/06/12(火) 13:47
・・・割合いい質問のような気がしたのだが・・・。


918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 14:26
つーかよ、破壊神より求人の方がタチわるいぞ(藁

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 14:35
自覚と無自覚の差しかないな(藁

920 :求人案内:2001/06/12(火) 15:04
何故?

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 15:09
まあ、求人君、マツのスレでも読んで笑ってよ。

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 15:34
>>916
それを知ってどうするんだ?
人のやり方を聞いて、それは間違ってる!とか言って煽るのか?(藁

923 :求人案内:2001/06/12(火) 15:40
>>922
笑。そんな〜。
年を取るとそういう事って話さないのですか?
僕達はよく話すんですよ。
書く前提とか、生きる前提とか・・・。

・・・そうか〜色んな人がいるんだな〜。


924 :923:2001/06/12(火) 15:42
あ?
悪いけど俺は中学生だよ。
それも引き篭もりだ(藁

925 :922:2001/06/12(火) 15:44
>>924はまちがい。

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 15:44
分裂症か?w

927 :求人案内:2001/06/12(火) 15:47
はひふへほ?
ああああああああとか書いてる人?

928 :922:2001/06/12(火) 15:47
>>927
ちがうよ。


929 :求人案内:2001/06/12(火) 15:50
しっかし、どうしてこうのどかなんだろう〜この昼下がり・・・嘘?もう4時だ。
さっき「いいとも」やっていた気がするのに。

散歩でも行こうかな〜。
陽射しが強いのよね。それが迷惑至極ね。

930 :求人案内:2001/06/12(火) 15:51
>>928
あれは誰でしょうかね。


931 :922:2001/06/12(火) 15:54
>>928
しらねえよ、ヴァカ。
散歩いくのか?
俺は親の財布から金盗んで遊びいくつもりだけどな(藁

932 :922:2001/06/12(火) 15:54
うひゃひゃ。またまちがえたよ。


933 :求人案内:2001/06/12(火) 16:00
金のかからないところはないかな〜と思いつつも行ってきます。
僕の散歩は長くて30分、早いと5分なんですよ。笑
背筋伸ばして考えがまとまるまで・・・が散歩。

934 :求人案内:2001/06/12(火) 16:02
違うな。
背筋を伸ばしたりして、考えがまとまるまで・・・と書くべきだった。
失礼。

935 :922:2001/06/12(火) 16:03
>>933
幼女見かけて欲情しても襲うなよ(藁


936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 16:24
922も結構おもろいな。なんかコテハンつけたら?

937 :破壊神U:2001/06/12(火) 16:57
このスレッて大学生っているの?

938 :求人案内:2001/06/12(火) 17:02
そういえば、院生とかいないのかな?
・・・文学部って大学院あるのかも知らないけど?

939 :破壊神U:2001/06/12(火) 17:05
僕は現在とある大学の図書館にいるのですが、
おそらく2ちゃんねるを見てる奴なんていないんだろうな・・・・
どこの大学かは・・・みんなあててごらん!

940 :大ばか:2001/06/12(火) 17:06
関西?

941 :破壊神U:2001/06/12(火) 17:11
いいえ。関東のとある大学です。
ヒントは埼玉!

942 :大ばか:2001/06/12(火) 17:19
犀?

943 :破壊神U:2001/06/12(火) 17:23
?なんてよむんだ?すいません・・・・
埼玉の南の方にある大学ですよ。
東京に近いかな?

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 17:25
駅弁ではないの?

945 :破壊神U:2001/06/12(火) 17:29
今その大学の図書館に逝けば僕に会えますよ!

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 21:30
今日はさすがに静かだな。
そろそろ950を超えて、スレッド引っ越しの時期だね。
次はできたら「求人君だけどなんか質問ある?」にして欲しいが
ま、別に「どのくらい勉強すべきですか?part2」でも構わない。

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 21:41
最後も近いのでそろそろ、求人君に
「どれくらい勉強すべきですか?」の答えを教えよう。

まず、たとえ話。
求人君は初登校の日のお昼、先生に向かって、こういう質問をしました。
「先生、どれくらい弁当を食べるべきですか?」
先生は答えた。
「君の好きなだけ食べなさい」

そういう事だ、君の他に君がどれくらいお腹が空いているのか、
何が好物なのか、どれだけ食べられるのかを知っている人間は居ない。

作家は職業ではない、生き方の選択にすぎない。
デビューしていなくても、中学生でも、虎の穴で逝ってよしでも
自分が作家だと自覚したら、それは一匹の作家だ。
歩く方向は自分で決めろ。
以上。

948 :求人広告:2001/06/12(火) 21:46
夢の印税生活

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 21:48
広ちゃんは正直でいいやね。

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 21:49
下げ忘れ。

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 21:51
>>947はイイ事言った。
求人よ、彼の言葉を胸にもう一度このスレを読み返せ。
その上で「どれくらい勉強すべきか?」の答えが見つからなかったら、
「どれくらい勉強すべきですか?Part2」スレを立てろ。
いいな?

952 :求人案内:2001/06/12(火) 21:52
本当、感激しました〜。


953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 21:55
求人、スレッドは1000になると具合わるくなるらしいから、
引っ越しするか、「若者」使うか選択しろい。

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 21:55
チッ
>>947はかなり辛辣なことを言ってるんだぞ。
感激しました〜、なんて気の抜けるような返事をするな。

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 22:00
>>952
居たの蚊よ。

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 22:01
>>955
新スレ立ててるよ、彼氏。


957 :求人案内:2001/06/12(火) 22:01
蚊?

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/12(火) 23:09
俺は痛烈に思う。
春樹なんて、龍なんて、潤一郎なんて、知らなくていいんだ。
知識なんていらない、誠意だけを大事に生きていこう。


959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 00:11
生きているだけじゃつまらないじゃないか。
なあ?

960 :求人案内:2001/06/13(水) 00:18
>>958
それはそうですね。

が、我々は読んだ方がいいのでは?

>>959さんのは僕宛でしょうか?
楽しいですよね。とっても。僕の場合先が見えないけどそれでも楽しい。

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 00:19
>>960
皮肉だよ、ヴァカ(藁

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 00:21
>>961
すべったギャグを解説しているみたいで
カコワル

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 00:21
>>960
笑わせるためのネタにしか見えません…

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 00:26
半角で書いとけ。
カコワルイ。

965 :求人案内:2001/06/13(水) 00:31
・・・なんで皮肉をああいう形で書くのだろうか?

ストレートに書くか、もしくは書かなければいいのに・・・。

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 00:36
>>965
じゃあ、氏ね。
あ、死ね、ネ。

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 00:39
>>966
あ〜あ、いっちゃった(w

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/13(水) 00:50
彼女に慰めてもらえ。

969 : :2001/06/18(月) 01:18


970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/18(月) 01:19
なつかしいなあ。

971 :猫くん:2001/06/26(火) 20:50
求人案内さん、ここは流石に誰も書き込まないし、
覗かないようだから、私が計画していたことをお話ししておきます。
読んでくれてるかは分からないけれど。

実は三番目さんを呼び出したのは、
はっきりいってもう関係者で直接会うしかないと思ったからです。
それはかつて犯罪者まで出した2ch内ではかなり注意を要することで、
まず捨てメアドで誰かに音頭を取ってもらうことが肝要と思いました。
この時点でもっともコンピューターに強いのは
その道のプロの三番目さんしかいなかったし、
万が一(替え玉なんか)の間違いが起きては困ると思ったからです。
都議選の話、日曜の夕方でちらっと出ましたね。クマさんも、535さんも、
そして私も東京在住(黙っててごめんね。今住んでるとこは九州じゃないの)。
オフ会合は出来ると思いました。
結局、あまりに極端と思ったのか三番目さんの即座の断りによって
私の計画はポシャってしまいましたけどね。

972 :猫くん:2001/06/26(火) 21:03
呼び出そうと思ったメンバーは、重量級といわれるおじ様方と、あなた。
私は東京までの交通費を立て替えてもあなたを上京させて
いろいろ聞きたかったです。そしていろいろ謝りたかった。
直接じゃないと分からないことってありますからね。
それがあるから文字だけの付き合いなのに
文芸板は血の通った人が多いのだと思う。

あとそれからね、板の人を混乱させないため、内緒にしておいた事実も
そこで暴露(笑)したかったです。

クマさんが以前「ありえない夢」って言ってたのはそんなことだと思います。
やっぱり無理なのかなって思う。
落ち着いたら三番さんがもしかして音頭をとってくれるかも知れませんが、
その内容は多分今回私が思ったある種暗い決断ではなく、もっとマターリした
お祭気分の内容なのかもしれませんね。
板住人の慣れあいを嫌う人は虎穴スレにいらっしゃるし(番長さんかな?)
オフは私が長いこと思っていた通り、やっぱりないのかもしれませんが。

973 :猫くん:2001/06/26(火) 21:14
うーむ、なんか纏まらないなあ。女の論理とか言って
また馬鹿にされちゃうかなあ? ごめんね。

あと、もひとつ、三番目さんのこと。
あなたとは直接関係ない話なんですが、どうも私が現れた初日から
目をかけていてくれたようなんですね。それはとっても嬉しいことなんだけど、
彼は残念ながら、あなたが名無しで現れたとき、それがあなたの言葉であることに
気付かなかった。せっかちでうっかりさんな人です。
そしてそういう人は私の巫(かんなぎ)では、ない。
それ以前に妻帯者でしょう、という話は脇において(w
つまり一緒に組んでお仕事をしようという人ではないんですね。
私はもう長いことそういった相方を捜していたんですが
辿り着くのはいつも自分ひとりでした。今回もやはりそうですね。
2chにそういった存在を求めるのは酷なことです。
だから私は何の期待もしませんし、それでよいと思います。

974 :猫くん:2001/06/26(火) 21:24
で、今クマさんちのスレ見てきました。
速攻で煽り返してきました(w;
はあ。誰だろうな、もうっ。サーガの人? このひとどうして
私をいつもあんな好きもの女にするんだろう? 困っちゃうなあ。

あなたが今ナーバスな状態なのはもう分かります。
「女の論理」なんて直接的過ぎますよう(w;
私は結局出来る限りいつまでもあなたと仲良くお話ししていきたいし、
いろんなこと知りたいし、教えたい。
それじゃ駄目かな?
良かったら、返事ください。気を長くして待ってます。

それでは、長レス失礼。

975 :求人案内:2001/06/27(水) 00:10
・・・?
何、そんなことまで計画していたんですか?笑
裏の話はコンピューターに詳しくないから俺は判らないけど、
皆で話せる面白いですね。

16日はランボーが上げてるのを見つけてランボーと無言の会話をしました。

ランボーって若い奴でしょう?
「勉強すべきですか1」の時コテハンで来てた頭の悪そうな奴・・・。言い方が悪いな。
そいつが変質していった「印象」を俺は受けただけなんですけどね。
俺の友人も知っていますよ。
生物板で議論しながら16日はこっちを見てたから。

ただ、2チャンで犯罪者が出たなんて知らなかった。雰囲気的にかなり悪かったんですか?
ランボーは?

結果的には深い話は俺には判らなかったということでしょう。

976 :求人案内:2001/06/27(水) 00:18
で、向うで書いた通り、何か誤解が・・・。
何故に俺がナーバスに???笑

ただ、>>974の台詞は初恋の人も俺に同じことを言いましたよ。
・・・?
それも、俺にはよく判らなかったのは事実。

女の人はよく正しいことを言う。

そう感じる。

でも、俺は多くの場合、他の部分で女の人が判らないんだ。

ひとつは俺のなかに「甘え」がだいぶ消えた。
そしてスキンシップの必要性が減った。(変な言い方だな)

そして多くの女の人と対する時、男同士だと感じられる情熱や、乗り越える喜びだとかが見えてこない。
心理的な問題があるわけでもなく、純粋に判らないんだ。

思うに男と意見の出所が違うだろうと思うのだけど、その他は何とも言えない。
何とも・・・。

977 :求人案内:2001/06/27(水) 00:29
で、向うでの続き。
向こう側の人間って何?
何でサーガさんとかが介入してくるんだろう???

全部誤解ですよ。
「俺の説明が悪い」に尽きるのだろうけど、そういう話をしてるのではないですよ。
実は虎穴で「愛せる時が来たら、愛せばいい」とか言うわけの判らないのを書いたのですが、
猫さんの文章を読んでいて、何か擦れ違うものを感じて、思えば俺は女の人、仲の良かった従兄弟でさえ、
いつも擦れ違っているではないかという「懐疑」が生まれたわけです。
それだけです。
「その理由は、なんなの?」と猫さんが聞いたとしても俺自身よく判りません。
だから、何か女の人の口からそれについて何かを聞けば何かがわかるのかなと思っているんです。
お話の中では俺はそういう「たち」の人間なんだ。
「自信を持って、時を待てば」いつか判る日が来るんだという陳腐な締めしてるんですが、
それが、僕の本音の作文なんです。

さて、何でしょう?

978 :求人案内:2001/06/27(水) 00:33
さて、何でしょうとか言われても判らないですよね。笑

次に覗くの朝だと思うので、先回りして、

おはよう!

と言っておきます。

979 :求人案内:2001/06/27(水) 04:39
女のことを今まで4時間も考えていた。笑

勿論それだけを考えたわけではなく、過去という引き出しを開けていたら、いろんなことを思い出して、
いろんなことを考えた。
本当にナーバス(ナイーブと勘違いしてたみたい)になったけど、紐とけた気がしてます。
それと同時に自分の生き方まで再確認した。

・・・感情的だな〜。

用件は、
1猫さんの言葉でいいものを思い出せたからそのお礼。
2懐疑は尽きない。幾つか付き合ってもらえると嬉しい。
ということかな。
お騒がせ。

980 :猫くん:2001/06/27(水) 05:11
うわ〜、は、早かった! まさか一晩でレスしてくるとは
思わなかった。ちょっとびっくりした。けどこれでよかったという事かな。
もうあれですよ、上の方のスレで何言っても誰かまたくだらない妄想を
入れてくれるので、困りはててたとこですから。
なんか私テル坊やに喧嘩売ってたことになってるし(w
どうしても虎の穴の一部の人からチェックされてますからね。
それ以前に「お前ら恋愛板に逝け」と突っ込みが入るのはイヤなので。
違うんだよな、恋愛板じゃ解決できない問題なんだなあ。
ええっと、>>979で綺麗に纏まっていたところを崩して申し訳ないんですけど。

いや、女ってわかんないよね(と、自分で言うし)。

981 :猫くん:2001/06/27(水) 05:26
じゃ、とりあえずレス返し。
あー、一度きちんとやりたかった。確か私ここまできちんと
レス返してなかったでしょ? なんかいろいろネタを出しても
徹底議論ってのはやってなかった気がするしね。
>>975
>ただ、2チャンで犯罪者が出たなんて知らなかった。
>雰囲気的にかなり悪かったんですか?

……そうか、知らなかったのか。
ええと、去年福岡のバスジャック犯がいましたよね。17歳の男の子。
彼は「ネオ麦茶」というコテハンのニュース速報板の住人でした。
しかもスレ立てしてご丁寧に犯罪予告までするし。
そのスレはもうなくなってしまいましたが、彼を筆頭に他にも何人か
いろんな犯罪で逮捕者を出しているんです。
ニュース板に行く時は気を付けてね。あそこは警察関係者が
いまでも出入りしているので。

ランボーは私の妄想ではテル坊です(w
彼はあなたとは本当に対極的な子で、
彼の作家としての才能ははっきり本物といえるんですが、
あなたのようなカリスマが存在しないのよ。
番長にすら「オムツは替えてあげられません」と言われちゃうしね。
(はー、テル坊ここまでチェック入れてるかな? どうだろ。
別人だったらごめんね。でも容疑はかけられて当然の立場なのよ〜。)
年齢はあなたと同じくらいか、いいとこ23、4くらい迄だと思う。

982 :求人案内:2001/06/27(水) 05:29
おはよう!
何が気にくわなかったのかも解説お願いします。

983 :求人案内:2001/06/27(水) 05:40
>>981
ふむ!
そうなんだ。
ある種の作家は皆キチガイでしょう?
その才能を励ますべきですよ。
オムツも替えるべきだと思う。
まあ、下手なことに首を突っ込む必要もないですけどね。

後、はっきりさせていきましょうよ。いろいろと。
僕は昨日一晩で3通も手紙を書かないといけないことになった。
幾つか聞いて欲しいことがある。
(ただ、感情的になってるから一連の会話が終わったら距離を置いたほうがいいと思う。
僕はすぐに距離を忘れるたちだし、猫さんは最終的にそういう方向をとるたちだと思うし。
何を言ってるのか判らないだろうけど、いづれ判ると思います。
僕が危険だとかそういう意味ではなく)

984 :求人案内:2001/06/27(水) 05:47
・・・まあ、猫さん相手に話すべきことでもないですな、失礼しました。

向うのレスに対して!
「まあいいや」というのはやめたほうがいいと思いますよ。
そういうわだかまりははっきりすべきだと僕は思っています。
・・・自分が我慢できるなら構わないのかとも思うけど・・・。

985 :猫くん:2001/06/27(水) 05:55
あなたのカリスマは正直な話実力(物書きとしてのね)で
得たものじゃないですからね。
どう見ても実力に開きのある相手が、いい年したおじさんたちに
いい子いい子してもらうのは、どうやら殿方は大変立腹するようですね。
いや、あなたの才能がゼロなんかじゃなくって、
相手がありすぎると言いたかっただけなんですけど。
最初はね、それでも単なるいたずらだったと思います。
便乗者は意外と早く出たようですね。
だから後は誰があげているのか私はわからない。

話とんだね、戻ろう。
>>976
そう、私あなたと話していて時々「私ってばまるでこの人のお母さんでわ」と
正直思ってた。仕事場でね、天然ボケの女の子がいるの。勿論真面目でいい子なんだけど。
で、その子とちょっと頭のいい理系の男の子がまた目の前で話が噛み合わないのよ。
その通訳をしていたから、あなたの話がある程度分かったんでしょう。
鍛えられたと私は理解していますが(w
まあ自立したのは良いことです。「ぼくね、ぼくね」の状態から脱出して
ある程度人の言わんとしていることを掴み取る訓練をするのはいいことだと思う。
そうすると、自分以外の総ての人の対話リズムや思考リズムが
バラバラであることに気付く。で、面倒くさいから「まあいいや」の境地になる、と。
人として間違っていることさえしなければ、ちょっとくらい考えに開きがあっても
まあいいやになりますよ。これを受け入れるのは本当に大変ですけどね。
私は上京した頃からその訓練を始めたかな。
女性は結構甘やかされた環境にいますからね、それは本当にそう感じます。
東京では女の子なんて短大卒は馬鹿で足りないと思われていますし。
泣いた。確かに他の短大卒の女の子は考えが浅い。
しまった、勉強して四大に行っときゃ良かったです。確かに在学中から話が学内の子とあわなくて
おかしいと思っていたんですけど。でもそれに本当に気付いたのはつい一年程前。
甘やかされた女の子は基本的に同じ世界で長いこと生きています。
その中で私が最も才能のない「母性」を磨いていくんですね。
私は実は子孫を残すことの出来ない立場の人ですので、
彼女らとは一線を画しているんですが。……やばいな、それについていろいろと
語りたくなってしまった。いかん、長いので軌道修正します。

986 :求人案内:2001/06/27(水) 06:18

はっきり言うんだね。
正直に言って腹が立つけど、仕方がないね。

う〜ん、判らないな〜。
猫さんって幾つくらい?

987 :求人案内:2001/06/27(水) 06:26
別に俺は母親になってくれとは思ってないし、それは却って迷惑だな。
他の奴らは猫さんに母性を感じるのかもしれないけど、少なくても俺はそういうのは感じないよ。

対等な視点で見ていただきたいね。

988 :猫くん:2001/06/27(水) 06:26
続き。
>そして多くの女の人と対する時、男同士だと感じられる情熱や、
>乗り越える喜びだとかが見えてこない。

見えないかもですね。そこを何とかしたいと思うのが若さの潔癖な部分なのでしょう。
(今謝っておくけどあなたの立てた若者スレ、本当は私の年では出入禁止ですね(w
実年齢は、多分他の人に想像させているより高いです。でも30代以上じゃないよ。)
分からないもの、見えないものはそこで「まあいいや」になる。
子供の時から器が広くて人気者の人(あなたの持つカリスマとは別の種のカリスマ)は
その「まあいいや」が結構あると思う。昔の友人にそういう男がいましたよ。
彼は当時の私の了見の狭さを批評してこういいました。
 「あんたは韓国人」
……藁タ。ツボついていて。

>>977
向こう側の人間、とは、「理解できないし、したくもねえ」という側の人です。
「まあいいや」よりもっと突き放した意味で用いました。
サーガの人は、相変わらずパロディが好きだなあ。この人も実はよく分からんのですが、
性根は結構な甘えん坊なのではと私は思っています。あと、街の子ね。
頼むから20代折り返してまでモラトリアムだとかいわんでくれ(w;
街の子は自立が遅いからね。基本的にサーガの人は家庭環境も落ち着いているのでしょう。
まあ、なんかわかんないとこもある人なんですが、まあいいや。そんなもんだ〜。

『愛せる時が来たら、愛せばいい』は、今は時間ないのでまた後で読み直してみます。

>>979
>1猫さんの言葉でいいものを思い出せたからそのお礼。
>2懐疑は尽きない。幾つか付き合ってもらえると嬉しい。

了解しました。私で分かることでしたらおつきあいします。私もあなたにあって
すごく良かったと思っているので。

あと、関係ないけど、求人案内さんは子供の頃から結構モテてたでしょう?
彼女は大事にしてね。今まで言わなかったけど、女って我侭だから
 「私と●●とどっちが大事なの?」
なんて言いかねない。ちなみに私はそんな陳腐なことを昔言った事がある。
……速攻で振られました(w
それが地雷だって分かっていてそうしたんだから始末に終えない。
まあ今は言わんですけどね。残念ながらもう子供じゃないし。

今もう寝てるかな? 起き出すのいつになるか分からんけれど、
とりあえず「おはよう」といっておきます。
じゃあ、今回はこれにて。また夜来ます。

989 :猫くん:2001/06/27(水) 06:29
>>987
あれ、起きてた?
いつ寝てるんですか、本当に?

990 :猫くん:2001/06/27(水) 06:30
うーん、いかんね。もっと話したいんだけど、
時間がない。
そろそろ落ちます。続きは夜という事で。

991 :求人案内:2001/06/27(水) 06:32
・・・おう、猫さんってまじで作家だんだ。有名?
物語性の作家でしょう?村山由佳とか北川系の?

嫌な台詞だね。
詮索はよそう。笑

何かどこか違うものを俺は見てたみたいだ。
猫さん本人がだんだんわかってきたよ。

992 :求人案内:2001/06/27(水) 06:34
>>989
ハハハ。
秘密!

>>990
うん。夜までには煮詰まると思う。
ゆっくり行きましょう。

993 :求人案内:2001/06/27(水) 06:50
>>974
私は結局出来る限りいつまでもあなたと仲良くお話ししていきたいし、
いろんなこと知りたいし、教えたい。
それじゃ駄目かな?

のこれ。
個人的な懐疑を猫さんにぶつけるのもなんだけど、初恋の人が全く同じことを言ったんです。
(初恋というべきかは判らない。最大の熱愛というべきか)
猫さんが向うで「容す」と言いましたよね。生まれながらに「容す」人でして、立派なんです。
生きる姿勢も姿勢自体も。惚れ惚れするくらいに。
その人がそう言った。が、ひとつ。

で、もう一人友達のお母さんだけど立派でして、17のころ真の姿とか駄文を書いていたころに、
心理学のしてました。やはり素敵な人で、文通でしたけど真摯な生き方に溢れている人なんです。
この人が同世代で告白したら、やはり同じことを言ったと思います。

で、
1僕が立派だと思う人は皆同じことを言います。何故、こういう言い回しをするのだろうか?何故、こう言うのだろうか?
(従兄弟もこういうことを言える人を目指しているようだ・・・関係ないけど)
2で、僕はこういうことを言う人に告白をしに行くんですが、決まって駄目なんです。何故だろう?
ということ。
友達のお母さんには蟠りを解くために今から手紙を書きます。
初恋の人は事情があって聞けないけど、いつか必ず本人からそのことを聞くつもりです。
で、猫さんも似てますな。(だから、聞こうと思った)

・・・988の文意からは猫さんが器の大きな人気者だと聞こえるのだが・・・。
そうなの?
否定してるんじゃないよ。
それって何が根拠になるのか聞きたい。

後、僕へ何かあったらどんどん質問してくださいね!

994 :求人案内:2001/06/27(水) 07:01
後、俺の駄文を批評してくれると嬉しい。

正直な話、俺は自分に自信を持ってたりするからさ、ガツンとやってくれると嬉しいよ。
文章力や、物語性、構成力に関しては抜きでいい、それは年とおもについてくるくらいに
考えてるから。(甘いかな?)
「何が言いたいか」でしょう大事なのは。
そこら辺を指摘してくれると嬉しい。
「私はこう思う」でもいいけど。

995 :求人案内:2001/06/27(水) 11:10
ランボーってクマさんのところに来てる人?
いつもワンパターンだな・・・。

提案
落ち着いて一連の会話だけしたいんだけどさ、雑談板辺りでやるとかできない?
雑談板の過去ログとかさ。
クマさんとかとも抜け出て議論もしたいじゃない。
ランボーがこないうちだったら、遠くにごまかして場所が作れるしさ。
或いは名無しなったり、名前を変えたりとかさ。
猫さんは遅くなるときついだろうから、10時、11時、12時に覗くからどっか行かない?

そこまでする必要がないなら構わないけどね。
話始めたばかりだし。

996 :猫くん:2001/06/27(水) 20:25
はい、こんばんは。まったくエアコンが壊れると
だれててお仕事になりません。参りましたね。
レスが終わったらお風呂にしようっと。

まず、レスナンバーも煮詰まっていることですし、この話題から行きましょう。
>>995
提案返し。
このスレも1000で終了ですから、一応次の対談の候補スレを捜しておきました。
雑談スレはまだbQが立ったばかりですし、それこそ過去の別の発言を穿り出す人が
偶然でも私たちの対話を発見しないとも限らない。
ので、次はこちらでやりましょう。

http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=bun&key=974044607&ls=50

1の発言とは無関係な上に死にスレなんだけど、有効活用してみましょう。

>ランボーってクマさんのところに来てる人?
>いつもワンパターンだな・・・。

なるほど! テル坊=サーガの人!! 面白い。それが求人案内さんの妄想ね。
私の妄想はこたつ猫さんだけどな。なんであんな表立つとまずい対話が行われている
状態のクマスレをいきなり上げるの? 間違えたじゃないわよ……(w
おまけに次の瞬間名無しさんで登場だしね。怪しさ100連発です(w;

997 :猫くん:2001/06/27(水) 20:41
>>983
>(ただ、感情的になってるから一連の会話が終わったら距離を置いたほうがいいと思う。
>僕はすぐに距離を忘れるたちだし、猫さんは最終的にそういう方向をとるたちだと思うし。

ええ、了解しました。その前から暫くいた沈静化のために
そうしたほうがいいだろうとは思っていましたので。

>>987
ごめんごめん、ちょっと言い過ぎましたね。
はい、了解いたしました。

>>991
私の現在の身分や地位をここで言うと、
板全体にまたくだらない波風が立ってためにならないので秘密。ごめんね。
あとで論議に加えますが、今現在のこの板での私の立場は
かなり目立った状態ですので、一応コテハンのけじめとして、
隙を見せるわけには行かないんですよ(w

>>992
ちゃんと睡眠はとろうね。あと、電話代大丈夫なのかな?
と、おせっかいしてみる。

>>994
で、お約束通り読んで来た。
批評はまた後でね。次の板に移ったときかな。

>>993
>・・・988の文意からは猫さんが器の大きな人気者だと聞こえるのだが・・・。
>そうなの?
>否定してるんじゃないよ。
>それって何が根拠になるのか聞きたい。

ええ、私は何せもと『韓国人』ですから(w
そんなすぐに大人物になれるはずもないと思われ。
まあいいや、は私の中ではまだ呪文です。自然に呟けるように慣れると一人前。
まだまだざますよ。

998 :猫くん:2001/06/27(水) 20:45
>>993続き。
だからもともと器の大きい人は、あんまり神経質ではないって事です。
ちょっと今自分のレスを見返してきましたが、確かに変な文。
私はまだ修行中の身でありますのにね。

999 :猫くん:2001/06/27(水) 20:49
というわけで、次のスレでお待ちしております。
>>993.>>994のお返事はあっちで。
あと、新しいネタも少し入れておきます。
これを本当は>>972の内容も一緒に言っておきたかったので。
ではでは。

1000 :猫くん:2001/06/27(水) 20:50
荒らし対策のためにsageで〆。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

308 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)