5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

巨乳を表現する!

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/24(土) 23:59
ゆさゆさ、以外で。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/25(日) 01:05
ゆっさゆっさ

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/25(日) 01:12
ばいんばいん

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/25(日) 01:28
ブラウスを盛り上げる…

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/25(日) 01:40
存在を主張する双丘

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/25(日) 01:41
豊満すぎるふくらみ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/25(日) 02:07
2chの文芸板ってまさしくオナヌィーだね。
逝き抜き出来て、よかざんす

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/25(日) 03:42
彼女の肉体の成熟を顕著に表現するブレスト

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/25(日) 13:42
ズゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・

10 ::2001/03/25(日) 14:18
優香よりは酒井若菜といった風情の、淫らにただれた白肉。
引力の法則にいくばくの抵抗も見せない、欲望にただただ忠実な脂塊。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/25(日) 14:38
ぷりゅりんぷりゅりん

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/25(日) 17:00
片手でつかみきれない美肉の包。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/25(日) 17:05
まるでモンゴウイカのようなおっぱい

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/25(日) 17:57
つつくと、さざ波が立つ乳房

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/25(日) 18:39
砲弾状の肉原に浮き立った静脈に沿って舌を這わせていくと
若菜はもう辛抱たまらんといった風情で、顔を淫らにゆがめて見せる。


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/25(日) 18:59
丼に白飯山盛りのような乳房

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/25(日) 22:04
そのてっぺんに梅干し大の乳首。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/25(日) 23:30
アホだ、アホだ!

アホスレ認定

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/26(月) 00:07
首をふって否定する18のものをそっと包み込む、暖かい山のような豊乳

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/26(月) 06:26
さらにそのちょっとひねた感性で18を馬鹿にする
19をも優しく包み込む豊かな乳

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/26(月) 08:28
お、おれもひねくれるから、たわわな乳房でたわ〜んて包んでぇ!

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/26(月) 08:29
お、おれもひねくれるから、たわわな乳房でたわ〜んて包んでぇ!

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/26(月) 08:53
『やわらかーーい』、『おっきー』、『おもーい』


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/26(月) 22:08
たふたふたふ

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/27(火) 00:10
皆さん、見てるだけの人達なのね。ホントの実感ってこれよ
「肩がこる〜〜」

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/27(火) 00:21
ブラがない〜


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/27(火) 01:11
無粋な>>25の白い肉饅頭をわしづかみしたい。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/27(火) 01:50
首筋や手首より白い豊満な乳房

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/28(水) 00:07
切り離すとボーリング球になるほどの大乳

30 :名無し:2001/03/28(水) 00:56
体重の半分

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/28(水) 16:09
胸部に装着された巨大質量

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/28(水) 16:27
女がなにげに回り始めると、乳房がプロペラの様に風を受け、
女は空へと舞い上がった。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/28(水) 17:21
空に向けてはじける寸前の水泡のような乳房

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/28(水) 18:33
どこまでも伸びる乳ぶさ

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/28(水) 19:04
ぼいん

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/29(木) 18:44
下にはいると雨宿りできる彼女の突き出したふくらみ。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/03/30(金) 00:01
やはりアホだと言われた巨乳

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/08(日) 14:09
ゆっさゆっさ


39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/09(月) 03:36
両胸に抱えた爆弾

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/09(月) 05:49
肉球。

41 :名無信者さん:2001/04/09(月) 16:52
ホススタイン。

42 :名無信者さん:2001/04/09(月) 16:53
ホススタイン-->ホルスタイン。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/09(月) 17:33
だぶるすいか

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/09(月) 20:14
どんな表現よりも「巨乳」の二文字が一番多くを語っている気がする


45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/09(月) 22:12
ダッダダーン!!
ボヨヨン、ボヨヨン!!

46 :へろへろ:2001/04/11(水) 04:28
バスタブにゆったりと身を沈めている彼女が湯気の向うでポッカリと浮かせ、
透き通るほど白くお湯を弾きながら自己主張をしてはいるが、ピンクの愛くるしい
先端はお湯の中に沈めたままの2つのそれ。

47 ::2001/04/12(木) 03:16
それを見るたび思い出すのです。母の胸を。
今だに思い出す母の胸。しかしそれは妄想でしかなかったのです。
そう・・母はAカップしかなかったのです。

48 :名無しさんだよもん:2001/04/13(金) 01:12
私の眼は、彼女の豊満な母性の象徴に釘付けになってしまっていた。
つか、「豊満」っていれるとそれだけで胸の話っぽい。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/13(金) 02:23
育ったふくらみ

50 :影千代:2001/04/15(日) 10:19
おっぱいさいこー

51 :もりくん:2001/04/15(日) 22:14
ブラウスがはちきれんばかりの・・・
これじゃダメ?

52 :名無しぃ。:2001/04/16(月) 00:22
パイオツカイデー

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/16(月) 21:30
おっぱいがいっぱい

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/16(月) 21:48
彼女の胸元をひらくと、白い大きなふくらみが窮屈そうにしていた。

#第三ボタンは核爆弾だ(笑)

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/16(月) 22:09
>>54
キカイダー01かよ!(笑

ドリルのように突き出した双乳


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/17(火) 06:18
 「さあ、触って良いのよ・・・」
 そういいながら、デビ夫人は両手で下がりきった乳房をすくい上げ、そして、誇示するように僕に突き出した。
萎びきった乳房のうえに茶色すぎる乳首、それがピク、ピクと脈打っている。


57 :限りなく茶色い黒:2001/04/17(火) 06:26
「乳首というより、大きめの干しぶどうだ、しかもそれが脈打ってる」僕は思った。
拒むに拒みきれず、僕が目を泳がせていると、
 「ねえ、どうしたの」
と、夫人は催促してくる。

58 :限りなく茶色い黒 :2001/04/17(火) 06:34
 「欲しくないの」
欲しい分けないだろう、そうおもった。けど、何も言えない。サチヨの
時もそうだ、僕は欲しくないのに、もう沢山なのに、いつも過剰に与えられるのだ。
しかし、僕の思いとは裏腹に、夫人は、とうとう僕の顔に、萎びたそれを
押しつけた。鼻と頬とが、生臭い体温を観じた。思わず顔を背けた。上下の唇
の間で、乳首を激しく擦ってしまった。その行為に
 「ああっ」
 夫人が声を上げる。しまった、そう思った。不安になって僕は夫人を見上げた。
案じたとおりだった、夫人は、濡れた目で僕の瞳を見つめた。そして、
乳房を一層強く、僕の顔に押しつけながら、とうとう、僕の股間に
手を伸ばしてきた。


59 :限りなく黒い茶色:2001/04/17(火) 06:35
 失礼。ハンドル訂正。

60 : 限りなく黒い茶色 :2001/04/17(火) 06:41
 そしてニヤリ、と笑った。ほほえみなんていえるものじゃない。まるで般若だ。
僕が目を泳がしたり、不安がったりすれば、するほど夫人は、若さ、ウブさ、を
感じ、勝手に欲情するのだ。いくらいやがっても、オヤジのように「いやよいや
よも好きのうち」なんて勝手に解釈するんだ。や、や、止めてくれ。僕は
叫びだしたい気持ちだった。


61 :限りなく黒い茶色 :2001/04/17(火) 06:44
しかし、萎びた乳房を押しつけられ、今にも窒息しそうな僕にとって
僕は声を上げることが困難だった。それに。もし、拒めば、社内での
僕の地位が危なくなる−夫人は社長なのだ−。
 

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/17(火) 12:14
しなびた巨大なそれが俺の顔をつつみこんだ。
どこか懐かしい感触・・・・・そうだ、昔飼っていたオス犬のポチの玉袋だ。

「ふふふ、かわいいわね、なめてもいいのよ」

夫人は笑いながら、真っ黒な乳房をオレの目の前にぶらさげた。
いやがるポチを、面白がって触っていたオレ・・・・すまん、ポチもうしないから助けてくれ。


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/19(木) 16:52
深いため息を吹き込んだような乳房

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/21(土) 04:42
今にもちぎれ落ちてしまいそうなほど、頼りなくも力強く垂れ下がった塊……

65 :限りなく黒い茶色:2001/04/21(土) 08:01
 「く、苦しい、そんなに押しつけたら息ができないよ・・・」
 僕は夫人の胸を押しのけた。ザラついた感触がした。微細なしわがよった肌は、
かさついていて、光沢を失っていた。そして、その肌のしたに、青白い静脈が
その枝を広げているのが透けて見えている。
 「もう、いつもそうやって焦らすのね・・」
 夫人は、般若の笑みを僕に向けた。媚びを売っているのだろうが、見苦しいかぎりだ。
吐き気がする。しかし、、その生理的嫌悪を顔にだすことすらできない。僕は思った。
あの萎びた、醜い乳房は、薄汚い浮浪者のペニスなのだ。僕は、その浮浪者にフェラ××
を強いられる、小娘なのだ。後々おこるだろう恐怖が僕の生理的嫌悪を押し殺し、行き場を
失った感情が、僕の心の中で暴れ、ずたずたに感情を切り裂くのだ。
 吐き気がした。
 そんな僕の気持ちを顧みることなく、夫人は勝手に気持ちよくなっていく。自分が
気持ちいいから、相手も気持ちいいはずだ、自分のテクニックで、相手も昂奮している
はずだ。
 そんな、オヤジのような断定を、僕は夫人に感じていた。「これはレイプだ」
そうおもった。
 




66 :限りなく黒い茶色:2001/04/21(土) 08:07
 いつのまにか、夫人は、ファスナーをおろすと、僕のそれを弄びだした。その
持て遊び方も、僕にとっては吐き気がするものだった。僕のそれを色々いじくっては
引き延ばしたり、あるいは擦ったりする。夫人の行為は、決して男が思い浮かぶレイ
プのようなものではない。しかし、直接的にはそう言い得ても、本質は、レイプその
ものだった。
 そうだ。不快な感覚を下腹部に感じながら思った。僕は愛玩物なのだ。夫人のフェテ
ィシズムを満足させるための物にすぎないのだ。反抗せず、逆らわず、いつも夫人の顔を
みるとしっぽを振って懐く、座敷犬みたいなものだ。
 そうなんだ。
 僕は、スピッツみたいなものなんだ。

 

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/22(日) 04:23
ふと疑問に思ったんですが、昔の小説とかだったかなーよく綺麗なふくよかでぴちぴちな胸を
「水蜜桃(すいみつとう)のような胸」とか表現したとおもうんですが、ああいうのは今では通じないのでしょうか。

やっぱり「ぷるるん」とか「ぶるるん」とか、音で表現したほうがわかりやすいですか?

68 : :2001/04/22(日) 04:32
 さー。好みじゃないの?
 個人的には、ギオンは嫌いだなあ。なんか、安易で。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/22(日) 13:29
古い慣用句がまかりとおっているのは本当だよ。
たしかにワンパターンが好まれるジャンルだけど。エロ読むときくらいひねった文章を
ときほぐしたくないということかな。


擬音語は、ジュブナイル・ポルノでは頻出してる。
それは読者が思い描く、欲情する乳房が、
スイカを二つぶらさげたくらい巨大さだから、動きを表現したほうが
有効なんだろうなあ。



70 :マドモアゼル名無しさん:2001/04/22(日) 17:22
おっぱお

71 :名無し夫人の豊かな双乳を鷲掴みにして揉みしごく。:2001/04/22(日) 18:58
>>69
ええええーーーーっ、ジュブナイルポルノオオオオオオオーっ!?
そんな驚く事ねえか<藁。
でも、俺はフランス書院文庫の方がいいなあ。


72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/22(日) 23:32
>>69
スイカはつかめないですもんねー(笑)
「ぶるるんと、たわわに実った胸が揺れた」になるのかな???

視点から>「白い大きなふくらみが」
触感から>「しっとりと汗ばんだ胸にふれ、意外と手に余る大きさに(以下略)」

まわりくどくなるけど、やはり視点と触感両方あるほうが乳表現(^^;)には適してるのかなあ?

余談>胸表現だと、昔、かじり読みした、欧州で彼女たべちゃった君のたべたところの表現で
胸をフライパンでやいたところのシーンが妙に頭に残ってて、「焼くとぷるるんと立ち上がり」だか
なんだかいってて「ぷるるん」になんか倒錯な世界のイメージってうか、恐怖感が・・・・・・。



73 :文芸板繁栄委員会:2001/04/24(火) 18:32
彼女が勢いよく振り返るとワンテンポ遅れてついてくる、
そして彼女が私の方を向いて止まっても、まだかすかに左右に揺れているそれ。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/27(金) 00:52
中国で四千年の歴史を誇る料理技術でさえ、「それ」の触感を他の物では
到底表現しきれなかったと言う───

〜肉感〜(民明書房刊) より

75 :Itou_Isaku:2001/04/27(金) 18:21
巨人だけが勝ち組で、他球団は負け組である!!

巨人ファンも世の中の勝ち組である!

アンチは、負け組が多い!!

巨乳だけが勝ち組で、他球団は負け組である!!

巨乳ファンも世の中の勝ち組である!

アンチは、負け組が多い!!

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/27(金) 18:58
地球ほどもある乳房

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/28(土) 02:36
大きく波打つ双丘に顔をうずめると、びくりと乳房がゆれ頬にあたった。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/28(土) 12:33
>>77
双丘と乳房がかぶっているわ。

普通でない大きさの乳房

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/05(土) 03:19
真っ白な、その大きく豊満な胸は
ゆったりとしていて、それでいて張りがあり
触れるとプルルンと弾けそうな、ボールのような膨らみだった。
僕はその先端に思わず唇を吸い寄せ、チュパっと吸ってみた。
僕の口内に溜まった唾液が乳房の先端から糸を引き〜


80 ::2001/05/05(土) 03:20
は〜〜〜、官能小説書きて〜〜!!!!!!


81 :名無しさん@お腹おっぱい:2001/05/06(日) 04:18

>>80は突然の出来事に動揺した。
「せ、先生?」
担任の女性教諭、名無し巨乳子は>>80の背中に、
彼女の胸にたわわに実った果実を押し付けていた。
放課後の教室、落日の光は、すすけて灰色になってしまったカーテンに遮られている。
居残りを命じられた>>80と、彼をこの場所に引きとめている名無し巨乳子だけが
この十数メートル四方の空間を支配していた。
「ああ・・・>>80くぅん・・・。」
突然に後方から抱きすくめられ、
自分の置かれている状況に動転している>>80の耳に
巨乳子は甘い囁きを洩らした。
「せんせいねぇ・・・>>80君のことがとってもカワイイ子だなぁって
ずっと気になってたの・・・。」
>>80は巨乳子の告白に先ほどから固くなリ始めていた自分自身が、
いっそう固く、鋭く、引き締められていくのを感じていた。
甘い吐息をもらしつつ
巨乳子は>>80の背中の上で両の乳房を躍らせている。
巨乳子の乳房の感触に>>80は酔い始めていた。
生徒と先生がそんな関係になるなんていけないことだ、
と彼の心は叫んでいる。
しかし、巨乳子の肉体が、
彼女の乳房が>>80の心に醸し出す情念は、彼の理性を打ち砕くのに十分だった。
「お、おれも先生のことがずっと気になってました・・・。」
>>80は眼差しを、背中に覆い被さるようにしている巨乳子の方に向けるとそう言った。
緊張のせいか、声が少しうわずっていた。
「ほんとにぃ?ふふふ、うれしい・・・。」
巨乳子は言うが早いか、自分の唇を>>80の唇に押し付けていた。
初心な>>80は固く唇を結んだままでいる。
巨乳子は口付けたまま顎を大きく開くと、>>80の唇を舌でなめまわす。
やがて、>>80も自分自身の唇を開き、舌を巨乳子のそれにつき寄せた。


82 :名無しさん@お腹おっぱい:2001/05/06(日) 04:38
舌と舌とを絡み合わせながら、巨乳子は>>80の後方からするりと
彼の面前へと身体を入れ替えた。
>>80は反射的に巨乳子の身体をかき抱く。
もうだめだな・・・。
>>80の理性は彼の中でそれだけ告げると、彼の心から消え去る。
巨乳子はよりいっそう激しさを増してきた乱雑な>>80の舌使いを鋭敏に感じ取ると、
彼の唇を塞ぐのをやめ、なまめかしい口元に艶やかな笑みを浮べて言った。
「あっちにいきましょう。いろいろ教えてあげるわ・・・。」
>>80を咎めるものは何も無い。
彼は巨乳子に誘われるまま、彼女とともに教室の片隅に置かれた机の前にやってきた。
巨乳子は机の上にふくよかな臀部を置くと、上目使いで、立ちすくむ>>80を見やった。
「せんせいがじぶんで脱ぐ?それとも>>80くんが脱がしてくれるの?」
艶然と微笑む巨乳子に何も言わず、>>80は巨乳子の白いブラウスのボタンに手をかけた。


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/06(日) 04:53
それは木星より巨大な乳房だった。

84 :名無しさん@お腹おっぱい:2001/05/06(日) 04:55
巨乳子の上半身を覆い包む包装を解いていく>>80の手は、
小刻みに震えている。
そんな>>80の様子に巨乳子は、
自分の中で淫靡な興奮が昂まっていくのを感じ取っていた。
少年の初心さが、女の魂が持つ肉体の顕示欲を刺激する。
>>80はついに巨乳子のブラウスのボタンをすべて、はずし終えた。
ブラに圧迫されて息苦しそうな白いふくらみが、
>>80の充血した場所と昂ぶる欲望を激しく燃えたたせている。
「ブラジャーの外し方しってる?」
巨乳子の問いかけに、>>80は首を横に振った。
「こうするの・・・。」
巨乳子は>>80を見つめながら、右手を胸の前にやり、
ブラの止め具を人差し指と親指で弾いた。


85 :名無しさん@お腹おっぱい:2001/05/06(日) 05:18
巨乳子の指が動いた瞬間。
>>80の目前に現れた二つの白い乳房は
檻から解放された野獣のような凶暴さで、彼の欲情に食らいついた。
満月のように丸みを帯びた、その形、
針でつつけば弾けてしまいそうな、その張り、
>>80が五指を一杯に開いても掴みきれそうもない、その巨大さ。
申し訳なさそうにその両丘の先端に座す乳首は、ピンク色である。
巨乳子の乳房に、美しさよりも畏怖を、>>80は覚えた。
男を狂わせずにはおかない、そんな淫靡な妖気が
その乳房からは漂っているように>>80には思えた。
そして、>>80は、すっかり自分がその妖気にあてられたせいか、
自らが性愛の虜になってしまったことを実感した。
「せんせいのおっぱい、すごい?」
巨乳子の乳房に見とれている>>80に、
巨乳子は誇らしげな響きを持たせて問い掛けてみた。
「す、すごいです・・・。ほんとうに、すごいです・・・。」
まるでうわごとのように心ここにあらずといった調子で、
>>80は巨乳子に告げた。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/07(月) 00:53
巨乳でも乳頭ってぴんく?

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/07(月) 01:04
>>86
見たことないの?
カエルのように綺麗な黄緑色(w

88 :名無しさん :2001/05/08(火) 15:26
>>87
人間の女を相手に選べ!

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/08(火) 15:33
オカ板落ちてるぞゴルァー!!!
巨乳どころじゃねぇぞボケがァーッ!!!


90 :名無しさん :2001/05/08(火) 23:15
>>89
そりゃ良かったな(ゲラゲラ

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/09(水) 06:32
でも、でかけりゃいいってもんじゃねーよなー……。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/09(水) 16:34
舌と舌とを絡み合わせながら、巨乳子は>>80の後方からするりと
彼の面前へと身体を入れ替えた。
>>80は反射的に巨乳子の身体をかき抱く。
もうだめだな・・・。
>>80の理性は彼の中でそれだけ告げると、彼の心から消え去る。
巨乳子はよりいっそう激しさを増してきた乱雑な>>80の舌使いを鋭敏に感じ取ると、
彼の唇を塞ぐのをやめ、なまめかしい口元に艶やかな笑みを浮べて言った。
「あっちにいきましょう。いろいろ教えてあげるわ・・・。」
>>80を咎めるものは何も無い。
彼は巨乳子に誘われるまま、彼女とともに教室の片隅に置かれた机の前にやってきた。
巨乳子は机の上にふくよかな臀部を置くと、上目使いで、立ちすくむ>>80を見やった。
「せんせいがじぶんで脱ぐ?それとも>>80くんが脱がしてくれるの?」
艶然と微笑む巨乳子に何も言わず、>>80は巨乳子の白いブラウスのボタンに手をかけた。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/09(水) 16:41
巨乳子シリーズ、復活ですか。読んでますんで頑張ってちょ。

94 :93:2001/05/09(水) 18:21
厨房にダマされた。アホやった。詩嚢。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/14(月) 23:52
優香も驚く豊かさ

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/15(火) 07:15
それはすげーデカパイだった。それで殴られたら即死は間違いないだろう。
実際その手のコールガールの胸で殴られ、首の骨を痛めた男もいるらしい。

97 :若松:2001/05/15(火) 14:57
たわわなる胸元のほとり
乳白く遊子喜ぶ
桃色なす乳首は萌えず
若草もしくによしなし
しろがねの衾の岡辺
日に溶けて汗流る

98 :吟遊廃人:2001/05/16(水) 14:04
超人ハルクのごとく、シャツを爆裂させる突進乳!


99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/05/23(水) 23:58
白い山のようなバスト

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/21(木) 11:21
やっぱり基本は「ぽよーん」と「ぼよよん」でしょ。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/06/21(木) 12:13
オノマトペは反則という気がするなー

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/18(水) 13:01
どごーん
弩乳

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/18(水) 14:32
メロンプリン、ダブルでお願い!

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/18(水) 16:04
>>96

なんかそれ聞いた事あるぞ
野球ものかなんかで

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/18(水) 18:04
子牛が窒息する奥行き

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/18(水) 22:08
うそっ!

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/20(金) 00:04
嘘のように大きい

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/20(金) 01:36
この前、右の胸をなにげなく下におろした時に阪神大震災になってしまったので
今は、左の胸をどうやっておろしたらいいか迷っているんです。
ちなみにおばあちゃんは、両方の胸を同時に勢いよくおろしたために
関東大震災を起こしてしまったそうです。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/20(金) 03:49
巨大な乳

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/20(金) 05:27
ダンクシュートをしたくなった

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/20(金) 05:32
山下清のおにぎりが二つ並んでいた

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/20(金) 20:57
>>108 藁田。

113 :kさfdlj:2001/07/20(金) 22:17
豊饒な肉の海

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/25(水) 23:18
肉美球

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/25(水) 23:24
柔肉の釣鐘

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/25(水) 23:25
たわわな肉の双球

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/25(水) 23:41
゜母゛
「俺は世界一のマザコン」ビートたけし
「どんなに歳とってもこの世からいなくなるなんて考えもしなかった」小林幸子

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/26(木) 11:25
 age

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/27(金) 19:01
ロケット

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/07/28(土) 00:34
二段式ロケット

121 :巨乳評論家:2001/07/28(土) 17:31
 ふくらはぎの裏の無駄毛はいまいち処理つくされていないが、といってもオカマではない。さっきまで踊っていたせいで彼女は汗をかいており、体がしっとり湿っている。踊子のつけている強い香水が、大胸筋のまわりの脂肪の山々からも充分感知できた。ともすれば見失いがちな奥ゆかしい乳頭部は、尖るでもなく丸まるでもなく、ふらふらと行く先を決めかねており、果実店のマスクメロンを思わせる甘い質感がある。やや日焼けした皮膚は、まさに西海岸の学生らしい。

122 :名無しさんの初恋:2001/07/28(土) 18:13
シリコン。

123 :名無し物書き@推敲中?:2001/08/19(日) 20:52
>>108
俺の自宅が半壊した(実話)のは貴様の責任かー!

124 :名無し物書き@推敲中?:2001/08/20(月) 00:35

百人吸ってもだいじょ〜ぶ!

125 :名無し物書き@推敲中?:2001/08/20(月) 01:28
「ちょ、ちょっとなにこれッ!」
目の前に現れた二つの宇宙船。
きれいな山の形をしたその船は、硬いとも柔らかいともいえぬ感触だった。
先端には桃色をしたボタンがあり、思わずむしゃぶりつきたくなる芳香を発している。
「巨ニュウ号ですよ、これ!実在していたなんて!」
古文書に書いてあるとおりに先端のボタンを押してみる。
ブシューーーーーッ!!!
ンハァァァァァァァァ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
こ、これがアフロダイミサイルかァァ!!!!!!
バヒュウウウンン!!!!!!!!

すんません収集つかなくなった。
逝ってきます。

126 :名無し物書き@推敲中? :2001/08/20(月) 07:20
母の味

127 :名無し物書き@推敲中?:2001/08/20(月) 07:24
マグナムから大砲へ

128 :名無し物書き@推敲中?:2001/08/20(月) 07:25
女「私、よく肩凝るのよ。」

129 :名無し物書き@推敲中?:2001/08/20(月) 17:32
男「おかげで、握力がついたよ」

130 :名無し物書き@推敲中? :2001/08/20(月) 23:34
巨乳「ガハハ。揉まれてやったぞ」

131 :謎の黒覆面:2001/08/21(火) 03:30
???「ふっ、かかったな。それは我が影に過ぎぬ」

132 :白覆面:2001/08/21(火) 03:32
虎丸&富樫「お、お前はぁぁぁぁぁっ!」

133 :名無し物書き@推敲中?:2001/08/21(火) 03:32
パイ裏 汗まみれ

134 :金仮面:2001/08/21(火) 03:33
つづく!!

135 :名無し物書き@推敲中?:2001/08/21(火) 04:18
>>130
巨泉かよ!!

136 :名無し物書き@推敲中?:2001/08/21(火) 09:43
谷間にアセモ

137 :名無し物書き@推敲中?:2001/08/21(火) 14:48
視野狭窄

138 :名無し物書き@推敲中?:2001/08/21(火) 15:04
>>135
三村かよ!!

139 :名無し物書き@推敲中?:2001/08/21(火) 16:10
 それは、乳というにはあまりにも大きすぎた。

 張り切って、丸すぎるそれは、まさに巨乳だった。

140 :名無し物書き@推敲中?:2001/08/21(火) 17:53
小錦

141 :名無し物書き@推敲中?:2001/08/22(水) 06:22
発射台

142 :名無し物書き@推敲中?:2001/08/22(水) 07:25
プッチンプリン♪(はじけそうな程のプッチンよ)

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/08/31 07:43 ID:NxqxZLBk


144 :名無し物書き@推敲中?:01/09/15 07:59
富永一郎の世界へようこそ・・・

145 :名無し物書き@推敲中?:01/09/16 00:16
どれも「ボイン」に負けてる気がする。
巨泉を越えてくれ

146 :おっぱい:01/10/21 12:09
おっぱい おっぱい
かおりの おっぱい
おおきな おっぱい
やわらかい おっぱい
なめて おっぱいなめて
ぺろぺろ ぺろぺろ
おっぱい なめて
すって おっぱいすって
ちゅうちゅう ちゅうちゅう
おっぱい すって
もんで おっぱいもんで
やさしく もみもみ
おっぱい もんで
おっぱい いいきもち
おっぱい いいきもち
おっぱい おっぱい
おっぱい いいきもち
おっぱい おっぱい
おっぱい

147 :名称未設定:01/10/21 17:02

"巨乳病"

148 :名無し物書き@推敲中?:01/10/21 18:22
会う人会う人、みんな目線が下向き

149 :名無し物書き@推敲中?:01/10/21 18:39
プリン

150 :名無しさん@XEmacs:01/10/21 19:50
●巨乳(立礼の場合)
立礼の場合、順番が来たらまず巨乳の前に進み、女性と僧侶に一礼し、続いて 身を正し巨乳を見て一礼し、合掌
します。右手の親指と人さし指で先をつまみ、軽く目の高さにささげます。2回が一般的だとされています。最後に
合掌拝礼し、巨乳から数歩退き、向きを変えて元の席に戻ります。(但し爆乳の立礼では、退くことはしません)

151 :名無し物書き@推敲中?:01/11/04 00:07
(★)(★)

やっぱ、こうでしょ。

152 :名無し物書き@推敲中?:01/11/04 01:34
すごい美人です。身長180cm級のグラマー女王様!

http://www.ne.jp/asahi/club/queens/pierce/p_mistress/rose.html

153 :名無し物書き@推敲中?:01/11/04 11:23
>>152
たわば

154 :名無し物書き@推敲中?:01/11/04 11:35
ひとくちに「巨乳」といっても、年齢によって表現が異なってくるでしょ。
消防や厨房のお嬢ちゃんがユッサユッサと揺れる巨乳を有しているのは
或る意味、奇異であるし、妙齢でも美女か醜女かで表現は変わる。
ぶらあんとオッパイが垂れ下がった婆ちゃんだと、また別の表現になるし……。

155 :名無し物書き@推敲中?:01/11/04 12:12
別の表現になるのはわかったから、
確固に表現してみてくれ。

156 :__:01/11/05 22:53
白いブラウスをパッツン、パッツンと突き破るように

157 :名無し物書き@推敲中?:01/11/05 23:31
「さあ今日も、客が故意にこぼしたコーヒーをふきまくるぞ。」

白いブラウスに名札が揺れる。あの娘が歩くたんびに、私の股間に刺激が走る、
そのたびに、「この丘で眠れたら」と珈琲カップを握りしめるのだった。

つづく・・・(ってことで・・・

158 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 23:18
age

159 :ヒゲと:01/11/16 11:18
ボイン

160 :名無し物書き@推敲中?:01/11/18 11:53

                  _, -─-- 、._
                 /    ヽヽヽヽ、
                / , ' ,´  ヽヽヽヽヽ、
               / 〃/     ノノハ从 ヽ、
               /〃/ ノ从八ハ ´σ;从ハ
                   ( ( ( ( ノノ从´σ  ,从ノハ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  ) ) ), '"⌒ ー、、 _'" __゚/从 ´' <  俺の胸ってでかいだろ?
                ( ( ( l     l、.  ̄l. ー- 、    |  もう毎日ウハウハだよ。ククククク。
               ) ) ) / 、     | `ー、 ,-'  |    \_________________
               ( ( ( / .」    /      , /
               ) ) )〈  |   |    l  〔/
            ( ( ( ( (| |   |   ヽ  ヽ、
           ) ) ) ) ) |  |  |     \  \
             ( ( ( ( ( ( ( | l|  |     ヽ   ヽ
         ) ) ) ) ) ) ) ) |  |l.   ヽ   0   l   |
          ( ( ( ( ( ( ( ( ( (|   `〉、  .〉    /  ο/
        ) ) ) ) ) ) ) /   〈    /ー- ' 、 __,/
        ( ( (     ,−'      |   .|/  /
        , -ー- '         ,.-|  |.  /
      , '              '  |   | /
    ./        `、      _./| ||_
    |          ヽ、__,−' ~|  | |   ̄` ー 、
    l               ̄ `ー 、_.|         `ー、
    ヽ、                  `ー、         \

161 :名無し物書き@推敲中?:01/11/23 09:58
>>160
なにゆえ、男言葉?

162 :小泉純一郎:01/11/23 18:48
男を魅了する蛋白質の塊。

163 :名無し物書き@推敲中?:01/11/23 19:24
寝ていると、何かが私の口に入ってくるんです。
私、夢心地のまま、それを口に含んで、舌で愛撫して……。
ハッと気が付くと、それって私の巨乳だったんです。
ぬらぬらした乳首が、ピーンと立っていて……。
つい、一人エッチをはじめてしまったんです。

164 :名無し物書き@推敲中?:01/11/23 20:33
>>162
ザーメソですか?

165 :名無し物書き@推敲中?:01/12/14 21:43
保存あげ。

166 :名無し物書き@推敲中?:01/12/14 21:47
ぶりりん ぶりりりりん びり ばり  ぼりぼりぼりぼりぃいい
あたし・・うんち・・うんちが もっもうだめだ!!!!離れて離れて!!
出ちゃう出ちゃう ぶひゃあ うっひょーーー ああアアアアaaaaaギズモa ageageageaaaaaえおあだオヒャクショウ.comボサノバ ブルリラ ブルリラ ウヒョホイ 0だべさアアア
ライブライブライブジュバンジュバンボボンボンボンbン
ジュダンヅジュダらるくあんしぇるンハアアはあbがあああああああ
おさえられない!!! はっはっは・・・ はhさん発射してしまうおぐあgyばっかさんはっははっははは じゅぱあ うっしゃあぁぁぁああ
お願い あっちいってて!!!!!!もう ぶひょしゃっは熱っ!!熱っ!!熱っ!!
デミぐらスソースばっはぁぁ−ウだあああ sfdsage kaaaぼっひゃん sひ ジュンバラボヘミアンbさdkブヒブヒjばあッひゃひゃひゃララボン!!bakaかジュビロ
ブリブリ!!! ハhジメマシテ!!!ブリブリ!!デューダデューダンサバデン ベンツbイチバンボシsひゃはははは
まじ!まじうんち・・うん子迫ってくる!!! ジャノメミシンふ(笑)うはああああ
わああアアア ヒコーキグモがばっはやああああ
すげええええええ すげえええええええええええ
肛門が…ボッカン ボッカン!!! イイワアアア おkおk!!ひょしゃっ じょ ミウだああ
だっふぁコイケええああっはははひゃひゃhyたs
こーモン…ブルブルしてるわ… おまえあっちいけ!! うぎきゃあチュッパッチャップス ああげうげkj ブリブリブリィィィ ムニャムニャモニョモニョバリバリ・・・本当にもうだmてえ。。
げぎゃああぎゅりわーーあお oh osだfだh だfだoh yeah・だふぁシャランQがjかjがはっはぶりぶりぶらいああらタイソンsがっはがっふぁん
ブリバリボリボリボリあああ かぐyあひめぁぁだっはあ ナマチャ!! ナマチャ!!!!ガッシャアアン
ブロンボン ぼばん ぼばんnだが そgんごはんブアバhシャアア ガダルカナルタカあおgjどあえああ
じょぼじょぼじょぼハシモトじゅばじゅばモグ゙モグモグ16+ ジュシャアアアア
ヤベエエエエエーー出まくってるぅぅ ミルミルミル!!! ムリムリムリィ・・・・・・・!!!!!!!!!
うぎゃああああああああ いてえええ バレるぅゥウウウウ
ksdじゃんあケツ見んなーアァッッァア  あっちぃぃぃぃぃ     
あぼん ぶぼん ぶばんあブババババアバ ユワアッシャアアアアァァァァ
モリモリモリ・・・・!!!!!! くせえええエェェェェ くせえぞこりゃあぁぁぁ
ばおぶあじょjだシャバダハディバ゙ジゅ  おぱ゚アアアアアアアアあああああ    

167 :名無し物書き@推敲中?:01/12/14 21:47
あげ      

168 :名無し物書き@推敲中?:02/01/15 18:27
ぷるるるるるるるるるるるるるるるるるるるん。
http://xsexesx.com/h14/005.jpg

169 :名無し物書き@推敲中?:02/01/16 02:27
それは、決して巨乳とは言えないものだったが、
つーんと天に向かって張りを自己主張していた。

170 :名無し物書き@推敲中?:02/01/19 06:31
周りのオトコ勃ちへの、、、棒力!

171 :名無し物書き@推敲中?:02/01/19 08:51
デカ乳首描写もひとつ。

172 :名無し物書き@推敲中?:02/01/19 08:56
Lサイズピザのうえにのせたトマトほどの乳首。

173 :名無し物書き@推敲中?:02/01/20 00:57
乳房よりも大きな乳首。

174 :名無し物書き@推敲中?:02/01/25 20:05
バカちち

175 :名無し物書き@推敲中?:02/01/25 20:20
アボガドのような乳首

176 :名無し物書き@推敲中?:02/01/26 23:15
備ー蓄

177 :名無し物書き@推敲中?:02/01/27 00:05
俺がこぼした涙ほどの乳房

178 :名無し物書き@推敲中?:02/01/27 00:29
なんだ、このデカさは。乳輪で宴会が開けるぞ。


179 :名無し物書き@推敲中?:02/01/28 23:30
目玉のような乳首

180 :名無し物書き@推敲中?:02/01/28 23:58
くわえきれない乳首

181 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 05:44
仰向けに寝ると消える。

182 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 11:20
↑巨乳じゃねえじゃん

183 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 11:26
吸盤のような乳首

184 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 22:23
>>182
いやアンダー68のFがほんとに左右にひろがって消えたんだってば。

185 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 03:18
引力に逆らってあげ。

186 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 03:52
>>178
腹いてー

187 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 04:02
窒息

188 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 04:07
きっと男であるなら、
誰でも彼女のその豊かな胸にまず目がいくであろう。
俺は自戒の念を抱きつつ、彼女の胸元から目を逸らした。

189 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 04:30
脇の下に傷跡

190 : :02/01/31 05:07
肉体のホームラン王。フェロモンのビックバン

191 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 10:58
乳首のような乳首

192 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 23:35
>>189
ワロタ

193 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 13:21
メルトダウン乳

194 :名無し物書き@推敲中?:02/02/16 13:01


195 :名無し物書き@推敲中?:02/02/16 14:06
あげんな馬鹿

196 :名無し物書き@推敲中?:02/02/16 16:51
女体にそびえたつ富士山

197 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 20:31
   

198 :名無し物書き@推敲中?:02/04/03 00:39
ちち          

39 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)